図面 (/)

技術 酸性液状調味料

出願人 キユーピー株式会社
発明者 鋳延佑香
出願日 2015年5月29日 (5年7ヶ月経過) 出願番号 2015-110846
公開日 2016年12月28日 (4年0ヶ月経過) 公開番号 2016-220625
状態 特許登録済
技術分野 調味料 果実または野菜の調製
主要キーワード オイル調 截断物 ポルチーニ 需要拡大 乳化材 分離型ドレッシング 酸性液状調味料 粗乳化物
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年12月28日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

保存後においてもキノコ由来不快臭が抑制され、良好なキノコ風味を維持した酸性液状調味料を提供する。

解決手段

凍結乾燥キノコ粉末と2糖類及び/又は異性化糖とを配合する酸性液状調味料、凍結乾燥キノコ粉末1部に対し、2糖類及び/又は異性化糖の合計配合量が7部以上である酸性液状調味料、前記凍結乾燥キノコ粉末のキノコが、ポルチーニである酸性液状調味料。

概要

背景

酸性液状調味料とは、植物油食酢、塩、香辛料等を基本とした、主として野菜サラダにかけるソースであり、乳化液状調味料分離液状調味料、及びノンオイル調味料等が知られている。
多種多様味わいの酸性液状調味料が市販されており、中にはキノコ風味を特徴としたキノコ配合酸性液状調味料が市販されている。

キノコを配合した酸性液状調味料は、キノコの良好な香りを楽しめるものが望まれているが、キノコを配合すると良好な香りと同時にキノコ特有不快臭も発生してしまうという課題があった。これは特に酸性環境下で顕著に感じられるものである。

従来、保存後においてもキノコ由来の不快臭が抑制され、良好なキノコ風味を維持する方法として、「ひじきの熱水抽出物」を添加する方法が知られている(特許文献1)。

しかしながら、酸性環境下でキノコ特有の不快臭を充分に抑えることができなかった。

概要

保存後においてもキノコ由来の不快臭が抑制され、良好なキノコ風味を維持した酸性液状調味料を提供する。凍結乾燥キノコ粉末と2糖類及び/又は異性化糖とを配合する酸性液状調味料、凍結乾燥キノコ粉末1部に対し、2糖類及び/又は異性化糖の合計配合量が7部以上である酸性液状調味料、前記凍結乾燥キノコ粉末のキノコが、ポルチーニである酸性液状調味料。なし

目的

キノコを配合した酸性液状調味料は、キノコの良好な香りを楽しめるものが望まれている

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

凍結乾燥キノコ粉末と2糖類及び/又は異性化糖とを配合する、酸性液状調味料

請求項2

請求項1記載の酸性液状調味料であって、凍結乾燥キノコ粉末1部に対し、2糖類及び/又は異性化糖の合計配合量が7部以上である酸性液状調味料。

請求項3

請求項1又は2記載の酸性液状調味料であって、前記凍結乾燥キノコ粉末のキノコが、ポルチーニである酸性液状調味料。

技術分野

0001

本発明は、保存後においてもキノコ由来不快臭が抑制され、良好なキノコ風味を維持した酸性液状調味料に関する。

背景技術

0002

酸性液状調味料とは、植物油食酢、塩、香辛料等を基本とした、主として野菜サラダにかけるソースであり、乳化液状調味料分離液状調味料、及びノンオイル調味料等が知られている。
多種多様味わいの酸性液状調味料が市販されており、中にはキノコの風味を特徴としたキノコ配合酸性液状調味料が市販されている。

0003

キノコを配合した酸性液状調味料は、キノコの良好な香りを楽しめるものが望まれているが、キノコを配合すると良好な香りと同時にキノコ特有の不快臭も発生してしまうという課題があった。これは特に酸性環境下で顕著に感じられるものである。

