図面 (/)

技術 プリンタ

出願人 アベリー・デニソン・コーポレイション
発明者 ミスチュリク,ジョン・ディ
出願日 2013年3月14日 (6年5ヶ月経過) 出願番号 2015-555143
公開日 2016年2月12日 (3年6ヶ月経過) 公開番号 2016-504250
状態 特許登録済
技術分野 ウェブの巻戻し 連続用紙の取扱い 付属装置、全体制御 ウエブロールの交換
主要キーワード 給用ガイド 対向溝 安全ラベル 屈曲作用 供給ハンド 供給紙 固定ハブ ロックレバ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年2月12日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題・解決手段

食品安全ラベル印刷するためのデュアルポートプリンタ装置を提供する構成が提示されている。デュアルポートプリンタは、多様な幅の供給ロールを収容し、印刷されたラベルが排出される2つのポートタッチパネルスクリーンとを含む。具体的に、タッチパネルスクリーンは、ピボット前方ドアの中央に位置し、印刷されたラベルは、タッチパネルスクリーン下のドアの下部から排出される。また、デュアルポートプリンタ装置は、最小幅最大幅の制限内の任意の幅の供給ロールを収容しやすい取り外し可能な供給フランジと、ラベルを印刷するために供給紙を供給ロールから印刷モジュールに案内し得る調節可能な給紙シュートとを含む。

概要

背景

食品安全ラベルは、日付表示された食品によって食中毒を引き起こす病原菌を減少させるのに重要な役割を果たしている。賞味期限が付与された食品は、冷蔵温度成長し続けるバクテリアであるリステリアモノサイトゲネス(listeria monocytogenes)などの特定種類のバクテリアの成長を制御するのに役立つ。従って、日付表示する目的は、このバクテリアによって汚染された食品の廃棄保証することである。しかし、現在の食品の安全表示手段は、並べて配置されたタッチパネルディスプレイ印刷供給ハンドリング部の双方を含むユニットを開示するが、それによれば、既存のプリンタユニットはかなり大きく、プリンタが最も頻繁に用いられる台所の環境において重要なカウンタースペースを占める広いフットプリント(footprint)を形成する。また、印刷/供給ハンドリング部は、一般的に、大半の既存のプリンタユニットの前方ドア部に収納されて保持されるが、これは前方ドアを重くしてユニット全体を前方に傾きやすくする。さらに、大半の既存のプリンタユニットは、2つの異なる幅のラベル供給ロールのみを収容するように設計されている。従って、多様な幅のラベルまたは他の用紙(stock)を印刷できるプリンタ装置、及び相対的に小さい総フットプリントを有するプリンタ装置が求められ続けている。

概要

食品の安全ラベルを印刷するためのデュアルポートプリンタ装置を提供する構成が提示されている。デュアルポートプリンタは、多様な幅の供給ロールを収容し、印刷されたラベルが排出される2つのポートタッチパネルスクリーンとを含む。具体的に、タッチパネルスクリーンは、ピボット型前方ドアの中央に位置し、印刷されたラベルは、タッチパネルスクリーン下のドアの下部から排出される。また、デュアルポートプリンタ装置は、最小幅最大幅の制限内の任意の幅の供給ロールを収容しやすい取り外し可能な供給フランジと、ラベルを印刷するために供給紙を供給ロールから印刷モジュールに案内し得る調節可能な給紙シュートとを含む。

目的

従って、日付表示する目的は、このバクテリアによって汚染された食品の廃棄を保証することである

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

供給ロールとともに用いるためのデュアルポートプリンタ装置であって、ドアと、印刷された素材が排出される少なくとも1つのポートと、タッチパネルスクリーンと、少なくとも1つの分離可能な供給フランジと、調節可能な給紙シュートと、少なくとも1つの供給ロールと、印刷モジュールとを含み、タッチパネルスクリーン及び少なくとも1つのポートは、ドアに沿って位置し、少なくとも1つの分離可能な供給フランジは、供給ロールが収容できるように調節可能であり、調節可能な給紙シュートは、印刷された素材を生成するために供給紙を供給ロールから印刷モジュールに案内するデュアルポートプリンタ装置。

請求項2

ドアが少なくとも1つの開口及び中央部を有する請求項1に記載のデュアルポートプリンタ装置。

請求項3

タッチスクリーンがドアの中央部に位置し、供給紙がタッチパネルスクリーン下のドア内の少なくとも1つの開口を介して排出される多数の印刷されたラベルを含む請求項2に記載のデュアルポートプリンタ装置。

