図面 (/)

技術 映像システム

出願人 NECネッツエスアイ株式会社
発明者 湯江明史藤岡紀彦菊池惣榮永有希子海崎友徳光藤健杉浦悠珠長瀬司小林哲
出願日 2015年6月30日 (4年4ヶ月経過) 出願番号 2015-132261
公開日 2017年1月19日 (2年10ヶ月経過) 公開番号 2017-017523
状態 特許登録済
技術分野 双方向TV,動画像配信等
主要キーワード 曲線部材 設置器具 接壁面 配置台 中央領 テレビサイズ 立体形 各梁部材
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年1月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (19)

課題

異なる拠点同士が恰も同じ空間にいるかのような感覚を伴う臨場感及びリアリティのある映像を提供可能な映像システムを提供する。

解決手段

第1拠点の映像表示部に、第2拠点で撮像された映像を表示する映像システムであって、少なくとも第2拠点の床面の一部を含む所定空間を撮像して映像を出力する撮像装置と、撮像装置により撮像された第2拠点の映像が表示される映像表示部と、を備え、映像表示部の下端は、第1拠点の床面に対して近接又は当接しており、映像表示部の下端側には、撮像装置により撮像された第2拠点の映像のうち、第2拠点の床面の映像が表示される。

概要

背景

第1拠点にいる人と第2拠点にいる人との間で、画面越しにお互いの顔を見ながらコミュニケーションが可能なコミュニケーションシステムとして、例えばテレビ会議システムウェブ会議システムなどが提案されている。一般的には、そのテレビ会議システム等では、両拠点においてや載置台の上に設置されたテレビサイズモニターと、両拠点をそれぞれ撮像するカメラと、両拠点の音声集音するマイクと、を有している。

概要

異なる拠点同士が恰も同じ空間にいるかのような感覚を伴う臨場感及びリアリティのある映像を提供可能な映像システムを提供する。第1拠点の映像表示部に、第2拠点で撮像された映像を表示する映像システムであって、少なくとも第2拠点の床面の一部を含む所定空間を撮像して映像を出力する撮像装置と、撮像装置により撮像された第2拠点の映像が表示される映像表示部と、を備え、映像表示部の下端は、第1拠点の床面に対して近接又は当接しており、映像表示部の下端側には、撮像装置により撮像された第2拠点の映像のうち、第2拠点の床面の映像が表示される。

目的

本発明は、異なる拠点同士が恰も同じ空間にいるかのような感覚を伴う臨場感及びリアリティのある映像を提供可能な映像システムを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

第1拠点映像表示部に、第2拠点で撮像された映像を表示する映像システムであって、少なくとも前記第2拠点の床面の一部を含む所定空間を撮像して映像を出力する撮像装置と、前記撮像装置により撮像された前記第2拠点の映像が表示される映像表示部と、を備え、前記映像表示部の下端は、前記第1拠点の床面に対して近接又は当接しており、前記映像表示部の下端側には、前記撮像装置により撮像された前記第2拠点の映像のうち、前記第2拠点の床面の映像が表示されることを特徴とする映像システム。

請求項2

前記映像表示部には、前記撮像装置が撮像した前記第2拠点の映像が、前記映像表示部の下端まで表示されることを特徴とする請求項1に記載の映像システム。

請求項3

前記撮像装置は、少なくとも前記第2拠点の天井の一部を含む所定空間を撮像して映像を出力し、前記映像表示部の上端は、前記第1拠点の天井に対して近接又は当接しており、前記映像表示部の上端側には、前記撮像装置により撮像された前記第2拠点の映像のうち、前記第2拠点の天井の映像が表示されることを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の映像システム。

請求項4

前記映像表示部は、前記映像表示部の上端と前記第1拠点の天井との間に、前記第1拠点の壁面が前記映像表示部に向かって立つ視覚者視界に入らない高さに設定されることを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の映像システム。

請求項5

前記映像表示部には、前記撮像装置が撮像した前記第2拠点の映像が、前記映像表示部の上端まで表示されることを特徴とする請求項3又は請求項4に記載の映像システム。

請求項6

前記映像表示部には、前記撮像装置が撮像した前記第2拠点の映像が、前記映像表示部の幅方向両端まで表示されることを特徴とする請求項1乃至請求項5のうち、いずれか1に記載の映像システム。

請求項7

前記映像表示部は、前記映像表示部に表示される映像を視覚する視覚者の視野角カバーする、2面以上又は曲面で構成したことを特徴とする請求項1乃至請求項6のうち、いずれか1に記載の映像システム。

請求項8

前記映像表示部は、前記第1拠点の床面上を人が往来する経路として前記第1拠点の床面に設定された動線に対応させて配置されることを特徴とする請求項1乃至請求項7のうち、いずれか1に記載の映像システム。

請求項9

前記撮像装置は、前記第2拠点の床面上を人が往来する経路として前記第2拠点の床面に設定された動線に加えて人の動きを含めて逐次撮像することを特徴とする請求項1乃至請求項8のうち、いずれか1に記載の映像システム。

請求項10

第1拠点の映像表示部に第2拠点で撮像された映像を表示し、前記第2拠点の映像表示部に前記第1拠点で撮像された映像を表示する映像システムであって、少なくとも前記第2拠点の床面の一部を含む所定空間を撮像して映像を出力する第2拠点側撮像装置と、少なくとも前記第1拠点の床面の一部を含む所定空間を撮像して映像を出力する第1拠点側撮像装置と、前記第2拠点側撮像装置により撮像された前記第2拠点の映像が表示される第1拠点側映像表示部と、前記第1拠点側撮像装置により撮像された前記第1拠点の映像が表示される第2拠点側映像表示部と、を備え、前記第1拠点側映像表示部の下端は、前記第1拠点の床面に対して近接又は当接しており、前記第2拠点側映像表示部の下端は、前記第2拠点の床面に対して近接又は当接しており、前記第1拠点側映像表示部の下端側には、前記第2拠点側撮像装置により撮像された前記第2拠点の映像のうち、第2拠点の床面の映像が表示され、前記第2拠点側映像表示部の下端側には、前記第1拠点側撮像装置により撮像された前記第1拠点の映像のうち、第1拠点の床面の映像が表示されることを特徴とする映像システム。

技術分野

0001

本発明は、映像システムに関し、特に、臨場感及びリアリティのある映像を提供可能な映像システムに関する。

背景技術

0002

第1拠点にいる人と第2拠点にいる人との間で、画面越しにお互いの顔を見ながらコミュニケーションが可能なコミュニケーションシステムとして、例えばテレビ会議システムウェブ会議システムなどが提案されている。一般的には、そのテレビ会議システム等では、両拠点においてや載置台の上に設置されたテレビサイズモニターと、両拠点をそれぞれ撮像するカメラと、両拠点の音声集音するマイクと、を有している。

先行技術

0003

特開2009−81861

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、そのモニターに映し出される映像、即ち、相手方拠点においてカメラが撮影する範囲は、主として会議参加者のせいぜい上半身が映る程度のもの、或いは会議室の机よりも上側の範囲に過ぎないものであった。そのような映像を、机や載置台の上に設置されたテレビサイズのモニターに表示させ、互いの拠点において見ながら会話を行っても、テレビ画面を見ている感覚に留まるものであり、会話の相手方が恰も同じ空間にいるかのような感覚を伴わず、臨場感及びリアリティに欠けるものであった。その結果、第1拠点と第2拠点との間の距離感払拭できない状態でのコミュニケーションに限定されてしまっていた。例えば、特許文献1では、映写した画像や音声の大きさの調節等して臨場感を演出することを提案しているが、会話の相手方が恰も同じ空間にいるかのような感覚を得ることはできておらず、テレビ画面を見ている感覚に留まるものである。

0005

そこで本発明は、異なる拠点同士が恰も同じ空間にいるかのような感覚を伴う臨場感及びリアリティのある映像を提供可能な映像システムを提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

上記解題を解決するために本発明の映像システムは、第1拠点の映像表示部に、第2拠点で撮像された映像を表示する映像システムであって、少なくとも前記第2拠点の床面の一部を含む所定空間を撮像して映像を出力する撮像装置と、前記撮像装置により撮像された前記第2拠点の映像が表示される映像表示部と、を備え、前記映像表示部の下端は、前記第1拠点の床面に対して近接又は当接しており、前記映像表示部の下端側には、前記撮像装置により撮像された前記第2拠点の映像のうち、前記第2拠点の床面の映像が表示されることを特徴とする。

0007

また、本発明の映像システムにおいて、前記映像表示部には、前記撮像装置が撮像した前記第2拠点の映像が、前記映像表示部の下端まで表示されることを特徴とする。

0008

また、本発明の映像システムにおいて、前記撮像装置は、少なくとも前記第2拠点の天井の一部を含む所定空間を撮像して映像を出力し、前記映像表示部の上端は、前記第1拠点の天井に対して近接又は当接しており、前記映像表示部の上端側には、前記撮像装置により撮像された前記第2拠点の映像のうち、前記第2拠点の天井の映像が表示されることを特徴とする。

0009

また、本発明の映像システムにおいて、前記映像表示部は、前記映像表示部の上端と前記第1拠点の天井との間に、前記第1拠点の壁面が前記映像表示部に向かって立つ視覚者視界に入らない高さに設定されることを特徴とする。

0010

また、本発明の映像システムにおいて、前記映像表示部には、前記撮像装置が撮像した前記第2拠点の映像が、前記映像表示部の上端まで表示されることを特徴とする。

0011

また、本発明の映像システムにおいて、前記映像表示部には、前記撮像装置が撮像した前記第2拠点の映像が、前記映像表示部の幅方向両端まで表示されることを特徴とする。

0012

また、本発明の映像システムにおいて、前記映像表示部は、前記映像表示部に表示される映像を視覚する視覚者の視野角カバーする、2面以上又は曲面で構成したことを特徴とする。

0013

また、本発明の映像システムにおいて、前記映像表示部は、前記第1拠点の床面上を人が往来する経路として前記第1拠点の床面に設定された動線に対応させて配置されることを特徴とする。

0014

また、本発明の映像システムにおいて、前記撮像装置は、前記第2拠点の床面上を人が往来する経路として前記第2拠点の床面に設定された動線に加えて人の動きを含めて逐次撮像することを特徴とする。

0015

また、本発明の映像システムは、第1拠点の映像表示部に第2拠点で撮像された映像を表示し、前記第2拠点の映像表示部に前記第1拠点で撮像された映像を表示する映像システムであって、少なくとも前記第2拠点の床面の一部を含む所定空間を撮像して映像を出力する第1拠点側撮像装置と、少なくとも前記第1拠点の床面の一部を含む所定空間を撮像して映像を出力する第2拠点側撮像装置と、前記第2拠点側撮像装置により撮像された前記第2拠点の映像が表示される第1拠点側映像表示部と、前記第1拠点側撮像装置により撮像された前記第1拠点の映像が表示される第2拠点側映像表示部と、を備え、前記第1拠点側映像表示部の下端は、前記第1拠点の床面に対して近接又は当接しており、前記第2拠点側映像表示部の下端は、前記第2拠点の床面に対して近接又は当接しており、前記第1拠点側映像表示部の下端側には、前記第2拠点側撮像装置により撮像された前記第2拠点の映像のうち、前記第2拠点の床面の映像が表示され、前記第2拠点側映像表示部の下端側には、前記第1拠点側撮像装置により撮像された前記第1拠点の映像のうち、前記第1拠点の床面の映像が表示されることを特徴とする。

