図面 (/)

技術 文脈探知アプリケーションソフトウェア

出願人 キーポイントテクノロジーズインディアプライベートリミテッド
発明者 プリマドナクリアンスミットゴスワミスニルモタパルティ
出願日 2014年3月10日 (7年11ヶ月経過) 出願番号 2015-562563
公開日 2016年5月26日 (5年8ヶ月経過) 公開番号 2016-515253
状態 特許登録済
技術分野 検索装置
主要キーワード グリッドレベル データ取得ユニット ユーザインタフェース構成要素 オフラインデータ 優先言語 Bluetooth信号 文脈データ ユーザインタフェース回路
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年5月26日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (12)

課題・解決手段

コンピューティングデバイス上で実行されるように適合された、文脈探知アプリケーションソフトウェアが提案されている。コンピューティングデバイスは、クライアントサーバ環境におけるクライアントに存在し、文脈探知アプリケーションソフトウェアは、実行時に、処理ユニットが、コンピューティングデバイス上のデータ取得ユニットから一組の情報を受信すること、一組の情報を処理して一組の情報から文脈情報識別すること、文脈情報に関係するデータベースから1つまたは複数の広告またはサービスを受信すること、及び広告またはサービスをコンピューティングデバイスの表示ユニット上にリアルタイムで表示することを可能にし、データ取得ユニットは、コンピューティングデバイス上で現在実行されているか、以前に実行された少なくとも1つのアプリケーションから一組の情報を取得するように適合されている。このソフトウェア使いやすくするコンピューティングデバイス、システム及び方法も提案されている。

概要

背景

過去10年にわたり、インターネット技術の成長により、コミュニケーションおよび情報交換の重要なソース個人と企業にもたらされてきた。様々なウェブベースサービスが徐々に発展してきており、これらを通じて、ベンダーは、潜在顧客に対して直接、製品広告および販売を行うことができる。しかし、潜在的消費者を集めるためには、企業は広告を行う必要がある。インターネット上で利用される最も一般的で従来的な広告手法の一つは、別のウェブサイトウェブページに広告プロモーションを提供することであり、このウェブページは、エンドユーザによって当該広告プロモーションが選択されたときに広告主のサイトにエンドユーザを誘導するものである。しかし、このような広告プロモーションをウェブサイトに含める処理は、広告主にとってコストがかかる。その上、従来のオンラインでのマーケティング・広告手法は、文脈的に関連する情報をエンドユーザに提供する能力が限られている場合が多い。

概要

コンピューティングデバイス上で実行されるように適合された、文脈探知アプリケーションソフトウェアが提案されている。コンピューティングデバイスは、クライアントサーバ環境におけるクライアントに存在し、文脈探知アプリケーションソフトウェアは、実行時に、処理ユニットが、コンピューティングデバイス上のデータ取得ユニットから一組の情報を受信すること、一組の情報を処理して一組の情報から文脈情報識別すること、文脈情報に関係するデータベースから1つまたは複数の広告またはサービスを受信すること、及び広告またはサービスをコンピューティングデバイスの表示ユニット上にリアルタイムで表示することを可能にし、データ取得ユニットは、コンピューティングデバイス上で現在実行されているか、以前に実行された少なくとも1つのアプリケーションから一組の情報を取得するように適合されている。このソフトウェア使いやすくするコンピューティングデバイス、システム及び方法も提案されている。

目的

本発明は、文脈探知アプリケーションソフトウェアに基づいてクライアント装置上に広告を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

コンピューティングデバイス上で実行されるように適合された文脈探知アプリケーションソフトウェアであって、前記コンピューティングデバイスは、クライアントサーバ環境におけるクライアントに存在し、前記文脈探知アプリケーションソフトウェアは、実行時に、処理ユニットが、前記コンピューティングデバイス上のデータ取得ユニットから一組の情報を受信すること、前記一組の情報を処理して前記一組の情報から文脈情報識別すること、該文脈情報に関係するデータベースから1つまたは複数の広告またはサービスを受信すること、および前記広告またはサービスを前記コンピューティングデバイスの表示ユニット上にリアルタイムで表示することを可能にし、前記データ取得ユニットは、前記コンピューティングデバイス上で現在実行されているか、以前に実行された少なくとも1つのアプリケーションから前記一組の情報を取得するように適合され、該文脈情報は、前記一組の情報を処理することにより導出された意味論的な意味と、前記コンピューティングデバイス上で実行されている前記アプリケーションに表示された語彙とを含み、前記語彙は、1つの語または組み合わせて有意なメッセージを伝える複数の語を定義し、複数の広告またはサービスが同じ文脈情報に関係する場合、前記広告または前記サービスは、コンピューティングデバイス順位およびサーバ順位のうちの少なくとも一方に応じて前記表示ユニット上に表示され、前記コンピューティングデバイス順位は、前記一組の情報に基づき、前記サーバ順位は、前記広告または前記サービスをアップロードする間に1つのカテゴリーのユーザによって記入されたフォームデータおよび前記処理ユニットによって収集されるように適合された解析情報のうちの少なくとも一方に基づいている文脈探知アプリケーションソフトウェア。

請求項2

前記一組の情報は、広告またはサービスの閲覧に関するユーザ嗜好と、前記コンピューティングデバイスのユーザの個人統計情報(personal demographics)と、1つまたは複数のインスタンスにおける前記コンピューティングデバイスの位置に基づく情報と、前記語彙の意味情報(semantics)と、前記表示ユニットに表示された前記語彙を処理することによって導出された、気分および/または感情に基づく情報とを含み、前記語彙は、前記コンピューティングデバイスのユーザに対して意味を伝える言語的語の集合である、請求項1に記載の文脈探知アプリケーションソフトウェア。

請求項3

前記コンピューティングデバイスは、少なくとも前記一組の情報および前記文脈情報を格納するように適合された情報データベースを含み、前記コンピューティングデバイス順位は、少なくとも、前記情報データベースに格納された前記文脈情報または前記広告もしくは前記サービスの前記サーバ順位に基づいている、請求項1に記載の文脈探知アプリケーションソフトウェア。

請求項4

前記処理ユニットは、前記情報データベースに格納された少なくとも前記一組の情報および前記文脈情報に基づいて、前記広告または前記サービスを表示するように適合されている、請求項3に記載の文脈探知アプリケーションソフトウェア。

請求項5

前記コンピューティングデバイス順位は、前記コンピューティングデバイスの時間的情報または前記コンピューティングデバイスの地理的位置に基づいている、請求項1に記載の文脈探知アプリケーションソフトウェア。

請求項6

前記コンピューティングデバイス順位および前記サーバ順位のうちの少なくとも一方は、前記コンピューティングデバイスまたは前記文脈発見アプリケーションがプラグインされるアプリケーションのうちの少なくとも一方のメタデータ情報に基づいている、請求項1に記載の文脈探知アプリケーションソフトウェア。

請求項7

前記サーバ順位は、同じカテゴリーの複数のユーザによって記入された前記フォームデータの比較に基づいている、請求項1に記載の文脈探知アプリケーションソフトウェア。

請求項8

前記アプリケーションは、第1のユーザ入力受け付けると前記文脈情報に関係する前記広告または前記サービスを前記表示ユニット上に表示するように適合された第1のグリッドを含む、請求項1に記載の文脈探知アプリケーションソフトウェア。

請求項9

複数の広告またはサービスが同じ文脈情報に関係する場合、前記広告または前記サービスは、前記コンピューティングデバイス順位および前記サーバ順位のうちの少なくとも一方に応じて前記第1のグリッド上に表示され、前記コンピューティングデバイス順位は、前記一組の情報に基づき、前記サーバ順位は、前記広告または前記サービスをアップロードする間に1つのカテゴリーのユーザによって記入されたフォームデータおよび前記処理ユニットによって収集されるように適合された解析情報のうちの少なくとも一方に基づく、請求項8に記載の文脈探知アプリケーションソフトウェア。

請求項10

前記広告または前記サービスについての前記コンピューティングデバイス順位は、前記第1のグリッド上での前記同じ広告または前記同じサービスに対する前記第1のユーザ入力に依存する、請求項9に記載の文脈探知アプリケーションソフトウェア。

請求項11

前記アプリケーションは、前記広告または前記サービスに関係する1つまたは複数のサブサービスを表示するように適合された第2のグリッドを含み、前記サブサービスは、前記第1のグリッド上で前記第1のユーザ入力が受け付けられたときに前記第2のグリッド上に表示される、請求項8に記載の文脈探知アプリケーションソフトウェア。

請求項12

前記一組の情報は、ウェブアプリケーションモバイルアプリケーションおよびデスクトップアプリケーションのうちの少なくとも1つから前記データ取得ユニットによって取得され、前記ウェブアプリケーションは、電子メールクライアントチャットクライアントウェブページウィジェット検索エンジンまたはアプレットのいずれかであり、前記モバイルアプリケーションは、ホーム画面ウェブブラウザ、電子メールクライアント、チャットクライアント、ウェブページまたはアプレットのいずれかである、請求項1に記載の文脈探知アプリケーションソフトウェア。

請求項13

前記文脈探知アプリケーションソフトウェアは、前記ウェブアプリケーション、前記モバイルアプリケーション、前記デスクトップアプリケーション、ホーム画面アプリケーションおよびウィジェットアプリケーションのいずれかにプラグインとして統合されるように適合されている、請求項1に記載の文脈探知アプリケーションソフトウェア。

請求項14

文脈依存ウィジェットが、前記ホーム画面アプリケーション上でのテキスト入力を可能にし、前記文脈依存ウィジェットは、少なくとも、時間文脈、位置文脈、プロフィール文脈、前記コンピューティングデバイス上で消費されているコンテンツ、前記デバイス上で生成されているコンテンツ、および前記文脈依存ウィジェットから受け付けられた前記テキスト入力からのテキスト入力解析情報(analytics)に基づいて、前記文脈情報を識別することを容易にするように構成され、前記処理ユニットは、該文脈情報に関係するデータベースから前記広告または前記サービスを受信し、前記広告または前記サービスを、前記コンピューティングデバイスの前記表示ユニット上に表示されている前記ホーム画面アプリケーションのホーム画面上にリアルタイムで表示するように適合されている、請求項13に記載の文脈探知アプリケーションソフトウェア。

請求項15

前記コンピューティングデバイスは、最近のデータベースおよび履歴データベースのうちの少なくとも一方を含み、前記最近のデータベースは、少なくとも、最近の時間フレーム中に前記コンピューティングデバイス上で実行されている1つまたは複数のアプリケーションから前記データ取得ユニットによって前記最近の時間フレームにおいて取得された一組の最近の情報と、前記最近の情報から前記処理ユニットによって識別された最近の文脈情報とを格納するように適合され、前記履歴データベースは、少なくとも、前記最近の時間フレームの前に前記コンピューティングデバイス上で実行された前記1つまたは複数のアプリケーションから前記最近の時間フレームの前に前記データ取得ユニットによって取得された一組の履歴情報と、前記履歴情報から前記処理ユニットによって識別された前記履歴文脈情報とを格納するように適合され、前記処理ユニットは、前記最近のデータベースからの前記一組の最近の情報および前記最近の文脈情報ならびに前記履歴データベースからの前記一組の履歴情報および前記履歴文脈情報のうちの少なくとも1つを受信し、前記一組の最近の情報、前記最近の文脈情報、前記一組の履歴情報および前記履歴文脈情報のうちの少なくとも1つから前記文脈情報を識別し、該文脈情報に関係するデータベースから前記広告または前記サービスを受信し、前記広告または前記サービスを、前記コンピューティングデバイスの前記表示ユニット上に表示されている前記ホーム画面アプリケーションの前記ホーム画面上にリアルタイムで表示するように適合されている、請求項13に記載の文脈探知アプリケーションソフトウェア。

請求項16

前記文脈情報が存在するときに表示を提供するように適合されたインジケータを含む文脈探知キーを含み、前記文脈探知キーに対する第3のユーザ入力が、前記文脈情報に基づいて前記広告または前記サービスを表示するように適合されている、請求項1に記載の文脈探知アプリケーションソフトウェア。

請求項17

前記コンピューティングデバイスは、少なくとも1つの語をタイプするための入力手段をさらに含み、前記語は、前記入力手段を用いて、リアルタイムでタイプされるかあるいは事前にタイプされ、前記処理ユニットは、前記語を意味情報に基づいて処理し、前記語に関係する可能性の高い文脈情報を予測し、該文脈情報に関係する前記データベースから1つまたは複数の広告またはサービスを受信し、前記広告または前記サービスを前記コンピューティングデバイスの表示ユニット上にリアルタイムで表示するように適合されている、請求項1に記載の文脈探知アプリケーションソフトウェア。

請求項18

前記入力手段は、前記表示ユニット上に表示されるように適合されたキーパッドであり、前記キーパッドは、提案(suggestive)語が表示される表示領域を含み、表示領域は、指示的な(indicative)/広告またはサービスの情報を前記語と共に表示するようにさらに適合されている、請求項17に記載の文脈探知アプリケーションソフトウェア。

請求項19

前記表示領域は、前記広告または前記サービスを表示するための第4のユーザ入力を受け付けるように適合され、前記広告または前記サービスについての前記コンピューティングデバイス順位は、前記表示領域上での前記同じ広告またはサービスに対する前記第4のユーザ入力に依存する、請求項18に記載の文脈探知アプリケーションソフトウェア。

請求項20

前記コンピューティングデバイス順位は、ある期間にわたる前記コンピューティングデバイスの使用中の、前記表示領域上での前記広告または前記サービスの位置に基づいている、請求項18に記載の文脈探知アプリケーションソフトウェア。

請求項21

前記第4のユーザ入力は、前記表示領域上に表示された前記語に対する、時間に依存した2度目の押下である、請求項18に記載の文脈探知アプリケーションソフトウェア。

請求項22

別のコードと組み合わされてコンピューティングデバイス上で共に実行されるように適合された1つのコードであって、該実行時に、請求項1に係る処理を処理ユニットに行わせることを特徴とする文脈探知アプリケーションソフトウェア。

請求項23

文脈探知アプリケーションソフトウェアを格納した非一時的コンピュータ可読媒体であって、前記文脈探知アプリケーションソフトウェアは、コンピューティングデバイス上で実行されるように適合され、実行時に、請求項1に係る処理を処理ユニットに行わせるコンピュータ可読媒体。

請求項24

コンピューティングデバイス上で実行されるように適合された文脈探知アプリケーションソフトウェアであって、前記文脈探知アプリケーションソフトウェアは、実行時に、処理ユニットが、前記コンピューティングデバイス上で動作するデータ取得ユニットから一組の情報を受信すること、前記一組の情報を処理して前記一組の情報から文脈情報を識別すること、該文脈情報に関係するデータベースから広告またはサービスを受信すること、および前記広告またはサービスを前記コンピューティングデバイスの表示ユニット上にリアルタイムで表示することを可能にし、前記文脈探知アプリケーションソフトウェアは、前記文脈情報が存在するときに表示を提供するように適合されたインジケータを含む文脈探知キーを含み、前記文脈探知キーに対する第3のユーザ入力が、前記広告または前記サービスを表示するように適合されている文脈探知アプリケーションソフトウェア。

請求項25

文脈探知アプリケーションソフトウェアを実行するように適合されたコンピューティングデバイスであって、前記コンピューティングデバイスは、クライアントプロセッサおよび表示ユニットを含み、前記クライアントプロセッサは、前記文脈探知アプリケーションソフトウェアの実行時に、前記コンピューティングデバイス上で動作するデータ取得ユニッから一組の情報を受信するように適合され、前記クライアントプロセッサは、前記一組の情報を処理し、前記一組の情報の文脈情報を識別するように適合され、前記クライアントプロセッサは、前記広告キーワードに関係する前記広告または前記サービスを協働して表示し、前記コンピューティングデバイスの前記表示ユニット上に前記広告または前記サービスを表示するために、サーバに配置されたサーバプロセッサ通信可能に接続され、同じ文脈情報に関係する複数の広告またはサービスが、コンピューティングデバイス順位およびサーバ順位のうちの少なくとも一方に応じて前記表示ユニット上に表示され、前記コンピューティングデバイス順位は、前記一組の情報に基づき、前記サーバ順位は、前記広告または前記サービスをアップロードする間に1つのカテゴリーのユーザによって記入されたフォームデータおよび前記処理ユニットによって収集されるように適合された解析情報のうちの少なくとも一方に基づいているコンピューティングデバイス。

