図面 (/)

技術 同時コンテンツデータストリーミングおよびインタラクションシステム

出願人 ギガエンターテイメントメディアインコーポレーテッドシルバー,ロウレンス,ウェイ
発明者 シルバー,ロウレンス,ウェイ
出願日 2014年1月9日 (5年8ヶ月経過) 出願番号 2015-551866
公開日 2016年4月7日 (3年5ヶ月経過) 公開番号 2016-510530
状態 拒絶査定
技術分野 双方向TV,動画像配信等 計算機間の情報転送
主要キーワード 製品交換 制御ガイド レシーバアレイ 末端デバイス 統合試験 コンピュータ実行システム 自己内蔵型 センサー構成要素
関連する未来課題
重要な関連分野

NEWこの技術のポテンシャルをビッグデータで簡単査定!

特許:約8,000万件, クラウドファンディング:約100万年件, 科研費・グラントデータ:約500万件, 発明者・研究者情報:約600万人

この項目の情報は公開日時点(2016年4月7日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題・解決手段

コンピュータ実行方法およびシステムは、複数のコンテンツフォーマット、たとえば、ライブケーブルテレビコンテンツゲームコンテンツソーシャルメディアコンテンツ、ユーザ生成コンテンツ、その他のコンテンツデータストリーム(CDSs)を1つまたは複数のコンピュータデバイスに同時に分配する。対話型コンテンツ分配プラットフォームICDP)は、グラフィカルユーザインタフェースGUI)経由でCDSsおよびコンテンツフォーマットのユーザ選択を受信し、およびユーザ選択に基づいて、複数のコンテンツソースから1つまたは複数のコンテンツフォーマットにおける1つまたは複数のCDSsを受信する。ICDPは、共通のデータフォーマット中にCDSsをコード化すること、およびCDSsの伝送速度を調整することによってCDSsを同期する。ICDPは、GUI経由で構成可能な時間のインスタンスにてそれぞれのコンピュータデバイスのディスプレイスクリーン上の1つまたは複数の構成可能なウィンドウに同期されたCDSsを同時に伝送し、および表示する。ICDPは、同期されたCDSsが同時に表示される間、コンピュータデバイス間インタラクションを容易にし、およびトランザクションを開始する。

概要

背景

一般に、本明細書において開示されるコンピュータ実行方法およびシステムは、ネットワーク上で対話性を提供することに関する。より詳細には、本明細書において開示されるコンピュータ実行方法およびシステムは、共通のフォーマットデジタルラッパーまたはコンテナフォーマットの少なくとも1つにおいて同時に複数のコンテンツデータストリームを提供することに関し、その際、バッファリングを必要とせずにコンテンツデータストリームのそれぞれの連続的なプレゼンテーションを維持するために、伝送速度およびクライアント容量が監視される。

最近の傾向は、人々がテレビ(TV)を見る一方で、彼らのコンピュータデバイス、たとえば、タブレットコンピュータラップトップスマートフォン、その他で多重タスクをしようとすることに費やす時間の合計が急激に増加していることを示す。今日のデジタルデバイス中毒のために、常に彼らの手の中であろうと彼らのひざの上であろうと、複数のコンピュータデバイスを利用するユーザのためにこの要求への解決を見いだし、および技術的に健全でおよび技術を要求する人々の必要および要求に応じてデジタル多重タスキングのプロセスを単純化する必要がある。テレビは、日々のデジタル関連革新遅れをとってきた。ユーザは、コンピュータ上で多重タスク、たとえば、ボイスオーバーインターネットプロトコル(VoIP)およびSkype CorporationのSkype(登録商標)などのメッセージサービスアクセスする、電子メール(Eメール)を送る、ビデオを見る、その他をすることができるが、TVは、ユーザにただ発するだけである。コンピュータデバイスのユーザの約57%は、第2の、または第3の予備選択されたコンピュータデバイスを使用することによってこの不足を回避しようとするが失敗する。したがって、同時に1つのサイト上で最も使用されるメディア特徴を組み合わせるユーザフレンドリーなプラットフォームを提供するコンピュータ実行方法およびシステムが必要である。衛星TVの開始以来、ケーブル速度が125%を超えて増加してきたことは、ケーブル産業が、メディアデリバリー産業における新たな競争者によって失われた収益補償するために、およそ30%まで市場占有率を失っても、急激に速度を増加させることを優先させていることを証明する。これは、ケーブル企業が高価な光ファイバーインフラを導入するために負った莫大債務負担によって、主に推進されてきた。

最近の調査は、多重タスキングが人をより生産的でなくさせることを示し、それでも、それはスマートフォンユーザの大多数が複数の電子デバイスを巧みに操るのを止めなかった。人々の約80%は、TVを見ると同時にこれらのモバイルデバイス上で多重タスクをする。コマーシャル放送される時、TVの前でラップトップ、特にインターネット使用可デバイスを使用することは、新しい行動ではない。十年上前デジタルビデオレコーダー(DVR)の出現と共に、視聴者は、広告を通過して早送りすることができ、そのために広告主が廃業するかもしれない。最近では、タブレットおよびスマートフォンの増加した使用と共に、消費者は、より熱中し、および気が散る。しかし、彼らの広告に注目するおよび影響を受けるように視聴者を促すマーケターのための解決を提供する、少数新しく導入されたモバイルアプリケーションおよびモバイルツール、たとえば、Shazam Entertainment LimitedのShazam(登録商標)がある。

よりよくマーケターが消費者行動を理解するのを補助するために、彼らのモバイル習慣およびデバイス優先度について合衆国(米国)において約2,000人の成人世論調査をした、RazorfishLLCと協力してYahoo!(登録商標)Mobileによって行われた調査では、回答者の38%は、インターネット閲覧が彼らのTVを見る体験を増強するという意見であった。一方、その他の38%は、TVを見る間のウェブ閲覧は気が散ると述べた。調査結果により、回答者の70%は、1週間に少なくとも1回多重タスクをし、一方で回答者の49%は、毎日多重タスクをする。回答者の驚異的な15%は、TVで放送されるプログラムの全ての間、彼らの電話に熱中している。調査では、人の多重タスキングを誘引するトップ5のプログラムジャンルは、リアリティ番組ニュース、コメディスポーツおよび食べ物である。回答者の94%は、TVを見る間、モバイル通信のいくつかの形態、たとえば、電子メールを交換すること、インスタントメッセージIM)を送ること、携帯メール、話すまたはソーシャルネットワーキング、その他に熱中している。回答者の60%は、彼らのモバイルデバイス上のインターネットを閲覧し、その44%は無関係なコンテンツを探し、および38%は関連したコンテンツを探す。マーケターが、主に購読料、ペイパービュー方式(PPV)、ビデオオンデマンド(VOD)、広告、人口統計学的ターゲティング、その他によって推進される、彼らによって市場に出されるコンテンツのマネタイゼーションとともにカスタマーに彼らのコンテンツを提供することができる多重タスキングプラットフォームをサービスプロバイダが彼らのカスタマーに提供することを可能にするコンピュータ実行方法およびシステムが必要である。

放送メディア補足的なコンテンツ情報統合する方法について今日かなりの関心がある。たとえば、ブロードキャスターは、放送されているプログラムと一致する、または補充する異種のコンテンツソース、たとえばインターネットから、対話型コンテンツを提供することによって視聴者を熱中させる方法を探求する。しかし、典型的なTV視聴者はTVを見ている空間に都合よく置かれたパーソナルコンピュータを有せず、また典型的なTV視聴者は同じディスプレイスクリーン上のTV番組を見ると共に適切なインターネットアドレスナビゲートすることができないので、現在のインターネットとのインタラクションは、今日非常に限られる。その上、現在のインタラクションアプローチは、放送番組コンテンツが、たとえば、録画またはタイムシフトすることを介して遅れる場合、放送番組コンテンツと補足的なインターネットコンテンツを同期することができない。

前のシステムは、ライブTV番組を加入者に提供するための代わりの方法として、インターネットプロトコルテレビ(IPTV)サービスを用いてきた。IPTVにおいて、TV番組は、IPに基づいてマルチキャストのトップで伝送されてもよい。放送TVの従来の形式に類似して、それぞれのTVチャンネルについては、IPTVネットワークを介して放送されているビデオコンテンツストリームの1つのセットのみがある。また、ケーブルおよび衛星TV送達システムに類似して、IPTVサービスのための価格設定は、TV番組、たとえば、標準的な、デジタルまたは高解像度(HD)TV番組のチャンネルの数およびビデオ品質に典型的に関連する。

それ故、1つまたは複数のコンピュータデバイスに複数のコンテンツフォーマットの複数のコンテンツデータストリームを同時に分配する方法およびシステムを実行されるコンピュータのたくさんの切実なしかし未解決の必要がある。その上、ネットワーク上の対話性を提供するコンピュータ実行方法およびシステムの必要がある。その上、共通のフォーマット、デジタルラッパーまたはコンテナフォーマットの少なくとも1つにおいて同時に複数のコンテンツデータストリームを提供し、その際、バッファリングを必要とせずにコンテンツデータストリームのそれぞれの連続的なプレゼンテーションを維持するために、伝送速度およびクライアント容量が監視される、コンピュータ実行方法およびシステムの必要がある。さらにまた、同時にコンテンツデータストリームの送達上の制御を提供し、その際、同時のコンテンツデータストリーミングは、たとえば、1つのサイト上においてライブ高解像度(HD)ストリーミングライブビデオコンテンツを含むライブケーブル、映画、同時多重ピクチャーインピクチャー拡張可能な、縮小する、移動する、または浮いたスクリーンの統合を含み、それは、同時に、たとえば、同時のライブの個人またはグループチャットおよびテレビ会議、携帯メール、電子メール、ブログソーシャルメディアを介するソーシャルネットワーキング、ビデオゲームウェブサーフィン、ビデオオンデマンド、ホームオートメーション拡張現実音声認識コンテンツ視聴解析履歴、デジタルビデオレコーダー(DVR)機能性、デジタルマーケティング、データの共有、その他をさらに含む、コンピュータ実行方法およびシステムの必要がある。その上、多様な異なるソースおよびフォーマットからのコンテンツの均一のプレゼンテーションを提供し、その際、複数のオーディオ、ビデオおよびデータ伝送デバイスが、クライアントコンピュータデバイスによるさらなるダウンロードまたはソフトウェアインストールを必要とせずに、単一のプレーヤーと組み合わさることができる、コンピュータ実行方法およびシステムの必要がある。さらにまた、予め定められた同期、ユーザ開始同期または同時に一次コンテンツデータストリームと関連したデータに応じて、一次コンテンツデータストリームと同時に二次コンテンツデータストリームの統合を可能にするコンピュータ実行方法およびシステムの必要がある。

概要

コンピュータ実行方法およびシステムは、複数のコンテンツフォーマット、たとえば、ライブケーブルテレビコンテンツ、ゲームコンテンツ、ソーシャルメディアコンテンツ、ユーザ生成コンテンツ、その他のコンテンツデータストリーム(CDSs)を1つまたは複数のコンピュータデバイスに同時に分配する。対話型コンテンツ分配プラットフォーム(ICDP)は、グラフィカルユーザインタフェースGUI)経由でCDSsおよびコンテンツフォーマットのユーザ選択を受信し、およびユーザ選択に基づいて、複数のコンテンツソースから1つまたは複数のコンテンツフォーマットにおける1つまたは複数のCDSsを受信する。ICDPは、共通のデータフォーマット中にCDSsをコード化すること、およびCDSsの伝送速度を調整することによってCDSsを同期する。ICDPは、GUI経由で構成可能な時間のインスタンスにてそれぞれのコンピュータデバイスのディスプレイスクリーン上の1つまたは複数の構成可能なウィンドウに同期されたCDSsを同時に伝送し、および表示する。ICDPは、同期されたCDSsが同時に表示される間、コンピュータデバイス間のインタラクションを容易にし、およびトランザクションを開始する。

目的

一般に、本明細書において開示されるコンピュータ実行方法およびシステムは、ネットワーク上で対話性を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

複数のコンテンツフォーマットの複数のコンテンツデータストリームを1つまたは複数のコンピュータデバイスに同時に分配するためのコンピュータ実行方法であって:前記コンテンツフォーマットの前記コンテンツデータストリームを前記1つまたは複数のコンピュータデバイスにリアルタイムに同時に分配するように構成された少なくとも1つのプロセッサを含む対話型コンテンツ分配プラットフォームを提供することであって、前記対話型コンテンツ分配プラットフォームが、ネットワーク経由で前記1つまたは複数のコンピュータデバイスのそれぞれによってアクセス可能グラフィカルユーザインタフェースを提供するように構成されること;前記グラフィカルユーザインタフェース経由で前記対話型コンテンツ分配プラットフォームによって前記コンテンツデータストリームおよび前記コンテンツフォーマットのユーザ選択を受信すること;前記対話型コンテンツ分配プラットフォームによって受信した前記ユーザ選択に基づいて複数のコンテンツソースから前記コンテンツフォーマットの1つまたは複数における前記コンテンツデータストリームの1つまたは複数を受信すること;前記対話型コンテンツ分配プラットフォームにより受信した前記コンテンツデータストリームの1つまたは複数を共通のデータフォーマット中にコード化することおよび受信した前記コンテンツデータストリームの1つまたは複数の伝送速度を調整することによって、前記対話型コンテンツ分配プラットフォームにより受信した前記コンテンツデータストリームの1つまたは複数を同期させること;前記対話型コンテンツ分配プラットフォームによって、前記グラフィカルユーザインタフェース経由で構成可能な時間のインスタンスにて、前記1つまたは複数のコンピュータデバイスの前記それぞれのディスプレイスクリーン上の1つまたは複数の構成可能なウィンドウにおいて前記同期された前記コンテンツデータストリームの1つまたは複数を同時に伝送および表示することであって、前記1つまたは複数の構成可能なウィンドウのそれぞれにおける前記同期された前記コンテンツデータストリームの1つまたは複数は、受信した前記ユーザ選択に基づいて変更可能であること;および前記グラフィカルユーザインタフェース経由で、前記1つまたは複数のコンピュータデバイスの前記それぞれの前記ディスプレイスクリーン上の前記1つまたは複数の構成可能なウィンドウにおいて前記同期された前記コンテンツデータストリームの1つまたは複数が同時に表示される間、前記対話型コンテンツ分配プラットフォームによって、前記1つまたは複数のコンピュータデバイス間インタラクションを容易にし、およびトランザクションを開始すること;を含む、コンピュータ実行方法。

請求項2

請求項1のコンピュータ実行方法であって、前記コンテンツデータストリームは、ライブケーブルテレビコンテンツ、ライブ高解像度ストリーミングコンテンツマルチメディアチャットコンテンツ、ライブマルチメディアチャットコンテンツ、テレビ会議コンテンツ、ゲームコンテンツウェブ閲覧コンテンツ、ビデオオンデマンドコンテンツホームオートメーションコンテンツ、音声認識コンテンツ、ソーシャルメディアネットワーキングコンテンツ、ライブビデオコンテンツ、録画されたビデオコンテンツデジタルビデオレコーダービデオコンテンツ、ユーザ生成コンテンツメッセージコンテンツ電子メールコンテンツオーディオコンテンツ拡張現実コンテンツ、3次元メディアコンテンツエレクトロニックコマースコンテンツ、情報、ブログコンテンツ、見られたコンテンツの解析情報およびマルチメディアコンテンツを含む、コンピュータ実行方法。

請求項3

請求項1のコンピュータ実行方法であって、前記受信した前記コンテンツデータストリームの1つまたは複数のそれぞれは、リンク経由でアクセス可能であり、および前記コンテンツデータストリームの別の1つまたは複数へのゲートウェイとして役割を果たすように構成される、コンピュータ実行方法。

請求項4

請求項1のコンピュータ実行方法であって、前記対話型コンテンツ分配プラットフォームによって容易にされる前記インタラクションは:前記グラフィカルユーザインタフェース経由で、その他のコンピュータデバイス上で前記同期された前記コンテンツデータストリームの1つまたは複数を見ている1人または複数のユーザにおける前記その他のコンピュータデバイスのそれぞれの前記ディスプレイスクリーン上の前記1つまたは複数の構成可能なウィンドウに、1つまたは複数の通知およびコンテンツを自動的に伝送し、および表示すること;および前記グラフィカルユーザインタフェース経由で、前記その他のコンピュータデバイス上で前記同期された前記コンテンツデータストリームの1つまたは複数を見ている他のユーザのそれぞれにおける前記ディスプレイスクリーン上の前記1つまたは複数の構成可能なウィンドウに、複数のユーザの1人によって見られている1つまたは複数の広告を自動的に伝送し、および表示すること;の1つまたは複数を含む、コンピュータ実行方法。

請求項5

請求項1のコンピュータ実行方法であって、前記ユーザ選択は、複数の通信モードの1つまたは複数を介して前記対話型コンテンツ分配プラットフォームによって受信され、前記通信モードは、音声モードビデオモードテキストモードマルチメディアモード電話モードおよびそれらの任意の組み合わせを含む、コンピュータ実行方法。

請求項6

請求項1のコンピュータ実行方法であって、前記対話型コンテンツ分配プラットフォームによって前記同期された前記コンテンツデータストリームの1つまたは複数上で行われるユーザ動作を管理することをさらに含み、前記ユーザ動作は、前記同期された前記コンテンツデータストリームの1つまたは複数を作成すること、修正変更すること、削除することおよび記憶することを含む、コンピュータ実行方法。

請求項7

請求項1のコンピュータ実行方法であって、受信した複数のユーザの1人の前記ユーザ選択に基づいて、前記対話型コンテンツ分配プラットフォームによって前記コンテンツデータストリームと関連づけられるテーマおよびジャンルにおける推奨を生成すること、および前記同期された前記コンテンツデータストリームの1つまたは複数が同時に表示される間、前記ネットワーク経由で他のユーザに生成された前記推奨を伝送することをさらに含む、コンピュータ実行方法。

請求項8

請求項1のコンピュータ実行方法であって、前記コンテンツソースの1つまたは複数による前記対話型コンテンツ分配プラットフォームのホワイトラベリングを可能にして、前記コンテンツソースの前記1つまたは複数に前記同期された前記コンテンツデータストリームの1つまたは複数を1つまたは複数の加入者のコンピュータデバイスに同時に伝送させ、および表示させることによって、収益を生成することをさらに含む、コンピュータ実行方法。

請求項9

請求項1のコンピュータ実行方法であって、前記グラフィカルユーザインタフェース経由で受信したユーザ優先度に基づいて、前記対話型コンテンツ分配プラットフォームによって前記1つまたは複数の構成可能なウィンドウにおいて前記表示された前記コンテンツデータストリームの1つまたは複数に1つまたは複数のメディア効果を組み込むための1つまたは複数のデジタルメディアパラメーターを構成することをさらに含む、コンピュータ実行方法。

請求項10

請求項1のコンピュータ実行方法であって、前記1つまたは複数の構成可能なウィンドウにおいて前記同期された前記コンテンツデータストリームの1つまたは複数が同時に伝送および表示される間、前記1つまたは複数のコンピュータデバイス間の前記同期された前記コンテンツデータストリームの1つまたは複数のトラフィック監視し、および制御することをさらに含む、コンピュータ実行方法。

請求項11

1つまたは複数のコンピュータデバイスに複数のコンテンツフォーマットの複数のコンテンツデータストリームを同時に分配するためのコンピュータ実行システムであって、前記コンピュータ実行システムは:ネットワーク経由で前記1つまたは複数のコンピュータデバイスのそれぞれによってアクセス可能なグラフィカルユーザインタフェースを提供するように構成された対話型コンテンツ分配プラットフォームを含み、前記対話型コンテンツ分配プラットフォームは:前記対話型コンテンツ分配プラットフォームのモジュールを記憶するように構成された一時的でないコンピュータ読取り能記憶メディア;前記一時的でないコンピュータ読取り可能記憶メディアと通信的に接続される少なくとも1つのプロセッサであって、前記の少なくとも1つのプロセッサは、前記対話型コンテンツ分配プラットフォームの前記モジュールによって定義されるコンピュータプログラム命令を実行するように構成されたプロセッサ;前記グラフィカルユーザインタフェース経由で前記コンテンツデータストリームおよび前記コンテンツフォーマットのユーザ選択を受信するように構成されたデータ受信モジュール;受信した前記ユーザ選択に基づいて複数のコンテンツソースから前記コンテンツフォーマットの1つまたは複数における前記コンテンツデータストリームの1つまたは複数を受信するようにさらに構成された前記データ受信モジュール;前記受信した前記コンテンツデータストリームの1つまたは複数を共通のデータフォーマット中にコード化することおよび前記受信した前記コンテンツデータストリームの1つまたは複数の伝送速度を調整することによって、前記受信した前記コンテンツデータストリームの1つまたは複数を同期するように構成されたデータ同期モジュール;前記グラフィカルユーザインタフェース経由で構成可能な時間のインスタンスにて、前記1つまたは複数のコンピュータデバイスの前記それぞれのディスプレイスクリーン上の1つまたは複数の構成可能なウィンドウにおいて前記同期された前記コンテンツデータストリームの1つまたは複数を同時に伝送し、および表示するように構成されたデータレンダリングモジュールであって、前記1つまたは複数の構成可能なウィンドウのそれぞれにおける前記同期された前記コンテンツデータストリームの1つまたは複数は、受信した前記ユーザ選択に基づいて変更可能であるモジュール;および前記グラフィカルユーザインタフェース経由で、前記1つまたは複数のコンピュータデバイスの前記それぞれの前記ディスプレイスクリーン上の前記1つまたは複数の構成可能なウィンドウにおいて前記同期された前記コンテンツデータストリームの1つまたは複数が同時に表示される間、前記1つまたは複数のコンピュータデバイス間のインタラクションを容易にし、およびトランザクションを開始するように構成されたインタラクション管理モジュール;を含む、コンピュータ実行システム。

