図面 (/)

技術 前二輪型三輪車の前二輪固定機構

出願人 ブリヂストンサイクル株式会社
発明者 安倍章雄
出願日 2015年6月25日 (5年4ヶ月経過) 出願番号 2015-127994
公開日 2017年1月12日 (3年10ヶ月経過) 公開番号 2017-007612
状態 特許登録済
技術分野 自動自転車、自転車一般 自転車スタンド・錠
主要キーワード 引き上げ状態 曲線軌跡 傾動アーム 停止姿勢 ブレーキレバ 接続アーム タイミング調整器 洗濯バサミ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年1月12日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (10)

課題

重量のある前二輪型三輪車の駐輪を容易におこなうことのできる前二輪型三輪車の前二輪固定機構を提供する。

解決手段

ヘッドパイプ1cに挿通されてハンドル1a、1aaが取り付けられたステアリング軸1bを固定するステアリング軸固定部7と、前二輪2A,2B間で水平に延びて前二輪2A,2Bを傾動させる傾動アーム4と、傾動アーム4を固定する傾動アーム固定部8aと、ステアリング軸固定部7から延びるステアリングワイヤ9cと傾動アーム固定部8aから延びる傾動アームワイヤ9dの双方が通じるロック部6と、からなり、ロック部6を操作した際にステアリング軸固定部7と傾動アーム固定部8aが作動してステアリング軸1bと傾動アーム4を固定する前二輪型三輪車10の前二輪固定機構20である。

概要

背景

二基の前車輪並列に配設された前二輪型三輪車は、前後一輪ずつの二輪車に比べて、前二輪の間に積載スペースを設けることができ、また、荷重を前二輪で支持できることから静置状態低速走行時でもふらつきや横転が抑制でき、ハンドルに前バスケット幼児シートを取り付けた場合であっても操縦定性が高いといった利点を有している。さらに、路面が傾斜している等の場合であっても停車した状態で倒れ難いこと、安定して曲がれること、などの利点も備えている。

前二輪型三輪車は、リンク機構で相互に繋がれた前二輪がカーブの際にリンク機構を構成する傾動アーム曲線軌跡上の移動に呼応して同時に傾動するようになっており、また、ハンドルの操作によってステアリング軸の回転を介して前二輪が同時に回転するようになっている。

ところで、前二輪型三輪車は前二輪故に全体重量が一般の二輪車に比して重くなっており、電動アシストユニットを搭載した前二輪型三輪車の場合には重量増が一層顕著になる。したがって、たとえば前二輪型三輪車を駐輪しようとした際に、重量のある前二輪型三輪車を持ち上げ、スタンドを立てて駐輪するのが困難であるといった課題を有している。

ここで、特許文献1には前二輪型三輪車に関する技術が開示されている。特許文献1で開示される前二輪型三輪車は、フレーム体に一端を軸支した一対の上サスペンションアーム、一対の下サスペンションアームと、上下のアームの他端間に軸支した一対のナックルと、ハンドルと一体に動くステアリングプレートと、一端をステアリングプレートに係止し、他端を下サスペンションアームに係止した一対の伝達手段などによって前輪操舵手段を構成したものである。直進走行からハンドルを切ってコーナリング走行をおこなう際に、ハンドルと一体に動くステアリングプレートによって伝達手段を引っ張り、フレーム体をハンドルの回転方向強制的に傾けて、二輪車の感覚に近いフレーム体の傾きを得ることができるとしている。

しかしながら、特許文献1には、重量のある前二輪型三輪車の駐輪が困難であるといった上記課題を解決する手段の開示はない。

概要

重量のある前二輪型三輪車の駐輪を容易におこなうことのできる前二輪型三輪車の前二輪固定機構を提供する。ヘッドパイプ1cに挿通されてハンドル1a、1aaが取り付けられたステアリング軸1bを固定するステアリング軸固定部7と、前二輪2A,2B間で水平に延びて前二輪2A,2Bを傾動させる傾動アーム4と、傾動アーム4を固定する傾動アーム固定部8aと、ステアリング軸固定部7から延びるステアリングワイヤ9cと傾動アーム固定部8aから延びる傾動アームワイヤ9dの双方が通じるロック部6と、からなり、ロック部6を操作した際にステアリング軸固定部7と傾動アーム固定部8aが作動してステアリング軸1bと傾動アーム4を固定する前二輪型三輪車10の前二輪固定機構20である。