0004

従来、保存後においてもキノコ由来の不快臭が抑制され、良好なキノコ風味を維持する方法として、「ひじきの熱水抽出物」を添加する方法が知られている(特許文献1)。

0005

しかしながら、酸性環境下でキノコ特有の不快臭を充分に抑えることができなかった。

先行技術

0006

特許第4520345号

発明が解決しようとする課題

0007

そこで、本発明の目的は、保存後においてもキノコ由来の不快臭が抑制され、良好なキノコ風味を維持した酸性液状調味料を提供するものである。

課題を解決するための手段

0008

本発明者は、上記目的を達成すべく酸性液状調味料に使用されている様々な配合原料、及び製造工程について鋭意研究を重ねた。その結果、キノコ原料として特定の乾燥方法によって得られるキノコ粉末と特定の糖類とを酸性液状調味料に配合することで、意外にも、保存後においてもキノコ由来の不快臭が抑制され、良好なキノコ風味を維持できることを見出し、本発明を完成するに至った。

0009

すなわち、本発明は、
(1)凍結乾燥キノコ粉末と2糖類及び/又は異性化糖とを配合する、酸性液状調味料、
(2)(1)記載の酸性液状調味料であって、
凍結乾燥キノコ粉末1部に対し2糖類及び/又は異性化糖の合計配合量が7部以上である酸性液状調味料、
(3)(1)又は(2)記載の酸性液状調味料であって、
前記凍結乾燥キノコ粉末のきのこが、ポルチーニである酸性液状調味料、
である。

発明の効果

0010

本発明によれば、保存後においてもキノコ由来の不快臭が抑制され、良好なキノコ風味を維持した酸性液状調味料を提供することができ、さらなる酸性液状調味料の需要拡大が期待される。

実施例

0011

以下、本発明の調味料を詳細に説明する。なお、本発明において「%」は「質量%」を、「部」は「質量部」を意味する。

0012

<本発明の特徴>
本発明は、凍結乾燥キノコ粉末と2糖類及び/又は異性化糖とを配合することにより、保存後においてもキノコ由来の不快臭が抑制され、良好なキノコ風味を維持することができる。

0013

<酸性液状調味料>
本発明の酸性液状調味料とは、常温流通を可能ならしめるためにpHを4.6以下に調整された液状調味料である。このような本発明の酸性液状調味料としては、具体的には、例えば、マヨネーズ乳化型ドレッシング等の乳化液状調味料、分離型ドレッシング等の分離液状調味料、ノンオイルドレッシング等のノンオイル調味料が挙げられる他、各種ソース類タレ類が含まれる。

0014

<凍結乾燥キノコ粉末>
凍結乾燥キノコ粉末は、キノコを常法により凍結乾燥させ得られた凍結乾燥キノコを砕いて粉末状にしたものの他、キノコを乾燥前に適宜カットした後凍結乾燥させて粉末状にしたもの等が挙げられる。
凍結乾燥によれば、凍結乾燥工程の特徴上、水分が抜けスポンジ状の構造になっており、そこに後述の特定の糖類が浸み込みやすくなっているためか、キノコ特有の不快臭を抑制しキノコ特有の良好な香りが得られるものと推測される。

0015

<凍結乾燥キノコ粉末の粒子径
凍結乾燥キノコ粉末の粒子径は、20μm以上100μm以下が良く、30μm以上80μm以下が更に良い。凍結乾燥キノコ粉末の粒子径が前記範囲内であることにより、後述する2糖類及び/又は異性化糖が浸み込みやすいため、キノコ特有の不快臭を抑制することができる。

0016

<凍結乾燥キノコ粉末の配合量>
凍結乾燥キノコ粉末の配合量は、0.1%以上1%以下であるとよく、0.2以上0.8%以下であると更によい。凍結乾燥キノコ粉末の配合量が前記範囲内であることにより、キノコの良好な風味を感じることができる。

0017

<キノコの種類>
キノコの種類は、市販されているキノコであれば特に限定されないが、例えば、椎茸エノキタケシメジマイタケ、なめこ、マツタケマッシュルーム、ポルチーニ等が挙げられる。特に、良好な香りと共に不快臭を生じやすいポルチーニにおいて、本発明は好適である。