請求項12

請求項11のコンピュータ実行システムであって、前記受信した前記コンテンツデータストリームの1つまたは複数のそれぞれは、リンク経由でアクセス可能であり、および前記コンテンツデータストリームの別の1つまたは複数へのゲートウェイとして役割を果たすように構成される、コンピュータ実行システム。

請求項13

請求項11のコンピュータ実行システムであって、前記インタラクション管理モジュールは:前記グラフィカルユーザインタフェース経由で、その他のコンピュータデバイス上で前記同期された前記コンテンツデータストリームの1つまたは複数を見ている1人または複数のユーザにおける前記その他のコンピュータデバイスのそれぞれの前記ディスプレイスクリーン上の前記の1つまたは複数の構成可能なウィンドウに、1つまたは複数の通知およびコンテンツを自動的に伝送し、および表示すること;および前記グラフィカルユーザインタフェース経由で、前記のその他のコンピュータデバイス上で前記同期された前記コンテンツデータストリームの1つまたは複数を見ている他のユーザのそれぞれにおける前記ディスプレイスクリーン上の前記の1つまたは複数の構成可能なウィンドウに、複数のユーザの1人によって見られている1つまたは複数の広告を自動的に伝送し、および表示すること;の1つまたは複数によって前記インタラクションを容易にするように構成される、コンピュータ実行システム。

請求項14

請求項11のコンピュータ実行システムであって、前記データ受信モジュールは、複数の通信モードの1つまたは複数を介して前記ユーザ選択を受信するように構成され、前記通信モードは、音声モード、ビデオモード、テキストモード、マルチメディアモード、電話モードおよびそれらの任意の組み合わせを含む、コンピュータ実行システム。

請求項15

請求項11のコンピュータ実行システムであって、前記インタラクション管理モジュールは、前記同期された前記コンテンツデータストリームの1つまたは複数上で行われるユーザ動作を管理するようにさらに構成され、前記ユーザ動作は、前記同期された前記コンテンツデータストリームの1つまたは複数を作成すること、修正変更すること、削除することおよび記憶することを含む、コンピュータ実行システム。

請求項16

請求項11のコンピュータ実行システムであって、前記対話型コンテンツ分配プラットフォームは、前記コンテンツフォーマットの前記コンテンツデータストリーム、前記コンテンツデータストリームと関連づけられる情報、前記コンテンツソースと関連づけられる情報および複数のユーザと関連づけられる情報の1つまたは複数を記憶するように構成された1つまたは複数のデータベースをさらに含み、前記データベースは、前記ネットワーク経由で前記ユーザおよび前記コンテンツソースの1つまたは複数によってアクセス可能である、コンピュータ実行システム。

請求項17

請求項11のコンピュータ実行システムであって、前記対話型コンテンツ分配プラットフォームは、前記同期された前記コンテンツデータストリームの1つまたは複数が同時に表示される間、受信した複数のユーザの1人の前記ユーザ選択に基づいて前記コンテンツデータストリームと関連づけられるテーマおよびジャンルにおける推奨を生成し、および前記ネットワーク経由で他のユーザに生成された前記推奨を伝送するように構成された推奨管理モジュールをさらに含む、コンピュータ実行システム。

請求項18

請求項11のコンピュータ実行システムであって、前記対話型コンテンツ分配プラットフォームは、前記コンテンツソースによる前記対話型コンテンツ分配プラットフォームのホワイトラベリングを可能にして、前記コンテンツソースの前記1つまたは複数に、前記同期された前記コンテンツデータストリームの1つまたは複数を1つまたは複数の加入者のコンピュータデバイスに同時に伝送させ、および表示させることによって、収益を生成するように構成された収益生成モジュールをさらに含む、コンピュータ実行システム。

請求項19

請求項11のコンピュータ実行システムであって、前記対話型コンテンツ分配プラットフォームは、前記グラフィカルユーザインタフェース経由で受信したユーザ優先度に基づいて、前記1つまたは複数の構成可能なウィンドウにおいて前記表示された前記コンテンツデータストリームの1つまたは複数に1つまたは複数のメディア効果を組み込むための1つまたは複数のデジタルメディアパラメーターを構成するように構成されたディスプレイ管理モジュールをさらに含む、コンピュータ実行システム。

請求項20

請求項11のコンピュータ実行システムであって、前記対話型コンテンツ分配プラットフォームは、前記1つまたは複数の構成可能なウィンドウにおいて前記同期された前記コンテンツデータストリームの1つまたは複数が同時に伝送および表示される間、前記1つまたは複数のコンピュータデバイス間の前記同期された前記コンテンツデータストリームの1つまたは複数のトラフィックを監視し、および制御するように構成されたストリームマネージャをさらに含む、コンピュータ実行システム。

請求項21

一時的でないコンピュータ読取り可能記憶メディアを含むコンピュータプログラム製品であって、前記一時的でないコンピュータ読取り可能記憶メディアは、少なくとも1つのプロセッサによって実行可能な命令を含むコンピュータプログラムコードを記憶し、前記コンピュータプログラムコードは:グラフィカルユーザインタフェース経由で複数のコンテンツデータストリームおよび前記コンテンツデータストリームのための複数のコンテンツフォーマットのユーザ選択を受信するための第1のコンピュータプログラムコード;受信した前記ユーザ選択に基づいて複数のコンテンツソースから前記コンテンツフォーマットの1つまたは複数における前記コンテンツデータストリームの1つまたは複数を受信するための第2のコンピュータプログラムコード;前記受信した前記コンテンツデータストリームの1つまたは複数を共通のデータフォーマット中にコード化することおよび前記受信した前記コンテンツデータストリームの1つまたは複数の伝送速度を調整することによって、前記受信した前記コンテンツデータストリームの1つまたは複数を同期するための第3のコンピュータプログラムコード;前記グラフィカルユーザインタフェース経由で構成可能な時間のインスタンスにて、1つまたは複数のコンピュータデバイスのそれぞれのディスプレイスクリーン上の1つまたは複数の構成可能なウィンドウにおいて前記同期された前記コンテンツデータストリームの1つまたは複数を同時に伝送し、および表示するための第4のコンピュータプログラムコード;および前記グラフィカルユーザインタフェース経由で、前記の1つまたは複数のコンピュータデバイスのそれぞれの前記ディスプレイスクリーン上の前記1つまたは複数の構成可能なウィンドウにおいて前記同期された前記コンテンツデータストリームの1つまたは複数が同時に表示される間、前記1つまたは複数のコンピュータデバイス間のインタラクションを容易にし、およびトランザクションを開始するための第5のコンピュータプログラムコード;を含む、コンピュータプログラム製品。

技術分野

0001

関連出願の相互参照
この出願は、「同時コンテンツデータストリーミングおよびインタラクションシステム」と表題をつけられ、2013年1月9日に米国特許商標局に出願された仮特許出願番号61/750,387号および「同時コンテンツデータストリーミングおよびインタラクションシステム」と表題をつけられ、2014年1月8日に米国特許商標局に出願された非仮特許出願番号14/150,009号に対する優先権および利益を請求する。上述した特許出願の明細書は、これらの全体において参照により本明細書に援用される。

背景技術

0002

一般に、本明細書において開示されるコンピュータ実行方法およびシステムは、ネットワーク上で対話性を提供することに関する。より詳細には、本明細書において開示されるコンピュータ実行方法およびシステムは、共通のフォーマットデジタルラッパーまたはコンテナフォーマットの少なくとも1つにおいて同時に複数のコンテンツデータストリームを提供することに関し、その際、バッファリングを必要とせずにコンテンツデータストリームのそれぞれの連続的なプレゼンテーションを維持するために、伝送速度およびクライアント容量が監視される。

0003

最近の傾向は、人々がテレビ(TV)を見る一方で、彼らのコンピュータデバイス、たとえば、タブレットコンピュータラップトップスマートフォン、その他で多重タスクをしようとすることに費やす時間の合計が急激に増加していることを示す。今日のデジタルデバイス中毒のために、常に彼らの手の中であろうと彼らのひざの上であろうと、複数のコンピュータデバイスを利用するユーザのためにこの要求への解決を見いだし、および技術的に健全でおよび技術を要求する人々の必要および要求に応じてデジタル多重タスキングのプロセスを単純化する必要がある。テレビは、日々のデジタル関連革新遅れをとってきた。ユーザは、コンピュータ上で多重タスク、たとえば、ボイスオーバーインターネットプロトコル(VoIP)およびSkype CorporationのSkype(登録商標)などのメッセージサービスアクセスする、電子メール(Eメール)を送る、ビデオを見る、その他をすることができるが、TVは、ユーザにただ発するだけである。コンピュータデバイスのユーザの約57%は、第2の、または第3の予備選択されたコンピュータデバイスを使用することによってこの不足を回避しようとするが失敗する。したがって、同時に1つのサイト上で最も使用されるメディア特徴を組み合わせるユーザフレンドリーなプラットフォームを提供するコンピュータ実行方法およびシステムが必要である。衛星TVの開始以来、ケーブル速度が125%を超えて増加してきたことは、ケーブル産業が、メディアデリバリー産業における新たな競争者によって失われた収益補償するために、およそ30%まで市場占有率を失っても、急激に速度を増加させることを優先させていることを証明する。これは、ケーブル企業が高価な光ファイバーインフラを導入するために負った莫大債務負担によって、主に推進されてきた。

0004

最近の調査は、多重タスキングが人をより生産的でなくさせることを示し、それでも、それはスマートフォンユーザの大多数が複数の電子デバイスを巧みに操るのを止めなかった。人々の約80%は、TVを見ると同時にこれらのモバイルデバイス上で多重タスクをする。コマーシャル放送される時、TVの前でラップトップ、特にインターネット使用可デバイスを使用することは、新しい行動ではない。十年上前デジタルビデオレコーダー(DVR)の出現と共に、視聴者は、広告を通過して早送りすることができ、そのために広告主が廃業するかもしれない。最近では、タブレットおよびスマートフォンの増加した使用と共に、消費者は、より熱中し、および気が散る。しかし、彼らの広告に注目するおよび影響を受けるように視聴者を促すマーケターのための解決を提供する、少数新しく導入されたモバイルアプリケーションおよびモバイルツール、たとえば、Shazam Entertainment LimitedのShazam(登録商標)がある。

0005

よりよくマーケターが消費者行動を理解するのを補助するために、彼らのモバイル習慣およびデバイス優先度について合衆国(米国)において約2,000人の成人世論調査をした、RazorfishLLCと協力してYahoo!(登録商標)Mobileによって行われた調査では、回答者の38%は、インターネット閲覧が彼らのTVを見る体験を増強するという意見であった。一方、その他の38%は、TVを見る間のウェブ閲覧は気が散ると述べた。調査結果により、回答者の70%は、1週間に少なくとも1回多重タスクをし、一方で回答者の49%は、毎日多重タスクをする。回答者の驚異的な15%は、TVで放送されるプログラムの全ての間、彼らの電話に熱中している。調査では、人の多重タスキングを誘引するトップ5のプログラムジャンルは、リアリティ番組ニュース、コメディスポーツおよび食べ物である。回答者の94%は、TVを見る間、モバイル通信のいくつかの形態、たとえば、電子メールを交換すること、インスタントメッセージIM)を送ること、携帯メール、話すまたはソーシャルネットワーキング、その他に熱中している。回答者の60%は、彼らのモバイルデバイス上のインターネットを閲覧し、その44%は無関係なコンテンツを探し、および38%は関連したコンテンツを探す。マーケターが、主に購読料、ペイパービュー方式(PPV)、ビデオオンデマンド(VOD)、広告、人口統計学的ターゲティング、その他によって推進される、彼らによって市場に出されるコンテンツのマネタイゼーションとともにカスタマーに彼らのコンテンツを提供することができる多重タスキングプラットフォームをサービスプロバイダが彼らのカスタマーに提供することを可能にするコンピュータ実行方法およびシステムが必要である。

0006

放送メディア補足的なコンテンツ情報統合する方法について今日かなりの関心がある。たとえば、ブロードキャスターは、放送されているプログラムと一致する、または補充する異種のコンテンツソース、たとえばインターネットから、対話型コンテンツを提供することによって視聴者を熱中させる方法を探求する。しかし、典型的なTV視聴者はTVを見ている空間に都合よく置かれたパーソナルコンピュータを有せず、また典型的なTV視聴者は同じディスプレイスクリーン上のTV番組を見ると共に適切なインターネットアドレスナビゲートすることができないので、現在のインターネットとのインタラクションは、今日非常に限られる。その上、現在のインタラクションアプローチは、放送番組コンテンツが、たとえば、録画またはタイムシフトすることを介して遅れる場合、放送番組コンテンツと補足的なインターネットコンテンツを同期することができない。

0007

前のシステムは、ライブTV番組を加入者に提供するための代わりの方法として、インターネットプロトコルテレビ(IPTV)サービスを用いてきた。IPTVにおいて、TV番組は、IPに基づいてマルチキャストのトップで伝送されてもよい。放送TVの従来の形式に類似して、それぞれのTVチャンネルについては、IPTVネットワークを介して放送されているビデオコンテンツストリームの1つのセットのみがある。また、ケーブルおよび衛星TV送達システムに類似して、IPTVサービスのための価格設定は、TV番組、たとえば、標準的な、デジタルまたは高解像度(HD)TV番組のチャンネルの数およびビデオ品質に典型的に関連する。

0008

それ故、1つまたは複数のコンピュータデバイスに複数のコンテンツフォーマットの複数のコンテンツデータストリームを同時に分配する方法およびシステムを実行されるコンピュータのたくさんの切実なしかし未解決の必要がある。その上、ネットワーク上の対話性を提供するコンピュータ実行方法およびシステムの必要がある。その上、共通のフォーマット、デジタルラッパーまたはコンテナフォーマットの少なくとも1つにおいて同時に複数のコンテンツデータストリームを提供し、その際、バッファリングを必要とせずにコンテンツデータストリームのそれぞれの連続的なプレゼンテーションを維持するために、伝送速度およびクライアント容量が監視される、コンピュータ実行方法およびシステムの必要がある。さらにまた、同時にコンテンツデータストリームの送達上の制御を提供し、その際、同時のコンテンツデータストリーミングは、たとえば、1つのサイト上においてライブ高解像度(HD)ストリーミングライブビデオコンテンツを含むライブケーブル、映画、同時多重ピクチャーインピクチャー拡張可能な、縮小する、移動する、または浮いたスクリーンの統合を含み、それは、同時に、たとえば、同時のライブの個人またはグループチャットおよびテレビ会議、携帯メール、電子メール、ブログソーシャルメディアを介するソーシャルネットワーキング、ビデオゲームウェブサーフィン、ビデオオンデマンド、ホームオートメーション拡張現実音声認識コンテンツ視聴解析履歴、デジタルビデオレコーダー(DVR)機能性、デジタルマーケティング、データの共有、その他をさらに含む、コンピュータ実行方法およびシステムの必要がある。その上、多様な異なるソースおよびフォーマットからのコンテンツの均一のプレゼンテーションを提供し、その際、複数のオーディオ、ビデオおよびデータ伝送デバイスが、クライアントコンピュータデバイスによるさらなるダウンロードまたはソフトウェアインストールを必要とせずに、単一のプレーヤーと組み合わさることができる、コンピュータ実行方法およびシステムの必要がある。さらにまた、予め定められた同期、ユーザ開始同期または同時に一次コンテンツデータストリームと関連したデータに応じて、一次コンテンツデータストリームと同時に二次コンテンツデータストリームの統合を可能にするコンピュータ実行方法およびシステムの必要がある。

0009

この概要は、本発明の詳細な説明においてさらに開示される単純化された形式における概念の選択を導入するために提供される。この概要は、請求された主題の鍵または必須の発明概念識別することを意図しないし、請求された主題の範囲を決定することも意図しない。

0010

本明細書において開示されるコンピュータ実行方法およびシステムは、1つまたは複数のコンピュータデバイスに複数のコンテンツフォーマットの複数のコンテンツデータストリームを同時に分配する上記の必要性に対処する。本明細書において開示されるコンピュータ実行方法およびシステムは、ネットワーク上で対話性を提供する。その上、本明細書において開示されるコンピュータ実行方法およびシステムは、共通のフォーマット、デジタルラッパーまたはコンテナフォーマットの少なくとも1つにおいて同時に複数のコンテンツデータストリームを提供し、その際、バッファリングを必要とせずにコンテンツデータストリームのそれぞれの連続的なプレゼンテーションを維持するために、伝送速度およびクライアント容量が監視される。本明細書において開示されるコンピュータ実行方法およびシステムは、同時にコンテンツデータストリームの送達上での制御を提供し、その際、同時のコンテンツデータストリーミングは、たとえば、1つのサイト上においてライブ高解像度(HD)ストリーミング、ライブビデオコンテンツを含むライブケーブル、映画、同時多重ピクチャーインピクチャー、拡張可能な、縮小する、移動する、または浮いたスクリーンの統合を含み、それは、たとえば、同時のライブの個人またはグループチャットおよびテレビ会議、携帯メール、電子メール、ブログ、ソーシャルメディアを介したソーシャルネットワーキング、ビデオゲーム、ウェブサーフィン、ビデオオンデマンド、ホームオートメーション、拡張現実、音声認識、コンテンツ視聴の解析履歴、デジタルビデオレコーダー(DVR)機能性、デジタルマーケティング、データの共有、その他をさらに含む。その上、本明細書において開示されるコンピュータ実行方法およびシステムは、多様な異なるソースおよびフォーマットからのコンテンツの均一のプレゼンテーションを提供し、その際、クライアントコンピュータデバイスによるさらなるダウンロードまたはソフトウェアインストールを必要とせずに、複数のオーディオ、ビデオおよびデータソースが、単一のプレーヤーに組み合わさることができる。さらにまた、本明細書において開示されるコンピュータ実行方法およびシステムは、予め定められた同期、ユーザ開始された同期または同時に一次コンテンツデータストリームと関連づけられるデータに応じて、一次コンテンツデータストリームと同時に、二次コンテンツデータストリームの統合を可能にする。

0011

本明細書において開示されるコンピュータ実行方法およびシステムは、同時に異なるコンテンツフォーマットのコンテンツデータストリームを1つまたは複数のコンピュータデバイスにリアルタイムに分配するように構成された少なくとも1つのプロセッサを含む対話型コンテンツ分配プラットフォームを提供する。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、ネットワーク経由でコンピュータデバイスのそれぞれによってアクセス可能グラフィカルユーザインタフェースGUI)を提供するように構成される。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、GUI経由でコンテンツデータストリームおよびコンテンツフォーマットのユーザ選択を受信する。コンテンツデータストリームは、たとえば、ライブケーブルテレビ(TV)コンテンツ、ライブ高解像度ストリーミングコンテンツマルチメディアチャットコンテンツ、ライブマルチメディアチャットコンテンツ、テレビ会議コンテンツ、ゲームコンテンツ、ウェブ閲覧コンテンツ、ビデオオンデマンドコンテンツ、ホームオートメーションコンテンツ、音声認識コンテンツ、拡張現実コンテンツ、ソーシャルメディアネットワーキングコンテンツ、ライブビデオコンテンツ、録画されたビデオコンテンツ、デジタルビデオレコーダービデオコンテンツ、ユーザ生成コンテンツメッセージコンテンツ、電子メールコンテンツオーディオコンテンツ、3次元メディアコンテンツエレクトロニックコマースコンテンツ、情報、ブログコンテンツ、見られたコンテンツの解析情報マルチメディアコンテンツ、その他およびそれらの任意の組み合わせを含む。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、たとえば、音声モードビデオモードテキストモードマルチメディアモード電話モード、その他およびそれらの任意の組み合わせを含む複数の通信モードの1つまたは複数を介してユーザ選択を受信する。

0012

対話型コンテンツ分配プラットフォームは、受信したユーザ選択に基づいて複数のコンテンツソースからコンテンツフォーマットの1つまたは複数におけるコンテンツデータストリームの1つまたは複数を受信する。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、異なるコンテンツフォーマットのコンテンツデータストリーム、コンテンツデータストリームと関連づけられる情報、コンテンツソースと関連づけられる情報、複数のユーザと関連づけられる情報、その他の1つまたは複数を記憶するための1つまたは複数のデータベースを含む。データベースは、ネットワーク経由でユーザおよび/またはコンテンツソースによってアクセス可能である。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、受信したコンテンツデータストリームを共通のデータフォーマット中にコード化することおよび受信したコンテンツデータストリームの伝送速度を調整することによって、受信したコンテンツデータストリームを同期する。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、GUI経由で構成可能な時間のインスタンスにて、コンピュータデバイスのそれぞれのディスプレイスクリーン上の1つまたは複数の構成可能なウィンドウにおいて、同期されたコンテンツデータストリームを同時に伝送し、および表示する。本明細書に使用される、フレーズ「時間のインスタンス」は、対話型コンテンツ分配プラットフォームによって構成される、またはコンテンツデータストリームを同時に伝送し、および表示するためのユーザ優先度に基づいて構成される時間のインスタンスをいう。時間のインスタンスは、たとえば、一つずつまたはすべて同時にである。構成可能なウィンドウのそれぞれにおける同期されたコンテンツデータストリームは、受信したユーザ選択に基づいて変更可能である。一つの態様において、受信したコンテンツデータストリームのそれぞれは、リンク経由でアクセス可能であり、および1つまたは複数のその他のコンテンツデータストリームへのゲートウェイとして役割を果たすように構成される。

