図面 (/)

技術 メディアコンテンツの中への視覚広告コンテンツの適応的な埋め込み

出願人 インテル・コーポレーション
発明者 ガルシアジェイソンエイ.
出願日 2013年6月27日 (6年10ヶ月経過) 出願番号 2016-519485
公開日 2016年9月5日 (3年7ヶ月経過) 公開番号 2016-526813
状態 不明
技術分野
  • -
主要キーワード 遠隔コンピューティングデバイス 製品パッケージング 視覚識別 モデル生成モジュール 目標期間 基準時間間隔 バスリンク 視覚メディア
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年9月5日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (14)

課題・解決手段

メディアコンテンツの中に視覚広告コンテンツ適応的に埋め込むための技術は、遠隔コンテンツプロバイダから複数の視覚広告、広告マップ、およびメディアコンテンツを受信するためのコンピューティングデバイスを含む。そのような技術は、また、メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の位置を決定すること、広告マップの機能として、広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの画像の中に埋め込むための視覚広告を選択すること、ユーザに対してその後に表示するための拡張メディアコンテンツを生成すべく、広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの画像の中に選択された視覚広告を埋め込むことを含む。いくつかの実施形態において、広告マップは、複数の視覚広告のそれぞれに対する複数の表示条件を含む。

概要

背景

マスメディア広告は、複数の企業が多数の消費者に届けることが可能なありふれたツールになってきている。複数の企業の間のマスメディア広告の一般的な形態は、プロダクトプレイスメントである。広告のこの形態において、企業は、典型的には、お金を払って、マスメディアコンテンツ(例えば、テレビ番組映画ビデオゲームなど)の中にそのブランドまたは製品を組み込んでもらう。その後、人がマスメディアコンテンツを見るときに、その人は、その企業の製品またはブランドに触れられる。

プロダクトプレイスメントは多数の消費者に届くけれども、それは、動かない形態の広告である。つまり、メディアコンテンツの中への複数の製品または複数のブランドの配置は、コンテンツが作成されたときに典型的には行われ、その結果、後で変更されることができない。したがって、メディアコンテンツの中に配置される複数の製品または複数のブランドは、典型的には、メディアコンテンツの消費者に対してカスタマイズされず、メディアコンテンツを再作成することなく、異なる視聴者ターゲットにすべく変更されることができない。これは、一般的に、異なるターゲット視聴者に届けることが所望されるライブのメディアコンテンツ(例えば、スポーツイベントニュースキャストテレビアワードショーなど)における使用において不適切なプロダクトプレイスメントの従来の形態を形成する。

概要

メディアコンテンツの中に視覚広告コンテンツ適応的に埋め込むための技術は、遠隔コンテンツプロバイダから複数の視覚広告、広告マップ、およびメディアコンテンツを受信するためのコンピューティングデバイスを含む。そのような技術は、また、メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の位置を決定すること、広告マップの機能として、広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの画像の中に埋め込むための視覚広告を選択すること、ユーザに対してその後に表示するための拡張メディアコンテンツを生成すべく、広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの画像の中に選択された視覚広告を埋め込むことを含む。いくつかの実施形態において、広告マップは、複数の視覚広告のそれぞれに対する複数の表示条件を含む。

目的

以下でより詳細に説明されるように、遠隔メディアサーバ150は、メディアコンテンツ(例えば、ライブビデオコンテンツ、録画ビデオコンテンツマルチメディアコンテンツ対話型ウェブコンテンツビデオゲームコンテンツ、など)を、例えば、表示装置130上に表示するためのメディア消費デバイス110に提供する

効果

実績

技術文献被引用数
- 件
牽制数
- 件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

該当するデータがありません

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

メディアコンテンツの中に視覚広告コンテンツ適応的に埋め込むメディア消費デバイスであって、(i)遠隔コンテンツプロバイダからメディアコンテンツを受信し、(ii)前記遠隔コンテンツプロバイダから複数の視覚広告を受信し、(iii)前記複数の視覚広告のそれぞれに対する複数の表示条件を含む広告マップを前記遠隔コンテンツプロバイダから受信する通信モジュールと、前記メディアコンテンツの画像内の広告可能領域の位置を決定する広告位置決定モジュールと、前記広告マップに基づく前記広告可能領域の決定された前記位置における前記メディアコンテンツの前記画像の中に埋め込むべく、前記複数の視覚広告のうちの1つの視覚広告を選択する広告選択モジュールと、拡張メディアコンテンツを生成すべく、前記広告可能領域の決定された前記位置における前記メディアコンテンツの前記画像の中に選択された前記視覚広告を埋め込む広告配置モジュールとを備えるメディア消費デバイス。

請求項2

前記広告配置モジュールは、さらに、(i)前記広告可能領域の縮尺比および方向を決定し、(ii)前記広告可能領域の決定された前記縮尺比および方向に基づいて選択された前記視覚広告の拡大縮小または位置合わせのうち少なくとも1つを行い、前記広告可能領域の決定された前記位置における前記メディアコンテンツの前記画像の中に選択された前記視覚広告を埋め込むことは、前記広告可能領域の決定された前記位置における前記メディアコンテンツの前記画像の中に拡大縮小または位置合わせのうち少なくとも1つが行われた前記視覚広告を埋め込むことを含む、請求項1に記載のメディア消費デバイス。

請求項3

前記メディアコンテンツの前記画像の中の前記広告可能領域は、(i)前記メディアコンテンツの前記画像の中の前記広告可能領域の前記位置の前記決定を容易にすること、または(ii)前記メディアコンテンツの前記画像の中の前記広告可能領域の前記縮尺比および方向の前記決定を容易にすることのうち少なくとも1つを行う視覚兆候を含み、前記広告位置決定モジュールは、さらに、前記広告可能領域の前記視覚兆候を識別する前記画像上の視覚分析手順を実行する、請求項2に記載のメディア消費デバイス。

請求項4

前記視覚兆候は、(i)前記メディアコンテンツの前記画像の中の前記広告可能領域の前記位置の前記決定を容易にすること、または(ii)前記メディアコンテンツの前記画像の中の前記広告可能領域の前記縮尺比または方向のうち少なくとも1つの前記決定を容易にすることのうち少なくとも1つを行う1または複数のキャラクタシンボル、または色を含む、請求項3に記載のメディア消費デバイス。

請求項5

前記視覚兆候は、前記メディアコンテンツの前記画像の中の前記広告可能領域の前記位置の前記決定を容易にする色地を含む、請求項4に記載のメディア消費デバイス。

請求項6

前記視覚兆候は、(i)前記広告可能領域の左上隅に配置される第1視覚シンボルと、(ii)前記広告可能領域の左下隅に配置される第2視覚シンボルと、(iii)前記広告可能領域の右上隅に配置される第3視覚シンボルと、(iv)前記広告可能領域の右下隅に配置される第4視覚シンボルと、(v)前記広告可能領域の上部中央点と前記第1視覚シンボルとの間に配置された第5視覚シンボルと、(vi)前記広告可能領域の下部中央点と前記第2視覚シンボルとの間に配置された第6視覚シンボルと、(vii)前記広告可能領域の前記上部中央点と前記第3視覚シンボルとの間に配置された第7視覚シンボルと、(viii)前記広告可能領域の前記下部中央点と前記第4視覚シンボルとの間に配置された第8視覚シンボルとを含む、請求項4に記載のメディア消費デバイス。

請求項7

前記メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の位置を決定することは、前記メディアコンテンツの第1画像の中の前記広告可能領域の前記位置を決定することを含み、前記広告位置決定モジュールは、さらに、前記メディアコンテンツの第2画像の中の前記広告可能領域の前記位置を決定し、前記広告可能領域の縮尺比および方向を決定することは、(i)前記メディアコンテンツの前記第1画像における前記広告可能領域の第1の縮尺比および方向を決定すること、および(ii)前記メディアコンテンツの前記第2画像における前記広告可能領域の第2の縮尺比および方向を決定することを含み、前記広告可能領域の決定された前記縮尺比および方向に基づいて、選択された前記視覚広告の拡大縮小または位置合わせのうち少なくとも1つを行うことは、(i)前記メディアコンテンツの前記第1画像における前記広告可能領域の決定された前記縮尺比および方向に基づいて、選択された前記視覚広告の拡大縮小または位置合わせのうち少なくとも1つを行うこと、および(ii)前記メディアコンテンツの前記第2画像における前記広告可能領域の決定された前記縮尺比および方向に基づいて、選択された前記視覚広告の拡大縮小または位置合わせのうち少なくとも1つを行うことを含み、前記広告可能領域の決定された前記位置における前記メディアコンテンツの前記画像の中に、選択された前記視覚広告を埋め込むことは、(i)前記第1画像の中の前記広告可能領域の決定された前記位置における前記メディアコンテンツの前記第1画像の中に拡大縮小または位置合わせのうち少なくとも1つが行われた前記視覚広告を埋め込むこと、および(ii)前記第2画像の中の前記広告可能領域の決定された前記位置における前記メディアコンテンツの前記第2画像の中に拡大縮小または位置合わせのうち少なくとも1つが行われた前記視覚広告を埋め込むことを含む、請求項2に記載のメディア消費デバイス。

請求項8

前記メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の位置を決定することは、前記メディアコンテンツの画像の中の第1広告可能領域の第1位置を決定することを含み、前記広告位置決定モジュールは、さらに、前記メディアコンテンツの前記画像の中の第2広告可能領域の第2位置を決定し、前記広告可能領域の決定された前記位置における前記メディアコンテンツの前記画像の中に埋め込むべく、前記複数の視覚広告のうちの1つの視覚広告を選択することは、(i)前記第1広告可能領域の決定された前記第1位置における前記メディアコンテンツの前記画像の中に埋め込むべく、前記複数の視覚広告のうちの第1視覚広告を、前記広告マップに基づいて選択すること、(ii)前記第2広告可能領域の決定された前記第2位置における前記メディアコンテンツの前記画像の中に埋め込むべく、前記複数の視覚広告のうちの第2視覚広告を、前記広告マップに基づいて選択することを含み、前記広告可能領域の決定された前記位置における前記メディアコンテンツの前記画像の中に選択された前記視覚広告を埋め込むことは、(i)前記第1広告可能領域の決定された前記第1位置における前記メディアコンテンツの前記画像の中に選択された前記第1視覚広告を埋め込むこと、および(ii)前記第2広告可能領域の決定された前記第2位置における前記メディアコンテンツの前記画像の中に、選択された前記第2視覚広告を埋め込むことを含む、請求項1に記載のメディア消費デバイス。

請求項9

前記広告選択モジュールは、さらに、前記メディア消費デバイスのユーザに対応するユーザプロファイルデータが前記複数の視覚広告のうちの1つに対する前記複数の表示条件を満たすかどうかを決定し、前記広告マップに基づく前記広告可能領域の決定された前記位置における前記メディアコンテンツの前記画像の中に埋め込むべく、前記複数の視覚広告の1つの視覚広告を選択することは、前記ユーザプロファイルデータにより満たされる前記複数の表示条件を含む前記複数の視覚広告のうちの前記1つを選択することを含む、請求項1から8のいずれか1つに記載のメディア消費デバイス。

請求項10

視覚広告コンテンツをメディアコンテンツの中に適応的に埋め込むための方法であって、メディア消費デバイス上で、遠隔コンテンツプロバイダからメディアコンテンツを受信する段階と、前記メディア消費デバイス上で、前記遠隔コンテンツプロバイダから複数の視覚広告を受信する段階と、前記メディア消費デバイス上で、前記複数の視覚広告のそれぞれに対する複数の表示条件を含む広告マップを前記遠隔コンテンツプロバイダから受信する段階と、前記メディア消費デバイス上で、前記メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の位置を決定する段階と、前記メディア消費デバイス上で、前記広告マップに基づいて決定された前記広告可能領域の前記位置における前記メディアコンテンツの前記画像の中に埋め込むための、前記複数の視覚広告のうちの1つの視覚広告を選択する段階と、前記メディア消費デバイス上で、拡張メディアコンテンツを生成すべく、前記広告可能領域の決定された前記位置における前記メディアコンテンツの前記画像の中に選択された前記視覚広告を埋め込む段階とを備える方法。

請求項11

前記メディア消費デバイス上で、前記広告可能領域の縮尺比および方向を決定する段階と、前記メディア消費デバイス上で、前記広告可能領域の決定された前記縮尺比および方向に基づいて選択された前記視覚広告の拡大縮小または位置合わせのうち少なくとも1つを行う段階とをさらに備え、前記広告可能領域の決定された前記位置における前記メディアコンテンツの前記画像の中に選択された前記視覚広告を埋め込む段階は、前記広告可能領域の決定された前記位置における前記メディアコンテンツの前記画像の中に拡大縮小または位置合わせのうち少なくとも1つが行われた前記視覚広告を埋め込む段階を含む、請求項10に記載の方法。

請求項12

前記メディアコンテンツの前記画像の中の前記広告可能領域は、(i)前記メディアコンテンツの前記画像の中の前記広告可能領域の位置決めを容易にすること、または(ii)前記メディアコンテンツの前記画像の中の前記広告可能領域の前記縮尺比および方向の決定を容易にすることのうち少なくとも1つを行う視覚兆候を含み、前記方法は、前記メディア消費デバイス上で、前記広告可能領域の前記視覚兆候を識別する前記画像上の視覚分析手順を実行する段階をさらに含む、請求項11に記載の方法。

請求項13

前記視覚兆候は、(i)前記メディアコンテンツの前記画像の中の前記広告可能領域の前記位置の決定を容易にすること、または(ii)前記メディアコンテンツの前記画像の中の前記広告可能領域の前記縮尺比または方向のうち少なくとも1つの決定を容易にすることのうち少なくとも1つを行う1または複数のキャラクタ、シンボル、または色を含む、請求項12に記載の方法。

請求項14

前記視覚兆候は、前記メディアコンテンツの前記画像の中の前記広告可能領域の前記位置の決定を容易にする色地を含む、請求項13に記載の方法。

請求項15

前記視覚兆候は、(i)前記広告可能領域の左上隅に配置される第1視覚シンボルと、(ii)前記広告可能領域の左下隅に配置される第2視覚シンボルと、(iii)前記広告可能領域の右上隅に配置される第3視覚シンボルと、(iv)前記広告可能領域の右下隅に配置される第4視覚シンボルと、(v)前記広告可能領域の上部中央点と前記第1視覚シンボルとの間に配置された第5視覚シンボルと、(vi)前記広告可能領域の下部中央点と前記第2視覚シンボルとの間に配置された第6視覚シンボルと、(vii)前記広告可能領域の前記上部中央点と前記第3視覚シンボルとの間に配置された第7視覚シンボルと、(viii)前記広告可能領域の前記下部中央点と前記第4視覚シンボルとの間に配置された第8視覚シンボルとを含む、請求項13に記載の方法。

請求項16

前記メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の位置を決定する段階は、前記メディアコンテンツの第1画像の中の前記広告可能領域の前記位置を決定する段階を含み、前記方法は、前記メディア消費デバイス上で、前記メディアコンテンツの第2画像の中の前記広告可能領域の前記位置を決定する段階をさらに備え、前記広告可能領域の縮尺比および方向を決定する段階は、(i)前記メディアコンテンツの前記第1画像における前記広告可能領域の第1の縮尺比および方向を決定すること、および(ii)前記メディアコンテンツの前記第2画像における前記広告可能領域の第2の縮尺比および方向を決定することを含み、前記広告可能領域の決定された前記縮尺比または方向に基づいて、選択された前記視覚広告の拡大縮小または位置合わせのうち少なくとも1つを行う段階は、(i)前記メディアコンテンツの前記第1画像における前記広告可能領域の決定された前記縮尺比および方向に基づいて、選択された前記視覚広告の拡大縮小または位置合わせのうち少なくとも1つを行うこと、および(ii)前記メディアコンテンツの前記第2画像における前記広告可能領域の決定された前記縮尺比および方向に基づいて、選択された前記視覚広告の拡大縮小または位置合わせのうち少なくとも1つを行うことを含み、前記広告可能領域の決定された前記位置における前記メディアコンテンツの前記画像の中に、選択された前記視覚広告を埋め込む段階は、(i)前記第1画像の中の前記広告可能領域の決定された前記位置における前記メディアコンテンツの前記第1画像の中に拡大縮小または位置合わせのうち少なくとも1つが行われた前記視覚広告を埋め込むこと、および(ii)前記第2画像の中の前記広告可能領域の決定された前記位置における前記メディアコンテンツの前記第2画像の中に拡大縮小または位置合わせのうち少なくとも1つが行われた前記視覚広告を埋め込むことを含む、請求項11に記載の方法。