発明の効果

0016

本発明の映像システムによれば、映像表示部の下端が、映像表示部の映像を視覚する視覚者が立つ床面に近接するほど低い位置となり、かつ、映像表示部の下端側に第2拠点の床面が表示されることによって、実際の第1拠点の床面と映像表示部に表示される映像としての第2拠点の床面とが恰も連続しており、現実に視覚者がいる第1拠点の空間と映像表示されている第2拠点の空間とが連続しているかのような演出によって、第1拠点と第2拠点との距離感が払拭された、臨場感とリアリティのある映像を提供することができる。よって、従来の会議システムのように、机や載置台の上に設置されたテレビサイズのモニターの映像表示部の下部に、他拠点の会議室の机が表示されるような映像を映し出しても、第1拠点と第2拠点との距離感を感じ、テレビ画面を見ている感覚の域を出ないものであり、本発明によって提供される映像とは全く異なる。

0017

また、本発明の映像システムによれば、映像表示部の下端側に、映像が表示されない余白部分がなくなり、実際の第1拠点の床面と、映像表示部に表示される映像としての第2拠点の床面との連続感を一層向上させることができ、テレビ画面を見ている感覚が払拭された、更なる臨場感とリアリティのある映像を提供することができる。

0018

また、本発明の映像システムによれば、映像表示部の上端が、映像表示部の映像を見る視覚者の目線よりも十分に高い位置となり、かつ、映像表示部の上端側に第2拠点の天井が表示されることによって、実際の天井と映像表示部に表示される映像としての天井とが恰も連続しており、現実に視覚者がいる第1拠点の空間と映像表示されている第2拠点の空間とが、床面及び天井の両方で連続しているかのような演出によって、テレビ画面を見ている感覚が払拭された、臨場感とリアリティのある映像を提供することができる。

0019

また、本発明の映像システムによれば、映像表示部の上端側に、映像が表示されない余白部分がなくなり、実際の第1拠点の天井と、映像表示部に表示される映像としての第2拠点の天井との連続感を一層向上させることができ、床面及び天井の両方で連続しているかのような、テレビ画面を見ている感覚が払拭された、更なる臨場感とリアリティのある映像を提供することができる。

0020

また、本発明の映像システムによれば、映像表示部の幅方向両端に、映像が表示されない余白部分がなくなり、実際の第1拠点と、映像表示部に表示される映像としての第2拠点との連続感を一層向上させることができ、テレビ画面を見ているかのような感覚を払拭した、更なる臨場感とリアリティのある映像を提供することができる。

0021

また、本発明の映像システムによれば、映像表示部は、視覚者の視野角をカバーする2面以上又は曲面で構成したことにより、視覚者は、恰も第1拠点と第2拠点とが床面で(更には天井で)連続しているかのような映像を、没入感をもって見ることが可能となる。

0022

また、本発明の映像システムによれば、恰も第1拠点と第2拠点とが床面で(更には天井で)連続しているかのような映像が、第1拠点の動線に対応させて設けられた映像表示部に表示されるため、第1拠点の動線を往来する人は、第2拠点との距離感が払拭された、臨場感とリアリティのある映像に接しやすくなり、第2拠点にいる人とのコミュニケーションを図り易くなる。

図面の簡単な説明

0023

本発明に係る映像システムの一実施形態であるコミュニケーションシステムを第1拠点、第2拠点にそれぞれ設けた場合の構成を示す図である。
本発明に係る映像システムの一実施形態であるコミュニケーションシステムの外観を示す斜視図である。
本発明に係る映像システムの一実施形態であるコミュニケーションシステムの分解斜視図である。
本発明に係る映像システムの一実施形態であるコミュニケーションシステムにおける表示装置及び映像表示部の配置を示す図であり、(a)は前記配置を平面から見た模式図、(b)は前記配置を側面から見た模式図である。
本発明に係る映像システムの一実施形態であるコミュニケーションシステムにおける映像表示部の、第1拠点の床面及び天井との近接又は当接の関係を示す模式図である。
本発明に係る映像システムの一実施形態であるコミュニケーションシステムにおける映像表示部の配置を示す図であり、(a)は第1拠点における配置を示す図、(b)は第2拠点における配置を示す図である。
本発明に係る映像システムの一実施形態であるコミュニケーションシステムにおける撮像装置の配置を示す図であり、(a)は前記配置を平面から見た模式図、(b)は前記配置を側面から見た模式図である。
本発明に係る映像システムの一実施形態であるコミュニケーションシステムのブロック図である。
本発明に係る映像システムの一実施形態であるコミュニケーションシステムにおけるデータの流れを示す図であり、(a)は第1拠点から第2拠点へのデータ送受信を示す図、(b)は第2拠点から第1拠点へのデータ送受信を示す図である。
本発明に係る映像システムの一実施形態であるコミュニケーションシステムの撮像装置の撮像方向の変形例を示す図である。
本発明に係る映像システムの一実施形態であるコミュニケーションシステムが配置される動線を第1拠点、第2拠点に示す図である。
本発明に係る映像システムの一実施形態であるコミュニケーションシステムが配置される動線を第1拠点、第2拠点に示す図である。
本発明に係る映像システムの一実施形態であるコミュニケーションシステムの軸組構造の変形例を示す平面からみた模式図である。
本発明に係る映像システムの一実施形態であるコミュニケーションシステムの構成を示す斜視図である。
本発明に係る映像システムの一実施形態であるコミュニケーションシステムを用いてコミュニケーションを誘発する状態を説明する図である。
本発明に係る映像システムの一実施形態であるコミュニケーションシステムを用いてコミュニケーションを誘発する別の状態を説明する図である。
本発明に係る映像システムの一実施形態であるコミュニケーションシステムを第1拠点、第2拠点にそれぞれ設けた場合の構成を示す図である。
本発明に係る映像システムの一実施形態であるコミュニケーションシステムの外観を示す斜視図である。

実施例

0024

以下、図面を参照して、本発明による映像システムの一つの実施形態として、コミュニケーションシステムに適用した場合の実施形態について説明する。

0025

本発明による映像システムは、図1に示すように、第1拠点Aにコミュニケーションシステム1Aを配置し、第2拠点Bにコミュニケーションシステム1Bを配置して、第2拠点Bのコミュニケーションシステム1Bにより撮像された映像及び集音された音を、第1拠点Aのコミュニケーションシステム1Aにより第1拠点Aで発信することにより、第1拠点Aと第2拠点Bとの異なる空間(主として遠隔地オフィス工場など)において、臨場感のあるリアルタイムなコミュニケーションを実現することができるコミュニケーションシステム1に関するものである。同様に、第1拠点Aのコミュニケーションシステム1Aにより撮像された映像及び集音された音を、第2拠点Bのコミュニケーションシステム1Bにより第2拠点Bで発信することにより、第1拠点Aと第2拠点Bとの異なる空間において、あたかも第1拠点Aと第2拠点Bとが同じ空間にいるような演出をすることができ、双方向に臨場感のあるリアルタイムなコミュニケーションを実現することができるコミュニケーションシステム1に適用することができる。
コミュニケーションシステム1は、図14に示すように、第1拠点A及び第2拠点Bのフロアに設定されている、人が往来する経路としての動線を利用して設置されるものである。すなわち、第1拠点Aと第2拠点Bは、本来異なる空間に存在するものであるから、第1拠点Aの動線と第2拠点Bの動線は、別個独立に存在し、それぞれの動線で活動する人達のFace to Faceのコミュニケーションは限られた第1拠点A或いは第2拠点Bのみで行われており、例えば遠隔地に位置する第1拠点Aと第2拠点Bとでの間でFace to Faceのコミュニケーションは上述したように、Web会議テレビ会議で行われているのが実情であるが、これらのシステムを用いたコミュニケーションでは、第1拠点Aと第2拠点Bとの距離感が払拭できないために臨場感に欠け、また、両拠点においてWeb会議システムやテレビ会議システムを同時に稼働している間でなければ両拠点間でコミュニケーションが生成されない点で限界があった。そこで、コミュニケーションシステム1は、第1拠点Aと第2拠点Bとの異なる空間において、あたかも第1拠点Aと第2拠点Bとが同じ空間にいるような演出をすることができ、双方向に臨場感のあるリアルタイムな会話を実現することができるコミュニケーションシステム1を提供するものである。

0026

コミュニケーションシステム1は、コミュニケーションシステム1Aとコミュニケーションシステム1Bとを備え、その構成の詳細を図1乃至図8を参照して説明する。なお、コミュニケーションシステム1におけるコミュニケーションシステム1Aとコミュニケーションシステム1Bとは、同様の構成を有しているので、以下、コミュニケーションシステム1Aを中心に説明する。
図1は、本発明に係る映像システムの一実施形態であるコミュニケーションシステム1A,1Bを第1拠点A及び第2拠点Bのそれぞれに設けた場合の構成を示す図、図2は、図1に示すコミュニケーションシステム1Aの外観を示す斜視図、図3は、図1に示すコミュニケーションシステム1Aの分解斜視図、図4は、図1に示すコミュニケーションシステム1Aにおける表示装置14A及び映像表示部15Aの配置を示す図であり、(a)は前記配置を平面から見た模式図、(b)は前記配置を側面から見た模式図、図5は、図1に示すコミュニケーションシステム1Aにおける映像表示部15Aの、第1拠点Aの床面FA及び天井CAとの近接又は当接の関係を示す模式図、図6は、図1に示すコミュニケーションシステム1Aにおける映像表示部15Aの配置を示す図であり、(a)は第1拠点Aにおける配置を示す図、(b)は第2拠点Bにおける配置を示す図、図7は、図1に示すコミュニケーションシステム1Aにおける撮像装置10Aの配置を示す図であり、(a)は前記配置を平面から見た模式図、(b)は前記配置を側面から見た模式図、図8は、図1に示すコミュニケーションシステム1A、1Bのブロック図である。なお、図6においては、映像表示部15A,15B以外の構成要素の図示を省略している。

0027

[コミュニケーションシステムの構成]
図1に示すコミュニケーションシステム1において、第1拠点Aに設けられるコミュニケーションシステム1Aは、図1図2及び図8に示すように、撮像装置10A(10A1,10A2)と、集音装置12Aと、映像部と、音声装置16Aと、送信部21Aと、受信部23Aと、フレーム50とを備える。以下、各構成についてそれぞれ説明する。なお、第2拠点Bに設けられるコミュニケーションシステム1Bは、同様の構成を備えているので、説明を省略する。

0028

[フレーム]
図1に示すコミュニケーションシステム1Aは、図1及び図2に示すように、フレーム50を備えている。このフレーム50は、配置場所平坦な床面FA上に設けられた複数の支柱52(第1支柱52a〜第4支柱52d)、本実施形態では4つの支柱と、この支柱52の上部同士を連結するための梁部材53(第1梁部材53a〜第4梁部材53d)、本実施形態では4つの梁部材とから構成される。なお、フレーム50は、支柱52を床面FA上に載置して設けられると床面FAに対する躯体工事が必要ないため好ましいが、床面FAに対して固定して設けられてもよい。

