図面 (/)

技術 テクトリゲニン類含有飲料

出願人 株式会社東洋新薬
発明者 神谷智康八尋衣里奈
出願日 2015年6月4日 (2年0ヶ月経過) 出願番号 2015-114035
公開日 2017年1月5日 (5ヶ月経過) 公開番号 2017-000005
状態 特許登録済
技術分野 非アルコール性飲料 食品の着色及び栄養改善
主要キーワード 容器詰め製品 マドラー 加水分解反応生成物 植物由来タンパク質 抽出助剤 アルミ袋 二日酔い予防 甘藷茎葉

この技術の活用可能性のある市場・分野

関連する未来課題
重要な関連分野

この技術に関連する成長市場

関連メディア astavision

図面 (0)

図面はありません

後で読みたい技術情報を見つけたら、ブックマークしておきましょう!

ページの右上にあるブックマークボタンからこのページをブックマークできます。
あなたがブックマークした技術情報は、いつでもマイページのリストから閲覧することが出来ます。

以下の情報は公開日時点(2017年1月5日)のものです。

課題

カテキン類以外のフラボノイド類、例えばテクトリゲニン類の独特風味改善された、テクトリゲニン類を成分として含有する飲料の提供。

解決手段

テクトリゲニン、テクトリジン及びテクトリゲニン7−O−キシロシルグルコシド、であるテクトリゲニン類、及び6−ヒドロキシゲニステイン6,7−ジ−O−グルコシドから選ばれる少なくとも1種の第1の成分と、カテキン類及び没食子酸から選ばれる少なくとも1種の第2の成分とを含有する容器詰め飲料又はインスタント粉末飲料飲料。

この項目の情報は公開日時点(2017年1月5日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

背景

自然界には種々のフラボノイド類があり、その中の幾つかは人体に対して生理活性を有することが知られている。このようなフラボノイド類中にテクトリゲニン類がある。テクトリゲニン類は、二日酔い予防効果などがあることが知られている。しかし、テクトリゲニン類は、独特な風味を有しており、摂取することが困難なものである。

一方、生理活性を有する別のフラボノイド類として、カテキン類がある。カテキン類には種々のものが知られており、例えば、エピカテキン(EC)、エピガロカテキン(EGC)、エピカテキンガレート(ECg)、エピガロカテキンガレート(EGCg)などがある。これらのカテキン類のうち、例えば、ECgが、血管内皮細胞マクロファージなどで発現されている酸化LDL受容体であるLOX−1とLOX−1結合因子との結合阻害するLOX−1アンタゴニスト作用があることが知られている。

しかし、カテキン類は非常に強い苦味を有することから、カテキン類の生理効果の期待できる量を摂取しようとしても、呈味性の点から困難である。そこで、カテキン類の苦味を改善したものとして、特許文献1にはカテキン類及び没食子酸を含む組成物が知られている(特許文献1を参照)。

概要

カテキン類以外のフラボノイド類、例えばテクトリゲニン類の独特な風味が改善された、テクトリゲニン類を成分として含有する飲料の提供。テクトリゲニン、テクトリジン及びテクトリゲニン7−O−キシロシルグルコシド、であるテクトリゲニン類、及び6−ヒドロキシゲニステイン6,7−ジ−O−グルコシドから選ばれる少なくとも1種の第1の成分と、カテキン類及び没食子酸から選ばれる少なくとも1種の第2の成分とを含有する容器詰め飲料又はインスタント粉末飲料飲料。なし

目的

本発明は、テクトリゲニン類の独特な風味が改善された、テクトリゲニン類を成分として含有する飲料を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

ページトップへ

請求項

以下の情報は公開日時点(2017年1月5日)のものです。

請求項1

テクトリゲニン類及び6−ヒドロキシゲニステイン6,7−ジ−O−グルコシドからなる群から選ばれる少なくとも1種の第1の成分と、カテキン類及び没食子酸からなる群から選ばれる少なくとも1種の第2の成分とを含有することを特徴とする飲料。