請求項26

文脈探知のためのシステムであって、サーバプロセッサを含むサーバと、前記サーバと通信可能に接続されたコンピューティングデバイスとを含み、前記サーバは、前記コンピューティングデバイスにおける文脈探知を容易にするために構成され、前記コンピューティングデバイスは、実行時に、前記クライアントプロセッサが、前記コンピューティングデバイス上で動作するデータ取得ユニットから一組の情報を受信し、前記一組の情報を処理し、前記一組の情報から前記文脈情報を識別することを可能にし、さらに、前記サーバプロセッサと前記クライアントプロセッサとが協働して、前記広告キーワードに関係する前記広告または前記サービスを前記コンピューティングデバイスの表示ユニット上に表示することを可能にする文脈探知アプリケーションを実行するように適合されたクライアントプロセッサを含み、複数の広告またはサービスが同じ文脈情報に関係する場合、前記広告または前記サービスは、コンピューティングデバイス順位およびサーバ順位のうちの少なくとも一方に応じて前記表示ユニット上に表示され、前記コンピューティングデバイス順位は、前記一組の情報に基づき、前記サーバ順位は、前記広告または前記サービスをアップロードする間に1つのカテゴリーのユーザによって記入されたフォームデータに基づいているシステム。

請求項27

前記広告または前記サービスを前記サーバにアップロードする前記1つまたは複数の事業者ネットワークおよび/または1つまたは複数のユーザカテゴリーに対応付けられた広告情報を提供するように構成された広告サーバをさらに含む、請求項26に記載のシステム。

請求項28

前記サーバ順位は、前記広告または前記サービスをアップロードする同じユーザカテゴリーの複数の異なるユーザによって記入されたフォームデータの比較に基づいている、請求項26に記載のシステム。

請求項29

前記クライアントプロセッサは、前記文脈情報を前記サーバプロセッサに送信するように適合され、前記サーバプロセッサは、前記広告または前記サービスを前記データベースから受信し、前記広告キーワードに関係する前記広告または前記サービスを前記クライアントプロセッサに送信するように適合され、前記クライアントプロセッサは、前記広告または前記サービスを前記コンピューティングデバイスの前記表示ユニット上に表示するようにさらに適合されている、請求項26に記載のシステム。

請求項30

前記コンピューティングデバイスは、データベースを含むメモリモジュールを含み、前記データベースは、前記サーバプロセッサが前記クライアントプロセッサと通信可能に接続されているときに、前記文脈情報に関係する前記広告または前記サービスを用いて前記サーバプロセッサによって更新される、請求項26に記載のシステム。

請求項31

前記クライアントプロセッサは、解析情報を収集し、前記解析情報を前記サーバプロセッサに送信するように適合され、前記サーバプロセッサは、前記文脈探知アプリケーションソフトウェアを実行する1つまたは複数のコンピューティングデバイスから前記解析情報を受信するように適合され、前記コンピューティングデバイスから受信した前記解析情報を処理して前記サーバ順位を決定するようにさらに適合されている、請求項26に記載のシステム。

請求項32

前記サーバプロセッサは、少なくとも以下のうちの1つが可能となるように、前記カテゴリーに基づいてユーザに差別的な(differential)アクセス許可するウェブポータルを実行するように適合されている、請求項26に記載のシステム:少なくとも1つのカテゴリーのユーザが、広告またはサービスアップロードすることを許可されること、少なくとも1つのカテゴリーのユーザが、前記フォームデータを定義することを許可されること、前記少なくとも1つのカテゴリーのユーザが、前記別のカテゴリーのユーザために前記語をリザーブするかリザーブを解除し、かつ/または前記語をブロックするかブロックを解除することができ、前記文脈情報は少なくとも1つの語に関係すること、少なくとも1つのカテゴリーのユーザが、別のカテゴリーのユーザのために前記語がリザーブされる期間を設定することができること、少なくとも1つのカテゴリーのユーザが、前記語の組み合わせが前記文脈情報に関係するように前記語の文脈を定義することができること、少なくとも1つのカテゴリーのユーザが、少なくとも、前記文脈情報に関係する1つの固有の語または一組の固有の語を追加することができ、前記文脈情報は、提案データベースにおいて、1つの広告にさらに関係すること、少なくとも1つのカテゴリーのユーザが、語のリザーブを解除するか語をブロックし、前記提案データベース中の語に関して別のカテゴリーのユーザに通知することができること、少なくとも1つのカテゴリーのユーザが、同じ文脈情報に関係する広告またはサービスの数を決定することができること、少なくとも1つのカテゴリーのユーザが、少なくとも1つの関係する広告またはサービスを既に有する特定の文脈情報に関して広告またはサービスをアップロードすることを決定することができること、あるいは上記の組み合わせ。

請求項33

前記サーバプロセッサは、1つまたは複数のクライアントプロセッサから少なくとも前記一組の情報、前記文脈情報、解析情報を受信し、少なくとも前記一組の情報、前記文脈情報および前記解析情報を処理して、前記クライアントプロセッサのユーザ間のトレンドに関係する現在のトレディング文脈を識別するように適合され、前記少なくとも1つのカテゴリーのユーザは、前記別のカテゴリーのユーザのために前記トレンディング文脈をリザーブする/リザーブを解除するように適合されている、請求項26に記載のシステム。

請求項34

前記サーバプロセッサは、後に出現する可能性の高い未来のトレンディング文脈を、少なくとも前記一組の情報、前記文脈情報および前記現在のトレンディング文脈に基づいて予測するように適合されている、請求項33に記載のシステム。

請求項35

前記文脈情報が存在するときに表示を提供するように適合されたインジケータを含む文脈探知キーを含み、前記文脈探知キーに対する第3のユーザ入力が、前記文脈情報に基づいて前記広告または前記サービスを表示するように適合されている、請求項26に記載のシステム。

技術分野

0001

本発明は、一般に、文脈探知アプリケーションソフトウェアに関する。より詳細には、本発明は、文脈探知アプリケーションソフトウェアに基づいてクライアント装置上に広告を提供することに関する。

背景技術

0002

過去10年にわたり、インターネット技術の成長により、コミュニケーションおよび情報交換の重要なソース個人と企業にもたらされてきた。様々なウェブベースサービスが徐々に発展してきており、これらを通じて、ベンダーは、潜在顧客に対して直接、製品の広告および販売を行うことができる。しかし、潜在的消費者を集めるためには、企業は広告を行う必要がある。インターネット上で利用される最も一般的で従来的な広告手法の一つは、別のウェブサイトウェブページに広告プロモーションを提供することであり、このウェブページは、エンドユーザによって当該広告プロモーションが選択されたときに広告主のサイトにエンドユーザを誘導するものである。しかし、このような広告プロモーションをウェブサイトに含める処理は、広告主にとってコストがかかる。その上、従来のオンラインでのマーケティング・広告手法は、文脈的に関連する情報をエンドユーザに提供する能力が限られている場合が多い。

発明が解決しようとする課題

0003

一方で、ユーザが、関連コンテンツを求めて、インターネット上で利用可能な膨大な情報リソース検索する場合がある。例えば、ユーザが製品の購入または任意のサービスの利用を望む場合、ユーザは、インターネットリソースを利用して当該製品またはサービスを検索するかもしれない。しかし、関連サービスまたは製品の検索および候補のリストの作成を行うためにウェブコンテンツアクセスすることは、エンドユーザにとって時間がかかる。加えて、インターネット上で必要な製品またはサービスを検索することは、ユーザをセキュリティおよびプライバシー上の問題にさらすことになり、避けるべきである。

課題を解決するための手段

0004

本発明によれば、文脈探知アプリケーションソフトウェアがコンピューティングデバイス上で実行され、コンピューティングデバイスは、クライアントサーバ環境におけるクライアントであり、文脈探知アプリケーションソフトウェアは、実行時に、処理ユニットが、コンピューティングデバイス上のデータ取得ユニットから一組の情報を受信すること、一組の情報を処理して一組の情報から文脈情報識別すること、当該文脈情報に関係するデータベースから1つまたは複数の広告を受信することを可能にし、広告をコンピューティングデバイスの表示ユニット上にリアルタイムで表示する。データ取得ユニットは、コンピューティングデバイス上で現在実行されているか、以前に実行された少なくとも1つのアプリケーションから一組の情報を取得する。

0005

文脈情報は、一組の情報を処理することにより導出された意味論的な意味と、コンピューティングデバイス上で実行されているアプリケーションに表示された語彙とを含む。語彙は、組み合わせて有意なメッセージを伝える1つまたは複数の語を定義し、複数の広告が同じ文脈情報に関係する場合、広告は、コンピューティングデバイス順位およびサーバ順位のうちの少なくとも一方に応じて表示ユニット上に表示される。コンピューティングデバイス順位は、一組の情報に基づき、サーバ順位は、広告をアップロードする間に1つのカテゴリーのユーザによって記入されたフォームデータおよび処理ユニットによって収集される解析情報のうちの少なくとも一方に基づいている。

0006

本発明によれば、文脈探知アプリケーションソフトウェアは、コンピューティングデバイス上で実行される1つまたは複数のアプリケーションへの制御されたアクセスを可能にするユーザ制御をさらに含む。

0007

文脈探知アプリケーションソフトウェアのさらに別の構成によれば、一組の情報は、広告の閲覧に関するユーザ嗜好と、コンピューティングデバイスのユーザの個人統計情報(personal demographics)と、インスタントメッセンジャーIM)アプリケーションの使用、1つまたは複数のインスタンスにおけるコンピューティングデバイスの位置に基づく情報と、表示ユニット上に表示された語彙を処理することによって導出された、気分および/または感情に基づく情報とを含む。

0008

文脈探知アプリケーションソフトウェアの一の構成によれば、広告についてのコンピューティングデバイス順位は、広告のサーバ順位に基づいている。

0009

文脈探知アプリケーションソフトウェアの別の構成によれば、コンピューティングデバイスは、少なくとも一組の情報および文脈情報を格納する情報データベースを含む。処理ユニットは、少なくとも、情報データベースに格納された一組の情報および文脈情報に基づいて広告を表示する。

0010

文脈探知アプリケーションソフトウェアのさらに別の構成によれば、コンピューティングデバイス順位は、コンピューティングデバイスの時間的情報および/または地理的位置に基づいている。

0011

文脈探知アプリケーションソフトウェアの一の構成によれば、コンピューティングデバイス順位およびサーバ順位のうちの少なくとも一方は、コンピューティングデバイスまたは文脈探知アプリケーションソフトウェアがプラグインされるアプリケーションのうちの少なくとも一方のメタデータ情報に基づいている。

0012

文脈探知アプリケーションソフトウェアの別の構成によれば、文脈探知アプリケーションソフトウェアは、第1のユーザ入力受け付けると文脈情報に関係する広告を表示ユニットに表示する第1のグリッドを含む。複数の広告が同じ文脈情報に関係する場合、広告は、コンピューティングデバイス順位およびサーバ順位のうちの少なくとも一方に応じて第1のグリッドに表示される。広告についてのコンピューティングデバイス順位は、第1のグリッド上での同じ広告に対する第1のユーザ入力に依存する。また、第1のグリッド上での同じ広告に対する第1のユーザ入力の頻度にも依存し得る。

0013

文脈探知アプリケーションソフトウェアのさらに別の構成によれば、文脈探知アプリケーションソフトウェアはまた、広告に関係する1つまたは複数のサブサービスを表示する第2のグリッドも含み、サブサービスは、第1のグリッド上で第1のユーザ入力が受け付けられたときに、第2のグリッド上に表示される。

0014

文脈探知アプリケーションソフトウェアの一の構成によれば、文脈探知アプリケーションソフトウェアの一組の情報は、ウェブアプリケーションモバイルアプリケーションおよびデスクトップアプリケーションのうちの少なくとも1つからデータ取得ユニットによって取得される。ウェブアプリケーションは、電子メールクライアントチャットクライアント、ウェブページ、ウィジェット検索エンジンまたはアプレットのいずれかであり、モバイルアプリケーションは、ホーム画面ウェブブラウザ、電子メールクライアント、チャットクライアント、ウェブページまたはアプレットのいずれかである。

0015

文脈探知アプリケーションソフトウェアの別の構成によれば、文脈探知アプリケーションソフトウェアは、ウェブアプリケーション、モバイルアプリケーション、デスクトップアプリケーション、ホーム画面アプリケーションおよびウィジェットアプリケーションのいずれかにプラグインとして統合されてもよい。

0016

文脈依存ウィジェットが、ホーム画面アプリケーション上でのテキスト入力を可能にし、それにより、少なくとも、時間文脈、位置文脈、プロフィール文脈、コンピューティングデバイス上で実行されているコンテンツデバイス上で生成されているコンテンツおよび文脈依存ウィジェットから受け付けられたテキスト入力からのテキスト入力解析情報(analytics)に基づいて、文脈情報を識別することが容易となる。処理ユニットは、データベースから広告を受信し、この広告を、コンピューティングデバイスの表示ユニットに表示されているホーム画面アプリケーションのホーム画面上にリアルタイムで表示する。

0017

文脈探知アプリケーションソフトウェアのさらに別の構成によれば、文脈探知アプリケーションソフトウェアを含むコンピューティングデバイスはまた、最近のデータベースおよび履歴データベースのうちの少なくとも一方を含み、最近のデータベースは、少なくとも、最近の時間フレーム中にコンピューティングデバイス上で実行されている1つまたは複数のアプリケーションからデータ取得ユニットによって最近の時間フレームにおいて取得された一組の最近の情報と、最近の情報から処理ユニットによって識別された最近の文脈情報とを格納する。履歴データベースは、少なくとも、最近の時間フレームの前にコンピューティングデバイス上で実行された1つまたは複数のアプリケーションから最近の時間フレームの前にデータ取得ユニットによって取得された一組の履歴情報と、履歴情報から処理ユニットによって識別された履歴文脈情報とを格納する。コンピューティングデバイスの処理ユニットは、最近のデータベースからの一組の最近の情報および最近の文脈情報ならびに履歴データベースからの一組の履歴情報および履歴文脈情報のうちの少なくとも1つを受信し、一組の最近の情報、最近の文脈情報、一組の履歴情報および履歴文脈情報のうちの少なくとも1つから文脈情報を識別し、当該文脈情報に関係するデータベースから広告を受信し、この広告を、コンピューティングデバイスの表示ユニット上に表示されているホーム画面アプリケーションのホーム画面上にリアルタイムで表示する。なお、広告は、ユーザがホーム画面のウィジェットに何も入力していない場合であっても表示され得る。

0018

文脈探知アプリケーションソフトウェアの一の構成によれば、コンピューティングデバイスの処理ユニットは、語を意味情報(semantics)に基づいて処理し、語に関係する可能性の高い文脈情報を予測し、当該文脈情報に関係するデータベースから1つまたは複数の広告を受信し、広告をコンピューティングデバイスの表示ユニット上にリアルタイムで表示する。

0019

文脈探知アプリケーションソフトウェアの別の構成によれば、文脈探知アプリケーションソフトウェアは、文脈情報の存在を示すインジケータキーパッド上に含む文脈探知キーをさらに含み、文脈探知キーに対する第3のユーザ入力は、広告を表示する。なお、文脈情報は、履歴情報または現在の情報であり得る情報を処理することにより導出することができ、これには、ユーザによって現在タイプされているか、以前にタイプされた語から文脈情報を導出することが含まれる。

0020

文脈探知アプリケーションソフトウェアのさらに別の構成によれば、文脈探知アプリケーションソフトウェアのコンピューティングデバイスは、少なくとも1つの語をタイプして当該語に関係する文脈情報を提供するための入力手段をさらに含み、語は入力手段を用いて、リアルタイムであるいは事前にタイプされる。代替的な構成において、入力手段は、表示ユニットに表示されるキーパッドである。さらに別の構成において、キーパッドは、提案(suggestive)語が表示される提案バーを含む。一の構成において、提案バーはまた、語と共に指示的な(indicative)広告情報も表示する。この提案バーは、広告を表示するための第4のユーザ入力を受け付ける。複数の広告が同じ文脈情報に関係する構成において、広告は、コンピューティングデバイス順位およびサーバ順位のうちの少なくとも一方に応じて提案バーに表示される。

0021

文脈探知アプリケーションソフトウェアの一の構成によれば、広告についてのコンピューティングデバイス順位は、提案バー上での同じ広告に対する第4のユーザ入力に依存し、第4のユーザ入力は、提案バーに表示された語に対する、時間に依存した2回目の押下である。別の構成において、広告についてのコンピューティングデバイス順位は、提案バー上での同じ広告に対する第4のユーザ入力の頻度に依存する。さらに別の構成において、コンピューティングデバイス順位は、ある期間にわたるコンピューティングデバイスの使用中の、提案バー上での広告の位置にも基づいている。