請求項4

分離可能な供給フランジをさらに含む請求項1に記載のデュアルポートプリンタ装置。

請求項5

調節可能な給紙シュートをさらに含む請求項1に記載のデュアルポートプリンタ装置。

請求項6

ドアがヒンジ型である請求項1に記載のデュアルポートプリンタ装置。

請求項7

装置が、異なる幅の異なる供給ロールを収容する請求項1に記載のデュアルポートプリンタ装置。

請求項8

転写ロールをさらに含む請求項1に記載のデュアルポートプリンタ装置。

請求項9

転写ロールが装置のドア上にある請求項8に記載のデュアルポートプリンタ装置。

請求項10

所望の大きさ及び幅の供給ロールをデュアルポートプリンタ装置に載置する方法であって、デュアルポートプリンタと少なくとも1つの供給ロールとを提供するステップと、デュアルポートプリンタの内部に接近するように、デュアルポートプリンタ上のドアを開放し、内側供給支持用組立体ピボット式で回転させるステップと、外側供給フランジを分離するステップと、縁の揃った側面を形成するために固定された内側供給フランジに安着するように中央ハブ上で少なくとも1つの供給ロールを摺動させるステップと、外側供給フランジを中央ハブ上で摺動させ、少なくとも1つの供給ロールを適所に保持するために外側供給フランジを固定するステップと、内側供給支持用組立体をデュアルポートプリンタの内部に逆にピボットさせるステップと、ロックレバーをロック解除位置に約90°回転させるステップと、給紙シュートの幅を調節するためにガイドトラックに沿って供給支持用組立体及びロックレバーを水平に摺動させるステップと、ロックレバーをロック位置に約90°回転させるステップと、供給紙を供給ロールから給紙シュートに供給するステップと、供給紙を印刷モジュールに案内するステップと、ドアを閉鎖するステップとを含む載置方法。

請求項11

中央ハブが固定されたスピンドル上で回転する請求項10に記載の載置方法。

請求項12

中央ハブが各端部に軸受面を含む請求項10に記載の載置方法。

請求項13

中央ハブの端部に固定されたハブリテーナが備えられる請求項10に記載の載置方法。

請求項14

中央ハブが隠れた面と単一溝とを含む請求項10に記載の載置方法。

請求項15

ロックレバーがロック位置に約90°回転すると、ガイドの歯がロックレバーを適所に保持するようにガイドトラックの歯と嵌合する請求項10に記載の載置方法。

請求項16

印刷モジュールに供給紙を供給するステップが転写ローラにより行われる請求項10に記載の載置方法。

請求項17

給用ガイドが内側面を有することにより、供給用ガイドの内側面がロックレバーとともに作動し、ロックレバーが供給用ガイドに回転自在に装着される請求項10に記載の載置方法。

請求項18

ガイドトラックが供給用ガイドの摺動特徴部を収容するポケットを含む請求項10に記載の載置方法。

技術分野

0001

関連出願の相互参照
本願は、その全体が参照として本願に含まれる2013年1月24日付で出願された米国仮特許出願第61/756,175号の利益を主張する。

背景技術

0002

食品安全ラベルは、日付表示された食品によって食中毒を引き起こす病原菌を減少させるのに重要な役割を果たしている。賞味期限が付与された食品は、冷蔵温度成長し続けるバクテリアであるリステリアモノサイトゲネス(listeria monocytogenes)などの特定種類のバクテリアの成長を制御するのに役立つ。従って、日付表示する目的は、このバクテリアによって汚染された食品の廃棄保証することである。しかし、現在の食品の安全表示手段は、並べて配置されたタッチパネルディスプレイ印刷供給ハンドリング部の双方を含むユニットを開示するが、それによれば、既存のプリンタユニットはかなり大きく、プリンタが最も頻繁に用いられる台所の環境において重要なカウンタースペースを占める広いフットプリント(footprint)を形成する。また、印刷/供給ハンドリング部は、一般的に、大半の既存のプリンタユニットの前方ドア部に収納されて保持されるが、これは前方ドアを重くしてユニット全体を前方に傾きやすくする。さらに、大半の既存のプリンタユニットは、2つの異なる幅のラベル供給ロールのみを収容するように設計されている。従って、多様な幅のラベルまたは他の用紙(stock)を印刷できるプリンタ装置、及び相対的に小さい総フットプリントを有するプリンタ装置が求められ続けている。

課題を解決するための手段

0003

本発明は、印刷媒体用の多数の排出口を有し、食品の安全ラベルまたは他の用紙を印刷するのに用いられるプリンタを開示している。本発明のプリンタ装置は、多くの多様な幅の供給ロールを収容することができ、好ましい一実施形態において、印刷されたラベルまたは他の用紙が排出される2つのポートと、相対的に容易に作動するためのタッチパネルスクリーンとを含む。多数のまたは二重の排出ポートが提供されるが、プリンタは、単一の媒体供給部のみを有するように構成され、一つの排出口のみを利用してもよいということを理解すべきである。

