図面 (/)

技術 心電図検査装置

出願人 フクダ電子株式会社
発明者 山来貴
出願日 2015年4月28日 (5年2ヶ月経過) 出願番号 2015-092210
公開日 2016年12月15日 (3年6ヶ月経過) 公開番号 2016-209010
状態 特許登録済
技術分野 生体の電気現象及び電気的特性の測定・記録
主要キーワード 周波数成分解析 中継ボックス 周波数解析結果 専用キーボード 刺激波形 電気生理学的検査 非観血血圧 心臓内壁
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年12月15日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

3Dマップよりも少ない処理量で、心臓の異常部位を容易に特定できる心電図検査装置を提供する。

解決手段

複数箇所の心内心電図を同時に表示すると共に、各箇所の心内心電図に各箇所の周波数成分解析結果に応じた色を付加して表示する表示する。これにより、心臓の異常部位を容易に特定できる心電図検査装置を実現できるようになる。

概要

背景

現在、心室頻拍VT)や多発する心室期外収縮(VPC)等の頻脈性不整脈に対して、心筋焼灼アブレーション)して頻脈性不整脈の発生を抑えるという治療が行われている。アブレーションを行う部位(つまり不整脈誘発部位)を特定するにあたっては、心電図が用いられる。医師は、心電図を基にアブレーションを行う部位を特定する。

ところで、アブレーションを行う部位をより容易かつ適切に判断できるようにするために、心電図を周波数解析する手法が提案されている(例えば特許文献1参照)。この手法では、心電図に対してFFTなどの処理を施すことにより、心電図のパワースペクトラムを得て、これを表示するようになっている。そして、医師は、このパワースペクトラムのピーク周波数などを観察することにより、アブレーションを行う部位を特定する。

概要

3Dマップよりも少ない処理量で、心臓の異常部位を容易に特定できる心電検査装置を提供する。複数箇所の心内心電を同時に表示すると共に、各箇所の心内心電に各箇所の周波数成分解析結果に応じた色を付加して表示する表示する。これにより、心臓の異常部位を容易に特定できる心電検査装置を実現できるようになる。

目的

本発明は、以上の点を考慮してなされたものであり、少ない処理量で、心臓の異常部位を容易に特定できる心電図検査装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

電極カテーテルにおける異なる位置の電極電位を基に取得された、複数箇所の心内心電図を周波数成分解析する周波数成分解析部と、前記複数箇所の心内心電図を同時に表示すると共に、各箇所の心内心電図に各箇所の周波数成分解析結果に応じた色を付加して表示する表示部と、を具備する心電図検査装置

請求項2

前記表示部は、各箇所の心内心電図に、各箇所の心内心電図のドミナント周波数に応じた色を付加して表示する、請求項1に記載の心電図検査装置。

技術分野

0001

本発明は、心電図検査装置に関する。

背景技術

0002

現在、心室頻拍VT)や多発する心室期外収縮(VPC)等の頻脈性不整脈に対して、心筋焼灼アブレーション)して頻脈性不整脈の発生を抑えるという治療が行われている。アブレーションを行う部位(つまり不整脈誘発部位)を特定するにあたっては、心電図が用いられる。医師は、心電図を基にアブレーションを行う部位を特定する。

0003

ところで、アブレーションを行う部位をより容易かつ適切に判断できるようにするために、心電図を周波数解析する手法が提案されている(例えば特許文献1参照)。この手法では、心電図に対してFFTなどの処理を施すことにより、心電図のパワースペクトラムを得て、これを表示するようになっている。そして、医師は、このパワースペクトラムのピーク周波数などを観察することにより、アブレーションを行う部位を特定する。

先行技術

0004

特表2014−500045号公報

発明が解決しようとする課題

0005

ところで、特許文献1では、心電図の周波数解析した後に、その周波数特性心臓の3Dマップ上に色分けして表示するようになっている。

0006

しかしながら、3Dマップ上に周波数特性を表示するためには、処理量が増加したり、処理時間が増加する欠点がある。

0007

本発明は、以上の点を考慮してなされたものであり、少ない処理量で、心臓の異常部位を容易に特定できる心電図検査装置を提供する。

課題を解決するための手段

0008

本発明の心電図検査装置の一つの態様は、
電極カテーテルにおける異なる位置の電極電位を基に取得された、複数箇所の心内心電図を周波数成分解析する周波数成分解析部と、
前記複数箇所の心内心電図を同時に表示すると共に、各箇所の心内心電図に各箇所の周波数成分解析結果に応じた色を付加して表示する表示部と、
具備する。

