図面 (/)

技術 コンテキスチュアルダッシュボードの選択を構成する方法およびシステム

出願人 シナコア,インコーポレイテッド
発明者 ガボール・ビダスティーブン・マッケンジーアンソニー・マクドネル
出願日 2014年1月8日 (7年9ヶ月経過) 出願番号 2015-551940
公開日 2016年4月21日 (5年6ヶ月経過) 公開番号 2016-511861
状態 特許登録済
技術分野 デジタル計算機のユーザインターフェイス ストアードプログラム
主要キーワード 人間心理 利用者入力装置 視覚的態様 論理的決定 携帯音楽プレイヤ 重み付け要因 自動車ネットワーク 利用者変更
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年4月21日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (17)

課題・解決手段

電子装置は、多重利用者および多数の利用者カスタマイズドUIダッシュボード構成を結果する各利用者のための多重カスタマイズドユーザインターフェースを持つことができる。しかし、これらの利用者カスタマイズドUIダッシュボード構成を定義することは、ソフトウェアアプリケーションの追加および/または置換が利用者にカスタマイズドUIダッシュボードを再構成することを要求するように、各利用者によって実行される。同様に、組織生成ダッシュボードは、各利用者装置上で構成されなければならない。そのような利用者カスタマイズドUIダッシュボード構成には、新ソフトウェアインストールソフトウェアアップグレードの間に提供される情報に応じて更新可能であること、あるいは、UIダッシュボード構成がどのようなアップデイト/アップグレード無しに調節されることは有益であろう。ちょうどコンテキスト規則エンジンには現在および以前の行動の結果として新潜在的規則を自動的に識別することが有益であろうように、コンテキスト規則には学習された行動または外部調整に基づいて適応可能であることも有益であろう。

概要

背景

ユーザインターフェースは、ヒューマンマシン相互作用工業デザイン分野において、人間とマシンとの間の相互作用が生じる「空間」である。ユーザインターフェースでの人間とマシンとの間の相互作用の目的は、マシンの有効な操作および制御であり、利用者が操作上の決定を下すことをサポートするマシンから利用者へのフィードバックである。ユーザインターフェースのこの広い概念の例は、コンピュータオペレーティングシステム手動工具重機オペレータ制御、およびプロセス制御対話型の態様を含む。ユーザインターフェースを生み出すときに適用可能な設計の検討は、人間工学および心理学のような規律に関係しているか、または包含している。

従って、ユーザインターフェースは、人々(利用者)がマシン(装置)と相互作用するシステムであり、ハードウェア物理的)およびソフトウェア論理的)コンポーネントを含む。ユーザインターフェースは、種々様々のシステムのために存在し、次の手段を提供する:
● 入力−利用者がシステムを操作することを可能にする;および
● 出力−システムが利用者の操作の効果を表示することを可能にする。

一般的に、ヒューマン・マシン相互作用工学の目的は、所望の結果を生み出す方法でマシンを操作することを、容易に、効率的に、かつ楽しめるようにするユーザインターフェースを生み出すことである。これは、一般的に、所望の出力を達成するために操作者が最少の入力を提供する必要があること、マシンが人間への望まれない出力を最少化すること、および操作者によって提供される入力が直観的で論理的であることを意味する。マイクロプロセッサベーストシステムの増加された使用、および重機械の社会意識の相対的な下落に伴い、用語ユーザインターフェースが電子装置およびシステムのためのグラフィカルユーザインターフェースニュアンスを帯びる一方、産業制御盤および機械類制御の設計議論がより一般的にヒューマン・マシンインターフェースに言及する。ユーザインターフェースのための他の共通の用語は、ヒューマン・コンピュータインターフェース(HCI)およびマン・マシンインターフェース(MMI)を含む。

ユーザインターフェースは、何人かの著者によってコンピュータ利用者の満足に欠かすことができないものと考えられている。これは、ユーザインターフェースの設計が努力の量に影響するので、利用者がシステムに入力を提供し、システムの出力を解釈することに費やさなければならないことになり、これをする方法を学習することに大変な努力が必要になる。使い易さは、特定のユーザインターフェースの設計が利用者の人間心理および生理学を考慮に入れて、システムを使用する過程を有効で、効率的で、満足させるものにする。

使い易さは、主としてユーザインターフェースの特性であるが、製品の機能性およびそれを設計するためのプロセスに関連している。それは、その使用のコンテキストから必要条件も考慮に入れて、効率、有効性および満足を伴うその対象利用者によって製品がその意図された目的のためにどれくらいよく使用され得るかを説明する。コンピュータ科学およびヒューマン・コンピュータ相互作用では、(コンピュータプログラムおよび/または電子装置の)ユーザインターフェースは、利用者に提示されたグラフカルテキストおよびオーディオの情報、および(コンピュータキーボードまたはタッチパッドを使用したキーストロークコンピュータマウスの移動、またはタッチパッド上の指の動きのような)制御シーケンス、ならびに利用者がプログラムを制御するために使用するコンピュータプログラムおよび/または電子装置への1つ以上のインターフェースを伴う他の選択を参照する。

直接操作インターフェースは、物質界に少なくとも緩く対応する動作を使用して、利用者にそれらに提示されたオブジェクトを操作することを可能にするユーザインターフェースの一般的なクラスを言う。しかしながら、今まで先行技術の解決策は、利用者がキーボード、タッチパッドまたは他の入力装置を用いた動作を通じて特徴または項目を直接選択するので、直接マシンインターフェースであると混同して呼ばれている。しかしながら、移動の項目を選択するために利用者によるポイントおよびクリックまたはタッチ操作は、彼らの手による挟むまたは握る運動を通じて利用者が項目を正常に摘まむであろう物質界に対応していない。

現在、ユーザインターフェースの次に続くタイプは、最も一般的な、グラフィカルユーザインターフェース(GUI)、およびウェブベーストユーザインターフェース(WUI、ウェブユーザインターフェースとしても知られる)である。GUIは、キーボード、マウス、およびタッチパッドのような装置を介して利用者入力受け付け、装置のディスプレイ上に明瞭なグラフィカル入力/出力を提供する。GUI設計、オブジェクト指向ユーザインターフェース(OOUI)およびアプリケーション指向インターフェース(AOI)において広く使用される少なくとも2つの異なる原理がある。実装は、携帯電子装置(PED)および固定電子装置(FED)に適するように、シンビアンオープンインディアナハイク、アンドロイドウインドウズ、マックOS、アイOS、RISCOS、GNU/リナックス登録商標)、タブレットOSおよびブラックベリーOS(しかし、これらに限定されない)を含む1つ以上の言語を利用することができ、ならびにこれら(しかし、これらに限定されない)を含む1つ以上のオペレーティングシステムで作動するように設計されることができる。

WUIは、インターネットを介して伝送され、ウェブブラウザプログラムを使用して利用者によって見られるウェブページの生成により入力を受け付け、出力を提供する。実装は、ジャバ、AJAX、アドフレックスマイクロソフト.NET、または個別プログラムにおけるリアルタイム制御を提供するための同様の技術を利用することができ、従来のHTMLベーストウェブブラウザリフレッシュする必要が無くなる。ウェブサーバサーバおよびネットワークされたコンピュータのための管理ウェブインターフェースは、しばしば制御パネルと呼ばれる。

ユーザインターフェースは、もともとは、コマンドラインインターフェースを使用していた。ここでは、利用者がコンピュータキーボードを使ってコマンド文字列をタイプすることにより入力を提供し、システムがコンピュータモニタ上にテキストを印字することにより出力を提供した。多くの場合、そのようなインターフェースは、工学および科学環境においてプログラマおよびシステム管理者によって、ならびに技術的に進んだパーソナルコンピュータ利用者によって、いまだに使用されている。これらは、その後、ウィンドウテキストボックス、ボタンハイパーリンクドロップダウンリストタブ、およびポップアップメニュー(しかし、これらに限定されない)を含み、(ウィジェットとしても知られる)制御の導入に伴って過去に拡張された。これらは、(ポインタのような)利用者意図の視覚残留物として、またはカーソル、ポインタおよび調節ハンドル(しかし、これらに限定されない)を含む利用者が対話することができる場所を示すアフォーダンスとして、進行中の操作または変形の状態を表す相互作用要素およびインターフェースオブジェクトによって拡張されることができる。

今日、ユーザインターフェースは、次のものを含むように進化した:
■ アテンティブユーザインターフェースは、利用者に割り込むための時を決定する利用者注意、警告のようなもの、および利用者に提示されるメッセージの詳細レベルを管理する。
■ バッチインターフェースは、非対話型のユーザインターフェースである。ここでは、利用者は、バッチ処理に前もってバッチジョブの全ての詳細を特定し、全ての処理が終わった時に出力を受け取る。
会話型インターフェースエージェントは、コンピュータインターフェースをアニメ化された人、ロボット、または他のキャラクタの形で擬人化し、会話形式で相互作用を提示することを試みる
■ 交差ベーストインターフェースは、1次タスクポインティングの代わりに境界を交差する際に成立するグラフィカルユーザインターフェースである。
身振りインターフェースは、コンピュータマウスまたはスタイラススケッチされた手振りジェスチャまたはマウスジェスチャの形式で入力を受け付けるグラフィカルユーザインターフェースである。
■ 知的ユーザインターフェースは、利用者、ドメイン、タスク、ディスクール、および(例えば、グラフィックス自然言語、ジェスチャ)メディアモデル上で表現し、推論し、振る舞うことにより、ヒューマン・マシン相互作用の効率、有効性および自然らしさを改善することを目標とするヒューマン・マシンインターフェースである。
動き追跡インターフェースは、利用者身体運動をモニタし、それらをコマンドに翻訳する。
多重画面インターフェースは、より柔軟な相互作用を提供するために多重ディスプレイを採用し、コンピュータゲーム相互作用においてしばしば使用される。
■ 非コマンドユーザインターフェースは、彼/彼が明示的なコマンドを公式化することを必要とせずに、彼/彼女の必要および意図を推測するために利用者を観察する。
■オブジェクト指向ユーザインターフェース(OOUI)は、オブジェクト指向プログラミングメタファに基づき、利用者がシミュレートされたオブジェクトおよびそれらの属性を操作することを可能にする。
反射的ユーザインターフェースでは、利用者が、例えば、そのコマンド動詞を変更するためにユーザインターフェースだけを通じて全システムを制御し再定義する。
タンジブルユーザインターフェースは、接触および物理的環境またはその要素により大きな重点を置く。
■ タスクフォーカストイターフェースは、ファイルではない、タスクである相互作用の1次ユニットを作ることによってデスクトップメタファの情報過負荷問題に対処するユーザインターフェースである。
■テキストユーザインターフェースは、テキストを出力し、しかしタイプされたコマンド文字列に加えて、または代わりに入力の他の形式を受け付けるユーザインターフェースである。
音声ユーザインターフェースは、入力を受け付け、音声プロンプトを生成することにより出力を提供する。利用者入力は、キーまたはボタンを押すこと、またはインターフェースに口頭応答することによりなされる。
■ 自然言語インターフェースは、検索エンジンのために、およびウェブページ上で使用される。利用者は、質問タイプインし、応答を待つ。
■ ゼロ入力インターフェースは、入力対話を用いて利用者に質問する代わりに、一連センサから入力を取得する。
ズーミングユーザインターフェースは、情報オブジェクト尺度および詳細の異なるレベルで表され、利用者がより多くの詳細を示すために見られる領域の尺度を変更することができるグラフィカルユーザインターフェースである。

しかしながら、ユーザインターフェースのこれらの複数のタイプの進化にもかかわらず、これらは全て、安定した環境として携帯または固定電子装置上の利用者環境を扱い、個人としての利用者に基づいて利用可能な特徴およびアプリケーションを含む環境のユーザインターフェースまたは他の態様を基本的に調節しない。むしろ、全ての利用者が同じ方法でアプリケーションに関与することを仮定する。

良いユーザインターフェースの属性は、一貫性であり、利用者に期待の一貫したセットを提供し、かつそれらの期待に応える。目的のために使用されず、それが最終利用者のために利益をもたらさないときには、一貫性は悪化し得る。とはいえ;他の原理のように、一貫性には、その限度がある。一貫性は、認知次元フレームワークによって説明されるようなユーザインターフェース設計とトレードオフされた1つの性質である。場合によっては、一貫性の原理の違反は、賢明で注意深いユーザインターフェース設計者がある他の重要な目標を達成するために一貫性に違反することを選択できるという十分に明瞭な利点を提供することができる。

一般的に、一貫性には、適切なものとして識別された3つの態様がある。第1に、異なる特徴のための制御は、利用者が制御を容易に見つけることができるように、一貫したやり方で提示されるべきである。例えば、利用者は、いくつかのコマンドが、メニューを通じて、アイコンを通じて、右クリックを通じて、画面の1つのコーナーでの個別のボタンの下で、機能によってグループ化されて、「普通」によってグループ化されて、「先進」によってグループ化されて、利用可能な場合、ソフトウェアを使用することが難しいと分かる。コマンドを捜す利用者は、それを見つけるための一貫した検索戦略を持たなければならない。利用者が使用すべき検索戦略が多ければ多いほど、検索はより苛立たしいものになるであろう。グループ化が一貫していればいるほど、検索はより容易である。ユーザインターフェースにおける設計の単調の原理は、理想的には、インターフェースへの習慣作用を促進するために、単純な操作を達成することだけが唯一の方法であるに違いないことを述べる。

第2に、様々な特徴が同様の方法で働くべきであり、それゆえ、インターフェースは、1つの実施例または状況で「特徴を選択し、そして適用する機能を選択する」こと、その後、他の状況で「機能を選択し、そして適用する特徴を選択する」ことは、利用者に要求すべきでないという驚きの原理がある。コマンドは、全てのコンテキストで同じように働くべきである。第3に、一貫性は、利用者に対して、ユーザインターフェースのバージョンからバージョンへの変更を推奨する。変更は最少化されるべきであり、下位互換性は装置およびインターフェースの成熟を調節するように維持されるべきである。伝統的に、成熟がより少ないアプリケーションおよびハードウェアは、任意の現状またはより古い状況で凝り固まったより少数の利用者を持ち、より広く用いられたアプリケーションおよびハードウェアは、破壊的な費用および利用者反動を回避するために、注意深く現況を順守しなければならなかった。しかしながら、今日、消費者分野で成功する新規アプリケーションおよび/またはハードウェア要素は、極めて短期間内で何も無い状態から何百万もの利用者まで進化するであろう。例えば、アップルアパッド(登録商標)は、2010年4月にリリースされ、最初の80日以内に300万ユニットが売れた。2010年の8か月で、これらの売り上げは合計1480万になり、そして2011年の終わりには、アップルは、その年に4000万の装置を売る軌道上にあると広く信じられた。

ユーザインターフェースの設計は、精神モデルを広く開発し、それは、一般的に、数量化不明瞭、または不完全な事実、柔軟性に対する困難が見出される。それは、否定的であると同様に肯定的に相当に可変であり、選択的知覚(つまり、情報の単に選択された部分だけの認識)を起こす情報フィルタとして働き、そして、多くの実例において、世界を取り巻く複雑さと比較された時に制限される。例えば、最近リリースされたサムソンギャクシー(商標)スマートフォンは、単一利用者のためにスマートフォンをアンロックするために顔認識を使用するが、全ての保護がアンロックされたスマートフォンが他の利用者に単に与えることによって失われるように、任意の追加機能を実行しない。

精神モデルは、組織的学習を理解する基本の方法であり、多くの実例では、思考することおよび行動することの深く保持されたイメージに基づく。精神モデルは、人々がそれらにほとんど気づいておらず、以下のものを含む2、3の基礎的な形式で一般的に表現される世界の理解に非常に基礎的である:
多角形−ここでは、端を共有する頂点関連項目を表す;
因果ループ図−これらは、情報接続の傾向および方向ならびに結果として生じる因果関係を表示する;および
フロー図−これらは、動的システムを表現するために使用される。

従って、精神モデルの無意識が採用されている一方、利用者は、特定の方法で行動するための利用者のインターフェース、ソフトウェア、およびハードウェアを予測し、固定化された精神モデルに対して進むことは、混乱、無視、および不満足の1つ以上を利用者に感じさせる結果になるであろう。今日、ソーシャルメディアは、これらの利用者が広い聴衆に急速に彼らの見解表明することができ、ソフトウェアおよび/またはハードウェアの商業的な成功に否定的な影響を与え得ることを意味する。

今日、消費者への携帯電子装置の広範囲浸透に伴い、スマートフォンは、直観的インターフェースをサポートし、直接電子メール、ウェブベースト電子メール、シンプルメッセージサービスSMS)、電話通信マルチメディアアプリケーションダウンロードおよびオンラインゲームソーシャルメディアサービスストリームマルチメディアコンテンツなどを通じて、ブラウズする、書く、見る、遊ぶ、コメントするなどを利用者に可能にするアプリケーション間の迅速なスイッチングを提供しなければならない。同時に、これらの携帯電子装置は、短距離無線通信(NFC)インターフェース、加速度計全地球測位システム(GPS)の1つ以上と共に、IEEE802.11、IEEE802.15、IEEE802.16、IEEE802.20、UMTS、GSM(登録商標)850、GSM(登録商標)900、GSM(登録商標)1800、GSM(登録商標)1900、およびGPRS(しかし、これらに限定されない)を含む、複数の無線通信インターフェースを含んでおり、装置が位置を認識するように巡回する。この情報を利用する第三者アプリケーションは、グーグルラティチュード、アップルファインドマイフレンズ、およびシングルズアラウンドミーのように増加している。

それらのユビキタスな性質および認知された個人化されたキャラクタを伴い、スマートフォンは、マスターカードペイパスプログラムまたはビザペイウェイブ買い物したり、バンクオブアメリカチェイス、ペイパルウェルズファーゴ、キャピタルワン、アメリカンエキスプレスのような機関からのアプリケーションを使って銀行取引をしたり、および医学ニュースライフスタイル、健康およびフィットネス、ならびに教育と同様に、ステートファームなどからのアプリケーションを使った保険というような、個人生活の他の態様を次第に目標としている。従って、携帯電話機、スマートフォン、携帯情報端末(PDA)、携帯コンピュータページャ、携帯マルチメディアプレイヤ携帯ゲーム機ラップトップコンピュータタブレットコンピュータ、および電子リーダのような携帯電子装置は、利用者に関係する秘密および機密情報を含んでいる。

