図面 (/)

技術 ゼラチンカプセルおよび該ゼラチンカプセルの製造方法

出願人 株式会社日本予防医学研究所
発明者 眞野智久淺山雄彦菊池洋塩川健一
出願日 2015年7月3日 (4年7ヶ月経過) 出願番号 2015-134001
公開日 2017年1月19日 (3年1ヶ月経過) 公開番号 2017-014166
状態 特許登録済
技術分野 食品の調整及び処理一般 ゼリ-、ジャム、シロップ 医薬品製剤 化粧料
主要キーワード 相互付着 成形鋳型 トランスグルタミナーゼ溶液 ゲル化素材 カプセル被膜 ゼラチン被膜 スペシャリティーズ ロートコン
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年1月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題

カプセル同士の付着や凝集、変形を防止できるゼラチンカプセルおよび該ゼラチンカプセルの製造方法を提供する。

解決手段

ゼラチンを含有するカプセル被膜が、内容物を内包し、カプセル被膜がトランスグルタミナーゼと、酵母細胞壁メチルセルロースからなる群より選ばれる1種以上とを有するゼラチンカプセルおよび該ゼラチンカプセルの製造方法である。トランスグルタミナーゼの量が、酵母細胞壁の固形分量の0.01〜2.0質量%であることが好ましく、酵母細胞壁の固形分量が、カプセル被膜の量の0.3〜3.0質量%であることが好ましい。トランスグルタミナーゼの配合量が、メチルセルロースの2.0〜20.0質量%であることが好ましく、メチルセルロースが、カプセル被膜の量の0.2〜2.0質量%であることが好ましい。

概要

背景

従来から、食品化粧品医薬品等の分野において、機能性食品素材保湿剤等の化粧品素材薬剤薬品等を内包するものとして、ゼラチンカプセルが使用されている。かかるゼラチンカプセルとしては、従来は、動物、特に由来するゼラチンを使用して製造されていた。しかしながら、ウシ海綿状脳症BSE)や鳥インフルエンザ等の動物に関する病気の懸念や、あるいは宗教上等の理由により動物由来製品に対して摂食不可能な人が多く存在するようになった。そのため、近年では、由来のゼラチンを使用したゼラチンカプセルの製造が望まれている。

しかしながら、牛や豚に由来するゼラチンの場合は約30〜40℃、魚由来のゼラチンの場合は約20〜30℃でゼラチン化してしまうため、内容物の漏出カプセル同士の凝集、カプセルの変形等の安定性に問題が生じていた。

そこで、特許文献1には、内容物を収容した状態のカプセル本体の表層部にトランスグルタミナーゼを含む保護層を形成した耐環境性を高めたゼラチンカプセルが開示され、特許文献2には、魚介類から分離した乾燥ゼラチンとトランスグルタミナ−ゼを配合した水に易溶性新規ゲル化素材が開示され、特許文献3には、ゼラチンを含有する成形被膜をトランスグルタミナーゼで架橋することにより得られる被膜が開示されている。また、特許文献4には、カプセルの皮膜中に、酵母を含むカプセルで、特にカプセルの皮膜中に、酵母細胞壁を含むカプセルが、開示されている。

また、特許文献5および6には、酸化防止を目的にしたマイクロカプセルが開示され、特許文献7には、マイクロカプセルの強度および/または不透過性を上げる技術が開示されている。

概要

カプセル同士の付着や凝集、変形を防止できるゼラチンカプセルおよび該ゼラチンカプセルの製造方法を提供する。ゼラチンを含有するカプセル被膜が、内容物を内包し、カプセル被膜がトランスグルタミナーゼと、酵母細胞壁とメチルセルロースからなる群より選ばれる1種以上とを有するゼラチンカプセルおよび該ゼラチンカプセルの製造方法である。トランスグルタミナーゼの量が、酵母細胞壁の固形分量の0.01〜2.0質量%であることが好ましく、酵母細胞壁の固形分量が、カプセル被膜の量の0.3〜3.0質量%であることが好ましい。トランスグルタミナーゼの配合量が、メチルセルロースの2.0〜20.0質量%であることが好ましく、メチルセルロースが、カプセル被膜の量の0.2〜2.0質量%であることが好ましい。

目的

そのため、近年では、魚由来のゼラチンを使用したゼラチンカプセルの製造が望まれている

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ゼラチンを含有するカプセル被膜が、内容物を内包するゼラチンカプセルであって、前記カプセル被膜が、トランスグルタミナーゼと、酵母細胞壁メチルセルロースからなる群より選ばれる1種以上とを有することを特徴とするゼラチンカプセル。

請求項2

前記カプセル被膜が、前記トランスグルタミナーゼと前記酵母細胞壁とを有し、前記トランスグルタミナーゼの配合量が、前記酵母細胞壁の固形分量の0.01〜2.0質量%である請求項1記載のゼラチンカプセル。

請求項3

前記カプセル被膜が、前記トランスグルタミナーゼと前記酵母細胞壁とを有し、前記酵母細胞壁の固形分量が、前記カプセル被膜の量の0.3〜3.0質量%である請求項1または2記載のゼラチンカプセル。

請求項4

前記カプセル被膜が、前記トランスグルタミナーゼと前記メチルセルロースとを有し、前記トランスグルタミナーゼの配合量が、前記メチルセルロースの2.0〜20.0質量%である請求項1〜3のうちいずれか一項に記載のゼラチンカプセル。

請求項5

前記カプセル被膜が、前記トランスグルタミナーゼと前記メチルセルロースとを有し、前記メチルセルロースが、前記カプセル被膜の量の0.2〜2.0質量%である請求項1〜4のうちいずれか一項に記載のゼラチンカプセル。