0029

図1及び図2に示すように、フレーム50は支柱と梁とを組み合わせた軸組構造であり、フレーム50を構成する支柱52は、第1支柱52a〜第4支柱52dでなり、梁部材53は、第1梁部材53a〜第4梁部材53dでなる。なお、支柱52(第1支柱52a〜第4支柱52d)の長さ、梁部材53(第1梁部材53a〜第4梁部材53d)の長さは、同一若しくは異なる長さを適宜選定することができる。なお、図1及び図2に示すフレーム50の支柱52及び梁部材53は同じ長さで構成し、全体が立体形状で構成している。

0030

図1に示すコミュニケーションシステム1Aは、図3に示すように、配置場所である平坦な床面FA上に、第1支柱52a〜第4支柱52dと第1梁部材53a〜第4梁部材53dとを連結して組み立てられる。
まず、第1支柱52aの上部と第2支柱52bの上部との間に第1梁部材53aを連結、第2支柱52bの上部と第3支柱52cの上部との間に第2梁部材53bを連結、第3支柱52cの上部と第4支柱52dの上部との間に第3梁部材53cを連結、第4支柱52dの上部と第1支柱52aの上部との間に第4梁部材53dを順次連結して、枠体状のフレーム50が形成される。また、例えば、第1支柱52aの下部と第2支柱52bの下部との間や、第2支柱52bの下部と第3支柱52cの下部の間などにも、別のフレーム部材(図示せず)を連結してもよい。支柱52(52a〜52d)に対して梁部材53(53a〜53d)を直接的に連結させてもよく、または、取付部材としての連結部材55(55a〜55d)を介在させて連結しても良い。

0031

なお、図1に示すフレーム50を構成する支柱及び梁部材の個数及び寸法は特に限定されるものではない。例えば、第1支柱52a〜第4支柱52dは、コミュニケーションシステム1Aの配置場所が屋内であれば、その配置場所における床から天井までの高さよりも低く設定するのが好適である。コミュニケーションシステム1Aの配置・撤去が容易で、移動が容易であるからである。また、第1梁部材53a〜第4梁部材53dの長さは、コミュニケーションシステム1Aの用途に応じて適宜設定すればよい。

0032

なお、図2に示すように、本実施形態においては、フレーム50は、平面視、第1梁部材53a乃至第4梁部材53dが略正方形の構成を例示したが、後述のように、映像表示部15Aや表示装置14Aを取付・固定できる構成であればよいため、本発明はこの構成形態に限定されるものではなくまた、各梁部材も直線構成のものに限られず、湾曲させた構成であってもよく、その形状は特に限定されない。

0033

[映像部]
本発明における映像部は、第2拠点Bにおいて撮像された映像を第1拠点Aにおいて表示するための手段である。本実施形態においては、図1及び図9に示すように、図1に示すコミュニケーションシステム1Aの映像部は、第2拠点Bにおいて撮像された映像(DB1及び/又はDB2)を映写する表示装置14Aと、第2拠点Bにおいて撮像された映像(DB1及び/又はDB2)が映し出される表示面である映像表示部15Aとから構成される例を説明する。一例として、表示装置14Aはプロジェクター、映像表示部15Aはスクリーンで構成されるが、これに限られるものではない。前記映像部として液晶ディスプレイなどのデジタルディスプレイを用いた場合、映像表示部15Aが液晶パネルなどの表示パネルに相当し、表示装置14Aが前記表示パネルを駆動する駆動回路に相当することになる。前記映像部としてデジタル型ディスプレイを用いた場合、重量が嵩むプロジェクターを用いる必要がなく、前記映像部の重量を軽減することができ、またこの場合には、プロジェクターを用いる必要がないため第4支柱52d、第3梁部材53c及び第4梁部材53dを設けなくてもよい。

0034

本実施形態では、図2に示すように、2台の表示装置14A1,14A2は、フレーム50の第3梁部材53cに設けられた第1表示装置14A1、第4梁部材53dに設けられた第2表示装置14A2が設けられている。また、2つの映像表示部15A1,15A2は、フレーム50の第1支柱52aと第2支柱52bと第1梁部材53aとにより囲われる面(X−Z面)に設けられた第1映像表示部15A1、第2支柱52bと第3支柱52cと第2梁部材53bとにより囲われる面(Y−Z面)に設けられた第2映像表示部15A2が設けられている。なお、表示装置14A、映像表示部15Aは、本実施形態ではそれぞれ2つずつで構成しているが、これに限定されるものではなく、少なくとも1つずつ以上あれば、配置数は限定されるものではない。図1に示すコミュニケーションシステム1において、表示装置14A及び映像表示部15Aは、第2拠点Bにおいて撮像された映像(DB1及び/又はDB2)が第1拠点Aで見ることができる構成であればよく、コミュニケーションシステム1の演出ができれば、表示装置14A、映像表示部15Aの数は限定されるものではないからである。

0035

また、本実施形態では、図2及び図4に示すように、第1表示装置14A1が第1映像表示部15A1の対面に配置されて第1表示装置14A1が映写した映像は、第1映像表示部15A1の全面若しくはほぼ全面の範囲で映写されて表示される。また、第2表示装置14A2が第2映像表示部15A2の対面に配置されて、第2表示装置14A2が映写した映像は第2映像表示部15A2の全面若しくはほぼ全面の範囲で映写されて表示される。しかして、第1映像表示部15A1若しくは第2映像表示部15A2には、第1表示装置14A1、第2表示装置14A2の映像が全面若しくはほぼ全面に映写されればよいので、例えば、図4(a)に示す配置関係において、第1表示装置14A1の映像を第2映像表示部15A2に、及び第2表示装置14A2の映像を第2映像表示部15A2に映写されて表示されるものでもよい。

0036

また、本実施形態では、第1表示装置14A1は、第3梁部材53c、第2表示装置14A2は、第4梁部材53dに設けられて高い位置から映像が映写される。したがって、フレーム50の内部空間SAで人の移動が行われても映写される映像が遮られることがなく、第1拠点Aのコミュニケーションシステム1Aと第2拠点Bのコミュニケーションシステム1Bとの空間と空間とが一体となってコミュニケーションが可能な空間が形成される。

0037

表示装置14A及び映像表示部15Aは、第2拠点において撮像された映像(DB1及び/又はDB2)を第1拠点において見ることができる映像部であればよいため、プロジェクター及びスクリーンのような組み合わせに限られず、例えば液晶ディスプレイのような映像部によって構成してもよく、特に限定されるものではない。

0038

また、図1に示すように、第2拠点Bのコミュニケーションシステム1Bのフレーム50の内部空間SBに立つ者が撮像装置10Bにより撮像され、その映像(DB1,DB2)が第1拠点Aのコミュニケーションシステム1Aの映像表示部15Aに映写されるに際して、内部空間SBに立つ者の映像が等身大に映写されることが可能なサイズで映像表示部15Aが構成されるのが好ましい。本実施形態に係るコミュニケーションシステム1は、第1拠点Aと第2拠点Bとの異なる空間において、あたかも第1拠点Aにいる者と第2拠点Bにいる者とが同じ空間にいるような演出をすることができ、双方向に臨場感のあるリアルタイムなコミュニケーションを実現するものであるから、第1拠点Aと第2拠点Bとの異なる空間が恰も同じ空間となるように演出することができるからである。

0039

図2に示すように、第1映像表示部15A1は、第1支柱52aと第2支柱52bと第1梁部材53aとにより囲われるフレーム50の一側面(X−Z面)を覆うように設けられ、第2映像表示部15A2は、第2支柱52bと第3支柱52cと第2梁部材53bとにより囲われるフレーム50の一側面(Y−Z面)を覆うように設けられる。そのため、フレーム50は、上記二側面が閉塞されている。したがって、第3支柱52cと第4支柱52dと第3梁部材53cとにより囲われる側面、第4支柱52dと第1支柱52aと第4梁部材53dとにより囲われる側面、第1梁部材53a〜第4梁部材53dにより囲われる天面は解放されて、内部空間SAが形成される。

0040

図2及び図4(a)に示すように、第1映像表示部15A1及び第2映像表示部15A2は、第2支柱52bを基点として、全体として、平面視、角度α(図4(a)参照)で折れ曲がった映像表示部(15A)を形成している。なお、図4(a)で示す角度αは、90度となっているが、180度のフラットな面で構成してもよい。要するに、本実施形態に係るコミュニケーションシステム1を演出することができればよいので、角度αは適宜設定することができる。

0041

映像表示部15Aは、第2拠点Bにおいて撮像された映像(DB1及び/又はDB2)が映し出される表示面であればよい。そのため、映像表示部15Aは、図3等に示すように表示媒体としての面状部材そのものに構成される場合に限られず、パネル建物内壁の前面に配置した強度の高い板状部材面状媒体(表示媒体)に構成されるようにしてもよい。または、映像表示部15Aは前記面状部材の全面或いは一部に構成されてもよい(図5(d)参照)。

0042

また、図5に示すように、映像表示部15Aの下端は、第1拠点Aの床面FAに対して近接又は当接するのが好ましく、また、映像表示部15Aの上端は、第1拠点Aの天井CAに対して近接又は当接するのが好ましい。すなわち、映像表示部15Aの下端は、第1拠点Aの床面FAに対して当接するか(図5(a)、(c)、(d)参照)、第1拠点Aの床面FAに対して近接する(図5(b)参照)のが好ましい。このように構成することにより、映像表示部15Aの映像を見る視覚者の目線よりも十分に低い位置まで、映像表示部15Aに第2拠点Bの映像を表示させることが可能となる。

0043

また、映像表示部15Aの上端は、第1拠点Aの天井CAに対して近接するか(図5(a)及び(b)参照)、第1拠点Aの天井CAに対して当接する(図5(c)及び(d)参照)のが好ましい。或いは、図6に示すように、映像表示部15Aの上端と第1拠点Aの天井CAとの間に、第1拠点Aの壁面WAが映像表示部15Aに向かって立つ視覚者の視界に入らない高さに設定されるのが好ましい。このように構成することにより、映像表示部15Aの映像を見る視覚者の目線よりも十分に高い位置まで、映像表示部15Aに第2拠点Bの映像を表示させることが可能となる。

0044

なお、第1映像表示部15A1が構成される面状部材の構成素材は特に限定されず、例えば、強度の高い板状部材(例えばスチール製、木製など)で構成する場合は、フレーム50の第1梁部材53aを省略することができる。すなわち、第1支柱52a及び第2支柱52bと面状部材とを連結すればよい。同様に、第2映像表示部15A2が構成される面状部材を強度の高い素材で構成する場合は、フレーム50の第2梁部材53bを省略することができる。すなわち、第2支柱52b及び第3支柱52cと面状部材とを連結すればよい。また、強度の高い素材で構成した第1映像表示部15A1が構成される面状部材と第2映像表示部15A2が構成される面状部材とを連結することで、第1支柱52a、第2支柱52b、第3支柱52cのいずれか又は総てを省略することができる。

