図面 (/)

技術 LTE−Uクリアチャネルアセスメント動作

出願人 クゥアルコム・インコーポレイテッド
発明者 ジ、ティンファンブシャン、ナガウェイ、ヨンビンガール、ピータールオ、タオチェン、ワンシマラディ、ダーガ・プラサドダムンジャノビック、アレクサンダーソマスンダラム、キラン・クマーシュ、ハオ
出願日 2014年10月7日 (5年4ヶ月経過) 出願番号 2016-546911
公開日 2016年12月15日 (3年2ヶ月経過) 公開番号 2016-539598
状態 不明
技術分野
  • -
主要キーワード 一時的期間 対象技術 連続キャリア サブ構成要素 時間アライメント 例示的設計 クリティカルデータ データオン
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年12月15日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題・解決手段

対象の技術は、LTE−Uにおいてクリアチャネルアセスメント(CCA)を実行することを提供する。送信は、CCAのために確保されたリソースにおいてモニタされ得る。送信のエネルギーが、CCAのために確保されたリソースにおいて割り当てられたスロットよりも短い持続時間にわたって検出される。モニタすることに基づいてクリアチャネルを検出することに応答して、CCAのためにワイヤレスエンティティに割り当てられたスロットで、ビーコンが送信され得る。別の態様では、連続したいくつかのCCA期間の間に送信を検出することに応答して、CCAのためのビーコン送信およびモニタすることのためのタイミングが適合される。さらに、対象の技術は、モニタすることに基づいてクリアチャネルを検出することに応答して、CCAのために移動局に割り当てられたスロットでのビーコンの送信のために最大電力に調整することを提供する。

概要

背景

[0003]ワイヤレス通信ネットワークは、音声ビデオパケットデータ、メッセージングブロードキャストなどの様々な通信サービスを提供するために広く展開されている。これらのワイヤレスネットワークは、利用可能なネットワークリソース共有することによって複数のユーザをサポートすることのできる多元接続ネットワークであり得る。そのような多元接続ネットワークの例には、符号分割多元接続(CDMAネットワーク時分割多元接続TDMA)ネットワーク、周波数分割多元接続FDMA)ネットワーク、直交FDMA(OFDMA)ネットワーク、およびシングルキャリアFDMA(SC−FDMA)ネットワークが含まれる。

[0004]ワイヤレス通信ネットワークは、たとえば、移動局(STA)、ラップトップセルフォン、PDA、タブレットなど、いくつかのモバイルデバイスのための通信をサポートすることができるいくつかのアクセスポイントを含み得る。STAが、ダウンリンク(DL)およびアップリンク(UL)を介してアクセスポイントと通信することができる。DL(または順方向リンク)は、アクセスポイントからSTAへの通信リンクを指し、UL(または逆方向リンク)は、STAからアクセスポイントへの通信リンクを指す。

概要

対象の技術は、LTE−Uにおいてクリアチャネルアセスメント(CCA)を実行することを提供する。送信は、CCAのために確保されたリソースにおいてモニタされ得る。送信のエネルギーが、CCAのために確保されたリソースにおいて割り当てられたスロットよりも短い持続時間にわたって検出される。モニタすることに基づいてクリアチャネルを検出することに応答して、CCAのためにワイヤレスエンティティに割り当てられたスロットで、ビーコンが送信され得る。別の態様では、連続したいくつかのCCA期間の間に送信を検出することに応答して、CCAのためのビーコン送信およびモニタすることのためのタイミングが適合される。さらに、対象の技術は、モニタすることに基づいてクリアチャネルを検出することに応答して、CCAのために移動局に割り当てられたスロットでのビーコンの送信のために最大電力に調整することを提供する。

目的

[0003]ワイヤレス通信ネットワークは、音声、ビデオ、パケットデータ、メッセージング、ブロードキャストなどの様々な通信サービスを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
- 件
牽制数
- 件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

該当するデータがありません

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

LTE−Uにおいてクリアチャネルアセスメント(CCA)を実行するための方法であって、CCAのために確保されたリソースでの送信のためにモニタすることと、CCAのために確保された前記リソースにおける割り当てられたスロットよりも短い持続時間にわたる前記送信のエネルギーを検出することとを備える方法。

請求項2

前記より短い持続時間は、前記割り当てられたスロットの両端の少なくとも1つのガード期間に基づく、請求項1に記載の方法。

請求項3

前記モニタすることに基づいてクリアチャネルを検出することに応答して、CCAのためにワイヤレスエンティティに割り当てられたスロットでビーコンを送信することをさらに備える、請求項1に記載の方法。

請求項4

前記送信は、直交周波数分割多重(OFDMシンボル境界の前に第1の所定時間オフセットされたオフタイム期間と、前記OFDMシンボル境界の後に第2の所定時間オフセットされたオン期間とを有するタイミンマスクに従う、請求項1に記載の方法。

請求項5

連続した多数のCCA期間の間に前記送信を検出することに応答して、CCAのためのビーコン送信および前記モニタすることのためのタイミングを適合させることをさらに備える、請求項1に記載の方法。

請求項6

前記ビーコン送信を適合させることは、CCAのために確保された予備リソースで前記ビーコンを送信することを備える、請求項5に記載の方法。

請求項7

PLMN内ノードによるブロッキングを決定するために、検出された送信のタイミングにバイアスをかけることをさらに備える、請求項5に記載の方法。

請求項8

前記モニタすることに基づいてクリアチャネルを検出することに応答して、CCAのために移動局に割り当てられたスロットでのビーコンの送信のために最大電力に調整することをさらに備える、請求項1に記載の方法。

請求項9

LTE−Uにおいてクリアチャネルアセスメント(CCA)を実行するための装置であって、CCAのために確保されたリソースでの送信のためにモニタするための手段と、CCAのために確保された前記リソースにおける割り当てられたスロットよりも短い持続時間にわたる前記送信のエネルギーを検出するための手段とを備える装置。

請求項10

前記より短い持続時間は、前記割り当てられたスロットの両端の少なくとも1つのガード期間に基づいている、請求項9に記載の装置。

請求項11

前記モニタすることに基づいてクリアチャネルを検出することに応答して、CCAのためにワイヤレスエンティティに割り当てられたスロットでビーコンを送信するための手段をさらに備える、請求項9に記載の装置。

請求項12

前記送信は、直交周波数分割多重(OFDM)シンボル境界の前に第1の所定時間オフセットされたオフタイム期間と、前記OFDMシンボル境界の後に第2の所定時間オフセットされたオン期間とを有するタイミングマスクに従う、請求項9に記載の装置。

請求項13

連続したいくつかのCCA期間の間に前記送信を検出することに応答して、CCAのためのビーコン送信および前記モニタすることのためのタイミングを適合させるための手段をさらに備える、請求項9に記載の装置。

請求項14

前記ビーコン送信を適合させることは、CCAのために確保された予備リソースで前記ビーコンを送信することを備える、請求項13に記載の装置。

請求項15

PLMN内ノードによるブロッキングを決定するために、検出された送信のためのタイミングにバイアスをかけるための手段をさらに備える、請求項13に記載の装置。

請求項16

前記モニタすることに基づいてクリアチャネルを検出することに応答して、CCAのために移動局に割り当てられたスロットでのビーコンの送信のために最大電力に調整するための手段をさらに備える、請求項9に記載の装置。

請求項17

LTE−Uにおいてクリアチャネルアセスメント(CCA)を実行するための装置であって、CCAのために確保されたリソースでの送信をモニタするために構成された少なくとも1つのトランシーバと、CCAのために確保された前記リソースにおける割り当てられたスロットよりも短い持続時間にわたる前記送信のエネルギーを検出するために構成された少なくとも1つのプロセッサと、前記少なくとも1つのプロセッサに結合された、データを記憶するためのメモリとを備える装置。

請求項18

前記より短い持続時間は、前記割り当てられたスロットの両端の少なくとも1つのガード期間に基づいている、請求項17に記載の装置。

請求項19

前記送信は、直交周波数分割多重(OFDM)シンボル境界の前に第1の所定時間オフセットされたオフタイム期間と、前記OFDMシンボル境界の後に第2の所定時間オフセットされたオン期間とを有するタイミングマスクに従う、請求項17に記載の装置。

請求項20

前記少なくとも1つのトランシーバは、前記モニタすることに基づいてクリアチャネルを検出することに応答して、CCAのためにワイヤレスエンティティに割り当てられたスロットでビーコンを送信するためにさらに構成される、請求項17に記載の装置。

請求項21

前記少なくとも1つのプロセッサは、連続したいくつかのCCA期間の間に前記送信を検出することに応答して、CCAのためのビーコン送信および前記モニタすることのためのタイミングを適合させるためにさらに構成される、請求項17に記載の装置。

請求項22

前記ビーコン送信を適合させることは、CCAのために確保された予備リソースで前記ビーコンを送信することを備える、請求項21に記載の装置。

請求項23

前記少なくとも1つのプロセッサは、PLMN内ノードによるブロッキングを決定するために検出された送信のタイミングにバイアスをかけるためにさらに構成される、請求項21に記載の装置。

請求項24

前記少なくとも1つのプロセッサは、前記モニタすることに基づいてクリアチャネルを検出することに応答して、CCAのために移動局に割り当てられたスロットでのビーコンの送信のために最大電力に調整するためにさらに構成される、請求項17に記載の装置。

請求項25

コンピュータプログラム製品であって、少なくとも1つのコンピュータに、クリアチャネルアセスメント(CCA)のために確保されたリソースでの送信をモニタすることと、CCAのために確保された前記リソースにおける割り当てられたスロットよりも短い持続時間にわたる前記送信のエネルギーを検出することとを行わせるためのコードを記憶するコンピュータ可読媒体を備える、コンピュータプログラム製品。

請求項26

前記より短い持続時間は、前記割り当てられたスロットの両端の少なくとも1つのガード期間に基づいている、請求項25に記載のコンピュータプログラム製品。

請求項27

前記送信は、直交周波数分割多重(OFDM)シンボル境界の前に第1の所定時間オフセットされたオフタイム期間と、前記OFDMシンボル境界の後に第2の所定時間オフセットされたオン期間とを有するタイミングマスクに従う、請求項25に記載のコンピュータプログラム製品。

請求項28

前記コンピュータ可読媒体は、前記少なくとも1つのコンピュータに、前記モニタすることに基づいてクリアチャネルを検出することに応答して、CCAのためにワイヤレスエンティティに割り当てられたスロットでビーコンを送信することを行わせるためのコードをさらに記憶する、請求項25に記載のコンピュータプログラム製品。

請求項29

前記コンピュータ可読媒体は、前記少なくとも1つのコンピュータに、前記モニタすることに基づいて連続したいくつかのCCA期間の間に前記送信を検出することに応答して、CCAのためのビーコン送信および前記モニタすることのためのタイミングを適合することを行わせるためのコードをさらに記憶する、請求項25に記載のコンピュータプログラム製品。

請求項30

前記ビーコン送信を適合させることは、CCAのために確保された予備リソースで前記ビーコン送信を送信することを備える、請求項29に記載のコンピュータプログラム製品。

請求項31

前記コンピュータ可読媒体は、前記少なくとも1つのコンピュータに、PLMN内ノードによるブロッキングを決定するために、検出された送信のタイミングにバイアスをかけることを行わせるためのコードをさらに記憶する、請求項25に記載のコンピュータプログラム製品。