それゆえ、利用者識別に基づいて利用者に提示された、アプリケーション、情報、ユーザインターフェースなどに適合することは、これらの電子装置にとってますます有益である。しかし、加えて、電子装置の利用者使用のコンテキストに基づいて調節されることは、これらの態様にとって有益であるであろう。しかしながら、そのような原理は、インターネット可能テレビゲーミングシステム、およびデスクトップコンピュータのような非携帯電子装置にも当てはまる

従って、ユーザインターフェースおよび電子装置は、利用者のバイオメトリック認識に基づいてアクセスおよび構成されることができ、新規の利用者は、新規の利用者のための新しいバイオメトリック認識を備えた技術における周知のプロセスを通じて加えられることができる。これらの多重利用者は、1つ以上の無線アクセスポイントへの電子装置関連付けを通じてコンテキストを彼らの位置に加える利用者によって同じ電子装置のために増幅されることができる。そういうものとして、各利用者は、電子装置上に2つ、3つあるいはそれ以上の利用者カスタマイズドユーザインターフェース(UI)ダッシュボード構成を持つことを選択することができる。発明者は、コンテキストおよび直観的インターフェースの変更を備えた動的な再構築と同様に、無線アクセスポイント関連付けをミクロ環境上コンテキスト、他のローカル利用者に基づいた動的コンテキストまで延長することにより加えられた新しいダッシュボードを利用者に加えるための方法を確立した。しかしながら、これらのダッシュボードは、購入されたまたは周期的なOSソフトウェア発行に伴うアップグレードとして電子装置内でのオペレーティングシステム(OS)の一部としてインストールされたコンキスチュアル規則に基づいて確立される。しかしながら、サードパーティーソフトウェア/サービスプロバイダによるのと同様に利用者による電子装置の使用に従って動的に変えられることは、それは、コンテキストオプションコンテキスト変数、コンテキスト価値およびロジックとともにコンテキスト規則には有益であろう。

同様に、利用者カスタマイズドUIダッシュボード構成を定義することは、ソフトウェアアプリケーションの追加および/または置換が利用者にカスタマイズドUIダッシュボードの再構成を要求するように、各利用者によって行われる。同様に、従業員および/または顧客のためのダッシュボードを生成する構成は、各新規の利用者装置を構成しなければならない。そのような利用者カスタマイズドUIダッシュボード構成にとって新しいソフトウェアインストール、ソフトウェアアップグレードなどの間に提供される情報に応じて更新されること、またはUIダッシュボード構成にとっていずれのアップデイト/アップグレード無しに調節されることは有益であろう。コンテキスト規則にとって学習された行動または外部調整に基づいて適応可能であることも、ちょうど、コンテキスト規則エンジンにとって新しい潜在的規則が現在および以前の行動の結果として自動的に特定されることが有益であったであろうように、有益であろう。

本発明の他の態様および特徴は、添付の図面と併せて本発明の特定の実施例の以下に続く説明を見ることによって当業者に明らかになるであろう。

概要

電子装置は、多重利用者および多数の利用者カスタマイズドUIダッシュボード構成を結果する各利用者のための多重カスタマイズドユーザインターフェースを持つことができる。しかし、これらの利用者カスタマイズドUIダッシュボード構成を定義することは、ソフトウェアアプリケーションの追加および/または置換が利用者にカスタマイズドUIダッシュボードを再構成することを要求するように、各利用者によって実行される。同様に、組織生成ダッシュボードは、各利用者装置上で構成されなければならない。そのような利用者カスタマイズドUIダッシュボード構成には、新ソフトウェアインストール、ソフトウェアアップグレードの間に提供される情報に応じて更新可能であること、あるいは、UIダッシュボード構成がどのようなアップデイト/アップグレード無しに調節されることは有益であろう。ちょうどコンテキスト規則エンジンには現在および以前の行動の結果として新潜在的規則を自動的に識別することが有益であろうように、コンテキスト規則には学習された行動または外部調整に基づいて適応可能であることも有益であろう。

目的

ユーザインターフェースは、種々様々のシステムのために存在し、次の手段を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

複数のコンテキスト規則の少なくとも1つのコンテキスト規則からなるマイクロプロセッサ上の実行でのコンテキスト規則エンジン確立すること、各コンテキスト規則は該当する条件を所定セットに基づいて表示するためにユーザインターフェースを決定する;少なくとも前記マイクロプロセッサを含む装置上にアプリケーションインストールすること、前記アプリケーションは該アプリケーションに関係する第1のデータおよび前記装置の利用者に前記アプリケーションを表示するコンテキストに関係する第2のデータを含む;そして前記第2のデータに基づいて少なくとも1つのコンテキスト規則を修正すること:を含む方法。

請求項2

前記装置の利用者に前記アプリケーションを表示するコンテキストに関係する前記第2のデータは、前記アプリケーションが、ユーザインターフェース上のアイコン、ユーザインターフェース内での使用のためのオープンアプリケーション、最小化ウィンドウタスクバー上のアイコン、およびダッシュボード内のアプリケーションの少なくとも1つとして表示されることを定義するデータを含む請求項1による方法。

請求項3

リモートサーバで前記アプリケーションへの改訂発行されたかどうかを確立すること;前記アプリケーションの改訂をダウンロードすること、ここにおいて前記アプリケーションへの前記改訂は前記第2のデータへの改訂を含む; をさらに含む請求項1による方法。

請求項4

リモートサーバで前記第2のデータへの改訂が発行されたかどうかを確立すること;前記改訂された第2のデータをダウンロードすること;そして前記改訂された第2のデータに基づいて少なくとも1つのコンテキスト規則を修正すること;をさらに含む請求項1による方法。

請求項5

複数のコンテキスト規則の少なくとも1つのコンテキスト規則を含むマイクロプロセッサ上のコンテキスト規則エンジンを実行すること、各コンテキスト規則は所定条件を満たすコンテキスト規則を適用する結果に基づいて表示するためにユーザインターフェースを決定する;前記マイクロプロセッサで複数の要因に関係するコンテキストデータを受信すること;前記コンテキストデータおよび前記複数のコンテキスト規則に基づいて前記コンテキスト規則のいずれも前記所定条件を満たさないことを決定すること;前記コンテキスト規則の所定部分を変化させること;変化されたコンテキスト規則が少なくとも前記所定条件を満たすか、前記所定条件に接近しているかの1つを決定すること;そして前記変化されたコンテキスト規則を前記複数のコンテキスト規則に加えること:を含む方法。

請求項6

前記コンテキスト規則の所定部分の各コンテキスト規則の要素を新しい変数置換することによって少なくとも1つのコンテキスト規則バリエーション検査することを含む前記コンテキスト規則の所定部分を変化させる請求項5による方法。

請求項7

前記コンテキスト規則の前記所定部分を変化させること、および前記変化されたコンテキスト規則が前記所定条件を満たすか、前記所定条件に接近しているかの少なくとも1つを決定することのステップ群が、前記コンテキスト規則のいずれもが前記所定条件を満たさなかった時に、前記現コンテキストデータをメモリ内に保存された前コンテキストデータ、以前の出来事に関係する前記前コンテキストデータと比較することと併せて実行される請求項5による方法。

請求項8

前記コンテキスト規則の前記所定部分を変化させること、および前記変化されたコンテキスト規則が前記所定条件を満たすか、前記所定条件に接近しているかの少なくとも1つを決定することのステップ群が、前記コンテキスト規則のいずれもが前記所定条件を満たさなかった時に、前記現コンテキストデータをメモリ内に保存された前コンテキストデータ、以前の出来事に関係する前記前コンテキストデータと比較し、前記現コンテキストデータと前記前コンテキストデータとの比較が所定基準を満たした時に、前記現コンテキストデータに基づいて新コンテキスト規則を確立するプロセスによって置換される請求項5による方法。

請求項9

適用可能なコンテキスト規則を決定するために複数のコンテキスト規則の少なくとも1つのコンテキスト規則を実行するマイクロプロセッサ上のコンテキスト規則エンジンを実行すること、各コンテキスト規則は、複数のユーザインターフェースダッシュボードの特定のユーザインターフェースダッシュボードに関係し、コンテキスト要因および前記コンテキスト要因に関係する重み付けを少なくとも含み;利用者への提示のための適用可能なコンテキスト規則に関連した前記ユーザインターフェースダッシュボードを生成するためにマイクロプロセッサ上のユーザインターフェースジェネレータを実行すること:を含む方法。

請求項10

少なくとも前記マイクロプロセッサを含む装置上にソフトウェアアプリケーションをインストールすること、前記インストールプロセスは前記ソフトウェアアプリケーションに関係する第1のデータおよびコンテキスト規則に関係する第2のデータを転送することを含む;をさらに含む請求項9による方法。

請求項11

前記第2のデータが、前記コンテキスト規則内のコンテキスト要因に適用されるための新重み付け、新コンテキスト規則、および複数のコンテキスト規則の1つのコンテキスト規則に加えられるべき新コンテキスト要因の少なくとも1つを含む、請求項10による方法。

関連出願の相互参照

0001

この特許出願は、「コンキスチュアルダッシュボードの選択を構成する方法およびシステム」と名称を付けられて、2013年1月11日に出願された米国の仮特許出願61/751,312(この特許出願の全内容は参照によって含まれる)の利益を請求する。

技術分野

0002

本発明は、ユーザインターフェース、特に、使用するべき適用可能なコンテキスチュアルユーザインターフェースを決定するためのコンテキスト規則および規則エンジンに関する。

背景技術

0003

ユーザインターフェースは、ヒューマンマシン相互作用工業デザイン分野において、人間とマシンとの間の相互作用が生じる「空間」である。ユーザインターフェースでの人間とマシンとの間の相互作用の目的は、マシンの有効な操作および制御であり、利用者が操作上の決定を下すことをサポートするマシンから利用者へのフィードバックである。ユーザインターフェースのこの広い概念の例は、コンピュータオペレーティングシステム手動工具重機オペレータ制御、およびプロセス制御対話型の態様を含む。ユーザインターフェースを生み出すときに適用可能な設計の検討は、人間工学および心理学のような規律に関係しているか、または包含している。

0004

従って、ユーザインターフェースは、人々(利用者)がマシン(装置)と相互作用するシステムであり、ハードウェア物理的)およびソフトウェア論理的)コンポーネントを含む。ユーザインターフェースは、種々様々のシステムのために存在し、次の手段を提供する:
● 入力−利用者がシステムを操作することを可能にする;および
● 出力−システムが利用者の操作の効果を表示することを可能にする。

0005

一般的に、ヒューマン・マシン相互作用工学の目的は、所望の結果を生み出す方法でマシンを操作することを、容易に、効率的に、かつ楽しめるようにするユーザインターフェースを生み出すことである。これは、一般的に、所望の出力を達成するために操作者が最少の入力を提供する必要があること、マシンが人間への望まれない出力を最少化すること、および操作者によって提供される入力が直観的で論理的であることを意味する。マイクロプロセッサベーストシステムの増加された使用、および重機械の社会意識の相対的な下落に伴い、用語ユーザインターフェースが電子装置およびシステムのためのグラフィカルユーザインターフェースニュアンスを帯びる一方、産業制御盤および機械類制御の設計議論がより一般的にヒューマン・マシンインターフェースに言及する。ユーザインターフェースのための他の共通の用語は、ヒューマン・コンピュータインターフェース(HCI)およびマン・マシンインターフェース(MMI)を含む。

0006

ユーザインターフェースは、何人かの著者によってコンピュータ利用者の満足に欠かすことができないものと考えられている。これは、ユーザインターフェースの設計が努力の量に影響するので、利用者がシステムに入力を提供し、システムの出力を解釈することに費やさなければならないことになり、これをする方法を学習することに大変な努力が必要になる。使い易さは、特定のユーザインターフェースの設計が利用者の人間心理および生理学を考慮に入れて、システムを使用する過程を有効で、効率的で、満足させるものにする。

0007

使い易さは、主としてユーザインターフェースの特性であるが、製品の機能性およびそれを設計するためのプロセスに関連している。それは、その使用のコンテキストから必要条件も考慮に入れて、効率、有効性および満足を伴うその対象利用者によって製品がその意図された目的のためにどれくらいよく使用され得るかを説明する。コンピュータ科学およびヒューマン・コンピュータ相互作用では、(コンピュータプログラムおよび/または電子装置の)ユーザインターフェースは、利用者に提示されたグラフカルテキストおよびオーディオの情報、および(コンピュータキーボードまたはタッチパッドを使用したキーストロークコンピュータマウスの移動、またはタッチパッド上の指の動きのような)制御シーケンス、ならびに利用者がプログラムを制御するために使用するコンピュータプログラムおよび/または電子装置への1つ以上のインターフェースを伴う他の選択を参照する。

0008

直接操作インターフェースは、物質界に少なくとも緩く対応する動作を使用して、利用者にそれらに提示されたオブジェクトを操作することを可能にするユーザインターフェースの一般的なクラスを言う。しかしながら、今まで先行技術の解決策は、利用者がキーボード、タッチパッドまたは他の入力装置を用いた動作を通じて特徴または項目を直接選択するので、直接マシンインターフェースであると混同して呼ばれている。しかしながら、移動の項目を選択するために利用者によるポイントおよびクリックまたはタッチ操作は、彼らの手による挟むまたは握る運動を通じて利用者が項目を正常に摘まむであろう物質界に対応していない。

0009

現在、ユーザインターフェースの次に続くタイプは、最も一般的な、グラフィカルユーザインターフェース(GUI)、およびウェブベーストユーザインターフェース(WUI、ウェブユーザインターフェースとしても知られる)である。GUIは、キーボード、マウス、およびタッチパッドのような装置を介して利用者入力受け付け、装置のディスプレイ上に明瞭なグラフィカル入力/出力を提供する。GUI設計、オブジェクト指向ユーザインターフェース(OOUI)およびアプリケーション指向インターフェース(AOI)において広く使用される少なくとも2つの異なる原理がある。実装は、携帯電子装置(PED)および固定電子装置(FED)に適するように、シンビアンオープンインディアナハイク、アンドロイドウインドウズ、マックOS、アイOS、RISCOS、GNU/リナックス登録商標)、タブレットOSおよびブラックベリーOS(しかし、これらに限定されない)を含む1つ以上の言語を利用することができ、ならびにこれら(しかし、これらに限定されない)を含む1つ以上のオペレーティングシステムで作動するように設計されることができる。

0010

WUIは、インターネットを介して伝送され、ウェブブラウザプログラムを使用して利用者によって見られるウェブページの生成により入力を受け付け、出力を提供する。実装は、ジャバ、AJAX、アドフレックスマイクロソフト.NET、または個別プログラムにおけるリアルタイム制御を提供するための同様の技術を利用することができ、従来のHTMLベーストウェブブラウザリフレッシュする必要が無くなる。ウェブサーバサーバおよびネットワークされたコンピュータのための管理ウェブインターフェースは、しばしば制御パネルと呼ばれる。

0011

ユーザインターフェースは、もともとは、コマンドラインインターフェースを使用していた。ここでは、利用者がコンピュータキーボードを使ってコマンド文字列をタイプすることにより入力を提供し、システムがコンピュータモニタ上にテキストを印字することにより出力を提供した。多くの場合、そのようなインターフェースは、工学および科学環境においてプログラマおよびシステム管理者によって、ならびに技術的に進んだパーソナルコンピュータ利用者によって、いまだに使用されている。これらは、その後、ウィンドウテキストボックス、ボタンハイパーリンクドロップダウンリストタブ、およびポップアップメニュー(しかし、これらに限定されない)を含み、(ウィジェットとしても知られる)制御の導入に伴って過去に拡張された。これらは、(ポインタのような)利用者意図の視覚残留物として、またはカーソル、ポインタおよび調節ハンドル(しかし、これらに限定されない)を含む利用者が対話することができる場所を示すアフォーダンスとして、進行中の操作または変形の状態を表す相互作用要素およびインターフェースオブジェクトによって拡張されることができる。

0012

今日、ユーザインターフェースは、次のものを含むように進化した:
■ アテンティブユーザインターフェースは、利用者に割り込むための時を決定する利用者注意、警告のようなもの、および利用者に提示されるメッセージの詳細レベルを管理する。
■ バッチインターフェースは、非対話型のユーザインターフェースである。ここでは、利用者は、バッチ処理に前もってバッチジョブの全ての詳細を特定し、全ての処理が終わった時に出力を受け取る。
会話型インターフェースエージェントは、コンピュータインターフェースをアニメ化された人、ロボット、または他のキャラクタの形で擬人化し、会話形式で相互作用を提示することを試みる
■ 交差ベーストインターフェースは、1次タスクポインティングの代わりに境界を交差する際に成立するグラフィカルユーザインターフェースである。
身振りインターフェースは、コンピュータマウスまたはスタイラススケッチされた手振りジェスチャまたはマウスジェスチャの形式で入力を受け付けるグラフィカルユーザインターフェースである。
■ 知的ユーザインターフェースは、利用者、ドメイン、タスク、ディスクール、および(例えば、グラフィックス自然言語、ジェスチャ)メディアモデル上で表現し、推論し、振る舞うことにより、ヒューマン・マシン相互作用の効率、有効性および自然らしさを改善することを目標とするヒューマン・マシンインターフェースである。
動き追跡インターフェースは、利用者身体運動をモニタし、それらをコマンドに翻訳する。
多重画面インターフェースは、より柔軟な相互作用を提供するために多重ディスプレイを採用し、コンピュータゲーム相互作用においてしばしば使用される。
■ 非コマンドユーザインターフェースは、彼/彼が明示的なコマンドを公式化することを必要とせずに、彼/彼女の必要および意図を推測するために利用者を観察する。
■オブジェクト指向ユーザインターフェース(OOUI)は、オブジェクト指向プログラミングメタファに基づき、利用者がシミュレートされたオブジェクトおよびそれらの属性を操作することを可能にする。
反射的ユーザインターフェースでは、利用者が、例えば、そのコマンド動詞を変更するためにユーザインターフェースだけを通じて全システムを制御し再定義する。
タンジブルユーザインターフェースは、接触および物理的環境またはその要素により大きな重点を置く。
■ タスクフォーカストイターフェースは、ファイルではない、タスクである相互作用の1次ユニットを作ることによってデスクトップメタファの情報過負荷問題に対処するユーザインターフェースである。
■テキストユーザインターフェースは、テキストを出力し、しかしタイプされたコマンド文字列に加えて、または代わりに入力の他の形式を受け付けるユーザインターフェースである。
音声ユーザインターフェースは、入力を受け付け、音声プロンプトを生成することにより出力を提供する。利用者入力は、キーまたはボタンを押すこと、またはインターフェースに口頭応答することによりなされる。
■ 自然言語インターフェースは、検索エンジンのために、およびウェブページ上で使用される。利用者は、質問タイプインし、応答を待つ。
■ ゼロ入力インターフェースは、入力対話を用いて利用者に質問する代わりに、一連センサから入力を取得する。
ズーミングユーザインターフェースは、情報オブジェクト尺度および詳細の異なるレベルで表され、利用者がより多くの詳細を示すために見られる領域の尺度を変更することができるグラフィカルユーザインターフェースである。