請求項6

前記カプセル被膜が、前記トランスグルタミナーゼと前記酵母細胞壁とを有し、前記カプセル被膜に、トランスグルタミナーゼ溶液と酵母細胞壁を、塗布、噴霧、浸漬およびそれらの組合せからなる群より選ばれる1種以上の方法により、前記カプセル被膜に前記トランスグルタミナーゼと前記酵母細胞壁とを有する請求項1〜5のうちいずれか一項に記載のゼラチンカプセル。

請求項7

前記カプセル被膜が、前記トランスグルタミナーゼと前記メチルセルロースとを有し、前記カプセル被膜に、トランスグルタミナーゼ溶液とメチルセルロース溶液を、塗布、噴霧、浸漬およびそれらの組合せからなる群より選ばれる1種以上の方法により、前記カプセル被膜に前記トランスグルタミナーゼと前記メチルセルロースとを有する請求項1〜6のうちいずれか一項に記載のゼラチンカプセル。

請求項8

前記ゼラチンカプセルが、ソフトカプセルである請求項1〜7のうちいずれか一項に記載のゼラチンカプセル。

請求項9

前記ゼラチンカプセルが、食品化粧品および医薬品からなる群より選ばれる1種である請求項1〜8のうちいずれか一項に記載のゼラチンカプセル。

請求項10

ゼラチンを含有するカプセル被膜が、内容物を内包するゼラチンカプセルの製造方法であって、前記カプセル被膜に、トランスグルタミナーゼ溶液と、酵母細胞壁とメチルセルロース溶液からなる群より選ばれる1種以上とを、塗布、噴霧、浸漬およびそれらの組合せからなる群より選ばれる1種以上の方法により、前記カプセル被膜に、前記トランスグルタミナーゼと、酵母細胞壁とメチルセルロースからなる群より選ばれる1種以上とを有することを特徴とするゼラチンカプセルの製造方法。

請求項11

前記カプセル被膜が、前記トランスグルタミナーゼと前記酵母細胞壁とを有し、前記トランスグルタミナーゼの配合量が、前記酵母細胞壁の固形分量の0.01〜2.0質量%である請求項10記載のゼラチンカプセルの製造方法。

請求項12

前記カプセル被膜が、前記トランスグルタミナーゼと前記酵母細胞壁とを有し、前記酵母細胞壁の固形分量が、前記カプセル被膜の量の0.3〜3.0質量%である請求項10または11記載のゼラチンカプセルの製造方法。

請求項13

前記カプセル被膜が、前記トランスグルタミナーゼと前記メチルセルロースとを有し、前記トランスグルタミナーゼの配合量が、前記メチルセルロースの2.0〜20.0質量%である請求項10〜12のうちいずれか一項に記載のゼラチンカプセルの製造方法。

請求項14

前記カプセル被膜が、前記トランスグルタミナーゼと前記メチルセルロースとを有し、前記メチルセルロースが、前記カプセル被膜の量の0.2〜2.0質量%である請求項10〜13のうちいずれか一項に記載のゼラチンカプセルの製造方法。

技術分野

0001

本発明は、ゼラチンカプセルおよび該ゼラチンカプセルの製造方法に関し、特に、カプセル同士の付着や凝集、変形を防止できるゼラチンカプセルおよび該ゼラチンカプセルの製造方法に関する。

背景技術

0002

従来から、食品化粧品医薬品等の分野において、機能性食品素材保湿剤等の化粧品素材薬剤薬品等を内包するものとして、ゼラチンカプセルが使用されている。かかるゼラチンカプセルとしては、従来は、動物、特に由来するゼラチンを使用して製造されていた。しかしながら、ウシ海綿状脳症BSE)や鳥インフルエンザ等の動物に関する病気の懸念や、あるいは宗教上等の理由により動物由来製品に対して摂食不可能な人が多く存在するようになった。そのため、近年では、由来のゼラチンを使用したゼラチンカプセルの製造が望まれている。

0003

しかしながら、牛や豚に由来するゼラチンの場合は約30〜40℃、魚由来のゼラチンの場合は約20〜30℃でゼラチン化してしまうため、内容物の漏出やカプセル同士の凝集、カプセルの変形等の安定性に問題が生じていた。

0004

そこで、特許文献1には、内容物を収容した状態のカプセル本体の表層部にトランスグルタミナーゼを含む保護層を形成した耐環境性を高めたゼラチンカプセルが開示され、特許文献2には、魚介類から分離した乾燥ゼラチンとトランスグルタミナ−ゼを配合した水に易溶性新規ゲル化素材が開示され、特許文献3には、ゼラチンを含有する成形被膜をトランスグルタミナーゼで架橋することにより得られる被膜が開示されている。また、特許文献4には、カプセルの皮膜中に、酵母を含むカプセルで、特にカプセルの皮膜中に、酵母細胞壁を含むカプセルが、開示されている。

0005

また、特許文献5および6には、酸化防止を目的にしたマイクロカプセルが開示され、特許文献7には、マイクロカプセルの強度および/または不透過性を上げる技術が開示されている。

先行技術

0006

特開平09−313154号公報
特開平07−227228号公報
特開平04−222559号公報
特開2003−70428号公報
特開2009−500034号公報
特開2011−254834号公報
特表2010−504282号公報

発明が解決しようとする課題

0007

しかしながら、特許文献1〜3に記載されている技術は、ゼラチンにトランスグルタミナ−ゼを配合することでゼラチンの安定性は良好にできるものの、夏場流通時など高温になるとカプセル同士の付着や凝集、変形が生じ、その改良が望まれていた。また、特許文献4に記載されている技術は、カプセル内容物の経時的な変色や臭気成分揮散を防止することはできるものの、カプセル同士の付着や凝集、変形を十分には防止できず、そのため市場流通や温暖な地域での保存の際のトラブルの原因になり、その改善が望まれていた。