請求項32

前記コンピュータ可読媒体が、前記少なくとも1つのコンピュータに、前記モニタすることに基づいてクリアチャネルを検出することに応答して、CCAのために移動局に割り当てられたスロットでのビーコンの送信のために最大電力に調整することを行わせるためのコードをさらに記憶する、請求項25に記載のコンピュータプログラム製品。

請求項33

アクセスポイントがLTE−Uにおいてタイミングアドバンスを実行するための方法であって、少なくとも1つの移動局から、前記少なくとも1つの移動局からのタイミング情報を備える少なくとも1つのメッセージを受信することと、前記受信したタイミング情報を使用して、前記少なくとも移動局間タイミング差を減少させることに基づいて、前記少なくとも1つの移動局のためにチャネル使用ビーコン信号(CUBS)送信および関連するクリアチャネルアセスメント(CCA)ウィンドウのための少なくとも1つのタイミングアドバンスパラメータを決定することとを備える方法。

請求項34

前記受信することは、ランダムアクセスプリアンブルを受信すること、または前記タイミング情報を備える少なくとも1つのRx−Txタイミング差レポートを受信することのうちの少なくとも1つを備える、請求項33に記載の方法。

請求項35

CUBSの前記送信タイミングは、PUSCHの前記送信タイミングとは異なり、前記方法は、同じ移動局に少なくとも2つのタイミングアドバンスコマンドを送信することをさらに備える、請求項33に記載の方法。

請求項36

CUSBの前記送信タイミングは、PUSCHからの送信タイミングと同じである、請求項33に記載の方法。

請求項37

前記アクセスポイントで、LTE−UにおいてCCAを実行する必要がある移動局のためにアップリンク電力制御を実行することをさらに備え、前記実行することは、CCA電力しきい値に基づいたCUBS送信のためのターゲット受信電力、および近隣アクセスポイントの移動局に基づいた電力マージンを決定することと、CUBS送信のために推定パスロスに応じて送信電力スロープを決定することと、前記決定されたターゲット受信電力、および前記決定されたスロープを前記移動局に送ることとを備える、請求項33に記載の方法。

請求項38

前記電力マージンは、アンテナ利得差パスロス差を加えたものにさらに基づく、請求項37に記載の方法。

請求項39

前記スロープは、CUBS送信が小さいパスロスを持つ、および大きいパスロスを持つ移動局に対して同様の電力レベルを有するように決定される、請求項37に記載の方法。

請求項40

前記スロープは、CUBS送信がより小さいパスロスを持つ移動局に対してより高い電力を有するように決定される、請求項37に記載の方法。

請求項41

LTE−Uにおいてタイミングアドバンスを実行するための装置であって、少なくとも1つの移動局から、前記少なくとも1つの移動局からのタイミング情報を備える少なくとも1つのメッセージを受信するための手段と、前記受信したタイミング情報を使用して、前記少なくとも移動局間のタイミング差を減少させることに基づいて、前記少なくとも1つの移動局のためにチャネル使用ビーコン信号(CUBS)送信および関連するCCAウィンドウのための少なくとも1つのタイミングアドバンスパラメータを決定するための手段とを備える装置。

請求項42

LTE−UにおいてクリアチャネルアセスメントCCAを実行する必要がある移動局のためにアップリンク電力制御を実行するための手段をさらに含み、前記実行するための手段は、CCA電力しきい値に基づいたCUBS送信のためのターゲット受信電力、および近隣アクセスポイントの移動局に基づいた電力マージンを決定するための手段と、CUBS送信のために推定パスロスに応じて送信電力のスロープを決定するための手段と、前記決定されたターゲット受信電力、および前記決定されたスロープを前記移動局に送るための手段とを備える、請求項41に記載の装置。

請求項43

LTE−Uにおいてタイミングアドバンスを実行するための装置であって、少なくとも1つの移動局から、前記少なくとも1つの移動局からのタイミング情報を備える少なくとも1つのメッセージを受信するために構成された少なくとも1つのトランシーバと、前記受信したタイミング情報を使用して、前記少なくとも移動局間のタイミング差を減少させることに基づいて、前記少なくとも1つの移動局のためにチャネル使用ビーコン信号(CUBS)送信および関連するCCAウィンドウのための少なくとも1つのタイミングアドバンスパラメータを決定するために構成された少なくとも1つのプロセッサと、前記少なくとも1つのプロセッサに結合された、データを記憶するためのメモリとを備える装置。

請求項44

前記少なくとも1つのプロセッサは、LTE−UにおいてクリアチャネルアセスメントCCAを実行する必要がある移動局のためにアップリンク電力制御を実行するためにさらに構成され、前記実行することは、CCA電力しきい値に基づいたCUBS送信のためのターゲット受信電力、および近隣アクセスポイントの移動局に基づいた電力マージンを決定することと、CUBS送信のために推定パスロスに応じて送信電力のスロープを決定することとを備える、請求項43に記載の装置。

請求項45

前記少なくとも1つのトランシーバは、前記決定されたターゲット受信電力と、前記決定されたスロープとを前記移動局に送るためにさらに構成される、請求項44に記載の装置。

請求項46

コンピュータプログラム製品であって、少なくとも1つのコンピュータに、少なくとも1つの移動局から、前記少なくとも1つの移動局からのタイミング情報を備える少なくとも1つのメッセージを受信することと、前記受信したタイミング情報を使用して、前記少なくとも移動局間のタイミング差を減少させることに基づいて、前記少なくとも1つの移動局のためにチャネル使用ビーコン信号(CUBS)送信および関連するCCAウィンドウのための少なくとも1つのタイミングアドバンスパラメータを決定することとを行わせるためのコードを記憶するコンピュータ可読媒体を備える、コンピュータプログラム製品。

請求項47

前記コンピュータ可読媒体は、前記少なくとも1つのコンピュータに、CCA電力しきい値に基づいたCUBS送信のためのターゲット受信電力、および近隣アクセスポイントの移動局に基づいた電力マージンを決定することと、CUBS送信のために推定パスロスに応じて送信電力のスロープを決定することと、前記決定されたターゲット受信電力、および前記決定されたスロープを前記移動局に送ることとを行わせるためのコードをさらに記憶する、請求項46に記載のコンピュータプログラム製品。

関連出願の相互参照

0001

[0001]本出願は、米国特許法第119条(e)に従って、2013年10月7日に出願された米国特許仮出願第61/887、922号に基づく優先権を主張し、これによりその全体を参照により組み込まれる。

技術分野

0002

[0002]本開示の態様は、一般にワイヤレス通信システムに関し、より詳細には、無認可帯域LTE(「LTE−U」)クリアチャネルアセスメント(CCA)を使用する送信のための方法に関する。

背景技術

0003

[0003]ワイヤレス通信ネットワークは、音声ビデオパケットデータ、メッセージングブロードキャストなどの様々な通信サービスを提供するために広く展開されている。これらのワイヤレスネットワークは、利用可能なネットワークリソース共有することによって複数のユーザをサポートすることのできる多元接続ネットワークであり得る。そのような多元接続ネットワークの例には、符号分割多元接続(CDMAネットワーク時分割多元接続TDMA)ネットワーク、周波数分割多元接続FDMA)ネットワーク、直交FDMA(OFDMA)ネットワーク、およびシングルキャリアFDMA(SC−FDMA)ネットワークが含まれる。

0004

[0004]ワイヤレス通信ネットワークは、たとえば、移動局(STA)、ラップトップセルフォン、PDA、タブレットなど、いくつかのモバイルデバイスのための通信をサポートすることができるいくつかのアクセスポイントを含み得る。STAが、ダウンリンク(DL)およびアップリンク(UL)を介してアクセスポイントと通信することができる。DL(または順方向リンク)は、アクセスポイントからSTAへの通信リンクを指し、UL(または逆方向リンク)は、STAからアクセスポイントへの通信リンクを指す。

0005

[0005]LTE−U技法においてクリアチャネルアセスメント(CCA)を実行するための方法、装置、およびシステムについて、詳細な説明において説明し、いくつかの態様について、以下に概要を述べる。この概要および次の詳細な説明は、統合的開示の相補部分として解釈されるべきであり、この部分は、重複する主題および/または補足的主題を含み得る。どちらかのセクションにおける省略は、統合的応用例において説明される任意の要素の優先度または相対的重要度を示すものではない。セクション間の差は、それぞれの開示から明らかとなるように、代替的実施形態の補足的開示、追加の詳細、または異なる用語を使用した同一の実施形態の代替的説明を含み得る。

0006

[0006]一態様では、LTE−Uにおいてクリアチャネルアセスメント(CCA)を行うための方法が提供される。この方法は、CCAのために確保されたリソースでの送信のためにモニタすることと、CCAのために確保されたリソースにおける割り当てられたスロットよりも短い持続時間にわたる送信のエネルギーを検出することとを含み得る。より短い持続時間は、割り当てられたスロットの両端の少なくとも1つのガード期間に基づき得る。この方法は、モニタすることに基づいてクリアチャネルを検出することに応答して、CCAのためにワイヤレスエンティティに割り当てられたスロットでビーコンを送信することをさらに含み得る。送信は、直交周波数分割多重(OFDMシンボル境界の前に第1の所定時間オフセットされたオフタイム期間と、OFDMシンボル境界の後に第2の所定時間オフセットされたオン期間とを有するタイミンマスクに従うことができる。この方法はさらに、連続したいくつかのCCA期間の間に送信を検出することに応答して、CCAのためのビーコン送信およびモニタすることのためのタイミングを適合させることを含み得る。ビーコン送信を適合させることはさらに、CCAのために確保された予備リソースでビーコンを送信することを含み得る。この方法はさらに、PLMN内ノードによるブロッキングを決定するために、検出された送信のタイミングにバイアスをかけることを含み得る。さらなる態様では、方法は、モニタすることに基づいてクリアチャネルを検出することに応答して、CCAのために移動局に割り当てられたスロットでのビーコンの送信のために最大電力に調整することを含み得る。

0007

[0007]別の態様では、LTE−Uにおいてアクセスポイントがタイミングアドバンスを行うための方法が提供され得る。この方法は、少なくとも1つの移動局から、少なくとも1つの移動局からのタイミング情報を備えた少なくとも1つのメッセージを受信することと、少なくとも移動局間タイミング差を減少させることに基づいて少なくとも1つの移動局のために、受信したタイミング情報を使用して、チャネル使用ビーコン信号(CUBS)送信および関連するクリアチャネルアセスメント(CCA)ウィンドウのための少なくとも1つのタイミングアドバンスパラメータを決定することとを含み得る。受信することは、ランダムアクセスプリアンブルを受信すること、またはタイミング情報を備えた少なくとも1つのRx−Txタイミング差レポートを受信することのうちの少なくとも1つを含み得る。CUBSの送信タイミングは、PUSCHの送信タイミングとは異なり得る。この方法はさらに、同じ移動局に少なくとも2つのタイミングアドバンスコマンドを送信することを含み得る。CUBSの送信タイミングは、PUSCHからの送信タイミングと同じであり得る。

