図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2016年12月28日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (18)

課題・解決手段

協調ネットワークにおけるチャネル使用ビーコン信号(CUBS)の設計が開示されている。クリアクリアチャネル評価(CCA)を検出した後、送信機は、ネットワーク割り当てられたCCA機会に基づいて、送信機に関連付けられたCUBSの構成を選択する。送信機に関連付けられたCUBSの構成は、CUBS送信のための周波数サブキャリアのセットを含み得る。送信機は、CCA機会に基づく送信特性に従ってCUBSを送信する。さらなる態様では、ランダム化が、送信機がCUBS送信のために仮想周波数サブキャリアの割り当てを受信し、CUBS送信のために、物理周波数サブキャリア仮想サブキャリアマッピングするCUBS構成の周波数サブキャリア分配に導入され得る。さらなる態様により、パターンオフセット値が送信機セル識別子から独立して決定されることを可能にする。こうした態様では、割り当てられたパターンオフセットがセル識別子に対してセル識別子非依存であり得る一方で、他はセル識別子依存であり得る。

概要

背景

[0003]ワイヤレス通信ネットワークは、音声ビデオパケットデータ、メッセージングブロードキャストのような様々な通信サービスを提供するために広く展開されている。これらワイヤレスネットワークは、利用可能なネットワークリソース共有することによって複数のユーザをサポートする能力を有する多元接続ネットワークであり得る。こうしたネットワークは、通常多元接続ネットワークであって、利用可能なネットワークリソースを共有することによって複数のユーザのための通信をサポートする。こうしたネットワークの一例はユニバーサル地上波無線アクセスネットワークUTRAN)である。UTRANは、第3世代パートナーシッププロジェクト(3GPP(登録商標))によってサポートされる第3世代(3G)モバイル電話技術である、ユニバーサルモバイル電気通信システム(UMTS)の一部として定義された無線アクセスネットワーク(RAN)である。多元接続ネットワークフォーマットの例は、符号分割多元接続(CDMA)ネットワーク、時分割多元接続TDMA)ネットワーク、周波数分割多元接続FDMA)ネットワーク、直交FDMA(OFDMA)ネットワーク、およびシングルキャリアFDMA(SC−FDMA)ネットワークを含む。

[0004]ワイヤレス通信ネットワークは、いくつかのユーザ機器(UE)のための通信をサポート可能ないくつかの基地局またはノードBを含み得る。UEは、ダウンリンクおよびアップリンクを介して基地局と通信できる。ダウンリンク(すなわち順方向リンク)は、基地局からUEへの通信リンクを指し、アップリンク(すなわち逆方向リンク)は、UEから基地局への通信リンクを指す。

[0005]基地局は、UEにダウンリンク上でデータおよび制御情報を送信し、および/または、UEからアップリンク上でデータおよび制御情報を受信し得る。ダウンリンク上では、基地局からの送信が、近隣基地局からの、または他のワイヤレス無線周波数(RF)送信機からの送信による干渉遭遇し得る。アップリンク上では、UEからの送信が、近隣基地局と通信する他のUEのアップリンク送信からの、または他のワイヤレスRF送信機からの干渉に遭遇し得る。この干渉は、ダウンリンクとアップリンクの両方でパフォーマンス劣化させ得る。

[0006]モバイルブロードバンドアクセスに対する需要が高まり続けることから、より多くのUEが長距離ワイヤレス通信ネットワークにアクセスし、より多くの短距離ワイヤレスシステムコミュニティに配置されるにことに伴って、干渉および輻輳ネットワークの可能性が増大している。研究開発は、モバイルブロードバンドアクセスに対して高まる需要を満たすためだけでなく、モバイル通信ユーザエクスペリエンスを進歩および向上させるためにもUMTS技術を進歩させ続けている。

概要

協調ネットワークにおけるチャネル使用ビーコン信号(CUBS)の設計が開示されている。クリアクリアチャネル評価(CCA)を検出した後、送信機は、ネットワークに割り当てられたCCA機会に基づいて、送信機に関連付けられたCUBSの構成を選択する。送信機に関連付けられたCUBSの構成は、CUBS送信のための周波数サブキャリアのセットを含み得る。送信機は、CCA機会に基づく送信特性に従ってCUBSを送信する。さらなる態様では、ランダム化が、送信機がCUBS送信のために仮想周波数サブキャリアの割り当てを受信し、CUBS送信のために、物理周波数サブキャリア仮想サブキャリアマッピングするCUBS構成の周波数サブキャリア分配に導入され得る。さらなる態様により、パターンオフセット値が送信機セル識別子から独立して決定されることを可能にする。こうした態様では、割り当てられたパターンオフセットがセル識別子に対してセル識別子非依存であり得る一方で、他はセル識別子依存であり得る。A

目的

[0003]ワイヤレス通信ネットワークは、音声、ビデオ、パケットデータ、メッセージング、ブロードキャストのような様々な通信サービスを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ワイヤレス通信の方法であって、無認可帯域でのデータのセットの送信を控え送信機によって、前記送信機のネットワーク割り当てられたクリアチャネル評価(CCA)機会においてクリアCCAを検出することと、前記送信機によって、前記送信機の前記ネットワークに割り当てられた前記CCA機会に基づいて、前記送信機に関連付けられたチャネル使用ビーコン信号(CUBS)の構成を選択することと、ここにおいて、前記送信機に関連付けられた前記CUBSの前記構成は、CUBS送信のための周波数サブキャリアのセットを含む、前記送信機によって、前記CCA機会に基づく送信特性に従って前記CUBSを送信することと、を備える、方法。

請求項2

CUBS送信のための前記周波数サブキャリアのセットは、CUBS送信のために利用可能な全てのサブキャリアサブセットである、請求項1に記載の方法。

請求項3

前記サブセットは、複数の重複しないサブセットのうちの1つである、請求項2に記載の方法。

請求項4

前記複数の重複しないサブセットの数が利用可能なCCA機会の総数の数以上であるとき、各CCA機会が前記複数の重複しないサブセットのうちの一意の重複しないサブセットに関連付けられる、請求項3に記載の方法。

請求項5

前記複数の重複しないサブセットの前記数が利用可能なCCA機会の前記総数の前記数未満であるとき、各CCA機会と前記複数の重複しないサブセットとの間のアソシエーションは、時間スロット依存である、請求項3に記載の方法。

請求項6

前記CCA機会が、どの他のCCA機会もマッピングされない前記複数の重複しないサブセットのうちの1つの重複しないサブセットにマッピングされる、各CCA機会のための時間スロットが存在する、請求項5に記載の方法。

請求項7

前記クリアCCAに応答して前記送信機によって、前記データのセットのための送信の予定持続期間を決定することと、前記送信機によって、前記送信の前記予定持続期間に基づいて、前記送信機に関連付けられた前記CUBSの前記構成を選択することと、をさらに含む、請求項1に記載の方法。

請求項8

前記構成を選択することは、前記持続期間が予め決められた時間を超えることに失敗するとき、第1の構成を選択することと、前記持続期間が前記予め決められた時間を超えるとき、第2の構成を選択することと、を含む、請求項7に記載の方法。

請求項9

前記送信特性に従って送信することは、前記CCA機会に関連付けられたサブフレームの1つまたは複数のシンボルの各々において前記CUBSを送信することと、ここにおいて、前記送信することは、前記CCA機会に関連する前記1つまたは複数のシンボルの第1のシンボルにおいて始まる、利用可能なCCA機会のセットに関連付けられた複数の直交チャネルから1つの直交チャネルを選択することと、ここにおいて、前記選択された直交チャネルは、前記検出されたCCA機会に対応する、前記送信機によって、2つ以上のアンテナで前記CUBSを送信することと、ここにおいて、前記2つ以上のアンテナの各々で送信された前記CUBSは、前記2つ以上のアンテナのうちのその他で送信された前記CUBSから位相シフトされる、前記送信機によって、単一のポートを使用する2つ以上のアンテナで送信された前記CUBSを送信することと、ここにおい送信された各CUBSは、互いに時間オフセットされる、のうちの1つを含む、請求項7に記載の方法。

請求項10

前記CUBSの周波数トーンマップの各奇数リソース要素をゼロに設定することと、前記送信することの前に、時間ドメイン信号に前記CUBSの前記周波数トーンマップを変換することと、ここにおいて、前記時間ドメイン信号は、伸ばされたサイクリックプリフィックスを含む、によって、前記CUBSを生成すること、をさらに含む、請求項7に記載の方法。

請求項11

ワイヤレス通信の方法であって、受信機によって、前記受信機のネットワークに割り当てられたクリアチャネル評価(CCA)機会において、チャネル使用ビーコン信号(CUBS)を検出することと、ここにおいて、前記CUBSの構成は、前記受信機と通信状態にある送信機を識別する、前記CUBSに基づいて、前記受信機によって自動利得制御(AGC)を設定することと、前記受信機によって、前記構成に基づいて前記送信機からの予定送信時間を決定することと、前記受信機によって、前記AGCを使用して、前記予定送信時間内に前記送信機からデータ送信を受信することと、前記予定送信時間の後、前記受信することを非活性化することと、を備える、方法。

請求項12

前記決定することは、前記CUBsの第1の構成を検出することと、ここにおいて、前記第1の構成は、長さ半分のフレームの前記予定送信時間を示し、さらに1つまたは複数のシステム信号が前記長さ半分のフレーム内に位置付けられることを示す、または前記CUBsの第2の構成を検出することと、ここにおいて、前記第2の構成は、フルの長さのフレームの前記予定送信時間を示し、さらに1つまたは複数のシステム信号が前記フルの長さのフレーム内に位置付けられることを示す、のうちの1つを含む、請求項11に記載の方法。

請求項13

前記を識別する前記CUBSのために、前記CCA機会の複数のリソース要素を探索することをさらに含み、前記探索することは、前記複数のリソース要素中の第1のリソース要素から3つのリソース要素ごとに前記CUBSを示すパターンを探索することと、1つのリソース要素によって、前記第1のリソース要素からシフトされた第2のリソース要素から3つのリソース要素ごとに前記CUBSを示す前記パターンを探索することと、1つのリソース要素によって、前記第2のリソース要素からシフトされた第3のリソース要素から3つのリソース要素ごとに前記CUBSを示す前記パターンを探索することと、をさらに含む、請求項11に記載の方法。

請求項14

近隣ネットワークCCA機会において近隣ネットワークCUBSを検出することと、前記CUBSと前記近隣ネットワークCUBSとの間の観測された電力差異を決定することと、前記送信機によって、前記観測された電力差異が予め決定されたしきい値を超えることに失敗するとき、どの干渉除去も行わないことと、前記送信機によって、前記観測された電力差異が前記予め決定されたしきい値を超えるとき、干渉除去を行うことと、をさらに含む、請求項11に記載の方法。

請求項15

請求項1乃至14に記載の前記方法をコンピュータに行わせるためのプログラムコードを記録したコンピュータ可読媒体

請求項16

ワイヤレス通信のために構成された装置であって、無認可帯域でのデータのセットの送信を控えた送信機によって、前記送信機のネットワークに割り当てられたクリアチャネル評価(CCA)機会においてクリアCCAを検出するための手段と、前記送信機によって、前記送信機の前記ネットワークに割り当てられた前記CCA機会に基づいて、前記送信機に関連付けられたチャネル使用ビーコン信号(CUBS)の構成を選択するための手段と、ここにおいて、前記送信機に関連付けられた前記CUBSの前記構成は、CUBS送信のための周波数サブキャリアのセットを含む、前記送信機によって、前記CCA機会に基づく送信特性に従って前記CUBSを送信するための手段と、を備える、装置。

請求項17

CUBS送信のための前記周波数サブキャリアのセットは、CUBS送信のために利用可能な全てのサブキャリアのサブセットである、請求項16に記載の装置。

請求項18

前記サブセットは、複数の重複しないサブセットのうちの1つである、請求項17に記載の装置。

請求項19

前記複数の重複しないサブセットの数が、利用可能なCCA機会の総数の数以上である、請求項18に記載の装置。

請求項20

各CCA機会は、前記複数の重複しないサブセットのうちの一意の重複しないサブセットに関連付けられる、請求項19に記載の装置。

請求項21

前記複数の重複しないサブセットの前記数が、利用可能なCCA機会の前記総数の前記数未満である、請求項18に記載の装置。

請求項22

各CCA機会と前記複数の重複しないサブセットとの間のアソシエーションは、時間スロット依存である、請求項21に記載の装置。

請求項23

前記CCA機会が、どの他のCCA機会もマッピングされない前記複数の重複しないサブセットのうちの1つの重複しないサブセットにマッピングされる、各CCA機会のための時間スロットが存在する、請求項22に記載の装置。

請求項24

前記クリアCCAに応答して前記送信機によって、前記データのセットのための送信の予定持続期間を決定するための手段と、前記送信機によって、前記送信の前記予定持続期間に基づいて、前記送信機に関連付けられた前記CUBSの前記構成を選択するための手段と、をさらに備える、請求項16に記載の装置。

請求項25

前記構成を選択するための手段は、前記持続期間が予め決められた時間を超えることに失敗するとき、第1の構成を選択するための手段と、前記持続期間が前記予め決められた時間を超えるとき、第2の構成を選択するための手段と、を含む、請求項24に記載の装置。

請求項26

前記送信特性に従って送信するための手段は、前記CCA機会に関連付けられたサブフレームの1つまたは複数のシンボルの各々において前記CUBSを送信するための手段と、ここにおいて、前記送信するための手段は、前記CCA機会に関連する前記1つまたは複数のシンボルの第1のシンボルにおいて始まる、を含む、請求項24に記載の装置。

