図面 (/)

技術 摩擦材

出願人 株式会社アドヴィックス
発明者 藤井弘志杉山佳隆
出願日 2015年6月30日 (4年8ヶ月経過) 出願番号 2015-131618
公開日 2017年1月19日 (3年1ヶ月経過) 公開番号 2017-014369
状態 特許登録済
技術分野 抗スリップ物質 ブレーキ装置
主要キーワード ブレーキ用ディスク 被摩擦材 摺動相手 金属タングステン粉末 低摩耗性 フェノール変性樹脂 硫化錫 バックリング
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年1月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (2)

課題

環境問題に対応しながら、高温域での安定した効きを有し、かつ、優れた耐摩耗性を確保できる摩擦材を提供すること。

解決手段

スチール繊維基材として含み、かつ、熱硬化性樹脂結合材として含む摩擦材において、金属タングステン粉末を配合する。これによれば、高温域での摩擦材のマトリクス強度が確保され、これにより耐摩耗性が向上し、加えて、高温摺動時に摺動面上にタングステン酸化物被膜が生成されることで、摺動相手である被摩擦材との凝着が抑制され、摩擦材自身の低摩耗性能を発揮することができるとともに安定した効きが得られる。金属タングステン粉末は、環境問題にも対応する原料である。

概要

背景

近年、自動車高性能化、高出力化に伴い、ブレーキ用ディスクパッドライニング等に使用される摩擦材にも、熱に対する安定性が求められている。具体的には、耐熱強度耐熱摩耗性が要求されるとともに、温度変化に対する摩擦係数の変化が少ない安定した摩擦特性が要求される。更に、レーシングカーなどでは、ブレーキに高負荷がかかる為、摩擦材温度は600℃〜700℃以上に上昇する。この場合、有機繊維基材とするNAO材では数回のブレーキング摩滅が生じてしまい、性能を高く維持することが困難である。

それに対して、スチール繊維を基材として用い、フェノール樹脂フェノール変性樹脂等のフェノール熱硬化樹脂結合材とし、これに無機質又は金属質摩擦摩耗調整材を加えたセミメタリック摩擦材が、熱安定や耐摩耗性において優れている。ただし、上述のレーシングカーなどでは、耐久性、耐摩耗性において改善の余地がある。

こうした課題を解決する為に、特許文献1では、クロームコバルトニッケル、錫、チタンマンガンから選ばれる1種以上の金属をスチール繊維の重量に対して所定割合の重量にて配合した摩擦材が提案されている。

概要

環境問題に対応しながら、高温域での安定した効きを有し、かつ、優れた耐摩耗性を確保できる摩擦材を提供すること。スチール繊維を基材として含み、かつ、熱硬化性樹脂を結合材として含む摩擦材において、金属タングステン粉末を配合する。これによれば、高温域での摩擦材のマトリクス強度が確保され、これにより耐摩耗性が向上し、加えて、高温摺動時に摺動面上にタングステン酸化物被膜が生成されることで、摺動相手である被摩擦材との凝着が抑制され、摩擦材自身の低摩耗性能を発揮することができるとともに安定した効きが得られる。金属タングステン粉末は、環境問題にも対応する原料である。

目的

本発明の課題は、環境問題に対応しながら、高温域での安定した効きを有し、かつ、優れた耐摩耗性を確保できる摩擦材を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

スチール繊維基材として含み、かつ、熱硬化性樹脂結合材として含む摩擦材において、金属タングステン粉末を配合したことを特徴とする非石綿系摩擦材

請求項2

前記金属タングステン粉末を摩擦材組成物全体に対して1.0体積%〜6.0体積%配合したことを特徴とする請求項1に記載の非石綿系摩擦材。

請求項3

前記スチール繊維を摩擦材組成物全体に対して20体積%〜35体積%配合したことを特徴とする請求項1又は2に記載の非石綿系摩擦材。

技術分野

0001

本発明は、例えば、車両用ブレーキ装置に用いられる摩擦材に関するものである。

背景技術

0002

近年、自動車高性能化、高出力化に伴い、ブレーキ用ディスクパッドライニング等に使用される摩擦材にも、熱に対する安定性が求められている。具体的には、耐熱強度耐熱摩耗性が要求されるとともに、温度変化に対する摩擦係数の変化が少ない安定した摩擦特性が要求される。更に、レーシングカーなどでは、ブレーキに高負荷がかかる為、摩擦材温度は600℃〜700℃以上に上昇する。この場合、有機繊維基材とするNAO材では数回のブレーキング摩滅が生じてしまい、性能を高く維持することが困難である。