0004

具体的に、タッチパネルスクリーンは、好ましくはピボット型前方ドアの中央に位置し、印刷された素材は、タッチパネルスクリーン下のドアに沿って下部位置よりプリンタから排出されるが、これは従来技術のユニットよりも小さい幅を有し、そのため、より小さな総フットプリントを有するプリンタ装置を生成する。また、プリンタ装置は、最小幅最大幅の制限内の任意の幅の供給ロールまたは多数の供給ロールを収容しやすい取り外し可能な供給フランジと、供給紙を供給ロールからラベルまたは他の用紙を印刷するための印刷モジュールに案内する調節可能な給紙シュートとを含む。

0005

要約
開示されている発明のいくつかの側面の基本的な理解を提供するために、以下では簡略な要約が提示されている。この要約は、広範囲概要ではなく、主要な/重要な構成要素を規定したり、その範囲を詳細に記述するように意図していない。唯一の目的は、以下に提示されるより詳細な説明の冒頭として簡単な形式で一部の概念を提示するものである。

0006

本明細書に開示され請求される発明は、一側面において、供給ロールの載置を容易にするためのヒンジ型前方ドアを含み、1つ以上の排出口を有し得る、食品の安全ラベルまたは他の用紙を印刷するためのプリンタ装置を含む。プリンタは、多様な幅の供給ロールを収容し、一実施形態において、印刷されたラベルが排出される2つのポートとタッチパネルスクリーンとを含む。具体的に、タッチパネルスクリーンはピボット型前方ドアの中央に位置し、印刷されたラベルはタッチパネルスクリーン下のドア下部から排出される。また、プリンタ装置は、最小幅と最大幅の制限内の任意の幅の供給ロールを収容しやすい取り外し可能な供給フランジを含む。

0007

例えば、供給ロールは、縁が揃った側面を形成するために固定された内側供給フランジに安着するまで、中央ハブ上で摺動可能である。続いて、外側供給フランジは、装置の作動のために適切な位置に供給ロールを保持できるように中央ハブに摺動して取り外し可能に固定される。供給ロールが中央ハブに載置され、供給フランジに固定されると、続いて、ユーザは、プリンタハウジングの空洞内に支持用組立体を再度ピボットする。次いで、ユーザは、供給紙をロールから給紙シュートに載置する。しかし、供給紙は支持用組立体がプリンタハウジングの空洞内に再度ピボットする前または後に給紙シュートに載置できる。

0008

好ましい一実施形態において、プリンタ装置はロックレバーをさらに含み、ユーザはロックレバーをロック解除位置に移動させることで給紙シュートの幅を調節することができる。ロックレバーがロック解除位置にあれば、ユーザは、可変幅の供給ロールを収容できるように供給用ガイド及び給紙シュートの幅を調節するために、ガイドトラックに沿って供給用ガイド/ロックレバー組立体を水平に摺動させることができる。所望の幅に達すると、ユーザはロックレバーをロック位置に時計回りまたは反時計回りに約90°回転させる。幅が調節されロックレバーが固定されてロック位置にあれば、ユーザは、供給紙を給紙シュートの開口に供給する。転写ローラは供給紙と接触して印刷モジュールに案内し、次にユーザは装置の前方ドアを閉鎖して、印刷を開始する。

0009

上述の目的及び関連する目的の達成のために、以下の説明及び添付図面に関して開示されている発明の幾つかの例示的な側面が本願に説明されている。しかし、かかる側面は、本願に開示されている原理が使用でき、全てのそのような側面とその均等物とを含むように意図された様々な方式の一部を示すだけである。他の利点及び独創的な特徴は、図面とともに考慮されるとき、次の詳細な説明から明らかになるであろう。