請求項27

前記送信特性に従って送信するための手段は、利用可能なCCA機会のセットに関連付けられた複数の直交チャネルから1つの直交チャネルを選択するための手段と、ここにおいて、前記選択された直交チャネルは、前記検出されたCCA機会に対応する、を含む、請求項24に記載の装置。

請求項28

前記送信特性に従って送信するための手段は、前記送信機によって、2つ以上のアンテナで前記CUBSを送信するための手段と、ここにおいて、前記2つ以上のアンテナの各々で送信された前記CUBSは、前記2つ以上のアンテナのうちのその他で送信された前記CUBSから位相シフトされる、を含む、請求項24に記載の装置。

請求項29

前記送信特性に従って送信するための手段は、前記送信機によって、単一のポートを使用する2つ以上のアンテナで送信される前記CUBSを送信するための手段と、ここにおいて、送信された各CUBSは、互いに時間オフセットされる、を含む、請求項24に記載の装置。

請求項30

前記CUBSの周波数トーンマップの各奇数のリソース要素をゼロに設定することと、前記送信するための手段の前に、時間ドメイン信号に前記CUBSの前記周波数トーンマップを変換することと、ここにおいて、前記時間ドメイン信号は、伸ばされたサイクリックプリフィックスを含む、によって前記CUBSを生成するための手段、をさらに含む、請求項24に記載の装置。

関連出願の相互参照

0001

[0001] 本出願は、2013年10月21日付で出願された、「CHANNEL USAGEBEACON SIGNALDESIGN FOR COOPERATIVECOMMUNICATION SYSTEMS」という題名の米国仮特許出願番号第61/893,776号、および2014年10月20日付で出願された、「CHANNEL USAGE BEACON SIGNAL DESIGN FOR COOPERATIVE COMMUNICATION SYSTEMS」という題名の米国実用特許出願番号第14/518,744号の利益を主張し、これらが全体として明示的に本明細書に参照によって組み込まれる。

技術分野

0002

[0002] 本開示の態様は一般にワイヤレス通信システムに関し、より具体的には、協調通信システムのためのチャネル使用ビーコン信号(CUBS)設計に関する。

背景技術

0003

[0003]ワイヤレス通信ネットワークは、音声ビデオパケットデータ、メッセージングブロードキャストのような様々な通信サービスを提供するために広く展開されている。これらワイヤレスネットワークは、利用可能なネットワークリソース共有することによって複数のユーザをサポートする能力を有する多元接続ネットワークであり得る。こうしたネットワークは、通常多元接続ネットワークであって、利用可能なネットワークリソースを共有することによって複数のユーザのための通信をサポートする。こうしたネットワークの一例はユニバーサル地上波無線アクセスネットワークUTRAN)である。UTRANは、第3世代パートナーシッププロジェクト(3GPP(登録商標))によってサポートされる第3世代(3G)モバイル電話技術である、ユニバーサルモバイル電気通信システム(UMTS)の一部として定義された無線アクセスネットワーク(RAN)である。多元接続ネットワークフォーマットの例は、符号分割多元接続(CDMA)ネットワーク、時分割多元接続TDMA)ネットワーク、周波数分割多元接続FDMA)ネットワーク、直交FDMA(OFDMA)ネットワーク、およびシングルキャリアFDMA(SC−FDMA)ネットワークを含む。

0004

[0004]ワイヤレス通信ネットワークは、いくつかのユーザ機器(UE)のための通信をサポート可能ないくつかの基地局またはノードBを含み得る。UEは、ダウンリンクおよびアップリンクを介して基地局と通信できる。ダウンリンク(すなわち順方向リンク)は、基地局からUEへの通信リンクを指し、アップリンク(すなわち逆方向リンク)は、UEから基地局への通信リンクを指す。

0005

[0005]基地局は、UEにダウンリンク上でデータおよび制御情報を送信し、および/または、UEからアップリンク上でデータおよび制御情報を受信し得る。ダウンリンク上では、基地局からの送信が、近隣基地局からの、または他のワイヤレス無線周波数(RF)送信機からの送信による干渉遭遇し得る。アップリンク上では、UEからの送信が、近隣基地局と通信する他のUEのアップリンク送信からの、または他のワイヤレスRF送信機からの干渉に遭遇し得る。この干渉は、ダウンリンクとアップリンクの両方でパフォーマンス劣化させ得る。

0006

[0006]モバイルブロードバンドアクセスに対する需要が高まり続けることから、より多くのUEが長距離ワイヤレス通信ネットワークにアクセスし、より多くの短距離ワイヤレスシステムコミュニティに配置されるにことに伴って、干渉および輻輳ネットワークの可能性が増大している。研究開発は、モバイルブロードバンドアクセスに対して高まる需要を満たすためだけでなく、モバイル通信ユーザエクスペリエンスを進歩および向上させるためにもUMTS技術を進歩させ続けている。

0007

[0007] 本開示の一態様では、ワイヤレス通信の方法が、無認可帯域でのデータのセットの送信を控えた(in preparation for transmission of a set of data over an unlicensed band)送信機によって、送信機のネットワークに割り当てられたクリアチャネル評価(CCA)機会においてクリアCCAを検出することと、送信機によって、送信機のネットワークに割り当てられたCCA機会に基づいて、送信機に関連付けられたチャネル使用ビーコン信号(CUBS)の構成を選択することと、ここにおいて、送信機に関連付けられたCUBSの構成は、CUBS送信のための周波数サブキャリアのセットを含む、送信機によって、CCA機会に基づき送信特性に従ってCUBSを送信することと、を含む。

0008

[0008] 本開示のさらなる態様では、ワイヤレス通信の方法が、受信機によって、受信機のネットワークに割り当てられたクリアCCA機会においてCUBSを検出することと、ここにおいて、CUBSの構成は、受信機と通信状態にある送信機を識別する、CUBSに基づいて受信機によって自動利得制御(AGC)を設定することと、構成に基づいて送信機からの予定送信時間(expected transmission time)を決定することと、受信機によって、AGCを使用して予定送信時間内に送信機からデータ送信を受信することと、予定送信時間後に受信することを非活性化することと、を含む。

0009

[0009] 本開示の別の態様では、ワイヤレス通信のために構成された装置が、無認可帯域でのデータのセットの送信を控えた送信機によって、送信機のネットワークに割り当てられたCCA機会においてクリアCCAを検出するための手段と、送信機によって、送信機のネットワークに割り当てられたCCA機会に基づいて、送信機に関連付けられたCUBSの構成を選択するための手段と、ここにおいて、送信機に関連付けられたCUBSの構成は、CUBS送信のための周波数サブキャリアのセットを含む、送信機によって、CCA機会に基づく送信特性に従って、CUBSを送信するための手段と、を含む。

0010

[0010] 本開示のさらなる態様では、ワイヤレス通信のために構成された装置が、受信機によって、受信機のネットワークに割り当てられたクリアCCA機会においてCUBSを検出するための手段と、ここにおいて、CUBSの構成は、受信機と通信状態にある送信機を識別する、CUBSに基づいて受信機によってAGCを設定するための手段と、受信機によって、構成に基づいて送信機からの予定送信時間を決定するための手段と、受信機によって、AGCを使用して予定送信時間内に送信機からデータ送信を受信するための手段と、予定送信時間後に受信することを非活性化するための手段と、を含む。

0011

[0011] 本開示のさらなる態様では、コンピュータ可読媒体がこの上に記録されたプログラムコードを有する。このプログラムコードは、無認可帯域でのデータのセットの送信を控えた送信機によって、送信機のネットワークに割り当てられたCCA機会においてクリアCCAを検出するためのコードと、送信機によって、送信機のネットワークに割り当てられたCCA機会に基づいて、送信機に関連付けられたCUBSの構成を選択するためのコードと、ここにおいて、送信機に関連付けられたCUBSの構成は、CUBS送信のための周波数サブキャリアのセットを含む、送信機によって、CCA機会に基づく送信特性に従って、CUBSを送信するためのコードと、を含む。

0012

[0012] 本開示のさらなる態様では、コンピュータ可読媒体がこの上に記録されたプログラムコードを有する。このプログラムコードは、受信機によって、受信機のネットワークに割り当てられたクリアCCA機会においてCUBSを検出するためのコードと、ここにおいて、CUBSの構成は、受信機と通信状態にある送信機を識別する、CUBSに基づいて受信機によってAGCを設定するためのコードと、受信機によって、構成に基づいて送信機からの予定送信時間を決定するためのコードと、受信機によって、AGCを使用して予定送信時間内に送信機からデータ送信を受信するためのコードと、予定送信時間後に受信することを非活性化するためのコードと、を含む。

0013

[0013] 本開示のさらなる態様では、装置が、少なくとも1つのプロセッサ、およびそのプロセッサに結合されたメモリを含む。そのプロセッサは、無認可帯域でのデータのセットの送信を控えた送信機によって、送信機のネットワークに割り当てられたCCA機会においてクリアCCAを検出することと、送信機によって、送信機のネットワークに割り当てられたCCA機会に基づいて、送信機に関連付けられたCUBSの構成を選択することと、ここにおいて、送信機に関連付けられたCUBSの構成は、CUBS送信のための周波数サブキャリアのセットを含む、送信機によって、CCA機会に基づく送信特性に従って、CUBSを送信することと、を行うように構成される。

0014

[0014] 本開示のさらなる態様では、装置が、少なくとも1つのプロセッサ、およびそのプロセッサに結合されたメモリを含む。そのプロセッサは、受信機によって、受信機のネットワークに割り当てられたクリアCCA機会においてCUBSを検出することを行うように構成され、ここにおいて、CUBSの構成は、受信機と通信状態にある送信機を識別し、そのプロセッサはさらに、CUBSに基づいて受信機によってAGCを設定することと、受信機によって、構成に基づいて送信機からの予定送信時間を決定することと、受信機によって、AGCを使用して予定送信時間内に送信機からデータ送信を受信することと、予定送信時間後に受信することを非活性化することと、を行うように構成される。

0015

[0015] 本開示のさらなる態様では、ワイヤレス通信の方法が、送信機で、送信機のネットワークに割り当てられたCCA機会に基づいて、送信機に関連付けられたCUBSの構成を受信することを含み、送信機に関連付けられたCUBSの構成は、送信機によるCUBS送信のために識別された仮想周波数サブキャリアのセットを含む。その方法はまた、送信機によって、送信機によるCUBS送信のために物理周波数サブキャリアのセットに仮想周波数サブキャリアのセットをマッピングすることと、送信機によって、物理周波数サブキャリアのセット上でその構成に従って、CUBSを送信することと、を含む。

0016

[0016] 開示された方法の説明されたマッピングはまた、仮想周波数サブキャリアのセットの置換によって、物理周波数サブキャリアのセットに仮想周波数サブキャリアのセットをマッピングすることを含み得る。

0017

[0017] 説明された置換はまた、擬似ランダム置換であり得るか仮想周波数サブキャリアのセットの複数の置換のうちの1つであり得、その置換は、ネットワークに割り当てられたCCA機会に割り当てられる。複数の置換のうちのこうした置換は、CCA機会にランダムに割り当てられ得る。

0018

[0018] 本開示のさらなる態様では、ワイヤレス通信の方法が、無認可帯域でのデータのセットの送信を控えた送信機によって、送信機のネットワークに割り当てられたCCA機会においてクリアCCAを検出することと、送信機によって、送信機のネットワークに割り当てられたCCA機会に基づいて、送信機に関連付けられたCUBSの構成を選択することと、ここにおいて、送信機に関連付けられたCUBSの構成は、CUBS送信のための周波数サブキャリアのセットを含む、送信機によって、CCA機会に基づく送信特性に従って、CUBSを送信することと、を含む。

0019

[0019] CUBS送信のための周波数サブキャリアのセットの説明された1つまたは複数の周波数サブキャリアは、送信機に関連付けられたセル識別子セルID)から独立して決定され得る。説明された方法はまた、CUBSのスクランブリングシーケンスを含むことができ、送信機のセルIDに依存して決定される。

0020

[0020] 本開示のさらなる態様では、ワイヤレス通信の方法が、送信機で、送信機のネットワークに割り当てられたCCA機会に基づいて送信機に関連付けられたCUBSの送信シーケンス構成を受信することと、ここにおいて、送信機に関連付けられたCUBSの送信シーケンス構成は、CCA機会に関連付けられた複数のシンボルの各リソース要素内の周波数サブキャリアのセットでのCUBSに関する送信シーケンスの識別を含む、送信機によって、送信シーケンスにおいて識別された周波数サブキャリアのセットでCUBSを送信することと、ここにおいて、2つの連続するCUBS送信が、複数の利用可能なCCA機会のうちの最後を除いた各々のCCA機会に関して衝突する近隣CUBS送信が存在しない周波数サブキャリアのセットのうちの1つまたは複数の周波数サブキャリアで送信されるか、または複数の利用可能なCCA機会のうちの最後に割り当てられたネットワークにおける送信機のCUBS送信が衝突する近隣CUBS送信が存在しない周波数サブキャリアのセットのうちの1つの周波数サブキャリアで送信されるか、のどちらかである、を含む。

0021

[0021] 説明された態様の2つの連続するCUBS送信はまた、周波数サブキャリアのセットのうちの2つの異なる周波数サブキャリアで送信され得るか、または周波数サブキャリアのセットのうちの同じ周波数サブキャリアで送信され得る。

