図面 (/)

技術 機械式駐車装置

出願人 日精株式会社
発明者 赤石仁
出願日 2015年6月4日 (5年1ヶ月経過) 出願番号 2015-113920
公開日 2017年1月5日 (3年5ヶ月経過) 公開番号 2017-002467
状態 特許登録済
技術分野 乗り物を格納するための建築物
主要キーワード 支持支 デッキ装置 可動腕 可動デッキ 楕円孔 遮蔽動作 トレー方式 従動側スプロケット
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2017年1月5日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (11)

課題

簡単な構成の可動式デッキを使用しても遮蔽状態で十分な強度を得ることができるようにした機械式駐車装置を提供する。

解決手段

ガイドレール5Bに沿って移動する移動端部10を有する可動式デッキは、移動端部10から離れた位置に、折り畳み状態ではガイドレール5Bから離れており、かつ、遮蔽状態ではガイドレール5Bに受け止められて接触して支持される支持脚15,16,17を設け、各支持脚15,16,17は折り畳み時の支点となる連結部従動軸7からの距離をそれぞれ異ならせた。

概要

背景

一般に、駐車車両トレーに載せて格納するトレー方式機械式駐車装置では、入出庫階から格納スペース階へと移動するために構成したリフト装置に、駐車車両の向きを変えるためのトレー旋回装置を搭載した構成が知られている。この種の機械式駐車設備では、トレー上に搭載した車両に対して運転手乗り降りする際に、その足下を保護するための可動デッキが構成され、運転手が乗り降りするときには可動デッキをほぼ水平な遮蔽状態とし、トレー旋回時には可動デッキをトレーの旋回に対して支障のない位置に格納する構成としている。具体的には、開口上に移動可能に配置され、前記開口の一端側を遮蔽する第1のデッキと、前記第1のデッキに上方または下方に向けて折り畳み可能に連結され、前記開口の中間を遮蔽する第2のデッキと、前記開口の他端側に枢支されて、前記第2のデッキに上方または下方に向けて折り畳み可能に連結され、前記開口の他端側を遮蔽する第3のデッキと、前記第2、第3のデッキの折り畳み方向とは反対側で前記第2、第3のデッキ間に設けられ、前記第2、第3のデッキを相互に引き寄せ方向及び引き離し方向に駆動する駆動手段とを備え、前記駆動手段により、前記第1のデッキを案内にして、前記第2、第3のデッキを前記開口上に展開可能に、かつ前記開口の他端側に折り畳み可能に構成されたものが提案されている(特許文献1を参照)。

またトレーの長手方向の両側に位置する部分を塞ぐ可動式デッキを備えた引き上げデッキ装置を構成し、可動式デッキは一枚の板状の部材から構成し、可動式デッキの中間下部に可回転的に連結したレバーの他端をガイドレール側で昇降台に可回転的に支持し、ガイドレールの近傍に位置する昇降台にデッキ用ガイドレールを配設し、可動式デッキのデッキ用ガイドレール側に位置する端部に可動部材を連結し、可動部材をデッキ用ガイドレールに沿って移動させて全体をほぼ水平な遮蔽状態からほぼ垂直な開放状態に引き上げてそれぞれデッキ用ガイドレール側へと収納する構成が知られている(特許文献2を参照)。

概要

簡単な構成の可動式デッキを使用しても遮蔽状態で十分な強度を得ることができるようにした機械式駐車装置を提供する。ガイドレール5Bに沿って移動する移動端部10を有する可動式デッキは、移動端部10から離れた位置に、折り畳み状態ではガイドレール5Bから離れており、かつ、遮蔽状態ではガイドレール5Bに受け止められて接触して支持される支持脚15,16,17を設け、各支持脚15,16,17は折り畳み時の支点となる連結部従動軸7からの距離をそれぞれ異ならせた。

目的

本発明の目的は、簡単な構成の可動式デッキを使用しても遮蔽状態で十分な強度を得ることができるようにした機械式駐車装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

