図面 (/)

技術 モバイルからのウェブ・プリファレンスの推測

出願人 フェイスブック,インク.
発明者 セントクレア、ルーク
出願日 2014年2月4日 (5年5ヶ月経過) 出願番号 2015-556227
公開日 2016年4月21日 (3年2ヶ月経過) 公開番号 2016-511886
状態 特許登録済
技術分野 計算機間の情報転送 電話通信サービス
主要キーワード 固体ドライブ ワイヤレスLAN 例示的実施 EAROM 演算論理装置 ダイナミックRAM 一時記憶媒体 プログラマブルROM
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年4月21日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題・解決手段

1実施形態では、オンラインサービスを提供するサーバは、オンライン・サービスのユーザのモバイルコンピューティング装置と関連付けられた変化を識別し、オンライン・サービスは、システムによってホストされるウェブサイトを通して、ユーザからアクセス可能であり、サーバは、また、変化に応答して、またユーザからの手動ユーザ入力を用いずに、ユーザによるオンライン・サービスの使用と関連付けられた、ウェブサイトのウェブページの態様を変更する。

概要

背景

ソーシャルネットワーキングウェブサイトを含むことができるソーシャル・ネットワーキング・システムは、(人または組織などの)複数のユーザが、そのウェブサイトと対話すること、およびそのウェブサイトを通して互いに対話することを可能にすることができる。ソーシャル・ネットワーキング・システムは、ユーザからの入力を用いて、ユーザと関連付けられたユーザ・プロファイルを生成し、ソーシャル・ネットワーキング・システム内に記憶することができる。ユーザ・プロファイルは、人口統計情報通信チャネル情報、およびユーザの個人的関心に関する情報を含むことができる。ソーシャル・ネットワーキング・システムは、また、ユーザからの入力を用いて、ソーシャル・ネットワーキング・システムの他のユーザとのユーザの関係についての記録を生成し、記憶することができ、および2者のユーザ間または3者以上のユーザ間のソーシャル対話を促進するサービス(例えば、ウォールポストフォトシェアリングイベントオーガニゼーションメッセージング、ゲーム、または広告)を提供することができる。

ソーシャル・ネットワーキング・システムは、1つまたは複数のネットワーク上で、そのサービスに関連するコンテンツまたはメッセージを、ユーザのモバイル装置または他のコンピューティング装置に送信することができる。ユーザは、また、ソーシャル・ネットワーキング・システム内の自らのユーザ・プロファイルおよび他のデータにアクセスするためのソフトウェアアプリケーションを、自らのモバイル装置または他のコンピューティング装置上にインストールすることができる。ソーシャル・ネットワーキング・システムは、ユーザに接続された他のユーザのストーリ集約したニュースフィードなど、ユーザに表示するカスタマイズされた1組のコンテンツ・オブジェクトを生成することができる。

スマートフォンタブレットコンピュータ、またはラップトップ・コンピュータなどの、モバイル・コンピューティング装置は、その位置、方向、または向きを求める、GPS受信機コンパス、またはジャイロスコープなどの機能を含むことができる。そのようなデバイスは、また、BLUETOOTH通信近距離通信(NFC)、赤外線(IR)通信、またはワイヤレスローカルエリア・ネットワーク(WLAN)もしくは携帯電話網との通信などの、ワイヤレス通信のための機能を含むことができる。そのようなデバイスは、また、1つまたは複数のカメラスキャナタッチスクリーンマイクロフォン、あるいはスピーカを含むことができる。モバイル・コンピューティング装置はまた、ゲーム、ウェブブラウザ、ソーシャル・ネットワーキング・アプリケーションなどの、ソフトウェア・アプリケーションを実行することができる。ソーシャル・ネットワーキング・アプリケーションを用いて、ユーザは、ユーザのソーシャル・ネットワーク内の他のユーザと接続し、通信し、情報を共有することができる。

概要

1実施形態では、オンライン・サービスを提供するサーバは、オンライン・サービスのユーザのモバイル・コンピューティング装置と関連付けられた変化を識別し、オンライン・サービスは、システムによってホストされるウェブサイトを通して、ユーザからアクセス可能であり、サーバは、また、変化に応答して、またユーザからの手動ユーザ入力を用いずに、ユーザによるオンライン・サービスの使用と関連付けられた、ウェブサイトのウェブ・ページの態様を変更する。

目的

ソーシャル・ネットワーキング・システムは、また、ユーザからの入力を用いて、ソーシャル・ネットワーキング・システムの他のユーザとのユーザの関係についての記録を生成し、記憶することができ、および2者のユーザ間または3者以上のユーザ間のソーシャル対話を促進するサービス(例えば、ウォール・ポスト、フォト・シェアリング、イベント・オーガニゼーション、メッセージング、ゲーム、または広告)を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

方法であって、オンラインサービスを提供するシステムの1つまたは複数のコンピューティング装置によって、前記システムによってホストされるウェブサイトを少なくとも介して、ユーザからアクセス可能であるオンライン・サービスのユーザのモバイル・コンピューティング装置と関連付けられた変化を識別すること、前記システムの1つまたは複数のコンピューティング装置によって、前記モバイル・コンピューティング装置と関連付けられた変化を識別したことに応答して、ユーザからの手動ユーザ入力を用いずに、ユーザによる前記オンライン・サービスの使用と関連付けられた、前記ウェブサイトの1つまたは複数のウェブページの1つまたは複数の態様を変更することを備える方法。

請求項2

前記システムが、ソーシャルネットワーキング・システムであり、前記オンライン・サービスが、前記ソーシャル・ネットワーキング・システムによって提供されるソーシャル・ネットワーキング・サービスである、請求項1に記載の方法。

請求項3

前記変化が、前記モバイル・コンピューティング装置の所在地の変化を含む、請求項1に記載の方法。

請求項4

ユーザによる前記オンライン・サービスの使用と関連付けられた、前記ウェブサイトの1つまたは複数のウェブ・ページの1つまたは複数の態様を変更することは、前記1つもしくは複数のウェブ・ページのコンテンツを、前記モバイル・コンピューティング装置の所在地と関連付けられた言語に翻訳すること、前記モバイル・コンピューティング装置の所在地に基づいて、前記1つもしくは複数のウェブ・ページ上で、ユーザの所在地情報更新すること、または前記モバイル・コンピューティング装置の所在地に関連するコンテンツを、前記1つもしくは複数のウェブ・ページ上で提供することを含む、請求項3に記載の方法。

請求項5

前記モバイル・コンピューティング装置の所在地に関連するコンテンツを、前記1つもしくは複数のウェブ・ページ上で提供することは、前記モバイル・コンピューティング装置の所在地と関連付けられた言語のための辞書または翻訳ソフトウェアを、前記1つもしくは複数のウェブ・ページ上で提供することを含む、請求項4に記載の方法。

請求項6

前記システムの1つまたは複数のコンピューティング装置によって、前記1つもしくは複数のウェブ・ページ上でのユーザによるアクションを識別すること、前記システムの1つまたは複数のコンピューティング装置によって、前記アクションを識別したことに応答して、ユーザからの手動のユーザ入力を用いずに、前記アクションと関連付けられた前記モバイル・コンピューティング装置に対する1つまたは複数の変更を実施させるように構成されたメッセージを、前記モバイル・コンピューティング装置に送信することをさらに備える請求項1に記載の方法。