0022

[0022] 本開示のさらなる態様では、ワイヤレス通信の方法が、受信機で、送信機からのCUBS送信のためにリスンすることと、送信機からのCUBS送信のために識別された複数の周波数サブキャリアのうちの第1の無認可サブキャリア上の第1の送信を検出することと、送信機からのCUBS送信のために識別された複数の周波数サブキャリアのうちの第2の無認可サブキャリア上の第2の送信を検出することと、第1および第2の送信が送信機からのCUBS送信であるかどうかを決定するために第1の送信および第2の送信を復号することと、を含む。

0023

[0023] 説明された第1の無認可サブキャリアは、第2の無認可サブキャリアとは異なり得、復号することは、第2の送信とは別個に第1の送信を復号することを含む。説明された第1の無認可サブキャリアはまた、第2の無認可サブキャリアと同じであり得、復号することは、第1の送信および第2の送信を組み合わされた送信に組み合わせることと、その組み合わされた送信を復号することと、を含む。

0024

[0024] 本開示のさらなる態様では、ワイヤレス通信のために構成された装置が、送信機で、送信機のネットワークに割り当てられたCCA機会に基づいて、送信機に関連付けられたCUBSの構成を受信するための手段を含み、送信機に関連付けられたCUBSの構成は、送信機によるCUBS送信のために識別された仮想周波数サブキャリアのセットを含む。その方法はまた、送信機によって、送信機によるCUBS送信のために物理周波数サブキャリアのセットに仮想周波数サブキャリアのセットをマッピングするための手段と、送信機によって、物理周波数サブキャリアのセット上でその構成に従って、CUBSを送信するための手段と、を含む。

0025

[0025] 開示された装置の説明されたマッピングするための手段はまた、仮想周波数サブキャリアのセットの置換によって、物理周波数サブキャリアのセットに仮想周波数サブキャリアのセットをマッピングするための手段を含み得る。

0026

[0026] 説明された置換はまた、擬似ランダム置換であり得るか仮想周波数サブキャリアのセットの複数の置換のうちの1つであり得、その置換は、ネットワークに割り当てられたCCA機会に割り当てられる。複数の置換のうちのこうした置換は、CCA機会にランダムに割り当てられ得る。

0027

[0027] 本開示のさらなる態様では、ワイヤレス通信のために構成された装置が、無認可帯域でのデータのセットの送信を控えた送信機によって、送信機のネットワークに割り当てられたCCA機会においてクリアCCAを検出するための手段と、送信機によって、送信機のネットワークに割り当てられたCCA機会に基づいて、送信機に関連付けられたCUBSの構成を選択するための手段と、ここにおいて、送信機に関連付けられたCUBSの構成は、CUBS送信のための周波数サブキャリアのセットを含む、送信機によって、CCA機会に基づく送信特性に従って、CUBSを送信するための手段と、を含む。

0028

[0028] CUBS送信のための周波数サブキャリアのセットの説明された1つまたは複数の周波数サブキャリアは、送信機に関連付けられたセル識別子(セルID)から独立して決定され得る。説明された装置はまた、CUBSのスクランブリングシーケンスを含むことができ、送信機のセルIDに依存して決定される。

0029

[0029] 本開示のさらなる態様では、ワイヤレス通信のために構成された装置が、送信機で、送信機のネットワークに割り当てられたCCA機会に基づいて送信機に関連付けられたCUBSの送信シーケンス構成を受信するための手段と、ここにおいて、送信機に関連付けられたCUBSの送信シーケンス構成は、CCA機会に関連付けられた複数のシンボルの各リソース要素内の周波数サブキャリアのセットでのCUBSに関する送信シーケンスの識別を含む、送信機によって、送信シーケンスにおいて識別された周波数サブキャリアのセットでCUBSを送信するための手段と、ここにおいて、2つの連続するCUBS送信が、複数の利用可能なCCA機会のうちの最後を除いた各々のCCA機会に関して衝突する近隣CUBS送信が存在しない周波数サブキャリアのセットのうちの1つまたは複数の周波数サブキャリアで送信されるか、または複数の利用可能なCCA機会のうちの最後に割り当てられたネットワークにおける送信機のCUBS送信が衝突する近隣CUBS送信が存在しない周波数サブキャリアのセットのうちの1つの周波数サブキャリアで送信されるか、のどちらかである、を含む。

0030

[0030] 説明された態様の2つの連続するCUBS送信はまた、周波数サブキャリアのセットのうちの2つの異なる周波数サブキャリアで送信され得るか、または周波数サブキャリアのセットのうちの同じ周波数サブキャリアで送信され得る。

0031

[0031] 本開示のさらなる態様では、ワイヤレス通信のために構成された装置が、受信機で、送信機からのCUBS送信のためにリスンするための手段と、送信機からのCUBS送信のために識別された複数の周波数サブキャリアのうちの第1の無認可サブキャリア上の第1の送信を検出するための手段と、送信機からのCUBS送信のために識別された複数の周波数サブキャリアのうちの第2の無認可サブキャリア上の第2の送信を検出するための手段と、第1および第2の送信が送信機からのCUBS送信であるかどうかを決定するために第1の送信および第2の送信を復号するための手段と、を含む。

0032

[0032] 説明された第1の無認可サブキャリアは、第2の無認可サブキャリアとは異なり得、復号するための手段は、第2の送信とは別個に第1の送信を復号することを含む。説明された第1の無認可サブキャリアはまた、第2の無認可サブキャリアと同じであり得、復号するための手段は、第1の送信および第2の送信を組み合わされた送信に組み合わせるための手段と、その組み合わされた送信を復号するための手段と、を含む。

0033

[0033] 本開示のさらなる態様では、コンピュータ可読媒体がこの上に記録されたプログラムコードを有する。このプログラムコードは、送信機で、送信機のネットワークに割り当てられたCCA機会に基づいて、送信機に関連付けられたCUBSの構成を受信するためのコードを含み、送信機に関連付けられたCUBSの構成は、送信機によるCUBS送信のために識別された仮想周波数サブキャリアのセットを含む。このプログラムコードはまた、送信機によって、送信機によるCUBS送信のために物理周波数サブキャリアのセットに仮想周波数サブキャリアのセットをマッピングするためのコードと、送信機によって、物理周波数サブキャリアのセット上でその構成に従って、CUBSを送信するためのコードと、を含む。

0034

[0034] 開示されたプログラムコードの説明されたマッピングするためのコードはまた、仮想周波数サブキャリアのセットの置換によって、物理周波数サブキャリアのセットに仮想周波数サブキャリアのセットをマッピングするためのコードを含むことがきる。

0035

[0035] 説明された置換はまた、擬似ランダム置換であり得るか仮想周波数サブキャリアのセットの複数の置換のうちの1つであり得、その置換は、ネットワークに割り当てられたCCA機会に割り当てられる。複数の置換のうちのこうした置換は、CCA機会にランダムに割り当てられ得る。

0036

[0036] 本開示のさらなる態様では、コンピュータ可読媒体がこの上に記録されたプログラムコードを有する。このプログラムコードは、無認可帯域でのデータのセットの送信を控えた送信機によって、送信機のネットワークに割り当てられたCCA機会においてクリアCCAを検出するためのコードと、送信機によって、送信機のネットワークに割り当てられたCCA機会に基づいて、送信機に関連付けられたCUBSの構成を選択するためのコードと、ここにおいて、送信機に関連付けられたCUBSの構成は、CUBS送信のための周波数サブキャリアのセットを含む、送信機によって、CCA機会に基づく送信特性に従って、CUBSを送信するためのコードと、を含む。

0037

[0037] CUBS送信のための周波数サブキャリアのセットの説明された1つまたは複数の周波数サブキャリアは、送信機に関連付けられたセル識別子(セルID)から独立して決定され得る。説明されたプログラムコードはまた、CUBSのスクランブリングシーケンスが送信機のセルIDに依存して決定されること、を含み得る。

0038

[0038] 本開示のさらなる態様では、コンピュータ可読媒体がこの上に記録されたプログラムコードを有する。このプログラムコードは、送信機で、送信機のネットワークに割り当てられたCCA機会に基づいて送信機に関連付けられたCUBSの送信シーケンス構成を受信するためのコードと、ここにおいて、送信機に関連付けられたCUBSの送信シーケンス構成は、CCA機会に関連付けられた複数のシンボルの各リソース要素内の周波数サブキャリアのセットでのCUBSに関する送信シーケンスの識別を含む、送信機によって、送信シーケンスにおいて識別された周波数サブキャリアのセットでCUBSを送信するためのコードと、ここにおいて、2つの連続するCUBS送信が、複数の利用可能なCCA機会のうちの最後を除いた各々のCCA機会に関して衝突する近隣CUBS送信が存在しない周波数サブキャリアのセットのうちの1つまたは複数の周波数サブキャリアで送信されるか、または複数の利用可能なCCA機会のうちの最後に割り当てられたネットワークにおける送信機のCUBS送信が衝突する近隣CUBS送信が存在しない周波数サブキャリアのセットのうちの1つの周波数サブキャリアで送信されるか、のどちらかである、を含む。

0039

[0039] 説明された態様の2つの連続するCUBS送信はまた、周波数サブキャリアのセットのうちの2つの異なる周波数サブキャリアで送信され得るか、または周波数サブキャリアのセットのうちの同じ周波数サブキャリアで送信され得る。

0040

[0040] 本開示のさらなる態様では、コンピュータ可読媒体がこの上に記録されたプログラムコードを有する。このプログラムコードは、受信機で、送信機からのCUBS送信のためにリスンするためのコードと、送信機からのCUBS送信のために識別された複数の周波数サブキャリアのうちの第1の無認可サブキャリア上の第1の送信を検出するためのコードと、送信機からのCUBS送信のために識別された複数の周波数サブキャリアのうちの第2の無認可サブキャリア上の第2の送信を検出するためのコードと、第1および第2の送信が送信機からのCUBS送信であるかどうかを決定するために第1の送信および第2の送信を復号するためのコードと、を含む。

0041

[0041] 説明された第1の無認可サブキャリアは、第2の無認可サブキャリアとは異なり得、復号するためのコードは、第2の送信とは別個に第1の送信を復号するためのコードを含む。説明された第1の無認可サブキャリアはまた、第2の無認可サブキャリアと同じであり得、復号するためのコードは、第1の送信および第2の送信を組み合わされた送信に組み合わせるためのコードと、その組み合わされた送信を復号するためのコードと、を含む。

0042

[0042] 本開示のさらなる態様では、装置が、少なくとも1つのプロセッサ、およびそのプロセッサに結合されたメモリを含む。プロセッサは、送信機で、送信機のネットワークに割り当てられたCCA機会に基づいて、送信機に関連付けられたCUBSの構成を受信するように構成され、送信機に関連付けられたCUBSの構成は、送信機によるCUBS送信のために識別された仮想周波数サブキャリアのセットを含む。その装置はまた、送信機によって、送信機によるCUBS送信のために物理周波数サブキャリアのセットに仮想周波数サブキャリアのセットをマッピングし、送信機によって、物理周波数サブキャリアのセット上で構成に従って、CUBSを送信する、プロセッサの構成を含む。

0043

[0043] 開示された装置の、説明されたマッピングするプロセッサの構成はまた、仮想周波数サブキャリアのセットの置換によって、物理周波数サブキャリアのセットに仮想周波数サブキャリアのセットをマッピングする構成を含むことがきる。

0044

[0044] 説明された置換はまた、擬似ランダム置換であり得るか仮想周波数サブキャリアのセットの複数の置換のうちの1つであり得、その置換は、ネットワークに割り当てられたCCA機会に割り当てられる。複数の置換のうちのこうした置換は、CCA機会にランダムに割り当てられ得る。

0045

[0045] 本開示のさらなる態様では、装置が、少なくとも1つのプロセッサ、およびそのプロセッサに結合されたメモリを含む。そのプロセッサは、無認可帯域でのデータのセットの送信を控えた送信機によって、送信機のネットワークに割り当てられたCCA機会においてクリアCCAを検出することと、送信機によって、送信機のネットワークに割り当てられたCCA機会に基づいて、送信機に関連付けられたCUBSの構成を選択することと、ここにおいて、送信機に関連付けられたCUBSの構成は、CUBS送信のための周波数サブキャリアのセットを含む、送信機によって、CCA機会に基づく送信特性に従って、CUBSを送信することと、を行うように構成される。

0046

[0046] CUBS送信のための周波数サブキャリアのセットの説明された1つまたは複数の周波数サブキャリアは、送信機に関連付けられたセル識別子(セルID)から独立して決定され得る。説明された装置はまた、CUBSのスクランブリングシーケンスが送信機のセルIDに依存して決定されること、を含み得る。

0047

[0047] 本開示のさらなる態様では、装置が、少なくとも1つのプロセッサ、およびそのプロセッサに結合されたメモリを含む。そのプロセッサは、送信機で、送信機のネットワークに割り当てられたCCA機会に基づいて送信機に関連付けられたCUBSの送信シーケンス構成を受信し、ここにおいて、送信機に関連付けられたCUBSの送信シーケンス構成は、CCA機会に関連付けられた複数のシンボルの各リソース要素内の周波数サブキャリアのセットでのCUBSに関する送信シーケンスの識別を含む、送信機によって、送信シーケンスにおいて識別された周波数サブキャリアのセットでCUBSを送信する、ここにおいて、2つの連続するCUBS送信が、複数の利用可能なCCA機会のうちの最後を除いた各々のCCA機会に関して衝突する近隣CUBS送信が存在しない周波数サブキャリアのセットのうちの1つまたは複数の周波数サブキャリアで送信されるか、または複数の利用可能なCCA機会のうちの最後に割り当てられたネットワークにおける送信機のCUBS送信が衝突する近隣CUBS送信が存在しない周波数サブキャリアのセットのうちの1つの周波数サブキャリアで送信されるか、のどちらかである、ように構成される。

