図面 (/)

技術 液体を高所へ移送する、省エネシステム

出願人 株式会社オージーエイ
発明者 大賀偉生
出願日 2015年4月23日 (5年2ヶ月経過) 出願番号 2015-088427
公開日 2016年12月8日 (3年6ヶ月経過) 公開番号 2016-205246
状態 特許登録済
技術分野 ジェットポンプ等のその他のポンプ
主要キーワード 密閉側 揚液ポンプ 省エネシステム 揚水パイプ 液移送 燃料代 省エネ効果 吸引圧
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年12月8日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (11)

課題

液体移送は、ポンプで圧送する方法が、主流です。ポンプ以外で、液体を高所へ移送する方法を開発する事を課題とします。

解決手段

本発明の実施の形態を図に基づいて説明します。図1の図面は、液移送の全体イメージ図です。液槽に液が入れられています。一段目は、下面が開放揚液パイプの下面側に逆止弁1を取付けし、液の中に立てます。揚液パイプの先端部に吸引ポンプ2と開放弁3を取り付けます。二段目は、前段の揚液パイプの上部の中から揚液パイプを立ち上げます。揚液パイプの下部には、逆止弁4を取付し、上部には、吸引圧入ポンプ5と開放弁6を取付けします。3段目以降は、同じく揚液パイプ、逆止弁7、吸引圧入ポンプ8と開放弁9を順次取り付けます。

概要

背景

特開平5-196000に、移送装置が、述べられています。

特開平11-236900に、移送装置が、述べられています。

概要

液体移送は、ポンプで圧送する方法が、主流です。ポンプ以外で、液体を高所へ移送する方法を開発する事を課題とします。 本発明の実施の形態をに基づいて説明します。の面は、液移送の全体イメージです。液槽に液が入れられています。一段目は、下面が開放揚液パイプの下面側に逆止弁1を取付けし、液の中に立てます。揚液パイプの先端部に吸引ポンプ2と開放弁3を取り付けます。二段目は、前段の揚液パイプの上部の中から揚液パイプを立ち上げます。揚液パイプの下部には、逆止弁4を取付し、上部には、吸引圧入ポンプ5と開放弁6を取付けします。3段目以降は、同じく揚液パイプ、逆止弁7、吸引圧入ポンプ8と開放弁9を順次取り付けます。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

一段目揚液パイプは、一端部開放で前記一端部開放側に逆止弁を有し、他端部密閉で、前記他端部側に吸引ポンプ開放弁を有し、前記一段目揚液パイプは、液槽の中に前記一端部開放側を下にして立て、二段目以降の揚液パイプは、一端部開放で前記一端部開放側に逆止弁を有し、他端部密閉で、前記他端部側に吸引圧ポンプと開放弁を有し、前段揚液パイプの中に前記一端部開放側を下にして立て、周囲を密閉する事を特徴とする液体高所移送する、省エネシステム

請求項2

一段目揚液パイプの前記吸引ポンプを起動させ、前記一段目揚液パイプの空気を吸引し、前記一段目揚液パイプの中が真空に近く成り、大気と比較し、負圧となり、前記逆止弁が、開状態になり、前記液槽の液が吸い上げられ、前記一段目揚液パイプが、満管に近づき、前記吸引ポンプを停止させ、前記開放弁を開き、前記一段目揚液パイプの中に空気を引込み、前記液が、下がり初め前記逆止弁が、閉と成り、前記液は、下がるのを止め、前記開放弁を閉じ、二段目揚液パイプの前記吸引圧入ポンプを起動させ、前記二段目揚液パイプの空気を吸引し、前記二段目揚液パイプの中が真空に近く成り、大気と比較し、負圧となり、前記逆止弁が、開状態になり、前記液が吸い上げられ、前記二段目揚液パイプが、満管に近づき、前記吸引圧入ポンプを停止させ、前記開放弁を開き、前記二段目揚液パイプの中に空気を引込み、前記液が、少し下がり、前記逆止弁が、閉と成り、前記開放弁を閉じ、三段目以降も同じ動きを繰り返し、前記液を高所へ移送する事を特徴とする請求項1に記載の液体を高所へ移送する、省エネシステム