請求項7

前記モバイル・コンピューティング装置と関連付けられた変化が、前記モバイル・コンピューティング装置の表示の明度に対する調整であり、ユーザによる前記オンライン・サービスの使用と関連付けられた、前記ウェブサイトの1つまたは複数のウェブ・ページの1つまたは複数の態様を変更することは、前記モバイル・コンピューティング装置の表示の明度に対する調整に基づいて、ユーザの別のコンピューティング装置上で前記1つもしくは複数のウェブ・ページの表示の明度を調整することを含む、請求項1に記載の方法。

請求項8

1つまたは複数のコンピュータ可読非一時記憶媒体であって、オンライン・サービスを提供するシステムの1つまたは複数のコンピューティング装置によって実行されたときに、前記システムによってホストされるウェブサイトを少なくとも介して、ユーザからアクセス可能である前記オンライン・サービスのユーザのモバイル・コンピューティング装置と関連付けられた変化を識別し、前記モバイル・コンピューティング装置と関連付けられた変化を識別したことに応答して、ユーザからの手動のユーザ入力を用いずに、ユーザによる前記オンライン・サービスの使用と関連付けられた、前記ウェブサイトの1つまたは複数のウェブ・ページの1つまたは複数の態様を変更するように動作可能なソフトウェア実装する1つまたは複数のコンピュータ可読非一時記憶媒体。

請求項9

前記システムが、ソーシャル・ネットワーキング・システムであり、前記オンライン・サービスが、前記ソーシャル・ネットワーキング・システムによって提供されるソーシャル・ネットワーキング・サービスである、請求項8に記載の1つまたは複数のコンピュータ可読非一時記憶媒体。

請求項10

前記変化が、前記モバイル・コンピューティング装置の所在地の変化を含む、請求項8に記載の1つまたは複数のコンピュータ可読非一時記憶媒体。

請求項11

ユーザによる前記オンライン・サービスの使用と関連付けられた、前記ウェブサイトの1つまたは複数のウェブ・ページの1つまたは複数の態様を変更するために、前記ソフトウェアが、前記システムの1つまたは複数のコンピューティング装置によって実行されたときに、前記ウェブ・ページの1つもしくは複数のコンテンツを、前記モバイル・コンピューティング装置の所在地と関連付けられた言語に翻訳するか、前記モバイル・コンピューティング装置の所在地に基づいて、前記1つもしくは複数のウェブ・ページ上で、ユーザの所在地情報を更新するか、または前記モバイル・コンピューティング装置の所在地に関連するコンテンツを、前記1つもしくは複数のウェブ・ページ上で提供するように動作可能である、請求項10に記載の1つまたは複数のコンピュータ可読非一時記憶媒体。

請求項12

前記モバイル・コンピューティング装置の所在地に関連するコンテンツを、前記1つもしくは複数のウェブ・ページ上で提供するために、前記ソフトウェアが、前記システムの1つまたは複数のコンピューティング装置によって実行されたときに、前記モバイル・コンピューティング装置の所在地と関連付けられた言語のための辞書または翻訳ソフトウェアを、前記1つもしくは複数のウェブ・ページ上で提供するように動作可能である、請求項11に記載の1つまたは複数のコンピュータ可読非一時記憶媒体。

請求項13

前記ソフトウェアが、前記システムの1つまたは複数のコンピューティング装置によって実行されたときに、前記1つもしくは複数のウェブ・ページ上でのユーザによるアクションを識別し、前記アクションを識別したことに応答して、ユーザからの手動のユーザ入力を用いずに、前記アクションと関連付けられた前記モバイル・コンピューティング装置に対する1つまたは複数の変更を実施させるように構成されたメッセージを、前記モバイル・コンピューティング装置に送信するようにさらに動作可能である、請求項8に記載の1つまたは複数のコンピュータ可読非一時記憶媒体。

請求項14

前記モバイル・コンピューティング装置と関連付けられた変化が、前記モバイル・コンピューティング装置の表示の明度に対する調整であり、ユーザによる前記オンライン・サービスの使用と関連付けられた、前記ウェブサイトの1つまたは複数のウェブ・ページの1つまたは複数の態様を変更するために、前記ソフトウェアが、前記システムの1つまたは複数のコンピューティング装置によって実行されたときに、前記モバイル・コンピューティング装置の表示の明度に対する調整に基づいて、ユーザの別のコンピューティング装置上で前記1つもしくは複数のウェブ・ページの表示の明度を調整するように動作可能である、請求項8に記載の1つまたは複数のコンピュータ可読非一時記憶媒体。

請求項15

コンピューティング装置であって、オンライン・サービスを提供するシステムに属するコンピューティング装置であって、1つまたは複数のプロセッサと、前記プロセッサに結合され、前記プロセッサによって実行される命令を含むメモリであって、前記プロセッサが、前記命令を実行したときに、前記システムによってホストされるウェブサイトを少なくとも介して、ユーザからアクセス可能である前記オンライン・サービスのユーザのモバイル・コンピューティング装置と関連付けられた変化を識別し、前記モバイル・コンピューティング装置と関連付けられた変化を識別したことに応答して、ユーザからの手動のユーザ入力を用いずに、ユーザによる前記オンライン・サービスの使用と関連付けられた、前記ウェブサイトの1つまたは複数のウェブ・ページの1つまたは複数の態様を変更するように動作可能である、前記メモリと、を備えるコンピューティング装置。

請求項16

前記システムが、ソーシャル・ネットワーキング・システムであり、前記オンライン・サービスが、前記ソーシャル・ネットワーキング・システムによって提供されるソーシャル・ネットワーキング・サービスである、請求項15に記載のコンピューティング装置。

請求項17

前記変化が、前記モバイル・コンピューティング装置の所在地の変化を含む、請求項15に記載のコンピューティング装置。

請求項18

ユーザによる前記オンライン・サービスの使用と関連付けられた、前記ウェブサイトの1つまたは複数のウェブ・ページの1つまたは複数の態様を変更するために、前記プロセッサが、前記命令を実行したときに、前記1つもしくは複数のウェブ・ページのコンテンツを、前記モバイル・コンピューティング装置の所在地と関連付けられた言語に翻訳し、前記モバイル・コンピューティング装置の所在地に基づいて、前記1つもしくは複数のウェブ・ページ上で、ユーザの所在地情報を更新するか、または前記モバイル・コンピューティング装置の所在地に関連するコンテンツを、前記1つもしくは複数のウェブ・ページ上で提供するように動作可能である、請求項17に記載のコンピューティング装置。

請求項19

前記モバイル・コンピューティング装置の所在地に関連するコンテンツを、前記1つもしくは複数のウェブ・ページ上で提供するために、前記プロセッサが、前記命令を実行したときに、前記モバイル・コンピューティング装置の所在地と関連付けられた言語のための辞書または翻訳ソフトウェアを、前記1つもしくは複数のウェブ・ページ上で提供するように動作可能である、請求項18に記載のコンピューティング装置。