0013

対話型コンテンツ分配プラットフォームは、GUI経由で、コンピュータデバイスのそれぞれのディスプレイスクリーン上の1つまたは複数の構成可能なウィンドウにおいて同期されたコンテンツデータストリームが同時に表示される間、コンピュータデバイス間のインタラクションを容易にし、およびトランザクションを開始する。たとえば、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、GUI経由で、その他のコンピュータデバイス上で同期されたコンテンツデータストリームを見ている1人または複数のユーザにおけるその他のコンピュータデバイスのそれぞれのディスプレイスクリーン上の1つまたは複数の構成可能なウィンドウに、1つまたは複数の通知およびコンテンツを自動的に伝送し、および表示する。もう一つの例において、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、GUI経由で、その他のコンピュータデバイス上で同期されたコンテンツデータストリームを見ているその他のユーザのそれぞれのディスプレイスクリーン上の1つまたは複数の構成可能なウィンドウに、複数のユーザの1人によって見られている1つまたは複数の広告を自動的に伝送し、および表示する。

0014

一つの態様において、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、コンピュータデバイスのディスプレイスクリーン上の1つまたは複数の構成可能なウィンドウに表示されたコンテンツデータストリームに、1つまたは複数のメディア効果を組み込むための1つまたは複数のデジタルメディアパラメーターを構成する。本明細書に使用される、フレーズ「メディア効果」は、コンテンツデータストリームのディスプレイに組み込まれる多重効果をいい、それは、コンピュータデバイスのディスプレイスクリーン上の構成可能なウィンドウにおけるコンテンツデータストリームの表現または複製を増強する。メディア効果は、たとえば、テキストの効果、オーディオ効果ビデオ効果音響映像効果、画像効果マルチメディア効果メッセージ効果、拡張現実ディスプレイ効果、3次元ディスプレイ効果、その他およびそれらの任意の組み合わせを含む。メディアデータは、たとえば、メディアクリップメディアメッセージ、その他として、またはデータベースにおける任意のデジタルフォーマットにおいて記憶されることができる。デジタルメディアパラメーターは、GUI経由で受信したユーザ優先度に基づいて、構成可能なウィンドウに表示されたコンテンツデータストリームに1つまたは複数のメディア効果を組み込む。一つの態様において、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、構成可能なウィンドウにおいて同期されたコンテンツデータストリームが同時に伝送および表示される間、コンピュータデバイス間の同期されたコンテンツデータストリームのトラフィックを監視し、および制御する。

0015

一つの態様において、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、同期されたコンテンツデータストリーム上で行われるユーザ動作を管理する。ユーザ動作は、たとえば、同期されたコンテンツデータストリームを作成すること、修正変更すること、削除することまたは記憶することを含む。一つの態様において、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、同期されたコンテンツデータストリームが同時に表示される間、ユーザの1人の受信したユーザ選択に基づいてコンテンツデータストリームと関連づけられるテーマおよびジャンル上の推奨を生成し、およびネットワーク経由でその他のユーザに生成された推奨を伝送する。一つの態様において、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、1つまたは複数のコンテンツソース、たとえば、グローバルケーブルプロバイダ、衛星ディストリビュータ遠距離通信企業およびその他のコンテンツプロバイダがこれらの名前において対話型コンテンツ分配プラットフォームをホワイトベルすることを可能にすることによって、収益を生成する。本明細書に使用される、フレーズ「ホワイトラベリング」は、対話型コンテンツ分配プラットフォームの製品および/またはサービスを1つまたは複数のコンテンツソース、たとえば、グローバルなケーブルプロバイダ、衛星ディストリビュータ、遠距離通信企業またはその他のコンテンツプロバイダにライセンス供与することをいい、これらがストリームをライブすること、たとえば、任意のデジタルデバイス上でこれらの加入者によって使用されることができるコンテンツの30ストリームまでをライブすることを可能にする。コンテンツソースは、対話型コンテンツ分配プラットフォームをホワイトラベルすることができ、同期されたコンテンツデータストリームを1つまたは複数の加入者のコンピュータデバイスに同時に伝送し、および表示する。

0016

ケーブル、衛星および遠距離通信企業ヘッドエンドにおいて使用される本明細書において開示されるコンピュータ実行システムは、たとえば、コンテンツ送達ネットワークに同時にコンテンツデータストリームを構成するために選択されるデコーダエンコーダおよびコンピュータを含む。一つの態様において、本明細書において開示されるコンピュータ実行方法およびシステムは、第1のコンテンツフォーマットにおいて第1のコンテンツデータストリームを同時に、および異なる第2のコンテンツフォーマットにおいて第2のコンテンツデータストリームを同時に受信すること;第1のコンテンツデータストリームを同時に、および第2のコンテンツデータストリームを同時に共通のデータフォーマットにコード化すること、または予め定められたファイルフォーマットにコンテンツデータストリームの少なくとも1つを同時にラッピングすること;コード化された第1のコンテンツデータストリームおよび第2のコンテンツデータストリームをコンテンツ送達ネットワークに同時に通過させること;離れた位置にいるプレーヤーのインスタンスを認証すること、その際、認証されたインスタンスがディスプレイスクリーンと通信する;プレーヤーの同時に認証されたインスタンスに伝送速度にて第1のコンテンツデータストリームおよび第2のコンテンツデータストリームを同時に伝送すること;およびコンテンツ送達ネットワークと同時に認証されたインスタンスとの間で利用可能な伝送速度に応じて第1のコンテンツデータストリームおよび第2のコンテンツデータストリームの少なくとも1つの伝送速度を同時に調整すること;によって、離れた位置にあるディスプレイスクリーンに複数のコンテンツデータストリームを同時に提供する。

0017

もう一つの態様において、本明細書において開示されるコンピュータ実行方法およびシステムは、たとえば、第1のディスプレイスクリーンと関連づけられるプレーヤーの許可されたインスタンスの第1のビデオキャンバスにおいてコンテンツデータストリームを表示すること;第1のディスプレイスクリーン上のコンテンツデータストリームを表示する第1のビデオキャンバスを選択すること;許可されたプレーヤーと関連づけられる第2のディスプレイスクリーン上で第1のビデオキャンバスのディスプレイをすべて同時に開始すること;および第1のディスプレイスクリーン上の第1のビデオキャンバスのディスプレイを終結すること;によって、コンテンツデータストリームを同時に表示する。

0018

もう一つの態様において、本明細書において開示されるコンピュータ実行方法およびシステムは、第1の離れたプレーヤーを認証すること、その際、第1の離れたプレーヤーが選択され、関連づけられる第1のディスプレイスクリーン上にディスプレイを生成する;第2の離れたプレーヤーを認証すること、その際、第2の離れたプレーヤーが選択され、関連づけられる第2のディスプレイスクリーン上にディスプレイを生成する;認証された第1の離れたプレーヤーとコンテンツ送達ネットワークとの間の第1の利用可能な伝送速度および第1の伝送時間の少なくとも1つを決定すること;認証された第2の離れたプレーヤーとコンテンツ送達ネットワークとの間の第2の利用可能な伝送速度および第2の伝送時間の少なくとも1つを決定すること;およびコンテンツデータストリームを認証された第1の離れたプレーヤーおよび認証された第2の離れたプレーヤーに伝送すること、その際、伝送が第1の利用可能な伝送速度、第1の伝送時間、第2の利用可能な伝送速度および第2の伝送時間の少なくとも1つに対応する;によって、コンテンツ送達ネットワークから第1の離れたプレーヤーおよび第2の離れたプレーヤーへコンテンツデータストリームを同時に提供し、このとき、上の工程のそれぞれが同時に行われることにより、コンテンツデータストリームは、第2のディスプレイスクリーン上のコンテンツデータストリームの表示と実質的に同時に第1のディスプレイスクリーン上で表示される。

0019

もう一つの態様において、本明細書において開示されるコンピュータ実行方法およびシステムは、プレーヤーの第1の離れたインスタンスを認証すること、その際、プレーヤーが、コンテンツデータストリームを表示するための第1のディスプレイスクリーンと関連づけられる;第1のディスプレイスクリーン上のビデオキャンバスにおいてコンテンツデータストリームを表示すること;第1のコンテンツデータストリームのタイミング、第1のコンテンツデータストリームのコンテンツおよび第1のコンテンツデータストリームと同時に関連づけられるメタデータの1つに応じて、第1のディスプレイスクリーン上に第2のビデオキャンバスを同時に生成すること;コンテンツデータストリームにおけるその後のデータから独立して、第2のビデオキャンバスを介してトランザクションを可能にすること;およびトランザクションの少なくとも一部の終了次第、第2のビデオキャンバスを閉じること;によって、コンテンツデータストリームを表示し、上の工程のそれぞれは同時に行われる。

0020

本明細書において開示されるコンピュータ実行方法およびシステムは、娯楽および通信サービスが1人または複数のユーザに送達され、および提示される手法を増強する。本明細書において開示されるコンピュータ実行方法およびシステムは、たとえば、単一のディスプレイスクリーン上の1つの構成可能なウィンドウから30の構成可能なウィンドウまで、見られている任意の組み合わせにおいて、デジタルコンテンツデータストリーム、ビデオ、音楽、その他と実質的多重タスキングの強力な相乗効果を可能にする、カスタマイズされたマルチプラットフォームデジタル体験を作成する。本明細書において開示されるコンピュータ実行方法およびシステムは、完全な対話型ソーシャル容量において、コンピュータデバイス、たとえば、デジタルTV、高解像度テレビジョンHDTV)、その他に接続することができるデジタルインターネットデバイスの1つのデジタルポータルまたはディスプレイスクリーン上の集束した特徴を提示する。ユーザは、たとえば、ネットワーク接続したコンピュータデバイス上に提示された1つのディスプレイスクリーン上の30まで可動展開可能な、収縮性浮動、交換可能なおよび/または形状変更可能な構成可能なビューイングウィンドウのデジタルマトリックスを介して、これらが選択する任意のデジタルコンテンツフォーマットまたはコンテンツデータストリームに同時にアクセスすることができる。本明細書において開示されるコンピュータ実行方法およびシステムは、ユーザが、ライブビデオ、ケーブル、ウェブサーフィン、携帯メール、ブログ、個人的に複数の友人とまたはグループ会議におけるいずれかのライブ対話型チャット、ソーシャルメディアサイトを介するソーシャルネットワーキング、ホームオートメーション、拡張現実、音声認識、その他を享受すること、たとえばコンピュータデバイスのディスプレイスクリーン内のデジタルデータまたはコンテンツデータもしくはビデオストリームの任意の組合せにアクセスすることによって、ディスプレイスクリーン内の30の構成可能なウィンドウのいずれか一つにおいて、見られる製品を購入すること、およびたとえば、テキスト、ビデオ、電子メール(Eメール)、ライブチャット、その他経由で、豊富デジタル情報を共有することができるようにする。

図面の簡単な説明

0021

前述の概要、並びに以下の本発明の詳細な説明は、添付の図面と併せて読まれるとき、よりよく理解される。本発明を図示する目的のために、本発明の例示的構造を、図面に示す。しかし、本発明は、本明細書において開示される特定の方法および構成要素に限定されない。図面において数字によって参照される構造または方法工程の記述は、本明細書において任意のその後の図面においてその同じ数字によって示されるその構造または方法工程の記述に引き継ぐ
1つまたは複数のコンピュータデバイスに複数のコンテンツフォーマットの複数のコンテンツデータストリームを同時に分配するためのコンピュータ実行方法を図示する。
1つまたは複数のコンピュータデバイスに複数のコンテンツフォーマットの複数のコンテンツデータストリームを同時に分配するためのコンピュータ実行システムの略図を例示的に図示する。
本明細書において開示されるコンピュータ実行システムにおける構成要素の代わりの構成の略図を例示的に図示する。
複数のユーザを登録するために対話型コンテンツ分配プラットフォームによって実行されるウェブサイトエレメントを示す流れ図を例示的に図示する。
ウェブサイトとして実行される対話型コンテンツ分配プラットフォームへのログイン機構フローチャートを例示的に図示する。
コンテンツデータストリームを提示する、および見るためのプレーヤー内のビデオキャンバスの操作のためのプロセスの流れ図を例示的に図示する。
伝送を監視するための流れ図およびコンテンツデータストリームの少なくとも品質を制御するためのユーザメトリクスを例示的に図示する。
コンテンツデータストリーム名を難読化するための流れ図を例示的に図示する。
対話型コンテンツ分配プラットフォームと関連づけられる構成要素および特徴を示す概略図を例示的に図示する。
1つまたは複数のコンピュータデバイスに複数のコンテンツフォーマットの複数のコンテンツデータストリームを同時に分配するためのコンピュータ実行システムを例示的に図示する。
1つまたは複数のコンピュータデバイスに複数のコンテンツフォーマットの複数のコンテンツデータストリームを同時に分配するための対話型コンテンツ分配プラットフォームによって用いられるコンピュータシステムアーキテクチャを例示的に図示する。
構成可能なウィンドウに同期されたコンテンツデータストリームを表示している、コンピュータデバイスの複数のタイプのディスプレイスクリーンを例示的に図示する。
構成可能なウィンドウに同期されたコンテンツデータストリームを表示している、コンピュータデバイスの複数のタイプのディスプレイスクリーンを例示的に図示する。
構成可能なウィンドウに同期されたコンテンツデータストリームを表示している、コンピュータデバイスの複数のタイプのディスプレイスクリーンを例示的に図示する。
構成可能なウィンドウに同期されたコンテンツデータストリームを表示している、コンピュータデバイスの複数のタイプのディスプレイスクリーンを例示的に図示する。
構成可能なウィンドウに同期されたコンテンツデータストリームを表示している、コンピュータデバイスの複数のタイプのディスプレイスクリーンを例示的に図示する。
対話型コンテンツ分配プラットフォームのグラフィカルユーザインタフェース経由で、コンピュータデバイスのディスプレイスクリーン上の複数の構成可能なウィンドウにおける複数の同期されたコンテンツデータストリームの同時の表示を示すスクリーンショットを例示的に図示する。
対話型コンテンツ分配プラットフォームのグラフィカルユーザインタフェース経由で、コンピュータデバイスのディスプレイスクリーン上の複数の構成可能なウィンドウにおける複数の同期されたコンテンツデータストリームの同時の表示を示すスクリーンショットを例示的に図示する。
対話型コンテンツ分配プラットフォームのグラフィカルユーザインタフェース経由で、コンピュータデバイスのディスプレイスクリーン上の複数の構成可能なウィンドウにおける複数の同期されたコンテンツデータストリームの同時の表示を示すスクリーンショットを例示的に図示する。
対話型コンテンツ分配プラットフォームのグラフィカルユーザインタフェース経由で、コンピュータデバイスのディスプレイスクリーン上の複数の構成可能なウィンドウにおける複数の同期されたコンテンツデータストリームの同時の表示を示すスクリーンショットを例示的に図示する。
対話型コンテンツ分配プラットフォームのグラフィカルユーザインタフェース経由で、コンピュータデバイスのディスプレイスクリーン上の複数の構成可能なウィンドウにおける複数の同期されたコンテンツデータストリームの同時の表示を示すスクリーンショットを例示的に図示する。
対話型コンテンツ分配プラットフォームのグラフィカルユーザインタフェース経由で、コンピュータデバイスのディスプレイスクリーン上の複数の構成可能なウィンドウにおける複数の同期されたコンテンツデータストリームの同時の表示を示すスクリーンショットを例示的に図示する。
ソーシャルネットワーキングウェブサイト経由で対話型コンテンツ分配プラットフォームにアクセスするために、および対話型コンテンツ分配プラットフォームに加入するその他のユーザと対話するために、ユーザによって行われる工程を示す流れ図を例示的に図示する。
ソーシャルネットワーキングウェブサイト経由で対話型コンテンツ分配プラットフォームにアクセスするために、および対話型コンテンツ分配プラットフォームに加入するその他のユーザと対話するために、ユーザによって行われる工程を示す流れ図を例示的に図示する。
ソーシャルネットワーキングウェブサイト経由で対話型コンテンツ分配プラットフォームにアクセスするために、および対話型コンテンツ分配プラットフォームに加入するその他のユーザと対話するために、ユーザによって行われる工程を示す流れ図を例示的に図示する。

発明の詳細な説明

0022

一定の態様の以下の詳細な説明は、本発明の特定の態様の種々の記述を提示する。しかし、本発明は、請求項によって定義され、およびカバーされるように多数の異なる方法において具体化することができる。この記述は、同様の部分が全体にわたって同様の数字で設計される図面に参照される。

0023

以下は、本明細書において開示されるコンピュータ実行方法およびシステムの一定の態様を記述することにおいて使用される用語の多数の可能な定義を提供する。

0024

ネットワークは、ネットワークまたは任意の地理的領域にわたるネットワークの組み合わせ、たとえば、ローカルエリアネットワークワイドエリアネットワーク地域ネットワーク、全国ネットワーク、グローバルネットワークインターネット接続ネットワーク、その他またはこれらのネットワークの任意の組み合わせから形成されたネットワークをいってもよい。インターネットは、グローバルコンピュータネットワークの例である。ネットワークは、ハードワイヤネットワーク、ワイヤレスネットワークまたはハードワイヤとワイヤレスネットワークの組み合わせでもよい。ハードワイヤネットワークは、たとえば、光ファイバー回線ケーブル回線総合サービスデジタル網ISDN)回線、銅回線、その他を含む。ワイヤレスネットワークは、たとえば、セルラーシステムパーソナル移動通信サービスPCS)システム、衛星通信システムパケットラジオシステム、モバイル広帯域システム、Wireless Ethernet Compatibility Alliance, Inc.のWi-Fi(登録商標)を実行するネットワーク、超広帯域通信ネットワーク(UWB)、ワイヤレスユニバーサルシリアルバス(USB)通信ネットワーク、ZigBee Alliance CorporationのZigBee(登録商標)を実行する通信ネットワーク、一般的なパケットラジオサービス(GPRS)ネットワーク、その他を含む。セルラーシステムまたはモバイル遠距離通信ネットワークは、たとえば、グローバルシステムフォーモバイル(GSM)通信ネットワーク、符号分割多元接続(CDMA)ネットワーク、第3世代(3G)モバイル通信ネットワーク、第4世代(4G)モバイル通信ネットワーク、ロングタームエボリューション(LTE)モバイル通信ネットワーク、その他を含む。セルラーシステムは、たとえば、CDMA、時分割多元接続TDMA)、GSM、パーソナルデジタルセルラー(PDC)、周波数分割多元接続FDMA)、その他を使用してもよい。

0025

ウェブサイトは、1つまたは複数の相互関係のあるウェブページファイルおよびその他のファイル並びに1つまたは複数のウェブサーバ上のプログラムをいってもよい。ファイルおよびプログラムは、ウェブページファイルの1つの位置を識別するユニフォームリソースロケータ(URL)を指定するハイパーテキスト転送プロトコルHTTP)要求を送ることによって、ネットワーク、たとえば、インターネット上でアクセス可能であり、その際、ファイルおよびプログラムは、単一の団体または企業によって典型的に所有され、管理され、または許可される。このようなファイルおよびプログラムは、たとえば、ハイパーテキストマークアップ言語(HTML)ファイル、共通ゲートウェイインタフェースCGI)ファイルおよびJava(登録商標)アプリケーションを含む。ウェブページファイルは、たとえば、ウェブサイトのホームページに対応するホームページファイルを含む。ホームページは、ウェブサイト内に含まれる残りのファイルおよびプログラムへのゲートウェイまたはアクセスポイントとしての役割を果たすことができる。一つの態様において、全てのファイルおよびプログラムは、ホームページファイルと同じネットワークドメイン下に位置し、およびその中でアクセス可能である。あるいは、ファイルおよびプログラムは、いくつかの異なるネットワークドメインを介して位置する、およびアクセス可能でありえる。

0026

ウェブページまたは電子ページは、ウェブページファイルが識別されるURLを指定するHTTP要求に応じて標準的なウェブブラウザによって提示されるコンテンツを含んでもよい。ウェブページは、多様なコンテンツ、たとえばテキスト、画像、オーディオ、ビデオ、アニメーション、その他を含む、またはリンクすることができる。コンテンツ、コンテンツデータおよびメディアコンテンツは、電子材料、たとえば、音楽、ビデオ、ソフトウェア、本、マルチメディアプレゼンテーション、画像、テキストおよびその他の電子データをいってもよく、それは、たとえば、1人または複数のユーザにネットワーク上でストリームとして送達する、または転送することができる。コンテンツデータは、典型的には、ビデオ、オーディオ、テキスト、プログラム、データおよびその他のマルチメディアコンテンツのためのコンピュータファイル、並びに有益なコンテンツの実際の物理的なコピー、たとえば、コンパクトディスク読取り専用メモリCD-ROM)、デジタル多用途ディスク(DVD)、ビデオカセットレコーダーVCR)、オーディオ、テレビ(TV)もしくはラジオ放送信号、ネットワーク上のストリーミングオーディオおよびビデオの形態であり、またはそのような情報を伝達するその他の形態である。