図面の簡単な説明

0010

開示されている構成による前方ドアが閉鎖されたデュアルポートプリンタ装置の斜視図を示す。
開示されている構成による前方ドアが開放されたデュアルポートプリンタ装置の斜視図を示す。
開示されている構成による前方ドアが開放され、内側供給支持用組立体が外側にピボットし供給ロールが載置及び固定されているデュアルポートプリンタ装置の斜視図を示す。
開示されている構成による前方ドアが開放され、内側供給支持用組立体が外側にピボットし供給ロールが載置及び固定されているデュアルポートプリンタ装置の斜視図を示す。
開示されている構成による前方ドアが開放され、内側供給支持用組立体が外側にピボットし供給ロールが載置及び固定されているデュアルポートプリンタ装置の斜視図を示す。
開示されている構成による前方ドアが開放され、内側供給支持用組立体が外側にピボットし供給ロールが載置及び固定されているデュアルポートプリンタ装置の斜視図を示す。
開示されている構成による前方ドアが開放され、内側供給支持用組立体が外側にピボットし供給ロールが載置及び固定されているデュアルポートプリンタ装置の斜視図を示す。
開示されている構成による前方ドアが開放され、内側供給支持用組立体が外側にピボットし供給ロールが載置及び固定されているデュアルポートプリンタ装置の斜視図を示す。
開示されている構成による前方ドアが開放され、内側供給支持用組立体がプリンタ装置の内部に逆にピボットしているデュアルポートプリンタ装置の斜視図を示す。
開示されている構成による給紙シュート内に載置された供給ロールの供給紙の斜視図を示す。
開示されている構成による供給ロールと中央ハブを示すデュアルポートプリンタ装置の内部の横断面図を示す。
開示されている構成による供給ロールと中央ハブを示すデュアルポートプリンタ装置の内部の横断面図を示す。
開示されている構成による中央ハブの斜視図を示す。
開示されている構成による供給フランジの斜視図を示す。
開示されている構成による供給フランジの前面図を示す。
開示されている構成による供給フランジの前面図を示す。
開示されている構成による転写ローラ及び給紙シュートの斜視図を示す。
開示されている構成によるロックレバー及び案内トラックの斜視図を示す。
開示されている構成によるロックレバー及び案内トラックの斜視図を示す。
開示されている構成による転写ローラ、給紙シュート及びロックレバーの前面図を示す。
開示されている構成による転写ローラ、給紙シュート及びロックレバーの前面図を示す。
開示されている構成によるデュアルポートプリンタ装置及びプリンタ装置に供給ロールを載置するユーザを示す。
開示されている構成によるデュアルポートプリンタ装置及びプリンタ装置に供給ロールを載置するユーザを示す。
開示されている構成によるデュアルポートプリンタ装置及びプリンタ装置に供給ロールを載置するユーザを示す。
開示されている構成によるデュアルポートプリンタ装置及びプリンタ装置に供給ロールを載置するユーザを示す。
開示されている構成によるデュアルポートプリンタ装置及びプリンタ装置に供給ロールを載置するユーザを示す。
開示されている構成によるデュアルポートプリンタ装置及びプリンタ装置に供給ロールを載置するユーザを示す。
開示されている構成によるデュアルポートプリンタ装置及びプリンタ装置に供給ロールを載置するユーザを示す。
開示されている構成によるデュアルポートプリンタ装置及びプリンタ装置に供給ロールを載置するユーザを示す。
開示されている構成によるデュアルポートプリンタ装置及びプリンタ装置に供給ロールを載置するユーザを示す。
開示されている構成によるデュアルポートプリンタ装置及びプリンタ装置に供給ロールを載置するユーザを示す。
開示されている構成によるデュアルポートプリンタ装置及びプリンタ装置に供給ロールを載置するユーザを示す。
開示されている構成によるデュアルポートプリンタ装置及びプリンタ装置に供給ロールを載置するユーザを示す。
開示されている構成によるデュアルポートプリンタ装置及びプリンタ装置に供給ロールを載置するユーザを示す。
開示されている構成によるデュアルポートプリンタ装置及びプリンタ装置に供給ロールを載置するユーザを示す。
開示されている構成によるデュアルポートプリンタ装置及びプリンタ装置に供給ロールを載置するユーザを示す。
開示されている構成によるデュアルポートプリンタ装置及びプリンタ装置に供給ロールを載置するユーザを示す。
開示されている構成によるデュアルポートプリンタ装置及びプリンタ装置に供給ロールを載置するユーザを示す。
開示されている構成によるデュアルポートプリンタ装置及びプリンタ装置に供給ロールを載置するユーザを示す。
開示されている構成によるデュアルポートプリンタ装置及びプリンタ装置に供給ロールを載置するユーザを示す。
開示されている構成によるデュアルポートプリンタ装置及びプリンタ装置に供給ロールを載置するユーザを示す。
開示されている構成によるデュアルポートプリンタ装置及びプリンタ装置に供給ロールを載置するユーザを示す。
開示されている構成によるデュアルポートプリンタ装置及びプリンタ装置に供給ロールを載置するユーザを示す。
開示されている構成によるデュアルポートプリンタ装置及びプリンタ装置に供給ロールを載置するユーザを示す。
開示されている構成によるデュアルポートプリンタ装置及びプリンタ装置に供給ロールを載置するユーザを示す。
開示されている構成によるデュアルポートプリンタ装置及びプリンタ装置に供給ロールを載置するユーザを示す。
開示されている構成によるデュアルポートプリンタ装置及びプリンタ装置に供給ロールを載置するユーザを示す。
開示されている構成によるデュアルポートプリンタ装置及びプリンタ装置に供給ロールを載置するユーザを示す。
開示されている構成によるデュアルポートプリンタ装置及びプリンタ装置に供給ロールを載置するユーザを示す。
開示されている構成によるデュアルポートプリンタ装置及びプリンタ装置に供給ロールを載置するユーザを示す。
開示されている構成によるデュアルポートプリンタ装置及びプリンタ装置に供給ロールを載置するユーザを示す。
開示されている構成によるデュアルポートプリンタ装置及びプリンタ装置に供給ロールを載置するユーザを示す。
開示されている構成によるデュアルポートプリンタ装置及びプリンタ装置に供給ロールを載置するユーザを示す。
開示されている構成によるデュアルポートプリンタ装置及びプリンタ装置に供給ロールを載置するユーザを示す。
開示されている構成によるデュアルポートプリンタ装置及びプリンタ装置に供給ロールを載置するユーザを示す。
開示されている構成によるデュアルポートプリンタ装置及びプリンタ装置に供給ロールを載置するユーザを示す。
開示されている構成によるデュアルポートプリンタ装置及びプリンタ装置に供給ロールを載置するユーザを示す。
開示されている構成によるデュアルポートプリンタ装置及びプリンタ装置に供給ロールを載置するユーザを示す。
開示されている構成による供給フランジの追加の図を示す。
開示されている構成による供給フランジの追加の図を示す。
開示されている構成による中央ハブの追加の図を示す。
本発明のデュアルポートプリンタ装置における供給経路内への転写ローラの嵌合を示す。
本発明のデュアルポートプリンタ装置における供給経路内への転写ローラの嵌合を示す。