請求項20

前記プロセッサが、前記命令を実行したときに、前記1つもしくは複数のウェブ・ページ上でのユーザによるアクションを識別し、前記アクションを識別したことに応答して、ユーザからの手動のユーザ入力を用いずに、前記アクションと関連付けられた前記モバイル・コンピューティング装置に対する1つまたは複数の変更を実施させるように構成されたメッセージを、前記モバイル・コンピューティング装置に送信するようにさらに動作可能である、請求項15に記載のコンピューティング装置。

技術分野

0001

本開示は、一般に、モバイルコンピューティング装置に関する。

背景技術

0002

ソーシャルネットワーキングウェブサイトを含むことができるソーシャル・ネットワーキング・システムは、(人または組織などの)複数のユーザが、そのウェブサイトと対話すること、およびそのウェブサイトを通して互いに対話することを可能にすることができる。ソーシャル・ネットワーキング・システムは、ユーザからの入力を用いて、ユーザと関連付けられたユーザ・プロファイルを生成し、ソーシャル・ネットワーキング・システム内に記憶することができる。ユーザ・プロファイルは、人口統計情報通信チャネル情報、およびユーザの個人的関心に関する情報を含むことができる。ソーシャル・ネットワーキング・システムは、また、ユーザからの入力を用いて、ソーシャル・ネットワーキング・システムの他のユーザとのユーザの関係についての記録を生成し、記憶することができ、および2者のユーザ間または3者以上のユーザ間のソーシャル対話を促進するサービス(例えば、ウォールポストフォトシェアリングイベントオーガニゼーションメッセージング、ゲーム、または広告)を提供することができる。

0003

ソーシャル・ネットワーキング・システムは、1つまたは複数のネットワーク上で、そのサービスに関連するコンテンツまたはメッセージを、ユーザのモバイル装置または他のコンピューティング装置に送信することができる。ユーザは、また、ソーシャル・ネットワーキング・システム内の自らのユーザ・プロファイルおよび他のデータにアクセスするためのソフトウェアアプリケーションを、自らのモバイル装置または他のコンピューティング装置上にインストールすることができる。ソーシャル・ネットワーキング・システムは、ユーザに接続された他のユーザのストーリ集約したニュースフィードなど、ユーザに表示するカスタマイズされた1組のコンテンツ・オブジェクトを生成することができる。

0004

スマートフォンタブレットコンピュータ、またはラップトップ・コンピュータなどの、モバイル・コンピューティング装置は、その位置、方向、または向きを求める、GPS受信機コンパス、またはジャイロスコープなどの機能を含むことができる。そのようなデバイスは、また、BLUETOOTH通信近距離通信(NFC)、赤外線(IR)通信、またはワイヤレスローカルエリア・ネットワーク(WLAN)もしくは携帯電話網との通信などの、ワイヤレス通信のための機能を含むことができる。そのようなデバイスは、また、1つまたは複数のカメラスキャナタッチスクリーンマイクロフォン、あるいはスピーカを含むことができる。モバイル・コンピューティング装置はまた、ゲーム、ウェブブラウザ、ソーシャル・ネットワーキング・アプリケーションなどの、ソフトウェア・アプリケーションを実行することができる。ソーシャル・ネットワーキング・アプリケーションを用いて、ユーザは、ユーザのソーシャル・ネットワーク内の他のユーザと接続し、通信し、情報を共有することができる。

課題を解決するための手段

0005

特定の実施形態は、ユーザのモバイル・コンピューティング装置と関連付けられたユーザのアクティビティに基づいて、オンライン・サービス・ウェブサイトのウェブ・ページに対するユーザのプリファレンスを推測するための方法について説明する。特定の実施形態では、オンライン・サービス・システムは、ユーザのモバイル・コンピューティング装置と関連付けられた変化を識別することができる。オンライン・サービス・システムは、モバイル・コンピューティング装置と関連付けられた変化を識別したのに応答して、またユーザからの手動ユーザ入力を用いずに、ユーザによるオンライン・サービスの使用と関連付けられた、ウェブサイトのウェブ・ページの態様を変更することができる。

図面の簡単な説明

0006

ソーシャル・ネットワーキング・システムと関連する例示的ネットワーク環境を示す図。
モバイル装置からウェブ・プリファレンスを推測するための例示的方法を示す図。
例示的コンピュータ・システムを示す図。

実施例

0007

図1は、ソーシャル・ネットワーキング・システムに関連する例示的なネットワーク環境100を示す。ネットワーク環境100は、ネットワーク110によって互いに接続されたユーザ101、クライアント・システム130、ソーシャル・ネットワーキング・システム160、およびサードパーティ・システム170を含む。図1はユーザ101、クライアント・システム130、ソーシャル・ネットワーキング・システム160、サード・パーティ・システム(third-party system)170、およびネットワーク110の特定の構成を示すが、本開示は、ユーザ101、クライアント・システム130、ソーシャル・ネットワーキング・システム160、サード・パーティ・システム170、およびネットワーク110の任意の適切な構成を企図する。限定ではなく例として、ネットワーク110を迂回して、クライアント・システム130、ソーシャル・ネットワーキング・システム160、およびサード・パーティ・システム170のうちの2つ以上を互いに直接的に接続することができる。別の例として、クライアント・システム130、ソーシャル・ネットワーキング・システム160、およびサード・パーティ・システム170のうちの2つ以上を、物理的または論理的に、全体的または部分的に共に配置することができる。さらに、図1は特定の数のユーザ101、クライアント・システム130、ソーシャル・ネットワーキング・システム160、サード・パーティ・システム170、およびネットワーク110を示すが、本開示は、任意の適切な数のユーザ101、クライアント・システム130、ソーシャル・ネットワーキング・システム160、サード・パーティ・システム170、およびネットワーク110を企図する。限定ではなく例として、ネットワーク環境100は、複数のユーザ101、クライアント・システム130、ソーシャル・ネットワーキング・システム160、サード・パーティ・システム170、およびネットワーク110を含むことができる。