0048

[0048] 説明された態様の2つの連続するCUBS送信はまた、周波数サブキャリアのセットのうちの2つの異なる周波数サブキャリアで送信され得るか、または周波数サブキャリアのセットのうちの同じ周波数サブキャリアで送信され得る。

0049

[0049] 本開示のさらなる態様では、装置が、少なくとも1つのプロセッサ、およびそのプロセッサに結合されたメモリを含む。そのプロセッサは、受信機で、送信機からのCUBS送信のためにリスンし、送信機からのCUBS送信のために識別された複数の周波数サブキャリアのうちの第1の無認可サブキャリア上の第1の送信を検出し、送信機からのCUBS送信のために識別された複数の周波数サブキャリアのうちの第2の無認可サブキャリア上の第2の送信を検出し、第1および第2の送信が送信機からのCUBS送信であるかどうかを決定するために第1の送信および第2の送信を復号する、ように構成される。

0050

[0050] 説明された第1の無認可サブキャリアは、第2の無認可サブキャリアとは異なり得、復号するプロセッサの構成は、第2の送信とは別個に第1の送信を復号する構成を含む。説明された第1の無認可サブキャリアはまた、第2の無認可サブキャリアと同じであり得、復号するプロセッサの構成は、第1の送信および第2の送信を組み合わされた送信に組み合わせ、組み合わされた送信を復号する構成を含む。

図面の簡単な説明

0051

様々な実施形態に従う、ワイヤレス通信システムの例を例示する図を示す。
様々な実施形態に従う、無認可スペクトルにおいてLTE(登録商標)を使用するための配置シナリオの例を例示する図を示す。
様々な実施形態に従う、無認可スペクトルにおいてLTEを使用するための配置シナリオの別の例を例示する図を示す。
様々な実施形態に従う、認可および無認可スペクトルにおいて同時にLTEを使用するときのキャリアアグリゲーションの例を例示する図を示す。
本開示の一態様に従って構成された基地局/eNBおよびUEの設計を概念的に例示するブロック図である。
無認可スペクトルを用いる同期LTE/LTE−A通信システムにおける送信ストリームを例示するブロック図である。
無認可スペクトルを用いる同期LTE/LTE−A通信システムにおける送信ストリームを例示するブロック図である。
本開示の態様を実装するために実行される実例的なブロックを例示する機能ブロック図である。
本開示の態様を実装するために実行される実例的なブロックを例示する機能ブロック図である。
本開示の一態様を実装するために実行される実例的なブロックを例示する機能ブロック図である。
本開示の態様に従って構成された時間および周波数全域の利用可能なCCA機会を含む送信ストリームを例示するブロック図である。
本開示の態様に従って構成された時間および周波数の全域の利用可能なCCA機会を含む送信ストリームを例示するブロック図である。
本開示の一態様に従う、利用可能なCCA機会での観測された電力レベルを例示する図である。
本開示の一態様に従って構成されたCUBS送信を例示する時間/周波数の図である。
本開示の一態様に従って構成されたCUBS送信を例示する時間/周波数の図である。
本開示の一態様に従って構成されたCUBS送信を例示する時間/周波数の図である。
本開示の一態様を実装するために実行される実例的なブロックを例示する機能ブロック図である。

詳細な説明

0052

[0064] 添付の図面にかんれんして以下で述べられる発明を実施するための形態は、様々な構成の説明として意図されており、本開示の範囲を限定するようには意図されていない。むしろ、発明を実施するための形態は、本発明の主題の完全な理解を提供する目的で具体的な詳細を含む。これら具体的な詳細は、全てのケースにおいて必要とされるわけではないこと、およびいくつかの事例では、周知の構造およびコンポーネント提示の明確さのためにブロック図の形式で図示されていることが当業者に明らかになる。

0053

[0065]事業者はこれまで、セルラネットワークにおけるずっと高まってきたレベルの輻輳を軽減するために無認可スペクトルを使用する主要メカニズムとしてWiFiに目を向けてきた。しかしながら、無認可スペクトルを含むLTE、またはLTEアドバンスド(LTE−A)に基づく新たなキャリアタイプNCT)は、キャリアグレードWiFiと互換性があり得、無認可スペクトルを用いるLTE/LTE−AをWiFiに対する代替手段にする。無認可スペクトルを用いるLTE/LTE−Aは、LTEコンセプト活用でき、無認可スペクトルにおいて効果的な動作を提供し、規定の要件を満たためにいくつかの修正ネットワークデバイス、またはネットワークの物理レイヤ(PHY)および媒体アクセス制御(MAC)態様に導入できる。無認可スペクトルは、例えば、600メガヘルツMHz)から6ギガヘルツGHz)に及び得る。いくつかのシナリオでは、無認可スペクトルを用いるLTE/LTE−Aが、WiFiよりも著しく良好に機能し得る。例えば、(単一または複数の事業者のための)無認可スペクトルを含む全てがLTE/LTE−Aの配置が、全てがWiFiの配置と比較されると、または密集したスモールセル配置が存在するとき、無認可スペクトルを用いるLTE/LTE−Aは、WiFiよりも著しく良好に機能し得る。無認可スペクトルを用いるLTE/LTE−Aは、無認可スペクトルを用いるスペクトルが(単一または複数の事業者のために)WiFiと混合される場合のような他のシナリオにおいて、良好に機能し得る。

0054

[0066] 単一のサービスプロバイダ(SP)では、無認可スペクトルを用いるLTE/LTE−Aネットワークが、認可スペクトル上のLTEネットワークと同期するように構成され得る。しかしながら、複数のSPによって所与チャンネル上に配置される無認可スペクトルを用いるLTE/LTE−Aネットワークは、その複数のSPで同期するように構成され得る。上記の特徴の両方を組み込む1つの手法は、所与のSPに対して無認可スペクトルを用いるLTE/LTE−AとLTEとの間で一定のタイミングオフセットを使用することを伴い得る。無認可スペクトルを用いるLTE/LTE−Aネットワークは、SPのニーズに従って、ユニキャストおよび/またはマルチキャストサービスを提供し得る。さらに、無認可スペクトルを用いるLTE/LTE−Aネットワークは、LTEセルがアンカとして働いて、関連するLTE/LTE−Aに無認可スペクトルセル情報(例えば、無線フレームタイミング共通チャネル構成、システムフレーム番号すなわちSFN、等)を提供する、ブートストラップモードで動作し得る。このモードでは、認可スペクトルを用いるLTEと無認可スペクトルを用いるLTE/LTE−Aとの間に密接な相互作用が存在し得る。例えば、ブートストラップモードは、上で説明されたキャリアアグリゲーションモードおよび付加ダウンリンクをサポートし得る。無認可スペクトルを用いるLTE/LTE−AネットワークのPHY−MACレイヤは、無認可スペクトルを用いるLTE/LTE−Aネットワークが認可スペクトルを用いるLTEスペクトルから独立して動作するスタンドアローンモードで動作し得る。このケースでは、例えば、無認可スペクトルを用いる同じ場所に位置するLTE/LTE−AセルでのRLCレベルのアグリゲーション、または複数のセルおよび/もしくは基地局にわたるマルチフローに基づいて、認可スペクトルを用いるLTE/LTE−Aネットワークと無認可スペクトルを用いるLTE/LTE−Aネットワークとの間にルーズな(loose)相互作用が存在し得る。

0055

[0067] 本明細書で説明されている技術はLTEに限定されず、CDMA、TDMA、FDMA、OFDMA、SC−FDMA、および他のシステムのような様々なワイヤレス通信局システムのためにも使用され得る。「システム」および「ネットワーク」という用語は、度々、交換可能に使用される。CDMAシステムは、CDMA200、ユニバーサル地上無線アクセス(UTRA)等のような無線技術を実装し得る。CDMA2000は、IS−2000、IS−95、およびIS−856規格カバーする。IS−2000リリース0およびAは一般に、CDMA2000 1X、1X等と称される。IS−856(TIA−856)は一般に、CDMA2000 1xEVDO高速パケットデータ(HRPD)等と称される。UTRAは、広帯域CDMA(WCDMA(登録商標))およびCDMAの他の変形を含む。TDMAシステムは、移動体通信のための全世界システム(GSM(登録商標))のような無線技術を実装し得る。OFDMAシステムは、ウルトラモバイルブロードバンド(UMB)、進化型UTRA(E−UTRA)、IEEE802.11(Wi−Fi)、IEEE802.16(WiMAX)、IEEE802.20、Flash−OFDM等の無線技術を実装し得る。UTRAおよびE−UTRAは、ユニバーサルモバイルテレコミュニケションシステム(UMTS)の一部である。LTEおよびLTEアドバンスド(LTE−A)は、E−UTRAを使用するUMTSの最新リリースである。UTRA、E−UTRA、UMTS、LTE、LTE−A、およびGSMは、「第3世代パートナーシッププロジェクト」(3GPP)という名称組織による文書で説明されている。CDMA2000およびUMBは、「第3世代パートナーシッププロジェクト2」(3GPP2)という名称の組織による文書で説明されている。本明細書で説明されている技法は、上記で言及されたシステムおよび無線技術、それに加えて他のシステムおよび無線技術のために使用され得る。しかしながら以下の説明は、例の目的でLTEシステムを説明しており、LTEの専門用語が以下の説明のほとんどにおいて使用されているけれども、その技法はLTEアプリケーションを超えて適用可能である。

0056

[0068] 従って、以下の説明は例を提供しており、請求項において述べられている範囲、適用性、または構成の限定ではない。本開示の趣旨および範囲から逸脱することなく、論じられている要素の機能および配列において変更がなされ得る。様々な実施形態は、様々なプロシージャまたはコンポーネントを、適宜、省略、置換、または追加し得る。例えば、説明されている方法は、説明されているものとは異なる順序で行われ得、様々なステップが追加、省略、または組み合わされ得る。また、ある特定の実施形態に関して説明されている特徴は、他の実施形態で組み合され得る。

0057

[0069] まず図1を参照すると、図がワイヤレス通信システムまたはネットワーク100の例を例示する。システム100は、基地局(またはセル)105、通信デバイス115、およびコアネットワーク130を含む。基地局105は、様々な実施形態においてコアネットワーク130または基地局105の一部であり得る、基地局コントローラ(図示せず)の制御下で通信デバイス115と通信し得る。基地局105は、バックホールリンク132を通じて、コアネットワーク130と制御情報および/またはユーザデータを通信し得る。複数の例において、基地局105は、直接的にまたは間接的に、有線またはワイヤレス通信リンクであり得るバックホールリンク134で互いに通信し得る。システム100は、複数のキャリア(異なる周波数の波形信号)上の動作をサポートし得る。マルチキャリア送信機は、複数のキャリア上で同時に変調された信号を送信できる。例えば、各通信リンク125は、上で説明された様々な無線技術に従って変調されたマルチキャリア信号であり得る。各変調された信号は、異なるキャリア上で送られ、制御情報(例えば、基準信号制御チャネル等)、オーバヘッド情報、データ等を搬送し得る。

0058

[0070]基地局105は、1つまたは複数の基地局アンテナを介してデバイス115とワイヤレスに通信し得る。基地局105の各々は、該当する地理的エリア110のための通信カバレッジを提供し得る。いくつかの実施形態では、基地局105が、トランシーバ基地局無線基地局アクセスポイント無線トランシーバ基本サービスセット(BSS)、拡張サービスセット(ESS)、ノードB、eノードB(eNB)、ホームノードB、ホームeノードB、または何らかの他の適した専門用語で称され得る。基地局のためのカバレッジエリア110は、カバレッジエリア(図示せず)の一部のみを構成するセクタ(図示せず)に分割され得る。システム100は、異なるタイプの基地局105(例えば、マクロマイクロ、および/またはピコ基地局)を含み得る。異なる技術に対して重複するカバレッジエリアが存在し得る。

0059

[0071] いくつかの実施形態では、システム100が、1つまたは複数の動作の無認可スペクトルモードまたは配置シナリオをサポートするLTE/LTE−Aネットワークである。他の実施形態では、システム100が、無認可スペクトルおよび無認可スペクトルを用いるLTE/LTE−Aネットワークとは異なるアクセス技術を使用するか、認可スペクトルおよびLTE/LTE−Aとは異なるアクセス技術を使用する、ワイヤレス通信をサポートし得る。発展型ノードB(eNB)およびユーザ機器(UE)という用語は概して、基地局105およびデバイス115をそれぞれ説明するために使用され得る。システム100は、異なるタイプのeNBが様々な地理的領域のためのカバレッジを提供する、無認可スペクトルを用いる、または無認可スペクトルを用いない、異機種LTE/LTE−Aネットワークであり得る。例えば、各eNB105は、マクロセルピコセルフェムトセル、および/または他のタイプのセルのための通信カバレッジを提供し得る。ピコセル、フェムトセル、および/または他のタイプのセルのようなスモールセルは、低電力ノードすなわちLPNを含み得る。マクロセルは概して、比較的広い地理的エリア(例えば、半径キロメートル)をカバーし、ネットワークプロバイダへのサービス加入を有するUEによる制限のないアクセスを可能にし得る。ピコセルは概して、比較的それより小さな地理的エリアをカバーし、ネットワークプロバイダへのサービス加入を有するUEによる制限のないアクセスを可能にし得る。フェムトセルもまた、概して、比較的狭い地理的エリア(例えば、家)をカバーし、制限のないアクセスに加え、フェムトセルとのアソシエーションを有するUE(例えば、クローズド加入者グループCSG)中のUE、家の中のユーザのためのUE、等)による制限されたアクセスを提供し得る。マクロセルのためのeNBは、マクロeNBと称され得る。ピコセルのためのeNBは、ピコeNBと称され得る。また、フェムトセルのためのeNBは、フェムトeNBまたはホームeNBと称され得る。eNBは、1つまたは複数の(例えば、2つ、3つ、4つ等の)セルをサポートし得る。