駐車車両を搭載するトレーと、駐車車両を搭載した状態のトレーを昇降路内で昇降させて格納スペースへと移動させるリフト装置と、上記昇降路の長手方向の両端部に配置されて折り畳み状態と遮蔽状態に変形させることができる可動式デッキとを有し、前記可動式デッキは、前記昇降路近傍に固定したガイドレールと、前記ガイドレールに沿って移動する移動端部と、前記移動端部を前記ガイドレールに沿って移動させることによって前記折り畳み状態と前記遮蔽状態に変形させる駆動装置とを備えた機械式駐車装置において、前記移動端部から離れた位置の前記可動式デッキに、前記折り畳み状態では前記ガイドレールから離れており、かつ、前記遮蔽状態では前記ガイドレールに受け止められて接触して支持される支持脚を設けたことを特徴とする機械式駐車装置。

請求項2

前記可動式デッキは、前記トレーに近い側に配置した内側デッキと、前記トレーから遠い側に配置した外側デッキと、前記内側デッキと前記外側デッキとを連結する連結部従動軸とを有して構成し、前記遮蔽状態で前記ガイドレールに受け止められて接触して支持される支持脚を前記内側デッキに設けたことを特徴とする請求項1に記載の機械式駐車装置。

請求項3

前記可動式デッキは、前記トレーに近い側に配置した内側デッキと、前記トレーから遠い側に配置した外側デッキと、前記内側デッキと前記外側デッキとを連結する連結部従動軸とを有し、前記連結部従動軸を上方へ移動させて前記移動端部を前記ガイドレールに沿って移動させながら前記折り畳み状態となるように、また前記連結部従動軸を下方へ移動させて前記移動端部を前記ガイドレールに沿って移動させながら前記遮蔽状態となるように構成し、前記遮蔽状態で前記ガイドレールに受け止められて接触して支持される支持脚を前記折り畳み状態で対向した前記内側デッキと前記外側デッキとの対向側にそれぞれ設けると共に、前記各支持脚は、前記連結部従動軸からそれぞれ異なる距離の位置に設けたことを特徴とする請求項1に記載の機械式駐車装置。

技術分野

0001

本発明は、リフト装置におけるトレー周辺の保護を行う可動式デッキを備えた機械式駐車装置に関する。

背景技術

0002

一般に、駐車車両をトレーに載せて格納するトレー方式の機械式駐車装置では、入出庫階から格納スペース階へと移動するために構成したリフト装置に、駐車車両の向きを変えるためのトレー旋回装置を搭載した構成が知られている。この種の機械式駐車設備では、トレー上に搭載した車両に対して運転手乗り降りする際に、その足下を保護するための可動デッキが構成され、運転手が乗り降りするときには可動デッキをほぼ水平な遮蔽状態とし、トレー旋回時には可動デッキをトレーの旋回に対して支障のない位置に格納する構成としている。具体的には、開口上に移動可能に配置され、前記開口の一端側を遮蔽する第1のデッキと、前記第1のデッキに上方または下方に向けて折り畳み可能に連結され、前記開口の中間を遮蔽する第2のデッキと、前記開口の他端側に枢支されて、前記第2のデッキに上方または下方に向けて折り畳み可能に連結され、前記開口の他端側を遮蔽する第3のデッキと、前記第2、第3のデッキの折り畳み方向とは反対側で前記第2、第3のデッキ間に設けられ、前記第2、第3のデッキを相互に引き寄せ方向及び引き離し方向に駆動する駆動手段とを備え、前記駆動手段により、前記第1のデッキを案内にして、前記第2、第3のデッキを前記開口上に展開可能に、かつ前記開口の他端側に折り畳み可能に構成されたものが提案されている(特許文献1を参照)。

0003

またトレーの長手方向の両側に位置する部分を塞ぐ可動式デッキを備えた引き上げデッキ装置を構成し、可動式デッキは一枚の板状の部材から構成し、可動式デッキの中間下部に可回転的に連結したレバーの他端をガイドレール側で昇降台に可回転的に支持し、ガイドレールの近傍に位置する昇降台にデッキ用ガイドレールを配設し、可動式デッキのデッキ用ガイドレール側に位置する端部に可動部材を連結し、可動部材をデッキ用ガイドレールに沿って移動させて全体をほぼ水平な遮蔽状態からほぼ垂直な開放状態に引き上げてそれぞれデッキ用ガイドレール側へと収納する構成が知られている(特許文献2を参照)。

先行技術

0004

特開2007−270555号公報
特開2014−214466号公報

発明が解決しようとする課題

0005

しかしながら、従来の機械式駐車装置では、遮蔽状態の可動式デッキ上に駐車車両の運転手が乗る他に駐車車両の一部が乗り上げられてしまった場合に、可動式デッキの強度を十分に保持することについては考慮されていなかった。
本発明の目的は、簡単な構成の可動式デッキを使用しても遮蔽状態で十分な強度を得ることができるようにした機械式駐車装置を提供することにある。