請求項2

前記第2の成分がカテキン類であり、かつ、前記第1の成分及び前記カテキン類の含有量比(第1の成分:カテキン類)が1:0.000001〜3であることを特徴とする請求項1に記載の飲料。

請求項3

前記第2の成分が没食子酸であり、かつ、前記第1の成分及び前記没食子酸の含有量比(第1の成分:没食子酸)が1:0.0000001〜1であることを特徴とする請求項1に記載の飲料。

請求項4

前記テクトリゲニン類がテクトリゲニン、テクトリジン及びテクトリゲニン7−O−キシロシルグルコシドであることを特徴とする請求項1〜3のいずれか1項に記載の飲料。

請求項5

前記飲料が容器詰め飲料又はインスタント粉末飲料であることを特徴とする請求項1〜4のいずれか1項に記載の飲料。

詳細

以下の情報は 公開日時点 (2017年1月5日)のものです。

技術分野

0001

本発明は、テクトリゲニン類及び/又は6−ヒドロキシゲニステイン6,7−ジ−O−グルコシド(6−hydroxygenistein 6,7−di−O−glucoside;6HGDG)を含有する飲料に関する。


背景技術

0002

自然界には種々のフラボノイド類があり、その中の幾つかは人体に対して生理活性を有することが知られている。このようなフラボノイド類中にテクトリゲニン類がある。テクトリゲニン類は、二日酔い予防効果などがあることが知られている。しかし、テクトリゲニン類は、独特な風味を有しており、摂取することが困難なものである。

0003

一方、生理活性を有する別のフラボノイド類として、カテキン類がある。カテキン類には種々のものが知られており、例えば、エピカテキン(EC)、エピガロカテキン(EGC)、エピカテキンガレート(ECg)、エピガロカテキンガレート(EGCg)などがある。これらのカテキン類のうち、例えば、ECgが、血管内皮細胞やマクロファージなどで発現されている酸化LDL受容体であるLOX−1とLOX−1結合因子との結合を阻害するLOX−1アンタゴニスト作用があることが知られている。

0004

しかし、カテキン類は非常に強い苦味を有することから、カテキン類の生理効果の期待できる量を摂取しようとしても、呈味性の点から困難である。そこで、カテキン類の苦味を改善したものとして、特許文献1にはカテキン類及び没食子酸を含む組成物が知られている(特許文献1を参照)。


先行技術

0005

特開2003−33157号公報


発明が解決しようとする課題

0006

しかし、特許文献1にはカテキン類の苦味を改善した組成物が記載されているところ、カテキン類以外のフラボノイド類、例えば、テクトリゲニン類の独特の風味を改善した組成物については記載がない。特に、テクトリゲニン類を成分とした飲料については引用文献1には記載がない。

0007

そこで、本発明は、テクトリゲニン類の独特な風味が改善された、テクトリゲニン類を成分として含有する飲料を提供することを発明が解決しようとする課題とする。


課題を解決するための手段

0008

本発明者らは、上記課題について鋭意研究を積み重ね、種々のテクトリゲニン類を含有する飲料について試行錯誤したところ、驚くべきことに、テクトリゲニン類をカテキン類や没食子酸と組み合わせることにより、テクトリゲニン類に由来する独特の風味を改善することを見出した。この知見は、テクトリゲニン類と同じイソフラボン類に属する大豆イソフラボンは、カテキン類や没食子酸と組み合わせても、大豆イソフラボンに由来する風味が改善しなかったという事実から考えれば、予期し得るとは到底いえないものである。そして、本発明者らは、テクトリゲニン類と、カテキン類や没食子酸とを含有する飲料を創作することに成功した。本発明は、このような成功例や知見に基づき、完成された発明である。

0009

したがって、本発明によれば、テクトリゲニン類及び6HGDGからなる群から選ばれる少なくとも1種の第1の成分と、カテキン類及び没食子酸からなる群から選ばれる少なくとも1種の第2の成分とを含有することを特徴とする飲料が提供される。

0010

好ましくは、本発明の飲料において、前記第2の成分がカテキン類であり、かつ、前記第1の成分及び前記カテキン類の含有量比(第1の成分:カテキン類)が1:0.000001〜3である。