0008

特定の実施形態では、ユーザ101は、ソーシャル・ネットワーキング・システム160と、またはソーシャル・ネットワーキング・システム160を介して対話または通信する個人(人間のユーザ)、エンティティ(例えば、企業、ビジネス、またはサード・パーティ・アプリケーション)、または(例えば、個人またはエンティティの)グループでよい。特定の実施形態では、ソーシャル・ネットワーキング・システム160は、オンライン・ソーシャル・ネットワークをホストするネットワーク・アドレス指定可能コンピューティング・システム(network-addressable computing system)でよい。ソーシャル・ネットワーキング・システム160は、例えば、ユーザ・プロファイル・データ、概念プロファイル・データ、ソーシャル・グラフ情報、またはオンライン・ソーシャル・ネットワークに関する他の適切なデータなどのソーシャル・ネットワーキング・データを生成、格納、受信、および送信することができる。ネットワーク環境100の他の構成要素により、直接的に、またはネットワーク110を介して、ソーシャル・ネットワーキング・システム160にアクセスすることができる。特定の実施形態では、ソーシャル・ネットワーキング・システム160は、例えば、適切なプライバシー設定を設定することなどにより、ユーザ101がそのアクションをソーシャル・ネットワーキング・システム160によって記録させること、または他のシステム(例えば、サード・パーティ・システム170)と共有させることを選択するか、または選択しないことを可能にする許可サーバを含むことができる。特定の実施形態では、サード・パーティ・システム170は、ウェブサイトまたはアプリケーションをホストすることができるネットワーク・アドレス指定可能コンピューティング・システムでよい。サード・パーティ・システム170は、例えば限定無しに、ウェブ・ページ、テキストイメージビデオオーディオ、またはアプリケーションなどの様々なサード・パーティ・システムのデータを生成、格納、受信、および送信することができる。ネットワーク環境100の他の構成要素により、直接的に、またはネットワーク110を介して、サード・パーティ・システム170にアクセスすることができる。特定の実施形態では、1人または複数のユーザ101は、1つまたは複数のクライアント・システム130を使用して、ソーシャル・ネットワーキング・システム160またはサード・パーティ・システム170にアクセスしてデータを送り、ソーシャル・ネットワーキング・システム160またはサード・パーティ・システム170からデータを受信することができる。クライアント・システム130は、直接的に、ネットワーク110を介して、またはサード・パーティ・システムを介して、ソーシャル・ネットワーキング・システム160またはサード・パーティ・システム170にアクセスすることができる。限定ではなく例として、クライアント・システム130は、ソーシャル・ネットワーキング・システム160を介してサード・パーティ・システム170にアクセスすることができる。クライアント・システム130は、例えば、パーソナル・コンピュータ、ラップトップ・コンピュータ、携帯電話、スマートフォン、またはタブレット・コンピュータなどの任意の適切なコンピューティング装置でよい。

0009

本開示は任意の適切なネットワーク110を企図する。限定ではなく例として、ネットワーク110のうちの1つまたは複数の部分は、アドホック・ネットワーク(ad hoc network)、イントラネットエクストラネット仮想プライベート・ネットワーク(virtual private network:VPN)、ローカル・エリア・ネットワーク(local area network:LAN)、ワイヤレスLAN(wireless LAN:WLAN)、広域ネットワーク(wide area network:WAN)、ワイヤレスWAN(wireless WAN:WWAN)、大都市圏ネットワーク(metropolitan area network:MAN)、インターネットの一部、公衆交換電話網(Public Switched Telephone Network:PSTN)の一部、携帯電話網、またはこれらの2つ以上の組合せを含むことができる。ネットワーク110は1つまたは複数のネットワーク110を含むことができる。

0010

リンク150は、クライアント・システム130、ソーシャル・ネットワーキング・システム160、およびサード・パーティ・システム170を通信ネットワーク110に接続するか、または互いに接続することができる。本開示は任意の適切なリンク150を企図する。特定の実施形態では、1つまたは複数のリンク150は、1つまたは複数のワイヤーライン(wireline)(例えば、デジタル加入者線(Digital Subscriber Line:DSL)またはData Over Cable Service Interface Specification(DOCSIS)など)、ワイヤレス(例えば、Wi−FiまたはWorldwide Interoperability for Microwave Access(WiMAX)など)、または光(例えば、同期光ネットワーク(Synchronous Optical Network:SONET)または同期デジタル階層(Synchronous Digital Hierarchy:SDH)など)リンクを含む。特定の実施形態では、1つまたは複数のリンク150はそれぞれ、アドホック・ネットワーク、イントラネット、エクストラネット、VPN、LAN、WLAN、WAN、WWAN、MAN、インターネットの一部、PSTNの一部、セルラ技術ベースのネットワーク、衛星通信技術ベースのネットワーク、別のリンク150、または2つ以上のそのようなリンク150の組合せを含む。リンク150は、必ずしもネットワーク環境100全体を通じて同一である必要はない。1つまたは複数の第1のリンク150は、1つまたは複数の点で1つまたは複数の第2のリンク150と異なることがある。

0011

オンライン・サービスのユーザは、オンライン・サービスを提供するシステムによってホストされるウェブサイトを通して、オンライン・サービスにアクセスすることができる。例えば、ウェブ・ポータル・システム(web-portal system)は、電子メール、ゲーム、ショッピングニュース天気予報株価、およびスポーツ試合得点などの、オンライン・サービスを提供することができる。ウェブ・ポータル・システムのユーザは、ウェブ・ポータル・システムによってホストされるウェブ・ポータル・ウェブサイトの1つまたは複数のウェブ・ページにアクセスすることによって、ウェブ・ポータル・システムと、およびウェブ・ポータル・システムの他のユーザと対話することができる。別の例として、ソーシャル・ネットワーキング・システムは、ウォール・ポスト、フォト・シェアリング、イベント・オーガニゼーション(event organization)、メッセージング、ゲーム、または広告などの、オンライン・ソーシャル・ネットワーキング・サービスを提供することができる。ソーシャル・ネットワーキング・システムのユーザは、ソーシャル・ネットワーキング・システムによってホストされるソーシャル・ネットワーキング・ウェブサイトの1つまたは複数のウェブ・ページにアクセスすることによって、ソーシャル・ネットワーキング・システムと、およびソーシャル・ネットワーキング・システムの他のユーザと対話することができる。通常、オンライン・サービス・システムによってホストされるウェブサイトの1つまたは複数のウェブ・ページのコンテンツ、レイアウト、言語、または任意の適切な設定に対するユーザのプリファレンス(preferences)は、ユーザによって手動で構成され、オンライン・サービス・システム内に記憶することができる。例えば、ユーザは、米国カリフォルニア所在のヤフー!インコーポレイティッド社(Yahoo! Inc.)によって提供されるオンライン・サービス(例えば、電子メール、ゲーム、ニュース、および天気予報など)を求めて、www.yahoo.comにおけるウェブサイトのウェブ・ページにアクセスすることができる。ユーザは、ウェブ・ページに対するプリファレンス(例えば、言語、タイムゾーン、またはレイアウト)を手動で構成することができ、プリファレンスをヤフー!インコーポレイティッド社の1つまたは複数のサーバ内に記憶することができる。特定の実施形態は、オンライン・サービス・ウェブサイトのウェブ・ページに対するプリファレンスを自動的に構成するための方法について説明する。特定の実施形態は、ユーザのモバイル・コンピューティング装置と関連付けられたユーザのアクティビティに基づいて、ユーザについての、オンライン・サービス・ウェブサイトのウェブ・ページに対するプリファレンスを推測することができる。

0012

図2は、モバイル装置からウェブ・プリファレンスを推測するための例示的方法200を示している。方法200は、オンライン・サービスを提供するシステムの1つまたは複数のコンピューティング装置(例えば、サーバ)によって実施することができる。オンライン・サービスのユーザは、オンライン・サービス・システムによってホストされるウェブサイトを少なくとも通して、オンライン・サービスにアクセスすることができる。方法200は、ステップ210において開始することができる。特定の実施形態では、ステップ210において、オンライン・サービスのコンピューティング装置は、オンライン・サービスのユーザのモバイル・コンピューティング装置と関連付けられた変化を識別することができる。

