図面 (/)

技術 対象物搬送機構と駐車装置

出願人 IHI運搬機械株式会社
発明者 赤壁伸司小林陽介高橋克之
出願日 2015年4月18日 (4年10ヶ月経過) 出願番号 2015-085496
公開日 2016年12月8日 (3年2ヶ月経過) 公開番号 2016-204898
状態 特許登録済
技術分野 乗り物を格納するための建築物
主要キーワード 仮想接線 縦方向ガイド 縦方向レール 横方向レール 横方向ガイド 鍔付き車輪 固定側ガイド 縦方向線
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年12月8日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

対象物または車両を搬送する構造に特徴のある対象物搬送機構車両駐車装置とを提供する。

解決手段

従来の対象物搬送機構に変わって、4つの前記パレット回転機構と一対の前記パレット側縦送りガイドとを有するパレットと、一対の前記固定側縦送りガイドと4つの前記固定側回転機構とを有する固定側ガイド機構パレット移動機構と、を備え、前記パレットを仮想縦方向に沿って移動させるときに4つの前記パレット側回転機構の回転体が一対の前記固定側縦送りガイドの各々の長手部材により形成される前記固定側輪郭の内側に向く側面を各々に転動でき、少なくとも2つの前記固定側回転機構の回転体が一対の前記パレット側縦送りガイドの各々の長手部材により形成される前記パレット側輪郭の外側に向く側面を各々に転動できる、ものとした。

概要

背景

対象物を搬送したいことがある。
例えば、物流システムにおいて対象物を搬送したい。
例えば、車両駐車装置において対象物である車両を駐車空間に移動させるのに、車両搬送機構を用いる。
対象物を互いに水平面内で互いに直交する向きに選択的に移動させたいことがある。
例えば、車両を縦方向に移動させた後で横方向に移動させたい。また、車両を横方向に移動させた後で縦方向に移動させたい。ここで、横方向と縦方向とは水平面内で互いに直交する向きである。

例えば、車両駐車装置において車両搬送機構が用いられる。
車両搬送機構が、車両を搭載したパレットを縦方向と横方向とに沿って並べられた複数の駐車空間の連なりに沿って移動させ、車両を所定の駐車空間に位置させて車両を駐車空間に駐車される。
また、車両搬送機構が、車両を搭載したパレットを縦方向と横方向とに沿って碁盤の目状に並べられた複数の駐車空間の連なりに沿って移動させ、車両を所定の駐車空間に位置させて車両を駐車空間に駐車される。

この様な車両搬送機構として、各種の構造が提案され、運用されている。
車両を縦方向に移動させた後で横方向に移動させる際に、また、車両を横方向に移動させた後で縦方向に移動させる際に、車両の移動方向を円滑に転向させる構造を嘱望されていた。

概要

対象物または車両を搬送する構造に特徴のある対象物搬送機構と車両駐車装置とを提供する。 従来の対象物搬送機構に変わって、4つの前記パレット側回転機構と一対の前記パレット側縦送りガイドとを有するパレットと、一対の前記固定側縦送りガイドと4つの前記固定側回転機構とを有する固定側ガイド機構とパレット移動機構と、を備え、前記パレットを仮想縦方向に沿って移動させるときに4つの前記パレット側回転機構の回転体が一対の前記固定側縦送りガイドの各々の長手部材により形成される前記固定側輪郭の内側に向く側面を各々に転動でき、少なくとも2つの前記固定側回転機構の回転体が一対の前記パレット側縦送りガイドの各々の長手部材により形成される前記パレット側輪郭の外側に向く側面を各々に転動できる、ものとした。

目的

本発明は以上に述べた問題点に鑑み案出されたもので、対象物または車両を搬送する構造に特徴のある対象物搬送機構と車両駐車装置とを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

対象物を上から見て互いに交差する一対の方向である仮想横方向と仮想縦方向とに選択的に沿って移動させることをできる対象物搬送機構であって、上から見て互いに平行な一対の第一辺と該第一辺に直交する一対の第二辺とで囲われる略矩形輪郭であるパレット側輪郭を持ち対象物を搭載可能な構造体であるパレット主構造体を有するパレットと、前記パレットの状態を仮想横方向に倣って移動する状態である横方向送り状態と仮想縦方向に倣って移動する状態である縦方向送り状態とのうちのどちらか一方の状態にして前記パレットを案内できる機構である固定側ガイド機構と、前記パレットを仮想縦方向と仮想横方向とのうちのどちらか一方に選択的に沿って移動させるパレット移動機構と、とを備え、前記固定側ガイド機構に仮想縦方向に平行して仮想縦方向に直交する向きに所定距離Pだけ離れる一対の仮想線である一対の縦方向ガイド線と仮想横方向に平行して仮想横方向に直交する向きに所定距離Oだけ離れる一対の仮想線である一対の横方向ガイド線とで囲われる略矩形の輪郭である固定側輪郭を仮想し、前記パレットが前記パレット主構造体と前記パレット側輪郭の一対の第一辺に沿って伸び長手部材を各々にもつ一対のパレット側縦送りガイドと前記パレット側輪郭の一対の第二辺に沿って伸びる長手部材をもつ一対のパレット側横送りガイドと前記パレット側輪郭の四隅の近傍に各々に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を各々に持つ4つのパレット側回転機構とを有し、前記固定側ガイド機構が一対の前記縦方向ガイド線に沿って各々に伸びる一対の長手部材を各々に持つ一対の固定側縦送りガイドと一対の前記横方向ガイド線に沿って各々に伸びる一対の長手部材を各々に持つ一対の固定側横送りガイドと前記固定側輪郭の四隅の近傍に各々に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を各々に持つ4つの固定側回転機構とを有し、前記パレット移動機構が前記パレットを仮想縦方向に沿って移動させるときに、4つの前記パレット側回転機構の回転体が一対の前記固定側縦送りガイドの各々の長手部材により形成される前記固定側輪郭の内側に向く側面を各々に転動でき、4つの前記固定側回転機構のうちの少なくとも2つの前記固定側回転機構の回転体が一対の前記パレット側縦送りガイドの各々の長手部材により形成される前記パレット側輪郭の外側に向く側面を各々に転動でき、前記パレット移動機構が前記パレットを仮想横方向に沿って移動させるときに、4つの前記パレット側回転機構の回転体が一対の前記固定側横送りガイドの各々の長手部材により形成される前記固定側輪郭の内側に向く側面を各々に転動でき、4つの前記固定側回転機構のうちの少なくとも2つの前記固定側回転機構の回転体が一対の前記パレット側横送りガイドの各々の長手部材により形成される前記パレット側輪郭の外側に向く側面を各々に転動できる、ことを特徴とする対象物搬送機構。

請求項2

前記パレットが状態を横方向送り状態と縦方向送り状態との間で切り替える位置である切替位置にあるときに、一対の前記パレット側縦送りガイドと一対の前記パレット側横送りガイドとの全ての長手部材が4つの前記固定側回転機構の全ての回転体から外れ、4つの前記パレット側回転機構の全ての回転体が一対の前記固定側縦送りガイドと一対の前記固定側横送りガイドとの全ての長手部材から外れる、こと特徴とする請求項1に記載の対象物搬送機構。

請求項3

対象物を上から見て互いに交差する一対の方向である仮想横方向と仮想縦方向とに選択的に沿って移動させることをできる対象物搬送機構であって、上から見て互いに平行な一対の第一辺と該第一辺に直交する一対の第二辺とで囲われる略矩形の輪郭であるパレット側輪郭を持ち対象物を搭載可能な構造体であるパレット主構造体を有するパレットと、前記パレットの状態を仮想横方向に倣って移動する状態である横方向送り状態と仮想縦方向に倣って移動する状態である縦方向送り状態とのうちのどちらか一方の状態にして前記パレットを案内できる機構である固定側ガイド機構と、前記パレットを仮想縦方向と仮想横方向とのうちのどちらか一方に選択的に沿って移動させるパレット移動機構と、とを備え、前記固定側ガイド機構に仮想縦方向に平行して仮想縦方向に直交する向きに所定距離Pだけ離れる一対の仮想線である一対の縦方向ガイド線と仮想横方向に平行して仮想横方向に直交する向きに所定距離Oだけ離れる一対の仮想線である一対の横方向ガイド線とで囲われる略矩形の輪郭である固定側輪郭を仮想し、前記パレットが前記パレット主構造体と前記パレット側輪郭の一対の第一辺のうちの一方の第一辺に沿って伸びる長手部材を持つパレット側縦送りガイドと前記パレット側輪郭の一対の第二辺のうちの一方の第二辺に沿って伸びる長手部材を持つパレット側横送りガイドと前記パレット側輪郭の四隅の近傍に各々に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を各々に持つ4つのパレット側回転機構とを有し、前記固定側ガイド機構が、一対の前記縦方向ガイド線に沿って各々に伸びる一対の長手部材を各々に持つ一対の固定側縦送りガイドと一対の前記横方向ガイド線に沿って各々に伸びる一対の長手部材を各々に持つ一対の固定側横送りガイドと前記固定側輪郭の四隅のうちの一つの隅の近傍に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を持つ固定側回転機構とを有し、前記パレット移動機構が前記パレットを仮想縦方向に沿って移動させるときに、4つの前記パレット側回転機構の回転体が一対の前記固定側縦送りガイドの各々の長手部材により形成される前記固定側輪郭の内側に向く側面を各々に転動でき、1つの前記固定側回転機構の回転体がパレット側縦送りガイドの長手部材により形成される前記パレット側輪郭の外側に向く側面を各々に転動でき、前記パレット移動機構が前記パレットを仮想横方向に沿って移動させるときに、4つの前記パレット側回転機構の回転体が一対の前記固定側横送りガイドの各々の長手部材により形成される前記固定側輪郭の内側に向く側面を各々に転動でき、前記固定側回転機構の回転体が前記パレット側横送りガイドの長手部材により形成される前記パレット側輪郭の外側に向く側面を各々に転動できる、ことを特徴とする対象物搬送機構。

請求項4

前記パレットが状態を横方向送り状態と縦方向送り状態との間で切り替える位置である切替位置にあるときに、前記パレット側縦送りガイドと前記パレット側横送りガイドとの全ての長手部材が前記固定側回転機構の回転体から外れ、4つの前記パレット側回転機構の全ての回転体が一対の前記固定側縦送りガイドと一対の前記固定側横送りガイドとの全ての長手部材から外れる、こと特徴とする請求項3に記載の対象物搬送機構。

請求項5

対象物を上から見て互いに交差する一対の方向である仮想横方向と仮想縦方向とに選択的に沿って移動させることをできる対象物搬送機構であって、上から見て互いに平行な一対の第一辺と該第一辺に直交する一対の第二辺とで囲われる略矩形の輪郭であるパレット側輪郭を持ち対象物を搭載可能な構造体であるパレット主構造体を有するパレットと、前記パレットの状態を仮想横方向に倣って移動する状態である横方向送り状態と仮想縦方向に倣って移動する状態である縦方向送り状態とのうちのどちらか一方の状態にして前記パレットを案内できる機構である固定側ガイド機構と、前記パレットを仮想縦方向と仮想横方向とのうちのどちらか一方に選択的に沿って移動させるパレット移動機構と、とを備え、前記固定側ガイド機構に仮想縦方向に平行して仮想縦方向に直交する向きに所定距離Pだけ離れる一対の仮想線である一対の縦方向ガイド線と仮想横方向に平行して仮想横方向に直交する向きに所定距離Oだけ離れる一対の仮想線である一対の横方向ガイド線とで囲われる略矩形の輪郭である固定側輪郭を仮想し、前記パレットが前記パレット主構造体と前記パレット側輪郭の一対の第一辺に沿って伸びる長手部材を各々にもつ一対のパレット側縦送りガイドと前記パレット側輪郭の一対の第二辺に沿って伸びる長手部材をもつ一対のパレット側横送りガイドと前記パレット側輪郭の四隅のうちの1つの隅の近傍に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体をもつパレット側回転機構とを有し、前記固定側ガイド機構が一対の前記縦方向ガイド線のうちの一方の縦方向ガイド線に沿って伸びる長手部材を持つ固定側縦送りガイドと一対の前記横方向ガイド線のうちの一方の横方向ガイド線に沿って伸びる長手部材を持つ固定側横送りガイドと前記固定側輪郭の四隅の近傍に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を各々に持つ4つの固定側回転機構とを有し、前記パレット移動機構が前記パレットを仮想縦方向に沿って移動させるときに、前記パレット側回転機構の回転体が前記前記固定側縦送りガイドの長手部材により形成される前記固定側輪郭の内側に向く側面を各々に転動でき、4つの前記固定側回転機構のうちの少なくとも2つのつの前記固定側回転機構の回転体が一対の前記パレット側縦送りガイドの各々の長手部材により形成される前記パレット側輪郭の外側に向く側面を各々に転動でき、前記パレット移動機構が前記パレットを仮想横方向に沿って移動させるときに、前記パレット側回転機構の回転体が前記固定側横送りガイドの長手部材により形成される前記固定側輪郭の内側に向く側面を各々に転動でき、4つの前記固定側回転機構のうちの少なくとも2つのつの前記固定側回転機構の回転体が一対の前記パレット側横送りガイドの各々の長手部材により形成される前記パレット側輪郭の外側に向く側面を各々に転動できる、ことを特徴とする対象物搬送機構。

請求項6

前記パレットが状態を横方向送り状態と縦方向送り状態との間で切り替える位置である切替位置にあるときに、一対の前記パレット側縦送りガイドと一対の前記パレット側横送りガイドとの全ての長手部材が4つの前記固定側回転機構の全ての回転体から外れ、前記パレット側回転機構の回転体が前記固定側縦送りガイドと前記固定側横送りガイドとの全ての長手部材から外れる、こと特徴とする請求項5に記載の対象物搬送機構。

請求項7

対象物を上から見て互いに交差する一対の方向である仮想横方向と仮想縦方向とに選択的に沿って移動させることをできる対象物搬送機構であって、上から見て互いに平行な一対の第一辺と該第一辺に直交する一対の第二辺とで囲われる略矩形の輪郭であるパレット側輪郭を持ち対象物を搭載可能な構造体であるパレット主構造体を有するパレットと、前記パレットの状態を仮想横方向に倣って移動する状態である横方向送り状態と仮想縦方向に倣って移動する状態である縦方向送り状態とのうちのどちらか一方の状態にして前記パレットを案内できる機構である固定側ガイド機構と、前記パレットを仮想縦方向と仮想横方向とのうちのどちらか一方に選択的に沿って移動させるパレット移動機構と、とを備え、前記固定側ガイド機構に仮想縦方向に平行して仮想縦方向に直交する向きに所定距離Pだけ離れる一対の仮想線である一対の縦方向ガイド線と仮想横方向に平行して仮想横方向に直交する向きに所定距離Oだけ離れる一対の仮想線である一対の横方向ガイド線とで囲われる略矩形の輪郭である固定側輪郭を仮想し、前記パレットが前記パレット主構造体と前記パレット側輪郭の一対の第一辺のうちの一方の第一辺に沿って伸びる様になる長手部材をもつパレット側縦送りガイドと前記パレット側輪郭の四隅のうちの前記パレット側輪郭の一対の第一辺のうちの他方の第一辺に沿って並ぶ2つの隅の近傍に各々に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を各々に持つ2つのパレット側回転機構とを有し、前記固定側ガイド機構が一対の前記縦方向ガイド線のうちの一方の縦方向ガイド線に沿って伸びる長手部材を持つ固定側縦送りガイドと前記固定側輪郭の四隅のうちの他方の前記縦方向ガイド線に沿った2つの隅のうちの1つの隅の近傍に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を持つ固定側回転機構とを有し、前記パレット移動機構が前記パレットを仮想縦方向に沿って移動させるときに、2つの前記パレット側回転機構の回転体が前記固定側縦送りガイドの長手部材により形成される前記固定側輪郭の内側に向く側面を各々に転動でき、前記固定側回転機構の回転体が前記パレット側縦送りガイドの長手部材により形成される前記パレット側輪郭の外側に向く側面を各々に転動できる、ことを特徴とする対象物搬送機構。

請求項8

前記パレットが状態を横方向送り状態と縦方向送り状態との間で切り替える位置である切替位置にあるときに、パレット側縦送りガイドの長手部材が前記固定側回転機構の回転体から外れ、2つの前記パレット側回転機構の全ての回転体が前記固定側縦送りガイドの長手部材から外れる、こと特徴とする請求項7に記載の対象物搬送機構。

請求項9

対象物を上から見て互いに交差する一対の方向である仮想横方向と仮想縦方向とに選択的に沿って移動させることをできる対象物搬送機構であって、上から見て互いに平行な一対の第一辺と該第一辺に直交する一対の第二辺とで囲われる略矩形の輪郭であるパレット側輪郭を持ち対象物を搭載可能な構造体であるパレット主構造体を有するパレットと、前記パレットの状態を仮想横方向に倣って移動する状態である横方向送り状態と仮想縦方向に倣って移動する状態である縦方向送り状態とのうちのどちらか一方の状態にして前記パレットを案内できる機構である固定側ガイド機構と、前記パレットを仮想縦方向と仮想横方向とのうちのどちらか一方に選択的に沿って移動させるパレット移動機構と、とを備え、前記固定側ガイド機構に仮想縦方向に平行して仮想縦方向に直交する向きに所定距離Pだけ離れる一対の仮想線である一対の縦方向ガイド線と仮想横方向に平行して仮想横方向に直交する向きに所定距離Oだけ離れる一対の仮想線である一対の横方向ガイド線とで囲われる略矩形の輪郭である固定側輪郭を仮想し、前記パレットが前記パレット主構造体と前記パレット側輪郭の一対の第二辺のうちの一方の第二辺に沿って伸びる様になる長手部材をもつパレット側横送りガイドと前記パレット側輪郭の四隅のうちの前記パレット側輪郭の一対の第二辺のうちの他方の第二辺に沿って並ぶ2つの隅の近傍に各々に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を各々に持つ2つのパレット側回転機構とを有し、前記固定側ガイド機構が、一対の前記横方向ガイド線のうちの一方の横方向ガイド線に沿って伸びる長手部材を持つ固定側横送りガイドと前記固定側輪郭の四隅のうちの他方の前記横方向ガイド線に沿った2つの隅の近傍に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を各々に持つ2つの固定側回転機構とを有し、前記パレット移動機構が前記パレットを仮想横方向に沿って移動させるときに、2つの前記パレット側回転機構の回転体が前記固定側横送りガイドの長手部材により形成される前記固定側輪郭の内側に向く側面を各々に転動でき、2つの前記固定側回転機構のうちの少なくとも1つのつの前記固定側回転機構の回転体が前記パレット側横送りガイドの長手部材により形成される前記パレット側輪郭の外側に向く側面を各々に転動できる、ことを特徴とする対象物搬送機構。

