図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2016年10月20日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (19)

課題・解決手段

デバイス発見のためのタイミング情報フォワードし、管理し、および/または検出するための方法およびデバイスが記載される。タイミング情報は、基地局から受信され得る。タイミング情報を含むタイミング信号が送信され得る。タイミング信号は、デバイス間発見のために予約されたサブフレーム中に送信され得る。基地局についてのタイミング情報は、ユーザ機器(UE)に送信され得る。デバイス間発見のために予約されたサブフレーム中にタイミング情報を含むタイミング信号を送信するための命令も、UEに送信される。近隣基地局によってデバイス間発見のために予約されたサブフレームのタイミングを示す情報が、サービング基地局から受信され得る。デバイス間発見のために予約されたサブフレームのうちの少なくとも1つの間に、タイミング信号が検出され得る。タイミング信号は、近隣基地局についてのタイミング情報を含み得る。

概要

背景

[0003]ワイヤレス通信システムは、音声ビデオパケットデータ、メッセージングブロードキャストなど、様々なタイプの通信コンテンツを提供するために広く展開されている。これらのシステムは、利用可能なシステムリソース(たとえば、時間、周波数、および出力)を共有することによって複数のユーザとの通信サポートすることが可能な多元接続システムであり得る。そのような多元接続システムの例としては、符号分割多元接続(CDMA)システム、時分割多元接続TDMA)システム、周波数分割多元接続FDMA)システム、および直交周波数分割多元接続(OFDMA)システムがある。

[0004]概して、ワイヤレス多元接続通信システムは、各々が複数のユーザ機器(UE)のための通信を同時にサポートする、いくつかの基地局を含み得る。基地局は、ダウンストリームリンクおよびアップストリームリンク上でUEと通信し得る。基地局は、互いと通信することもできる。いくつかのケースでは、UEが、デバイス間通信により別のUEと直接通信することを望む場合がある。ただし、UEは最初に、別のUEを発見しなければならない可能性がある。これは、UEが互いに対して非同期に動作するとき、困難な場合がある。

概要

デバイス間発見のためのタイミング情報フォワードし、管理し、および/または検出するための方法およびデバイスが記載される。タイミング情報は、基地局から受信され得る。タイミング情報を含むタイミング信号が送信され得る。タイミング信号は、デバイス間発見のために予約されたサブフレーム中に送信され得る。基地局についてのタイミング情報は、ユーザ機器(UE)に送信され得る。デバイス間発見のために予約されたサブフレーム中にタイミング情報を含むタイミング信号を送信するための命令も、UEに送信される。近隣基地局によってデバイス間発見のために予約されたサブフレームのタイミングを示す情報が、サービング基地局から受信され得る。デバイス間発見のために予約されたサブフレームのうちの少なくとも1つの間に、タイミング信号が検出され得る。タイミング信号は、近隣基地局についてのタイミング情報を含み得る。

目的

[0003]ワイヤレス通信システムは、音声、ビデオ、パケットデータ、メッセージング、ブロードキャストなど、様々なタイプの通信コンテンツを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ワイヤレス通信のための方法であって、基地局から、前記基地局についてのタイミング情報を受信することと、前記タイミング情報を備えるタイミング信号を送信することと、前記タイミング信号は、デバイス発見のために予約された少なくとも1つのサブフレーム中に送信される、を備える方法。

請求項2

サブフレームの一部分中に1つまたは複数のシンボルを使って前記タイミング信号を送信することをさらに備える、請求項1に記載の方法。

請求項3

前記タイミング信号が送信されるサブフレームは、デバイス間発見のために予約された前記少なくとも1つのサブフレームの中で最初に位置づけられる、請求項1に記載の方法。

請求項4

前記基地局から、前記タイミング信号を送信するための命令を受信することと、前記命令が受信された後、前記タイミング信号を送信することとをさらに備える、請求項1に記載の方法。

請求項5

サブフレームの第1の部分中に第1の周波数で1つまたは複数のシンボルを使って前記タイミング信号を送信すること、ここにおいて追加タイミング信号は、前記サブフレームの第2の部分中に第2の周波数で1つまたは複数のシンボルを使って送信され、前記追加タイミング信号は、追加基地局についてのタイミング情報を備える、をさらに備える、請求項1に記載の方法。

請求項6

前記第1の周波数は前記第2の周波数とは異なり、前記サブフレームの前記第1の部分は前記サブフレームの前記第2の部分とは異なる、請求項5に記載の方法。

請求項7

前記基地局と前記追加基地局は非近隣基地局である、請求項5に記載の方法。

請求項8

デバイス間発見のために予約された前記少なくとも1つのサブフレーム中に前記タイミング信号の1つまたは複数の追加コピーを送信することをさらに備える、請求項1に記載の方法。

請求項9

前記タイミング情報および前記タイミング信号は、前記基地局によって送信される1次同期信号を備える、請求項1に記載の方法。

請求項10

前記タイミング情報および前記タイミング信号は、前記基地局によって送信される1次同期信号(PSS)と2次同期信号(SSS)とを備える、請求項1に記載の方法。

請求項11

デバイス間発見のために予約された前記少なくとも1つのサブフレーム中にデバイス間発見信号を送信することをさらに備える、請求項1に記載の方法。

請求項12

前記デバイス間発見信号は、前記タイミング信号が送信されるサブフレームとは異なるサブフレーム中に送信される、請求項11に記載の方法。

請求項13

前記タイミング情報は、前記基地局についてのシンボルレベルタイミング情報を備える、請求項1に記載の方法。

請求項14

ワイヤレス通信のための装置であって、基地局から、前記基地局についてのタイミング情報を受信するための手段と、前記タイミング情報を備えるタイミング信号を送信するための手段と、前記タイミング信号は、デバイス間発見のために予約された少なくとも1つのサブフレーム中に送信される、を備える装置。

請求項15

サブフレームの一部分中に1つまたは複数のシンボルを使って前記タイミング信号を送信するための手段をさらに備える、請求項14に記載の装置。

請求項16

前記タイミング信号が送信されるサブフレームは、デバイス間発見のために予約された前記少なくとも1つのサブフレームの中で最初に位置づけられる、請求項14に記載の装置。

請求項17

前記基地局から、前記タイミング信号を送信するための命令を受信するための手段と、前記命令が受信された後、前記タイミング信号を送信するための手段とをさらに備える、請求項14に記載の装置。

請求項18

サブフレームの第1の部分中に第1の周波数で1つまたは複数のシンボルを使って前記タイミング信号を送信するための手段、ここにおいて追加タイミング信号は、前記サブフレームの第2の部分中に第2の周波数で1つまたは複数のシンボルを使って送信され、前記追加タイミング信号は、追加基地局についてのタイミング情報を備える、をさらに備える、請求項14に記載の装置。

請求項19

前記第1の周波数は前記第2の周波数とは異なり、前記サブフレームの前記第1の部分は前記サブフレームの前記第2の部分とは異なる、請求項18に記載の装置。

請求項20

前記基地局と前記追加基地局は非近隣基地局である、請求項18に記載の装置。

請求項21

デバイス間発見のために予約された前記少なくとも1つのサブフレーム中に前記タイミング信号の1つまたは複数の追加コピーを送信するための手段をさらに備える、請求項14に記載の装置。

請求項22

前記タイミング情報および前記タイミング信号は、前記基地局によって送信される1次同期信号を備える、請求項14に記載の装置。

請求項23

前記タイミング情報および前記タイミング信号は、前記基地局によって送信される1次同期信号(PSS)と2次同期信号(SSS)とを備える、請求項14に記載の装置。

請求項24

デバイス間発見のために予約された前記少なくとも1つのサブフレーム中にデバイス間発見信号を送信するための手段、ここにおいて前記デバイス間発見信号は、前記タイミング信号が送信されるサブフレームとは異なるサブフレーム中に送信される、をさらに備える、請求項14に記載の装置。

請求項25

前記タイミング情報は、前記基地局についてのシンボルレベルタイミング情報を備える、請求項14に記載の装置。

請求項26

ワイヤレス通信のための方法であって、モバイルデバイスに、基地局についてのタイミング情報を送信することと、デバイス間発見のために予約された少なくとも1つのサブフレーム中に、前記タイミング情報を備えるタイミング信号を送信するための命令を前記モバイルデバイスに送信することとを備える方法。

請求項27

サブフレームの一部分中に1つまたは複数のシンボルを識別することと、前記1つまたは複数の識別されたシンボルを使って前記タイミング信号を送信するための命令を前記モバイルデバイスに送信することとをさらに備える、請求項26に記載の方法。

請求項28

少なくとも1つの他のモバイルデバイスに、前記基地局についての前記タイミング情報を送信することと、デバイス間発見のために予約された前記少なくとも1つのサブフレーム中に、前記タイミング情報を備える前記タイミング信号を送信するための命令を、前記モバイルデバイスおよび前記少なくとも1つの他のモバイルデバイスから選択されたモバイルデバイスのサブセットに送信することとをさらに備える、請求項26に記載の方法。

請求項29

前記タイミング信号が送信される前記サブフレームに拡張サイクリックプレフィックスを適用することをさらに備える、請求項26に記載の方法。

請求項30

ワイヤレス通信のための装置であって、プロセッサと、前記プロセッサと電子通信しているメモリとを備え、前記メモリは、前記プロセッサによって、モバイルデバイスに、前記装置についてのタイミング情報を送信し、デバイス間発見のために予約された少なくとも1つのサブフレーム中に、前記タイミング情報を備えるタイミング信号を送信するための命令を前記モバイルデバイスに送信するように実行可能な命令を記憶する、装置。

技術分野

0001

相互参照
[0001]本特許出願は、各々が本出願の譲受人に譲渡された、2014年7月11日に出願された、「Timing Synchronization for Device−to−Device Discovery for AsynchronousLTEDeployments」と題する、Patilらによる米国特許出願第14/329,606号、および2013年8月8日に出願された、「Timing Synchronization for Device to Device Discovery for Asynchronous LTE Deployments」と題する、Patilらによる米国仮特許出願第61/863,901号の優先権を主張する。

0002

[0002]以下は、概してワイヤレス通信に関し、より詳細には、デバイス発見に関する。

背景技術

0003

[0003]ワイヤレス通信システムは、音声ビデオパケットデータ、メッセージングブロードキャストなど、様々なタイプの通信コンテンツを提供するために広く展開されている。これらのシステムは、利用可能なシステムリソース(たとえば、時間、周波数、および出力)を共有することによって複数のユーザとの通信サポートすることが可能な多元接続システムであり得る。そのような多元接続システムの例としては、符号分割多元接続(CDMA)システム、時分割多元接続TDMA)システム、周波数分割多元接続FDMA)システム、および直交周波数分割多元接続(OFDMA)システムがある。

0004

[0004]概して、ワイヤレス多元接続通信システムは、各々が複数のユーザ機器(UE)のための通信を同時にサポートする、いくつかの基地局を含み得る。基地局は、ダウンストリームリンクおよびアップストリームリンク上でUEと通信し得る。基地局は、互いと通信することもできる。いくつかのケースでは、UEが、デバイス間通信により別のUEと直接通信することを望む場合がある。ただし、UEは最初に、別のUEを発見しなければならない可能性がある。これは、UEが互いに対して非同期に動作するとき、困難な場合がある。

0005

[0005]記載される特徴は概して、デバイス間発見のためのタイミング情報フォワードし、管理し、および/または検出するための、1つまたは複数の改良された方法、システム、装置、および/またはデバイスに関する。特に、基地局のタイミング情報は、基地局と通信する1つまたは複数のUEに送信されてよく、タイミング情報は次いで、基地局に対して非同期に動作する1つまたは複数のUE(たとえば、他の基地局に同期された1つまたは複数のUEであって、他の基地局は、タイミング情報を送信する基地局に対して非同期に動作する)にフォワードされてよい。

0006

[0006]いくつかの実施形態では、ワイヤレス通信のための方法は、基地局から、基地局についてのタイミング情報を受信することと、タイミング情報を備えるタイミング信号を送信することと、タイミング信号は、デバイス間発見のために予約された少なくとも1つのサブフレーム中に送信される、を含む。

0007

[0007]いくつかの実施形態では、ワイヤレス通信のための装置は、基地局から、基地局についてのタイミング情報を受信するための手段と、タイミング情報を備えるタイミング信号を送信するための手段と、タイミング信号は、デバイス間発見のために予約された少なくとも1つのサブフレーム中に送信される、を含む。

0008

[0008]いくつかの実施形態では、ワイヤレス通信のための方法は、モバイルデバイスに、基地局についてのタイミング情報を送信することと、デバイス間発見のために予約された少なくとも1つのサブフレーム中に、タイミング情報を備えるタイミング信号を送信するための命令をモバイルデバイスに送信することとを含む。