請求項17

前記メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の位置を決定する段階は、前記メディアコンテンツの画像の中の第1広告可能領域の第1位置を決定することを含み、前記方法は、前記メディア消費デバイス上で、前記メディアコンテンツの前記画像の中の第2広告可能領域の第2位置を決定する段階をさらに備え、前記広告可能領域の決定された前記位置における前記メディアコンテンツの前記画像の中に埋め込むべく、前記複数の視覚広告のうちの1つの視覚広告を選択する段階は、(i)前記第1広告可能領域の決定された前記第1位置における前記メディアコンテンツの前記画像の中に埋め込むべく、前記複数の視覚広告のうちの第1視覚広告を、前記広告マップに基づいて選択すること、(ii)前記第2広告可能領域の決定された前記第2位置における前記メディアコンテンツの前記画像の中に埋め込むべく、前記複数の視覚広告のうちの第2視覚広告を、前記広告マップに基づいて選択することを含み、前記広告可能領域の決定された前記位置における前記メディアコンテンツの前記画像の中に選択された前記視覚広告を埋め込む段階は、(i)前記第1広告可能領域の決定された前記第1位置における前記メディアコンテンツの前記画像の中に選択された前記第1視覚広告を埋め込むこと、および(ii)前記第2広告可能領域の決定された前記第2位置における前記メディアコンテンツの前記画像の中に、選択された前記第2視覚広告を埋め込むことを含む、請求項10に記載の方法。

請求項18

前記メディア消費デバイス上で、前記メディア消費デバイスのユーザに対応するユーザプロファイルデータが前記複数の視覚広告のうちの1つに対する前記複数の表示条件を満たすかどうかを決定する段階をさらに備え、前記広告マップに基づく前記広告可能領域の決定された前記位置における前記メディアコンテンツの前記画像の中に埋め込むべく、前記複数の視覚広告の1つの視覚広告を選択する段階は、前記ユーザプロファイルデータにより満たされる前記複数の表示条件を含む前記複数の視覚広告のうちの前記1つを選択することを含む、請求項10に記載の方法。

請求項19

メディアコンテンツの中に視覚広告コンテンツを適応的に埋め込むコンピューティングデバイスであって、プロセッサと、前記プロセッサにより実行されると、請求項10から18のいずれか1つに記載の方法を前記コンピューティングデバイスに実行させる複数の命令をその中に格納しているメモリとを備える、コンピューティングデバイス。

請求項20

実行されることに応じてコンピューティングデバイスが請求項10から18のいずれか1つに記載の方法を実行することをもたらす、その上に格納された複数の命令を備える1または複数の機械読み取り可能な媒体

請求項21

メディアコンテンツの中に視覚広告コンテンツを適応的に埋め込む遠隔メディアサーバであって、メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の位置を決定する広告位置決定モジュールと、(i)複数の視覚広告を取得し、(ii)前記複数の視覚広告のそれぞれに対する複数の表示条件を含む広告マップを取得し、(iii)前記広告マップに基づいて、前記広告可能領域の決定された前記位置における前記メディアコンテンツの前記画像の中に埋め込むべく、前記複数の視覚広告の中から1つの視覚広告を選択する広告選択モジュールと、拡張メディアコンテンツを生成すべく、前記広告可能領域の決定された前記位置における前記メディアコンテンツの前記画像の中に選択された前記視覚広告を埋め込む広告配置モジュールと、メディア消費デバイスのユーザに対するその後の表示のために、前記拡張メディアコンテンツを前記メディア消費デバイスに送信する通信モジュールとを備える遠隔メディアサーバ。

請求項22

前記メディアコンテンツの前記画像の中の前記広告可能領域は、(i)前記メディアコンテンツの前記画像の中の前記広告可能領域の前記位置の前記決定を容易にすること、および(ii)前記メディアコンテンツの前記画像の中の前記広告可能領域の縮尺比および方向の前記決定を容易にすることのうち少なくとも1つを行う視覚兆候を含み、前記広告配置モジュールは、さらに、(i)前記広告可能領域の縮尺比および方向を決定し、(ii)前記広告可能領域の決定された前記縮尺比および方向に基づいて選択された前記視覚広告の拡大縮小または位置合わせのうち少なくとも1つを行い、前記広告可能領域の決定された前記位置における前記メディアコンテンツの前記画像の中に選択された前記視覚広告を埋め込むことは、前記広告可能領域の決定された前記位置における前記メディアコンテンツの前記画像の中に拡大縮小または位置合わせのうち少なくとも1つが行われた前記視覚広告を埋め込むことを含む、請求項21に記載の遠隔メディアサーバ。

請求項23

メディアコンテンツの中に適応的に埋め込まれる視覚広告コンテンツを生成する遠隔メディアサーバであって、視覚広告を生成すべく、デジタル画像幾何学的にモデル化するモデル生成モジュールと、複数の視覚広告のそれぞれに対する複数の表示条件を含む広告マップを生成する広告マップ生成モジュールと、(i)メディア消費デバイスにメディアコンテンツを送信し、(ii)前記メディア消費デバイスに前記複数の視覚広告を送信し、(iii)前記メディア消費デバイスから前記広告マップを送信する通信モジュールとを備える遠隔メディアサーバ。

請求項24

前記メディアコンテンツの画像は、前記複数の視覚広告のうちの1つがその後に埋め込まれる広告可能領域を含み、前記広告マップは、前記メディア消費デバイスによる前記メディアコンテンツの前記画像の中の前記広告可能領域の位置の次の決定を容易にする視覚兆候をさらに含む、請求項23に記載の遠隔メディアサーバ。

請求項25

前記複数の表示条件は、前記メディア消費デバイスのユーザに対応するユーザプロファイルデータが満たさなければならない基準のセットを定義する、請求項23または24に記載の遠隔メディアサーバ。

背景技術

0001

マスメディア広告は、複数の企業が多数の消費者に届けることが可能なありふれたツールになってきている。複数の企業の間のマスメディア広告の一般的な形態は、プロダクトプレイスメントである。広告のこの形態において、企業は、典型的には、お金を払って、マスメディアコンテンツ(例えば、テレビ番組映画ビデオゲームなど)の中にそのブランドまたは製品を組み込んでもらう。その後、人がマスメディアコンテンツを見るときに、その人は、その企業の製品またはブランドに触れられる。

0002

プロダクトプレイスメントは多数の消費者に届くけれども、それは、動かない形態の広告である。つまり、メディアコンテンツの中への複数の製品または複数のブランドの配置は、コンテンツが作成されたときに典型的には行われ、その結果、後で変更されることができない。したがって、メディアコンテンツの中に配置される複数の製品または複数のブランドは、典型的には、メディアコンテンツの消費者に対してカスタマイズされず、メディアコンテンツを再作成することなく、異なる視聴者ターゲットにすべく変更されることができない。これは、一般的に、異なるターゲット視聴者に届けることが所望されるライブのメディアコンテンツ(例えば、スポーツイベントニュースキャストテレビアワードショーなど)における使用において不適切なプロダクトプレイスメントの従来の形態を形成する。

図面の簡単な説明

0003

本明細書で説明される複数の概念は、添付の図面において例として図示されるのであって、限定として示されるのではない。説明を簡潔かつ明確にすべく、図面において示される要素は、必ずしも縮尺通りに描写されていない。適切とみなされる場合には、複数の参照符号は、複数の対応するまたは類似の要素を示すために、複数の図の間で反復されている。
メディアコンテンツの中に広告を適応的に埋め込むメディア消費デバイスを使用するためのシステムの少なくとも1つの実施形態の簡略ブロック図である。
図1のシステムのメディア消費デバイスの環境の少なくとも1つの実施形態の簡略ブロック図である。
図1のシステムの遠隔メディアサーバの環境の少なくとも1つの実施形態の簡略ブロック図である。
視覚広告コンテンツを生成するための図1および3の遠隔メディアサーバにより実行され得る方法の少なくとも1つの実施形態の簡略化したフロー図である。
メディアコンテンツの中に広告を適応的に埋め込むための図1および2のメディア消費デバイスにより実行され得る方法の少なくとも1つの実施形態の簡略化したフロー図である。
図1および2のメディア消費デバイスが中に視覚広告コンテンツを埋め込み得る広告可能領域の例示的な実施形態である。
視覚広告コンテンツを埋め込むべく、図1および2のメディア消費デバイスにより使用され得る広告マップの例示的な実施形態である。
図1および2のメディア消費デバイスが中に視覚広告コンテンツを埋め込み得る例示的なメディアコンテンツフレームを示す。
図1および2のメディア消費デバイスが中に視覚広告コンテンツを埋め込み得る例示的なメディアコンテンツフレームを示す。
図1および2のメディア消費デバイスが中に視覚広告コンテンツを埋め込み得る一連の例示的なメディアコンテンツフレームを示す。
図1および2のメディア消費デバイスが中に視覚広告コンテンツを埋め込み得る一連の例示的なメディアコンテンツフレームを示す。
図1および2のメディア消費デバイスが中に視覚広告コンテンツを埋め込み得る複数の広告可能領域を含むオブジェクトの例示的な実施形態である。
メディアコンテンツの中に広告を適応的に埋め込み、表示のためにメディア消費デバイスに拡張メディアコンテンツを送信するための図1および3の遠隔メディアサーバにより実行され得る方法の少なくとも1つの実施形態の簡略化したフロー図である。

実施例

0004

本開示の複数の概念は、様々な複数の改良及び複数の代替形式に容易に想到するが、それらの具体的な複数の実施形態は、例として複数の図面において示されており、本明細書において詳細に説明される。しかし、当然のことながら、開示された特定の形態に対して本開示の複数の概念が制限されることを意図しておらず、それどころか、本開示および添付の特許請求の範囲と整合性のあるすべての変更、均等物、および代替例を包含することを意図している。

0005

明細書における「一実施形態」、「実施形態」、「例示的な実施形態」等の記載は、説明される実施形態が特定の特徴、構造または特性を含み得るが、各実施形態が当該特定の特徴、構造または特性を含んでもよく、または必ずしも含まないこともあることを示す。さらに、このような複数の表現は、必ずしも同じ実施形態を参照するものではない。さらに、特定の特徴、構造または特性が、ある実施形態と関連して説明される場合、明示的に説明されているか否かに関わらず、このような特徴、構造または特性を他の複数の実施形態と関連してもたらすことは、当業者の知識の範囲内にあるとされる。

0006

複数の開示された実施形態は、いくつかの場合に、ハードウェアファームウェアソフトウェアまたはそれらの任意の組み合わせで実装されてもよい。複数の開示された実施形態は、1または複数のプロセッサによって読み出し及び実行可能な一時的または非一時的機械可読(例えば、コンピュータ可読)記憶媒体によって伝達され、またはこれに格納される複数の命令としてさらに実装されてもよい。機械可読記憶媒体は、任意のストレージデバイスメカニズム、または機械によって可読な形式で情報を格納または送信するための他の物理的構造(例えば、揮発性若しくは不揮発性メモリメディアディスクまたは他のメディアデバイス)として具現化されてもよい。

0007

複数の図面において、いくつかの構造または方法の特徴は、複数の具体的な構成および/または複数の順序で示されてもよい。しかしながら、そのような複数の具体的な構成および/または複数の順序が必要とされなくてもよいことが理解されるべきである。むしろ、いくつかの実施形態において、そのような特徴は、例示的な複数の図において示されるものとは異なる態様および/または順番で構成されてもよい。加えて、特定の図において構造または方法の特徴を含むことは、そのような特徴が全ての実施形態で必要とされることを示唆することを意味するものではなく、いくつかの実施形態において、含まれなくてもよく、または、他の複数の特徴と組み合わせられてもよい。

0008

ここで、図1を参照すると、例示的な実施形態において、メディアコンテンツに広告を適応的に埋め込むシステム100は、メディア消費デバイス110、表示装置130、および遠隔コンテンツプロバイダ140を含む。使用において、メディア消費デバイス110は、広告(例えば、視覚広告)を適応的に埋め込むべく、デジタルメディアコンテンツ(例えば、ビデオコンテンツマルチメディアコンテンツ対話型ウェブコンテンツ、ビデオゲームなど)の中の位置(例えば、図6の広告可能領域600)を決定するよう構成される。メディアコンテンツの中に埋め込まれた特定の広告は、遠隔コンテンツプロバイダ140から受信された広告マップ(例えば、図7の広告マップ700)に少なくとも一部基づいて、さもなければ広告マップに応じて、選択されてよい。以下でより詳細に説明されるように、広告マップ700は、いくつかの実施形態において、複数の視覚広告(例えば、図7の広告704)についての複数の表示条件(例えば、図7の複数の条件702)を含んでよい。そのような実施形態において、メディア消費デバイス110は、複数の広告704のうち1つに対応する複数の表示条件702が満たされていることを決定することに応じて、広告可能領域の中に埋め込む特定の広告を選択してよい。そうするために、メディア消費デバイス110は、複数の広告704のうちの1つに対応する複数の表示条件702が満たされるかどうかを決定すべく、ユーザに対応するユーザプロファイルデータ128(例えば、略歴、デモグラフィック情報、1または複数のユーザ関心、オンラインアクティビティ情報、複数のユーザ好みなど)を分析してよい。

0009

広告マップ700に基づいて特定の広告704を選択すると、メディア消費デバイス110は、広告可能領域600の中に視覚広告704を埋め込んでよい。いくつかの実施形態において、メディア消費デバイス110は、広告可能領域600の縮尺比および方向を決定してよい。そのような実施形態において、メディア消費デバイス110は、選択された視覚広告を広告可能領域600に埋め込む前に、まずそれを拡大縮小および/または位置合わせしてよい。メディア消費デバイス110は、また、メディアコンテンツの1よりも多くのフレーム(例えば、複数のシーケンシャルビデオフレーム)に出現する広告可能領域600の中の選択された広告を拡大縮小または位置合わせしてよい。そのやり方で、メディアコンテンツの中の広告コンテンツは、特定のユーザに目標を定められ、メディアコンテンツの1または複数のフレームに適応的に埋め込まれてよい。

0010

メディア消費デバイス110は、限定されないが、デスクトップコンピュータセットトップボックススマートディスプレイデバイス、サーバ携帯電話スマートフォンタブレットコンピューティング消費デバイス、携帯情報端末、民生用電子機器ラップトップコンピュータスマートテレビ、および/または他のタイプのコンピューティングデバイスおよび/またはメディア消費デバイスを含む、本明細書で説明される複数の機能を実行することが可能な任意のタイプのコンピューティングデバイスとして具現化されてよい。図1に示されるように、例示的なメディア消費デバイス110は、プロセッサ112、メモリ114、入出力(I/O)サブシステム116、データストレージ120、および通信回路118を含む。もちろん、メディア消費デバイス110は、他の実施形態において、サーバおよび/またはコンピュータ(例えば、様々な入出力デバイス)に一般的に見られるもののような、他のまたは追加の複数のコンポーネントを含んでよい。加えて、いくつかの実施形態において、例示的な複数のコンポーネントのうち1または複数は、他のコンポーネントに組み込まれ、さもなければ、その一部であってもよい。例えば、メモリ114またはそれらの一部は、いくつかの実施形態において、プロセッサ112に組み込まれてもよい。