請求項10

前記パレットが状態を横方向送り状態と縦方向送り状態との間で切り替える位置である切替位置にあるときに、前記パレット側横送りガイドの長手部材が2つの前記固定側回転機構の全ての回転体から外れ、2つの前記パレット側回転機構の全ての回転体が前記固定側横送りガイドの長手部材から外れる、こと特徴とする請求項9に記載の対象物搬送機構。

請求項11

複数の車両を水平面内で移動させて複数の駐車空間駐車させる駐車装置であって、複数の車両を水平面内で互いに直交する仮想線である少なくとも1個の仮想縦方向と少なくとも1個の仮想横方向とに選択的に沿って移動させることをできる車両搬送機構と、前記車両搬送機構を制御する制御機構と、を備え、前記車両搬送機構が、車両が対象物に相当する請求項1乃至請求項10のうちの一つの対象物搬送機構であり、前記制御機構が、複数の車両を各々に搭載する複数の前記パレットを、前記仮想縦方向線仮想横方向線とに沿って各々に移動させて、前記仮想縦方向線と仮想横方向線とに沿って位置する複数の駐車空間に置いて、車両を駐車空間に駐車させる、ことを特徴とする駐車装置。

技術分野

0001

本発明は、対象物搬送機構車両駐車装置とに係る。特に対象物または車両を搬送する構造に特徴のある対象物搬送機構と車両駐車装置とに関する。

背景技術

0002

対象物を搬送したいことがある。
例えば、物流システムにおいて対象物を搬送したい。
例えば、車両駐車装置において対象物である車両を駐車空間に移動させるのに、車両搬送機構を用いる。
対象物を互いに水平面内で互いに直交する向きに選択的に移動させたいことがある。
例えば、車両を縦方向に移動させた後で横方向に移動させたい。また、車両を横方向に移動させた後で縦方向に移動させたい。ここで、横方向と縦方向とは水平面内で互いに直交する向きである。

0003

例えば、車両駐車装置において車両搬送機構が用いられる。
車両搬送機構が、車両を搭載したパレットを縦方向と横方向とに沿って並べられた複数の駐車空間の連なりに沿って移動させ、車両を所定の駐車空間に位置させて車両を駐車空間に駐車される。
また、車両搬送機構が、車両を搭載したパレットを縦方向と横方向とに沿って碁盤の目状に並べられた複数の駐車空間の連なりに沿って移動させ、車両を所定の駐車空間に位置させて車両を駐車空間に駐車される。

0004

この様な車両搬送機構として、各種の構造が提案され、運用されている。
車両を縦方向に移動させた後で横方向に移動させる際に、また、車両を横方向に移動させた後で縦方向に移動させる際に、車両の移動方向を円滑に転向させる構造を嘱望されていた。

発明が解決しようとする課題

0005

本発明は以上に述べた問題点に鑑み案出されたもので、対象物または車両を搬送する構造に特徴のある対象物搬送機構と車両駐車装置とを提供する。

課題を解決するための手段

0006

上記目的を達成するため、本発明に係る対象物搬送機構は、対象物を上から見て互いに交差する一対の方向である仮想横方向と仮想縦方向とに選択的に沿って移動させることをでき、上から見て互いに平行な一対の第一辺と該第一辺に直交する一対の第二辺とで囲われる略矩形輪郭であるパレット側輪郭を持ち対象物を搭載可能な構造体であるパレット主構造体を有するパレットと、前記パレットの状態を仮想横方向に倣って移動する状態である横方向送り状態と仮想縦方向に倣って移動する状態である縦方向送り状態とのうちのどちらか一方の状態にして前記パレットを案内できる機構である固定側ガイド機構と、前記パレットを仮想縦方向と仮想横方向とのうちのどちらか一方に選択的に沿って移動させるパレット移動機構と、を備え、前記固定側ガイド機構に仮想縦方向に平行して仮想縦方向に直交する向きに所定距離Pだけ離れる一対の仮想線である一対の縦方向ガイド線と仮想横方向に平行して仮想横方向に直交する向きに所定距離Oだけ離れる一対の仮想線である一対の横方向ガイド線とで囲われる略矩形の輪郭である固定側輪郭を仮想し、前記パレットが前記パレット主構造体と前記パレット側輪郭の一対の第一辺に沿って伸び長手部材を各々にもつ一対のパレット側縦送りガイドと前記パレット側輪郭の一対の第二辺に沿って伸びる長手部材をもつ一対のパレット側横送りガイドと前記パレット側輪郭の四隅の近傍に各々に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を各々にもつ4つのパレット側回転機構とを有し、前記固定側ガイド機構が一対の前記縦方向ガイド線に沿って各々に伸びる一対の長手部材を各々に持つ一対の固定側縦送りガイドと一対の前記横方向ガイド線に沿って各々に伸びる一対の長手部材を各々に持つ一対の固定側横送りガイドと前記固定側輪郭の四隅の近傍に各々に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を各々に持つ4つの固定側回転機構とを有し、前記パレット移動機構が前記パレットを仮想縦方向に沿って移動させるときに4つの前記パレット側回転機構の回転体が一対の前記固定側縦送りガイドの各々の長手部材により形成される前記固定側輪郭の内側に向く側面を各々に転動でき、4つの前記固定側回転機構のうちの少なくとも2つの前記固定側回転機構の回転体が一対の前記パレット側縦送りガイドの各々の長手部材により形成される前記パレット側輪郭の外側に向く側面を各々に転動でき、前記パレット移動機構が前記パレットを仮想横方向に沿って移動させるときに4つの前記パレット側回転機構の回転体が一対の前記固定側横送りガイドの各々の長手部材により形成される前記固定側輪郭の内側に向く側面を各々に転動でき4つの前記固定側回転機構のうちの少なくとも2つの前記固定側回転機構の回転体が一対の前記パレット側横送りガイドの各々の長手部材により形成される前記パレット側輪郭の外側に向く側面を各々に転動できる、ものとした。

0007

上記本発明の構成により、対象物を水平面内で互いに交差する方向である仮想横方向と仮想縦方向とに選択的に沿って移動させることをできる。パレットは、上から見て互いに平行な一対の第一辺と該第一辺に直交する一対の第二辺とで囲われる略矩形の輪郭であるパレット側輪郭を持ち対象物を搭載可能な構造体であるパレット主構造体を有する。固定側ガイド機構は、前記パレットの状態を仮想横方向に倣って移動する状態である横方向送り状態と仮想縦方向に倣って移動する状態である縦方向送り状態とのうちのどちらか一方の状態にして前記パレットを案内できる機構である。パレット移動機構は、前記パレットを仮想縦方向と仮想横方向とのうちのどちらか一方に選択的に沿って移動させる。前記固定側ガイド機構に仮想縦方向に平行して仮想縦方向に直交する向きに所定距離Pだけ離れる一対の仮想線である一対の縦方向ガイド線と仮想横方向に平行して仮想横方向に直交する向きに所定距離Oだけ離れる一対の仮想線である一対の横方向ガイド線とで囲われる略矩形の輪郭である固定側輪郭を仮想する。前記パレットが前記パレット主構造体と前記パレット側輪郭の一対の第一辺に沿って伸びる長手部材を各々にもつ一対のパレット側縦送りガイドと前記パレット側輪郭の一対の第二辺に沿って伸びる長手部材をもつ一対のパレット側横送りガイドと前記パレット側輪郭の四隅の近傍に各々に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を各々にもつ4つのパレット側回転機構とを有する。前記固定側ガイド機構が一対の前記縦方向ガイド線に沿って各々に伸びる一対の長手部材を各々に持つ一対の固定側縦送りガイドと一対の前記横方向ガイド線に沿って各々に伸びる一対の長手部材を各々に持つ一対の固定側横送りガイドと前記固定側輪郭の四隅の近傍に各々に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を各々に持つ4つの固定側回転機構とを有する。前記パレット移動機構が前記パレットを仮想縦方向に沿って移動させるときに、4つの前記パレット側回転機構の回転体が一対の前記固定側縦送りガイドの各々の長手部材により形成される前記固定側輪郭の内側に向く側面を各々に転動でき、4つの前記固定側回転機構のうちの少なくとも2つの前記固定側回転機構の回転体が一対の前記パレット側縦送りガイドの各々の長手部材により形成される前記パレット側輪郭の外側に向く側面を各々に転動できる。前記パレット移動機構が前記パレットを仮想横方向に沿って移動させるときに、4つの前記パレット側回転機構の回転体が一対の前記固定側横送りガイドの各々の長手部材により形成される前記固定側輪郭の内側に向く側面を各々に転動でき、4つの前記固定側回転機構のうちの少なくとも2つの前記固定側回転機構の回転体が一対の前記パレット側横送りガイドの各々の長手部材により形成される前記パレット側輪郭の外側に向く側面を各々に転動できるる。
その結果、前記パレット移動機構が前記パレットを仮想縦方向に沿って移動させるときに、一対のパレット側縦送りガイドが4つの固定側回転機構のうちの2つの固定側回転機構に仮想縦方向に沿って移動自在に各々に案内され、4つのパレット側回転機構が一対の固定側縦送りガイドに仮想縦方向に沿って移動自在に各々に案内され、前記パレット移動機構が前記パレットを仮想横方向に沿って移動させるときに、一対のパレット側横送りガイドが4つの固定側回転機構のうちの2つの固定側回転機構に仮想横方向に沿って移動自在に各々に案内され、4つのパレット側回転機構が一対の固定側横送りガイドに仮想横方向に沿って移動自在に各々に案内される。

0008

本発明の実施形態に係る対象物搬送機構は、前記パレットが状態を横方向送り状態と縦方向送り状態との間で切り替える位置である切替位置にあるときに、一対の前記パレット側縦送りガイドと一対の前記パレット側横送りガイドとの全ての長手部材が4つの前記固定側回転機構の全ての回転体から外れ、4つの前記パレット側回転機構の全ての回転体が一対の前記固定側縦送りガイドと一対の前記固定側横送りガイドとの全ての長手部材から外れる。
上記の実施形態の構成により、前記パレットが状態を横方向送り状態と縦方向送り状態との間で切り替える位置である切替位置にあるときに、一対の前記パレット側縦送りガイドと一対の前記パレット側横送りガイドとの全ての長手部材が4つの前記固定側回転機構の全ての回転体から外れ、4つの前記パレット側回転機構の全ての回転体が一対の前記固定側縦送りガイドと一対の前記固定側横送りガイドとの全ての長手部材から外れる。
その結果、前記パレットを切替位置から仮想横方向と仮想縦方向とのうちのどちらか一方の方向を選択し、選択した方向へ移動させることをできる。

0009

上記目的を達成するため、本発明に係る対象物搬送機構は、対象物を上から見て互いに交差する一対の方向である仮想横方向と仮想縦方向とに選択的に沿って移動させることをでき、上から見て互いに平行な一対の第一辺と該第一辺に直交する一対の第二辺とで囲われる略矩形の輪郭であるパレット側輪郭を持ち対象物を搭載可能な構造体であるパレット主構造体を有するパレットと、前記パレットの状態を仮想横方向に倣って移動する状態である横方向送り状態と仮想縦方向に倣って移動する状態である縦方向送り状態とのうちのどちらか一方の状態にして前記パレットを案内できる機構である固定側ガイド機構と、前記パレットを仮想縦方向と仮想横方向とのうちのどちらか一方に選択的に沿って移動させるパレット移動機構と、を備え、前記固定側ガイド機構に仮想縦方向に平行して仮想縦方向に直交する向きに所定距離Pだけ離れる一対の仮想線である一対の縦方向ガイド線と仮想横方向に平行して仮想横方向に直交する向きに所定距離Oだけ離れる一対の仮想線である一対の横方向ガイド線とで囲われる略矩形の輪郭である固定側輪郭を仮想し、前記パレットが前記パレット主構造体と前記パレット側輪郭の一対の第一辺のうちの一方の第一辺に沿って伸びる長手部材を持つパレット側縦送りガイドと前記パレット側輪郭の一対の第二辺のうちの一方の第二辺に沿って伸びる長手部材を持つパレット側横送りガイドと前記パレット側輪郭の四隅の近傍に各々に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を各々に持つ4つのパレット側回転機構とを有し、前記固定側ガイド機構が一対の前記縦方向ガイド線に沿って各々に伸びる一対の長手部材を各々に持つ一対の固定側縦送りガイドと一対の前記横方向ガイド線に沿って各々に伸びる一対の長手部材を各々に持つ一対の固定側横送りガイドと前記固定側輪郭の四隅のうちの一つの隅の近傍に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を持つ固定側回転機構とを有し、前記パレット移動機構が前記パレットを仮想縦方向に沿って移動させるときに4つの前記パレット側回転機構の回転体が一対の前記固定側縦送りガイドの各々の長手部材により形成される前記固定側輪郭の内側に向く側面を各々に転動でき1つの前記固定側回転機構の回転体がパレット側縦送りガイドの長手部材により形成される前記パレット側輪郭の外側に向く側面を各々に転動でき、前記パレット移動機構が前記パレットを仮想横方向に沿って移動させるときに4つの前記パレット側回転機構の回転体が一対の前記固定側横送りガイドの各々の長手部材により形成される前記固定側輪郭の内側に向く側面を各々に転動でき前記固定側回転機構の回転体が前記パレット側横送りガイドの長手部材により形成される前記パレット側輪郭の外側に向く側面を各々に転動できる、ものとした。

0010

上記本発明の構成により、対象物搬送機構は、対象物を上から見て互いに交差する一対の方向である仮想横方向と仮想縦方向とに選択的に沿って移動させることをでき、対象物を上から見て互いに交差する一対の方向である仮想横方向と仮想縦方向とに選択的に沿って移動させることをできる。パレットは、上から見て互いに平行な一対の第一辺と該第一辺に直交する一対の第二辺とで囲われる略矩形の輪郭であるパレット側輪郭を持ち対象物を搭載可能な構造体であるパレット主構造体を有する。固定側ガイド機構は、前記パレットの状態を仮想横方向に倣って移動する状態である横方向送り状態と仮想縦方向に倣って移動する状態である縦方向送り状態とのうちのどちらか一方の状態にして前記パレットを案内できる機構である。パレット移動機構は、前記パレットを仮想縦方向と仮想横方向とのうちのどちらか一方に選択的に沿って移動させる。前記固定側ガイド機構に仮想縦方向に平行して仮想縦方向に直交する向きに所定距離Pだけ離れる一対の仮想線である一対の縦方向ガイド線と仮想横方向に平行して仮想横方向に直交する向きに所定距離Oだけ離れる一対の仮想線である一対の横方向ガイド線とで囲われる略矩形の輪郭である固定側輪郭を仮想する。前記パレットが前記パレット主構造体と前記パレット側輪郭の一対の第一辺のうちの一方の第一辺に沿って伸びる長手部材を持つパレット側縦送りガイドと前記パレット側輪郭の一対の第二辺のうちの一方の第二辺に沿って伸びる長手部材を持つパレット側横送りガイドと前記パレット側輪郭の四隅の近傍に各々に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を各々に持つ4つのパレット側回転機構とを有する。前記固定側ガイド機構が、一対の前記縦方向ガイド線に沿って各々に伸びる一対の長手部材を各々に持つ一対の固定側縦送りガイドと一対の前記横方向ガイド線に沿って各々に伸びる一対の長手部材を各々に持つ一対の固定側横送りガイドと前記固定側輪郭の四隅のうちの一つの隅の近傍に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を持つ固定側回転機構とを有する。前記パレット移動機構が前記パレットを仮想縦方向に沿って移動させるときに、4つの前記パレット側回転機構の回転体が一対の前記固定側縦送りガイドの各々の長手部材により形成される前記固定側輪郭の内側に向く側面を各々に転動でき、1つの前記固定側回転機構の回転体がパレット側縦送りガイドの長手部材により形成される前記パレット側輪郭の外側に向く側面を各々に転動できる。前記パレット移動機構が前記パレットを仮想横方向に沿って移動させるときに、4つの前記パレット側回転機構の回転体が一対の前記固定側横送りガイドの各々の長手部材により形成される前記固定側輪郭の内側に向く側面を各々に転動でき、前記固定側回転機構の回転体が前記パレット側横送りガイドの長手部材により形成される前記パレット側輪郭の外側に向く側面を各々に転動できる。
その結果、前記パレット移動機構が前記パレットを仮想縦方向に沿って移動させるときに、4つのパレット側回転機構が一対の固定側縦送りガイドに仮想縦方向に沿って移動自在に各々に案内され前記固定側回転機構がパレット側縦送りガイドに仮想縦方向に沿って移動自在に案内され、前記パレット移動機構が前記パレットを仮想横方向に沿って移動させるときに、4つのパレット側回転機構が一対の固定側横送りガイドに仮想横方向に沿って移動自在に各々に案内され前記固定側回転機構が前記パレット側横送りガイドに仮想横方向に沿って移動自在に案内される。

0011

本発明の実施形態に係る対象物搬送機構は、前記パレットが状態を横方向送り状態と縦方向送り状態との間で切り替える位置である切替位置にあるときに、前記パレット側縦送りガイドと前記パレット側横送りガイドとの全ての長手部材が前記固定側回転機構の回転体から外れ、4つの前記パレット側回転機構の全ての回転体が一対の前記固定側縦送りガイドと一対の前記固定側横送りガイドとの全ての長手部材から外れる。
上記の実施形態の構成により、前記パレットが状態を横方向送り状態と縦方向送り状態との間で切り替える位置である切替位置にあるときに、前記パレット側縦送りガイドと前記パレット側横送りガイドとの全ての長手部材が前記固定側回転機構の回転体から外れ、4つの前記パレット側回転機構の全ての回転体が一対の前記固定側縦送りガイドと一対の前記固定側横送りガイドとの全ての長手部材から外れる。
その結果、前記パレットを切替位置から仮想横方向と仮想縦方向とのうちのどちらか一方の方向を選択し、選択した方向へ移動させることをできる。