0013

しかしながら、ユーザインターフェースのこれらの複数のタイプの進化にもかかわらず、これらは全て、安定した環境として携帯または固定電子装置上の利用者環境を扱い、個人としての利用者に基づいて利用可能な特徴およびアプリケーションを含む環境のユーザインターフェースまたは他の態様を基本的に調節しない。むしろ、全ての利用者が同じ方法でアプリケーションに関与することを仮定する。

0014

良いユーザインターフェースの属性は、一貫性であり、利用者に期待の一貫したセットを提供し、かつそれらの期待に応える。目的のために使用されず、それが最終利用者のために利益をもたらさないときには、一貫性は悪化し得る。とはいえ;他の原理のように、一貫性には、その限度がある。一貫性は、認知次元フレームワークによって説明されるようなユーザインターフェース設計とトレードオフされた1つの性質である。場合によっては、一貫性の原理の違反は、賢明で注意深いユーザインターフェース設計者がある他の重要な目標を達成するために一貫性に違反することを選択できるという十分に明瞭な利点を提供することができる。

0015

一般的に、一貫性には、適切なものとして識別された3つの態様がある。第1に、異なる特徴のための制御は、利用者が制御を容易に見つけることができるように、一貫したやり方で提示されるべきである。例えば、利用者は、いくつかのコマンドが、メニューを通じて、アイコンを通じて、右クリックを通じて、画面の1つのコーナーでの個別のボタンの下で、機能によってグループ化されて、「普通」によってグループ化されて、「先進」によってグループ化されて、利用可能な場合、ソフトウェアを使用することが難しいと分かる。コマンドを捜す利用者は、それを見つけるための一貫した検索戦略を持たなければならない。利用者が使用すべき検索戦略が多ければ多いほど、検索はより苛立たしいものになるであろう。グループ化が一貫していればいるほど、検索はより容易である。ユーザインターフェースにおける設計の単調の原理は、理想的には、インターフェースへの習慣作用を促進するために、単純な操作を達成することだけが唯一の方法であるに違いないことを述べる。

0016

第2に、様々な特徴が同様の方法で働くべきであり、それゆえ、インターフェースは、1つの実施例または状況で「特徴を選択し、そして適用する機能を選択する」こと、その後、他の状況で「機能を選択し、そして適用する特徴を選択する」ことは、利用者に要求すべきでないという驚きの原理がある。コマンドは、全てのコンテキストで同じように働くべきである。第3に、一貫性は、利用者に対して、ユーザインターフェースのバージョンからバージョンへの変更を推奨する。変更は最少化されるべきであり、下位互換性は装置およびインターフェースの成熟を調節するように維持されるべきである。伝統的に、成熟がより少ないアプリケーションおよびハードウェアは、任意の現状またはより古い状況で凝り固まったより少数の利用者を持ち、より広く用いられたアプリケーションおよびハードウェアは、破壊的な費用および利用者反動を回避するために、注意深く現況を順守しなければならなかった。しかしながら、今日、消費者分野で成功する新規アプリケーションおよび/またはハードウェア要素は、極めて短期間内で何も無い状態から何百万もの利用者まで進化するであろう。例えば、アップルアパッド(登録商標)は、2010年4月にリリースされ、最初の80日以内に300万ユニットが売れた。2010年の8か月で、これらの売り上げは合計1480万になり、そして2011年の終わりには、アップルは、その年に4000万の装置を売る軌道上にあると広く信じられた。

0017

ユーザインターフェースの設計は、精神モデルを広く開発し、それは、一般的に、数量化不明瞭、または不完全な事実、柔軟性に対する困難が見出される。それは、否定的であると同様に肯定的に相当に可変であり、選択的知覚(つまり、情報の単に選択された部分だけの認識)を起こす情報フィルタとして働き、そして、多くの実例において、世界を取り巻く複雑さと比較された時に制限される。例えば、最近リリースされたサムソンギャクシー(商標)スマートフォンは、単一利用者のためにスマートフォンをアンロックするために顔認識を使用するが、全ての保護がアンロックされたスマートフォンが他の利用者に単に与えることによって失われるように、任意の追加機能を実行しない。

0018

精神モデルは、組織的学習を理解する基本の方法であり、多くの実例では、思考することおよび行動することの深く保持されたイメージに基づく。精神モデルは、人々がそれらにほとんど気づいておらず、以下のものを含む2、3の基礎的な形式で一般的に表現される世界の理解に非常に基礎的である:
多角形−ここでは、端を共有する頂点関連項目を表す;
因果ループ図−これらは、情報接続の傾向および方向ならびに結果として生じる因果関係を表示する;および
フロー図−これらは、動的システムを表現するために使用される。

0019

従って、精神モデルの無意識が採用されている一方、利用者は、特定の方法で行動するための利用者のインターフェース、ソフトウェア、およびハードウェアを予測し、固定化された精神モデルに対して進むことは、混乱、無視、および不満足の1つ以上を利用者に感じさせる結果になるであろう。今日、ソーシャルメディアは、これらの利用者が広い聴衆に急速に彼らの見解表明することができ、ソフトウェアおよび/またはハードウェアの商業的な成功に否定的な影響を与え得ることを意味する。

0020

今日、消費者への携帯電子装置の広範囲浸透に伴い、スマートフォンは、直観的インターフェースをサポートし、直接電子メール、ウェブベースト電子メール、シンプルメッセージサービスSMS)、電話通信マルチメディアアプリケーションダウンロードおよびオンラインゲームソーシャルメディアサービスストリームマルチメディアコンテンツなどを通じて、ブラウズする、書く、見る、遊ぶ、コメントするなどを利用者に可能にするアプリケーション間の迅速なスイッチングを提供しなければならない。同時に、これらの携帯電子装置は、短距離無線通信(NFC)インターフェース、加速度計全地球測位システム(GPS)の1つ以上と共に、IEEE802.11、IEEE802.15、IEEE802.16、IEEE802.20、UMTS、GSM(登録商標)850、GSM(登録商標)900、GSM(登録商標)1800、GSM(登録商標)1900、およびGPRS(しかし、これらに限定されない)を含む、複数の無線通信インターフェースを含んでおり、装置が位置を認識するように巡回する。この情報を利用する第三者アプリケーションは、グーグルラティチュード、アップルファインドマイフレンズ、およびシングルズアラウンドミーのように増加している。

0021

それらのユビキタスな性質および認知された個人化されたキャラクタを伴い、スマートフォンは、マスターカードペイパスプログラムまたはビザペイウェイブ買い物したり、バンクオブアメリカチェイス、ペイパルウェルズファーゴ、キャピタルワン、アメリカンエキスプレスのような機関からのアプリケーションを使って銀行取引をしたり、および医学ニュースライフスタイル、健康およびフィットネス、ならびに教育と同様に、ステートファームなどからのアプリケーションを使った保険というような、個人生活の他の態様を次第に目標としている。従って、携帯電話機、スマートフォン、携帯情報端末(PDA)、携帯コンピュータページャ、携帯マルチメディアプレイヤ携帯ゲーム機ラップトップコンピュータタブレットコンピュータ、および電子リーダのような携帯電子装置は、利用者に関係する秘密および機密情報を含んでいる。

0022

それゆえ、利用者識別に基づいて利用者に提示された、アプリケーション、情報、ユーザインターフェースなどに適合することは、これらの電子装置にとってますます有益である。しかし、加えて、電子装置の利用者使用のコンテキストに基づいて調節されることは、これらの態様にとって有益であるであろう。しかしながら、そのような原理は、インターネット可能テレビゲーミングシステム、およびデスクトップコンピュータのような非携帯電子装置にも当てはまる

0023

従って、ユーザインターフェースおよび電子装置は、利用者のバイオメトリック認識に基づいてアクセスおよび構成されることができ、新規の利用者は、新規の利用者のための新しいバイオメトリック認識を備えた技術における周知のプロセスを通じて加えられることができる。これらの多重利用者は、1つ以上の無線アクセスポイントへの電子装置関連付けを通じてコンテキストを彼らの位置に加える利用者によって同じ電子装置のために増幅されることができる。そういうものとして、各利用者は、電子装置上に2つ、3つあるいはそれ以上の利用者カスタマイズドユーザインターフェース(UI)ダッシュボード構成を持つことを選択することができる。発明者は、コンテキストおよび直観的インターフェースの変更を備えた動的な再構築と同様に、無線アクセスポイント関連付けをミクロ環境上コンテキスト、他のローカル利用者に基づいた動的コンテキストまで延長することにより加えられた新しいダッシュボードを利用者に加えるための方法を確立した。しかしながら、これらのダッシュボードは、購入されたまたは周期的なOSソフトウェア発行に伴うアップグレードとして電子装置内でのオペレーティングシステム(OS)の一部としてインストールされたコンテキスチュアル規則に基づいて確立される。しかしながら、サードパーティーソフトウェア/サービスプロバイダによるのと同様に利用者による電子装置の使用に従って動的に変えられることは、それは、コンテキストオプションコンテキスト変数、コンテキスト価値およびロジックとともにコンテキスト規則には有益であろう。

0024

同様に、利用者カスタマイズドUIダッシュボード構成を定義することは、ソフトウェアアプリケーションの追加および/または置換が利用者にカスタマイズドUIダッシュボードの再構成を要求するように、各利用者によって行われる。同様に、従業員および/または顧客のためのダッシュボードを生成する構成は、各新規の利用者装置を構成しなければならない。そのような利用者カスタマイズドUIダッシュボード構成にとって新しいソフトウェアインストール、ソフトウェアアップグレードなどの間に提供される情報に応じて更新されること、またはUIダッシュボード構成にとっていずれのアップデイト/アップグレード無しに調節されることは有益であろう。コンテキスト規則にとって学習された行動または外部調整に基づいて適応可能であることも、ちょうど、コンテキスト規則エンジンにとって新しい潜在的規則が現在および以前の行動の結果として自動的に特定されることが有益であったであろうように、有益であろう。

0025

本発明の他の態様および特徴は、添付の図面と併せて本発明の特定の実施例の以下に続く説明を見ることによって当業者に明らかになるであろう。

0026

本発明の目的は、ユーザインターフェース、特に使用するべき適用可能なコンテキスチュアルユーザインターフェースを決定するためのコンテキスト規則および規則エンジンに関係する先行技術における制限を緩和することである。

0027

本発明の実施例に従って、
複数のコンテキスト規則の少なくとも1つのコンテキスト規則からなるマイクロプロセッサ上の実行でのコンテキスト規則エンジンを確立すること、各コンテキスト規則は該当する条件を所定セットに基づいて表示するためにユーザインターフェースを決定する;
少なくとも前記マイクロプロセッサを含む装置上にアプリケーションをインストールすること、前記アプリケーションは該アプリケーションに関係する第1のデータおよび前記装置の利用者に前記アプリケーションを表示するコンテキストに関係する第2のデータを含む;そして
前記第2のデータに基づいて少なくとも1つのコンテキスト規則を修正すること:
を含む方法が提供される。

0028

本発明の実施例に従って、
複数のコンテキスト規則の少なくとも1つのコンテキスト規則を含むマイクロプロセッサ上のコンテキスト規則エンジンを実行すること、各コンテキスト規則は所定条件を満たすコンテキスト規則を適用する結果に基づいて表示するためにユーザインターフェースを決定する;
前記マイクロプロセッサで複数の要因に関係するコンテキストデータを受信すること;
前記コンテキストデータおよび前記複数のコンテキスト規則に基づいて前記コンテキスト規則のいずれも前記所定条件を満たさないことを決定すること;
前記コンテキスト規則の所定部分を変化させること;
変化されたコンテキスト規則が少なくとも前記所定条件を満たすか、前記所定条件に接近しているかの1つを決定すること;そして
前記変化されたコンテキスト規則を前記複数のコンテキスト規則に加えること:
を含む方法が提供される。

0029

本発明の実施例に従って、
適用可能なコンテキスト規則を決定するために複数のコンテキスト規則の少なくとも1つのコンテキスト規則を実行するマイクロプロセッサ上のコンテキスト規則エンジンを実行すること、各コンテキスト規則は、複数のユーザインターフェースダッシュボードの特定のユーザインターフェースダッシュボードに関係し、コンテキスト要因および前記コンテキスト要因に関係する重み付けを少なくとも含み;
利用者への提示のための適用可能なコンテキスト規則に関連した前記ユーザインターフェースダッシュボードを生成するためにマイクロプロセッサ上のユーザインターフェースジェネレータを実行すること:
を含む方法が提供される。

0030

本発明の他の態様および特徴は、添付の図面と併せて本発明の特定の実施例の以下の説明を見ることによって当業者に明らかになるであろう。

図面の簡単な説明

0031

本発明の実施例は、今、添付の図面に関して、例としてのみ説明されるであろう。ここにおいて:

0032

本発明の実施例によるコンテキスチュアルUI精神モデルを示す;

0033

本発明の実施例によるコンテキスチュアルUI精神モデルを示す;

0034

本発明の実施例による典型的なプロファイル層のフローを示す;

0035

本発明の実施例による利用者に提示された旅行モードにおける典型的なコンテキスチュアルダッシュボードを示す;

0036

本発明の実施例による利用者に提示された家庭モードにおける典型的なコンテキスチュアルダッシュボードを示す;

0037

本発明の実施例による利用者ならびにマクロおよびミクロコンテキスト要因のコンテキスト決定のための典型的な処理フローを示す;

0038

本発明の実施例によるコンテキスチュアルベーストUIを実装する電子装置への、および、からの通信をサポートするネットワークを示す;

0039

本発明の実施例によるコンテキスチュアルベーストUIをサポートする電子装置およびネットワークアクセスポイントを示す;

0040

本発明の実施例による利用者カスタマイズドコンテキスチュアルベーストUIダッシュボードを各々備える多重関連付け利用者を持つ携帯電子機器を示す;

0041

本発明の実施例による非利用者定義コンテキスチュアルベーストUIダッシュボードのウェブおよび企業ベースプロビジョニングを示す;

0042

本発明の実施例による彼らの携帯電子機器から転送されたテンプレートに依存する企業による利用者へのカスタマイズドUIダッシュボード生成を示す;および

0043

本発明の実施例による乗物内のコンソールマルチメディアI形成部のためのコンテキスト的決定ダッシュボードを示す;

0044

本発明の実施例によるインコンソールナビゲーションシステムのためのコンテキスト的決定ダッシュボードおよび経由情報を示す;

0045

本発明の実施例による装置上のアプリケーションバリエーション/インストールに基づいたコンテキスチュアル規則の補正に関係する典型的なフローチャートを示す;

0046

本発明の実施例による適用可能なコンテキスチュアル規則を決定するためのコンテキスチュアル規則エンジンに関係する典型的なフローチャートを示す;そして

0047

各コンテキスチュアルUIダッシュボードの一部を形成するためにアプリケーションを決定するコンテキスチュアル規則エンジンに基づいて生成されたコンテキスチュアルUIダッシュボードの典型的な概略図を示す。

実施例

0048

本発明は、ユーザインターフェースに関し、特に使用するべき適用可能なコンテキスチュアルユーザインターフェースを決定するためのコンテキスト規則および規則エンジンに関する。

0049

以下の説明は、典型的な実施例(群)だけを提供し、開示の範囲、適用可能性または構成を制限することは意図されていない。むしろ、典型的な実施例(群)に続く説明は、典型的な実施例の実装を可能にする説明を当業者に提供するであろう。様々な変更が、添付された請求項で述べられるような精神および範囲から外れること無しに、要素の機能および配置においてなされ得ることが理解される。

0050

ここで、およびこの開示の全体にわたって使用されるような「携帯電子装置」(PED)は、電池または電力のためのエネルギーの他の独立した形式を必要とする通信に使用された無線装置を指す。これは、携帯電話機、スマートフォン、携帯情報端末(PDA)、携帯コンピュータ、ページャ、携帯マルチメディアプレイヤ、携帯ゲーム機、ラップトップコンピュータ、タブレットコンピュータ、および電子リーダ(しかし、これらに限定されない)のような装置を含む。ここで、およびこの開示の全体にわたって使用されるような「固定電子装置」(FED)は、電池または電力のためのエネルギーの他の独立した形式を必要としない通信に使用された無線装置または有線装置を指す。これは、インターネット可能テレビ、ゲーミングシステム、デスクトップコンピュータ、公衆電話ボックス、およびインターネット可能通信端末(しかし、これらに限定されない)のような装置を含む。