0011

プロセッサ112は、本明細書中に説明される複数の機能を実行することが可能な任意のタイプのプロセッサとして、具現化されてもよい。例えば、プロセッサ112は、シングルまたはマルチコアプロセッサデジタル信号プロセッサマイクロコントローラ、または他のプロセッサもしくは処理/制御回路として具現化されてもよい。同様に、メモリ114は、本明細書中に説明される複数の機能を実行することが可能な、任意のタイプの揮発性若しくは不揮発性メモリ、あるいはデータストレージとして、具現化されてもよい。動作において、メモリ114は、複数のオペレーティングシステム、複数のアプリケーション、複数のプログラム、複数のライブラリ、および複数のドライバなどのメディア消費デバイス110の動作中に使用される様々なデータおよびソフトウェアを格納してよい。メモリ114は、プロセッサ112、メモリ114、およびメディア消費デバイス110の複数の他のコンポーネントを用いて複数の入出力動作を促す電気回路および/または複数のコンポーネントとして具現化され得るI/Oサブシステム116を介してプロセッサ112に通信可能に連結されてよい。例えば、I/Oサブシステム116は、複数の入出力動作を容易にすべく、複数のメモリコントローラハブ、複数の入出力制御ハブ、複数のファームウェアデバイス、複数の通信リンク(すなわち、複数のポイントツーポイントリンク、複数のバスリンク、複数のワイヤ、複数のケーブル、複数の導光体プリント回路基板トレース、など)、および/または複数の他のコンポーネントならびにサブシステムとして、さもなければ、それらを含んで、具現化されてもよい。いくつかの実施形態において、I/Oサブシステム116は、システムオンチップ(SoC)の一部を形成してよく、単一の集積回路チップ上に、プロセッサ112、メモリ114、およびメディア消費デバイス110の複数の他のコンポーネントとともに組み込まれてよい。メディア消費デバイス110の通信回路118は、メディア消費デバイス110、遠隔メディアサーバ150、および/または複数の他のコンピューティングデバイスの間で通信を有効にすることが可能な任意のタイプの通信回路、デバイス、またはそれらの収集物として具現化されてよい。

0012

通信回路118は、任意の1または複数の通信技術(例えば、無線又は有線通信)、及び、そのような通信に影響する複数の関連付けられたプロトコル(例えば、イーサネット登録商標)、Wi−Fi(登録商標)、WiMAX(登録商標)など)を使用するよう構成されてもよい。いくつかの実施形態において、メディア消費デバイス110および遠隔メディアサーバ150は、ネットワーク180を介して互いに通信してよい。

0013

ネットワーク180は、任意の数の様々な有線および/または無線通信ネットワークとして具現されてもよい。例えば、ネットワーク180は、ローカルエリアネットワーク(LAN)、広域ネットワークWAN)、セルラーネットワークまたはインターネットなどの公衆アクセス可能グローバルネットワークとして具現化されてもよく、さもなければこれらを含んでもよい。加えて、ネットワーク180は、メディア消費デバイス110、遠隔メディアサーバ150、および/または複数の他のコンピューティングデバイスの間の通信を促す任意の数の追加のデバイスを含んでよい。

0014

データストレージ120は、例えば、メモリデバイスおよび回路メモリカードハードディスクドライブソリッドステートドライブ、または他のデータストレージデバイスなどの短期または長期のデータ格納のために構成された任意のタイプのデバイスまたは複数のデバイスとして具現化され得る。例示的な実施形態において、データストレージ120は、1または複数の視覚広告122、広告マップデータ124、メディアコンテンツ126、およびユーザプロファイルデータ128を含んでよい。以下でより詳細に説明されるように、1または複数の視覚広告122のそれぞれは、メディア消費デバイス110により広告可能領域600の中に埋め込まれるよう構成された1または複数の幾何学的にモデル化された広告(例えば、複数の画像)として具現化されてよい。加えて、広告マップデータ124は、以下でより詳細に説明されるように、遠隔メディアサーバ150を介して遠隔コンテンツプロバイダ140から受信されてよい1または複数の広告マップ700を含んでよい。メディアコンテンツ126は、任意のタイプのデジタルメディアコンテンツ(標準ビデオコンテンツ、3Dビデオコンテンツ、マルチメディアコンテンツ、対話型ウェブコンテンツ、ビデオゲーム、ライブテレビ放送など)として具現化されてよい。以下でより詳細に説明されるように、データストレージ120内に維持されるユーザプロファイルデータ128は、メディア消費デバイス110のユーザに関連付けられた情報を含んでよい。例えば、ユーザプロファイルデータ128は、略歴(例えば、年齢性別住居所得民族性などのような特定のユーザに対応する複数の特徴)、人口統計情報(例えば、複数のユーザのグループに共通の複数の経歴特性など)、複数の好み、および/またはオンラインアクティビティ履歴(例えば、複数のウェブ検索eメールコンテンツ、複数のソーシャルメディアポスト、複数のオンライン購入など)を含んでよい。

0015

表示装置130は、本明細書で説明される複数の機能を実行することが可能な任意のタイプの表示装置として具現化されてよい。例えば、表示装置130は、限定されないが、テレビ、スマートディスプレイデバイス、デスクトップコンピュータ、モニタ、ラップトップコンピュータ、携帯電話、スマートフォン、タブレットコンピューティングデバイス、携帯情報端末、民生用電子機器、サーバ、および/または他の任意の表示装置を含む、ユーザにメディアコンテンツを表示することが可能な任意のタイプの表示装置として具現化されてよい。以下でより詳細に説明されるように、表示装置130は、メディアコンテンツを提示(例えば、表示)するよう構成されてよい。メディアコンテンツは、その中に埋め込まれた、目標を定められたおよび/またはパーソナライズされた広告コンテンツを含む。加えて、表示装置130は、図1の例示的な実施形態において、メディア消費デバイス110に別個に接続されているが、表示装置130は、複数の他の実施形態において、メディア消費デバイス110の中に全体として含まれてよいことを理解されるべきである。とくかく、表示装置130は、例えば、液晶ディスプレイ(LCD)、発光ダイオードLED)ディスプレイブラウン管(CRT)ディスプレイ、プラズマディスプレイ、および/またはメディアコンテンツを表示するメディア消費デバイスにおいて利用可能な他のディスプレイを含む任意の適切な表示技術を含む、またはさもなければ使用してよい。

0016

遠隔コンテンツプロバイダ140は、任意のタイプのコンテンツプロバイダとして具現化されてよい。例えば、いくつかの実施形態において、遠隔コンテンツプロバイダ140は、無線またはネットワーク180を介して視聴者(例えば、複数のユーザ)に、テレビ番組(例えば、ライブおよび/または録画されたテレビ番組)を送信するよう構成されたテレビ放送ネットワークとして具現化されてよい。そのような実施形態において、遠隔コンテンツプロバイダ140は、ライブのメディアコンテンツをキャプチャしてその次に複数の視聴者に送信するカメラ160を含んでよい。加えて、または代替的に、遠隔コンテンツプロバイダ140は、ストリーミングまたはオンデマンドコンテンツプロバイダとして具現化されてよい。例えば、そのような実施形態において、遠隔コンテンツプロバイダ140は、ユーザがネットワーク180を介して録画メディアコンテンツをダウンロードすることが可能になるよう構成されてよい。いずれにしても、遠隔コンテンツプロバイダ140は、遠隔メディアサーバ150を含んでよい。

0017

遠隔メディアサーバ150は、本明細書で説明される複数の機能を実行することが可能な任意のタイプのサーバまたは同様のコンピューティングデバイスとして具現化されてよい。そのようなものとして、遠隔メディアサーバ150は、記載の明瞭化のために図1には図示されていない複数のプロセッサ、複数のメモリデバイス、通信回路、および複数のデータストレージなどの複数のサーバにおいて一般的に見られる複数のデバイスおよび複数の構造を含んでよい。以下でより詳細に説明されるように、遠隔メディアサーバ150は、メディアコンテンツ(例えば、ライブビデオコンテンツ、録画ビデオコンテンツ、マルチメディアコンテンツ、対話型ウェブコンテンツ、ビデオゲームコンテンツ、など)を、例えば、表示装置130上に表示するためのメディア消費デバイス110に提供するよう構成される。いくつかの実施形態において、遠隔メディアサーバ150は、また、メディア消費デバイス110により決定される位置でメディアコンテンツの中に埋め込まれてよい広告コンテンツをメディア消費デバイス110に提供するよう構成される。複数の他の実施形態において、システム100は、メディア消費デバイス110に視覚広告コンテンツを配信するよう構成された別個の広告サーバ(図示せず)を含んでよい。

0018

ここで、図2を参照すると、使用時に、メディア消費デバイス110が動作中に環境200を構築する。例示的な環境200は、通信モジュール202およびメディアレンダリングモジュール204を含む。以下でより詳細に説明されるように、メディアレンダリングモジュール204は、例示的に、広告位置決定モジュール206、広告選択モジュール208、および広告配置モジュール210を含む。環境200の複数のモジュール202、204、206、208、210のそれぞれが、ハードウェア、ソフトウェア、ファームウェア、またはそれらの組み合わせとして具現化されてよい。メディア消費デバイス110は、記載の明瞭化のために図2に図示されていない、サーバ内に一般的に見られる複数の他のコンポーネント、複数のサブコンポーネント、複数のモジュール、および複数のデバイスを含んでよいことを理解されるべきである。

0019

メディア消費デバイス110の通信モジュール202は、メディア消費デバイス110および遠隔コンテンツプロバイダ140および/または遠隔メディアサーバ150の複数のコンポーネントまたは複数のサブコンポーネントの間での複数の通信を容易にしてよい。例えば、いくつかの実施形態において、通信モジュール202は、遠隔メディアサーバ150からメディアコンテンツおよび/または広告コンテンツを受信する。遠隔メディアサーバ150により提供されるメディアコンテンツは、ライブビデオコンテンツ、録画ビデオコンテンツ、マルチメディアコンテンツ、対話型ウェブコンテンツ、オンデマンドビデオコンテンツ、および/または、メディア消費デバイス110のユーザに表示される任意の他のタイプのコンテンツとして具現化されてよい。

0020

メディアレンダリングモジュール204は、特定の広告(例えば、目標を定めた広告)を埋め込むメディアコンテンツの中の広告可能領域600の位置を検出し、決定するよう構成されてよい。そうするために、いくつかの実施形態において、メディアレンダリングモジュール204は、広告位置決定モジュール206を含んでよい。広告位置決定モジュール206は、選択された広告で置き換えられてよいメディアコンテンツの1又は複数の画像(例えば、ビデオまたは他の視覚メディアシーンまたはフレーム)に配置される領域またはオブジェクトを自動的に検出し、位置づけるよう構成されてよい。そうするために、広告位置決定モジュール206は、以下でより詳細に説明されるように、広告マップおよび/またはメディア消費デバイス110のユーザに対応するユーザプロファイルデータ128に応じて選択されてよい、選択された広告と置き換えられてよい領域またはオブジェクトを探す画像分析プロシージャ(例えば、オブジェクト検出アルゴリズム特徴検出アルゴリズムなど)を利用するよう構成されてよい。

0021

広告位置決定モジュール206により検出された領域またはオブジェクトは、広告コンテンツが表示されてよい(例えば、スコアボード広告用掲示板製品パッケージングTシャツ、複数のコンテナ、複数のバンパーステッカ、複数の広告バナーなど)メディアコンテンツの1又は複数の画像に表示される任意の領域、オブジェクト、デバイス、構造として具現化されてよい。例えば、図8Aに例示的に示されるように、広告位置決定モジュール206は、メディアコンテンツの1又は複数の画像800(例えば、複数の動画フレーム)の中に存在する広告可能領域600(例えば、球場広告バナー)の位置を決定するオブジェクト検出を使用するよう構成されてよい。図2に戻って参照すると、広告位置決定モジュール206は、また、メディアコンテンツの1又は複数の画像の中に位置付けられる1より多い領域またはオブジェクトを検出し、位置づけるよう構成されてよいことをさらに理解すべきである。例えば、図8Aに例示的に示されるように、広告位置決定モジュール206は、画像800の中の別の広告可能領域810の位置と同様に広告可能領域600の位置を決定する画像分析プロシージャ(例えば、オブジェクト検出、特徴検出など)を使用するよう構成されてよい。以下でより詳細に説明されるように、選択された広告820(例えば、製品画像ロゴスローガングラフィックなど)は、図8Bに例示的に示されるように検出された広告可能領域600の決定された(例えば、広告可能領域600上または一面に配置される)位置におけるメディアコンテンツの画像800の中に埋め込まれてよい。複数の広告可能領域600、810がメディアコンテンツの画像800の中で検出され位置付けられる複数の実施形態において、複数の異なる広告(例えば、広告820および広告830)は、選択され、検出された広告可能領域600、810の決定された位置におけるメディアコンテンツの画像800の中に埋め込まれてよい。広告位置決定モジュール206は、メディアコンテンツの1又は複数の画像の中に存在する任意のタイプの領域またはオブジェクトの位置を検出し、決定してよいことを理解すべきである。

0022

いくつかの実施形態において、広告可能領域600、810のそれぞれは、メディアコンテンツの1又は複数の画像800の中の1または複数の広告可能領域600、810の位置を検出し、決定する広告位置決定モジュール206を手助けする視覚兆候および/またはマーク(例えば、文字シンボル、色など)を含んでよい。例えば、図6に例示的に示されるように、広告可能領域600は、複数の視覚兆候610を含んでよい。いくつかの実施形態において、複数の視覚兆候610のそれぞれは、複数のマーク(例えば、文字、シンボル、および/または色)のグループを含んでよく、それらのそれぞれは、広告位置決定モジュール206および/または異なる目的のためのメディアレンダリングモジュール204の複数の他のモジュールにより使用されてよい。例えば、それぞれの視覚兆候610は、広告位置決定モジュール206が別の広告可能領域810から1つの広告可能領域600を一意識別するのを手助けする識別マーク614(例えば、文字、シンボル、および/または色)を含んでよい。そのようにするために、それぞれの広告可能領域600、810は、広告位置決定モジュール206により認識されてよい異なる識別マーク614を含んでよい。例えば、広告可能領域600は、円形型の識別マーク614を含んでよい、一方で、(例えば、図8Aに例示的に示されるような)広告可能領域810は、ダイヤモンド型の識別マークを含んでよい。

0023

円形型の識別マーク614およびダイヤモンド型の識別マークは、例示的な実施形態において説明されるが、他の任意の形状、文字、および/またはシンボルが複数の他の実施形態において使用されてよいことを理解されるべきである。いくつかの実施形態において、それぞれの広告可能領域(例えば、広告可能領域600)は背景色602を含んでよいことを理解されるべきである。そのような実施形態において、背景色602は、また、それぞれの広告可能領域(例えば、広告可能領域600)の位置を決定する広告位置決定モジュール206により使用されてよい。以下でより詳細に説明されるように、背景色602は、また、1または複数の広告可能領域600、810の中の選択された視覚広告を埋め込むことを手助けするべく、メディアレンダリングモジュール204、および/または、メディアレンダリングモジュール204の複数のコンポーネントにより使用されてよい。

0024

メディアレンダリングモジュール204は、また、メディア消費デバイス110のユーザに目標を定めた特定の広告を決定、またはさもなければ選択するよう構成されてよい。そのようにするために、メディアレンダリングモジュール204は、広告選択モジュール208を含んでよく、広告選択モジュール208は、いくつかの実施形態において、遠隔メディアサーバ150から受信された複数の視覚広告から特定の視覚広告を選択するよう構成されてよい。そのような実施形態において、広告選択モジュール208は、広告マップ(例えば、図7に例示的に示される広告マップ700)に少なくとも一部基づいて、またはさもなければ応じて、特定の広告を選択してよい。図7に例示的に示されるように、広告マップ700は、表示されるためにそれぞれの広告704について要求される1または複数の表示条件702を含んでよい。以下でより詳細に説明されるように、広告704のそれぞれは、広告可能領域(例えば、広告可能領域600、広告可能領域810、および/または他の任意の広告可能領域)の中に埋め込まれ、その次に表示装置130を介してメディア消費デバイス110のユーザに表示されるよう構成される視覚広告に関連付けられてよい。加えて、広告マップ700は、選択された視覚広告が中に埋め込まれるべき広告可能領域(例えば、広告可能領域600)に対応する視覚兆候610(例えば、識別マーク614)を示す情報706を含んでよい。広告マップ700は、複数の視覚広告の中から特定の視覚広告を選択する際に広告選択モジュール208を手助けする複数の他のタイプの情報(例えば、広告主スポンサー名、広告シーケンス番号、開始フレーム時間および終了時間フレーム、表示のための目標期日、表示のための目標期間など)を含んでよいことを理解すべきである。