0008

さらに、特許文献5〜6記載の技術は、酸化防止を目的にしたマイクロカプセルに関する技術であり、通常の健康食品等に用いられるカプセル同士の付着や凝集、変形については、不明であった。また、特許文献7記載の技術は、マイクロカプセルの強度および/または不透過性を上げることはできるものの、カプセル同士の付着や凝集、変形を十分には防止できるかについては不明であった。

0009

そこで、本発明の目的は、前記の従来技術の問題点を解決し、カプセル同士の付着や凝集、変形を防止できるゼラチンカプセルおよび該ゼラチンカプセルの製造方法を提供することにある。

課題を解決するための手段

0010

本発明者は、前記課題を解決すべく鋭意検討を行った結果、ゼラチンを含有するカプセル被膜中に特定の成分を有することによって、前記目的を達成し得ることを見出し、本発明を完成するに至った。

0011

即ち、本発明のゼラチンカプセルは、ゼラチンを含有するカプセル被膜が、内容物を内包するゼラチンカプセルであって、前記カプセル被膜が、トランスグルタミナーゼと、酵母細胞壁とメチルセルロースからなる群より選ばれる1種以上とを有することを特徴とするものである。

0012

また、本発明のゼラチンカプセルは、前記カプセル被膜が、前記トランスグルタミナーゼと前記酵母細胞壁とを有し、前記トランスグルタミナーゼの配合量が、前記酵母細胞壁の固形分量の0.01〜2.0質量%であることが好ましく、前記カプセル被膜が、前記トランスグルタミナーゼと前記酵母細胞壁とを有し、前記酵母細胞壁の固形分量が、前記カプセル被膜の量の0.3〜3.0質量%であることが好ましい。

0013

さらに、本発明のゼラチンカプセルは、前記カプセル被膜が、前記トランスグルタミナーゼと前記メチルセルロースとを有し、前記トランスグルタミナーゼの配合量が、前記メチルセルロースの2.0〜20.0質量%であることが好ましく、前記カプセル被膜が、前記トランスグルタミナーゼと前記メチルセルロースとを有し、前記メチルセルロースが、前記カプセル被膜の量の0.2〜2.0質量%であることが好ましい。

0014

さらにまた、本発明のゼラチンカプセルは、前記カプセル被膜が、前記トランスグルタミナーゼと前記酵母細胞壁とを有し、前記カプセル被膜に、トランスグルタミナーゼ溶液と酵母細胞壁を、塗布、噴霧、浸漬およびそれらの組合せからなる群より選ばれる1種以上の方法により、前記カプセル被膜に前記トランスグルタミナーゼと前記酵母細胞壁とを有することが好ましい。

0015

また、本発明のゼラチンカプセルは、前記カプセル被膜が、前記トランスグルタミナーゼと前記メチルセルロースとを有し、前記カプセル被膜に、トランスグルタミナーゼ溶液とメチルセルロース溶液を、塗布、噴霧、浸漬およびそれらの組合せからなる群より選ばれる1種以上の方法により、前記カプセル被膜に、前記トランスグルタミナーゼと前記メチルセルロースとを有することが好ましい。

0016

さらに、本発明のゼラチンカプセルは、前記ゼラチンカプセルが、ソフトカプセルであることが好ましく、前記ゼラチンカプセルが、食品、化粧品および医薬品からなる群より選ばれる1種であることが好ましい。

0017

本発明のゼラチンカプセルの製造方法は、ゼラチンを含有するカプセル被膜が、内容物を内包するゼラチンカプセルの製造方法であって、前記カプセル被膜に、トランスグルタミナーゼ溶液と、酵母細胞壁とメチルセルロース溶液からなる群より選ばれる1種以上とを、塗布、噴霧、浸漬およびそれらの組合せからなる群より選ばれる1種以上の方法により、前記カプセル被膜に、前記トランスグルタミナーゼと、酵母細胞壁とメチルセルロースからなる群より選ばれる1種以上とを有することを特徴とするものである。

0018

また、本発明のゼラチンカプセルの製造方法は、前記カプセル被膜が、前記トランスグルタミナーゼと前記酵母細胞壁とを有し、前記トランスグルタミナーゼの配合量が、前記酵母細胞壁の固形分量の0.01〜2.0質量%であることが好ましく、前記カプセル被膜が、前記トランスグルタミナーゼと前記酵母細胞壁とを有し、前記酵母細胞壁の固形分量が、前記カプセル被膜の量の0.3〜3.0質量%であることが好ましい。

0019

さらに、本発明のゼラチンカプセルの製造方法は、前記カプセル被膜が、前記トランスグルタミナーゼと前記メチルセルロースとを有し、前記トランスグルタミナーゼの配合量が、前記メチルセルロースの2.0〜20.0質量%であることが好ましく、前記カプセル被膜が、前記トランスグルタミナーゼと前記メチルセルロースとを有し、前記メチルセルロースが、前記カプセル被膜の量の0.2〜2.0質量%であることが好ましい。

発明の効果

0020

本発明によると、カプセル同士の付着や凝集、変形を防止できるゼラチンカプセルおよび該ゼラチンカプセルの製造方法を提供することができる。

図面の簡単な説明

0021

本発明のゼラチンカプセルである実施例2の3か月後の状態を示す図である。
比較例1の3日後の状態を示す図である。
比較例3の5週間後の状態を示す図である。
比較例6の2か月後の状態を示す図である。
本発明のゼラチンカプセルである実施例12の1か月後の状態を示す図である。

0022

以下、本発明のゼラチンカプセルよび該ゼラチンカプセルの製造方法について具体的に説明する。
本発明のゼラチンカプセルは、ゼラチンを含有するカプセル被膜が、内容物を内包するゼラチンカプセルであって、前記カプセル被膜が、トランスグルタミナーゼと、酵母細胞壁とメチルセルロースからなる群より選ばれる1種以上とを有することを特徴とするものである。これにより、カプセル同士の付着や凝集、変形を防止できるゼラチンカプセルを提供することができる。ここで、「カプセル同士の付着や凝集、変形を防止できる」とは、完全に相互付着がなく塊化していない状態だけでなく、わずかに相互付着がある状態や一部塊化しても簡単に解れる状態を含み、カプセルの変形、崩壊および溶解を防止できることをも含むものである。