0009

[0009]いくつかの実施形態では、ワイヤレス通信のための装置は、プロセッサと、プロセッサと電子通信しているメモリと、メモリに記憶された命令とを含む。命令は、プロセッサによって、モバイルデバイスに、装置についてのタイミング情報を送信し、デバイス間発見のために予約された少なくとも1つのサブフレーム中に、タイミング情報を含むタイミング信号を送信するための命令をモバイルデバイスに送信するように実行可能であり得る。

0010

[0010]方法および/または装置の様々な実施形態は、サブフレームの一部分中に1つまたは複数のシンボルを使ってタイミング信号を送信するという特徴、そのための手段、および/またはそのためのプロセッサ実行可能命令を含み得る。いくつかのケースでは、タイミング信号が送信されるサブフレームは、デバイス間発見のために予約された少なくとも1つのサブフレームの中で最初に位置づけられる。

0011

[0011]方法および/または装置の様々な実施形態は、基地局から、タイミング信号を送信するための命令を受信し、命令が受信された後、タイミング信号を送信するという特徴、そのための手段、および/またはそのためのプロセッサ実行可能命令を含み得る。

0012

[0012]方法および/または装置の様々な実施形態は、サブフレームの第1の部分中に第1の周波数で1つまたは複数のシンボルを使ってタイミング信号を送信するという特徴、そのための手段、および/またはそのためのプロセッサ実行可能命令を含むことができ、ここにおいて追加タイミング信号は、サブフレームの第2の部分中に第2の周波数で1つまたは複数のシンボルを使って送信され、追加タイミング信号は、追加基地局についてのタイミング情報を備える。いくつかのケースでは、第1の周波数は第2の周波数とは異なり、サブフレームの第1の部分はサブフレームの第2の部分とは異なる。基地局と追加基地局は非近隣基地局であり得る。

0013

[0013]方法および/または装置の様々な実施形態は、デバイス間発見のために予約された少なくとも1つのサブフレーム中にタイミング信号の1つまたは複数の追加コピーを送信するという特徴、そのための手段、および/またはそのためのプロセッサ実行可能命令を含み得る。いくつかのケースでは、タイミング情報およびタイミング信号は、基地局によって送信される1次同期信号を含む。タイミング情報およびタイミング信号は、基地局によって送信される1次同期信号と2次同期信号とを含み得る。

0014

[0014]方法および/または装置の様々な実施形態は、デバイス間発見のために予約された少なくとも1つのサブフレーム中にデバイス間発見信号を送信するという特徴、そのための手段、および/またはそのためのプロセッサ実行可能命令を含み得る。いくつかのケースでは、デバイス間発見信号は、タイミング信号が送信されるサブフレームとは異なるサブフレーム中に送信される。タイミング情報は、基地局についてのシンボルレベルタイミング情報を含み得る。

0015

[0015]方法および/または装置の様々な実施形態は、サブフレームの一部分中に1つまたは複数のシンボルを識別し、1つまたは複数の識別されたシンボルを使ってタイミング信号を送信するための命令をモバイルデバイスに送信するという特徴、そのための手段、および/またはそのためのプロセッサ実行可能命令を含み得る。

0016

[0016]方法および/または装置の様々な実施形態は、少なくとも1つの他のモバイルデバイスに、基地局についてのタイミング情報を送信し、デバイス間発見のために予約された少なくとも1つのサブフレーム中に、タイミング情報を備えるタイミング信号を送信するための命令を、モバイルデバイスおよび少なくとも1つの他のモバイルデバイスから選択されたモバイルデバイスのサブセットに送信するという特徴、そのための手段、および/またはそのためのプロセッサ実行可能命令を含み得る。

0017

[0017]方法および/または装置の様々な実施形態は、タイミング信号が送信されるサブフレームに拡張サイクリックプレフィックスを適用するという特徴、そのための手段、および/またはそのためのプロセッサ実行可能命令を含み得る。

0018

[0018]説明される方法および装置の適用可能性のさらなる範囲は、以下の発明を実施するための形態、特許請求の範囲、および図面から明らかになろう。当業者には発明を実施するための形態の趣旨および範囲内の様々な変更および改変が明らかになるので、発明を実施するための形態および特定の例は、例示として与えられるものにすぎない。

0019

[0019]以下の図面を参照することにより、本発明の性質および利点のさらなる理解が得られ得る。添付の図において、同様の構成要素または特徴は同じ参照ラベルを有し得る。さらに、同じタイプの様々な構成要素は、同様の構成要素の中で区別するダッシュおよび第2のラベルを参照ラベルの後に付けることによって区別され得る。第1の参照ラベルのみが明細書において使用される場合、その説明は、第2の参照ラベルにかかわらず、同じ第1の参照ラベルを有する同様の構成要素のうちのいずれにも適用可能である。

図面の簡単な説明

0020

[0020]ワイヤレス通信システムのブロック図。
[0021]様々な実施形態による、デバイス間発見のためのタイミング情報をフォワードまたは検出するためのユーザ機器のブロック図。
様々な実施形態による、デバイス間発見のためのタイミング情報をフォワードまたは検出するためのユーザ機器のブロック図。
[0022]様々な実施形態による、デバイス間発見のためのタイミング情報をフォワードまたは検出するためのデバイス間発見モジュールの例のブロック図。
[0023]様々な実施形態による、デバイス間発見のためのタイミング情報を管理するための基地局のブロック図。
様々な実施形態による、デバイス間発見のためのタイミング情報を管理するための基地局のブロック図。
[0024]様々な実施形態による、デバイス間発見のためのタイミング情報を管理するためのデバイス間発見管理モジュールの例のブロック図。
[0025]様々な実施形態による、多入力多出力MIMO)通信システムの一例を示すブロック図。
[0026]様々な実施形態によるワイヤレス通信システムの別のブロック図。
[0027]UEと基地局との間のタイミング図。
[0028]様々な実施形態によるワイヤレス通信システムのさらに別のブロック図。
[0029]UEおよび基地局の異なる組合せの間のタイミング図。
[0030]様々な実施形態による、デバイス間発見のためのタイミング情報をフォワードするための方法の例のフローチャート
様々な実施形態による、デバイス間発見のためのタイミング情報をフォワードするための方法の例のフローチャート。
[0031]様々な実施形態による、デバイス間発見のためのタイミング情報を管理するための方法の例のフローチャート。
様々な実施形態による、デバイス間発見のためのタイミング情報を管理するための方法の例のフローチャート。
[0032]様々な実施形態による、デバイス間発見のためのタイミング情報を検出するための方法の例のフローチャート。
様々な実施形態による、デバイス間発見のためのタイミング情報を検出するための方法の例のフローチャート。

実施例

0021

[0033]ワイヤレス通信システムにおけるデバイス間発見のためのタイミング情報のフォワード、管理、および検出について記載する。特に、基地局のタイミング情報は、基地局と通信する1つまたは複数のUEに送信されてよく、タイミング情報は次いで、基地局に対して非同期に動作する1つまたは複数のUE(たとえば、他の基地局に同期された1つまたは複数のUEであって、他の基地局は、タイミング情報を送信する基地局に対して非同期に動作する)にフォワードされてよい。

0022

[0034]したがって、以下の説明は、例を与えるものであり、特許請求の範囲に記載された範囲、適用可能性、または構成を限定するものではない。本開示の趣旨および範囲から逸脱することなく、論じられる要素の機能および構成において変更が行われ得る。様々な実施形態は、必要に応じて様々な手順または構成要素を省略、置換、または追加することができる。たとえば、説明される方法は、説明される順序と異なる順序で実行されてよく、様々なステップが追加され、省略され、または組み合わせられてよい。また、いくつかの実施形態に関して記載される特徴は、他の実施形態において組み合わせられ得る。

0023

[0035]最初に図1を参照すると、ブロック図は、ワイヤレス通信システム100の一例を示す。システム100は、基地局(またはセル)105と、ユーザ機器(UE)115と、コアネットワーク130とを含む。基地局105は、様々な実施形態ではコアネットワーク130または基地局105の一部であり得る基地局コントローラの制御下でUE115と通信し得る。基地局105は、バックホール132を介してコアネットワーク130と制御情報および/またはユーザデータを通信し得る。いくつかの実施形態では、基地局105は、ワイヤードまたはワイヤレス通信リンクであり得るバックホールリンク134を介して、直接的あるいは間接的に互いに通信し得る。システム100は、複数の搬送波(異なる周波数の波形信号)上での動作をサポートすることができる。マルチキャリア送信機は、複数のキャリア上で同時に被変調信号を送信し得る。たとえば、各通信リンク125は、上記で説明した様々な無線技術に従って変調されたマルチキャリア信号であり得る。各被変調信号は、異なるキャリア上で送られ得、制御情報(たとえば、基準信号制御チャネルなど)、オーバーヘッド情報、データなどを搬送し得る。

0024

[0036]基地局105は、1つまたは複数の基地局アンテナを介して、UE115とワイヤレス通信することができる。基地局105のサイトの各々は、それぞれのカバレージエリア110に通信カバレージを提供することができる。いくつかの実施形態では、基地局105は、基地トランシーバ局無線基地局アクセスポイント無線トランシーバ基本サービスセットBSS)、拡張サービスセットESS)、ノードB、発展型ノードB(eノードBまたはeNB)、ホームノードB、ホームeノードB、あるいは何らかの他の好適な用語で呼ばれることがある。基地局のためのカバレージエリア110は、カバレージエリアの一部分のみを構成するセクタに分割され得る。システム100は、異なる種類の基地局105(たとえばマクロ基地局マイクロ基地局および/またはピコ基地局)を含むこともできる。異なる技術のための重複カバレージエリアがあり得る。

0025

[0037]いくつかの実施形態では、システム100はLTE/LTE−Aネットワークであり得る。LTE/LTE−Aネットワークでは、発展型ノードB(eNB)という用語は、概して、基地局105を記述するために使用され得る。システム100は、異なるタイプのeNBが様々な地理的領域にカバレージを与える、異種LTE/LTE−Aネットワークであり得る。たとえば、各eNB105は、マクロセルピコセルフェムトセル、および/または他のタイプのセルに通信カバレージを与え得る。マクロセルは、一般に、比較的大きい地理的エリア(たとえば、半径キロメートル)をカバーし、ネットワークプロバイダサービス加入しているUEによる無制限アクセスを可能にすることができる。ピコセルは、一般に、比較的小さい地理的エリアをカバーすることになり、ネットワークプロバイダのサービスに加入しているUEによる無制限アクセスを可能にすることができる。フェムトセルも、一般に、比較的小さい地理的エリア(たとえば、自宅)をカバーすることになり、無制限アクセスに加えて、フェムトセルとの関連を有するUE(たとえば、限定加入者グループCSG)中のUE、自宅内のユーザのためのUEなど)による限定アクセスも提供し得る。マクロセル用のeNBは、マクロeNBと呼ばれる場合がある。ピコセル用のeNBは、ピコeNBと呼ばれる場合がある。また、フェムトセル用のeNBは、フェムトeNBまたはホームeNBと呼ばれる場合がある。eNBは、1つまたは複数(たとえば、2つ、3つ、4つなど)のセルをサポートすることができる。

0026

[0038]コアネットワーク130は、バックホール132(たとえば、S1など)を介してeNB105と通信し得る。eNB105はまた、たとえば、バックホールリンク134(たとえば、X2など)を介しておよび/またはバックホール132を介して(たとえば、コアネットワーク130を通して)、直接的または間接的に互いに通信し得る。ワイヤレス通信システム100は、同期動作または非同期動作をサポートし得る。同期動作の場合、eNBは同様のフレームタイミングを有し得、異なるeNBからの送信は時間的にほぼ整合され得る。非同期動作の場合、eNBは異なるフレームタイミングを有することができ、異なるeNBからの送信は時間的に整合されない場合がある。本明細書で説明する技法は、同期動作または非同期動作のいずれかのために使用され得る。

0027

[0039]UE115は、ワイヤレス通信システム100全体にわたって分散されてよく、各UEは固定されていることがあり得、または移動可能であり得る。UE115はまた、当業者によって、移動局加入者局モバイルユニット加入者ユニットワイヤレスユニットリモートユニット、モバイルデバイス、ワイヤレスデバイスワイヤレス通信デバイスリモートデバイスモバイル加入者局アクセス端末モバイル端末ワイヤレス端末リモート端末ハンドセットユーザエージェントモバイルクライアントクライアント、または何らかの他の適切な用語で呼ばれる場合がある。UE115は、セルラー電話携帯情報端末(PDA)、ワイヤレスモデム、ワイヤレス通信デバイス、ハンドヘルドデバイスタブレットコンピュータラップトップコンピュータコードレスフォンワイヤレスローカルループ(WLL)局などであり得る。UEは、マクロeNB、ピコeNB、フェムトeNB、リレーなどと通信することが可能であり得る。