0045

第1映像表示部15A1(及び/又は第2映像表示部15A2)がスクリーンに構成される場合、第1映像表示部15A1(及び/又は第2映像表示部15A2)の裏側からの光を通さずにクリアな映像を表示させるために、第1映像表示部15A1(及び/又は第2映像表示部15A2)が構成される面状部材自体を透光性のない部材で構成する、又は、第1映像表示部15A1(及び/又は第2映像表示部15A2)が構成される面状部材の裏側に透光性のない部材を併設する構成が好ましい。

0046

[音声装置]
図1及び図2に示すように、音声装置16Aは、スピーカーなどで構成され、第2拠点Bにおいて集音された音(VB)(図9に図示)を発する装置である。臨場感のある音声を発することができるように、後述の集音装置12Bを2台以上で構成し、それに対応させて音声装置16Aを2台以上で構成してもよい。

0047

[撮像装置]
撮像装置10Aは、ビデオカメラなどで構成され、第1拠点Aにおける所定空間を撮像するためのカメラレンズ11Aを備える装置である。

0048

図2に示す通り、本実施形態においては、撮像装置10Aとして、2台の撮像装置10A1,10A2で構成する例を示しているが、撮像装置10Aの配置台数は2台に限定されるものではなく、少なくとも1台以上であればよい。

0049

図2に示すように、第1撮像装置10A1及び第2撮像装置10A2は、映像表示部15Aの中央部に設けられ、第1映像表示部15A1と第2映像表示部15A2との境界近傍(第2支柱52bの近傍)に配置され、その配置場所(1点)から2方向を夫々個別に撮像する。第1撮像装置10A1及び第2撮像装置10A2は、各撮像方向(図7(a)の光軸方向LA1,LA2参照)をそれぞれ個別に撮像した映像(DA1,DA2)を逐次出力するようになっている。

0050

図1及び図2に示すように、コミュニケーションシステム1Aは、フレーム50で構成されている。このフレーム50は、第3支柱52cと第4支柱52dと第3梁部材53cにより囲われる側面、第4支柱52dと第1支柱52aと第4梁部材53dにより囲われる側面、第1梁部材53a〜第4梁部材53dにより囲われる天面が解放されており、第1撮像装置10A1及び第2撮像装置10A2は、図7(a)に示す光軸方向LA1,LA2方向に奥行きのある映像(DA1,DA2)を撮像して出力されるため、フレーム50で形成される内部空間SAのみならず、その外側空間まで撮像される。したがって、図7に示すように、内部空間SAを移動する人のみならず、該内部空間SAを越えて移動する人や空間も撮像するため、異なる空間が一体化される映像を撮像することができる。

0051

[集音装置]
図1及び図2に示すように、集音装置12Aは、マイクロフォンなどで構成され、第1拠点Aにおける所定空間の音を集音するための装置であり、集音した音(VA)(図9に図示)を逐次出力するようになっている。また、例えば上述の音声装置16Aにおいてステレオ音を提供可能なように、集音装置12Aを2台以上で構成してもよい。集音装置12Aは、フレーム50の内部空間SAにおける音のみを集音できるように設定してもよい。

0052

[送信部及び受信部]
図8及び図9に示すように、コミュニケーションシステム1Aは、インターネットなどの通信ネットワーク20を介した通信を行うための通信手段として、送信部21A及び受信部23Aを有する。送信部21Aは、撮像装置10A1,10A2により撮像され出力された映像DA1,DA2や、集音装置12Aにより集音され出力された音VAを通信ネットワーク20に送出するようになっている。受信部23Aは、第2拠点Bで撮像され出力された映像DB1,DB2や、集音されて出力された音VBを通信ネットワーク20から受信するようになっている。なお、通信ネットワーク20は、インターネットのみならず、イントラネット、その他の通信回線での通信ネットワークでもよい。

0053

制御装置
第1撮像装置10A1、第2撮像装置10A2、集音装置12A、第1表示装置14A1、第2表示装置14A2、音声装置16A、送信部21A、受信部23Aの全部又は一部と接続されてそれらの動作を制御するための、1以上の制御装置(図示せず)を有する構成としてもよい。その制御装置は、例えば、パーソナルコンピュータで構成されている。

0054

[コミュニケーションシステムの組み立て]
コミュニケーションシステム1A,1Bの組み立てについて、図3を参照して、説明する。
第1拠点Aにおいて、第1梁部材53aの両端に第1連結部材55a及び第2連結部材55bを連結させる。第2連結部材55bに第2梁部材53bの一端を連結し、第2梁部材53bの他端に第3連結部材55cを連結させる。第3連結部材55cに第3梁部材53cの一端を連結し、第3梁部材53cの他端に第4連結部材55dを連結させる。第4梁部材53dの両端に、第1梁部材53a及び第4連結部材53dを連結させる。これにより、第1梁部材53a〜第4梁部材53dが第1連結部材55a〜第4連結部材55dによって枠体状に連結された状態となる。

0055

次に、枠体状に連結された第1梁部材53a〜第4梁部材53dを持ち上げた状態で、第1連結部材55a〜第4連結部材55dのそれぞれ下方に、第1支柱52a〜第4支柱52dを配置して、第1支柱52aの上端を第1連結部材55aの下端と連結し、第2支柱52bの上端を第2連結部材55bの下端と連結し、第3支柱52cの上端を第3連結部材55cの下端と連結し、第4支柱52dの上端を第4連結部材55dの下端と連結することにより、フレーム50が形成される。

0056

次に、第1映像表示部15A1が構成される面状部材を第1梁部材53aに固定し、第2映像表示部15A2が構成される面状部材を第2梁部材53bに固定する。このとき、第1映像表示部15A1と第2映像表示部15A2との間にできる限り隙間が生じないように固定されるのが好ましい。なお、第1映像表示部15A1が構成される面状部材を第1支柱52a及び第2支柱52bに固定し、第2映像表示部15A2が構成される面状部材を第2支柱52b及び第3支柱52cに固定してもよい。

0057

また、第1表示装置14A1を、X−Z面に沿って第3梁部材53cに取付・固定し、第2表示装置14A2をY−Z面に沿って第4梁部材53dに取付・固定する。このとき、第3梁部材53cにおける第1表示装置14A1の固定位置は、第1映像表示部15A1に対して映像を全面若しくはほぼ全面に映写可能な位置であればよい。第1表示装置14A1を第3梁部材53cに載置するための設置器具を介して固定しても良い。第4梁部材53dにおける第2表示装置14A2についても同様である。

0058

更に、表示装置14A(第1表示装置14A1及び第2表示装置14A2)の固定位置についてより詳しく説明する。表示装置14Aは、映像表示部15Aという映写可能な表示面を有効に使用して、第2拠点Bにおいて撮像された映像を映写するように設定する。すなわち、映像表示部15Aには、撮像装置10Bが撮像した第2拠点Bの映像が、映像表示部15Aの下端まで表示される。また、映像表示部15Aには、撮像装置10Bが撮像した第2拠点Bの映像が、映像表示部15Aの上端まで表示される。更には、映像表示部15Aには、撮像装置10Bが撮像した第2拠点Bの映像が、映像表示部15Aの幅方向両端まで表示される。

0059

本実施形態においては、第1映像表示部15A1及び第2映像表示部15A2の大きさは、幅は梁部材53、高さは支柱52(及び連結部材55を加えた高さ)に対応している。この大きさに対応するようにして、第2拠点Bにおいて撮像された映像(又は所定の映像処理が施された映像)を映写するように設定する。そのため、図4(a)に示すように、第1表示装置14A1は、その設置位置から前記映像を第1映像表示部15A1に対して映写したときに、映写された映像の幅方向両端が第1映像表示部15A1の幅方向両端と一致若しくは略一致するような映像映写角度θ11で映写できる位置に取付・固定する。また、図4(b)に示すように、第1表示装置14A1は、その設置位置から前記映像を第1映像表示部15A1に対して映写したときに、映写された映像の高さ方向両端が第1映像表示部15A1の高さ方向両端と一致若しくは略一致するような映像映写角度θ12で映写できる位置CH1に固定する。位置CW1は、第1表示装置14A1からの映像の映写が左右均等になるように、平面視、映像映写角度θ11の中心線が第1映像表示部15A1と直角をなすように、第3梁部材53cの中央部となっている。また、第1表示装置14A1の高さ方向の位置CH1は、第3梁部材53cの上面(CW1に対応する位置)に設置する。第1表示装置14A1は、図4(b)に示すように、第1映像表示部15A1の中心よりも上側の位置から前記映像を映写することになるため、位置CH1を通る水平方向(一点鎖線で図示)に対して下向きの映像映写角度θ13で映写できるように固定する。このようにして、位置CW1,CH1,角度θ11,θ12,θ13を決めて、第1表示装置14A1を設置する。第2表示装置14A2についても、第1表示装置14A1の映像映写角度θ11と同様にして映像映写角度θ21で映写できるように取付・固定し(図4(a)参照)、更に映像映写角度θ12,θ13と同様に、所定の映像映写角度で映写できるような位置に固定する。

0060

図2に示すように、第1撮像装置10A1及び第2撮像装置10A2は、映像表示部15Aの中央部である第1映像表示部A1と第2映像表示部15A2との境界近傍(第2支柱52bの近傍)に設置される。第1撮像装置10A1及び第2撮像装置10A2の設置方法は特に限定されるものではなく、例えば、第2支柱52bに固定したり、別の載置台に設置してもよい。

0061

図7を参照して、第1撮像装置10A1及び第2撮像装置10A2がそれぞれ備えるカメラレンズ11A1,11A2の撮像方向及び配置を説明する。図7(a)に示すように、第1カメラレンズ11A1の水平方向の設置は、第2映像表示部15A2が撮像されない様に設定する。第2カメラレンズ11A2の水平方向の位置は、第1映像表示部15A1が撮像されない様に設定する。このように設置することによって、第1拠点Aにおける第1映像表示部15A1及び第2映像表示部15A2が、第2拠点Bで映写される映像に表示されなくなり、臨場感・リアリティのある映像を第2拠点Bへ提供できるようになる。

0062

一方、第1カメラレンズ11A1,第2カメラレンズ11A2の垂直方向の配置は、第1カメラレンズ11A1の光軸LA1及び第2カメラレンズ11A2の光軸LA2がそれぞれ水平であって、第1カメラレンズ11A1の光軸LA1と、第2カメラレンズ11A2の光軸LA2との高さが一致する様に、第1撮像装置10A1及び第2撮像装置10A2を配置する。第1カメラレンズ11A1及び第2カメラレンズ11A2の光軸LA1,LA2の高さが一致しない場合は、第2拠点Bにおける第1映像表示部15B1に映写される映像と第2映像表示部15B2に映写される映像との間で上下のズレが生じることとなり、このようなズレを防ぐ必要がある。第1カメラレンズ11A1及び第2カメラレンズ11A2の配置高さH1は、例えば、着座した人間の平均的な視線の高さ乃至起立した人間の平均的な視線の高さに調整すると、第2拠点Bにおいて映写される映像が自然な感覚で観ることが可能となる。本実施形態では、H1を床面FAから約1m程度に設定することにより、臨場感・リアリティのある映像を撮像し得るが、この高さは適宜設定を行えばよい。