0013

例えば、オンライン・サービス・システムの1つまたは複数のコンピューティング装置は、モバイル・コンピューティング装置の所在地の変化を識別することができる。例えば、モバイル・コンピューティング装置は、全地球測位システム(GPS)信号、セルラ信号三角測量、無線アクセスポイントの所在地、またはモバイル・コンピューティング装置の所在地を決定するための任意の適切な方法に基づいて、その所在地を決定することができる。モバイル・コンピューティング装置は、その所在地データを、オンライン・サービス・システムに送信することができる。オンライン・サービス・システムのコンピューティング装置は、モバイル・コンピューティング装置から受信した所在地データに基づいて、モバイル・コンピューティング装置の所在地変化を識別することができる。オンライン・サービス・システムのコンピューティング装置は、受信した所在地が、モバイル・コンピューティング装置の以前記録した所在地と異なる(例えば、約1.6km(1マイル)よりも大きく離れている)場合、モバイル・コンピューティングの所在地変化を識別することができる。オンライン・サービス・システムのコンピューティング装置は、また、(例えば、モバイル・コンピューティング装置の記録した所在地の変化を計算することによって)モバイル・コンピューティング装置の速度を決定することができる。オンライン・サービス・システムのコンピューティング装置は、モバイル・コンピューティング装置の速度に基づいて、モバイル・コンピューティングの所在地の変化を識別することができる。例えば、オンライン・サービス・システムのコンピューティング装置は、モバイル・コンピューティング装置の速度が、1時間以上にわたって時速5キロメートルよりも大きかったが、現在は静止に近い速度を有する場合、モバイル・コンピューティング装置の所在地変化を識別することができる。すなわち、モバイル・コンピューティング装置と関連付けられた人は、少なくとも1時間にわたって移動中であったようだが、今はその人の目的地(すなわち、新しい所在地)に到着している。オンライン・サービス・システムのコンピューティング装置は、また、オンライン・サービス・システムが、モバイル・コンピューティング装置から、新しい所在地の表示(例えば、ユーザが新しい所在地にチェック・インした)を受信した場合、モバイル・コンピューティング装置の所在地変化を識別することができる。

0014

特定の実施形態では、ステップ220において、オンライン・サービス・システムのコンピューティング装置は、モバイル・コンピューティング装置と関連付けられた変化を識別したことに応答して、またユーザからの手動のユーザ入力を用いずに、ユーザによるオンライン・サービスの使用と関連付けられた、ウェブサイトの1つまたは複数のウェブ・ページの1つまたは複数の態様を変更することができる。ウェブ・ページの態様は、ウェブ・ページの1つまたは複数のコンテンツ・アイテムとすることができる。ウェブ・ページの態様は、言語、レイアウト、タイム・ゾーン、または任意の適切な設定などの、設定のプリファレンスとすることができる。すなわち、オンライン・サービス・システムのコンピューティング装置は、ユーザのモバイル・コンピューティング装置と関連付けられた変化に基づいて、オンライン・サービス・システムによって提供されるオンライン・サービスを求めてユーザによってアクセスされるウェブ・ページのコンテンツまたはプリファレンスを自動的に変更することができる。

0015

例えば、オンライン・サービス・システムのコンピューティング装置は、上で説明されたように、モバイル・コンピューティング装置の新しい所在地(例えば、パリ)を識別することができる。コンピューティング装置は、新しい所在地に応答して、またユーザからの手動のユーザ入力を用いずに、ウェブ・ページ上で、モバイル・コンピューティング装置の新しい所在地に関連するコンテンツ(例えば、パリのランドマークの画像、パリの公共交通機関の地図のための選択可能なアイコン、パリの商店の広告)を提供することができる。コンピューティング装置は、また、ウェブ・ページ上で、ユーザの所在地情報を(新しい所在地を用いて)更新することができる(例えば、ソーシャル・ネットワーキング・ウェブサイトによってホストされるユーザのプロファイル・ページ上で、ユーザの所在地を新しい所在地に更新する)。加えて、コンピューティング装置は、所在地の変化に基づいて、モバイル・コンピューティング装置の言語の変化を識別することができる。例えば、コンピューティング装置は、新しい所在地が、モバイル・コンピューティング装置の(またはユーザの)事前設定された言語(例えば、英語)とは異なる言語(例えば、フランス語)を有することを決定することができる。コンピューティング装置は、ウェブ・ページのコンテンツを、事前設定された言語から新しい所在地の言語に自動的に翻訳することができる(例えば、ウェブ・ページのコンテンツをフランス語から英語に翻訳する)。コンピューティング装置は、また、辞書ツール(例えば、フランス語辞書ツール)、言語翻訳ツール(例えば、フランス語から英語への翻訳ソフトウェア)、または言語に関連する広告(例えば、米国ヴァージニアアーリントンに所在するロゼッタストーン(Rosetta Stone)によって提供されるような言語学習ソフトウェアの広告)などの、新しい所在地の言語と関連付けられたコンテンツを自動的に提供することができる。

0016

オンライン・サービス・システムのコンピューティング装置は、また、モバイル・コンピューティング装置の所在地変化以外の変化を識別し、変化に基づいて、オンライン・サービス・ウェブサイトのウェブ・ページの1つまたは複数の態様を自動的に変更することができる。例えば、ユーザは、モバイル・コンピューティング装置の言語設定を新しい言語に変更することができる。または、ユーザは、モバイル・コンピューティング装置上で、(事前設定された言語とは異なる)新しい言語を使用し始める(例えば、電子メールまたはメッセージを新しい言語で作成し、モバイル・コンピューティング装置のための1つまたは複数の同期しているプリファレンスにおいて新しい言語に変更する)。モバイル・コンピューティング装置は、オンライン・サービスに、ユーザの新しい言語を示すメッセージを送信することができる。モバイル・コンピューティング装置は、アプリケーション・プログラミングインターフェース(application programming interface :API)コールを使用することによって、メッセージをオンライン・サービスに送信することができる。モバイル・コンピューティング装置は、ハイパーテキスト転送プロトコルHTTPPOST要求を用いて、メッセージをオンライン・サービスに送信することができる。特定の実施形態は、モバイル・コンピューティング装置によってメッセージをオンライン・サービスに送信するための任意の適切な方法を企図している。オンライン・サービス・システムの1つまたは複数のコンピューティング装置は、新しい言語に応答して、またユーザからの手動の入力を用いずに、ユーザによってアクセスされるオンライン・サービス・ウェブサイトの1つまたは複数のウェブ・ページの1つまたは複数の態様を変更することができる。例えば、コンピューティング装置は、ウェブ・ページのコンテンツを新しい言語に翻訳することができる。コンピューティング装置は、また、先に説明したようなウェブ・ページ上の新しい言語に関連する辞書、翻訳ソフトウェア、または広告を提供することができる。

0017

別の例として、モバイル・コンピューティング装置は、ネットワーク状態(例えば、2Gセルラ接続、3Gセルラ接続、4Gセルラ接続、またはWi−Fi無線接続)を決定し、オンライン・サービスに、ネットワーク状態を示すメッセージを送信することができる。オンライン・サービス・システムの1つまたは複数のコンピューティング装置は、ネットワーク状態に応答して、またユーザからの手動の入力を用いずに、ユーザによってアクセスされるオンライン・サービス・ウェブサイトの1つまたは複数のウェブ・ページの1つまたは複数の態様を変更することができる。例えば、より低い帯域幅(例えば、2Gまたは3G)を有するネットワーク状態に応答して、コンピューティング装置は、ウェブ・ページ内の1つまたは複数の画像を、解像度がより低いそれぞれのコピーで置き換えることによって、ウェブ・ページを変更することができる。例えば、より低い帯域幅を有するネットワーク状態に応答して、コンピューティング装置は、ウェブ・ページ内の写真またはビデオ・アップロード・ツールの事前設定されたアップロード速度を、より低い速度に変更することができる。