0012

上記目的を達成するため、本発明に係る対象物搬送機構は、対象物を上から見て互いに交差する一対の方向である仮想横方向と仮想縦方向とに選択的に沿って移動させることをでき、上から見て互いに平行な一対の第一辺と該第一辺に直交する一対の第二辺とで囲われる略矩形の輪郭であるパレット側輪郭を持ち対象物を搭載可能な構造体であるパレット主構造体を有するパレットと、前記パレットの状態を仮想横方向に倣って移動する状態である横方向送り状態と仮想縦方向に倣って移動する状態である縦方向送り状態とのうちのどちらか一方の状態にして前記パレットを案内できる機構である固定側ガイド機構と、前記パレットを仮想縦方向と仮想横方向とのうちのどちらか一方に選択的に沿って移動させるパレット移動機構と、を備え、前記固定側ガイド機構に仮想縦方向に平行して仮想縦方向に直交する向きに所定距離Pだけ離れる一対の仮想線である一対の縦方向ガイド線と仮想横方向に平行して仮想横方向に直交する向きに所定距離Oだけ離れる一対の仮想線である一対の横方向ガイド線とで囲われる略矩形の輪郭である固定側輪郭を仮想し、前記パレットが前記パレット主構造体と前記パレット側輪郭の一対の第一辺に沿って伸びる長手部材を各々にもつ一対のパレット側縦送りガイドと前記パレット側輪郭の一対の第二辺に沿って伸びる長手部材をもつ一対のパレット側横送りガイドと前記パレット側輪郭の四隅のうちの1つの隅の近傍に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を持つパレット側回転機構とを有し、前記固定側ガイド機構が一対の前記縦方向ガイド線のうちの一方の縦方向ガイド線に沿って伸びる長手部材を持つ固定側縦送りガイドと一対の前記横方向ガイド線のうちの一方の横方向ガイド線に沿って伸びる長手部材を持つ固定側横送りガイドと前記固定側輪郭の四隅の近傍に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を各々に持つ4つの固定側回転機構とを有し、前記パレット移動機構が前記パレットを仮想縦方向に沿って移動させるときに前記パレット側回転機構の回転体が前記固定側縦送りガイドの長手部材により形成される前記固定側輪郭の内側に向く側面を各々に転動でき4つの前記固定側回転機構のうちの少なくとも2つのつの前記固定側回転機構の回転体が一対の前記パレット側縦送りガイドの各々の長手部材により形成される前記パレット側輪郭の外側に向く側面を各々に転動でき、前記パレット移動機構が前記パレットを仮想横方向に沿って移動させるときに前記パレット側回転機構の回転体が前記固定側横送りガイドの長手部材により形成される前記固定側輪郭の内側に向く側面を各々に転動でき4つの前記固定側回転機構のうちの少なくとも2つの前記固定側回転機構の回転体が一対の前記パレット側横送りガイドの各々の長手部材により形成される前記パレット側輪郭の外側に向く側面を各々に転動できる、ものとした。

0013

上記本発明の構成により、パレットは、対象物を上から見て互いに交差する一対の方向である仮想横方向と仮想縦方向とに選択的に沿って移動させることをでき、上から見て互いに平行な一対の第一辺と該第一辺に直交する一対の第二辺とで囲われる略矩形の輪郭であるパレット側輪郭を持ち対象物を搭載可能な構造体であるパレット主構造体を有する。
固定側ガイド機構は、前記パレットの状態を仮想横方向に倣って移動する状態である横方向送り状態と仮想縦方向に倣って移動する状態である縦方向送り状態とのうちのどちらか一方の状態にして前記パレットを案内できる機構である。パレット移動機構は、前記パレットを仮想縦方向と仮想横方向とのうちのどちらか一方に選択的に沿って移動させる。前記固定側ガイド機構に仮想縦方向に平行して仮想縦方向に直交する向きに所定距離Pだけ離れる一対の仮想線である一対の縦方向ガイド線と仮想横方向に平行して仮想横方向に直交する向きに所定距離Oだけ離れる一対の仮想線である一対の横方向ガイド線とで囲われる略矩形の輪郭である固定側輪郭を仮想する。前記パレットが前記パレット主構造体と前記パレット側輪郭の一対の第一辺に沿って伸びる長手部材を各々にもつ一対のパレット側縦送りガイドと前記パレット側輪郭の一対の第二辺に沿って伸びる長手部材をもつ一対のパレット側横送りガイドと前記パレット側輪郭の四隅のうちの1つの隅の近傍に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を持つパレット側回転機構とを有する。前記固定側ガイド機構が一対の前記縦方向ガイド線のうちの一方の縦方向ガイド線に沿って各々に伸びる長手部材を持つ固定側縦送りガイドと一対の前記横方向ガイド線のうちの一方の横方向ガイド線に沿って伸びる長手部材を持つ固定側横送りガイドと前記固定側輪郭の四隅の近傍に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を各々に持つ4つの固定側回転機構とを有する。前記パレット移動機構が前記パレットを仮想縦方向に沿って移動させるときに、前記パレット側回転機構の回転体が一対の前記固定側縦送りガイドの各々の長手部材により形成される前記固定側輪郭の内側に向く側面を各々に転動でき、4つの前記固定側回転機構のうちの少なくとも2つのつの前記固定側回転機構の回転体が一対の前記パレット側縦送りガイドの各々の長手部材により形成される前記パレット側輪郭の外側に向く側面を各々に転動でる。前記パレット移動機構が前記パレットを仮想横方向に沿って移動させるときに、前記パレット側回転機構の回転体が一対の前記固定側横送りガイドの各々の長手部材により形成される前記固定側輪郭の内側に向く側面を各々に転動でき、4つの前記固定側回転機構のうちの少なくとも2つのつの前記固定側回転機構の回転体が一対の前記パレット側横送りガイドの各々の長手部材により形成される前記パレット側輪郭の外側に向く側面を各々に転動できる。
その結果、前前記パレット移動機構が前記パレットを仮想縦方向に沿って移動させるときに、一対の前記パレット側縦送りガイドが4つの前記固定側回転機構のうちの2つの前記固定側回転機構に仮想縦方向に沿って移動自在に各々に案内され、2つの前記パレット側回転機構のうちの一方の前記パレット側回転機構が前記固定側縦送りガイドに仮想縦方向に沿って移動自在に各々に案内され、前記パレット移動機構が前記パレットを仮想横方向に沿って移動させるときに、一対の前記パレット側横送りガイドが4つの前記固定側回転機構のうちの2つの前記固定側回転機構に仮想横方向に沿って移動自在に各々に案内され、2つの前記パレット側回転機構のうちの一方の前記パレット側回転機構が前記固定側横送りガイドに仮想横方向に沿って移動自在に各々に案内される。

0014

本発明の実施形態に係る対象物搬送機構は、前記パレットが状態を横方向送り状態と縦方向送り状態との間で切り替える位置である切替位置にあるときに、一対の前記パレット側縦送りガイドと一対の前記パレット側横送りガイドとの全ての長手部材が4つの前記固定側回転機構の全ての回転体から外れ、前記パレット側回転機構の回転体が前記固定側縦送りガイドと前記固定側横送りガイドとの全ての長手部材から外れる。
上記の実施形態の構成により、前記パレットが状態を横方向送り状態と縦方向送り状態との間で切り替える位置である切替位置にあるときに、一対の前記パレット側縦送りガイドと一対の前記パレット側横送りガイドとの全ての長手部材が4つの前記固定側回転機構の全ての回転体から外れ、2つの前記パレット側回転機構の全ての回転体が前記固定側縦送りガイドと前記固定側横送りガイドとの全ての長手部材から外れる。
その結果、前記パレットを切替位置から仮想横方向と仮想縦方向とのうちのどちらか一方の方向を選択し、選択した方向へ移動させることをできる。

0015

本発明の実施形態に係る対象物搬送機構は、対象物を上から見て互いに交差する一対の方向である仮想横方向と仮想縦方向とに選択的に沿って移動させることをでき、上から見て互いに平行な一対の第一辺と該第一辺に直交する一対の第二辺とで囲われる略矩形の輪郭であるパレット側輪郭を持ち対象物を搭載可能な構造体であるパレット主構造体を有するパレットと、前記パレットの状態を仮想横方向に倣って移動する状態である横方向送り状態と仮想縦方向に倣って移動する状態である縦方向送り状態とのうちのどちらか一方の状態にして前記パレットを案内できる機構である固定側ガイド機構と、前記パレットを仮想縦方向と仮想横方向とのうちのどちらか一方に選択的に沿って移動させるパレット移動機構と、を備え、前記固定側ガイド機構に仮想縦方向に平行して仮想縦方向に直交する向きに所定距離Pだけ離れる一対の仮想線である一対の縦方向ガイド線と仮想横方向に平行して仮想横方向に直交する向きに所定距離Oだけ離れる一対の仮想線である一対の横方向ガイド線とで囲われる略矩形の輪郭である固定側輪郭を仮想し、前記パレットが前記パレット主構造体と前記パレット側輪郭の一対の第一辺のうちの一方の第一辺に沿って伸びる様になる長手部材をもつパレット側縦送りガイドと前記パレット側輪郭の四隅のうちの前記パレット側輪郭の一対の第一辺のうちの他方の第一辺に沿って並ぶ2つの隅の近傍に各々に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を各々に持つ2つのパレット側回転機構とを有し、前記固定側ガイド機構が一対の前記縦方向ガイド線のうちの一方の縦方向ガイド線に沿って伸びる長手部材を持つ固定側縦送りガイドと前記固定側輪郭の四隅のうちの他方の前記縦方向ガイド線に沿った2つの隅のうちの1つの隅の近傍に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を持つ固定側回転機構とを有し、前記パレット移動機構が前記パレットを仮想縦方向に沿って移動させるときに2つの前記パレット側回転機構の回転体が前記固定側縦送りガイドの長手部材により形成される前記固定側輪郭の内側に向く側面を各々に転動でき前記固定側回転機構の回転体が前記パレット側縦送りガイドの長手部材により形成される前記パレット側輪郭の外側に向く側面を各々に転動できる、ものとした。

0016

上記本発明の構成により、パレットは、対象物を上から見て互いに交差する一対の方向である仮想横方向と仮想縦方向とに選択的に沿って移動させることをでき、上から見て互いに平行な一対の第一辺と該第一辺に直交する一対の第二辺とで囲われる略矩形の輪郭であるパレット側輪郭を持ち対象物を搭載可能な構造体であるパレット主構造体を有する。
固定側ガイド機構は、前記パレットの状態を仮想横方向に倣って移動する状態である横方向送り状態と仮想縦方向に倣って移動する状態である縦方向送り状態とのうちのどちらか一方の状態にして前記パレットを案内できる機構である。パレット移動機構は、前記パレットを仮想縦方向と仮想横方向とのうちのどちらか一方に選択的に沿って移動させる。前記固定側ガイド機構に仮想縦方向に平行して仮想縦方向に直交する向きに所定距離Pだけ離れる一対の仮想線である一対の縦方向ガイド線と仮想横方向に平行して仮想横方向に直交する向きに所定距離Oだけ離れる一対の仮想線である一対の横方向ガイド線とで囲われる略矩形の輪郭である固定側輪郭を仮想する。前記パレットが前記パレット主構造体と前記パレット側輪郭の一対の第一辺のうちの一方の第一辺に沿って伸びる様になる長手部材をもつパレット側縦送りガイドと前記パレット側輪郭の四隅のうちの前記パレット側輪郭の一対の第一辺のうちの他方の第一辺に沿って並ぶ2つの隅の近傍に各々に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を各々に持つ2つのパレット側回転機構とを有する。前記固定側ガイド機構が一対の前記縦方向ガイド線のうちの一方の縦方向ガイド線に沿って伸びる長手部材を持つ固定側縦送りガイドと前記固定側輪郭の四隅のうちの他方の前記縦方向ガイド線に沿った2つの隅のうちの1つの隅の近傍に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を持つ固定側回転機構とを有する。前記パレット移動機構が前記パレットを仮想縦方向に沿って移動させるときに、2つの前記パレット側回転機構の回転体が前記固定側縦送りガイドの長手部材により形成される前記固定側輪郭の内側に向く側面を各々に転動でき、前記固定側回転機構の回転体が前記パレット側縦送りガイドの長手部材により形成される前記パレット側輪郭の外側に向く側面を各々に転動できる。
その結果、前記パレット移動機構が前記パレットを仮想縦方向に沿って移動させるときに、前記パレット側縦送りガイドが前記固定側回転機構に仮想縦方向に沿って移動自在に各々に案内され、2つの前記パレット側回転機構が前記固定側縦送りガイドに仮想縦方向に沿って移動自在に各々に案内される。

0017

本発明の実施形態に係る対象物搬送機構は、前記パレットが状態を横方向送り状態と縦方向送り状態との間で切り替える位置である切替位置にあるときに、パレット側縦送りガイドの長手部材が前記固定側回転機構の回転体から外れ、2つの前記パレット側回転機構の全ての回転体が前記固定側縦送りガイドの長手部材から外れる。
上記の実施形態の構成により、前記パレットが状態を横方向送り状態と縦方向送り状態との間で切り替える位置である切替位置にあるときに、パレット側縦送りガイドの長手部材が前記固定側回転機構の回転体から外れ、2つの前記パレット側回転機構の全ての回転体が前記固定側縦送りガイドの長手部材から外れる、
その結果、前記パレットを切替位置から仮想横方向と仮想縦方向とのうちのどちらか一方の方向を選択し、選択した方向へ移動させることをできる。

0018

本発明の実施形態に係る対象物搬送機構は、対象物を上から見て互いに交差する一対の方向である仮想横方向と仮想縦方向とに選択的に沿って移動させることをでき、上から見て互いに平行な一対の第一辺と該第一辺に直交する一対の第二辺とで囲われる略矩形の輪郭であるパレット側輪郭を持ち対象物を搭載可能な構造体であるパレット主構造体を有するパレットと、前記パレットの状態を仮想横方向に倣って移動する状態である横方向送り状態と仮想縦方向に倣って移動する状態である縦方向送り状態とのうちのどちらか一方の状態にして前記パレットを案内できる機構である固定側ガイド機構と、前記パレットを仮想縦方向と仮想横方向とのうちのどちらか一方に選択的に沿って移動させるパレット移動機構と、を備え、前記固定側ガイド機構に仮想縦方向に平行して仮想縦方向に直交する向きに所定距離Pだけ離れる一対の仮想線である一対の縦方向ガイド線と仮想横方向に平行して仮想横方向に直交する向きに所定距離Oだけ離れる一対の仮想線である一対の横方向ガイド線とで囲われる略矩形の輪郭である固定側輪郭を仮想し、前記パレットが前記パレット主構造体と前記パレット側輪郭の一対の第二辺のうちの一方の第二辺に沿って伸びる様になる長手部材をもつパレット側横送りガイドと前記パレット側輪郭の四隅のうちの前記パレット側輪郭の一対の第二辺のうちの他方の第二辺に沿って並ぶ2つの隅の近傍に各々に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を各々に持つ2つのパレット側回転機構とを有し、前記固定側ガイド機構が一対の前記横方向ガイド線のうちの一方の横方向ガイド線に沿って伸びる長手部材を持つ固定側横送りガイドと前記固定側輪郭の四隅のうちの他方の前記横方向ガイド線に沿った2つの隅の近傍に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を各々に持つ2つの固定側回転機構とを有し、前記パレット移動機構が前記パレットを仮想横方向 に沿って移動させるときに2つの前記パレット側回転機構の回転体が前記固定側縦送りガイドの長手部材により形成される前記固定側輪郭の内側に向く側面を各々に転動でき2つの前記固定側回転機構のうちのすく鳴くとの1つのつの前記固定側回転機構の回転体が前記パレット側横送りガイドの長手部材により形成される前記パレット側輪郭の外側に向く側面を各々に転動できる、

0019

上記本発明の構成により、対象物を上から見て互いに交差する一対の方向である仮想横方向と仮想縦方向とに選択的に沿って移動させることをできる。パレットは、上から見て互いに平行な一対の第一辺と該第一辺に直交する一対の第二辺とで囲われる略矩形の輪郭であるパレット側輪郭を持ち対象物を搭載可能な構造体であるパレット主構造体を有する。固定側ガイド機構は、前記パレットの状態を仮想横方向に倣って移動する状態である横方向送り状態と仮想縦方向に倣って移動する状態である縦方向送り状態とのうちのどちらか一方の状態にして前記パレットを案内できる機構である。パレット移動機構は、前記パレットを仮想縦方向と仮想横方向とのうちのどちらか一方に選択的に沿って移動させる。前記固定側ガイド機構に仮想縦方向に平行して仮想縦方向に直交する向きに所定距離Pだけ離れる一対の仮想線である一対の縦方向ガイド線と仮想横方向に平行して仮想横方向に直交する向きに所定距離Oだけ離れる一対の仮想線である一対の横方向ガイド線とで囲われる略矩形の輪郭である固定側輪郭を仮想する。前記パレットが前記パレット主構造体と前記パレット側輪郭の一対の第二辺のうちの一方の第二辺に沿って伸びる様になる長手部材をもつパレット側横送りガイドと前記パレット側輪郭の四隅のうちの前記パレット側輪郭の一対の第二辺のうちの他方の第二辺に沿って並ぶ2つの隅の近傍に各々に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を各々に持つ2つのパレット側回転機構とを有する。前記固定側ガイド機構が、一対の前記横方向ガイド線のうちの一方の横方向ガイド線に沿って伸びる長手部材を持つ固定側横送りガイドと前記固定側輪郭の四隅のうちの他方の前記横方向ガイド線に沿った2つの隅の近傍に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を各々に持つ2つの固定側回転機構とを有する。前記パレット移動機構が前記パレットを仮想横方向 に沿って移動させるときに、2つの前記パレット側回転機構の回転体が前記固定側縦送りガイドの長手部材により形成される前記固定側輪郭の内側に向く側面を各々に転動でき、2つの前記固定側回転機構のうちの少なくとも1つのつの前記固定側回転機構の回転体が前記パレット側横送りガイドの長手部材により形成される前記パレット側輪郭の外側に向く側面を各々に転動できる。
その結果、前記パレット移動機構が前記パレットを仮想横方向に沿って移動させるときに、前記パレット側横送りガイドが2つの前記固定側回転機構のうちの1つの前記固定側回転機構に仮想横方向に沿って移動自在に各々に案内され、2つの前記パレット側回転機構が前記固定側横送りガイドに仮想横方向に沿って移動自在に各々に案内される。

0020

本発明の実施形態に係る対象物搬送機構は、前記パレットが状態を横方向送り状態と縦方向送り状態との間で切り替える位置である切替位置にあるときに、前記パレット側横送りガイドの長手部材が2つの前記固定側回転機構の全ての回転体から外れ、2つの前記パレット側回転機構の全ての回転体が前記固定側横送りガイドの長手部材から外れる。
上記の実施形態の構成により、前記パレットが状態を横方向送り状態と縦方向送り状態との間で切り替える位置である切替位置にあるときに、前記パレット側横送りガイドの長手部材が2つの前記固定側回転機構の全ての回転体から外れ、2つの前記パレット側回転機構の全ての回転体が前記固定側横送りガイドの長手部材から外れる。
その結果、前記パレットを切替位置から仮想横方向と仮想縦方向とのうちのどちらか一方の方向を選択し、選択した方向へ移動させることをできる。