請求項3

当該揚液パイプより前記吸引圧入ポンプで吸引した、前記空気を前段揚液パイプの中に圧入する事を特徴とする請求項1〜2の何れか1項に記載の液体を高所へ移送する、省エネシステム

技術分野

0001

近年、原子力発電の神話が揺らぎ電力不足に陥り、節電重要性と、必然性
が叫ばれています。最近は、企業のみならず、一般家庭でも、節電への協力
努力が、不可欠と成って来ています。太陽光発電照明LED化等、いろんな
形で節電が実施されています。

0002

電力不足を補う為に、休止中の火力発電所を再稼働させたりしていますが、
燃料代が高い為に、電力会社の採算を悪くし、電気料金値上げなどの声も上がって来ています。節電を如何に進めるかが、企業の生命線になっています。

0003

工場ビル等の液体移送に対して、省エネが、出来る方法を見つける事が課題です。

背景技術

0004

特開平5-196000に、移送装置が、述べられています。

0005

特開平11-236900に、移送装置が、述べられています。

先行技術

0006

特開平5-196000
特開平11-236900

発明が解決しようとする課題

0007

液体の移送は、ポンプで圧送する方法が、主流です。ポンプ以外で、液体を高所へ移送する方法を開発する事を課題とします。

課題を解決するための手段

0008

大気圧の中で、液槽の中に片面が開放で他面が密閉揚液パイプを開放側が、液槽側になる様に立てます。開放側に逆止弁を取り付けます。密閉側真空ポンプ開放弁取付け、真空ポンプで揚液パイプ内の空気を吸引します。揚液パイプ内の空気が真空に近くなり、液槽面の大気圧に対して、負圧に成り逆止弁を開にし、液がパイプの中を吸い上げられ上部に移送します。液が揚液パイプの上部まで到達したら開放弁を開けて空気を取り込みます。揚液パイプ上部の液は、下に落ちますが、少し落ちたところで、逆止弁が動作し閉となり、液は、止まります。揚液パイプ上部の大気の圧力は、大気圧と同圧に成ります。

0009

一段目揚液パイプは、一端部開放で前記一端部開放側に逆止弁を有し、他端部密閉で、前記他端部側に開放弁と吸引ポンプを有し、前記一段目揚液パイプは、液槽の中に前記一端部開放側を下にして立て、二段目以降の揚液パイプは、一端部開放で前記一端部開放側に逆止弁を有し、他端部密閉で、前記他端部側に開放弁と吸引圧入ポンプを有し、前段揚液パイプの中に前記一端部開放側を下にして立て、周囲を密閉します。一段目揚液パイプの前記吸引ポンプを起動させ、前記一段目揚液パイプの空気を吸引し、前記一段目揚液パイプの中が真空に近く成り、大気と比較し、負圧となり、前記逆止弁が、開状態になり、前記液槽の液が吸い上げられ、前記一段目揚液パイプが、満管に近づき、前記吸引ポンプを停止させ、前記開放弁を開き、前記一段目揚液パイプの中に空気を引込み、前記液が、下がり初め前記逆止弁が、閉と成り、前記液は、下がるのを止め、前記開放弁を閉じ、二段目揚液パイプの前記吸引圧入ポンプを起動させ、前記二段目揚液パイプの空気を吸引し、前記二段目揚液パイプの中が真空に近く成り、大気と比較し、負圧となり、前記逆止弁が、開状態になり、前記液が吸い上げられ、前記二段目揚液パイプが、満管に近づき、前記吸引圧入ポンプを停止させ、前記開放弁を開き、前記二段目揚液パイプの中に空気を引込み、前記液が、少し下がり、前記逆止弁が、閉と成り、前記開放弁を閉じ、三段目以降も同じ動きを繰り返し、前記液を高所へ移送します。

