図面 (/)

技術 表面気泡除去方法、型枠、及びコンクリート部材

出願人 清水建設株式会社東洋アルミニウム株式会社
発明者 依田侑也辻埜真人黒田泰弘湯浅竜貴西川浩之関口朋伸麻植啓司寺澤侑哉
出願日 2015年6月1日 (5年11ヶ月経過) 出願番号 2015-111716
公開日 2016年12月28日 (4年4ヶ月経過) 公開番号 2016-223200
状態 特許登録済
技術分野 建築現場における取りはずす型枠、補助部材 型;中子;マンドレル
主要キーワード 移動抵抗力 表面気泡 水平型枠 腐食面積率 感熱型接着剤 感圧型接着剤 二液硬化型接着剤 フッ素系材料
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年12月28日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (12)

課題

簡易な構成でコンクリート表面気泡を除去することができる表面気泡除去方法型枠、及びコンクリート部材を提供すること。

解決手段

コンクリート1を打ち込む際に用いられる型枠2のコンクリート1側の内面に超撥水剤3を塗布してコンクリート1表面の表面気泡を除去する。型枠2が水平配置される水平型枠である場合、コンクリート1表面から気泡を抜く脱気口を設ける。

概要

背景

従来から、コンクリート表面気泡を除去するために、コンクリートを打ち込む際に用いられる型枠のコンクリート側の内面に不織布などの透水シートを設けたものがある(特許文献1参照)。

また、特許文献2には、コンクリート表面の気泡を容易かつ確実に抜き取ることができる気泡抜き取り具が記載されている。この気泡抜き取り具は、所定長さの杆体所定間隔を置いて略平行に複数本配置して構成され、コンクリート型枠の内面に沿って挿入される。

概要

簡易な構成でコンクリートの表面気泡を除去することができる表面気泡除去方法、型枠、及びコンクリート部材を提供すること。コンクリート1を打ち込む際に用いられる型枠2のコンクリート1側の内面に超撥水剤3を塗布してコンクリート1表面の表面気泡を除去する。型枠2が水平配置される水平型枠である場合、コンクリート1表面から気泡を抜く脱気口を設ける。

目的

本発明は、上記に鑑みてなされたものであって、簡易な構成でコンクリートの表面気泡を除去することができる表面気泡除去方法、型枠、及びコンクリート部材を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

コンクリート打ち込む際に用いられる型枠のコンクリート側の内面に超撥水剤を塗布してコンクリートの表面気泡を除去することを特徴とする表面気泡除去方法

請求項2

前記超撥水剤の塗布は、超撥水剤が塗布されたシートを前記型枠に貼付することによってなされることを特徴とする請求項1に記載の表面気泡除去方法。

請求項3

前記型枠は、コンクリートを打ちこむ際、水平面に対して傾斜を持たせて配置されることを特徴とする請求項1または2に記載の表面気泡除去方法。

請求項4

前記傾斜は、水平面に対する角度が60度以下であることを特徴とする請求項3に記載の表面気泡除去方法。

請求項5

前記型枠が水平配置される水平型枠である場合、コンクリート表面から気泡を抜く脱気口を設けたことを特徴とする請求項1または2に記載の表面気泡除去方法。

請求項6

前記脱気口から脱気処理及び脱水処理強制的に行うことを特徴とする請求項5に記載の表面気泡除去方法。

請求項7

コンクリートを打ち込む際に用いられる型枠であって、該型枠のコンクリート側の内面に超撥水剤を塗布したことを特徴とする型枠。

請求項8

前記超撥水剤の塗布は、超撥水剤が塗布されたシートを前記型枠に貼付することによってなされることを特徴とする請求項7に記載の型枠。

請求項9

前記型枠は、コンクリートを打ちこむ際、水平面に対して傾斜を持たせて配置されることを特徴とする請求項7または8に記載の型枠。

請求項10

前記傾斜は、水平面に対する角度が60度以下であることを特徴とする請求項9に記載の型枠。

請求項11

前記型枠が水平配置される水平型枠である場合、コンクリート表面から気泡を抜く脱気口を設けたことを特徴とする請求項7または8に記載の型枠。

請求項12

請求項1〜6のいずれか一つに記載の表面気泡除去方法を用いて成形したことを特徴とするコンクリート部材

請求項13

請求項7〜11のいずれか一つに記載の型枠を用いて成形したことを特徴とするコンクリート部材。

技術分野

0001

本発明は、簡易な構成でコンクリート表面気泡を除去することができる表面気泡除去方法型枠、及びこれらを用いたコンクリート部材に関する。

背景技術

0002

従来から、コンクリートの表面気泡を除去するために、コンクリートを打ち込む際に用いられる型枠のコンクリート側の内面に不織布などの透水シートを設けたものがある(特許文献1参照)。