0060

[0072]コアネットワーク130は、バックホール132(例えば、S1等)を介してeNB105と通信し得る。eNB105はまた、例えば、バックホール134(例えば、X2等)を介しておよび/またはバックホールリンク132を介して(例えば、コアネットワーク130を通じて)、直接的にまたは間接的に、互いに通信し得る。システム100は、同期または非同期動作をサポートし得る。同期動作では、eNBが類似のフレームおよび/またはゲートタイミングを有することができ、異なるeNBからの送信が時間的に近似整列され得る。非同期動作では、eNBが異なるフレームおよび/またはゲートタイミングを有することができ、異なるeNBからの送信は、時間的に整列されないことがある。本明細書で説明されている技法は、同期または非同期のいずれかの動作に使用され得る。

0061

[0073] UE115はシステム100全体にわたって分散され、各UEは固定またはモバイルであり得る。UE115はまた、モバイル局加入者局モバイルユニット加入者ユニットワイヤレスユニット遠隔ユニットモバイルデバイスワイヤレスデバイスワイヤレス通信デバイス遠隔デバイスモバイル加入者局アクセス端末モバイル端末ワイヤレス端末遠隔端末ハンドセットユーザエージェントモバイルクライアントクライアント、または何らかの他の適した専門用語としても当業者によって称され得る。UE115は、セルラ電話携帯情報端末(PDA)、ワイヤレスモデム、ワイヤレス通信デバイス、ハンドヘルドデバイスタブレットコンピュータラップトップコンピュータコードレスフォンワイヤレスローカルループ(WLL)局、または同様のものであり得る。UEは、マクロeNB、ピコeNB、フェムトeNB、リレー等と通信することが可能であり得る。

0062

[0074] システム100で図示されている通信リンク125は、モバイルデバイス115から基地局105へのアップリンク(UL)送信、および/または基地局105からモバイルデバイス115へのダウンリンク(DL)送信を含み得る。ダウンリンク送信は順方向リンク送信とも呼ばれ得、一方でアップリンク送信は逆方向リンク送信とも呼ばれ得る。ダウンリンク送信は、認可スペクトル(例えば、認可スペクトルを用いるLTE/LTE−Aネットワーク)、無認可スペクトル(例えば、無認可スペクトルを用いるLTE/LTE−Aネットワーク)、またはその両方、を使用して行われ得る。同様に、アップリンク送信は、認可スペクトル(例えば、認可スペクトルを用いるLTE/LTE−Aネットワーク)、無認可スペクトル(例えば、無認可スペクトルを用いるLTE/LTE−Aネットワーク)、またはその両方、を使用して行われ得る。

0063

[0075] システム100のいくつかの実施形態では、認可スペクトルにおけるLTEダウンリンク容量が無認可スペクトルにオフロードされ得る付加ダウンリンク(SDL)モード、LTEダウンリンクおよびアップリンク容量の両方が認可スペクトルから無認可スペクトルにオフロードされ得るキャリアアグリゲーションモード、および基地局(例えば、eNB)とUEとの間のLTEダウンリンクおよびアップリンク通信が無認可スペクトルにおいて行われうるスタンドアローンモード、を含む、無認可スペクトルを用いるLTE/LTE−Aのための様々な配置シナリオがサポートされ得る。UE115と同様に基地局105は、これら、または同様の動作のモードのうちの1つまたは複数をサポートし得る。OFDMA通信信号が、無認可スペクトルにおけるLTEダウンリンク送信のために通信リンク125において使用され得る一方で、SC−FDMA通信信号は、無認可スペクトルにおけるLTEアップリンク送信のために通信リンク125において使用され得る。システム100のようなシステムにおける、無認可スペクトルを用いるLTE/LTE−Aの配置シナリオまたは動作のモードの実装、ならび無認可スペクトルを用いるLTE/LTE−Aの動作に関連する他の特徴および機能についてのさらなる詳細が、図2A−11Cを参照して以下で提供される。

0064

[0076] 次に図2Aに移ると、図200は、付加ダウンリンクモード、および無認可スペクトルを用いるLTE/LTE−Aネットワークのためのキャリアアグリゲーションモードの例を示す。図200は、図1のシステム100の複数の部分の例であり得る。さらに、基地局105−aが図1の基地局105の例でありうると同時に、UE115−aは図1のUE115の例であり得る。

0065

[0077] 図200における付加ダウンリンクモードの例では、基地局105−aが、ダウンリンク205を使用してOFDMA通信信号をUE115−aに送信し得る。ダウンリンク205は、無認可スペクトルにおける周波数F1に関連付けられる。基地局105−aは、双方向リンク210を使用して同じUE115−aにOFDMA通信信号を送信でき、双方向リンク210を使用してUE115−aからSC−FDMA通信信号を受信できる。双方向リンク210は、認可スペクトルにおける周波数F4に関連付けられる。無認可スペクトルにおけるダウンリンク205および認可スペクトルにおける双方向リンク210は、同時に動作し得る。ダウンリンク205は、基地局105−aにダウンリンク容量オフロードを提供し得る。いくつかの実施形態では、ダウンリンク205が、ユニキャストサービス(例えば、1つのUEを対象とする)のサービスのために、またはマルチキャストサービス(例えば、いくつかのUEを対象とする)のために、使用され得る。このシナリオは、認可スペクトルを使用し、トラフィックおよび/またはシグナリング輻輳のいくらかを軽減する必要があるいずれのサービスプロバイダ(例えば、従来のモバイルネットワーク事業者すなわちMNO)に関しても起こり得る。

0066

[0078] 図200におけるキャリアアグリゲーションモードの一例では、基地局105−aが、双方向リンク215を使用してUE115−aにOFDMA通信信号を送信でき、双方向リンク215を使用して、同じUE115−aからSC−FDMA通信信号を受信できる。双方向リンク215は、無認可スペクトルにおける周波数F1に関連付けられる。基地局105−aはまた、双方向リンク220を使用して同じUE115−aにOFDMA通信信号を送信でき、双方向リンク220を使用して同じUE115−aからSC−FDMA通信信号を受信できる。双方向リンク220は、認可スペクトルにおける周波数F2に関連付けられる。双方向リンク215は、基地局105−aにダウンリンクおよびアップリンク容量オフロードを提供し得る。上で説明された付加ダウンリンクと同様に、このシナリオは、認可スペクトルを使用し、トラフィックおよび/またはシグナリング輻輳のいくらかを軽減する必要があるいずれのサービスプロバイダ(例えば、MNO)に関しても起こり得る。

0067

[0079] 図200におけるキャリアアグリゲーションモードの別の例では、基地局105−aが、双方向リンク225を使用してUE115−aにOFDMA通信信号を送信でき、双方向リンク225を使用して、同じUE115−aからSC−FDMA通信信号を受信できる。双方向リンク225は、無認可スペクトルにおける周波数F3に関連付けられる。基地局105−aはまた、双方向リンク230を使用して同じUE115−aにOFDMA通信信号を送信でき、双方向リンク230を使用して同じUE115−aからSC−FDMA通信信号を受信できる。双方向リンク230は、認可スペクトルにおける周波数F2に関連付けられる。双方向リンク225は、基地局105−aにダウンリンクおよびアップリンク容量オフロードを提供し得る。この例および上で提供された例は例示的な目的で提示されており、容量オフロードのために無認可スペクトルを用いるLTE/LTE−Aと無認可スペクトルを用いないLTE/LTE−Aを組み合わせる、他の同様の動作のモードまたは配置シナリオが存在し得る。

0068

[0080] 上で説明されたように、無認可スペクトルを用いるLTE/LTE−Aを使用することによって供給される容量オフロードから利益を得ることができる典型的なサービスプロバイダは、LTEスペクトルを用いる従来のMNOである。これらサービスプロバイダでは、動作構成が、認可スペクトル上のLTE主要コンポーネントキャリア(PCC)、および無認可スペクトル上の無認可スペクトルを用いるLTE/LTE−Aの二次コンポーネントキャリア(SCC)を使用するブートストラップモード(例えば、付加ダウンリンク、キャリアアグリゲーション)を含み得る。

0069

[0081] 付加ダウンリンクモードでは、無認可スペクトルを用いるLTE/LTE−Aネットワークのための制御が、LTEアップリンク(例えば、双方向リンク210のアップリンク部分)でトランスポートされ得る。ダウンリンク容量オフロードを提供する理由の1つは、データ需要がダウンリンク消費によって大きくされるためである。さらに、このモードでは、UEが無認可スペクトルで送信していないので規制上の影響が存在し得ない。UE上で、リスンビフォアトーク(LBT)またはキャリア感知多重アクセス(CSMA)を実施する必要はない。しかしながら、LBTは、例えば、無線フレーム境界に整列された捕捉放棄(grab-and-relinquish)および/または周期的(例えば、10ミリ秒ごと)クリアチャネル評価(CCA)を使用することによって、基地局(例えば、eNB)上で実装され得る。

0070

[0082]キャリアアグリゲーションモードでは、データおよび制御がLTE(例えば、双方向リンク210、220、および230)において通信され得る一方で、データは、無認可スペクトルを用いるLTE/LTE−A(例えば、双方向リンク215および225)において通信され得る。無認可スペクトルを用いるLTE/LTE−Aを使用するときにサポートされるキャリアアグリゲーションメカニズムは、コンポーネントキャリア間の異なる対称性を持つハイブリッド周波数分割複信時分割複信FDD−TDD)キャリアアグリゲーション、またはTDD−TDDキャリアアグリゲーションの下に収まり得る。

0071

[0083]図2Bは、無認可スペクトルを用いるLTE/LTE−Aのためのスタンドアローンモードの例を例示する図200−aを示す。図200−aは、図1のシステム100の複数の部分の例であり得る。さらに、基地局105−bが図1の基地局105および図2Aの基地局105−aの例であり得ると同時に、UE115−bは図1のUE115および図2AのUE115−aの例であり得る。

0072

[0084] 図200−aにおけるスタンドアローンモードの例では、基地局105−bが、双方向リンク240を使用してUE115−bにOFDMA通信信号を送信でき、双方向リンク240を使用して、UE115−bからSC−FDMA通信信号を受信できる。双方向リンク240は、図2Aを参照して上で説明された無認可スペクトルにおける周波数F3に関連付けられる。スタンドアローンモードは、スタジアム内(in-stadium)アクセス(例えば、ユニキャスト、マルチキャスト)のような、非伝統的なワイヤレスアクセスシナリオにおいて使用され得る。この動作のモードのための典型的なサービスプロバイダはスタジアムのオーナーケーブル会社、イベントホスト、ホテル、企業、および認可スペクトルを有さない大企業であり得る。これらサービスプロバイダでは、スタンドアローンモードのための動作構成が、無認可スペクトル上でLTE/LTE−A PCCを使用し得る。さらに、LBTは、基地局およびUE上の両方で実装され得る。

0073

[0085] 次に図3に移ると、図300は、様々な実施形態に従う認可および無認可スペクトルにおいて同時にLTEを使用するときのキャリアアグリゲーションの例を例示する。図300におけるキャリアアグリゲーションスキームは、図2Aを参照して上で説明されたハイブリッドFDD−TDDキャリアアグリゲーションに対応し得る。このタイプのキャリアアグリゲーションは、図1のシステム100の少なくとも複数の部分で使用され得る。さらに、このタイプのキャリアアグリゲーションは、図1および図2Aの基地局105および105−aのそれぞれにおいて、および/または図1および図2AのUE115および115−aのそれぞれにおいて使用され得る。

0074

[0086] この例では、FDD(FDD−LTE)は、ダウンリンクにおいてLTEと関係して行われ得、第1のTDD(TDD1)は、無認可スペクトルを用いるLTE/LTE−Aと関係して行われ得、第2のTDD(TDD2)は、LTEと関係して行われ得、別のFDD(FDD−LTE)は、アップリンクにおいてLTEと関係して行われ得る。TDD1は、6:4のDL:UL比を結果としてもたらすのに対して、TDD2の比は、7:3である。時間スケールでは、異なる有効DL:UL比が、3:1、1:3、2:2、3:1、2:2、および3:1である。この例は、例示的な目的で提示されており、無認可スペクトルを用いるLTE/LTE−Aと無認可スペクトルを用いないLTE/LTE−Aの動作を組み合わせる他のキャリアアグリゲーションスキームが存在し得る。