0022

文脈探知アプリケーションソフトウェアの別の構成によれば、文脈探知アプリケーションソフトウェアの処理ユニットは、ネットワークを介して互いに通信可能に接続されたサーバプロセッサおよびクライアントプロセッサをさらに含み、クライアントプロセッサは、コンピューティングデバイス上のデータ取得ユニットから一組の情報を受信し、一組の情報を処理し、一組の情報から文脈情報を識別する。サーバプロセッサおよびクライアントプロセッサは、語に関係する広告を、コンピューティングデバイスの表示ユニット上に協働して表示する。

0023

文脈探知アプリケーションソフトウェアのさらに別の構成によれば、クライアントプロセッサは、文脈情報をサーバプロセッサに送信し、サーバプロセッサは、データベースから広告を受信し、広告キーワードに関係する広告をクライアントプロセッサに送信し、クライアントプロセッサは、広告をコンピューティングデバイスの表示ユニット上にさらに表示する。

0024

文脈探知アプリケーションソフトウェアの一の構成によれば、文脈探知アプリケーションソフトウェアのコンピューティングデバイスはまた、データベースを有するメモリモジュール、およびデータベースから広告を受信し、この広告をコンピューティングデバイスの表示ユニット上に表示するクライアントプロセッサも含み、サーバプロセッサは、クライアントプロセッサがサーバプロセッサに接続されるたびに、文脈情報に関係する広告を用いてデータベースを更新する。

0025

文脈探知アプリケーションソフトウェアの別の構成によれば、文脈情報は、複数の広告に関係し、この広告は、コンピューティングデバイスの時間および地理的位置に基づいて、少なくとも繰り返し表示ユニット上に表示される。

0026

文脈探知アプリケーションソフトウェアの一の構成によれば、サーバプロセッサは、様々なカテゴリーのユーザに対して差別的なアクセスを許可するウェブポータルを実行し、少なくとも1つのカテゴリーのユーザが、広告に関係する文脈情報を定義することを許可され、少なくとも1つのカテゴリーのユーザが、広告をアップロードすることを許可され、少なくとも1つのカテゴリーのユーザが、コンピューティングデバイスにおいて表示されるべき広告のユーザインタフェースを決定することを許可され、少なくとも1つの別のカテゴリーのユーザが、広告のユーザインタフェースを閲覧することができ、少なくとも1つのカテゴリーのユーザが、文脈情報に関係する広告の数を決定することができ、少なくとも1つのカテゴリーのユーザが、別のカテゴリーのユーザが広告をアップロードすることを許可されるフォーマットを決定することを許可され、別のカテゴリーのユーザは、広告をアップロードするためにフォーマットに記入することができる。

0027

文脈探知アプリケーションソフトウェアの別の構成によれば、サーバプロセッサは、広告をアップロードする間に、別のカテゴリーのユーザによってフォーマットで記入されたフォームデータに基づいて、広告についてのサーバ順位を同じ文脈情報に関係する複数の広告から計算し、この広告はサーバ順位に応じて表示ユニットに表示される。

0028

文脈探知アプリケーションソフトウェアのさらに別の構成によれば、文脈探知アプリケーションソフトウェアの文脈情報は、少なくとも1つの語に関係し、少なくとも1つのカテゴリーのユーザが、別のカテゴリーのユーザのために、語をリザーブするかリザーブを解除し、かつ/または語をブロックするかブロックを解除することができる。少なくとも1つの固有の語または一組の語が文脈情報に関係し、文脈情報が広告にさらに関係する場合、固有の語または一組の語は、提案データベースに追加される。別のカテゴリーのユーザのために、1つまたは複数の語がリザーブを解除されるかブロックされる場合、1つまたは複数の語は、提案データベースに追加される。1つのカテゴリーのユーザが、提案データベースからの語に関して別のカテゴリーのユーザに通知することができる。少なくとも1つのカテゴリーのユーザが、広告をアップロードすることができ、さらに、文脈情報が少なくとも1つの関係する広告を既に有する特定の文脈情報に関して広告をアップロードすることを決定することができる。

0029

文脈探知アプリケーションソフトウェアの一の構成によれば、文脈探知アプリケーションソフトウェアのクライアントプロセッサは、解析情報を収集し、サーバプロセッサに送信する。一の構成において、解析情報は、広告の第1のグリッドから広告を選択するための第1のユーザ入力を含む。別の構成において、解析情報は、第1のグリッド上の広告のグリッド位置を含む。さらに別の構成において、解析情報は、第2のグリッドから広告に関係するサブサービスを選択するための第2のユーザ入力も含み、第2のグリッドは、第1のユーザ入力に基づいて表示される。さらに別の構成において、解析情報は、文脈探知アプリケーションソフトウェアがウェブアプリケーション、モバイルアプリケーションまたはデスクトップアプリケーションにプラグインされているか否かを判定するためのプラグイン情報を含む。さらに別の構成において、解析情報は、表示ユニット上での広告の閲覧時間についての時間に基づくフィードバックを含み、解析情報は、広告が表示される時刻を参照する自然タイミング情報を含む。さらに別の構成において、解析情報は、文脈探知アプリケーションソフトウェアの使用中のコンピューティングデバイスの地理的位置も含む。さらに別の構成において、解析情報は、広告を表示するための提案バーに対する第4のユーザ入力を含む。さらに別の構成において、解析情報は、文脈探知キーに対する第3のユーザ入力を含む。

0030

文脈探知アプリケーションソフトウェアの別の構成によれば、文脈探知アプリケーションソフトウェアは、別のコードと組み合わされてコンピューティングデバイス上で共に実行されるように適合されたコードであり、文脈探知アプリケーションソフトウェアは、実行時に、処理ユニットを上述の様々な構成に従って機能させる。

0031

文脈探知アプリケーションソフトウェアのさらに別の構成によれば、非一時的コンピュータ可読媒体は文脈探知アプリケーションソフトウェアを格納し、この文脈探知アプリケーションソフトウェアは、コンピューティングデバイス上で実行されるように適合され、文脈探知アプリケーションソフトウェアは、実行時に、処理ユニットを上述の様々な構成に従って機能させる。

0032

本発明はまた、様々な構成において説明したように、文脈探知アプリケーションソフトウェアがクライアント装置のクライアントプロセッサ内で実行されるときにクライアントにおいて配置されるクライアント装置、サーバ、ならびにクライアントおよびサーバのシステムにも存在する。

0033

システムの一の構成によれば、システムは、広告をサーバにアップロードする1つまたは複数の事業者ネットワークおよび/または1つまたは複数のユーザカテゴリーに対応付けられた広告情報を提供するように構成された広告サーバを含む。

0034

システムの別の構成によれば、サーバ順位は、広告をアップロードする同じユーザカテゴリーの複数の異なるユーザによって記入された複数のフォームデータの比較に基づいている。

0035

システムのさらに別の構成によれば、クライアントプロセッサは、文脈情報をサーバプロセッサに送信し、サーバプロセッサは、広告を前記データベースから受信し、広告キーワードに関係する広告をクライアントプロセッサに送信する。クライアントプロセッサは、広告をコンピューティングデバイスの表示ユニット上に表示するようにさらに適合されている。

0036

システムの一の構成によれば、サーバプロセッサは、文脈探知アプリケーションソフトウェアを実行する1つまたは複数のコンピューティングデバイスから解析情報を受信し、さらに、コンピューティングデバイスから受信した解析情報を処理して、サーバ順位を決定する。

0037

システムの別の構成によれば、文脈情報は、少なくとも1つの語に関係し、少なくとも1つのカテゴリーのユーザは、別のカテゴリーのユーザのために、語をリザーブするかリザーブを解除し、かつ/または語をブロックするかブロックを解除することができる。

0038

システムの一の構成によれば、サーバプロセッサは、1つまたは複数のクライアントプロセッサから少なくとも一組の情報、文脈情報、解析情報を受信し、少なくとも一組の情報、文脈情報および解析情報を処理して、クライアントプロセッサのユーザ間のトレンドに関係する現在のトレディング文脈を識別する。少なくとも1つのカテゴリーのユーザは、別のカテゴリーのユーザのためにトレンディング文脈をリザーブする/リザーブを解除するように適合されている。

0039

システムの別の構成によれば、サーバプロセッサは、後に出現する可能性の高い未来のトレンディング文脈を、少なくとも一組の情報、文脈情報および現在のトレンディング文脈に基づいて予測する。

0040

システムのさらに別の構成によれば、少なくとも1つのカテゴリーのユーザは、別のカテゴリーのユーザのために語がリザーブされる期間を設定することができる。

0041

システムの一の構成によれば、少なくとも1つのカテゴリーのユーザが、語の組み合わせが文脈情報に関係するように語の文脈を定義することができる。

0042

システムの別の構成によれば、サーバプロセッサは、少なくとも、文脈情報に関係する1つの固有の語または一組の語を追加するようにさらに構成され、文脈情報は、提案データベースおいて、1つの広告にさらに関係する。

0043

システムのさらに別の構成によれば、サーバプロセッサは、1つのカテゴリーのユーザのために、提案データベースに追加された語のリザーブを解除するか語をブロックするように構成され、別のカテゴリーのユーザが、提案データベース中の語に関してカテゴリーのユーザに通知することを可能にするようにさらに構成されている。

0044

システムの一の構成によれば、少なくとも1つのカテゴリーのユーザが、同じ文脈情報に関係する広告の数を決定することができる。

0045

システムの一の構成によれば、少なくとも1つのカテゴリーのユーザが、広告をアップロードし、文脈情報が少なくとも1つの関係する広告を既に有する特定の文脈情報に関して広告をアップロードすることを決定することができる。

図面の簡単な説明

0046

本発明の一の実施の形態に係る、インターネットのコンテンツにアクセスするために通常行われる処理を示す概念図である。
同じく、一の実施の形態に係る、文脈探知を容易にする処理を示した概念図である。
同じく、一の実施の形態に係る、文脈探知を容易にする例示的なシステムのブロック図である。
同じく、一の実施の形態に係る、文脈探知を容易にする別の例示的なシステムのブロック図である。
同じく、一の実施の形態に係る、文脈探知を容易にするさらに別の例示的なシステムのブロック図である。
同じく、実施の形態の一例に係る、例示的なグラフカル・ユーザ・インタフェースを表示する例示的な文脈探知アプリケーションソフトウェアの一連スクリーンショットを示す。
本発明の実施の形態の別の例に係る、例示的なグラフィカル・ユーザ・インタフェースを表示する例示的な文脈探知アプリケーションソフトウェアの一連のスクリーンショットを示す。
同じく、実施の形態のさらに別の例に係る、例示的なグラフィカル・ユーザ・インタフェースを表示する例示的な文脈探知アプリケーションソフトウェアの一連のスクリーンショットを示す。
さらに別の実施の形態に係る、例示的なグラフィカル・ユーザ・インタフェースを表示する例示的な文脈探知アプリケーションソフトウェアの一連のスクリーンショットを示す。
さらに別の実施の形態に係る、例示的なグラフィカル・ユーザ・インタフェースを表示する例示的な文脈探知アプリケーションソフトウェアの一連のスクリーンショットを示す。
さらに別の実施の形態に係る、例示的なグラフィカル・ユーザ・インタフェースを表示する例示的な文脈探知アプリケーションソフトウェアの一連のスクリーンショットを示す。

実施例

0047

本発明を実施するための最適な態様および他の態様について、本明細書において図1図11に図示する実施の形態に関して示す。本明細書において、実施の形態は例示の目的で記載され、多くの変形が可能である。均等物についての様々な省略および代用は、状況が示唆または便宜を与える場合に考慮されるが、これらは、本発明の趣旨から逸脱することなく、応用例または実施例を包含することを意図していることが理解される。さらに、本明細書で使用される語句および用語は、説明の目的で使用されるものであり、限定的であるとみなすべきでないことが理解されるであろう。本明細書中で利用される見出しは、便宜上のものに過ぎず、法的または限定効果を有しない。

0048

本明細書における「a」および「an」という用語は、量の限定を示すものではなく、参照されるもののうち少なくとも1つが存在することを示すものである。

0049

本発明の利点および特徴は、詳細な説明を添付の図面と併せて参照することでより理解されるであろう。図面において、類似の要素には類似の符号を付す。本明細書で参照する図面は、特に記載のない限り、縮尺通りに描かれていると理解されるべきではなく、図面は、実際には例示に過ぎないものである。

0050

典型的には、インターネットのユーザは、種々の製品およびサービスに対応付けられた情報などのコンテンツにアクセスするために、様々なインターネットリソースを用いて検索を行う。インターネットユーザによって典型的に行われる処理の一例について、図1を参照して図示および説明する。

0051

ここで図1を参照すると、インターネット上のコンテンツにアクセスするために通常行われる処理100を示す概念図が例示的な実施の形態に従って図示されている。例えば、処理100は、インターネットユーザが、週末に向けてアクティビティ計画する、製品を購入する、サービスを識別する等といったサービスにアクセスすべく、インターネットリソースにアクセスするために行われ得る処理である。ここでは、友人グループが週末に向けたアクティビティを計画する場合を例に挙げて、上記処理を説明する。

0052

図示のように、グループ110といった友人のグループが、週末のアクティビティを計画するための話し合いを始める場合がある。典型的には、当該アクティビティの計画は、打合せをする、電話をかける、例えば、ショート・メッセージ・サービス(SMS)、チャットまたは他の任意の手段によって携帯メッセージを送ることによって行われる。グループ110が週末の特定のアクティビティに向けて会うことに合意すると、グループの一人または複数のメンバーが、率先してアクティビティに必要な準備を行う場合がある。例えば、グループ110は、週末に映画を観ることを決定するかもしれず、メンバーのうちの一人、例えば、グループ110のメンバー112が、映画チケット空き状況を確認および選択した映画劇場での特定の上映回の映画チケットの予約引き受けるかもしれない。映画チケットの空き状況を確認し、その後チケットを予約するために、グループのメンバー112は、インターネットにアクセスし、チケットの空き状況を確認するサービスおよび映画チケットの予約を行うサービスを提供する特定のウェブサイトを検索するかもしれない。この検索に基づいて、ユーザは、様々な予約のオプションを含む検索結果(120のユーザインタフェースに図示)の提示を受けることができる。

0053

典型的には、このような広告は、関連コンテンツの広告主によって提供される。例えば、広告主は、広告主の事業に関係する文脈またはサービスを提供する特定のウェブサイトを選択し、このウェブサイト上に広告を提供することができる。しかし、このような広告プロモーションをウェブサイトに追加する処理は、広告主にとって費用がかかる。さらに、関連サービスまたは製品の検索および候補リストの作成のためにウェブコンテンツにアクセスすることは、エンドユーザ、例えば、グループ110のメンバー112にとって時間がかかる。その上、従来のオンラインでのマーケティング・広告手法は、文脈的に関連する情報をエンドユーザに提供する能力が限られている場合が多い。加えて、インターネット上で必要な製品またはサービスを検索することは、ユーザをセキュリティおよびプライバシー上の問題にさらすことになり、避けるべきである。さらに、広告は、リアルタイムで、例えば、ユーザ同士(友人のグループ110等)で話し合いが行われている間またはユーザのうちの一人がアクティビティを計画している間に、ユーザに表示されない。このようなアクティビティの例としては、映画やディナーパーティのための計画、電子製品などの製品の購入等が挙げられるが、これらに限定されるものではない。

0054

本実施の形態は、文脈広告、サービス等のユーザへの提供といった文脈探知を容易にするための様々なシステムおよび方法を、費用効果および時間効率が高いやり方によって、リアルタイムで提供する。本実施の形態は、コンピューティングデバイスにおいて実施される文脈探知アプリケーションソフトウェアの提供を提案するものであり、このアプリケーションソフトウェアは、当該デバイスのユーザが自動的に文脈探知を行うことを可能にし、また、これに応じて、ユーザ入力の現在の文脈に関連する文脈広告を提供する。例えば、ユーザが、アクティビティを計画するためにコンピューティングデバイスを用いて別の人物と話し合い(例えば、電子メール、SMS等によって)をしている場合、文脈探知アプリケーションソフトウェアは、話し合いから決定されるアクティビティの文脈に基づいて、有用な結果を取り出すことができる。様々な実施の形態において、文脈探知アプリケーションソフトウェアは、ボタンおよびタッチスクリーン構成要素といった物理ユーザインタフェース構成要素ならびにユーザジェスチャ応答する非接触ユーザインタフェース等によって、コンピューティングデバイスにおいて開始することができる。ユーザに文脈探知をリアルタイムで提供するためのシステムおよび方法の様々な実施の形態について、図2図11を参照しながら説明する。