0003

また、特許文献2には、コンクリート表面の気泡を容易かつ確実に抜き取ることができる気泡抜き取り具が記載されている。この気泡抜き取り具は、所定長さの杆体所定間隔を置いて略平行に複数本配置して構成され、コンクリート型枠の内面に沿って挿入される。

先行技術

0004

特開平7−259331号公報
特開2004−197443号公報

発明が解決しようとする課題

0005

しかしながら、上述した透水シートの設置には、主に施工人工数によるコストがかかることが多い。また、気泡抜き取り具を用いて表面気泡を除去する場合には、特殊な用具を用意しなければならないとともに、施工人工数によるコストがかかることが多い。

0006

本発明は、上記に鑑みてなされたものであって、簡易な構成でコンクリートの表面気泡を除去することができる表面気泡除去方法、型枠、及びコンクリート部材を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0007

上述した課題を解決し、目的を達成するために、本発明にかかる表面気泡除去方法は、コンクリートを打ち込む際に用いられる型枠のコンクリート側の内面に超撥水剤を塗布してコンクリートの表面気泡を除去することを特徴とする。

0008

また、本発明にかかる表面気泡除去方法は、上記の発明において、前記超撥水剤の塗布は、超撥水剤が塗布されたシートを前記型枠に貼付することによってなされることを特徴とする。

0009

また、本発明にかかる表面気泡除去方法は、上記の発明において、前記型枠は、コンクリートを打ちこむ際、水平面に対して傾斜を持たせて配置されることを特徴とする。

0010

また、本発明にかかる表面気泡除去方法は、上記の発明において、前記傾斜は、水平面に対する角度が60度以下であることを特徴とする。

0011

また、本発明にかかる表面気泡除去方法は、上記の発明において、前記型枠が水平配置される水平型枠である場合、コンクリート表面から気泡を抜く脱気口を設けたことを特徴とする。

0012

また、本発明にかかる表面気泡除去方法は、上記の発明において、前記脱気口から脱気処理及び脱水処理強制的に行うことを特徴とする。

0013

また、本発明にかかる型枠は、コンクリートを打ち込む際に用いられる型枠であって、該型枠のコンクリートと側の内面に超撥水剤を塗布したことを特徴とする。

0014

また、本発明にかかる型枠は、上記の発明において、前記超撥水剤の塗布は、超撥水剤が塗布されたシートを前記型枠に貼付することによってなされることを特徴とする。

0015

また、本発明にかかる型枠は、上記の発明において、前記型枠は、コンクリートを打ちこむ際、水平面に対して傾斜を持たせて配置されることを特徴とする。

0016

また、本発明にかかる型枠は、上記の発明において、前記傾斜は、水平面に対する角度が60度以下であることを特徴とする。

0017

また、本発明にかかる型枠は、上記の発明において、前記型枠が水平配置される水平型枠である場合、コンクリート表面から気泡を抜く脱気口を設けたことを特徴とする。

0018

また、本発明にかかるコンクリート部材は、上記の発明の表面気泡除去方法を用いて成形したことを特徴とする。

0019

また、本発明にかかるコンクリート部材は、上記の発明の型枠を用いて成形したことを特徴とする。

発明の効果

0020

本発明によれば、コンクリートを打ち込む際に用いられる型枠のコンクリート側の内面に超撥水剤を塗布してコンクリートの表面気泡を除去するようにしているので、簡易な構成でコンクリートの表面気泡を除去することができる。

図面の簡単な説明

0021

図1は、本発明の実施の形態である型枠及び型枠の使用状態を示す模式図である。
図2は、型枠が水平型枠であって、脱気口から脱気・脱水処理を行う状態を示す模式図である。
図3は、図2に示した水平型枠であって、脱気口からの強制的な脱気・脱水処理を行わない状態を示す模式図である。
図4は、角度θが90°、75°、60°のときの超撥水処理を施した場合と施さない場合とにおける表面気泡の状態を示す図である。
図5は、角度θが45°、30°、15°のときの超撥水処理を施した場合と施さない場合とにおける表面気泡の状態を示す図である。
図6は、角度が0°のときの超撥水処理を施した場合と施さない場合、及びそれぞれの場合において脱気・脱水処理を行った場合と行わない場合との4つの場合の結果を示す図である。
図7は、角度θが180°のときの超撥水処理を施した場合と施さない場合とにおける表面気泡の状態を示す図である。
図8は、コンクリートの表面気泡を写し取ったシートの一例を示す図である。
図9は、図4図7で示した画像に対する表面気泡率の結果を示す図である。
図10は、図9に示した表面気泡率のうち、脱気・脱水処理を行った場合のものを除いた表面気泡率の角度θの依存性を示す図である。
図11は、超撥水剤が塗布されたシートの構成を示す斜視図である。