発明の効果

0009

本発明によれば、複数箇所の心内心電図を同時に表示すると共に、各箇所の心内心電図に各箇所の周波数成分解析結果に応じた色を付加することで、複数の心内心電図の周波数成分解析結果を識別可能に表示するようにしたことにより、医師などの医療従事者は、3Dマップが無くても、異なる箇所の周波数成分解析結果を相対的に比較しながら、心臓の異常部位を容易に特定できるようになる。

図面の簡単な説明

0010

実施の形態に係るポリグラフの全体構成を示す概略図
電極カテーテル先端の一例を示す図
実施の形態の表示例を示す図

実施例

0011

以下、本発明の実施の形態について、図面を参照して詳細に説明する。

0012

<ポリグラフの全体構成>
図1は、本実施の形態によるポリグラフ100の全体構成を示す外観図である。本実施の形態のポリグラフ100は、心臓カテーテル検査装置として用いられるポリグラフである。また、ポリグラフ100は、体表面心電図及び心内心電図を計測及び解析する機能を有する。このため、ポリグラフ100は心電図検査装置と呼ぶこともできる。

0013

ポリグラフ100は、本体ユニット200と、インターフェースユニット300と、EPS(Electrophysiological Study:電気生理学的検査ユニット400と、を有する。本体ユニット200とインターフェースユニット300はケーブルL1によって接続されており、インターフェースユニット300とEPSユニット400はケーブルL2によって接続されている。なお、図では、インターフェースユニット300を介して本体ユニット200とEPSユニット400を接続した例を示しているが、本体ユニット200とEPSユニット400をケーブルL2によって直接接続してもよい。

0014

本体ユニット200には、専用キーボード11、キーボード12、マウス13等の入力装置10と、複数のディスプレイ20(21、22、23)と、サーマルレコーダ30等の記録装置と、が接続されている。また、本体ユニット200には、インターフェースユニット300が接続されている。本体ユニット200は、ポリグラフ100の中央処理ユニットとしての機能を有する。本体ユニット200は、インターフェースユニット300を介して入力した各生体情報に対してプログラムに従った演算処理解析処理を施すことにより、各生体情報を所望の表示形態でディスプレイ20に表示する。また、本体ユニット200は、入力装置10から入力された操作信号に基づいて、各生体情報の表示形態や、インターフェースユニット300及びEPSユニット400、並びにそれらに接続される各装置の動作を制御するようになっている。

0015

インターフェースユニット300は、体表面心電図用入力端子非観血血圧用入力端子、SpO2用入力端子及び体温用入力端子などからなる生体情報入力端子群310を有する。また、インターフェースユニット300は、体表面心電図用出力端子311及び観血血圧用出力端子312を有する。また、インターフェースユニット300は、専用キーボードを接続するための入力端子313等を有する。

0016

インターフェースユニット300には、アンプが内蔵されており、生体情報入力端子群310から入力された所定の信号はアンプによって増幅された後に本体ユニット200に出力される。

0017

EPSユニット400は、刺激用のケーブルが接続される端子411、アブレーター用のケーブルが接続される端子412を有し、EPSユニット400は、これらの端子411、412を介して刺激装置(図示せず)及びアブレーター装置(図示せず)と接続される。また、EPSユニット400は、体表面心電図用入力端子413を有し、この端子413には被検者の体表に装着された電極が接続される。これにより、刺激装置によって心臓の所定部位刺激を与えたときの体表面心電図を得ることができる。本実施の形態の場合には、体表面心電図用入力端子413には12誘導心電図を得るための電極が接続される。

0018

さらに、EPSユニット400は、中継ボックス500、510が接続される端子414、415を有する。各中継ボックス500、510には、電極カテーテルに設けられた各電極に対応する端子を接続するための多数の端子600が設けられている。

0019

本実施の形態の場合には、1つの中継ボックス500(510、520、530)に双極で40チャネル(つまり80個の端子600)が設けられている。EPSユニット400は2つの中継ボックス500、510を接続できるようになっており、従ってEPSユニット400は80(=2×40)チャネル分の心内心電図を入力可能とされている。

0020

さらに、EPSユニット400には、拡張用のEPSユニット410が接続可能とされている。拡張用EPSユニット410も2つの中継ボックス520、530を接続できるようになっており、従ってEPSユニット400は拡張用EPSユニット410を接続すれば、160(=4×40)チャネル分の心内心電図の信号を入力することができる。

0021

EPSユニット400および拡張用のEPSユニット410には、アンプが内蔵されており、中継ボックス500、510、520、530から入力された心内心電図はアンプによって増幅された後、インターフェースユニット300を介して本体ユニット200に送出される。また、刺激用のケーブルが接続される端子411から入力された刺激装置(図示せず)からの刺激信号は中継ボックス500(510、520、530)を介して電極カテーテル(図示せず)に出力される。さらに、電極カテーテルから心臓へと実際に与えられた刺激信号に基づく刺激波形は、心内心電図と共にEPSユニット400および拡張用のEPSユニット410のアンプによって増幅された後、インターフェースユニット300を介して本体ユニット200に送出される。また、EPSユニット400は、体表面心電図用出力端子416、スピーカ417を有する。