目的

本発明は上記する問題に鑑みてなされたものであり、重量のある前二輪型三輪車の駐輪を容易におこなうことのできる前二輪型三輪車の前二輪固定機構を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ヘッドパイプ挿通されてハンドルが取り付けられたステアリング軸を固定するステアリング軸固定部と、前二輪間で水平に延びて前二輪を傾動させる傾動アームと、傾動アームを固定する傾動アーム固定部と、ステアリング軸固定部から延びるステアリングワイヤと、傾動アーム固定部から延びる傾動アームワイヤの双方が通じるロック部と、からなり、ロック部を操作した際にステアリング軸固定部と傾動アーム固定部が作動してステアリング軸と傾動アームを固定する、前二輪型三輪車の前二輪固定機構

請求項2

ステアリング軸固定部は、回動軸を中心に回動自在な二つのアームから構成され、二つのアームがヘッドパイプを挟んで配設されている、請求項1に記載の前二輪型三輪車の前二輪固定機構。

請求項3

ロック部がハンドル近傍に配設されている請求項1または2に記載の前二輪型三輪車の前二輪固定機構。

技術分野

0001

本発明は、前二輪型三輪車の前二輪の傾動と回転を固定する固定機構に関するものである。

背景技術

0002

二基の前車輪並列に配設された前二輪型三輪車は、前後一輪ずつの二輪車に比べて、前二輪の間に積載スペースを設けることができ、また、荷重を前二輪で支持できることから静置状態低速走行時でもふらつきや横転が抑制でき、ハンドルに前バスケット幼児シートを取り付けた場合であっても操縦定性が高いといった利点を有している。さらに、路面が傾斜している等の場合であっても停車した状態で倒れ難いこと、安定して曲がれること、などの利点も備えている。

0003

前二輪型三輪車は、リンク機構で相互に繋がれた前二輪がカーブの際にリンク機構を構成する傾動アーム曲線軌跡上の移動に呼応して同時に傾動するようになっており、また、ハンドルの操作によってステアリング軸の回転を介して前二輪が同時に回転するようになっている。

0004

ところで、前二輪型三輪車は前二輪故に全体重量が一般の二輪車に比して重くなっており、電動アシストユニットを搭載した前二輪型三輪車の場合には重量増が一層顕著になる。したがって、たとえば前二輪型三輪車を駐輪しようとした際に、重量のある前二輪型三輪車を持ち上げ、スタンドを立てて駐輪するのが困難であるといった課題を有している。

0005

ここで、特許文献1には前二輪型三輪車に関する技術が開示されている。特許文献1で開示される前二輪型三輪車は、フレーム体に一端を軸支した一対の上サスペンションアーム、一対の下サスペンションアームと、上下のアームの他端間に軸支した一対のナックルと、ハンドルと一体に動くステアリングプレートと、一端をステアリングプレートに係止し、他端を下サスペンションアームに係止した一対の伝達手段などによって前輪操舵手段を構成したものである。直進走行からハンドルを切ってコーナリング走行をおこなう際に、ハンドルと一体に動くステアリングプレートによって伝達手段を引っ張り、フレーム体をハンドルの回転方向強制的に傾けて、二輪車の感覚に近いフレーム体の傾きを得ることができるとしている。

0006

しかしながら、特許文献1には、重量のある前二輪型三輪車の駐輪が困難であるといった上記課題を解決する手段の開示はない。

先行技術

0007

特開2001−10577号公報

発明が解決しようとする課題

0008

本発明は上記する問題に鑑みてなされたものであり、重量のある前二輪型三輪車の駐輪を容易におこなうことのできる前二輪型三輪車の前二輪固定機構を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0009