0075

[0087]図4は、図1における基地局/eNBのうちの1つ、およびUEのうちの1つであり得る基地局/eNB105およびUE115の設計のブロック図を示す。eNB105は、アンテナ434a〜434tが装備され得、UE115は、アンテナ452a〜452rが装備され得る。eNB105において、送信プロセッサ420は、データソース412からデータを、コントローラ/プロセッサ440から制御情報を受信し得る。制御情報は、物理ブロードキャストチャネル(PBCH)、物理制御フォーマットインジケータチャネル(PCFICH)、物理ハイブリット自動再送要求インジケータチャネル(PHICH)、物理ダウンリンク制御チャネル(PDCCH)等のためのものであり得る。データは、物理ダウンリンク共有チャネルPDSCH)等のためのものであり得る。送信プロセッサ420は、データシンボルおよび制御シンボルをそれぞれ取得するために、データおよび制御情報を処理(例えば、符号化およびシンボルマッピング)し得る。送信プロセッサ420はまた、例えば、一次同期信号(PSS)、二次同期信号(SSS)、およびセル固有基準信号のための基準シンボルを生成し得る。送信(TX)多入力多出力MIMO)プロセッサ430は、適用可能な場合、データシンボル、制御シンボル、および/または基準シンボルに対して空間処理(例えば、プリコーディング)を行い得、出力シンボルストリーム変調器(MOD)432a〜432tを提供し得る。各変調器432は、該当する出力シンボルストリーム(例えば、OFDM等のための)を処理して出力サンプルストリームを取得し得る。各変調器432はさらに、ダウンリンク信号を取得するために、出力サンプルストリームを処理(例えば、アナログ変換増幅フィルタリング、およびアップコンバート)し得る。変調器432a〜432tからのダウンリンク信号は、アンテナ434a〜434tを介して、それぞれ送信され得る。

0076

[0088] UE115において、アンテナ452a〜452rは、eNB105からダウンリンク信号を受信でき、受信信号復調器(DEMOD)454a〜454rに、それぞれ提供できる。各復調器454は、該当する受信信号を調整(例えば、フィルタリング、増幅、ダウンコンバート、およびデジタル化)して入力サンプルを取得するし得る。各復調器454はさらに、受信シンボルを取得するために、(例えば、OFDM等用に)入力サンプルを処理し得る。MIMO検出器456は、全ての復調器454a〜454rからの受信シンボルを取得し、適用可能な場合、受信シンボルに対してMIMO検出を行い、検出されたシンボルを提供し得る。受信プロセッサ458は、検出されたシンボルを処理(例えば、復調デインタリーブ、および復号)し、データシンク460にUE115のための復号されたデータを提供し、コントローラ/プロセッサ480に復号された制御情報を提供し得る。

0077

[0089]アップリンク上では、UE115において、送信プロセッサ464が、データソース462から(例えば、物理アップリンク共有チャネル(PUSCH)のための)データを、コントローラ/プロセッサ480から(例えば、物理アップリンク制御チャネル(PUCCH)のための)制御情報を、受信および処理し得る。送信プロセッサ464はまた、基準信号のための基準シンボルを生成し得る。送信プロセッサ464からのシンボルは、適用可能な場合はTXMIMOプロセッサ466によってプリコードされ、さらに(例えば、SC−FDMなどのために)変調器454a〜454rによって処理され、eNB105に送信され得る。eNB105において、UE115からのアップリンク信号は、UE115によって送られた復号されたデータおよび制御情報を取得するために、アンテナ434によって受信され、復調器432によって処理され、適用可能な場合はMIMO検出器436によって検出され、さらに受信プロセッサ438によって処理され得る。プロセッサ438は、データシンク439に復号されたデータを、およびコントローラ/プロセッサ440に復号された制御情報を、提供し得る。

0078

[0090]コントローラ/プロセッサ440および480は、eNB105における動作およびUE115における動作を、それぞれ指示し得る。eNB105におけるコントローラ/プロセッサ440並びに/または他のプロセッサおよびモジュールは、本明細書で説明されている技法のための様々なプロセスの実行を行うかまたは指示し得る。UE115におけるコントローラ/プロセッサ480並びに/または他のプロセッサおよびモジュールは、図7および8に例示される機能ブロック、および/または本明細書で説明されている技法のための他のプロセスの実行を行うかまたは指示し得る。メモリ442および482は、eNB105およびUE115のためのデータおよびプログラムコードを、それぞれ記憶し得る。スケジューラ444は、ダウンリンクおよび/またはアップリンク上におけるデータ送信のためにUEをスケジューリングし得る。

0079

[0091] 「リスンビフォアトーク」(LBT)技法を使用する、無認可帯域キャリアを用いるLTE/LTE−Aシステム配置では、送信デバイスが、送信を開始する前にチャネルを感知するべきである。無認可スペクトルを用いる同期LTE/LTE−Aシステムでは、競合する配置が、チャネル感知期間計画された割り当てによって無認可スペクトルにアクセスするのに順番を取ることができる。こうした順番における公平性は、アクセスの順番が均等の確率に近い形で共有されるような方法で、異なる配置にクリアチャネル評価(CCA)の試みを分配することによって達成され得る。こうしたシステムで、所与の配置Aは、配置Bが配置Aより前のCCA期間を割り当てられる確率と同じ確率で、配置Bより前のCCA期間を割り当てられるはずである。

0080

[0092]図5は、無認可スペクトルを用いる同期LTE/LTE−A通信システムにおける送信ストリーム50を例示するブロック図である。送信ストリーム50は、LTE無線フレーム504のようなLTE無線フレームに分割され、こうした無線フレームの各々はさらに、アップリンク通信(U)、ダウンリンク通信(D)、または、アップリンク通信を含むことができるアップリンクパイロット時間スロット(UpPTS)(図示せず)、ガード期間502のようなガード期間、およびダウンリンク通信を含むことができるダウンリンクパイロット時間スロット(DwPTS)505を含む特殊サブフレーム(S’)のために構成され得る10つのサブフレーム(サブフレーム0−9)に分割される。無認可キャリア上で通信を開始する前に、送信ストリーム50を生じさせる送信機は、7つの可能性のある送信スロットである、CCA機会503−A〜503−Gのうちの1つにおいてダウンリンクCCA(DCCA)500を送信する。送信機がクリアCCAを検出する場合、無認可チャネルは、送信機からのいずれかの実際のデータ送信に先立って、チャネル使用ビーコン信号(CUBS)501によって占有される。一度CCAが為されると、送信機は、LTE無線フレーム504のような無線フレームに付随する10msの期間の間、別のCCA検査を行うことを要求されない。

0081

[0093]競合する配置が送信ストリーム50を生じさせる送信機の近傍にあるとき、送信機はCCA機会503−A〜503−Gのうちの1つを割り当てられたことになる一方で、競合する配置は、CCA機会503−A〜503−Gのうちのその他のCCA機会を割り当てられ得る。CCA機会503−A〜503−Gのうちのより早い1つにおけるCCAに対して割り当てられた配置はクリアCCAを検出し、競合する配置がCCAを試みる前に、CUBS送信を始め得る。後続のCCAの試みはその後、CUBS送信の検出を終えることに失敗する(fail through)ことになる。例えば、図5において例示される代わりの態様では、送信機が、CCA検査のためにCCA機会503−Cを割り当てられる。その送信機は、クリアCCAを検出し、すぐにCUBS506を送信し始める。CCA機会503−D〜503−Gのいずれかに割り当てられたいずれかの競合する配置はCUBS506を検出し、これらの該当するCCA検査は失敗することになる。

0082

[0094]図6は、無認可スペクトルを用いる同期LTE/LTE−A通信システムにおける送信ストリーム60を例示するブロック図である。送信ストリーム60は、CCA期間が含まれるS’サブフレーム600を含む。ガード期間602の後、送信機はCCA機会603に割り当てられる。送信機がCCA機会603からクリアCCAを検出する場合、CUBS604は、すぐに次にシンボルでスタートして、LTフレーム境界601におけるS’サブフレーム600の終了まで、送信機によって送信される。CUBS604は、送信機からデータ送信がDサブフレーム605および606で開始できるまで、チャネル占有信号を提供する。Dサブフレーム605および606は、(E)PDCCHおよびPDSCHの送信を含む。CUBS604のための占有されたリソースは、後に続くリソース(E)PDCCHまたはPDSCHまたは(E)PUCCHまたはPUSCHとは異なり得る。(E)PDCCH/PDSCHが、送信機が基地局であるときに存在するだろう一方で、(E)PUCCH/PUSCHは、送信機がモバイルデバイスか、またはUEであるときに存在するはずである。CCA検出を向上させるために、CUBS604のために選択された総電力は、データ送信のために使用される総電力と同じまたはそれに非常に相似的であるべきである。この全体の均等な電力は結果として、潜在的に不均等な電力スペクトル密度PSD)をもたらし得る。不均等な総電力は結果として、AGCがCUBSに従って設定されることになるため、データ送信を正確に復号することに失敗することをもたらし得る。

0083

[0095] LBTプロシージャを用いる通信システムにおけるCUBSの主要な機能は、チャネルを確保することである。加えて、CUBSは、受信機でAGCを設定することを助けるために使用され得る。これら観点から、チャネル帯域幅の80%に広がるいずれの信号も十分なはずである。CUBSの3つ目の機能は、CCA検査が成功したという通知を受信機に提供する。この情報で、受信機は、送信機からのデータ送信を予定できる。

0084

[0096] 本開示の様々な態様は、CUBSにおいて符号化されるべきさらなる情報を提供する。しかしながら、CUBSがAGC設定のためにも使用されるので、同時の、AGC設定とCUBS「復号」は、可能でないことがある。この前提では、受信機動作に対して必須の(essential)情報がCUBSにおいて搬送されるべきでない。本開示の様々な態様は、CUBS送信において搬送されるべき情報の単一ビットを提供する。この単一ビットは、フレームが5msであるか、10msであるかを示すことができ、これは、受信機に役立つものの必須の情報ではない。

0085

[0097]図7Aは、本開示の一態様を実装するために実行される実例的なブロックを例示する機能ブロック図である。ブロック700で、無認可帯域でのデータのセットの送信を準備する送信機は、送信機のネットワークに割り当てられるCCA機会においてクリアCCAを検出する。無認可スペクトルでのネットワークにおける送信の準備において、LBT要求は、送信機がデータを送信する前にまずクリアCCAを行って受信することを提供する。

0086

[0098]ブロック701で、送信機は、送信機のネットワークに割り当てられたCCA機会に基づいて、送信機に関連付けられたチャネル使用ビーコン信号(CUBS)の構成を選択し、送信機に関連付けられたCUBSの構成は、CUBS送信のための周波数サブキャリアのセットを含む。ブロック702で、送信機は、CCA機会に基づく送信特性に従ってCUBSを送信する。

0087

[0099] 本開示の様々な態様で、CUBS送信のための周波数サブキャリアのセットがCUBS送信のために利用可能な全てのサブキャリアのサブセットであることに留意されるべきである。いくつかの態様で、CUBS送信のために利用可能な全てのサブキャリアのサブセットは、均等なサブキャリア間隔を持つセットであり、ここにおいて、均等なサブキャリア間隔は、3つ分のサブキャリア間隔であり得る。他の態様で、サブセットは、複数の重複しないサブセットのうちの1つであり、ここにおいて、重複しないサブセットの数は、利用可能なCCA機会の総数以上であり得る。重複しないサブセットの数が利用可能なCCA機会の総数よりも以上であるこうした態様で、各CCA機会は、複数の重複するサブセットのうちの一意の重複しないサブセットに関連付けられる。

0088

[00100] 本開示のさらなる態様で、重複しないサブセットの数は、利用可能なCCA機会の総数の数よりも小さく、ここにおいて、各CCA機会と複数の重複しないサブセットとの間のアソシエーションは、時間スロット依存であり得る。こうした態様で、CCA機会が、どの他のCCA機会もマッピングされないその総数の重複しないサブセットのうちの1つの重複しないサブセットにマッピングされる。関連する態様で、時間スロットは、CCA機会に関連付けられたCUBS送信の第1の機会である。

0089

[00101] 本開示のさらなる態様で、送信機に関連付けられたCUBSの構成がCUBS送信の各時間スロットにおいて1つまたは複数の周波数ドメインシーケンスを含むことにさらに留意されるべきである。

0090

[00102]図7Bは、本開示の一態様を実装するために実行される実例的なブロックを例示する機能ブロック図である。ブロック703で、送信機は、送信機が動作するネットワークに割り当てられたCCA機会において、CCA検査を行い、クリアCCAを検出する。上で着目されたように、無認可スペクトルでのネットワークにおける送信の準備において、LBT要求は、送信機がデータを送信する前にまずクリアCCAを行い受信することを提供する。

0091

[00103]ブロック704で、送信機は、送信されるべきデータのセットの予期される送信(contemplated transmission)の予定持続期間(expected duration)を決定する。各成功したCCA検査の後、送信機は、これが送信を継続する前に後続のCA検査を行うことになるときに最大10msの間データを送信し得る。しかしながら、ある特定の環境では、送信機が、10ms全体を占有するのに十分な送信のためのデータを有さないことがある。このため、送信機は、どれ程の長さの送信時間が予定されるかを決定できる。