0028

[0040]システム100に示された通信リンク125は、UE115から基地局105へのアップリンク(UL)送信、および/または基地局105からUE115へのダウンリンク(DL)送信を含む場合がある。ダウンリンク送信順方向リンク送信と呼ばれることもあり、アップリンク送信逆方向リンク送信と呼ばれることもある。

0029

[0041]いくつかのケースでは、UE115−aは、2つ以上の基地局105−a、105−bのカバレージエリア110内で動作し得る。UE115−bも、単一の基地局105−bのカバレージエリア110内で動作し得る。いずれのケースでも、様々なUE(たとえば、UE115−aおよびUE115−b)は、デバイス間通信により直接通信するのに十分に極近接にあり得る。

0030

[0042]ここで図2を参照すると、ブロック図200は、様々な実施形態による、デバイス間発見のためのタイミング情報をフォワードおよび/または検出することが可能なUE115−cを示す。UE115−cは、図1を参照しながら説明したUE115のうちの1つの、1つまたは複数の態様の一例であり得る。UE115−cはプロセッサでもあり得る。UE115−cは、UE受信機モジュール210、デバイス間発見モジュール215、および/またはUE送信機モジュール220を含み得る。これらの構成要素の各々は互いに通信し得る。

0031

[0043]UE115−cの構成要素は、個別にまたは集合的に、ハードウェア中の適用可能な機能の一部または全部を実施するように構成された1つまたは複数の特定用途向け集積回路ASIC)を用いて実装され得る。代替として、それらの機能は、1つまたは複数の他の処理ユニット(またはコア)によって、1つまたは複数の集積回路上で実施される場合がある。他の実施形態では、当技術分野で知られている任意の方式でプログラムされ得る、他のタイプの集積回路(たとえば、構造化プラットフォームASIC、フィールドプログラマブルゲートアレイFPGA)、および他のセミカスタムIC)が使用される場合がある。各ユニットの機能はまた、全体的または部分的に、1つまたは複数の汎用プロセッサまたは特定用途向けプロセッサによって実行されるようにフォーマットされた、メモリに組み込まれた命令を用いて実装される場合がある。

0032

[0044]UE受信機モジュール210は、LTE/LTE−A受信機などのセルラー受信機であるか、またはそれを含んでよい。UE受信機モジュール210は、図1を参照しながら説明したワイヤレス通信システム100など、ワイヤレス通信システムの1つまたは複数の通信チャネルを介して、様々なタイプのデータおよび/または制御信号(すなわち、送信)を受信するために使用され得る。

0033

[0045]UE送信機モジュール220は、LTE/LTE−A送信機などのセルラー送信機であるか、またはそれを含んでよい。UE送信機モジュール220は、ワイヤレス通信システム100などのワイヤレス通信システムの1つまたは複数の通信チャネルを介して、様々なタイプのデータおよび/または制御信号を送信するために使用され得る。

0034

[0046]デバイス間発見モジュール215は様々な機能を実施することができる。いくつかの実施形態では、デバイス間発見モジュール215は、デバイス間発見のためのタイミング情報をフォワードすることができる。より具体的には、デバイス間発見モジュール215は、基地局から、基地局についてのタイミング情報を受信し得る。タイミング情報は、UE受信機モジュール210を使って受信され得る。タイミング情報がそこから受信される基地局は、図1を参照して記載した基地局105の1つまたは複数の態様の一例であり得る。タイミング情報を受信する間または受信した後、デバイス間発見モジュール215は、タイミング情報を含むタイミング信号を送信してよい。タイミング信号は、デバイス間発見のために予約された少なくとも1つのサブフレーム中に送信され得る。タイミング信号は、UE送信機モジュール220を使って送信され得る。タイミング信号は、いくつかの実施形態では、非同期LTE展開におけるデバイス間発見のためのタイミング同期に使われ得る。

0035

[0047]いくつかの実施形態では、デバイス間発見モジュール215は、デバイス間発見のためのタイミング情報を検出することができる。より具体的には、デバイス間発見モジュール215は、サービング基地局から、近隣基地局によってデバイス間発見のために予約されたサブフレームのタイミングを示す情報を受信し得る。情報は、UE受信機モジュール210を使って受信され得る。情報がそこから受信されるサービング基地局は、図1を参照して記載した基地局105の1つまたは複数の態様の一例であり得る。サービング基地局から情報を受信した後、デバイス間発見モジュール215は、デバイス間発見のために予約されたサブフレームのうちの少なくとも1つの間にタイミング信号を検出することができる。タイミング信号は、UE受信機モジュール210を使って検出され得る。タイミング信号は近隣基地局についてのタイミング情報を含んでよく、このタイミング情報は、近隣基地局によってサービスされるUEを発見するのに使われ得る。タイミング情報は、いくつかの実施形態では、非同期LTE展開におけるデバイス間発見のためのタイミング同期に使われ得る。

0036

[0048]ここで図3を参照すると、ブロック図300は、様々な実施形態による、デバイス間発見のためのタイミング情報をフォワードおよび/または検出することが可能なUE115−dを示す。UE115−dは、図1を参照しながら説明したUE115のうちの1つの、1つまたは複数の態様の一例であり得る。UE115−dはプロセッサでもあり得る。UE115−dは、UE受信機モジュール210、デバイス間発見モジュール215−a、および/またはUE送信機モジュール220を含み得る。これらの構成要素の各々は互いに通信し得る。

0037

[0049]UE115−dの構成要素は、個別にまたは集合的に、ハードウェア中の適用可能な機能の一部または全部を実施するように構成された1つまたは複数のASICを用いて実装され得る。代替として、それらの機能は、1つまたは複数の他の処理ユニット(またはコア)によって、1つまたは複数の集積回路上で実施される場合がある。他の実施形態では、当技術分野で知られている任意の方法でプログラムされ得る他のタイプの集積回路(たとえば、構造化/プラットフォームASIC、FPGA、および他のセミカスタムIC)が使用され得る。各ユニットの機能はまた、全体的または部分的に、1つまたは複数の汎用プロセッサまたは特定用途向けプロセッサによって実行されるようにフォーマットされた、メモリに組み込まれた命令を用いて実装され得る。

0038

[0050]UE受信機モジュール210およびUE送信機モジュール220は、図2に関して説明したものと同様に構成され得る。デバイス間発見モジュール215−aは、図2を参照して記載したデバイス間発見モジュール215−aの1つまたは複数の態様の一例であってよく、サブフレームモジュール305および/または周波数モジュール310を含み得る。

0039

[0051]いくつかの実施形態では、サブフレームモジュール305および周波数モジュール310は各々、基地局から、基地局についてのタイミング情報を受信し得る。タイミング情報は、いくつかのケースでは、基地局についてのシンボルレベルタイミング情報を含み得る。タイミング情報は、UE受信機モジュール210を使って受信され得る。タイミング情報がそこから受信される基地局は、図1を参照して記載した基地局105の1つまたは複数の態様の一例であり得る。基地局は、いくつかのケースでは、UE115−d用のサービング基地局であってよく、UE115−dは基地局と同期されてよい。基地局は、いくつかのケースでは、特定のセルまたはカバレージエリアに関連付けられ得る。

0040

[0052]タイミング情報を受信する間または受信した後、サブフレームモジュール305および周波数モジュール310は、タイミング情報を含むタイミング信号を準備するのを支援することができる。いくつかのケースでは、タイミング信号は、基地局から、タイミング信号を送信するための命令を受信した後、準備および/または送信され得る。

0041

[0053]サブフレームモジュール305は、アップリンクまたはダウンリンクサブフレームなど、デバイス発見のために予約された少なくとも1つのサブフレームを識別し、タイミング信号を送信するためのサブフレームのうちの1つまたは複数を識別することができる。サブフレームモジュール305は、いくつかのケースでは、1つまたは複数のサブフレーム中にタイミング信号がその上で送信され得る1つまたは複数のシンボルを識別することもできる。いくつかのケースでは、サブフレームモジュール305によって識別されたサブフレームおよび/またはシンボルは、基地局、もしくはコアネットワークから受信された情報(タイミング情報および/もしくはタイミング信号を送信するための命令中の情報を含む)、ならびに/またはUE115−dの中に事前プログラムされた情報に基づいて識別され得る。

0042

[0054]周波数モジュール310は、サブフレーム中に1つまたは複数のシンボル上でタイミング信号が送信され得る少なくとも1つの周波数を識別することができる。いくつかのケースでは、周波数モジュール310によって識別された少なくとも1つの周波数は、基地局、もしくはコアネットワークから受信された情報(タイミング情報および/もしくはタイミング信号を送信するための命令中の情報を含む)、ならびに/またはUE115−dの中に事前プログラムされた情報に基づいて識別され得る。

0043

[0055]いくつかのケースでは、デバイス間発見モジュール215−aは、タイミング信号を準備し、周波数モジュール310によって識別された少なくとも1つの周波数で、サブフレームモジュール305によって識別された1つまたは複数のサブフレームの1つまたは複数のシンボル上で送信することができる。タイミング信号は、タイミング信号を送信するための命令を受信した後、何らかの時点で(たとえば、命令を受信した後直ちに、所定もしくは指定された遅延の後で、または何らかの指定された時間に)送信され得る。タイミング信号は、基地局から受信されたタイミング情報を含み得る。タイミング信号は、UE送信機モジュール220を使って送信され得る。タイミング信号は、いくつかの実施形態では、非同期LTE展開におけるデバイス間発見のためのタイミング同期に使われ得る。

0044

[0056]いくつかの実施形態では、サブフレームモジュール305および周波数モジュール310は各々、基地局から、近隣基地局によってデバイス間発見のために予約されたアップリンクまたはダウンリンクサブフレームのタイミングを示す情報を受信し得る。情報は、UE受信機モジュール210を使って受信され得る。タイミング情報がそこから受信される基地局は、図1を参照して記載した基地局105の1つまたは複数の態様の一例であり得る。基地局は、いくつかのケースでは、UE115−d用のサービング基地局であってよく、UE115−dは基地局と同期されてよい。基地局は、いくつかのケースでは、特定のセルまたはカバレージエリアに関連付けられ得る。

0045

[0057]基地局から情報を受信した後、サブフレームモジュール305および周波数モジュール310は、デバイス間発見のために予約されたサブフレームのうちの少なくとも1つの間にタイミング信号を検出するのを支援することができる。

0046

[0058]サブフレームモジュール305は、タイミング信号がその間に検出され得る少なくとも1つのサブフレームを識別することができる。サブフレームモジュール305は、いくつかのケースでは、少なくとも1つのサブフレーム中にタイミング信号がその上で検出され得る1つまたは複数のシンボルを識別することもできる。いくつかのケースでは、サブフレームモジュール305によって識別されたサブフレームおよび/またはシンボルは、基地局、もしくはコアネットワークから受信された情報、および/またはUE115−d中に事前プログラムされた情報に基づいて識別され得る。

0047

[0059]周波数モジュール310は、少なくとも1つのサブフレーム中に1つまたは複数のシンボル上でタイミング信号が検出され得る少なくとも1つの周波数を識別することができる。いくつかのケースでは、周波数モジュール310によって識別された少なくとも1つの周波数は、基地局から受信された情報(たとえば、近隣基地局によってデバイス間発見のために予約されたサブフレームのタイミングを示す情報を含む)に基づいて識別され得る。

0048

[0060]いくつかのケースでは、デバイス間発見モジュール215−aは、周波数モジュール310によって識別された少なくとも1つの周波数で、サブフレームモジュール305によって識別された少なくとも1つのサブフレームの1つまたは複数のシンボル上で近隣基地局のタイミング信号を検出することができる。タイミング信号は近隣基地局についてのタイミング情報を含んでよく、このタイミング情報は、近隣基地局によってサービスされるUEを発見するのに使われ得る。タイミング信号は、いくつかの実施形態では、非同期LTE展開におけるデバイス間発見のためのタイミング同期に使われ得る。

0049

[0061]ここで図4を参照すると、ブロック図400は、様々な実施形態によるデバイス間発見モジュール215−bの一実施形態を示す。モジュール215−bは、図2および/または図3を参照して記載したデバイス間発見モジュール215の1つまたは複数の態様の一例であり得る。モジュール215−bは、サブフレームモジュール305−a、周波数モジュール310−a、タイミング信号モジュール415、および/またはデバイス発見モジュール420を含み得る。これらの構成要素の各々は互いに通信し得る。