0025

それぞれの広告704に関連付けられた表示条件702は、特定の広告が選択された、および/またはその次に広告可能領域(例えば、広告可能領域600)の中に表示される前に満たさなければならない1または複数の規則を含んでよい。例えば、いくつかの実施形態において、複数の表示条件702は、どの特定の広告704がどの広告可能領域(例えば、広告可能領域600、広告可能領域810など)の中に埋め込まれるべきかを特定する1または複数の規則を含んでよい。加えて、または代替的に、複数の表示条件702は、また、どのユーザおよび/またはどの複数のユーザのグループに特定の広告を表示装置130を介して表示させるべきかを特定する複数の規則を含んでよい。例えば、いくつかの実施形態において、表示条件702は、特定の広告704が、人口統計情報、略歴、関心、および/または特定のユーザ指定および/または複数のユーザのグループの複数の好みに基づいて、特定のユーザ(例えば、視聴者)および/または複数のユーザのグループ(例えば、複数の視聴者)に対して表示されるべきことを特定してよい。そのやり方で、特定の広告704は、特定のユーザに目標を定められてよい。いくつかの実施形態において、複数の表示条件702は、どの特定の広告704がどの広告可能領域(例えば、広告可能領域600、広告可能領域810など)の中に、どの特定の期間(例えば、月、日、週、時間など)に埋め込まれるべきかを特定する1または複数の規則を含んでよい。例えば、複数の表示条件702は、特定の広告704が1週間、特定のユーザ(例えば、視聴者)および/または複数のユーザのグループ(例えば、複数の視聴者)に表示されるべきである一方で、異なる広告704が、次の1週間、その特定のユーザおよび/またはその複数のユーザのグループに表示されるべきであることを指定してよい。他の例において、複数の表示条件702は、特定の広告704が朝食時間(例えば、午前7時から午前10など)に特定のユーザおよび/または複数のユーザのグループに表示されるべきである一方、異なる広告704が、夕食時間(例えば、午後5時から午後7時など)にその特定のユーザ(例えば、視聴者)および/または複数のユーザのグループ(例えば、複数の視聴者)に表示されるべきであることを特定してよい。

0026

図2に戻って参照すると、広告選択モジュール208は、先に述べたように広告マップ700に少なくとも一部基づいて特定の広告704を選択してよい。複数の表示条件702がどのユーザおよび/またはどの複数のユーザのグループに対して特定の広告を、人口統計情報、略歴、ユーザの関心、および/またはユーザ好みに基づいて表示すべきかを特定する複数の規則を含む複数の実施形態において、広告選択モジュール208は、広告マップ700の中に含まれる表示条件702とユーザプロファイルデータ128を比較する。いくつかの実施形態において、ユーザプロファイルデータ128は、データストレージ120から取得されてよい。加えて、または代替的に、ユーザプロファイルデータ128は、遠隔メディアサーバ150から受信され、および/または別の遠隔コンピューティングデバイスから受信されてよい。先に述べたように、ユーザプロファイルデータ128は、ユーザの性別、年齢、結婚歴、および/または居場所を示す情報を含んでよい。ユーザプロファイルデータ128は、また、識別されたユーザの好み(例えば、ブランドの好み、製品の好み、望ましい価格帯の好み、業者の好み、など)を示す情報を含んでよい。ユーザプロファイルデータ128は、また、ユーザの特性および/または属性を表す任意の追加または複数の他のタイプのデータを含んでよい。ユーザプロファイルデータ128の中に含まれる特定のタイプの情報に関わらず、広告選択モジュール208は、広告704のいずれかに対する複数の表示条件702がユーザプロファイルデータ128に基づいて満たされているかどうかを決定してよい。そうであれば、満たされていた表示条件702に対応する広告704は、広告選択モジュール208によって選択されてよい。特定の広告704は、どの広告704が1または複数のユーザに対して表示されるべきかを選択するための他の任意の技術を使用して選択されてよいことを理解されるべきである。

0027

メディアレンダリングモジュール204は、また、メディアコンテンツの中に、選択された広告コンテンツを組み込むよう構成されてよい。いくつかの実施形態において、メディアレンダリングモジュール204は、広告配置モジュール210を含んでよい。広告配置モジュール210は、メディアコンテンツの1又は複数の画像800の中に位置付けられた広告可能領域600、810の1または複数を選択された広告820、830と置き換える、または修正するよう構成されてよい。そうするために、広告配置モジュール210は、置き換えるべき広告可能領域600、810の特定された位置においてメディアコンテンツの中に選択された広告820、830を埋め込んでよい(例えば、置き換え、組み込み、重ね合わせ、覆いなど)。

0028

選択された広告は、視覚広告を含む、またはさもなければ視覚広告に対応してよく、視覚広告は、宣伝されるべき、製品、ロゴ、企業名、および/またはサービスデジタル画像として具現化されてよい。いくつかの実施形態において、視覚広告は、宣伝されるべき、製品、ロゴ、企業名、および/またはサービスの1または複数の実際のデジタル画像(例えば、モデル化されていない複数のデジタル画像)として具現化されてよい。加えて、または代替的に、いくつかの実施形態において、視覚広告は、広告可能領域600、810の1または複数の大きさおよび/または方向に従って拡大縮小、回転および/またはスキューされることができる製品、ロゴ、企業名、および/またはサービスの幾何学的にモデル化された画像として具現化されてよい。そのような実施形態において、広告配置モジュール210は、選択された広告が中に埋め込まれるべき広告可能領域600、810の大きさおよび方向に少なくとも一部基づいて、またはさもなければ応じて、選択された広告を拡大縮小および/または位置合わせするよう構成される。そのようにするために、広告配置モジュール210は、広告可能領域600、810の縮尺比および/または方向をまず決定するよう構成されてよい。

0029

先に述べたように、広告可能領域600、810のそれぞれは、複数の視覚兆候610および/またはマーク(例えば、文字、シンボル、色など)を含んでよい。いくつかの実施形態において、視覚兆候610のそれぞれは、広告可能領域600、810の1または複数の縮尺比および/または方向を決定する広告配置モジュール210により使用されてよい異なる縮尺マーク(例えば、文字、シンボル、および/または色)を含んでよい。例えば、図6に例示的に示されるように、広告可能領域600は、複数の縮尺マーク612、620、630、640、650、660、670、680を含んでよい。複数の縮尺マーク612、620、630、640、650、660、670、680のそれぞれは、異なる位置および/または広告可能領域600の中の位置を表記するのに用いられてよい。例えば、縮尺マーク612は、広告可能領域600の右上隅に配置されてよい。縮尺マーク620は、広告可能領域600の右下隅に配置されてよい。縮尺マーク630は、広告可能領域600の左上隅に配置されてよい。縮尺マーク640は、広告可能領域600の左下隅に配置されてよい。加えて、縮尺マーク650は、広告可能領域600の上部中央点と縮尺マーク630との間に配置されてよい。縮尺マーク660は、広告可能領域600の下部中央点と縮尺マーク640との間に配置されてよい。縮尺マーク670は、広告可能領域600の上部中央点と縮尺マーク612との間に配置されてよい。縮尺マーク680は、広告可能領域600の下部中央点と縮尺マーク620との間に配置されてよい。例示的な実施形態において広告可能領域600は8個の縮尺マーク612、620、630、640、650、660、670、680を含むけれども、広告可能領域600は、増加および/または減少された冗長のために任意の他の数の縮尺マーク(または識別マーク)を含んでよいことを理解されるべきである。例えば、いくつかの実施形態において、広告可能領域600は、広告可能領域600の表面トモグラフィーにおける複数のバリエーションのための曲率および/またはアカウントを算出する広告配置モジュール210を可能にする追加の縮尺マーク(図示せず)を含んでよい。加えて、いくつかの実施形態において、縮尺マーク612、620、630、640、650、660、670、680のそれぞれは、広告可能領域600の大きさおよび方向を決定することを容易にする基準の大きさおよび形状から成ってよい。

0030

いくつかの実施形態において、広告可能領域600の一部の視認性および/または複数の兆候610の1または複数が、オブジェクト(例えば、人、車、建物など)により妨害されるか、もはやカメラ160の視野(またはカメラ160によりキャプチャされたメディアコンテンツの画像)にないかのいずれでもよいことを理解されるべきである。そのような実施形態において、広告可能領域600は、広告可能領域600の妨害オブジェクトおよび/または欠落した部分に関わりなく、広告可能領域600および/または特定の広告の位置を突き止め、特定し、縮尺し、および/または位置合わせすることを手助けするべく、追加の視覚兆候610(例えば、複数の縮尺マーク、複数の識別マークなど)を含んでよい。

0031

図2に戻って参照すると、広告可能領域600、810の縮尺比および/または方向を決定した後に、広告配置モジュール210は、それに応じて視覚広告を拡大縮小、回転、および/またはスキュー(例えば、サイズ変更および/または方向変更)してよい。その次に、広告配置モジュール210は、広告可能領域600、810の特定された位置においてメディアコンテンツの中に拡大縮小され、および方向付けされた視覚広告を埋め込んでよい(例えば、置き換え、組み込み、重ね合わせ、覆いなど)。そうすることで、メディアレンダリングモジュール204は、表示装置130上にユーザのために表示されてよい拡張メディアコンテンツを生成する。拡張メディアコンテンツの複数の画像(例えば、複数のシーンおよび/または複数のフレーム)の中に埋め込まれた視覚広告は、ユーザ(例えば、視聴者)にとってメディアコンテンツの自然な一部にみえることを理解されるべきである。加えて、例示的な実施形態において、拡張メディアコンテンツは選択された視覚広告によって修正されたオリジナルのメディアコンテンツを含むけれども、拡張メディアコンテンツは、複数の他の実施形態において、複数の他のタイプのコンテンツおよび情報を含んでよいことをさらに理解すべきである。

0032

先に述べるように、いくつかの実施形態において、視覚広告は、さらに、宣伝されるべき、製品、ロゴ、企業名、および/またはサービスの1または複数の実際のデジタル画像(例えば、モデル化されていない複数のデジタル画像)として具現化されてよい。そのような実施形態において、様々な観点から製品ロゴ、企業名、および/またはサービスの複数の異なるデジタル画像がキャプチャされ、広告配置モジュール210に提供されてよい。そのような実施形態において、広告配置モジュール210は、広告可能領域の視点に基づいて広告可能領域600、810の特定された位置においてメディアコンテンツの中に、製品ロゴ、企業名、および/またはサービスの複数のデジタル画像のうち1つを埋め込む(例えば、置き換え、組み込み、重ね合わせ、覆いなど)よう構成されてよい。つまり、広告配置モジュール210は、広告可能領域600、810の視点と実質的に同様の視点を有するデジタル画像を埋め込むよう構成されてよい。そうすることで、メディアレンダリングモジュール204は、表示装置130上にユーザに対して表示されてよい拡張メディアコンテンツを生成してよい。

0033

ここで、図3を参照すると、使用時に、遠隔メディアサーバ150が、動作中に環境300を構築する。例示的な環境300は、通信モジュール302、デジタルモデル生成モジュール304、広告マップ生成モジュール306、およびメディアレンダリングモジュール308を含む。以下でより詳細に説明されるように、メディアレンダリングモジュール308は、いくつかの実施形態において、広告位置決定モジュール310、広告選択モジュール312、広告配置モジュール314を含んでよい。環境300の複数のモジュール302、304、306、308、310、312、314のそれぞれは、ハードウェア、ソフトウェア、ファームウェア、それらの組み合わせとして具現化されてよい。遠隔メディアサーバ150は、記載の明瞭化のために図3には図示されていないサーバの中に一般的に見られる複数の他のコンポーネント、複数のサブコンポーネント、複数のモジュール、および複数のデバイスを含んでよいことを理解されるべきである。

0034

遠隔メディアサーバ150の通信モジュール302は、遠隔メディアサーバ150の複数のコンポーネントまたは複数のサブコンポーネントと、メディア消費デバイス110と、および/または遠隔コンテンツプロバイダ140との間の通信を手助けする。例えば、いくつかの実施形態において、通信モジュール302は、メディア消費デバイス110にメディアコンテンツおよび/または広告コンテンツを送信、さもなければ提供する。遠隔メディアサーバ150により提供されるメディアコンテンツは、ライブビデオコンテンツ、録画ビデオコンテンツ、マルチメディアコンテンツ、対話型ウェブコンテンツ、オンデマンドビデオコンテンツ、および/または、メディア消費デバイス110のユーザに表示される他のタイプのコンテンツとして具現化されてよい。

0035

いくつかの実施形態において、遠隔メディアサーバ150は、メディアコンテンツ、視覚広告、および広告マップを生成し、メディア消費デバイス110に提供する。メディアコンテンツ、視覚広告、および広告マップは、異なる時間、または実質的に同様の時間に、メディア消費デバイス110にそれぞれ提供されてよい。例えば、いくつかの実施形態において、複数の視覚広告および広告マップは、メディアコンテンツが提供される前に、メディア消費デバイス110に提供されてよい。メディアコンテンツ、複数の視覚広告、および広告マップが提供されるタイミングに関わらず、メディア消費デバイス110は、先に述べたように、拡張メディアコンテンツを生成すべく、メディアコンテンツの中に特定の広告を選択、および埋め込んでよい。メディア消費デバイス110により生成された拡張メディアコンテンツは、表示装置130を介して、ユーザ(例えば、視聴者)に対して表示されてよい。他の実施形態において、遠隔メディアサーバ150は、代わりに、拡張メディアコンテンツを生成し、メディア消費デバイス110に提供してよい。

0036

デジタルモデル生成モジュール304は、広告可能領域600、810の1または複数の大きさおよび/または方向に従って後に拡大縮小、回転、および/またはスキューされてよい視覚広告を生成するよう構成されてよい。そうするために、いくつかの実施形態において、デジタルモデル生成モジュール304は、宣伝されるべき製品、ロゴ、企業名、および/またはサービスのデジタル画像を幾何学的にモデル化してよい。例えば、デジタル画像は、任意の適切なモデリング技術(例えば、2Dモデリング、3Dモデリングなど)に従って幾何学的にモデル化されてよい。

0037

広告マップ生成モジュール306は、先に述べたように、どの広告がどの広告可能領域600、810の中に埋め込まれるべきかを決定すべくメディア消費デバイス110により使用されてよい広告マップ700を生成してよい。加えて、遠隔メディアサーバ150が拡張メディアコンテンツを生成して、メディア消費デバイス110に提供する複数の実施形態において、広告マップ700は、どの広告がどの広告可能領域600、810の中に埋め込まれるべきかを決定すべく、遠隔メディアサーバ150により使用されてよい。

0038

図7に例示的に示されるように、広告マップ700は、表示されるためにそれぞれの広告704について要求される1または複数の表示条件702を含んでよい。先に述べたように、広告704のそれぞれは、広告可能領域(例えば、広告可能領域600、広告可能領域810、および/または任意の他の広告可能領域)の中に埋め込まれ、その次に表示装置130を介してメディア消費デバイス110のユーザに表示されるよう構成される視覚広告に関連付けられてよい。加えて、広告マップ700は、選択された視覚広告が中に埋め込まれるべき広告可能領域(例えば、広告可能領域600)に対応する視覚兆候610(例えば、識別マーク614)を示す情報を含んでよい。広告マップ700は、複数の視覚広告の中から特定の視覚広告を選択することを手助けする複数の他のタイプの情報(例えば、広告主/スポンサー名、広告シーケンス番号、開始フレーム時間および終了時間フレーム、表示のための目標期日、表示のための目標期間)を含んでよいことを理解されるべきである。先に述べたように、それぞれの広告704に関連付けられた表示条件702は、特定の広告が選択され、および/またはその次に広告可能領域(例えば、広告可能領域600)の中に表示される前に満たさなければならない1または複数の規則を含んでよい。加えて、または代替的に、複数の表示条件702は、また、どのユーザおよび/またはどの複数のユーザのグループに特定の広告を表示装置130を介して表示させるべきかを特定する複数の規則を含んでよい。例えば、いくつかの実施形態において、表示条件702は、特定の広告704が、人口統計情報、略歴、複数の関心、および/または特定のユーザおよび/または複数のユーザのグループの複数の好みに基づいて、特定のユーザ(例えば、視聴者)および/または複数のユーザのグループ(例えば、複数の視聴者)に表示されるべきことを指定してよい。いくつかの実施形態において、複数の表示条件702は、どの特定の広告704がどの広告可能領域(例えば、広告可能領域600、広告可能領域810など)の中に、どの特定の期間(例えば、月、日、週、時間など)に埋め込まれるべきかを特定する1または複数の規則を含んでよい。例えば、複数の表示条件702は、特定の広告704が1週間、特定のユーザ(例えば、視聴者)および/または複数のユーザのグループ(例えば、複数の視聴者)に表示されるべきである一方で、異なる広告704が、次の1週間、その特定のユーザおよび/またはその複数のユーザのグループに表示されるべきであることを指定してよい。他の例において、複数の表示条件702は、特定の広告704が朝食時間(例えば、午前7時から午前10など)に特定のユーザおよび/または複数のユーザのグループに表示されるべきである一方、異なる広告704が、夕食時間(例えば、午後5時から午後7時など)にその特定のユーザ(例えば、視聴者)および/または複数のユーザのグループ(例えば、複数の視聴者)に表示されるべきであることを指定してよい。