0023

本発明において、ゼラチンとしては、通常の健康食品などの食品、化粧品や医薬品等に使用できるものであれば限定されないが、例えば、牛、豚、鶏、魚等の皮、骨、等を原料とし、酸又はアルカリで処理して得られる粗コラーゲン加熱抽出して製造されたものを用いることができ、ゼラチンの加水分解物酸素分解物、アシル化ゼラチン等のゼラチン誘導体等を用いることもできる。また、本発明の効果をより顕著に得られることから、魚由来のゼラチンがより好ましい。

0024

また、本発明において、前記カプセル被膜中のゼラチンの含有量は、本発明の効果が得られれば特に限定されず、100%ゼラチンカプセルであってもよいし、あるいは他の成分を含んでいてもよい。さらに、本発明において、前記カプセル皮膜には、必要に応じて、通常のカプセル皮膜に用いられる各種添加剤、例えば、ゼラチン以外の水溶性高分子可塑剤防腐剤水分活性低下剤pH調整剤着色剤酸化防止剤等を含有することができる。前記可塑剤としては、例えば、グリセリンソルビトールプロピレングリコールポリエチレングリコール等が挙げられ、前記カプセル皮膜における可塑剤の含有量は、柔軟性の点から、ゼラチン100質量部に対して20〜70質量部が好ましく、特に30〜60質量部が好ましい。

0025

さらに、本発明において、前記トランスグルタミナーゼは、タンパク質中のグルタミン残基のγ-カルボキシアミド基リジン残基のε−(γ−グルタミンリジン結合を形成させ、蛋白質架橋重合する酵素であり、例えば、食品添加物として認められているものを使用することができる。また、かかるトランスグルタミナーゼは、哺乳類由来のものであっても、微生物由来のものであってもよく、遺伝子組み換え体を用いることができる。さらに、トランスグルタミナーゼとしては、例えば、味の素株式会社製のアクティバシリーズやKS−CT(商品名)等、試薬として発売されている哺乳類由来のトランスグルタミナーゼ、モルモット肝臓由来トランスグルタミナーゼ、ヤギ由来トランスグルタミナーゼ、ウサギ由来トランスグルタミナーゼ、ヒト由来リコンビナントトランスグルタミナーゼなどを挙げることができる。

0026

また、本発明において、前記酵母細胞壁は、酵母から水または極性溶剤に可溶性菌体内成分酵素処理により除去することにより得られる増粘多糖体で、サッカロミセス属菌(Saccharomyces cerevisiae)の細胞壁から得られた多糖類を主成分とするものであり、例えば、食品添加物として認められているものを使用することができる。さらに、かかる酵母細胞壁は、微生物由来の増粘多糖体であるが、他にも種子由来(グァーガムなど)、樹脂由来アラビアゴムなど)、海藻由来アルギン酸など)、植物由来ペクチンなど)、甲殻由来(キチンなど)等を挙げることができる。さらにまた、かかる酵母細胞壁の一例としては、ビール酵母細胞壁酸処理などして得られ、例えば、MCフードスペシャリティーズ株式会社製のイーストラップ(商品名)等の市販品を挙げることができる。なお、本発明では、かかる市販品をコーティングしやすい濃度に水、エタノールメタノールアセトン等の溶媒希釈して用いることもでき、可塑剤としてグリセリンなどを添加して用いることもできる。

0027

さらに、本発明において、前記メチルセルロースは、通常の健康食品などの食品、化粧品や医薬品等に使用できるものであれば限定されないが、例えば、信越化学工業株式会社製のメトローズMCE−4(商品名)、メトローズ MCE−15(商品名)、メトローズ MCE−25(商品名)、メトローズ MCE−100(商品名)などを挙げることができる。

0028

本発明のゼラチンカプセルは、前記カプセル被膜が、トランスグルタミナーゼと、酵母細胞壁とメチルセルロースからなる群より選ばれる1種以上と有していればよく、トランスグルタミナーゼと酵母細胞壁、トランスグルタミナーゼとメチルセルロース、トランスグルタミナーゼと酵母細胞壁とメチルセルロースのいずれの組合せでもよい。

0029

また、本発明において、前記ゼラチンカプセルは、前記トランスグルタミナーゼの配合量が、前記酵母細胞壁の固形分量の0.01〜2.0質量%であることが好ましく、1.0〜1.4質量%であることがより好ましい。前記トランスグルタミナーゼと前記酵母細胞壁の固形分量の配合比率をかかる範囲とすることで、カプセル同士の付着や凝集、変形をよりよい状態で防止できる。

0030

さらに、本発明において、前記ゼラチンカプセルは、前記酵母細胞壁の固形分量が、前記カプセル被膜の量の0.3〜3.0質量%であることが好ましく、0.8〜1.6質量%であることがより好ましい。前記酵母細胞壁の固形分量の配合量が3.0質量%より多いとゼラチンカプセルが柔らかくなりすぎるおそれがあり、0.3質量%より少ないと硬くなりすぎるおそれがあり、好ましくない。ここで、「カプセル被膜の量」とは、ゼラチン被膜処方で、任意の内包物を含むカプセルを作製して、乾燥後の完成製品となるカプセルの内包物を除くゼラチンを含む被膜総量のことを示す。なお、前記カプセル被膜中のゼラチン量に対しては、前記酵母細胞壁の固形分量が0.1875〜1.875質量%であることが好ましい。