0011

好ましくは、本発明の飲料において、前記第2の成分が没食子酸であり、かつ、前記第1の成分及び前記没食子酸の含有量比(第1の成分:没食子酸)が1:0.0000001〜1である。

0012

好ましくは、本発明の飲料において、前記テクトリゲニン類がテクトリゲニン、テクトリジン及びテクトリゲニン7−O−キシロシルグルコシドである。

0013

好ましくは、本発明の飲料において、前記飲料が容器詰め飲料又はインスタント粉末飲料である。

0014

本発明の別の側面によれば、テクトリゲニン類と、カテキン類及び/又は没食子酸とを含有することを特徴とする飲料が提供される。

0015

本発明の別の側面によれば、テクトリゲニン類、カテキン類及び没食子酸を含有することを特徴とする飲料が提供される。

0016

本発明の別の側面によれば、テクトリゲニン類、6HGDG、カテキン類及び没食子酸を含有することを特徴とする飲料が提供される。

0017

本発明の別の側面によれば、テクトリゲニン類及び6HGDGからなる群から選ばれる少なくとも1種の第1の成分と、カテキン類及び没食子酸からなる群から選ばれる少なくとも1種の第2の成分とを含有することを特徴とする還元飲料用粉末還元飲料用濃縮組成物又はそれぞれの容器詰め製品が提供される。

0018

本発明において、好ましくは、カテキン類又は没食子酸は、緑茶などの不発酵茶紅茶などの発酵茶及びウーロン茶などの半発酵茶からなる群から選ばれる少なくとも1種の茶葉又はその抽出物に由来する。


発明の効果

0019

本発明の飲料によれば、テクトリゲニン類を含有しつつも、カテキン類及び/又は没食子酸を含有することにより、テクトリゲニン類の独特な風味を低減した飲料とすることができる。

0020

以下、本発明の詳細について説明する。
本発明の飲料は、少なくともテクトリゲニン類、6HGDG又はそれらの両方である第1の成分と、カテキン類、没食子酸又はそれらの両方である第2の成分とを含有することを特徴とする。そこで、本発明の飲料の態様としては、テクトリゲニン類とカテキン類とを含有する飲料;テクトリゲニン類と没食子酸とを含有する飲料;テクトリゲニン類とカテキン類と没食子酸とを含有する飲料;6HGDGとカテキン類とを含有する飲料;6HGDGと没食子酸とを含有する飲料;6HGDGとカテキン類と没食子酸とを含有する飲料;テクトリゲニン類と6HGDGとカテキン類とを含有する飲料;テクトリゲニン類と6HGDGと没食子酸とを含有する飲料;テクトリゲニン類と6HGDGとカテキン類と没食子酸とを含有する飲料などが挙げられる。

0021

本発明で用いるテクトリゲニン類とは、イソフラボン一種であるテクトリゲニン、その配糖体又は誘導体、及びそれらの混合物意味する。テクトリゲニン類は通常知られているとおりのテクトリゲニン類であれば特に限定されないが、例えば、独特な風味を有するテクトリゲニン類が挙げられ、好ましくはテクトリゲニン(tectorigenin)、テクトリジン(tectoridin)及びテクトリゲニン7−O−キシロシルグルコシド(tectorigenin 7−O−xylosylglucoside;TGXG)である。また、本明細書では、6HGDGはテクトリゲニン類に含まれない。

0022

テクトリゲニン類及び6HGDGの入手方法は特に限定されない。テクトリゲニン類及び6HGDGは、例えば、当業者に通常知られる方法により合成された合成物、テクトリゲニン類又は6HGDGを含有する天然物、該天然物から抽出した抽出物及びその処理物、テクトリゲニン類又は6HGDGの市販品、該市販品を化学処理酵素処理精製処理などに供することによって得られた処理物などが挙げられる。例えば、テクトリゲニン及びテクトリジンは関東化学社から得ることができ、TGXG及び6HGDGも市販品を使用することができる。