0063

また、第1カメラレンズ11A1は、第3梁部材53cや第1表示装置14A1が映り込まないように画角を調節すると、これらが第2拠点Bで映写される映像に表示されなくなり、臨場感・リアリティのある映像を第2拠点Bへ提供できるようになる。第2カメラレンズ11A2も、第4梁部材53dや第2表示装置14A2が映り込まないように調節する。

0064

更に、撮像装置10Aが、少なくとも第1拠点Aの床面FAの一部を含む所定空間を撮像して映像を出力できるように、カメラレンズ11Aの画角が調整される。例えば、図7(b)に示すように、第1カメラレンズ11A1、第2カメラレンズ11A2は、内部空間SAにおける床面FAの一部(図7(b)のP点を参照)が映り込むように画角を調整する。特に、内部空間SAのうち、第3梁部材53c又は第4梁部材53d近傍に立つ被写体の足及びその周囲の床面FAが撮像できるように、第1カメラレンズ11A1、第2カメラレンズ11A2の画角を調整する。第3梁部材53c又は第4梁部材53d近傍に立つ被写体の足及びその周囲の床面FAが撮像されることによって、空間の連続性が生まれて臨場感・リアリティのある映像を提供することができる。同様に、撮像装置10Aが、少なくとも第1拠点Aの天井CAの一部を含む所定空間を撮像して映像を出力できるように、カメラレンズ11Aの画角が調整される。

0065

なお、第1カメラレンズ11A1、第2カメラレンズ11A2は、第1カメラレンズ11A1の光軸LA1及び第2カメラレンズ11A2の光軸LA2がそれぞれ水平になるように配置する場合を説明したが、第3梁部材53cや第1表示装置14A1、第4梁部材53dや第2表示装置14A2が映り込まず(図7(a)参照)、かつ、内部空間SAにおける床面FAの一部(図7(b)のP点を参照)が映り込むように、第1カメラレンズ11A1の光軸LA1及び第2カメラレンズ11A2の光軸LA2がそれぞれ下向きになるようにして配置してもよい。

0066

集音装置12Aの配置場所は特に限定されないが、主としてフレーム50の内部空間SAにおける音を集音することができる位置に適宜配置すればよい。

0067

音声装置16Aの配置場所は特に限定されないが、第2拠点において集音された音(VB)をフレーム50の内部空間SAにおいて前記音を明瞭に聞き取ることができる位置に適宜配置すればよい。

0068

図8に示す送信部21Aや受信部23Aの配置場所は特に限定されるものではなく、上記各装置と接続されていればよい。

0069

以上のようにして、第1拠点Aにおいてコミュニケーションシステム1Aが組み立てられる。同様にして、第2拠点Bにおいてもコミュニケーションシステム1Bを組み立てればよい。第1拠点Aにおいて組み立てたコミュニケーションシステム1Aを図11(a)に示すように、第1拠点Aの右下角部の床面FA上に設定された動線TAに沿って設置すると、そのコミュニケーションシステム1Aには、恰も点線で示すように第2拠点Bの空間が広がるような映像が表示されることになる。同様に、図11(b)に示すように、第2拠点Bにおいて組み立てたコミュニケーションシステム1Bを、第2拠点Bの右上角部の床面FB上に設定された動線TBに沿って設置すると、そのコミュニケーションシステム1Bには、恰も点線で示すように第1拠点Aの空間が広がるような映像が表示されることになる。
また、第1拠点Aにおいて組み立てたコミュニケーションシステム1Aを図12(a)に示すように、第1拠点Aの中央部の床面FA上に設定された動線TAに沿って設置すると、そのコミュニケーションシステム1Aには、恰も点線で示すように第2拠点Bの空間が広がるような映像が表示されることになる。同様に、図12(b)に示すように、第2拠点Bにおいて組み立てたコミュニケーションシステム1Bを、第2拠点Bの中央部の床面FB上に設定された動線TBに沿って設置すると、そのコミュニケーションシステム1Bには、恰も点線で示すように第1拠点Aの空間が広がるような映像が表示されることになる。

0070

[コミュニケーションシステムの動作及び処理]
図8及び図9に示すように、第2拠点Bに配置するためのコミュニケーションシステム1Bは、上述したコミュニケーションシステム1Aと同様にして、撮像装置10B(10B1、10B2)と、集音装置12Bと、表示装置14B(14B1、14B2)と、映像表示部15B(15B1、15B2)と、音声装置16Bと、送信部21Bと、受信部23Bと、フレーム50と、によって構成する。コミュニケーションシステム1は、第1拠点Aにコミュニケーションシステム1Aを配置し、第2拠点Bにコミュニケーションシステム1Bを配置することにより、第1拠点Aと第2拠点Bとの間(主として遠隔地のオフィス、工場など)のコミュニケーションを行うことができる。以下、コミュニケーションシステム1について、図8及び図9を参照して説明する。図9は、図1に示すコミュニケーションシステム1A,1Bにおけるデータの流れを示す図であり、(a)は第1拠点Aから第2拠点Bへのデータ送受信を示す図、(b)は第2拠点Bから第1拠点Aへのデータ送受信を示す図である。

0071

図8及び図9に示すように、第1拠点Aにはコミュニケーションシステム1Aが、第2拠点Bにはコミュニケーションシステム1Bがそれぞれ配置され、各装置を図示せぬ操作手段によって起動させることによって、コミュニケーションシステム1Aの送信部21A及び受信部23A、並びに、コミュニケーションシステム1Bの送信部21B及び受信部23Bが通信ネットワーク20を介して接続される。また、第1拠点Aの撮像装置10A(10A1,10A2)及び集音装置12Aが第1拠点Aの所定空間において撮像及び集音を開始し、逐次出力される映像(DA1,DA2)及び音(VA)が送信部21Aによって通信ネットワーク20へ送出される。第2拠点Bの受信部23Bが第1拠点Aで撮像・集音された映像(DA1,DA2)及び音(VA)を受信し、リアルタイムに、第2拠点Bの表示装置14B(14B1,14B2)がその映像(DA1,DA2)を映像表示部15B(15B1,15B2)に映写し、音声装置16Bが音(VA)を発する。更に、第2拠点Bの撮像装置10B(10B1,10B2)及び集音装置12Bが第2拠点Bの所定空間において撮像及び集音を開始し、逐次出力される映像(DB1,DB2)及び音(VB)が送信部21Bによって通信ネットワーク20へ送出される。第1拠点Aの受信部23Aが第2拠点Bで撮像・集音された映像(DB1,DB2)及び音(VB)を受信し、リアルタイムに、第1拠点Aの表示装置14A(14A1,14A2)がその映像(DB1,DB2)を映像表示部15A(15A1,15A2)に映写し、音声装置16Aが音(VB)を発する。

0072

ここで、第1拠点Aの第1映像表示部15A1、第2映像表示部15A2に第2拠点Bの映像DB1,DB2を映写するに際して、第1表示装置14A1及び第2表示装置14A2において行われる映像処理について説明する。

0073

第1拠点Aに配置されるコミュニケーションシステム1Aは、第2拠点Bに配置されたコミュニケーションシステム1Bの第1撮像手段10B1及び第2撮像手段10B2が撮像した第2拠点Bの映像DB1、DB2を、第1映像表示部15A1と第2映像表示部15A2とからなる横長の映像表示部15Aに対して、恰も一連の横長の映像のごとく映写するものである。そこで、第1拠点Aの映像表示部14Aは、受信部23Aで受信した映像DB1、DB2を恰も一連の横長の映像のごとく映写するための映像処理を実行する。

0074

第2拠点Bにおける第1撮像手段10B1の第1カメラレンズ11B1の画角と第2撮像手段10B2の第1カメラレンズ11B2の画角とが一部重複している場合には撮像範囲が一部重複してしまい、その結果、第1撮像手段10B1が撮像した映像DB1及び第2撮像手段10B2が撮像した映像DB2は、同一の撮像対象が映り込んでしまう(図7(a)参照)。そこで、表示装置14Aは、映像DB1、DB2のうち、重複した映像部分カットする第1映像処理を実行する。例えば、第1カメラレンズ11B1の撮像方向(図7(a)におけるLA1に相当)と、第2カメラレンズ11B2の撮像方向(図7(a)におけるLA2に相当)と、の中間(図7(a)におけるLに相当)を境界として、第1表示装置14A1では映像DB1から映像DB2との重複部分をカットし、第2表示装置14A2では映像DB2から映像DB1との重複部分をカットするようにすればよい。

0075

また、第1表示装置14A1は、第1映像表示部15A1の中心よりも上側の位置から映像DB1を映写することになるため、第1映像表示部15A1に映し出される映像は台形に歪んでしまう。この歪みを解消するために、第1映像表示部15A1の表示面に沿って映像を四角く見せるための台形歪み補正(keystone補正)をする第2映像処理を実行する。

0076

映像表示部15Aの下端側には、撮像装置10Bにより撮像された第2拠点Bの映像のうち、第2拠点Bの床面FBの映像が表示される。これにより、映像表示部15Aの下端が床面FAに対して近接又は当接していることと相まって、実際の第1拠点Aの床面FAと映像表示部15Aに表示される映像としての第2拠点Bの床面FBとが恰も連続しており、現実に視覚者がいる第1拠点Aの空間と映像表示されている第2拠点Bの空間とが連続しているかのような演出によって、臨場感とリアリティのある映像を提供することができる。また、映像表示部15Aには、撮像装置10Bが撮像した第2拠点Bの映像が、映像表示部15Aの下端まで表示されることと相まって、映像表示部15Aの下端側に、映像が表示されない余白部分がなくなり、実際の第1拠点Aの床面FAと、映像表示部15Aに表示される映像としての第2拠点Bの床面FBとの連続感を一層向上させることができ、テレビ画面を見ている感覚が払拭された、更なる臨場感とリアリティのある映像を提供することができる。

0077

映像表示部15Aの上端側には、撮像装置10Bにより撮像された第2拠点Bの映像のうち、第2拠点Bの天井CBの映像が表示される。これにより、映像表示部15Aの上端が天井CAに対して近接又は当接していることと相まって、実際の第1拠点Aの天井CAと映像表示部15Aに表示される映像としての第2拠点Bの天井CBとが恰も連続しており、現実に視覚者がいる第1拠点Aの空間と映像表示されている第2拠点Bの空間とが連続しているかのような演出によって、臨場感とリアリティのある映像を提供することができる。また、映像表示部15Aには、撮像装置10Bが撮像した第2拠点Bの映像が、映像表示部15Aの上端まで表示されることと相まって、実際の第1拠点Aの天井CAと、映像表示部15Aに表示される映像としての第2拠点Bの天井CBとの連続感を一層向上させることができ、床面及び天井の両方で連続しているかのような、テレビ画面を見ている感覚が払拭された、更なる臨場感とリアリティのある映像を提供することができる。