0027

コンピュータまたはコンピュータデバイスは、ネットワーク、たとえば、インターネットへのアクセスを可能にする任意のプロセッサ制御されたデバイスでもよく、末端デバイス、たとえば、パーソナルコンピュータ、ミニコンピューター、本体コンピュータ、個々のコンピュータのネットワーク、インターネット接続ビデオゲームデバイス、ハンドヘルドコンピュータ、ネットワークまたはウェブ使用可能TVのその他のタイプ、対話型キオスクモバイルウェブブラウザ、その他またはそれらの任意の組み合わせを含む。コンピュータデバイスは、電子デバイス、たとえば、パーソナルコンピュータ、Apple Inc.のiPad(登録商標)などのタブレットコンピュータデバイス、モバイルコンピュータ携帯電話、スマートフォン、携帯型コンピュータデバイス、ラップトップコンピュータパーソナルデジタルアシスタント、Google Inc.のGoogle Glass(登録商標)、Apple Inc.のiWatch、その他などのウェアラブルデバイスタッチセントリックデバイス、ワークステーションサーバクライアントデバイス携帯型電子デバイス、ネットワーク使用可能コンピュータデバイス、対話型ネットワークまたはウェブ使用可能ワイヤレス通信デバイスゲームデバイスセットトップボックス、テレビ、画像キャプチャデバイス、ウェブブラウザ、Apple Inc.のiPod(登録商標)などの携帯型メディアプレーヤビデオレコーダー全地球測位システム(GPS)デバイス、劇場システム、任意の娯楽用システム、任意のその他の適切なコンピュータ機器およびコンピュータ機器の複数の部分の組み合わせ、その他である。また、電子デバイスは、複数のデバイスの機能性を組み合わせるハイブリッドデバイスでもよい。ハイブリッド電子デバイスの例は、メディアプレーヤー機能性を含む携帯電話、ワイヤレス通信機能を含むゲームデバイス、ゲームおよび電子メール(Eメール)機能を含む携帯電話および電子メールを受け、携帯電話通話サポートし、音楽プレーヤー機能性を有し、およびウェブ閲覧をサポートする携帯型デバイスを含む。コンピュータ機器は、メディアプレイバックアプリケーションなどのアプリケーション、たとえば、Apple Inc.のiTunes(登録商標)、ウェブブラウザ、マッピングアプリケーション、電子メール(Eメール)アプリケーション、カレンダアプリケーション、その他を実行するために使用されてもよい。コンピュータ機器、たとえば、1つまたは複数のサーバは、1つまたは複数のオンラインサービスと関連づけられてもよい。コンピュータデバイスは、1つまたは複数の入力デバイス、たとえば、キーボードマウスタッチパッドジョイスティックペン入力パッド、その他をさらに持ってもよい。また、コンピュータデバイスは、出力デバイス、たとえば、ディスプレイスクリーン、オーディオ出力またはスピーカー、その他を持ってもよい。

0028

これらのコンピュータは、単一プロセッサまたは多重プロセッサマシンでもよい。その上、コンピュータは、アドレス指定能記憶メディアまたはコンピュータアクセス可能メディア、たとえば、ランダムアクセスメモリ(RAM)、電気的消去可能なプログラム可能読取り専用記憶装置(EEPROM)、プログラム可能読取り専用記憶装置(PROM)、消去可能プログラム可能読取り専用記憶装置(EPROM)、ハードディスクフロッピーディスクレーザーディスクプレーヤー、デジタルビデオデバイス、コンパクトディスク、ビデオテープ、オーディオテープ磁気記録トラック電子ネットワークおよび電子コンテンツを伝送する、または記憶するその他の技術を含んでもよい。一つの態様において、コンピュータは、ネットワークインタフェースカードモデムなどのネットワーク通信デバイスまたはネットワークに接続するのに適切な別のネットワーク通信デバイスを搭載する。さらにまた、コンピュータは、適切なオペレーティングシステム、たとえば、Linux(登録商標)、Unix(登録商標)、Microsoft(登録商標)Windows(登録商標)の任意のバージョン、Apple Inc.のMac OS、IBM(登録商標)OS/2または任意のその他のオペレーティングシステムを実行する。適切なオペレーティングシステムは、ネットワーク上を通過する全ての送受信メッセージのトラフィックを扱う通信プロトコル実行を含んでもよい。その他の態様において、オペレーティングシステムがコンピュータのタイプに応じて異なり得る一方、オペレーティングシステムは、ネットワーク、たとえば、インターネットと通信リンク確立するための適切な通信プロトコルを提供し続ける。

0029

コンピュータは、データおよび命令プログラムロジックまたは別の表現を含んでもよく、それは、コンピュータを特定のおよび定義済み様式において作動させる。一つの態様において、プログラムロジックは、コンピュータ上に存在する、またはコンピュータによってアクセス可能な1つまたは複数のプログラムとして実行されてもよい。構成要素、プログラムおよび1つまたは複数のデータベースにおいて提供される機能性は、より少ない構成要素、プログラムまたはデータベースに組み合わさられてもよく、あるいはさらなる構成要素、プログラムまたはデータベースにさらに分離されてもよい。さらにまた、構成要素、プログラムおよびデータベースは、1つまたは複数のコンピュータ上で実行するために実装されてもよい。一つの態様において、いくつかの構成要素、プログラムおよびデータベースは、ウェブサイトの外部の1つまたは複数のコンピュータ上で実行するために実装されてもよい。この場合には、ウェブサイトは、プログラムロジックを含み、それは、本明細書において開示されるように、機能を行うためにウェブサイトが外部的に実行される構成要素、プログラムおよびデータベースと通信することを可能にする。

0030

コンテンツ送達ネットワーク(CDN)は、サーバまたは離れたユーザにマルチメディアコンテンツなどのコンテンツデータを伝送するための1つまたは複数の適切なインターネットプロトコルに基づいたネットワークを含む。CDNサービスプロバイダは、典型的には、種々のコンテンツプロバイダからコンテンツを維持することができるネットワークにおける多数のコンピュータを維持する。次に、コンテンツプロバイダは、クライアントコンピュータデバイスに、特定のCDNサービスプロバイダのコンピュータからのコンテンツプロバイダのコンテンツのいくつかまたは全てを要求するよう指示する、またはさもなければ提案することができる。一つの態様において、CDNは、クライアントレベルにて負荷分散型およびフォールトトレラントである。

0031

ハードウェアアセンブリーまたはソフトウェア放送ノードは、コード化されたコンテンツデータストリームをコンピュータデバイスに提供する。放送ノードは、統合されたレシーバ/デコーダ(IRDs)からコンテンツデータストリームのインライントランスコーディングを提供する。一つの態様において、放送ノードは、サラウンドサウンドなどのさらなる特徴またはデータを保持するために、1つのチャンネルを、たとえば、HTML技術にコード化する。必要なハードウェアアセンブリーを、適切な入力および出力とともに、および開示された機能性を実行するための現在記述されたプログラムとともに、コンピュータまたはサーバを含むことができる自己内蔵型ユニット(SCU)において提供することができる。したがって、独立したコンテンツプロバイダは、SCUを用いることによって本明細書において開示されるコンピュータ実行システムの対話性を伴うこれらのコンテンツを提供することができる。一つの態様において、独立したプロバイダは、SCUを介して、カメラ、またはポストプロダクションからコンテンツデータを渡すことができ、次いで、コンテンツは、コンテンツ送達ネットワーク(CDN)または従来のコンテンツ送達システムに分配される。もう一つの態様において、SCUを介してのコンテンツデータの受け渡しは、下記のようにデジタルに包まれることができる。放送ノードは、併せて、またはCDNに代わるものとして、用いることができ、放送ノードは、仮想CDNとして機能する。放送ノードは、本明細書においてさらに十分に記載されるようにオンザフライで、コンテンツデータストリームをコード変換するためのサーバおよび関連するソフトウェアを含む。

0032

ソーシャルメディアは、ソーシャルインタラクションを介して広められるようにデザインされ、高度にアクセス可能な、およびスケーラブル公開技術を使用して作成されたメディアを含む。ソーシャルネットワークは、インターネットおよびウェブに基づいた技術を使用して、一対多数の放送メディアモノローグを多対多のソーシャルメディアダイアログに変換する。ソーシャルネットワークは、ソーシャルメディアを組み込み、それは、多くの異なる形態、たとえば、インターネットフォーラムウェブログ、ソーシャルブログ、ウィキポッドキャスト写真、ビデオ、評価、ブックマークすることなどを取ることができる。技術は、たとえば、ブログ、写真共有、ウォールポスティング、電子メール(Eメール)、インスタントメッセージ、音楽共有、クラウドソーシングならびにボイスオーバーインターネットプロトコル(VoIP)を含む。これらのソーシャルメディアの多くは、たとえば、MybloglogおよびPlaxo, IncのPlaxo(登録商標)を含むソーシャルネットワーク集約プラットフォーム経由で組み込まれることができる。

0033

ソーシャルメディア通信ソフトウェアアプリケーションの例は、たとえば、Slogger、Primordial Soup Ltd.のLiveJournal(登録商標)、Open Diary、Six Apart Ltd.のTypePad(登録商標)、WordPress FoundationのWordPress(登録商標)、Voxopolis Inc.のVox(登録商標)およびVOXopolis(登録商標)、PMachine、Inc.のExpressionEngine(登録商標)、Xanga.com、Inc.のXanga(登録商標)などのブログ;たとえば、Twitter Inc.のTwitter(登録商標)、Plurk、Tumblr Inc.のtumblr.(登録商標)、Google, Inc.のJaiku(登録商標)、fmylife(登録商標)を含むマイクロブログおよびプレゼンスアプリケーション;Bebo Inc.のBebo(登録商標)、Facebook、Inc.のFacebook(登録商標)、Linkedin CorporationのLinkedin(登録商標)、MySpace Inc.のMySpace(登録商標)、Googl,Inc.のOrkut(登録商標)、Skyrock(登録商標)、Hi5 Networks, Inc.のHi5(登録商標)、Ning, Inc.のNing(登録商標)、Elggなどのソーシャルネットワーキングウェブサイト;およびNutshellMail、Facebook, Inc.のFriendFeed(登録商標)、その他などのソーシャルネットワーク集約アプリケーションを含む。

0034

図1は、複数のコンテンツフォーマットの複数のコンテンツデータストリームを1つまたは複数のコンピュータデバイスに同時に分配するためのコンピュータ実行方法を図示する。コンテンツデータストリームは、たとえば、ライブケーブルテレビ(TV)コンテンツ、ライブ高解像度ストリーミングコンテンツ、ビデオチャットコンテンツなどのマルチメディアチャットコンテンツ、音声チャットコンテンツまたはテキストチャットコンテンツ、ライブマルチメディアチャットコンテンツ、テレビ会議コンテンツ、ゲームコンテンツ、ウェブ閲覧コンテンツ、ビデオオンデマンドコンテンツ、ホームオートメーションコンテンツ、拡張現実コンテンツ、音声認識コンテンツ、ソーシャルメディアネットワーキングコンテンツ、ライブビデオコンテンツ、録画されたビデオコンテンツ、デジタルビデオレコーダービデオコンテンツ、ユーザ生成コンテンツ、メッセージコンテンツ、電子メール(Eメール)コンテンツ、音声コンテンツ、3次元メディアコンテンツ、エレクトロニックコマースコンテンツ、情報、ブログコンテンツ、見られたコンテンツの解析情報、マルチメディアコンテンツ、その他およびそれらの任意の組み合わせを含む。本明細書において開示されるコンピュータ実行方法は、リアルタイムに、異なるコンテンツフォーマットのコンテンツデータストリームを1つまたは複数のコンピュータデバイスに同時に分配するように構成された少なくとも1つのプロセッサを含む対話型コンテンツ分配プラットフォームを提供する101。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、任意のデジタルデバイス上で複数のライブコンテンツデータストリームを同時に流す。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、たとえば、技術の広域スペクトルおよびインターネットへのアクセスを伴うパーソナルコンピュータ、インターネット使用可能携帯電話、タブレット、その他などのデバイスを介してユーザが利用できる。一つの態様において、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、サービスとしてのソフトウェア(SaaS)として実行される。

0035

もう一つの態様において、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、クラウドコンピューティング環境において実行される。本明細書に使用される、フレーズ「クラウドコンピューティング環境」は、構成可能なコンピュータ物理的および論理的資源、たとえば、ネットワーク、サーバ、記憶装置、アプリケーション、サービス、その他およびネットワーク、たとえば、インターネット上で分配されるデータを含む処理環境をいう。クラウドコンピューティング環境は、オンデマンドネットワークアクセスを構成可能なコンピュータ物理的および論理的資源の共用プールに提供する。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、複数のコンテンツフォーマットの複数のコンテンツデータストリームを1つまたは複数のコンピュータデバイスに同時に分配するためのサービスとして実行されるクラウドコンピューティングに基づいたプラットフォームである。たとえば、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、Google Inc.のGoogle Appエンジンクラウドインフラを使用して開発される。対話型コンテンツ分配プラットフォームへのアクセスによって、ユーザは、コンピュータデバイス、たとえば、ラップトップ、スマートフォン、任意の広帯域接続したデジタルデバイス、その他を使用してインターネットにアクセスすることに加えて、テレビチャンネルにアクセスする任意のさらなるデバイス、たとえば、セットトップボックス、その他を購入する必要はない。ユーザは、たとえば、対話型コンテンツ分配プラットフォームによって提供されるウェブサイト上の30までのデジタルコンテンツデータストリームに同時にアクセスすることができる。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、ユーザのコンピュータデバイスまたは任意のインターネット接続したコンピュータデバイスもしくはデジタルコンピュータデバイスのディスプレイスクリーン上で多くのデジタルコンテンツデータストリームを同時に表示する。

0036

対話型コンテンツ分配プラットフォームは、ネットワーク経由でコンピュータデバイスのそれぞれによってアクセス可能なグラフィカルユーザインタフェース(GUI)を提供するように構成される。グラフィカルユーザインタフェースは、たとえば、対話型コンテンツ分配プラットフォーム、オンラインウェブインタフェース、ウェブに基づいたダウンロード可能なアプリケーションインタフェース、モバイルに基づいたダウンロード可能なアプリケーションインタフェース、その他によって主催されるウェブサイトのウェブページである。ネットワークは、たとえば、コンテンツ送達ネットワーク、インターネット、その他である。一つの態様において、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、共通のデータフォーマットに変換されたコンテンツデータストリームを任意のデジタルコンピュータデバイスに分配するためのウェブサイトとして構成され、その際、それぞれのコンテンツデータストリームは暗号化され、およびコンテンツデータストリームの伝送はコンピュータデバイスへの利用可能な伝送速度と相関する。この態様において、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、任意のコンピュータデバイス上のウェブサイトとして作動する。

0037

対話型コンテンツ分配プラットフォームは、GUI経由でコンテンツデータストリームおよびコンテンツフォーマットのユーザ選択を受信する102。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、たとえば、音声モード、ビデオモード、テキストモード、マルチメディアモード、電話モード、その他、それらの任意の組み合わせを含む1つまたは複数の複数の通信モードを介してユーザ選択を受信する。たとえば、ユーザは、対話型コンテンツ分配プラットフォームによって認識される音声モードを使用して、特定のコンテンツデータストリームを要求しても、または選択してもよい。ユーザは、任意の情報を要求することができ、および対話型コンテンツ分配プラットフォームは、ユーザのコンピュータデバイスのディスプレイスクリーン上の構成可能なウィンドウ上で要求される情報を示すことによって応答する。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、ユーザが特定のコンテンツデータストリームまたは完全な対話型環境における任意のデジタルデータを要求することを可能にする音声認識機能を提供する。ユーザが、特定のコンテンツデータストリームに関する情報を回収したいと望む例を考慮する。ユーザは、ユーザ優先度またはユーザ選択を対話型コンテンツ分配プラットフォームに提供するために対話型コンテンツ分配プラットフォームによって提供される音声認識機能を使用することができる。たとえば、ユーザは、ユーザのコンピュータデバイスで操作的な通信における1つまたは複数のセンサー構成要素によって受信した対話型コンテンツ分配プラットフォームに音声コマンドを与えることができる。一つの例において、対話型コンテンツ分配プラットフォームのGUI経由でビデオを見る一方で、ユーザは、ソーシャルネットワーキングと関連づけられるソーシャルメディアコンテンツを検索し、およびユーザの電子メール(Eメール)アカウントに検索結果を伝送するよう対話型コンテンツ分配プラットフォームに要求する音声コマンドを提供することができる。それ故、ユーザは、ビデオを見る一方で、コンピュータデバイスのディスプレイスクリーン上の検索結果を同時に見て、対話型コンテンツ分配プラットフォームによって伝送される検索結果のコピーをダウンロードする、および/または印刷することができる。

0038

対話型コンテンツ分配プラットフォームは、受信したユーザ選択に基づいて、複数のコンテンツソースからコンテンツフォーマットの1つまたは複数におけるコンテンツデータストリームの1つまたは複数を受信する103。たとえば、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、インターネット、ケーブルプロバイダ、衛星ディストリビュータ、遠距離通信企業、ソーシャルネットワーキングプラットフォーム、その他などの異種のコンテンツソースから異なるコンテンツフォーマットにおけるコンテンツデータストリームを受信する。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、たとえば、共通のデータフォーマットに受信したコンテンツデータストリームをコード化し、および受信したコンテンツデータストリームの伝送速度を調整することによって、受信したコンテンツデータストリームを同期する104。

0039

対話型コンテンツ分配プラットフォームは、GUI経由で構成可能な時間のインスタンスにて、コンピュータデバイスのそれぞれのディスプレイ上の1つまたは複数の構成可能なウィンドウにおいて同期されたコンテンツデータストリームを同時に伝送する、および表示する105。本明細書に使用される、フレーズ「時間のインスタンス」は、対話型コンテンツ分配プラットフォームによって構成される、またはコンテンツデータストリームを同時に伝送する、および表示するためにユーザ優先度に基づいて構成される時間のインスタンスをいう。時間のインスタンスは、たとえば、一つずつまたはすべて一緒にである。構成可能なウィンドウは、それぞれのコンピュータデバイスのディスプレイスクリーンにわたって移動され、拡大され、縮小され、および/または交換されることができる。一つの態様において、構成可能なウィンドウは、浮動のウィンドウとして構成される。構成可能なウィンドウのそれぞれにおける同期されたコンテンツデータストリームは、受信したユーザ選択に基づいて変更可能である。複数の移動可能な、展開可能な、収縮可能な、浮動の、交換可能な、および/または形状変更可能な構成可能なウィンドウを利用することによって、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、たとえば、対話型コンテンツ分配プラットフォームの単一のGUIを介して一度に一つずつまたは同時に30までのコンテンツデータストリームのいずれかにおいて、ディスプレイスクリーン内に絶えず30までの変更可能なコンテンツデータストリームを同時に表示する。

0040

対話型コンテンツ分配プラットフォームは、たとえば、ディスプレイスクリーン上に一度にそれぞれのまたはすべての構成可能なウィンドウに30までのデジタルコンテンツデータまたはビデオストリームをインポートするように構成され、それによって、ディスプレイスクリーン上のコンテンツデータストリームの視聴体験、多重タスキング能力およびプレゼンテーションの量を増加させる。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、ユーザが、無数表示域の可能性を体験し、および増加された量のデジタルデータおよびネットワーク、たとえば、インターネット上で速い共有能力への無限のアクセスを有することを可能にする。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、1つの構成可能なウィンドウから増加する、たとえば、30までの構成可能なウィンドウの範囲の任意の組み合わせにおいて与えられるデジタルデータ、コンテンツデータストリーム、ビデオ、音楽、その他で実質的多重タスキングの強力な相乗効果を可能にさせて、カスタマイズされたマルチプラットフォームデジタル体験を提供する。GUIは、ユーザが、たとえば、ビデオおよび利用可能なゲームコンテンツで構成可能なウィンドウを見ることを可能にするよう構成される。一つの態様において、受信したコンテンツデータストリームのそれぞれは、リンク経由でアクセス可能であり、およびその他のコンテンツデータストリームの1つまたは複数にゲートウェイとして役割を果たすように構成される。

0041

対話型コンテンツ分配プラットフォームは、ユーザが、たとえば、対話型コンテンツ分配プラットフォームのGUI経由で単一のディスプレイスクリーン上で同時に30のデジタルコンテンツデータストリームを見て、これにより、ユーザが多重タスクおよび同時に複数の異なるアクティビティを行うことを可能にする。一つの態様において、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、コンピュータデバイスのディスプレイスクリーン上の1つまたは複数の構成可能なウィンドウにおいて1つまたは複数の表示されたコンテンツデータストリームに1つまたは複数のメディア効果を組み込むために、1つまたは複数のデジタルメディアパラメーターを構成する。本明細書に使用される、フレーズ「メディア効果」は、コンピュータデバイスのディスプレイスクリーン上の構成可能なウィンドウにおけるコンテンツデータストリームの表現または複製を増強するコンテンツデータストリームのディスプレイにおいて組み込まれる多重効果をいう。メディア効果は、たとえば、テキスト効果、オーディオ効果、ビデオ効果、音響映像効果、画像効果、マルチメディア効果、メッセージ効果、拡張現実ディスプレイ効果、3次元ディスプレイ効果、その他およびそれらの任意の組み合わせを含む。メディアデータは、たとえば、メディアクリップ、メディアメッセージ、その他のように、または1つまたは複数のデータベースにおける任意のデジタルフォーマットにおいて記憶されることができる。デジタルメディアパラメーターは、GUI経由で受信したユーザ優先度に基づいて、1つまたは複数の構成可能なウィンドウに表示されたコンテンツデータストリームに1つまたは複数のメディア効果を組み込む。ユーザが対話型コンテンツ分配プラットフォーム経由でユーザのコンピュータデバイスのディスプレイスクリーン上のユーザによって見られるコンテンツデータストリームに1つまたは複数のメディア効果、たとえば、拡張現実ディスプレイ効果、3次元ディスプレイ効果、その他を組み込みたいと望む例を考慮する。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、ユーザにメディア効果について複数の選択肢を提供する。ユーザは、GUI経由で選択肢にアクセスし、および見ているコンテンツデータストリームのディスプレイ上に適用されるように選択肢の1つを選択することができる。ユーザがGUI経由で3次元ディスプレイ選択肢を選択する場合、次いで、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、3次元ディスプレイ環境におけるコンテンツデータストリームを表示する。ユーザは、対話型コンテンツ分配プラットフォームのGUI経由でディスプレイ設定を変更することによってコンテンツデータストリームのディスプレイを二次元ディスプレイに変えることができる。