0003

それに対して、スチール繊維を基材として用い、フェノール樹脂フェノール変性樹脂等のフェノール熱硬化樹脂結合材とし、これに無機質又は金属質摩擦摩耗調整材を加えたセミメタリック摩擦材が、熱安定や耐摩耗性において優れている。ただし、上述のレーシングカーなどでは、耐久性、耐摩耗性において改善の余地がある。

0004

こうした課題を解決する為に、特許文献1では、クロームコバルトニッケル、錫、チタンマンガンから選ばれる1種以上の金属をスチール繊維の重量に対して所定割合の重量にて配合した摩擦材が提案されている。

先行技術

0005

特開平6−122867号公報

発明が解決しようとする課題

0006

しかしながら、クローム、コバルト、ニッケルは環境負荷に懸念がある原料であり、近年の環境意識の高まりにおいて、使用を規制する動きがある。また、錫、チタン、マンガンは耐摩耗性の確保において改善の余地がある。
本発明の課題は、環境問題に対応しながら、高温域での安定した効きを有し、かつ、優れた耐摩耗性を確保できる摩擦材を提供することにある。

課題を解決するための手段

0007

上記課題を解決するために、請求項1に記載の発明は、スチール繊維を基材として含み、かつ、熱硬化性樹脂を結合材として含む摩擦材において、金属タングステン粉末を配合したことを要旨とする。

0008

請求項1の発明によれば、高温域での摩擦材のマトリクス強度が確保され、これにより耐摩耗性が向上し、加えて、高温摺動時に摺動面上にタングステン酸化物被膜が生成されることで、摺動相手である被摩擦材(例えばディスクロータ)との凝着が抑制され、摩擦材自身の低摩耗性能を発揮することができるとともに安定した効きが得られる。金属タングステン粉末は、環境問題にも対応する原料である。

0009

請求項2に記載の発明は、請求項1に記載の発明において、前記金属タングステン粉末を摩擦材組成物全体に対して1.0体積%〜6.0体積%配合したことを要旨とする。

0010

請求項2の発明によれば、耐摩耗性及びブレーキの効きの安定性について、これをより好適なものとすることができる。

0011

また、請求項3に記載の発明は、請求項1又は2に記載の発明において、前記スチール繊維を摩擦材組成物全体に対して20体積%〜35体積%配合したことを要旨とする。

0012

請求項3の発明によれば、耐摩耗性を高く維持しつつ摩擦材の成形性を良好なものとすることができる。

図面の簡単な説明

0013

本発明の実施例及び比較例の摩擦材原料組成とその性能評価を要約した図である。

0014

以下、本発明の実施形態により具体的に説明するが、本発明はその趣旨を超えない限り、以下の実施形態によって限定されるものではない。

0015

1.摩擦材
以下、本発明に係る摩擦材の一実施形態について詳細に説明する。本実施形態の摩擦材は、基材繊維、結合材、潤滑材無機充填材、及び金属粉末を含んでなる。

0016

ここで、基材繊維としては、スチール繊維を用いている。結合材としては、フェノール樹脂やフェノール変性樹脂等のフェノール系熱硬化樹脂を挙げることができ、ここでは、フェノール樹脂を用いている。
潤滑剤としては、例えば、黒鉛金属硫化物三硫化アンチモン二硫化モリブデン硫化錫など)、コークスカーボンブラックなどを挙げることができる。

0018

本発明においては、上述のように、環境問題に対応しながら、高温域での安定した効きを有し、かつ、優れた耐摩耗性を確保すべく、クローム、コバルト、ニッケル、錫、チタン及びマンガンのいずれも用いず、金属粉末として、高融点金属であるタングステン粉末を配合している。

0019

このタングステン粉末は、環境問題に対応する原料である。これを用いることで、高温域での摩擦材のマトリクス強度が確保され、これにより耐摩耗性が向上する。さらに、高温摺動時に摺動面上にタングステン酸化物の被膜が生成されることで、摺動相手であるディスクロータ等の被摩擦材との凝着が抑制される。したがって、摩擦材自身の低摩耗性能を発揮することができるとともに安定した効きが得られるようになる。