前記目的を達成すべく、本発明による前二輪型三輪車の前二輪固定機構は、ヘッドパイプ挿通されてハンドルが取り付けられたステアリング軸を固定するステアリング軸固定部と、前二輪間で水平に延びて、前二輪を傾動させる傾動アームと、傾動アームを固定する傾動アーム固定部と、ステアリング軸固定部から延びるステアリングワイヤと、傾動アーム固定部から延びる傾動アームワイヤの双方が通じるロック部と、からなり、ロック部を操作した際にステアリング軸固定部と傾動アーム固定部が作動してステアリング軸と傾動アームを固定するものである。

0010

本発明の前二輪型三輪車の前二輪固定機構は、ハンドルが取り付けられたステアリング軸と前二輪を傾動させる傾動アームの双方をロック部を操作して固定することにより、前二輪の回転と傾動の二種類の動きを抑止でき、ロックされた前二輪と後輪の三点で前二輪型三輪車の停止姿勢を保持することを可能にしている。したがって、ロック部の操作により、重量のある前二輪型三輪車をロックし、三点で地面に接地している前二輪型三輪車をその立ち姿勢を維持した状態で駐輪することが可能になる。また、前二輪が同じ高さでなくても、安定して駐輪することができ、三輪車斜め姿勢にして駐輪することも可能になる。

0011

ここで、ロック部により、ステアリング軸固定部と傾動アーム固定部は同時に作動したり、若干のタイムラグをもって作動され、したがって、固定部によるステアリング軸と傾動アームの固定も、同時に実行される場合と多少のタイムラグを持って実行される場合の双方の形態がある。

0012

前二輪を繋ぐ傾動アームの曲線軌跡上の移動によって前二輪が傾動するが、この傾動アームを傾動アーム固定部にて固定することで前二輪の所定の傾動状態を保持することができる。ここで、「曲線軌跡上」とは、たとえば地面に対する円弧状の軌跡を意味している。

0013

一方、ハンドルが取り付けられたステアリング軸はハンドルの操作によって回転するが、このステアリング軸をステアリング軸固定部にて固定することでステアリング軸の所定の回動姿勢を保持することができる。

0014

傾動アーム固定部からは傾動アームワイヤがロック部に通じており、ステアリング軸固定部からはステアリングワイヤがロック部に通じている。

0015

ロック部はたとえば前二輪型三輪車の適宜の位置に設けられたレバー等から構成されており、レバー等を解除した状態ではステアリング軸は自由に回転でき、傾動アームも自由にスライド自在となっている。レバー等を引くと(ロック部を操作すると)、傾動アームワイヤとステアリングワイヤが同時に引っ張られ、これらのワイヤの引張りに応じて傾動アーム固定部とステアリング軸固定部の双方が作動し、それぞれ傾動アームとステアリング軸の固定を実行する。

0016

本発明の前二輪固定機構によれば、前二輪型三輪車の容易な駐輪を可能にすることのみならず、三輪車を走行させる場合に安定した直進走行を実現することができる。たとえば手押しによる三輪車の安定した直進走行が考えられる。

0017

ここで、ステアリング軸固定部の実施の形態として、ステアリング軸固定部が回動軸を中心に回動自在な二つのアームから構成され、二つのアームがヘッドパイプを挟んで配設されており、ロック部を操作した際に、ステアリングワイヤを介して二つのアームがヘッドパイプを挟んでステアリング軸を固定する形態を挙げることができる。

0018

より詳細には、二つのアームの一端が回動軸に固定され、二つのアームの他端において、ステアリングワイヤのアウターの端部が一方のアームに突き当たって固定され、アウターから突出したインナーが他方のアームに固定されている。ロック部の操作によってステアリングワイヤのアウターに対してインナーが引っ張られ、二つのアームが回動軸を中心に回動してヘッドパイプを挟むことでステアリング軸を固定するものである。