0055

図2は、一の実施の形態に係る、文脈探知を容易にする処理200を示す。ここで、「文脈探知」という用語は、コンピューティングデバイスのユーザによって提供された1つまたは複数の入力、ユーザのプロフィールおよびアカウントからの学習、ユーザのデバイス使用、コンピューティングデバイス上でユーザによってアクセスされたコンテンツ、接続されたデバイス上でユーザによって作成またはアクセスされたコンテンツ、クラウドクラウドサービス等でユーザによって作成またはアクセスされたコンテンツ等に基づいて、広告、ルックアップに基づく結果、サービス、文脈的なホーム画面、文脈的なアドオン、文脈的なアプリケーション・プログラム・インタフェース(API)等をコンピューティングデバイスにおいて提供することを指し得る。この例示的な実施の形態において、処理200は、週末に向けたアクティビティの計画といったサービスにアクセスするためにユーザのグループ210によって行われ得る処理に関する。グループ210は、週末のアクティビティを計画するための話し合いを、例えば、SMS、IM、電子メールまたは他の同様の手段のうちの1つを用いて開始することができる。

0056

この話し合いの間、グループのメンバーのうちの1人が週末のアクティビティについての提案をタイプし始める場合がある。例えば、この提案には、映画を観に行くことが含まれ得る。本実施の形態によれば、ユーザがデバイスのユーザインタフェースを用いて提案を入力すると、コンピューティングデバイス上にインストールされた文脈探知アプリケーションソフトウェアは、話し合いのコンテンツからユーザ入力の文脈を特定し、話し合いの文脈が識別されると、通知を提供する。例えば、本例において、文脈探知アプリケーションソフトウェアは、「映画」および「今度の週末」といった語から、話し合いの文脈を特定し、話し合いの文脈に関連する情報を識別することができる。本例において、文脈探知キーは、文脈的に関連する情報の入手可能性に関する通知を提供することができる。別の実施形態において、文脈探知キーは、最近の履歴初期学習ユーザプロファイリングおよび現在のセッション(例えば、意味、トピック、感情等)のハイパーアウェア文脈のいずれかの組み合わせが、文脈的に関連する広告に関連があると識別された場合に通知を提供することもできる。文脈探知キーは、点灯するか通知を提供してもよく、あるいは状態を変化させてもよい。例えば、ユーザが、ソーシャルプラットフォーム上で2時間前に「ヒンディーアクション映画が大好き」とタイプしたとする。ヒンディーアクション映画に関係する文脈的に関連する広告が最上部に表示される。また、ユーザは、接続されたアカウントまたは文脈探知アプリケーションソフトウェア上のプロフィール欄の関心事項を「映画、カウチサーフィン等に興味あり」と設定したとする。そして、次にユーザは、「ねぇ、今週末は結構ラダラしてるんだよね。」とタイプする。文脈探知キーが点灯する。ユーザは、文脈探知キーを打つ/提案バーの週末という提案を長押しする。このユーザ操作により、ボリウッド映画の提供業者である「ネットフリックス(Netflix)」(商標)の以下のような広告が示される。「ボリウッド・アクション・フリックスを50%オフレンタルしよう。週末割引」。上述したように、文脈探知アプリケーションソフトウェアによる知能は、ユーザがタイプした、「週末」という時間的情報を含む「ダラダラ」した気分という情報と組み合わせた興味を推測することになる。気分は、「私はうれしい」、「かなりイライラする」、「とても残念」、「死ぬほど退屈」等といった語/文脈の使用に基づいた尺度品質解析数値化が行われる。さらに、気分は、携帯メールまたは学習されたコンテンツで使用されたエモーティコンの種類から推論することができる。

0057

引き続き図2を参照すると、上記表示は、点灯して、「今度の週末」に向けた1つまたは複数の「映画」の提案の利用可能性を示すことができる、コンピューティングデバイス214のユーザインタフェース上の視覚キー212を用いて提供することができる。なお、代替的な実施の形態において、この通知は、他の任意の視覚手段、音響手段、音響・視覚手段、振動手段またはこれらの組み合わせによって提供してもよい。

0058

導出された文脈に基づき、コンピューティングデバイス214上で実施される文脈探知アプリケーションソフトウェアは、コンピューティングデバイス上に事前にロードされた文脈情報のデータベースを利用することによって文脈探知を行うように構成されている。一例において、「食べ物」という語が、2つの広告主AおよびBにタグ付けされている。Aの広告を閲覧しているか、より多くの情報を得るためにAの広告をヒットしたユーザの数が、特定の地域においてより多く存在する場合、Aの広告情報は、ソフトウェアを新たにインストールするユーザに対して事前ロード済み情報として提供されてもよい。

0059

ユーザ入力の文脈は、特に、メッセージ中の位置文脈、時間文脈等によって特定することができることも理解されるであろう。さらに、コンピューティングデバイス214は、ユーザのソースから学習を得ることができるデータベースを含んでもよい。例えば、データベースは、ユーザの優先言語辞書ソーシャルネットワーキングアカウント、電子メール、IM、SMS等といったユーザの異なる学習ソースから学習された情報についてのデータを含んでもよい。さらに、データベースは、特定のトピックまたはカテゴリーに語がどのように関係するか、異なるトピックがユーザにどのように関係するか等に関する情報を含んでもよい。データベースは、文脈についてのこのような言語連想、語の有意な出現等に関する情報を受信することもできる。加えて、データベースは、タイムスタンプ使用場所使用アプリケーション使用頻度、文脈連想、オフラインコーパス情報、オンライン学習情報、ユーザによって開始された学習のソース等といった、特定の語の複数の属性を含んでもよい。

0060

一の実施の形態において、文脈検索の実行はユーザによって開始される操作であり、したがって、本実施の形態は、文脈的に関連する情報に安全にアクセスする方法を提供するものである。代替的な実施の形態において、文脈検索は、ユーザによって開始されない方法で行うことができる。例えば、データベースは、文脈的に関連するサービスおよび/またはアプリケーションを特定するために、ユーザのコンピューティングデバイスの使用から学習を得ることができる。次いで、コンピューティングデバイスは、このような文脈的に関連するサービス/アプリケーションを、文脈的なホーム画面、ウィジェット、プラグイン、アプリケーション等を用いてコンピューティングデバイス上でユーザに提示することができる。

0061

コンピューティングデバイス214のユーザインタフェースは、広告、サービス、アドオンパッケージ等といった文脈的に関連する情報をユーザに提示することができる。このユーザインタフェースは、ユーザ操作によって、ユーザが文脈的に関連する情報にアクセスすることをさらに可能にすることができる。ユーザ操作の様々な例としては、ユーザジェスチャ、音声入力ユーザタッチスワイプ等が挙げられるが、これらに限定されるものではない。ユーザインタフェースは、ユーザ入力(例えば、「今度の週末」に向けた「映画」の提案)に文脈的に関連する1つまたは複数の広告を提示することが理解されるであろう。更なる例として、「今日映画」に対して「午後5時に映画」とユーザが入力した場合、コンピューティングデバイス214は、当該ユーザ入力に合致するグリッド情報/API/アプリケーション/ウェブページといった高度に文脈的な情報を提示することができる。例えば、「今日映画」というユーザ入力の場合、ユーザは、「今日」上映される様々な上映回に関する情報の提示を受けることができる。しかし、ユーザ入力が「午後5時に映画」を含む場合、ユーザは、今日の午後5時以外のタイミングで上映される上映回ではなく、今日の午後5時に上映される上映回に主に関する情報の提示を受けることができる。広告はリアルタイムでユーザに提示され、本実施の形態により、ユーザは、リアルタイムで、例えば、ユーザが他の人々と話し合いをしているとき、携帯メールでメッセージを打っているとき、電子メールを送信しているとき等に、広告にアクセスすることが可能となることも理解されるであろう。

0062

本例において、ユーザは、広告および/またはサービスおよび/またはルックアップ探索といった文脈的に関連する情報のリスト/グリッドの提示を受けることができる。ユーザは、これらのオプションのうち、オプション216といった1つのオプションを選択することができる。選択時に、ユーザは、選択オプション216の詳細の提示を受けることができる。一の実施の形態においては、選択オプションの詳細を、コンピューティングデバイス214上のユーザインタフェースを用いてユーザに提示することができる。ユーザは、例えば、さらなるオプションを要求すること、選択オプションについてのさらなる情報を要求すること、選択オプションのサービス提供業者のうちの1つに登録すること、検索に関連するアプリケーションをダウンロードすること、関連サービス提供業者のページ/アプリケーションを開くこと、友人に当該アプリケーションを参照させること等といった次の操作218を行うことができる。本明細書に記載されるように、ユーザによって行われる次の操作により、検索されたコンテンツに対応付けられたアクティビティを増やすことが容易となり、それにより、ROIが向上する。文脈探知を容易にするための例示的なシステムについて、図3を参照して図示および説明する。

0063

図3は、一の実施の形態に係る、文脈探知を容易にするための例示的なシステム300を示すブロック図である。システム300は、文脈探知を費用効果および時間効率が高いやり方によって、リアルタイムで行うことを容易にするように構成されている。図示されるように、システム300は、サーバ310、例えば、データ処理サーバ、および少なくとも1つのクライアント、例えば、コンピューティングデバイス320を有する。サーバ310は、文脈探知を容易にするための情報を受信し、処理するように適合されたサーバプロセッサを有してもよい。

0064

例示的なサーバ310は、コンピューティングデバイス320における文脈探知を容易にするための情報を受信するように構成されている。一の実施の形態において、サーバ310は、広告サーバ370といった少なくとも1つの広告サーバから情報を受信するように構成されている。一の実施の形態において、サーバ310は、統一資源識別子(URI)、クエリに対応付けられたアプリケーション・プログラム・インタフェース(API)、広告サーバ370からのそれぞれのサービスおよび製品に対応付けられたキーワードフレーズ、プロモーションメッセージ、画像、アイコン等といった情報を受信するように構成されている。様々な実施の形態において、広告サーバ370は、情報に対応付けられた更新をサーバ310に提供するようにさらに構成されている。一の実施の形態において、サーバ310は、広告サーバおよび/または広告主がサーバ310にログインすることを許可し、その後、広告主の認証情報を提供することにより、情報を広告サーバ370から受信するように構成されている。別の実施の形態において、サーバ310は、広告サーバ370にアクセスすることにより(例えば、アクセス情報に基づいて)、情報を広告サーバ370から受信するように構成されている。一の実施の形態において、広告サーバ370は、情報を所定のフォーマットでサーバ310に提供するように構成されている。

0065

別の実施の形態において、サーバ310は、広告主がサーバ310にログインすることを広告主の認証情報に基づいて許可し、キーワードおよびAPI、文/質問、アイコン、画像、プロモメッセージ、クエリ等のマッピングを提供するように構成されている。このシナリオにおいて、広告サーバ370は不要である。ここでは、サーバ310は、広告主との直接通信を容易にし、それにより、システム300において広告サーバ370が不要となるからである。

0066

一の実施の形態において、サーバプロセッサを有するサーバ310は、広告サーバ370、少なくとも1つのクライアント、例えば、コンピューティングデバイス320および/または広告主と通信可能な任意の種類の機器であってよい。したがって、一の実施の形態において、通信デバイス(例えば、携帯電話)といった装置が、インターネットに接続されたサーバからなるか、あるいは含んでもよい。一の実施の形態において、サーバ310は、通信路、例えば通信路380によってクライアントと通信を行うことができる。一の実施の形態において、少なくとも1つのクライアント、例えば、コンピューティングデバイス320とサーバ310とをつなぐ通信路は、無線通信ネットワーク無線リンク・アクセス・ネットワークを有してもよい。無線通信ネットワークの例としては、セルラー通信ネットワークが挙げられるが、これに限定されるものではない。例えば、サーバ310およびコンピューティングデバイス320は、複数の電気電子技術者協会(IEEE)802.11プロトコルのうちの少なくとも1つを用いて互いに通信を行うように構成することができる。IEEE802.11プロトコルの例としては、IEEE802.11a、IEEE802.11b、IEEE802.11g、IEEE802.11nおよびIEEE802.11acの無線LANプロトコル等が挙げられるが、これらに限定されるものではない。システム300の各種構成要素は、Zigbee(ジグビー)またはサブギガヘルツ・ネットワーク・プロトコルといった非Wi−Fiプロトコルを用いるか、あるいはBluetooth信号を用いて互いに通信することもできることにも留意されたい。

0067

通信路380は、無線通信ネットワークの他の要素、そしてまた無線通信ネットワークが結合された有線通信ネットワークの要素をさらに有してもよい。有線接続380の例としては、ケーブルバス(例えば、データバスまたは制御バス)、光導電体等が挙げられる。

0068

少なくとも1つのクライアントは、コンピューティングデバイス、例えば、コンピューティングデバイス320を有してもよく、また、ユーザ入力を受け付けるように構成されている。少なくとも1つのクライアントは、文脈探知を実行し、文脈的に関連する情報、例えば、ルックアップおよび/または広告および/またはサービスを提供するために、コンピューティングデバイスへのユーザ入力の文脈を利用するように構成することもできる。一の実施の形態において、コンピューティングデバイスは、ユーザ入力に対応付けられたキーワードに基づいて、ユーザ入力の文脈を特定するように構成されている。それに加えてまたはその代わりに、ユーザ入力の文脈は、特に、ユーザ入力における位置文脈(例えば、ユーザ入力に対応付けられた一人または複数の参加者がいる位置)、時間文脈、使用中のアプリケーション、ユーザの会話履歴、ユーザ嗜好等によって特定することができることも理解されるであろう。コンピューティングデバイス310の例としては、(1)パーソナルコンピュータタブレットコンピュータおよび/またはラップトップといったデータ処理装置、(2)携帯デバイスまたはスマートフォン等といった通信デバイス、(3)例えばクラウド等を用いてコンピューティングデバイス310と通信可能に結合された他の任意の装置が挙げられる。

0069

広告情報は、アプリケーション全体でユーザがタイプした内容ならびにアプリケーション全体で収集したメタデータおよびウィジェット内で収集したメタデータに基づいて提供することができる。

0070

一の実施の形態において、文脈探知は、コンピューティングデバイスのための文脈依存ホーム画面を特定することを含んでもよい。本実施の形態において、時間文脈、プロフィール文脈、位置文脈、コンピューティングデバイス上で実行されているコンテンツ、デバイス上で生成されているコンテンツ、テキスト入力解析情報等の特定に基づいて、コンピューティングデバイス中にプッシュされるべき広告であって文脈的に関連しかつユーザにとって個人的である可能性のある広告に対して、異なるプレースホールダーを与えることができる。それに加えてまたはその代わりに、文脈探知は、コンピューティングデバイスのホーム画面上に提示された文脈依存ウィジェットを含んでもよい。文脈依存ウィジェットは、コンピューティングデバイスのユーザからのテキストの入力を容易にすることができる。文脈依存ウィジェットは、時間文脈、プロフィール文脈、位置文脈、コンピューティングデバイス上で実行されているコンテンツ、デバイス上で生成されているコンテンツ、テキスト入力解析情報等に基づいて、コンピューティングデバイスにおける文脈探知を容易にするようにさらに構成することができる。

0071

クライアント320は、処理モジュール322と、メモリモジュール324と、ユーザインタフェース326とを有するクライアントプロセッサを有する。しかし、例示的な実施の形態においては、コンピューティングデバイスであるクライアント320は、追加の処理モジュール322を有することなく処理を実行するように構成されたクライアントプロセッサを有してもよい。一の実施の形態において、クライアントプロセッサは、一組の情報を取得し、当該情報を、クライアント320上で実行中の文脈探知アプリケーションソフトウェアによって利用されるように送信するように適合されたデータ取得ユニットを有する。クライアント320は、ユーザインタフェース326を用いてユーザ入力を受け付けるように構成されている。一の実施の形態において、ユーザ入力は、クライアント320に対応付けられたユーザインタフェース326における、ノートインスタントメッセージ(IM)、ショート・メッセージ・サービス(SMS)、電子メール等といった任意のエディタ/アプリケーションへのテキスト入力を含んでもよい。