課題を解決するための手段

0006

本発明は上記目的を達成するために、駐車車両を搭載するトレーと、駐車車両を搭載した状態のトレーを昇降路内で昇降させて格納スペースへと移動させるリフト装置と、上記昇降路の長手方向の両端部に配置されて折り畳み状態と遮蔽状態に変形させることができる可動式デッキとを有し、前記可動式デッキは、前記昇降路近傍に固定したガイドレールと、前記ガイドレールに沿って移動する移動端部と、前記移動端部を前記ガイドレールに沿って移動させることによって前記折り畳み状態と前記遮蔽状態に変形させる駆動装置とを備えた機械式駐車装置において、前記移動端部から離れた位置の前記可動式デッキに、前記折り畳み状態では前記ガイドレールから離れており、かつ、前記遮蔽状態では前記ガイドレールに受け止められて接触して支持される支持脚を設けたことを特徴とする。

0007

このような構成によれば、その構成に拘わらず遮蔽状態の可動式デッキは、移動端部を案内するために設けたガイドレールへ支持脚を介して乗せて支持されることになり、可動式デッキ上に駐車車両の運転者が乗ったり、極端な場合には駐車車両のタイヤが乗り上げられたりしても、ガイドレールでしっかりと受けることができる。しかも、ガイドレールを兼用して利用しているので、構成を簡略化することができる。

0008

また本発明は、上述の構成に加えて、前記可動式デッキは、前記トレーに近い側に配置した内側デッキと、前記トレーから遠い側に配置した外側デッキと、前記内側デッキと前記外側デッキとを連結する連結部従動軸とを有して構成し、前記遮蔽状態で前記ガイドレールに受け止められて接触して支持される支持脚を前記内側デッキに設けたことを特徴とする。

0009

このような構成によれば、遮蔽状態の可動式デッキにおけるトレーに近い方の内側デッキは、移動端部を案内するために設けたガイドレールへ支持脚を介して乗せて支持されることになり、内側デッキ上に駐車車両の運転者が乗ったり、極端な場合には駐車車両のタイヤが乗り上げられたりしても、ガイドレールでしっかりと受けることができる。しかも、ガイドレールを兼用して利用しているので、構成を簡略化することができる。

0010

また本発明は、上述の構成に加えて、前記可動式デッキは、前記トレーに近い側に配置した内側デッキと、前記トレーから遠い側に配置した外側デッキと、前記内側デッキと前記外側デッキとを連結する連結部従動軸とを有し、前記連結部従動軸を上方へ移動させて前記移動端部を前記ガイドレールに沿って移動させながら前記折り畳み状態となるように、また前記連結部従動軸を下方へ移動させて前記移動端部を前記ガイドレールに沿って移動させながら前記遮蔽状態となるように構成し、前記遮蔽状態で前記ガイドレールに受け止められて接触して支持される支持脚を前記折り畳み状態で対向した前記内側デッキと前記外側デッキとの対向側にそれぞれ設けると共に、前記各支持脚は、前記連結部従動軸からそれぞれ異なる距離の位置に設けたことを特徴とする。

0011

このような構成によれば、内側デッキおよび外側デッキは、移動端部を案内するために設けたガイドレールへ支持脚を介してそれぞれ乗せて支持されることになり、内側デッキおよび外側デッキ上に駐車車両の運転者が乗ったり、極端な場合には駐車車両のタイヤが乗り上げられたりしても、ガイドレールでしっかりと受けることができる。しかも、ガイドレールを兼用して利用しているので、構成を簡略化することができる。さらに、可動式デッキの折り畳み状態では、支持脚が互い違いに配置されているため、内側デッキおよび外側デッキ間を引き離すことになる方向に延びた支持脚を有していても近接して折り畳むことができ、駐車車両を搭載させた状態のトレーをリフト装置によって昇降駆動するとき、トレーを妨げることのないように小型に折り畳むことができる。