0019

この回動軸にはバネが配設されており、ステアリング軸が固定されていない状態では、バネの付勢によって二つのアームがヘッドパイプから離れた状態で位置決めされており、一方のアームの他端に貫通孔が開設され、他方のアームの他端にステアリングワイヤのインナーを挟む挟持部が設けてあり、ステアリングワイヤが貫通孔に挿通され、挟持部でインナーが挟持されているといった具体的な構成を挙げることができる。

0020

また、ロック部はハンドル近傍(たとえば前バスケットの側方)に配設されているのが好ましい。

0021

前バスケットの側方にレバー等からなるロック部が配設されていることで、乗員が腕を伸ばしてロック部を操作し易く、所望の傾動姿勢で前二輪を速やかに固定することが可能になる。

発明の効果

0022

以上の説明から理解できるように、本発明による前二輪型三輪車の前二輪固定機構によれば、ロック部を操作した際にステアリング軸固定部と傾動アーム固定部が作動してステアリング軸と傾動アームの双方が固定されることにより、重量のある前二輪型三輪車を容易に駐輪することが可能になる。

図面の簡単な説明

0023

本発明の前二輪固定機構を具備する前二輪型三輪車の全体を模擬した斜視図である。
前二輪型三輪車を前方から見た正面図である。
前二輪型三輪車を前方斜めから見て、かつ、てこ部材を拡大して示した図である。
(a)、(b)はてこ部材の実施の形態を示した模式図である。
ロック部を拡大した図であって、ロック部が解除されている状態を示した図である。
ロック部を拡大した図であって、ロック部が操作されている状態を示した図である。
ステアリング軸固定部を斜め前方から見た斜視図である。
ステアリング軸固定部を斜め後方から見た斜視図である。
傾動アーム固定部を斜め前方から見た斜視図である。

実施例

0024

以下、図面を参照して、本発明の前二輪型三輪車の前二輪固定機構の実施の形態を説明する。

0025

(前二輪型三輪車について)
図1は本発明の前二輪固定機構を具備する前二輪型三輪車の全体を模擬した斜視図であり、図2は前二輪型三輪車を前方から見た正面図である。

0026

図示する前二輪型三輪車10は、フレーム体を構成するメインパイプ1dの前方にヘッドパイプ1cが接続され、メインパイプ1dの後方には縦パイプ1eが接続され、右ハンドル1aと左ハンドル1aaが取り付けられたステアリング軸1bがヘッドパイプ1cに回転自在に遊嵌され、ステアリング軸1bには傾動アーム4を介して二基の前二輪2A,2Bが取り付けられ、ペダル1hの踏込みによって回動するチェーン1iを介して駆動力が伝達される後輪2Cが取り付けられてその全体が大略構成されている。なお、図示する前二輪型三輪車10は、バッテリ1jを備えた電動アシストユニットが搭載された電動アシスト三輪車である。

0027

縦パイプ1eにはシートポスト1fが昇降自在に取り付けられ、シートポスト1fの頂部にサドル1gが接続されている。

0028

ステアリング軸1bに取り付けられた右ハンドル1aと左ハンドル1aaは、側方に広がった後、直上に立ち上がり乗員側に延びて構成されており、右ハンドル1aには前二輪2A,2B用のブレーキレバー1a’が取り付けられ、左ハンドル1aaには後輪2C用のブレーキレバー1aa’が取り付けられている。

0029

そして、右ハンドル1a、左ハンドル1aaの間の空間であって前二輪2A,2Bの直上には前バスケット1kが配設されている(図示する前バスケット1kは幼児シート兼用のバスケットであり、一つの実施例である)。

0030

右ハンドル1aの立ち上がりパイプには、ステアリング軸1bの回転(Z1方向)と傾動アーム4の曲線軌跡上の移動(Z2方向)を同時に、もしくはほぼ同時に固定する際にロック操作するためのレバーから構成されたロック部6が取り付けられている。