0018

<2糖類、異性化糖>
本発明で用いる2糖類は、市販されているものであれば、特に限定されないが、例えば、砂糖乳糖麦芽糖トレハロース等が挙げられる。
本発明で用いる異性化糖は、でん粉をアミラーゼ等の酵素又は酸により加水分解して得られた主としてぶどう糖からなる糖液を、グルコースイソメラーゼ又はアルカリにより異性化したぶどう糖又は果糖を主成分とする液状の糖である。市販されているものであれば特に制限はないが、ブドウ糖果糖液糖果糖ブドウ糖液糖高果糖液糖、砂糖混合異性化液糖等が挙げられる。
本発明で凍結乾燥キノコ粉末と併用して2糖類及び/又は異性化糖を使用することにより、凍結乾燥キノコ粉末の不快臭を抑制することができる。

0019

<凍結乾燥キノコ粉末1部に対する2糖類及び/又は異性化糖の配合割合
凍結乾燥キノコ粉末1部に対し、2糖類及び/又は異性化糖を7部以上であるとよく、更に10部以上であると、保存後においてもキノコ由来の不快臭が抑制され、良好なキノコ風味を維持することができる。
一方、凍結乾燥キノコ粉末と2糖類及び/又は異性化糖との配合割合の上限値は、特に制限されないが、酸性液状調味料の味のバランスから35部以下であるとよく、30部以下であると更によい。

0020

<2糖類及び/又は異性化糖の合計配合量>
酸性液状調味料に対する2糖類及び/又は異性化糖の合計配合量は、1%以上がよく、2%以上がさらによい。2糖類及び/又は異性化糖の合計配合量が前記値以上であると、保存後においてもキノコ由来の不快臭が抑制され、良好なキノコ風味を維持することができる。
一方、2糖類及び/又は異性化糖の上限の合計配合量は、酸性液状調味料全体の味のバランスを考慮し、10%以下がよく、9%以下が更によい。

0021

<その他の配合原料>
本発明の酸性液状調味料には凍結乾燥キノコ粉末、2糖類、及び異性化糖以外に本発明の効果を損なわない範囲で当該食品に一般的に使用されている各種原料を適宜選択し含有させることができる。例えば、食酢、グルタミン酸ナトリウム食塩醤油味噌乳製品等の各種調味料、各種エキス菜種類、コーン油綿実油サフラワー油紅花油、大豆油パーム油魚油等の動植物油又はこれらの精製油サラダ油)、MCT(中鎖脂肪酸トリグリセリド)、ジグリセリド硬化油エステル交換油等のような化学的あるいは酵素的処理等を施して得られる油脂等の食用油脂キサンタンガムタマリンドシードガムジェランガムアラビアガム馬鈴薯澱粉トウモロコシ澱粉うるち米澱粉小麦澱粉タピオカ澱粉ワキコーンスターチもち米澱粉、湿熱処理澱粉化工澱粉等の増粘材、全卵黄ホスフォリパーゼA1、ホスフォリパーゼA2、ホスフォリパーゼC若しくはホスフォリパーゼDで酵素処理した卵黄、モノグリセリン脂肪酸エステルポリグリセリン脂肪酸エステルショ糖脂肪酸エステルレシチンリゾレシチンラクトアルブミンカゼインナトリウム等の乳化材アスコルビン酸又はその塩、ビタミンE等の酸化防止剤色素香味食材や各種野菜のおろし、ペースト状物截断物等の具材粉砕物等が挙げられる。

0022

<製造方法>
本発明の酸性液状調味料の製造方法は、凍結乾燥キノコ粉末と2糖類及び/又は異性化糖とを酸性液状調味料に配合しさえすれば良く、例えば、凍結乾燥キノコ粉末と2糖類及び/又は異性化糖を可溶性固形成分と共に水相部に配合し、常法に則り製造すると良い。