0018

また別の例として、モバイル・コンピューティング装置は、モバイル・コンピューティング装置のディスプレイ表示明度ベルを決定することができる。表示明度は、モバイル・コンピューティング装置のユーザによって設定することができる。表示明度は、また、(例えば、周辺光に基づいて)モバイル・コンピューティング装置によって調整することができる。モバイル・コンピューティング装置は、オンライン・サービスに、モバイル・コンピューティング装置の表示明度レベル(例えば、70%)を含む第1のメッセージを送信することができる。オンライン・サービス・システムの1つまたは複数のコンピューティング装置は、第1のメッセージに応答して、またユーザからの手動のユーザ入力を用いずに、ユーザの別のコンピューティング装置(例えば、デスクトップ・コンピュータ、ラップトップ・コンピュータ)に、モバイル・コンピューティング装置の表示明度レベルを含む第2のメッセージを送信することができる。第2のメッセージは、ユーザの他のコンピューティング装置に、モバイル・コンピューティング装置の表示明度レベルに基づいて、その表示明度を調整させるように構成することができる。例えば、他のコンピューティング装置は、その表示明度を、モバイル・コンピューティング装置の表示明度レベルと同じに調整することができる。

0019

上で説明されたように、オンライン・サービス・システムのコンピューティング装置は、ユーザのモバイル・コンピューティング装置と関連付けられた変化を識別し、ユーザからの手動のユーザ入力を用いずに、(オンライン・サービスにアクセスするためにユーザによって使用される)オンライン・ウェブサイトのウェブ・ページの1つまたは複数の態様を変更することができる。さらに、ウェブ・ページに対して行われる変更(すなわち、ユーザのウェブ・ページのプリファレンス、またはユーザのウェブ・ページのプリファレンスに対する変更)は、オンライン・サービス・システム内に記憶することができる。例えば、オンライン・サービス・システムの1つまたは複数のコンピューティング装置は、ユーザのモバイル・コンピューティング装置に関連付けられた変化(例えば、新しい言語設定、新しい表示明度)に応答して、プリファレンスを、オンライン・サービス・システムの1つまたは複数のデータ・ストア内に記憶することができる。いくつかの実施形態では、ユーザは、プリファレンスを更新し(例えば、オンライン・サービス・システムによって決定された新しい設定を拒否し)、更新されたプリファレンスを、オンライン・サービス・システムのデータ・ストア内に記憶することができる。例えば、ユーザは、オンライン・サービス・システムによって提供されるウェブ・ページ内のフォームにアクセスすることによって、プリファレンスを更新することができる。

0020

特定の実施形態では、オンライン・サービス・システムのコンピューティング装置は、ウェブ・ページ上でのユーザによるアクションを識別することができる。オンライン・サービス・システムのコンピューティング装置は、アクションを識別したことに応答して、またユーザからの手動のユーザ入力を用いずに、メッセージをユーザのモバイル・コンピューティング装置に送信することができる。メッセージは、アクションと関連付けられた、モバイル・コンピューティング装置に対する1つまたは複数の変更を引き起こすように構成することができる。例えば、コンピューティング装置は、先に説明したように、ユーザのモバイル・コンピューティング装置の新しい所在地(例えば、パリ)に基づいて、ウェブ・ページのコンテンツを、事前設定された言語(例えば、英語)から新しい言語(例えば、フランス語)に翻訳することができる。ユーザがウェブ・ページにアクセスしたとき、ユーザは、ウェブ・ページの言語設定を、(例えば、ウェブ・ページ内に表示された「このページを英語で表示する」アイコンを選択することによって)事前設定された言語に戻すことができる。オンライン・サービス・システムのコンピューティング装置は、ウェブ・ページを、事前設定された言語(例えば、英語)に変更することができる。その一方で、コンピューティング装置は、ユーザのアクション(すなわち、ウェブ・ページを事前設定された言語で表示したこと)に基づいて、またユーザからの手動のユーザ入力を用いずに、メッセージをユーザのモバイル・コンピューティング装置に送信することができる。メッセージは、モバイル・コンピューティング装置が、新しい所在地(例えば、パリ)の近くに、または新しい所在地にいる間、モバイル・コンピューティング装置に、言語プリファレンスを新しい言語(例えば、フランス語)に更新するための命令をオンライン・サービス・システムに送信することを停止させるように構成することができる。

0021

特定の実施形態は、適切な場合、図2の方法の1つまたは複数のステップを反復することができる。本開示は、図2の方法の特定のステップが特定の順序で行われるものとして説明および図示するが、本開示は、任意の適切な順序で行われる図2の方法の任意の適切なステップを企図する。さらに、本開示は、図2の方法の特定のステップを実施する特定の構成要素、装置、またはシステムを説明および図示するが、本開示は、図2の方法の任意の適切なステップを実施する任意の適切な構成要素、装置、またはシステムの任意の適切な組合せを企図する。

0022

図3は、例示的なコンピュータ・システム300を示す。特定の実施形態では、1つまたは複数のコンピュータ・システム300は、本明細書で説明または図示される1つまたは複数の方法の1つまたは複数のステップを実施する。特定の実施形態では、1つまたは複数のコンピュータ・システム300は、本明細書で説明または図示される機能を提供する。特定の実施形態では、1つまたは複数のコンピュータ・システム300上で実行中のソフトウェアが、本明細書で説明または図示される1つまたは複数の方法の1つまたは複数のステップを実施しまたは本明細書で説明または図示される機能を提供する。特定の実施形態は、1つまたは複数のコンピュータ・システム300の1つまたは複数の部分を含む。本明細書では、適切な場合、コンピュータ・システムに対する参照はコンピューティング装置を包含し、逆も同様である。さらに、適切な場合、コンピュータ・システムに対する参照は、1つまたは複数のコンピュータ・システムを包含する。

0023

本開示は、任意の適切な数のコンピュータ・システム300を企図する。本開示は、任意の適切な物理的形態を取るコンピュータ・システム300を企図する。限定ではなく例として、コンピュータ・システム300は、組込みコンピュータ・システム、システム・オンチップ(SOC)、シングル・ボード・コンピュータ・システム(SBC)(例えば、コンピュータ・オン・モジュール(COM)やシステム・オン・モジュール(SOM)など)、デスクトップ・コンピュータ・システム、ラップトップもしくはノートブック・コンピュータ・システム、対話型キオスクメインフレーム、コンピュータ・システムのメッシュ、携帯電話、携帯情報端末(PDA)、サーバ、タブレット・コンピュータ・システム、またはこれらの2つ以上の組合せでよい。適切な場合、コンピュータ・システム300は、1つまたは複数のコンピュータ・システム300を含むことができ、一体型または分散型でよく、複数の場所にわたるものでよく、複数のマシンにわたるものでよく、複数のデータセンタにわたるものでよく、またはクラウド内に常駐することができ、クラウドは、1つまたは複数のネットワーク内の1つまたは複数のクラウド構成要素を含むことができる。適切な場合、1つまたは複数のコンピュータ・システム300は、実質的な空間的または時間的な限定なしに、本明細書で説明または図示される1つまたは複数の方法の1つまたは複数のステップを実施することができる。限定ではなく例として、1つまたは複数のコンピュータ・システム300は、本明細書で説明または図示される1つまたは複数の方法の1つまたは複数のステップをリアル・タイムに、またはバッチ・モードで実施することができる。適切な場合、1つまたは複数のコンピュータ・システム300は、本明細書で説明または図示される1つまたは複数の方法の1つまたは複数のステップを異なる時刻または異なる場所で実施することができる。