0031

また、本発明において、前記ゼラチンカプセルは、前記トランスグルタミナーゼの配合量が、前記メチルセルロースの2.0〜20.0質量%であることが好ましく、5.0〜12.0質量%であることがより好ましく、10.0質量%であることがさらにより好ましい。前記トランスグルタミナーゼと前記メチルセルロースの配合比率をかかる範囲とすることで、カプセル同士の付着や凝集、変形をよりよい状態で防止できる。

0032

さらに、本発明において、前記ゼラチンカプセルは、前記メチルセルロースが、前記カプセル被膜の量の0.2〜2.0質量%であることが好ましく、0.4〜0.8質量%であることがより好ましい。前記メチルセルロースの配合量が2.0質量%より多いとゼラチンカプセルが柔らかくなりすぎるおそれがあり、0.2質量%より少ないと硬くなりすぎるおそれがあり、好ましくない。ここで、「カプセル被膜の量」とは、ゼラチン被膜処方で、任意の内包物を含むカプセルを作製して、棚乾燥後の完成製品となるカプセルの内包物を除くゼラチンを含む被膜総量のことを示す。なお、前記カプセル被膜中のゼラチン量に対しては、前記メチルセルロースが0.125〜1.25質量%であることが好ましい。

0033

また、本発明において、前記カプセル被膜に、前記トランスグルタミナーゼと、酵母細胞壁とメチルセルロースからなる群より選ばれる1種以上とを有する方法としては、通常の健康食品などの食品、化粧品や医薬品などのカプセルを作製する方法であれば特に限定されないが、トランスグルタミナーゼ溶液と、酵母細胞壁とメチルセルロース溶液からなる群より選ばれる1種以上とを、塗布、噴霧、浸漬およびそれらの組合せからなる群より選ばれる1種以上の方法により、前記カプセル被膜に、前記トランスグルタミナーゼと、酵母細胞壁とメチルセルロースからなる群より選ばれる1種以上とを有するものとすることができ、中でも噴霧の方法により、前記カプセル被膜に、前記トランスグルタミナーゼと、酵母細胞壁とメチルセルロースからなる群より選ばれる1種以上とを有するものとすることが、好ましい。これにより、より製造の作業工程を効率よくすることができる。なお、トランスグルタミナーゼ溶液およびメチルセルロース溶液とは、トランスグルタミナーゼとメチルセルロースをそれぞれ水等の溶媒に溶解または懸濁した液であり、トランスグルタミナーゼやメチルセルロース以外の成分、例えば、水溶性高分子、可塑剤、防腐剤、水分活性低下剤、pH調整剤、着色剤、酸化防止剤等を含んでいてもよい。また、酵母細胞壁は溶液であるが、それ以外の成分、例えば、水溶性高分子、可塑剤、防腐剤、水分活性低下剤、pH調整剤、着色剤、酸化防止剤等を含んでいてもよい。

0034

さらに、本発明において、前記カプセル被膜に、前記トランスグルタミナーゼと、前記酵母細胞壁と前記メチルセルロースからなる群より選ばれる1種以上とを有する他の方法としては、前記カプセル被膜中にトランスグルタミナーゼを含有させ、酵母細胞壁とメチルセルロース溶液からなる群より選ばれる1種以上とを、塗布、噴霧、浸漬およびそれらの組合せからなる群より選ばれる1種以上の方法により、前記カプセル被膜に、前記トランスグルタミナーゼと、前記酵母細胞壁と前記メチルセルロースからなる群より選ばれる1種以上とを有するものとすることができる。

0035

また、本発明において、前記ゼラチンカプセルとしては、ソフトカプセルでもハードカプセルでもよいが、本発明の効果がより顕著に得られるソフトカプセルであることが好ましい。さらに、前記ゼラチンカプセルの形状は、特に限定されず、例えば、オーバール(フットボール)型、オブロング(長楕円)型、ラウンド(球状)型等を挙げることができる。

0036

本発明のゼラチンカプセルは、通常の健康食品などの食品、化粧品や医薬品など種々の用途に利用することができ、カプセル内容物の組成は用途に応じて適宜決定することができる。なお、本発明において、医薬品とは人の治療に用いられる医薬品だけでなく、医薬部外品医療用具動物用医薬品動物用医薬部外品、動物用医療用具等を含む広い概念であり、食品とは、人または動物が食することができるものすべてを含む広い概念であり、化粧品とは、人の身体を清潔にし、美化し、魅力増し容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦散布その他これらに類似する方法で使用される物や、動物を清潔にすること等を目的に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用される物で、薬用化粧品入浴料などの雑貨等を含む広い概念である。