0023

<本発明の作用効果
本発明の酸性液状調味料は、凍結乾燥キノコ粉末と2糖類及び/又は異性化糖とを配合することにより、保存後においてもキノコ特有の不快臭を抑制され、良好な風味を有することができる。作用機序は以下のように考える。
凍結乾燥キノコ粉末は、凍結乾燥工程の特徴上、水分が抜けスポンジ状の構造になっており、そこに2糖類及び/又は異性化糖が浸み込みやすくなっているためか、凍結乾燥キノコ粉末に不快臭が残存している、又は保存中に不快臭が発生したとしても、キノコ粉末中に浸み込んだ2糖類及び/又は異性化糖によって、不快臭を抑制することができるものと推測される。
一方、熱風乾燥天日乾燥では、凍結乾燥のようなスポンジ状の構造が得られないためか、2糖類及び/又は異性化糖を組合わせても不快臭をし難いものと推測される。

0024

以下、本発明の実施例、比較例を述べ、本発明を更に説明する。なお、本発明は、これらに限定するものではない。

0025

[実施例1]
<乳化液状調味料の製造方法>
下記の配合割合に準じ、まず植物油以外の原料をミキサーで均一に混合し水相部を調製した後、当該水相部を攪拌させながら油層の植物油を徐々に注加して粗乳化物を製した。得られた粗乳化物を更に高速で攪拌して仕上げ乳化した後、250mL容量のポリエチレンテレフタレート製容器(以下、PET容器)に充填し、乳化液状調味料を製した。

0026

<乳化液状調味料の配合割合>
油相
植物油40%
(水相)
醸造酢酸度5%) 13%
卵黄3%
凍結乾燥キノコ粉末0.5%
(ポルチーニ)
砂糖10%
食塩2.5%
グルタミン酸ナトリウム0.2%
キサンタンガム0.1%
香辛料0.1%
清水残余
——————————————————
合計 100%

0027

得られた乳化液状調味料を25℃で1か月間保存後、喫食したところ、乳化液状調味料は、キノコ特有の不快臭が抑制されキノコ風味が良好であった。

0028

[比較例1]
凍結乾燥キノコ粉末(ポルチーニ)を熱風乾燥キノコ粉末(ポルチーニ)に変更した以外は、実施例1に準じて乳化液状調味料を製した。

0029

得られた乳化液状調味料を25℃で1か月間保存後、喫食したところ、乳化液状調味料は、キノコ特有の不快臭がして、キノコの良好な風味が損なわれていた。

0030

[比較例2]
凍結乾燥キノコ粉末(ポルチーニ)をペースト状のキノコに変更した以外は、実施例1に準じて乳化液状調味料を製した。

0031

得られた乳化液状調味料を25℃で1か月間保存後、喫食したところ、乳化液状調味料は、キノコの良好な風味が損なわれていた。

0032

試験例1]
糖類の種類の違いによる本発明の効果への影響を調べた。すなわち、実施例1において、糖類の種類を表1に示す糖類に変更した以外は、実施例1と同様の方法で容器詰め乳化液状調味料を製し、25℃で2か月間保存した。保存後の得られたそれぞれの乳化液状調味料を喫食して、本発明の効果を評価した。

0033

「保存後のキノコ特有の不快臭が抑制されキノコ風味が良好か」の評価
ランク:基準
A:キノコ特有不快臭が抑制され、良好なキノコ風味である。
B:キノコ特有の不快臭が若干感じられるが、問題ない程度である。
C:キノコ特有の不快臭が感じられ、キノコ風味が劣っている。

0034

0035

表1より2糖類及び/又は異性化糖を配合した酸性液状調味料は、保存後のキノコの不快臭を抑制し、キノコの良好な風味を有することが理解できる。一方、単糖デキストリン類を配合した酸性液状調味料は、キノコの不快臭を十分抑制できず、キノコ特有の良好な風味が得られないことが理解できる。