発明の効果

0012

本発明による機械式駐車装置によれば、その構成に拘わらず遮蔽状態の可動式デッキは、移動端部を案内するために設けたガイドレールへ支持脚を介して乗せて支持されることになり、可動式デッキ上に駐車車両の運転者が乗ったり、極端な場合には駐車車両のタイヤが乗り上げられたりしても、ガイドレールでしっかりと受けることができる。しかも、ガイドレールを兼用して利用しているので、構成を簡略化することができる。

図面の簡単な説明

0013

本発明の一実施例による機械式駐車装置の駐車車両乗り込み部を示す平面図である。
図1に示した可動式デッキを示す平面図である。
図2に示した可動式デッキの折り畳み状態を示す拡大図である。
図2に示した可動式デッキの遮蔽動作途中状態を示す拡大図である。
図2に示した可動式デッキの遮蔽状態を示す拡大図である。
図2に示した可動式デッキにおける駆動装置を示す斜視図である。
図2に示したトレーと可動式デッキの入庫待ち初期状態を示す正面図である。
図2に示したトレーと可動式デッキの入庫待ち完了状態を示す正面図である。
図2に示したトレーと可動式デッキの他の状態を示す正面図である。
図2に示したトレーと可動式デッキの入庫待ち初期状態を示す平面図である。

0014

以下、本発明の実施の形態を図面に基づいて説明する。

0015

図1は、本発明の一実施例による機械式駐車装置の駐車車両乗り込み部を示す平面図である。

0016

本機械式駐車装置は、駐車車両をトレー上に搭載した状態で、図示を省略したリフト装置を使用して上方階または下方階の格納スペースへと移動する構成であり、駐車車両乗り込み部の床面には、リフト装置の昇降路1がほぼ略長方形の平面形状で上下方向に延びて形成されている。駐車車両の進入方向2は、矢印で示すように昇降路1の長手方向に対してほぼ直交する方向となっている。このため、駐車車両の入庫時には、トレー3を点線で示すように駐車車両の進入方向2に長手方向を合わせて待機させておき、リフト装置を使用して駐車車両を搭載した状態のトレー3を格納スペースへと移動させる際には、駐車車両を搭載した状態のトレー3を一点鎖線で示すようにほぼ90度回転させるようにしている。

0017

点線で示した状態のトレー3の両側に位置することになる昇降路1には、駐車車両の進入方向2に対して直交する側の両側壁面にそれぞれ水平方向に延びたガイドレール4A,4B,5A,5Bがそれぞれ固定されている。各ガイドレール4A,4B,5A,5Bの固定は、両側壁面に直接または建屋梁強度部材を使用して昇降装置の動作に支障を与えない位置で行われている。

0018

図2は、上述した各ガイドレール4A,4B,5A,5Bに沿って移動しながら遮蔽状態または折り畳み状態となる可動式デッキ6A,6Bを示す平面図である。

0019

図示の状態のトレー3上に駐車車両を乗り込ませた後、運転手が駐車車両から降りるとき、そのドアの両側には図1に示した昇降路1が形成されているために、運転者はトレー3から足を踏み外して昇降路1内へ転落する危険がある。そこで、このときの駐車車両のドア側に位置する昇降路1の空部を覆う可動式デッキ6A,6Bを配置している。

0020

ここで、可動式デッキ6Aおよび可動式デッキ6Bは、左右対称同一構造であるから、特に、右方の可動式デッキ6Bについて詳細に説明する。可動式デッキ6Bは、ガイドレール4B,5Bの中間部を結ぶ線上で折り曲げ可能な連結部従動軸7を有した内側デッキ8および外側デッキ9とを有している。内側デッキ8の内側端部には、ガイドレール4B,5Bに沿って移動することによって可動式デッキ6Bを折り畳み状態または遮蔽状態とする移動端部10,11が構成されている。また外側デッキ9の外側端部には、デッキ6Bをガイドレール4B,5Bに可回転的に結合した支持軸部12,13が構成されている。

0021

また、移動端部10,11を、支持軸部12,13から遠ざかる方向または支持軸部12,13に近づく方向にガイドレール4B,5Bに沿って駆動することによって、可動式デッキ6Bをほぼ水平な遮蔽状態またはほぼ垂直な折り畳み状態とする駆動装置14を有している。この駆動装置14は、ガイドレール4B,5B間、また移動端部10,11間に位置する内側デッキ8の下部側に配置されている。
図3は、可動式デッキ6Bの折り畳み状態を示す拡大図である。