0072

文脈探知は、アプリケーションのうちの1つにおけるノート(Notes)に関するものであってもよい。文脈探知キーは、ノートアプリケーションの一部である。文脈探知キーは、ノートアプリケーションの固有の部分として設けてもよく、あるいは、文脈探知アプリケーションは、ノートアプリケーションへのプラグインとして設けてもよく、あるいは、文脈探知アプリケーションに関係するソースコードをノートアプリケーションのソースコードに埋め込んでもよい。ユーザは、to−doリストを、例えば、ノートアプリケーションに入力することができる。文脈探知キーは、あらゆるユーザのアクティビティについて与えられる。例えば、ユーザが、「今週土曜日に映画」と入力したとする。このキーは、映画および土曜日という語ならびにタイプ中の文脈を識別するとアクティブになり/点灯し、当該キーがタップされると、広告を供給する。

0073

コンピューティングデバイス320のクライアントプロセッサまたは処理モジュール322は、ユーザによるテキスト入力の意味解析を行い、文脈的に関連する情報(例えば、広告)を識別するように構成することができる。本明細書において、「クライアントプロセッサ」および「処理モジュール」という用語は、本発明の趣旨を逸脱することなく、本明細書全体を通して互換的に用いられる。それに加えてまたはその代わりに、処理モジュール322は、ユーザによるテキスト入力の意味解析に基づいて「ブランド経験」を識別するように構成されている。ブランド経験の例としては、ショッピング経験および関連ブランド広告、外食経験および関連ブランド広告等が挙げられるが、これらに限定されるものではない。「ブランド経験」は、アプリケーションおよび/またはアドオンの形式で実施することができ、コンピューティングデバイス320内に設けることができる。例えば、ソーシャルネットワーキングサイトに対応付けられたブランド経験としては、ソーシャルネットワーキングサイトに対応付けられた言語辞書テーマ専門語辞書等が含まれ得る。

0074

処理モジュール322は、意味情報、気分、感情、文脈等において各ブランドに重みを割り当てるように構成することができる。例えば、処理モジュール322は、ユーザに「Coketti−Open Happiness」といったブランド経験を提供することができ、これは、その後ユーザによってダウンロードすることができる。ユーザによるブランド経験のダウンロードの特定に基づいて、処理モジュール322は、「うれしい」、「私はうれしい」、「大好き」、「全く新しい世界」、「チャリティ」、「おもしろい」、「笑い」、「(爆笑)」といったポジティブな語(コンピューティングデバイス320のメモリモジュールに格納されている)に対して重みを割り当てるように構成することができる。さらに、処理モジュール322は、ユーザ嗜好を更新するように構成することができる。例えば、処理モジュール322は、コンピューティングデバイス320のユーザインタフェース(例えば、キーボードレイアウトまたは追加のレイアウトもしくはボタン/領域)上で通信を行うために「Coketti」ブランドのアイコン、エモーティコン、テキスト、アニメーション動画等を表示することを容易にすることができる。加えて、処理モジュール322は、コンピューティングデバイス320上で文脈発見を実行しながら、ユーザ入力の意味情報および文脈を「Coketti」ブランドに対して優先的にマッチングさせるように構成することができる。処理モジュール322は、さらに、ユーザインタフェース上に「Coketti」ブランドの広告用デフォルトスペースを提供することを容易にすることができる。また、処理モジュール322は、識別されたブランド経験をユーザに提案するように構成されている。特定の実施の形態において、時間文脈、日付文脈等に基づいて、コンピューティングデバイス320上にブランド経験を動的に提供してもよい。日付/時間文脈の例としては、仕事の後、営業時間外朝食時、起床時、ニュースの時間等が挙げられるが、これらに限定されるものではない。

0075

加えて、処理モジュール322は、位置、時間(今日、午前、午後、夕方、週末、土曜日、日曜日等)、提案バーまたはグリッド1もしくはグリッド2からユーザが以前に選択した広告、エディタに入力されたユーザのテキスト(語/フレーズ/文脈)を識別するように構成されてもよい。さらに加えて、処理モジュール322は、ソフトウェアを用いてタイプされているメッセージ/チャットおよびデバイス上に既に存在するメッセージの全て、IMアプリケーションチャット履歴ブラウジング履歴等を識別するように構成されている。これらを考慮することにより、広告を供給することができる。時間的情報に基づいた広告:「」という語がABC社にタグ付けされ、「ウェブサイトX」という語が「ウェブサイトX」にタグ付けされている場合に、ユーザが「『ウェブサイトX』から靴を買うだろう」とタイプした。この特定の文において、ユーザは、ABC社の広告情報および「ウェブサイトX」の広告情報を提案バーにおいて、またグリッド1においても見ることができる。ユーザが、「今日『ウェブサイトX』から靴を買うだろう」と続けてタイプし入力した場合、本ソフトウェアはまた、この特定の文脈においてのみ、「今日」という語に対して「ウェブサイトX」の広告を示す。ただし、広告主である「ウェブサイトX」もまた「今日」という語を所有し、かつ今日という語に対する「ウェブサイトX」の広告が、ユーザによってタイプされている日に販売または割引が可能であることを条件とする。

0076

一の実施の形態において、処理モジュール322は、1つのマルチコアプロセッサ、1つのシングルコアプロセッサ、または1つもしくは複数のマルチコアプロセッサと1つもしくは複数のシングルコアプロセッサとの組み合わせとして実施することができる。例えば、処理モジュール322は、コプロセッサマイクロプロセッサコントローラデジタル信号プロセッサ(DSP)、DSPを含むかあるいは含まない処理回路といった様々な処理装置、または集積回路、例えば、特定用途向け集積回路ASIC)、フィールドプログラマブルゲートアレイFPGA)、マイクロコントローラユニット(MCU)、ハードウェアアクセラレータ特殊用途コンピュータチップ等を含む他の様々な処理装置のうちの1つまたは複数の処理装置として実施することができる。一の実施の形態において、処理モジュール322は、ハードコード化機能を実行するように構成することができる。一の実施の形態において、処理モジュール322は、ソフトウェア命令エグゼキュータとして実施され、当該命令は、当該命令が実行されるときに本明細書に記載のアルゴリズムおよび/または演算を実行するように処理モジュール322を特別に構成することができる。処理モジュール322は、特に、処理モジュール322の演算を支援するように構成されたクロック論理演算装置ALU)および論理ゲートを有してもよい。

0077

コンピューティングデバイス320のメモリモジュール324は、文脈探知アプリケーションソフトウェアに対応付けられた事前ロード済みデータを含む。メモリモジュール324は、サーバ、例えば、サーバ310から事前ロード済みデータを受信するように構成されている。特定の実施の形態において、事前ロード済みデータは、ブランド経験および/または広告主情報を含んでもよい。メモリモジュール324の例としては、ランダム・アクセス・メモリ(RAM)、デュアルポートRAM、シンクロナスDRAM(SDRAM)、ダブルデータレートSDRAM(DDR SDRAM)等が挙げられるが、これらに限定されるものではない。事前ロード済みデータは、サーバ310によって提供することができる。一の実施の形態において、事前ロード済みデータは、オフラインアップロードおよびコンピューティングデバイス内での情報の更新によってコンピューティングデバイス320のメモリモジュール324に提供し、それにより、ユーザがユーザ入力を行っている間、インターネットへのアクセスを不要とすることができる。システム300の一の実施例は、図4を参照して説明する。

0078

代替的な実施の形態において、サーバ構成要素は、上記情報をコンピューティングデバイスに提供/事前ロードすることができ、オンライン更新によって追加情報を提供する。実施の形態の一例において、事前ロード済み情報は、ユーザ嗜好に基づいて修正することができる。例えば、ブランド経験がユーザによってダウンロードされると、ダウンロードされたブランド経験に割り当てられた重みは、メモリモジュール324において更新することができる。本明細書において、このようなシステムの一の実施例は、図5を参照して説明される。

0079

一の実施の形態において、処理モジュール322は、事前ロード済みデータ中の文脈的に関連するマッチングを識別するために、ユーザ入力の意味解析を行うことができる。文脈的に関連する事前ロード済みデータは、コンピューティングデバイス300のユーザインタフェース326を用いて、ユーザに提示することができる。さらに別の実施の形態において、上記情報は、例えば、1つまたは複数の広告主によって更新されてもよく、更新された情報(例えば、修正および/または追加されたコンテンツを含む)は、ダーティビット通知/プッシュ通知プルメカニズム等に基づいてコンピューティングデバイスのメモリモジュール324に提供されてもよい。

0080

クライアント320のユーザインタフェース326は、ユーザのテキスト入力に対応付けられた文脈的に関連するデータが識別されると、通知を提示するように構成することができる。一の実施の形態において、ユーザインタフェース326は、ユーザが表示装置を用いて電子デバイスの少なくとも1つの機能を制御するのを容易にするように構成され、ユーザ入力に応答するようにさらに構成されたユーザインタフェース回路およびユーザインタフェースソフトウェアを含むことができる。実施の形態の一例において、コンピューティングデバイス320は、コンピューティングデバイス320のユーザインタフェースの少なくとも一部を表示するように構成された表示回路を有してもよい。表示装置および表示回路は、コンピューティングデバイス320の少なくとも1つの機能をユーザが制御することを容易にするように構成することができる。

0081

実施の形態の特定の例において、ユーザインタフェース326は、上記通知を提供するために自身の状態を不可視状態から可視状態に変化させることができるキーを含んでもよい。例えば、ユーザインタフェース326は、文脈的に関連する情報が識別されるとユーザに視覚通知を提示することができるキーを含んでもよい。可視キーの状態変化の他の例としては、小から大へのサイズ変化、キーの色の変化、背景の変化、キー上の画像の変化、触覚または接触フィードバック、キーの深さ、視覚フィードバックおよびユーザが知覚可能な他の同様の表示が挙げられる。特定の別の実施の形態において、上記通知は、本開示の範囲を限定することなく、音響手段、振動手段等といった視覚手段以外の手段によって提供することができることが理解されるであろう。

0082

ユーザインタフェース326は、ユーザが転送タイピング(forward typing)をしているとき、あるいはユーザがテキストの任意の一部にナビゲートするときに上記通知を提供することができることも理解されるであろう。本明細書で用いる「転送タイピング」という用語は、ノート、インスタントメッセージ(IM)、SMS、電子メール等といった任意のエディタ/アプリケーションにユーザがテキストを入力するシナリオを指す場合がある。ユーザが入力を提供する際に、ユーザが入力している内容の意味的重要性が動的に解析される。ユーザ入力が提供される間に上述のように導出された意味論的な意味により、事前ロード済みデータから関連する有料無料サービスが識別される。意味論的な意味およびサービスが識別されると、ユーザインタフェース326を用いてユーザに通知を提供することができる。また、「ナビゲーションモード」という用語は、ノート、IM、SMS、電子メール等の任意のエディタ/アプリケーションにユーザがカレットカーソルを移動させるシナリオを指す場合がある。一の実施の形態においては、ナビゲーションモードにおいて複数の意味情報が導出されてもよい。

0083

ユーザインタフェース326は、意味的に識別された情報に対応する関連事前ロード済みデータを、ユーザ操作に基づいて(例えば、ユーザがキーをタップしたとき)表示するようにさらに構成されている。一の実施の形態において、関連事前ロード済みデータは、無料サービスとしてユーザが利用できるようにしてもよい。代替的な実施形態において、関連事前ロード済みデータは、有料サービスとしてユーザが利用できるようにしてもよい。

0084

図4は、一の実施の形態に係る、文脈広告を提供するための別の例示的なシステム400のブロック図を示す。システム400は、サーバ410、コンピューティングデバイス420および広告サーバ450を有する。サーバ410、コンピューティングデバイス420および広告サーバ430は、図3を参照して説明した各構成要素、例えば、システム300のサーバ310、コンピューティングデバイス320および広告サーバ370と類似していてもよい。

0085

サーバ410は、コンピューティングデバイス420および広告サーバ430と通信可能に結合することができる。広告サーバ430は、1つまたは複数の事業者ネットワークおよび/または1つまたは複数の広告主、例えば、広告主442および444から広告情報を受信するように構成することができる。広告サーバ430は、携帯電話事業者のサーバであってもよい。広告サーバ470は、1つまたは複数の事業者ネットワークおよび/または1つまたは複数の広告主に対応付けられた広告情報をサーバ410に提供するように構成されている。

0086

サーバ410は、データ処理サーバであってもよく、広告データ/情報を所定のフォーマットで受信するように構成することができる。例えば、サーバ410は、URI、クエリに対応付けられたAPI、広告サーバ470からのサービスおよび製品のそれぞれに対応付けられたプロモーションメッセージ、画像、アイコン等といったデータ/情報を受信する。一の実施の形態において、サーバ410は、1つまたは複数の事業者ネットワークおよび/または1つまたは複数の広告主によって提供されたデータを格納するためのデータベースを有してもよい。特定の実施の形態において、上記情報は、1つまたは複数の事業者ネットワークおよび/または1つまたは複数の広告主によってサーバ410内で更新することができる。いくつかの実施の形態において、事業者ネットワークおよび/または広告主によるデータの更新は、事業者/広告主自身によって行われてもよい。例えば、事業者/広告主に対し、事業者/広告主がサーバ410内でデータを更新するために利用することができる固有のログイン認証情報を提供してもよい。特定の実施の形態において、広告主サーバ480を、文脈的に関連する情報をコンピューティングデバイス420に直接提供するようにコンピューティングデバイス420に結合してもよい。

0087

サーバ410は、データをコンピューティングデバイス420に提供するようにさらに構成されている。一の実施の形態において、データは、オフラインで提供することができる。代替的な実施の形態において、サーバ410は、テキストファイル、電子メール等といった他のソースを介してコンピューティングデバイス420にデータを提供することができる。本実施の形態において、データの提供は、サーバ410によるコンピューティングデバイス420へのデータの事前ロードを指すものであると解釈することができる。

0088

一の実施の形態において、コンピューティングデバイス420は、メモリモジュール422、処理モジュール424およびユーザインタフェース426を有してもよい。一の実施の形態において、メモリモジュール422は、サーバ410によって提供されたデータ(事前ロード済みデータと呼ぶ)を格納するためのデータベースを含む。いくつかの実施の形態において、サーバ410によって提供されたデータは、不要な部分の除去および更新を行い、メモリモジュール410のデータベースに格納することができる。一の実施の形態において、データベースは、ユーザのソースから学習を得るように構成することができる。例えば、メモリモジュール422のデータベースは、ユーザの優先言語辞書に関するデータ、ソーシャルネットワーキングアカウント、電子メール、IM、SMSといった、ユーザの異なる学習ソースからの学習情報等を含んでもよい。さらに、データベースは、特定のトピックまたはカテゴリーに各語がどのように関係するか、異なるトピックがユーザにどのように関係するか等についての情報を含んでもよい。データベースは、文脈についてのこのような言語連想、語の有意な出現等といった情報を受信することもできる。加えて、データベースは、タイムスタンプ、使用場所、使用アプリケーション、使用頻度、文脈連想、オフラインコーパス情報、オンライン学習情報、ユーザによって開始された学習のソース等といった、特定の語についての複数の属性を含んでもよい。一の実施の形態において、上記情報/データは、最初に、アプリケーションまたはパッケージの形式でコンピューティングデバイス420のメモリモジュール422に提供されて、当該パッケージが、コンピューティングデバイス420にアプリケーションをインストールするためのオフラインデータおよび必要なソフトウェア、ならびに文脈的に関連する情報をコンピューティングデバイス420において提示/表示するために必要な他の同様の情報を含むようにしてもよい。

0089

一の実施の形態において、メモリモジュール422のデータベースは、最近のデータベースおよび履歴データベースを有してもよい。最近のデータベースは一組の最近の情報を格納するように適合され、履歴データベースは一組の履歴情報、あるいは、事前ロード済み情報を格納するように適合されている。

0090

ユーザインタフェース426は、入力エディタ428および表示モジュール430を含む。入力エディタ428は、コンピューティングデバイス420における任意のアプリケーションまたは任意のエディタによってユーザ入力を受け付けるように構成されている。ユーザが、例えば、コンピューティングデバイス420のユーザインタフェース426を用いてタイプすることにより、ユーザ入力の提供を開始すると、処理モジュール424は、メモリモジュール422から文脈的に関連するデータを識別するために意味検索を行う。一の実施の形態において、処理モジュール424は、メモリモジュール422から文脈的に関連するデータを識別し、一致するコンテンツをユーザインタフェース426に提供するように構成された文脈マイニング器を含んでもよい。一の実施の形態において、文脈マイニング器は、メモリモジュール422から文脈的に関連するデータを識別するための意味・文脈コンテンツ解析モジュール432と、一致するコンテンツをユーザインタフェース426の表示モジュール430に提供するためのコンテンツマッチングモジュール434とを含んでもよい。本明細書で用いる文脈マイニング器は、ユーザ入力に対応付けられたユーザ嗜好、トピック、キーワード、タイムスタンプに基づく情報等に基づいて文脈的に関連するデータを識別するように構成することができる。特定の実施の形態において、ユーザによって入力されたコンテンツおよびコンピューティングデバイス420のメモリモジュール422に格納されたデータの文脈関連性のマッピングを、ユーザがユーザ入力を提供している間に行うことができる。