0021

本発明の実施形態に係る駐車装置は、複数の車両を水平面内で互いに直交する仮想線である少なくとも1個の仮想縦方向線と少なくとも1個の仮想横方向線とに選択的に沿って移動させることをできる車両搬送機構と、前記車両搬送機構を制御する制御機構と、を備え、前記車両搬送機構が、車両が対象物に相当する上記のうちの一つの対象物搬送機構であり、前記制御機構が、複数の車両を各々に搭載する複数の前記パレットを、前記仮想縦方向線と仮想横方向線とに沿って各々に移動させて、前記仮想縦方向線と仮想横方向線とに沿って位置する複数の駐車空間に置いて、車両を駐車空間に駐車させる。
上記の実施形態の構成により、車両搬送機構が、複数の車両を水平面内で互いに直交する仮想線である少なくとも1個の仮想縦方向線と少なくとも1個の仮想横方向線とに選択的に沿って移動させることをできる。制御機構が、前記車両搬送機構を制御する。前記車両搬送機構が、車両が対象物に相当する上記のうちの一つの対象物搬送機構である。前記制御機構が、複数の車両を各々に搭載する複数の前記パレットを、前記仮想縦方向線と仮想横方向線とに沿って各々に移動させて、前記仮想縦方向線と仮想横方向線とに沿って位置する複数の駐車空間に置いて、車両を駐車空間に駐車させる。
その結果、駐車装置が円滑に車両を搬送することをできる。

発明の効果

0022

以上説明したように、本発明に係る対象物搬送機構と駐車装置とは、その構成により、以下の効果を有する。
パレットにパレット側輪郭の四隅に回転体をもつパレット側回転機構と前記パレット側輪郭の一対の第一辺に沿って伸びる長手部材をもつ一対のパレット側縦送りガイドと前記パレット側輪郭の一対の第二辺に沿って伸びる長手部材をもつ一対のパレット側横送りガイドとを設け、仮想横方向に平行で所定距離Pだけ離れる一対の縦方向ガイド線と仮想縦方向に平行で所定距離Oだけ離れる一対の横方向ガイド線とで囲う固定側輪郭の四隅に回転体をもつ固定側回転機構と一対の縦方向ガイド線に沿って伸びる長手部材をもつ一対の固定側縦送りガイドと一対の横方向ガイド線に沿って伸びる長手部材をもつ一対の固定側横送りガイドとを設け、前記パレットを仮想縦方向に沿って移動させるときに、4つの前記パレット側回転機構の回転体が一対の前記固定側縦送りガイドの各々の長手部材により形成される前記固定側輪郭の内側に向く側面を各々に転動でき、4つの前記固定側回転機構のうちの少なくとも2つの前記固定側回転機構の回転体が一対の前記パレット側縦送りガイドの各々の長手部材により形成される前記パレット側輪郭の外側に向く側面を各々に転動でき、前記パレットを仮想横方向に沿って移動させるときに、4つの前記パレット側回転機構の回転体が一対の前記固定側横送りガイドの各々の長手部材により形成される前記固定側輪郭の内側に向く側面を各々に転動でき、少なくとも2つの前記固定側回転機構の回転体が一対の前記パレット側横送りガイドの各々の長手部材により形成される前記パレット側輪郭の外側に向く側面を各々に転動できる様にしたので、前記パレット移動機構が前記パレットを仮想縦方向に沿って移動させるときに、一対のパレット側縦送りガイドが4つの固定側回転機構のうちの2つの固定側回転機構に仮想縦方向に沿って移動自在に各々に案内され、4つのパレット側回転機構が一対の固定側縦送りガイドに仮想縦方向に沿って移動自在に各々に案内され、前記パレット移動機構が前記パレットを仮想横方向に沿って移動させるときに、一対のパレット側横送りガイドが4つの固定側回転機構のうちの2つの固定側回転機構に仮想横方向に沿って移動自在に各々に案内され、4つのパレット側回転機構が一対の固定側横送りガイドに仮想横方向に沿って移動自在に各々に案内される。
また、前記パレットが切替位置にあるときに、一対の前記パレット側縦送りガイドと一対の前記パレット側横送りガイドとの全ての長手部材が4つの前記固定側回転機構の全ての回転体から外れ、4つの前記パレット側回転機構の全ての回転体が一対の前記固定側縦送りガイドと一対の前記固定側横送りガイドとの全ての長手部材から外れる様にしたので、前記パレットを切替位置から仮想横方向と仮想縦方向とのうちのどちらか一方の方向を選択し、選択した方向へ移動させることをできる。
パレットにパレット側輪郭の四隅に回転体をもつパレット側回転機構と前記パレット側輪郭の一方の第一辺に沿って伸びる長手部材をもつパレット側縦送りガイドと前記パレット側輪郭の一方の第二辺に沿って伸びる長手部材をもつ一対のパレット側横送りガイドとを設け、仮想横方向に平行で所定距離Pだけ離れる一対の縦方向ガイド線と仮想縦方向に平行で所定距離Oだけ離れる一対の横方向ガイド線とで囲う固定側輪郭の四隅のうちの一つの隅に回転体をもつ固定側回転機構と一対の縦方向ガイド線に沿って伸びる長手部材をもつ一対の固定側縦送りガイドと一対の横方向ガイド線に沿って伸びる長手部材をもつ一対の固定側横送りガイドとを設け、前記パレットを仮想縦方向に沿って移動させるときに、4つの前記パレット側回転機構の回転体が一対の前記固定側縦送りガイドの各々の長手部材により形成される前記固定側輪郭の内側に向く側面を各々に転動でき、1つの前記固定側回転機構の回転体がパレット側縦送りガイドの長手部材により形成される前記パレット側輪郭の外側に向く側面を各々に転動でき、前記パレットを仮想横方向に沿って移動させるときに、4つの前記パレット側回転機構の回転体が一対の前記固定側横送りガイドの各々の長手部材により形成される前記固定側輪郭の内側に向く側面を各々に転動でき、前記固定側回転機構の回転体が前記パレット側横送りガイドの長手部材により形成される前記パレット側輪郭の外側に向く側面を各々に転動できる様にしたので、前記パレット移動機構が前記パレットを仮想縦方向に沿って移動させるときに、4つのパレット側回転機構が一対の固定側縦送りガイドに仮想縦方向に沿って移動自在に各々に案内され前記固定側回転機構がパレット側縦送りガイドに仮想縦方向に沿って移動自在に案内され、前記パレット移動機構が前記パレットを仮想横方向に沿って移動させるときに、4つのパレット側回転機構が一対の固定側横送りガイドに仮想横方向に沿って移動自在に各々に案内され前記固定側回転機構が前記パレット側横送りガイドに仮想横方向に沿って移動自在に案内される。
また、前記パレットが状態を横方向送り状態と縦方向送り状態との間で切り替える位置である切替位置にあるときに、4つの前記パレット側回転機構の全ての回転体が一対の前記固定側縦送りガイドと一対の前記固定側横送りガイドとの全ての長手部材から外れ、前記パレット側縦送りガイドと前記パレット側横送りガイドとの全ての長手部材が前記固定側回転機構から外れる、様にしたので、前記パレットを切替位置から仮想横方向と仮想縦方向とのうちのどちらか一方の方向を選択し、選択した方向へ移動させることをできる。
パレットにパレット側輪郭の四隅のうちの対角の2つの隅に回転体をもつ一対のパレット側回転機構と前記パレット側輪郭の一対の第一辺に沿って伸びる長手部材をもつ一対のパレット側縦送りガイドと前記パレット側輪郭の一対の第二辺に沿って伸びる長手部材をもつ一対のパレット側横送りガイドとを設け、仮想横方向に平行で所定距離Pだけ離れる一対の縦方向ガイド線と仮想縦方向に平行で所定距離Oだけ離れる一対の横方向ガイド線とで囲う固定側輪郭の四隅に回転体をもつ固定側回転機構と一対の縦方向ガイド線の一方に沿って伸びる長手部材をもつ一対の固定側縦送りガイドと一対の横方向ガイド線の一方に沿って伸びる長手部材をもつ一対の固定側横送りガイドとを設け、前記パレットを仮想縦方向に沿って移動させるときに、2つの前記パレット側回転機構の回転体が一対の前記固定側縦送りガイドの各々の長手部材により形成される前記固定側輪郭の内側に向く側面を各々に転動でき、少なくとも2つの前記固定側回転機構の回転体が一対の前記パレット側縦送りガイドの各々の長手部材により形成される前記パレット側輪郭の外側に向く側面を各々に転動でき、前記パレットを仮想横方向に沿って移動させるときに、2つの前記パレット側回転機構の回転体が一対の前記固定側横送りガイドの各々の長手部材により形成される前記固定側輪郭の内側に向く側面を各々に転動でき、少なくとも2つの前記固定側回転機構の回転体が一対の前記パレット側横送りガイドの各々の長手部材により形成される前記パレット側輪郭の外側に向く側面を各々に転動できる、様にしたので、前前記パレット移動機構が前記パレットを仮想縦方向に沿って移動させるときに、一対の前記パレット側縦送りガイドが4つの前記固定側回転機構のうちの2つの前記固定側回転機構に仮想縦方向に沿って移動自在に各々に案内され、2つの前記パレット側回転機構のうちの一方の前記パレット側回転機構が前記固定側縦送りガイドに仮想縦方向に沿って移動自在に各々に案内され、前記パレット移動機構が前記パレットを仮想横方向に沿って移動させるときに、一対の前記パレット側横送りガイドが少なくとも2つの前記固定側回転機構に仮想横方向に沿って移動自在に各々に案内され、2つの前記パレット側回転機構のうちの一方の前記パレット側回転機構が前記固定側横送りガイドに仮想横方向に沿って移動自在に各々に案内される。
また、前記パレットが状態を横方向送り状態と縦方向送り状態との間で切り替える位置である切替位置にあるときに、一対の前記パレット側縦送りガイドと一対の前記パレット側横送りガイドとの全ての長手部材が4つの前記固定側回転機構の全ての回転体から外れ、2つの前記パレット側回転機構の全ての回転体が前記固定側縦送りガイドと前記固定側横送りガイドとの全ての長手部材から外れる、様にしたので、前記パレットを切替位置から仮想横方向と仮想縦方向とのうちのどちらか一方の方向を選択し、選択した方向へ移動させることをできる。
パレットにパレット側輪郭の四隅の他方の第一辺にに沿って並ぶ1つの隅に回転体をもつパレット側回転機構と前記パレット側輪郭の一方の第一辺に沿って伸びる長手部材をもつ一対のパレット側縦送りガイドとを設け、仮想横方向に平行で所定距離Pだけ離れる一対の縦方向ガイド線と仮想縦方向に平行で所定距離Oだけ離れる一対の横方向ガイド線とで囲う固定側輪郭の四隅のうちの他方の前記縦方向ガイド線に沿った1つの隅の近傍に位置する回転体をもつ固定側回転機構と一対の縦方向ガイド線の内の他方に沿って伸びる長手部材をもつ固定側縦送りガイドとを設け、前記パレットを仮想縦方向に沿って移動させるときに、2つの前記パレット側回転機構の回転体が前記固定側縦送りガイドの長手部材により形成される前記固定側輪郭の内側に向く側面を各々に転動でき、前記固定側回転機構の回転体が前記パレット側縦送りガイドの長手部材により形成される前記パレット側輪郭の外側に向く側面を各々に転動できる様にしたので、前記パレット移動機構が前記パレットを仮想縦方向に沿って移動させるときに、前記パレット側縦送りガイドが前記固定側回転機構に仮想縦方向に沿って移動自在に各々に案内され、2つの前記パレット側回転機構が前記固定側縦送りガイドに仮想縦方向に沿って移動自在に各々に案内される。
また、前記パレットが状態を横方向送り状態と縦方向送り状態との間で切り替える位置である切替位置にあるときに、パレット側縦送りガイドの長手部材が前記固定側回転機構の回転体から外れ、2つの前記パレット側回転機構の全ての回転体が前記固定側縦送りガイドの長手部材から外れる、様にしたので、前記パレットを切替位置から仮想横方向と仮想縦方向とのうちのどちらか一方の方向を選択し、選択した方向へ移動させることをできる。
パレットにパレット側輪郭の四隅のうちの他方の第二辺に沿った2つの隅の近傍に位置する回転体をもつパレット側回転機構と前記パレット側輪郭の一方の第二辺に沿って伸びる長手部材をもつパレット側横送りガイドとを設け、仮想横方向に平行で所定距離Pだけ離れる一対の縦方向ガイド線と仮想縦方向に平行で所定距離Oだけ離れる一対の横方向ガイド線とで囲う固定側輪郭の四隅のうちの他方の前記横方向ガイド線に沿った2つの隅に位置する回転体をもつ固定側回転機構と一方の横方向ガイド線に沿って伸びる長手部材をもつ一対の固定側横送りガイドとを設け、前記パレットを仮想横方向 に沿って移動させるときに、2つの前記パレット側回転機構の回転体が前記固定側縦送りガイドの長手部材により形成される前記固定側輪郭の内側に向く側面を各々に転動でき、少なくとも1つの前記固定側回転機構の回転体が前記パレット側横送りガイドの長手部材により形成される前記パレット側輪郭の外側に向く側面を各々に転動できる、様にしたので、前記パレット移動機構が前記パレットを仮想横方向に沿って移動させるときに、前記パレット側横送りガイドが少なくとも1つの前記固定側回転機構に仮想横方向に沿って移動自在に各々に案内され、2つの前記パレット側回転機構が前記固定側横送りガイドに仮想横方向に沿って移動自在に各々に案内される。
また、前記パレットが状態を横方向送り状態と縦方向送り状態との間で切り替える位置である切替位置にあるときに、前記パレット側横送りガイドの長手部材が2つの前記固定側回転機構の全ての回転体から外れ、2つの前記パレット側回転機構の全ての回転体が前記固定側横送りガイドの長手部材から外れる様にしたので、前記パレットを切替位置から仮想横方向と仮想縦方向とのうちのどちらか一方の方向を選択し、選択した方向へ移動させることをできる。
また、駐車装置が上記の対象物搬送機構を用いて車両を搬送し駐車させる様にしたので、駐車装置が円滑に車両を搬送することをできる。
従って、円滑に対象物を搬送する対象物搬送機構と車両を駐車させる駐車装置とを提供できる。

図面の簡単な説明

0023

本発明の第一の実施形態に係る対象物搬送機構の平面図である。
本発明の第一の実施形態に係るパレットの平面図である。
本発明の第一の実施形態に係る対象物搬送機構の側面図である。
本発明の第一の実施形態に係る対象物搬送機構の正面図である。
本発明の第一の実施形態に係る対象物搬送機構の作用平面図その1である。
本発明の第一の実施形態に係る対象物搬送機構の作用側面図その1である。
本発明の第一の実施形態に係る対象物搬送機構の作用平面図その2である。
本発明の第一の実施形態に係る対象物搬送機構の作用側面図その2である。
本発明の第二の実施形態に係る対象物搬送機構の平面図である。
本発明の第二の実施形態に係るパレットの平面図である。
本発明の第三の実施形態に係る対象物搬送機構の平面図である。
本発明の第三の実施形態に係るパレットの平面図である。
本発明の第四の実施形態に係る対象物搬送機構の平面図である。
本発明の第四の実施形態に係るパレットの平面図である。
本発明の第四の実施形態に係る対象物搬送機構の側面図である。
本発明の第四の実施形態に係る対象物搬送機構の正面図である。
本発明の第五の実施形態に係る対象物搬送機構の平面図である。
本発明の第五の実施形態に係るパレットの平面図である。
本発明の第一の実施形態にかかる駐車装置の平面概念図である。
本発明の第二の実施形態にかかる駐車装置の平面概念図である。

実施例

0024

以下、本発明を実施するための形態を、図面を参照して説明する。

0025

最初に、本発明の第一の実施形態にかかる対象物搬送機構を説明する。
図1は、本発明の第一の実施形態に係る対象物搬送機構の平面図である。図2は、本発明の第一の実施形態に係るパレットの平面図である。図3は、本発明の第一の実施形態に係る対象物搬送機構の側面図である。図4は、本発明の第一の実施形態に係る対象物搬送機構の正面図である。図5は、本発明の第一の実施形態に係る対象物搬送機構の作用平面図その1である。図6は、本発明の第一の実施形態に係る対象物搬送機構の作用側面図その1である。図7は、本発明の第一の実施形態に係る対象物搬送機構の作用平面図その2である。図8は、本発明の第一の実施形態に係る対象物搬送機構の作用側面図その2である。
ここで、説明の便宜のために、対象物搬送装置が車両を駐車させる駐車装置である場合を例に、説明する。

0026

本発明の第一の実施形態にかかる対象物搬送機構は、対象物を搬送する機構である。
本発明の第一の実施形態にかかる対象物搬送機構は、対象物を上から見て互いに交差する仮想線である仮想横方向Dxと仮想縦方向Dyとのどちらか一方に選択的に沿って移動させることをできる。
本発明の対象物搬送機構を駐車装置に適用する場合、対象物は車両である。
本発明の実施形態にかかる対象物搬送機構は、固定側ガイド機構100とパレット200とパレット移動機構300とで構成される。
本発明の実施形態にかかる対象物搬送機構は、固定側ガイド機構100とパレット200とパレット移動機構300とパレットロック機構500とで構成されてもよい。

0027

固定側ガイド機構100は、パレット200の状態を横方向送り状態と縦方向送り状態とのうちのどちらか一方の状態にしてパレットを案内する。
固定側ガイド機構100は、パレット200を仮想縦方向Dyと仮想横方向Dxのうちのどちらか一方に選択的に倣って移動自在に案内してもよい。
固定側ガイド機構100は、パレット200を仮想縦方向Dyと仮想横方向Dxのうちのどちらか一方を選択し選択した方向線に倣って移動自在に案内してもよい。
横方向送り状態は、パレット200が仮想横方向Dxに倣って移動する状態である。
縦方向送り状態は、パレット200が仮想縦方向Dyに倣って移動する状態である。