0008

[0008]さらなる態様では、アクセスポイントで、LTE−UにおいてCCAを行うことを必要とする移動局のためにアップリンク電力制御を行うための方法が提供され得る。この方法は、CCA電力しきい値に基づいたCUBS送信のためのターゲット受信電力と、近隣アクセスポイントの移動局に基づいた電力マージンとを決定することを含み得る。この方法はさらに、CUBS送信のために推定パスロスに応じて送信電力スロープを決定することを含み得る。この方法はまた、決定されたターゲット受信電力と、決定されたスロープとを移動局に送ることを含み得る。電力マージンはさらに、アンテナ利得差パスロス差を加えたものに基づかれ得る。スロープは、CUBS送信が小さいパスロスのある、および大きいパスロスのある移動局に対して同様の電力レベルを有するように決定され得る。さらに、スロープは、CUBS送信がより小さいパスロスのある移動局に対してより高い電力を有するように決定され得る。

0009

[0009]関係する態様では、上記で要約した方法と方法の態様とのいずれかを実行するためのワイヤレス通信装置が提供され得る。装置は、たとえば、メモリに結合されたプロセッサを含み得、ここにおいて、メモリは、上記で説明した動作を装置に実行させるためにプロセッサが実行するための命令を保持する。そのような装置のいくつかの態様(たとえば、ハードウェア態様)は、ワイヤレス通信のために使用される様々なタイプのモバイルエンティティまたは基地局などの機器によって例示され得る。同様に、プロセッサによって実行されたとき、上記方法および上記で要約した方法の態様をワイヤレス通信装置に実行させる、符号化された命令を保持する非一時的コンピュータ可読媒体を含む、製造品が提供され得る。

0010

[0010]前述の方法の動作のすべては、本明細書の他所でより詳細に説明する構成要素を使用して、ワイヤレス通信システムの1つまたは複数のネットワークエンティティによって実行され得る。

図面の簡単な説明

0011

電気通信システムの一例を概念的に示すブロック図。
電気通信システムにおけるダウンリンクフレーム構造の一例を示すブロック図。
本開示の一態様により構成された基地局/eNBおよびUEの設計を示すブロック図。
連続キャリアアグリゲーションタイプを開示する図。
非連続キャリアアグリゲーションタイプを開示する図。
ダウンリンクサブフレーム構造における例示的なクリアチャネルアセスメント(CCA)配置オプションを示す図。
例示的な時分割複信(TDDフレーム構造におけるCCA配置オプションを示す図。
例示的なワイヤレス通信システムにおけるCCAを示す図。
タイミングオフセットを有する2つのノードに対するCCAを示す図。
別のタイミングオフセットを有する2つのノードに対するCCAを示す図。
シフトされたタイミングマスクを示す図。
LTE−UにおけるCCAのための方法の実施形態を示す図。
LTE−UにおけるCCAのための方法の別の実施形態を示す図。
LTE−Uにおけるタイミングアドバンスのための方法の実施形態を示す図。
LTE−UにおけるCCAのための方法のさらに別の実施形態を示す図。
LTE−UにおけるCCAのための方法のさらに別の実施形態を示す図。
LTE−UにおけるCCAのための方法のさらに別の実施形態を示す図。
図11の方法を実施するための例示的な装置を示す図。
図12の方法を実施するための例示的な装置を示す図。
図13の方法を実施するための例示的な装置を示す図。
図14の方法を実施するための例示的な装置を示す図。
図15の方法を実施するための例示的な装置を示す図。
図16の方法を実施するための例示的な装置を示す図。

実施例

0012

[0034]添付の図面に関して以下に記載する詳細な説明は、様々な構成を説明するものであり、本明細書で説明する概念が実施され得る唯一の構成を表すものではない。詳細な説明は、様々な概念の完全な理解を提供する目的のための特定の詳細を含む。しかしながら、これらの概念がこれらの特定の詳細なしに実施され得ることは、当業者には明らかであろう。いくつかの例では、そのような概念を曖昧にするのを回避するために、周知の構造および構成要素をブロック図の形態で示す。

0013

[0035]本明細書で説明する技法は、CDMA、TDMA、FDMA、OFDMA、SC−FDMA、および他のシステムなど、様々なワイヤレス通信ネットワークのために使用され得る。「ネットワーク」および「システム」という用語は、多くの場合、区別なく使用される。CDMAネットワークは、汎用地上無線アクセスUTRA:Universal Terrestrial Radio Access)、CDMA2000などの無線技術を実装し得る。UTRAは、広帯域CDMA(WCDMA(登録商標))とCDMAの他の変形態とを含む。CDMA2000は、IS−2000、IS−95およびIS−856の標準規格を含む。TDMAネットワークは、モバイル通信グローバルシステム(GSM(登録商標))などの無線技術を実装することができる。OFDMAネットワークは、Evolved UTRA(E−UTRA)、Ultra Mobile Broadband(UMB)、IEEE802.11(Wi−Fi(登録商標))、IEEE802.16(WiMAX(登録商標))、IEEE802.20、Flash−OFDMAなどの無線技術を実装し得る。UTRAおよびE−UTRAは、ユニバーサルモバイルテレコミュニケーションシステム(UMTS)の一部である。3GPP(登録商標)のロングタームエボリューション(LTE)およびLTEアドバンスト(LTE−A)は、E−UTRAを使用するUMTSの新しいリリースである。UTRA、E−UTRA、UMTS、LTE、LTE−A、およびGSMは、「第3世代パートナーシッププロジェクト」(3GPP)と称する団体からの文書に記載されている。CDMA2000およびUMBは、「第3世代パートナーシッププロジェクト2」(3GPP2)と称する団体からの文書に記載されている。本明細書で説明する技法は、上で記載したワイヤレスネットワークおよび無線技術、ならびに他のワイヤレスネットワークおよび無線技術のために使用され得る。明快のために、技法のいくつかの態様がLTEのために以下で説明され、以下の説明の多くではLTE用語が使用される。

0014

[0036]図1に、LTEネットワークであり得るワイヤレス通信ネットワーク100を示す。ワイヤレスネットワーク100は、いくつかのeNB110と他のネットワークエンティティとを含み得る。eNBは、UEと通信する局であってよく、基地局、ノードB、アクセスポイント、または他の用語としても呼ばれ得る。各eNB110a、110b、110cは、特定の地理的エリアに通信カバレージを与え得る。3GPPでは、「セル」という用語は、この用語が使用される状況に応じて、eNBのカバレッジエリアおよび/またはこのカバレッジエリアにサービスしているeNBサブシステムを指すことがある。

0015

[0037]eNBは、マクロセルピコセルフェムトセル、および/または他のタイプのセルのための通信カバレージを提供することができる。マクロセルは、比較的大きい地理的エリア(たとえば、半径キロメートル)をカバーすることができ、サービスに加入しているUEによる無制限のアクセス許容する場合がある。ピコセルは、比較的小さい地理的エリアをカバーすることができ、サービスに加入しているUEによる無制限のアクセスを許容する場合がある。フェムトセルは、比較的小さい地理的エリア(たとえば、自宅)をカバーでき、フェムトセルとの関連を有するUE(たとえば、限定加入者グループCSG)内のUE、自宅内のユーザのためのUEなど)による制限されたアクセスを可能にすることができる。マクロセルのためのeNBはマクロeNBと呼ばれることがある。ピコセルのためのeNBは、ピコeNBと呼ばれることがある。フェムトセルのためのeNBはフェムトeNBまたはホームeNB(HNB)と呼ばれることがある。図1に示す例では、eNB110a、110bおよび110cは、それぞれマクロセル102a、102bおよび102cのためのマクロeNBであり得る。eNB110xは、UE120xをサービスするピコセル102xのためのピコeNBであり得る。eNB110yおよび110zは、それぞれフェムトセル102yおよび102zのためのフェムトeNBであり得る。eNBは、1つまたは複数の(たとえば、3つの)セルをサポートし得る。

0016

[0038]ワイヤレスネットワーク100は、様々なタイプのeNB、たとえば、マクロeNB、ピコeNB、フェムトeNB、リレーなどを含む異種ネットワークであり得る。これらの様々なタイプのeNBは、様々な送信電力レベルと、様々なカバレージエリアと、ワイヤレスネットワーク100中の干渉に対する様々な影響とを有し得る。たとえば、マクロeNBは、高い送信電力レベル(たとえば、20ワット)を有し得るが、ピコeNB、フェムトeNB、およびリレーは、より低い送信電力レベル(たとえば、1ワット)を有し得る。

0017

[0039]ワイヤレスネットワーク100は、同期動作または非同期動作をサポートし得る。ブロードキャストマルチキャスト動作は、定義エリア内の基地局の同期を必要とし得るが、本技術は、それにより限定されない。同期動作の場合、eNBは同様のフレームタイミングを有してよく、異なるeNBからの送信は時間的に概ねアラインされ得る。非同期動作の場合、eNBは異なるフレームタイミングを有する場合があり、異なるeNBからの送信は、時間的にアラインされない場合がある。本明細書で説明する技法は、同期動作と非同期動作の両方のために使用され得る。

0018

[0040]ネットワークコントローラ130は、eNBのセットに結合し、これらのeNBに協調と制御とを提供し得る。ネットワークコントローラ130は、バックホールを介してeNB110と通信することができる。eNB110はまた、たとえば、ワイヤレスバックホールまたは有線バックホールを介して、直接または間接的に互いに通信することができる。

0019

[0041]UE120は、ワイヤレスネットワーク100全体にわたって分散され得、各UEは固定式またはモバイルであり得る。UEは、端末、移動局、加入者ユニット、ノード、局などと呼ばれることもある。UEは、セルラー電話携帯情報端末(PDA)、ワイヤレスモデムワイヤレス通信デバイスハンドヘルドデバイスラップトップコンピュータコードレス電話ワイヤレスローカルループ(WLL)局、または他のモバイルデバイスであり得る。UEは、マクロeNB、ピコeNB、フェムトeNB、リレー、または他のネットワークエンティティと通信することが可能であり得る。図1では、両矢印付きの実線は、ダウンリンクおよび/またはアップリンク上で、UEと、そのUEにサービスするように指定されたeNBであるサービス提供eNBとの間の所望の送信を示す。両矢印付きの破線は、UEとeNBとの間の干渉する送信を示す。

0020

[0042]LTEは、ダウンリンク上では直交周波数分割多重(OFDM)を利用し、アップリンク上ではシングルキャリア周波数分割多重(SC−FDM)を利用する。OFDMおよびSC−FDMは、システム帯域幅を、一般にトーンビンなどとも呼ばれる複数(K)個の直交サブキャリア区分する。各サブキャリアはデータで変調され得る。概して、変調シンボルは、OFDMでは周波数領域で、SC−FDMでは時間領域で送られる。隣接するサブキャリア間の間隔は固定される場合があり、サブキャリアの総数(K)はシステム帯域幅によって決まる場合がある。たとえば、Kは、1.25、2.5、5、10、または20メガヘルツMHz)のシステム帯域幅に対してそれぞれ128、256、512、1024、または2048に等しくなり得る。システム帯域幅はまた、サブバンドに区分され得る。たとえば、サブバンドは1.08MHzをカバーし得、1.25、2.5、5、10または20MHzのシステム帯域幅に対してそれぞれ1、2、4、8または16個のサブバンドがあり得る。