0039

図3に戻って参照すると、メディアレンダリングモジュール308は、メディア消費デバイス110に送信するためのメディアコンテンツ(例えば、ライブビデオコンテンツ、録画ビデオコンテンツ、マルチメディアコンテンツ、対話型ウェブコンテンツ、オンデマンドビデオコンテンツなど)を生成、またはさもなければフォーマット化するよう構成されてよい。いくつかの実施形態において、メディアレンダリングモジュール308は、メディア消費デバイス110に送信するためにカメラ160によりキャプチャされるビデオコンテンツをフォーマット化またはさもなければ準備してよい。メディアレンダリングモジュール308は、例示的な実施形態においてカメラ160によりキャプチャされたビデオコンテンツをフォーマット化および/または準備するけれども、メディアレンダリングモジュール308は、複数の他のソースから受信されたメディアコンテンツをフォーマット化、および/または準備してよいことを理解されるべきである。例えば、メディアレンダリングモジュール308は、遠隔コンテンツプロバイダ140の別のコンピューティングデバイスおよび/または遠隔コンピューティングデバイスから受信されたメディアコンテンツをフォーマット化、および/または準備してよい。

0040

先に述べたように、いくつかの実施形態において、遠隔メディアサーバ150は、拡張メディアコンテンツを生成し、メディア消費デバイス110に提供してよい。そのような実施形態において、メディアレンダリングモジュール308は、広告位置決定モジュール310、広告選択モジュール312、広告配置モジュール314を含んでよい。広告位置決定モジュール310は、特定の広告(例えば、目標を定めた広告)を埋め込むメディアコンテンツの1又は複数の画像(例えば、シーン、フレームなど)の中に広告可能領域600、810の位置を自動的に検出し、決定してよい。そうするために、広告位置決定モジュール310は、特定の広告で置き換えられる広告可能領域600、810を見つけるための画像分析プロシージャ(例えば、オブジェクト検出アルゴリズム、特徴検出アルゴリズムなど)を利用するよう構成されてよい。広告は、先に述べたように、広告マップ生成モジュール306により生成されてよい広告マップ700に少なくとも一部基づいて選択されてよい。いくつかの実施形態において、広告可能領域600、810の中に埋め込まれるべき特定の広告は、さらに、メディア消費デバイス110から受信されてよいユーザプロファイルデータ128に少なくとも一部基づいて選択されてよい。広告選択モジュール312は、複数の視覚広告から特定の視覚広告を選択するよう構成されてよい。

0041

そのような実施形態において、広告選択モジュール312は、広告マップ700に少なくとも一部基づいて、またはさもなければ応じて、特定の広告を選択してよい。いくつかの実施形態において、広告選択モジュール312は、メディア消費デバイス110から受信され、遠隔メディアサーバ150のローカルストレージから取得され、および/または遠隔コンピューティングデバイスから受信されてよいユーザプロファイルデータ128および広告マップ700に少なくとも一部基づいて特定の広告を選択してよい。

0042

広告配置モジュール314は、メディアコンテンツの1又は複数の画像の中に位置付けられる広告可能領域600、810の1または複数の中に選択された視覚広告を埋め込む(例えば、置き換え、組み込み、重ね合わせ、覆いなど)よう構成されてよい。いくつかの実施形態において、広告配置モジュール314は、埋め込まれる前に、1または複数の広告可能領域600、810の大きさおよび/または方向に従って、選択された広告を拡大縮小および/または方向付ける(例えば、位置合わせ)よう構成されてよい。そうすることで、メディアレンダリングモジュール308は、表示装置130上に表示するためのメディア消費デバイスに提供されてよい拡張メディアコンテンツを生成する。

0043

ここで、図4を参照すると、使用時に、遠隔メディアサーバ150は、視覚広告コンテンツを生成するための方法400を実行してよい。方法400は、ブロック402で開始する。ブロック402において、宣伝されるべき製品、ロゴ、企業、および/またはサービスの複数のデジタルモデルおよび/または実画像が使用されるべきであるかどうかが決定される。そうするために、いくつかの実施形態において、遠隔メディアサーバ150の1または複数の入力(例えば、タッチスクリーンキーボードマウスユーザインターフェース音声認識インターフェース、複数の遠隔制御コマンド、複数の指示、ネットワーク要求など)が、複数のデジタルモデルまたは実画像の利用が要求および/または必要とされているかどうかを決定するためにモニタされる。ブロック402において、デジタルモデルの利用が要求および/または必要とされていると決定された場合、方法400は、ブロック404に進む。しかし、複数の実画像の利用が要求および/または必要とされていると決定された場合、方法400は、代わりにブロック406に進む。

0044

ブロック404において、遠隔メディアサーバ150は、広告可能領域600、810の1または複数の大きさおよび/または方向に従って、後に、拡大縮小、回転、および/またはスキューされてよい視覚広告を生成する。そうするために、いくつかの実施形態において、遠隔メディアサーバ150は、宣伝されるべき製品、ロゴ、企業および/またはサービスのデジタル画像を幾何学的にモデル化する。例えば、デジタル画像は、任意の適切なモデリング技術(例えば、2Dモデリング、3Dモデリングなど)に従って幾何学的にモデル化されてよい。

0045

複数の実画像の使用が要求および/または必要とされる複数の実施形態において、遠隔メディアサーバ150は、ブロック406において、様々な観点から、宣伝されるべき、製品、ロゴ、企業名、および/またはサービスの複数の実画像(例えば、複数のデジタル画像)をキャプチャしてよい。例えば、宣伝されるべき特定の製品のデジタル画像は、1または複数の広告可能領域600、810のそれぞれの可能な縮尺比および方向でキャプチャされてよい。いくつかの実施形態において、遠隔メディアサーバ150は、カメラ160および/または別のソース(例えば、遠隔コンピューティングデバイス)から製品、ロゴ、企業名および/またはサービスの複数の実画像を受信してよい。

0046

ブロック408において、遠隔メディアサーバ150は、どの広告がどの広告可能領域600、810の中に埋め込まれるべきかを決定するべく、メディア消費デバイス110および/または遠隔メディアサーバ150により使用されてよい広告マップ700を生成する。広告マップ700は、広告可能領域600、810の1または複数において選択および/または表示されるそれぞれの広告704に対して要求される1または複数の表示条件702(例えば、規則)を含む。いくつかの実施形態において、ブロック410において、遠隔メディアサーバ150は、広告マップ700の中に含めるべく、表示条件702を決定してよい。そうするために、いくつかの実施形態において、遠隔メディアサーバ150は、ユーザプロファイルデータ128(例えば、年齢、性別、民族性、所得レベル、居場所、戦争状態、複数の好み、など)、複数の広告スポンサー要求(例えば、目標に定めた視聴者、広告ランニングコスト、要求される表示時間、など)、および/またはメディアコンテンツ要求(例えば、最大広告サイズ、または長さ、許可される広告コンテンツ、など)を分析し、そこから表示条件702を生成する。しかし、遠隔メディアサーバ150は、さらに、複数の表示条件702を決定すべく、他の任意の情報を使用してよいことを理解されるべきである。加えて、広告マップ700は、選択された視覚広告が中に埋め込まれるべき広告可能領域600、810に対応する視覚兆候610(例えば、識別マーク614)を示す情報を含んでよい。広告マップ700は、複数の他のタイプの情報(例えば、広告主/スポンサー名、広告シーケンス番号、開始フレーム時間および終了時間フレーム、表示のための目標期日、表示のための目標期間など)を含んでよいことを理解されるべきである。

0047

ブロック412において、遠隔メディアサーバ150は、広告マップ700をメディア消費デバイス110に送信する。ブロック414において、遠隔メディアサーバ150は、メディア消費デバイス110に1または複数の視覚広告を送信する。加えて、ブロック416において、遠隔メディアサーバ150は、メディア消費デバイス110にメディアコンテンツを送信する。ブロック412、414および416は、例示的な実施形態において、遠隔メディアサーバ150により同時に実行されるように示されているが、遠隔メディアサーバ150は、任意の順序でブロック412、414および416を実行してよいことを理解されるべきである。例えば、いくつかの実施形態において、遠隔メディアサーバ150は、ブロック416において、メディアコンテンツをメディア消費デバイス110に送信する前に、ブロック412および414において、広告マップ700および複数の視覚広告をメディア消費デバイス110に送信してよい。メディアコンテンツを送信する前に広告マップ700および複数の視覚広告を送信することが、ライブビデオコンテンツの中に複数の視覚広告を埋め込むことを手助けし得ることを理解されるべきである。他の例のように、遠隔メディアサーバ150は、基準時間間隔(例えば、一週間に一度、一日に一度、一時間に一度など)に従って、および/または1または複数のトリガイベント(例えば、チャネル変更の検知、要求された新たなメディアコンテンツ、検出されたスケジュール変更ユーザ要求など)の出現に応じて、広告マップ700および/または更新された広告マップ(図示せず)をメディア消費デバイス110に送信してよい。そういったやり方で、メディア消費デバイス110により現在使用されている広告マップ700は、遠隔メディアサーバ150によって継続して更新されてよい。加えて、または代替的に、いくつかの実施形態において、遠隔メディアサーバ150は、拡張メディアコンテンツ(例えば、既にその中に埋め込まれた複数の視覚広告を含むメディアコンテンツ)を代わりにメディア消費デバイス110に送信してよい。

0048

ここで、図5を参照すると、使用時に、メディア消費デバイス110は、メディアコンテンツの中に複数の広告を適応的に埋め込むための方法500を実行してよい。方法500は、メディア消費デバイス110が広告マップ700を遠隔メディアサーバ150から受信するブロック502で開始する。ブロック504において、メディア消費デバイス110は、遠隔メディアサーバ150から1または複数の視覚広告を受信する。加えて、ブロック506において、メディア消費デバイス110は、遠隔メディアサーバ150からメディアコンテンツを受信する。例示的な実施形態において、ブロック502、504および506は、メディア消費デバイス110により同時に実行されるように示されているが、メディア消費デバイス110は、ブロック502、504および506を任意の順序で実行してよいことを理解されるべきである。例えば、いくつかの実施形態において、メディア消費デバイス110は、ブロック506において、遠隔メディアサーバ150からメディアコンテンツを受信する前に、ブロック502および504において、遠隔メディアサーバ150から広告マップ700および複数の視覚広告を受信してよい。メディアコンテンツを受信する前に広告マップ700および複数の視覚広告を受信することがライブビデオコンテンツの中に複数の視覚広告を埋め込むことを手助けし得ることを理解されるべきである。他の例のように、メディア消費デバイス110は、基準時間間隔(例えば、一週間に一度、一日に一度、一時間に一度など)に従って、および/または1または複数のトリガイベント(例えば、検出されたチャネル変更、要求された新たなメディアコンテンツ、検出されたスケジュール変更、ユーザ要求など)の出現に応じて、広告マップ700および/または更新された広告マップ(図示せず)を遠隔メディアサーバ150から受信してよい。そういったやり方で、メディア消費デバイス110により現在使用されている広告マップ700は、遠継続して更新されてよい。加えて、または代替的に、いくつかの実施形態において、メディア消費デバイス110は、遠隔メディアサーバ150から代わりに拡張メディアコンテンツ(例えば、その中に埋め込まれた複数の視覚広告を既に含むメディアコンテンツ)を受信してよい。

0049

ブロック508において、メディア消費デバイス110は、1または複数の広告可能領域が、メディアコンテンツの画像(例えば、フレームおよび/またはシーン)の中に位置付けられるかどうかを検出する。例えば、図8Aに例示的に示されるように、メディア消費デバイス110は、広告可能領域600、810がメディアコンテンツの画像800の中に位置付けられることを検出する。そうするために、図5に戻って参照すると、メディア消費デバイス110は、例えば、オブジェクト検出アルゴリズムなどの画像分析プロシージャを利用して、メディアコンテンツの中に含まれる1または複数の広告可能領域600、810を検出する。ブロック508において、メディア消費デバイス110がメディアコンテンツの画像800の中に1または複数の広告可能領域600、810を検出する場合、方法500は、ブロック510に進む。しかし、メディア消費デバイス110は、1または複数の広告可能領域600、810がメディアコンテンツの画像800の中に検出されないことを代わりに検出した場合、方法500は、ブロック502、504および506までのブロックをループして、新たな、および/または追加の複数の広告マップ、複数の視覚広告、および/またはメディアコンテンツを遠隔メディアサーバ150から受信する。

0050

ブロック510において、メディア消費デバイス110は、メディアコンテンツの画像800とともに存在する1または複数の広告可能領域600、810(例えば、球場広告バナー)の位置を決定する。そうするために、メディア消費デバイス110は、画像解析(例えば、オブジェクト検出、特徴検出など)を使用して、画像800の中に1または複数の広告可能領域600、810の位置を決定する。いくつかの実施形態において、メディア消費デバイス110は、1または複数の広告可能領域600、810の位置および一意性を決定することを手助けする1または複数の広告可能領域600、810上に位置付けられる1または複数の視覚兆候を検出する。1または複数の広告可能領域600、810の位置を決定した後、方法500は、ブロック512に進む。

0051

その次に、ブロック512において、メディア消費デバイス110は、メディアコンテンツの画像800の中で検出され位置付けられた1または複数の広告可能エリア600、810のそれぞれの中に埋め込まれるべき複数の視覚広告から特定の視覚広告を決定し、またはさもなければ選択する。そうするために、メディア消費デバイス110は、遠隔メディアサーバ150から受信された広告マップ700に含まれる1または複数の表示条件702が満たされているかどうかを決定する。いくつかの実施形態において、メディア消費デバイス110は、いずれかが満たされるかどうかを決定すべく、ユーザプロファイルデータ128を表示条件702と比較する。複数の表示条件702のうち1つが満たされることを決定することに応じて、メディア消費デバイス110は、満たされる表示条件702に対応する広告を選択する。メディアコンテンツの画像800の中に埋め込むべき特定の視覚広告を選択した後、方法500は、ブロック514に進む。

0052

いくつかの実施形態において、メディア消費デバイス110は、選択された広告が中に埋め込まれるべき1または複数の広告可能領域600、810の大きさおよび方向に少なくとも一部基づいて、またはさもなければ応じて、選択された広告を、拡大縮小および/または位置合わせする。そうするために、ブロック514において、メディア消費デバイスは、まず、1または複数の広告可能領域600、810の縮尺比および/または方向を決定する。いくつかの実施形態において、メディア消費デバイス110は、選択された広告が中に埋め込まれるべき1または複数の広告可能領域600、810の大きさおよび方向に応じて選択された広告を縮尺および/または位置合わせすることを手助けするために、1または複数の広告可能領域600、810上に位置づけられる1または複数の視覚兆候(例えば、複数の縮尺マークなど)を検出する。メディア消費デバイス110が、選択された広告を縮尺および/または位置合わせすることを手助けすべく、1または複数の広告可能領域600、810上に位置付けられた1または複数の視覚兆候を検出するけれども、メディア消費デバイス110は、さらに、画像800の中の複数の他のオブジェクトを検出してよいことを理解されるべきである。例えば、いくつかの実施形態において、メディア消費デバイス110は、広告可能領域600、810に一定の位置の関係を有する1または複数のオブジェクト(例えば、壁、電話写真フレームランプ、広告可能領域600、810の角またはエッジなど)を検出する。そのような実施形態において、メディア消費デバイス110は、1または複数の検出されたオブジェクトを使用して、1または複数の広告可能領域600、810の大きさおよび方向を計算する。