0050

[0062]デバイス間発見モジュール215−bの構成要素は、個別にまたは集合的に、ハードウェア中の適用可能な機能の一部または全部を実施するように構成された1つまたは複数のASICを用いて実装され得る。代替として、それらの機能は、1つまたは複数の他の処理ユニット(またはコア)によって、1つまたは複数の集積回路上で実施される場合がある。他の実施形態では、当技術分野で知られている任意の方法でプログラムされ得る他のタイプの集積回路(たとえば、構造化/プラットフォームASIC、FPGA、および他のセミカスタムIC)が使用され得る。各ユニットの機能はまた、全体的または部分的に、1つまたは複数の汎用プロセッサまたは特定用途向けプロセッサによって実行されるようにフォーマットされた、メモリに組み込まれた命令を用いて実装され得る。

0051

[0063]サブフレームモジュール305−aおよび周波数モジュール310−aは、図3を参照して記載したサブフレームモジュール305および周波数モジュール310のそれぞれの例であってよい。サブフレームモジュール305−aは、サブフレーム選択サブモジュール405および/またはシンボル選択サブモジュール410を含み得る。これらの構成要素の各々は互いに通信し得る。

0052

[0064]いくつかの実施形態では、サブフレームモジュール305−aおよび周波数モジュール310−aは各々、基地局から、基地局についてのタイミング情報を受信し得る。タイミング情報は、いくつかのケースでは、基地局についてのシンボルレベルタイミング情報を含み得る。タイミング情報がそこから受信される基地局は、図1を参照して記載した基地局105の1つまたは複数の態様の一例であり得る。基地局は、いくつかのケースでは、デバイス間発見モジュール215−bが組み込まれているUE115用のサービング基地局であってよく、UE115は基地局と同期されてよい。基地局は、いくつかのケースでは、特定のセルまたはカバレージエリアに関連付けられ得る。

0053

[0065]タイミング情報を受信する間または受信した後、サブフレームモジュール305−aおよび周波数モジュール310−aは、タイミング情報を含むタイミング信号を準備するのを支援することができる。いくつかのケースでは、タイミング信号は、基地局から、タイミング信号を送信するための命令を受信した後、準備および/または送信され得る。

0054

[0066]サブフレーム選択サブモジュール405は、アップリンクサブフレームやダウンリンクサブフレームなど、デバイス発見のために予約された少なくとも1つのサブフレームを識別し、アップリンクサブフレームやダウンリンクサブフレームなど、タイミング信号を送信するためのサブフレームのうちの1つまたは複数を識別するのに使われ得る。いくつかのケースでは、識別された1つまたは複数のサブフレームは、デバイス発見のために予約された少なくとも1つのサブフレームの中で最初に位置づけられたサブフレームを含み得る。

0055

[0067]シンボル選択サブモジュール410は、サブフレーム選択サブモジュールによって識別された1つまたは複数のサブフレーム中にタイミング信号がその上で送信され得る1つまたは複数のシンボルを識別するのに使われ得る。いくつかのケースでは、シンボル選択サブモジュール410は、1つまたは複数のシンボルを含むサブフレームの一部分を識別することによって、1つまたは複数のシンボルを識別し得る。いくつかのケースでは、識別された部分はサブフレームの第1の部分であってよく、タイミング信号がその上で送信される1つまたは複数のシンボルは、サブフレームの最初のいくつかのシンボルであってよい。サブフレームの最初のいくつかのシンボル上でのタイミング信号の送信により、タイミング信号が、モジュール215−bを組み込むUE115が動作するセルに対して非同期に動作する近接セル中で動作するデバイスによって送信されるタイミングおよび/または発見信号と干渉しないようにすることができ、近接セルは、サブフレーム選択サブモジュール405によって識別されたサブフレームとオーバーラップするサブフレーム中に、タイミングおよび/または発見信号を送信することができる。

0056

[0068]いくつかのケースでは、サブフレーム選択サブモジュール405および/またはシンボル選択サブモジュール410によって識別されたサブフレームおよび/またはシンボルは、基地局、もしくはコアネットワークから受信された情報(タイミング情報および/もしくはタイミング信号を送信するための命令中の情報を含む)、ならびに/またはデバイス間発見モジュール215−bおよび/もしくはそのホストデバイス中に事前プログラムされた情報に基づいて識別され得る。

0057

[0069]周波数モジュール310−aは、サブフレームの一部分(たとえば、シンボル選択サブモジュール410によって識別されたサブフレームの一部分)中に1つまたは複数のシンボル上でタイミング信号が送信され得る少なくとも1つの周波数を識別することができる。識別された少なくとも1つの周波数は、いくつかのケースでは、第1の周波数を含んでよく、第1の周波数は、サブフレームの第1の部分中に1つまたは複数のシンボル上でタイミング信号を送信するのに使われ得る。第1の周波数は、サブフレームの第2の部分中に1つまたは複数のシンボル上で追加タイミング信号を送信するのに使われる第2の周波数とは異なり得る。また、サブフレームの第1の部分は、サブフレームの第2の部分とは異なり得る。追加タイミング信号は、デバイス間発見モジュール215−bを組み込むUE115と同期されていない基地局などの追加基地局と同期されたデバイスによって送信され得る。追加タイミング信号は、追加基地局についてのタイミング情報を含んでよく、モジュール215−bを組み込むUE115によって送信されるタイミング信号と同じサブフレーム中に送信されてよいが、それは、追加タイミング信号が、モジュール215−bを組み込むUE115がタイミング信号を送信するサブフレームとオーバーラップする追加サブフレームの一部として送信されるからである。いくつかのケースでは、基地局および追加基地局は非近隣基地局であり得る。いくつかのケースでは、周波数モジュール310−aによって識別された少なくとも1つの周波数は、基地局、もしくはコアネットワークから受信された情報(タイミング情報および/もしくはタイミング信号を送信するための命令中の情報を含む)、ならびに/またはデバイス間発見モジュール215−bおよび/もしくはそのホストデバイスの中に事前プログラムされた情報に基づいて識別され得る。

0058

[0070]いくつかの実施形態では、タイミング信号モジュール415は、タイミング信号を準備し、周波数モジュール310−aによって識別された少なくとも1つの周波数で、サブフレームモジュール305−aによって識別された1つまたは複数のサブフレームの1つまたは複数のシンボル上で送信することができる。タイミング信号は、基地局から受信されたタイミング情報を含み得る。タイミング信号は、タイミング信号を送信するための命令を受信した後、何らかの時点で(たとえば、命令を受信した後直ちに、所定もしくは指定された遅延の後で、または何らかの指定された時間に)送信され得る。タイミング信号は、いくつかの実施形態では、非同期LTE展開におけるデバイス間発見のためのタイミング同期に使われ得る。

0059

[0071]いくつかのケースでは、タイミング情報およびタイミング信号は、基地局によって送信される1次同期信号(PSS)を含み得る。他のケースでは、タイミング情報およびタイミング信号は、基地局によって送信されるPSSと2次同期信号(SSS)の両方を含み得る。

0060

[0072]いくつかのケースでは、タイミング信号の1つまたは複数の追加コピーが、サブフレーム選択サブモジュール405によって識別された1つまたは複数のサブフレーム中に送信され得る。たとえば、基地局によって送信されるPSSを含むタイミング信号の複数のコピーが、連続サブフレーム中に送信されてよく、タイミング信号の各後続コピーは、PSSの反復バージョンを含む。

0061

[0073]いくつかの実施形態では、サブフレームモジュール305−aおよび周波数モジュール310−aは各々、基地局から、1つまたは複数の近隣基地局によってデバイス間発見のために予約されたサブフレームのタイミングを示す情報を受信し得る。情報は、UE受信機モジュール210を使って受信され得る。情報がそこから受信される基地局は、図1を参照して記載した基地局105の1つまたは複数の態様の一例であり得る。基地局は、いくつかのケースでは、デバイス間発見モジュール215−bが組み込まれているUE115用のサービング基地局であってよく、UE115は基地局と同期されてよい。基地局は、いくつかのケースでは、特定のセルまたはカバレージエリアに関連付けられ得る。

0062

[0074]基地局から情報を受信した後、サブフレームモジュール305−aおよび周波数モジュール310−aは、デバイス間発見のために予約されたサブフレームのうちの少なくとも1つの間に1つまたは複数のタイミング信号を検出するのを支援することができる。

0063

[0075]サブフレーム選択サブモジュール405は、1つまたは複数のタイミング信号がその間に検出され得る、アップリンクサブフレームやダウンリンクサブフレームなど、少なくとも1つのサブフレームを識別するのに使われ得る。シンボル選択サブモジュール410は、少なくとも1つのサブフレーム中にタイミング信号がその上で検出され得る1つまたは複数のシンボルを識別することができる。いくつかのケースでは、サブフレーム選択サブモジュール405およびシンボル選択サブモジュール410によって識別されたサブフレームおよび/またはシンボルは、基地局、もしくはコアネットワークによって受信された情報、ならびに/またはデバイス間発見モジュール215−bおよび/もしくはそのホストデバイス中に事前プログラムされた情報に基づいて識別され得る。

0064

[0076]周波数モジュール310−aは、少なくとも1つのサブフレーム中に1つまたは複数のシンボル上でタイミング信号が検出され得る少なくとも1つの周波数を識別することができる。いくつかのケースでは、周波数モジュール310−aによって識別された少なくとも1つの周波数は、基地局から受信された情報(たとえば、近隣基地局によってデバイス間発見のために予約されたサブフレームのタイミングを示す情報を含む)に基づいて識別され得る。いくつかのケースでは、周波数モジュール310−aは、第1のタイミング信号が検出され得る第1の周波数と、第2のタイミング信号が検出され得る第2の周波数とを識別することができる。第1のタイミング信号は、第1の近隣基地局についてのタイミング情報を含むことができ、第2のタイミング信号は、第2の近隣基地局についてのタイミング情報を含むことができる。

0065

[0077]いくつかの実施形態では、デバイス発見モジュール420は、周波数モジュール310−aによって識別された少なくとも1つの周波数で、サブフレームモジュール305−aによって識別された少なくとも1つのサブフレームの1つまたは複数のシンボル上で近隣基地局のタイミング信号を検出することができる。タイミング信号は、近隣基地局についてのタイミング情報を含むことができ、このタイミング情報は、デバイス発見モジュール420によって、近隣基地局によってサービスされる1つまたは複数のUEを発見するのに使われ得る。タイミング信号発見は、いくつかの実施形態では、非同期LTE展開におけるデバイス間発見のためのタイミング同期に使われ得る。

0066

[0078]ここで図5を参照すると、ブロック図500は、様々な実施形態による、デバイス間発見のためのタイミング情報を管理することが可能な基地局105−cを示す。基地局105−cは、図1を参照しながら説明した基地局105のうちの1つの、1つまたは複数の態様の一例であり得る。基地局105−cはプロセッサでもあり得る。基地局105−cは、基地局受信機モジュール510、デバイス間発見管理モジュール515、および/または基地局送信機モジュール520を含み得る。これらの構成要素の各々は互いに通信し得る。

0067

[0079]基地局105−cの構成要素は、個別にまたは集合的に、ハードウェア中の適用可能な機能の一部または全部を実施するように構成された1つまたは複数のASICを用いて実装され得る。代替として、それらの機能は、1つまたは複数の他の処理ユニット(またはコア)によって、1つまたは複数の集積回路上で実施される場合がある。他の実施形態では、当技術分野で知られている任意の方法でプログラムされ得る他のタイプの集積回路(たとえば、構造化/プラットフォームASIC、FPGA、および他のセミカスタムIC)が使用され得る。各ユニットの機能はまた、全体的または部分的に、1つまたは複数の汎用プロセッサまたは特定用途向けプロセッサによって実行されるようにフォーマットされた、メモリに組み込まれた命令を用いて実装され得る。

0068

[0080]基地局受信機モジュール510は、LTE/LTE−A受信機などのセルラー受信機であるか、またはそれを含んでよい。基地局受信機モジュール510は、図1を参照しながら説明したワイヤレス通信システム100など、ワイヤレス通信システムの1つまたは複数の通信チャネルを介して、様々なタイプのデータおよび/または制御信号(すなわち、送信)を受信するために使用され得る。

0069

[0081]基地局送信機モジュール520は、LTE/LTE−A送信機などのセルラー送信機であるか、またはそれを含んでよい。基地局送信機モジュール520は、ワイヤレス通信システム100などのワイヤレス通信システムの1つまたは複数の通信チャネルを介して、様々なタイプのデータおよび/または制御信号を送信するために使用され得る。