0021

[0043]図2に、LTEにおいて使用されるダウンリンクフレーム構造を示す。ダウンリンクのための送信タイムラインは、無線フレーム200の単位に区分され得る。各無線フレーム、たとえばフレーム202は、所定の期間(たとえば、10ミリ秒(ms))を有してよく、0〜9のインデックスをもつ10個のサブフレーム204に分割され得る。各サブフレーム、たとえば「サブフレーム0」206は、たとえば、「スロット0」208および「スロット1」210という2つのスロットを含み得る。したがって、各無線フレームは、0〜19のインデックスをもつ20個のスロットを含み得る。各スロットは、「L」個のシンボル期間、たとえば、図2に示すようにノーマルサイクリックプレフィックス(CP)に対して7個のシンボル期間212、または拡張サイクリックプレフィックスに対して6個のシンボル期間を含み得る。ノーマルCPおよび拡張CPは、本明細書では異なるCPのタイプと呼ばれ得る。各サブフレーム中の2L個のシンボル期間は0〜2L−1のインデックスを割り当てられ得る。利用可能な時間周波数リソースリソースブロックに区分され得る。各リソースブロックは、1つのスロット中で「N」個のサブキャリア(たとえば、12個のサブキャリア)をカバーし得る。

0022

[0044]LTEでは、eNB110は、eNB110中の各セルのためのプライマリ同期信号(PSS)とセカンダリ同期信号(SSS)とを送り得る。プライマリ同期信号およびセカンダリ同期信号は、図2に示されているように、それぞれ、ノーマルサイクリックプレフィックスをもつ各無線フレームのサブフレーム0および5の各々中のシンボル期間6および5において送られ得る。同期信号は、セル検出および収集のためにUEによって使用され得る。eNB110は、サブフレーム0のスロット1中のシンボル期間0〜3において物理ブロードキャストチャネル(PBCH)を送り得る。PBCHはあるシステム情報を搬送し得る。

0023

[0045]eNB110は、図2の第1のシンボル期間214全体において示されているが、各サブフレームの第1のシンボル期間の一部のみの中で物理制御フォーマットインジケータチャネル(PCFICH)を送り得る。PCFICHは、制御チャネルのために使用されるいくつか(M個)のシンボル期間を搬送し得、ここで、Mは、1、2、または3に等しくなり得、サブフレームごとに変化し得る。Mはまた、たとえば、リソースブロックが10個未満である小さいシステム帯域幅に対して4に等しくなり得る。図2に示された例では、M=3である。eNB110は、各サブフレームの最初のM個(図2ではM=3)のシンボル期間中で物理H−ARQインジケータチャネル(PHICH)と物理ダウンリンク制御チャネル(PDCCH)とを送り得る。PHICHは、ハイブリッド自動再送信(H−ARQ)をサポートするための情報を搬送し得る。PDCCHは、UEのためのリソースの割振りに関する情報と、ダウンリンクチャネル用の制御情報とを搬送することができる。図2の第1のシンボル期間の中には示されていないが、PDCCHおよびPHICHは第1のシンボル期間の中にも含まれることを理解されたい。同様に、PHICHおよびPDCCHはまた、図2にはそのようには示されていないが、第2のシンボル期間と第3のシンボル期間の両方の中にある。eNB110は、各サブフレームの残りのシンボル期間において物理ダウンリンク共有チャネルPDSCH)を送り得る。PDSCHは、ダウンリンク上でのデータ送信のためにスケジュールされたUEのためのデータを搬送することができる。LTEにおける様々な信号およびチャネルは、公開されている「Evolved Universal Terrestrial Radio Access (E−UTRA); Physical Channels and Modulation」と題する3GPP TS 36.211に記載されている。

0024

[0046]eNB110は、eNB110によって使用されるシステム帯域幅の中心1.08MHzにおいてPSSと、SSSと、PBCHとを送り得る。eNB110は、これらのチャネルが送られる各シンボル期間においてシステム帯域幅全体にわたってPCFICHおよびPHICHを送り得る。eNB110は、システム帯域幅のいくつかの部分においてUEのグループにPDCCHを送り得る。eNB110は、システム帯域幅の特定の部分において特定のUEにPDSCHを送り得る。eNB110は、すべてのUEにブロードキャスト方式でPSSと、SSSと、PBCHと、PCFICHと、PHICHとを送り得、特定のUEにユニキャスト方式でPDCCHを送り得、また特定のUEにユニキャスト方式でPDSCHを送り得る。

0025

[0047]各シンボル期間において、いくつかのリソース要素が利用可能であり得る。各リソース要素は、1つのシンボル期間中の1つのサブキャリアをカバーし得、実数値または複素数値であり得る1つの変調シンボルを送るために使用され得る。各シンボル期間中に基準信号のために使用されないリソース要素は、リソース要素グループ(REG)に配置され得る。各REGは、1つのシンボル期間中の4つのリソース要素を含み得る。PCFICHは、シンボル期間0中に、周波数にわたってほぼ等しく離間され得る、4つのREGを占有し得る。PHICHは、1つまたは複数の構成可能なシンボル期間中に、周波数にわたって拡散され得る、3つのREGを占有し得る。たとえば、PHICHのための3つのREGは、すべてシンボル期間0に属することができるか、またはシンボル期間0、1および2に拡散され得る。PDCCHは、最初のM個のシンボル期間中に、利用可能なREGから選択され得る、9、18、32または64個のREGを占有し得る。REGのいくつかの組合せのみを、PDCCHに対して許可することができる。

0026

[0048]UEは、PHICHおよびPCFICHのために使用される特定のREGを知り得る。UEは、PDCCHのためにREGの異なる組合せを探索することができる。探索すべき組合せの数は、一般に、PDCCHに対して可能にされる組合せの数よりも少ない。eNB110は、UEが探索することになる組合せのいずれかにおいてUEにPDCCHを送り得る。

0027

[0049]図3は、図1の基地局/eNB110のうちの1つであり得る基地局/eNB110、および図1のUE120のうちの1つであり得るUE120の設計のブロック図を示す。基地局110はまた、何らかの他のタイプの基地局であり得る。基地局110はアンテナ334a〜334tを備え得、UE120はアンテナ352a〜352rを備え得る。

0028

[0050]基地局110において、送信プロセッサ320は、データソース312からデータを受信し、コントローラ/プロセッサ340から制御情報を受信し得る。制御情報は、PBCH、PCFICH、PHICH、PDCCHなどのためであり得る。データは、PDSCHなどのためであり得る。プロセッサ320は、データと制御情報とを処理(たとえば、符号化およびシンボルマッピング)して、それぞれデータシンボル制御シンボルとを取得し得る。プロセッサ320はまた、たとえば、PSS、SSS、およびセル固有基準信号のための基準シンボルを生成し得る。送信(TX)多入力多出力MIMO)プロセッサ330が、適用可能な場合、データシンボル、制御シンボル、および/または基準シンボルに対して空間処理(たとえば、プリコーディング)を実行し得、出力シンボルストリーム変調器(MOD)332a〜332tに与え得る。各変調器332は、出力サンプルストリームを取得するために、(たとえば、OFDMなどのための)それぞれの出力シンボルストリームを処理し得る。各変調器332はさらに、ダウンリンク信号を取得するために、出力サンプルストリームを処理(たとえば、アナログへの変換、増幅フィルタ処理、およびアップコンバート)し得る。変調器332a〜332tのダウンリンク信号は、それぞれアンテナ334a〜334tを介して送信され得る。

0029

[0051]UE120において、アンテナ352a〜352rは、基地局110および/または近隣基地局からダウンリンク信号を受信し得、受信信号をそれぞれ復調器(DEMOD)354a〜354rに与え得る。各復調器354は入力サンプルを取得するために、それぞれの受信信号を調整(たとえば、フィルタ処理、増幅、ダウンコンバート、およびデジタル化)し得る。各復調器354はさらに、受信シンボルを取得するために、(たとえば、OFDMなどのために)入力サンプルを処理し得る。MIMO検出器356は、すべての復調器354a〜354rから受信シンボルを取得し、適用可能な場合は受信シンボルに対してMIMO検出を実行し、検出シンボルを与え得る。受信(RX)プロセッサ358が、検出シンボルを処理(たとえば、復調デインターリーブ、および復号)し、UE120のための復号されたデータをデータシンク360に与え、復号された制御情報をコントローラ/プロセッサ380に与え得る。

0030

[0052]アップリンク上では、UE120において、送信プロセッサ364は、データソース362から(たとえば、PUSCHのための)データを受信し、処理し得、コントローラ/プロセッサ380から(たとえば、PUCCHのための)制御情報を受信し、処理し得る。プロセッサ364はまた、基準信号のための基準シンボルを生成し得る。送信プロセッサ364からのシンボルは、適用可能な場合はTXMIMOプロセッサ366によってプリコードされ、さらに(たとえば、SC−FDMなどのために)変調器354a〜354rによって処理され、基地局110に送信され得る。基地局110において、UE120からのアップリンク信号は、アンテナ334によって受信され、復調器332によって処理され、可能な場合はMIMO検出器336によって検出され、UE120によって送られた復号されたデータと制御情報とを取得するために、受信プロセッサ338によってさらに処理され得る。プロセッサ338は、復号されたデータをデータシンク339に与え、復号された制御情報をコントローラ/プロセッサ340に与え得る。

0031

[0053]UEが、サービングセルcのためのPUCCH上で同時送信することなくPUSCH上でデータを送信する場合、サービングセルcのためのサブフレームiにおけるPUSCH送信のためのUE送信電力PPUSCH,c(i)は、以下によって求められ得る:

0032

0033

[0055]たとえば、PO_PUSCH,cが、ターゲット受信電力であり得る。αcが、ターゲット受信電力のスロープであり得る。

0034

[0056]LTEにおける電力制御のためのさらなる詳細および式は、たとえば、3GPP TS 36.213において提供され得、その全体を本明細書に組み込まれる。

0035

[0057]コントローラ/プロセッサ340および380は、それぞれ基地局110およびUE120における動作を指示し得る。基地局110におけるプロセッサ340ならびに/または他のプロセッサおよびモジュールは、本明細書で説明する技法のための様々なプロセスを実行するか、またはその実行を指示し得る。UE120におけるプロセッサ380および/または他のプロセッサおよびモジュールはまた、以下の図に示す機能ブロック、および/または本明細書で説明する技法のための他のプロセスを実行するかまたはその実行を指示し得る。eNB110におけるプロセッサ340ならびに/または他のプロセッサおよびモジュールは、以下の図に示す機能ブロック、および/または本明細書で説明する技法のための他のプロセスを実行するか、またはその実行を指示し得る。メモリ342および382は、それぞれ基地局110およびUE120のためのデータとプログラムコードとを記憶し得る。スケジューラ344は、ダウンリンク上および/またはアップリンク上のデータ送信のためにUEをスケジューリングし得る。

0036

[0058]容易に諒解されるように、アンテナ352、変調器354、送信プロセッサ364、および/またはTXMIMOプロセッサ366は、UE120の送信チェーンを形成し、プロセッサ380の制御下でアップリンク信号を送るかまたは送信するための手段を供給し得る。たとえば、送信チェーンは、LTE−UにおいてCCAを行うための手段を供給することができる。

0037

[0059]容易に諒解されるように、アンテナ352、復調器354、受信プロセッサ358、および/または、RXMIMO検出器356は、UE120の受信チェーンを形成し、LTE−UにおいてCCAを行うための手段を供給し得る。