0031

ロック部6がハンドル1aの途中位置に取り付けられていることで、乗員は手を伸ばして臨機にステアリング軸1bと傾動アーム4の固定を図ることができる。

0032

前二輪2A,2Bにはそれぞれ、各前輪2A,2Bの輪軸に接続されて前輪2A,2Bの上部を跨ぐU型のホーク1pが取り付けられ、左右のホーク1pに対して、傾動アーム4を構成する上傾動アーム4Aと下傾動アーム4Bが回動軸を介して回動自在に接続されている。なお、接続アーム4Dに対して、上傾動アーム4Aと下傾動アーム4Bがそれらの中央位置で回動自在に接続されている。

0033

したがって、前二輪型三輪車10を傾けた際に、上傾動アーム4Aと下傾動アーム4Bが曲線軌跡上で移動し(Z2方向)、左右のホーク1pが傾斜することで前二輪2A,2Bの傾動が図られる。

0034

図2で示すように、上傾動アーム4Aには、上方に突出するリング状のディスク4Cが固定されており、このディスク4Cが後に詳細に説明する傾動アーム固定部にて固定(ロック)されるようになっている。

0035

左右のホーク1pには、前輪2A,2Bを跨いで配設され、ブレーキ3を構成する二つのアーム3a,3bのうちの一方のアーム3bが接続されている。二つのアーム3a、3bは前二輪2A,2Bの直上で回動軸を介して接続されており、各アーム3a、3bの先端内側にはブレーキシュー3cが取り付けられ、ブレーキ操作の際にブレーキシュー3cが前輪2A,2Bのリム2A’、2B’に摺接して制動が実行される。

0036

傾動アーム4を構成する接続アーム4Dには後に詳細に説明するてこ部材5が取り付けられており、てこ部材5の先端には前二輪用のブレーキレバー1a’に通じる第一ブレーキワイヤ9aが取り付けられ、てこ部材5の後方(後輪側)の二箇所には、二基のブレーキ3にそれぞれ通じる第二ブレーキワイヤ9bが取り付けられている。

0037

(てこ部材について)
図3,4を参照して、てこ部材について詳細に説明する。ここで、図3は前二輪型三輪車の前方を斜めから見て、かつ、てこ部材を拡大して示した図であり、図4(a)、(b)はともに、てこ部材の実施の形態を示した模式図である。

0038

図3で示すように、てこ部材5は、上下二つの上てこ5aと下てこ5bが回転軸5cを中心に相互に回動自在に組み付けられており(X1方向に回動)、上てこ5aの前方端(三輪車の前進方向端部)に第一ブレーキワイヤ取り付け箇所5dが設けてあり、上てこ5aの後方端の二箇所に第二ブレーキワイヤ取り付け箇所5eが設けてある。

0039

第一ブレーキワイヤ9aのアウター(ワイヤ)の先端は第一ブレーキワイヤ取り付け箇所5dに突き当たって取り付けられ、アウターから突出したインナー(ワイヤ)は下方の下てこ5bにあるワイヤ先端固定部5fで挟持され、固定されている。

0040

ブレーキレバー1a’の操作により、てこ部材5は、回転軸5cを中心に上てこ5aと下てこ5bが相互に回動し、洗濯バサミのように動く。

0041

なお、てこ部材5の後方において、接続アーム4Dにはブロック体8cが取り付けられており、ブロック体8cの下方には、後に詳細に説明する傾動アーム固定部8aが取り付けられ、ブロック体8cの上方には、後に詳細に説明するステアリング軸固定部7が取り付けられている。そして、ステアリング軸固定部7と傾動アーム固定部8aから前二輪固定機構20が構成されている。

0042

図4a,bで示すてこ部材5A,5Bは図3で示すてこ部材5の他の実施形態であり、回転軸5cから第一ブレーキワイヤ取り付け箇所および/または第二ブレーキワイヤ取り付け箇所までの距離を変更自在な変更手段を具備している。