0051

ここで使用されるような「ネットワークオペレータ」または「ネットワークサービスプロバイダ」は、音声、テキスト、またはインターネットを含む携帯電話加入者のためのサービスを提供する電話または他の会社;音声、テキスト、ボイスオーバーIPおよびインターネット(しかし、これらに限定されない)を含む加入者サービスを提供する電話または他の会社;データ、テキスト、インターネット、および他のトラフィックまたは通信セッションのための市内区域大都市圏および長距離ネットワーク無線アクセスを提供する電話、ケーブルまたは他の会社;など(しかし、これらに限定されない)を指すことができる。

0052

ここで使用されるような「ソフトウェアシステム」は、ライセンス注釈公表、生成、付与、暗号化、ソーシャルコミュニティ契約、記憶、合併、および電子コンテンツの付与、ならびに電子コンテンツの利用者およびソーシャルコミュニティ活動トラッキングに関係する1つ以上の特徴を提供するソフトウェアアプリケーションまたはアプリケーションソフトウェア一式を実行するサーバベースト計算機装置(しかし、これらに限定されない)を指す。ソフトウェアシステムは、「ソフトウェアアプリケーション」または「ソフトウェアアプリケーション群」からの通信を通じてアクセスされ、電子コンテンツ(しかし、これらに限定されない)を含むデータをソフトウェアアプリケーションに提供する。ここで使用されるような「ソフトウェアアプリケーション」は、ユーザインターフェースを生成、付与、管理および制御することに関する1つ以上の特徴を提供する携帯電子装置または固定電子装置で実行中のアプリケーション、アプリケーションの組合せ、またはアプリケーションスイート(しかし、これらに限定されない)であると言うことができる。その様々な形式のソフトウェアアプリケーションは、オペレーティングシステムの一部、アプリケーション層の一部、またはオペレーティングシステムとアプリケーション層との間の追加層を形成することができる。

0053

ここにおいて、およびこの開示を通じて使用されるような「利用者」は、ソフトウェアシステムおよび/またはソフトウェアアプリケーションを利用する人または装置(しかし、これらに限定されない)を言い、ここにおいて使用されるように、1次コンテンツを取得するためにソフトウェアシステムおよび/またはソフトウェアアプリケーションに登録され、1次コンテンツに関連して2次コンテンツを生成する、人、グループ、または組織を言うことができる。ここにおいて、およびこの開示を通じて使用されるような「ユーザインターフェース」は、1つ以上の利用者入力装置から利用者入力を受け付け、利用者に出力を提供するグラフィカルユーザインターフェース(GUI)および/またはウェブベーストユーザインターフェース(WUI)(しかし、これらに限定されない)を言う。典型的には、ユーザインターフェースは、電子装置のディスプレイおよび/または画面上に明瞭な画像入力/出力を提供するであろうが、オーディオ、ビジュアル、および触覚のインターフェースを通じて入力を受け付けると同様に、オーディオおよび/または触覚の出力と併せて明瞭な画像出力も提供することができる。

0054

図1を参照すると、本発明の実施例によるコンテキスチュアルUI精神モデル100が示されている。コンテキスチュアルUI精神モデル100内には、第1ないし第3の利用者プロファイル100Aないし100Cが、それぞれ利用者A、BおよびCのために示されている。第1の利用者プロファイル100Aを考えると、これは、タッチ画面110、ロック120、プロファイル130、コンテキスチュアルダッシュボード140、アプリケーション150およびハードウェア160として表示された複数の層から成る。ここにおいて、コンテキスチュアルUI精神モデル100は、スマートフォン、タブレットPC、およびPDAのような携帯電子装置に実装されている。ここにおいて、タッチ画面110は、接触感知面を通じて1次利用者入力を、LCD/LEDディスプレイを通じて1次利用者出力を提供する。従って、タッチ画面110にアクセスする利用者は、本発明の実施例による利用者のバイオメトリック登録を提供するロック120を提示される。

0055

従って、利用者のために正規バイオメトリック登録証明書を提供するソフトウェアアプリケーションは、複数の利用者プロファイルのどの利用者プロファイルを利用者に提示するかを決定する。このコンテキスチュアルUI精神モデル100内では、それゆえ、選択は、利用者プロファイルA100A、利用者プロファイルB100B、および利用者プロファイルC100Cからである。選択が第1の利用者Aに関係する利用者プロファイルA100Aだったならば、利用者は、時間内のその時点での利用者のコンテキストおよび彼らの利用者プロファイル130に基づくコンテキスチュアルダッシュボードを提示され、これにより、第1ないし第3のコンテキスチュアルダッシュボード140、142および143のそれぞれから選択される。第1ないし第3のコンテキスチュアルダッシュボード140、142および143のそれぞれは、選択されたコンテキスチュアルダッシュボードの特性、以前のセッションからの設定、および表示されたアプリケーションに関係して検索されたデータの1つ以上に基づいたアプリケーションの所定組合せをそれぞれ表示する。これらのアプリケーションは、第1ないし第5のアプリケーション150および152ないし155からそれぞれ選択されている。

0056

コンテキスチュアルUI精神モデル100が利用者は第2の利用者(利用者B)であると確立する場合には、その後、選択された利用者プロファイルは、利用者プロファイルB100Bである。時間内のその時点での利用者コンテキストおよび彼らの利用者Bプロファイル132に基づいて選択され、提示されたコンテキスチュアルダッシュボードは、これにより、第4ないし第6のコンテキスチュアルダッシュボード144ないし146からそれぞれ選択される。第4ないし第6のコンテキスチュアルダッシュボード144ないし146のそれぞれは、選択されたコンテキスチュアルダッシュボードの特性、以前のセッションからの設定、および表示されたアプリケーションに関係して検索されたデータの1つ以上に基づいたアプリケーションの所定組合せをそれぞれ表示する。これらのアプリケーションは、明瞭さのために表示されないが、他のものと同様に、第1ないし第5のアプリケーション150および152ないし155の1つ以上をそれぞれ含むことができる。

0057

コンテキスチュアルUI精神モデル100が利用者は第3の利用者(利用者C)であると確立したならば、その後、選択された利用者プロファイルは、利用者プロファイルC100Cである。時間内のその時点での利用者コンテキストおよび彼らの利用者プロファイルC133に基づいて選択され、提示されたコンテキスチュアルダッシュボードは、第7ないし第9のコンテキスチュアルダッシュボード147ないし149からそれぞれ選択される。第7ないし第9のコンテキスチュアルダッシュボード147ないし149のそれぞれは、選択されたコンテキスチュアルダッシュボードの特性、以前のセッションからの設定、および表示されたアプリケーションに関係して検索されたデータの1つ以上に基づいたアプリケーションの所定組合せをそれぞれ表示する。これらのアプリケーションは、明瞭さのために表示されないが、他のものと同様に、第1ないし第5のアプリケーション150および152ないし155の1つ以上をそれぞれ含むことができる。

0058

タッチ画面110が、ハードウェア160の変化に伴い、1つ以上の利用者入力手段および1つ以上の利用者出力手段によって代わりに提示され得ることは、当業者に明らかであろう。ハードウェア160内の要素の構成および仕様によれば、他のレベルの操作および実行の態様が変化し得ることも明らかであろう。ハードウェア160のための典型的な構成は、図13に関して電子装置1304によって後に提示される。

0059

図2Aを参照すると、本発明の実施例によるコンテキスチュアルUI精神モデル200が示されている。示されるように、コンテキスチュアルUI精神モデル200は、ロック層210、プロファイル層220、コンテキスチュアルダッシュボード層230、およびアプリケーション層240から成る。ロック層210を最初に考えると、これは、電子装置をロックするロック画面211から成り、利用者がプロファイル層220にアクセスするために正規証明書または証明書群を提供することを要求する。プロファイル層220内では、コンテキスチュアルUI精神モデル200は、サインイン223を伴うバイオメトリック証明書の提供の結果に対処する。ここでは、決定は、バイオメトリック証明書が電子装置の認可利用者と一致するかどうかに関してなされる。もしそうならば、コンテキスチュアルUI精神モデル200は、コンテキスチュアルダッシュボード層230に進む。

0060

バイオメトリック証明書が一致しなければ、コンテキスチュアルUI精神モデル200は、非認識222に移動する。ここにおいて、利用者は、例えば、キーボード/タッチスクリーンを介して識別(ID)および関連するパスワードを提供することを通じて機械的に入力された証明書を提示することができる。これらの証明書が正しくなければ、コンテキスチュアルUI精神モデル200は、非認識利用者221において利用者に応答を提供し、ロック画面211に戻る。ロック画面211では、登録利用者は、さらなる利用者を加えることを選択することができる。ここにおいて、コンテキスチュアルUI精神モデル200は、新規利用者224において新規利用者のためのバイオメトリック証明書登録を提供する。代わりに、登録利用者は、記憶された証明書無しに、一時利用者として他の利用者が電子装置にアクセスすることを許容することを選択することができる。ここにおいては、コンテキスチュアルUI精神モデル200は、ゲストアカウント225を通じてエントリ許す

0061

非認識222またはサインイン223のいずれかから、コンテキスチュアルUI精神モデル200は、コンテキスチュアルダッシュボード層230に進む。新規利用者224およびゲストアカウント225の実例において、デフォルトコンテキスチュアルダッシュボードが、利用者に提示される。ここにおいて、前者では、新規利用者は、その現在のコンテキストのために彼らが欲するコンテキスチュアルダッシュボードの特性を確立する過程を開始することができる。異なるコンテキストにおける新規利用者により続くアクセスは、利用者に適切なところである追加コンテキスチュアルダッシュボードを確立することにおいて、時間超えを結果するであろう。コンテキスチュアルUI精神モデル200内で、ゲストアカウント225を通じてエントリするゲストのためのコンテキスチュアルダッシュボードのカスタマイゼーションはない。

0062

家庭層230では、コンテキスチュアルダッシュボードの選択は、例えば、電子装置関連付け、地理的位置、ネットワーク関連付け、ならびに日付および時間(しかし、これらに限定されない)を含む、マクロコンテキストデータに基づいてなされる。示されたように、コンテキスチュアルダッシュボードは、職場環境231、旅行環境232、および家庭環境233である。同様に、アプリケーションランチャ234は、選択されたコンテキスチュアルダッシュボード内に表示されるであろうアプリケーションを起動することをトリガされる。各コンテキスチュアルダッシュボードは、電子装置関連付け、利用者入力、ならびに日付および時間(しかし、これらに限定されない)を含み、ミクロコンテキストデータに基づいて精緻化されることができる。電子装置関連付けの例は、コンピュータ、モバイル装置、テレビ、スマートテーブル、自動車を含む装置群235によって示されている。アプリケーションランチャ234は、新規アプリケーションを追加するためのインターフェース、追加244と同様に、グーグルクローム241、Gメール242およびフェイスブック243のようなアプリケーションを起動する。

0063

選択されたコンテキスチュアルダッシュボードおよび起動されたアプリケーションと共にマクロおよびミクロコンテキスト情報に基づいて、データおよび/またはコンテンツは、UIをサポートする電子装置内から、または電子装置が接続された1つ以上のネットワーク236から検索される。そのような検索データは、利用者選好(例えば、TIグループのTIクラウドサービスを利用する);データ資源(例えば、グーグルドックスおよびカレンダ);ソーシャルネットワーク(例えば、フェイスブックおよびツイッター);ならびにストレージ(例えば、アプリケーションダウンロードおよびメディア資源)を含む。選択肢として、コンテキスチュアルUI精神モデル200は、オペレーティングシステム、ハードウェア、利用者属性、利用者選好および利用者入出力装置(しかし、これらに限定されない)を含む、示されたこれらへの追加層を含むことができる。

0064

今、図2Bを参照すると、バイオメトリック証明書エントリが顔認識を通じてである、本発明の実施例による典型的なプロファイル層フロー2000が示されている。従って、ロック層2010では、バイオメトリック証明書および/または他のデータエントリに対する応答は、サインイン2011、新規利用者2012およびゲスト2013として決定される。サインイン2011から、処理フローは、顔認識サインイン2020を伴うプロファイル層に進む。ここにおいて、利用者は、認識されてウエルカム2040への進行に導かれるか、認識されずに代替証明書エントリが利用者に提供される失敗2050に導かれる。例えば、利用者は、認可利用者にとってさえ顔認識プロセスを失敗させる、異なる照明状態にあったり、彼らの顔を部分的に不明瞭にする服を着ていたりすることができる。失敗2050における代替証明書の成功エントリは、ウエルカム2040に導くが、そうでなければ、フローはロック層2010に戻る。新規利用者2012から、フローは、顔エントリ2030に進む。ここにおいて、新規利用者は、新しく認可された顔証明書として処理および記憶されるために、画像がキャプチャされることを可能にするように、カメラを覗き込むように要求される。新規利用者2012から、フローは、アカウント追加2060に進む。ここにおいて、新規利用者は、デフォルトコンテキスチュアルダッシュボード内の所定アプリケーションを、ツイッター(商標)、フェイスブック(商標)、Gメール(商標)、およびリンクトイン(商標)のような彼らの個人アカウントにリンクするように促される。アカウント追加2060およびウエルカム2040から、フローは、明瞭さのために示されないコンテキスチュアルダッシュボード層に進む。

0065

顔認識が利用可能な唯一の潜在的なバイオメトリック照合技術を表すことは、当業者に明らかであろう。個人を区別するために使用される際立った測定可能な特性であるどのようなバイオメトリック識別子も、使用することができ、生理または行動特性として一般的に分類される。生理特性は、身体の形と関係があり、指紋、顔認識、DNA、掌紋掌形虹彩認識網膜認識、DNA、および芳香/匂い(しかし、これらに限定されない)を含む。行動特性は、タイピングリズム、足取り、および音声(しかし、これらに限定されない)を含む。選択されたバイオメトリック特性は、電子装置、要求されるセキュリティ保護の程度などにより選択されることができ、他の実例において2つ以上のバイオメトリック特性が使用され得ることは、当業者に明らかであろう。本発明の他の実施例内では、バイオメトリック特性および/または生理学特性(群)および/または行動特性(群)は、ロックを解除されている電子装置に関連した電子装置の組合せを通じて確立されることができる。例えば、利用者は、端末にアクセスしようとすることができるが、彼らがそれらを伴わないかぎりアクセスすることができない。その識別がユーザプロファイルに関係しているPEDは、端末に接近する時にPEDを携える利用者がその利用者であることを照合するPED上で、足取り認識アルゴリズムに基づいた照合コードを送信する。

0066

カメラを含むスマートフォンおよび携帯電話機、ラップトップ、タブレットコンピュータなどにより一般的である顔認識のような、あるバイオメトリックスの1つの潜在的な不利益は、誰かの顔が侵害されたならば、トークンまたはパスワードと異なり、それを取り消したり、再発行したりすることができないということである。例えば、顔認識は利用者のイメージおよび音声の組合せを使用して騙されるかもしれないし、顔認識は例えば視聴覚ファイルを使用して騙されるかもしれない。例えば、解約可能なバイオメトリックスは、突合せ前にバイオメトリックイメージまたは特徴の歪みを実行することができ、これがスキームの解約可能な性質を提供する歪みパラメータ中の変わりやすさである。例えば、利用者は、顔認識のための基準画像を生成するために、彼らの突き出す奇妙な顔をする、一方または他方の眼、両方の眼を閉じるような一連のイメージを提供するように依頼されることができ、利用者は、ロック層2010にアクセスする各例においてこれらの1つ以上を提供するように依頼される。

0067

従って、本発明の実施例は、利用者の装置へのアクセスの間に保護が組み込まれる、または置換特徴が含まれる解約可能なバイオメトリックスを使用することができる。例えば、利用者は、使用中に、例えば、画像である追加および/または置換バイオメトリクスデータの提供を求められることができる。ここにおいて、それらは、現在のバイオメトリック認証情報を増加または置換する。そのようなトリガは、例えば、ユーザアクセス数、擬似乱数プロセスなどに基づいて、典型的なプロファイル層フロー2000を実行するソフトウェア内にプリプログラムされることができるし、あるいは企業セキュリティプロトコル、企業トリガなどのような他の要因からトリガされることができる。従って、利用者の認証情報は、展開し、自動的に取消/終了されることができる。

0068

今、図3を参照すると、マクロコンテキストが本発明の実施例による利用者に提示されるような旅行であるUI300のための典型的なコンテキスチュアルダッシュボード310が示されている。従って、コンテキスチュアルダッシュボード310は、UI300のプロファイル層とアプリケーション層との間に位置し、マクロコンテキスト(明瞭さのために示されない)およびミクロコンテキスト情報330に基づいて確立されている。コンテキスチュアルダッシュボード310内のアプリケーションのためのデータおよびコンテンツは、電子装置から、および/または、電子装置に接続された1つ以上のネットワークを経由してインターフェース接続されたリモート資源320を通じて供給されている。コンテキスチュアルダッシュボード310内には、ツールバー318と共に、プロファイル311、カレンダ312、旅行313、ブログ314、レビュー315、天候316、タクシー317のためのアプリケーションが示されている。旅行313は、例えば、トリピット(商標)であり、天候316はアッキュウェザーであり、ブログ314はタンブラー(商標)であり、レビュー315はイェルプ(商標)であり、そしてタクシー317はキャブ4ミー(商標)である。

0069

今、図4を参照すると、マクロコンテキストが本発明の実施例による利用者に提示されるような家庭であるUI400のための典型的なコンテキスチュアルダッシュボード410が示されている。従って、コンテキスチュアルダッシュボード410は、UI400のプロファイル層とアプリケーション層との間に位置し、マクロコンテキスト(明瞭さのために示されない)およびミクロコンテキスト情報430に基づいて確立されている。コンテキスチュアルダッシュボード410内のアプリケーションのためのデータおよびコンテンツは、電子装置から、および/または、電子装置に接続された1つ以上のネットワークを経由してインターフェース接続されたリモート資源420を通じて供給されている。コンテキスチュアルダッシュボード410内には、ツールバー418と共に、プロファイル411、カレンダ412、タスクリスト414、ソーシャルアプリケーション413、電子メール415、電子リーダ416、ニュース417が示されている。カレンダ412およびタスク414は、例えば、グーグルカレンダおよびグーグルカレンダのタスクリストであり、ソーシャルアプリケーション413は、例えば、ツイートデッキであり、電子メール415は、例えば、グーグルGメールであり、電子リーダ416は、例えば、キンドル(商標)リーダであり、ニュース417は、例えば、ヤフー(商標)ニュースである。