0023

テクトリゲニン類の含有量は特に限定されず、例えば、本発明の飲料の全固形分量に対して、0.01wt%以上、好ましくは0.05〜20wt%、より好ましくは0.1〜10wt%、特に好ましくは0.5〜5wt%である。この場合のテクトリゲニン類の含有量とは、テクトリゲニン、テクトリジン及びTGXGの含有量の総量をいう。

0024

テクトリゲニン類のうち、テクトリゲニン、テクトリジン及びTGXGの含有量は特に限定されない。テクトリゲニンは、例えば、本発明の飲料の全固形分量に対して0.001wt%以上、好ましくは0.005〜3wt%、より好ましくは0.02〜1wt%、特に好ましくは0.05〜0.5wt%である。テクトリジンは、例えば、本発明の飲料の全固形分量に対して0.01wt%以上、好ましくは0.05〜5wt%、より好ましくは0.1〜2wt%、特に好ましくは0.3〜1wt%である。TGXGは、例えば、本発明の飲料の全固形分量に対して0.01wt%以上、好ましくは0.05〜15wt%、より好ましくは0.1〜10wt%、特に好ましくは0.5〜5wt%である。6HGDGの含有量は特に限定されず、例えば、本発明の飲料の全固形分量に対して、0.0001wt%以上、好ましくは0.0005〜5wt%、より好ましくは0.001〜3wt%、特に好ましくは0.005〜1wt%である。

0025

本明細書におけるカテキン類は、エピカテキン(EC)、エピガロカテキン(EGC)、エピカテキンガレート(ECg)、エピガロカテキンガレート(EGCg)、カテキン(C)、ガロカテキン(GC)、カテキンガレート(Cg)及びガロカテキンガレート(GCg)を合わせての総称である。

0026

カテキン類の入手方法は特に限定されない。カテキン類は、例えば、当業者に通常知られる方法により合成された合成物、カテキン類を含有する天然物、該天然物から抽出した抽出物及びその処理物、カテキン類の市販品、該市販品を化学処理、酵素処理、精製処理などに供することによって得られた処理物などが挙げられる。カテキン類は、例えば、茶抽出物及びその濃縮物であってもよい。

0027

茶抽出物としては、チャノキ(Camellia sinensis)の茶葉から製茶された、煎茶番茶、玉露、てん入り茶などの緑茶類;総称して龍茶と呼ばれる鉄観音黄金などの半熟程度に発酵させた半発酵茶;紅茶と呼ばれるダージリン、アッサムスリランカなどの発酵茶から水や熱水、場合によってはこれに抽出助剤添加したもので抽出したものが挙げられる。具体的な茶抽出物としては、熱水又は水溶性有機溶剤による抽出物が挙げられる。茶抽出物の濃縮物としては、茶抽出物を有機溶剤カラム、膜などにより濃縮したものが挙げられる。茶抽出物の濃縮物の形態としては、固体水溶液スラリー状などが挙げられる。

0028

茶抽出物及びその濃縮物は市販されているものであってもよい。本発明の飲料においては、茶抽出物及びその濃縮物は、発酵茶又は半発酵茶の抽出物及びその濃縮物であることが好ましく、これらは香料エキスパウダーなどの形態で市販されている。例えば、半発酵茶に由来する香料及びエキスパウダーとしては、烏龍茶香料や烏龍茶エキスパウダーなどが市販されている。また、発酵茶に由来する香料及びエキスパウダーとしては、紅茶香料や紅茶エキスパウダーなどが市販されている。

0029

カテキン類の含有量は特に限定されず、例えば、本発明の飲料の全固形分量に対して、1wt%以下、好ましくは0.0000001〜1wt%、より好ましくは0.0000005〜0.5wt%、特に好ましくは0.000001〜0.1wt%である。

0030

本発明における没食子酸は特に限定されず、没食子酸に加えて、没食子酸の塩を包含する。没食子酸の塩としては、例えば、没食子酸アルカリ金属塩などが挙げられる。没食子酸の入手方法は特に限定されない。没食子酸は、例えば、当業者に通常知られる方法により合成された合成物、没食子酸を含有する天然物、該天然物から抽出した抽出物及びその処理物、没食子酸の市販品、該市販品を化学処理、酵素処理、精製処理などに供することによって得られた処理物などが挙げられる。