0092

[00104]ブロック705で、送信機は、送信の予定持続期間に基づいて、それが関連付けられたCUBSの構成を選択する。送信の予定持続期間が5ms以下である場合、送信が5msよりも長くないことになると受信機に通知することが有益であり得る。様々な同期信号および基準信号(例えば、PSS/SSS、CRS、CSI−RS等)は、10ms送信全体を通じて送信される。受信機は、10ms送信の各半分において、既知ロケーションでこうしたシステム信号を予定することになる。送信機が5ms間しか送信していない場合、受信機は、それが全送信の2つ目の半分において予定するシステム信号を検出するように試みて電力を浪費することになる。従って、受信機が、送信機が5ms未満の間しか送信していないことを知らされる場合、5msが経過してしまうとすぐに、受信機は受信コンポーネントのスイッチを切り、電力を節約できる。送信機によって選択されたCUBSの構成はその後、データ送信が5msなるか、または10msになるかのどちらかを受信機に示すことになる。

0093

[00105]ブロック706で、送信機は、CCA機会に基づく送信特性に従ってCUBSを送信する。現在の動作では、7つのCCA機会が特殊サブフレーム内に存在する。第1または第2のCCA機会を割り当てられたPLMNは、サブフレームの残りのシンボルの各々でCUBSを送信する能力を有することになる。従って、検出のための機会は多大(great)になる。しかしながら後のCCA機会を割り当てられたPLMNは、第7のCCA機会のケースで、数個またはましてや1つのシンボルでCUBSを送信することだけができるようになる。これらCUBSは、より早く割り当てられたCCA機会を持つPLMNからのCUBSほど、検出のための機会を有さない。このように、後のCCA機会においてCUBSを検出することは困難であり得る。従って、様々な送信特性は、CUBSを送信するために、特定のCCA機会に基づいて選択され得る。これら送信特性は、CCA機会の全てでCUBS検出を均一化するように選択される。例えば、CUBS送信のために選択される利得または電力は、最初のCCA機会から最後まで単調に増加し得る。代わりとして、異なる機会のいずれにおいても検出が向上することになるように、別個の直交チャネルがCCA機会ごとに作り出され得る。

0094

[00106]受信機に関し、CUBS検出は、3つの仮定、(1)受信機と通信状態にある送信機がCUBSを送信していない、(2)受信機と通信状態にある送信機が最大5msフレームのデータ送信を示すCUBSを送信する、および(3)受信機と通信状態にある送信機が10msフレームのデータ送信を示すCUBSを送信する、のうちからの決定を検討することを受信機にさせる。5msフレームでは、1つ目の半フレームにおいて、第1のCRSサブフレームのみが送信され、第1のPSS/SSSのみが送信され、CSI−RSのみが送信される。10msフレームでは、両方のCRSサブフレームが送信され、両方のPSS/SSS時機が送信され、全てのCSI−RSが送信される。従って、5msデータ送信フレームが予定されるか、または10msデータ送信フレームが予定されるかを受信機に示すCUBS構成により、受信機は、それが受信すると予定するべきであるシステム信号を検出することを試みることだけできるようになる。受信機は、CRSベースアクティビティ検出を使用することによって、それ自身でこの情報を発見できる。しかしながらこの自己発見は、さらなる受信機電力の負担が降りかかる。1ビット構成情報を含むCUBS検出は、より迅速なターンオフを可能にし、これにより電力を節約する。

0095

[00107]図8は、本開示の一態様を実装するために実行される実例的なブロックを例示する機能ブロック図である。ブロック800で、受信機は、受信機が動作するネットワークに割り当てられるCCA機会においてCUBSを検出する。さらに、CUBSは、受信機が通信している送信機から特に識別可能である。様々なPLMN送信機の各々は、発端の特定の送信機を識別するCUBSであり得る。CCA機会はPLMNに基づいて割り当てられるので、受信機は、どのCCA機会がその送信機に関連付けられたCUBSを探索し始めるべきかを知っている。受信機による、送信機に関連付けられたCUBSの検出は、送信機がクリアCCAを検出したこと、そして次の送信サブフレームのスタート時にデータを送信し始めることになることを受信機に示す。

0096

[00108]ブロック801で、受信機は、予定データ送信を適切に受信し、復号するために、そのAGCを設定するようにCUBSを使用する。ブロック802で、受信機は、CUBSの構成に基づいて、送信機からの予定送信時間を決定する。それ自身が送信された特定の送信機を識別するCUBSの構成に加えて、CUBSの構成はまた、上で着目されたように、データ送信が5msになるか、10msになるかを示す。

0097

[00109]ブロック803で、受信機は、予定送信時間内で送信機からデータ送信を受信する。データ送信は、CUBS検出から設定されたAGCを使用して受信および復号される。ブロック804で、予定送信時間の後、受信機は電力を節約ためにその受信コンポーネントを非活性化する。受信機がCUBSの構成に基づいて、送信機からのデータ送信の持続期間を予め知っているので、それは、電力を節約するために様々な受信コンポーネントを非活性化できる。従って、送信が5msになることをその構成が示す場合、受信機は、10msフレームの2つ目の半分においてシステム信号を予定しないことを知り、時間期間の2つ目の半分の間にその受信コンポーネントを止めることになる。

0098

[00110]観念的には、CUBSは、時間および周波数追跡誤差に対して回復機能を持つ信号であるはずである。無認可帯域幅を使用するとき、送信は保証されないので、送信機がCUBSの前にいずれかのデータを送信してから長い期間が存在し得る。しかしながらCUBSが受信機のAGCを設定するために使用されるので、受信機にAGCを設定し、CUBSに符号化された複雑な情報を復号することを要求することは実用的でないことがある。このように、CUBS検出は、最良の取り組みであり、かつ必須でないとして特徴づけられ得る。

0099

[00111] CUBSの検出を向上させるための一態様では、CUBSが、様々な送信ダイバーシティスキームを使用して送信され得る。例えば、CUBSは、2つのポートの共通基準信号(CRS)と同様に、周波数分割多重(FDM)の形で2つのアンテナから送信され得る。代わりとして、CUBSは、巡回遅延ダイバーシティ(CDD)構成においてCUBS間の時間オフセットを用いる単一のポートを使用する複数のアンテナで送信され得る。従って、様々な送信ダイバーシティスキームは、本開示の様々な態様に適用可能であり得る。

0100

[00112] 本開示のさらなる態様では、CUBSと、CRSおよびまたはCSI−RS処理との間の共有性または類似性を維持することが有益であり得る。こうした基準信号プロセスに対する共通性または類似性を維持することによって、CUBSを扱うことの複雑性は低減され得る。しかしながら、CUBSとCRSとの間のチャネル推定平均化は想定されないであろう。その代わりに、この平均化は、異なるアンテナ仮想化(例えば、CDD)、異なる仮想化オフセット(例えば、v_shift)等を提供することによって防がれ得る。1つの実例的な態様では、CRS同様の構造が、CUBS送信のために想定され得る。2つのアンテナを考慮すると、CRS信号は、各アンテナ上で6つのリソース要素ごとに送信される。例えば、アンテナ0はリソース要素k、k+6、k+12、…上で送信し、アンテナ1は、リソース要素k+3、k+9、k+15…上で送信する。総CRS送信を考慮すると、CRS送信は、3つのリソース要素ごと、k、k+3、k+6、k+9、k+12、k+15…で生じる。CUBSは、同様の形で送信され得る。さらに、CUBS送信の異なるセットは、kとk+3との間の使用されないリソース要素k+1およびK+2を使用してオフセットされ得る。CUBS送信のための3つのスタートのリソース要素は、v_shift値、a、b、およびcを含むパターンオフセットと称され、ここにおいて、a=k、b=k+1、およびc=k+2である。従って、割り当てられたCCA時機におけるCUBS送信のためにリソース要素を分配する際に、以下の構成表が使用され得る。

0101

0102

ここにおいて、パターンオフセット「c」は、検出のためにもはや使用されない複数の異なる衝突するCUBS送信のためのリソースを提供する。

0103

[00113]図9Aは、本開示の態様に従って構成された時間および周波数の全域の利用可能なCCA機会を含む送信ストリーム90を例示するブロック図である。時間全体で、例示される7つのCCA機会、シンボル1−7が存在し、各々のこうしたシンボルは、シンボルごとに複数の周波数にわたる複数のリソース要素を有する。パターンオフセットa、b、cは、表1に従うと、CUBS送信のaパターン、bパターン、およびcパターンを例示するように繰り返されている。例えば、第1のCCA時機に割り当てられたPLMNは、シンボル1で、パターンオフセット「a」で始まる3つのリソース要素ごとに、CUBSであるC1を送信することになる。図9において例示されるように、C1は、aパターンに関連付けられた3つのリソース要素ごとに図示されている。同様に、第4のCCA時機に割り当てられたPLMNは、シンボル4で、パターンオフセット「b」で始まる3つのリソース要素ごとに、CUBSであるC4を送信することになる。パターンオフセット「a」および「b」は、クリーンリソース要素と考えられる。7つの利用可能なCCA機会に割り当てられたPLMNの各々は、パターンオフセット「a」または「b」において少なくとも一度、CUBSを送信する能力を有することになる。これは、C7がいずれの衝突するCUBSが無い状態で3つのリソース要素ごとに送信されることになる第7のCCA時機でさえ、CUBS検出のために、各PLMNに有効な機会を提供する。

0104

[00114] 上で着目されたように、本開示の一態様は、単調に増加する利得または電力を使用して送信される各連続的CCA時機を提供する。近隣PLMNの位置に依存して、増加した電力は、より早いCCA機会に割り当てられたPLMNに対する実質的な干渉を引き起こし得る。従って受信機は、近隣PLMN送信機のCUBS検出に基づいて、動作を調節するか、優勢PLMN干渉の存在を発見することが可能であり得る。

0105

[00115] 本開示のさらなる態様では、代わりのリソース分配パターンもまたCUBS送信のために使用され得る。1つのこうした代替手段において、割り当てられたCCA時機においてCUBS送信のためにリソース要素を割り当てることは、以下の構成表にあるように提供され得る。

0106

0107

[00116]図9Bは、本開示の態様に従って構成された時間および周波数の全域の利用可能なCCA機会を含む送信ストリーム91を例示するブロック図である。7つのCCA機会、シンボル1−7が、各々のこうしたシンボルがシンボルごとに複数の周波数にわたる複数のリソース要素を有する状態で例示される。パターンオフセットa、b、cは、表2に従うと、CUBS送信のaパターン、bパターン、およびcパターンを例示するように繰り返されている。例えば、第1のCCA時機に割り当てられたPLMNは、シンボル1で、シンボル1におけるパターンオフセット「a」で始まる3つのリソース要素ごとにCUBSであるC1を送信することになり、その後、シンボル2におけるパターンオフセット「b」で送信することが続き、そして残りのシンボル3−7に関してはパターンオフセット「c」で送信することが続く。図9Bにおいて例示されるように、C1は、同じa、b、c、c、c、c、cパターンに関連付けられた3つのリソース要素ごとに図示されている。同様に例えば、第4のCCA時機に割り当てられたPLMNは、シンボル4で、これもまたパターンオフセット「a」で始まる3つのリソース要素ごとにCUBSであるC4を送信することになり、その後、パターンオフセット「b」におけるシンボル5での送信が続き、そしてパターンオフセット「c」におけるシンボル6および7での送信が続く。従って、第1の6つの利用可能なCCA機会に割り当てられたPLMNの各々は、少なくともパターンオフセット「a」において一度、およびパターンオフセット「b」において一度、CUBSを送信する能力を有することになる一方で、第7の利用可能なCCA機会に割り当てられたPLMNは、パターンオフセット「a」に一度CUBSを送信する能力を有することになる。これは、C1−C2がパターンオフセット「a」および「b」で3つのリソース要素ごとに衝突しないCUBS送信を有することになり、C7がパターンオフセット「a」で3つのリソース要素ごとに衝突しないCUBS送信を有することになる第7のCCA時機でさえ、CUBS検出のために、各PLMNに有効な機会を提供する、ことになる。

0108

[00117] 表2に従って構成された本開示の態様が連続する「クリーン」CUBS送信のために異なるパターンオフセットに着目するように構成された受信機を提供できることは留意されるべきである。反対に、表1に従って構成された本開示の態様は、送信を正確に復号するために、連続する「クリーン」CUBS送信シンボルで受信された信号を組み合わせるように構成された受信機を提供できる。

0109

[00118]パターンオフセット「a」、「b」、および「c」を使用する図9Aおよび9Bにおいて例示されるCUBS送信割り当ての構造がCRS同様である一方で、本開示の様々な態様に従うCUBSのためのパターンオフセットのトーン割り当ては、セルの物理セル識別子PCI)に必ずしも依存しない。典型的な配置では、CRSパイロット信号に対するトーン分配がPCI依存である。しかしながら、本開示の様々な態様では、パターンオフセット「a」、「b」、および「c」を通じたトーン分配が、必ずしもPCI依存ではない。本開示の異なる態様は、PCI依存と非PCT依存のトーン分配の何らかの組み合わせを提供できる。例えば、送信ストリーム90(図9A)に関して、シンボル1および2のトーン分配がPCI依存であり得る一方で、残りのシンボル3−7に関するトーン分配は、非PCI依存であり得る。反対に、送信ストリーム91(図9B)におけるシンボルの各々に対するトーン分配は、非PCT依存であり得る。

0110

[00119] 表1および2、並びに図9Aおよび9Bで提示されているトーン分配および送信割り当ては、割り当てられたPLMNを有する複数のモバイルネットワーク事業者(MNO)に関与する本開示の様々な態様を首尾よく実装する。しかしながら、CCA機会の各シンボル位置におけるトーンは、特定のPLMNネットワークに特に割り当てられるので、表1および2における分配構成は、PLMNネットワークの全てが同期されないときに失敗し得る。従って、「クリア」「a」パターンオフセット送信のために割り当てられた1つのPLMNネットワークは、「c」パターンオフセット上で送信しているか、「b」パターンオフセット上で送信していると考えられうる、のどちらかである複数の他のPLMNネットワークからの過剰な干渉を経験し得る。