0010

本システムは、揚液パイプの中の空気を抜き、真空に近づけると大気圧に対して、揚液パイプの中が負圧に成り、大気圧の力で、液を上部に移送しています。1気圧は、水の場合、10m移送出来ます。一段目1気圧としますと、二段目、三段目と高さが高くなり、気圧が低くなり移送力が弱まります。その為、揚液パイプから吸引圧入ポンプで吸引した空気を前段揚液パイプの上部の中に圧入する事で前段揚液パイプの内部圧力を高め、移送力の低下を防ぎ、更に強化します。

発明の効果

0011

ビル、マンションや工場など液体を高所に移送する時にポンプの力を借りているけど、本システムでは、僅かな電力で液を高所に移送でき、省エネ効果が上がる。

図面の簡単な説明

0012

揚液イメージ図 全体
揚液のイメージ図一段目途中
揚液のイメージ図 一段目満管
揚液のイメージ図 一段目開放弁開
揚液のイメージ図 二段目途中
揚液のイメージ図 二段目満管
揚液のイメージ図 二段目開放弁開
揚液のイメージ図 三段目途中
揚液のイメージ図 三段目満管
揚液のイメージ図 三段目開放弁開 四段目以降へ

0013

1逆止弁
2吸引ポンプ
3開放弁
4 逆止弁
5吸引圧入ポンプ
6 開放弁
7 逆止弁
8 吸引圧入ポンプ
9 開放弁
10 逆止弁

実施例

0014

本発明の実施の形態を図に基づいて説明します。
図1の図面は、液移送の全体イメージ図です。液槽に液が入れられています。一段目は、下面が開放の揚液パイプの下面側に逆止弁1を取付けし、液の中に立てます。揚液パイプの先端部に吸引ポンプ2と開放弁3を取り付けます。二段目は、前段の揚液パイプの上部の中から揚液パイプを立ち上げます。揚液パイプの下部には、逆止弁4を取付し、上部には、吸引圧入ポンプ5と開放弁6を取付けします。3段目以降は、同じく揚液パイプ、逆止弁7、吸引圧入ポンプ8と開放弁9を順次取り付けます。

0015

一段目揚液ポンプの吸引ポンプ2を起動して、揚液パイプの中の空気を吸引し、真空に近づくと、揚液パイプの中を液が上昇します。上昇高さは、液の種類で様々です。
液体が水の場合、1気圧の下で、揚水パイプの中を真空にすると約10m水が揚水パイプの中を上がります。図2は、その途中の状態で、液面が、半分位上がってきています。図3は、満管に成り、吸引ポンプ2を停止していますが、揚液パイプの中が、負圧になっていますので、液は、其の侭停止しています。図4は、開放弁3を開けた状態です。開放弁3から空気が入ってきて、揚液パイプの中は、負圧ではなく、大気圧に成ります。液は、空気が入ってきて、下がろうとしますが、逆止弁1が、閉となり、液は、上部に止まり、一段目の位相が完了します。

0016

二段目揚液ポンプの吸引圧入ポンプ5を起動して、揚液パイプの中の空気を吸引し、真空に近づくと、揚液パイプの中を液が上昇します。上昇高さは、液の種類で様々です。吸引した空気は、一段目の揚水パイプ上部に圧入して内部圧力を上げます。図5は、その途中の状態で、液面が、半分位上がってきています。図6は、満管に成り、吸引圧入ポンプ5を停止していますが、揚液パイプの中が、負圧になっていますので、液は、其の侭停止しています。図7は、開放弁6を開けた状態です。開放弁6から空気が入ってきて、揚液パイプの中は、負圧ではなく、大気圧に成ります。液は、空気が入ってきて、下がろうとしますが、逆止弁4が、閉となり、液は、上部に止まり、二段目の位相が完了します。