0022

<本実施の形態による表示>
図2は、電極カテーテル先端の一例を示す図である。図2に示す電極カテーテル40には、心内心電図を計測するための複数の電極T1〜T8が所定の位置に設けられている。電極カテーテル40の各電極T1〜T8が心臓内壁に接触することで、心臓内心電位が計測される。なお、図2の例では、8個の電極T1〜T8が設けられているが、その数や位置はこれに限らない。

0023

図3は、本実施の形態の表示例である。図3の例では、最上段に体表面心電図のII誘導とV1誘導が表示され、続いて心内心電図が表示されている。心内心電図として、上段から順に、T1−T2間の心電位に基づく心内心電図、T2−T3間の心電位に基づく心内心電図、T3−T4間の心電位に基づく心内心電図が表示されている。また、これら複数の心内心電図が周波数成分解析されて、その周波数成分解析結果が各心内心電図の下方にカラーバーにて表示される。

0024

例えば、ドミナント周波数が5Hz以上の期間は赤色、5Hz未満の期間は緑色といったように色分けしたカラーバーを各心内心電図に付加する。このようにすることで、医療従事者は、どの電極に相当する部分で高周波つまり異常部位が検出されているかを一目で確認できるようになる。

0025

このような周波数成分解析及びカラーバーの付加は、本体ユニット200に、FFT(Fast Fourier Transform)などの周波数成分解析部を設けると共に、その解析結果に応じたカラーバーを表示する表示制御部を設けることによって実現できる。

0026

以上説明したように、本実施の形態によれば、複数箇所の心内心電図を同時に表示すると共に、複数箇所の心内心電図の周波数成分解析結果を用いて、前記同時に表示した複数の心内心電図にドミナント周波数に応じた色を付加することで、複数の心内心電図のドミナント周波数を識別可能に表示したことにより、心臓の異常部位を容易に特定できる心電図検査装置を実現できるようになる。

0027

なお、上述の実施の形態では、ドミナント周波数に応じた色を付加する場合について述べたが、色分けの指標はドミナント周波数に限らない。例えば周波数成分解析結果(つまりFFT後のパワースペクトラム)において、閾値以上のピークが最も多い周波数帯域に対応した色を付加してもよい。要は、各箇所の心内心電図に各箇所の周波数成分解析結果に応じた色を付加すればよい。

0028

また、上述の実施の形態では、各心内心電図の周波数成分解析結果(実施の形態の場合にはドミナント周波数)をカラーバーで識別可能に表示した場合について述べたが、本発明はこれに限らない。例えば、ドミナント周波数に応じて心電図自体の色を変えてもよく、背景色を変えてもよい。

0029

また、上述の実施の形態では、本発明の心電図検査装置における表示方法をポリグラフ100に適用した場合について述べたが、ポリグラフ100以外の心電図検査装置にも広く適用可能である。

0030

上述の実施の形態は、本発明を実施するにあたっての具体化の一例を示したものに過ぎず、これらによって本発明の技術的範囲が限定的に解釈されてはならないものである。すなわち、本発明はその要旨、またはその主要な特徴から逸脱することの無い範囲で、様々な形で実施することができる。

0031

本発明は、心電図の周波数解析結果に基づいて心臓の異常部位を特定可能とする心電図検査装置に適用し得る。

0032

10入力装置
20ディスプレイ
40電極カテーテル
100ポリグラフ
200本体ユニット
300インターフェースユニット
400EPS(Electrophysiological Study:電気生理学的検査)ユニット
500、510、520、530 中継ボックス

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 名糖産業株式会社の「 磁性粒子」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】強い高調波を発する磁性粒子を提供する。【解決手段】磁性粒子は、磁性粒子イメージングに用いられるものであって、磁性金属酸化物と多糖誘導体とを成分として含み、芯部分が酸化鉄などの磁性金属酸化物で構... 詳細

  • 東和株式会社の「 衣類」が 公開されました。( 2019/08/08)

    【課題】電極部の劣化を抑制することができる衣類を提供する。【解決手段】衣類1は、伸縮性を有する衣類本体10と、この衣類本体10の着用者の側に着脱可能に配設される電極部20と、衣類本体10の外側に着脱可... 詳細

  • 国立大学法人東北大学の「 生体の対象部位の水分量を評価する方法」が 公開されました。( 2019/07/04)

    【課題】本発明は、直流法を用いた通電により、生体の対象部位の水分量を簡便に評価して、むくみ(浮腫)についてのデータを簡便に収集する方法を提供することを目的とする【解決手段】生体の対象部位の水分量を評価... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