実施例

0011

以下、図面を参照して本発明を説明し、全体的に同じ参照番号は同じ構成要素を指すために用いられる。以下の説明では、説明の目的上、多様且つ具体的な詳細項目が完全な理解を提供するために提示されている。しかし、本発明がこれらの具体的な詳細項目がなくとも実行できるということは明らかであろう。他の場合において、説明を容易にするために、よく知られている構造および装置は、ブロック図の形式で示されている。

0012

本発明は、食品の安全ラベルまたは他の素材を印刷するための1つ以上のポートを有し得るプリンタ装置を開示している。プリンタは、多様な幅の供給ロールを収容し、一実施形態において、印刷された素材が排出される2つのポートとタッチパネルスクリーンとを有する。具体的に、タッチパネルスクリーンは好ましくはピボット型前方ドアの中央に位置し、印刷されたラベルはタッチパネルスクリーン下のドアの開口を介して排出されるが、これは従来技術のユニットよりも小さい幅を有し、そのため、より小さな総フットプリントを有するプリンタ装置を生成する。また、デュアルポートプリンタ装置は、最小幅と最大幅の制限内の任意の幅の供給ロールを収容しやすい取り外し可能な供給フランジと、供給紙を供給ロールから印刷するための印刷モジュールまで案内する調節可能な給紙シュートとを含む。

0013

まず、図を参照すると、図1は、供給ロールの載置を容易にするためにヒンジ型前方ドア106を含む、食品の安全ラベルまたは他の素材を印刷するためのデュアルポートプリンタ装置100を示している。プリンタ100は、多様な幅の供給ロールを収容し、印刷されたラベルが排出される2つのポート102,102aと、タッチパネルスクリーンとを含む。好ましい一実施形態において、タッチパネルスクリーン104は、ピボット型前方ドア106の中央に位置し、印刷されたラベルは、タッチパネルスクリーン104下のドア106の下部から排出される。従来技術では、供給紙(supply web)は、図52に示すようにプリンタドア820上の相対的に高い地点840でプリンタ800から排出されなければならなかった。しかし、プリンタドア820上に位置している本発明の転写ローラ810により、供給紙は以前のプリンタよりもプリンタドア820上の相対的に低い地点850でプリンタに出入りできる。供給紙830の方向を載置経路内に変更するためにプリンタドア820を閉鎖すると、プリンタドア上の転写ローラ810はプリンタ800内の位置にピボットする。転写ローラ810をプリンタドア上に位置させることで、もし転写ローラ810が供給支持部に位置していれば求められ得る、供給紙を転写ローラ下に差し込む必要がなくなる。図52は、印刷モジュール内に進入するための方向を変更して供給経路に進入する転写ローラ810を示している。プリンタドア上にある転写ロールは、エンドユーザが伝統的な供給機として知られている以前のプリンタからの供給紙を容易に利用できるようにしているため好ましい。

0014

本発明によって考慮される他の実施形態において、タッチパネルスクリーン104及びポート102は、ユーザ及び製造上の要求/好みに応じて前方ドア106上のどこにでも位置することができる。プリンタ100のピボット型前方ドア106は、供給ロールの接近を可能にするためにピボットして開放する。