0037

また、本発明において、前記ゼラチンカプセルに内包される内容物の種類としては、通常の健康食品などの食品、化粧品や医薬品などに使用できるものであれば限定されず、健康食品、食品、飲料、調味料の他、医薬品医療機器法により規制されている医薬品、医薬部外品及び化粧品原料として利用可能な任意の素材を用いることができるが、前記ゼラチンカプセルの内容物が、食品、化粧品および医薬品からなる群より選ばれる1種以上であることが好ましい。例えば、ブルーベリービルベリーエキナセアキクカ、麦若葉コウカサラシアローズマリーニンドウ田七人参イチョウ葉ヨモギ緑茶ハーブ類キノコ類マムシ、動物の肝臓、心臓又は胎盤等の臓器から抽出されたもの、もしくはこれらを酸、塩基又は酵素を用いて製造した加水分解物等の動植物エキス穀物、植物、海産物麹菌紅麹菌乳酸菌酢酸菌納豆菌、酵母等で発酵させた発酵物のエキス、ビタミンB1類ビタミンB2類ナイアシンビタミンB6類、ビタミンB12類パントテン酸ビオチン葉酸類、ビタミンC類等の水溶性ビタミン類ビタミンAビタミンDビタミンEビタミンKなどの脂溶性ビタミン類或いはアミノ酸ペプチドタンパク核酸、DNA、アカメガシワアセンヤクアロエイカリソウウイキョウ、ウバイウヤクウワウルシウコンエイジツエゾウコギエンゴサクエンメイソウオウギオウゴンオウセイオウバクオウヒ、オウレンオンジ、カイクジン、カイバ、カシュウガジュツ、カッコンカノコソウカミツレガラナカンゾウキキョウキジツ、牛胆汁キョウニンクコシケイガイケイヒケツメイシゲンチアナゲンノショウココウジンコウボク、ゴオウ、ゴカヒ、ゴシツ、ゴシュユゴミシ、サイコサイシン、サイム、サルビアサンキライサンザシサンシシサンシュユサンショウサンソウニンサンヤクジオウシベットシャクヤクジャショウシシャゼンソウ、ジュウヤクシュクシャショウキョウショウズクジョテイシジリュウシンイセネガセンキュウ、ゼンコ、センブリソウジュツソウハクヒソヨウダイオウタイソウチョウジチョウトウコウチンピトウガラシトウキトウジントウチュウカソウ、トウニントウヒトコントシシ、トチュウナンテンジツナンバンゲ、ニクジュヨウニンジンニンニクバクモンドウハマボウフウ、ハンゲ、ハンピ、ビャクジュツブクリョウボウイホコツシボタンピホップマオウ、モクテンリョウ、ムイラプアマモッコウヨクイニンリュウガンニクリュウタンロートコン、ロクジョウ等の生薬単味エキスや散等、及びこれら生薬等を用いて得られた漢方エキスや散等を挙げることができる。なお、ここでいうエキスの抽出方法は特に限定されるものではなく、水、含水アルコール及び1,3−ブチレングリコール等で抽出する一般公的な方法や日本薬局方に示された方法等により製造されたチンキ流エキス軟エキス乾燥エキス等も使用できる。また、5-フルオロウラシル(5FU)やテガフールドキシフルリジンカペシタビン等のフッ化ピリミジン代謝拮抗薬マイトマイシンMMC)やアドリアシン(DXR)等の抗生物質メソトレキサート等の葉酸代謝拮抗薬メルカプトプリン等のプリン代謝拮抗薬ヒドロキシカルバミドトレチノインタミバロテン等のビタミンAの活性代謝物ハーセプチンメシル酸イマチニブなどの分子標的薬ブリプラチンやランダ(CDDP)、パラプラチン(CBDC)、エルプラット(Oxa)、アクプラ等の白金製剤トポテシンやカンプト(CPT)、タキソール(PTX)、タキソテール(DTX)、エトポシド等の植物アルカロイド薬、ブスルファンシクロホスファミド、イホマイド等のアルキル化剤ビカルタミドフルタミド等の抗男性ホルモン薬、ホスフェストロール酢酸クロルマジノンリン酸エストラムスチン等の女性ホルモン薬、リュープリンやゾラデックス等のLH-RH薬、クエン酸タモキシフェンクエン酸トレミフェン等の抗エストロゲン薬塩酸ファドロゾールアナストロゾールエキセメスタン等のロマター阻害薬酢酸メドロキシプロゲステロン等の黄体ホルモン薬、クロモグリク酸ナトリウムトラニラスト等のメディエーター遊離抑制薬フマル酸ケトチフェン塩酸アゼラスチン等のヒスタミンH1−措抗薬、塩酸オザグレル等のトロンボキサン阻害薬プランルカスト等のロイコトリエン拮抗薬、アスピリン塩酸チクロピジンシロスタゾールワルファリンカリウム等の抗血栓剤ラパマイシンタクロリムスシクロスポリンプレドニゾロンメチルプレドニゾロンミコフェノール酸モフェチルアザチオプリンミゾリビン等の免疫抑制剤酪酸ヒドロコルチゾン酪酸クロベタゾンプロピオン酸アルクロメタゾンプロピオン酸クロベタゾールジプロピオン酸ベタメタゾンジフルプレドナートなどのステロイド薬、タクロリムス等の免疫抑制薬ブフェキサマクウフェナマートイブプロフェンピコノールベンダザック等の非ステロイド薬、イオウサリチル酸レゾルシンチオキソロン硫化セレン、ナジフロキサシン硫酸ゲンタマイシン塩酸テトラサイクリンリン酸クリンダマイシンレチノイン酸等のニキビ薬、クロトリマゾールビホナゾール硝酸ミコナゾール硝酸エコナゾール、硝酸スルコナゾール塩酸ネチコナゾール塩酸クロコナゾールラノコナゾールケトコナゾールルリコナゾール塩酸アモロルフィン塩酸テルビナフィントルナフタート等の抗真菌薬アンチセンスリボザイム、siRNA、アプタマーデコイ核酸等の核酸医薬アズレンアラントイン塩化リゾチームグアイアズレン塩酸ジフェンヒドラミン酢酸ヒドロコルチゾン、プレドニゾロン、グリチルリチン酸グリチルレチン酸グルタチオンサポニンサリチル酸メチルメフェナム酸フェニルブタゾンインドメタシンイブプロフェン及びケトプロフェンから選ばれる化合物並びにそれらの誘導体並びにそれらの塩等の抗炎症剤、等を挙げることができる。なお、内容物の形態は、溶液状、乳化液状、懸濁液状、ペースト状、粉末状、顆粒状等いずれであってもよい。