0070

[0082]デバイス間発見管理モジュール515は様々な機能を実施することができる。いくつかの実施形態では、デバイス間発見管理モジュール515は、基地局105−cについてのタイミング情報をUE115に送信することができる。タイミング情報は、基地局送信機モジュール520を使って送信され得る。タイミング情報を送信する前、送信する間、または送信した後、デバイス間発見管理モジュール515は、タイミング情報を含むタイミング信号を送信するための命令をUE115に送信することができる。命令は、デバイス間発見のために予約された少なくとも1つのサブフレーム中にタイミング信号が送信されるべきであると指定し得る。命令は、基地局送信機モジュール520を使って送信され得る。タイミング信号は、いくつかの実施形態では、非同期LTE展開におけるデバイス間発見のためのタイミング同期に使われ得る。

0071

[0083]ここで図6を参照すると、ブロック図600は、様々な実施形態による、デバイス間発見のためのタイミング情報を管理することが可能な基地局105−dを示す。基地局105−dは、図1を参照しながら説明した基地局105のうちの1つの、1つまたは複数の態様の一例であり得る。基地局105−dはプロセッサでもあり得る。基地局105−dは、基地局受信機モジュール510、デバイス間発見管理モジュール515−a、および/または基地局送信機モジュール520を含み得る。これらの構成要素の各々は互いに通信し得る。

0072

[0084]基地局105−dの構成要素は、個別にまたは集合的に、ハードウェア中の適用可能な機能の一部または全部を実施するように構成された1つまたは複数のASICを用いて実装され得る。代替として、それらの機能は、1つまたは複数の他の処理ユニット(またはコア)によって、1つまたは複数の集積回路上で実施される場合がある。他の実施形態では、当技術分野で知られている任意の方法でプログラムされ得る他のタイプの集積回路(たとえば、構造化/プラットフォームASIC、FPGA、および他のセミカスタムIC)が使用され得る。各ユニットの機能はまた、全体的または部分的に、1つまたは複数の汎用プロセッサまたは特定用途向けプロセッサによって実行されるようにフォーマットされた、メモリに組み込まれた命令を用いて実装され得る。

0073

[0085]基地局受信機モジュール510および基地局送信機モジュール520は、図5に関して説明したものと同様に構成され得る。デバイス間発見管理モジュール515−aは、図5を参照して記載したデバイス間発見管理モジュール515−aの1つまたは複数の態様の一例であってよく、タイミング情報モジュール605および/または命令モジュール610を含み得る。

0074

[0086]いくつかの実施形態では、タイミング情報モジュール605は、複数のUE115に送信するべき、基地局105−dについてのタイミング情報を選択および/または編集することができる。タイミング情報は、いくつかのケースでは、基地局105−dについてのシンボルレベルタイミング情報を含み得る。タイミング情報は、基地局送信機モジュール520を使ってUE115に送信され得る。

0075

[0087]タイミング情報を送信する前、送信する間、または送信した後、命令モジュール610は、タイミング情報を含むタイミング信号を送信するための命令を、タイミング情報モジュール605によってタイミング情報が送信されたUE115の少なくともサブセットに送信することができる。命令は、デバイス間発見のために予約された少なくとも1つのサブフレーム中にタイミング信号が送信されるべきであると指定し得る。命令は、基地局送信機モジュール520を使って送信され得る。タイミング信号は、いくつかの実施形態では、非同期LTE展開におけるデバイス間発見のためのタイミング同期に使われ得る。

0076

[0088]ここで図7を参照すると、ブロック図700は、様々な実施形態によるデバイス間発見管理モジュール515−bの一実施形態を示す。デバイス間発見管理モジュール515−bは、図5および/または図6を参照して記載したデバイス間発見管理モジュール515の1つまたは複数の態様の一例であり得る。デバイス間発見管理モジュール515−bは、タイミング情報モジュール605および/または命令モジュール610−aを含み得る。これらの構成要素の各々は互いに通信し得る。

0077

[0089]デバイス間発見管理モジュール515−bの構成要素は、個別にまたは集合的に、ハードウェア中の適用可能な機能の一部または全部を実施するように構成された1つまたは複数のASICを用いて実装され得る。代替として、それらの機能は、1つまたは複数の他の処理ユニット(またはコア)によって、1つまたは複数の集積回路上で実施される場合がある。他の実施形態では、当技術分野で知られている任意の方法でプログラムされ得る他のタイプの集積回路(たとえば、構造化/プラットフォームASIC、FPGA、および他のセミカスタムIC)が使用され得る。各ユニットの機能はまた、全体的または部分的に、1つまたは複数の汎用プロセッサまたは特定用途向けプロセッサによって実行されるようにフォーマットされた、メモリに組み込まれた命令を用いて実装され得る。

0078

[0090]タイミング情報モジュール605は、図6に関して説明したものと同様に構成され得る。命令モジュール610−aは、図6に関して説明した命令モジュール610の一例であり得る。命令モジュール610−aは、サブフレーム識別サブモジュール705、シンボル識別サブモジュール710、密度決定サブモジュール715、距離決定サブモジュール720、および/またはUE選択サブモジュール725を含み得る。これらの構成要素の各々は互いに通信し得る。

0079

[0091]いくつかの実施形態では、サブフレーム識別サブモジュール705は、アップリンクサブフレームやダウンリンクサブフレームなど、デバイス間発見のために予約された少なくとも1つのサブフレームを識別することができる。サブフレーム識別サブモジュール705は、タイミング信号がその間に送信され得る少なくとも1つのサブフレームのうちの1つまたは複数を識別することもできる。識別された1つまたは複数のサブフレームは、いくつかのケースでは、デバイス間発見のために予約された少なくとも1つのサブフレームの中で、最初に位置づけられたサブフレームを含み得る。

0080

[0092]いくつかの実施形態では、シンボル識別サブモジュール710は、サブフレームの一部分中に1つまたは複数のシンボルを識別することができる。1つまたは複数のシンボルは、UE115によって、タイミング信号を送信するために使われ得る。サブフレームの部分は、いくつかのケースではサブフレームの第1の部分であってよく、タイミング信号がその上で送信され得る1つまたは複数のシンボルは、サブフレームの最初のいくつかのシンボルであってよい。サブフレームの最初のいくつかのシンボル上でのタイミング信号の送信は、デバイス間発見管理モジュール515−bを組み込む基地局105が動作するセルに対して非同期に動作する近接セル中で動作するデバイスによって送信されるタイミングおよび/または発見信号と、タイミング信号が干渉しないようにすることができ、近接セルは、デバイス間発見管理モジュール515−bによってタイミング信号が送信されるサブフレームとオーバーラップするサブフレーム中に、タイミングおよび/または発見信号を送信することができる。

0081

[0093]いくつかの実施形態では、密度決定サブモジュール715は、デバイス間発見管理モジュール515−bを組み込む基地局105に送信するUE115の密度を決定することができる。

0082

[0094]いくつかの実施形態では、距離決定サブモジュール720は、デバイス間発見管理モジュール515−bを組み込む基地局からの、複数のUEの各々の距離を決定することができる。

0083

[0095]UE選択サブモジュール725は、送信情報が送信されるUE115のサブセットを識別または選択することができる。サブセットは、基地局105に送信するUE115の密度および/または基地局105からの複数のUE115の各々の距離に少なくとも部分的に基づいて選択され得る。これは、たとえば、セルもしくはカバレージエリア境界の近くのUEのみがタイミング情報をフォワードすることを可能にすることによって、電力消費を削減するのに、および/または干渉(たとえば、オーバーラップするサブフレーム中にUEがタイミング信号を送信した結果としての漏れによる)を削減するのに有益であり得る。

0084

[0096]タイミング情報を送信する前、送信する間、または送信した後、命令モジュール610−aは、タイミング情報を含むタイミング信号を送信するための命令を、UE選択サブモジュール725によって識別または選択されたUE115のサブセットに送信することができる。命令は、タイミング信号が、サブフレーム識別サブモジュール705およびシンボル識別サブモジュール710によって識別された1つまたは複数のサブフレームの1つまたは複数のシンボル中に送信されるべきであると指定し得る。タイミング信号は、いくつかの実施形態では、非同期LTE展開におけるデバイス間発見のためのタイミング同期に使われ得る。

0085

[0097]図8は、基地局105−eとUE115−eとを含むMIMO通信システム800のブロック図である。このシステム800は、図1を参照しながら説明したシステム100の1つまたは複数の態様の一例であり得る。UE115−eは、図1図2図3、および/または図4に関連して説明したUE115の一例であり得る。基地局105−eはアンテナ834−a〜834−xを備え得、UE115−eはアンテナ852−a〜852−nを備え得る。システム800では、基地局105−eは複数の通信リンクを介して同時にデータを送ることが可能であり得る。各通信リンクは「レイヤ」と呼ばれる場合があり、通信リンクの「ランク」は、通信に使用されるレイヤの数を示すことができる。たとえば、基地局105−eが2つの「レイヤ」を送信する2×2MIMOシステムでは、基地局105−eとUE115−eとの間の通信リンクのランクは2である。

0086

[0098]基地局105−eにおいて、送信プロセッサ820は、データソースからデータを受信することができる。送信プロセッサ820は、データを処理し得る。送信プロセッサ820はまた、制御シンボルおよび/または基準シンボルを生成し得る。送信(TX)MIMOプロセッサ830が、適用可能な場合、データシンボル、制御シンボル、および/または基準シンボルに対して空間処理(たとえば、プリコーディング)を実施し得、出力シンボルストリーム送信変調器832−a〜832−xに与え得る。各変調器832は、出力サンプルストリームを取得するために、(たとえば、OFDMなどのために)それぞれの出力シンボルストリームを処理し得る。各変調器832はさらに、DL信号を取得するために、出力サンプルストリームを処理(たとえば、アナログへの変換、増幅フィルタ処理、およびアップコンバート)し得る。一例では、変調器832−a〜832−xからのDL信号は、それぞれアンテナ834−a〜834−xを介して送信され得る。

0087

[0099]UE115−eにおいて、UEアンテナ852−a〜852−nは、基地局105−cからDL信号を受信し得、受信された信号をそれぞれ復調器854−a〜854−nに供給し得る。各復調器854は、入力サンプルを取得するために、それぞれの受信された信号を調整(たとえば、フィルタ処理、増幅、ダウンコンバート、およびデジタル化)し得る。各復調器854は、受信されたシンボルを取得するために、(たとえば、OFDMなどのために)入力サンプルをさらに処理し得る。MIMO検出器856は、すべての復調器854−a〜854−nから受信シンボルを取得し、適用可能な場合は受信シンボルに対してMIMO検出を実施し、検出シンボルを与え得る。受信プロセッサ858は、検出シンボルを処理(たとえば、復調デインターリーブ、および復号)して、UE115−eについて復号されたデータをデータ出力に与え、復号された制御情報をプロセッサ880、またはメモリ882に与え得る。

0088

[0100]プロセッサ880は、いくつかのケースでは、デバイス間発見モジュール215−cをインスタンス化するための記憶された命令を実行することができる。いくつかの実施形態では、デバイス間発見モジュール215−cは、図2図3、および/または図4を参照して記載したデバイス間発見モジュール215の1つまたは複数の態様の一例であり得る。

0089

[0101]アップリンク(UL)上で、UE115−eにおいて、送信プロセッサ864が、データソースからデータを受信し、処理し得る。送信プロセッサ864は、基準信号についての基準シンボルを生成してもよい。送信プロセッサ864からのシンボルは、適用可能な場合、送信MIMOプロセッサ866によってプリコードされ、変調器854−a〜854−nによって(たとえば、SC−FDMAなどのために)さらに処理され、基地局105−eから受信された送信パラメータに従って基地局105−eに送信され得る。基地局105−cにおいて、UE115−eからのUL信号がアンテナ834によって受信され、復調器832によって処理され、適用可能な場合、MIMO検出器836によって検出され、受信プロセッサによってさらに処理され得る。受信プロセッサ838は、復号データをデータ出力およびプロセッサ840に与え得る。

0090

[0102]プロセッサ840は、いくつかのケースでは、デバイス間発見管理モジュール515−cをインスタンス化するための記憶された命令を実行することができる。いくつかの実施形態では、デバイス間発見管理モジュール515−cは、図5図6、および/または図7を参照して記載したデバイス間発見管理モジュール515の1つまたは複数の態様の一例であり得る。

0091

[0103]UE115−eの構成要素は、個別にまたは集合的に、ハードウェア中の適用可能な機能の一部または全部を実施するように構成された1つまたは複数のASICを用いて実装され得る。言及したモジュールの各々は、システム800の動作に関係する1つまたは複数の機能を実施するための手段であり得る。同様に、基地局105−eの構成要素は、個別にまたは集合的に、ハードウェア中の適用可能な機能の一部または全部を実施するように構成された1つまたは複数のASICを用いて実装され得る。言及した構成要素の各々は、システム800の動作に関係する1つまたは複数の機能を実施するための手段であり得る。