0024

特定の実施形態では、コンピュータ・システム300は、プロセッサ302、メモリ304、ストレージ306、入力/出力(I/O)インターフェース308、通信インターフェース310、およびバス312を含む。本開示は、特定の構成の、特定の数の特定の構成要素を有する特定のコンピュータ・システムを説明および図示するが、本開示は、任意の適切な構成の、任意の適切な数の任意の適切な構成要素を有する任意の適切なコンピュータ・システムを企図する。

0025

特定の実施形態では、プロセッサ302は、コンピュータ・プログラムを構成するような命令を実行するハードウェアを含む。限定ではなく例として、命令を実行するために、プロセッサ302は、内部レジスタ内部キャッシュ、メモリ304、またはストレージ306から命令を取り出し(またはフェッチし)、その命令を復号化および実行し、次いで内部レジスタ、内部キャッシュ、メモリ304、またはストレージ306に1つまたは複数の結果を書き込むことができる。特定の実施形態では、プロセッサ302は、データ、命令、またはアドレスのための1つまたは複数の内部キャッシュを含むことができる。本開示は、適切な場合、任意の適切な数の任意の適切な内部キャッシュを含むプロセッサ302を企図する。限定ではなく例として、プロセッサ302は、1つまたは複数の命令キャッシュ、1つまたは複数のデータ・キャッシュ、および1つまたは複数の変換ルックアサイドバッファ(translation lookaside buffer:TLB)を含むことができる。命令キャッシュ内の命令は、メモリ304またはストレージ306内の命令のコピーでよく、命令キャッシュは、プロセッサ302によるそうした命令の検索加速することができる。データ・キャッシュ内のデータは、プロセッサ302で実行中の命令が演算するためのメモリ304またはストレージ306内のデータ、プロセッサ302で実行中の後続の命令によるアクセスのために、またはメモリ304もしくはストレージ306に書き込むために、プロセッサ302で実行された以前の命令の結果、あるいは他の適切なデータのコピーでもよい。データ・キャッシュは、プロセッサ302による読取りまたは書込み演算を加速することができる。TLBはプロセッサ302のための仮想アドレス変換(virtual-address translation)を加速することができる。特定の実施形態では、プロセッサ302は、データ、命令、またはアドレス用の1つまたは複数の内部レジスタを含むことができる。本開示は、適切な場合、任意の適切な数の任意の適切な内部レジスタを含むプロセッサ302を企図する。適切な場合、プロセッサ302は、1つまたは複数の演算論理装置(arithmetic logic unit:ALU)を含むことができ、マルチコア・プロセッサでよく、または1つまたは複数のプロセッサ302を含むことができる。本開示は特定のプロセッサを説明および図示するが、本開示は任意の適切なプロセッサを企図する。

0026

特定の実施形態では、メモリ304は、プロセッサ302が実行するための命令、またはプロセッサ302が演算するためのデータを格納するメイン・メモリを含む。限定ではなく例として、コンピュータ・システム300は、ストレージ306または別のソース(例えば、別のコンピュータ・システム300など)からメモリ304に命令をロードすることができる。次いでプロセッサ302は、メモリ304から内部レジスタまたは内部キャッシュに命令をロードすることができる。命令を実行するために、プロセッサ302は、内部レジスタまたは内部キャッシュから命令を取り出し、その命令を復号化することができる。命令の実行中または実行後に、プロセッサ302は、1つまたは複数の結果(これは中間結果または最終結果でよい)を内部レジスタまたは内部キャッシュに書き込むことができる。次いでプロセッサ302は、そうした結果の1つまたは複数をメモリ304に書き込むことができる。特定の実施形態では、プロセッサ302は、(ストレージ306または他の場所ではなく)1つまたは複数の内部レジスタもしくは内部キャッシュ内、またはメモリ304内の命令のみを実行し、(ストレージ306または他の場所ではなく)1つまたは複数の内部レジスタもしくは内部キャッシュ内、またはメモリ304内のデータのみに対して演算する。1つまたは複数のメモリ・バス(これはそれぞれアドレス・バスおよびデータ・バスを含むことができる)が、プロセッサ302をメモリ304に結合することができる。バス312は、以下で説明するように、1つまたは複数のメモリ・バスを含むことができる。特定の実施形態では、1つまたは複数のメモリ管理ユニット(memory management unit:MMU)が、プロセッサ302とメモリ304との間に常駐し、プロセッサ302によって要求されたメモリ304へのアクセスを可能にする。特定の実施形態では、メモリ304はランダム・アクセス・メモリ(RAM)を含む。適切な場合、このRAMは揮発性メモリでよい。適切な場合、このRAMはダイナミックRAMDRAM)またはスタティックRAM(SRAM)でよい。さらに、適切な場合、このRAMは、単一ポートまたはマルチポートRAMでよい。本開示は任意の適切なRAMを企図する。適切な場合、メモリ304は、1つまたは複数のメモリ304を含むことができる。本開示は特定のメモリを説明および図示するが、本開示は任意の適切なメモリを企図する。

0027

特定の実施形態では、ストレージ306は、データまたは命令用のマス・ストレージを含む。限定ではなく例として、ストレージ306は、ハードディスクドライブ(HDD)、フロッピー登録商標)・ディスク・ドライブ、フラッシュ・メモリ、光ディスク光磁気ディスク磁気テープ、またはユニバーサルシリアル・バス(USB)ドライブ、あるいはこれらのうちの2つ以上の組合せを含むことができる。ストレージ306は、適切な場合、取外し可能または取外し不能(または固定)媒体を含むことができる。ストレージ306は、適切な場合、コンピュータ・システム300の内部または外部でよい。特定の実施形態では、ストレージ306は不揮発性固体メモリである。特定の実施形態では、ストレージ306は読取り専用メモリ(ROM)を含む。適切な場合、このROMは、マスクプログラムされたROM、プログラマブルROMPROM)、消去可能PROM(EPROM)、電気消去可能PROM(EEPROM)、電気書換え可能ROM(EAROM)、またはフラッシュ・メモリ、あるいはこれらのうちの2つ以上の組合せでよい。本開示は、任意の適切な物理的形態を有するマス・ストレージ306を企図する。適切な場合、ストレージ306は、プロセッサ302とストレージ306との間の通信を可能にする1つまたは複数のストレージ制御ユニットを含むことができる。適切な場合、ストレージ306は、1つまたは複数のストレージ306を含むことができる。本開示は特定のストレージを説明および図示するが、本開示は任意の適切なストレージを企図する。