0015

また、図2〜図16に示すように、デュアルポートプリンタ100は、最小幅と最大幅の制限内の任意の幅の供給ロール400を収容しやすい取り外し可能な供給フランジ200を含む。具体的に、供給ロール400は、供給ロール400が進入しやすいように、ヒンジ型前方ドア106を開放し、内側供給支持用組立体202をユーザ側にピボット式で回転させることにより載置される。しかし、前方ドア106は、必ずしもヒンジ型またはピボット型ではなく、スライド式開放、スイング式開放など従来技術に公知の任意の開放機構を用いることができる。また、内側供給支持用組立体202は、ヒンジ型前方ドア106から独立してピボット可能であり、転写ローラ314と給紙シュート300とに分離されている。従って、ヒンジ型前方ドア106が開放された後、内側供給支持用組立体202は、供給ロール400を載置しやすいようにプリンタ100の内部からユーザ側にピボットされて出て、その後、ユーザからプリンタ100の内部に逆にピボットできる。内側供給支持用組立体202をヒンジ型前方ドア106から独立してピボット可能にすることは、ヒンジ型前方ドア106からの過度な重量を取り除き、供給紙を供給ロール400から依然開放されているヒンジ型前方ドア106に位置する給紙シュート300に容易に差し込めるようにする。

0016

また、内側供給支持用組立体202は、支持用組立体202をユーザ側にピボットするために、ユーザが把持するタブ204を含む。さらに、デュアルポートプリンタ100の内部の縁は、内側供給支持用組立体202のピボット距離を制限する停止特徴部206を含む。具体的に、ユーザは、タブ204を把持し、内側供給支持用組立体202をデュアルポートプリンタ200内部の両側に位置する停止特徴部206と接触するまでユーザ側にピボットする。停止特徴部206は、支持用組立体202がさらに回転することを防止する。支持用組立体202がその重心を超えてピボットすると、支持用組立体202は開放位置に留まり、ユーザが供給ロール400を中央ハブ208に容易に載置できるようにする。また、ピボット型前方ドア106及び支持用組立体202は、全体としてピボット軸共有し、但し、それぞれは一組の分離したヒンジを有する。しかし、ピボット軸を共有することは必須ではなく、デュアルポートプリンタ100は、前方ドア106と支持用組立体202が分離したピボット軸を有する状態で作動し得る。

0017

支持用組立体202がピボットして開放された後、外側供給フランジ200が中央ハブ208から分離され、ユーザが供給ロール400を中央ハブ208に摺動可能にする。中央ハブ208は、(図12〜図13に示すように)固定されたスピンドル210上で回転し、回転する間、より効果的な回転とより少ない摩擦抵抗とを提供するために、通常、各端部に軸受面212を含む。また、中央ハブ208の一端には、固定されたスピンドル210上に中央ハブ208を保持するために固定ハブ保持部222が備えられる。さらに、中央ハブ208は、一般に、広端部214と狭端部216とを含む。広端部214は軸受面212を含み、狭端部216は供給フランジ200を保持する(供給ロール400は、中央ハブ208の全長と共通するシリンダ部によって支持される)。

0018

中央ハブ208は、隠れた面218aと、内側供給フランジ201を堅固に固定するための単一溝218とをさらに含む。単一溝218は、一般に、中央ハブ208の対向する前側と後側とに位置し得る。内側供給フランジ201は、供給ロール400に対して縁が揃った側面を形成するために固定位置で単一溝218に接触することができる。また、中央ハブ208は、供給ロール400を中央ハブ208に沿って所望の位置に保持するために、軸方向に外側供給フランジ200の確実なロック(positive locking)を提供する鋸歯の構成を含む。鋸歯の構成の多数の溝220は、供給ロールの幅を変化させることができるようにする。従って、供給フランジ200,201は、2つとも取り外し可能で同様に機能することができ、相違点は、外側供給フランジ200が複数の溝220内で作動し、内側供給フランジ201が固定されたショルダー218aにもたれかかって単一溝218内で作動する点である。これは、位置合わせ用の縁が中央ハブ208の内側か外側かに関係なく、同じセットの部品を使用できるようにする。

0019

続いて、外側供給フランジ200は、中央ハブ208上で摺動し、供給ロール400を適所に保持するように固定される。外側供給フランジ200は、(図50に示すように)広開口224と狭開口226とを含む。広開口224は、供給フランジ200が回転型中央ハブ208の広端部214を通って容易に摺動するようにする。広開口224の壁228は、通常、戻り止め(detent)に必要な屈曲作用を可能にするために薄い。具体的に、狭バンプ230が広開口224と狭開口226との間の供給フランジ200の両側に提供される。狭バンプ230は、供給フランジ200が中央ハブ208に結合されて固定されるようにする戻り止め特徴部を提供する。