0091

他の特定の実施の形態において、上記マッピングは、指定されたキーをタップすること、ユーザジェスチャを提供することなどのユーザ開始操作が実行された際に行うことができる。一の実施の形態において、ユーザによって入力されたコンテンツおよびメモリモジュール422に格納されたデータの文脈関連性のマッピングは、ユーザによって開始されない方法で行うことができる。例えば、メモリモジュール422のデータベースは、コンピューティングデバイス420のユーザによる使用から学習を得て、文脈的に関連するサービスおよび/またはアプリケーションを特定することができる。次いで、コンピューティングデバイス420のユーザインタフェース426は、コンピューティングデバイス420上の文脈的なホーム画面、ウィジェット、プラグイン、アプリケーション等を用いて、このような文脈的に関連するサービス/アプリケーションをユーザに提示することができる。

0092

図5は、さらに別の実施の形態に係る、文脈探知を容易にするための例示的なシステム500のブロック図を示す。システム500は、サーバ510、コンピューティングデバイス520および広告サーバ570を有する。なお、システム500は、システム300およびシステム400と類似している。例えば、サーバ510、コンピューティングデバイス520および広告サーバ570は、各構成要素、例えば、システム400のサーバ410、クライアント420、広告サーバ470、広告主サーバ480(図4を参照して説明)およびシステム300の対応する構成要素(図3を参照して説明)と類似するものであってよい。例えば、コンピューティングデバイス520は、メモリモジュール522、処理モジュール524およびユーザインタフェース526を有してもよい。ユーザインタフェース526は、入力エディタ528および表示モジュール530を有してもよい。処理モジュール524は、意味・文脈コンテンツ解析モジュール532およびコンテンツマッチングモジュール534を有してもよい。各構成要素については、図4のシステム400を参照して詳細に説明した。したがって、説明を簡潔にするため、本明細書において、システム500のこれらの構成要素の機能の説明は省略する。

0093

ただし、本実施の形態において、サーバ510およびコンピューティングデバイス520といった構成要素の機能のうちのいくつかは、システム300および400の各構成要素の機能とは異なるものであってもよい。例えば、本実施の形態において、1つまたは複数の事業者および/または1つまたは複数の広告主(例えば広告主542、544)は、関連情報を用いて広告サーバ570を動的に更新することができる。例えば、事業者および/または広告主が上記情報の修正/更新を行うことを望む場合、事業者および/または広告主は、コンピューティングデバイス520にプッシュ通知を動的に送信して、最新のデータ(例えば、広告等)を更新することができる。次いで、コンピューティングデバイス520は、直ちにもしくは次の文脈探知アプリケーションソフトウェアのインスタンスで、または入力エディタのロード時に、更新を行うことができる。別の実施の形態において、プッシュ通知は、広告サーバによってサーバ510に送信することができる。本明細書に開示されるように、広告サーバ570は、登録済みのコンピューテーションデバイス上に広告を提供するために複数の広告主がその認証情報、金銭情報および他の情報を登録しているサードパーティサーバであってもよい。

0094

上記の更新は、1つまたは複数の事業者および/または1つまたは複数の広告主に固有のログイン認証情報を与えることにより、1つまたは複数の事業者および/または1つまたは複数の広告主によって行うことができる。さらに、いくつかの実施の形態において、コンピューティングデバイス520は、広告主によって提供された情報(例えば、更新等)をプルするためにサーバ510にアクセスすることができる。いくつかの実施の形態において、まず、初回(または文脈探知アプリケーションソフトウェアの最初の起動時)は、上記の情報は、オフラインでコンピューティングデバイス520に提供することができる。特定の実施の形態において、上記の情報は、コンピューティングデバイス520にオフラインで提供されなくてもよく、代わりに、事前ロード済みデータに対応付けられた更新のみをサーバ510によってオフラインでコンピューティングデバイスに提供してもよい。

0095

特定の実施の形態において、更新された情報は、ユーザがユーザ入力を提供し始めたとき、例えば、ユーザがユーザインタフェースにおいてタイプし始めたときに提供することができる。プルされたデータは、余分な部分の除去および更新を行って、コンピューティングデバイス520のメモリモジュール522に格納することができ、したがって、ユーザがコンピューティングデバイス520を使用し始めたとき、文脈的に関連するデータを表示するための情報の大部分は、コンピューティングデバイス520内で利用可能である。ユーザがタイプし始めると、ユーザがユーザ操作を提供する際に、コンテンツ文脈に一致する事前ロード済みデータをコンテンツに基づいて表示することができる。既に述べたように、ユーザ操作は、コンピューティングデバイスのユーザインタフェース上の専用キーへのアクセスを含んでもよい。専用キーは、専用ハードウェアキー、複数のテキストエディタまたはテキストアプリケーションに共通するソフトキー、あるいは、ソフトキーボードが無い場合にはいくつかのキー組み合わせであってもよいことが理解されるであろう。

0096

なお、例示の目的で、システム300(または図4および図5にそれぞれ示すその実施例である400/500)は、コンピューティングデバイス、サーバおよび広告サーバといった構成要素を含んで図示されている。しかし、文脈探知を行うためのシステムの範囲は、図3図4図5にそれぞれ図示されるシステム300/400/500に限定されるものではない。様々な実施の形態において、文脈探知を行うためのシステム300/400/500の構成要素の数は、図3図4図5に図示されるものよりも少ないかあるいは多くてもよい。例えば、いくつかの実施の形態において、サーバは、広告サーバではなく、広告主から直接広告情報を受信するように構成された機能によって構成することができる。したがって、そのような実施の形態において、システム300(または400または500)は、コンピューティングデバイスおよびサーバのみを有していてもよい。本開示の概念の実施例を示すいくつかの例示的なシナリオについて、図6図11を参照しながら図示および説明する。

0097

ここで図6を参照すると、スマートフォンまたは他のコンピューティングデバイス上で文脈探知アプリケーションソフトウェアの一部として表示可能な例示的なグラフィカル・ユーザ・インタフェース・ウィンドウを表示する、例示的な文脈探知アプリケーションソフトウェアの一連のスクリーンショット610、620、630、640が例示の目的で示されている。文脈探知を容易にするための処理は、ユーザ入力を受け付けること、ユーザ入力の関連文脈情報を識別すること、文脈探知を実行すること、ユーザ入力に関連する広告および/またはサービスを提供すること、および関連サービス/広告をユーザが選択できるようにするための詳細な情報を提供することを含む。

0098

本例において、コンピューティングデバイス、例えば、コンピューティングデバイス602上での文脈探知を容易にするためのシステム(例えば、システム300/400/500)の使用には、コンピューティングデバイス602のユーザインタフェースにおいてテキスト入力部を設けることが含まれる。例えば、コンピューティングデバイス602のユーザインタフェースは、テキストを入力するためにユーザが利用することができるユーザ入力部604を含む。

0099

本例において、ユーザは、「Ritzerの電話を買いたい?」(スクリーンショット620を参照)といったテキストをテキスト入力部604に入力することにより、友人に問い合わせを行う。テキスト入力時、ユーザは、文脈探知アプリケーションソフトウェアに対応付けられたキーをタップするといった、ユーザ操作を提供することができる。例えば、スクリーンショット620は、自身の可視状態を変化させてユーザ入力に対応付けられた文脈的に関連するデータ/情報の利用可能性を通知することができる文脈探知キー622を示す。本発明の教示の通り、処理モジュールは、コンピューティングデバイス602に対応付けられたメモリモジュールと共に、ユーザ入力に対応付けられた関連文脈データを識別することができる。本例において、処理モジュールは、「買う」および「Ritzerの電話」といったテキストのキーワードを用いてユーザ入力の文脈をメモリモジュールと共に識別することができる。既に述べたように、いくつかの実施の形態において、処理モジュールは、ユーザがテキストを入力している間に、ユーザ入力の文脈を識別してもよい。他の特定の例示的な実施の形態において、処理モジュールは、ユーザがテキスト入力を完了し、文脈探知キー622をタップしたときにユーザ入力の文脈を識別してもよい。ユーザ入力の文脈が識別されると、ユーザインタフェースは、ユーザ入力の文脈に関連する広告/サービスの利用可能性を通知するように構成することができる。例えば、本実施の形態においては、ユーザインタフェースは、スクリーンショット630によって図示されるように、「Ritzerの電話」を「買う」ためにアクセスすることができるウェブサイトを提供することができる。スクリーンショット630に図示されるように、ウェブサイトのリストは、グリッド形式で提供することができる。しかし、文脈的に関連する広告/サービスのリストは、本発明の範囲および教示を限定することなく、他の任意のパターン/レイアウトでユーザインタフェース上に提供することができることが理解されるであろう。

0100

既に述べたように、ユーザインタフェースは、専用のソフトウェアキーまたはハードウェアキーといったユーザインタフェース構成要素を用いて、ユーザ入力の文脈に関連するサービス/広告の利用可能性を通知することができる。本例においては、ユーザインタフェースは、ユーザインタフェースのキーボード上の専用のキーを含む。スクリーンショット610に図示されるように、このキーは、ユーザ入力の文脈に関連するサービス/広告利用可能性を識別する前にオフ状態をとることができる。本例においては、キーのオフ状態は、キーの上の星の画像によって示すことができる。ひとたびユーザが画面のテキスト入力部にテキストを入力してキーを押すと、キーはオン状態となり、それにより、スクリーンショット620に示すように、文脈的に関連するサービス/広告の利用可能性を示すことができる。

0101

ひとたび「Ritzerの電話」を「買う」ためにアクセスすることができるウェブサイトのリストがスクリーンショット630によって提供されると、ユーザは、画面上のリストからウェブサイトのうちの1つを選択することができる。ユーザは、ユーザ操作によってウェブサイトのうちの1つを選択することができる。本例において、ユーザ操作は、ユーザインタフェースの画面上の当該ウェブサイトのアイコンをタップすること、ユーザジェスチャ、音声ジェスチャ等を提供することのうちの1つを含み得るが、これらに限定されるものではない。本例において、ユーザは、「Ritzerの電話」を買うために「Buyme.com」といったウェブサイトを選択するためのユーザ入力を提供することができる。リストからウェブサイトのうちの1つを選択するためのユーザ操作が提供されると、ユーザインタフェースは、選択されたウェブサイト中の関連コンテンツに対応付けられた詳細な情報をさらに提示することができる。本例において、ユーザインタフェース(スクリーンショット630に示す)上でアイコン632(選択されたウェブサイトを表す)といったアイコンが選択されると、ユーザは、ユーザインタフェースのスクリーンショット640の提示を受けることができる。スクリーンショット640は、選択されたウェブサイト上の文脈的に関連する製品に関する詳細な情報を提示することができる。ユーザは、ウェブサイト(例えば、Buyme.com)に列挙された製品のうちの1つをスクリーンショット640から選択することができる。別の例示的な実施の形態において、別のユーザに問い合わせる代わりに、例えば、図6を参照して説明した例で行われるように、ユーザは、文脈的に関連する広告/サービスの提供に基づいて他のユーザに提案を提供することができる。

0102

図7は、スマートフォンまたは他のコンピューティングデバイス702上で文脈探知アプリケーションソフトウェアの一部として表示可能な例示的なグラフィカル・ユーザ・インタフェース・ウィンドウを表示する、別の例示的な文脈探知アプリケーションソフトウェアの一連のスクリーンショット710、720、730、740を例示の目的で示す。この例において、スクリーンショット710は、文脈探知アプリケーションソフトウェア用のウィジェット712をコンピューティングデバイス702のホーム画面上に表示する。

0103

ウィジェット712が選択されると、ユーザがテキスト入力を提供できるように、ユーザにキーボードを提示することができる。例えば、スクリーンショット720を参照すると、ユーザ入力を提供するためにユーザが利用することができるキーボード722をコンピューティングデバイス702のユーザインタフェース上に提示してもよい。本例において、ユーザは、テキスト入力部724においてユーザ入力を提供することができる。例えば、ユーザは、「Ritzerの電話」とタイプし、続いて、文脈探知を行う(あるいは文脈的に関連する広告/サービスを提供する)ためのユーザ操作を提供してもよい。なお、ユーザ操作が行われる前、文脈探知キー726(スクリーンショット710に示される)はオフ状態であり、ユーザ操作が行われると、文脈探知キー726はオン状態となって、例えば、点灯し(スクリーンショット720に図示されるように)、それにより、ユーザ入力に文脈的に関連する広告/サービスが識別されたことが示される。

0104

スクリーンショット730は、例えば、「Ritzerの電話」を買うためにアクセスすることができる、ユーザ入力に関連するオプションのリストの提供を示す。一の実施の形態において、このオプションのリストは、メモリモジュール(例えば、文脈探知システム300/400/500のメモリモジュール324/422/522)のデータベースに収集され格納された情報に基づいて、ユーザに提供することができる。図3図4図5を参照して既に述べたように、文脈探知システムのメモリモジュールに格納された情報は、ひとたびコンピューティングデバイスに文脈探知システムがインストールされると、異なるアプリケーションにわたるユーザの種別、ユーザの嗜好、ユーザのキーワードの使用文脈等に基づいて収集することができる。上記情報は、ウィジェットが、ユーザのソーシャルアカウント、ユーザのブログ、SMS、電子メール、ノート、ソーシャル・ネットワーキング・プロフィールおよび他の同様のソースから学習を行うためのオプションを提供することができるように、ウィジェットによってアクセスされる。特定の実施の形態において、ウィジェットは、コンピューティングデバイス702の様々なアプリケーションエディタにわたって動作することができる。

0105

一の実施の形態において、ユーザは、ユーザ操作を行うことにより、ユーザインタフェースの画面上のリストからオプションのうちの1つを選択することができる。リストからオプションのうちの1つを選択するためのユーザ操作が行われると、ユーザインタフェースは、例えば、スクリーンショット740に図示されるように、選択されたウェブサイト中の関連コンテンツに対応付けられた詳細な情報を提示することができる。例えば、ユーザは、文脈的に関連する情報を友人と共有することを示すオプション732をスクリーンショット730上で選択することができ、次いで、スクリーンショット740は、ユーザが文脈的に関連する情報を友人と共有することを可能にすることができるオプションのリストを提供することができる。例えば、スクリーンショット740は、IM、電子メールオプション、ソーシャルネットワーキングオプション等といったオプションをユーザに提供してもよい。特定の実施の形態において、スクリーンショット730に図示されるユーザインタフェースは、選択された文脈的に関連する情報に関するクイックリンクまたは他の任意の情報をメッセージ中に自動的に挿入することを可能にし、それにより、ユーザがメッセージ中で宛先となっている1人または複数の友人と当該クイックリンク/情報を直接共有することが可能となる。

0106

なお、ウィジェットは文脈探知ウィジェットであり、したがって、文脈探知システム/アプリケーション(図3図4および図5を参照して説明)と共に動作することができる。一の実施の形態において、ウィジェットは、検索語/検索オプションのリストをユーザに提供することを容易にするようにも構成されている。例えば、ユーザが「映画」といった語を検索ウィジェットに入力すると、ウィジェットは、家での映画鑑賞好むユーザについて関連キーワードを取り出すことができる。関連キーワードのいくつかの例としては、家、ダウンロード、食べ物の宅配(例えば、文脈探知システムは、ユーザが家で映画を鑑賞し、同時にピザ注文する可能性があることを識別することができる)および他の同様のオプションが挙げられるが、これらに限定されるものではない。したがって、ユーザに提供された検索結果には、これらの関連キーワードに対する検索も含まれ得る。

0107

他の特定の実施の形態において、概念探知システム/アプリケーションに対応付けられた概念探知ウィジェットは、ユーザによって開始されたユーザ自身のソースからの学習に基づいて結果を提供することができる。特定の実施の形態において、概念探知システム/アプリケーションは、ユーザの他の接続されたデバイス上で行われる学習と同期が可能である。例えば、この同期は、コンピューティングデバイスでの最初のログオンで開始することができる。あるいは、コンピューティングデバイスは、コンピューティングデバイスの学習を他の接続されたデバイス上で行われる学習と同期させるオプションをユーザに提供してもよい。したがって、上記の結果は、接続されたデバイスにわたってユーザの嗜好およびプロフィールとより同期したものとなる。