0070

今、図5を参照すると、携帯電子装置(PED)のための本発明の実施例によるマクロおよびミクロコンテキストの利用者およびコンテキスト決定のための典型的な処理フロー500が示されている。従って、プロセスは、利用者がPEDを持ち上げて、UIがスリープモードからロック画面に入るためにUIをトリガすることに使用される加速度計データを受信するステップ500で開始する。ここにおいて、ステップ510では、利用者が認可されるかどうかを決定するためのステップ515で評価されるバイオメトリック入力を利用者が提供する。ステップ510および515の一例は、図3に関して先に提示された。ステップ520では、UIは、バイオメトリック照合が得られた1次利用者の識別を決定し、次に2次利用者がいるかどうかを決定するためにステップ525に進む。例えば、UIは、2次利用者の決定の一部を形成するためにオーディオのような追加的な入力を受信すると同様に、画像に他の個人がいるかどうかを決定するために利用者の顔認識用に撮影された画像の残りを分析することができる。

0071

次に、ステップ530では、UIは、PEDのためのネットワーク関連付けを決定することに進み、その後、ステップ535では、ローカル電子装置関連付けを決定することに進む。これらは、1次および2次利用者データ、ならびに、ステップ540で使用されるべきコンテキスチュアルダッシュボードを決定するために、GPSデータ、加速度計データ、日付、時間、画像(ここでは、顔認識が使用される)の背景(しかし、これらに限定されない)を含む他のコンテキスチュアル情報と共に全て使用される。これは、その後、UIが複数の利用可能なダッシュボードのうちの選択されたダッシュボードに関連付けられた利用者選好をロードするために進むステップ541でロードされる。次に、ステップ543では、UIは、利用者選好に基づいてアプリケーションの特徴およびアプリケーションを調節する。例えば、利用者が彼らの事務所で働く「トム」であると識別される場合、オープンされた電子メールアプリケーションは、マイクロソフトアウトルックであり、選好は彼らの利用者名およびパスワードであるが、「トム」が家庭にいると決定される場合、アプリケーションはグーグルGメールであることができ、選好は使用されない。代わりに、利用者は、例えばインターネットエクスプローラーのようなインターネットブラウザ内の「大人向けコンテンツ」のような設定がオフに設定された場合に、追加の個人なしで家庭で「トム」であると確認されることができる。しかし、別の例内で、利用者が「トム」として確立される一方、視覚的なイメージプロセシングは子供の存在またはPEDの環境に子供を同様に関連させるオーディオ処理を確立する。その場合には、「大人向けコンテンツ」設定は、任意の検索からそのような内容がフィルタされるように、「厳密」に自動的にセットされる。

0072

次に、ステップ545では、プロセスは、UIが周期的または単一のアクセスモードを確立されたかどうかを決定する。前者はマクロおよびミクロコンテキスト情報の周期的な照合に関係し、後者はタイムアウトまたは他の条件を満たして画面がロックするまでの後続する照合に関係する。後者である場合、プロセスは、ステップ550に進み、停止する。そうでなければ、それは、周期的な照合が環境データに基づくべきステップ555、または周期的な照合が時間間隔Δτに基づくステップ565に進む。プロセスが時間間隔ベースで進むならば、Δτの遅延の後に、プロセスはステップ520に移動する。環境データに基づくならば、PEDは、ステップ555でインターフェースをイネーブルにし、ステップ560で追加の利用者特性を捜す。ここにおいて、不存在はステップ555にループバックするプロセスを結果し、存在はステップ520に進むプロセスを結果する。

0073

ステップ520にループバックする進行よりもむしろ、プロセスは、代わりにステップ510にループバックし、バイオメトリック照合を繰り返し得ることは明らかであろう。選択肢として、これは、指紋および顔認識を用いるような照合が提供されるまで全てのアプリケーションを休止するか、または休止無しで、ここにおいて顔認識を用いるような利用者の活動を妨害すること無しに照合が処理されることができる。従って、バイオメトリック照合は、親、母親、息子、、および祖父を表す第1ないし第5の家族メンバ575Aないし575E、ならびに職場同僚を表す第1ないし第3のスタッフ570Aないし570Cのための電子装置上で許可されることができる。選択肢として、父親のような第1の家族メンバ575Aである利用者は、両方に現われることができ、それゆえ、第2のスタッフ570Bも、同じ個人であることができる。そういうものとして、1次利用者は、第1ないし第5の家族メンバ575Aないし575E、および第1ないし第3のスタッフ570Aないし570Cから選択されるであろう。

0074

2次利用者は、顔認識用にキャプチャされた画像内のようなアンロックシーケンスから、またはアンロックされたUIを備えたPEDの操作中にマイクロフォンのようなPED上のインターフェースを通じて、識別されることができる。その結果、これらは、2次利用者のPEDまたはFEDとの電子装置関連付けがない状態でキャプチャされる。2次利用者が、これらの個人が実際にPEDを使用していないが、利用者のミクロ環境内にあって、これによりミクロコンテキストに影響を与えるような、このコンテキストにおける広義の用語であることは明らかであろう。例えば、PEDをアンロックしている大人の利用者は、コンテンツについて無制限であるべきグーグル画像検索を確立することができる。しかし、これは、第1および第2の職場グループ580Aおよび580Bに示されるような職場同僚、または第1および第2の家族グループ585Aおよび515Bにそれぞれ示されるような子供のような、2次利用者が存在するところでは、不適当であるかもしれない。

0075

第1および第3のスタッフ570Aおよび570Cが、マクロおよびミクロコンテキストが彼らを認可利用者として持つコンテキスチュアルダッシュボードを選択する時に、本発明の実施例によるPEDをアンロックすることだけができるように、画面におけるロックが、UIのマクロおよびミクロコンテキスト態様に基づいて、コンテキスチュアルダッシュボードと同様に考えられ得ることは、当業者に明らかであろう。従って、マネージャは、職場で彼らのPEDにアクセスすることを彼らの管理助手に認可することができ、他の誰一人として旅行モードでなく、PEDが家庭にある時に彼らの家族に彼らのPEDにアクセスすることを認可することができる。従って、マネージャは特定のアプリケーションに対して全アクセス権を持ことができ、彼らの管理助手はそれらのアプリケーションに対して限定したアクセス権を持ち、そして彼の家族はアクセス権を持たない。同様に、利用者の家族は利用者の事務所でPEDをアンロックすることができないであろうし、そして恐らく大人達だけでは子供達がそれで遊ぶことを制限するために旅行モードにあるPEDをアンロックすることができないであろう。

0076

ミクロコンテキストの概念の進化が、利用者ログインで彼らが静的に割り付けられる1つから、実際の環境に基づいて彼らが動的に割り付けられる1つに進化することができるかどうかは、当業者に明らかであろう。例えば、動的に割り当てられたコンテキスチュアルダッシュボードに関係する次のシナリオは、本発明の実施例によって実装されることができる:
● 利用者Aがログインし、UIはコンテキスチュアルダッシュボードを確立するが、彼らはPEDを他の利用者(利用者B)に渡す。彼は、今、選好を加えた利用者Aコンテキスチュアルダッシュボードにアクセスした。従って、UIは、装置から取得されるデジタルおよび/またはビデオコンテンツを周期的にモニタし、利用者変更注記し、利用者が認識された利用者Bコンテキスチュアルダッシュボードあるいはゲスト画面のいずれかにスワップする;
● 利用者Aがログインし、UIはコンテキスチュアルダッシュボードを確立するが、今、利用者は装置を上に置き、次に、UIが画像をチェックしていても、彼らをもはやもう見ることはない。しかし、彼らのスピーチは、今、認識され、UIは現在のコンテキスチュアルダッシュボードを維持する一方、音声認識無しでUIはロックスクリーンを確立する;
● 利用者Aがログインし、UIはコンテキスチュアルダッシュボードを確立するが、今、UIは、利用者Aの背後の他の個人を検出し、コンテキスチュアルダッシュボードを調節するか、またはそれをクローズして利用者Aに警告する;
● 利用者Aがログインし、UIは第1のコンテキスチュアルダッシュボードを確立するが、今、利用者AはPEDを持って移動し、それを使った活動を維持する。そして、利用者Aは、今、UIが元のコンテキストから新規コンテキストにコンテキスチュアルダッシュボードを変更するような、他の認識されたミクロおよびマクロコンテキスト環境に入る。ここで、そのような変更は、例えば、現在、使用されていないアプリケーションが直ちに調節されるが、使用中のそれらが維持されるか、または可能なところで徐々に調節されるか、または利用者照合/確認に基づいてゆっくりと進化することができる;
● 利用者Aがログインし、UIはPEDに関連付けられた他のディスプレイ上にコンテンツを表示する利用者にコンテキスチュアルダッシュボードを確立し、PEDディスプレイは、より大きなキーボードを提示する。その後、利用者が移動し、UIはコンテンツが、今、彼らのPED上で利用者にシームレスに提示され、それがPED上で利用者に正常に提示されるためにキーボードが縮小されるように、コンテキスチュアルダッシュボードを自動的に更新する。

0077

利用者によって選択されたマクロコンテキストおよびミクロコンテキストの変形例を提供することによって、本発明の実施例によるUIコンテキスチュアルダッシュボードが、利用者の活動およびスケジュールによるUIの動的な移行を提供することは、当業者に明らかであろう。利用者がいくつのコンテキスチュアルダッシュボードを確立するかは、彼らの個人的選好であるが、PEDまたはFEDは、構成のためのデフォルトコンテキスチュアルダッシュボードの限られた数を最初に提供することができる。本発明の他の実施例では、利用者が現在確立されているそれらに加えて他のコンテキスチュアルダッシュボードから利益を得ることができるかどうかを決定するために、UIは、マクロコンテキストおよびミクロコンテキスト情報を相互に関連付けてサンプルする。

0078

今、図6を参照すると、本発明の実施例によるコンテキスチュアルベーストUIを実装する電子装置への、および、からの通信をサポートするネットワーク600が示されている。示されるように、第1および第2の利用者グループ600Aおよび600Bは、それぞれ電気通信ネットワーク600にインターフェース接続する。代表的な電気通信アーキテクチャ内では、リモート中央電話局680は、ネットワーク600を介して電気通信サービスプロバイダの残りと通信する。それは、例えば、長期間OC−48/OC−192幹線要素、OC−48広域ネットワークWAN)、受動光ネットワーク、および無線リンクを含むことができる。中央電話局680は、ネットワーク600を介して市内、地域、および国際交換(明瞭さのために示されない)、ならびに、その中でネットワーク600を通じて、第1および第2の無線アクセスポイント(AP)695Aおよび695Bにそれぞれ接続されている。それらは、第1および第2の利用者グループ600Aおよび600BにWi−Fiセルをそれぞれ提供する。さらに、第1および第2のWi−Fiノード610Aおよび610Bは、ネットワーク600に接続されている。それらの後者は、ルータ605を介してネットワーク600に接続されている。第2のWi−Fiノード610Bは、第1および第2の利用者グループ600Aおよび600Bがいる居住建物660Aおよび環境660に関連付けられている。第2の利用者グループ600Bは、ルータ605のようなルータを通じて経路制御されるか、または経路制御されない、DSL、ダイアルアップDOCSIS、イーサネット(登録商標)、G.hn、ISDN、MoCA、PON、および電力線通信PLC)(しかし、これらに限定されない)を含む有線インターフェースを介してネットワーク600にも接続されることができる。

0079

第1のAP610Aに関連付けられたセル内では、第1の利用者グループ600Aは、携帯マルチメディアプレイヤ630と同様に、例えば、ラップトップコンピュータ655、携帯ゲーム機635、タブレットコンピュータ640、スマートフォン650、携帯電話機645を含む様々な携帯電子装置を使用することができる。第2のAP610Bに関連付けられたセル内では、第2の利用者グループ600Bは、ケーブルモデム605と同様に、例えば、ゲーム機625、パーソナルコンピュータ615、および無線通信/インターネット可能テレビ620を含む様々な固定電子装置を使用することができる。

0080

さらに、拡張データ伝送サポートを備えた3Gおよび4G進化型サービスと同様に、例えば、セルラーGSM(登録商標)(移動体通信グローバルシステム)電話通信サービスを提供する、第1および第2のAPは、ネットワーク600に接続されている。第2のAP695Bは、第1および第2の利用者グループ600Aおよび600Bに、典型的な実施例における受信可能範囲を提供する。代わりに、第1および第2の利用者グループ600Aおよび600Bは、地理的に異なり、ネットワークオペレータまたはオペレータ群によって地理的に分散された複数のAP(明瞭さのために示されない)を通じてネットワーク600にアクセスすることができる。第1のAP695Aは、示されるように、第1の利用者グループ600Aおよび環境660に受信可能範囲を提供する。それは、第1の利用者グループ600Aと同様に、第2の利用者グループ600Bからもなる。従って、第1および第2の利用者グループ600Aおよび600Bは、彼らの特定の通信インターフェースによって、例えば、IEEE802.11、IEEE802.15、IEEE802.16、IEEE802.20、UMTS、GSM(登録商標)850、GSM(登録商標)900、GSM(登録商標)1800、GSM(登録商標)1900、GPRS、ITU−R5.138、ITU−R5.150、ITU−R5.280およびIMT−2000のような、1つ以上の無線通信規格を通じてネットワーク600と通信することができる。多くの携帯および固定電子装置が複数の無線通信プロトコルを同時にサポートできることは、当業者に明らかであろう。例えば、利用者は、電話通信およびSMSならびにWi−Fi/WiMAXデータ伝送、VOIPおよびインターネットアクセスのようなGSM(登録商標)サービスを使用することができる。従って、第1の利用者グループ600A内の携帯電子装置は、同様に、アドホックな方法で、IEEE802.15およびブルートゥースのような規格を通じても関連付けを形成することができる。

0081

さらに、第1および第2のサーバ690Aおよび690Bと同様に、小売り環境665、第1の商業環境670および第2の商業環境675は、ネットワーク600に接続されている。それらは、他のもの(明瞭さのために示されない)と共に、本発明の実施例により、ソフトウェアオペレーティングシステム(群)のプロバイダに関連付けられた複数のサービスおよび/または電子装置(群)に関連付けられたソフトウェアアプリケーション(群)、電子装置のプロバイダ、有線および/または無線通信の1つ以上の態様のプロバイダ、製品データベース在庫管理データベース小売価格決定データベース、ライセンスデータベース顧客データベースウェブサイト、ならびに固定または携帯電子装置によってダウンロードまたはアクセスするためのソフトウェアアプリケーションをホストすることができる。第1および第2の1次コンテンツ資源690Aおよび690Bは、例えば、検索エンジン、金融サービス、第三者アプリケーションおよび他のインターネットベーストサービスのような他のインターネットサービスもホストすることができる。

0082

図7には、本発明の実施例によるコンテキスチュアルベーストUIをサポートする電子装置704およびネットワークアクセスポイント707が示されている。電子装置704は、例えば、携帯電子装置または固定電子装置であることができ、説明および示されたそれらの上に、および、を越えて追加要素を含むことができる。さらに、電子装置704内には、スマートフォン655のような電子装置704、第1のAP610のようなアクセスポイント(AP)706、および通信サーバストリーミングメディアサーバのような1つ以上のネットワーク装置707、ならびに例えば、それぞれ第1および第2のサーバ690Aおよび690Bのようなルータを含む、システム700の単純化された機能図の一部としてのプロトコルアーキテクチャが示されている。ネットワーク装置707は、図1に関して先に論じられたような、ネットワーク、有線、無線および/または光通信リンクの任意の組合せを介してAP706に接続されることができる。電子装置704は、1台以上のプロセッサ710、およびプロセッサ710に接続されたメモリ712を含んでいる。AP706も、1つ以上のプロセッサ711、およびプロセッサ(群)711に接続されたメモリ713を含んでいる。プロセッサ710および711のいずれかの例の非網羅リストは、中央処理装置(CPU)、デジタル信号プロセッサ(DSP)、縮小命令セットコンピュータ(RISC)、複雑命令セットコンピュータ(CISC)などを含んでいる。さらに、プロセッサ710および711のいずれかは、特定用途向け集積回路ASIC)の一部であることができ、または特定用途用標準品(ASSP)の一部であることができる。メモリ712および713のための例の非網羅的リストは、抵抗ラッチ、ROM、EEPROMフラッシュメモリ装置不揮発性ランダムアクセスメモリ装置(NVRAM)、SDRAM、DRAM、ダブルデータレートDDR)メモリ装置、SRAM、ユニバーサルシリアルバス(USB)取外し可能メモリ、などのような半導体装置の任意の組合せを含む。

0083

電子装置704は、プロセッサ710のいずれかに接続された、例えば、マイクロフォンであるオーディオ入力要素714、および例えば、スピーカであるオーディオ出力要素716を含むことができる。電子装置704は、プロセッサ710のいずれかに接続されて、例えば、ビデオカメラであるビデオ入力要素718、および例えば、LCD表示装置であるビデオ出力要素720を含むことができる。電子装置704も、例えば、利用者が1つ以上のアプリケーション722にコンテンツを入力し、または機能を選択することを可能にする物理的なキーボードおよびタッチパッドであることができる、キーボード715およびタッチパッド717を含んでいる。代わりに、キーボード715およびタッチパッド717は、電子装置704内のディスプレイの部分を形成する接触感受要素の所定領域であることができる。1つ以上のアプリケーション722は、メモリ712に典型的に記憶され、プロセッサ710の任意の組合せによって実行可能である。電子装置704も、プロセス710に3次元運動入力を提供する加速度計760および地理的位置情報をプロセッサ710に提供するGPS762を含んでいる。