0078

更には、映像表示部15Aには、撮像装置10Bが撮像した第2拠点Bの映像が、映像表示部15Aの幅方向両端まで表示されることと相まって、映像表示部15Aの幅方向両端に、映像が表示されない余白部分がなくなり、実際の第1拠点Aと、映像表示部15Aに表示される映像としての第2拠点Bとの連続感を一層向上させることができ、テレビ画面を見ているかのような感覚を払拭した、更なる臨場感とリアリティのある映像を提供することができる。

0079

第1拠点Aのコミュニケーションシステム1Aと、第2拠点Bのコミュニケーションシステム1Bをそれぞれ稼動し続けておくことにより空間の連続性が生まれて臨場感・リアリティのある映像を提供でき、第1拠点Aにいる者と第2拠点Bにいる者との間の円滑なコミュニケーションを常時実現することが可能となる。なお、コミュニケーションシステム1A及び/又はコミュニケーションシステム1Bのオンオフやその接続時間などは利用目的等に応じて適宜設定すればよい。例えば、第1拠点Aとしてのオフィスと、第2拠点Bとしてのオフィスとで利用する場合には、コミュニケーションの活性化及び誘発を促進するために、両オフィスの営業時間の間、常時稼働させるのが好適である。

0080

[コミュニケーションシステムの配置場所]
第1拠点Aにおけるコミュニケーションシステム1Aの配置場所、及び、第2拠点Bにおけるコミュニケーションシステム1Bの配置場所は、コミュニケーションシステム1の用途に応じて適宜配置すればよい。

0081

例えば、第1拠点A及び第2拠点Bがそれぞれ会社のオフィスであって、第1拠点Aにいる社員と第2拠点Bにいる社員との間でのコミュニケーションを図りやすくするために、各オフィスのうち人の往来が多い動線(移動線)に沿ってコミュニケーションシステム1A及び/又はコミュニケーションシステム1Bを配置する。このような配置場所を採択することによって、会議のような予定を合わせていなくても、偶然に通り過ぎる者との間でさえも自然にお互いの拠点からコミュニケーションをする(声をかける)ことや、相手方拠点における立ち話を見つけて他拠点からそのコミュニケーションに参加すること等を実現し、コミュニケーションの相手が同じ拠点(すぐ隣、目の前)にいるかのような距離感でのコミュニケーションを実現させることができる。

0082

また、例えば、第1拠点A(及び/又は第2拠点B)である屋内空間(部屋)のコーナー部にコミュニケーションシステム1A(及び/又はコミュニケーションシステム1B)を配置する。屋内空間(部屋)の角であるコーナー部は、デッドスペースとなり易く、有効利用がされないままに荷物置き場などにされてしまうことも多いが、このような場所にコミュニケーションシステム1A(及び/又はコミュニケーションシステム1B)を配置することは、フロアの有効利用の向上を図ることができると共に、比較的大型のコミュニケーションシステム1A(及び/又はコミュニケーションシステム1B)を常設する場所としても受け入れられ易い。

0083

[変形例1]
上記実施形態のうち、撮像装置10A(10A1,10A2)の撮像方向については、図10に示すように設定するようにしてもよい。図10は、図1に示すコミュニケーションシステム1Aの変形例における撮像装置10Aの撮像方向を示す図である。

0084

上記実施形態では、第1カメラレンズ11A1の水平方向への配置位置は、第2映像表示部15A2が撮像されない様に設定し、第2カメラレンズ11A2の水平方向への配置位置は、第1映像表示部15A1が撮像されない様に設定する例を説明した。これに対して、変形例1においては、図10に示すように、第1カメラレンズ11A1及び第2カメラレンズ11A2の水平方向への配置位置は、第1カメラレンズ11A1の画角の端部と、第2カメラレンズ11A2の画角の端部とが境界線Lで一致する様に設定する。

0085

このような配置によると、第1カメラレンズ11A1により撮像された映像DA1には、第2映像表示部15A2が映り込み、また、第2カメラレンズ11A2により撮像された映像DA2には、第1映像表示部15A1が映り込んでしまい、これらの映像をそのまま第2拠点Bで映写すると臨場感・リアリティが欠けてしまう。そこで、第2拠点Bの表示装置14Bにおいて、映像DA1,DA2のうち、第1拠点Aにおける映像表示部15Aが映り込んでいる部分をカットする映像処理を実行するのが好ましい。

0086

より具体的には、第2拠点Bの第1表示装置14B1は、映像DA1のうち第1拠点Aの第1映像表示部15A1が映り込んでいる部分をカットする映像処理をして第1映像表示部15B1に映写し、第2表示装置14B2は、映像DA2のうち第1拠点Aの第2映像表示部15A2が映り込んでいる部分をカットする映像処理を実行して第2映像表示部15B2に映写するようにする。このような映像処理を実行することによって、第1拠点Aにおける第1映像表示部15A1及び第2映像表示部15A2が、第2拠点Bで映写される映像に映り込まなくなり、臨場感・リアリティのある映像を第2拠点Bへ提供できるようになる。映像DB1,DB2についても同様に、第1表示装置14A1及び第2表示装置14A2において映像処理を実行することで、第2拠点Bにおける第1映像表示部15B1及び第2映像表示部15B2が、第1拠点Aで映写される映像に映り込まなくなり、臨場感・リアリティのある映像を第2拠点Bへ提供できるようになる。

0087

[変形例2]
第1カメラレンズ11A1及び第2カメラレンズ11A2の画角に関しては、上記実施形態において説明したように、第1カメラレンズ11A1は、第3梁部材53cや第1表示装置14A1が映り込まない画角とし、第2カメラレンズ11A2も第4梁部材53dや第2表示装置14A2が映り込まない画角とするとともに(図7(a)参照)、上記変形例1において説明したように、第1カメラレンズ11A1の画角の端部と、第2カメラレンズ11A2の画角の端部とが境界線L(図10参照)で一致する画角としてもよい。これによれば、第2拠点Bの第1表示装置14B1では、映像DA1の所定部分をカットする映像処理を実行する必要がなくなり、同様に、第2拠点Bの第2表示装置14B2では、映像DA2の所定部分をカットする映像処理を実行する必要がなくなり、映像処理の簡単化を図ることができる点で好ましい。

0088

[変形例3]
上記実施形態においては、図1に示すように、フレーム50は、平面視、正方形である軸組構造の例を説明したが、コミュニケーションシステム1の配置場所、用途等に応じて、支柱52、梁部材53及び映像部(表示装置14A及び映像表示部15A)の形状、個数、配置を適宜変更してもよく、以下、図13を参照してその変形例を説明する。図13は、本発明に係るコミュニケーションシステム1の軸組構造の変形例を示す平面から見た模式図である。

0089

図13(a)に示すように、4本の第1梁部材53a乃至第4梁部材53dを、平面視、菱形に組み立てた軸組構造としてもよい。上述した実施形態のように、映像表示部15A1、15A2のなす角度αが90度でなくても、映像表示部15Aに表示される映像を視覚する視覚者の視野角を覆うように、映像表示部15Aを構成すれば、映像表示部15Aに表示される映像に対して没入感を得ることができるからである。

0090

図13(b)に示すように、第1梁部材53a乃至第4梁部材53dのうち、第3梁部材53cと第4梁部材53dとが直線をなすように組み立て、4本の第1梁部材53a乃至第4梁部材53dを、平面視、三角形状に組み立てた軸組構造としてもよい。第1表示装置14A1を第3梁部材53cに、第2表示装置14A2を第4梁部材53dに設置するようにするか、又は、映像部(映像表示部15A1,15A2)としてデジタル型ディスプレイを用いた場合にはプロジェクター(表示装置14A1,14A2)を第3梁部材53c及び第4梁部材53dに設けなくてもよい。これにより、コミュニケーションシステム1の配置面積縮小することができる。

0091

図13(c)に示すように、第4支柱52d及び第4梁部材53dを省略し、3本の第1支柱52a〜第3支柱52c、及び、3本の第1梁部材53a乃至第3梁部材53cを用いて、平面視、三角形状に組み立てた軸組構造としてもよい。この場合、第1表示装置14A1及び第2表示装置14A2をともに第3梁部材53cに設置するようにするか、又は、映像部(映像表示部15A1,15A2)としてデジタル型ディスプレイを用いた場合にはプロジェクター(表示装置14A1,14A2)を第3梁部材53c及び第4梁部材53dに設けなくてもよい。このように構成すれば、第4支柱52d及び第4梁部材53dが不要になり、コミュニケーションシステム1の配置面積の縮小化と同時に、部品点数を抑えてコストの低減を図ることもできる。

0092

図13(d)に示すように、第1梁部材53a及び第2梁部材53bとして曲線部材を用いて、平面視、扇形状に組み立てられた軸組構造としてもよい。映像表示部15A(15A1,15A2)が曲面で構成され、映像表示部15A(15A1,15A2)が、映像表示部15Aに表示される映像を視覚する視覚者の左右の視野角を覆うように配置されていることにより、視覚者は没入感を得ることができる。

0093

図13(e)に示すように、6本の支柱52及び6本の梁部材53を用いて、平面視、六角形状に組み立てられた軸組構造としてもよい。平面視、六角形状のフレーム50(角度α:一例としては120度)を形成し、3台の表示装置14A(14A1,14A2,14A3)から映写される映像を、3面の映像表示部15A(15A1,15A2,15A3)に表示するように構成してもよい。連接した3面の映像表示部15Aを設けることで、映像表示部15Aに表示される映像を視覚する視覚者の左右の視野角をさらに覆うことができるので、視覚者は広範囲の映像に対して没入感を得ることができる。平面視、六角形状のフレーム50を説明したが、平面視、五角形状その他の多角形状のフレームを形成してもよい。

0094

また、図13(f)に示すように、上述の実施形態において説明したフレーム50を用いて、オフィス等の第1拠点Aの壁面WAの一部を映像表示部15A1とし、表示装置14Bが直接壁面WAに映像を映写する例である。映像表示部15A2が構成される面状部材を壁面WAと隣接して設置することで、上述の実施形態のコミュニケーションシステム1(1A,1B)と同様の臨場感・リアリティ・没入感のある映像を提供できると同時に、部品点数を抑えてコストの低減を図ることもできる。

0095

[その他の変形例]
上記の実施形態においては、第1拠点Aに配置されるコミュニケーションシステム1Aと第2拠点Bに配置されるコミュニケーションシステム1Bとが同一構成の場合を説明したが、コミュニケーションシステム1Aを配置する第1拠点Aの環境と、コミュニケーションシステム1Bを配置する第2拠点Bの環境とが異なることもあるため、配置場所や用途等の条件によってコミュニケーションシステム1Aとコミュニケーションシステム1Bとを異なる構成としてもよい。
例えば、第1拠点Aに配置されるコミュニケーションシステム1Aにおいては、表示装置14A(14A1、14A2)が映像表示部15A(15A1、15A2)に対して、第2拠点Bに配置された撮像装置10B(10B1、10B2)が撮像した映像を映写し、第2拠点Bに配置された集音装置12Bが集音した音を音声装置16Aが発することが可能な構成であれば、第2拠点Bの内部空間SBの臨場感をリアルタイムに体験することができる。したがって、コミュニケーションシステム1Bは、少なくとも第2拠点Bの内部空間SBの映像、音を送信可能な構成(撮像装置10B(撮像装置10B1、10B2)及び集音装置12B)を有していればよい。
また、カメラレンズ11A1、11A2とカメラレンズ11B1、11B2とで画角の異なるカメラレンズを使用してもよいし、映像表示部15A(15A1、15A2)と映像表示部15B(15B1、15B2)とで大きさが異なる構成を採用したり、第1映像表示部15A1及び第2映像表示部15A2がなす角度α(図4(a)参照)と、第1映像表示部15B1及び第2映像表示部15B2がなす角度(図示せず)とで異なる構成を採用してもよく、コミュニケーションシステム1Aの第1支柱52a〜第4支柱52dと、コミュニケーションシステム1Bの第1支柱52a〜第4支柱52dとで異なる長さで構成してもよい。