0028

固定側ガイド機構100は、基礎等に設けられ、後述するパレットをガイドしてもよい。
固定側ガイド機構100は、固定側横送りガイド110xで構成されてもよい。
固定側ガイド機構100は、固定側縦送りガイド110yで構成されてもよい。
固定側ガイド機構100は、固定側横送りガイド110xと固定側縦送りガイド110yとで構成されてもよい。
固定側ガイド機構100は、1対の固定側横送りガイド110xで構成されてもよい。
固定側ガイド機構100は、1対の固定側横送りガイド110xと一対の固定側縦送りガイド110yとで構成されてもよい。

0029

固定側ガイド機構100に一対の縦方向ガイド線Ryと一対の横方向ガイド線Rxとで囲われる略矩形の輪郭である固定側輪郭Rを仮想する。
一対の縦方向ガイド線Ryは、仮想縦方向Dyに平行して仮想縦方向Dyに直交する向きに所定距離Pだけ離れる一対の仮想線である。
一対の横方向ガイド線Rxは、仮想横方向Dxに平行して仮想横方向Dxに直交する向きに所定距離Oだけ離れる一対の仮想線である。
一対の縦方向ガイド線Ryは、所定の長さOを持つ。
一対の横方向ガイド線Rxは、所定の長さPを持つ。

0030

例えば、固定側ガイド機構100が一対の固定側縦送りガイド110yと一対の固定側横送りガイド110xと4つの固定側回転機構120とを有する。
一対の固定側縦送りガイド110yは、一対の縦方向ガイド線Ryに沿って各々に伸びる一対の長手部材を各々に持つ。
一対の固定側横送りガイド110xは、一対の横方向ガイド線Rxに沿って各々に伸びる一対の長手部材を各々に持つ。
4つの固定側回転機構120は、固定側輪郭Rの四隅の近傍に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を各々に持つ。
4つの固定側回転機構120は、固定側輪郭Rの四隅の外側に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を各々に持ってもよい。

0031

長手部材は、所定の幅を持つ。
一対の固定側縦送りガイド110yの長手部材は、固定側輪郭Rの内側に向く側面を形成する。
一対の固定側横送りガイド110xの長手部材は、固定側輪郭Rの内側に向く側面を形成する。

0032

後述するパレット側回転機構222の回転体が、一対の固定側縦送りガイド110yの長手部材または一対の固定側横送りガイド110xの長手部材の形成する固定側輪郭Rの内側に向く側面を転動できる。
後述する4つのパレット側回転機構222の各々の回転体が、一対の固定側縦送りガイド110yまたは一対の固定側横送りガイド110xのうちの一方の一対の長手部材の形成する固定側輪郭Rの内側に向く側面を各々に転動できる。

0033

一対の固定側縦送りガイド110yの長手部材は、縦方向ガイド線Ryの所定の長さOより短い長さを持つ。
一対の固定側横送りガイド110xの長手部材は、横方向ガイド線Rxの所定の長さPより短い長さを持つ。

0034

パレット200は、対象物を搭載可能な構造体である。
パレット200は、対象物を搭載し、固定側ガイド機構100によりガイドされ、パレット移動機構300により移動される。
パレット200は、パレット主構造体210とパレット側ガイド機構220とで構成されてもよい。
パレット200は、パレット主構造体210とパレット側ガイド機構220とパレット側回転機構222とで構成されてもよい。
パレット側ガイド機構220は、パレット側縦送りガイド221yで構成されてもよい。
パレット側ガイド機構220は、パレット側横送りガイド221xで構成されてもよい。
パレット側ガイド機構220は、パレット側縦送りガイド221yとパレット側横送りガイド221とで構成されてもよい。
パレット側ガイド機構220は、一対のパレット側縦送りガイド221yと一対のパレット側横送りガイド221とで構成されてもよい。

0035

パレット200は、パレット主構造体210と一対のパレット側縦送りガイド221yと一対のパレット側横送りガイド221と4つのパレット側回転機構とで構成されてもよい。
パレット200は、パレット主構造体210と一対のパレット側縦送りガイド221yと一対のパレット側横送りガイド221と4つのパレット側回転機構と横送り回転体232xと縦送り回転体232yと横送り回転体232xと縦送り回転体232yとで構成されてもよい。
パレット200は、パレット主構造体210と一対のパレット側縦送りガイド221yと一対のパレット側横送りガイド221と4つのパレット側回転機構と横送り回転体232xと縦送り回転体232yと二対の横送り回転体232xと二対の縦送り回転体232yとで構成されてもよい。
パレット200は、パレット主構造体210と一対のパレット側縦送りガイド221yと一対のパレット側横送りガイド221と4つのパレット側回転機構と横送り回転体232xと縦送り回転体232yと二対の横送り回転体232xと二対の縦送り回転体232yとレール構造230とで構成されてもよい。

0036

パレット主構造体210は、パレット側輪郭Qを持ち対象物を搭載可能な構造体である。
パレット側輪郭Qの形状は、固定側輪郭Rの形状より小さくても良い。
パレット側輪郭Qは、上から見て互いに平行な一対の第一辺Qyと第一辺に直交する一対の第二辺Qxとで囲われる略矩形の輪郭である。
パレット主構造体210は、パレット側輪郭Qを持ち対象物を搭載可能な構造体であり、構造体の下側に下方に向いた面である転動面Sを設けられてもよい。
例えば、パレット側輪郭Qが長方形である場合に、第一辺Qyが長辺であり、第二辺Qxが短辺である。

0037

一対のパレット側縦送りガイド221yは、パレット側輪郭Qの一対の第一辺Qyに沿って伸びる長手部材を各々にもつ。
一対のパレット側横送りガイド221xは、パレット側輪郭Qの一対の第二辺Qxに沿って伸びる長手部材を各々にもつ。

0038

パレット側縦送りガイド221yの長手部材は、パレット側輪郭Qの外側に向く側面を形成する。
パレット側横送りガイド221xの長手部材は、パレット側輪郭Qの外側に向く側面を形成する。

0039

前述の固定側回転機構120の回転体が、一対のパレット側縦送りガイド221yまたは一対のパレット側横送りガイド221xの長手部材により形成されるパレット側輪郭Qの外側に向く側面を転動できる。
前述の4つの固定側回転機構120の各々の回転体が、一対のパレット側縦送りガイド221yまたは一対のパレット側横送りガイド221xのうちの一方の一対の長手部材により形成されるパレット側輪郭Qの外側に向く側面を各々に転動できる。

0040

4つのパレット側回転機構222は、パレット側輪郭Qの四隅の近傍に各々に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を各々に持つ。
4つのパレット側回転機構222は、パレット側輪郭Qの四隅の内側に各々に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を各々に持ってもよい。

0041

レール構造230は、パレット主構造体210の下部構造であり、転動面Sに相当するレール面を形成する。
レール構造230は、1対の縦方向レール231yと1対の横方向レール231xとで構成されてもよい。
1対の縦方向レール231yは、パレット主構造体210の下側に仮想パレット縦方向線Wに上から見て平行に延びる様に設けられレール面Sを下方に向けるレールである
1対の横方向レール231xは、仮想パレット縦方向線Wに上から見て直交して延びる様に設けられレール面Sを下方に向けるレールである。

0042

一対の縦方向レール231yの長手方向に沿って各々に延びる仮想の線である一対の縦方向送り線Jyが、所定間隔Nだけ離れて、上から見て第一辺Qyに各々に平行する。
一対の横方向レール231xの長手方向に沿って各々に延びる仮想の線である一対の横方向送り線Jxが、所定間隔Mだけ離れて、、上から見て第二辺Qxに各々に平行する。

0043

横送り回転体232xは、パレット主構造体210の下側に仮想パレット縦方向線Wに上から見て直交する回転軸心の回りに空転できる様に固定される回転体である。
2対の横送り回転体232xが、一対の横方向レール231xに所定間隔Pだけ離れて各々に設けられた各々に2つの切欠き部に各々に位置する。
所定距離Pは所定距離Nに一致しなくてもよい。

0044

後述する横送り回転ローラ311xが横送り回転体232xを支持するときのパレット主構造体219の高さが、回転ローラが外周面を転動面Sに接して転動するときのパレット主構造体210の高さに一致してもよい。
例えば、2対の横送り回転体232xの回転面の回転ロールに接する箇所の高さ位置が、一対の横方向レール231xの形成する転動面Sの高さ位置に一致する。

0045

後述する横送り回転ローラ311xが横送り回転体232xを支持するときのパレット主構造体210の高さが、回転ローラが外周面を転動面Sに接して転動するときのパレット主構造体210の高さにより高くてもよい。
例えば、2対の横送り回転体232xの回転面の回転ロールに接する箇所の高さ位置が、一対の横方向レール231xの形成する転動面Sの高さ位置より下方にある。

0046

縦送り回転体232yは、パレット主構造体の下側に仮想パレット縦方向線Wに平行する回転軸心の回りに空転できる様に固定される回転体である。
2対の縦送り回転体232yが、一対の縦方向レール231yに所定間隔Oだけ離れて各々に設けられた各々に2つの切欠き部に各々に位置する。
所定距離Oは、所定距離Mに一致しなくてもよい。

0047

後述する縦送り回転ローラ311yが縦送り回転体を支持するときのパレット主構造体の高さが、回転ローラが外周面を転動面に接して転動するときのパレット主構造体の高さに一致してもよい。
例えば、2対の縦送り回転体232yの回転面の回転ロールに接する箇所の高さ位置が、一対の縦方向レール231yの形成する転動面Sの高さ位置に一致する。

0048

後述する縦送り回転ローラ311yが縦送り回転体を支持するときのパレット主構造体の高さが、回転ローラが外周面を転動面Sに接して転動するときのパレット主構造体の高さにより高くてもよい。
例えば、2対の縦送り回転体232yの回転面の回転ロールに接する個所の高さ位置が、一対の縦方向レール231yの形成する転動面Sの高さ位置より下方にある。

0049

回転体が、略円筒の形状をもつ回転面を形成してもよい。
回転体が、中央部が膨らんだ樽状の回転面を形成してもよい。
回転体が、中央部の直径より両サイドの直径が大きい輪郭をもつ回転面を形成してもよい。
パレット200が状態を切替位置にあるときに、回転ローラの外周面が回転体の回転面の両サイドに接してもよい。
切替位置は、パレットが姿勢を横方向送り状態と縦方向送り状態との間で切り替える位置である。
例えば、回転体が鍔付き車輪の輪郭を持つ回転面を形成してもよい。
例えば、パレットが状態を横方向送り状態と縦方向送り状態との切替位置にあるときに、回転ローラの外周面が回転体の回転面の鍔部に接する。

0050

パレット被係合部250は、後述するパレットロック機構(図示せず)に係合できる被係合部である。
例えば、パレット被係合部250は、後述するパレットロック機構(図示せず)に係合できる上下方向に貫通する貫通穴を形成される。
例えば、パレット被係合部250は、後述するパレットロック機構(図示せず)に係合できる横方向または縦方向に向いた当接面を形成する被係合部を設けられる
パレットロック機構(図示せず)がパレット被係合部250に係合するときに、パレット200は、仮想横方向に沿った移動と仮想縦方向に沿った移動のどちらか一方の移動を選択的に拘束される。
または、パレットロック機構(図示せず)が被係合部に係合するときに、パレット200は、仮想横方向に沿った移動と仮想縦方向に沿った移動との両方の移動を拘束される。
パレットロック機構(図示せず)が被係合部に係合しないときに、パレット200は、仮想横方向に沿った移動と仮想縦方向に沿った移動との両方の移動を自由にされる。

0051

後述するパレット移動機構300がパレット200を仮想縦方向Dyに沿って移動させるときに、4つのパレット側回転機構222の回転体が一対の固定側縦送りガイド110yの各々の長手部材により形成される固定側輪郭Rの内側に向く側面を各々に転動でき、4つの固定側回転機構120の回転体が一対のパレット側縦送りガイド221yの各々の長手部材により形成されるパレット側輪郭Qの外側に向く側面を各々に転動できる。
その結果、後述するパレット移動機構300がパレット200を仮想縦方向Dyに沿って移動させるときに、一対のパレット側縦送りガイド221yが4つの固定側回転機構120のうちの2つの固定側回転機構120に仮想縦方向Dyに沿って移動自在に各々に案内され、4つのパレット側回転機構222が一対の固定側縦送りガイド110yに仮想縦方向Dyに沿って移動自在に各々に案内される、

0052

後述するパレット移動機構300がパレット200を仮想横方向Dxに沿って移動させるときに、4つのパレット側回転機構222の回転体が一対の固定側横送りガイド110xの各々の長手部材により形成される固定側輪郭Rの内側に向く側面を各々に転動でき、4つの固定側回転機構120の回転体が一対のパレット側横送りガイド221xの各々の長手部材により形成されるパレット側輪郭Qの外側に向く側面を各々に転動できる。
その結果、後述するパレット移動機構300がパレット200を仮想横方向Dxに沿って移動させるときに、一対のパレット側横送りガイド221xが4つの固定側回転機構120のうちの2つの固定側回転機構120に仮想横方向Dxに沿って移動自在に各々に案内され、4つのパレット側回転機構222が一対の固定側横送りガイド110xに仮想横方向Dxに沿って移動自在に各々に案内される。

0053

パレット200が横方向送り状態と縦方向送り状態との間で切り替える位置である切替位置にあるときに、一対のパレット側縦送りガイド221yと一対のパレット側横送りガイド221xとの全ての長手部材が4つの固定側回転機構120の全ての回転体から外れ、4つのパレット側回転機構222の全ての回転体が一対の固定側縦送りガイド112yと一対の固定側横送りガイド110xとの全ての長手部材から外れる。
その結果、パレット200を切替位置から、仮想横方向Dxと仮想縦方向Dyとのうちのどちらか一方の方向を選択し、選択した方向へ移動させることをできる。

0054

パレット移動機構300は、パレット200を仮想縦方向Dyと仮想横方向Dxとのうちのどちらか一方に選択的に沿って移動させる機構である。
パレット移動機構300は、仮想縦方向Dyと仮想横方向Dxとのうちのどちらか一方に選択し、仮想縦方向Dyを選択したときにパレット200を仮想縦方向Dyに沿って移動させ、仮想横方向Dxを選択したときにパレット200を仮想横方向Dxに沿って移動させる。

0055

パレット移動機構300は、縦横送り回転ローラ機構310で構成される。
パレット移動機構300は、縦横送り回転ローラ機構310と固定送り回転ローラ機構320とで構成されてもよい。

0056

縦横送り回転ローラ機構310は、パレット200を仮想縦方向Dyと仮想横方向Dxとのうちのどちらか一方に沿って選択的に移動させる機構である。
縦横送り回転ローラ機構310は、パレット200を仮想縦方向Dyと仮想横方向Dxとのうちのどちらか一方を選択し選択した方向線に沿って移動させる。
縦横送り回転ローラ機構310は、縦送り回転ローラ311yと回転ローラ駆動機構313とで構成される。
縦横送り回転ローラ機構310は、横送り回転ローラ311xと縦送り回転ローラ311yと回転ローラ駆動機構313とで構成されてもよい。
縦横送り回転ローラ機構310は、横送り回転ローラ311xを用いてパレット200を仮想横方向Dxに沿って移動させる。
縦横送り回転ローラ機構310は、縦送り回転ローラ311yを用いてパレット200を仮想縦方向Dyに沿って移動させる。

0057

縦横送り回転ローラ機構310は、縦送り回転ローラ311yと回転ローラ支持機構312と回転ローラ駆動機構313とで構成されてもよい。
縦横送り回転ローラ機構310は、複数の縦送り回転ローラ311yと複数の回転ローラ支持機構312と複数の回転ローラ駆動機構313とで構成されてもよい。
縦送り回転ローラ311yは、転動面Sに下方から接して転動面Sとの接点である回転ローラ接点を含み水平方向に延びる仮想の接線である回転ローラ仮想接線を仮想縦方向Dyに平行にして転がる外周面を持ち回転できる回転ローラである。
回転ローラ支持機構312は、縦送り回転ローラ311yを回転自在に支持する機構である。
回転ローラ駆動機構313は、縦送り回転ローラ311yを回転駆動できる機構である。

0058

縦横送り回転ローラ機構310は、縦送り回転ローラ311yと横送り回転ローラ311xと回転ローラ支持機構312と回転ローラ駆動機構313とで構成されてもよい。
縦横送り回転ローラ機構310は、複数の縦送り回転ローラ311yと複数の横送り回転ローラ311xと複数の回転ローラ支持機構312と複数の回転ローラ駆動機構313とで構成されてもよい。
横送り回転ローラ311xは、転動面Sに下方から接して転動面Sとの接点である回転ローラ接点を含み水平方向に延びる仮想の接線である回転ローラ仮想接線を仮想横方向Dxに平行にして転がる外周面を持ち回転できる回転ローラである。
縦送り回転ローラ311yは、転動面Sに下方から接して転動面Sとの接点である回転ローラ接点を含み水平方向に延びる仮想の接線である回転ローラ仮想接線を仮想縦方向Dyに平行にして転がる外周面を持ち回転できる回転ローラである。
回転ローラ支持機構312は、縦送り回転ローラ311yを回転自在に支持する機構である。
回転ローラ駆動機構313は、縦送り回転ローラ311yと横送り回転ローラ311xとを各々に回転駆動できる機構である。
回転ローラ駆動機構313は、縦送り回転ローラ311yと横送り回転ローラ311xとのうちのどちらか一方の回転ローラを選択的に回転駆動する。

0059

例えば、縦横送り回転ローラ機構310は、4つの縦送り回転ローラ311yと4つの横送り回転ローラ311xと4つの回転ローラ支持機構312と4つの回転ローラ駆動機構313とで構成される。
横送り回転ローラ311xは、転動面Sに下方から接して転動面Sとの接点である回転ローラ接点を含み水平方向に延びる仮想の接線である回転ローラ仮想接線を仮想横方向Dxに平行にして転がる外周面を持ち回転できる回転ローラである。
4つのの縦送り回転ローラ311yは、2つの駆動輪と2つの遊動輪とで構成される。
縦送り回転ローラ311yは、転動面Sに下方から接して転動面Sとの接点である回転ローラ接点を含み水平方向に延びる仮想の接線である回転ローラ仮想接線を仮想縦方向Dyに平行にして転がる外周面を持ち回転できる回転ローラである。
4つの縦送り回転ローラ311yは、2つの駆動輪と2つの遊動輪で構成される。
1つの回転ローラ支持機構312が、1つの縦送り回転ローラ311yと1つの横送り回転ローラ311xとを回転自在に各々に支持する。
4つの回転ローラ支持機構312が、仮想横方向Dxと仮想縦方向Dyとに平行する辺をもつ矩形の4隅に各々に配置される。
4つの回転ローラ駆動機構313のうちの2つの回転ローラ駆動機構313が、2つの縦送り回転ローラ311yを回転駆動できる。
4つの回転ローラ駆動機構313のうちの2つの回転ローラ駆動機構313が、対角に配置される2つの回転ローラ支持機構312に各々に支持される2つの縦送り回転ローラ311yを回転駆動できる。
4つの回転ローラ駆動機構313のうちの他の2つの回転ローラ駆動機構313が、2つの横送り回転ローラ311xを回転駆動できる。
4つの回転ローラ駆動機構313のうちの他の2つの回転ローラ駆動機構313が、対角に配置される他の2つの回転ローラ支持機構312に各々に支持される2つの横送り回転ローラ311xを回転駆動できる。
4つの回転ローラ駆動機構313は、2つの縦送り回転ローラ311yと2つの横送り回転ローラ311xとのうちのどちらか一方の回転ローラを選択的に回転駆動する。