0020

供給フランジ200は、供給ロール400と接触するまで中央ハブ208上で摺動する。次いで、狭開口226内の供給フランジ200の対向側に位置する垂直な細長い歯232が中央ハブ208の鋸歯の構成の多数の溝220のいずれかと整列する。続いて、ユーザは、垂直方向下に供給フランジ200を押し下げて、細長い歯232が中央ハブ208の多数の溝220の1セットの対向溝と嵌合することにより、中央ハブ208が供給フランジ200の狭開口226に位置するようにする。続いて、戻り止め狭バンプ230が供給フランジ200を中央ハブ208に固定するように作用するが、戻り止め狭バンプ230はまた、供給フランジ200を設置方向と反対方向に押し上げることで供給フランジ200を分離する間に簡単に取り外すこともできる。

0021

供給ロール400が中央ハブ208に載置されて供給フランジ200に固定されると、支持用組立体202がユーザからプリンターハウジングの空洞内に逆にピボットする。こうして、供給紙を供給ロール400から給紙シュート300に載置するために容易な接近法が提供される。デュアルポートプリンタ100が起動すると、センサが供給紙の存在を感知し、給紙シュート300に供給紙を自動的に供給することに留意すべきである。しかし、ユーザが供給紙を給紙シュート300に手動で差し込むこともできる。

0022

また、図17〜図21に示すように、ロックレバー302は給紙シュート300の幅を調節するために用いることができる。例えば、供給用ガイド306の内側面304は、一つの組立体としてロックレバー302とともに移動し、その結果、ロックレバー302が供給用ガイド306に回転自在に装着される。具体的に、ロックレバー302がロック解除位置にあるとき、供給用ガイド/ロックレバー組立体は、供給用ガイド306及び給紙シュート300の幅を調節するためにガイドトラック308に沿って水平に摺動可能である。ガイドトラック308は、供給用ガイド306の摺動特徴部を収容し、可変幅の提供のために供給用ガイド306がガイドトラック308に沿って水平に摺動するようにするポケット312を含む。そのため、供給用ガイド306の内側面304は、給紙シュート300の幅を調節するために、ハンドルとして作用するロックレバー302とともに移動する。

0023

所望の幅に達すると、ロックレバー302はロック位置に時計回りまたは反時計回りに約90°回転する。ロックレバー302のカム作用に基づいて、ロックレバー302が時計回りまたは反時計回りに約90°回転すると、ガイド306の歯310はガイドトラック308の歯310aと嵌合して適所に保持する。従って、歯310が解除されると、ロックレバー302はロック解除位置にあり、供給用ガイド/ロックレバー組立体は幅の調節のためにガイドトラック308に沿って自由に摺動する。そして、ロックレバー302がロック位置に時計回りまたは反時計回りに約90°回転すると、歯が嵌合することになり、干渉/摩擦抵抗がロックレバー302をロック位置に保持し、その後供給用ガイド306が適所に保持される。

0024

幅が調節されロックレバー302がロック位置に固定されると、給紙シュートの開口は、供給紙を印刷モジュール内に案内する(未図示)。次いで、転写ローラ314は、供給紙を印刷モジュール内に案内し、次にユーザは前方ドア106を閉鎖して、印刷を開始する。

0025

デュアルポートプリンタ装置100の構造及び構成が全体的に説明されたため、その作動が図22〜図49に示すように議論されるであろう。本発明のデュアルポートプリンタ装置100の一実施形態を実行するために、ユーザは、まず通常、所望の大きさ及び幅の供給ロール400をデュアルポートプリンタ装置100に載置する。デュアルポートプリンタ装置100は、多様な幅の供給ロール400を収容するように構成されている。

0026

ユーザは、ヒンジ型前方ドア106を開放し、中央ハブ208に新たな供給ロール400を挿入するためにデュアルポートプリンタ100の内部に接近するように内側供給支持用組立体202をピボット式に回転させる。具体的に、ユーザは、タブ204を把持し、支持用組立体202がデュアルポートプリンタ100の内部の互いに対向する縁に位置する停止特徴部206と接触するまでユーザ側に支持用組立体202をピボットする。停止特徴部206は、支持用組立体202がさらに回転することを防止する。支持用組立体202がその重心を超えてピボットすると、支持用組立体202は開放位置に留まり、ユーザが供給ロール400を中央ハブ208に容易に載置できるようにする。