0020

なお、タングステン粉末の配合量は、摩擦材組成物全体に対して、1.0体積%〜6.0体積%が望ましい。1.0体積%以上配合することで、耐摩耗性を高く維持することができ、また、6.0体積%以下とすることで、ブレーキ効きを良好なものとすることができる。さらに望ましくは、2.0体積%〜6.0体積%とするとよい。

0021

また、スチール繊維の配合量は、摩擦材組成物全体に対して、20体積%〜35体積%が望ましい。20体積%以上とすることで、高温時の摩擦材強度を高く維持でき、耐摩耗性を良好なものとすることができ、また、35体積%以下とすることで、摩擦材の成形性を高く維持することができ、実用性を高くすることができる。さらに望ましくは、25体積%〜35体積%とするとよい。

0022

本発明の摩擦材は、例えば車両等のディスクブレーキ用パッドに適用できるが、これに限定されるものではない。例えば、ドラムブレーキ用のブレーキシュー等、従来公知の摩擦材に適用することができる。
2.摩擦材の製造方法

0023

以下、本発明の摩擦材の製造方法についての実施形態を説明する。本実施形態の摩擦材の製造方法は、上述した配合材の原料をレディミキサーで10分混合し、この混合物成形温度160℃、成形圧力1000kgf/cm2、成形時間10分の条件において加圧加熱成形し、成形物を200℃、4時間の条件において硬化させる。

0024

以下、実施例により本発明を具体的に説明する。しかしながら、本発明はこれに限定されるものではない。

0025

本実施例では、図1に示す配合量に従って摩擦材原料を配合し、実施例1〜11及び比較例1〜4の摩擦材組成物を得た。この摩擦材組成物を上記のように混合・加圧加熱し、硬化させた。なお、表中の各摩擦材原料の配合量の単位は、摩擦材組成物全体に対する体積%である。

0026

作製した実施例1〜11及び比較例1〜4の摩擦材について下記の項目について評価を行った。
効力(摩擦係数))
後述する温度別摩耗評価時の代表摩擦係数(制動ディスクロータ温度が500℃の場合の摩擦係数)を測定した。
(温度別摩耗量)
ブレーキダイナモ試験機を用いて、所定条件所定車速から所定減速度にて停止)にて各温度(制動前ディスクロータ温度)における摩耗試験を行い、摩擦材の摩耗量(mm)を測定し、制動回数1000回あたりの摩耗量に換算した。
(パッド成形性)
パッドの成形性評価については、バックリング(変形)なしで成形できた場合を「○」、成形圧力を調整することによって許容範囲内で成形できた場合を「△」、成形時にクラックフロー混合粉の流れ)によって成形状態が悪い場合を「×」で示すこととした。

実施例

0027

結果を図1に示す。本発明の実施例1〜11では、いずれについても、効力、温度別摩耗量、及び成形性において良好な結果が得られた。これにより、スチール繊維を基材として含み、かつ、熱硬化性樹脂を結合材として含む摩擦材において、金属タングステン粉末を配合することで、環境問題に対応しつつ、効力、温度別摩耗量、及び成形性に優れた摩擦材が得られることが判明した。

0028

本発明の摩擦材及び摩擦材の製造方法は、車両等のディスクブレーキ用パッドやブレ
シュー等、従来公知の摩擦材が要求されるものに適用することができる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社アドヴィックスの「 キャリパ」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】例えば、付勢部材の数を減らすことが可能なキャリパを得る。【解決手段】キャリパは、例えば、キャリパボディと、ディスクロータと摺動する制動位置とディスクロータから離間した離間位置との間で移動可能に... 詳細

  • 株式会社小松製作所の「 減速機、回転駆動システム及び油圧ショベル」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】摺動部に潤滑油を円滑に供給することができる減速機、回転駆動システム及び油圧ショベルを提供する。【解決手段】軸線回りに回転する伝達部80と、軸線を囲う筒状をなして伝達部80とともに軸線回りに回転... 詳細

  • 日本ブレーキ工業株式会社の「 摩擦材組成物、摩擦材及び摩擦部材」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】環境負荷の高い銅を含有しない、もしくは銅を含有する場合であっても0.5質量%以下とした場合において、高温での耐摩耗性に優れ、異音が少ない摩擦材組成物、摩擦材及び摩擦部材を提供する。【解決手段】... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