0031

没食子酸の抽出物としては、例えば、ウルシ科ヌルデ(Rhus javanica LINNE)に発生する五倍子からの抽出物、ブナ科(Fagaceae)に発生する没食子からの抽出物、マメ科Fabaceae)の植物からの抽出物、茶抽出物などが挙げられる。

0032

没食子酸の化学合成品としては、例えば、前記したカテキン類の中のガレート体加水分解反応生成物が挙げられる。没食子酸を得るための加水分解反応は特に限定されないが、例えば、ガレート体カテキン類を含有する茶葉、生薬及びその抽出物を、硫酸塩酸などを用いた酸処理水酸化ナトリウムなどのアルカリを用いたアルカリ処理、酵素処理、発酵処理などに供することにより生じる加水分解反応が挙げられる。加水分解反応に用いる酵素は特に限定されないが、例えば、タンナーゼタンニンアシヒドラーゼ;EC3.1.1.20)が挙げられる。

0033

没食子酸の含有量は特に限定されず、例えば、本発明の飲料の全固形分量に対して、1wt%以下、好ましくは0.0000001〜1wt%、より好ましくは0.0000005〜0.5wt%、特に好ましくは0.000001〜0.1wt%である。

0034

本発明の飲料において、第1の成分及び第2の成分の含有量比は特に限定されない。第1の成分とカテキン類との含有量比(第1の成分:カテキン類)は、例えば、1:0.0000001〜10であり、好ましくは1:0.0000005〜5であり、より好ましくは1:0.000001〜3である。第1の成分と没食子酸との含有量比(第1の成分:没食子酸)は、例えば、1:0.00000001〜10であり、好ましくは1:0.00000005〜5であり、より好ましくは1:0.0000001〜1である。

0035

また、テクトリゲニン類とカテキン類との含有量比(テクトリゲニン類:カテキン類)は、例えば、1:0.0000001〜10であり、好ましくは1:0.0000005〜1であり、より好ましくは1:0.000001〜0.1である。6HGDGとカテキン類との含有量比(6HGDG:カテキン類)は、例えば、1:0.000001〜10であり、好ましくは1:0.000005〜5であり、より好ましくは1:0.00001〜3ある。

0036

さらに、テクトリゲニン類と没食子酸との含有量比(テクトリゲニン類:没食子酸)は、例えば、1:0.00000001〜10であり、好ましくは1:0.00000005〜1であり、より好ましくは1:0.0000001〜0.1ある。6HGDGと没食子酸との含有量比(6HGDG:没食子酸)は、例えば、1:0.0000001〜10であり、好ましくは1:0.000005〜5であり、より好ましくは1:0.000001〜1である。

0037

本発明の飲料において、テクトリゲニン類、6HGDG、カテキン類及び没食子酸が、それらを含有する天然物やその加工物である場合、テクトリゲニン類、6HGDG、カテキン類及び没食子酸は以下の方法により測定することができる。

0038

テクトリゲニン類及び6HGDGは、「食品中の大豆イソフラボンアグリコンアグリコン当量)の試験方法」(大豆イソフラボンを含む特定保健用食品等の取り扱いに関する指針について(別紙)、食安発第0823001号、平成18年8月23日)を準用し定量することができる。また、カテキン類及び没食子酸は、高速液体クロマトグラフィーを用い、オクタデシル基導入液体クロマトグラフパックドカラム装着し、カラム温度40℃でグラジエント法で行い、移動相A液は0.1M酢酸水溶液、B液は0.1Mアセトニトリル溶液とし、UV検出器波長は280nmの条件で行うことができる。