0092

[0104]図9を参照すると、ブロック図が、ワイヤレス通信システム900の一例を示している。システム900は、複数の通信リンク125を介して複数のUE115−fのうちの様々なものと通信している複数の基地局105−fを含み得る。基地局105−fの各々は、ワイヤレス通信システム900のセルを画定する、対応するカバレージエリア905−aを有し得る。システム900は、いくつかのケースでは多重キャリアLTEネットワークであってよく、いくつかのケースでは、図1を参照して記載したワイヤレス通信システム100の1つまたは複数の態様の一例であってよい。基地局105−fは、図1図5図6図7、および/または図8を参照して記載した基地局105の例であってよく、UE115は、図1図2図3図4、および/または図8を参照して記載したUEの例であってよい。

0093

[0105]システム900の1つの動作モードにおいて、基地局105−f−2をそのサービング基地局として有するUE115−f−3は、基地局105−f−2のカバレージエリア905−a−2のエッジに接近して配置されてよく、したがって、基地局105−f−3をそのサービング基地局として有するUE115−f−4によって検出可能であり得る。UE115−f−4がUE115−f−3を発見するために、UE115−f−4は、どのサブフレームが基地局105−f−2によってデバイス間発見のために予約されているかを知る必要があり得る。いくつかのケースでは、この情報は、基地局105−f3を介してUE115−f−4にフォワードされ得る。UE115−f−3も、基地局105−f−2によって使われるシンボルレベルタイミングを知る必要もあり得る。いくつかのケースでは、シンボルレベルタイミングは、基地局105−f−2によって送信されるPSSおよび/またはSSSを検出することによって知られ得る。ただし、PSSおよび/またはSSSは、約−8デシベル(dB)までしか復号され得ない。したがって、UE115−f−4が基地局105−f−3に接近し、および/または信号フェージングが起こると、UE115−f−4は、基地局105−f−2のシンボルレベルタイミングを復号することができない場合がある。

0094

[0106]システム900の別の動作モードにおいて、基地局105−f−2は、シンボルレベルタイミング情報などのタイミング情報を、基地局がそれらのためのサービング基地局であるUE115−f−2、115−f−3のうちの1つまたは複数に送信することができる。UE115−f−2、115−f−3の各々は次いで、デバイス間発見のためのタイミング情報をフォワードすることができる。このようにして、基地局105−f−1のカバレージエリア905−a−1内で動作するUE115−f−1は、近隣基地局105−f−2についてのタイミング情報を、UE115−f−2を介して(デバイス間通信リンク130−a−1によって)受信することができ、UE115−f−4は、近隣基地局105−f−2についてのタイミング情報を、UE115−f−3を介して(デバイス間通信リンク130−a−2によって)受信することができる。

0095

[0107]図10は、UEと基地局との間のアップリンクについてのタイミング図1000を示す。UEは、図1図2図3図4、および/または図8を参照して記載したUE115のうちの1つの一例であってよく、基地局105は、図1図5図6図7、および/または図8を参照して記載した基地局105のうちの1つの一例であってよい。アップリンクは、UEとそのサービング基地局との間で、および/またはUEと1つもしくは複数の他のUEとの間で(たとえば、デバイス間送信として)、様々な送信が行われ得る期間1010−a−1、1010−a−2で分離される、アップリンクサブフレームがデバイス間発見のために予約される期間1005−a−1、1005−a−2を含み得る。

0096

[0108]図示されるように、アップリンクサブフレームがデバイス間発見のために予約される期間1005−a−1は、少なくとも1つのアップリンクサブフレーム1015を含み得る。いくつかのケースでは、期間1005−a−1は、デバイス間発見のために予約された複数のアップリンクサブフレーム1020を含み得る。デバイス間発見のために予約されたアップリンクサブフレームのうちの少なくとも1つにおいて、UEは、基地局から受信されたタイミング情報を含むタイミング信号1025を送信することができる。いくつかのケースでは、タイミング信号1025は、複数のアップリンクサブフレーム1020の中で最初に位置づけられるアップリンクサブフレームの最初のいくつかのシンボル中で送信され得る。いくつかのケースでは、タイミング信号1025は、タイミング情報をフォワードするためにのみ予約された少なくとも1つのアップリンクサブフレーム中で送信され得る。

0097

[0109]いくつかのケースでは、図10は、基地局とUEとの間のダウンリンクについてのタイミング図1000を示し得ることに留意されたい。

0098

[0110]図11を参照すると、ブロック図が、ワイヤレス通信システム1100の一例を示している。システム1100は、複数の通信リンク125を介して複数のUE115−fのうちの様々なものと通信している複数の基地局105−fを含み得る。基地局105−fの各々は、ワイヤレス通信システム1100のセルを画定する、対応するカバレージエリア905−aを有し得る。システム1100は、いくつかのケースでは多重キャリアLTEネットワークであってよく、いくつかのケースでは、図1および/または図9を参照して記載したワイヤレス通信システム100および/または900の1つまたは複数の態様の一例であってよい。基地局105−fは、図1図5図6図7、および/または図8を参照して記載した基地局105の例であってよく、UE115は、図1図2図3図4、および/または図8を参照して記載したUEの例であってよい。

0099

[0111]システム1100のある動作モードにおいて、基地局105−fの各々は、シンボルレベルタイミング情報などのタイミング情報を、基地局がそれらのためのサービング基地局であるUE115−fのうちの1つまたは複数に送信することができる。UE115−fの各々は次いで、デバイス間発見のためのタイミング情報をフォワードすることができる。このようにして、UE115−f−4は、近隣基地局105−f−2および105−f−4についてのタイミング情報を、それぞれのUE115−f−3および115−f−5と、それぞれのデバイス間通信リンク130−a−2および130−a−3とを介して受信し得る。

0100

[0112]図12は、UEと基地局の異なる組合せの間のアップリンクについてのタイミング図1200である。UEは、図1図2図3図4、および/または図8を参照して記載したUE115の一例であってよく、基地局105は、図1図5図6図7、および/または図8を参照して記載した基地局105の一例であってよい。図12の下に示されているアップリンクは、第1のUEと第1のサービング基地局との間で、および/または第1のUEと1つもしくは複数の他のUEとの間で(たとえば、デバイス間送信として)、様々な送信が行われ得る期間1010−a−1、1010−a−2で分離される、アップリンクサブフレームが第1のUEによるデバイス間発見のために予約される期間1005−a−1、1005−a−2を含み得る。同様に、図12の上に示されているアップリンクは、第2のUEと第2のサービング基地局との間で、および/または第2のUEと1つもしくは複数の他のUEとの間で(たとえば、デバイス間送信として)、様々な送信が行われ得る期間1010−b−1、1010−b−2で分離される、アップリンクサブフレームが第2のUEによるデバイス間発見のために予約される期間1005−b−1、1005−b−2を含み得る。

0101

[0113]図示されるように、アップリンクサブフレームがデバイス間発見のために予約される期間1005−a−1は、少なくとも1つのアップリンクサブフレーム1015を含み得る。いくつかのケースでは、期間1005−a−1は、デバイス間発見のために予約された複数のアップリンクサブフレーム1020を含み得る。デバイス間発見のために予約されたアップリンクサブフレームのうちの少なくとも1つにおいて、第1のUEは、第1のサービング基地局から受信されたタイミング情報を含む第1のタイミング信号1025を送信することができる。いくつかのケースでは、第1のタイミング信号1025は、複数のアップリンクサブフレーム1020の中で最初に位置づけられるアップリンクサブフレームの最初のいくつかのシンボル中で送信され得る。いくつかのケースでは、第1のタイミング信号1025は、タイミング情報をフォワードするためにのみ予約された少なくとも1つのアップリンクサブフレーム中で送信され得る。

0102

[0114]第2のUEおよび第2のサービング基地局は、第1のUEおよび第1のサービング基地局のアップリンクサブフレームタイミングに対してオフセットされているアップリンクサブフレームタイミングを有し得る。その結果、第2のUEは、第2のサービング基地局から受信されたタイミング情報を含む第2のタイミング信号1205を送信することができる。第2のタイミング信号は第1のタイミング信号からオフセットされているので、第1のタイミング信号は、アップリンクサブフレーム1015の第1の部分中で送信されてよく、第2のタイミング信号は、アップリンクサブフレーム1015の第2の部分中で送信されてよい。また、第1のタイミング信号は第1の周波数で送信されてよく、第2のタイミング信号は第2の周波数で送信されてよい。これにより、UEは、タイミング信号の両方を検出し、それらを区別することが可能になり得る。そのような分離は、第1のUEとそのサービング基地局との間の、および第2のUEとそのサービング基地局との間の同期の欠如による漏れを考慮に入れるべきである。

0103

[0115]いくつかのケースでは、図12は、基地局とUEの異なる組合せの間のダウンリンクについてのタイミング図1200を示し得ることに留意されたい。

0104

[0116]図13は、デバイス間発見のためのタイミング情報をフォワードするための方法1300の例を示すフローチャートである。明快のために、方法1300は、以下では、図1図2図3図4図8図9、および/または図11を参照して記載したUE115のうちの1つと、図1図5図6図7図8図9、および/または図11を参照して記載した基地局105のうちの1つとを参照して説明され得る。一実施形態では、UE115は、以下で説明する機能を実施するためにUE115の機能要素を制御するためのコードの1つまたは複数のセットを実行し得る。

0105

[0117]ブロック1305において、基地局105についてのタイミング情報が基地局105から受信され得る。タイミング情報は、いくつかのケースでは、基地局105についてのシンボルレベルタイミング情報を含み得る。基地局105は、いくつかのケースでは、方法1300を実施するデバイス(たとえば、UE115)用のサービング基地局であってよく、デバイスは基地局105と同期され得る。基地局105は、いくつかのケースでは、特定のセルまたはカバレージエリアに関連付けられ得る。

0106

[0118]ブロック1310において、タイミング情報を含むタイミング信号が送信され得る。タイミング信号は、デバイス間発見のために予約された少なくとも1つのサブフレーム中に送信され得る。いくつかのケースでは、タイミング信号は、デバイス間発見のために予約された少なくとも1つのサブフレームの中で最初に位置づけられるサブフレーム中に送信され得る。いくつかのケースでは、タイミング信号は、サブフレームの一部分中に、1つまたは複数のシンボル上で送信され得る。サブフレームの部分は、いくつかのケースではサブフレームの第1の部分であってよく、タイミング信号がその上で送信される1つまたは複数のシンボルは、サブフレームの最初のいくつかのシンボルであってよい。サブフレームの最初のいくつかのシンボル上でのタイミング信号の送信は、タイミング情報を送信する基地局105および方法1300を実施するデバイス(たとえば、UE115)が動作するセルに対して非同期に動作する近接セル中で動作するデバイスによって送信されるタイミングおよび/または発見信号とタイミング信号が干渉しないようにすることができ、近接セルは、方法1300を実施するデバイスによってタイミング信号が送信されるサブフレームとオーバーラップするサブフレーム中にタイミングおよび/または発見信号を送信することができる。

0107

[0119]いくつかのケースでは、タイミング情報およびタイミング信号は、基地局105によって送信されるPSSを含み得る。他のケースでは、タイミング情報およびタイミング信号は、基地局105によって送信されるPSSとSSSの両方を含み得る。

0108

[0120]ブロック1305および/または1310における動作は、いくつかのケースでは、図2図3図4、および/または図8を参照して記載したデバイス間発見モジュール215を使って実施され得る。

0109

[0121]したがって、方法1300は、デバイス間発見のためのタイミング情報をフォワードすることを可能にし得る。方法1300は一実装形態にすぎず、方法1300の動作は、他の実装形態が可能であるように並べ替えられ、または場合によっては変更され得ることに留意されたい。方法1300は、いくつかの実施形態では、非同期LTE展開におけるデバイス間発見のためのタイミング同期に使われ得る。

0110

[0122]図14は、デバイス間発見のためのタイミング情報をフォワードするための方法1400の別の例を示すフローチャートである。明快のために、方法1400は、以下では、図1図2図3図4図8図9、および/または図11を参照して記載したUE115のうちの1つと、図1図5図6図7図8図9、および/または図11を参照して記載した基地局105のうちの1つとを参照して説明され得る。一実施形態では、UE115は、以下で説明する機能を実施するためにUE115の機能要素を制御するためのコードの1つまたは複数のセットを実行し得る。