0038

[0060]一態様では、プロセッサ380は、メモリ382中に保持された命令を実行することによって、本明細書で説明する方法の動作を実行するためのモジュールを含む。そのようなモジュールは、たとえば、無認可通信帯域送信チャネルに関する制約に関連した少なくとも1つのメトリックを決定するための手段を含み得る。そのようなモジュールは、たとえば、それぞれの送信チェーンと受信チェーンとの動作を制御するためにプロセッサ380によって利用され得る。

0039

[0061]コントローラ/プロセッサ340および380は、それぞれ基地局110およびUE120における動作を指示し得る。基地局110におけるプロセッサ340ならびに/または他のプロセッサおよびモジュールは、本明細書で説明する技法のための様々なプロセスを実行するか、またはその実行を指示し得る。UE120におけるプロセッサ380ならびに/または他のプロセッサおよびモジュールは、図11図12図14、および図16に示す機能ブロック、および/または本明細書で説明する技法のための他のプロセスを実行するか、またはその実行を指示し得る。メモリ342および382は、それぞれ基地局110およびUE120のためのデータとプログラムコードとを記憶し得る。スケジューラ344は、ダウンリンク上および/またはアップリンク上のデータ送信のためにUEをスケジューリングし得る。

0040

[0062]一構成では、ワイヤレス通信のためのUE120は、以下の図に示されるプロセスを実行するための手段を含み得る。一態様では、上述の手段は、上述の手段によって列挙される機能を実行するように構成された(1つまたは複数の)プロセッサ、コントローラ/プロセッサ380、メモリ382、受信プロセッサ358、MIMO検出器356、復調器354a、およびアンテナ352aとすることができる。別の態様では、上述の手段は、上述の手段によって列挙される機能を実施するように構成されたモジュールまたは任意の装置とすることができる。

0041

[0063]図4Aは、連続キャリアアグリゲーションの一例を示す。LTEのための高データレートを達成するために、単一キャリアまたはチャネルを使用することによってサポートされる送信帯域幅を増大させることが必要である可能性がある。キャリアアグリゲーション(CA)を使用することによって、2つ以上のキャリアを使用し、全体的な送信帯域幅を増大させることが可能である。一実施形態では、K個のコンポーネントキャリア(CC)が利用可能であり得、互いに隣接し得、ただし、概して、Kは任意の整数値であり得る。Kは、いくつかのLTE releaseでは5以下に制限され得る。図4Aに示すように、コンポーネントキャリア402a、404a、および406aは、互いに隣接している。コンポーネントキャリア402a、404a、および406aのそれぞれが、最大20MHzの帯域幅を有することができる。全体的なシステム帯域幅は、5つのCCがサポートされるとき、最高100MHzであり得る。図4Bは、不連続キャリアアグリゲーションの一例を示す。K個のCCが利用可能であり得、互いに別個であり得る。図4Bに示すように、コンポーネントキャリア402b、404b、および406bは、互いに隣接していない、すなわち非連続である。各CCは最高20MHzの帯域幅を有し得る。アグリゲートされたキャリアは、プライマリサービングセル(PSCまたはPCell)にサービスするプライマリコンポーネントキャリア(PCC)を含み得る。プライマリサービングセルは、PCellと呼ばれ得る。アグリゲートされたキャリアは、それぞれセカンダリサービングセル(SSCまたはSCell)にサービスするいくつかのセカンダリコンポーネントキャリア(SCC)を含み得る。

0042

[0064]本開示の1つまたは複数の態様によれば、LTE−Uデバイスがクリアチャネルアセスメント(CCA)を行うための方法および装置が提供される。少なくとも1つの実施形態では、無認可帯域のLTE動作が、コアネットワークにおいて認可または無認可にわたってデータのシームレスフローも可能にしながら、WiFi(登録商標)と比べてかなり良好なカバレージおよび高いスペクトル効率を提供し得る。一例では、ユーザの観点からLTE−Uは、認可アンカーキャリアを介した高い信頼性および堅牢モビリティとともに、向上した広帯域体験、より高いデータレート、認可帯域と無認可帯域の両方のシームレスな利用を提供することができる。しかしながら、LTE−Uに対する考慮すべき事項は、LTE−Uが、「公平な」および「扱いやすい(friendly)」基盤上でWiFiなどの現在のアクセス技術共存することを保証することである。

0043

[0065]LTEは、いくつかの動作モードを提供することができる。無認可スペクトルでの動作の場合、LTEは、上述のようにLTE−U(「無認可帯域のLTE」)と呼ばれ得る。そのような無認可スペクトルは、2.4GHzのISM(Industrial,Scientific and Medical:産業、科学、および医療)帯域および5GHzのU−NII(Unlicensed National Information Infrastructure:無認可国内情報インフラストラクチャ)帯域で使用される802.11(WiFi)、802.15.1(Bluetooth(登録商標))、および802.15.4(ZigBee(登録商標))用の無認可または「ライセンス免除無線帯域を含み得る。LTE−Uは、LTEキャリアアグリゲーションおよび付加ダウンリンク(SDL:supplemental downlink)プロトコル活用することによって最初に無認可帯域でデータオフロードを可能にすることができる。たとえば、LTE−Uは、既存の認可スペクトルサービスプロバイダ(従来のMNO)による使用のために、付加ダウンリンク(SDL)モードを提供することができる。SDLは、ダウンリンク容量オフロードのために使用され得る。別のモードでは、既存の認可スペクトルサービスプロバイダ(従来のMNO)によってキャリアアグリゲーション(CA)が使用され得る。CAモードは、ダウンリンクおよびアップリンク容量オフロードのために使用され得る。スタンドアロン(SA)モードと呼ばれる別のモードでは、認可スペクトルは、サービスプロバイダによって使用されない可能性がある。SAモードは、会場(たとえば、スポーツスタジアム事業者またはMVNOによって使用され得る。SAモードは、会場内アクセス(in-venue access)のために、または非従来型ワイヤレスアクセスのために、またはエンタープライズセッティングにおいて使用され得る。

0044

[0066]キャリアアグリゲーションCAモードは、認可スペクトルおよび無認可スペクトルのいずれかまたは両方を使用するCAに基づく設計を含み得る。一設計では、認可スペクトルは、アンカーまたはプライマリコンポーネントキャリア(PCC)として使用され得る。制御データおよびクリティカルデータは、認可スペクトル上でトランスポートされ得る。無認可スペクトルは、データオンリー送信を提供するデータオフロードのために使用され得る。ダウンリンクおよびアップリンクにおいて、認可チャネル上のLTEは、制御とデータの両方を提供することができる。無認可チャネル上のLTEは、データを提供することができる。

0045

[0067]無認可スペクトルでの動作の場合、デバイスが、リッスンビフォアトーク(LBT)のために構成され得る。この構成では、eNBにおけるダウンリンク送信は、10ミリ秒(ms)ごとにCCAを行い得る。しかしながら、CCAを行うための他の時間期間が使用されてもやはり対象技術の範囲内であり得ることは理解されよう。一態様では、LBTは、固定フレーム期間に基づかれ得る。CCAは、無線フレーム境界にアラインされた、CCAと、リソース、グラブアンドリンキッシュ(grab-and-relinquish)、送信機のためのメカニズムを提供することができる。1つの例において、LBTは、送信機で必要とされるだけであるので、UEではLBTが行われないことがある。

0046

[0068]図5は、ダウンリンク(DL)フレーム構造における例示的なCCA配置オプションを示す。たとえば、ダウンリンクにおけるLBTは、後続のダウンリンクサブフレームをスケジュールするために、部分的なアップリンク(S’)サブフレームを介して達成され得る。たとえば、S’サブフレームのCCAは、ノードが今後の送信リソースを確保するまたは保持するために使用され得る。図5の例において、CCAのための機会は、サブフレーム9で発生する。CCA配置のためのスロットの数は、CCA再使用係数と呼ばれ得、図5では7であり得る。サブフレーム9において、ガード期間(GP)が、CCA配置機会の前に設けられ得る。たとえば、最小アイドル時間が、0.5ms以上であり得る。セル固有の(または共通)基準信号(CRS)は、5サブフレームおきに提供され得る。サブフレームの送信のために使用される波形は、UE基準信号(UEFSベースの復調に基づき得る。

0047

[0069]LBTフレームが、10ms無線フレームと一致し得る。1つのLBTフレームは、9つのダウンリンク(DL)サブフレーム、その後に続く1つのS’サブフレームを含み得る。DLサブフレームは、データ送信に使用され得る(たとえば、無線フレームあたり9ms)。S’サブフレームは、不連続送信(DTX)、CCA、またはチャネル使用ビーコン信号(CUBS)に使用され得る。

0048

[0070]CCA中にノードで検出される受信電力が指定のしきい値を下回ったままである場合、CCAは成功し得る。CCAがノードで成功する場合、ノードは、次のS’サブフレームの開始まで、媒体を「グラブアンドホールド(grab-and-hold)」し得る。ノードは、S’サブフレームの残りのシンボルのためにCUBSを送信し得る。CUBSは、S’サブフレームの後半でCCAを行う他のノードが、媒体は占有されていることを検知することを保証し得る。この点において、CUBSの送信は、近隣にある他のUEの送信信号を事実上ブロックし得る。ノードは、次の(たとえば、第0)サブフレームから必要とされるまで(最大9サブフレームの間)データを送信し得る。

0049

[0071]一実施形態では、同じパブリックランドモバイルネットワーク(PLMN:public land mobile network)内のすべてのノードが、同時にCCAを行う。同期されたCCAの結果として、ノードのどれも互いをブロックしない。これは、展開内の十分な空間再使用を促進し得る。一実施形態では、デフォルトによって、異なる展開からのノードは、時間の異なるポイントでCCAを行うように構成される。CCA機会は、展開にわたって公平のために時間において入れ替えられ得る。協調展開(cooperating deployment)は、CCAを同時に行うことを決定し得る。

0050

[0072]図6は、例示的な時分割複信(TDD)フレーム構造におけるCCA配置オプションを示す。サブフレームS’(たとえば、サブフレーム9)は、DL CCA配置オプションを提供することによって後続のDLサブフレーム(たとえば、サブフレーム0〜4)を保持するために使用され得る。たとえば、サブフレームS’(たとえば、サブフレーム9)は、部分的なUL、DL CCA(ダウンリンククリアチャネルアセスメント)、およびDL CUBS(ダウンリンクチャネル使用ビーコン信号)を含み得る。サブフレームS(たとえば、サブフレーム5)は、後続のULサブフレーム(たとえば、サブフレーム6〜8)を保持するために使用され得る。たとえば、サブフレームS(たとえば、サブフレーム5)は、ダウンリンクパイロットタイムスロット(DwPTS)、GP、UL CCA、およびUL CUBSを含み得る。

0051

[0073]図7は、例示的なワイヤレス通信システムにおけるCCAを示す。保留中の好機をねらった送信を有するUEのみが、SサブフレームでCCAを実施し得る。CCAが成功する場合、UEは、チャネルをクリアするためにUL−CUBS(アップリンクチャネル使用ビーコン信号)を送信し得る。この方法は、必要なときにのみ他のものをブロックし得る。UL CCA(アップリンククリアチャネルアセスメント)は、DL CCAクリアランス(CCA送信の範囲)と無関係に行われ得る。様々なLTE−UPLMNが、PCCからの割り当てに基づいたULを取得し得る。