0039

本発明の飲料は、第1の成分及び第2の成分に加えて、その他の成分を含んでもよい。その他の成分としては、例えば、ビタミンAビタミンB1、ビタミンCビタミンEなどのビタミン類ゼラチンコラーゲンペプチド植物由来タンパク質などのタンパク質アルギン酸難消化性デキストリンガラクトマンナングアーガム、グアーガム加水分解物グルコマンナンペクチンポリデキストロースカラギーナンなどの水溶性食物繊維ラクチュロースパラチノースパラチノースオリゴ糖フラクトオリゴ糖ラフィノースキシロオリゴ糖マルトオリゴ糖イソマルトオリゴ糖トレハロースガラクトオリゴ糖乳果オリゴ糖大豆オリゴ糖ビートオリゴ糖ゲンチオオリゴ糖ニゲロオリゴ糖スクロースラクトースマルトース及びシクロデキストリンなどのオリゴ糖カルシウムマグネシウム、鉄などのミネラル類N−アセチルグルコサミンヒアルロン酸コンドロイチン硫酸などのムコ多糖類;乳、発酵乳脱脂粉乳などの乳製品豆乳豆乳粉末などの豆乳製品レモンリンゴ、明日葉、ケール甘藷甘藷茎葉、じゃがいも、ニンジンカボチャニガウリトマトグリーンピースモロヘイヤスピルリナ抹茶などの植物又は植物加工品乳酸菌納豆菌酪酸菌麹菌酵母などの微生物などが挙げられる。さらに必要に応じて通常食品分野で用いられる、デキストリンブドウ糖乳糖ショ糖麦芽糖(マルトース)、果糖エリスリトール、トレハロース、マルチトールキシリトールでんぷんなどの糖類;ステビアアセスルファムカリウムスクラロースアスパルテームソーマチン還元麦芽糖などの甘味料クエン酸乳酸グルコン酸リンゴ酸などの酸味料酸化チタンなどの着色料アラビアガムキサンタンガムなどの増粘剤シェラックなどの光沢剤タルク二酸化ケイ素セルロースステアリン酸カルシウムなどの製造用剤などを配合することもできる。その他の成分としては、これら以外にも、種々の賦形剤結合剤滑沢剤、安定剤、希釈剤増量剤、増粘剤、乳化剤、着色料、香料、食品添加物調味料などを挙げることができる。その他の成分の含有量は特に限定されず、使用者嗜好性などに応じて適宜選択することができる。

0040

本発明の飲料において、第1の成分及び第2の成分の合計量は特に限定されないが、例えば、1食分あたり1〜100mg、好ましくは5〜90mg、より好ましくは10〜80mgである。そのうち、第2の成分は、合計で、0.000001〜30mgであることが好ましく、0.000005〜20mgであることがより好ましく、0.00001〜10mgであることが特に好ましい。

0041

第1の成分及び第2の成分を混合する方法は特に限定されず、例えば、すべて粉末状である第1の成分及び第2の成分又はそれらの抽出物若しくはその加工物、並びに上記したその他の成分を均一になるまで物理的に攪拌及び混合する方法などが挙げられる。別の方法として、例えば、これらの原材料のうちいずれか1種又は2種以上を液状物として、原材料を溶解、攪拌及び混合する方法などが挙げられる。

0042

本発明の飲料の形態は特に限定されないが、例えば、飲料が密封された容器充填された容器詰め飲料、又は水や湯などの水性溶媒を用いて液体状の飲料にする前の粉末状態のインスタント粉末飲料であることが好ましい。本発明の飲料の容器は特に限定されず、例えば、紙、プラスチックアルミなどからなる袋、瓶、プラスチックボトルなどの容器が挙げられる。

0043

容器詰め飲料は、希釈せずに飲用するものが好ましい。容器詰飲料としては、殺菌又は静菌性の処方又は処理をするのが好ましく、低粘度の液性又はゼラチンなどの増粘剤を併用したジェル状など高粘度の液性を有するものが挙げられる。飲料としては、乳酸飲料ヨーグルト飲料炭酸飲料果汁飲料などが好ましく、そのpHは25℃で2〜8、好ましくは3〜7、より好ましくは3〜5.5の範囲に入るいわゆる酸性容器詰飲料又は中性容器詰飲料とする方が、味及びカテキン類の化学的定性の点で好ましい。