0084

電子装置704はプロトコルスタック724を含み、AP706は通信スタック725を含む。システム700内には、IEEE802.11プロトコルスタックが示されるが、代わりに、例えば、インターネット技術タスクフォースIETF)マルチメディアプロトコルスタックのような、他のプロトコルスタックを開発することができる。同様に、APスタック725は、プロトコルスタックを開発するが、明瞭さのために拡張されない。プロトコルスタック724およびAPスタック725の要素は、ソフトウェア、ファームウェアおよび/またはハードウェアの任意の組合せに実装されることができる。プロトコルスタック724は、1つ以上のフロントエンドTx/Rx&アンテナ728に接続されたIEEE802.11規格対応PHYモジュール726、およびIEEE802.2規格対応LLCモジュール732に接続されたIEEE802.11規格対応MACモジュール730を含んでいる。プロトコルスタック724は、ネットワーク層IPモジュール734、トランスポート層ユーザデータグラムプロトコルUDP)モジュール736およびトランスポート層転送制御プロトコル(TCP)モジュール738を含んでいる。

0085

プロトコルスタック724は、セッション層リアルタイムトランスポートプロトコルRTP)モジュール740、セッションアナウンスメントプロトコル(SAP)モジュール742、セッション設定プロトコル(SIP)モジュール744およびリアルタイムストリーミングプロトコル(RTSP)モジュール746も含んでいる。プロトコルスタック724は、プレゼンテーション層メディアネゴシエーションモジュール748、呼制御モジュール750、1つ以上のオーディオコーデック752および1つ以上のビデオコーデック754を含んでいる。アプリケーション722は、AP706を経由して装置707のいずれかを用いて通信セッションを作成、維持、および/または終了することができる。典型的には、アプリケーション722は、その目的のためのSAP、SIP、RTSP、メディアネゴシエーションおよび呼制御モジュールのいずれかをアクティブにすることができる。典型的には、情報は、TCPモジュール738、IPモジュール734、LLCモジュール732およびMACモジュール730を通じて、SAP、SIP、RTSP、メディアネゴシエーションおよび呼制御モジュールからPHYモジュール726まで伝搬することができる。

0086

電子装置704の要素も、例えば、IEEE802.11規格対応PHYモジュール、IEEE802.1規格対応MACモジュール、およびIEEE802.2規格対応LLCモジュール732を含む、プロトコルスタック724の1つ以上の要素(しかし、これらに限定されない)を含むAP706内にも実装され得ることは、当業者に明らかであろう。AP706は、加えて、セッション層リアルタイムトランスポートプロトコル(RTP)モジュール、セッションアナウンスメントプロトコル(SAP)モジュール、セッション設定プロトコル(SIP)モジュールおよびリアルタイムストリーミングプロトコル(RTSP)モジュール、メディアネゴシエーションモジュール、および呼制御モジュールと同様に、ネットワーク層IPモジュール、トランスポート層ユーザデータグラムプロトコル(UDP)モジュールおよびトランスポート層転送制御プロトコル(TCP)モジュールも含むことができる。

0087

電子装置704によって表された携帯および固定電子装置は、示されたIEEE802.11インターフェースに加えて、IEEE802.15、IEEE802.16、IEEE802.20、UMTS、GSM(登録商標)850、GSM(登録商標)900、GSM(登録商標)1800、GSM(登録商標)1900、GPRS、ITU−R5.138、ITU−R5.150、ITU−R5.280、IMT−2000、DSL、ダイアルアップ、DOCSIS、イーサネット(登録商標)、G.hn、ISDN、MoCA、PONおよび電力線通信(PLC)からなるグループから選択されることができる1つ以上の追加の無線通信または有線インターフェースを含むことができる。

0088

コンテキスチュアルダッシュボードの数が何人かの利用者のために制限し得ることは、当業者に明らかであろう。ここにおいて、実際、UIは、本質的に単一のコンテキスチュアルダッシュボードだけを提供し、彼ら自身のために家庭、職場、娯楽、旅行などに関連付けされている多重コンテキスチュアルダッシュボードを持つことができる他者にとって重要であり、これらは彼らの家族内で他者のために提示されることができる。従って、大人2人および子供2人の4人家族のためのタブレットは、次の12のコンテキスチュアルダッシュボードを持つことができる:
● 家庭=7、家族の各メンバに関連付けられるマクロコンテキストと、家庭で働く各成人に関連付けられるミクロコンテキストと、彼らの寝室のためのペアレンタルコントロールを除去する成人のための1つのミクロコンテキスト;
● 学校=2、各子供に関連付けられたマクロコンテキスト;
● 職場=2、各大人に関連付けられたマクロコンテキスト;そして
● 旅行=1、すべての家族メンバに関連付けられたマクロコンテキスト。

0089

図8を参照すると、本発明の実施例による利用者カスタマイズドコンテキスチュアルベーストUIダッシュボードを各々備えた家族内の多重に関連付けられた利用者を持つPED810を示す。従って、第1ないし第4の利用者820ないし850の各々は、彼らのユーザアカウントが1つ以上のダッシュボードに関連付けられる。第1の利用者820、例えば、父親−夫は、例えば、図1ないし7に関して上記されたような利用者カスタマイズドダッシュボードをコンテキスチュアルに確立した職場および家庭に関連することができる第1ないし第5のUIダッシュボード860Aないし860Eを持つ。第2の利用者840、例えば、母親−は、図1ないし7に関して上記されたような利用者カスタマイズドダッシュボードをコンテキスチュアルに確立した家庭に関連することができる第6ないし第8のUIダッシュボード870Aないし870Cをそれぞれ持つ。第3および第4の利用者830および850の各々、例えば、娘および息子は、図1ないし7に関して上記されたような、しかしコンテキスチュアル変形無しで、利用者カスタマイズドダッシュボードを、例えば、家庭にそれぞれ関連する第9および第10のUIダッシュボード880および890をそれぞれ持つ。両親によって制限されるこの能力は、他の状況で選択的ではあるが、第3および第4の利用者830および850の各々は、コンテキスチュアルダッシュボードカスタマイゼーションへの異なるレベルのアクセスをそれぞれ持つことができる。

0090

従って、PED810が、他のPEDへのアップグレード、紛失による置換、または欠陥による置換の結果として、この家族によって交替する場合、その後、これらの利用者カスタマイズドコンテキスチュアルまたは非コンテキスチュアルUIダッシュボードのすべては、新規PED上でそれらを再確立する利用者を要求することが失われる。同様に、1人の利用者、例えば、第1の利用者820が他のPEDを得るならば、彼らは、新規PED上で彼らの利用者カスタマイズドコンテキスチュアルまたは非コンテキスチュアルUIダッシュボードを再確立しなければならない。代わりに、利用者、例えば、第1の利用者は、2つのPEDを持っていることができ、そして状況、例えば、正しくないPEDをとるか、1つのPEDを失ったかに応じて、彼らの家庭コンテキスチュアルUIダッシュボードを備えたPEDを、彼らが通常使用する職場コンテキスチュアルUIダッシュボードが今、利用できない彼らの職場に持って行くことができる。根本的原因に関係なく、個々のそのような例では、利用者または利用者群が新規または代替PED上でそれらのコンテキスチュアルおよび非コンテキスチュアルUIダッシュボードを確立するために貴重な時間を消費しなければならないことは明らかであろう。

0091

今、図9を参照すると、本発明の実施例による非利用者定義コンテキスチュアルベーストUIダッシュボードのプロビジョニングに基づくウェブおよび企業が示されている。従って、利用者(明瞭さのために示されない)は、カスタマイズドおよび/またはコンテキスチュアルUIダッシュボードならびに1つ以上の無線通信インターフェースをサポートするそれらに関連付けられたPED910Aを持つ。ローカルサーバ940および小売業者920の位置に関連付けられた第1の無線アクセスポイント(WAP)950A、ならびにローカルサーバ940または小売業者920の電子インフラストラクチャーの他の要素のいずれかを通じてネットワーク900を介してリモートサーバ980への通信インターフェースを持つ小売業者920も示されている。小売業者920に関係する第1のUIデータファイル930がローカルサーバ940に記憶される一方、小売業者920に関連付けられた第2のUIデータファイル960もリモートサーバ980に記憶される。

0092

モール970も、ネットワーク900を介してリモートサーバ980と通信するように示されている。ここにおいて、モール970に関連付けられた第3のUIデータファイル990は、リモートサーバ980に記憶される。リモートサーバ980は、ネットワーク900を介して第2のWAP950Bに接続されている。従って、彼らのPED910Aを持つ利用者が第2のWAP950Bの通信範囲に入ると、通信セッションがPED910Aとリモートサーバ980との間で確立され、第3のUIデータファイル990がPED910Aに転送される結果となる。これによって、モールダッシュボード910Cが彼らのPED910A上で利用者に表示されることになる。示されるように、モールダッシュボード910Cは、利用者にモール970の地図を提供する。それは、モール970内の小売業者によって現在提供されているゲストサービスおよびスペシャルを含む他の特徴とともに彼らの位置を示す。

0093

代わりに、彼らのPED910Aを持つ利用者が、PED910Aとローカルサーバ940との間で通信セッションが確立された第1のWAP950Aの通信範囲に入ると、第1のUIデータファイル930はPED910Aに転送される。これによって、小売業者ダッシュボード910Bが彼らのPED910Aで利用者に表示される結果となる。示されるように、小売業者ダッシュボード910Bは、生産物情報、小売業者920に関係するソーシャルメディアリンク、アカウント情報および店舗報酬へのアクセスを提供する。代わりに、第1のUIデータファイル930のダウンロードよりもむしろ、通信セッションは、第2のUIデータファイル960がリモートサーバ980から検索され、PED910Aに提供されることを結果する。

0094

ローカルサーバ940およびリモートサーバ980の各々が、彼らのPED910A上での利用者への提示のための異なるコンテキスト意識カスタマイズ可能UIダッシュボードに関連する複数のUIデータファイルをホストし得ることは、当業者に明らかであろう。例えば、小売業者920がベストバイ(商標)のような電子小売業者である場合、彼らの米国店舗は英語およびスペイン語のUIダッシュボードを提供することができる一方、彼らのカナダ店舗は彼らのローカルサーバ940から英語およびフランス語のUIダッシュボードを提供することができる。しかしながら、彼らの店舗に入る利用者は、たとえローカルサーバ940が彼らのUIダッシュボードのためのデータファイルをホストしていなくても、例えば、スペイン語を選好する米国居住者は小売業者920のカナダ店舗でサポートされることができ、フランス語を話す利用者は小売業者920の米国店舗でサポートされることができるリモートサーバ980を通じて他のUIダッシュボードにアクセスすることができる。

0095

彼らが店舗のテレビ&ホームシアター区画に入ったときのように、彼らが小売業者920の店舗の電器区画に入ると、利用者が異なるUIダッシュボードを提供されるように、ローカルサーバ940が複数のダッシュボードを提供し得ることも明らかであろう。代わりに、提供されるUIダッシュボードは、言語選択の例でのように、利用者のPED910Aから送信された利用者選好データに基づく。UIダッシュボードは、例えば、視力が低下した利用者のためのオーディオベーストUIダッシュボードであることを可能にすること、利用者のPED910Aの関連付けに基づいたユーザアカウント情報をユーザアカウントに提供すること、価格データを彼らの選好する通貨で表示すること、またはユーザアカウントおよび小売業者920での先の購入に基づいた推奨を確立することのように、利用者選好データに従って選択または修正される。同様に、モール970内で利用者に提供されるUIダッシュボードは、地図が例えば一貫して表示される間だけ、利用者の直ぐ近くにある店舗に関係する売出しまたは情報が提供されるように、そして利用者がモール970を通って移動するのに従って変化するように、コンテキスト的に提供されることができる。同様に、地図は、利用者がモールの1つの階で移動する、または階を変更するにつれて変化する。

0096

図9に関して上記されるような本発明の実施例を使用する彼らの電子機器上のダッシュボードを、どのような企業も利用者に提供し得ることは明らかであろう。例えば、レストランはそれらのメニューおよび注文インターフェースを備えたダッシュボードを、競技場は多重ビデオリプレイオプションおよびファン誘因をファンに提供するダッシュボードを、ホテルチェックインチェックアウト、ゲストサービスなどを提供するダッシュボードを、そして空港はリアルタイム最新版を備えた乗客チェックイン−到着出発情報を提供することができる。

0097

先行技術では、新UIダッシュボードの追加が、図9に関して以前に記述されたように利用者選好にカスタマイズされるとはいえ、ダウンロード時に利用者に自動的に表示されることは明らかであろう。しかしながら、本発明の実施例によれば、第1ないし第3のUIデータファイル930、960、および990は、それぞれ、小売業者920およびモール970について図9に関して先に論じられたアプリケーションを考え、小売環境の異なる部門に移動するような動作に基づいた多重UIダッシュボードを提供することよりはむしろ、ローカルサーバ940からのローカル規則セット9100Bまたはリモートサーバ980からのリモート規則セット9100Aのように、多重ダッシュボードおよび/または多重ダッシュボード要素を、コンテキスチュアル規則セットと一緒に提供することができる。従って、コンテキスチュアル規則セットは、直接あるいは利用者PED910A上の他の規則セットと組み合わせて、利用者に提示されるダッシュボードおよび/またはダッシュボード要素を確立する。従って、例えば、利用者が遅れた時点で時間内に小売業者920に対する競争者を表示するボックスストア925に入るべきだとすると、コンテキスチュアル規則セットは、小売業者920に関係するダッシュボードまたはダッシュボード要素を表示することができる。選択肢として、ダッシュボードは、リモートサーバ980から検索されることができ、その結果、利用者は、利用者PED910Aでコンテキスチュアル規則エンジンによってなされた決定に基づいて、特定の製品、製品タイプなどに関する小売業者920から最新の更新を持つ。代わりに、図13A、13B、および14に関して後に論じられるように、これらの新ダッシュボード(群)および/またはダッシュボード要素(群)は、新要素を加えたり、コンテキスチュアル規則エンジン内の1つ以上のコンテキストに関係するコンテキスチュアル規則内の要素を修正したりすることができる。

0098

今、図10を参照すると、カスタマイズドUIダッシュボード生成概略図1000が示されている。ここにおいて、ダッシュボードは、本発明の実施例による彼らの携帯用電子装置から転送されたテンプレートに基づいて企業によって利用者に提供される。示されるように、サーバ1020は、第1ないし第3の規則セット1060Aないし1060Cとそれぞれ共に第1ないし第3のUIダッシュボード1010Aないし1010Cをそれぞれ記憶する。例えば、第1のUIダッシュボード1010Aおよび関連付けられた第1の規則セット1060Aは、第1の企業(例えば、小売業者)に関係する;第2のUIダッシュボード1010Bおよび第2の規則セット1060Bは、第2の企業(例えば、ショッピングセンタ)に関係する;そして第3のUIダッシュボード1010Cは、第3の企業(例えば、法律事務所)に関係する。示されるように、第3のUIダッシュボード1010Cに関係する規則セットはない。彼らの第1のPED1030Aを伴う利用者(明瞭さのために示されない)は、今、例えばWAPの範囲内に入るような動作の結果として、第1のUIダッシュボード1010Aおよび第1の規則セット1060Aにアクセスするプロセスをトリガするが、サーバ1020からネットワーク1000を経由して彼らの第1のPED1030Aにデータファイルが転送されるのに先立って、第1のダッシュボードテンプレートファイル1040Aは、彼らのPED1030Aからサーバ1020に送信され、これによって第1の利用者特定UIデータファイル1050Aのダウンロードを結果する。従って、第1のUIダッシュボード1010Aは、第1の利用者特定UIデータファイル1050Aが第1の利用者によってセットされた必要条件を満たす第1のUIダッシュボード1010Aの要素だけからなるように、第1のダッシュボードテンプレートファイル1040Aに基づいて修正された。さらに、第1の規則セット1060Aは、利用者の第1のPED1030Aに転送され、例えば、図13Aないし14に関して後に論じられるような第1の規則セット補正1070Aは、第1のPED1030A内のコンテキスチュアル規則エンジンのための修正済規則セットを結果する。

0099

同様に、彼らの個別の第2および第3のPED1030Bおよび1030Cを伴う第2および第3の利用者は、第2および第3のUIダッシュボード1010Bおよび1010Cにそれぞれアクセスするプロセスをトリガする。ここにおいて、彼らの個別の第2および第3のダッシュボードテンプレートファイル1040Bおよび1040Cのそれぞれは、サーバ1020に転送され、第2および第3の利用者特定UIデータファイル1050Bおよび1050Cのそれぞれのダウンロードを結果する。これらは、第2および第3のダッシュボードテンプレートファイル1040Bおよび1040Cによって定義された利用者特定必要条件を満たす必要があるそれらの要素だけを含む。第2の利用者特定UIデータファイル1050Bのダウンロードにおいて、第2の利用者は、第2の規則セット補正1070Bとして第2の規則セット1060Bもダウンロードする。これは、例えば、図13Aないし14に関して後に論じられるように、第1のPED1030B内のコンテキスチュアル規則エンジンのための修正済規則セットを結果する。

0100

代わりに、利用者のPEDからサーバ1020に転送されているデータファイルおよびダウンロードされているカスタマイズドダッシュボードデータファイルよりはむしろ、単一共通UIダッシュボードデータファイルは、各PEDに転送され、利用者のダッシュボードテンプレートファイルに基づいて利用者のPED上のディスプレイのために動的に構成されることができる。例えば、第2の利用者は、彼らのダッシュボードが大きなフォントサイズで表示されるような、または高解像度詳細を備えたダッシュボード要素が省略および/または調節されるような視力低下を持つことができる。