0022

可動式デッキ6Bは、駆動装置14によって移動端部10を支持軸部12に近づく方向に駆動することによって、連結部従動軸7を上方部に位置させて内側デッキ8および外側デッキ9がほぼ垂直な起立状態にされており、可動式デッキ6B全体をほぼ垂直な折り畳み状態としている。支持軸部12は、図2におけるトレー3から離れた側となる可動式デッキ6Bの端部に設けられているため、可動式デッキ6Bの折り畳み状態では、後述するようにトレー3の回転のために必要な空間が図3の左方側に形成されている。
図4は、可動式デッキ6Bの遮蔽動作途中状態を示す拡大図である。

0023

図3に示した可動式デッキ6Bの折り畳み状態から、駆動装置14を駆動して連結部従動軸7を逆方向に回転駆動すると、支持軸部12は位置固定されているが、移動端部10はガイドレール5Bに沿って支持軸部12から遠ざかる方向へと移動して行く。このとき、内側デッキ8は移動端部10を中心にして時計方向に回転し、外側デッキ9は支持軸部12を中心にして反時計方向に回転しながら、連結部従動軸7をガイドレール5B側に下げて行く。
図5は、可動式デッキ6Bの遮蔽状態を示す拡大図である。
内側デッキ8と外側デッキ9との上面が水平に連続するようになると、可動式デッキ6Bの遮蔽状態となる。

0024

この遮蔽状態で、内側デッキ8の左方側端部は移動端部10がガイドレール5B上に搭載されており、内側デッキ8の中間下部に固定された支持脚15の頭部がガイドレール5B上に搭載され、さらに内側デッキ8の右方側端下部に固定された支持脚16の頭部がガイドレール5B上に搭載されている。従って、遮蔽状態となった内側デッキ8は、ガイドレール5Bに強固に保持される。図1に示したようにガイドレール5Bに対向する位置にはガイドレール4Bが固定されており、内側デッキ8は、このガイドレール4Bに対しても同様に支持される。

0025

また、同遮蔽状態で、外側デッキ9の右方側端部は支持支持軸部12がガイドレール5B上に固定されており、また外側デッキ9の左方側端部に固定された支持脚17の頭部がガイドレール5B上に搭載されている。従って、遮蔽状態となった外側デッキ9も、ガイドレール5Bに強固に保持される。図1に示したようにガイドレール5Bに対向する位置にはガイドレール4Bが固定されており、外側デッキ9も、このガイドレール4Bに対しても同様に支持される。

0026

上述したように内側デッキ8の下部には、支持脚15および支持脚16がガイドレール4B,5Bに沿って固定されている。この支持のために二つの支持脚15および支持脚16を用いているため、内側デッキ8をしっかりとガイドレール4B,5Bに支持することができる。特に、図2におけるトレー3に近い方の内側デッキ8に支持脚15および支持脚16を設けることによって、後述するように機械式駐車装置としても安全性をより高めることができる。

0027

上述したように内側デッキ8の下部には支持脚15および支持脚16が取り付けられ、外側デッキ9の下部には支持脚17が設けられている。このとき互いの位置関係は、連結部従動軸7からの距離が最も小さいのは支持脚16であり、次に、連結部従動軸7からの距離が小さいのは支持脚17であり、最も連結部従動軸7からの距離が大きいのは支持脚15である。

0028

このように各支持脚15〜17は、連結部従動軸7からの距離をそれぞれ変えているため、可動式デッキ6Bは折り畳み状態と遮蔽状態とに容易に変化させることができる。つまり、可動式デッキ6Bの折り畳み状態では、図3に示すように各支持脚15〜17が互い違いに配置されるため、互いに干渉することはなく折り畳むことができる。

0029

従って、折り畳み状態の可動式デッキ6Bは、ガイドレール5Bの長手方向の幅を小さくすることができ、後述するようにトレー3の回転のために必要な空間を効率的に十分に形成することができる。また、この種の構成によって、各支持脚15〜17をガイドレール5Bに沿って直線的に配置することができるので、ガイドレール5Bの構成を簡略化することができる。
図6は、上述した駆動装置14の一例を示す斜視図であり、図5に示した駆動装置14を斜め上方部から見たものである。