0060

回転ローラ支持機構312に支持される2つの回転ローラのうちの1つの回転ローラが回転ローラ駆動機構313に回転駆動される駆動輪であって、他の1つの回転ローラが優動輪であってもよい。
例えば、1つの回転ローラ支持機構312が1つの横送り回転ローラ311xと1つの縦送り回転ローラ311yとを回転自在に支持し、1つの縦送り回転ローラ311yが縦送り回転ローラ駆動機構313yに回転駆動される駆動輪であって、1つの横送り回転ローラ311xが遊動輪であってもよい。
例えば、1つの回転ローラ支持機構312が1つの横送り回転ローラ311xと1つの縦送り回転ローラ311yとを回転自在に支持し、1つの横送り回転ローラ311xが横送り回転ローラ駆動機構313xに回転駆動される駆動輪であって、1つの縦送り回転ローラ311yが遊動輪であってもよい。

0061

パレット200が切替位置にあるときに、縦送り回転ローラ311yが縦送り回転体232yを支持する。
パレット200が切替位置にあるときに、縦送り回転ローラ311yが縦送り回転体232yを支持し、横送り回転ローラ311xが横送り回転体232xを支持する。
ここで、切替位置とは、パレット200が姿勢を横方向送り状態と縦方向送り状態との間で切り替える位置である。

0062

パレット200が切替位置にあるときに、縦送り回転ローラ駆動機構313yが縦送り回転ローラ311yを回転駆動すると、パレット200が仮想縦方向Dyに沿って移動する。
パレット200が切替位置にあるときに、縦送り回転ローラ駆動機構313yが駆動輪である縦送り回転ローラ311yを回転駆動すると、従動輪である縦送り回転ローラ311yが遊動して回転し、パレット200が仮想縦方向Dyに沿って移動する。
パレット200が仮想縦方向Dyに沿って移動して切替位置で停止すると、縦送り回転ローラ311yが縦送り回転体232yを支持する。
パレット200が仮想縦方向Dyに沿って移動して切替位置で停止すると、縦送り回転ローラ311yが縦送り回転体232yを支持し、横送り回転ローラ311xが横送り回転体232xを支持してもよい。

0063

パレット200が切替位置にあるときに、横送り回転ローラ駆動機構313xが横送り回転ローラ311xを回転駆動すると、パレット200が仮想横方向Dxに沿って移動する。
パレット200が切替位置にあるときに、横送り回転ローラ駆動機構313xが駆動輪である横送り回転ローラ311xを回転駆動すると、遊動輪である横送り回転ローラ311xが遊動して回転し、パレット200が仮想横方向Dxに沿って移動する。
パレット200が仮想横方向Dxに沿って移動し切替位置で停止すると、横送り回転ローラ311xが横送り回転体232xを支持する。
パレット200が仮想横方向Dxに沿って移動し切替位置で停止すると、横送り回転ローラ311xが横送り回転体232xを支持し、縦送り回転ローラ311yが縦送り回転体232yを支持してもよい。

0064

固定送り回転ローラ機構320は、回転ローラを用いてパレット200を仮想横方向Dxまたは仮想縦方向Dyのどちらか一方に沿って移動させる機構である。
固定送り回転ローラ機構は、縦送り回転ローラ機構と横送り回転ローラ機構とのうちの一方として機能する。
縦送り回転ローラ機構は、回転ローラ311を用いてパレット200を仮想縦方向Dyに沿って移動させる機構である。
横送り回転ローラ機構は、回転ローラ311を用いてパレット200を仮想横方向Dxに沿って移動させる機構である。

0065

パレットロック機構(図示せず)は、パレット200の仮想横方向に沿った移動と仮想縦方向に沿った移動との両方の移動を拘束しまたは自由にできる機構である。
例えば、パレットロック機構(図示せず)は、パレット被係合部150である上下方向に延びた貫通穴に貫通して傾動するロッド状の部材を有する。
ロッド状の部材を貫通穴に挿入すると、パレット200の仮想横方向に沿った移動と仮想縦方向に沿った移動との両方の移動を拘束する。
ロッド状の部材を貫通穴から抜くと、パレット200の仮想横方向に沿った移動と仮想縦方向に沿った移動との両方の移動を自由にする。

0066

以下に、本発明の第一の嫉視形態にかかる対象物搬送機構の作用を説明する。
本発明の第一の嫉視形態にかかる対象物搬送装置の作用を、横送り工程、切替工程、縦送り工程を実施する場合を例に、説明する。
図5、6は、縦送り工程の初期での固定側ガイド機構とパレットとの関係を示す。
図7、8は、縦送り工程の中期での固定側ガイド機構とパレットとの関係を示す。
図5〜8では、理解の容易のためにパレット主構造体を二点破線で示す。

0067

−横送り工程−
パレットロック機構(図示せず)が、パレット200の仮想横方向に沿った移動と仮想縦方向に沿った移動との両方の移動を自由にしている。
横送り回転ローラ駆動機構313xを駆動させると、横送り回転ローラ311xが回転し、横送り回転ローラ311xとパレット200のレール面Sとの摩擦力がパレット200を仮想横方向Dxに沿って移動させる。
パレット200が、一対のパレット側横送りガイド221xを4つの固定側回転機構120のうちの2つの固定側回転機構120に仮想横方向Dxに沿って移動自在に各々に案内され、4つのパレット側回転機構222が一対の固定側横送りガイド110xに仮想横方向Dxに沿って移動自在に各々に案内され、仮想横方向Dxに沿って移動する。
横送り回転ローラ駆動機構313が回転速度を制御し、パレット200を切替位置に達することを確認すると、停止する。
パレット200が、切替位置に停止する。
縦送り回転ローラ311yが縦送り回転体232yを支持し、横送り回転ローラ311xが横送り回転体232xを支持する。

0068

−切替工程−
パレットロック機構(図示せず)が、パレット200の移動を拘束する。
一対のパレット側縦送りガイド221yと一対のパレット側横送りガイド221xとの全ての長手部材が4つの固定側回転機構120の全ての回転体から外れ、4つのパレット側回転機構222の全ての回転体が一対の固定側縦送りガイド110yと一対の固定側横送りガイド110xとの全ての長手部材から外れる。

0069

−縦送り工程−
パレットロック機構(図示せず)が、パレット200の移動を自由にする。
例えば、パレットロック機構(図示せず)が、パレット200の仮想横方向Dxに沿った移動と仮想縦方向Dyに沿った移動との両方の移動を自由にする。
縦送り回転ローラ駆動機構313yが駆動輪である縦送り回転ローラ311yを駆動させると、縦送り回転ローラ311yが回転し、縦送り回転ローラ311yとパレット200のレール面Sとの摩擦力がパレット200を仮想縦方向Dyに沿って移動させる。
パレット200が、4つのパレット側回転機構222の回転体を一対の固定側縦送りガイド110yの各々の長手部材により形成される固定側輪郭Rの内側に向く側面を各々に転動でき、4つの固定側回転機構120の回転体が一対のパレット側縦送りガイド221yの各々の長手部材により形成されるパレット側輪郭Qの外側に向く側面を各々に転動でき、仮想縦方向Dyに沿って移動する。
回転ローラ駆動機構313が回転速度を制御し、パレット200が切替位置に達したことを確認すると、停止する。
パレット200が、切替位置に停止する。
縦送り回転ローラ311yが縦送り回転体232yを支持し、横送り回転ローラ311xが横送り回転体232xを支持する。

0070

縦送り工程、切替工程、横送り工程の順に実施する場合は、上述した手順を反対に行うので、説明を省略する。

0071

次ぎに、本発明の第二の実施形態に係る対象物搬送機構を、図を基に、説明する。
図9は、本発明の第二の実施形態に係る対象物搬送機構の平面図である。図10は、本発明の第二の実施形態に係るパレットの平面図である。
ここで、説明の便宜のために、対象物搬送装置が車両を駐車させる駐車装置である場合を例に、説明する。

0072

本発明の第二の実施形態にかかる対象物搬送機構は、対象物を搬送する機構である。
本発明の第二の実施形態にかかる対象物搬送機構は、対象物を上から見て互いに交差する仮想線である仮想横方向Dxと仮想縦方向Dyとのどちらか一方に選択的に沿って移動させることをできる。
本発明の対象物搬送機構を駐車装置に適用する場合、対象物は車両である。
本発明の実施形態にかかる対象物搬送機構は、固定側ガイド機構100とパレット200とパレット移動機構300とで構成される。
本発明の実施形態にかかる対象物搬送機構は、固定側ガイド機構100とパレット200とパレット移動機構300とパレットロック機構500とで構成されてもよい。

0073

パレット移動機構300とパレットロック機構500との構造は、第一の実施形態にかかるものと同じなので、説明を省略し、固定側ガイド機構100とパレット200との構造に付いてのみ説明する。

0074

固定側ガイド機構100は、パレット200の状態を横方向送り状態と縦方向送り状態とのうちのどちらか一方の状態にしてパレットを案内する。
固定側ガイド機構100は、パレット200を仮想縦方向Dyと仮想横方向Dxのうちのどちらか一方に選択的に倣って移動自在に案内してもよい。
固定側ガイド機構100は、パレット200を仮想縦方向Dyと仮想横方向Dxのうちのどちらか一方を選択し選択した方向線に倣って移動自在に案内してもよい。
横方向送り状態は、パレット200が仮想横方向Dxに倣って移動する状態である。
縦方向送り状態は、パレット200が仮想縦方向Dyに倣って移動する状態である。

0075

固定側ガイド機構に一対の縦方向ガイド線Ryと一対の横方向ガイド線Rxとで囲われる略矩形の輪郭である固定側輪郭Rを仮想する。
固定側輪郭Rの構成は、第一の実施形態にかかる対象物搬送機構のものと同じなので、説明を省略する。

0076

例えば、固定側ガイド機構100が一対の固定側縦送りガイド110yと一対の固定側横送りガイド110xと1つの固定側回転機構120とを有する。
一対の固定側縦送りガイド110yと一対の固定側横送りガイド110xの構成は、第一の実施形態にかかる対象物搬送機構のものと同じなので、説明を省略する。
1つの固定側回転機構120は、固定側輪郭Rの四隅のうちの一つの隅の近傍に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を持つ。
1つの固定側回転機構120は固定側輪郭Rの四隅のうちの一つの隅の外側に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を持ってもよい。
図9は、図を正面に見て、固定側輪郭Rの四隅のうちの左上の隅の外側に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を持つ固定側回転機構120が示す。

0077

パレット200は、対象物を搭載可能な構造体である。
パレット200は、対象物を搭載し、固定側ガイド機構100によりガイドされ、パレット移動機構300により移動される。
パレット200は、パレット主構造体210とパレット側縦送りガイド221yとで構成されてもよい。
パレット200は、パレット主構造体210とパレット側横送りガイド221xとで構成されてもよい。
パレット200は、パレット主構造体210とパレット側回転機構222とで構成されてもよい。
パレット200は、パレット主構造体210とパレット側縦送りガイド221yとパレット側横送りガイド221とパレット側回転機構222とで構成されてもよい。

0078

例えば、パレット200は、パレット主構造体210と一つのパレット側縦送りガイド221yと一つのパレット側横送りガイド221xと4つのパレット側回転機構と横送り回転体232xと縦送り回転体232yと二対の横送り回転体232xと二対の縦送り回転体232yとで構成されてもよい。
パレット主構造体210と4つのパレット側回転機構と横送り回転体232xと縦送り回転体232yと二対の横送り回転体232xと二対の縦送り回転体232yの構成は、第一の実施形態に係る対象物搬送機構のものと同じなので、説明を省略する。

0079

第二実施例
一つのパレット側縦送りガイド221yは、パレット側輪郭Qの一対の第一辺Qyのうちの一方の第一辺Qyに沿って伸びる長手部材をもつ。
一つのパレット側横送りガイド221は、パレット側輪郭の一対の第二辺Qxのうちの一方の第二辺Qxに沿って伸びる長手部材をもつ。
図10は、図を正面に見て、パレット側輪郭Qの一対の第一辺Qyのうちの左方の第一辺Qyに沿って伸びる長手部材をもつパレット側縦送りガイド221yとパレット側輪郭の一対の第二辺Qxのうちの下方の第二辺Qxに沿って伸びる長手部材をもつパレット側横送りガイド221とを示す。

0080

パレット移動機構300がパレット200を仮想縦方向Dyに沿って移動させるときに、4つのパレット側回転機構222の回転体が一対の固定側縦送りガイド110yの各々の長手部材により形成される固定側輪郭Rの内側に向く側面を各々に転動でき、1つの固定側回転機構120の回転体がパレット側縦送りガイド221yの長手部材により形成されるパレット側輪郭Qの外側に向く側面を各々に転動できる。
その結果、パレット移動機構300がパレット200を仮想縦方向Dyに沿って移動させるときに、1つのパレット側縦送りガイド221yが固定側回転機構120に仮想縦方向Dyに沿って移動自在に案内され、4つのパレット側回転機構222が一対の固定側縦送りガイド110yに仮想縦方向Dyに沿って移動自在に各々に案内される。

0081

パレット移動機構がパレットを仮想横方向Dxに沿って移動させるときに、4つのパレット側回転機構222の回転体が一対の固定側横送りガイド110xの各々の長手部材により形成される固定側輪郭Rの内側に向く側面を各々に転動でき、1つの固定側回転機構120の回転体がパレット側横送りガイド221xの長手部材により形成されるパレット側輪郭Qの外側に向く側面を各々に転動できる、
その結果、パレット移動機構300がパレット200を仮想横方向Dxに沿って移動させるときに、パレット側横送りガイド221xが1つの固定側回転機構120に仮想横方向Dxに沿って移動自在に案内され、4つのパレット側回転機構222が一対の固定側横送りガイド110xに仮想横方向Dxに沿って移動自在に各々に案内される。

0082

パレット200が状態を横方向送り状態と縦方向送り状態との間で切り替える位置である切替位置にあるときに、パレット側縦送りガイド221yとパレット側横送りガイド221xとの全ての長手部材が固定側回転機構120の回転体から外れ、
4つのパレット側回転機構222の全ての回転体が一対の固定側縦送りガイド110yと一対の固定側横送りガイド110xとの全ての長手部材から外れる。
その結果、パレット200を切替位置から、仮想横方向Dxと仮想縦方向Dyとのうちのどちらか一方の方向を選択し、選択した方向へ移動させることをできる。

0083

本発明の第二の実施形態にかかる対象物搬送装置の作用は、本発明の第一の実施形態にかかる対象物搬送装置の作用と同じなので、説明を省略する。

0084

次ぎに、本発明の第三の実施形態に係る対象物搬送機構を、図を基に、説明する。
図11は、本発明の第三の実施形態に係る対象物搬送機構の平面図である。図12は、本発明の第三の実施形態に係るパレットの平面図である。
ここで、説明の便宜のために、対象物搬送装置が車両を駐車させる駐車装置である場合を例に、説明する。

0085

本発明の第三の実施形態にかかる対象物搬送機構は、対象物を搬送する機構である。
本発明の第三の実施形態にかかる対象物搬送機構は、対象物を上から見て互いに交差する仮想線である仮想横方向Dxと仮想縦方向Dyとのどちらか一方に選択的に沿って移動させることをできる。
本発明の対象物搬送機構を駐車装置に適用する場合、対象物は車両である。
本発明の実施形態にかかる対象物搬送機構は、固定側ガイド機構100とパレット200とパレット移動機構300とで構成される。
本発明の実施形態にかかる対象物搬送機構は、固定側ガイド機構100とパレット200とパレット移動機構300とパレットロック機構500とで構成されてもよい。

0086

パレット移動機構300とパレットロック機構500との構造は、第一の実施形態にかかるものと同じなので、説明を省略し、固定側ガイド機構100とパレット200との構造に付いてのみ説明する。

0087

固定側ガイド機構100は、パレット200の状態を横方向送り状態と縦方向送り状態とのうちのどちらか一方の状態にしてパレットを案内する。
固定側ガイド機構100は、パレット200を仮想縦方向Dyと仮想横方向Dxのうちのどちらか一方に選択的に倣って移動自在に案内してもよい。
固定側ガイド機構100は、パレット200を仮想縦方向Dyと仮想横方向Dxのうちのどちらか一方を選択し選択した方向線に倣って移動自在に案内してもよい。
横方向送り状態は、パレット200が仮想横方向Dxに倣って移動する状態である。
縦方向送り状態は、パレット200が仮想縦方向Dyに倣って移動する状態である。

0088

固定側ガイド機構に一対の縦方向ガイド線Ryと一対の横方向ガイド線Rxとで囲われる略矩形の輪郭である固定側輪郭Rを仮想する。
固定側輪郭Rの構成は、第一の実施形態にかかる対象物搬送機構のものと同じなので、説明を省略する。

0089

例えば、固定側ガイド機構100が一つの固定側縦送りガイド110yと一つの固定側横送りガイド110xと4つの固定側回転機構120とを有する。
一つの固定側縦送りガイド110yは、一対の縦方向ガイド線Ryのうちの一方の縦方向ガイド線Ryに沿って伸びる長手部材を持つ。
一つの固定側横送りガイド110xは、一対の横方向ガイド線Rxのうちの一方の横方向ガイド線Rxに沿って伸びる長手部材を持つ。
4つの固定側回転機構120の構成は、第一の実施形態にかかる対象物搬送機構のものと同じなので、説明を省略する。
図11は、図を正面に見て、固定側輪郭Rの右方の縦方向ガイド線Ryに沿って伸びる長手部材をもつ一つの固定側縦送りガイド110yと固定側輪郭Rの下方の横方向ガイド線Rxに沿って伸びる長手部材を持つ固定側横送りガイド110xとを示す。