0052

[0074]図7の例では、デバイスは、LTEーUシステム710および720において他のデバイスをブロックする可能性がある。LTE−Uシステム710におけるモバイルデバイス715のクリアランスは、他のデバイスをブロックすることを回避するために十分に小さいものであり得る。LTE−Uシステム720におけるモバイルデバイス765のクリアランスは、WiFiアクセスポイントに接続されたモバイルデバイス760をブロックする可能性がある。

0053

[0075]CCAのための1つの設計では、同じ事業者からのノードが、同時にCCAを実行し得る。時間アライメントエラーに対するCCA感度が、CCAの性能に影響を及ぼす可能性がある。「X」のタイミングエラーがあり、CCAインターバルが「Y」である場合、X/YのTX電力の一部が、RXチェーンにリークする可能性がある。TX電力は、前の非CCAシンボル上のTX、または次のCCAシンボル上のTXから来る可能性がある。問題の重大さは変わる可能性がある。20マイクロ秒(μs)のCCAスロットの場合、DL CCAは、TDDeNBタイミング要件を満たすために、約3μsであり得る。RXタイミングが同じ順序であると仮定すると、RX CCAは3μsであり得る。潜在的な漏れは、平均3/20または3dBの漏れである、6/20または5dBについて、20μsスロットにわたるシンボル(3+3)の両側にミスアライメントの最悪の場合を有する可能性がある。TX/RX切替時間は、+/−18μsであり得る。

0054

[0076]CCA動作には、無線(OTA:over the air)問題が発生する可能性がある。500メートルのセルサイズの場合、さらなる1.5μsのタイミング差が説明される必要があることがある。DL OTAによる同期が、異なる階層間にタイミングオフセットをもたらす可能性がある。OTA遅延が、上位階層eNBタイミングに反映される可能性がある。CCA動作ではUL CCAが発生し得る。異なるUEに対するタイミングアドバンスが、CCA時間をさらに押し開く可能性がある。これは、基地局に近いUEのRXに対して許容できる可能性がある。他のUEからのRXタイミングは、十分に調整され得る。これは、基地局から遠いUEのRXに対して、同じように許容できない可能性がある。セル中心UEからのRXタイミングは、近いUEに比較してさらに遅れる可能性がある。

0055

[0077]タイミングおよび同期は、CCAに関係する問題に対処するために調整され得る。一実施形態では、CCAは、たとえば、シンボルの各側に23μsのガード期間を設けて、OFDMシンボルの真ん中に位置決めされ得る。一態様では、オン−オフタイミングマスクが、CUBSのために使用され得る。タイミングマスクは、一時的期間を、定義されたOFDMシンボル持続時間に移動することができる。たとえば、一時的期間を[T−20,T]として有する代わりに、期間は、[T−10,T+10]として再定義され得る。これは、タイミング不確定性に十分なマージンを提供し得る。

0056

[0078]別の実施形態では、UEタイミングアドバンスが調整され得る。強化されたセルID、E−CellID、またはECIDは、eNBがUEからOTAタイミング情報を集めることを可能にすることができる位置決め技法である。UEタイミング調整は、ECID情報に基づいて行われ得る。タイミングアドバンスは、UE間のタイミング差を減少させるように調整され得る。スモールセルに許容できる可能性のあるDLに従うように、ゼロタイミング調整が行われ得る。別の態様では、タイミングアドバンスまたはECID技法は、UEで利用できるものとすることができる。たとえば、UEは、タイミングアドバンスパラメータおよび変数を最適化することができる。

0057

[0079]eNB OTAに基づく同期は、上位ティアノードがOTA遅延を説明するためにタイミングにバイアスをかけることを可能にし得る。

0058

[0080]図8は、タイミングオフセットを有する2つのノードに対するCCAを示す。図8の例では、2つのノード、ノード1およびノード2が、同じCCAスロットを有し得る(たとえば、2つのノードは、同じPLMNの一部である)。2つのノードは、タイミングオフセット、たとえば図8に示すデルタを有し得る。ノード1は、CCAに成功し得るが、ノード1からのTX電力は、タイミングオフセットのためにノード2のRXにリークし得る。たとえば、CUBS送信時間間隔(TTI)に向けられたノード1からの送信は、2つのノード間のタイミングオフセットのためにノード2のCCA N TTIにリークする可能性がある。

0059

[0081]図9は、別のタイミングオフセットを有する2つのノードに対するCCAを示す。図9中のタイミングオフセットは、図8の例に示すものよりも小さいタイミングオフセットであり得る。図9の例では、2つのノード、ノード1およびノード2が、同じCCAスロットを有し得る(たとえば、2つのノードは、同じPLMNの一部である)。2つのノードは、タイミングオフセット、たとえば図9に示すデルタを有し得る。ノード1は、CCAに成功し得るが、ノード1からのTX電力は、タイミングオフセットに起因してノード2のRXにリークし得る。たとえば、CUBSTTIに向けられたノード1からの送信は、2つのノード間のタイミングオフセットのためにノード2のCCA N TTIにリークする可能性がある。

0060

[0082]図10は、シフトされたタイミングマスクを示す。図10の例では、2つのノード、ノード1およびノード2が、同じCCAスロットを有し得る(たとえば、2つのノードは、同じPLMNの一部である)。2つのノードは、タイミングオフセット、たとえば図10に示すデルタを有し得る。ノード1は、CCA中で成功し得る。CUBSのための送信は、タイミングマスクに基づかれ得る。たとえば、タイミングマスクは、オン期間およびオフ期間を含み得る。オフ期間は、OFDMシンボル境界の前のあらかじめ決定された時間期間(たとえば、数ミリ秒)であってよい。オン期間は、OFDMシンボル境界の後のあらかじめ決定された時間期間(たとえば、数ミリ秒)であってよい。タイミングマスクを使用すると、干渉を減少させることができる。

0061

[0083]一実施形態では、波形は、感度を下げるためにCCAスロットのサイズを大きくするなど、変更され得る。

0062

[0084]別の実施形態では、ノードがCCAにおいて常にブロックされるとき、適合アルゴリズムが使用され得る。たとえば、ノードは、ブロッキングを検出し、タイミングにバイアスをかけることができる。ノードは、ブロッキングの場合、CUBSでTX電力を下げることができる。ノードは、PLMN内送信によってブロックされたノードのための予備CCAスロットに移動することができる。ノードがPLMN内送信によってもはやブロックされないとき、ノードは割り当てられたCCAスロットに戻ることができる。

0063

[0085]電力スペクトル密度PSD)制御を使用する現在のLTE仕様に基づいて、UL CUBSオープンループ電力逆反転(power inversion)が、各ノードで使用され得る。オープンループ電力制御は、UEがeNBに近いとき、他のUEのサイレンシング(silencing)がより少ない結果となり得る。電力制御は、UEがeNBから離れているとき、他のUEのサイレンシングがより多い結果となり得る。総電力に基づいてeNBで同じターゲットRSSIを達成するために、P0が使用され得る。ターゲットは、たとえば、−62dBmというCCAしきい値、プラス、マージンであってよい。マージンは、サービングセルeNBと別のPLMNからのUEとの結合損失差に基づいて予測され得る。マージンは、アンテナ利得差にパスロス差を加えたもの(たとえば、シャドーイング+距離)であってよい。電力制御は、eNBにおけるSRS/CUBS受信のために有益であり得る。電力制御は、再使用1を容易にするためのセル間干渉管理に有益であり得る。しかしながら電力制御は、WiFiおよび他のLTE−Uノードをサイレンシングする際に不適当である可能性がある。加えて、eNBからさらに離れているUEが、より大きい再使用係数を生み出す可能性がある。

0064

[0086]別の実施形態では、UL CUBSは、最大電力に基づき得る。これは、他のPLMN/RAT UEをサイレンシングするために有益であり、DL CUBSにマッチし得る。しかしながら最大電力は、セル間干渉のために1の再使用には困難であり得る。この問題に対処するために、eNB干渉除去が使用され得る。この手法のために、セル内RX信号ダイナミックレンジが高くあり得る。

0065

[0087]図11は、LTE−UにおけるCCAのための方法の実施形態を示す。この方法は、UE、モバイルエンティティ、eNB、フェムトアクセスポイントなどのワイヤレスエンティティによって実行され得る。方法1100は、1102で、CCAのために確保されたリソースでの送信のためにモニタすることを含み得る。この方法は、1104で、CCAのために確保されたリソースにおける割り当てられたスロットよりも短い持続時間にわたる送信のエネルギーを検出することを含み得る。

0066

[0088]図12は、LTE−UにおけるCCAのための方法の他の実施形態を示す。この方法は、UE、モバイルエンティティ、eNB、フェムトアクセスポイントなどのワイヤレスエンティティによって実行され得る。方法1200は、1202で、CCAのために確保されたリソースでの送信をモニタすることを含み得る。この方法は、1204で、モニタすることに基づいてクリアチャネルを検出することに応答して、CCAのためにワイヤレスエンティティに割り当てられたスロットでビーコンを送信することを含み得る。たとえば、送信は、OFDMシンボル境界の前に第1の所定時間オフセットされたオフタイム期間と、OFDMシンボル境界の後に第2の所定時間オフセットされたオン期間とを有するタイミングマスクに従うことができる。

0067

[0089]図13は、LTE−Uにおけるタイミングアドバンスのための方法の実施形態を示す。方法は、eNB、フェムトアクセスポイントなどによって実行され得る。方法1300は、1302で、少なくとも1つの移動局から、少なくとも1つの移動局からのタイミング情報を備える少なくとも1つのメッセージを受信することを含み得る。方法は、1304で、少なくとも移動局間のタイミング差を減少させることに基づいて少なくとも1つの移動局のために、受信したタイミング情報を使用して、CUBS送信および関連するCCAウィンドウのための少なくとも1つのタイミングアドバンスパラメータを決定することを含み得る。

0068

[0090]図14は、LTE−UにおけるCCAのための方法の他の実施形態を示す。この方法は、UE、モバイルエンティティ、eNB、フェムトアクセスポイントなどのワイヤレスエンティティによって実行され得る。方法1400は、1402で、CCAのために確保されたリソースでの送信をモニタすることを含み得る。この方法は、連続したいくつかのCCA期間の間に送信を検出することに応答して、CCAのための送信およびモニタすることのタイミングを適合させることを含み得る。

0069

[0091]図15は、LTE−UにおけるCCAのための方法の他の実施形態を示す。方法は、eNB、フェムトアクセスポイントなどによって実行され得る。方法1500は、1502で、CCA電力しきい値に基づいたCUBS送信のためのターゲット受信電力と、近隣アクセスポイントの移動局に基づいた電力マージンとを決定することを含み得る。この方法は、1504で、CUBS送信のために推定パスロスに応じて送信電力のスロープを決定することを含み得る。この方法は、1506で、決定されたターゲット受信電力と、決定されたスロープとを移動局に送ることを含み得る。

0070

[0092]図16は、LTE−UにおけるCCAのための方法の他の実施形態を示す。この方法は、UE、モバイルエンティティなどのワイヤレスエンティティによって実行され得る。方法1600は、1602で、CCAのために確保されたリソースでの送信をモニタすることを含み得る。この方法は、1604で、モニタすることに基づいてクリアチャネルを検出することに応答して、CCAのために移動局に割り当てられたスロットでのビーコンの送信のために最大電力に調整することを含み得る。