0017

三段目揚液ポンプの吸引圧入ポンプ8を起動して、揚液パイプの中の空気を吸引し、真空に近づくと、揚液パイプの中を液が上昇します。上昇高さは、液の種類で様々です。吸引した空気は、二段目の揚水パイプ上部に圧入して内部圧力を上げます。図8は、その途中の状態で、液面が、半分位上がってきています。図9は、満管に成り、吸引圧入ポンプ8を停止していますが、揚液パイプの中が、負圧になっていますので、液は、其の侭停止しています。図10は、開放弁9を開けた状態です。開放弁9から空気が入ってきて、揚液パイプの中は、負圧ではなく、大気圧に成ります。液は、空気が入ってきて、下がろうとしますが、逆止弁7が、閉となり、液は、上部に止まり、三段目の位相が完了します。

0018

一段目揚液パイプは、一端部開放で前記一端部開放側に逆止弁1を有し、他端部密閉で、前記他端部側に吸引ポンプ2と開放弁3を有し、前記一段目揚液パイプは、液槽の中に前記一端部開放側を下にして立て、二段目以降の揚液パイプは、一端部開放で前記一端部開放側に逆止弁4を有し、他端部密閉で、前記他端部側に吸引圧入ポンプ5と開放弁6とを有し、前段揚液パイプの中に前記一端部開放側を下にして立て、周囲を密閉します。

0019

一段目揚液パイプの前記吸引ポンプ2を起動させ、前記一段目揚液パイプの空気を吸引し、前記一段目揚液パイプの中が真空に近く成り、大気と比較し、負圧となり、前記逆止弁1が、開状態になり、前記液槽の液が吸い上げられ、前記一段目揚液パイプが、満管に近づき、前記吸引ポンプ2を停止させ、前記開放弁3を開き、前記一段目揚液パイプの中に空気を引込み、前記液が、下がり初め前記逆止弁1が、閉と成り、前記液は、下がるのを止め、前記開放弁3を閉じ、二段目揚液パイプの前記吸引圧入ポンプ5を起動させ、前記二段目揚液パイプの空気を吸引し、前記二段目揚液パイプの中が真空に近く成り、大気と比較し、負圧となり、前記逆止弁4が、開状態になり、前記液が吸い上げられ、前記二段目揚液パイプが、満管に近づき、前記吸引圧入5ポンプを停止させ、前記開放弁6を開き、前記二段目揚液パイプの中に空気を引込み、前記液が、少し下がり、前記逆止弁4が、閉と成り、前記開放弁6を閉じ、三段目以降も同じ動きを繰り返し、前記液を高所へ移送します。

0020

本システムは、揚液パイプの中の空気を抜き、真空に近づけると大気圧に対して、揚液パイプの中が負圧に成り、大気圧の力で、液を上部に移送しています。1気圧は、水の場合、10m移送出来ます。一段目1気圧としますと、二段目、三段目と高さが高くなり、気圧が低くなり移送力が弱まります。その為、揚液パイプから吸引圧入ポンプで吸引した空気を前段揚液パイプの上部の中に圧入する事で前段揚液パイプの内部圧力を高め、移送力の低下を防ぎ、更に強化します。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 愛三工業株式会社の「 エゼクタ及びそれを備えた燃料電池システム」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】複数ノズルから負圧発生室へ噴射される作動流体と負圧発生室に吸入される目的流体との均一で良好な混合を図り、ノズル噴射孔から結露水を効果的に排出して作動流体の噴射の乱れを抑えること。【解決手段】内... 詳細

  • パナソニックIPマネジメント株式会社の「 送風装置」が 公開されました。( 2020/04/02)

    【課題】送風装置の第1の吹出口と第2の吹出口から吹き出す空気の風向を変更できる。【解決手段】吸込口6を設けた略箱形状の筐体2の天面から延び、筐体2の左右方向における一方側に配置された第1のノズル3Aと... 詳細

  • パナソニックIPマネジメント株式会社の「 送風装置」が 公開されました。( 2020/04/02)

    【課題】羽根が見えない送風装置が動いているかどうかが、一目でがわかる。【解決手段】第1のノズル3Aは、筐体2の前後方向における一方側に第1の吹出口9Aを有し、第2のノズル3Bは、筐体2の前後方向におけ... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