0028

特定の実施形態では、I/Oインターフェース308は、コンピュータ・システム300と1つまたは複数のI/O装置との間の通信のための1つまたは複数のインターフェースを提供するハードウェア、ソフトウェア、またはその両方を含む。コンピュータ・システム300は、適切な場合、これらのI/O装置のうちの1つまたは複数を含むことができる。これらのI/O装置のうちの1つまたは複数は、人とコンピュータ・システム300との間の通信を可能にすることができる。限定ではなく例として、I/O装置は、キーボードキーパッド、マイクロフォン、モニタマウスプリンタ、スキャナ、スピーカ、スチル・カメラ、スタイラス、タブレット、タッチスクリーントラックボール、ビデオ・カメラ、別の適切なI/O装置、またはこれらのうちの2つ以上の組合せを含むことができる。I/O装置は1つまたは複数のセンサを含むことができる。本開示は、任意の適切なI/O装置およびそのための任意の適切なI/Oインターフェース308を企図する。適切な場合、I/Oインターフェース308は、プロセッサ302がこれらのI/O装置のうちの1つまたは複数を駆動することを可能にする1つまたは複数のデバイス・ドライバまたはソフトウェア・ドライバを含むことができる。I/Oインターフェース308は、適切な場合、1つまたは複数のI/Oインターフェース308を含むことができる。本開示は特定のI/Oインターフェースを説明および図示するが、本開示は任意の適切なI/Oインターフェースを企図する。

0029

特定の実施形態では、通信インターフェース310は、コンピュータ・システム300と、1つまたは複数の別のコンピュータ・システム300あるいは1つまたは複数のネットワークとの間の通信(例えば、パケット・ベースの通信など)用の1つまたは複数のインターフェースを提供するハードウェア、ソフトウェア、またはその両方を含む。限定ではなく例として、通信インターフェース310は、イーサネット(登録商標)または他のワイヤ・ベースのネットワークと通信するネットワーク・インターフェース・コントローラ(network interface controller:NIC)またはネットワーク・アダプタ、あるいはWi−Fiネットワークなどのワイヤレス・ネットワークと通信するワイヤレスNIC(wire-based network or a wireless:WNIC)またはワイヤレス・アダプタを含むことができる。本開示は、任意の適切なネットワークおよびそのための任意の適切な通信インターフェース310を企図する。限定ではなく例として、コンピュータ・システム300は、アドホック・ネットワーク、パーソナル・エリア・ネットワーク(PAN)、ローカル・エリア・ネットワーク(LAN)、広域ネットワーク(WAN)、大都市圏ネットワーク(metropolitan area network:MAN)、またはインターネットの1つもしくは複数の部分、あるいはこれらのうちの2つ以上の組合せと通信することができる。これらのネットワークのうちの1つまたは複数の1つまたは複数の部分は、ワイヤードまたはワイヤレスでよい。1例を挙げると、コンピュータ・システム300は、ワイヤレスPAN(WPAN)(例えば、BLUETOOTH WPANなど)、Wi−Fiネットワーク、WI−MAXネットワーク、携帯電話網(例えば、Global System for Mobile Communication(GSM(登録商標))ネットワークなど)、または他の適切なワイヤレス・ネットワーク、あるいはこれらのうちの2つ以上の組合せと通信することができる。コンピュータ・システム300は、適切な場合、これらのネットワークのいずれかに関する任意の適切な通信インターフェース310を含むことができる。通信インターフェース310は、適切な場合、1つまたは複数の通信インターフェース310を含むことができる。本開示は特定の通信インターフェースを説明および図示するが、本開示は任意の適切な通信インターフェースを企図する。

0030

特定の実施形態では、バス312は、コンピュータ・システム300の構成要素を互いに結合するハードウェア、ソフトウェア、またはその両方を含む。限定ではなく例として、バス312は、アクセラレーテッドグラフィックスポート(Accelerated Graphics Port:AGP)または他のグラフィックス・バス、Enhanced Industry Standard Architecture(EISA)バス、フロントサイド・バス(FSB)、HYPERTRANSPORT(HT)相互接続、Industry Standard Architecture(ISA)バス、INFINIBAND相互接続、低ピンカウント(low-pin-count:LPC)バス、メモリ・バス、Micro Channel Architecture(MCA)バス、Peripheral Component Interconnect(PCI)バス、PCI−Express(PCIe)バス、serial advanced technology attachment(SATA)バス、Video Electronics StandardsAssociation local(VLB)バス、または別の適切なバス、あるいはこれらのうちの2つ以上の組合せを含むことができる。バス312は、適切な場合、1つまたは複数のバス312を含むことができる。本開示は特定のバスを説明および図示するが、本開示は、任意の適切なバスまたは相互接続を企図する。

0031

本明細書では、コンピュータ可読非一時的記憶媒体は、適切な場合、1つまたは複数の半導体ベースの、または他の集積回路(IC)(例えば、フィールドプログラマブルゲートアレイFPGA)または特定用途向けICASIC)など)、ハード・ディスク・ドライブ(HDD)、ハイブリッド・ハード・ドライブ(HHD)、光ディスク、光ディスクドライブODD)、光磁気ディスク、光磁気ドライブ、フロッピィ・ディスケット、フロッピィ・ディスク・ドライブ(FDD)、磁気テープ、固体ドライブSSD)、RAMドライブセキュア・デジタル・カードもしくはドライブ、任意の他の適切なコンピュータ可読非一時的記憶媒体、またはこれらの2つ以上の適切な組合せを含むことができる。コンピュータ可読非一時的記憶媒体は、適切な場合、揮発性不揮発性、または揮発性と不揮発性の組合せでよい。

0032

本明細書では、別段に明記されていない限り、または文脈によって示されていない限り、「または」は排他的ではなく包含的である。したがって、本明細書では、別段に明記されていない限り、または文脈によって示されていない限り、「AまたはB」は「A、B、またはその両方」を意味する。さらに、別段に明記されていない限り、または文脈によって示されていない限り、「および」は協同および個々の両方である。したがって、本明細書では、別段に明記されていない限り、または文脈によって示されていない限り、「AおよびB」は、「AおよびBが一緒に、または個別に」を意味する。

0033

本開示の範囲は、当業者なら理解するはずである、本明細書で説明または図示される例示的実施形態に対するすべての変更、置換、変形、改変、および修正を包含する。本開示の範囲は、本明細書で説明または図示される例示的実施形態に限定されない。さらに、本開示は、本明細書のそれぞれの実施形態が特定の構成要素、要素、機能、動作、またはステップを含むものとして説明および図示するが、これらの実施形態のいずれも、当業者なら理解するはずである、本明細書のどこかで説明または図示される構成要素、要素、機能、動作、またはステップのいずれかの任意の組合せまたは置換を含むことができる。さらに、特定の機能を実施するように適合され、配置され、実施することが可能であり、実施するように構成され、実施することが可能にされ、実施するように動作可能である装置またはシステムあるいは装置またはシステムの構成要素に対する添付の特許請求の範囲での参照は、その装置、システム、または構成要素がそのように適合され、配置され、可能であり、構成され、可能にされ、動作可能にされる限り、その装置、システム、構成要素またはその特定の機能が活動化され、オンにされ、またはロック解除されるか否かに関わらず、その装置、システム、構成要素を包含する。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