図面 (/)

技術 制御装置、制御装置の制御方法、制御プログラムおよび記録媒体

出願人 オムロン株式会社
発明者 川尻昌輝遠山享松浦宏治
出願日 2015年4月10日 (5年2ヶ月経過) 出願番号 2015-081222
公開日 2016年12月1日 (3年6ヶ月経過) 公開番号 2016-198327
状態 特許登録済
技術分野 弾球遊技機(パチンコ等)
主要キーワード 補充中 分岐状態 処理未完了 排出ステップ 稼働状態情報 ストック枚数 搬送部センサ カード読書装置
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年12月1日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (13)

課題

自動で台間機二股搬送部との対応関係を特定する。

解決手段

遊技機(3)に対応する台間機(4)と、カード収納したカード収納部(14)との間でカードを可逆に搬送する搬送装置(2)を制御するカード収納庫(1)であって、搬送装置(2)は、複数の台間機(4)にそれぞれ接続する複数の二股搬送部を備え、前記台間機と前記二股搬送部との対応関係を示す配置情報を生成する配置情報生成部(26)を備える。

概要

背景

近年、パチンコ機等の遊技機が設置された遊技場において、台間機と呼ばれる装置が広く普及している。台間機は、遊技機に対応して設けられ、遊技者遊技をしながら台間機からカード型記憶媒体(以下、カードと称する)を購入することができる。遊技者はカードに記録された残高に応じて、パチンコ玉等の遊技媒体借り受け、遊技を行う。遊技が終了すると、カードに残高が有る場合には、台間機から遊技者へとカードが返却され、残高が無い場合には、カードは台間機に貯留される。遊技者が遊技機を変更し遊技を続ける場合には、返却された残高があるカードを、他の遊技台に対応する台間機に挿入することで、遊技媒体を借り受け、遊技を行うことができる。

実際の遊技場においては、遊技者への返却等により、台間機に貯留されたカードが不足あるいは無くなってしまう場合が有る。そのような場合には、遊技場係員が台間機へとカードを直接補充する必要がある。また、多くの遊技場においては、閉店時に各台間機に貯留されたカードをすべて回収し、開店時にそれぞれの台間機に補充するという作業が行われている。

そのため、多数の台間機を有する大型の遊技場ともなるとカードの補充および全回収の作業は膨大となり、遊技場係員の負担が大きい。そのため、遊技場係員の負担軽減として、自動でカードの補充および全回収が可能なシステムの開発が進められている。

例えば、特許文献1には、開店時に各台間機にそれぞれ1枚のカードを自動で補充し、遊技者によって台間機からカードが払出される毎に、カードを自動で補充し、閉店時に、各台間機に残っているカードを自動で全て回収するカード自動配送装置が記載されている。また、特許文献2には、遊技者によって台間機に挿入されたカードの残高が無くなった場合等に、台間機からカードを自動で回収する遊技用設備装置が記載されている。

概要

自動で台間機と二股搬送部との対応関係を特定する。遊技機(3)に対応する台間機(4)と、カードを収納したカード収納部(14)との間でカードを可逆に搬送する搬送装置(2)を制御するカード収納庫(1)であって、搬送装置(2)は、複数の台間機(4)にそれぞれ接続する複数の二股搬送部を備え、前記台間機と前記二股搬送部との対応関係を示す配置情報を生成する配置情報生成部(26)を備える。

目的

本発明は上記の問題に鑑みてなされたものであり、その目的は、自動で台間機と二股搬送部との対応関係を特定する制御装置、制御装置の制御方法制御プログラムおよび記録媒体を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

カード収納した収納庫と、遊技機に対応し、複数の前記カードを貯留可能な台間機との間で前記カードを可逆に搬送する搬送装置を制御する制御装置であって、前記搬送装置は、複数の前記台間機にそれぞれ接続する複数の二股搬送部を備え、前記台間機と前記二股搬送部との対応関係を示す配置情報を生成する配置情報生成部を備えることを特徴とする制御装置。