実施例

0022

以下、添付図面を参照して本発明を実施するための形態について説明する。

0023

図1は、本発明の実施の形態である型枠及び型枠の使用状態を示す模式図である。図1に示すように、型枠2は、打ち込まれたコンクリート1を成形するものである。この型枠2は、水平面(X−Y平面)に対して角度θの角度を有する勾配型枠である。型枠2のコンクリート1側の内面には、超撥水剤3が塗布されている。超撥水剤3は、水との接触角が150°以上となる材料である。超撥水剤3は、例えば、一般的なフッ素系材料や、疎水性酸化物微粒子から形成される多孔質層である。超撥水剤3が多孔質層の場合、打ち込まれたコンクリート1に対する型枠2の離型性能を高めることができる。

0024

図1に示すように、コンクリート1内で発生した気泡4は、水泡であるため、超撥水剤3の表面を滑りやすくなり、鉛直上方(+Z方向)に容易に移動する。この結果、コンクリート1が固まった後のコンクリート部材の表面に、表面気泡が生じにくくなる。なお、図1に示すように、コンクリート1の打設後、型枠2の表面から木槌5で叩くようにしてもよい。木槌5で型枠2を叩くことによって、型枠2が振動し、型枠2の内面、すなわちコンクリート表面の気泡の移動がさらにしやすくなるので、好ましい。

0025

なお、図2に示すように、型枠2が水平型枠2aを有する場合、水平型枠2aのコンクリート1側の内面に超撥水剤3を塗布する。この場合、気泡4は、鉛直上方に移動できず、滑って水平方向に移動可能になる。したがって、水平型枠2aには、脱気口6を設ける。そして、脱気口6を介して、脱気処理及び脱水処理を強制的に行う。この際、図1と同様に、木槌5によって水平型枠2aを叩いて振動させることが好ましい。

0026

また、図3に示すように、脱気口6を介した脱気処理及び脱水処理を強制的に行わず、木槌5によって気泡4の水平移動を促進して、気泡4を脱気口6から抜くようにしてもよい。

0027

(実施例)
ここで、型枠2の内面に超撥水層(超撥水剤3)を塗布、すなわち超撥水処理を施した場合と、施さない場合とにおける表面気泡の状態を、角度θを変化させて比較した。図4は、角度θが90°、75°、60°のときの超撥水処理を施した場合と施さない場合とにおける表面気泡の状態を示している。また、図5は、角度θが45°、30°、15°のときの超撥水処理を施した場合と施さない場合とにおける表面気泡の状態を示している。図4及び図5において、右側の表面気泡の状態が超撥水処理を施した場合であり、左側の表面気泡の状態が超撥水処理を施さない、無処理の場合である。また、図6は、角度が0°のときの超撥水処理を施した場合と施さない場合、及びそれぞれの場合において脱気・脱水処理を行った場合と行わない場合との4つの場合の結果を示している。図6の左上の画像は、超撥水処理及び脱気・脱水処理を行った場合を示している。図6の右上の画像は、超撥水処理を行い、脱気・脱水処理を行わない場合を示している。図6の左下の画像は、超撥水処理を行わず、脱気・脱水処理を行った場合を示している。図6の右下の画像は、超撥水処理及び脱気・脱水処理をともに行わなかった場合を示している。なお、図6では、脱気口を設けている。また、図7は、角度θが180°のときの超撥水処理を施した場合と施さない場合とにおける表面気泡の状態を示している。

0028

上述した図4図7までの結果をまとめるため、表面気泡率Rpを求めた。この表面気泡率Rpの算定は、鉄筋の錆の腐食面積率算定方法を参考にして行い、直径1mm以上のものを表面気泡と定義した。このため、透明なシートに、図8に示すように表面気泡を写し取り、白黒二値化処理を行い、次式によって表面気泡率Rp(%)を求めた。ただし、RAは、表面気泡の面積である。また、AAは、型枠2の面積である。
Rp=(RA/AA)×100