0111

[0123]ブロック1405において、基地局105についてのタイミング情報が基地局105から受信され得る。タイミング情報は、いくつかのケースでは、基地局105についてのシンボルレベルタイミング情報を含み得る。基地局105は、いくつかのケースでは、方法1400を実施するデバイス(たとえば、UE115)用のサービング基地局であってよく、デバイスは基地局105と同期され得る。基地局105は、いくつかのケースでは、特定のセルまたはカバレージエリアに関連付けられ得る。

0112

[0124]ブロック1410において、タイミング信号を送信するための命令が基地局105から受信され得る。

0113

[0125]ブロック1415において、およびタイミング信号を送信するための命令を受信した後の何らかの時点で(たとえば、命令を受信した後直ちに、所定もしくは指定された遅延の後で、または何らかの指定された時間に)、タイミング信号が送信され得る。タイミング信号は、基地局105から受信されたタイミング情報を含み得る。タイミング信号は、デバイス間発見のために予約された少なくとも1つのサブフレーム中に送信され得る。いくつかのケースでは、タイミング信号は、デバイス間発見のために予約された少なくとも1つのサブフレームの中で最初に位置づけられるサブフレーム中に送信され得る。いくつかのケースでは、タイミング信号は、サブフレームの一部分中に、1つまたは複数のシンボル上で送信され得る。サブフレームの部分は、いくつかのケースではサブフレームの第1の部分であってよく、タイミング信号がその上で送信される1つまたは複数のシンボルは、サブフレームの最初のいくつかのシンボルであってよい。サブフレームの最初のいくつかのシンボル上でのタイミング信号の送信は、タイミング情報を送信する基地局105および方法1400を実施するデバイス(たとえば、UE115)が動作するセルに対して非同期に動作する近接セル中で動作するデバイスによって送信されるタイミングおよび/または発見信号とタイミング信号が干渉しないようにすることができ、近接セルは、方法1400を実施するデバイスによってタイミング信号が送信されるサブフレームとオーバーラップするサブフレーム中にタイミングおよび/または発見信号を送信することができる。

0114

[0126]いくつかのケースでは、タイミング信号は、サブフレームの第1の部分中に、第1の周波数で、1つまたは複数のシンボル上で送信され得る。追加タイミング信号が、サブフレームの第2の部分中に、第2の周波数で、1つまたは複数のシンボル上で送信され得る。第1の周波数は第2の周波数とは異なってよく、サブフレームの第1の部分はサブフレームの第2の部分とは異なってよい。追加タイミング信号は、方法1400を実施するデバイス以外のデバイスによって送信されてよく、この他のデバイスは、追加基地局(すなわち、方法1400を実施するデバイスがブロック1405においてタイミング情報をそこから受信する基地局以外の基地局)と同期される。追加タイミング信号は、追加基地局についてのタイミング情報を含み得る。追加タイミング信号は、方法1400を実施するデバイスによって送信されるタイミング信号と同じサブフレーム中に送信され得るが、それは、追加タイミング信号が、方法1400を実施するデバイスがタイミング信号を送信するサブフレームとオーバーラップする追加サブフレームの一部として送信されるからである。いくつかのケースでは、基地局105と追加基地局は、非近隣基地局であり得る(たとえば、基地局105および追加基地局用に画定されたセルは非隣接であり得る)。

0115

[0127]いくつかのケースでは、タイミング情報およびタイミング信号は、基地局105によって送信されるPSSを含み得る。他のケースでは、タイミング情報およびタイミング信号は、基地局105によって送信されるPSSとSSSの両方を含み得る。

0116

[0128]いくつかのケースでは、タイミング信号の1つまたは複数の追加コピーが、デバイス間発見のために予約された少なくとも1つのサブフレーム中に送信され得る。たとえば、基地局105によって送信されるPSSを含むタイミング信号の複数のコピーが、連続サブフレーム中に送信されてよく、タイミング信号の各後続コピーは、PSSの反復バージョンを含む。

0117

[0129]ブロック1420において、デバイス間発見信号が、デバイス間発見のために予約された少なくとも1つのサブフレーム中に送信され得る。デバイス間発見信号は、いくつかのケースでは、タイミング信号が送信されるサブフレームとは異なるサブフレーム中に送信され得る。

0118

[0130]ブロック1405、1410、1415および/または1420における動作は、いくつかのケースでは、図2図3図4、および/または図8を参照して記載したデバイス間発見モジュール215を使って実施され得る。

0119

[0131]したがって、方法1400は、デバイス間発見のためのタイミング情報をフォワードすることを可能にし得る。方法1400は一実装形態にすぎず、方法1400の動作は、他の実装形態が可能であるように並べ替えられ、または場合によっては変更され得ることに留意されたい。方法1400は、いくつかの実施形態では、非同期LTE展開におけるデバイス間発見のためのタイミング同期に使われ得る。

0120

[0132]図15は、デバイス間発見のためのタイミング情報を管理するための方法1500の例を示すフローチャートである。明快のために、方法1500は、以下では、図1図5図6図7図8図9、および/または図11を参照して記載した基地局105のうちの1つと、図1図2図3図4図8図9、および/または図11を参照して記載したUE115のうちの1つとを参照して説明され得る。一実施形態では、基地局105は、以下で説明する機能を実施するために基地局105の機能要素を制御するためのコードの1つまたは複数のセットを実行し得る。

0121

[0133]ブロック1505において、基地局105についてのタイミング情報がUE115に送信され得る。タイミング情報は、いくつかのケースでは、基地局105についてのシンボルレベルタイミング情報を含み得る。基地局105は、いくつかのケースでは、UE115用のサービング基地局であってよく、UE115は基地局105と同期されてよい。基地局105は、いくつかのケースでは、特定のセルまたはカバレージエリアに関連付けられ得る。

0122

[0134]ブロック1510において、タイミング情報を含むタイミング信号を送信するための命令がUE115に送信され得る。命令は、デバイス間発見のために予約された少なくとも1つのサブフレーム中にタイミング信号が送信されるべきであると指定し得る。いくつかのケースでは、命令は、デバイス間発見のために予約された少なくとも1つのサブフレームの中で最初に位置づけられるサブフレーム中でのタイミング信号の送信を指定し得る。

0123

[0135]いくつかのケースでは、タイミング情報およびタイミング信号は、基地局105によって送信されるPSSを含み得る。他のケースでは、タイミング情報およびタイミング信号は、基地局105によって送信されるPSSとSSSの両方を含み得る。

0124

[0136]ブロック1505および/または1510における動作は、いくつかのケースでは、図5図6図7、および/または図8を参照して記載したデバイス間発見管理モジュール515を使って実施され得る。

0125

[0137]したがって、方法1500は、デバイス間発見のためのタイミング情報をフォワードすることを可能にし得る。方法1500は一実装形態にすぎず、方法1500の動作は、他の実装形態が可能であるように並べ替えられ、または場合によっては変更され得ることに留意されたい。方法1500は、いくつかの実施形態では、非同期LTE展開におけるデバイス間発見のためのタイミング同期に使われ得る。

0126

[0138]図16は、デバイス間発見のためのタイミング情報を管理するための方法1600の例を示すフローチャートである。明快のために、方法1600は、以下では、図1図5図6図7図8図9、および/または図11を参照して記載した基地局105のうちの1つと、図1図2図3図4図8図9、および/または図11を参照して記載したUE115のうちの1つとを参照して説明され得る。一実施形態では、基地局105は、以下で説明する機能を実施するために基地局105の機能要素を制御するためのコードの1つまたは複数のセットを実行し得る。

0127

[0139]ブロック1605において、基地局105についてのタイミング情報が、複数のUE115(たとえば、UE115および少なくとも1つの他のUE115)に送信され得る。タイミング情報は、いくつかのケースでは、基地局105についてのシンボルレベルタイミング情報を含み得る。基地局105は、いくつかのケースでは、UE115用のサービング基地局であってよく、UE115は基地局105と同期されてよい。基地局105は、いくつかのケースでは、特定のセルまたはカバレージエリアに関連付けられ得る。

0128

[0140]ブロック1610において、基地局105に送信するUE115の密度が決定され得る。ブロック1615において、基地局105までの複数のUE115の各々の距離が決定され得る。

0129

[0141]ブロック1620において、サブフレームの一部分中の1つまたは複数のシンボルが識別され得る。1つまたは複数のシンボルは、UE115によって、タイミング信号を送信するために使われ得る。サブフレームの部分は、いくつかのケースではサブフレームの第1の部分であってよく、タイミング信号がその上で送信され得る1つまたは複数のシンボルは、サブフレームの最初のいくつかのシンボルであってよい。サブフレームの最初のいくつかのシンボル上でのタイミング信号の送信は、基地局105およびUE115が動作するセルに対して非同期に動作する近接セル中で動作するデバイスによって送信されるタイミングおよび/または発見信号とタイミング信号が干渉しないようにすることができ、近接セルは、UE115によってタイミング信号が送信されるサブフレームとオーバーラップするサブフレーム中にタイミングおよび/または発見信号を送信し得る。

0130

[0142]ブロック1625において、タイミング情報を含むタイミング信号を送信するための命令が、ブロック1605においてタイミング情報が送信された複数のUE115から選択されたUE115のサブセットに送信され得る。ブロック1610において決定されたUE115の密度および/またはブロック1615において決定された距離に少なくとも部分的に基づいて、UEのサブセットが選択されてよく、命令が送信されてよい。これは、たとえば、セルもしくはカバレージエリア境界の近くのUEのみがタイミング情報をフォワードすることを可能にすることによって、電力消費を削減するのに、および/または干渉(たとえば、オーバーラップするサブフレーム中にUEがタイミング信号を送信した結果としての漏れによる)を削減するのに有益であり得る。命令は、デバイス間発見のために予約された少なくとも1つのサブフレーム中に、1つまたは複数の識別されたシンボル上でタイミング信号が送信されるべきであると指定し得る。いくつかのケースでは、命令は、デバイス間発見のために予約された少なくとも1つのサブフレームの中で最初に位置づけられるサブフレーム中でのタイミング信号の送信を指定し得る。

0131

[0143]いくつかのケースでは、タイミング情報およびタイミング信号は、基地局105によって送信されるPSSを含み得る。他のケースでは、タイミング情報およびタイミング信号は、基地局105によって送信されるPSSとSSSの両方を含み得る。

0132

[0144]いくつかのケースでは、基地局は、タイミング信号が送信されるサブフレームに拡張サイクリックプレフィックスを適用するように構成され得る。これは、タイミング信号(たとえば、SSS)の一部に対してコヒーレント検出が使われるとき、より高い遅延拡散を扱うのに有益であり得る。

0133

[0145]ブロック1605、1610、1615、1620および/または1625における動作は、いくつかのケースでは、図5図6図7、および/または図8を参照して記載したデバイス間発見管理モジュール515を使って実施され得る。

0134

[0146]したがって、方法1600は、デバイス間発見のためのタイミング情報をフォワードすることを可能にし得る。方法1600は一実装形態にすぎず、方法1600の動作は、他の実装形態が可能であるように並べ替えられ、または場合によっては変更され得ることに留意されたい。方法1600は、いくつかの実施形態では、非同期LTE展開におけるデバイス間発見のためのタイミング同期に使われ得る。

0135

[0147]図17は、デバイス間発見のためのタイミング情報を検出するための方法1700の例を示すフローチャートである。明快のために、方法1700は、以下では、図1図2図3図4図8図9、および/または図11を参照して記載したUE115のうちの複数のものを参照して説明される。一実施形態では、UE115は、以下で説明する機能を実施するためにUE115の機能要素を制御するためのコードの1つまたは複数のセットを実行し得る。

0136

[0148]ブロック1705において、近隣基地局によってデバイス間発見のために予約されたサブフレームのタイミングを示す情報が、サービング基地局105から、(たとえば、UE115において)受信され得る。方法1700を実施するデバイスまたはUE115は基地局105と同期され得る。基地局105は、いくつかのケースでは、特定のセルまたはカバレージエリアに関連付けられ得る。

0137

[0149]ブロック1710において、近隣基地局についてのタイミング情報を含むタイミング信号が、デバイス間発見のために予約されたサブフレームのうちの少なくとも1つの間に検出され得る。タイミング情報は、いくつかのケースでは、近隣基地局についてのシンボルレベルタイミング情報を含み得る。

0138

[0150]いくつかのケースでは、タイミング信号は、近隣基地局によって送信されるPSSを含み得る。他のケースでは、タイミング信号は、近隣基地局によって送信されるPSSとSSSの両方を含み得る。

0139

[0151]ブロック1705および/または1710における動作は、いくつかのケースでは、図2図3図4、および/または図8を参照して記載したデバイス間発見モジュール215を使って実施され得る。