0053

その次に、ブロック516において、メディア消費デバイス110は、1または複数の広告可能領域600、810の決定された縮尺比および/または方向に少なくとも一部基づいて視覚広告を拡大縮小、回転、および/またはスキューする(例えば、サイズ変更および/または方向変更)。いくつかの実施形態において、メディア消費デバイス110により拡大縮小、回転、および/またはスキューされた視覚広告は、宣伝されるべき製品、ロゴ、企業、および/またはサービスの幾何学的にモデル化されたデジタル画像として具現化される。

0054

ブロック518において、メディア消費デバイス110は、1または複数の広告可能領域600、810の特定された位置においてメディアコンテンツの中に、拡大縮小され、および方向付けされた視覚広告(例えば、置き換え、組み込み、重ね合わせ、覆いなど)を埋め込む。そうすることで、メディア消費デバイス110は、表示装置130上にユーザのために表示されてよい拡張メディアコンテンツを生成する。

0055

いくつかの実施形態において、遠隔メディアサーバ150は、その中に既に埋め込まれた複数の視覚広告を含む拡張メディアコンテンツを生成することを理解されるべきである。そのような実施形態において、単に拡張メディアコンテンツが、遠隔メディアサーバ150から受信され、表示装置130上にユーザのために表示されてよい。

0056

加えて、または代替的に、メディア消費デバイス110は、メディアコンテンツの一連のフレームおよび/または複数の画像の中に位置付けられる広告可能領域600の中に選択された広告をさらに埋め込んでよいことを理解されるべきである。そうするために、メディア消費デバイス110は、メディアコンテンツのそれぞれのフレームおよび/または画像についてブロック508—518を実行してよい。例えば、図9A図9Bに例示的に示されるように、メディア消費デバイス110は、画像902、904、906、908の一連900の中に位置付けられる移動バス910に配置される広告可能領域600の位置を決定する。メディア消費デバイス110は、画像902、904、906、908の一連900の中に位置付けられる広告可能領域600の中に埋め込まれるべき特定の広告(例えば、ロゴ820)を選択してよい。

0057

いくつかの実施形態において、メディア消費デバイス110は、画像902、904、906、908の一連900の中に位置付けられる広告可能領域600の縮尺比および/または方向に従って、選択された広告820を、さらに拡大縮小および/または位置合わせする。いくつかの実施形態において、メディア消費デバイス110は、画像の中に位置付けられる複数の広告可能領域の中に、複数の選択された広告をさらに埋め込んでよい。例えば、メディアコンテンツの1又は複数の画像は、それぞれの面に位置付けられる広告可能領域を有するオブジェクト(例えば、ボックス、本、など)を含んでよい。そのような実施形態において、メディア消費デバイス110は、オブジェクトのそれぞれの面に位置付けられる広告可能領域のそれぞれについてブロック508—518を実行してよい。例えば、図10に例示的に示すように、メディアコンテンツの1又は複数の画像は、オブジェクト1000を含んでよい。オブジェクト1000は、複数の面/表面(例えば、面1002、1004、1006)を含んでよい。面1002、1004、1006のそれぞれは、異なる視覚広告が後に中に埋め込まれる広告可能領域(例えば、広告可能領域600、810、1010)を含んでよい。

0058

ここで、図11を参照すると、いくつかの実施形態において、遠隔メディアサーバ150は、メディアコンテンツの中に視覚広告を適応的に埋め込み、表示のために拡張メディアコンテンツをメディア消費デバイス110に送信する。方法1100は、遠隔メディアサーバ150が広告マップ700を取得および/または受信するブロック1102で開始する。ブロック1104において、遠隔メディアサーバ150は、1または複数の視覚広告を取得および/または受信する。加えて、ブロック1106において、遠隔メディアサーバ150は、メディアコンテンツを取得および/または受信する。ブロック1102、1104および1106は、例示的な実施形態において、遠隔メディアサーバ150が任意の順序でブロック1102、1104および1106を実行するのと同時に、遠隔メディアサーバ150により実行されるように示されていることを理解されるべきである。いくつかの実施形態において、広告マップ700、複数の視覚広告および/またはメディアコンテンツは、遠隔メディアサーバ150のローカルストレージデバイスから取得されてよい。加えて、または代替的に、広告マップ700は、例えば、遠隔コンピューティングデバイスなどの別のソースから受信されてよい。

0059

ブロック1108において、遠隔メディアサーバ150は、1または複数の広告可能領域が、メディアコンテンツの画像(例えば、フレームおよび/またはシーン)の中に位置付けられるかどうかを検出する。例えば、図8Aに例示的に示されるように、遠隔メディアサーバ150は、広告可能領域600、810がメディアコンテンツの画像800の中に位置付けられることを検出する。そうするために、図11に戻って参照すると、遠隔メディアサーバ150は、例えば、オブジェクト検出アルゴリズムなどの画像分析プロシージャを利用して、メディアコンテンツの中に含まれる1または複数の広告可能領域600、810を検出する。ブロック1108において、遠隔メディアサーバ150がメディアコンテンツの画像800の中に1または複数の広告可能領域600、810を検出する場合、方法1100は、ブロック1110に進む。しかし、遠隔メディアサーバ150は、1または複数の広告可能領域600、810がメディアコンテンツの画像800の中に検出されないことを代わりに検出した場合、方法1100は、ブロック1102、1104および1106までのブロックをループして、新たな、および/または追加の複数の広告マップ、複数の視覚広告、および/またはメディアコンテンツを取得、および/または受信する。

0060

ブロック1110において、遠隔メディアサーバ150は、メディアコンテンツの画像800とともに存在する1または複数の広告可能領域600、810(例えば、球場広告バナー)の位置を決定する。そうするために、遠隔メディアサーバ150は、画像解析(例えば、オブジェクト検出、特徴検出など)を使用して、画像800の中に1または複数の広告可能領域600、810の位置を決定する。いくつかの実施形態において、遠隔メディアサーバ150は、1または複数の広告可能領域600、810の位置および一意性を決定することを手助けする1または複数の広告可能領域600、810上に位置付けられる1または複数の視覚兆候610を検出する。1または複数の広告可能領域600、810の位置を決定した後、方法1100は、ブロック1112に進む。

0061

その次に、ブロック1112において、遠隔メディアサーバ150は、メディアコンテンツの画像800の中で検出され位置付けられた1または複数の広告可能エリア600、810のそれぞれの中に埋め込まれるべき複数の視覚広告から特定の視覚広告を決定し、またはさもなければ選択する。そうするために、遠隔メディアサーバ150は、広告マップ700に含まれる1または複数の表示条件702が満たされているかどうかを決定する。

0062

いくつかの実施形態において、遠隔メディアサーバ150は、いずれかが満たされるかどうかを決定すべく、メディア消費デバイス110から受信されたユーザプロファイルデータ128を表示条件702と比較する。ユーザプロファイルデータ128は、遠隔メディアサーバ150のローカルストレージおよび/または他のソース(例えば、遠隔コンピューティングデバイス)からさらに取得されてよいことを理解されるべきである。複数の表示条件702のうち1つが満たされることを決定することに応じて、遠隔メディアサーバ150は、満たされる表示条件702に対応する広告を選択する。メディアコンテンツの画像800の中に埋め込むべき特定の視覚広告を選択した後、方法1100は、ブロック1114に進む。

0063

いくつかの実施形態において、遠隔メディアサーバ150は、選択された広告が中に埋め込まれるべき1または複数の広告可能領域600、810の大きさおよび方向に少なくとも一部基づいて、またはさもなければ応じて、選択された広告を、拡大縮小および/または位置合わせする。そうするために、ブロック1114において、遠隔メディアサーバ150は、まず、1または複数の広告可能領域600、810の縮尺比および/または方向を決定する。

0064

その次に、ブロック1116において、遠隔メディアサーバ150は、1または複数の広告可能領域600、810の決定された縮尺比および/または方向に少なくとも一部基づいて視覚広告を拡大縮小、回転、および/またはスキューする(例えば、サイズ変更および/または方向変更)。いくつかの実施形態において、遠隔メディアサーバ150により拡大縮小、回転、および/またはスキューされた視覚広告は、宣伝されるべき製品、ロゴ、企業、および/またはサービスの幾何学的にモデル化されたデジタル画像として具現化される。

0065

ブロック1118において、遠隔メディアサーバ150は、1または複数の広告可能領域600、810の特定された位置においてメディアコンテンツの中に拡大縮小され、および方向付けされた視覚広告を埋め込む(例えば、置き換え、組み込み、重ね合わせ、覆いなど)。そうすることで、遠隔メディアサーバ150は、拡張メディアコンテンツを生成する。

0066

その次に、ブロック1120において、遠隔メディアサーバ150は、その中に埋め込められた複数の広告を含む拡張メディアコンテンツをメディア消費デバイス110に送信する。拡張メディアコンテンツは、次に、表示装置130上にユーザに対して表示されてよい。

0067

例 本明細書に開示されている複数の技術の例示的な複数の例が以下に提供される。複数の技術の実施形態は、後述される複数の例の任意の1つまたは複数、及び任意の組み合わせを含んでもよい。

0068

例1は、メディアコンテンツの中に視覚広告コンテンツを適応的に埋め込むメディア消費デバイスを含む。メディア消費デバイスは、(i)遠隔コンテンツプロバイダからメディアコンテンツを受信し、(ii)遠隔コンテンツプロバイダから複数の視覚広告を受信し、(iii)複数の視覚広告のそれぞれに対する複数の表示条件を含む広告マップを遠隔コンテンツプロバイダから受信する通信モジュールと、メディアコンテンツの画像内の広告可能領域の位置を決定する広告位置決定モジュールと、広告マップに基づく広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの画像の中に埋め込むべく、複数の視覚広告のうちの1つの視覚広告を選択する広告選択モジュールと、拡張メディアコンテンツを生成すべく、広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの画像の中に選択された視覚広告を埋め込む広告配置モジュールと含む。

0069

例2は、例1の主題を含む。広告配置モジュールは、さらに、(i)広告可能領域の縮尺比および方向を決定し、(ii)広告可能領域の決定された縮尺比および方向に基づいて選択された視覚広告の拡大縮小または位置合わせのうち少なくとも1つを行い、広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの画像の中に選択された視覚広告を埋め込むことは、広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの画像の中に拡大縮小または位置合わせの少なくとも1つが行われた視覚広告を埋め込むことを含む。

0070

例3は、例1または2のいずれかの主題を含む。メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域は、(i)メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の位置の決定を容易にすること、および(ii)メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の縮尺比および方向の決定を容易にすることのうち少なくとも1つを行う視覚兆候を含み、広告位置決定モジュールは、さらに、広告可能領域の視覚兆候を識別する画像上の視覚分析手順を実行する。

0071

例4は、例1—3のいずれかの主題を含む。視覚兆候は、メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の位置の決定を容易にする1または複数のキャラクタ、シンボル、または色を含む。

0072

例5は、例1—4のいずれかの主題を含む。視覚兆候は、メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の位置の決定を容易にする色地を含む。

0073

例6は、例1—5のいずれかの主題を含む。視覚兆候は、メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の縮尺比または方向のうち少なくとも1つの決定を容易にする1または複数のキャラクタ、シンボル、または色を含む。

0074

例7は、例1—6のいずれかの主題を含む。視覚兆候は、(i)広告可能領域の左上隅に配置される第1視覚シンボルと、(ii)広告可能領域の左下隅に配置される第2視覚シンボルと、(iii)広告可能領域の右上隅に配置される第3視覚シンボルと、(iv)広告可能領域の右下隅に配置される第4視覚シンボルと、(v)広告可能領域の上部中央点と第1視覚シンボルとの間に配置された第5視覚シンボルと、(vi)広告可能領域の下部中央点と第2視覚シンボルとの間に配置された第6視覚シンボルと、(vii)広告可能領域の上部中央点と第3視覚シンボルとの間に配置された第7視覚シンボルと、(viii)広告可能領域の下部中央点と第4視覚シンボルとの間に配置された第8視覚シンボルとを含む。

0075

例8は、例1—7のいずれかの主題を含む。画像上で画像分析プロシージャを実行することは、広告可能領域の視覚兆候を特定するために、画像上で、特徴検出プロシージャ、機械視覚プロシージャ、またはコンピュータ視覚プロシージャのうち少なくとも1つを実行することを含む。

0076

例9は、例1—8のいずれかの主題を含む。メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の位置を決定することは、メディアコンテンツの第1画像の中の広告可能領域の位置を決定することを含む。広告位置決定モジュールは、さらに、メディアコンテンツの第2画像の中の広告可能領域の位置を決定する。広告可能領域の縮尺比および方向を決定することは、(i)メディアコンテンツの第1画像における広告可能領域の第1の縮尺比および方向を決定すること、および(ii)メディアコンテンツの第2画像における広告可能領域の第2の縮尺比および方向を決定することを含む。広告可能領域の決定された縮尺比および方向に基づいて、選択された視覚広告の拡大縮小または位置合わせのうち少なくとも1つを行うことは、(i)メディアコンテンツの第1画像における広告可能領域の決定された縮尺比および方向に基づいて、選択された視覚広告の拡大縮小または位置合わせの少なくとも1つを行うこと、および(ii)メディアコンテンツの第2画像における広告可能領域の決定された縮尺比および方向に基づいて、選択された視覚広告の拡大縮小または位置合わせの少なくとも1つを行うことを含む。広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの画像の中に、選択された視覚広告を埋め込むことは、(i)第1画像の広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの第1画像の中に拡大縮小または位置合わせの少なくとも1つが行われた視覚広告を埋め込むこと、および(ii)第2画像の中の広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの第2画像の中に拡大縮小または位置合わせの少なくとも1つが行われた視覚広告を埋め込むことを含む。

0077

例10は、例1−9のいずれかの主題を含む。メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の位置を決定することは、メディアコンテンツの画像の中の第1広告可能領域の第1位置を決定することを含む。広告位置決定モジュールは、さらに、メディアコンテンツの画像の中の第2広告可能領域の第2位置を決定し、広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの画像の中に埋め込むべく、複数の視覚広告のうちの1つの視覚広告を選択することは、(i)第1広告可能領域の決定された第1位置におけるメディアコンテンツの画像の中に埋め込むべく、複数の視覚広告のうちの第1視覚広告を、広告マップに基づいて選択すること、(ii)第2広告可能領域の決定された第2位置におけるメディアコンテンツの画像の中に埋め込むべく、複数の視覚広告のうちの第2視覚広告を、広告マップに基づいて選択することを含み、広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの画像の中に選択された視覚広告を埋め込むことは、(i)第1広告可能領域の決定された第1位置におけるメディアコンテンツの画像の中に選択された第1視覚広告を埋め込むこと、および(ii)第2広告可能領域の決定された第2位置におけるメディアコンテンツの画像の中に、選択された第2視覚広告を埋め込むことを含む。

0078

例11は、例1—10のいずれかの主題を含む。広告位置決定モジュールは、さらに、(i)広告可能領域がメディアコンテンツの画像の中に存在するかどうかを検出し、(ii)別の広告可能領域がメディアコンテンツの画像の中に存在するかどうかを検出する。

0079

例12は、例1—11のいずれかの主題を含む。メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域および別の広告可能領域のそれぞれは、視覚識別兆候を含む。広告可能領域の視覚識別兆候は、別の広告可能領域の視覚識別兆候とは異なり、広告可能領域を別の広告可能領域から一意に識別する。

0080

例13は、例1—12のいずれからの主題を含む。視覚識別兆候は、別の広告可能領域から広告可能領域を一意に識別する1または複数のキャラクタ、シンボル、または色を含む。