0071

[0093]図17を参照すると、CCAのために、UE、モバイルエンティティ、eNB、フェムトアクセスポイント、もしくは他の適したエンティティなどのワイヤレスエンティティとして、またはUE、モバイルエンティティ、eNB、フェムトアクセスポイント、もしくは他の適したエンティティ内で使用するためのプロセッサ、構成要素、もしくは類似のデバイスとして構成され得る例示的な装置1700が提供される。装置1700は、プロセッサ、ソフトウェア、またはそれらの組合せ(たとえば、ファームウェア)によって実装される機能を表し得る機能ブロックを含み得る。

0072

[0094]図示のように、一実施形態では、装置1700は、CCAのために確保されたリソースでの送信のためにモニタすることのための電気構成要素またはモジュール1702を含み得る。装置1700は、CCAのために確保されたリソースにおける割り当てられたスロットよりも短い持続時間にわたる送信のエネルギーを検出するための電気構成要素またはモジュール1704を含み得る。

0073

[0095]関連する態様では、ネットワークエンティティとして構成された装置1700の場合、装置1700は、少なくとも1つのプロセッサを有するプロセッサ構成要素1700を任意選択で含み得る。プロセッサ1700は、そのような場合、バス1712または同様の通信結合を介して構成要素1702〜1704または同様の構成要素と動作可能に通信し得る。プロセッサ1710は、電気構成要素またはモジュール1702〜1704によって実行される処理または機能の起動とスケジューリングとを実施し得る。

0074

[0096]さらなる関連する態様では、装置1700は、他のネットワークエンティティと通信するためのネットワークインターフェース構成要素1714を含み得る。装置1700は、たとえば、メモリデバイス/構成要素1716など、情報を記憶するための構成要素を任意選択で含み得る。コンピュータ可読媒体またはメモリ構成要素1716は、バス1712などを介して装置1700の他の構成要素に動作可能に結合することができる。メモリ構成要素1716は、構成要素1702〜1704、およびそれらのサブ構成要素、またはプロセッサ1710の活動を実行するための、コンピュータ可読命令とデータとを記憶するように適応され得る。メモリ構成要素1716は、構成要素1702〜1704に関連する機能を実行するための命令を保持し得る。メモリ1716の外部にあるものとして示されているが、構成要素1702〜1704はメモリ1716の内部に存在することができることを理解されたい。

0075

[0097]図18を参照すると、CCAのために、UE、モバイルエンティティ、eNB、フェムトアクセスポイント、もしくは他の適したエンティティなどのワイヤレスエンティティとして、またはUE、モバイルエンティティ、eNB、フェムトアクセスポイント、もしくは他の適したエンティティ内で使用するためのプロセッサ、構成要素、もしくは類似のデバイスとして構成され得る例示的な装置1800が提供される。装置1800は、プロセッサ、ソフトウェア、またはそれらの組合せ(たとえば、ファームウェア)によって実装される機能を表し得る機能ブロックを含み得る。

0076

[0098]図示のように、一実施形態では、装置1800は、CCAのために確保されたリソースでの送信のためにモニタすることのための電気構成要素またはモジュール1802を含み得る。装置1800は、モニタすることに基づいてクリアチャネルを検出することに応答して、CCAのためにワイヤレスエンティティに割り当てられたスロットでビーコンを送信するための電気構成要素またはモジュール1804を含み得る。

0077

[0099]関連する態様では、ネットワークエンティティとして構成された装置1800の場合、装置1800は、少なくとも1つのプロセッサを有するプロセッサ構成要素1800を任意選択で含み得る。プロセッサ1800は、そのような場合、バス1812または同様の通信結合を介して構成要素1802〜1804または同様の構成要素と動作可能に通信し得る。プロセッサ1810は、電気構成要素またはモジュール1802〜1804によって実行される処理または機能の起動とスケジューリングとを実施し得る。

0078

[00100]さらなる関連する態様では、装置1800は、他のネットワークエンティティと通信するためのネットワークインターフェース構成要素1814を含み得る。装置1800は、たとえば、メモリデバイス/構成要素1816など、情報を記憶するための構成要素を任意選択で含み得る。コンピュータ可読媒体またはメモリ構成要素1816は、バス1812などを介して装置1800の他の構成要素に動作可能に結合することができる。メモリ構成要素1816は、構成要素1802〜1804、およびそれらのサブ構成要素、またはプロセッサ1810の活動を実行するための、コンピュータ可読命令とデータとを記憶するように適応され得る。メモリ構成要素1816は、構成要素1802〜1804に関連する機能を実行するための命令を保持し得る。メモリ1816の外部にあるものとして示されているが、構成要素1802〜1804はメモリ1816の内部に存在することができることを理解されたい。

0079

[00101]図19を参照すると、CCAのために、eNB、フェムトアクセスポイント、もしくは他の適したエンティティとして、またはeNB、フェムトアクセスポイント、もしくは他の適したエンティティ内で使用するためのプロセッサ、構成要素、もしくは類似のデバイスとして構成され得る例示的な装置1900が提供される。装置1900は、プロセッサ、ソフトウェア、またはそれらの組合せ(たとえば、ファームウェア)によって実装される機能を表し得る機能ブロックを含み得る。

0080

[00102]図示のように、一実施形態では、装置1900は、少なくとも1つの移動局から、少なくとも1つの移動局からのタイミング情報を備える少なくとも1つのメッセージを受信するための電気構成要素またはモジュール1902を含み得る。装置1900は、少なくとも移動局間のタイミング差を減少させることに基づいて少なくとも1つの移動局のために、受信したタイミング情報を使用して、CUBS送信および関連するCCAウィンドウのための少なくとも1つのタイミングアドバンスパラメータを決定するための電気構成要素またはモジュール1904を含み得る。

0081

[00103]関連する態様では、ネットワークエンティティとして構成された装置1900の場合、装置1900は、少なくとも1つのプロセッサを有するプロセッサ構成要素1900を任意選択で含み得る。プロセッサ1900は、そのような場合、バス1912または同様の通信結合を介して構成要素1902〜1904または同様の構成要素と動作可能に通信し得る。プロセッサ1910は、電気構成要素またはモジュール1902〜1904によって実行される処理または機能の起動とスケジューリングとを実施し得る。

0082

[00104]さらなる関連する態様では、装置1900は、他のネットワークエンティティと通信するためのネットワークインターフェース構成要素1914を含み得る。装置1900は、たとえば、メモリデバイス/構成要素1916など、情報を記憶するための構成要素を任意選択で含み得る。コンピュータ可読媒体またはメモリ構成要素1916は、バス1912などを介して装置1900の他の構成要素に動作可能に結合することができる。メモリ構成要素1916は、構成要素1902〜1904、およびそれらのサブ構成要素、またはプロセッサ1910の活動を実行するための、コンピュータ可読命令とデータとを記憶するように適応され得る。メモリ構成要素1916は、構成要素1902〜1904に関連する機能を実行するための命令を保持し得る。メモリ1916の外部にあるものとして示されているが、構成要素1902〜1904はメモリ1916の内部に存在することができることを理解されたい。

0083

[00105]図20を参照すると、CCAのために、UE、モバイルエンティティ、eNB、フェムトアクセスポイント、もしくは他の適したエンティティなどのワイヤレスエンティティとして、またはUE、モバイルエンティティ、eNB、フェムトアクセスポイント、もしくは他の適したエンティティ内で使用するためのプロセッサ、構成要素、もしくは類似のデバイスとして構成され得る例示的な装置2000が提供される。装置2000は、プロセッサ、ソフトウェア、またはそれらの組合せ(たとえば、ファームウェア)によって実装される機能を表し得る機能ブロックを含み得る。

0084

[00106]図示のように、一実施形態では、装置2000は、CCAのために確保されたリソースでの送信のためにモニタすることのための電気構成要素またはモジュール2002を含み得る。装置2000は、連続したいくつかのCCA期間の間に送信を検出することに応答して、CCAのための送信およびモニタすることのためのタイミングを適合させるための電気構成要素またはモジュール2004を含み得る。

0085

[00107]関連する態様では、ネットワークエンティティとして構成された装置2000の場合、装置2000は、少なくとも1つのプロセッサを有するプロセッサ構成要素2000を任意選択で含み得る。プロセッサ2000は、そのような場合、バス2012または同様の通信結合を介して構成要素2002〜2004または同様の構成要素と動作可能に通信し得る。プロセッサ2010は、電気構成要素またはモジュール2002〜2004によって実行される処理または機能の起動とスケジューリングとを実施し得る。

0086

[00108]さらなる関連する態様では、装置2000は、他のネットワークエンティティと通信するためのネットワークインターフェース構成要素2014を含み得る。装置2000は、たとえば、メモリデバイス/構成要素2016など、情報を記憶するための構成要素を任意選択で含み得る。コンピュータ可読媒体またはメモリ構成要素2016は、バス2012などを介して装置2000の他の構成要素に動作可能に結合することができる。メモリ構成要素2016は、構成要素2002〜2004、およびそれらのサブ構成要素、またはプロセッサ2010の活動を実行するための、コンピュータ可読命令とデータとを記憶するように適応され得る。メモリ構成要素2016は、構成要素2002〜2004に関連する機能を実行するための命令を保持し得る。メモリ2016の外部にあるものとして示されているが、構成要素2002〜2004はメモリ2016の内部に存在することができることを理解されたい。

0087

[00109]図21を参照すると、CCAのために、eNB、フェムトアクセスポイントなどのワイヤレスエンティティもしくは他の適したエンティティとして、またはeNB、フェムトアクセスポイント、もしくは他の適したエンティティ内で使用するためのプロセッサ、構成要素、もしくは類似のデバイスとして構成され得る例示的な装置2100が提供される。装置2100は、プロセッサ、ソフトウェア、またはそれらの組合せ(たとえば、ファームウェア)によって実装される機能を表し得る機能ブロックを含み得る。

0088

[00110]図示のように、一実施形態では、装置2100は、CCA電力しきい値に基づいたCUBS送信のためのターゲット受信電力と、近隣アクセスポイントの移動局に基づいた電力マージンとを決定するための電気構成要素またはモジュール2102を含み得る。装置2100は、CUBS送信のために推定パスロスに応じて送信電力のスロープを決定するための電気構成要素またはモジュール2014を含み得る。装置2100は、決定されたターゲット受信電力と、決定されたスロープとを移動局に送るための電気構成要素またはモジュール2104を含み得る。

0089

[00111]関連する態様では、ネットワークエンティティとして構成された装置2100の場合、装置2100は、少なくとも1つのプロセッサを有するプロセッサ構成要素2100を任意選択で含み得る。プロセッサ2100は、そのような場合、バス2112または同様の通信結合を介して構成要素2102〜2106または同様の構成要素と動作可能に通信し得る。プロセッサ2110は、電気構成要素またはモジュール2102〜2106によって実行される処理または機能の起動とスケジューリングとを実施し得る。