0029

図9は、図4図7で示した画像に対する表面気泡率の結果を示す図である。図9に示すように、いずれの場合も、斜線で示した超撥水処理を施した場合の方が、超撥水処理を施さない場合に比して表面気泡率が小さいことがわかる。特に、角度θが60°以下の場合、超撥水処理を施さない場合に比して表面気泡率を大幅に低減できる。また、角度θが小さい場合、例えば角度が15°の場合、型枠2に沿った気泡4の移動抵抗力が大きくなるが、超撥水剤3を塗布することによって、表面気泡率が格段に小さくなっている。

0030

図10は、図9に示した表面気泡率のうち、脱気・脱水処理を行った場合のものを除いた表面気泡率の角度θの依存性を示している。図10に示した曲線のように、超撥水処理を施すことによって、無処理の場合に比して、表面気泡率が小さくなっている。なお、それぞれの相関係数rは、0.9以上であり、示した曲線は、強い相間をもっている。

0031

なお、図9に示したように、角度θが0°の場合、超撥水処理を施し、脱気・脱水処理を施さなくても、ある程度の表面気泡率を低減することができるが、超撥水処理及び脱気・脱水処理を施すことによって、表面気泡率を格段に小さくすることができることがわかる。

0032

本実施の形態では、超撥水剤3を型枠2のコンクリート1側の内面に塗布するのみという簡単な処理によって、無処理の場合に比して、表面気泡を大幅に低減することができる。

0033

なお、超撥水剤3の塗布の態様は、超撥水剤3を型枠2のコンクリート1側の内面に直接塗布するほか、超撥水剤3が塗布されたシートを型枠2のコンクリート1側の内面に貼付することを含む。すなわち、超撥水剤3を、シートを介して間接的に型枠2のコンクリート1側の内面に塗布するようにしてもよい。超撥水剤3が塗布されたシートを型枠2に貼付する方法では、超撥水剤3を型枠2に直接塗布する場合に比して、作業現場における超撥水剤3の塗布作業を容易に行うことができる。

0034

具体的には、図11に示すように、超撥水剤3が塗布されたシート10を型枠2に貼付する。超撥水剤3が多孔質層である場合、例えばシート10は、超撥水剤3から順次、接着層11、樹脂フィルム12、接着層13を有する。

0035

接着層11は、超撥水剤3と樹脂フィルム12との接着を行う層である。したがって、超撥水剤3が樹脂フィルム12に直接接着することができる場合、接着層11は不要となる。

0036

なお、超撥水剤3が塗布されたシート10を型枠2に貼付する方法としては、接着層13にホットメルト型接着剤感熱型接着剤を用いた場合は、ヒートガンアイロン等で加温することにより、貼り合わせることができる。また、接着層13にドライラミネート型接着剤感圧型接着剤粘着剤を用いた場合は、貼り合わせ後に圧力を加えることにより、貼り合わせることができる。なお、現場作業場において二液硬化型接着剤や粘着剤を用いて樹脂フィルム12〜超撥水剤3の積層体を貼り合わせるようにしてもよい。また、超撥水剤3が塗布されたシート10の裏面、すなわちシート10の超撥水剤3が塗布されていない側の面に粘着剤を塗布し、さらに粘着剤の表面に離型紙を貼り付けてもよい。これにより、現場や作業場においてシート10を適切な大きさにカットして離型紙をはがし、粘着剤を介してシート10を型枠2に貼り付けることができる。

0037

1コンクリート
2型枠
2a水平型枠
3 超撥水剤
4気泡
5木槌
6脱気口
10シート
11,13接着層
12 樹脂フィルム

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社国元商会の「 コンクリート型枠連結金具」が 公開されました。( 2021/03/18)

    【課題】コンクリート型枠が互いに隣接する箇所において、互いに隣接する桟木どうしを連結するための連結金具を提供する。【解決手段】コの字形本体1は、底辺部7,8と当該底辺部の外端から連設された挟持部9,1... 詳細

  • 中嶋勢三の「 型枠専用釘」が 公開されました。( 2021/03/18)

    【課題】建設業の型枠工事で、型枠解体時の釘抜き作業の煩わしさがある。【解決手段】合板の厚みを考慮した首部1aは、ストレートな胴部の径を僅かに上回る段差を設け、そこから頭部1bに向かって徐々に径を増し、... 詳細

  • 株式会社アンウェイジャパンの「 穿孔位置表示マーカー」が 公開されました。( 2021/03/18)

    【課題】 建築工事における作業安全性を損なうことなく、なおかつコンクリートの静止圧あるいは流動圧を受けても穿孔位置を保持する。【解決手段】本発明に係る穿孔位置表示マーカー1は、マーカー本体2と、該マ... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