0140

[0152]したがって、方法1700は、デバイス間発見のためのタイミング情報をフォワードすることを可能にし得る。方法1700は一実装形態にすぎず、方法1700の動作は、他の実装形態が可能であるように並べ替えられ、または場合によっては変更され得ることに留意されたい。方法1700は、いくつかの実施形態では、非同期LTE展開におけるデバイス間発見のためのタイミング同期に使われ得る。

0141

[0153]図18は、デバイス間発見のためのタイミング情報を検出するための方法1800の例を示すフローチャートである。明快のために、方法1800は、以下では、図1図2図3図4図8図9、および/または図11を参照して記載したUE115のうちの複数のものを参照して説明される。一実施形態では、UE115は、以下で説明する機能を実施するためにUE115の機能要素を制御するためのコードの1つまたは複数のセットを実行し得る。

0142

[0154]ブロック1805において、少なくとも1つの近隣基地局によってデバイス間発見のために予約されたサブフレームのタイミングを示す情報が、サービング基地局105から、(たとえば、UE115において)受信され得る。方法1800を実施するデバイスまたはUE115は基地局105と同期され得る。基地局105は、いくつかのケースでは、特定のセルまたはカバレージエリアに関連付けられ得る。

0143

[0155]ブロック1810において、近隣基地局についてのタイミング情報を含むタイミング信号が、デバイス間発見のために予約されたサブフレーム中に第1の周波数で検出され得る。タイミング情報は、いくつかのケースでは、近隣基地局についてのシンボルレベルタイミング情報を含み得る。ブロック1815において、近隣基地局によってサービスされるUE115が、検出されたタイミング信号によって与えられるタイミング情報を使って発見され得る。

0144

[0156]随意には、ブロック1820において、追加近隣基地局についてのタイミング情報を含む追加タイミング信号が、デバイス間発見のために予約されたサブフレーム中に第2の周波数で検出され得る。タイミング情報は、いくつかのケースでは、追加近隣基地局についてのシンボルレベルタイミング情報を含み得る。ブロック1825において、追加近隣基地局によってサービスされるUE115が、検出された追加タイミング信号によって与えられるタイミング情報を使って発見され得る。ブロック1810において検出されたタイミング信号およびブロック1820において検出された追加タイミング信号は、同じまたは異なるサブフレーム中に検出され得る。

0145

[0157]いくつかのケースでは、タイミング信号および/または追加タイミング信号は、近隣基地局および/または追加近隣基地局によって送信されるPSSを含み得る。他のケースでは、タイミング信号および/または追加タイミング信号は、近隣基地局および/または追加近隣基地局によって送信されるPSSとSSSの両方を含み得る。

0146

[0158]ブロック1805、1810、1815、1820および/または1825における動作は、いくつかのケースでは、図2図3図4、および/または図8を参照して記載したデバイス間発見モジュール215を使って実施され得る。

0147

[0159]したがって、方法1800は、デバイス間発見のためのタイミング情報をフォワードすることを可能にし得る。方法1800は一実装形態にすぎず、方法1800の動作は、他の実装形態が可能であるように並べ替えられ、または場合によっては変更され得ることに留意されたい。方法1800は、いくつかの実施形態では、非同期LTE展開におけるデバイス間発見のためのタイミング同期に使われ得る。

0148

[0160]添付の図面に関連して上記に記載された発明を実施するための形態は、例示的な実施形態について説明しており、実装され得るまたは特許請求の範囲内に入る実施形態のみを表すものではない。この明細書全体にわたって使用する「例示的」という用語は、「例、事例、または例示の働きをすること」を意味し、「好ましい」または「他の実施形態よりも有利である」ことを意味しない。発明を実施するための形態は、記載された技法の理解を与えるための具体的な詳細を含む。しかしながら、これらの技法は、これらの具体的な詳細なしに実践され得る。場合によっては、記載された実施形態の概念不明瞭にしないために、よく知られている構造およびデバイスがブロック図の形態で示される。

0149

[0161]本明細書で説明する技法は、CDMA、TDMA、FDMA、OFDMA、SC−FDMAおよび他のシステムなどの様々なワイヤレス通信システムに使用され得る。「システム」と「ネットワーク」という用語は、しばしば互換的に使用される。CDMAシステムは、CDMA2000、ユニバーサル地上波無線アクセスUTRA)などの無線技術を実装し得る。CDMA2000は、IS−2000、IS−95およびIS−856規格をカバーする。IS−2000リリース0およびAは、通常、CDMA2000 1X、1Xなどと呼ばれる。IS−856(TIA−856)は、通常、CDMA2000 1xEVDO高速パケットデータ(HRPD)などと呼ばれる。UTRAは、広帯域CDMA(WCDMA(登録商標))とCDMAの他の変形態とを含む。TDMAシステムは、モバイル通信グローバルシステム(GSM(登録商標))などの無線技術を実装し得る。OFDMAシステムは、ウルトラモバイルブロードバンド(UMB)、発展型UTRA(E−UTRA)、IEEE802.11(Wi−Fi(登録商標))、IEEE802.16(WiMAX(登録商標))、IEEE802.20、Flash−OFDMなどの無線技術を実装し得る。UTRAおよびE−UTRAは、ユニバーサルモバイルテレコミュニケーションシステム(UMTS)の一部である。3GPP(登録商標)ロングタームエボリューション(LTE(登録商標))およびLTEアドバンスト(LTE−A)は、E−UTRAを使用するUMTSの新しいリリースである。UTRA、E−UTRA、UMTS。LTE、LTE−A、およびGSMは、「第3世代パートナーシッププロジェクト」(3GPP)と称する団体からの文書に記載されている。CDMA2000およびUMBは、「第3世代パートナーシッププロジェクト2」(3GPP2)と称する団体からの文書に記載されている。本明細書において説明される技法は、上記のシステムおよび無線技術、ならびに他のシステムおよび無線技術に使用され得る。ただし、以下の説明では、例としてLTEシステムについて説明し、以下の説明の大部分においてLTE用語が使用されるが、本技法はLTE適用例以外に適用可能である。

0150

[0162]様々な開示される実施形態のいくつかに適応し得る通信ネットワークは、階層化プロトコルスタックに従って動作するパケットベースネットワークであり得る。たとえば、ベアラまたはパケットデータコバージェンスプトコル(PDCP)レイヤにおける通信はIPベースであり得る。無線リンク制御(RLC)レイヤは、論理チャネルを介して通信するために、パケットセグメンテーションリアセンブリとを実施することができる。媒体アクセス制御(MAC)レイヤは、優先度処理と、トランスポートチャネルへの論理チャネルの多重化とを実施することができる。MACレイヤはまた、MACレイヤで再送信を行ってリンク効率を改善するために、ハイブリッドRQHARQ)を使用することができる。物理レイヤで、トランスポートチャネルは物理チャネルマッピングされ得る。

0151

[0163]情報および信号は、様々な異なる技術および技法のいずれかを使用して表され得る。たとえば、上記の説明全体にわたって言及され得るデータ、命令、コマンド、情報、信号、ビット、シンボル、およびチップは、電圧電流電磁波、磁場もしくは磁性粒子光場もしくは光学粒子、またはそれらの任意の組合せによって表され得る。

0152

[0164]本明細書の開示に関して記載された様々な例示的なブロックおよびモジュールは、汎用プロセッサ、デジタル信号プロセッサ(DSP)、特定用途向け集積回路(ASIC)、フィールドプログラマブルゲートアレイ(FPGA)もしくは他のプログラマブル論理デバイス、個別ゲートもしくはトランジスタ論理、個別ハードウェア構成要素、または本明細書に記載された機能を実施するように設計されたそれらの任意の組合せを用いて、実装または実施される場合がある。汎用プロセッサはマイクロプロセッサであり得るが、代替として、プロセッサは、任意の従来のプロセッサ、コントローラマイクロコントローラ、または状態機械であり得る。プロセッサは、コンピューティングデバイスの組合せ、たとえば、DSPとマイクロプロセッサとの組合せ、複数のマイクロプロセッサ、DSPコア連携する1つもしくは複数のマイクロプロセッサ、または任意の他のそのような構成としても実装され得る。プロセッサは、場合によっては、メモリと電子通信していてもよく、メモリは、プロセッサによって実行可能な命令を記憶する。

0153

[0165]本明細書で説明された機能は、ハードウェア、プロセッサによって実行されるソフトウェアファームウェア、またはそれらの任意の組合せで実装され得る。プロセッサによって実行されるソフトウェアで実装される場合、機能は、1つまたは複数の命令またはコードとしてコンピュータ可読媒体上に記憶されるか、またはコンピュータ可読媒体を介して送信される場合がある。他の例および実装形態は、本開示および添付の特許請求の範囲の範囲および趣旨内にある。たとえば、ソフトウェアの性質により、上記で説明された機能は、プロセッサ、ハードウェア、ファームウェア、ハードワイヤリング、またはこれらのうちのいずれかの組合せによって実行されるソフトウェアを使用して実装され得る。機能を実装する特徴はまた、機能の部分が、異なる物理的な場所において実装されるように分散されることを含めて、様々な位置に物理的に配置され得る。また、特許請求の範囲を含めて、本明細書で使用される場合、「のうちの少なくとも1つ」で終わる項目の列挙中で使用される「または」は選言的列挙を示しており、たとえば、「A、B、またはCのうちの少なくとも1つ」の列挙は、AまたはBまたはCまたはABまたはACまたはBCまたはABC(すなわち、AおよびBおよびC)を意味する。

0154

[0166]コンピュータプログラム製品またはコンピュータ可読媒体はいずれも、ある場所から別の場所へのコンピュータプログラム転送を容易にする任意の媒体を含む、コンピュータ可読記憶媒体通信媒体とを含む。記憶媒体は、汎用または専用コンピュータによってアクセスされ得る任意の媒体であり得る。限定ではなく例として、コンピュータ可読媒体は、RAM、ROM、EEPROM(登録商標)、CD−ROMもしくは他の光ディスクストレージ磁気ディスクストレージもしくは他の磁気ストレージデバイス、または命令もしくはデータ構造の形態の所望のコンピュータ可読プログラムコードを搬送もしくは記憶するために使用され得、汎用もしくは専用コンピュータまたは汎用もしくは専用プロセッサによってアクセスされ得る、任意の他の媒体を備えることができる。さらに、いかなる接続もコンピュータ可読媒体と適切に呼ばれる。たとえば、ソフトウェアが、同軸ケーブル光ファイバーケーブルツイストペアデジタル加入者回線(DSL)、または赤外線、無線、およびマイクロ波などのワイヤレス技術を使用して、ウェブサイトサーバ、または他のリモート光源から送信される場合、同軸ケーブル、光ファイバーケーブル、ツイストペア、DSL、または赤外線、無線、およびマイクロ波などのワイヤレス技術は、媒体の定義に含まれる。本明細書で使用するディスク(disk)およびディスク(disc)は、コンパクトディスク(disc)(CD)、レーザーディスク(登録商標)(disc)、光ディスク(disc)、デジタル多用途ディスク(disc)(DVD)、フロッピー(登録商標)ディスク(disk)およびblu−ray(登録商標)ディスク(disc)を含み、ディスク(disk)は、通常、データを磁気的に再生し、ディスク(disc)は、データをレーザー光学的に再生する。上記の組合せも、コンピュータ可読媒体の範囲内に含まれる。

0155

[0167]本開示についてのこれまでの説明は、当業者が本開示を構成または使用することができるように与えられる。本開示への様々な修正は当業者には容易に明らかとなり、本明細書で定義された一般原理は、本開示の趣旨または範囲から逸脱することなく他の変形形態に適用され得る。本開示全体にわたって、「例」または「例示的」という用語は、一例または一事例を示すものであり、言及された例についての選好暗示せず、または必要としない。したがって、本開示は、本明細書で説明された例および設計に限定されるべきでなく、本明細書で開示される原理および新規の特徴に合致する最も広い範囲を与えられるべきである。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社NTTドコモの「 ユーザ端末及び無線通信方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】ビーム回復手順の実施が想定される場合に、RLMを適切に制御すること。本発明の一態様に係るユーザ端末は、仮想の下り制御チャネルに関する情報を受信する受信部と、前記情報に基づいて、下り制... 詳細

  • 株式会社NTTドコモの「 ユーザ端末及び無線通信方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】同期信号ブロックを利用する無線通信システムにおいて制御チャネルの設定領域の情報を適切に通知するために、本発明のユーザ端末の一態様は、制御リソースセットの構成を示す所定ビット情報を含む... 詳細

  • 株式会社NTTドコモの「 端末、無線通信方法及び基地局」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】マルチキャリア波形を有するUL信号を適切に送信するために、ユーザ端末は、連続する周波数リソースにわたるマルチキャリア波形を有する上り信号を、上り共有チャネルを用いて送信する送信部と、... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