0096

また、本発明による映像システムは、第1拠点Aの映像表示部15Aに、第2拠点Bで撮像された映像を表示する映像システムとして、少なくとも第2拠点Bの床面FBの一部を含む所定空間を撮像して映像を出力する撮像装置10Bと、撮像装置10Bにより撮像された第2拠点Bの映像が表示される映像表示部15Aと、を備えるものであればよいため、フレーム50、集音装置12A,12B、音声装置16A,16Bなどを有しない構成としてもよい。

0097

[第2実施形態]
本発明に係る映像システムは、臨場感及びリアリティのある映像を人が動く動線上に提供することで、恰も、空間と空間を繋ぐようなコミュニケーションシステムとして構成するようにしてもよい。以下、本発明の第2実施形態を図に基づいて詳細に説明する。なお、上記した実施形態と実質的に同じ構成については、同一の符号を付すこととして、詳細な説明は割愛する。
先ず、本発明の実施形態に係るコミュニケーションシステムの基本構成について説明する。図14には異なる拠点をなす第1拠点A及び第2拠点Bのうち第1拠点内のレイアウトを示してある。図14に示すように、第1拠点Aがオフィスの場合には、そのオフィス(拠点A)内がパネル2,3,4,5により部署6a,6b,6c,6dを単位として間仕切りされ、それらの部署6a,6b,6c,6dのスペース内には机7と椅子8とのセットが複数設置されている。さらには、各部署6a,6b,6c,6d内の床面FA上には、人Nが部署6a,6b,6c,6d内を効率よく往来するための経路である動線TAが設定されている。動線TAは、部署6a,6b,6c,6d相互間で人Nが効率よく往来するために部署6a,6b,6c,6d間の床面FA上にも同様に動線TAとして設定されている。

0098

図14に示すオフィスのレイアウトの場合、パネル4,5の高さは什器9の高さに相当する等の理由によりパネル4,5に沿う領域は什器9を収納する収納スペースとして利用されている場合がある。一方、パネル2,3の領域では間仕切りのためにのみ使用されている場合がある。図1に示す第2拠点B内も図14の拠点A内のレイアウトと同様に、動線TBが第2拠点Bの床面FA上に設定されている。

0099

本発明の第2実施形態では図14に示すパネル2,3が動線TAに沿っていることに着目して、パネル2,3を中心として映像表示部15Aと撮像装置10Aとを配置してコミュニケーションシステムを構築したものである。
以下に、本発明の第2実施形態に係るコミュニケーションシステムについて説明する。本発明の第2実施形態に係るコミュニケーションシステムは図14に示すように、図14のパネル2,3を映像表示部15Aとして用いている。図14に示す映像表示部15Aとして用いられるパネル2,3はスクリーンであり、そのスクリーンであるパネル2,3のパネル面2A,3Aに表示装置14Aからの映像が表示される。映像表示の際、パネル2,3のパネル面2A,3Aが映像表示部15Aの表示面(2A,3A)として機能する。パネル2,3は、床面FAから天井に向けて立ち上げて配置された表示媒体としての面状部材であり、映像表示部15Aが面状部材(表示媒体)としてのパネル2,3に構成される。

0100

図14では、面状部材(表示媒体)としてパネル2,3を用いているが、これに限られるものではない。パネル2,3以外には建物の内壁のように表示装置14Aからの映像がその内壁面に表示されるものを面状部材として用いてよい。その建物の内壁面がスクリーンとなり、その建物の内壁が面状部材であり、建物の内壁を面状部材として用いた場合であっても、映像表示部15Aは面状部材(表示媒体)に構成される。パネル2,3や建物の内壁面をスクリーンとして用いる場合、それらの面の全面をスクリーンとして用いる場合に限られるものではなく、それらの面の一部をスクリーンとして用いてもよい。また、前記パネルや前記建物の内壁面などの前面に前記スクリーンが配置された場合であってもよく、前記パネルや前記建物の内壁面等の前面のスクリーンが前記面状部材をなし、その面状部材に前記映像表示部15Aが構成される。

0101

さらに、図14に示す映像表示部15Aは、表示装置14Aからの映像が映写されて表示面(2A,3A)に映像が表示される構成であるが、これに限られるものではない。
前記スクリーンに代えて液晶デジタルディスプレイなどのデジタル型ディスプレイを用いてもよく、この場合、デジタル型ディスプレイの表示面が表示媒体としての面状部材をなし、前記映像表示部15Aがデジタル型ディスプレイからなる前記面状部材(表示媒体)に構成されることになる。
また、前記デジタル型ディスプレイが前記パネルや前記建物の内壁面などの前面に配置された場合であってもよく、前記パネルや前記建物の内壁面等とその前面の前記デジタル型ディスプレイとが前記面状部材をなし、その面状部材に前記映像表示部15Aが構成される。
したがって、映像表示部15Aは、表示装置14Aからの映像が表示面(2A,3A)に表示される構成、或いは自己発光して映像が表示される構成のいずれであってもよい。

0102

さらに、図14に示す例では、映像表示部15Aは、表示面(2A)を含む面状部材の第1映像表示部15A1と、表示面(3A)を含む面状部材の第2映像表示部15A2を組み合わせることにより構成されている。そして、第1映像表示部15A1と第2映像表示部15A2とを備えているため、これらの映像表示部に映像を表示させるための表示装置14Aとして第1表示装置14A1と第2表示装置14A2とを備えている。

0103

次に、映像表示部15Aの表示面(2A,3A)に表示される映像について説明する。図14のオフィスを第1拠点Aとすると、図1に示すオフィスが第2拠点Bとなる。図1に示す第2拠点Bには撮像装置10Bが設置されている。撮像装置10Bは2つの撮像装置10B1,10B2を備えており、これらの撮像装置10B1,10B2で第2拠点B内の状況を撮像し、その映像を図8に示す通信ネットワーク20により第1拠点Aの表示装置14Aに送信する。図14では、第1拠点Aに設置した一方の表示装置14A1が対応する映像表示部15A1の表示面(2A)に表示させ、第1拠点Aに設置した他方の表示装置14A2が対応する映像表示部15A2の表示面(3A)に表示させる。すなわち、第1拠点Aの映像表示部15Aには第2拠点Bの撮像装置10Bが撮像した第2拠点B内の状況を撮像した映像が表示されることになる。図1に示す例では、撮像装置10Bとして2つの撮像装置10B1,10B2を設置したが、1つの撮像装置により第2拠点B内の状況を撮像して第1拠点Aに送信するようにしてもよい。

0104

図14には、図1と同様に撮像装置10Aとして2つの撮像装置10A1,10A2が設置され、これらの撮像装置10A1,10A2が第1拠点A内の状況を撮像して、その映像を図8に示す通信ネットワーク20により第2拠点Bの表示装置14Bに送信する。図1では、第2拠点Bに設置した一方の表示装置14B1が対応する映像表示部15B1の表示面(2B)に表示させ、第2拠点Bに設置した他方の表示装置14B2が対応する映像表示部15B2の表示面(3B)に表示させる。すなわち、第2拠点Bの映像表示部15Bには第1拠点Aの撮像装置10Aが撮像した第1拠点A内の状況を撮像した映像が表示されることになる。図14に示す例では、撮像装置10Aとして2つの撮像装置10A1,10A2を設置したが、1つの撮像装置により第1拠点A内の状況を撮像して第2拠点Bに送信するようにしてもよい。

0105

図1において、第2拠点B内の撮像装置10Bは、第2拠点Bの床面FAに設定された動線Tに加えて人Nの動きを含めて第2拠点Bの状況を撮像する。同様に図14において、第1拠点A内の撮像装置10Aは、第1拠点Aの床面FAに設定された動線TAに加えて人Nの動きを含めて第1拠点Aの状況を撮像する。
図16は、第2拠点B内の状況を撮像した映像を第1拠点A内の映像表示部15Aの表示面(2A,3A)に表示する場合を示している。図16に示すように、第1拠点A内に設置した映像表示部15Aは、その表示面(2A,3A)に第2拠点Bの動線TBを第1拠点Aの動線TAに連携させて前記映像が表示される。

0106

また、図14及び図16では、第1拠点Aの音を集音し第2拠点Bの音を出力する音響装置(集音装置12A,音声装置16A)を第1拠点A内に設け、第2拠点Bの音を集音し第1拠点Aの音を出力する音響装置(集音装置12B,音声装置16B)を第2拠点B内に設けている。

0107

図14では、映像表示部15A1,15A2が動線TAに沿って配置されている例を示したが、図16に示すように、映像表示部15B1,15B2は、表示面(2B,3B)が動線TB側と動線TB側から奥まった領域に渡って存在する場合がある。図14及び図16に示す映像表示部15A1,15A2の表示面(2A,3A)のうち中央領域の表示面に等身大の映像が表示されるようにしてもよい。

0108

以上のように、本発明の第2実施形態に係るコミュニケーションシステムは図14及び図16に示すように、異なる拠点A,Bにおけるコミュニケーションを誘発するコミュニケーションシステムであって、異なる拠点のうち第1拠点Aの床面FAに設定された動線TAに対応させて設置される映像表示部15Aと、異なる拠点のうち第2拠点B内の状況を撮像する撮像装置10Bと、を有し、動線TAは、拠点A(拠点B)の床面FA上を人が往来する経路であり、映像表示部15Aは、撮像装置10Bが撮像した前記映像が表示されることにより第2拠点B内の状況を映像の情報として第1拠点Aの前記対応させた動線TA側に向けて発信する構成として構築することになる。

0109

また、本発明の第2実施形態に係るコミュニケーションシステムは図1及び図14に示すように、異なる拠点A,B間でのコミュニケーションを誘発するコミュニケーションシステムであって、異なる拠点A,Bのうち第1拠点Aに設置された映像表示部15Aと、異なる拠点A,Bのうち第2拠点Bの床面FBに設定された動線TBに加えて人Nの動きを含めて第2拠点Bの状況を撮像する撮像装置10Bと、を有し、動線TBは、拠点Bの床面FA上に人Nが往来する経路であり、映像表示部15Aは、撮像装置10Bが撮像した映像が表示されることにより第2拠点B内の状況を映像の情報として第1拠点Aの動線TAに向けて発信する構成として構築してもよいものである。