0090

パレット200は、対象物を搭載可能な構造体である。
パレット200は、対象物を搭載し、固定側ガイド機構100によりガイドされ、パレット移動機構300により移動される。
パレット200は、パレット主構造体210とパレット側縦送りガイド221yとで構成されてもよい。
パレット200は、パレット主構造体210とパレット側横送りガイド221xとで構成されてもよい。
パレット200は、パレット主構造体210とパレット側回転機構222とで構成されてもよい。
パレット200は、パレット主構造体210とパレット側縦送りガイド221yとパレット側横送りガイド221とパレット側回転機構222とで構成されてもよい。

0091

例えば、パレット200は、パレット主構造体210と一対のパレット側縦送りガイド221yと一対のパレット側横送りガイド221xと1つのパレット側回転機構222と横送り回転体232xと縦送り回転体232yと二対の横送り回転体232xと二対の縦送り回転体232yとで構成されてもよい。
パレット主構造体210と一対のパレット側縦送りガイド221yと一対のパレット側横送りガイド221xと横送り回転体232xと縦送り回転体232yと二対の横送り回転体232xと二対の縦送り回転体232yの構成は、第一の実施形態に係る対象物搬送機構のものと同じなので、説明を省略する。

0092

第三実施例
1つのパレット側回転機構222は、パレット側輪郭の四隅のうちの1つの隅の近傍に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体をもつ。
1つのパレット側回転機構222は、パレット側輪郭の四隅のうちの1つの隅の内側に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体をもってもよい。
図12は、図を正面に見て、パレット側輪郭の四隅のうちの右下方の隅の内側に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体をもつパレット側回転機構222を示す。

0093

パレット移動機構300がパレット200を仮想縦方向Dyに沿って移動させるときに、1つのパレット側回転機構222の回転体が固定側縦送りガイド110yの長手部材により形成される固定側輪郭Rの内側に向く側面を各々に転動でき、4つの固定側回転機構120のうちの少なくとも2つのつの固定側回転機構120の回転体が一対のパレット側縦送りガイド221yの各々の長手部材により形成されるパレット側輪郭Qの外側に向く側面を各々に転動できる。
その結果、パレット移動機構300がパレット200を仮想縦方向Dyに沿って移動させるときに、一対のパレット側縦送りガイド221yが4つの固定側回転機構120のうちの2つの固定側回転機構120に仮想縦方向Dyに沿って移動自在に各々に案内され、1つのパレット側回転機構222が固定側縦送りガイド110yに仮想縦方向Dyに沿って移動自在に各々に案内される。

0094

パレット移動機構300がパレット200を仮想横方向Dxに沿って移動させるときに、1つのパレット側回転機構222の回転体が固定側横送りガイド110xの長手部材により形成される固定側輪郭Rの内側に向く側面を各々に転動でき、4つの固定側回転機構120のうちの少なくとも2つのつの固定側回転機構120の回転体が一対のパレット側横送りガイド221xの各々の長手部材により形成されるパレット側輪郭Qの外側に向く側面を各々に転動できる、
その結果、パレット移動機構300がパレット200を仮想横方向Dxに沿って移動させるときに、一対のパレット側横送りガイド221xが4つの固定側回転機構120のうちの2つの固定側回転機構120に仮想横方向Dxに沿って移動自在に各々に案内され、1つのパレット側回転機構222が固定側横送りガイド110xに仮想横方向に沿って移動自在に各々に案内される。

0095

パレット200が状態を横方向送り状態と縦方向送り状態との間で切り替える位置である切替位置にあるときに、一対のパレット側縦送りガイド221yと一対のパレット側横送りガイド221xとの全ての長手部材が4つの固定側回転機構120の全ての回転体から外れ、パレット側回転機構222の回転体が固定側縦送りガイド110yと固定側横送りガイド110xとの全ての長手部材から外れるる。
その結果、パレット200を切替位置から、仮想横方向Dxと仮想縦方向Dyとのうちのどちらか一方の方向を選択し、選択した方向へ移動させることをできる。

0096

本発明の第三の実施形態にかかる対象物搬送装置の作用は、本発明の第一の実施形態にかかる対象物搬送装置の作用と同じなので、説明を省略する。

0097

次ぎに、本発明の第四の実施形態に係る対象物搬送機構を、図を基に、説明する。
図13は、本発明の第四の実施形態に係る対象物搬送機構の平面図である。図14は、本発明の第四の実施形態に係るパレットの平面図である。図15は、本発明の第四の実施形態に係る対象物搬送機構の側面図である。図16は、本発明の第四の実施形態に係る対象物搬送機構の正面図である。
ここで、説明の便宜のために、対象物搬送装置が車両を駐車させる駐車装置である場合を例に、説明する。

0098

本発明の第四の実施形態にかかる対象物搬送機構は、対象物を搬送する機構である。
本発明の第四の実施形態にかかる対象物搬送機構は、対象物を上から見て互いに交差する仮想線である仮想横方向Dxと仮想縦方向Dyとのどちらか一方に選択的に沿って移動させることをできる。
本発明の対象物搬送機構を駐車装置に適用する場合、対象物は車両である。
本発明の実施形態にかかる対象物搬送機構は、固定側ガイド機構100とパレット200とパレット移動機構300とで構成される。
本発明の実施形態にかかる対象物搬送機構は、固定側ガイド機構100とパレット200とパレット移動機構300とパレットロック機構500とで構成されてもよい。

0099

パレット移動機構300とパレットロック機構500との構造は、第一の実施形態にかかるものと同じなので、説明を省略し、固定側ガイド機構100とパレット200との構造に付いてのみ説明する。

0100

固定側ガイド機構100は、パレット200の状態を横方向送り状態と縦方向送り状態とのうちのどちらか一方の状態にしてパレットを案内する。
固定側ガイド機構100は、パレット200を仮想縦方向Dyと仮想横方向Dxのうちのどちらか一方に選択的に倣って移動自在に案内してもよい。
固定側ガイド機構100は、パレット200を仮想縦方向Dyと仮想横方向Dxのうちのどちらか一方を選択し選択した方向線に倣って移動自在に案内してもよい。
横方向送り状態は、パレット200が仮想横方向Dxに倣って移動する状態である。
縦方向送り状態は、パレット200が仮想縦方向Dyに倣って移動する状態である。

0101

固定側ガイド機構に一対の縦方向ガイド線Ryと一対の横方向ガイド線Rxとで囲われる略矩形の輪郭である固定側輪郭Rを仮想する。
固定側輪郭Rの構成は、第一の実施形態にかかる対象物搬送機構のものと同じなので、説明を省略する。

0102

例えば、固定側ガイド機構100が一つの固定側縦送りガイド110yと1つの固定側回転機構120とを有する。
一つの固定側縦送りガイド110yは、一対の縦方向ガイド線Ryのうちの一方の縦方向ガイド線Ryに沿って伸びる長手部材を持つ。
一つの固定側回転機構120は、固定側輪郭Rの四隅のうちの他方の縦方向ガイド線Ryに沿った2つの隅のうちの1つの隅の近傍に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を持つ。
一つの固定側回転機構120は、固定側輪郭Rの四隅のうちの他方の縦方向ガイド線Ryに沿った2つの隅のうちの1つの隅の外側に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を持っていてもよい。
図13は、図を正面に見て、固定側輪郭Rの四隅のうちの左方の縦方向ガイド線Ryに沿った2つの隅のうちの1つの隅の外側に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を持つ一つの固定側回転機構120と一対の縦方向ガイド線Ryのうちの右方の縦方向ガイド線Ryに沿って伸びる長手部材を持つ一つの固定側縦送りガイド110yとを示す。

0103

パレット200は、対象物を搭載可能な構造体である。
パレット200は、対象物を搭載し、固定側ガイド機構100によりガイドされ、パレット移動機構300により移動される。
パレット200は、パレット主構造体210とパレット側縦送りガイド221yとで構成されてもよい。
パレット200は、パレット主構造体210とパレット側横送りガイド221xとで構成されてもよい。
パレット200は、パレット主構造体210とパレット側回転機構222とで構成されてもよい。
パレット200は、パレット主構造体210とパレット側縦送りガイド221yとパレット側回転機構222とで構成されてもよい。

0104

例えば、パレット200は、パレット主構造体210と一つのパレット側縦送りガイド221yと2つのパレット側回転機構と横送り回転体232xと縦送り回転体232yと二対の横送り回転体232xと二対の縦送り回転体232yとで構成されてもよい。
パレット主構造体210と横送り回転体232xと縦送り回転体232yと二対の横送り回転体232xと二対の縦送り回転体232yの構成は、第一の実施形態に係る対象物搬送機構のものと同じなので、説明を省略する。

0105

一つのパレット側縦送りガイド221yは、パレット側輪郭Qの一対の第一辺のうちの一方の第一辺に沿って伸びる様になる長手部材をもつ。
2つのパレット側回転機構222は、パレット側輪郭Qの四隅のうちのパレット側輪郭Qの一対の第一辺Qyのうちの他方の第一辺Qyに沿って並ぶ2つの隅の近傍に各々に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を各々に持つ。
2つのパレット側回転機構222は、パレット側輪郭Qの四隅のうちのパレット側輪郭Qの一対の第一辺Qyのうちの他方の第一辺Qyに沿って並ぶ2つの隅の内側に各々に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を各々に持っていてもよい。
図14は、図を正面を見て、パレット側輪郭Qの一対の左方の第一辺に沿って伸びる様になる長手部材をもつパレット側縦送りガイド221yとパレット側輪郭Qの右方の2つの隅の内側に各々に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を各々に持つ2つのパレット側回転機構222とを示す。

0106

パレット移動機構300がパレット200を仮想縦方向Dyに沿って移動させるときに、2つのパレット側回転機構222の回転体が固定側縦送りガイド110yの長手部材により形成される固定側輪郭Rの内側に向く側面を各々に転動でき、1つの固定側回転機構120の回転体がパレット側縦送りガイド221yの長手部材により形成されるパレット側輪郭Qの外側に向く側面を各々に転動できる、
その結果、パレット移動機構300がパレット200を仮想縦方向Dyに沿って移動させるときに、パレット側縦送りガイド221yが固定側回転機構120に仮想縦方向Dyに沿って移動自在に各々に案内され、2つのパレット側回転機構222が固定側縦送りガイド110yに仮想縦方向Dyに沿って移動自在に各々に案内される。
例えば、図13において、パレット200が図中央から上方へ、または上方から図中央へ移動する。

0107

パレット200が状態を横方向送り状態と縦方向送り状態との間で切り替える位置である切替位置にあるときに、パレット側縦送りガイド221yの長手部材が固定側回転機構120の回転体から外れ、2つのパレット側回転機構222の全ての回転体が固定側縦送りガイド110yの長手部材から外れる、
その結果、パレット200を切替位置から、仮想横方向Dxと仮想縦方向Dyとのうちのどちらか一方の方向を選択し、選択した方向へ移動させることをできる。

0108

本発明の第五の実施形態にかかる対象物搬送機構は、対象物を搬送する機構である。
本発明の第五の実施形態にかかる対象物搬送機構は、対象物を上から見て互いに交差する仮想線である仮想横方向Dxと仮想縦方向Dyとのどちらか一方に選択的に沿って移動させることをできる。
本発明の対象物搬送機構を駐車装置に適用する場合、対象物は車両である。
本発明の実施形態にかかる対象物搬送機構は、固定側ガイド機構100とパレット200とパレット移動機構300とで構成される。
本発明の実施形態にかかる対象物搬送機構は、固定側ガイド機構100とパレット200とパレット移動機構300とパレットロック機構500とで構成されてもよい。

0109

パレット移動機構300とパレットロック機構500との構造は、第一の実施形態にかかるものと同じなので、説明を省略し、固定側ガイド機構100とパレット200との構造に付いてのみ説明する。

0110

固定側ガイド機構100は、パレット200の状態を横方向送り状態と縦方向送り状態とのうちのどちらか一方の状態にしてパレットを案内する。
固定側ガイド機構100は、パレット200を仮想縦方向Dyと仮想横方向Dxのうちのどちらか一方に選択的に倣って移動自在に案内してもよい。
固定側ガイド機構100は、パレット200を仮想縦方向Dyと仮想横方向Dxのうちのどちらか一方を選択し選択した方向線に倣って移動自在に案内してもよい。
横方向送り状態は、パレット200が仮想横方向Dxに倣って移動する状態である。
縦方向送り状態は、パレット200が仮想縦方向Dyに倣って移動する状態である。

0111

固定側ガイド機構に一対の縦方向ガイド線Ryと一対の横方向ガイド線Rxとで囲われる略矩形の輪郭である固定側輪郭Rを仮想する。
固定側輪郭Rの構成は、第一の実施形態にかかる対象物搬送機構のものと同じなので、説明を省略する。

0112

例えば、固定側ガイド機構100が一つの固定側横送りガイド110xと2つの固定側回転機構120とを有する。
一つの固定側横送りガイド110xは、一対の横方向ガイド線Rxのうちの一方の横方向ガイド線Rxに沿って伸びる長手部材を持つ。
2つの固定側回転機構120は、固定側輪郭Rの四隅のうちの他方の横方向ガイド線Rxに沿った2つの隅の近傍に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を各々に持つ。
2つの固定側回転機構120は、固定側輪郭Rの四隅のうちの他方の横方向ガイド線Rxに沿った2つの隅の外側に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を各々に持ってもよい。
図17は、図を正面に見て、一対の横方向ガイド線Rxのうちの下方の横方向ガイド線Rxに沿って伸びる長手部材を持つ一つの固定側横送りガイド110xと固定側輪郭Rの四隅のうちの上方の横方向ガイド線Rxに沿った2つの隅の外側に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を各々に持つ2つの固定側回転機構120を示す。

0113

パレット200は、対象物を搭載可能な構造体である。
パレット200は、対象物を搭載し、固定側ガイド機構100によりガイドされ、パレット移動機構300により移動される。
パレット200は、パレット主構造体210とパレット側縦送りガイド221yとで構成されてもよい。
パレット200は、パレット主構造体210とパレット側横送りガイド221xとで構成されてもよい。
パレット200は、パレット主構造体210とパレット側回転機構222とで構成されてもよい。
パレット200は、パレット主構造体210とパレット側縦送りガイド221yとパレット側横送りガイド221とパレット側回転機構222とで構成されてもよい。

0114

例えば、パレット200は、パレット主構造体210と一つのパレット側横送りガイド221xと2つのパレット側回転機構222と横送り回転体232xと縦送り回転体232yと二対の横送り回転体232xと二対の縦送り回転体232yとで構成されてもよい。
パレット主構造体210と横送り回転体232xと縦送り回転体232yと二対の横送り回転体232xと二対の縦送り回転体232yの構成は、第一の実施形態に係る対象物搬送機構のものと同じなので、説明を省略する。

0115

第五実施例
一つのパレット側横送りガイド221は、パレット側輪郭Qの一対の第二辺Qxのうちの一方の第二辺Qxに沿って伸びる様になる長手部材をもつ。
2つのパレット側回転機構222は、パレット側輪郭Qの四隅のうちのパレット側輪郭Qの一対の第二辺Qxのうちの他方の第二辺Qxに沿って並ぶ2つの隅の近傍に各々に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を各々に持つ。
2つのパレット側回転機構222は、パレット側輪郭Qの四隅のうちのパレット側輪郭Qの一対の第二辺Qxのうちの他方の第二辺Qxに沿って並ぶ2つの隅の内側に各々に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を各々に持つ。
図18は、図を正面に見て、パレット側輪郭Qの一対の第二辺Qxのうちの一方の第二辺Qxに沿って伸びる様になる長手部材をもつ一つのパレット側横送りガイド221xとパレット側輪郭Qの四隅のうちのパレット側輪郭Qの一対の第二辺Qxのうちの他方の第二辺Qxに沿って並ぶ2つの隅の内側に各々に位置し垂直軸の回りに回転自在になる回転体を各々に持つ2つのパレット側回転機構222とを示す。

0116

パレット移動機構300がパレット200を仮想横方向Dyに沿って移動させるときに、2つのパレット側回転機構222の回転体が固定側横送りガイド110xの長手部材により形成される固定側輪郭Qの内側に向く側面を各々に転動でき、2つの固定側回転機構120のうちの少なくとも1つの固定側回転機構120の回転体がパレット側横送りガイド211xの長手部材により形成されるパレット側輪郭Qの外側に向く側面を各々に転動できる。
その結果、パレット移動機構300がパレット200を仮想横方向Dxに沿って移動させるときに、パレット側横送りガイド221xが2つの固定側回転機構120のうちの1つの固定側回転機構120に仮想横方向Dxに沿って移動自在に各々に案内され、2つのパレット側回転機構222が固定側横送りガイド110xに仮想横方向Dxに沿って移動自在に各々に案内される。
例へば、図17において、パレット200が、図中央から右側へ若しくは右側から図中央へ、または図中央から左側へ若しくは左側から図中央へ移動する。

0117

パレット200が状態を横方向送り状態と縦方向送り状態との間で切り替える位置である切替位置にあるときに、パレット側横送りガイド221xの長手部材が2つの固定側回転機構120の全ての回転体から外れ、2つのパレット側回転機構222の全ての回転体が固定側横送りガイド110xの長手部材から外れる、
その結果、パレット200を切替位置から、仮想横方向Dxと仮想縦方向Dyとのうちのどちらか一方の方向を選択し、選択した方向へ移動させることをできる。

0118

本発明の第五の実施形態にかかる対象物搬送装置の作用は、本発明の第一の実施形態にかかる対象物搬送装置の作用と同じなので、説明を省略する。

0119

次に、本発明の第一の実施形態にかかる駐車装置を、図を基に、説明する。
図19は、本発明の第一の実施形態にかかる駐車装置の平面概念図である。
本願の第一の実施形態に係る駐車装置は、本発明の実施形態にかかる対象物搬送機構を水平循環式駐車装置に適用したものである。
水平循環式駐車装置は、車両の搭載したパレットを上から見て矩形に並べ、横方向移動と縦方向移動を交互に繰り返して、パレットを複数の駐車空間に循環させる駐車装置である。

0120

本発明の第一の実施形態にかかる駐車装置は、複数の車両を水平面内で移動させて複数の駐車空間に駐車させる装置である。
本発明の第一の実施形態にかかる駐車装置は、車両搬送機構と制御装置とで構成される。
車両搬送機構は、主要な構造は本発明の実施形態にかかる対象物搬送機構のものと同じなので、異なる点を説明する。
駐車装置は、仮想横方向に沿って並ぶ複数の駐車空間の列を縦方向に複数列に並べ、横方向に端部に縦方向に移動できる。