0081

例14は、例1—13のいずれかの主題を含む。拡張メディアコンテンツを生成すべく、広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの画像の中に選択された視覚広告を埋め込むことは、メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の決定された位置に視覚広告を重ね合わせ、覆い、置き換え、組み込みの少なくとも1つを行うことを含む。

0082

例15は、例1—14のいずれの主題を含む。広告選択モジュールは、メディア消費デバイスのユーザに対応するユーザプロファイルデータが複数の視覚広告の1つに対する複数の表示条件を満たすかどうかをさらに決定する。広告マップに基づいて広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの画像の中に埋め込むべく、複数の視覚広告のうちの1つの視覚広告を選択することは、ユーザプロファイルデータにより満たされる複数の表示条件を含む複数の視覚広告のうちの1つを選択することを含む。

0083

例16は、例1—15のいずれかの主題を含む。ユーザプロファイルデータは、ユーザに対応する略歴、ユーザに対応する人口統計情報、ユーザの1または複数の関心、ユーザに対応するオンラインアクティブ情報、またはユーザの複数の好みの少なくとも1つを含む。

0084

例17は、視覚広告コンテンツをメディアコンテンツの中に適応的に埋め込むための方法を含む。方法は、メディア消費デバイス上で、遠隔コンテンツプロバイダからメディアコンテンツを受信する段階と、メディア消費デバイス上で、遠隔コンテンツプロバイダから複数の視覚広告を受信する段階と、メディア消費デバイス上で、複数の視覚広告のそれぞれに対する複数の表示条件を含む広告マップを遠隔コンテンツプロバイダから受信する段階と、メディア消費デバイス上で、メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の位置を決定する段階と、メディア消費デバイス上で、広告マップに基づいて決定された広告可能領域の位置におけるメディアコンテンツの画像の中に埋め込むための、複数の視覚広告のうちの1つの視覚広告を選択する段階と、メディア消費デバイス上で、拡張メディアコンテンツを生成すべく、広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの画像の中に選択された視覚広告を埋め込む段階とを含む。

0085

例18は、例17の主題を含み、メディア消費デバイス上で、広告可能領域の縮尺比および方向を決定する段階と、メディア消費デバイス上で、広告可能領域の決定された縮尺比および方向に基づいて選択された視覚広告の拡大縮小または位置合わせのうち少なくとも1つを行う段階とをさらに備え、広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの画像の中に選択された視覚広告を埋め込む段階は、広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの画像の中に拡大縮小または位置合わせのうち少なくとも1つが行われた視覚広告を埋め込む段階を含む。

0086

例19は、例17または18のいずれかの主題を含み、メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域は、(i)メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の位置決めを容易にすること、および(ii)メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の縮尺比および方向の決定を容易にすることのうち少なくとも1つを行う視覚兆候を含み、方法は、メディア消費デバイス上で、広告可能領域の視覚兆候を識別する画像上の視覚分析手順を実行する段階をさらに含む。

0087

例20は、例17—19のいずれの主題を含む。視覚兆候は、メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の位置の決定を容易にする1または複数のキャラクタ、シンボル、または色を含む。

0088

例21は、例17—20のいずれかの主題を含む。視覚兆候は、メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の位置の決定を容易にする色地を含む。

0089

例22は、例17—21のいずれかの主題を含む。視覚兆候は、メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の縮尺比または方向のうち少なくとも1つの決定を容易にする1または複数のキャラクタ、シンボル、または色を含む。

0090

例23は、例17—22のいずれかの主題を含む。視覚兆候は、(i)広告可能領域の左上隅に配置される第1視覚シンボルと、(ii)広告可能領域の左下隅に配置される第2視覚シンボルと、(iii)広告可能領域の右上隅に配置される第3視覚シンボルと、(iv)広告可能領域の右下隅に配置される第4視覚シンボルと、(v)広告可能領域の上部中央点と第1視覚シンボルとの間に配置された第5視覚シンボルと、(vi)広告可能領域の下部中央点と第2視覚シンボルとの間に配置された第6視覚シンボルと、(vii)広告可能領域の上部中央点と第3視覚シンボルとの間に配置された第7視覚シンボルと、(viii)広告可能領域の下部中央点と第4視覚シンボルとの間に配置された第8視覚シンボルとを含む。

0091

例24は、例17—23のいずれかの主題を含む。画像上で画像分析プロシージャを実行することは、広告可能領域の視覚兆候を特定するために、画像上で、特徴検出プロシージャ、機械視覚プロシージャ、またはコンピュータ視覚プロシージャのうち少なくとも1つを実行することを含む。

0092

例25は、例17—24のいずれかの主題を含む。メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の位置を決定する段階は、メディアコンテンツの第1画像の中の広告可能領域の位置を決定する段階を含む。方法は、メディア消費デバイス上で、メディアコンテンツの第2画像の中の広告可能領域の位置を決定する段階をさらに備える。広告可能領域の縮尺比および方向を決定する段階は、(i)メディアコンテンツの第1画像における広告可能領域の第1の縮尺比および方向を決定すること、および(ii)メディアコンテンツの第2画像における広告可能領域の第2の縮尺比および方向を決定することを含み、広告可能領域の決定された縮尺比および方向に基づいて、選択された視覚広告の拡大縮小または位置合わせの少なくとも1つを行う段階は、(i)メディアコンテンツの第1画像における広告可能領域の決定された縮尺比および方向に基づいて、選択された視覚広告の拡大縮小または位置合わせの少なくとも1つを行うこと、および(ii)メディアコンテンツの第2画像における広告可能領域の決定された縮尺比および方向に基づいて、選択された視覚広告の拡大縮小または位置合わせの少なくとも1つを行うことを含む。広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの画像の中に、選択された視覚広告を埋め込む段階は、(i)第1画像の中の広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの第1画像の中に拡大縮小または位置合わせの少なくとも1つが行われた視覚広告を埋め込むこと、および(ii)第2画像の中の広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの第2画像の中に拡大縮小または位置合わせの少なくとも1つが行われた視覚広告を埋め込むことを含む。

0093

例26は、例17—25のいずれかの主題を含む。メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の位置を決定する段階は、メディアコンテンツの画像の中の第1広告可能領域の第1位置を決定することを含み、方法は、メディア消費デバイス上で、メディアコンテンツの画像の中の第2広告可能領域の第2位置を決定する段階をさらに備え、記広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの画像の中に埋め込むべく、複数の視覚広告のうちの1つの視覚広告を選択する段階は、(i)第1広告可能領域の決定された第1位置におけるメディアコンテンツの画像の中に埋め込むべく、複数の視覚広告のうちの第1視覚広告を、広告マップに基づいて選択すること、(ii)第2広告可能領域の決定された第2位置におけるメディアコンテンツの画像の中に埋め込むべく、複数の視覚広告のうちの第2視覚広告を、広告マップに基づいて選択することを含み、広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの画像の中に選択された視覚広告を埋め込む段階は、(i)第1広告可能領域の決定された第1位置におけるメディアコンテンツの画像の中に選択された第1視覚広告を埋め込むこと、および(ii)第2広告可能領域の決定された第2位置におけるメディアコンテンツの画像の中に、選択された第2視覚広告を埋め込むことを含む。

0094

例27は、例17—26のいずれかの主題を含み、メディア消費デバイス上で、広告可能領域がメディアコンテンツの画像の中に存在するかどうかを検出する段階と、メディア消費デバイス上で、別の広告可能領域がメディアコンテンツの画像の中に存在するかどうかを検出する段階とをさらに含む。

0095

例28は、例17—27のいずれかの主題を含む。メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域および別の広告可能領域のそれぞれは、視覚識別兆候を含む。広告可能領域の視覚識別兆候は、別の広告可能領域の視覚識別兆候とは異なり、広告可能領域を別の広告可能領域から一意に識別する。

0096

例29は、例17—28のいずれかの主題を含む。視覚識別兆候は、別の広告可能領域から広告可能領域を一意に識別する1または複数のキャラクタ、シンボル、または色を含む。

0097

例30は、例17—29のいずれかの主題を含む。拡張メディアコンテンツを生成すべく、広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの画像の中に選択された視覚広告を埋め込むことは、メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の決定された位置に視覚広告を重ね合わせ、覆い、置き換え、組み込みのうち少なくとも1つを行うことを含む。

0098

例31は、例17−30のいずれかの主題を含み、メディア消費デバイス上で、メディア消費デバイスのユーザに対応するユーザプロファイルデータが複数の視覚広告のうちの1つに対する複数の表示条件を満たすかどうかを決定する段階をさらに含む。広告マップに基づく広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの画像の中に埋め込むべく、複数の視覚広告の1つの視覚広告を選択する段階は、ユーザプロファイルデータにより満たされる複数の表示条件を含む複数の視覚広告のうちの1つを選択することを含む。

0099

例32は、例17—31のいずれかの主題を含む。ユーザプロファイルデータは、ユーザに対応する略歴、ユーザに対応する人口統計情報、ユーザの1または複数の関心、ユーザに対応するオンラインアクティブ情報、またはユーザの複数の好みの少なくとも1つを含む。

0100

例33は、メディアコンテンツの中に視覚広告コンテンツを適応的に埋め込むコンピューティングデバイスを含み、コンピューティングデバイスは、プロセッサと、プロセッサにより実行されると、例17−32のいずれかの方法をコンピューティングデバイスに実行させる複数の命令をその中に格納しているメモリとを含む。

0101

例34は、実行されることに応じてコンピューティングデバイスが例17−32のいずれかの方法を実行することをもたらす、その上に格納された複数の命令を含む1または複数の機械読み取り可能な媒体を含む。

0102

例35は、メディアコンテンツの中に視覚広告コンテンツを適応的に埋め込むコンピューティングデバイスを含み、コンピューティングデバイスは、例17—32のいずれかの方法を実行するための手段を含む。

0103

例36は、メディアコンテンツの中に視覚広告コンテンツを適応的に埋め込む遠隔メディアサーバを含み、遠隔メディアサーバは、メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の位置を決定する広告位置決定モジュールと、(i)複数の視覚広告を取得し、(ii)複数の視覚広告のそれぞれに対する複数の表示条件を含む広告マップを取得し、(iii)広告マップに基づいて、広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの画像の中に埋め込むべく、複数の視覚広告の中から1つの視覚広告を選択する広告選択モジュールと、拡張メディアコンテンツを生成すべく、広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの画像の中に選択された視覚広告を埋め込む広告配置モジュールと、メディア消費デバイスのユーザへのその後の表示のために、拡張メディアコンテンツをメディア消費デバイスに送信する通信モジュールとを含む。

0104

例37は、例36の主題を含む。広告配置モジュールは、さらに、(i)広告可能領域の縮尺比および方向を決定し、(ii)広告可能領域の決定された縮尺比および方向に基づいて選択された視覚広告の拡大縮小または位置合わせのうち少なくとも1つを行い、広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの画像の中に選択された視覚広告を埋め込むことは、広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの画像の中に拡大縮小または位置合わせのうち少なくとも1つが行われた視覚広告を埋め込むことを含む。

0105

例38は、例36または37のいずれかの主題を含む。メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域は、(i)メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の位置の決定を容易にすること、および(ii)メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の縮尺比および方向の決定を容易にすることのうち少なくとも1つを行う視覚兆候を含み、広告位置決定モジュールは、さらに、広告可能領域の視覚兆候を識別する画像上の視覚分析手順を実行する。

0106

例39は、例36—38のいずれかの主題を含む。視覚兆候は、メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の位置の決定を容易にする1または複数のキャラクタ、シンボル、または色を含む。

0107

例40は、例36—39のいずれかの主題を含む。視覚兆候は、メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の位置の決定を容易にする色地を含む。

0108

例41は、例36—40のいずれかの主題を含む。視覚兆候は、メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の縮尺比または方向のうち少なくとも1つの決定を容易にする1または複数のキャラクタ、シンボル、または色を含む。

0109

例42は、例36—41のいずれかの主題を含む。視覚兆候は、(i)広告可能領域の左上隅に配置される第1視覚シンボルと、(ii)広告可能領域の左下隅に配置される第2視覚シンボルと、(iii)広告可能領域の右上隅に配置される第3視覚シンボルと、(iv)広告可能領域の右下隅に配置される第4視覚シンボルと、(v)広告可能領域の上部中央点と第1視覚シンボルとの間に配置された第5視覚シンボルと、(vi)広告可能領域の下部中央点と第2視覚シンボルとの間に配置された第6視覚シンボルと、(vii)広告可能領域の上部中央点と第3視覚シンボルとの間に配置された第7視覚シンボルと、(viii)広告可能領域の下部中央点と第4視覚シンボルとの間に配置された第8視覚シンボルとを含む。

0110

例43は、例36—42のいずれかの主題を含む。画像上で画像分析プロシージャを実行することは、広告可能領域の視覚兆候を特定するために、画像上で、特徴検出プロシージャ、機械視覚プロシージャ、またはコンピュータ視覚プロシージャのうち少なくとも1つを実行することを含む。

0111

例44は、例36—43のいずれかの主題を含む。メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の位置を決定することは、メディアコンテンツの第1画像の中の広告可能領域の位置を決定することを含む。広告位置決定モジュールは、さらに、メディアコンテンツの第2画像の中の広告可能領域の位置を決定する。広告可能領域の縮尺比および方向を決定することは、(i)メディアコンテンツの第1画像における広告可能領域の第1の縮尺比および方向を決定すること、および(ii)メディアコンテンツの第2画像における広告可能領域の第2の縮尺比および方向を決定することを含む。広告可能領域の決定された縮尺比および方向に基づいて、選択された視覚広告の拡大縮小または位置合わせのうち少なくとも1つを行うことは、(i)メディアコンテンツの第1画像における広告可能領域の決定された縮尺比および方向に基づいて、選択された視覚広告の拡大縮小または位置合わせのうち少なくとも1つを行うこと、および(ii)メディアコンテンツの第2画像における広告可能領域の決定された縮尺比および方向に基づいて、選択された視覚広告の拡大縮小または位置合わせのうち少なくとも1つを行うことを含む。広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの画像の中に、選択された視覚広告を埋め込むことは、(i)第1画像の中の広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの第1画像の中に拡大縮小または位置合わせの少なくとも1つが行われた視覚広告を埋め込むこと、および(ii)第2画像の中の広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの第2画像の中に拡大縮小または位置合わせのうち少なくとも1つが行われた視覚広告を埋め込むことを含む。

0112

例45は例36—44のいずれかの主題を含むメディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の位置を決定することは、メディアコンテンツの画像の中の第1広告可能領域の第1位置を決定することを含む。広告位置決定モジュールは、さらに、メディアコンテンツの画像の中の第2広告可能領域の第2位置を決定し、広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの画像の中に埋め込むべく、複数の視覚広告のうちの1つの視覚広告を選択することは、(i)第1広告可能領域の決定された第1位置におけるメディアコンテンツの画像の中に埋め込むべく、複数の視覚広告のうちの第1視覚広告を、広告マップに基づいて選択すること、(ii)第2広告可能領域の決定された第2位置におけるメディアコンテンツの画像の中に埋め込むべく、複数の視覚広告のうちの第2視覚広告を、広告マップに基づいて選択することを含み、広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの画像の中に選択された視覚広告を埋め込むことは、(i)第1広告可能領域の決定された第1位置におけるメディアコンテンツの画像の中に選択された第1視覚広告を埋め込むこと、および(ii)第2広告可能領域の決定された第2位置におけるメディアコンテンツの画像の中に、選択された第2視覚広告を埋め込むことを含む。

0113

例46は、例36—45いずれの主題を含む。広告位置決定モジュールは、さらに、(i)広告可能領域がメディアコンテンツの画像の中に存在するかどうかを検出し、(ii)別の広告可能領域がメディアコンテンツの画像の中に存在するかどうかを検出する。

0114

例47は、例36—46のいずれかの主題を含む。メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域および別の広告可能領域のそれぞれは、視覚識別兆候を含む。広告可能領域の視覚識別兆候は、別の広告可能領域の視覚識別兆候とは異なり、広告可能領域を別の広告可能領域から一意に識別する。