0042

対話型コンテンツ分配プラットフォームは、GUI経由でコンピュータデバイスのそれぞれのディスプレイスクリーン上の異なる構成可能なウィンドウに同期されたコンテンツデータストリームが同時に表示される間、コンピュータデバイス間のインタラクションを容易にし、およびトランザクションを開始する106。たとえば、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、GUI経由でその他のコンピュータデバイス上の同期されたコンテンツデータストリームを見ている1人または複数のユーザのその他のコンピュータデバイスのそれぞれのディスプレイスクリーン上の1つまたは複数の構成可能なウィンドウに、1つまたは複数の通知およびコンテンツを自動的に伝送し、および表示する。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、たとえば、これらがその他のコンピュータデバイス上のコンテンツデータストリームを見ているユーザの友人、家族およびその他のユーザに、ビデオまたはコンテンツデータストリームであろうとなかろうと、テキストアラートおよび実際のデータ画像を自動的に伝送し、および表示して、ユーザがその他のユーザに通知することなくコンテンツデータストリームを自動的に共有することを可能にする。もう一つの例において、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、GUI経由でその他のコンピュータデバイス上の同期されたコンテンツデータストリームを見ているその他のユーザのそれぞれのディスプレイスクリーン上の構成可能なウィンドウに、ユーザの1人によって見られている1つまたは複数の広告を自動的に伝送し、および表示する。ユーザがユーザのコンピュータデバイスのディスプレイスクリーン上のその他のコンテンツデータストリームとともに広告を見ているとき、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、その他のコンピュータデバイス上のコンテンツデータストリームを見ているその他のユーザに同じ広告を自動的に伝送し、それによって、その他のユーザが同時にユーザの視聴優先度を自動的に受信することを可能にする。一つの態様において、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、対話型コンテンツ分配プラットフォームのGUI経由でその他のユーザにコンテンツデータストリームを伝送する前に、その他のユーザに通知を伝送してその他のユーザから承認を受信する。

0043

ユーザが、他のコンピュータデバイスを使用する他のユーザにコンテンツデータストリームを伝送したいと望む例を考慮する。ユーザは、対話型コンテンツ分配プラットフォームに加入し、およびログインする。一つの態様において、ユーザは、電子メール(Eメール)経由で他のユーザに招待送り、その他のユーザに対話型コンテンツ分配プラットフォームに加入することを要求する。もう一つの態様において、ユーザは、その他のユーザが対話型コンテンツ分配プラットフォームに加入する必要無しに、その他のユーザのコンピュータデバイスからコンテンツデータストリームを伝送する、またはインポートすることができる。ユーザは、対話型コンテンツ分配プラットフォームのネットワーク経由でその他のユーザにビデオファイルを送る。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、ビデオファイルを自動的にコード化し、およびその他のユーザのコンピュータデバイスにコード化されたビデオファイルを伝送する。ユーザは、その他のユーザがユーザによって伝送される要求を確認するのを待つ必要はなく、およびその他のユーザは、その他のユーザのコンピュータデバイスのディスプレイスクリーン上の送られたビデオファイルを直接見ることができる。同様に、ユーザは、ネットワーク経由でその他のユーザからコンテンツデータストリームをインポートする、または受信することができる。一つの態様において、ユーザは、対話型コンテンツ分配プラットフォームの1つまたは複数のデータベースにおいてその他のユーザに伝送されたおよび/または彼らから受信したビデオファイルを記憶することができる。

0044

ユーザが、対話型コンテンツ分配プラットフォーム経由でビデオコンテンツを見る一方で、他のユーザまたはユーザのグループにビデオコンテンツのビデオクリップを伝送したいと望むもう一つの例を考慮する。ビデオコンテンツは、たとえば、広告、映画、テレビ番組スポーツゲーム、その他である。ユーザは、対話型コンテンツ分配プラットフォームに加入し、およびログインする。対話型コンテンツ分配プラットフォームのユーザの正常な登録後、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、対話型コンテンツ分配プラットフォームにユーザのソーシャルネットワーキングサイトコンタクトリストまたは電話コンタクトリストを動的に組み込む。ユーザは、対話型コンテンツ分配プラットフォーム上にユーザグループまたは友人仲間を形成することができる。ユーザグループは、対話型コンテンツ分配プラットフォームに登録されるその他のユーザのアカウント情報を含む。ユーザが電話コンタクトリストにあるが対話型コンテンツ分配プラットフォームに加入しなかった友人を追加したいと望む場合、次いで、ユーザは、対話型コンテンツ分配プラットフォームのネットワーク経由でその他のユーザに招待を伝送することができる。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、ユーザの個人ネットワークのためのポータルとして動作し、全てのウェブサイトおよび機能性にアクセスを付与する。

0045

その他のユーザは、対話型コンテンツ分配プラットフォームにログインしてもよく、またはログインしなくてもよい。ユーザは、ビデオコンテンツを見る一方でビデオクリップを録画し、およびネットワーク経由でその他のユーザまたはユーザグループへの通知に埋め込まれた録画されたビデオクリップを伝送することができる。その他のユーザまたはユーザのグループが対話型コンテンツ分配プラットフォームにログインする場合、ビデオクリップは、対話型コンテンツ分配プラットフォームのGUI経由で彼らのコンピュータデバイスのディスプレイスクリーン上に直接表示される。その他のユーザまたはユーザのグループが対話型コンテンツ分配プラットフォームに現在ログインしない場合、次いで、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、対話型コンテンツ分配プラットフォームのデータベースにビデオクリップを記憶し、およびその他のユーザ/複数ユーザが対話型コンテンツ分配プラットフォームにログインするときに彼らのコンピュータデバイスのディスプレイスクリーン上にビデオクリップを表示する。

0046

一つの態様において、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、同期されたコンテンツデータストリームが同時に表示される間、ユーザの1人の受信したユーザ選択に基づいて、コンテンツデータストリームと関連づけられるテーマおよびジャンル上の推奨を生成し、およびネットワーク経由でその他のユーザに生成された推奨を伝送する。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、たとえば、類似の好ましい視聴フォーマットプログラミング、テーマ、カテゴリー、その他において、関連づけられるテーマおよびジャンルをユーザおよびその他のユーザに推奨し、および提案する。ユーザがコンピュータデバイスの彼/彼のディスプレイスクリーンに流されたコンテンツデータストリームに関連した1つまたは複数のディスプレイの特徴、たとえば、バックグラウンドディスプレイ、テーマ、ジャンル、その他を変更したいと望む例を考慮する。一つの態様において、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、ディスプレイの特徴についての推奨を生成し、およびネットワーク経由でユーザに推奨を伝送する。ユーザは、対話型コンテンツ分配プラットフォームによって生成される推奨からディスプレイの特徴の1つまたは複数を使用してもよい。もう一つの態様において、ユーザは、対話型コンテンツ分配プラットフォームまたは外部ソース経由で、たとえば、インターネットを閲覧することによって、その他のユーザから受信した入力に基づいてディスプレイの特徴を作成する、または使用することができ、およびGUI経由でユーザによって見られるコンテンツデータストリーム上の自己生成されたディスプレイの特徴を動的に適用することができる。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、ライブケーブルコンテンツおよび/またはチャンネルを提供し、およびユーザが、その他のユーザが彼らの優先度によって選ぶことができるカテゴリーおよびグループにコンテンツデータストリームを分類することを可能にする。

0047

対話型コンテンツ分配プラットフォームは、認証されたユーザおよび認証されたユーザグループが利用可能なデジタルコンテンツ、たとえば、ライブビデオ、録画されたビデオ、ユーザ生成コンテンツ、ゲームコンテンツ、その他を作成する。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、ユーザからもとの対話型コンテンツ分配プラットフォームへの、またはユーザのグループ間のインタラクションを可能にするコンテンツデータおよびビデオストリーム経由での対話型能力を有する。これは、対話型コンテンツ分配プラットフォーム経由でソーシャルおよびトランザクションの能力、たとえば、マイクロトランザクション、グループ間のソーシャルな視聴、その他を可能にする。

0048

一つの態様において、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、コンテンツソース、たとえば、グローバルなケーブルプロバイダ、衛星ディストリビュータ、遠距離通信企業およびその他の1つまたは複数のコンテンツプロバイダによって、対話型コンテンツ分配プラットフォームのホワイトラベリングを可能にすることによって収益を生成して、コンテンツソースが同期されたコンテンツデータストリームを1人または複数の加入者コンピュータデバイスに同時に伝送し、および表示することを可能にする。すなわち、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、1つまたは複数のコンテンツソースがこれらの名前に対話型コンテンツ分配プラットフォームをホワイトラベルすることを可能にすることによって収益を生成する。本明細書に使用される、フレーズ「ホワイトラベリング」は、1つまたは複数のコンテンツソース、たとえば、グローバルなケーブルプロバイダ、衛星ディストリビュータ、遠距離通信企業またはその他のコンテンツプロバイダへの対話型コンテンツ分配プラットフォームのライセンス製品および/またはサービスをいい、これらがストリーム、たとえば、任意のデジタルデバイス上のこれらの加入者によって使用されることができるコンテンツの30までのストリームをライブすることを可能にする。ケーブルおよび/またはビデオディストリビュータは、1つまたは複数の加入者コンピュータデバイスに同期されたコンテンツデータストリームを同時に伝送する、および表示する対話型コンテンツ分配プラットフォームをホワイトラベルすることができる。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、ホワイトラベル機構の部分として既存のユーザおよびビリングシステムに接続するように構成される。これは、既存の顧客関係に影響を及ぼす一方で、対話型コンテンツ分配プラットフォームが小から中規模までのケーブルプロバイダの既存の提供を拡張することを可能にする。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、これらはすでに環境が整っているため、たとえば、典型的なビリングシステム、顧客サービス、コンテンツ所有、その他の管理と関連するインフラコストを回避する。その上、ユーザと関連づけられる情報が対話型コンテンツ分配プラットフォームによってすでに公知であるので、全てのアプリケーションの購入は、対話型コンテンツ分配プラットフォームに登録されるユーザのプロフィールを使用して既存のビリングシステムを介して送ることができる。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、コンテンツソース、たとえば、コンテンツデータストリームの所有者、これらのプログラミングのための即時のマルチプラットフォーム分配アクセスに、購読料によって主に推進されるコンテンツデータストリームの収益化、ペイパービュー方式(PPV)、ビデオオンデマンド(VOD)、広告、人口統計学的ターゲティング、その他を提供する。対話型コンテンツ分配プラットフォームによるホワイトラベリング機構組み入れは、コンテンツソース、たとえば、グローバルなケーブルプロバイダ、衛星ディストリビュータ、遠距離通信企業またはコンテンツプロバイダに、非常に必要とされた付加された価値、マルチプラットフォーム存在およびより大きな加入者提案を提供する。ホワイトラベリング機構は、コンテンツソースの既存の加入者にとってのデジタル体験を増強し、およびコンテンツソースのために割増、および増加する収益ストリームを追加し、およびコンテンツソースがオンラインビデオ爆発的な増加のために失われた市場占有率を回復するのを補助する。

0049

中規模のビデオケーブル市場は、たとえば、約150,000〜約100万人の加入者の範囲の加入者ベースを有する。オンラインビデオの爆発的な増加のために市場占有率を失っている、およびこれらのチャレンジ入手可能な解決を必要とする5,000人を超えるケーブルオペレータまたはケーブルプロバイダが、世界的にある。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、効率的にその解決コストを提供する。対話型コンテンツ分配プラットフォームの複数の収益生成モデルの部分として、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、ホワイトラベリング機構を実行し、およびコンテンツソースとのライセンストランザクションから、実質的収益ストリームを駆動することによってホワイトラベリング機構を貨幣化する。ケーブルオペレータが対話型コンテンツ分配プラットフォームとのホワイトラベリング契約署名する例を考慮する。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、たとえば、ケーブルオペレータがサービスする加入者の数に応じて約250万ドル〜約2,000万ドルの範囲におけるケーブルオペレータから前金ライセンス料を受け取る。たとえば、約0.25ドルの加入者あたりの料金は、ケーブルオペレータとの現行ライセンス契約に添付される。

0050

コンテンツソース、たとえば、ケーブルプロバイダが対話型コンテンツ分配プラットフォームによって提供されたホワイトラベリング機構を使用して1人または複数のカスタマーにケーブルサービスを提供したいと望む例を考慮する。コンテンツソースは、対話型コンテンツ分配プラットフォームに加入し、および対話型コンテンツ分配プラットフォームとのホワイトラベル契約に署名する。ホワイトラベル契約どおりに、ケーブルプロバイダは、対話型コンテンツ分配プラットフォームと通信して、対話型コンテンツ分配プラットフォームのネットワーク経由でケーブルプロバイダのカスタマーにケーブルサービスを提供する。コンテンツソースのカスタマーの情報は、対話型コンテンツ分配プラットフォームによって維持される1つまたは複数のデータベースに記憶される。対話型コンテンツ分配プラットフォーム経由でそれぞれのコンテンツソースによって提供されるコンテンツデータストリームを使用するカスタマーあたりのケーブルおよび/またはビデオ分配プロバイダは、課金される。たとえば、ケーブルプロバイダは、ホワイトラベル契約あたりのライセンス料を対話型コンテンツ分配プラットフォームに支払う。

0051

対話型コンテンツ分配プラットフォームは、コンテンツデータストリームを引き抜き、およびユーザ情報ユーザ管理システムの中へと押し戻し、または引き戻すように構成される。一つの態様において、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、構成可能なウィンドウに同期されたコンテンツデータストリームが同時に伝送および表示される間に、コンピュータデバイス間の同期されたコンテンツデータストリームのトラフィックを監視する、および制御する。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、クライアントコンピュータデバイス間のストリームトラフィックを管理するように構成されたセントラルサーバを含む。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、複数のコンピュータデバイスが、たとえば、すぐに変更可能、移動可能、展開可能、収縮可能、その他である構成可能なウィンドウを介して、優先度によってそれぞれの特定のコンピュータデバイス内の30の独立したコンテンツデータストリームのいずれかまたは全部にアクセスするのを可能にする。

0052

一つの態様において、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、同期されたコンテンツデータストリーム上で行われるユーザ動作を管理する。ユーザ動作は、同期されたコンテンツデータストリームを、たとえば、作成すること、修正変更すること、削除すること、記憶すること、その他を含む。ユーザがコンテンツデータストリーム、たとえば、対話型コンテンツ分配プラットフォーム上の自己生成した音楽ビデオアップロードしたいと望む例を考慮する。ユーザは、コンピュータデバイス、たとえば、スマートフォンを使用して対話型コンテンツ分配プラットフォームにログインする。ユーザは、対話型コンテンツ分配プラットフォームのGUI経由でコンピュータデバイスを使用して対話型コンテンツ分配プラットフォームにログインする一方で、リアルタイムに音楽ビデオを録画することができる。ユーザは、GUI経由で対話型コンテンツ分配プラットフォーム上に記録された音楽ビデオをアップロードする。一旦音楽ビデオが対話型コンテンツ分配プラットフォーム上にアップロードされると、また、ユーザは、アップロードされた音楽ビデオを修正変更する、または削除することができる。同様に、複数のコンテンツデータストリームは、対話型コンテンツ分配プラットフォームのGUI経由でコンピュータデバイスを使用してユーザによって作成される、修正変更される、削除される、記憶される、その他のことができる。

0053

一つの態様において、本明細書において開示されるコンピュータ実行方法は、以下の通りに複数のコンテンツデータストリームをディスプレイスクリーンに同時に提供する。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、同時に第1のコンテンツデータストリームおよび第2のコンテンツデータストリームを受信する。次いで、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、第1のコンテンツデータストリームおよび第2のコンテンツデータストリームの少なくとも1つをコード化し、および/または同時に予め定められたファイルフォーマットにおいて第1のコンテンツデータストリームおよび第2のコンテンツデータストリームの少なくとも1つを包む。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、ネットワーク、たとえば、コンテンツ送達ネットワークに第1のコンテンツデータストリームおよび第2のコンテンツデータストリームを同時に渡す。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、離れた位置にいるプレーヤーのインスタンスを認証し、その際、認証されたインスタンスは、コンピュータデバイスのディスプレイスクリーンと通信する。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、プレーヤーの認証されたインスタンスに、伝送速度で第1のコンテンツデータストリームおよび第2のコンテンツデータストリームを同時に伝送する。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、コンテンツ送達ネットワークとプレーヤーの認証されたインスタンスとの間の利用可能な伝送速度に応じて第1のコンテンツデータストリームおよび第2のコンテンツデータストリームの少なくとも1つの伝送速度を同時に合わせる。一つの態様において、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、ディスプレイスクリーン上の第1のビデオキャンバスに第1のコンテンツデータストリームを表示し、およびディスプレイスクリーン上の第2のビデオキャンバスに第2のコンテンツデータストリームを表示する。一つの態様において、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、プレーヤーの認証されたインスタンスからユーザ生成コンテンツデータストリームを受信し、およびユーザ生成コンテンツデータストリームをコード化する。

0054

もう一つの態様において、本明細書において開示されるコンピュータ実行方法は、以下の通りにコンテンツデータストリームを同時に表示する。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、第1のディスプレイスクリーンと関連づけられるプレーヤーの許可されたインスタンスの第1のビデオキャンバス上にコンテンツデータストリームを表示する。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、第1のディスプレイスクリーン上のコンテンツデータストリームを表示する第1のビデオキャンバスを選択し、および許可されたプレーヤーと関連づけられる第2のディスプレイスクリーン上の第1のビデオキャンバスの表示を同時に開始する。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、第1のディスプレイスクリーン上の第1のビデオキャンバスの表示を終結する。一つの態様において、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、第1のディスプレイスクリーン上の第1のビデオキャンバスの移動に応じて第2のディスプレイスクリーン上の第1のビデオキャンバスの表示を開始する。

0055

もう一つの態様において、本明細書において開示されるコンピュータ実行方法は、以下の通りにコンテンツデータストリームを同時に表示する。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、第1のディスプレイスクリーンと関連づけられるプレーヤーの許可されたインスタンスの第1のビデオキャンバスにコンテンツデータストリームを表示する。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、第1のディスプレイスクリーン上の第1のビデオキャンバスの位置を監視する。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、異なる第2のディスプレイスクリーン上で示される第2のビデオキャンバス上で示される制御プログラムを開始する。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、制御プログラムにて入力に応じて第1のディスプレイスクリーン上の第1のビデオキャンバスの表示を変更させる。

0056

もう一つの態様において、本明細書において開示されるコンピュータ実行方法は、以下の通りにコンテンツ送達ネットワークから第1の離れたプレーヤーおよび第2の離れたプレーヤーへコンテンツデータストリームを同時に提供する。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、第1の離れたプレーヤーを認証し、その際、第1の離れたプレーヤーが、関連づけられる第1のディスプレイスクリーン上の表示を生成するように選択される。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、第2の離れたプレーヤーを認証し、その際、第2の離れたプレーヤーが、関連づけられる第2のディスプレイスクリーン上の表示を生成するように選択される。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、認証された第1の離れたプレーヤーとコンテンツ送達ネットワークとの間の第1の利用可能な伝送速度および第1の伝送時間の少なくとも1つを決定する。第1の伝送時間は、認証された第1の離れたプレーヤーとコンテンツ送達ネットワークとの間の平均伝送時間である。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、認証された第2の離れたプレーヤーとコンテンツ送達ネットワークとの間の第2の利用可能な伝送速度および第2の伝送時間の少なくとも1つを決定する。第2の伝送時間は、認証された第2の離れたプレーヤーとコンテンツ送達ネットワークとの間の平均伝送時間である。一つの態様において、第1の利用可能な伝送速度と第2の利用可能な伝送速度は、異なる。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、認証された第1の離れたプレーヤーおよび認証された第2の離れたプレーヤーにコンテンツデータストリームを同時に伝送し、その際、伝送は、第1の利用可能な伝送速度、第1の伝送時間、第2の利用可能な伝送速度および第2の伝送時間の少なくとも1つに対応する。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、第2のディスプレイスクリーン上のコンテンツデータストリームの表示と実質的に同時に第1のディスプレイスクリーン上のコンテンツデータストリームを表示する。一つの態様において、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、認証された第1の離れたプレーヤーから認証された第2の離れたプレーヤーへユーザ生成コンテンツデータストリームを渡す。