0121

パレットが、仮想縦方向Dyに沿ってのみ移動される駐車空間の並ぶ空間では、固定側ガイド機構は縦送りガイド部材のみで構成され、パレット移動機構の固定式回転ローラ(図示せず)がパレットを仮想縦方向Dyに沿って移動させる。
パレットを仮想横方向Dxに沿ってのみ移動させる駐車空間の並ぶ空間では、固定側ガイド機構は横送りガイド部材のみで構成され、パレット移動機構の固定式回転ローラ(図示せず)がパレットを仮想横方向Dxに沿って移動させる。

0122

制御機構が、複数の車両を各々に搭載する複数のパレットを、仮想縦方向と1対の仮想横方向とに沿って移動させて、仮想縦方向と1対の仮想横方向とに沿って位置する複数の駐車空間に置いて車両を駐車空間に駐車させる。
その結果、複数のパレットを複数の駐車空間の並ぶ空間で循環させる。

0123

次に、本発明の第二の実施形態にかかる駐車装置を、図を基に、説明する。
図20は、本発明の第二の実施形態にかかる駐車装置の平面概念図である。
本願の第二の実施形態に係る駐車装置は、本発明の実施形態にかかる対象物搬送機構を平面循環式駐車装置に適用したものである。
平面循環式駐車装置は、車両の搭載したパレットを水平面に碁盤の目状に並べ、横方向移動と縦方向移動を個別に繰り返して、パレットを複数の駐車空間に任意に移動させる駐車装置である。

0124

本発明の第二の実施形態にかかる駐車装置は、複数の車両を水平面内で移動させて複数の駐車空間に駐車させる装置である。
本発明の第二の実施形態にかかる駐車装置は、車両搬送機構と制御装置とで構成される。
車両搬送機構は、主要な構造は本発明の実施形態にかかる対象物搬送機構のものと同じなので、異なる点を説明する。
駐車装置は、仮想横方向に沿って並ぶ複数の駐車空間の列を縦方向に複数列に並べ、横方向に端部に縦方向に移動できる。

0125

パレット200が、仮想縦方向Dyに沿ってのみ移動される駐車空間の並ぶ空間では、固定側ガイド機構は縦送りガイド部材のみで構成され、パレット移動機構の固定式回転ローラ(図示せず)がパレットを仮想縦方向Dyに沿って移動させる。
パレットを仮想横方向Dxに沿ってのみ移動させる駐車空間の並ぶ空間では、固定側ガイド機構は横送りガイド部材のみで構成され、パレット移動機構の固定式回転ローラがパレットを仮想横方向Dxに沿って移動させる。

0126

制御機構が、複数の車両を各々に搭載する複数のパレットを、仮想縦方向と1対の仮想横方向とに沿って移動させて、仮想縦方向と1対の仮想横方向とに沿って位置する複数の駐車空間に置いて車両を駐車空間に駐車させる。
その結果、複数のパレットを碁盤の目状に配置される複数の駐車空間の空間で移動させることをできる。

0127

また、本発明の実施形態に係る対象物搬送機構と駐車装置は、その構成により、以下の効果を有する。
パレット200にパレット側輪郭Qの四隅に回転体をもつパレット側回転機構222とパレット側輪郭Qの一対の第一辺Qyに沿って伸びる長手部材をもつ一対のパレット側縦送りガイド221yとパレット側輪郭Qの一対の第二辺Qxに沿って伸びる長手部材をもつ一対のパレット側横送りガイド221xとを設け、仮想横方向Dxに平行で所定距離Pだけ離れる一対の縦方向ガイド線Ryと仮想縦方向に平行で所定距離Oだけ離れる一対の横方向ガイド線Rxとで囲う固定側輪郭Rの四隅に回転体をもつ固定側回転機構120と一対の縦方向ガイド線Ryに沿って伸びる長手部材をもつ一対の固定側縦送りガイド110yと一対の横方向ガイド線Rxに沿って伸びる長手部材をもつ一対の固定側横送りガイド110xとを設け、パレット200を仮想縦方向Dyに沿って移動させるときに、4つのパレット側回転機構222の回転体が一対の固定側縦送りガイド110yの各々の長手部材により形成される固定側輪郭Rの内側に向く側面を各々に転動でき、4つの固定側回転機構120のうちの少なくとも2つの固定側回転機構120の回転体が一対のパレット側縦送りガイド221yの各々の長手部材により形成されるパレット側輪郭Qの外側に向く側面を各々に転動でき、パレット200を仮想横方向Dxに沿って移動させるときに、4つのパレット側回転機構222の回転体が一対の固定側横送りガイド110xの各々の長手部材により形成される固定側輪郭Rの内側に向く側面を各々に転動でき、少なくとも2つの固定側回転機構120の回転体が一対のパレット側横送りガイド221xの各々の長手部材により形成されるパレット側輪郭Qの外側に向く側面を各々に転動できる様にしたので、パレット移動機構300がパレット200を仮想縦方向に沿って移動させるときに、一対のパレット側縦送りガイド221yが4つの固定側回転機構120のうちの2つの固定側回転機構120に仮想縦方向Dyに沿って移動自在に各々に案内され、4つのパレット側回転機構222が一対の固定側縦送りガイド110yに仮想縦方向Dyに沿って移動自在に各々に案内され、パレット移動機構300がパレット200を仮想横方向Dxに沿って移動させるときに、一対のパレット側横送りガイド221xが4つの固定側回転機構120のうちの2つの固定側回転機構120に仮想横方向Dxに沿って移動自在に各々に案内され、4つのパレット側回転機構222が一対の固定側横送りガイド110xに仮想横方向Dxに沿って移動自在に各々に案内される。
また、パレット200が切替位置にあるときに、一対のパレット側縦送りガイド221yと一対のパレット側横送りガイド221xとの全ての長手部材が4つの固定側回転機構120の全ての回転体から外れ、4つのパレット側回転機構222の全ての回転体が一対の固定側縦送りガイド110yと一対の固定側横送りガイド110xとの全ての長手部材から外れる様にしたので、パレット200を切替位置から仮想横方向Dxと仮想縦方向Dyとのうちのどちらか一方の方向を選択し、選択した方向へ移動させることをできる。
パレット200にパレット側輪郭Qの四隅に回転体をもつパレット側回転機構222とパレット側輪郭の一方の第一辺に沿って伸びる長手部材をもつパレット側縦送りガイド221yとパレット側輪郭Qの一方の第二辺Qxに沿って伸びる長手部材をもつ一対のパレット側横送りガイド221xとを設け、仮想縦方向Dyに平行で所定距離Pだけ離れる一対の縦方向ガイド線Ryと仮想横方向Dxに平行で所定距離Oだけ離れる一対の横方向ガイド線Rxとで囲う固定側輪郭Rの四隅のうちの一つの隅に回転体をもつ固定側回転機構120と一対の縦方向ガイド線Ryに沿って伸びる長手部材をもつ一対の固定側縦送りガイド110yと一対の横方向ガイド線Rxに沿って伸びる長手部材をもつ一対の固定側横送りガイド110xとを設け、パレット200を仮想縦方向Dyに沿って移動させるときに、4つのパレット側回転機構222の回転体が一対の固定側縦送りガイド110yの各々の長手部材により形成される固定側輪郭Rの内側に向く側面を各々に転動でき、1つの固定側回転機構120の回転体がパレット側縦送りガイド221yの長手部材により形成されるパレット側輪郭Qの外側に向く側面を各々に転動でき、パレット200を仮想横方向Dxに沿って移動させるときに、4つのパレット側回転機構222の回転体が一対の固定側横送りガイド110xの各々の長手部材により形成される固定側輪郭Rの内側に向く側面を各々に転動でき、固定側回転機構120の回転体がパレット側横送りガイド221xの長手部材により形成されるパレット側輪郭Qの外側に向く側面を各々に転動できる様にしたので、パレット移動機構300がパレット200を仮想縦方向Dyに沿って移動させるときに、4つのパレット側回転機構222が一対の固定側縦送りガイド110yに仮想縦方向Dyに沿って移動自在に各々に案内され固定側回転機構120がパレット側縦送りガイド221yに仮想縦方向Dyに沿って移動自在に案内され、パレット移動機構300がパレット200を仮想横方向Dxに沿って移動させるときに、4つのパレット側回転機構222が一対の固定側横送りガイド110xに仮想横方向Dxに沿って移動自在に各々に案内され固定側回転機構120がパレット側横送りガイド221xに仮想横方向Dxに沿って移動自在に案内される。
また、パレット200が状態を横方向送り状態と縦方向送り状態との間で切り替える位置である切替位置にあるときに、4つのパレット側回転機構222の全ての回転体が一対の固定側縦送りガイド110yと一対の固定側横送りガイド110xとの全ての長手部材から外れ、パレット側縦送りガイド221yとパレット側横送りガイド211xとの全ての長手部材が固定側回転機構120から外れる様にしたので、パレット200を切替位置から仮想横方向と仮想縦方向とのうちのどちらか一方の方向を選択し、選択した方向へ移動させることをできる。
パレット200にパレット側輪郭Qの四隅のうちの対角の2つの隅に回転体をもつ一対のパレット側回転機構222とパレット側輪郭Qの一対の第一辺Qyに沿って伸びる長手部材をもつ一対のパレット側縦送りガイド221yとパレット側輪郭Qの一対の第二辺Qxに沿って伸びる長手部材をもつ一対のパレット側横送りガイド221xとを設け、仮想縦方向Dyに平行で所定距離Pだけ離れる一対の縦方向ガイド線Ryと仮想横方向Dxに平行で所定距離Oだけ離れる一対の横方向ガイド線Rxとで囲う固定側輪郭Rの四隅に回転体をもつ固定側回転機構120と一対の縦方向ガイド線Ryの一方に沿って伸びる長手部材をもつ一対の固定側縦送りガイド110yと一対の横方向ガイド線Rxの一方に沿って伸びる長手部材をもつ一対の固定側横送りガイド110xとを設け、パレット200を仮想縦方向Dyに沿って移動させるときに、2つのパレット側回転機構222の回転体が一対の固定側縦送りガイド110yの各々の長手部材により形成される固定側輪郭Rの内側に向く側面を各々に転動でき、少なくとも2つの固定側回転機構120の回転体が一対のパレット側縦送りガイド221yの各々の長手部材により形成されるパレット側輪郭Qの外側に向く側面を各々に転動でき、パレット200を仮想横方向Dxに沿って移動させるときに、2つのパレット側回転機構222の回転体が一対の固定側横送りガイド110xの各々の長手部材により形成される固定側輪郭Rの内側に向く側面を各々に転動でき、少なくとも2つの固定側回転機構120の回転体が一対のパレット側横送りガイド221xの各々の長手部材により形成されるパレット側輪郭Qの外側に向く側面を各々に転動できる、様にしたので、パレット移動機構300がパレット200を仮想縦方向Dyに沿って移動させるときに、一対のパレット側縦送りガイド221yが4つの固定側回転機構120のうちの2つの固定側回転機構120に仮想縦方向Dyに沿って移動自在に各々に案内され、2つのパレット側回転機構222のうちの一方のパレット側回転機構222が固定側縦送りガイド110yに仮想縦方向Dyに沿って移動自在に各々に案内され、
パレット移動機構300がパレット200を仮想横方向Dxに沿って移動させるときに、一対のパレット側横送りガイド221xが少なくとも2つの固定側回転機構120に仮想横方向Dxに沿って移動自在に各々に案内され、2つのパレット側回転機構222のうちの一方のパレット側回転機構222が固定側横送りガイド110xに仮想横方向Dxに沿って移動自在に各々に案内される。
また、パレット200が状態を横方向送り状態と縦方向送り状態との間で切り替える位置である切替位置にあるときに、一対のパレット側縦送りガイド221yと一対のパレット側横送りガイド221xとの全ての長手部材が4つの固定側回転機構120の全ての回転体から外れ、2つのパレット側回転機構222の全ての回転体が固定側縦送りガイド110yと固定側横送りガイド110xとの全ての長手部材から外れる、様にしたので、パレット200を切替位置から仮想横方向と仮想縦方向とのうちのどちらか一方の方向を選択し、選択した方向へ移動させることをできる。
パレット200にパレット側輪郭Qの四隅の他方の第一辺にに沿って並ぶ1つの隅に回転体をもつパレット側回転機構222とパレット側輪郭Qの一方の第一辺Qxに沿って伸びる長手部材をもつ一対のパレット側縦送りガイド221yとを設け、仮想縦方向Dyに平行で所定距離Pだけ離れる一対の縦方向ガイド線Ryと仮想横方向Dxに平行で所定距離Oだけ離れる一対の横方向ガイド線とRxで囲う固定側輪郭Rの四隅のうちの他方の縦方向ガイド線Ryに沿った1つの隅の近傍に位置する回転体をもつ固定側回転機構120と一対の縦方向ガイド線Ryの内の他方に沿って伸びる長手部材をもつ固定側縦送りガイド110yとを設け、パレット200を仮想縦方向Dyに沿って移動させるときに、2つのパレット側回転機構222の回転体が固定側縦送りガイド110yの長手部材により形成される固定側輪郭Rの内側に向く側面を各々に転動でき、固定側回転機構120の回転体がパレット側縦送りガイド221yの長手部材により形成されるパレット側輪郭Qの外側に向く側面を各々に転動できる様にしたので、パレット移動機構300がパレット200を仮想縦方向Dyに沿って移動させるときに、パレット側縦送りガイド221yが固定側回転機構120に仮想縦方向Dyに沿って移動自在に各々に案内され、2つのパレット側回転機構222が固定側縦送りガイド110yに仮想縦方向Dyに沿って移動自在に各々に案内される。
また、パレット200が状態を横方向送り状態と縦方向送り状態との間で切り替える位置である切替位置にあるときに、パレット側縦送りガイド221yの長手部材が固定側回転機構120の回転体から外れ、2つのパレット側回転機構222の全ての回転体が固定側縦送りガイド110yの長手部材から外れる、様にしたので、パレット200を切替位置から仮想横方向Dxと仮想縦方向Dyとのうちのどちらか一方の方向を選択し、選択した方向へ移動させることをできる。
パレット200にパレット側輪郭Qの四隅のうちの他方の第二辺Qxに沿った2つの隅の近傍に位置する回転体をもつパレット側回転機構222とパレット側輪郭Qの一方の第二辺Qxに沿って伸びる長手部材をもつパレット側横送りガイド221xとを設け、仮想縦方向Dyに平行で所定距離Pだけ離れる一対の縦方向ガイド線Ryと仮想横方向Dxに平行で所定距離Oだけ離れる一対の横方向ガイド線Rxとで囲う固定側輪郭Rの四隅のうちの他方の横方向ガイド線Rxに沿った2つの隅に位置する回転体をもつ固定側回転機構120と一方の横方向ガイド線Rxに沿って伸びる長手部材をもつ一対の固定側横送りガイド110xとを設け、パレット200を仮想横方向Dxに沿って移動させるときに、2つのパレット側回転機構222の回転体が固定側縦送りガイド110yの長手部材により形成される固定側輪郭Rの内側に向く側面を各々に転動でき、少なくとも1つの固定側回転機構120の回転体がパレット側横送りガイド221xの長手部材により形成されるパレット側輪郭Qの外側に向く側面を各々に転動できる、様にしたので、パレット移動機構300がパレット200を仮想横方向Dxに沿って移動させるときに、パレット側横送りガイド221xが少なくとも1つの固定側回転機構120に仮想横方向Dxに沿って移動自在に各々に案内され、2つのパレット側回転機構222が固定側横送りガイド110xに仮想横方向に沿って移動自在に各々に案内される。
また、パレット200が状態を横方向送り状態と縦方向送り状態との間で切り替える位置である切替位置にあるときに、パレット側横送りガイド221xの長手部材が2つの固定側回転機構120の全ての回転体から外れ、2つのパレット側回転機構222の全ての回転体が固定側横送りガイド110xの長手部材から外れる様にしたので、パレット200を切替位置から仮想横方向Dxと仮想縦方向Dyとのうちのどちらか一方の方向を選択し、選択した方向へ移動させることをできる。
また、駐車装置が上記の対象物搬送機構を用いて車両を搬送し駐車させる様にしたので、駐車装置が円滑に車両を搬送することをできる。

0128

本発明は以上に述べた実施形態に限られるものではなく、発明の要旨を逸脱しない範囲で各種の変更が可能である。
パレットロック機構を備える例で説明したがこれに限定されない。

0129

Dx仮想横方向
Dy 仮想縦方向
M所定距離
N 所定距離
O 所定距離
P 所定距離
Q1 所定距離
Q2 所定距離
Jx 横方向送り線
Jy 縦方向送り線
Qパレット側輪郭
Qx 第二辺
Qy 第一辺
R固定側輪郭
Rx横方向ガイド線
Ry縦方向ガイド線
S転動面、レール面
100固定側ガイド機構
110x 固定側横送りガイド
110y 固定側縦送りガイド
120 固定側回転機構
200 パレット
210パレット主構造体
220 パレット側ガイド機構
221x パレット側横送りガイド
221y パレット側縦送りガイド
222 パレット側回転機構
230レール構造
231x横方向レール
231y縦方向レール
232x横送り回転体
232y 縦送り回転体
250 パレット被係合部
300パレット移動機構
310縦横送り回転ローラ機構
311x 横送り回転ローラ
311y 縦送り回転ローラ
312 回転ローラ支持機構
313x 横送り回転ローラ駆動機構
313y 縦送り回転ローラ駆動機構
320 固定送り回転ローラ機構

先行技術

0130

特開2009−209579号
特開2007−146543号
特開2006−125082号

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社インテレスの「 駐車区画提供システム」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】少なくとも一台以上の駐車区画があれば簡便に設置することが出来る駐車区画提供システムを提供する。【解決手段】駐車区画提供システム10は、所定の駐車区画内に無断で入庫することを阻止する入庫阻止部8... 詳細

  • 株式会社ダイケンの「 駐輪装置」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】重量範囲外の自転車を載せて使用した場合でも、載台や自転車の損傷や、上昇端や下降端での衝突による騒音の発生を最小限に抑える駐輪装置を提供する。【解決手段】本発明の駐輪装置10は、設置面2に立設さ... 詳細

  • 株式会社ダイケンの「 駐輪装置」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】自転車の前輪を載台に入れ損ねた場合でも、載台を下段まで下降させる操作を行わなくても済む駐輪装置を提供する。【解決手段】本発明の駐輪装置10は、設置面2に立設させた支柱11と、自転車1を載せて上... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