請求項2

前記二股搬送部は、隣の二股搬送部に対してカードを可逆に搬送する直進部と、当該二股搬送部に接続する台間機に対してカードを可逆に搬送する仕分け部と、当該二股搬送部におけるカードの搬送方向を直進部の方向または仕分け部の方向の何れかに切替える通路切替部と、を備え、前記収納庫からカードを排出させる排出制御部と、前記通路切替部を制御する通路切替制御部と、前記台間機からカードの補充が完了したことを示す補充完了通知を取得する取得部と、をさらに備え、前記通路切替制御部が或る二股搬送部における搬送方向を仕分け部の方向に切替え、或る二股搬送部以外の二股搬送部における搬送方向を直進部の方向に切替え、前記排出制御部が1枚のカードを排出させて、前記取得部が前記補充完了通知を取得した場合、前記配置情報生成部は、前記補充完了通知を送信した台間機と、前記或る二股搬送部とを対応付けて、前記配置情報を生成することを特徴とする請求項1に記載の制御装置。

請求項3

前記二股搬送部に、当該二股搬送部を通過するカードを検知する二股搬送部センサが設置されており、前記取得部は、前記二股搬送部センサから、当該二股搬送部センサがカードを検知したことを示す二股搬送部センサ情報を取得し、前記配置情報生成部は、前記取得部が前記補充完了通知を取得する前に最後に前記二股搬送部センサ情報を送信した前記二股搬送部センサを、前記補充完了通知を送信した台間機および前記或る二股搬送部に対応づけて、前記配置情報を生成することを特徴とする請求項2に記載の制御装置。

請求項4

前記仕分け部に、当該仕分け部を通過するカードを検知する仕分け部センサが設置されており、前記取得部は、前記仕分け部センサから、当該仕分け部センサがカードを検知したことを示す仕分け部センサ情報を取得し、前記配置情報生成部は、前記取得部が前記補充完了通知を取得する前に最後に前記仕分け部センサ情報を送信した前記仕分け部センサを、前記補充完了通知を送信した台間機および前記或る二股搬送部に対応づけて、前記配置情報を生成することを特徴とする請求項2または3に記載の制御装置。

請求項5

前記搬送装置は、前記二股搬送部の間を連結する連結搬送部を備え、前記連結搬送部に、当該連結搬送部を通過するカードを検知する連結搬送部センサが設置されており、前記取得部は、前記連結搬送部センサから、当該連結搬送部センサがカードを検知したことを示す連結搬送部センサ情報を取得し、前記配置情報生成部は、前記取得部が前記補充完了通知を取得する前に最後に前記連結搬送部センサ情報を送信した前記連結搬送部センサを、前記補充完了通知を送信した台間機および前記或る二股搬送部に対応づけて、前記配置情報を生成することを特徴とする請求項2〜4の何れか1項に記載の制御装置。

請求項6

カードを収納した収納庫と、遊技機に対応し、複数の前記カードを貯留可能な台間機との間で前記カードを可逆に搬送する搬送装置を制御する制御装置の制御方法であって、前記搬送装置は、複数の前記台間機にそれぞれ接続する複数の二股搬送部を備え、前記台間機と前記二股搬送部との対応関係を示す配置情報を生成する配置情報生成ステップを含むことを特徴とする制御装置の制御方法。

請求項7

請求項1に記載の制御装置としてコンピュータを機能させるための制御プログラムであって、上記配置情報生成部としてコンピュータを機能させるための制御プログラム。

請求項8

請求項7に記載の制御プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体

技術分野

0001

本発明は、カード収納した収納庫と、遊技機に対応し、複数の前記カードを貯留可能な台間機との間で前記カードを可逆に搬送する搬送装置を制御する制御装置、制御装置の制御方法制御プログラムおよび記録媒体に関する。

背景技術

0002

近年、パチンコ機等の遊技機が設置された遊技場において、台間機と呼ばれる装置が広く普及している。台間機は、遊技機に対応して設けられ、遊技者遊技をしながら台間機からカード型記憶媒体(以下、カードと称する)を購入することができる。遊技者はカードに記録された残高に応じて、パチンコ玉等の遊技媒体借り受け、遊技を行う。遊技が終了すると、カードに残高が有る場合には、台間機から遊技者へとカードが返却され、残高が無い場合には、カードは台間機に貯留される。遊技者が遊技機を変更し遊技を続ける場合には、返却された残高があるカードを、他の遊技台に対応する台間機に挿入することで、遊技媒体を借り受け、遊技を行うことができる。

0003

実際の遊技場においては、遊技者への返却等により、台間機に貯留されたカードが不足あるいは無くなってしまう場合が有る。そのような場合には、遊技場係員が台間機へとカードを直接補充する必要がある。また、多くの遊技場においては、閉店時に各台間機に貯留されたカードをすべて回収し、開店時にそれぞれの台間機に補充するという作業が行われている。