0108

文脈探知検索ウィジェットは、別の接続されたデバイス上の異なるアプリケーションにわたってユーザによって入力された可能性のある有益な情報にアクセスするので、文脈探知検索ウィジェットにおいて詳細/関連検索を開始するのに必要な関連キーワード、トピックおよびユーザデータは、サードパーティ検索エンジン用のAPIにおいて実施できることが理解されるであろう。したがって、文脈探知検索ウィジェットは、文脈探知型アプリケーション/ウィジェット/キーボードおよび他の同様の構成要素を使用する際に既にユーザの関心を引いていた可能性のある異なるサービスに関する有益な情報を取り出すことができる。その後、サードパーティ検索エンジンは、その検索結果ページ上で関連広告/サービスを提供するためにこのデータを利用することができる。例示的な実施の形態として、ブランド飲料に対応付けられたアドオンがコンピューティングデバイスに対応付けられたキーボードシステムからユーザによってダウンロードされると、ダウンロードに関する当該情報を、文脈探知アプリケーションに対応付けられたデータベースに含めてもよく、また、「週末のパーティゲーム」という検索キーワードに対する結果を「飲料」からの広告で増補するために検索エンジン(例えば、文脈探知検索エンジンまたはサードパーティ検索エンジン等)に利用してもよい。

0109

図8は、スマートフォンまたは他のコンピューティングデバイス上で文脈探知アプリケーションソフトウェアの一部として表示可能な例示的なグラフィカル・ユーザ・インタフェース・ウィンドウを表示する、別の例示的な文脈探知アプリケーションソフトウェアの一連のスクリーンショット810、820、830を例示の目的で示す。本例において、ユーザは、文脈探知アプリケーションソフトウェア用のウィジェットにアクセスし、ウィジェットに対応付けられたユーザ入力部においてユーザ入力を提供することができる。スクリーンショット810に図示されるように、ユーザは、「Ritzer phone」に対応付けられた文脈的に関連する広告を特定するために「Ritzer phone」といったユーザ入力を提供することができる。コンピューティングデバイス802のユーザ入力部804にユーザ入力が入力されると、文脈探知キー806を点灯させ、それにより、ユーザ入力に文脈的に関連する広告/サービスといった情報が識別されたことを通知することができる。スクリーンショット820に図示されるように、ユーザインタフェースは、文脈的に関連する広告/サービスのリスト/グリッドをユーザに提示し、それにより、ユーザが画面上のリストから多くのウェブサイトのうちの1つを選択することが可能となる。ユーザは、ウェブサイトのうちの1つを、ユーザ操作によって、例えば、ユーザインタフェースの画面上の当該ウェブサイトのアイコンをタップすること、ユーザジェスチャ、音声ジェスチャ等を提供することによって選択することができる。ユーザ操作が提供されると、ユーザインタフェースは、スクリーンショット830に図示されるように、選択されたウェブサイトに対応付けられた詳細な情報を提示することができる。

0110

図9は、スマートフォンまたは他のコンピューティングデバイス上で文脈探知アプリケーションソフトウェアの一部として表示可能な例示的なグラフィカル・ユーザ・インタフェース・ウィンドウを表示する、さらに別の例示的な文脈探知アプリケーションソフトウェアの一連のスクリーンショット910、920、930、940を例示の目的で示す。コンピューティングデバイス902のユーザインタフェースウィンドウは、ユーザがユーザ入力を提供するのを可能にするためのユーザ入力部904を含んでもよい。本例において、ユーザは、コンピューティングデバイス902のメッセージサービスメッセージエディタを用いることにより文脈探知アプリケーションソフトウェアにアクセスすることができる。例えば、ユーザ902は、ユーザ入力に対応する1つまたは複数の文脈広告を特定し、文脈的に関連する提供用アプリケーションを用いることにより、これを1人または複数のユーザに送信してもよい。上記1人または複数のユーザの詳細(例えば、名前等)は、受信者の名前ウィンドウ、例えば、ユーザインタフェース中のウィンドウ906において示すことができる。

0111

この例示的な実施の形態において、ユーザは、1人または複数の友人と共にアクティビティを計画することを望む場合がある。これを行うため、ユーザは、コンピューティングデバイス902のメッセージサービスエディタにアクセスし、「今週末映画に行こうか。・・・どう?」といったユーザ入力を提供することができる。(スクリーンショット910を参照)。ユーザ入力に対応付けられた文脈的に関連する情報を識別するために、ユーザは、文脈探知キー908をタップするといったユーザ操作を行うことができる。ユーザ操作が開始されると、処理モジュールは、コンピューティングデバイスに対応付けられたメモリモジュールと連動して、ユーザ入力に対応付けられた関連文脈情報を識別することができる。本例において、コンピューティングデバイス902の処理モジュールは、メモリモジュールと共に、「映画」および「今週末」といったテキストのキーワードによってユーザ入力の文脈を識別することができる。ユーザインタフェースは、ユーザ入力の文脈に関連する広告/サービスの利用可能性を通知するように構成することができる。例えば、本実施の形態においては、スクリーンショット920に図示されるように、ユーザインタフェースは、「映画」および「今週末」についてアクセスされ得る人気ウェブサイトのリストを提供することができる。文脈的に関連する広告/サービスのリストは、本発明の趣旨を限定することなく、他の任意のパターン/レイアウトでユーザインタフェース上に提供することができることが理解されるであろう。

0112

ユーザは、スクリーンショット920の画面上のリストからウェブサイトのうちの1つ、例えば、ウェブサイト922を選択することができる。例えば、ユーザは、「Ticketjunction.com」といったウェブサイトを選択することができる。ユーザは、ユーザ操作によってウェブサイトのうちの1つを選択することができる。本例において、ユーザ操作は、ユーザインタフェースの画面上の当該ウェブサイトのアイコンをタップすること、ユーザジェスチャ、音声ジェスチャ等を提供することのうちの1つを含み得るが、これに限定されるものではない。リストからウェブサイトのうちの1つを選択するためのユーザ操作が行われると、ユーザインタフェースは、選択されたウェブサイト中の関連コンテンツに対応付けられた詳細な情報を提示することができる。例えば、本例において、ユーザは、映画のリストから1つの映画(例えば、映画ABC)を選択するために、ユーザインタフェース(スクリーンショット930に示す)上のアイコン932といったアイコンを選択してもよい。選択が行われると、スクリーンショット940に図示されるように、ユーザは、「今度の週末」に鑑賞可能な選択された映画の様々な上映回が列挙された別の画面の提示を受けることができる。ユーザは、上映回のうちの1つ、例えば、942に記載された上映回をスクリーンショット940中の上映回のリストから選択することができる。選択が行われると、選択された映画および上映回の詳細をユーザ入力(例えば、スクリーンショット910上のメッセージ)に追加することができる。ユーザは、メッセージの受信対象者である1人または複数の友人の名前をウィンドウ906(スクリーンショット910)に含めて、当該メッセージを送信することができる。

0113

一の実施の形態において、ユーザがエディタを介してキーボードを用いて携帯メールを作成/タイプしている間に、ユーザが検索エンジン上でクエリを入力した後に表示された広告をクリックし、その後、ユーザが第2の検索エンジンに同じクエリを入力した場合、第2の検索エンジンの最上部には同じ広告は表示されない。これら2つの検索エンジンは統合されていないからである。しかし、本実施の形態によると、ユーザがキーボードを用いてタイプしている事柄についての情報が収集され、広告は、ユーザによって使用されているブラウザ/IMアプリケーション/検索エンジンに関わりなく提供される。例えば、ユーザが1つの語をタイプしている間に、IM/ブラウザを使用しながら1つの広告(ユーザがタイプした事柄に基づいて提案バーに表示された)をタップする場合、次回には、ユーザが異なるブラウザ/IM/検索エンジンを使用していても、同じ広告を最初に提供することができ、また、語/文脈を複数の広告主情報にマッピングすることができる。

0114

別の例示的な実施の形態においては、他のユーザにメッセージを送信する代わりに、例えば、図9を参照して説明した例で行われるように、ユーザは、文脈的に関連する広告/サービスを特定/識別することだけを望む場合がある。このような実施の形態の一例について、図10を参照して説明する。

0115

図10は、スマートフォンまたは他のコンピューティングデバイス上で文脈探知アプリケーションソフトウェアの一部として表示可能な例示的なグラフィカル・ユーザ・インタフェース・ウィンドウを表示する、さらに別の例示的な文脈探知アプリケーションソフトウェアの一連のスクリーンショット1010、1020、1030、1040を例示の目的で示す。本例において、ユーザは、コンピューティングデバイス1002上の文脈探知アプリケーションソフトウェア用のウィジェットにアクセスし、ウィジェットに対応付けられたユーザ入力部1004においてユーザ入力を提供することができる。スクリーンショット1010に図示されるように、ユーザは、文脈的に関連する広告/サービスを特定するために、「今週末に映画」といったユーザ入力を提供することができる。ユーザ入力が入力され、ユーザがユーザインタフェース上の文脈探知キー1006をタップするといったユーザ操作を提供すると、探知キー1006を点灯させて、それにより、ユーザ入力に文脈的に関連する広告/サービスといった情報が識別されたことを通知してもよい。なお、コンピューティングデバイス上で文脈探知アプリケーションソフトウェアを開始するために、ユーザ操作は、ユーザジェスチャ、音声ジェスチャ等を提供するといった、キーをタップする以外の様々な他の操作を含んでもよい。

0116

スクリーンショット1020に図示されるように、ユーザインタフェースは、文脈的に関連する広告/サービスのリスト/グリッドをユーザに提示し、それにより、ユーザが画面上のリストから多くのウェブサイトのうちの1つを選択することが可能となる。ユーザは、ウェブサイト1022といった、ウェブサイトのうちの1つを、ユーザ操作、例えば、ユーザインタフェース画面上の当該ウェブサイトのアイコンをタップすることにより、選択することができる。ユーザ操作が提供されると、スクリーンショット1030に図示されるように、ユーザインタフェースは、選択されたウェブサイト(例えば、ticketjunction.com)上に、映画ABC、XYZ、UVW等といった様々な映画の詳細な情報を提示することができる。ユーザは、例えば1032においてユーザ操作を行うことにより、映画のうちの1つ、例えば、映画ABCを選択することができる。

0117

次のスクリーンショット1040は、様々な劇場、映画館等における映画ABCの上映回のリストを、時間、映画レビュー、チケットの空き状況等といった映画上映回の詳細と共に表示することができる。ユーザは、スクリーンショット1040に表示されたリストから上映回のうちの1つ、例えば、1042に記載された上映回を選択し、次のトランザクションに進むことができる。

0118

図11は、スマートフォンまたは他のコンピューティングデバイス上で文脈探知アプリケーションソフトウェアの一部として表示可能な例示的なグラフィカル・ユーザ・インタフェース・ウィンドウを表示する、さらに別の例示的な文脈探知アプリケーションソフトウェアの一連のスクリーンショット1110、1120、1130、1140を例示の目的で示す。本例において、ユーザは、コンピューティングデバイス1102上の文脈探知アプリケーションソフトウェア用のホーム画面にアクセスすることができる。コンピューティングデバイス1102は、1つまたは複数のホーム画面を提示するように構成することができる。例えば、図11を参照すると、ホーム画面1104が図示されている。典型的なホーム画面と同様、ホーム画面1104は、コンピューティングデバイス上でメール、連作先、音楽等といった、各種アプリケーションにアクセスするための各種オプションをユーザに提供する。ユーザは、次のホーム画面、例えば、スクリーンショット1120に図示されるホーム画面1122にアクセスすることができる。一の実施の形態において、ユーザは、現在のホーム画面でのスライド操作といったユーザ操作を行うことにより、次のホーム画面にアクセスすることができる。

0119

本明細書に開示されるように、1つまたは複数のホーム画面のうちの1つのホーム画面は、文脈的なホーム画面であってもよい。一の実施の形態において、ユーザによる最初のログイン時に、コンピューティングデバイス1102上またはその外部の様々なソースに対するアクセスを文脈探知システム/文脈探知アプリケーションソフトウェアに与えることによって文脈をより個人的なものとするよう、ユーザに促すことができる。例えば、図11に図示されるように、スクリーンショット1130は、ユーザ情報を特定するために文脈探知アプリケーションソフトウェア/システムが利用することができる種々のユーザソースを示すホーム画面1132を含んで示されている。コンピューティングデバイス上またはその外部のソースの様々な例としては、公開プロフィールまたはファイル等のユーザログインを必要とする非公開プロフィール、ソーシャルネットワーキングウェブサイトのプロフィール、ユーザのプロフィールおよびアカウント、ユーザによるダウンロード、アカウント、コンピューティングデバイス上またはその外部でユーザがアクセスしているコンテンツ等が挙げられるが、これらに限定されるものではない。なお、本明細書において、コンピューティングデバイスの外部に存在するソースには、例えば、コンピューティングデバイス上のソースではないブラウザからのメールアカウントからの読み取りおよび他の同様のソースが含まれ得る。ユーザリソースについての学習が行われると、文脈探知アプリケーションソフトウェア/システム(例えば、システム300/400/500)は、データベース(例えば、コンピューティングデバイスのメモリモジュール)を、ユーザプロファイリング情報を用いて更新してもよく、それにより、ユーザプロフィール、ユーザの嗜好、文脈的なサービスを表示することができる文脈探知システム/文脈探知アプリケーションソフトウェアと関連のある異なるキーワードの利用パターンについて点と点をつなぐごとができる。

0120

例示的なシナリオにおいて、ユーザのソーシャルネットワーキングプロフィール学習により、週末にトレッキングすることに対するユーザの関心といった有益な洞察を文脈探知システム/文脈探知アプリケーションソフトウェアが得ることを容易にすることができる。したがって、本発明によると、文脈的なホーム画面は、週末が近づくと、トレッキングの主催者からの広告またはハイキング用品店からの広告を表示することができる。別の例において、ユーザの通信(SMS/電子メール等を介した)は、今度の週末の映画についてのユーザの予定に関する学習を文脈探知システム/文脈探知アプリケーションソフトウェアに提供することができる。すると、文脈探知システム/文脈探知アプリケーションソフトウェアは、文脈探知ホーム画面、例えば、文脈的なホーム画面1140に、映画予約ウェブサイト、映画レビューウェブサイトおよび週末の映画についてのユーザの計画に関連する可能性のある他の情報を入れることができる。

0121

一の実施の形態において、文脈的なホーム画面は、キーボードといった、ユーザ入力に必要な構成要素を設けることなく存在し得る。一の実施の形態において、文脈探知ホーム画面は、ユーザ嗜好に基づいて文脈的なホーム画面を有効にするための設定を提供することができる。例えば、当該設定は、ユーザの嗜好の学習に基づいてコンピューティングデバイス上で広告を動的にプッシュすることを容易にすることを可能にすることができる。別の実施の形態において、当該設定は、ユーザがホーム画面を立ち上げた時にのみ、文脈的なホーム画面を有効にしてもよい。さらに別の実施の形態において、当該設定は、ユーザが特定のイベントからのフェッチを開始したときに、コンピューティングデバイスにおいて文脈的なホーム画面を有効にしてもよい。

0122

特定の実施の形態において、文脈的なホーム画面サービスは、ユーザによって削除することができる。また、ユーザがサービスの詳細の閲覧を望む場合、ユーザは、例えば、コンピューティングデバイス上でホーム画面の表示をスワイプすることによって、同じホーム画面に戻ることができる。実施の形態の一例において、文脈的なホーム画面は、常にコンピューティングデバイスのユーザインタフェース上のユーザ嗜好の通りに閲覧を行うためにユーザが1つまたは複数の特定のサービス/広告をロックすることを可能にすることができる。例えば、文脈的なホーム画面は、ディズニーによって公開されている映画の広告を表示するオプションをユーザインタフェース上で提供することができる。

0123

特定の実施の形態において、文脈的なホーム画面は、コンピューティングデバイス上でユーザが訪れているウェブサイト上の情報の購読を容易にするように構成することができる。代替的な実施の形態において、文脈的なホーム画面は、ブラウザ上にプラグインを提供するか、あるいはアプリケーション、ユーザ検索等といった、デバイス上で実行されているコンテンツを購読するように構成することができる。文脈的なホーム画面は、また、購読メカニズムを介して、あるいはデフォルトのテキスト入力アプリケーションとなることによって、ユーザによってタイプされているコンテンツに対するアクセスを得ることができる。上記情報/データは、広告/サービスの文脈的供給を決定するために使用することができる。例えば、ユーザがメッセージアプリケーションをつい今しがた訪れたところであり、「今週末に映画はどう?」というメッセージを友人に送り、その後、識別された時間間隔内(来週末までであるかもしれない)にユーザがホーム画面を開いた場合、映画チケット予約ポータルによってユーザに広告が提供されてもよい。