0030

可動式デッキ6Bにおける内側デッキ8の下部には、複数本支持腕18によって支持ベース19が固定されている。支持ベース19上には、取り付けベース20上に支持構成されたモータ21が搭載されており、支持ベース19と取り付けベース20とは、楕円孔22に沿って複数本のテンション調整ボルト23によって位置調整可能に型都合されている。モータ21の回転軸24には駆動側スプロケットが固定されている。一方、支持ベース19には支持腕25を介して図3図5に示した連結部従動軸7が回転可能に支持されている。この連結部従動軸7には従動側スプロケット可動腕27が結合され、従動側スプロケットと回転軸24における駆動側スプロケット間にはチェーン26が掛けられている。

0031

モータ21の回転軸24を回転駆動すると、チェーン26を介して連結部従動軸7が回転駆動され、同時に可動腕27を回動させる。この可動腕27の回動は可動式デッキ6Bにおける外側デッキ9に伝達され、図3図5で説明したような可動式デッキ6Bの折り畳み状態と遮蔽状態とを生じさせることができる。

0032

駆動装置14としては、図6に示したものに限定することなく使用することができる。また上述の説明では、可動式デッキ6Bについて説明したが、図2に示した可動式デッキ6A側も同様に構成されている。

0033

図7図10は、トレー3と可動式デッキ6A,6Bの関係を示す概略正面図であり、各図を用いてトレー3と可動式デッキ6A,6Bの動作タイミングについて説明する。

0034

リフト装置によって駐車車両乗り込み部に移送されてきた状態のトレー3は、図1の一点鎖線で示すように昇降路1の形成方向に合致した向きとなっている。このときのトレー3と可動式デッキ6A,6Bの位置関係は、図9に示す状態である。トレー3の駐車車両乗り込み部への移送に先だって、トレー3における長手方向の両側に配置された可動式デッキ6A,6Bは、図9および図3に示した折り畳み状態28となっている。

0035

特に、遮蔽状態でガイドレール4A,4B,5A,5Bに受け止められて支持される支持脚15,16,17を折り畳み状態で対向した内側デッキ8と外側デッキ9との対向側にそれぞれ設けると共に、各支持脚15,16,17は、連結部従動軸7からそれぞれ異なる距離の位置に設けている。

0036

このような構成であるため、遮蔽状態となった可動式デッキ6A,6Bは、移動端部10を案内するために設けたガイドレール4A,4B,5A,5Bへ支持脚15,16を介して乗せて支持されることになる。しかし、折り畳み状態となった可動式デッキ6A,6Bの支持脚15,16は、ガイドレール4A,4B,5A,5Bから離れて位置することになる。

0037

こうして、内側デッキ8および外側デッキ9は、移動端部10を案内するために設けたガイドレール4A,4B,5A,5Bへ支持脚15,16,17を介してそれぞれ乗せて支持されることになり、内側デッキ8および外側デッキ9上に駐車車両の運転者が乗ったり、極端な場合には駐車車両のタイヤが乗り上げられたりしても、ガイドレール4A,4B,5A,5Bでしっかりと受けることができる。しかも、ガイドレール4A,4B,5A,5Bを兼用して利用しているので、構成を簡略化することができる。さらに、可動式デッキ6A,6Bの折り畳み状態では、支持脚15,16,17が互い違いに配置されているため、内側デッキ8および外側デッキ9間を引き離すことになる方向に延びた支持脚15,16,17を有していても近接して折り畳むことができ、駐車車両を搭載させた状態のトレー3をリフト装置によって昇降駆動するとき、トレー3を妨げることのないように小型に折り畳むことができる。こうして、リフト装置は、可動式デッキ6A,6Bと干渉することなく、トレー3を駐車車両乗り込み部に移送することができる。

0038

その後、駐車車両の入庫に備えて、図2に示すように駐車車両の進入方向にトレー3の長手方向を合致させなければならない。これは、本件と同一出願人に係わる特開2014−214466号公報に記載されたように旋回装置によって図9に示すようにトレー3を少し上方に持ち上げた状態でトレー3を旋回させ、図1に点線で示した位置まで旋回させた後、旋回装置によってトレー3を少し下げた状態とする。その結果、トレー3と可動式デッキ6A,6Bの位置関係は、図7に示す状態となる。

0039

トレー3の旋回時における可動式デッキ6A,6Bとの関係は、図10に示されている。可動式デッキ6A,6Bは折り畳み状態28となっているため、トレー3を旋回しても可動式デッキ6A,6Bと干渉することはない。