0044

粉末飲料の場合、上記した容器に、大容量を詰めたスプーンで計量する形態や1回分分包タイプの形態などの粉末飲料が挙げられる。容器の材質酸素及び湿度透過性の低いものの方が粉末飲料の品質を維持する上で好ましく、窒素ガスを充填するとより好ましい。アルミ袋などの大容量に詰められた粉末飲料をカップ式自動販売機ディスペンサーなどで使用してもよい。粉末飲料は、粉末状の形態であることから腐敗を防ぎ長期保存に適するものである。また、粉末飲料を水性溶媒と混合した液状体となし、該液状体を飲用するなどの経口摂取することができるが、使用者の好みなどに応じて、固体のまま経口摂取してもよい。

0045

粉末飲料を飲用する際に使用する水性溶媒は特に限定されず、例えば、水、湯、牛乳、豆乳、果汁飲料、乳清飲料、清涼飲料ヨーグルトホットケーキミックスなどが挙げられる。粉末飲料を飲用する方法は特に限定されず、例えば、気温や好みなどに応じて、常温下にある、又は加温した水性溶媒を粉末飲料に加え、マドラーなどを用いて攪拌及び混合した後に飲用する方法などが挙げられる。

0046

本発明の飲料は、一般飲料としてだけではなく、第1の成分、すなわち、テクトリゲニン類や6HGDGの生理活性を期待した特定保健用食品、栄養機能食品保健機能食品機能性表示食品、特別用途食品、栄養補助食品、健康補助食品サプリメント美容飲料、その他の健康飲料、医薬用部外品として用いてもよい。

0047

本発明の飲料は、第1の成分としてテクトリゲニン類や6HGDGを含有し、さらに第2の成分としてカテキン類や没食子酸を含有することにより、テクトリゲニン類や6HGDGに由来する独特な風味を低減したものであり得ることから、味や香りに優れるため、美味しく摂取でき、嗜好性が高いものである。

0048

以下、本発明を実施例によりさらに詳細に説明するが、本発明はこれら実施例に限定されるものではなく、本発明の課題を解決し得る限り、本発明は種々の態様をとることができる。

0049

1.飲料用組成物調製
テクトリゲニン類、カテキン類、6HGDG、没食子酸及び大豆イソフラボンが下記表1〜8になるように、組成1−1〜8−5の組成物を調製した。表中のテクトリゲニン類及び6HGDGは市販品であるの花由来のものを使用した。表1及び表5中のカテキン類には市販品である紅茶エキスパウダー及び紅茶香料を使用した。表2及び表6中のカテキン類には市販品である烏龍茶エキスパウダー及び烏龍茶香料を使用した。表3及び表7中の没食子酸としては上記の紅茶エキスパウダーを使用し、香料として紅茶香料を用い、表4及び表8中の没食子酸としては上記の烏龍茶エキスパウダー及び烏龍茶香料を用いた。また、組成1−1〜8−5の粉末飲料には、賦形剤として2,070.00〜2,492.50mgのデキストリンを含有する。表1及び表2ではテクトリゲニン類:カテキン類比、表3及び表4では6HGDG:没食子酸比、表5及び表6では6HGDG:カテキン類比、表7及び表8ではテクトリゲニン類:没食子酸比を算出した。なお、テクトリゲニン類の代わりに大豆イソフラボンを用いた場合は大豆イソフラボンとの比率を算出した。

0050

2.飲料用組成物の官能評価
組成1−1〜8−5の飲料用組成物について、官能評価を実施した。各飲料用組成物を、水100mlに懸濁して、各被験試料を得た。被験者として、健常な成人10名を無作為選出した。

0051

上記被験者のそれぞれに対し、各被験試料を経口摂取させ、官能に関する評価評点法により実施した。評価項目は、「美味しさ」、「香りの良さ」、「にがみの感じ易さ」、「えぐみ」、「しぶみ」、「飲みやすさ」、「すっきり感」、「舌触り」及び「のどごし」の9項目とした。

0052

官能評価の各項目について、以下の評価指標により、評点をつけた。なお、各表中、組成1−1、2−1、3−1、4−1、5−1、6−1、7−1及び8−1についての各項目の評点を5とした。
最高に悪い
2 非常に悪い
3 悪い
4 やや悪い
5 どちらでもない
6 やや良い
7 良い
8 非常に良い
9 最高に良い