0036

[試験例2]
凍結乾燥キノコ粉末と砂糖との配合割合の違いによる本発明の効果への影響を調べた。すなわち、実施例1において凍結乾燥キノコ粉末と砂糖との配合割合を表1に示す割合で配合した以外は、実施例1と同様の方法で容器詰め乳化液状調味料を製し、25℃で2か月間保存した。保存後の得られたそれぞれの乳化液状調味料を喫食して、本発明の効果を評価した。

0037

0038

表2より、凍結乾燥キノコ粉末1部に対し、砂糖を8部以上配合する酸性液状調味料は、キノコ特有の不快臭を抑制し、キノコの良好な風味を得られることが理解できる。特に10部以上配合すると、更に良いことが理解できる。一方、砂糖を配合しないと、キノコ特有の不快臭が抑制されず、良好なキノコ風味が得られないことが理解できる。

0039

[実施例2]
<分離液状調味料の製造方法>
下記の配合に準じ、まず水相部の原料をミキサーで均一に混合し水相部を調製した。そして、分離液状調味料の容量が250mLとなるように250mL容量のPET容器に上記水相部を充填した後に、残りの油相部である植物油を充填して水相部に油相部を積層させ、次いで密栓し分離液状調味料を製した。

0040

<分離液状調味料の配合割合>
(油相部)
植物油30%
(水相部)
食酢(酸度5%) 13%
卵黄3%
凍結乾燥キノコ粉末
(椎茸) 1%
ブドウ糖果糖液糖10%
三温糖 2%
食塩2.5%
グルタミン酸ソーダ0.2%
キサンタンガム0.2%
香辛料0.1%
清水残余
———————————————————
合計 100%

0041

得られた分離液状調味料を上下に振って一時的に乳化させた後、喫食したところ、キノコ特有の不快臭を抑制し、キノコの良好な風味を得られることが理解できる。

0042

[実施例3]
<分離液状調味料の製造方法>
下記の配合に準じ、まず水相部の原料をミキサーで均一に混合し水相部を調製した。そして、分離液状調味料の容量が250mLとなるように250mL容量のPET容器に上記水相部を充填した後に、残りの油相部である植物油を充填して水相部に油相部を積層させ、次いで密栓し分離液状調味料を製した。

0043

<分離液状調味料の配合割合>
(油相部)
植物油30%
(水相部)
食酢(酸度5%) 13%
卵黄3%
凍結乾燥キノコ粉末
(マッシュルーム) 1%
果糖ブドウ糖液糖10%
グラニュー糖2%
食塩2.5%
グルタミン酸ソーダ0.2%
キサンタンガム0.2%
香辛料0.1%
清水残余
———————————————————
合計 100%

0044

得られた分離液状調味料を上下に振って一時的に乳化させた後、喫食したところ、キノコ特有の不快臭を抑制し、キノコの良好な風味を得られることが理解できる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 三栄源エフ・エフ・アイ株式会社の「 香料組成物、及びその製造方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】香料成分の香気及び/又は香味の保留性に優れた香料組成物、例えば、加熱調理等の加熱工程後や長期保管後等においても香料成分の香気及び/又は香味の保留性に優れた香料組成物及び、それを用いた食品組成物... 詳細

  • 白石良蔵の「 冷凍調味料」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】野菜にかける調味料であるドレッシングに米粉やおからを所定の割合で混合し凍らせたものを削ることで、野菜にかける調味料の量を自由に調節できて、且つ、溶けにくくさせた冷凍調味料の提供。【解決手段】摩... 詳細

  • 株式会社タケフーズの「 野菜サラダ及びその製法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】野菜や果物等の保存期間を長くしつつも、野菜や果物本来の味や食感を維持し、かつ乳酸菌発酵による健康増進効果を奏する野菜サラダの提供。【解決手段】カッティングされた野菜や果物からなる野菜サラダであ... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