0038

また、本発明のゼラチンカプセルの製造方法は、ゼラチンを含有するカプセル被膜が、内容物を内包するゼラチンカプセルの製造方法であって、前記カプセル被膜に、トランスグルタミナーゼ溶液と、酵母細胞壁とメチルセルロース溶液からなる群より選ばれる1種以上とを、塗布、噴霧、浸漬およびそれらの組合せからなる群より選ばれる1種以上の方法により、前記カプセル被膜に、前記トランスグルタミナーゼと、前記酵母細胞壁と前記メチルセルロースからなる群より選ばれる1種以上とを有することを特徴とするものである。これにより、カプセル同士の付着や凝集、変形を防止できるゼラチンカプセルの製造方法を提供することができる。ここで、「カプセル同士の付着や凝集、変形を防止できる」とは、完全に相互付着がなく塊化していない状態だけでなく、わずかに相互付着がある状態や一部塊化しても簡単に解れる状態を含み、カプセルの変形、崩壊および溶解を防止できることをも含むものである。

0039

さらに、本発明のゼラチンカプセルの他の製造方法の一例としては、前記カプセル被膜中にトランスグルタミナーゼを含有させ、酵母細胞壁とメチルセルロース溶液からなる群より選ばれる1種以上とを、塗布、噴霧、浸漬およびそれらの組合せからなる群より選ばれる1種以上の方法により、前記カプセル被膜に前記酵母細胞壁と前記メチルセルロース溶液からなる群より選ばれる1種以上を有するゼラチンカプセルを製造する方法を挙げることができる。

0040

また、本発明において、前記ゼラチンカプセルの製造方法では、通常の健康食品などの食品、化粧品や医薬品などのゼラチンカプセルを作製する装置等を使用でき、例えば、ロータリーダイ式成形装置を使用して、前記ゼラチンカプセルを製造することができる。

0041

ここで、ロータリーダイ式成形装置とは、一般的に、カプセル皮膜液フィルム状に成形するキャスティングドラムと、外表面に成形鋳型が形成された一対のダイロールと、ダイロール間に配された内容物充填用くさびセグメントと、セグメント内に内容物を圧入すると共にセグメントの先端から内容物を押し出すポンプとを主に具備しているものである。また、成形の工程では、まず、カプセル皮膜液が、キャスティングドラムの表面に流延され、ゲル化することによりフィルム化される。次に、形成されたフィルムの二枚が、セグメントに沿って一対のダイロール間に送入される。そして、一対のダイロールの相反する方向への回転に伴い、二枚のフィルムがヒートシールされて上方に開放したソフトカプセル皮膜が形成されると、この中にセグメントから押し出された内容物が充填される。これと同時に、二枚のフィルムが上部でヒートシールされ、閉じた内部空間に内容物が充填されたソフトカプセルが形成されるものである。

0042

前記ロータリーダイ式成形装置としては、例えば、株式会社カマタ製のWH−1、株式会社三協製のSSM−A4−IL、株式会社三協製のSC−10等を使用することができる。

0043

以下、本発明について、実施例を用いてさらに詳細に説明するが、本発明はこれらの実施例に限定されるものではない。なお、以下、表中、「TG量」はトランスグルタミナーゼ量、「YCW量」は酵母細胞壁の固形分量、「CF量」はカプセル被膜の量、「MC量」はメチルセルロース量、「TG溶液」はトランスグルタミナーゼ溶液(50mg/L水)を示す。

0044

(実施例1〜4)
ロータリーダイ式成形装置(株式会社カマタ製製:WH−1)を使用して、下記表1の処方に従って、魚由来のゼラチンでソフトカプセルを作製した。次いで、カプセル被膜に対し、下記表2記載の割合(W/W%)の酵母細胞壁(MCフードスペシャリティーズ株式会社製のイーストラップ(商品名))と、酵母細胞壁の固形分量に対し1.2質量%のトランスグルタミナーゼ(味の素株式会社製:アクティバTG−S(商品名))とを噴霧法によりコーティングして、実施例1〜4のソフトカプセルを作製した。得られた実施例1〜4のソフトカプセルについて、下記の経時付着防止性試験硬度試験および崩壊試験を行い、結果を下記表2中に併記した。

0045

0046

0047

(経時付着防止性試験)
作製したゼラチンのソフトカプセルを、40℃、湿度75%の環境下で保存し、経時的な状態変化を測定し、下記表3に従って、評価した。なお、表中の経時を表す「d」は「日」、「w」は「週」、「m」は「月」を示す。

0048

0049

(硬度試験)
株式会社サン科学製のRHEO METERCR−500DX−S型の圧力・弾性感圧軸(寸法:15mm)を定深測定モードで使用して、R/H HOLD:2.0mm、P/T PRESS:5mm/mの条件で、作製したソフトカプセルの硬度を測定した。

0050

(崩壊試験)
日本薬局方一般試験崩壊試験法に基づき、崩壊試験器(富山産業株式会社製のDISINTEGRATION TESTERNT−1(M))(電動機)、TMB−8(恒温槽)(補助盤あり)を用いて、作製したソフトカプセルの崩壊試験を行い、得られた結果の平均値数値として使用した。

0051

図1は、本発明のゼラチンカプセル(ソフトカプセル)である実施例2の3ヶ月後の状態を示す図である。実施例1〜4のソフトカプセルは、表2および図1に示すように、いずれの条件でもカプセルの変形も、相互付着もなく、硬度と崩壊性に加えて経時付着防止性も良好であった。

0052

(比較例1〜3)
ロータリーダイ式成形装置(株式会社カマタ製製:WH−1)を使用して、上記表1の処方に従って、魚由来のゼラチンを原料としたソフトカプセルを作製した。水に溶かして、濃度50mg/Lとしたトランスグルタミナーゼ(味の素株式会社製:アクティバTG—S(商品名))溶液を調整し、作製したソフトカプセルを下記表4の条件でトランスグルタミナーゼ溶液に浸漬した後、乾燥し、比較例1〜3のソフトカプセルを作製した。得られた比較例1〜3のソフトカプセルについて、上記の経時付着防止性、硬度試験および崩壊試験を行い、結果を下記表4中に併記した。