0101

選択肢として、ダッシュボードテンプレートファイルは、サーバ1020に記憶された複数のダッシュボードの他のダッシュボードが検索されるべきか、または1つ、2つまたはそれ以上のダッシュボードから要素が抽出され、組み合わせられ、および/または検索さるべきであるかどうかを決定することに使用されることができる。選択肢として、2つ以上のダッシュボードは、PEDおよび、サーバ1020でリモートよりもPEDでローカルに結合された必要な要素にダウンロードされることができる。従って、ダッシュボードは、カスタマイズドUIダッシュボードそれら自身のように生成することを利用者に要求するよりもむしろ、そのような例で、利用者に関連付けられた利用者の選好および/または設定に基づいて生成し得ることは明らかであろう。そのような利用者の選好および/または設定に基づくダッシュボードカスタマイゼーションは、コンテキスチュアル規則エンジン内のコンテキスチュアル規則の使用を通じて部分的あるいは完全に決定されることができる。選択肢として、ダッシュボードテンプレートファイルは利用者のPEDからサーバ1020に転送されないが、むしろコンテキスチュアル要素の現在値に基づいたコンテキスチュアル規則エンジンは、それらの規則およびそれらの結果に基づいたダッシュボードまたはUIインターフェースを生成することができ、これによってPEDソフトウェアシステムがコンテキスチュアルUIダッシュボードを利用者の選好および/または状況に動的に適合させることを可能にする。

0102

従って、本発明の実施例を通じて、利用者定義および非利用者定義コンテキスチュアルベーストUIダッシュボードは、PEDおよび/またはFEDの1つ以上のネットワークインターフェイスを経由してPEDおよび/またはFEDに転送されることができる。従って、コンテキスチュアルベーストUIダッシュボードは、マクロおよびミクロコンテキスト情報に関連付けされた利用者の識別に基づいて遠隔的にホストおよび提供されることができる。例えば、利用者は、1つ以上のコンテキスチュアルベーストUIダッシュボードが彼らに提供される職場で彼らのPED上のウェブポータルにアクセスすることができる。続いて、利用者は、家庭で他のPEDを通じてウェブポータルにアクセスすることができる。ここにおいて、1つ以上のコンテキスチュアルベーストUIダッシュボードは、ウェブポータルがマクロコンテキスト要素であるように彼らに提供される。

0103

今、図11を参照すると、本発明の実施例により実装された乗物内のコンソールのマルチメディアUI形成部のための第1および第2のコンテキスト的決定済UIダッシュボード(コンテキストUID)1110および1120がそれぞれ示されている。第1の画像1100A中に示されるように、マルチメディアUIは、第1のコンテキストUID1110を示している。ここにおいて、利用者は、マルチメディアUIが乗物内に運転者だけがいるという決定に基づいたハンズフリーモードにあることを視覚的に指示される。これは、乗物座席、車体内などのセンサから、または例えば、乗物内のブルートゥースノードのような単一PEDの自動車ネットワークへの関連付けを通じて導出されることができる。第2の画像1100Bでは、マルチメディアUIは、第2のコンテキストUID1120を今表示し、タッチモードを表す。ここにおいて、マルチメディアUIは、乗物内のマルチメディアプレイヤの設定がタッチモード1120インターフェースを伴う利用者相互作用に基づいて調節されることを可能にする。この例では、マルチメディアUIに関連したコンテキスト規則エンジンは、乗物座席、車体内などのセンサ、またはPEDの自動車ネットワークへの関連付けによって、乗客が乗物の客席にいることを決定する。しかしながら、コンテキスチュアル規則エンジンの規則による2つのPEDの存在は、ハンズフリーモード1110に対立するものとして、タッチモード1120でマルチメディアUIを置くのには十分ではないかもしれない。例えば、母親および彼女の十代の息子に関連したPEDの存在は、タッチモード1120をトリガすることができるが、彼女の9の娘を持つ母親は、彼女の娘が法的必要条件を満たすために乗物の後部座席にいるようにしない。マルチメディアUIのモードの調節に加えて、マルチメディアUIの操作の他の様相は、オーディオのみ、ラジオ放送局プリセット、MP3プレイヤ接続、衛星ラジオ、およびラジオデータシステム設定(例えば、交通公報に自動的に再度合わせること)(しかし、これらに限定されない)を含んで構成され得ることは明らかであろう。

0104

従って、本発明の実施例内では、ボタンは、マクロおよびミクロコンテキスト情報に基づいて選択的に有効/無効になることができる。それ故、乗物内に確立された単一利用者と共に、システムは、例えば、時速5km以下で移動するミクロコンテキストが利用者に中央コンソールボタンなどのためのタッチモードで操作することを可能にするように、速度に基づいて第1のコンテキストUID1110(ハンズフリー)と第2のコンテキストUID1120(タッチモード)との間で切り替えることができる。しかしながら、この上、音声コントロールだけを通じて、あるいは操舵コンソール上のボタンとの組み合わせで、コントロールをそのままにしておくことを無効にする。そのようなボタンの機能性は、例えば、利用者が1つのモードにおいてラジオを調節し、他のモードにおいてナビゲーションシステムを調節することができるように、音声コントロールと組み合わせて変化させることができる。本発明の他の実施例では、乗客がいる時に示されたコンテキストUIDは、コンソールの右手側に機能性を提示することだけができ、これは乗客に最も接近し、運転者から最も遠くにある。

0105

今、図12を参照すると、本発明の実施例によって実装された乗物内のコンソールの部分を形成する、一般的にGPSシステムあるいは衛星航法装置と呼ばれるカーナビゲーションシステム(NAVSYS)のための第1および第2のコンテキストUID1210および1220がそれぞれ示されている。第1の画像1200A中に示されるように、NAVSYS UIの第1のコンテキストUID1210は、乗物内の運転者がすべての道路運転する資格があることの決定に基づいて高速道路モード1210で提示されている。これは、例えば、NAVSYSに暗証番号を入力する運転者、コンソール中のカメラによって得られた画像、または例えば乗物内のブルートゥースノードのような自動車ネットワークへの彼らのPEDの関連付けを通じて導出することができる。第2のコンテキストUID1200Bでは、NAVSYS UIは、ローカルモード1120にある。ここにおいて、NAVSYSは、運転者がそれらのための資格がないという理由で特定のカテゴリー高速道路を含むことなしにナビゲーション指示を提供する。例えば、カナダでは、仮免許運転者は400シリーズ高速道路で運転することができない一方、別の管轄区域では、資格運転者が外でもない彼らと同乗する場合には運転者がいくつかの高速道路へのアクセスを許可されることができる。本発明の他の実施例では、NAVSYSの視覚的態様は、利用者の選好により調節されることができる一方、他では、旅を確立するための利用者選好は、他の利用者がそのような制限を持たないことに対して、例えば、ある利用者が商業中心地区を通って移動しないことを希望するように調節されることができる。

0106

従って、NAVSYSに関連したコンテキスト規則エンジンは、例えば、すべての経路オプションに基づいた母親ナビゲーションを提供することができる一方、彼らの娘は、コンテキスト規則エンジンが、母親、または父親、または運転指導員、またはNAVSYSシステムに識別された他の大人が娘の運転を監督するために許可されるように同乗することを決定しなければ、いくつかの経路オプションに制限される。第1および第2のコンテキストUID1210および1220は、乗物内の個人の数、乗物に誰がいるか、そして利用者選好(しかし、これらに制限されない)を含む要因に基づいて、図11に関して以前に記述されたマルチメディアUIと同様のやり方で、同様にハンズフリーおよびタッチモードを提供し得ることも明らかであろう。選択肢として、コンテキスチュアル規則エンジンは、システムが許可された監視者個人の同乗を識別しない限り、仮免許運転者が乗物をスタートさせることさえできないように、乗物のエンジンマネジメントシステムにインターフェースされることができる。

0107

図13を参照すると、本発明の実施例による装置上のアプリケーションバリエーション/インストールに基づいたコンテキスチュアル規則の補正に関係する典型的なフローチャート1300が示されている。従って、プロセスは、コンテキスト規則エンジン(CTXTREng)がインストールされた装置への開始コマンドを備えるステップ1305で始まる。次に、ステップ1310で装置は起動され、ステップ1315でCTXTREngの開始によって後に続けられ、利用者行動がCTXTREngへの変更を保証するために十分に修正されたかどうかに関する決定が、その後、ステップ1320で行われる。本発明のいくつかの実施例によれば、CTXTREngは、この決定をなすために利用者行動の記録と対話する、または、図14に関して後に記述されるように、この決定は既存のコンテキスト規則が十分に現コンテキストと一致しないことに帰着する。変更が必要であるステップ1320で決定がなされたならば、プロセスは、ステップ1325に進む。ここにおいて、CTXTREngは、例えばステップ1330に進む前に図14に関して後に記述されるように修正される。ステップ1320で決定が変更でなければ、プロセスはステップ1330に直接進む。

0108

ステップ1330で、新アプリケーションが装置上にロードされたかどうかに関して決定がなされる。ここにおいて、ノーならばプロセスはステップ1350に進み、そうでなければステップ1335に進む。ステップ1335で、プロセスは、新アプリケーションが新コンテキスト規則または適用されるべきコンテキスト規則に対する調節を持っているかどうかを決定する。ノーであれば、プロセスはステップ1350に進み、そうでなければ、ステップ1340に進む。ここにおいて、CTXTREngは、ステップ1345Aにおける単一規則更新処理またはステップ1345Bにおける多重規則更新処理を介して新コンテキスチュアル規則および/またはコンテキスト規則の調節で更新される。それは、コンテキスチュアル規則の更新に加えて、規則への修正が正しく作動するであろうことを保証するために、コンテキスト規則矛盾チェックを適用する。例えば、既存のコンテキスト規則が表示「BSSID=01:23:45:67:89:ABのときに午後7時過ぎの家庭環境」を述べるならば、その後、そのようなチェック/照合は、新しく追加されたアプリケーションが新コンテキスト規則「BSSID=01:23:45:67:89:ABおよび日=月曜および時間=午後7時のときにターンオフ」を適用しようとしないことを保証する。そのような矛盾は、解決のための装置を現在使用する利用者に提示されることができるか、あるいは、それらが装置を現在使用していない他の利用者に適用されるならば、同様に利用者から解決を得る意図を持って、それらが装置にアクセスする次のポイントでそれらへの提示のために記憶されることができる。プロセス1345Aあるいは1345Bのどちらかの後に、プロセスはステップ1350に進む。ここにおいて、いずれかのサブスクリプションタイプアプリケーションが装置にロードされるかどうかに関して決定がなされる。ここにおいて、ノーであれば、プロセスは、ステップ1320に戻り、そうでなければ、1つ以上のサブスクリプションタイプアプリケーションが新コンテキスチュアル規則を持つかどうかの決定のためにステップ1355に進む。そうであるならば、プロセスは、ステップ1320にループバックする前にそれらが適用されるステップ1360に進み、そうでなければ、プロセスは、ステップ1320に直接進む。プロセスステップ1360は、例えば、以前に記述されたようなプロセスステップ1340、1345Aおよび1345Bと同様のステップを含む。サービスとしてのソフトウェア(SaaS)としても知られているサブスクリプションタイプアプリケーションの例は、例えば、商用ソフトウェアアプリケーション、博物館、小売業者、金融機関ジャーナルマガジン、オペレーティングシステム、出版者およびメディアに関連したものを含むことができる。

0109

新ソフトウェアアプリケーションおよび/またはソフトウェアアップグレードのインストールがデータへの2つの部分の転送を通じて実装され得ることは、当業者に明らかであろう。第1の部分はソフトウェアアプリケーション/アップグレードに関係し、第2の部分は新コンテキスト規則および/またはコンテキスト規則への修正に関係する。選択肢として、第2の部分(または第3の部分)は、さらにコンテキスト規則および/またはソフトウェアアプリケーションに関する1つ以上のUIダッシュボードへの修正を含むことができる。従って、組織は、組織情報技術部によって働かされているそれらの装置を持つか、それともそれら自体で修正を作るかをすべての利用者に要求することなしに、それらの利用者のすべてに新UIダッシュボード、新コンテキスト規則、および新ソフトウェアアプリケーションを同時に「プッシュ」することができる。他の例では、例えば、博物館は、来館者に、彼らが博物館内にいる時に博物館に関係するUIダッシュボードを受け取らせることができるが、ユーザダッシュボードが現在の活動/展示などを反映するために進化するように、新しい展示などに関係する新「アプリケーション」を「プッシュ」することができる。

0110

その関連するダッシュボード、UI、UIダッシュボードなどを備える新アプリケーションに関して先に記述されるような典型的なプロセス1300は、装置上の個別要素/要素群としての新UIダッシュボード(群)のインストール、または装置上の個別要素/要素群としての新UIダッシュボード要素(群)のインストールに同様に適用され得ることは、当業者に明らかであろう。例えば、マイクロソフトアウトルックと協力するマイクロソフトダイナミックスCRMを使用する組織付けの販売員は、雇用主によって変更された彼らの職場ダッシュボードにマイクロソフトダイナミックスNAVソフトウェアを含ませ、マイクロソフトダイナミックスCRMを削除させることができるか、マイクロソフトダイナミックスCRMおよびマイクロソフトアウトルックと一緒のそれらのダッシュボード要素として表示された雇用主リモートサーバ上のマイクロソフトダイナミックスNAVシステムの所定様相を示す特定非相互実行可能ウィンドウを持つことができる。

0111

図14は、本発明の実施例による適用可能なコンテキスチュアル規則を決定するためのコンテキスチュアル規則エンジンに関係する典型的なフローチャート1400を示す。従って、プロセスは、コンテキスト規則エンジン(CTXTREng)がインストールされた装置に対する開始コマンドを備えるステップ1405で始まる。次に、ステップ1410で、装置は、ステップ1415におけるCTXTREngの開始に続けて始められる。ここにおいて、装置、利用者、装置環境などに関係するコンテキスチュアルデータは、全地球測位システム(GPS)、高度計、加速度計、環境センサ、WiFi/WiMAXノード識別(ID)、基地局ID、時計、関連PED(群)、関連FED(群)、乗物ネットワーク関連付け、臨時ネットワーク関連付け、現在利用者、最終利用者、および最終ダッシュボード、最終UI相互作用、ならびに装置方向(しかし、これらに限定されない)を含む様々な資源からステップ1420でCTXTREngに提供される。その結果、CTXTREngは、その後、CTXTREngによってCTXTRARとしてステップ1425で開始された規則1、2ないしNを表すステップ1430Aおよび1430Bないし1430Nまでに示すように実行する1つ以上のコンテキスチュアル規則分析ルーチン(CTXTRAR)を開始する。規則1、2ないしNの各々内で、同じコンテキスト要素、例えば利用者は、例えば、装置の既知の利用者を表すDavid、Davina、Davidenkoのように、1つ以上の値と論理上照合されることができるか、またはコンテキスト要素は、David=10、Davina=5、Davidenko=3のように、決定に基づいて重み付けられる。その結果、任意の規則内のDavidの存在は、コンテキスト要素が単に既知の利用者が“1”であり、未知の利用者が“0”であるよりはむしろ規則内で持たれる重みが増加する。同様に、重みも、例えば、利用者がノードIDより高い重みを持ち、両者が時間より高い重みを持つように、異なるコンテキスト要素に適用されることができる。他の要因計算手段、重み付け技術などが本発明の範囲から外れずに、規則計算に適用され得ることは明らかであろう。

0112

従って、ステップ1435において、ステップ1430Aないし1430Nで導出された規則1ないしNからCTXTREngに提供された多重CTXTRARの結果は、順に並べられ、エラーは識別/対処される。その後、結果は、1つ以上の規則結果が1つ以上のCTXTREngしきい値を超過するかどうかを判断するためにステップ1440でチェックされる。それらは、すべての規則あるいは規則の所定部分集合に適用することができる。1つ以上のしきい値を超過する場合、プロセスは、ステップ1445に、そうでなければステップ1455に進む。ステップ1445において、単一規則がCTXTREngしきい値を超過したかどうかを決定する。ここにおいて、プロセスは、多重規則競合の解消のためのステップ1450、または単一規則が決定されるステップ1490に進む。ここにおいて、規則は、適用され、UIダッシュボード、ダッシュボード、UIインターフェース、UIインターフェース要素(群)および/またはダッシュボード要素(群)に関する決定された動作を結果して、完了する。例えば、単一規則<[User(“David”)=TRUE;NodeID(“01:23:45:67:89:AB”)=TRUE]>は、ノードID01:23:45:67:89:ABが事務所にいる時に彼のPEDが関連するWi−Fiノードがそれであるので、利用者“David”に彼の職場ダッシュボードを提供する装置を結果することができる。代わりに、下記数1が、利用者“Jane”がコロラド州デンバーの彼女の家および事務所から現在離れて、局所気象スキースロープ条件などに関して彼女が作成したダッシュボードが表示されるスキー場内にいることを決定するPEDを結果する。

0113

しかしながら、ステップ1450において、多重規則はしきい値を超過することができ、従って、競合の解消はどの規則を適用するかを決定するために必要である。例えば、競合の解消は、規則が最高返却規則結果をとり、結果において2つの規則が類似していると特定されるようにできるだけ単純であることができる。しかし、1つの規則は、例えば、位置および時間/日付のような規則要素の所定部分集合の下で歴史的に適用可能である。代わりに、規則内の共通部分に適用された重み付けは、規則内のそれらの初期値から調節されるか、1つの規則でDavid(しかし、誰かが両方の規則に共通)のための高い重み付けが計算から取り除かれるように削除される。選択肢として、利用者は、矛盾が識別されるところから選択するためにコンテキストのリストを提供されることができる。

0114

ステップ1440において、決定は、1つ以上の規則結果が1つ以上のCTXTREngしきい値を超過したかどうかに関してなされた。ノーの決定(それは現コンテキストとCTXTREngによって処理された多重CTXTRARの結果との間の乏しい一致を示す)は、ステップ1455へのプロセスの進行を結果する。ここにおいて、規則結果は、例えば、1つ以上のコンテキスト規則への小さな修正がしきい値を超過する規則を結果するかどうかを確認するためと同様に、乏しい一致がコンテキスト処理からのエラー結果ではないことを保証するために分析される。これは、多重CTXTRARからの結果と一緒に、プロセスステップ1460に供給される。ここにおいて、CTXTREngは、このデータから、新潜在的規則が多重CTXTRAR内に現存するそれらよりも高い分析結果について確立されるかどうかを確立する。ここにおいて、プロセスステップ1470では、決定は、この新潜在的規則が公式化されるべきかどうかに関してなされる。この決定は、識別されたが採用されなかった他の規則オプションと一緒にそれらの発生と一緒に採用されなかった以前の潜在的規則を記憶する「潜在的な」規則データベース1465と関連して行われる。従って、決定は、反復コンテキストにCTXTREng内に確立された既存のCTXTRARと一致しないそれが識別されることを可能にすることができる。新規則が存在しないという決定であれば、プロセスはステップ1475に進む。ここにおいて、コンテキストを決定するために適用される規則は、現在の規則として維持され、その後、プロセスはステップ1490に進み、その関連するコンテキスチュアルUIダッシュボードの表示を結果するこの規則を適用する。