0115

例48は、例36—47のいずれかの主題を含む。視覚識別兆候は、別の広告可能領域から広告可能領域を一意に識別する1または複数のキャラクタ、シンボル、または色を含む。

0116

例49は、例36—48のいずれかの主題を含む。拡張メディアコンテンツを生成すべく、広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの画像の中に選択された視覚広告を埋め込むことは、メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の決定された位置に視覚広告を重ね合わせ、覆い、置き換え、組み込みのうち少なくとも1つを行うことを含む。

0117

例50は、請求項36—49のいずれかの主題を含む。広告選択モジュールは、メディア消費デバイスのユーザに対応するユーザプロファイルデータが複数の視覚広告の1つに対する複数の表示条件を満たすかどうかをさらに決定する。広告マップに基づいて広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの画像の中に埋め込むべく、複数の視覚広告のうちの1つの視覚広告を選択することは、ユーザプロファイルデータにより満たされる複数の表示条件を含む複数の視覚広告のうちの1つを選択することを含む。

0118

例51は、例36—50のいずれかの主題を含む。ユーザプロファイルデータは、ユーザに対応する略歴、ユーザに対応する人口統計情報、ユーザの1または複数の関心、ユーザに対応するオンラインアクティブ情報、またはユーザの複数の好みのうち少なくとも1つを含む。

0119

例52は、視覚広告コンテンツをメディアコンテンツの中に適応的に埋め込むための方法を含む。方法は、遠隔メディアサーバ上で、メディアコンテンツを取得する段階と、遠隔メディアサーバ上で、複数の視覚広告を取得する段階と、遠隔メディアサーバ上で、複数の視覚広告のそれぞれに対する複数の表示条件を含む広告マップを取得する段階と、遠隔メディアサーバ上で、メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の位置を決定する段階と、遠隔メディアサーバ上で、広告マップに基づいて決定された広告可能領域の位置におけるメディアコンテンツの画像の中に埋め込むための、複数の視覚広告のうちの1つの視覚広告を選択する段階と、遠隔メディアサーバ上で、拡張メディアコンテンツを生成すべく、広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの画像の中に選択された視覚広告を埋め込む段階と、遠隔メディアサーバ上で、メディア消費デバイスのユーザに対してその後に表示するためにメディア消費デバイスに拡張メディアコンテンツを送信する段階とを含む。

0120

例53は、例52の主題を含み、遠隔メディアサーバ上で、広告可能領域の縮尺比および方向を決定する段階と、広告可能領域の決定された縮尺比および方向に基づいて、遠隔メディアサーバ上で、拡大縮小または位置合わせのうち少なくとも1つを行う段階とを含み、広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの画像の中に選択された視覚広告を埋め込む段階は、広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの画像の中に、拡大縮小または位置合わせのうち少なくとも1つが行われた視覚広告を埋め込む段階とをさらに含む。

0121

例54は、例52または53のいずれかの主題を含み、メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域は、(i)メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の位置決めを容易にすること、および(ii)メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の縮尺比および方向の決定を容易にすることのうち少なくとも1つを行う視覚兆候を含み、方法は、遠隔メディアサーバ上で、広告可能領域の視覚兆候を識別する画像上の視覚分析手順を実行する段階をさらに含む。

0122

例55は、例52—54のいずれかの主題を含む。視覚兆候は、メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の位置の決定を容易にする1または複数のキャラクタ、シンボル、または色を含む。

0123

例56は、例52—55のいずれかの主題を含み、視覚兆候は、メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の位置の決定を容易にする色地を含む。

0124

例57は、例52—56のいずれかの主題を含み、視覚兆候は、メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の縮尺比または方向のうち少なくとも1つの決定を容易にする1または複数のキャラクタ、シンボル、または色を含む。

0125

例58は、例52—57のいずれかの主題を含み、視覚兆候は、(i)広告可能領域の左上隅に配置される第1視覚シンボルと、(ii)広告可能領域の左下隅に配置される第2視覚シンボルと、(iii)広告可能領域の右上隅に配置される第3視覚シンボルと、(iv)広告可能領域の右下隅に配置される第4視覚シンボルと、(v)広告可能領域の上部中央点と第1視覚シンボルとの間に配置された第5視覚シンボルと、(vi)広告可能領域の下部中央点と第2視覚シンボルとの間に配置された第6視覚シンボルと、(vii)広告可能領域の上部中央点と第3視覚シンボルとの間に配置された第7視覚シンボルと、(viii)広告可能領域の下部中央点と第4視覚シンボルとの間に配置された第8視覚シンボルとを含む。

0126

例59は、例52—58のいずれかの主題を含み、画像上で画像分析プロシージャを実行することは、広告可能領域の視覚兆候を特定するために、画像上で、特徴検出プロシージャ、機械視覚プロシージャ、またはコンピュータ視覚プロシージャのうち少なくとも1つを実行することを含む。

0127

例60は、例52—59のいずれかの主題を含み、メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の位置を決定する段階は、メディアコンテンツの第1画像の中の広告可能領域の位置を決定する段階を含む。方法は、遠隔メディアサーバ上で、メディアコンテンツの第2画像の中の広告可能領域の位置を決定する段階をさらに備える。広告可能領域の縮尺比および方向を決定する段階は、(i)メディアコンテンツの第1画像における広告可能領域の第1の縮尺比および方向を決定すること、および(ii)メディアコンテンツの第2画像における広告可能領域の第2の縮尺比および方向を決定することを含み、広告可能領域の決定された縮尺比および方向に基づいて、選択された視覚広告の拡大縮小または位置合わせのうち少なくとも1つを行う段階は、(i)メディアコンテンツの第1画像における広告可能領域の決定された縮尺比および方向に基づいて、選択された視覚広告の拡大縮小または位置合わせのうち少なくとも1つを行うこと、および(ii)メディアコンテンツの第2画像における広告可能領域の決定された縮尺比および方向に基づいて、選択された視覚広告の拡大縮小または位置合わせのうち少なくとも1つを行うことを含む。広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの画像の中に、選択された視覚広告を埋め込む段階は、(i)第1画像の中の広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの第1画像の中に拡大縮小または位置合わせのうち少なくとも1つが行われた視覚広告を埋め込むこと、および(ii)第2画像の中の広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの第2画像の中に拡大縮小または位置合わせのうち少なくとも1つが行われた視覚広告を埋め込むことを含む。

0128

例61は、例52—60のいずれかの主題を含み、メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の位置を決定する段階は、メディアコンテンツの画像の中の第1広告可能領域の第1位置を決定することを含み、方法は、遠隔メディアサーバ上で、メディアコンテンツの画像の中の第2広告可能領域の第2位置を決定する段階をさらに備え、記広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの画像の中に埋め込むべく、複数の視覚広告のうちの1つの視覚広告を選択する段階は、(i)第1広告可能領域の決定された第1位置におけるメディアコンテンツの画像の中に埋め込むべく、複数の視覚広告のうちの第1視覚広告を、広告マップに基づいて選択すること、(ii)第2広告可能領域の決定された第2位置におけるメディアコンテンツの画像の中に埋め込むべく、複数の視覚広告のうちの第2視覚広告を、広告マップに基づいて選択することを含み、広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの画像の中に選択された視覚広告を埋め込む段階は、(i)第1広告可能領域の決定された第1位置におけるメディアコンテンツの画像の中に選択された第1視覚広告を埋め込むこと、および(ii)第2広告可能領域の決定された第2位置におけるメディアコンテンツの画像の中に、選択された第2視覚広告を埋め込むことを含む。

0129

例62は、例52—61のいずれかの主題を含み、遠隔メディアサーバ上で、広告可能領域がメディアコンテンツの画像の中に存在するかどうかを検出する段階と、遠隔メディアサーバ上で、別の広告可能領域がメディアコンテンツの画像の中に存在するかどうかを検出する段階とをさらに含む。

0130

例63は、例52—62のいずれかの主題を含み、メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域および別の広告可能領域のそれぞれは、視覚識別兆候を含む。広告可能領域の視覚識別兆候は、別の広告可能領域の視覚識別兆候とは異なり、広告可能領域を別の広告可能領域から一意に識別する。

0131

例64は、例52—63のいずれかの主題を含み、視覚識別兆候は、別の広告可能領域から広告可能領域を一意に識別する1または複数のキャラクタ、シンボル、または色を含む。

0132

例65は、例52—64のいずれかの主題を含み、拡張メディアコンテンツを生成すべく、広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの画像の中に選択された視覚広告を埋め込むことは、メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の決定された位置に視覚広告を重ね合わせ、覆い、置き換え、組み込みのうち少なくとも1つを行うことを含む。

0133

例66は、例52—65のいずれかの主題を含み、遠隔メディアサーバ上で、メディア消費デバイスのユーザに対応するユーザプロファイルデータが複数の視覚広告のうちの1つに対する複数の表示条件を満たすかどうかを決定する段階をさらに含む。広告マップに基づく広告可能領域の決定された位置におけるメディアコンテンツの画像の中に埋め込むべく、複数の視覚広告の1つの視覚広告を選択する段階は、ユーザプロファイルデータにより満たされる複数の表示条件を含む複数の視覚広告のうちの1つを選択することを含む。

0134

例67は、例52—66のいずれかの主題を含み、ユーザプロファイルデータは、ユーザに対応する略歴、ユーザに対応する人口統計情報、ユーザの1または複数の関心、ユーザに対応するオンラインアクティブ情報、またはユーザの複数の好みのうち少なくとも1つを含む。

0135

例68は、メディアコンテンツの中に視覚広告コンテンツを適応的に埋め込む遠隔メディアサーバを含み、遠隔メディアサーバは、プロセッサと、プロセッサにより実行されるときに、例52—67のいずれかの方法を遠隔メディアサーバに実行させる複数の命令をその中に格納されているメモリとを含む。

0136

例69は、実行されることに応じて遠隔メディアサーバが例52−67のいずれかの方法を実行することをもたらす、その上に格納された複数の命令を含む1または複数の機械読み取り可能な媒体を含む。

0137

例70は、メディアコンテンツの中に視覚広告コンテンツを適応的に埋め込む遠隔メディアサーバを含み、遠隔メディアサーバは、例52—67のいずれかの方法を実行するための手段を含む。

0138

例71は、メディアコンテンツの中に適応的に埋め込まれる視覚広告コンテンツを生成する遠隔メディアサーバを含み、遠隔メディアサーバは、視覚広告を生成すべく、デジタル画像を幾何学的にモデル化するモデル生成モジュールと、複数の視覚広告のそれぞれに対する複数の表示条件を含む広告マップを正絵師する広告マップ生成モジュールと、(i)メディア消費デバイスにメディアコンテンツを送信し、(ii)メディア消費デバイスに複数の視覚広告を送信し、(iii)メディア消費デバイスから広告マップを送信する通信モジュールとを含む。

0139

例72は、例71の主題を含み、メディアコンテンツの画像は、その中に複数の視覚広告のうちの1がその次に埋め込まれる広告可能領域を含む。

0140

例73は、例71または72のいずれかの主題を含み、広告マップは、メディア消費デバイスによる、メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の位置の次の決定を容易にするための視覚兆候をさらに含む。

0141

例74は、例71−73のいずれかの主題を含み、視覚兆候は、メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の位置の次の決定を容易にするための1または複数のキャラクタ、シンボル、または色を含む。

0142

例75は、例71−74のいずれかの主題を含み、視覚兆候は、メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の位置の次の決定を容易にする色地を含む。

0143

例76は、例71−75のいずれかの主題を含み、メディアコンテンツの画像は、(i)その中に第1視覚広告がその次に埋め込まれる第1広告可能領域、および(ii)その中に第2視覚広告がその次に埋め込まれる第2広告可能領域を含む。

0144

例77は、例71−76のいずれかの主題を含み、メディアコンテンツの画像の中の第1広告可能領域および第2広告可能領域のそれぞれは、視覚識別兆候を含む。第1広告可能領域の視覚識別兆候は、第2広告可能領域の視覚識別兆候とは異なり、第1広告可能領域を第2広告可能領域から一意に識別する。

0145

例78は、例71−77のいずれかの主題を含み、視覚識別兆候は、第2広告可能領域から第1広告可能領域を一意に識別する1または複数のキャラクタ、シンボル、または色を含む。

0146

例79は、例71−78のいずれかの主題を含み、複数の表示条件は、メディア消費デバイスのユーザに対応するユーザプロファイルデータが満たさなければならない基準のセットを定義する。

0147

例80は、例71−79のいずれかの主題を含み、ユーザプロファイルデータは、ユーザに対応する略歴、ユーザに対応する人口統計情報、ユーザの1または複数の関心、ユーザに対応するオンラインアクティブ情報、またはユーザの複数の好みのうち少なくとも1つを含む。

0148

例81は、メディアコンテンツの中に適応的に埋め込まれる視覚広告コンテンツを生成するための方法を含み、方法は、視覚広告を生成すべく、デジタル画像を幾何学的にモデル化するモデル生成モジュールと、複数の視覚広告のそれぞれに対する複数の表示条件を含む広告マップを生成する広告マップ生成モジュールと、(i)メディア消費デバイスにメディアコンテンツを送信し、(ii)メディア消費デバイスに複数の視覚広告を送信し、(iii)メディア消費デバイスから広告マップを送信する通信モジュールとを含む。

0149

例82は、例81の主題を含み、メディアコンテンツの画像は、その中に複数の視覚広告のうちの1がその次に埋め込まれる広告可能領域を含む。

0150

例83は、例81または82のいずれかの主題を含み、広告マップは、メディア消費デバイスによる、メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の位置の次の決定を容易にするための視覚兆候をさらに含む。

0151

例84は、例81−83のいずれかの主題を含み、視覚兆候は、メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の位置の次の決定を容易にするための1または複数のキャラクタ、シンボル、または色を含む。

0152

例85は、例81−84のいずれかの主題を含み、視覚兆候は、メディアコンテンツの画像の中の広告可能領域の位置の次の決定を容易にする色地を含む。

0153

例86は、例81−85のいずれかの主題を含み、メディアコンテンツの画像は、(i)その中に第1視覚広告がその次に埋め込まれる第1広告可能領域、および(ii)その中に第2視覚広告がその次に埋め込まれる第2広告可能領域を含む。

0154

例87は、例81−86のいずれかの主題を含み、メディアコンテンツの画像の中の第1広告可能領域および第2広告可能領域のそれぞれは、視覚識別兆候を含む。第1広告可能領域の視覚識別兆候は、第2広告可能領域の視覚識別兆候とは異なり、第1広告可能領域を第2広告可能領域から一意に識別する。

0155

例88は、例81−87のいずれかの主題を含み、視覚識別兆候は、第2広告可能領域から第1広告可能領域を一意に識別する1または複数のキャラクタ、シンボル、または色を含む。

0156

例89は、例81−88のいずれかの主題を含み、複数の表示条件は、メディア消費デバイスのユーザに対応するユーザプロファイルデータが満たさなければならない基準のセットを定義する。

0157

例90は、例81−89のいずれかの主題を含み、ユーザプロファイルデータは、ユーザに対応する略歴、ユーザに対応する人口統計情報、ユーザの1または複数の関心、ユーザに対応するオンラインアクティブ情報、またはユーザの複数の好みのうち少なくとも1つを含む。

0158

例91は、メディアコンテンツの中に適応的に埋め込まれる視覚広告コンテンツを生成する遠隔メディアサーバを含み、遠隔メディアサーバは、プロセッサと、プロセッサにより実行されるときに、例81—90のいずれかの方法を遠隔メディアサーバに実行させる複数の命令をその中に格納されているメモリとを含む。

0159

例92は、実行されることに応じて遠隔メディアサーバが例81−90のいずれかの方法を実行することをもたらす、そこに格納された複数の命令を含む1または複数の機械読み取り可能な媒体を含む。

0160

例93は、メディアコンテンツの中に適応的に埋め込まれる視覚広告コンテンツを生成する遠隔メディアサーバを含み、遠隔メディアサーバは、例81—90のいずれかの方法を実行するための手段を含む。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

この 技術と関連性が強い技術

該当するデータがありません

この 技術と関連性が強い法人

該当するデータがありません

この 技術と関連性が強い人物

該当するデータがありません

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