0043

まず、図4aで示すてこ部材5Aは、上てこ5aの先端に三つの第一ブレーキワイヤ取り付け箇所5d’を備えており、上てこ5aの後方には二組の第二ブレーキワイヤ取り付け箇所5e’を備えていて、これら複数の第一ブレーキワイヤ取り付け箇所5d’と第二ブレーキワイヤ取り付け箇所5e’がいずれも変更手段となっている。

0044

第一ブレーキワイヤ取り付け箇所5d’に関し、回転軸5cから近い順にそれぞれ、回転軸5cからの距離がL1、L1’、L1”となっており、第二ブレーキワイヤ取り付け箇所5e’に関しては、回転軸5cから近い順にそれぞれ、回転軸5cからの距離がL2、L2’となっている。

0045

このように、回転軸5cからの距離が異なる複数の第一ブレーキワイヤ取り付け箇所5d’と第二ブレーキワイヤ取り付け箇所5e’を備えていることで、ブレーキレバー1a’を操作する際の乗員に与える負荷の程度を調整することが可能になる。

0046

たとえば、第一ブレーキワイヤ取り付け箇所5d’を回転軸5cから最も長い距離L1”の場所に設定し、第二ブレーキワイヤ取り付け箇所5e’を回転軸5cから最も短い距離L2の場所に設定することで、てこの原理により、乗員がブレーキレバー1a’を操作した際の負荷は最も少なくなる。逆に、第一ブレーキワイヤ取り付け箇所5d’を回転軸5cから距離L1の場所に設定し、第二ブレーキワイヤ取り付け箇所5e’を回転軸5cから距離L2’の場所に設定することで、乗員がブレーキレバー1a’を操作した際の負荷は最も大きくなる。

0047

てこ部材5Aを設けることにより、乗員が感じる負荷の程度に応じて、乗員が適度の負荷を受ける位置に第一ブレーキワイヤ取り付け箇所5d’と第二ブレーキワイヤ取り付け箇所5e’を設定することが可能になる。なお、第一ブレーキワイヤ取り付け箇所5d’と第二ブレーキワイヤ取り付け箇所5e’の基数やそれぞれの回転軸5cからの距離は図示例に何ら限定されるものではなく、多様な形態が適用可能である。

0048

次に、図4bで示すてこ部材5Bは、変更手段である第一ブレーキワイヤ取り付け箇所5dがスライド部5gに固定されており、上てこ5aに開設されたスライド溝5a’内をスライド部5gがスライドすることにより(X2方向)、第一ブレーキワイヤ取り付け箇所5dと回転軸5cの距離L1を適宜変更できる構成を有している。

0049

スライド溝5a’には左右の溝壁スリット5a”が設けてあり、スライド部5gの側方に張り出したピン5g’の先端がスリット5a”に嵌り込み、適宜の場所で固定自在となっている。

0050

なお、図示を省略するが、第二ブレーキワイヤ取り付け箇所5eもスライド部にてスライド自在に構成されていてもよい。また、第一ブレーキワイヤ取り付け箇所5dが図示例のようにスライド自在であり、第二ブレーキワイヤ取り付け箇所5eが図4aで示すように複数箇所に設けられた形態であってもよい。

0051

(前二輪固定機構について)
図3で示す前二輪固定機構20は、ステアリング軸1bの回転を固定するステアリング軸固定部7と、傾動アーム4の曲線軌跡上の移動を固定して前二輪2A,2Bの所定の傾動姿勢を保持する傾動アーム固定部8aとから構成される。以下、図5〜9を参照して順に、ステアリング軸固定部7と傾動アーム固定部8aを固定するロック部6、ステアリング軸固定部7、最後に傾動アーム固定部8aを説明する。