0057

もう一つの態様において、本明細書において開示されるコンピュータ実行方法は、以下の通りにコンテンツデータストリームを表示する。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、プレーヤーの第1の離れたインスタンスを認証し、その際、プレーヤーは、コンテンツデータストリームを表示するための第1のディスプレイスクリーンと関連づけられる。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、第1のディスプレイスクリーン上のビデオキャンバスにおいてコンテンツデータストリームを表示する。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、第1のコンテンツデータストリームのタイミング、第1のコンテンツデータストリームのコンテンツおよび/または第1のコンテンツデータストリームと関連づけられるメタデータに応じて第1のディスプレイスクリーン上の第2のビデオキャンバスを同時に生成する。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、コンテンツデータストリームにおけるその後のデータから独立した第2のビデオキャンバスを介してトランザクションを同時に可能にする。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、トランザクションの少なくとも一部の終了の際、第2のビデオキャンバスを閉じる。一つの態様において、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、コンテンツデータストリームの予め定められた間隔にて第2のビデオキャンバスを生成する。

0058

図2〜3は、1つまたは複数のコンピュータデバイス209に複数のコンテンツフォーマットの複数のコンテンツデータストリーム207を同時に分配するためのコンピュータ実行システム200の略図を例示的に図示する。図2を参照して、本明細書において開示されるコンピュータ実行システム200は、ウェブサイトとして実行され、およびネットワークまたはコンテンツ送達ネットワーク(CDN)208、たとえば、インターネットからアクセス可能な対話型コンテンツ分配プラットフォームを含み、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、離れたコンピュータデバイス209上のブラウザ内で作動するプレーヤーによって、コンテンツデータストリーム207および対話型通信を離れたコンピュータデバイス209に提供する。一つの態様において、離れたコンピュータデバイス209のそれぞれは、ディスプレイスクリーン209aおよび画像キャプチャデバイス210、たとえば、コンピュータデバイス209に接続する市販のウェブカメラまたはビデオカメラを含む。しかし、本明細書において開示されるコンピュータ実行システム200は、画像キャプチャデバイス210を必要としないものと理解される。一つの態様において、たとえば、スマートフォン308a、テレビ308b、パーソナルデジタルアシスタント(PDA)308c、その他を含む複数のピアコンピュータデバイス308は、図3に例示的に図示されるように、リアルタイムメディアフロープロトコルRTMFP)接続を使用してクライアントコンピュータデバイス209に機能的に接続する。

0059

本明細書において開示されるコンピュータ実行システム200は、衛星レシーバまたは衛星レシーバアレイ201、組み込まれたレシーバ/デコーダ(IRD)303などのデコーダ、エンコーダ304、トランスコーダ203およびたとえば、HTMLメディアサーバ、Adobe(登録商標)メディア対話型サーバ、その他を含むアプリケーションサーバ205を含む。一つの態様において、コンテンツデータストリーム207の少なくともいくつかは、衛星伝送から受信され、およびしたがって、コンテンツデータストリーム207は、衛星フィード201aとして衛星レシーバまたは衛星レシーバアレイ201にてコンピュータ実行システム200を入力する。次いで、衛星フィード201aは、デコーダ、たとえば、IRDs 303または動画像符号化専門家会合MPEG-2)伝送路202経由でインターネットデータグラムプロトコル(IDP)トランスコーダ203)に渡る。衛星レシーバまたは衛星レシーバアレイ201は、種々のコンテンツプロバイダからコンテンツデータストリーム207を受信する。さらにまた、コンピュータ実行システム200は、ネットワーク208、たとえば、仮想私設通信網(VPN)からヘッドエンド206にてチャンネルストリームを受信することができる。したがって、このような入力は、衛星レシーバまたは衛星レシーバアレイ201およびIRDs 303を介して通過しない。

0060

統合されたレシーバ/デコーダ(IRDs)303は、コンテンツ送達ネットワーク208を介して再放送を対象とした投稿フィードの受信または放送ノードのために使用される。IRD 303は、受信する衛星レシーバアレイ201またはネットワークとエンコーダ304との間のインタフェースである。衛星レシーバアレイ201経由で受信したデジタル放送ストリームは、IRDs 303によってデコードされ、出力は、エンコーダ304に渡される。エンコーダ304は、コンテンツデータストリーム207を予め定められたコンテンツフォーマット、たとえば、Adobe Systems IncorporatedのAdobe(登録商標)Flex Builderソフトウェアと互換性のあるコンテンツフォーマットにコード化する。エンコーダ304は、下記{かき}のように、コンテンツデータストリーム207を多数オーサリングプログラム、たとえば、Adobe Systems Incorporated のAdobe(登録商標)Flex BuilderソフトウェアまたはApple, Inc.のQuickTime(登録商標)にコード化する。コード化は、たとえば、HTMLメディアサーバによってサポートされるH.264コード化を含む。暗号化は、たとえば、Adobe(登録商標)メディア権利管理サーバインプリメンテーション、たとえば、リアルタイムメッセージングプロトコル(RTMP)またはリアルタイムメッセージングプロトコル暗号(RTMPE)インプリメンテーションによって提供され得る。一つの態様において、それぞれの個々のコンテンツデータストリーム207は、暗号化される。たとえば、コンテンツデータストリーム207は、コンテンツ送達ネットワーク(CDN)208への次世代標準暗号方式AES)暗号化伝送制御プロトコル(TCP)接続経由でプレーヤーの認証されたインスタンスに送達され得る。エンコーダ304は、コンテンツデータストリーム207を生成し、それは、ヘッドエンド206にてAdobe(登録商標)Flex Builderソフトウェアに送られ、それは、コンテンツデータストリーム207をCDN 208または放送ノードに転送する。

0061

一つの態様において、コンテンツデータストリーム207は、ネットワークハブから最終ネットワークノードへHTMLメディアサーバソフトウェアを使用して、リアルタイムメッセージングプロトコル(RTMP)およびリアルタイムメッセージングプロトコル暗号(RTMPE)経由で送達される。一つの態様において、エンコーダ304からのコンテンツデータストリーム207は、私設通信網によってAdobe(登録商標)Flex Builderソフトウェアに送られ、次いで、コンテンツデータストリーム207は、トークン認証によって、Adobe(登録商標)Flex Builderソフトウェアからコンテンツ送達ネットワーク(CDN)208に渡される。トランスコーディングおよび集約は、トランスコーディングプロセスの間、冗長に保護された私設通信網上で行われて、コンテンツデータの侵害を予防する。また、コンテンツデータストリーム207の永久記憶は、私設通信網内であり、およびキャッシュサーバ、たとえば、Adobe(登録商標)Flex Builderソフトウェアおよび必要に応じてCDN 208にリレーされる。ヘッドエンド206は、アドレス潜在性ハードウェア障害冗長性を含むことができる。コード化され、および暗号化されたコンテンツデータストリーム207は、離れたクライアントコンピュータデバイス209ならびにデジタル録画などの選択的一時的アーカイブへの分配のためにヘッドエンド206にてエンコーダ304から渡る。

0062

図2に例示的に図示されるように、コンテンツデータストリームは、衛星フィード201aとして衛星レシーバアレイ201にて受信され、および第1のコンテンツフォーマットにおけるインターネットデータグラムプロトコル(IDP)トランスコーダ203に渡されることができ、IDPトランスコーダ203は、予め定められたコンテンツフォーマットにコンテンツデータストリームのフォーマットをコード変換する、または変換して、コード変換されたコンテンツデータストリーム204を生成する。次いで、コード変換されたコンテンツデータストリーム204は、たとえば、アプリケーションサーバ205におけるAdobe(登録商標)Flex Builderソフトウェアに渡り、コンテンツデータストリーム207は、暗号化され、およびプロセッサ、中央処理装置(CPU)208aまたはコンテンツ送達ネットワーク(CDN)208に、および次いで、特定の加入したユーザ211と関連づけられるプレーヤーの認証されたインスタンスに渡される。

0063

図3を参照して、コンテンツデータは、衛星レシーバアレイ201にて受信され、ラジオ周波数(RF)トランシーバー302、統合されたレシーバ/デコーダ(IRDs)303およびエンコーダ304を介して渡され得る。エンコーダ304から、コンテンツデータストリーム207は、与えられたコンテンツデータストリーム207を認証されたアクセス要求に応じてプレーヤーインスタンスにキャッシュに記憶{かくのう}するおよび送達するために、コンテンツ送達ネットワーク(CDN)208および/またはビデオオンデマンド(VOD)システム307に提供され得る。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、プログラムガイド310をさらに含む。プログラムガイド310は、対話型コンテンツ分配プラットフォームのグラフィカルユーザインタフェース(GUI)経由で、図2に例示的に図示されるユーザ211にコンテンツデータストリーム207と関連づけられる情報を提供する。併せて、コンテンツデータストリーム207と関連づけられる情報/データは、動作メッセージフォーマット(AMF)またはセキュアソケットレイヤーSSL)接続を使用してRuby on Rails(登録商標)システム関連データベースおよびストレージエリアネットワーク(SAN)309を介してプログラムガイド310からクライアントコンピュータデバイス209へ伝送される。

0064

図3は、本明細書において開示されるコンピュータ実行システム200における構成要素の代わりの構成の略図を例示的に図示する。略図は、対話型コンテンツ分配プラットフォームによって、対話型テレビコンテンツのインターネットストリーミングを描写する。従来のテレビシステムと同様に、衛星レシーバアレイ201は、衛星レシーバアレイ201が狙いを定められる方向における空がはっきり見えるための方向および高度に物理的に取り付けられ、および狙いを定められる。衛星レシーバアレイ201は、衛星301から放送シグナルを受信する。光ファイバケーブルの複数の量は、衛星レシーバアレイ201が取り付けられる建物から横切る。衛星レシーバアレイ201におけるそれぞれの衛星アンテナに接続するスプリッタは、一連の統合されたレシーバ/デコーダ(IRDs)303に放送衛星シグナルを分割する。IRDs 303は、ラジオ周波数(RF)トランシーバー302経由で衛星レシーバアレイ201から放送衛星シグナルを受信し、および受信した放送衛星シグナルをデコードする。一つの態様において、伝送チャンネルあたり1つのIRD 303がある。デジタルIRDs 303は、シリアルデジタルインタフェースSDI)出力においてビデオシグナルを送達する。次いで、エンコーダ304は、一連の工程を介してSDIフィードを変換して、アプリケーションサーバ205において記憶されるソフトウェア、たとえば、Adobe(登録商標)Flex Builderソフトウェアのためのコード化されたフィードを製作する。エンコーダ304からコード化されたフィードは、たとえばリアルタイムメッセージング伝送プロトコル暗号(RMTPE)を使用してコンテンツ送達ネットワーク(CDN)208への分配の前に、リアルタイムメッセージングプロトコル(RMTP)を使用して、アプリケーションサーバ205を介して渡される。これは、コンテンツデータストリーム207へのデジタル著作権管理(DRM)およびメタデータの抽出および/または添加などの技術を使用してコード化されたフィードの操作を可能にする。キャッシュに記憶された静的なおよび/またはライブコンテンツは、CDN 208において流され、およびキャッシュに記憶{かくのう}される。

0065

エンコーダ304は、ユーザデータプロトコルUDP)接続を使用してストリームマネージャ305にコード化されたフィードを伝送する。ストリームマネージャ305は、ハイパーテキスト転送プロトコル(HTTP)接続を使用して、モニタリングおよびサポート構成要素306にコード化されたコンテンツデータストリーム207を伝送する。モニタリングおよびサポート構成要素306は、対話型コンテンツ分配プラットフォームによって行われる管理および/または広告機能を管理する。モニタリングおよびサポート構成要素306は、コンテンツデータストリーム207、ユーザ生成コンテンツデータストリーム207、コンテンツデータストリーム207のスケジューリング、その他を調達するおよび管理する。また、広告主およびコンテンツプロバイダは、リアルタイムにおけるこれらのキャンペーンの有効性およびこれらのコンテンツデータトリーム207がどのように統合されるかの状態を見ることができる。一つの態様において、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、広告主が、コンテンツデータストリーム207における広告コンテンツを挿入し、および人口統計学的ターゲティングのためにコンテンツデータストリーム207にタグを付けることを可能にする。モニタリングおよびサポート構成要素306は、リアルタイムメッセージングプロトコル(RTMP)経由でコンテンツ送達ネットワーク(CDN)208と通信する。

0066

一つの態様において、ヘッドエンド206は、衛星レシーバアレイ201、アプリケーションサーバ205、大容量記憶デバイス、インターネットデータグラムプロトコル(IDP)トランスコーダ203、その他を含む一つの態様において、アプリケーションサーバ205は、コンテンツデータストリーム207およびコンテンツソースと関連づけられるさらなる情報を記憶する。もう一つの態様において、アプリケーションサーバ205は、コンテンツデータストリーム207と関連づけられるメトリック情報が記憶され、ウイルスのコンテンツ、マーケティング情報、その他が収集されるデータウェアハウスとして動作する。もう一つの態様において、ヘッドエンド206は、統合されたレシーバ/デコーダ(IRDs)303などのデコーダ、ラジオ周波数(RF)トランシーバー302およびエンコーダ304を含む。一つの態様において、ヘッドエンド206は、広告コンテンツのサーバまたは記憶を含む、またはそれと通信することができ、それは、許可されたプレーヤーの特定のインスタンスに選択的に提供することができる。コンテンツ送達ネットワーク(CDN)208または放送ノードから、コンテンツデータストリーム207は、プレーヤーのインスタンスによって表示のために離れたクライアントコンピュータデバイス209に選択的に送られる。プレーヤーは、図4〜5に例示的に図示されるように、次いで、その後のログインのために提供する対話型コンテンツ分配プラットフォームに登録することよって得られる。ピアコンピュータデバイス308は、たとえば、リアルタイムメディアフロープロトコルを介して、クライアントコンピュータデバイス209経由でコンテンツデータストリーム207にアクセスする。

0067

図4は、複数のユーザを登録するために対話型コンテンツ分配プラットフォームによって実行されるウェブサイト401のエレメントを示す流れ図を例示的に図示する。ユーザは、アカウントを確立することによって、対話型コンテンツ分配プラットフォームに登録し、その際、アカウントは、複数のサブアカウントを有することができる。たとえば、アカウントは、アカウント所有者が一次アカウント、および少なくとも1つのサブアカウント、および特定の構成、複数のサブアカウントを確立する場合、クレジットカード保有者によって作成されることができる。アカウント所有者は、サブアカウントのそれぞれのプロフィールを決定することができる。すなわち、アカウント所有者は、コンテンツおよびセキュリティのレベルをそれぞれのサブアカウントに割り当てることができる。サブアカウントは、アクセス、フィルタリング購買ならびに接触の一定の時に限定されることができる。一つの態様において、それぞれのサブアカウントは、予め定められた年齢範囲に基づいて分類されることができる、またはユーザ年齢は設定されることができ、および対話型コンテンツ分配プラットフォームは、ユーザ年齢につれて年齢グループを介してユーザを移動することができる。年齢グループは、たとえば、0〜6、7〜13、13〜16、16〜18および18より年上を含む。一次アカウントが、図2〜3に例示的に図示されるネットワークまたはコンテンツ送達ネットワーク(CDN)208上で検索可能であり得る一方で、一つの態様において、サブアカウントは見えないように保護されている。

0068

さらに、サブアカウントが、たとえば、ビデオを介して、友人と直接通信しようとする場合、アカウント所有者は、友人と関連づけられるアカウント所有者に連絡しなければならず、その際、連絡先情報が両方向に交換される。したがって、いずれのアカウントも、差し出された通信を受け入れる、または拒絶することができる。次いで、受信した通信先情報は、2つのサブアカウント間の直接的な連絡のための許可として、それぞれのアカウント所有者によって対話型コンテンツ分配プラットフォームに提供される。図2〜3に例示的に図示される全ての接続およびコンテンツデータストリーム207は、統合性および許可を維持するために監査される。暗号化に関して、全てのコンテンツデータストリーム207は、コンテンツ送達ネットワーク(CDN)208または放送ノードに次世代標準暗号方式(AES)伝送制御プロトコル(TCP)接続経由で図2〜3に例示的に図示されるクライアントコンピュータデバイス209上のプレーヤーに送達される。クライアント、すなわち、離れたコンピュータデバイス209は、たとえば、コンテンツデータストリーム207を保護するために逆コンパイル耐性、ストリームキャプチャおよび公知の攻撃ベクターを含むセキュリティ最良実施のために試験される。

0069

コンピュータデバイス209を使用するユーザは、グラフィカルユーザインタフェース(GUI)経由で対話型コンテンツ分配プラットフォームのホームページ402にアクセスする。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、複数のホームページ選択肢、たとえば、ログインスクリーン407、「〜に関して」のセクション412、登録解析構成要素403、その他をユーザに提供する。ユーザは、登録解析構成要素403によって提供される登録セクション405経由で対話型コンテンツ分配プラットフォームに加入する。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、加入したユーザと関連づけられる登録情報解析するように構成された複数の登録解析構成要素403を含む。登録解析構成要素403は、たとえば、頻繁なコード構成要素404、登録人統計学的構成要素406、その他である。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、登録人口統計学的構成要素406経由で登録人口統計学を維持し、および頻繁なコード構成要素404経由で頻繁なコード変化を管理する。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、ユーザが、対話型コンテンツ分配プラットフォームに加入する、またはログインすることを可能にするためのログインスクリーン407をユーザに提供する。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、GUI経由でユーザによって提供されるログイン情報成功した認証の際に、初期画面408にユーザを導く。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、ユーザが、ユーザプロフィールセクション409から彼/彼女のユーザアカウントを管理することを可能にし、その際、ユーザはたとえば、ユーザアカウントを作成、修正変更、削除、その他をすることができる。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、ユーザが、招待友人セクション410からその他のユーザに招待を送ることを可能にし、たとえば、彼らが対話型コンテンツ分配プラットフォームに加入する、グループ、その他に参加することを可能にする。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、統合されたサイバー環境(ICE)411を提供して、ユーザがICEプレーヤーを使用してコンテンツデータストリーム207にアクセスすることを可能にする。ICEプレーヤーは、たとえば、Adobe(登録商標)技術を使用して、デザインされ、および作成される。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、Adobeの治療的に関連した複数の経路(TRMP)およびTRMPストリーミングプロトコルを使用して、コンテンツソースまたはコンテンツ所有者、たとえば、スタジオ、コンテンツ所有者、ブロードキャスター、コンテンツシンジケート、その他が、図2〜3に例示的に図示されるアプリケーションサーバ205、たとえば、ウェブブラウザにおけるHTMLプレーヤーまたはAdobe(登録商標)AIR(登録商標)に基づいたデスクトップアプリケーションに対するHTMLメディアサーバからコンテンツデータストリーム207を確実に送達することを可能にする。HTMLメディアサーバおよびHTMLプレーヤーは、リアルタイムメッセージングプロトコル(RTMP)を使用して、コンテンツデータストリーム207の伝送および/または受信のために通信する。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、HTMLプレーヤークライアント間にRTMPハンドシェイクを実施し、および接続要求予想されるソースから受信されることを保証するために、小さいウェブフォーマット(SWF)検証を行う。

0070

対話型コンテンツ分配プラットフォームの「〜に関して」セクション412は、対話型コンテンツ分配プラットフォームによってサポートされる異なる特徴についての情報を提供する。「〜に関して」セクション412は、たとえば、管理セクション413、メディアセンター414、サポート知識ベース415、連絡セクション416、パートナーセクション417、ブログセクション418、「サービスのタイプ」セクション419、プライバシーポリシーセクション420、その他を含む。管理セクション413は、対話型コンテンツ分配プラットフォームのウェブサイト401の管理と関連づけられる情報を提供する。メディアセンター414は、ジャーナリストブロガー、加入者、その他などのユーザが、対話型コンテンツ分配プラットフォームと関連づけられる最新メディア関連情報を受信する、および/または提供することを可能にする通信プラットフォームとして提供される。サポート知識ベース415は、たとえば、対話型コンテンツ分配プラットフォームのウェブサイト401と関連づけられる対話型コンテンツ分配プラットフォーム、その他の複数のユーザまたはサポートチームによって寄与される情報、指針および質疑応答を含むリポジトリである。連絡セクション416は、対話型コンテンツ分配プラットフォームを管理する企業の連絡先詳細についての情報を提供して、ユーザが対話型コンテンツ分配プラットフォームのウェブサイト401と関連づけられる任意の技術的な/非技術的な問い合わせで企業の異なる管理部と連絡することを可能にする。パートナーセクション417は、対話型コンテンツ分配プラットフォームを管理する企業のビジネスパートナーについての情報を提供する。ブログセクション418は、対話型コンテンツ分配プラットフォームのウェブサイト401上の登録された、および登録されていないユーザによって提供される複数のブログ、記事ポスト、その他を提供する。「サービスのタイプ」セクション419は、ユーザが対話型コンテンツ分配プラットフォームに登録することを選択することができる加入スキームの異なるタイプについての情報を提供する。プライバシーポリシーセクション420は、対話型コンテンツ分配プラットフォームのウェブサイト401を使用するための契約条件および対話型コンテンツ分配プラットフォームが、たとえば、ユーザ情報、コンテンツデータストリーム207、コンテンツデータストリーム207と関連づけられる情報、コンテンツソースと関連づけられる情報、その他をどのように管理する、共有する、および/または記憶するかについての情報を含むプライバシー契約または法律書類についての情報を提供する。