0040

その後、折り畳み状態28となっている可動式デッキ6A,6Bを図7に示すように途中状態29を経て遮蔽状態30とする。この途中状態29は、図4に示したものであり、この遮蔽状態30は図5に示したものである。

0041

可動式デッキ6A,6Bにおける遮蔽状態30では、図8に示したようにトレー3の上面と、可動式デッキ6A,6Bにおける内側デッキ8および外側デッキ9の上面とがほぼ水平な一連の面を形成する。

0042

従って、この状態で駐車車両が乗り込まれてトレー3上に搭載され、運転手が駐車車両から降りると、可動式デッキ6A,6Bによって昇降路1の開口部は塞がれ、足下には可動式デッキ6A,6Bによってフラットな面が形成されているので、安全のうちに移動することができる。

0043

その後、駐車車両を搭載した状態のトレー3をリフト装置によって格納スペースへと移動する。このとき、トレー3の長手方向の向きをリフト装置に適合した元の状態に戻さなければならない。そこで、図7に示すように遮蔽状態30となっている可動式デッキ6A,6Bを逆動作させて途中状態29を経て折り畳み状態28とする。その後、上述した旋回装置によって、トレー3を少し上方に持ち上げた状態でトレー3を旋回し、図9に示したように昇降路1の長手方向とトレー3の長手方向が合致するようにする。

0044

このとき、可動式デッキ6A,6Bは折り畳み状態28となっているため、トレー3を旋回しても可動式デッキ6A,6Bと干渉することはない。その後は、リフト装置によって駐車車両を搭載した状態のトレー3を昇降させて格納スペースへと移動させる。
出庫時もトレー3と可動式デッキ6A,6Bとを入庫時の場合のようにタイミングを計りながら作動させて行う。

0045

上述した入庫時または出庫時に、駐車車両をトレー3上に乗り込ませるとき、またはトレー3上から駐車車両を出すとき、誤って駐車車両のタイヤがトレー3から外れて可動式デッキ6A,6Bの内側デッキ8上に乗り込んでしまうことが考えられる。このような事態が発生しても、遮蔽状態30では内側デッキ8の下部に固定した支持脚15,16がガイドレール5A,5Bに受け止められて支持されているため、内側デッキ8を十分に支えることができる。また、この支えは、可動式デッキ6A,6Bの移動端部10を案内するために設けたガイドレール5A,5Bを兼用して行っているため、簡単な構造とすることができる。

0046

尚、上述した実施例で示した可動式デッキ6A,6Bや駆動装置14の構成は、図示のものに限定するものではなく、種々の構成のものに適用することができる。また可動式デッキ6A,6Bとしては、内側デッキ8と外側デッキ9との二枚から構成したものについて説明したが、その他の構成のものを使用することができる。

0047

以上説明したように本発明は、駐車車両を搭載するトレー3と、駐車車両を搭載した状態のトレー3を昇降路1内で昇降させて格納スペースへと移動させるリフト装置と、上記昇降路1の長手方向の両端部に配置されて折り畳み状態と遮蔽状態に変形させることができる可動式デッキ6A,6Bとを有し、前記可動式デッキ6A,6Bは、前記昇降路近傍に固定したガイドレール4A,4B,5A,5Bと、前記ガイドレール4A,4B,5A,5Bに沿って移動する移動端部10と、前記移動端部10を前記ガイドレール4A,4B,5A,5Bに沿って移動させることによって前記折り畳み状態と前記遮蔽状態に変形させる駆動装置14とを備えた機械式駐車装置において、前記移動端部10から離れた位置の前記可動式デッキ6A,6Bに、前記折り畳み状態では前記ガイドレール4A,4B,5A,5Bから離れており、かつ、前記遮蔽状態では前記ガイドレール4A,4B,5A,5Bに受け止められて接触して支持される支持脚15,16を設けたことを特徴とする。

0048

このような構成によれば、その構成に拘わらず遮蔽状態の可動式デッキ6A,6Bは、移動端部10を案内するために設けたガイドレール4A,4B,5A,5Bへ支持脚15,16を介して乗せて支持されることになり、可動式デッキ6A,6B上に駐車車両の運転者が乗ったり、極端な場合には駐車車両のタイヤが乗り上げられたりしても、ガイドレール4A,4B,5A,5Bでしっかりと受けることができる。しかも、ガイドレール4A,4B,5A,5Bを兼用して利用しているので、構成を簡略化することができる。