0110

本発明の第2実施形態に係るコミュニケーションシステムを稼働させると、第2拠点B内に設置された撮像装置10Bが、人Nが往来する経路の動線TBが設定された第2拠点B内を撮像し、その撮像装置10Bで撮像する際に、第2拠点Bの床面FBに設定された動線TBに加えて人Nの動きを含めて第2拠点B内の状況を撮像し、第1拠点A内に設置した映像表示部15Aにより、撮像装置10Bが撮像した前記映像を表示することにより第2拠点B内の状況を映像の情報として第1の空間A内で発信させる。

0111

映像表示部15Aで映像情報を発信する際には、映像表示部15Aを第1拠点A内に設定された動線TAに対応させて設置し、前記映像の情報を前記対応させた動線TA側に向けて第1拠点A内で発信させる。同様に、映像表示部15Bで映像情報を発信する際には、映像表示部15Bを第2拠点B内に設定された動線TBに対応させて設置し、前記映像の情報を前記対応させた動線TB側に向けて第2拠点B内で発信させる。この場合、第1拠点A及び第2拠点Bとしては、人Nが主に事務処理を行うオフィス、工場などの作業現場商業施設などのようにコミュニケーションを取る必要がある空間であれば、いずれのものであってもよい。

0112

コミュニケーションは、異なる拠点A,B内に位置する人N同士が必要に応じて適宜行うものであるから、図1に示すように、第1拠点A内に映像表示部15A、映像を撮像する撮像装置10Aを設置し、同様に第2拠点B内に、映像情報を表示する映像表示部15B,撮像装置10Bを設置し、異なる拠点A,B内の状況を双方で発信させるようにしてもよいものである。前記双方での通信を行う場合、図8に示すように、異なる拠点A,B間に設けられている既設の通信ネットワーク(例えばインターネット回線網)20を利用すればよいものである。

0113

異なる拠点A,Bを同一の空間のように共有する感覚を感得させるには、第2拠点Bの撮像装置10Bにより、第2拠点B内の状況を逐次撮像し、第1拠点Aの映像表示部15Aにより、撮像装置10Bが撮像した第2拠点B内の状況を映像の情報として第1拠点A内で逐次発信させ、同様に第1拠点Aの撮像装置10Aにより、第1拠点A内の状況を逐次撮像し、第2拠点Bの映像表示部15Bにより、撮像装置10Aが撮像した第1拠点A内の状況を映像の情報として第2拠点B内で逐次発信させるという運用にすればよいものである。

0114

異なる拠点A,Bがオフィスである場合を想定してコミュニケーションが誘発される場合を分析する。オフィスには、複数のデスクが設置されているとともに複数の人Nが共有する例えばプリンタが一箇所に集中して設置され、事務の効率化が図られている。そのオフィスには、各人のデスクからプリンタに至る経路(動線TA,TB)には、人の効率的な動きを実現するために動線が設定されている。その場合、遠方のオフィスにいる担当者と即座にコミュニケーションを取ることにより新たなアイデアが有効なものとして結実する場合がある。このコミュニケーションが即座に成立すれば、事務効率が向上することになる。

0115

そこで、本発明の第2実施形態に係るコミュニケーションシステムを、図16に示すように異なる拠点A,B内にそれぞれ設置して同時に稼動させると、第2拠点B内の撮像装置10B及び第1拠点A内の撮像装置10Aがそれぞれ稼働して、人が往来する経路の動線TB,TAが設定された拠点B,Aを撮像し、その撮像装置10B,10Aで撮像する際に、第2拠点B内の撮像装置10Bは、第2拠点B内に設定された動線TBに加えて人Nの動きを含めて第2拠点B内の状況を撮像する。同様に、第1拠点A内の撮像装置10Aは、第1拠点A内に設定された動線TAに加えて人Nの動きを含めて第1拠点A内の状況を撮像する。

0116

第1拠点A及び第2拠点B内に設置した撮像装置10A,10Bがそれぞれ稼働して対象の拠点A,B内の状況を撮像すると、第1拠点Aと第2拠点Bとの間に敷設された既設の通信ネットワーク(図8参照)によって双方向での通信が行われ、図15及び図16に示すように、第2拠点Bの撮像装置10Bが撮像した第2拠点B内の状況の映像が第1拠点A内の映像表示部15Aにより表示されて第2拠点B内の状況を映像の情報として第1拠点A内で発信される。同様に、第1拠点Aの撮像装置10Aが撮像した第1拠点A内の映像が第2拠点B内の映像表示部15Bにより表示されて第1拠点A内の状況を映像の情報として第2拠点B内で発信される。

0117

映像表示部15A及び映像表示部15Bで映像情報を発信する際には、映像表示部15Aを第1拠点A内に設定された動線TAに対応させて設置して、前記映像の情報を前記対応させた動線TA側に向けて第1拠点A内で発信させる。同様に、映像表示部15Bで映像情報を発信する際には、映像表示部15Bを第2拠点B内に設定された動線TBに対応させて設置して、前記映像の情報を前記対応させた動線TB側に向けて第2拠点B内で発信させる。

0118

従って、図15及び図16に示すように、異なる拠点内の状況が映像の情報として眼の前に広がり、遠くにいる人でも距離を越えてすぐ隣にいるかのような感覚を生み出す。これにより、離れたオフィスとのコミュニケーションを活性化することができ、新たなアイデアを誘発してイノベーションなど知的創造を促進することができる。

0119

映像表示部15A,15Bは、第1拠点A及び第2拠点B内に設定された動線TA,TBに対応させて設置してあり、前記映像の情報を前記対応させた動線TA,TB側に向けて対応する拠点A或いは拠点B内で発信するものであるため、図16に示すように、動線TA,TB上で話したいときに話しかけることができ、しかも、動線上に行けばそこで異なる空間の人と話すことができる。さらには、動線TA,TB上で異なる空間の状況(雰囲気)を感じ取ることができ、話さなくても存在を感じることができる。

0120

さらに、撮像装置10A,10Bは、異なる空間A,B内の状況を逐次撮像し、映像表示部15A,15Bが、撮像装置10B,10Aから出力される拠点BまたはAの状況を示す映像に基づいて異なる拠点B,A内の状況を映像の情報として逐次発信することにより、日常的な交流で業務を円滑化、スピードアップを図ることができる。この場合、図15に示すように、拠点A,B内の一部のスペースを利用してデスク及び椅子のセットを設置することにより、そのスペースが会議室に早替わりさせることができ、利用されていないスペースを有効利用することができる。

0121

さらに、映像表示部15A,15B及び撮像装置10A,10Bが異なる空間A,B内にそれぞれ設置することにより、異なる拠点A,B内で相手方の拠点B,A内の状況を示す映像情報が発信されるため、恰も同一の空間で一緒にいる感覚を得ることができ、異なる拠点を一つの空間として共用し、空間を繋げて、人と人との相乗効果に基づいて潜在的な力を引き出すことができる。

0122

[第3実施形態]
図14の例では、表示媒体としての面状部材にオフィスなどの空間の中央領域に配置されたパネル2,3を用いた例を説明したが、オフィスなどの隅部をなす建物の内壁を前記表示媒体としての面状部材に用いてもよく、建物の隅部をなす内壁面に映像表示部15Aが構成される。これらの例を図17及び図18を用いて説明する。図17に示すように、本発明の実施形態3に係るコミュニケーションシステムは、第1拠点Aと第2拠点B間でのコミュニケーションを誘発するコミュニケーションシステムであって、第1拠点Aに存在する映像表示部15Aと、第2拠点B内の状況を撮像する撮像装置と、を有し、映像表示部15Aは、撮像装置10Bが撮像した第2拠点B内の状況の映像を表示するために複数の面状部材に構成され、それらの複数の面状部材を組み合わせることにより角部SAをなすことよって、活用されていなかった角部SAに第2拠点B内の状況が映写されることにより、角部SAを通して第2拠点B内の空間が広がり、遠くにいる人でも距離を越えてすぐ隣にいるかのような感覚を生み出し、角部SAをコミュニケーションの場として有効活用することができる。そして、コミュニケーションの場となった角部SAでは、異なる拠点間でのコミュニケーションが誘発され、離れたオフィスとのコミュニケーションを活性化することができ、新たなアイデアの誘発やイノベーションなど知的創造を促進することができる。

0123

複数の面状部材である建物の内壁(表示媒体の面状部材)は、映像表示部15Aを互いに角部SAの内側に向けて角部SAを構成し、撮像装置10Bが撮像した第2拠点B内の状況の映像が映像表示部15Aに表示されることにより、図15図16に示すように、角部SAに異なる拠点内の状況が映像の情報として眼の前に広がり、角部SAがコミュニケーションの起点となる。これにより、角部SAの有効活用を図ることができるとともに、角部SAの内側にいる人が、より臨場感、没入感をもって遠くにいる人でも距離を越えてすぐ隣にいるかのような存在感を感じることができる。

0124

ここで、角部SAとは、建物の内壁を面状部材としてこれらを組み合わせることによって構成される空間領域であって、前記空間領域内にいる人Nが、面状部材としての内壁面に構成される映像表示部15Aを通して第2拠点B内の状況の映像を視覚し、前記映像の情報を受信することができる空間領域をいうが、具体的には、第3実施形態における角部SAとは、図18に示すように、角部をなす建物の交差する2つの内壁を組み合わせることにより構成される空間領域であって、映像表示部15A1と、映像表示部15A2と、表示装置14A1から見て映像表示部15A1の左端と、表示装置14A2から見て映像表示部15A2の右端を結んだ面(X−Z面)と、で囲まれた空間領域をいう。

0125

この発明は、その本質的特性から逸脱することなく数多くの形式のものとして具体化することができる。よって、上述した実施形態は専ら説明上のものであり、本発明を制限するものではないことは言うまでもない。

0126

1コミュニケーションシステム(映像システム)
1A コミュニケーションシステム(映像システム)
1B コミュニケーションシステム(映像システム)
2パネル
2A パネル面
3 パネル
3A パネル面
4 パネル
5 パネル
6a部署
6b 部署
6c 部署
6d 部署
7机
8椅子
9什器
10A撮像装置(第1拠点側撮像装置)
10A1 第1撮像装置
10A2 第2撮像装置
10B 撮像装置(第2拠点側撮像装置)
10B1 第1撮像装置
10B2 第2撮像装置
11Aカメラレンズ
11A1 第1カメラレンズ
11A2 第2カメラレンズ
11B カメラレンズ
11B1 第1カメラレンズ
11B2 第2カメラレンズ
12A集音装置
12B 集音装置
14A表示装置
14A1 第1表示装置
14A2 第2表示装置
14B 表示装置
14B1 第1表示装置
14B2 第2表示装置
15A映像表示部(第1拠点側映像表示部)
15A1 第1映像表示部
15A2 第2映像表示部
15B 映像表示部(第2拠点側映像表示部)
15B1 第1映像表示部
15B2 第2映像表示部
16A音声装置
16B 音声装置
20通信ネットワーク
21A 送信部
21B 送信部
23A 受信部
23B 受信部
50フレーム
52支柱
52a〜52d 第1支柱〜第4支柱
53梁部材
53a〜53d 第1梁部材〜第4梁部材
A 第1拠点
B 第2拠点
CA天井
CB 天井
FA床面
FB 床面
N 人
SA 内部空間
SB 内部空間
TA,TB動線
WA 壁面
WB 壁面

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