0052

<ロック部について>
図5はロック部を拡大した図であって、ロック部が解除されている状態を示した図であり、図6はロック部が操作されている状態を示した図である。

0053

ロック部6は、右ハンドル1aの立ち上がりパイプに取り付けられるギヤ6aと、係合部6cが回動自在に装着されたレバー6bとから構成されている。

0054

レバー6bの端部において、ステアリング軸固定部7に通じるステアリングワイヤ9cと、傾動アーム固定部8aに通じる傾動アームワイヤ9dが取り付けられ、それぞれのワイヤ9c、9dから延びるインナー9c’、9d’の上端が上方のギヤ6aに延びて固定されている。なお、ステアリングワイヤ9cの途中位置には不図示のタイミング調整器が介在しており、ステアリングワイヤ9cと傾動アームワイヤ9dの同時引きのタイミングを調整するようになっている。

0055

図5で示すロック部6の状態では、ステアリング軸固定部7と傾動アーム固定部8aの双方のロックが解除されており、したがって、ステアリング軸1bは回転自由であり、傾動アーム4は曲線軌跡上を移動自在となっている。

0056

図5で示すように、係合部6cを下方に引いて(Y1方向)係合部6cのギヤ6aへの係合を解除した後、レバー6bを上方に引き上げ(Y2方向)、図6で示すごとくレバー6bの引き上げ状態にて係合部6cをギア6aに係合させる。このことにより、ステアリングワイヤ9cと傾動アームワイヤ9dのインナー9c’、9d’の上端で固定された状態でステアリングワイヤ9cと傾動アームワイヤ9dが同時に引き下げられ、双方のインナー9c’、9d’が同時引きされる。このことにより、前二輪固定機構20を構成するステアリング軸固定部7と傾動アーム固定部8aの同時固定もしくは略同時固定が図られる。したがって、ロック部6を操作することでステアリング軸固定部7と傾動アーム固定部8aの作動によるステアリング軸1bと傾動アーム4の固定を、シンプル設備で、かつ簡単な操作でおこなうことが可能になり、このことは生産性の向上にも繋がる。なお、係合部の形態によっては最初の係合解除が不要な場合もある。

0057

<ステアリング軸固定部について>
図7はステアリング軸固定部を斜め前方から見た斜視図であり、図8はステアリング軸固定部を斜め後方から見た斜視図である。

0058

ステアリング軸固定部7は、回動軸7cを中心に回動自在で内側に不図示のパッドを備えた二つのアーム7a、7bから構成されている。二つのアーム7a,7bの一端は回動軸7cに固定され、二つのアーム7a,7bの他端においては、ステアリングワイヤ9cのアウターの端部がアーム7bに突き当たって固定され、アウターから突出したインナーがアーム7aに固定され、ヘッドパイプ1cを挟んで双方のアーム7a,7bが配設されている。

0059

回動軸7cにはバネ7gが配設されており、ステアリング軸1bが回動自在の状態では、バネ7gの付勢によって二つのアーム7a、7bがステアリング軸1bから離れた状態で位置決めされている。

0060

アーム7bの他端には貫通孔7eが開設され、アーム7aの他端にはステアリングワイヤ9cのインナーを挟む挟持部7fが設けてあり、ステアリングワイヤ9cが貫通孔7eに挿通され、挟持部7fでインナーが挟持されている。

0061

ロック部6の操作によってステアリングワイヤ9cのアウターに対してインナーが引っ張られた際に、ステアリングワイヤ9cの動きに応じて二つのアーム7a、7bがバネ7gの付勢に抗して回動軸7cを中心に回動し、パッドを介してヘッドパイプ1cを挟むことでステアリング軸1bを固定する。

0062

<傾動アーム固定部について>
図9は傾動アーム固定部を斜め前方から見た斜視図である。
傾動アーム固定部8aは、傾動アームワイヤ9dの先端が固定されたディスクキャリパー8bから構成されており、ディスクキャリパー8bには不図示のパッドが設けられている。そして、上傾動アーム4Aから上方に突出しているディスク4Cがディスクキャリパー8bの先端位置に配設されている。