0049

また本発明は、上述の構成に加えて、前記可動式デッキ6A,6Bは、前記トレー3に近い側に配置した内側デッキ8と、前記トレー3から遠い側に配置した外側デッキ9と、前記内側デッキ8と前記外側デッキ9とを連結する連結部従動軸7とを有して構成し、前記遮蔽状態で前記ガイドレール4A,4B,5A,5Bに受け止められて接触して支持される支持脚15,16を前記内側デッキ8に設けたことを特徴とする。

0050

このような構成によれば、遮蔽状態の可動式デッキ6A,6Bにおけるトレー3に近い方の内側デッキ8は、移動端部10を案内するために設けたガイドレール4A,4B,5A,5Bへ支持脚15,16を介して乗せて支持されることになり、内側デッキ8上に駐車車両の運転者が乗ったり、極端な場合には駐車車両のタイヤが乗り上げられたりしても、ガイドレール4A,4B,5A,5Bでしっかりと受けることができる。しかも、ガイドレール4A,4B,5A,5Bを兼用して利用しているので、構成を簡略化することができる。

0051

また本発明は、上述の構成に加えて、前記可動式デッキ6A,6Bは、前記トレー3に近い側に配置した内側デッキ8と、前記トレー3から遠い側に配置した外側デッキ9と、前記内側デッキ8と前記外側デッキ9とを連結する連結部従動軸7とを有し、前記連結部従動軸7を上方へ移動させて前記移動端部10を前記ガイドレール4A,4B,5A,5Bに沿って移動させながら前記折り畳み状態となるように、また前記連結部従動軸7を下方へ移動させて前記移動端部10を前記ガイドレール4A,4B,5A,5Bに沿って移動させながら前記遮蔽状態となるように構成し、前記遮蔽状態で前記ガイドレール4A,4B,5A,5Bに受け止められて接触して支持される支持脚15,16,17を前記折り畳み状態で対向した前記内側デッキ8と前記外側デッキ9との対向側にそれぞれ設けると共に、前記各支持脚15,16,17は、前記連結部従動軸7からそれぞれ異なる距離の位置に設けたことを特徴とする。

実施例

0052

このような構成によれば、内側デッキ8および外側デッキ9は、移動端部10を案内するために設けたガイドレール4A,4B,5A,5Bへ支持脚15,16,17を介してそれぞれ乗せて支持されることになり、内側デッキ8および外側デッキ9上に駐車車両の運転者が乗ったり、極端な場合には駐車車両のタイヤが乗り上げられたりしても、ガイドレール4A,4B,5A,5Bでしっかりと受けることができる。しかも、ガイドレール4A,4B,5A,5Bを兼用して利用しているので、構成を簡略化することができる。さらに、可動式デッキ6A,6Bの折り畳み状態では、支持脚15,16,17が互い違いに配置されているため、内側デッキ8および外側デッキ9間を引き離すことになる方向に延びた支持脚15,16,17を有していても近接して折り畳むことができ、駐車車両を搭載させた状態のトレー3をリフト装置によって昇降駆動するとき、トレー3を妨げることのないように小型に折り畳むことができる。

0053

1昇降路
3トレー
4A,4B,5A,5Bガイドレール
6A,6B可動式デッキ
7 連結部従動軸
8内側デッキ
9外側デッキ
10移動端部
15〜17 支持脚

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • YKKAP株式会社の「 屋根および屋根構造体」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】照明具の温度上昇を抑制できる屋根および屋根構造体を提供すること。【解決手段】屋根5は、金属製の屋根材10が複数並設されて構成されており、そのなかの少なくとも一つの屋根材10Aは、ダウンライト2... 詳細

  • 益本秀則の「 駐車場用収納庫」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】駐車場用収納庫を駐車場の奥側の地上に設置する場合に、自動車の大きさに対応できるようにして駐車場の余剰スペースを有効活用できるようにする。【解決手段】駐車場用収納庫1は、底板2と、背板3と、左側... 詳細

  • 日本発條株式会社の「 車両載置用パレット及びそれを有する駐車装置」が 公開されました。( 2020/04/23)

    【課題】メンテナンスが容易であり、且つ安定した品質の保証が可能なパレット及びそれを備える駐車装置を提供する。【解決手段】車両を載置可能であり、車両の車輪によって踏圧される一対のガイド部を有するベース部... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