0071

図5は、図4に例示的に図示されるウェブサイト401として実行される対話型コンテンツ分配プラットフォームへのログイン機構のフローチャートを例示的に図示する。コンピュータデバイス209、たとえば、スマートフォンを使用するユーザ211は、対話型コンテンツ分配プラットフォームのグラフィカルユーザインタフェース(GUI)上のホームページ402にアクセスして、対話型コンテンツ分配プラットフォームにログインする。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、ユーザ211を促して、ユーザ211が新たなユーザまたは登録されたユーザかどうか501特定する。ユーザ211が対話型コンテンツ分配プラットフォームに登録されていない場合、ユーザ211は、対話型コンテンツ分配プラットフォームのGUI経由で、たとえば、電子メール(Eメール)リンクコード503を提供することによって、対話型コンテンツ分配プラットフォームによって提供された署名登録スクリーン502経由で対話型コンテンツ分配プラットフォームに署名登録してもよい。次いで、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、ユーザ211がユーザアカウント、たとえば、登録情報504a、個人性情報504b、パッケージの選択504c、課金情報504d、登録のための確認504e、その他と関連する情報を提供することを促される署名登録プロセス504を介してユーザ211を案内する。ユーザ211が登録されたユーザである場合、ユーザ211は、GUI経由でログインスクリーン407における彼/彼女のログイン証明書を入力することができる。次いで、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、初期画面408にユーザ211を導く。ユーザ211は、対話型コンテンツ分配プラットフォームへの成功したログイン後の開始セクション505を介して、図2〜3に例示的に図示されるコンテンツ送達ネットワーク208経由で対話型コンテンツ分配プラットフォームによって提供される任意のコンテンツデータソースにアクセスすることができる。

0072

図6は、図2〜3に例示的に図示されるコンテンツデータストリーム207を提示する、および見るためのプレーヤー607内でのビデオキャンバスの操作のためのプロセスの流れ図を例示的に図示する。一つの態様において、コンテンツデータストリーム207の安全および品質解析は、市販のソフトウェアプログラムを使用して、自動的にならびに積極的に行うことができる。たとえば、接続およびアクティビティは、市販のファイアウォールおよび侵入検出コンピュータプログラム経由で積極的におよび自動的に監視される。その上、クライアントサンプリングを、異常な使用パターンを監視し、および識別するよう使用することができる。コンテンツデータストリーム207のコード化および伝送は、コンテンツ効率低下事象において自動的に再開し、および構成される。クライアント位置にてプレーヤー607の全てのインスタンス、コンテンツデータストリーム207の伝送、コンテンツ送達ネットワーク(CDN)208の操作および図2〜3に例示的に図示される1つまたは複数のコンピュータデバイス209間のデータインタラクションおよび対話型コンテンツ分配プラットフォームは、モニタリングおよび検査ポイントを提供して、コンテンツ統合性を維持する並びにコンテンツデータストリーム207の送達の裁判分析を提供する。

0073

認証されたプレーヤー607のストリームマネージャ305は、コンテンツ送達ネットワーク(CDN)208または放送ノードからコンテンツデータストリーム207を要求する。次いで、要求されたコンテンツデータストリーム207は、CDN 208または放送ノードからストリームマネージャ305に渡され、今度はそれは、ビデオスイッチ601にシグナルを渡す。次いで、ビデオスイッチ601は、プレーヤー607におけるビデオキャンバスにコンテンツにデータストリーム207を渡し、およびしたがって、図2に例示的に図示される関連づけられるディスプレイスクリーン209a上で見ることができる、または聞くことができる。メトリクスマネージャ608は、ビデオキャンバスからメトリクスを受信し、および放送ノードまたはCDN 208にメトリクスに対応するメトリクスまたはデータを提供する。次いで、放送ノードまたはCDN 208は、コンテンツデータストリーム207を調整する、または変化させ、およびストリームマネージャ305にコンテンツにデータストリーム207を渡す。プレーヤー607、たとえば、ビデオプレーヤーは、複数のビデオ、音声、および対話型機能、セキュリティおよびモニタリングを提供するための単一のプレーヤーである。単一のプレーヤー607が用いられるときに、同じコードベースは、ビデオ、音声、および対話型機能、セキュリティおよびモニタリングのそれぞれに使用され得る。プレーヤー607は、ビデオキャンバスを含み、および統合試験分離およびコンテンツデータストリーム統合性を提供する。プレーヤー607は、対話型コンテンツ分配プラットフォームに登録されたユーザアカウントにログインまたは認証されたアクセスの際、HTML Installerなどのインストーラ経由で、またはiPhone(登録商標)のためのAppStore経由で、ユーザのコンピュータデバイス209上で自動的にインストールされる。したがって、プレーヤー607は、市販の構成に従って暗号化されたコンテンツデータストリーム207をデコードする。下記のように、Adobe(登録商標)スイートにおいて、解読キーは、Adobe Systems IncorporatedのActionScript(登録商標)仮想マシン(AVM)の構成要素であり、および任意の現在公知の小さいウェブフォーマット(SWF)逆コンパイルプロセスにおいて明らかにされないように選択する。

0074

図6に例示的に図示されるように、プレーヤー607は、ビデオウィンドウ602;ビデオスクリム603、ビデオウィンドウ制御604、ビデオ広告オーバレイ605、ビデオメトリクスオーバレイ606およびブラウザ経由でアクセス可能なビデオプレーヤー607を含む。ビデオウィンドウ602は、ビデオウィンドウクラスを使用して離れたコンピュータデバイス209またはクライアントのグラフィカルユーザインタフェース(GUI)に統合される:
Id=”mywindow”
Width=”800”
Height=”450”
VideoAlign=”center”
playerType=”vod”
showMetrics=”true”
showControls=”false”
windowControls=”VideoWindowsControls_Instance”
streamToken=”gemTestStream1”
clientToken=”gemTestClient”/>

0075

上のタグは、メトリクスマネージャ608、広告マネージャ609、ストリームマネージャ305およびビデオスイッチ601におけるビデオウィンドウ602のインスタンスを作成する。インスタンスのこのセットは、たとえば、コンテンツまたはピクチャーインピクチャー(PIP)ビデオ経由で、任意の与えられた時にてクライアントコンピュータデバイス209における任意の数のコンテンツデータストリーム207であり得る固有ストリームパスを構成する。ビデオウィンドウクラスの特性は以下である:(a)幅と高さがビデオ縦横比に対応しない、またはその正常なサイズより小さく縮小される、次いで、ビデオが左側、中心または右側に整列させることができるかどうかを特定する「VideoAlign」;(b)主なウィンドウにおいてデフォルトライブおよびビデオオンデマンド(VOD)ストリームを用いる「playerType」。playerType「preview」は、スケジュールグリッドにおけるカーソルを移動させるなどのストリーミングコンテンツデータストリーム207のプレビューを見るためにプレーヤー607を最適化する。playerType「chat」は、ビデオチャットのためにプレーヤー607を構成する。任意のPIPストリームおよび出力チャットストリームを見るために、playerType「preview」ビデオは使用される;(c)プレーヤー診断オーバレイを見えるようにする「showMetrics」;(d)インラインプレーヤー制御を示す、または隠す「showControls」;(e)カスタマイズされたインラインビデオ制御を提供するために、ビデオウィンドウ制御604を拡張するビデオウィンドウクラスのインスタンスを渡す「windowControls」;(f)プレーするコンテンツデータストリーム207を参照する「streamToken」、その際、コンテンツデータストリーム名は、クライアントコンピュータデバイス209の許可およびコンテンツデータストリーム要求の後まで、クライアントプレーヤー607に渡されない;(g)スタートアップにおいてクライアントコンピュータデバイス209に渡された固有のセッション参照であり、それがストリームマネージャ305における許可のために使用される「clientToken」;(h)コンテンツデータストリーム207が、コンテンツデータストリーム207が利用可能になるとすぐに自動的にプレーするかどうかを特定する「autoPlay」。

0076

さらなるビデオウィンドウクラスは、GUIにおいてどこでもビデオリモートコントロール610を埋め込むことを可能にする。方法、たとえば、プレー、休止、再開、シーク、その他は、呼び出されることができ、それは特定のインスタンスのためのコンテンツデータストリーム207の輸送を制御し、およびイベント、たとえば、ネットストリームイベント、メトリクスイベント、広告イベント、その他が、ストリームパスから発射される:
streamPath=”{mywindow.streamPath}/>”

0077

「VideoPlayerRemote」ビデオウィンドウクラスの特性は、固有のストリームパス、たとえば、特定のライブコンテンツデータストリーム207、VODコンテンツのストリーミングの間のチャットセッション、その他のための固有の識別子が、ビデオリモート610によって制御されることを特定「streamPath」を含む。いくつかの動的エレメントは、大きなアイコンまたはスクリム603として、ビデオ停止状態の間、全てのビデオウィンドウ602をカバーするビデオスクリムオーバレイを含む、ビデオなどのコンテンツデータストリーム207と関連づけられるメタデータによって同時に制御される;ビデオスクリム603の下で、もしあれば、停止状態の間、全てのその他のビデオウィンドウ構成要素をおおってまたは上に表示される画像を提供する静止画像;およびネットストリーム広告イベントの間にトリガーされるビデオ広告オーバレイ605。広告マネージャ609は、広告の同時のストリーミングおよび表示を管理する。

0078

プレーヤー607は、クライアントコンピュータデバイス209にて同時にコンテンツデータストリーム207の容積をさらにモニターし、および伝送速度および処理容量を含む利用可能資源を割り当てる。すなわち、プレーヤー607およびそれ故、ビデオキャンバスのそれぞれのインスタンスは、相互依存し、およびそれぞれのプレーヤーインスタンスの利用要求は、ビデオキャンバスの残りのインスタンスの機能である。また、プレーヤー607は、クライアントコンピュータデバイス209を許可して、それぞれ対応するビデオキャンバス内で同時に複数のコンテンツデータストリーム207のPIP視聴を開始する。一つの態様において、PIPと関連づけられるオーディオは、クライアントコンピュータデバイス209を使用するユーザが主なビデオキャンバスとしてPIPを選択するまで消される。一つの態様において、特定のビデオキャンバスと関連づけられるオーディオは、ディスプレイスクリーン209a上のカーソルの位置に応じて自動的に可能にする、および無効にすることができる。対話型コンテンツ分配プラットフォームが、カーソルまたはもう一つの入力デバイスの位置およびビデオキャンバスの1つまたは複数の位置を監視するときに、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、ユーザによる任意のクリックを必要とせずに、関連づけられるオーディオデータ可聴にさせるカーソルの位置を用いる。したがって、カーソルを動かして与えられたビデオキャンバスを覆わせることによって、プレーヤー607は、十分な音量を自動的に開始することができ、その一方で、あけられたビデオキャンバスのオーディオを終結する。

0079

したがって、ビデオキャンバスは、前の市販のGUIのウィンドウと異なる。本明細書において開示されるビデオキャンバスは、単一のプレーヤー607の制御下であり、その際、1つのビデオキャンバスのコンテンツデータストリーム207が、第2のビデオキャンバスにて提示されているコンテンツデータストリーム207に依存する。したがって、1つのビデオキャンバスにおけるコンテンツデータストリーム207の表示は、同じディスプレイスクリーン209a上の第2のビデオキャンバスにおける第2のコンテンツデータストリーム207の表示に同時に適応可能である。さらにまた、ビデオキャンバスは、同時に異なるコード化フォーマットを含む異なるコンテンツフォーマットのコンテンツデータストリーム207を提示することができる。

0080

プレーヤー607は、ウェブブラウザなどの共通の市販のコンピュータプログラムを使用して同時に視聴アニメーションおよび映画のためのマルチメディアオーサリングプログラムにおいて構築される。利用可能なウェブブラウザは、たとえば、Microsoft CorporationのWindows(登録商標)Internet Explorer(登録商標)、Mozilla Foundation のMozilla(登録商標)Firefox(登録商標)、Apple Inc.のApple Safari(登録商標)、Google(登録商標)ChromeおよびOpera Software ASA CorporationのOperaを含む。したがって、プレーヤー607は、ブラウザウインドウとして、クライアントコンピュータデバイス209上のブラウザ内で実行する。

0081

マルチメディアオーサリングプログラムの例は、Adobe(登録商標)Flash(登録商標)プレーヤーまたはFlash(登録商標)プレーヤーである。Flash(登録商標)プレーヤーは、Macromediaによって作成され、およびAdobe Systems Incorporatedによって現在開発され、および分配される広く分配された所有権を主張できるマルチメディアおよびアプリケーションプレーヤーである。Flash(登録商標)プレーヤーは、小さいウェブフォーマット(SWF)またはショックウェーブまたはAdobe(登録商標)Flash(登録商標)オーサリングツールによって、またはAdobe(登録商標)Flex(登録商標)によって、または多数のその他のMacromediaおよび第三者ツールによって作成されることができる標準交換フォーマット(SEF)ファイルを実行する。Adobe(登録商標)Flash(登録商標)は、マルチメディアオーサリングプログラムおよびAdobe(登録商標)Flash(登録商標)プレーヤーの両方をしばしば参照し、それは、ベクターおよびラスタ図形処理、ActionScript(登録商標)と呼ばれるネイティブスクリプト言語およびビデオとオーディオの両方向ストリーミングを使用する。Adobe(登録商標)Flash(登録商標)は、オーサリング環境であり、およびAdobe(登録商標)Flash(登録商標)プレーヤーは、Adobe(登録商標)Flash(登録商標)ファイルを実行するために使用される仮想マシンである。工業文献において、用語「Flash」が、オーサリング環境、プレーヤー607またはアプリケーションファイルを意味することができるものと理解される。Adobe(登録商標)Flash(登録商標)を参照する全てが、Flash(登録商標)およびまた、HTMLプログラミングへの任意の将来の修正変更/添加を含むことが、さらに理解される。Adobe(登録商標)Flash(登録商標)プレーヤーは、選択されたプラットフォーム上の多数のウェブブラウザ、たとえば、Mozilla(登録商標)Firefox(登録商標)、Opera、Safari(登録商標)およびInternet Explorer(登録商標)の最近のバージョンのためのプラグインとして利用できる。その上、Adobe(登録商標)Flash(登録商標)は、複数のモバイルオペレーティングシステムと互換性がある。Adobe(登録商標)は、コンテンツデータストリーム207がコンピュータデバイス209、たとえば、テレビ(TVs)、タブレット、スマートフォンおよび任意のその他のデジタルデバイスに伝送されることを可能にする開発され、アップデートされた複数のソフトウェアを有する。それ故、Adobe(登録商標)Flash(登録商標)は、対話型コンテンツ分配プラットフォームが実行する多くのAdobe(登録商標)ソフトウェアの1つだけを表示する。マルチメディアオーサリングプログラムのもう一つの例は、モバイル対話型特徴、アニメーションおよびその他のアニメーションとして製作された対話型コンテンツを作成するためのHTML5である。

0082

例証の目的のために、詳細な説明は、マルチメディアオーサリングプログラムとしてのAdobe(登録商標)Flash(登録商標)を参照する;しかし、本明細書において開示されるコンピュータ実行方法およびシステム200の範囲は、図2〜3および図10に例示的に図示され、Adobe(登録商標)Flash(登録商標)の使用に限定されないが、拡張されてハイパーテキストマークアップ言語(HTML)、HTML5およびAdobe Systems Incorporatedのその他のAdobe(登録商標)ソフトウェア、たとえば、Adobe(登録商標)Flex(登録商標)、Adobe(登録商標)AIR(登録商標)、Adobe(登録商標)Cold Fusion、Adobe(登録商標)Photoshop(登録商標)Touch、Adobe(登録商標)Collage、Adobe(登録商標)Debut、Adobe(登録商標)Ideas、Adobe(登録商標)Kuler(登録商標)、Adobe(登録商標)Proto、Adobe(登録商標)Edge、その他を含んでもよい。したがって、Adobe(登録商標)Flash(登録商標)は、たとえば、コンテンツの30までのライブストリームが、TVs、タブレット、スマートフォン、その他などのデジタルデバイス上へ流すことを可能にする新たな技術にAdobe Systems Incorporatedによって更新されてきた。

0083

一つの態様において、コンテンツ送達ネットワーク208(CDN)の端部ノードからクライアントコンピュータデバイス209へ、コンテンツデータストリーム207は、アプリケーションサーバ205、たとえば、HTMLメディアサーバを使用してソフトウェアクライアントに直接同時にを送達される。プレーヤー607のためのもう一つのマルチメディアオーサリングプログラムは、Apple Inc.によって開発された。QuickTime(登録商標)は、デジタルビデオ、メディアクリップ、音、テキスト、アニメーション、音楽および対話型パノラマ画像の種々のフォーマットを扱うことができる。QuickTime(登録商標)ストリーミングサーバは、QuickTimeフォーマットにおけるストリーミングコンテンツデータストリーム207にとって申し分のないものであると見いだしてきた。プレーヤー607は、認証されたクライアントコンピュータデバイス209、たとえば、コンピュータ、タブレット、スマートフォン、TV、その他に接続するディスプレイスクリーン209aに同時に複数のコンテンツデータストリーム207を送達するように構成される。

0084

ユーザ入力が対話型コンテンツ分配プラットフォームの図4に例示的に図示されるウェブサイト401を介して通過するにつれ、全てのユーザインタラクションは、たとえば、キーストロークまたはキーロギング並びにスクリーンロギングによって監視される、および記録されることができる。したがって、ウェブサイト401およびそれ故、関連づけられるコンテンツデータストリーム207に関するユーザのそれぞれの動作は、同時に測定されることができる。対話型コンテンツ分配プラットフォームによって測定されるユーザ動作は、たとえば、コンテンツデータストリーム207を見ることの開始および放棄あるいは終了を含む;コンテンツデータストリーム207、その他を見ることを休止し、および再開すること。このモニタリングを、動的または積極的なフィルタリングを提供するために使用することができる。特定のサイトが、個々のユーザによって制限されるように、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、関連づけられるウェブサイトのこのような制限をモニターし、および異なるクラスまたは制限されたグループにウェブサイトを自動的に追加することができる。ジオロケーションが、対話型コンテンツ分配プラットフォームがそれぞれのクライアントコンピュータデバイス209の位置を知ることを可能にするときに、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、その他のユーザの機能並びに地理的な位置につれて同時にウェブサイトの分類を合わせる。たとえば、New YorkCityにおいて制限されないことは、Saudi Arabiaにおいて制限さるかもしれない。動的フィルタリングは、与えられたユーザの異なるサブアカウントに一義的に適用することができる。一つの態様において、アカウントは、複数のサブアカウントを有してもよく、サブアカウントのそれぞれは、特定のユーザまたは年齢範囲と関連づけられる。次いで、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、選択された年齢およびそれ故、サブアカウントのための一定のウェブサイトを制限することができ、それによって、異なるサブアカウントが異なるコンテンツデータストリーム207またはウェブサイトを見ることを可能にする。

0085

図7は、例示的に図2〜3に図示されるコンテンツデータストリーム207の少なくとも品質を制御するための伝送およびユーザメトリクスを監視するための流れ図を例示的に図示する。図7を参照して、サービス品質または利用可能な伝送速度は、図2〜3において例示的に図示されるそれぞれのクライアントコンピュータデバイス209からのリアルタイムメトリクスによって積極的に監視される。コンテンツデータストリーム207は、ルート変更され、およびさらなるストリーミングサーバは、ネットワーク状態に従って需要に応じて同時に配備される。コンテンツデータストリーム207は、最も近いアクセス並びに図2〜3および図6に例示的に図示されるコンテンツ送達ネットワーク(CDN)208にわたって位相的にルート変更されて、ネットワーク輻輳を回避することができる。すなわち、CDN 208および/または放送ノード701は、連続的に負荷分散される。

0086

一つの態様において、ユーザ作成コンテンツは、対話型コンテンツ分配プラットフォームを介して同時に共有されることができる。このようなコンテンツについては、ユーザは、ユーザ作成コンテンツをアップロードし、それは、図3に例示的に図示されるエンコーダ304を介して渡され、およびしたがって、その他のコンテンツデータストリーム207として標識され、および広められる。しかし、一つの態様において、少なくともいくつかのユーザ作成コンテンツデータは、図6に例示的に図示されるプレーヤー607の認証されたインスタンスによってコード化されてもよく、および次いで、コンテンツデータストリーム207は、プレーヤー607の発信側インスタンスからCDN 208に、および次いで、対話型コンテンツ分配プラットフォーム記憶機構またはアーカイブのためのデータベースに渡る。プレーヤー607の一定のインスタンスにおいて、コード化されるコンテンツデータストリーム207は、組込みのコーデック、たとえば、Sorenson Media Inc.のSorenson(登録商標)コーデックを介して渡される。しかし、負荷分散型に依存して、過剰需要がプレーヤー607のインスタンス上に置かれる場合、コンテンツデータストリーム207は、図2〜3に例示的に図示されるヘッドエンド206にて放送ノード701またはエンコーダ304に渡されることができるものと理解される。すなわち、対話型コンテンツ分配プラットフォームが、負荷、伝送速度およびユーザアクティビティを積極的に監視するときに、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、変わる需要に応じる。放送ノード701は、ストリームマネージャ305にコンテンツデータストリーム207を伝送する。ストリームマネージャ305は、ユーザのコンピュータデバイス209上のビデオキャンバス702にコンテンツデータストリーム207を伝送するビデオスイッチ601にコンテンツデータストリーム207を伝送する。メトリクスマネージャ608は、ビデオキャンバス702からコンテンツデータストリーム207のメトリクス情報を受信し、およびビデオスイッチ601および放送ノード701にメトリクス情報を伝送する。メトリクスマネージャ608は、ビデオウィンドウ602上のメトリックオーバレイ606と関連づけられる。