0111

[00120] こうした干渉はまた、固定の干渉送信機が「クリア」パターンオフセットのうちの1つの間に干渉信号を送信する同期されたシステムにおいて現れ得る。こうした態様では、「クリア」CUBS送信を試みるあらゆるPLMNネットワークが、固定の周波数ソースからの干渉を経験し得る。

0112

[00121] 本開示の様々な代わりの態様に従うと、ランダム化は、提供する際に、または他の固定の周波数干渉との強固な衝突を最小化するためにパターンオフセット用のv_shiftパラメータに導入され得る。ランダム化を含むことによって、送信側のPLMNネットワークは、ランダム化されていないトーンが干渉の周波数と衝突するだろうとき、固定の周波数干渉を回避する「クリア」トーンに対して分配され得る。さらにランダム化は、同期されないPLMNネットワークに仮想v_shiftを提供するはずである。例えば、仮想v_shift値は、擬似ランダム置換によって物理v_shift値にマッピングされ得る。3つのパターンオフセット要素「a」、「b」、および「c」を考慮すると、それらの3つのパターンオフセット要素の6つの可能性のある置換が存在する。従って、1つの置換がCCA送信機会に割り当てられたシンボル期間の各々に割り当てられ得、ランダム置換シーケンスを形成する。

0113

[00122]図12は、本開示の一態様を実装するために実行される実例的なブロックを例示する機能ブロック図である。ブロック1200で、送信機は、送信機のネットワークに割り当てられたCCA機会に基づいて送信機に関連付けられたCUBSの構成を受信する。CUBS構成は、送信機によるCUBS送信のために識別された仮想周波数サブキャリアのセットを含む。仮想周波数サブキャリアのセットを含む構成は、表1および2において例示される構成のような、送信シーケンスを提供する。これら仮想周波数サブキャリアは、特定の割り当てられたCCA機会に関連付けられたCUBS送信のシーケンスのための割り当てられたパターンオフセットである。

0114

[00123]ブロック1201で、送信機は、送信機によるCUBS送信のために、物理周波数サブキャリアのセットに仮想周波数サブキャリアのセットをマッピングする。パターンオフセットの擬似ランダム置換を使用して、送信機は、CUBSを送信するために送信機によって使用されることになる実際の物理周波数サブキャリアに仮想周波数サブキャリアをマッピングする。

0115

[00124]ブロック1202で、送信機は、物理周波数サブキャリアのセット上で構成に従ってCUBSを送信する。一度送信機が物理パターンオフセットまたは周波数サブキャリアに仮想パターンオフセットをマッピングすると、それは物理周波数サブキャリアを使用してCUBS構成における送信シーケンスに従って、CUBSを送信できる。

0116

[00125]図10は、本開示の一態様に従う利用可能なCCA機会全域の観測された電力レベルを例示する図1000である。シンボル4−1001のCCA機会に対して割り当てられたPLMNネットワークにおける受信機のような受信機は、近隣PLMN送信機から、シンボル7−1002で送信されたCUBSのより高い電力レベルを検出できる。サービングCUBSがシンボル4−1001で検出されるとき、UEは、シンボル4−1001とシンボル7−1002との間の観測された電力差を使用できる。検出された、その観測された電力差に基づいて、受信機はそれに従って動作を調整できる。例えば、観測された電力差が小さい場合、受信機は、干渉除去を使用することなく、それ自身のデータ送信を受信することに進むことができる。観測された電力差が大きい場合、受信機は、干渉除去技法を使用して、のデータ送信を受信することに進み得る。さらなる態様では、受信機が非常に高い、または最大の電力差を観測する場合、それはそのフレームを完全に放棄することを決めさえし得る。従って、近隣PLMN送信機からの検出されたCUBSを検出および分析することによって、受信機は、優勢の他のPLMN干渉の存在を突き止め、それに従ってその動作を調整できる。

0117

[00126] 前に示されたように、失敗したCCAの試みのために、送信機が長い時間の期間、データを送信していない時機が存在し得る。こうした態様では、CUBSのタイミングまたは同期が、実質的に異なり得る。こうしたCUBSの検出を向上させるために、CUBS送信とともに含まれるサイクリックプリフィックスを間接的に伸ばすことは有益であり得る。本開示の一態様では、サイクリックプリフィックスが、各CUBS送信を自己反復(self-repeating)信号にすることによって、CUBS送信のために伸ばされ得る。図11A−11Cは、本開示の一態様に従って構成されたCUBS送信を例示する時間/周波数の図である。図11Aで、周波数ドメインCUBS信号1100は、その対応する時間ドメインCUBS信号1101とともに図示されている。時間ドメインCUBS信号1101は、全信号シンボル送信時間で間断ない信号として図示されている。時間ドメインCUBS信号1101を自己反復信号にするために、周波数ドメイン信号トーンマッピングは、全ての奇数のリソース要素をゼロに設定することによって、拡大され得る。図11Bで、「X」と例示される、周波数ドメインCUBS信号1102の奇数リソース要素の各々はゼロに設定されている。この周波数ドメインCUBS信号1102の拡大されたバージョンは結果として、シンボル送信の各半分における信号部分「A」を反復する自己反復信号である、対応する時間ドメインCUBS信号1103をもたらす。時間ドメインCUBS信号1103が今では自己反復しているため、第1の部分「A」は、伸ばされたCPとして使用され得る。

0118

[00127]図11Cで、受信機は、シンボル半分の境界1104のどちらかのサイドに第1の部分「A」および第2の部分「A」を有する時間ドメインCUBS信号1103を受信する。受信機は、そのAGCを設定するために第1の部分1105を使用し、半分のサイズのFFT期間として第2の部分1106を使用する。FFT期間は半分のサイズであるので、受信機は、半分のサイズのFFTを稼働でき、これは処理電力を節約できる。代わりの態様では、フルサイズのFFTが使用される場合、受信機が、フルサイズのFFT期間を満たし、フルサイズのFFTを行うために、第2の部分1106を循環的に拡張できる。

0119

[00128] 情報および信号が様々な異なる技術および技法のいずれかを使用して表現され得ることを当業者は理解するであろう。例えば、上記の説明全体を通して参照され得るデータ、命令コマンド、情報、信号、ビット、シンボル、およびチップは、電圧電流電磁波、電磁場または磁性粒子光学場または光学粒子、あるいはこれらの任意の組み合わせによって表され得る。

0120

[00129] 図7および8における機能ブロックおよびモジュールは、プロセッサ、電子デバイスハードウェアデバイス電子コンポーネント論理回路、メモリ、ソフトウェアコードファームウェアコード、等、またはこれらの任意の組み合わせを備えることができる。

0121

[00130] 当業者はさらに、本明細書における開示に関連して説明された様々な例示的な論理ブロック、モジュール、回路、およびアルゴリズムのステップが、電子ハードウェアコンピュータソフトウェア、または両方の組み合わせとして実装され得ることを認識するであろう。ハードウェアとソフトウェアとのこの互換性を明確に例示するために、様々な例示的なコンポーネント、ブロック、モジュール、回路、およびステップが、それらの機能の観点から概して上で説明されてきた。このような機能が、ハードウェアとして実装されるか、またはソフトウェアとして実装されるかは、特定のアプリケーションおよびシステム全体に課せられる設計制約に依存する。当業者は、各特定のアプリケーションに関する多様な方法で説明された機能を実装できるが、このような実装の決定は、本開示の範囲からの逸脱を引き起こしていると解釈されるべきでない。当業者は、本明細書で説明されているコンポーネント、方法、または相互作用の順序または組み合わせが単に例に過ぎないことと、本開示の様々な態様のコンポーネント、方法、または相互作用が、本明細書で例示および説明されたもの以外の方法で行われるか、または組み合わされ得ることを容易に認識するであろう。

0122

[00131] 本明細書における開示に関連して説明された、様々な例示的な論理ブロック、モジュール、および回路は、汎用プロセッサデジタルシグナルプロセッサ(DSP)、特定用途向け集積回路ASIC)、フィールドプログラマブルゲートアレイFPGA)、または他のプログラマブル論理デバイスディスクリートゲートまたはトランジスタ論理回路、ディスクリートハードウェアコンポーネント、または本明細書で説明された機能を行うように設計されたこれらの任意の組み合わせを用いて、実装されまたは行われ得る。汎用プロセッサは、マイクロプロセッサであり得るが、代わりとして、このプロセッサは、何らかの従来のプロセッサ、コントローラ、マイクロコントローラ、またはステートマシンであり得る。プロセッサは、コンピューティングデバイスの組み合わせ、例えば、DSPとマイクロプロセッサの組み合わせ、複数のマイクロプロセッサ、DSPコアと連結した1つまたは複数のマイクロプロセッサ、または何か他のこうした構成、としても実装され得る。

0123

[00132] 本明細書における開示に関連して説明された方法またはアルゴリズムのステップは、ハードウェアで直接的に、プロセッサによって実行されるソフトウェアモジュールで、または両者の組み合わせで、具現化され得る。ソフトウェアモジュールは、RAMメモリフラッシュメモリROMメモリEPROMメモリ、EEPROM(登録商標)メモリ、レジスタハードディスクリムーバブルディスクCD−ROM、または当該技術で知られている何か他の形態の記憶媒体中に存在し得る。プロセッサが記憶媒体から情報を読み出すこと、および記憶媒体に情報を書き込むこと、ができるように、例示的な記憶媒体はプロセッサに結合されている。代わりとして記憶媒体はプロセッサと一体であり得る。プロセッサおよび記憶媒体は、ASIC内に存在し得る。ASICは、ユーザ端末に存在し得る。代わりとして、プロセッサと記憶媒体は、ユーザ端末においてディスクリートコンポーネントとして存在し得る。

0124

[00133] 1つまたは複数の例となる設計において、説明された機能は、ハードウェア、ソフトウェア、ファームウェア、またはこれらの任意の組み合わせで実装され得る。ソフトウェアで実装される場合、機能は、コンピュータ可読媒体上で、1つまたは複数の命令またはコードとして記憶または送信され得る。コンピュータ可読媒体は、1つの場所から別の場所へのコンピュータプログラム転送を容易にする任意の媒体を含む通信媒体およびコンピュータ記憶媒体の両方を含む。コンピュータ可読記憶媒体は、汎用または専用コンピュータによってアクセスされ得る任意の利用可能な媒体であることができる。限定ではなく例として、このようなコンピュータ可読媒体は、RAM、ROM、EEPROM、CD−ROMまたは他の光学ディスクストレージ磁気ディスクストレージまたは他の磁気記憶デバイス、あるいは命令またはデータ構造の形態で所望のプログラムコード手段を搬送または記憶するために使用され得、汎用または特定用途のコンピュータあるいは汎用または特定用途のプロセッサによってアクセスされ得る何か他の媒体を備えることができる。また、接続手段は、コンピュータ可読媒体と適切に名付けられ得る。例えば、ソフトウェアがウェブサイトサーバ、または他のリモートソースから、同軸ケーブル光ファイバーケーブルツイストペア、またはデジタル加入者回線(DSL)を使用して送信される場合、同軸ケーブル、光ファイバーケーブル、ツイストペア、またはDSLは、媒体の定義に含まれる。本明細書で使用される場合、ディスク(disk)およびディスク(disc)は、コンパクトディスク(disc)(CD)、レーザーディスク(登録商標)(disc)、光学ディスク(disc)、デジタル多目的ディスク(disc)(DVD)、フロッピー(登録商標)ディスク(disk)およびブルーレイディスク(disc)を含み、ここにおいて、ディスク(disk)は、大抵磁気的にデータを再生し、一方ディスク(disc)は、レーザを用いて光学的にデータを再生する。上記の組み合わせは、また、コンピュータ可読媒体の範囲内に含まれるべきである。

0125

[00134] 請求項を含む本明細書で使用される場合、「および/または」という用語は、2つ以上の項目からなるリストで使用されるとき、リストされた項目のうちのいずれか1つが単独で用いられうること、または、リストされた項目のうちの2つ以上からの任意の組み合わせが用いられうることを意味する。例えば、ある構成が、コンポーネントA、B、および/またはCを含むものとして説明されている場合、この構成は、Aだけ、Bだけ、Cだけ、AとBの組み合わせ、AとCの組み合わせ、BとCの組み合わせ、またはAとBとCの組み合わせを含み得る。また、請求項を含む本明細書で使用される場合、「のうちの少なくとも1つ」で始まる項目のリストにおいて使用されるような「または(or)」は、例えば「A、B、またはCのうちの少なくとも1つ」のリストが、A、またはB、またはC、またはAB、またはAC、またはBC、またはABC(すなわち、AおよびBおよびC)を意味するような離接的なリスト(disjunctive list)を示す。

0126

[00135] 本開示の先の説明は、いずれの当業者も本開示を製造または使用することをできるようにするために提供されている。本開示に対する様々な修正は、当業者に容易に明らかであり、本明細書で定義されている包括的な原理は、本開示の趣旨または範囲から逸脱することなく、他のバリエーションに適用され得る。従って、本開示は、本明細書で説明された例および設計に限定されるように意図されたものではなく、本明細書で開示された原理および新規の特徴と一致する最大範囲を与えられるものとする。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