0053

0054

図2は、比較例1の3日後の状態を示す図であり、完全に変形・固化していた。また、図3は、比較例3の5週間後の状態を示す図であり、一部変形し、また塊化しているため、かなり強く振らないとカプセルが解れない状態であった。従って、表4、図2および図3に示すように、比較例1〜3のソフトカプセルは、硬度および崩壊性は良好であるものの、経時付着防止性に関しては凝集や変形・固化してしまい不適合であり、特開平09−313154号公報記載のように、トランスグルタミナーゼのみを添加した場合は、極端変形防止には効果があるものの、カプセル同士の付着や凝集、変形の防止には、まったく効果がなかった。

0055

(比較例4〜7)
ロータリーダイ式成形装置(株式会社カマタ製製:WH−1)を使用して、上記表1の処方に従って、下記表5に記載した生物由来のゼラチンを用いてソフトカプセルを作製した。酵母細胞壁(MCフードスペシャリティーズ株式会社製のイーストラップ(商品名))をカプセル被膜に対し、下記表5記載の割合(W/W%)で噴霧法によりコーティングして、比較例4〜7のソフトカプセルを作製した。得られた比較例4〜7のソフトカプセルについて、上記の経時付着防止性、硬度試験および崩壊試験を行い、結果を下記表5中に併記した。

0056

0057

図4は、比較例6の2か月後の状態を示す図であり、相互付着し、強く振ることで解れるものの、ソフトカプセルに変形が見られた。また、比較例4の3日後の状態は図2と同様の状態であり、完全に変形・固化していた。従って、表5および図4等より、比較例4〜6のソフトカプセルは、硬度および崩壊性は良好であるものの、経時付着防止性に関しては凝集、あるいは変形・固化してしまい不適合であった。また、比較例7のソフトカプセルは、酵母細胞壁を添加したにもかかわらず、経時付着防止性にまったく効果がなかった。従って、特開2003−70428号公報公報記載のように、酵母細胞壁のみを添加した場合は、臭気成分の揮散防止には効果があるものの、カプセル同士の付着、凝集、変形の防止には、まったく効果がなかった。

0058

(実施例5〜8、比較例8および9)
ロータリーダイ式成形装置(株式会社カマタ製製:WH−1)を使用して、上記表1の処方に従って、魚由来のゼラチンでソフトカプセルを作製した。次いで、カプセル被膜に対し、下記表6記載の割合(W/W%)の酵母細胞壁(MCフードスペシャリティーズ株式会社製のイーストラップ(商品名))とトランスグルタミナーゼ(味の素株式会社製:アクティバTG−S(商品名))とを噴霧法によりコーティングして、実施例5〜8、比較例8および9のソフトカプセルを作製した。得られた実施例5〜8、比較例8および9のソフトカプセルについて、上記の経時付着防止性試験、硬度試験および崩壊試験を行い、結果を下記表6中に併記した。

0059

0060

表6の結果から、比較例8のソフトカプセルは、3日後に変形・固化し、比較例9のソフトカプセルは、2か月後の状態は、相互付着しているため強く振らないとカプセルが解れない状態であった。これに対し、実施例5〜8のソフトカプセルは、酵母細胞壁とトランスグルタミナーゼを有するため、カプセルの変形はなく、一部で相互付着しているが軽く振るだけで簡単にカプセルが解れる状態であり、経時付着防止性が良好になった。

0061

(実施例9〜12、比較例10および11)
ロータリーダイ式成形装置(株式会社カマタ製製:WH−1)を使用して、上記表1の処方に従って、魚由来のゼラチンでソフトカプセルを作製した。次いで、カプセル被膜に対し、下記表7記載の割合(W/W%)のメチルセルロース(信越化学工業株式会社製のメトローズMCE−4(商品名))とトランスグルタミナーゼ(味の素株式会社製:アクティバTG−S(商品名))とを噴霧法によりコーティングして、実施例9〜12、比較例10および11のソフトカプセルを作製した。得られた実施例9〜12、比較例10および11のソフトカプセルについて、上記の経時付着防止性試験および崩壊試験を行い、結果を下記表7中に併記した。

0062

実施例

0063

表7の結果から、比較例10のソフトカプセルは、3日後に変形・固化し、比較例11のソフトカプセルは、1か月後の状態は、相互付着しているため、強く振らないとカプセルが解れない状態であった。これに対し、図5は、本発明のゼラチンカプセル(ソフトカプセル)である実施例12の1か月後の状態を示す図であり、図5および表7に示すように、実施例9〜12のソフトカプセルは、メチルセルロースとトランスグルタミナーゼを有するため、変形も、相互付着も塊化もなくカプセルは解れた状態であり、経時付着防止性が良好になった。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 高級アルコール工業株式会社の「 固形化粧料」が 公開されました。( 2019/09/19)

    【課題】 本発明は、リーブオフ型またはリーブオン型の固形化粧料に関し、クレンジング性能またはスキンケア性能に優れた高い透過率を有する固形化粧料を提供する。【解決手段】 ジブチルラウロイルグルタミド... 詳細

  • 太陽化学株式会社の「 乳飲料用の安定剤」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】本発明の課題は、乳飲料における加熱殺菌後の凝集、沈殿を防ぎ、保存安定性を向上させ、かつ風味への影響が少ない、乳飲料用の安定剤を提供することである。また、当該安定剤を使用する乳飲料の安定化方法、... 詳細

  • 株式会社ペー・ジェー・セー・デー・ジャパンの「 頭皮、頭髪用ヘアケアセット及び育毛剤」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】頭皮の角質層の形成及び成熟化を健全な状態に保つことにより健康な頭髪とすることができる頭皮、頭髪のヘアケア方法の提供。【解決手段】頭皮、頭髪用石鹸を用いて頭皮、頭髪を洗浄する段階と、洗浄後の頭皮... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