0087

選択された構成において、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、エンコーダ304を介して同時にコンテンツデータストリーム207を渡す。したがって、ユーザのクライアントコンピュータデバイス209からピクチャーインピクチャー(PIP)フィードに対する需要に依存して、コンテンツデータストリーム207は、エンコーダ304を介して渡され、および次いで、端末終端に渡される。したがって、ユーザ生成PIPは、個人的な、または公開の視聴いずれかにおいて同時に視聴仲間に提供されることができる。さらに、エンコーダ304を介しての通過は、PIPであるコンテンツデータストリーム207の別々の暗号化を可能にする。ソーシャルネットワーキング、マイクロブログサービスおよびショートメッセージサービス(SMS)に関して、これらの入力は、ネイティブコンテンツフォーマットに残るが、デジタルコンテナまたはラッパーに包まれ、およびしたがって、関連づけられるビデオキャンバス702と同様に追跡されることができる。すなわち、コンテンツデータストリーム207のいくつかは、プレーヤー607にデジタル的に包まれる。すなわち、Adobe(登録商標)Flash(登録商標)を用いるこれらの構成において、Twitter(登録商標)またはFacebook(登録商標)のテキストなどの選択されたコンテンツデータストリーム207は、発信側コンテンツフォーマットにおいて維持され、およびFlash(登録商標)は、同時に行われる工程のそれぞれを伴って、包まれたコンテンツデータストリーム207の記憶および輸送のための特殊ファイルフォーマットメタデータを提供するために使用される。したがって、Adobe(登録商標)Flash(登録商標)およびハイパーテキストマークアップ言語(HTML)は、ファイルおよび利用可能なメタデータ内で、包まれたコンテンツデータストリーム207が記憶されるが、コード化されない方法を特定するファイルフォーマットまたはストリームフォーマットを提供するために使用される。これらの構成において、Adobe(登録商標)Flash(登録商標)は、実際のコンテンツデータストリーム207およびコンテンツデータストリーム207がどのようにファイル内で記憶されるかという情報を記憶することによってコンテンツデータストリーム207を包む。したがって、プレーヤー607のインスタンスは、包まれたコンテンツデータストリーム207、たとえば、コンテンツデータストリーム207をコード化したFlash(登録商標)として扱われることができる。

0088

ストリーミングまたは単に文書としてであろうとなかろうと、エンコーダ304を介して、コンテンツデータストリーム207を処置すること、およびしたがって、共通のコンテンツ独立フォーマットを作成することによって、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、第三者または自己生成した、またはビデオ、オーディオまたはテキスト、予め定められたフィニティーグループと共有されるために、基準を満たす第三者、全ての第三者または制限された招待であろうとなかろうと、ユーザがコンテンツデータストリーム207を選択することを可能にする。クライアントコンピュータデバイス209を使用して自己生産またはユーザ作成コンテンツデータストリーム207に関して、このようなコンテンツデータストリーム207は、エンコーダ304を介して渡され、およびしたがって、入力の第三者市販のコンテンツデータストリーム207、それによって、同時に行われる関連づけられるメタデータ、伝送制御、暗号化および認証を有するとして扱われる。さらに、ユーザ作成コンテンツデータストリーム207が、対話型コンテンツ分配プラットフォームによって監視されるのと同様に、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、視聴を追跡し、および両方の当事者のために後援、広告または製品交換機会を可能にする既存の市販の実体と新たなユーザ作成コンテンツデータストリーム207を相対的に関連させる。

0089

図8は、コンテンツデータストリーム名を難読化するための流れ図を例示的に図示する。対話型コンテンツ分配プラットフォームは、コンテンツ送達ネットワーク(CDN)208上のコンテンツデータストリーム名の難読化、図2〜3に例示的に図示されるコンテンツデータストリーム207上のメトリクスを記憶および引き出すための能力を、さらに可能にする。図8参照して、CDN 208上のコンテンツデータストリーム名の難読化は、Rubyプログラミング言語、たとえば、後端におけるRuby on Rails(登録商標)システム309のためのオープンソースウェブアプリケーションフレームワークおよびAdobe(登録商標)Flex(登録商標)、Adobe(登録商標)AIR(登録商標)、Adobe(登録商標)Cold Fusionおよびハイパーテキストマークアップ言語(HTML)などのAdobe(登録商標)プラットフォームに基づいたクロスプラットフォームリッチインターネットアプリケーションの配備のためのソフトウェア開発フレームワークを含むトークン許可モデルによって達成される。具体的には、コンテンツデータストリーム207がエンコーダ304から生じるときに、コンテンツデータストリーム207は、アプリケーションサーバ205に放送され、今度はそれは、CDN 208にコンテンツデータストリーム207を公開する。コンテンツデータストリーム207がCDN 208に公開されるときに、アプリケーションサーバ205は、Ruby on Rails(登録商標)システム309にコンテンツデータストリーム207の名前および位置を通信する。Ruby on Rails(登録商標)システム309は、それぞれのコンテンツデータストリーム名を記憶し、およびパブリックコンテンツデータストリーム名として使用される普遍的一意識別子(UUID)などのランダム文字列を生成する。また、Ruby on Rails(登録商標)システム309は、たとえば、それぞれのコンテンツデータストリーム位置および現時刻を使用して、コンテンツデータストリーム207をチャンネルと関連付けることによって、コンテンツデータストリーム207をプログラムガイドデータと関連付ける。可変性ビットコンテンツデータストリーム構成要素の記述にて説明したように、それぞれのプログラムアイテム、すなわち、複数の帯域幅および記録されたデジタルビデオレコーダー(DVR)ストリームと関連づけられる複数のコンテンツデータストリーム207が、あり得る。一旦、Ruby on Rails(登録商標)システム309がそれぞれのコンテンツデータストリーム207のための新しい名前を返すと、次いで、アプリケーションサーバ205は、CDN 208にそれぞれのコンテンツデータストリーム207を公開する。

0090

クライアントコンピュータデバイス209の許可および図6に例示的に図示されるプレーヤー607のインスタンスは、プレーヤー607にプログラムガイドキーまたはトークンを渡すことによって提供される。次いで、プレーヤー607は、Ruby on Rails(登録商標)システム309にユーザのクライアントコンピュータデバイス209に固有のクライアントトークンと共にトークンを渡す。固有のクライアントトークンは、ユーザ管理システムからクライアントコンピュータデバイス209に送達される文字列でもよい。この通過終了の際、Ruby on Rails(登録商標)システム309は、プレーヤー607に要求したプログラムと関連づけられるコンテンツデータストリーム207のリストを伝送する。一つの態様において、トークン、たとえば、ストリームトークン、クライアントトークン、その他は、一度使用される番号でありえ(ノンス)、ノンスは、認証プロトコルにおいて発行されるランダムな、または擬似乱数でありえ、古い通信がリプレーアタックに再利用されることができないことを保証する。たとえば、ノンスは、認証チャレンジ応答コード発表されるそれぞれの時に異なり、およびプレーヤー607の認証されたインスタンスからのそれぞれのクライアント要求は、固有の配列番号を有し、それによって、リプレーアタックおよび辞書攻撃を並外れて困難にする。したがって、コンテンツデータストリーム要求は、コンテンツデータストリーム207の伝送の開始の前に別々に送られ、および監査される1回限りのトークンを使用して確認されなければならない。クライアントコンピュータデバイス209は、送られ、および別々に監査される1回限りのトークンが提供されない限り、コンテンツデータストリーム207に接続することを妨げられる。コンテンツデータストリームインベントリは、Ruby on Rails(登録商標)システム309において記憶される参照によって提供される。技術スタック、たとえば、エンコーダ304、起点、ビデオチャット、その他において生成されるコンテンツデータストリーム207は、コンテンツデータストリーム207が一般公開されていない場合であっても、参照を有する。

0091

コンテンツデータストリーム207と関連づけられるメトリクスは、対話型コンテンツ分配プラットフォームの1つまたは複数のデータベースにおいて予め定められた期間、たとえば、約12時間〜約24時間の間、拡張可能なマークアップ言語(XML)フォーマットに記憶される。それぞれのコンテンツデータストリーム207については、非特定の個々の識別メトリクスのセットは、予め定められた時間記憶されている。すなわち、記憶されたメトリクスは、特定のユーザを識別しないが、むしろ、年齢、性別、収益、その他による要素別の統計学特徴づけ人間集団または人間集団のセグメントなどのユーザの人口統計学の代表である。それぞれのメトリクスデータは、メトリクスがAdobe(登録商標)Flex(登録商標)クライアントを使用して再構築されることができるように、タイムスタンプである。Adobe(登録商標)Flex(登録商標)クライアントとRuby on Rails(登録商標)システム309との間の通信は、動作メッセージフォーマット(AMF)において提供される。たとえば、コンテンツデータストリーム位置の検索のためのスタブとして使用されるデータは、ユーザからの特定のプログラムデータアイテムの要求によって提供される。


vod
192.168.1.1


Never Gonna Give You Up
vod
anlHk77#ks^kssaap
astley_never_gonna_1200k
1200
96

com.gigaentertainmentmedia.events.ClosedCaptioningEvent



com.gigaentertainmentmedia.events.AdEvent




Never Gonna Give You Up
vod
dioNmsomKk6KkM00akw
astley_never_gonna_800k
800
96

com.gigaentertainmentmedia.events.ClosedCaptioningEvent



com.gigaentertainmentmedia.events.AdEvent




Never Gonna Give You Up
vod
oosmaii833kMMlw92&m
astley_never_gonna_400k
400
48

com.gigaentertainmentmedia.events.ClosedCaptioningEvent



com.gigaentertainmentmedia.events.AdEvent



0092

メトリクスデータが受信されるとき、メトリクスデータは、不均一なコンテンツデータストリームタイプ、たとえば、ビデオオンデマンド(VOD)、加入ビデオオンデマンド(SVOD)、ビデオ、チャット、データ、その他のための任意の構造を有する。図解の例は:

ggYx5rrd

ave_buffer_pct
67


num_insufficient_bw
0


である。

0093

単一のインターネットプロトコル(IP)ネットワーク通信は、クライアント位置にてプレーヤー607インスタンスあたりサポートされる。ジオロケーション情報を使用して、クライアントコンピュータデバイス209は、インターネットアクセスポイントの機能として選択されたコンテンツデータストリーム207を受信することを選択的に防ぐことができる。プレーヤー607は、新たに更新されるように構成され、セキュリティ更新は、クライアントコンピュータデバイス209の許可を必要としない。更新は、プレーヤー607における無効フラグをセットすることによって開始される。無効フラグは、プレーヤー607を図4に例示的に図示される対話型コンテンツ分配プラットフォームのウェブサイト401から適切なバージョンをロードすることによって自動的に更新させる。しかし、プレーヤー607は、プレーヤー607を機能しないようにすることによって無効にされ得る。一つの態様において、プレーヤー607は、一回使用トークンで安全な位置からロードする。初期化の際、トークンは、セキュリティサーバに戻されて、プレーヤー607にウェブサイト401またはコンテンツ送達ネットワーク208に接続することを許可する。ウェブサイト401、ネットワーク208またはアプリケーションサーバ205への接続の際、プレーヤー607は、それぞれのコンテンツデータストリーム207を受信する前にセキュリティサーバから受信した一回使用トークンと共にそれぞれのコンテンツデータストリーム207のためのトークンを渡さなければならない。それぞれの単一使用トークンの受信は、アカウント管理者によってセットされることができるように、ユーザ証明書およびユーザコンテンツ許可のバリデーションにおいて断定される。

0094

可変性のビットストリーム技術は、コンテンツデータストリーム207が複数の予め定められた伝送速度の1つのにおいてコード化されることを可能にする。たとえば、エンコーダ304は、400キロビット/秒(kbps)、800kbps、1.0メガビット/秒(Mbps)および1.2Mbpsの任意の1つにてコンテンツデータストリーム207を提供する。コンテンツ送達ネットワーク(CDN)208とクライアントコンピュータデバイス209の間にアクティブリンクがあるように、利用可能な伝送速度は、クライアントコンピュータデバイス209において実行されるプレーヤー607によって、連続的にまたは少なくとも認められる連続的にモニターされる。したがって、エンコーダ304が800kbpsにてコンテンツデータストリーム207を提供し、および利用可能な伝送速度が700kbpsまで低下する場合、可変性のビットストリームプログラムは、エンコーダ提供された800kbpsのコンテンツデータストリーム207を利用可能な700kbpsの伝送速度に変換することによって、伝送されたコンテンツデータストリーム207を利用可能な伝送速度に合わせる。可変性のビットストリームプログラムは、予め定められたエンコーダ速度の1つのと一致する利用可能な伝送速度の機能として、エンコーダ304から利用可能な予め定められた速度の間にコンテンツデータストリーム207を変換するのを続ける。可変性のビットストリーム技術は、エンコーダ304からより近い予め定められた速度を要求し、およびクライアントコンピュータデバイス209、すなわち、プレーヤー607の認証されたインスタンスに速度を渡す。図7に例示的に図示される放送ノード701に適用されるように、可変性のビットストリームプログラムは、ソフトウェアが、エンコーダ304によって提供されるコンテンツデータストリーム207のための利用可能な伝送速度の間のギャップを埋めることを可能にする。

0095

一つの態様において、アプリケーションサーバ205は、自動的に検出する動的ストリーミングおよび異なるビット速度の中のスイッチを提供し、それによって、離れたクライアントコンピュータデバイス209が休止または中断なしで同時にコンテンツデータストリーム207を見ることを可能にする。さらに、一つの態様において、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、全てのコンテンツデータストリーム207を監視して、誤りを検出し、および切り離す。さらに、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、クライアントコンピュータデバイス209からパラメーターおよびイベントをキャプチャして、フラグストリームを放送する。暗号化は、業界基準リアルタイムメッセージングプロトコル暗号(RTMPE)を含むことができ、リアルタイムメッセージングプロトコル(RTMP)は、ファイアウォールを妨害するハイパーテキスト転送プロトコル(HTTP)要求またはトランスポートレイヤーセキュリティ(TLS)/セキュアソケットレイヤー(SSL)接続上でRTMPであるRTMPS内でカプセル化されることができ、それは、安全なハイパーテキスト転送プロトコルセキュア(HTTPS)接続上で作動する。さらに、アプリケーションサーバ205については、小さいウェブフォーマット(SWF)検証は、RTMPEに加えて用いられる。

0096

さらにまた、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、一回または単一使用トークンの使用を想定し、対話型コンテンツ分配プラットフォームで認証の際、最初の単一使用トークンは、プレーヤー607の認証されたインスタンスに渡される。ユーザがコンテンツデータストリーム207を要求するとき、最初の単一使用トークンは、プレーヤー607からアプリケーションサーバ205に渡され、および第2の単一使用トークンは、コンテンツデータストリーム207でプレーヤー607に渡され、その時に、トークンは、もはや有効でない。プレーヤー607が第2のコンテンツデータストリーム207を要求するとき、第2の単一使用トークンは、アプリケーションサーバ205に渡され、および第3の単一使用トークンは、第2の要求されたコンテンツデータストリーム207でプレーヤー607に渡される。トークンが通過するたびに、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、コンテンツフィルタ、視聴仲間、イベントおよび一時的機能停止、地理的制限、その他を含む複数の因子、たとえば、課金または会計加入レベル、適用できるフィルタに対する要求を認証する。現在では、単一使用トークンおよび認証の交換は、たとえば、およそ3秒またはより少なく必要とする。

0097

単一使用トークンが、関連づけられるコンテンツデータストリーム207に一度だけ有効であるので、トークンが、アプリケーションサーバ205に2回提示されると、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、試みを認識し、およびさまざまな応答、たとえば、機能停止または再送するための招待のいずれかを実行することができる。また、単一使用トークンの使用は、与えられたアカウント内で登録されるその他のデバイスに適用することができる。たとえば、ユーザがiPhone(登録商標)デバイスを対話型コンテンツ分配プラットフォームに登録した場合、プレーヤー607の認証されたインスタンスを、iPhone(登録商標)デバイス上で開始することができる。次いで、要求は、iPhone(登録商標)デバイスおよび関連づけられる単一使用トークンから作成することができ、およびコンテンツデータストリーム207は、iPhone(登録商標)デバイスに伝送される。iPhone(登録商標)のデバイスサービスプロバイダとの認証を含む認証は、それぞれのトークン交換と一緒に、iPhoneで再びチェックシステムパラメーター並びにiPhone(登録商標)サービスプロバイダとのパラメーターを生じることができる。

0098

iPhone(登録商標)デバイスは、グローバルポジショニングシステム(GPS)能力を有し、および対話型コンテンツ分配プラットフォームは、それぞれの接続を積極的に追跡するので、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、下記のように公知であるアカウント所有者のコンピュータデバイス209の地理的な位置と比較して、iPhone(登録商標)デバイスの位置を監視することができる。したがって、対話型コンテンツ分配プラットフォームが、アカウント所有者のコンピュータデバイス209の地理的な位置から予め定められた隔離距離より大きく移動したiPhone(登録商標)デバイスを検出する場合、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、デバイス、典型的には静止デバイスの1つとの通信を終結することができる。

0099

さらに、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、iPhone(登録商標)デバイス上のコンテンツデータストリーム207の視聴を開始する際、図6に例示的に図示されるプレーヤー607の静止インスタンスへの伝送が、予め定められた時間内で終結されるように、構成されることができる。さらにまた、iPhone(登録商標)デバイスが対話型コンテンツ分配プラットフォームに登録されたデバイスであるときに、iPhone(登録商標)デバイスは、ビデオリモートコントロールアプリケーションを実行して、プレーヤー607の認証されたインスタンスのビデオリモートコントロール610として機能することができ、またはiPhone(登録商標)デバイスは、カメラ、たとえば、コンテンツデータストリーム207をプレーヤー607の認証されたインスタンスに提供するビデオカメラとして機能することができる。iPhone(登録商標)デバイスが、プログラミングを実行して、コンピュータマウスまたは二次の別々の認証されたコンピュータデバイス209上の入力デバイスとしてカーソル制御機能を提供するものと理解される。すなわち、コマンド、たとえば、iPhone(登録商標)デバイスによって生成されたカーソル制御またはキーボード入力は、二次デバイスに伝送され、および対話型コンテンツ分配プラットフォームが、図2に例示的に図示したそれぞれのディスプレイスクリーン209a上の表示されたコンテンツデータストリーム207の位置を監視するときに、iPhone(登録商標)デバイスからのコマンドは、プレーヤー607の別々の認証されたインスタンスの離れたディスプレイスクリーン209a上の表示を制御する、または修正変更することができる。コンテンツデータストリーム207は、HTTPストリーミングによってiPhone(登録商標)デバイスに提供されることができる。

0100

ジオロケーションは、与えられたユーザが、たとえば、郵便番号(ZIP)によって特定のネットワークまたは地理的領域に限定されることを可能にする、または代わりに明示されたアクセスは、同じパラメーターに基づいて拒否されることができる。ジオロケーションは、任意の情報、たとえば、ユーザがZIPコードを提供していないクライアントコンピュータデバイス209の物理的な位置を自動的に識別するプロセスである。ジオロケーションは、事実上全てのウェブブラウザに利用でき、および任意のプラグインまたはクッキーを必要としない。ジオロケーションは、特定の位置にインターネットプロトコル(IP)アドレスのマッピングを用いる。ジオロケーションにおいて使用されるさらなるデータは、携帯電話の基地局使用およびWi-Fi(登録商標)アクセスポイントを含む。十分なジオロケーションデータは、たとえば、Quova, Inc.によって提供される。したがって、対話型コンテンツ分配プラットフォームによって公知のIPアドレスは、与えられたIPアドレスのための、およびそれ故、ユーザのための国、地域、都市郵便/ ZIPコード、緯度経度およびタイムゾーンなどの情報を提供するために使用されることができる。したがって、対話型コンテンツ分配プラットフォームは、位置を提供するデータベースを取得する、またはアクセスするのいずれかであり、位置は、たとえば、与えられたユーザの国、地域、都市、郵便/ZIPコード、緯度、経度またはタイムゾーンを含み、および地理的な位置に関連したコンテンツデータストリーム制限の必要な一時的機能停止を実行することができる。この地図データは、対話型コンテンツ分配プラットフォームの1つまたは複数のデータベースにおいて記憶され、または対話型コンテンツ分配プラットフォームによってアクセスされ、および広告、たとえば、図6に例示的に図示されるビデオ広告オーバレイ605およびコンテンツデータストリーム許可とのコンプライアンスで使用される。

0101

広告オーバレイ、たとえば、ビデオ広告オーバレイ605の開始を、幾つものトリガーにセットすることができる。たとえば、ビデオ広告オーバレイ605を、コンテンツデータストリーム207に沿って予め定められた間隔にて開始することができる。あるいは、ビデオ広告オーバレイ605を、図7に例示的に図示されるビデオキャンバス702における任意のコンテンツデータストリーム207のタイミングから独立して、予め定められた時間にて開始することができる。ビデオ広告オーバレイ605を、与えられたコンテンツデータストリーム207と関連づけられるメタデータに応じて開始することができるものと理解される。すなわち、図3に例示的に図示される統合したレシーバ/デコーダ(IRD)303にて受信されたコンテンツデータストリーム207において、コンテンツデータストリーム207は、メタデータ、たとえば、タイトルディレクター役者、コンテンツの概要、記録の長さ、批評的な評価およびデータあるいは記録のソース並びにファイル名および視聴状態、「まで保存」の日付、その他などの現在の状態を含んでもよい。したがって、ビデオ広告オーバレイ605を、メタデータの特定のタイプまたはコンテンツに応じて開始することができる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ

特許:約8,000万件, クラウドファンディング:約100万年, 科研費・グラントデータ:約500万件, 発明者・研究者情報:約600万人