0124

なお、本明細書にて図6図11を参照して説明した各ユーザインタフェースは例示のためのものであり、コンピューティングデバイスは、図6図11に開示されるユーザ入力シナリオに限定されることなく、ユーザ入力に基づいて文脈的に関連する広告/サービスを提供するように構成することができる。また、ユーザインタフェースは、ユーザ操作に基づいて、自身の状態を不可視状態から可視状態に変化させることができる文脈探知キーを含むものとして説明されている。それに加えてまたはその代わりに、文脈探知キーは、ユーザ開始操作なしに、文脈的に関連する情報の有無のみに基づいてその状態を変化させてもよい。文脈探知キーの例の1つには、文脈的に関連する情報が識別されると視覚通知を提示することができる星の画像が含まれ得る。可視キーの状態変化の他の例としては、小から大へのサイズの変化、文脈探知キーの色の変化、背景の変化、文脈探知キー上の画像の変化、触覚または接触フィードバック、文脈探知キーの深さ、視覚フィードバック、およびユーザが知覚可能な他の同様の表示が挙げられる。他の特定の実施の形態において、通知は、本開示の範囲を限定することなく、音響手段、振動手段、ユーザジェスチャ手段等といった視覚手段以外の手段によって提供することができることが理解されるであろう。別の実施の形態において、上記キーは、ソフトウェアが他のIM中にプラグインまたはソースコードとして統合されている場合、画面上の任意の場所、例えば、BLOBにも設けられる。

0125

さらに、文脈探知アプリケーションソフトウェアは、コンピューティングデバイスの任意のアプリケーション/エディタにおいて、例えば、電子メール、SMS、ノート、IM等においてアクセスされ得る。特定の実施の形態において、アプリケーションは、ユーザがユーザ入力を提供している間(例えば、タイプしている間)、あるいはユーザ入力を提供した後にユーザがユーザ操作を(例えば、文脈探知キーをタップすることにより)提供したときにアクセスされてもよい。ユーザ入力の文脈は、特に、メッセージ中の位置文脈、時間文脈等によって特定することができることも理解されるであろう。

0126

様々な実施の形態により、コンピューティングデバイスにおいて文脈探知アプリケーションソフトウェアを提供するための方法およびシステムを提供することができる。文脈探知方法は、文脈探知システム300/400/500の構成要素といった、文脈探知を容易にするための構成要素を提供することを含んでもよい。文脈探知方法は、広告主および事業者からのデータを取り出し、当該データを所定のフォーマットでコンピューティングデバイスに格納することを含んでもよい。ユーザがコンピューティングデバイスにユーザ入力を提供すると、ユーザ入力の文脈を解析し、格納されたデータからの関連データをユーザに提供することができる。

0127

上記の様々な実施の形態は、より多くの代替的な実施の形態に変形が可能である。なお、様々な実施の形態において説明した文脈探知システムおよび方法は、図2図11に関して説明した構成例に限定されず、多数の構成が可能である。文脈探知アプリケーションソフトウェア/システムは、異なるアプリケーション、検索エンジンなどのためのバックグラウンド構成要素(例えば、プラグイン等)として動作することが可能である。様々な実施の形態において、文脈探知アプリケーションソフトウェア/システムは、ユーザによってインストールするか、あるいはOEM/事業者の団体(stable)からのデバイスに事前ロードすることができる。加えて、文脈探知アプリケーションソフトウェア/システムは、キーボードと協働して、ユーザがユーザ入力(例えば、タイピングによる)を提供している間に文脈情報および学習によって通常のテキスト予測を可能にすることができる。特定の実施の形態において、文脈探知アプリケーションソフトウェア/システムは、他の構成要素が存在しない場合、キーボードで動作してもよい。キーボードは、ユーザ入力を(例えば、タイピングによって)提供する間に文脈的なサービスの表示をユーザに選択させるための文脈探知キーを含んでもよい。

0128

ユーザは、文脈システムおよび方法を利用して、ユーザ入力の文脈に関連する広告および/またはサービスをリアルタイムで特定することができる。様々な実施例において、文脈探知システムおよび方法は、ユーザが、文脈的に関連するデータ/情報を、迅速かつ直接的にそして1回のキータップで特定することを可能にすることができる。サービスおよび/または広告を選択することで、ユーザを、よりアプリケーションフレンドリーに表示されたより詳細な結果に導くか、あるいは関連または関係するウェブページに直接案内することができる。

0129

特定の例示的な実施の形態において、文脈探知システムは、文脈探知ホーム画面(図11を参照して説明)、文脈探知キー、文脈探知ウィジェット(図7を参照して説明)、文脈探知API等といった様々なアプリケーションの提供のために実施することができる。本明細書に開示されるように、文脈探知APIは、文脈連想、使用頻度、ユーザプロフィール、ユーザ嗜好、語の属性等を提供することができる、サードパーティの統合を容易にすることもできる。例えば、検索エンジンは、検索のために識別されたキーワードまたは関係するキーワードの入力を取り出すために、文脈探知システムに通信可能に結合することができる。このような入力の例としては、このような語の使用の文脈、これらの語が属するトピック、これらのトピックに対するユーザの関心、語がその内部で使用されるアプリケーション、語が使用される時刻、これらの語の使用頻度、ソーシャルネットワーキングウェブサイト、ブログ、電子メール等といったユーザのソースにおけるこれらの語の使用の学習が挙げられる。

0130

本発明は、複数の広告が同じ文脈情報に関係し、コンピューティングデバイス順位およびサーバ順位のうちの少なくとも1つに応じて表示ユニット上に広告が表示されるシナリオを取り扱うものである。コンピューティングデバイス順位は、一組の情報に基づき、サーバ順位は、広告をアップロードする間に1つのカテゴリーのユーザによって記入されたフォームデータおよび処理ユニットによって収集された解析情報のうちの少なくとも1つに基づいている。

0131

サーバ側での順位付けは、以下の数式を用いて行うことができる。

0132

Rserver=w1*f1+w2*f2+w3*f3+w4*f4+...……(1)
式中、Wiは、各係数fiの重みであり、
f1は、広告主の履歴に基づいて計算され、
f2は、ユーザの統計情報に基づいて計算され、
f3は、位置の統計情報に基づいて計算され、
f4は、価格に基づいて計算され、
上記に限定されないサーバ側の全てのパラメータ(それらの重みを含む)の合計は、サーバ順位を割り当てるために、同式に含めることができる。

0133

コンピューティングデバイスの順位付けは、以下の数式を用いて行うことができる。

0134

Rclient=w1*f1+w2*f2+w3*f3+w4*f4+w5*f5+...(2)
式中、Wiは、各係数fiの重みであり、
f1は、現在のキーワード/文脈/フレーズに基づいて計算され、
f2は、広告のクリック/広告のインプレッションに基づいて計算され、
f3は、ユーザの現在位置に基づいて計算され、
f4は、特定の時刻/日におけるユーザのテキスト入力に基づいて計算され、
f5は、表示位置に基づいて計算され、
上記に限定されないクライアント側の全てのパラメータ(それらの重みを含む)の合計は、クライアント順位を割り当てるために、同式に含めることができる。

0135

文脈探知システムおよび方法は、広告主および事業者が顧客とリアルタイムで関わる機会を増やすことができる。例えば、文脈探知システムおよび方法は、ユーザが映画について友人とチャットを行っているときに映画サービスを提供すること、友人同士が誰かの誕生日または結婚贈り物をする話し合いが行われているときにギフトサービスを提供すること、ユーザが場所についての検索キーワードをタイプしているときにタクシーサービスを提供すること、および他の同様なシナリオを容易にする。加えて、文脈探知システムおよび方法では、同じ情報を得るために個々のアプリケーションをコンピューティングデバイスにインストールする時間を費やすことが不要となる。さらに、本開示のシステムおよび方法は、ユーザによる開始(例えば、ユーザが文脈探知キーを開始するためにユーザ操作を行ったとき)に基づいて、あるいはユーザによる開始なしに、ユーザに、サービスを必要な時にリアルタイムで提供する。顧客と広告主および事業者がリアルタイムで関わる別の例としては、顧客がある場所の「Café Coffee Day」(商標)にいるときのシナリオが考えられる。顧客は、文脈探知アプリケーションソフトウェアを備えたクライアント装置上で「割安商品」または「割引」とタイプし始める。システムは、ユーザがその特定の「Café Coffee Day」(商標)店舗で利用可能な「Café Coffee Day」(商標)の割安商品/クーポンがユーザにオファーされることを知的に識別する。ユーザにこのようなハイパー文脈探知サービスを与えるために、ユーザの現在位置、広告主の近接性、入手可能な割安商品などを利用することができる。利用可能な割安商品が存在しない場合、クライアント装置は、特定の場所の特定の店舗で顧客が割安商品を探していたことをサーバに通知し、他の多くの同様のユーザ間のこのような情報を照合し、広告主が割引キャンペーンをより良く計画するためのインテリジェントAPIとして広告主に提示することができる。さらに、この特徴を他の解析情報によって強化してもよい。

0136

図2図11を参照して述べたように、文脈探知システムは、コンピューティングデバイスにおいて文脈探知を実現するために様々な方法で実施することができる。例えば、一の実施の形態において、文脈探知システムは、文脈探知システムと並行して学習および文脈入力エンジンを使用することによってユーザに関してプロファイリングされた情報を利用するように実施することができる。例えば、このような文脈探知システムは、文脈探知ウィジェット(図7を参照して説明)、文脈探知ホーム画面(図11を参照して説明)および文脈探知キーにおいて実施することができる。他の特定の実施の形態において、文脈探知システムは、文脈探知システムの関係する入力システムから入手可能な情報が無くても文脈探知を行うことができる。このようなシステムは、文脈探知ウィジェット(図7を参照して説明)、文脈探知ホーム画面(図11を参照して説明)において実施することができる。

0137

一の実施の形態において、アプリケーションは、タイプされている語、タイプされている文脈、ユーザのデバイスに格納された情報、ユーザが以前にいた位置、ユーザが現在いる位置、当該語をより高い費用で購入した(語を共同所有するため)広告主およびユーザが頻繁に行う選択を識別することによって広告を供給する。例えば、ユーザが「今日『ウェブサイトX』から靴を買おうか」とタイプし、「靴」および「買う」という語が2つ以上の広告主によって購入され、「靴」および「今日」という語が第2の広告主によって購入され、「靴」および「ウェブサイトX」という語が、第3の広告主によって購入され得ると仮定する(ここでは、「靴」という語が、2つ以上の広告主によって購入される語である)。この場合、ユーザが「買おうか」とタイプし、靴/「ウェブサイトX」がまだタイプされていない場合、ソフトウェアは、購入を予定している第1の広告主、語を高い価格で購入した広告主、語/フレーズ/文脈の広告を提案バー上でのみ提供する権利だけを購入した広告主、語/フレーズ/文脈の広告をグリッド1に対してのみ提供する権利だけを購入した広告主、提案バーおよびグリッドレベルの両方において語/フレーズ/文脈の広告を提供する権利を購入した広告主、任意のブラウザ/ウィジェットへのユーザの以前のエントリ、エディタ上でタイプされているデータ、ユーザがいる位置、デバイスから取得されたデータ、ユーザの個人情報(ソフトウェアのインストール時に識別可能なもの)といったいくつかの要因を検討することにより、「ウェブサイトY」/「ウェブサイトX」/他の任意の電子商取引サイトを提案バーまたはグリッド1において提供する。ユーザが「ウェブサイトXから靴を買おうか」と引き続きタイプした場合、ソフトウェアは、もう一度同じ処理を実行して関連広告を識別するが、この広告は以前の広告と類似しているかもしれないし、あるいは、今回は文脈が変化しているので類似していないかもしれない。ソフトウェアは、この特定の文脈の時刻も検討して適切な広告を提供する。

0138

上記の例では、購入予定の第1の広告主、語を高い価格で購入した広告主、広告を提案バー上でのみ提供する権利だけを購入した広告主、広告をグリッド1に対してのみ提供する権利だけを購入した広告主、広告を提案バーおよびグリッドレベルの両方において提供する権利を購入した広告主、提案バー/グリッド1/グリッド1からの広告の頻繁な選択、および、特定の語/文脈/フレーズ/時間語(文献の項目6に記載)の権利を購入した広告主といった要因は、広告主側で考慮してもよく、広告主側からのこれらすべての要素を考慮することによって、各広告主に順位が割り当てられ、ユーザがテキストを入力した文脈/位置および時間に基づいて最上位となる広告が提案バー/グリッド1/グリッド2上に提供される。

0139

上記解析では、CPC(クリック・パー・コスト(click per cost))、CPA(コスト・パー・アクション(cost per actions))、CPM(コスト・パー・インプレッション(cost per impression)(提案バー上の))およびCPS(コスト・パー・セール(cost per sale))といった要因も検討される。

0140

一の実施の形態において、サーバは、1つまたは複数のクライアントプロセッサから、少なくとも、文脈情報を識別するために使用する情報、文脈情報、および解析情報を受信し、これらの情報のうちの少なくとも1つを処理して、クライアントプロセッサのユーザ間のトレンドに関係する現在のトレンディング文脈を識別する。サーバは、文脈情報を識別するために使用される情報、文脈情報および解析情報のうちの少なくとも1つに基づいて、後に出現する可能性の高いトレンディング文脈を予測することもできる。このトレンドは以下のようなものであってよい。

0141

・携帯クライアント上の複数の検索アプリにわたってユーザによってタイプされているデータから得られる位置において最も検索されている語。
年齢に基づくトレンド
・一組の情報および/または文脈情報がクライアントプロセッサにおいて処理されたときの時間に基づくトレンド
季節的なトレンド
・ブランドに基づくトレンド、例えば、特定のブランドについて話している特定の年齢層ユーザ数
アプリに基づくトレンド、例えば、IMアプリにおいて1日当たり1000語を超える語を積極的にタイプしているユーザの数
・言語トレンド、例えば、ある地域におけるユーザ全体の言語書込スコア
・表示装置に表示された特定のブランドまたはあるユーザが「お気に入り」に入れた内容が気に入っているユーザの数
・ある地域または全地域における、グリッド2/ブランドのタイル表示に示される特定のブランドの動画を気にいっている、ある年齢層のユーザ数
・ある地域においてあるブランド名について肯定的な発言をしているユーザの数
・FIFA2015などのイベントを想定した場合に、割安商品、値引き、ハッピーアワー等を探しているユーザが何人いるか
・コンピューティングデバイスの位置
・ユーザの個人統計情報に基づくトレンド

0142

本発明の具体的な実施の形態の以上の説明は、例示および説明を目的として提示したものである。これらは全てを網羅することまたは本発明を本開示の厳密な形態に限定することを意図するものではなく、上記の教示に鑑み、多くの修正および変形が可能であることは明らかである。例示的な実施の形態は、本発明の原理およびその実際の適用例を最も良く説明し、それにより当業者が、本発明および意図される特定の使用に適した種々の変形例を伴う種々の実施の形態を最も良く利用できるようにするために、選択し説明したものである。

0143

310、410、510サーバ
320、420、520コンピューティングデバイス
322処理モジュール
324メモリモジュール
326、426、526ユーザインタフェース
370、470、570広告サーバ
422、522 メモリモジュール
424、524 処理モジュール
428、528入力エディタ
430、530表示モジュール
432、532 意味・文脈コンテンツ解析モジュール
434、534コンテンツマッチングモジュール
442、444広告主
480、580広告主サーバ
542、544 広告主

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社日立製作所の「 検索支援システム、及び検索支援方法」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題】ユーザによる情報検索を容易にする検索支援システム及び検索支援方法を提供する。【解決手段】検索支援システム1は、1又は複数の項目と、その項目の内容を示す情報とを対応づけた検索対象情報を作成するデ... 詳細

  • 株式会社日立製作所の「 画像取得装置及び画像取得方法」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題】パンチアウト先の運用負荷を低減しつつ、認証が必要なWebページからも画像を収集して商品と商品画像との紐づけ精度を向上させる。【解決手段】画像取得装置は、商品を特定する商品特定情報と、商品につい... 詳細

  • カシオ計算機株式会社の「 情報処理装置、表示方法、及びプログラム」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題】入力された語句と該語句に関する詳細情報とを表示する情報処理装置において、現在表示されている語句と以前に表示されていた語句との対応関係を把握しやすくする。【解決手段】情報処理装置1は、入力情報に... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