0090

[00112]さらなる関連する態様では、装置2100は、他のネットワークエンティティと通信するためのネットワークインターフェース構成要素2114を含み得る。装置2100は、たとえば、メモリデバイス/構成要素2116など、情報を記憶するための構成要素を任意選択で含み得る。コンピュータ可読媒体またはメモリ構成要素2116は、バス2112などを介して装置2100の他の構成要素に動作可能に結合することができる。メモリ構成要素2116は、構成要素2102〜2106、およびそれらのサブ構成要素、またはプロセッサ2110の活動を実行するための、コンピュータ可読命令とデータとを記憶するように適応され得る。メモリ構成要素2116は、構成要素2102〜2106に関連する機能を実行するための命令を保持し得る。メモリ2116の外部にあるものとして示されているが、構成要素2102〜2106はメモリ2116の内部に存在することができることを理解されたい。

0091

[00113]図22を参照すると、CCAのために、UE、モバイルエンティティ、eNB、フェムトアクセスポイント、もしくは他の適したエンティティなどのワイヤレスエンティティとして、またはUE、モバイルエンティティ、eNB、フェムトアクセスポイント、もしくは他の適したエンティティ内で使用するためのプロセッサ、構成要素、もしくは類似のデバイスとして構成され得る例示的な装置2200が提供される。装置2200は、プロセッサ、ソフトウェア、またはそれらの組合せ(たとえば、ファームウェア)によって実装される機能を表し得る機能ブロックを含み得る。

0092

[00114]図示のように、一実施形態では、装置2200は、CCAのために確保されたリソースでの送信のためにモニタすることのための電気構成要素またはモジュール2202を含み得る。装置2200は、モニタすることに基づいてクリアチャネルを検出することに応答して、CCAのために移動局に割り当てられたスロットでのビーコンの送信のために最大電力に調整するための電気構成要素またはモジュール2204を含み得る。

0093

[00115]関連する態様では、ネットワークエンティティとして構成された装置2200の場合、装置2200は、少なくとも1つのプロセッサを有するプロセッサ構成要素2200を任意選択で含み得る。プロセッサ2200は、そのような場合、バス2212または同様の通信結合を介して構成要素2202〜2204または同様の構成要素と動作可能に通信し得る。プロセッサ2210は、電気構成要素またはモジュール2202〜2204によって実行される処理または機能の起動とスケジューリングとを実施し得る。

0094

[00116]さらなる関連する態様では、装置2200は、他のネットワークエンティティと通信するためのネットワークインターフェース構成要素2214を含み得る。装置2200は、たとえば、メモリデバイス/構成要素2216など、情報を記憶するための構成要素を任意選択で含み得る。コンピュータ可読媒体またはメモリ構成要素2216は、バス2212などを介して装置2200の他の構成要素に動作可能に結合することができる。メモリ構成要素2216は、構成要素2202〜2204、およびそれらのサブ構成要素、またはプロセッサ2210の活動を実行するための、コンピュータ可読命令とデータとを記憶するように適応され得る。メモリ構成要素2216は、構成要素2202〜2204に関連する機能を実行するための命令を保持し得る。メモリ2216の外部にあるものとして示されているが、構成要素2202〜2204はメモリ2216の内部に存在することができることを理解されたい。

0095

[00117]図23を参照すると、CCAのために、UE、モバイルエンティティ、eNB、フェムトアクセスポイント、もしくは他の適したエンティティなどのワイヤレスエンティティとして、またはUE、モバイルエンティティ、eNB、フェムトアクセスポイント、もしくは他の適したエンティティ内で使用するためのプロセッサ、構成要素、もしくは類似のデバイスとして構成され得る例示的な装置2300が提供される。装置2300は、プロセッサ、ソフトウェア、またはそれらの組合せ(たとえば、ファームウェア)によって実装される機能を表し得る機能ブロックを含み得る。

0096

[00118]図示のように、一実施形態では、装置2300は、CCAのために確保されたリソースでの送信のためにモニタすることのための電気構成要素またはモジュール2302を含み得る。装置2300は、CCAのために確保されたリソースにおける割り当てられたスロットよりも短い持続時間にわたる送信のエネルギーを検出するための電気構成要素またはモジュール2304を含み得る。

0097

[00119]関連する態様では、ネットワークエンティティとして構成された装置2300の場合、装置2300は、少なくとも1つのプロセッサを有するプロセッサ構成要素2300を任意選択で含み得る。プロセッサ2300は、そのような場合、バス2312または同様の通信結合を介して構成要素2302〜2304または同様の構成要素と動作可能に通信し得る。プロセッサ2310は、電気構成要素またはモジュール2302〜2304によって実行される処理または機能の起動とスケジューリングとを実施し得る。

0098

[00120]さらなる関連する態様では、装置2300は、他のネットワークエンティティと通信するためのネットワークインターフェース構成要素2314を含み得る。装置2300は、たとえば、メモリデバイス/構成要素2316など、情報を記憶するための構成要素を任意選択で含み得る。コンピュータ可読媒体またはメモリ構成要素2316は、バス2312などを介して装置2300の他の構成要素に動作可能に結合することができる。メモリ構成要素2316は、構成要素2302〜2304、およびそれらのサブ構成要素、またはプロセッサ2310の活動を実行するための、コンピュータ可読命令とデータとを記憶するように適応され得る。メモリ構成要素2316は、構成要素2302〜2304に関連する機能を実行するための命令を保持し得る。構成要素2302〜2304は、メモリ2316の外部にあるものとして示されているが、メモリ2316の内部に存在し得ることを理解されたい。

0099

[00121]情報および信号は様々な異なる技術および技法のいずれかを使用して表され得ることを、当業者は理解されよう。たとえば、上の説明全体を通じて参照され得るデータ、命令、コマンド、情報、信号、ビット、シンボル、およびチップは、電圧電流電磁波、磁場または磁気粒子光場または光粒子、あるいはそれらの任意の組合せによって表現され得る。

0100

[00122]本明細書で本開示に関連して説明した様々な例示的論理ブロック、モジュール、回路、およびアルゴリズムテップが、電子ハードウェア、コンピュータソフトウェア、または両方の組合せとして実装され得ることを当業者ならさらに理解されよう。ハードウェアとソフトウェアのこの互換性を明確に示すために、様々な例示的な構成要素、ブロック、モジュール、回路、およびステップが、概してそれらの機能に関して上で説明されている。そのような機能性がハードウェアとして実装されるか、またはソフトウェアとして実装されるかは、システム全体に課される特定のアプリケーションおよび設計制約に依存する。当業者は、説明した機能性を特定の適用例ごとに様々な方法で実装し得るが、そのような実装の決定は、本開示の範囲からの逸脱を生じるものと解釈すべきではない。

0101

[00123]本明細書の開示に関して説明した様々な例示的な論理ブロック、モジュール、および回路は、汎用プロセッサデジタル信号プロセッサ(DSP)、特定用途向け集積回路ASIC)、フィールドプログラマブルゲートアレイFPGA)または他のプログラマブル論理デバイス、個別ゲートまたはトランジスタ論理、個別ハードウェア構成要素、あるいは本明細書で説明した機能を実行するように設計されたそれらの任意の組合せを用いて実装または実行され得る。汎用プロセッサはマイクロプロセッサであり得るが、代替では、プロセッサは任意の従来のプロセッサ、コントローラ、マイクロコントローラ、またはステートマシンであり得る。プロセッサは、コンピューティングデバイスの組合せ、たとえば、DSPとマイクロプロセッサとの組合せ、複数のマイクロプロセッサ、DSPコアに関連する1つまたは複数のマイクロプロセッサ、または任意の他のそのような構成としても実施され得る。

0102

[00124]本明細書で開示される実施形態に関連して説明される方法またはアルゴリズムのステップは、ハードウェアで直接的に、プロセッサによって実行されるソフトウェアモジュールで、またはその2つ組合せで実施され得る。ソフトウェアモジュールは、RAMメモリフラッシュメモリROMメモリEPROMメモリ、EEPROM(登録商標)メモリ、レジスタハードディスク取外し可能ディスクCD−ROM、または当技術分野で周知の任意の他の形態の記憶媒体内常駐し得る。例示的記憶媒体は、プロセッサが記憶媒体から情報を読み取り、記憶媒体に情報を書き込むことができるようにプロセッサに結合される。代替として、記憶媒体は、プロセッサと一体化され得る。プロセッサおよび記憶媒体は、ASIC内に存在することができる。ASICはユーザ端末内にあり得る。代替として、プロセッサおよび記憶媒体は、ユーザ端末中の個別構成要素として存在し得る。

0103

[00125]1つまたは複数の例示的設計では、説明される機能は、ハードウェア、ソフトウェア、ファームウェア、またはそれらの任意の組合せで実装され得る。ソフトウェアで実施される場合に、機能は、コンピュータ可読媒体上の1つまたは複数の命令またはコードとして記憶されまたは伝送され得る。コンピュータ可読媒体は、ある場所から別の場所へのコンピュータプログラム転送を可能にする任意の媒体を含む、コンピュータ記憶媒体コンピュータ通信媒体の両方を含む。記憶媒体は、汎用または専用コンピュータによってアクセスされ得る任意の入手可能な媒体であり得る。限定ではなく例として、そのようなコンピュータ可読媒体は、RAM、ROM、EEPROM、CD−ROM、または他の光ディスクストレージ磁気ディスクストレージまたは他の磁気記憶デバイス、あるいは命令またはデータ構造の形態の所望のプログラムコード手段を搬送または格納するために使用され得、汎用もしくは専用コンピュータ、または汎用もしくは専用プロセッサによってアクセスされ得る任意の他の媒体を備え得る。また、どの接続も、送信信号の非一時的記憶を伴う限り、コンピュータ可読媒体と適切に呼ばれ得る。たとえば、ソフトウェアが、同軸ケーブル光ファイバケーブルツイストペアデジタル加入者回線(DSL)、または赤外線、無線、およびマイクロ波などのワイヤレス技術を使用して、ウェブサイトサーバ、または他のリモートソースから送信される場合、同軸ケーブル、光ファイバケーブル、ツイストペア、DSL、または赤外線、無線、およびマイクロ波などのワイヤレス技術は、任意の非一時的な期間、信号が記憶媒体またはデバイスメモリ上の送信チェーン内に保持される限り、媒体の定義に含まれる。本明細書で使用するディスク(disk)およびディスク(disc)は、コンパクトディスク(disc)(CD)、レーザーディスク(登録商標)(disc)、光ディスク(disc)、デジタル多用途ディスク(disc)(DVD)、フロッピー(登録商標)ディスク(disk)、およびBlu−ray(登録商標)ディスク(disc)を含み、ここで、ディスク(disk)は、通常、データを磁気的に再生し、ディスク(disc)は、データをレーザー光学的に再生する。上の組合せも、コンピュータ可読媒体の範囲の中に含まれるべきである。

0104

[00126]本開示についての以上の説明は、いかなる当業者でも本開示を作成または使用することができるように与えたものである。本開示への様々な修正は当業者には容易に明らかになり、本明細書で定義した一般原理は、本開示の趣旨または範囲から逸脱することなく他の変形形態に適用され得る。したがって、本開示は、本明細書に示される例および設計に限定されるものではなく、本明細書で開示される原理および新規な特徴と一致する最も広い範囲が与えられるべきである。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

この 技術と関連性が強い技術

該当するデータがありません

この 技術と関連性が強い法人

該当するデータがありません

この 技術と関連性が強い人物

該当するデータがありません

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