0027

続いて、ユーザは、中央ハブ208から外側供給フランジ200を分離し、中央ハブ208に供給ロール400を摺動させる。供給ロール400は、縁が揃った側面を形成するために一般に中央ハブ208上の固定位置にある内側供給フランジ201に安着するまで、中央ハブ208上で摺動する。次いで、外側供給フランジ200が中央ハブ208上で摺動して、供給ロール400を適所に保持するように固定される。外側供給フランジ200の広開口224は、供給フランジ200が回転型中央ハブ208の広端部214を通って摺動しやすいようにする。ユーザは、供給ロール400に安着するまで供給フランジ200の広開口224を中央ハブ208上で摺動させる。

0028

供給フランジ200の狭開口226の両側に位置する垂直な細長い歯232が中央ハブ208の鋸歯の構成の多数の溝220のいずれかと略整列する。続いて、ユーザは垂直方向下に供給フランジ200を押し下げて、その結果、細長い歯232が中央ハブ208の多数の溝220の反対側の1セットの溝と嵌合し、次いで、中央ハブ208が供給フランジ200の狭開口226に位置する。供給フランジ200は、戻り止め狭バンプ230が内側に偏向し、次いで、供給フランジ200を中央ハブ208上の適所に固定するように作用するまで垂直下方に圧迫される。

0029

供給ロール400が中央ハブ208に載置されて供給フランジ200に固定されると、続いて、ユーザは、タブ204を把持し、プリンタハウジングの空洞内部に向けて支持用組立体202を圧迫することにより、支持用組立体202をプリンタハウジングの空洞内に逆にピボットする。次いで、ユーザは、供給紙をロール400から給紙シュート300に供給する。デュアルポートプリンタ装置100が起動すると、センサが供給紙の存在を感知し、印刷位置に自動的に供給することに留意すべきである。デュアルポートプリンタ装置100が起動しなければ、ユーザは供給紙を給紙シュート300に手動で供給できるが、印刷位置には供給できない。

0030

ユーザは、ロックレバー302をロック解除位置に移動させることで給紙シュート300の幅を調節することができる。ロックレバー302がロック解除位置にあれば、ユーザは、可変幅の供給ロールを収容できるように供給用ガイド306及び給紙シュート300の幅を調節するために、ガイドトラック308に沿って供給用ガイド306/ロックレバー302組立体を水平に摺動させることができる。所望の幅に達すると、ユーザはロックレバー302をロック位置に約90°回転させる。ロックレバー302がロック位置に90°回転した場合、ガイドトラック308の歯が嵌合することになり、摩擦抵抗がロックレバー302をロック位置に保持し、次いで供給用ガイド306が所望の幅で適所に保持される。

0031

幅が調節されロックレバー302がロック位置に固定されると、続いて、ユーザは、供給紙を給紙シュートの開口に供給することができる。供給紙が給紙シュートの開口に供給されると、給紙シュートは供給紙を印刷モジュールに自動的に案内する(未図示)。具体的に、転写ローラ314は、供給紙と接触して印刷モジュールに案内し、次にユーザは、前方ドア106を閉鎖して、印刷を開始する。

0032

以上の説明は本発明の例示を含む。もちろん、本発明を説明するための目的として、導出可能な部品と方法との全ての組み合わせを説明することは不可能であるが、当業者は本発明の多様なさらなる組み合わせ及び置換が可能であることを認識するはずである。従って、本発明は、添付の請求の範囲の思想及び範囲内に属する全てのそのような変更例、変形例、並びに修正例を含むよう意図されている。また、「含む(include)」という用語が詳細な説明または請求の範囲で使用される場合、かかる用語は「含む(comprising)」が請求の範囲で転換語として用いられるときに解釈されるように、「含む(comprising)」という用語と同様に包括的であるよう意図されている。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • アルプスアルパイン株式会社の「 印刷装置、印刷方法及びプログラム」が 公開されました。( 2019/06/24)

    【課題・解決手段】位置情報に応じた印刷権限付与条件を満たした場合に生成される印刷権限データ273によって印刷対象(ゲームで獲得されたキャラクタ)の印刷を許可されることが、可搬型プリンタ3で印刷対象が印... 詳細

  • セイコーエプソン株式会社の「 情報処理装置、プログラムおよび印刷システム」が 公開されました。( 2019/06/24)

    【課題・解決手段】簡易な手書き操作によりオリジナルの絵記号画像データを生成することができる情報処理装置を提供する。手書き操作を検出する検出部と、検出部による手書き操作の検出結果に基づいて、手書き画像デ... 詳細

  • サトーホールディングス株式会社の「 プリンタ」が 公開されました。( 2019/06/24)

    【課題・解決手段】一実施形態に係るプリンタは、帯状の印字媒体が巻回されたロール体を収容する収容部と、収容部に設けられ、前記収容部に収容されたロール体、および、ロール体から繰り出された帯状の印字媒体の幅... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