0063

ロック部6が操作されて傾動アームワイヤ9dのインナーが引かれると、傾動アームワイヤ9dの動きに応じてディスクキャリパー8bが回転駆動する。

0064

ロック部6が解除されている状態では、ディスクキャリパー8bの先端のパッドはディスク4Cには当接していない。そして、ロック部6の操作によってディスクキャリパー8bが回転すると、パッドの位置が変更されてディスク4Cと摺接し、ディスク4Cを固定することで傾動アーム4の全体が固定される。

0065

図示する前二輪固定機構20によれば、ハンドル1a、1aaが取り付けられたステアリング軸1bと前二輪2A,2Bを傾動させる傾動アーム4の双方をロック部6を操作して固定することにより、前二輪2A,2Bの回転と傾動の二種類の動きを固定(ロック)でき、前二輪2A,2Bと後輪2Cの三点で前二輪型三輪車10の停止姿勢を安定的に保持することが可能になる。したがって、ロック部6の操作により、三点で地面に接地している重量のある前二輪型三輪車10を、その立ち姿勢を維持した状態で駐輪することが可能になる。

0066

以上、本発明の実施の形態を図面を用いて詳述してきたが、具体的な構成はこの実施形態に限定されるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲における設計変更等があっても、それらは本発明に含まれるものである。

0067

1a…右ハンドル、1aa…左ハンドル、1a’,1aa’…ブレーキレバー、1b…ステアリング軸、1c…ヘッドパイプ、1d…メインパイプ、1e…縦パイプ、1f…シートポスト、1g…サドル、1h…ペダル、1i…チェーン、1j…バッテリ、1k…前バスケット、1p…ホーク、2A,2B…前輪(前二輪)、2C…後輪、3…ブレーキ、3a,3b…アーム、3c…ブレーキシュー、4…傾動アーム、4A…上傾動アーム、4B…下傾動アーム、4C…ディスク、4D…接続アーム、5,5A,5B…てこ部材、5a…上てこ、5b…下てこ、5c…回転軸、5d…第一ブレーキワイヤ取り付け箇所(ブレーキワイヤ取り付け箇所)、5d’… 第一ブレーキワイヤ取り付け箇所(変更手段)、5e…第二ブレーキワイヤ取り付け箇所(ブレーキワイヤ取り付け箇所)、5e’…第二ブレーキワイヤ取り付け箇所(変更手段)、5f…ワイヤ先端固定部、5g…スライド部(変更手段)、6…ロック部、6a…ギヤ、6b…レバー、6c…係合部、7…ステアリング軸固定部、7a,7b…アーム、7c…回動軸、7e…貫通孔、7f…挟持部、7g…バネ、8a…傾動アーム固定部、8b…ディスクキャリパー、8c…ブロック体、9a…第一ブレーキワイヤ、9b…第二ブレーキワイヤ、9c…ステアリングワイヤ(ワイヤ)、9d…傾動アームワイヤ(ワイヤ)、10…前二輪型三輪車、20…前二輪固定機構

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 本田技研工業株式会社の「 移動装置」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】基体の姿勢のより確実な安定化を図ることができる移動装置を提供する。【解決手段】電動モータ110の駆動力または出力トルクが増大した場合、伝動ベルト120の張力が、平面Pの後方で強くなり、平面Pの... 詳細

  • アルプスアルパイン株式会社の「 サイドスタンドスイッチおよびサイドスタンド装置」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】小型化とともに十分な耐久性、耐候性および動作信頼性を得ることができるサイドスタンドスイッチおよびサイドスタンド装置を提供すること。【解決手段】本発明の一態様は、ブラケットに対して回動可能に取り... 詳細

  • 本田技研工業株式会社の「 鞍乗型車両の電装品取付構造」が 公開されました。( 2020/09/17)

    【課題】複数の電装品を車体中央寄りの位置に集中配置しながら電装品の保護効果を高めることができる鞍乗型車両の電装品取付構造を提供する。【解決手段】鞍乗型車両(1)のパワーユニット(P)を支持する車体フレ... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