0115

決定が、新潜在的規則が識別されるということであるならば、そのとき、プロセスは、利用者に新潜在的規則が通知されることに関して決定がなされるステップ1480に進む。肯定的な決定は、ステップ1485に進むプロセスを結果する。ここにおいて、利用者は、指示され、新潜在的規則を受け入れるか受け入れないかを選択することができる。ここにおいて、プロセスは、決定がノーであればステップ1475に進み、決定がイエスであればステップ1490に進む。ステップ1480でのノーの決定は、新適用可能規則として自動的に確立された新潜在的規則を備えたステップ1490にプロセスを進ませることを結果する。図14に関して記述されたプロセスおよび/またはプロセスの部分ならびにCTXTREngが、装置によって連続的に実行され、周期的に実行され、またはコンテキスト決定のためにモニタされた1つ以上のパラメータが変化したという決定に際して実行され得ることは明らかであろう。例えば、無線ネットワークアクセスポイントIDおよび利用者識別のようないくつかのパラメータは離散的イベントで変化する一方、日付、時間および環境条件のような他のものは擬似連続な方法で変化するであろう。あるものは、例えばGPSのような装置が切られ、次に再起動された場合、例えば利用者が移動するとともに、擬似連続な方法で変わるが、その後個別に、両方の方法で変化することができる。

0116

図14に関する先の記述内では、新潜在的規則の決定は、「潜在的な」規則データベース1465との協力として述べられる。それは、識別されたが採用されなかった他の規則オプションと一緒にそれらの発生と一緒に採用されなかった、以前の潜在的規則を記憶する。従って、新潜在的規則の決定は、所定しきい値および/または条件に一致する発生を持つ反復コンテキストと一致する規則を確立することを含むことができる。新潜在的規則が新コンテキスト規則として確立されるように、コンテキスト要因への適切な重み付けを関連させることにより所定しきい値に一致するために、新潜在的規則が生成され得ることは明らかであろう。

0117

先に記述された例内において、コンテキスト規則項は、決定がイエスまたはノーの時に、[1:0]の返却値を与えるために、NodeID(“01:23:45:67:89:AB”)=[TRUE:FALSE]のようなブール論理引き数を含むように表された。しかしながら、本発明のいくつかの実施例に従って、そのようなブール論理引き数は、例えば以下の数2を含むコンテキスト規則構築の変化を使用して組み合わせられることができる:

0118

従って、式(1)では、各要因決定は、要因テストが[1:0]の結果とそれら自身論理的な場合、全体的な結果が“0”あるいは“1”のいずれかであるように積算される。しかし、式(2)では、異なる論理的決定は、項LogicA,LogicB,LogicCが“0”あるいは“1”であるときにコンテキスト規則の結果が多重個別出力を持つように、論理的決定に関係する与えられた重み付け要因によって各々積算される。式(3)によって示されるような別のオプションは、項FactorA,FactorB,FactorCそれら自体が重み付け要因によって積算され、そして積和された線形または非線形の値を備える非ブール値である。このシナリオでは、コンテキスト規則の出力は、結果の連続的な範囲を持つことができる。図13に関する以前の記述内において、本発明の実施例は、新アプリケーション/アップグレード/サブスクリプションリリースを備えた新コンテキスト規則を受信するコンテキスト内に記述された。しかしながら、代わりに、1つ以上のコンテキスト要因のための新重みが提供され、これによってCTXTREng内で既存のCTXTRARsが修正され得ることは明らかであろう。同様に、図14に関して、新潜在的規則の決定は、例えば、User(“Jane”)またはGPS(45°25′15?N75°41′24?W)のような新規則または規則要因を決定することばかりでなく、1つ以上のコンテキスト規則内で1つ以上の重みを調節することを含むことができる。選択肢として、重みはゼロまで減らすことができ、これによってそれが修正されたそのような時間まで考察からその要因を取り除くことができる。

0119

今、図15を参照すると、どのアプリケーションが各コンテキスチュアルUIダッシュボードの部分を形成するかを決定するコンテキスチュアル規則エンジン(CTXTREng)1570に基づいて生成されたコンテキスチュアルUIダッシュボードの典型的な概略図が示されている。CTXTREng1570は、例えば、図14に関して先に記述されたようなプロセスによって作動することができる。図15に示されるように、UIダッシュボード要素1510Aないし1510Cの第1ないし第3のグループがそれぞれある。これらは、装置の利用者または利用者群によって確立されるようなUIダッシュボードの部分を形成することができる異なるUIダッシュボード要素からなる。装置上では、CTXTREng1570が実行中であるか、実行中のCTXTREng1570を備えた装置上にインストールされた1つ以上のアプリケーションによって自動的に構成されたそれらを含む。そのようなアプリケーションの例は、オペレーティングシステム、プログラミングソフトウェア、ウェブブラウザ、企業ソフトウェア、会計ソフトウェアオフィスパッケージ、グラフィックスソフトおよびメディアプレイヤを含むことができるが、しかしそれらに制限されない。

0120

CTXTREng1570は、利用者を識別するウェッブカメラ1520、装置が(もし利用可能ならば)携帯電話サービスに接続される携帯電話ノードIDを定義するGSM(登録商標)カード1530、装置の位置を定義するGPS1540、および無線ネットワークアクセスのために(もしサービスが利用可能ならば)装置が接続されるWiFiノードIDを定義するWiFiカード1550を含むが、これらに限定されない、1つ以上の資源からの入力を受信する。従って、これらの1つ以上の入力(他は明瞭さのために示されない)を使用する1つ以上のCTRXRARsに基づいたCTXTREng1570は、コンテキスト、そして従って、第1および第2のUIOダッシュボード1560Aおよび1560Bのそれぞれの1つ以上のような、利用者に提示されるUIダッシュボードを確立する。従って、装置上で動作中のオペレーティングシステムは、第1および第2のUIOダッシュボード1560Aおよび1560Bのそれぞれの一方または他方を提供するために必要とされるように、UIダッシュボード要素1510Aないし1510Cの第1ないし第3のグループの1つ以上から適切なUIダッシュボード要素をそれぞれ検索する。従って、CTXTREng1570が1つ以上のコンテキストを決定するために1つ以上のCTXTRARs、そしてそこから1つ以上のダッシュボード要素を使用してコンパイルされる1つ以上のUIダッシュボードを適用し得ることは、当業者に明らかであろう。いくつかの例では、UIダッシュボード要素は多重UIダッシュボードの一部を形成することができるとともに、単一UIダッシュボードは多重CTXTRARsによって確立された多重コンテキストのための決定されたUIインターフェースであることができる。

0121

図1ないし15に関して上記された本発明の実施例によれば、利用者は、彼らの利用者カスタマイズドコンテキスチュアルダッシュボードにリモートにアクセスするサービスに登録するように述べられていた。しかしながら、このプロセスが、例えば、電子機器が利用者のバイオメトリック認証を行うところにおいて彼らの登録証明書がサービスに自動的に送信されるように、自動化し得ることは明らかであろう。そのようなバイオメトリック認証のプロセスは、「動的に割り当て可能なユーザインターフェースのための方法およびシステム」と名称を付けられた米国仮特許出願61/584,288に述べられており、その全内容は参照によって包含される。利用者カスタマイズドUIダッシュボードに関係するデータの転送が、ネットワーク接続が装置間で確立されることができる電子機器間で転送し得ることも明らかであろう。そのような転送は、転送を認可するために、利用者に関係する証明書のプロビジョニングを要求することができる。利用者証明書、パスワード、および他のセキュリティ情報の提示および照合も、図1ないし15に関して以前に示された実施例の一部を形成することができる。

0122

利用者カスタマイズドコンテキスチュアルダッシュボードが電子機器に転送されるところでは、利用者カスタマイズドコンテキスチュアルダッシュボードは、利用者に関連付けられたそれ以外、利用者が終了またはログアウトしたならば電子機器から除去され得ることは、当業者に明らかであろう。除去は安全に実行されることができる。

0123

図1ないし15に関して上記されたごとき本発明の実施例内においては、電子機器は、典型的には携帯電子機器として言及されてきた。しかしながら、本発明のこれらの実施例は、固定電子機器でも採用し得ることは明らかであろう。コンテキスチュアルダッシュボードに関して先に論じられた概念は、タブレットコンピュータ、スマートフォン、ラップトップコンピュータおよび同様の携帯電子機器の観点から主として考慮される一方、根本原理は、例えば、ニンテンドーDSおよびソニーPSPのような携帯ゲーミングコンソール;アップルiPodのような携帯音楽プレイヤ、ならびにコボ、キンドルおよびソニーリーダのような電子リーダを含む種々様々の装置に適用され得ることは、当業者に明らかであろう。本発明の実施例がUIに関して記述されている一方、それらが、コンテキスチュアルダッシュボードの一部、または、例えば、ウインドウズ、マックOS、リナックス(登録商標)およびアンドロイドのような他のオペレーティング環境における個別スタンドアプリケーションとして形成するソフトウェアアプリケーション内に採用し得ることも明らかであろう。例えば、ゲーミングコンソールは、同様に、成人コンテンツフィルタを確立/不能にすることができ、および/または個別的に利用者または遊戯されるゲームや位置での利用者の決定に基づいたインターネットアクセスを可能/不能にすることができる。本発明の実施例がUIダッシュボードおよびUI一般に関して示されている一方、本発明の他の実施例が、それらは、それらの全体において、ミクロおよびマクロコンテキストに基づいてソフトウェアアプリケーション/アプリケーションプラグインなどへのアクセスを可能/不能にすると同様に、そのようなUIおよび/またはUIダッシュボード内の要素を加える/削除することによって提示され得ることは明らかであろう。

0124

特定の詳細は、実施例の完全な理解を提供するために、上記の説明で与えられる。しかしながら、実施例がこれらの特定の詳細無しで実施され得ることが理解される。例えば、回路は、不必要な詳細で実施例を不明瞭にしないために、ブロック図で示すことができる。他の実例では、周知の回路、プロセス、アルゴリズム、構造および技術は、実施例を不明瞭にしないようにするために不必要な詳細無しで示すことができる。

0125

先に説明された技術、ブロック、ステップおよび手段の実装は、様々な方法で行うことができる。例えば、これらの技術、ブロック、ステップおよび手段は、ハードウェア、ソフトウェア、またはこれらの組合せで実装されることができる。ハードウェア実装のために、処理ユニットは、1つ以上の特定用途向け集積回路(ASIC)、デジタル信号プロセッサ(DSP)、デジタル信号処理装置(DSPD)、プログラマブル論理回路(PLD)、フィールドプログラマブルゲートアレイFPGA)、プロセッサ、コントローラマイクロコントローラ、マイクロプロセッサ、先に説明された機能を実行するために設計された他の電子ユニット、および/またはそれらの組合せ内に実装されることができる。

0126

さらに、実施例がフローチャート、フロー図、データフロー図、構造図、またはブロック図として示されるプロセスとして説明され得ることは注目される。フローチャートは、動作を逐次プロセスとして説明することができるが、動作の多くは、並列または同時に実行することができる。加えて、動作の順序は、再整理されることができる。プロセスは、その動作が完成するときに終了するが、図に含まれない追加ステップを持つことができる。プロセスは、方法、関数プロシージャサブルーチンサブプログラムなどに相当することができる。プロセスが関数に相当する場合、その終了は、呼出し関数または主要な関数への関数リターンに相当する。

0127

さらに、実施例は、ハードウェア、ソフトウェア、スクリプト言語、ファームウェア、ミドルウェアマイクロコードハードウェア記述言語および/またはそれらの任意の組合せによって実装されることができる。ソフトウェア、ファームウェア、ミドルウェア、スクリプト言語および/またはマイクロコードで実装された時、必要なタスクを実行するプログラムコードまたはコードセグメントは、記憶媒体のような機械可読媒体に記憶されることができる。コードセグメントまたはマシン実行可能命令は、プロシージャ、関数、サブプログラム、プログラム、ルーチン、サブルーチン、モジュール、ソフトウェアパッケージスクリプト、クラス、または命令、データ構造および/またはプログラム文の任意の組合せで表すことができる。コードセグメントは、情報、データ、引き数、パラメータおよび/または記憶コンテンツを受け渡す、および/または、受け付けることによって他のコードセグメントまたはハードウェア回路に接続されることができる。情報、引き数、パラメータ、データなどは、メモリ共有、メッセージパッシング、トークンパッシング、ネットワーク伝送などを含む任意の適切な手段を介して受け渡し、転送、または伝送されることができる。

0128

ファームウェアおよび/またはソフトウェア実装のために、方法論は、ここに説明された機能を実行するモジュール(例えば、プロシージャ、関数など)で実装されることができる。命令を明確に具体化する任意の機械可読媒体は、ここに説明された方法論を実装するのに使用されることができる。例えば、ソフトウェアコードは、メモリに記憶されることができる。メモリは、プロセッサ内、またはプロセッサの外部に実装されることができ、メモリがソフトウェアコードを実行するのに使用される時、それへの後続する実行のためのソフトウェアコードを記憶するのにメモリが使用される場合、実装において変化することができる。ここに使用されたように、用語「メモリ」は、長期、短期、揮発性不揮発性、または他の記憶媒体の任意のタイプを指し、いずれかの特定タイプのメモリまたはメモリの数、またはメモリが記憶される媒体のタイプに限定されるべきではない。

0129

さらに、ここに開示されるように、用語「記憶媒体」は、読出し専用メモリ(ROM)、ランダムアクセスメモリ(RAM)、磁気RAM、コアメモリ磁気ディスク記憶媒体、光記憶媒体、フラッシュメモリ装置および/または情報を記憶するための他の機械可読媒体を含む、データを記憶するための1つ以上の装置を表すことができる。用語「機械可読媒体」は、携帯または固定記憶装置光記憶装置無線チャンネルおよび/または命令(群)および/またはデータを記憶、収容、または運搬することができる様々な他の媒体(しかし、これらに限定されない)を含む。

0130

ここに説明された方法論は、1つ以上の実施例において、命令を含むコードセグメントを受け付ける1台以上のプロセッサを含むマシンによって実行可能である。ここに説明された方法のいずれかのために、マシンによって命令が実行された時、マシンは方法を実行する。そのマシンによってとられるべき動作を特定する1セットの命令(逐次または別の)を実行することができる任意のマシンが含まれる。従って、典型的なマシンは、1台以上のプロセッサを含む典型的な処理システムによって例証されることができる。各プロセッサは、1つ以上のCPU、グラフィック処理装置、およびプログラマブルDSPユニットを含むことができる。処理システムは、主RAMおよび/またはスタティックRAM、および/またはROMを含むメモリサブシステムを、さらに含むことができる。バスサブシステムは、コンポーネント間で通信するために含まれることができる。処理システムがディスプレイを必要とするならば、そのようなディスプレイは、例えば、液晶ディスプレイ(LCD)を含むことができる。手動のデータエントリが必要ならば、処理システムは、キーボードのような1つ以上の英数字入力装置、マウスのようなポインティング制御装置などのような入力装置も含む。

0131

メモリは、処理システムによって実行された時、ここに説明された1つ以上の方法を実行するための命令を含む機械可読コードセグメント(例えば、ソフトウェアまたはソフトウェアコード)を含む。ソフトウェアは、コンピュータシステムによるそれらの実行の間に、完全にメモリに存在することができるし、またはRAM内および/またはプロセッサ内に完全にまたは少なくとも部分的に存在することもできる。従って、メモリおよびプロセッサも、機械可読コードからなるシステムを構成する。

0132

代わりの実施例では、マシンは、スタンドアロン装置として動作するか、他のマシンに接続され、例えば、ネットワーク化されることができる。ネットワーク化された配備において、マシンは、サーバクライアントネットワーク環境におけるサーバまたはクライアントマシンの能力において、またはピアツーピアまたは分散型ネットワーク環境中のピアマシンとして動作することができる。マシンは、例えば、コンピュータ、サーバ、サーバクラスタコンピュータクラスタウェブアプライアンス、分散コンピューティング環境クラウドコンピューティング環境、またはそのマシンによってとられるべき動作を特定する1セットの命令(逐次または別の)を実行し得る任意のマシンであることができる。用語「マシン」は、ここに論じられた方法論のいずれか1つ以上を実行するための1セット(または多セット)の命令を個々にまたは共同で実行するマシンの任意の集まりを含めるようにとらえることもできる。

0133

本発明の典型的な実施例の先の開示は、図および説明の目的のために提示された。それは、本発明を開示された厳密な形式に徹底するまたは制限するように意図されない。ここに説明された実施例の多くの変形および修正が、先の開示に照らして当業者に明らかになるであろう。本発明の範囲は、ここに添付された請求項によって、およびそれらの等価物によってのみ定義されるべきである。

0134

さらに、本発明の代表的な実施例について説明する際に、明細書は、本発明の方法および/またはプロセスをステップの特定のシーケンスとして提示することができる。しかしながら、方法またはプロセスがここに述べられたステップの特定の順序に依存しない範囲のためには、方法またはプロセスは、説明されたステップの特定のシーケンスに制限されるべきではない。当業者が評価するであろうように、ステップの他のシーケンスは可能であり得る。それゆえ、明細書中で述べられたステップの特定の順序は、請求項に対する制限として解釈されるべきではない。加えて、本発明の方法および/またはプロセスに向けられた請求項は、書かれた順序におけるそれらのステップの実行に制限されるべきではなく、当業者は、シーケンスを変化させることができ、本発明の精神および範囲内にまだ残っていることを容易に評価することができる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