0053

各項目の評点の平均値をとった官能評価の結果について表1〜8に示す。

0054

表1〜8が示すとおり、カテキン類や没食子酸と、テクトリゲニン類や6HGDGとを含有する飲料用組成物は、テクトリゲニン類、6HGDG、カテキン類及び没食子酸のいずれか1種の成分のみを含有するものに対して、官能評価が優れていた。また、驚くべきことに、大豆イソフラボンとカテキン類とを組み合わせても風味の改善が認められなかったが、テクトリゲニン類とカテキン類とを組み合わせることにより、風味の改善が認められた。

0055

以上の結果から、テクトリゲニン類や6HGDGを含有しながらも、これらとカテキン類や没食子酸とを組み合わせることにより、テクトリゲニン類及び6HGDGの独特な風味を低減することができた。特に、大豆イソフラボンとカテキン類や没食子酸との組み合わせでは風味の改善が得られなかったのに対し、テクトリゲニン類や6HGDGとカテキン類や没食子酸とを組み合わせることにより風味を改善できたということは、本発明者らによって初めて見出された驚くべき事実である。以上のとおり、テクトリゲニン類又は6HGDGと、カテキン類又は没食子酸とを含有する粉末飲料は、飲食において嗜好性に優れるものであった。

0056

0057

0058

0059

0060

0061

0062

0063

0064

以下、本発明の組成物の具体的態様に係る配合例を示すが、本発明はこれら配合例に限定されるものではなく、本発明の課題を解決し得る限り、本発明は種々の態様をとることができる。

0065

(配合例1:ブレンド茶)

0066

(配合例2:スポーツドリンク

0067

(配合例3:カルシウム強化飲料

0068

(配合例4:ブレンド茶飲料

0069

(配合例5:フレーバーティー

0070

(配合例6:PET飲料)

0071

(配合例7:PET飲料)


実施例

0072

(配合例8:PET飲料)

0073

本発明の飲料は、日常的に飲むことに適した飲料、例えば、一般飲料、特定保健用食品、栄養機能食品、機能性表示食品、保健機能食品、特別用途食品、栄養補助食品、健康補助食品、サプリメント、美容飲料、その他の健康飲料、医薬用部外品として利用できる。


ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する未来の課題

ページトップへ

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 生体情報デバイス・バイオセンサ

    「音楽を学習した人工知能は、人間を感動させることができるか?」をテーマに、クラブイベント「2045」…

  • 画像診断・生体イメージング

    医療の診断において、非侵襲的あるいは低侵襲的な検査方法として、生体組織を可視化するin vivoイメ…

  • 高度運転支援・自動運転

    2015年1月、米国ラスベガスで開催された「2015 International CES (Cons…

ページトップへ

新着 最近公開された関連が強い技術

  • ユーシーシー上島珈琲株式会社の「ミルクフォーマー」が公開されました。(2017/02/16)

    【課題・解決手段】カップ蓋の構成を簡素化させるとともに、駆動機構や接点部に対する汚染や腐食を低減させたミルクフォーマーを提供する。ベース本体1と、このベース本体1上に配置されるカップ体2と、このカップ ... 詳細

  • 日建リース工業株式会社の「飲料水の製造装置および製造方法」が公開されました。(2017/02/09)

    【課題】酸素水の溶存酸素量の低下を抑制することが可能な手段を提供すること。【解決手段】酸素水をペットボトルに充填してなる飲料水の製造装置であって、酸素水を充填したペットボトルの余空間および、ペットボト ... 詳細

  • 日東薬品工業株式会社の「免疫賦活剤」が公開されました。(2017/02/02)

    【課題・解決手段】本発明は、受託番号NITE BP-1519で寄託されている、ロイコノストック メセンテロイデス(Leuconostoc mesenteroides)NTM048株もしくはその変異株 ... 詳細

この技術と関連性が強い技術

この技術と関連性が強い人物

この技術と関連する未来の課題

関連性が強い未来の課題一覧

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