0004

そのため、多数の台間機を有する大型の遊技場ともなるとカードの補充および全回収の作業は膨大となり、遊技場係員の負担が大きい。そのため、遊技場係員の負担軽減として、自動でカードの補充および全回収が可能なシステムの開発が進められている。

0005

例えば、特許文献1には、開店時に各台間機にそれぞれ1枚のカードを自動で補充し、遊技者によって台間機からカードが払出される毎に、カードを自動で補充し、閉店時に、各台間機に残っているカードを自動で全て回収するカード自動配送装置が記載されている。また、特許文献2には、遊技者によって台間機に挿入されたカードの残高が無くなった場合等に、台間機からカードを自動で回収する遊技用設備装置が記載されている。

先行技術

0006

特開平9−201470号公報(1997年8月5日公開
特開2002−253834号公報(2002年9月10日公開)

発明が解決しようとする課題

0007

近年の台間機は、カードがすぐに不足しないように、複数のカードを貯留可能になっている。ただし、台間機の貯留可能枚数には限度があり、台間機に貯留限度枚数のカードが貯留されている場合、遊技者がカードを台間機にさらに挿入することができない。そのため、このような場合には、遊技場係員が台間機からカードを一部直接回収して、台間機に貯留されているカードの枚数を適切な枚数にする必要がある。

0008

そこで、各台間機に貯留されているカードの枚数を適切な枚数にするように、各台間機に対してカードの補充および回収を行う搬送装置を制御する制御装置の導入が考えられている。例えば、この搬送装置は、各台間機にそれぞれ接続する複数の二股搬送部を備える。二股搬送部は、隣の二股搬送部に対してカードを可逆に搬送する直進部と、接続する台間機に対してカードを可逆に搬送する仕分け部と、二股搬送部におけるカードの搬送方向を直進部の方向または仕分け部の方向の何れかに切替える通路切替部と、を備える。制御装置は、通路切替部を制御して、各二股搬送部の搬送方向を切替えて、搬送装置に所定の台間機に対するカードの補充および回収を実行させる。

0009

制御装置は、補充または回収対象の台間機に接続する二股搬送部の搬送方向を仕分け部の方向に切替え、それ以外の二股搬送部の搬送方向を直進部の方向に切替える。そのため、制御装置は、台間機と二股搬送部との対応関係を把握しておく必要がある。

0010

ここで、遊技島には、10台の遊技機および台間機が併設されていることが多いため、搬送装置も10個の二股搬送部で構成される。この搬送装置を設置する場合、その大きさから現場での組み立てとなる。このとき、二股搬送部(直進部・仕分け部)を台間機毎に接続して組み立てることが想定される。

0011

組み立ての際に、作業員が、予め定められた対応関係通りに、各二股搬送部を対応する台間機に接続するように設置を行うことが望ましい。しかしながら、遊技場には1000以上の遊技機が設置されていることも少なくなく、設置する二股搬送部の個数も多いことから、予め定められた対応関係通りに二股搬送部を設置することは、作業の遅延や、作業員による配置間違いが懸念される。そのため、現実的には、予め定められた対応関係通りに二股搬送部を設置することは困難である。また、設置後に、台間機と二股搬送部との対応関係を手作業で特定させることは、遊技場の運営者に多大な負担がかかる。

0012

本発明は上記の問題に鑑みてなされたものであり、その目的は、自動で台間機と二股搬送部との対応関係を特定する制御装置、制御装置の制御方法、制御プログラムおよび記録媒体を提供することにある。

課題を解決するための手段

0013

前記の課題を解決するために、本発明に係る制御装置は、カードを収納した収納庫と、遊技機に対応し、複数の前記カードを貯留可能な台間機との間で前記カードを可逆に搬送する搬送装置を制御する制御装置であって、前記搬送装置は、前記複数の台間機にそれぞれ接続する複数の二股搬送部を備え、前記台間機と前記二股搬送部との対応関係を示す配置情報を生成する配置情報生成部を備えることを特徴としている。

0014

前記の構成によれば、前記台間機と前記二股搬送部との対応関係を示す配置情報を自動で生成することができる。よって、自動で台間機と二股搬送部との対応関係を特定することができるという効果を奏する。

0015

また、本発明に係る制御装置において、前記二股搬送部は、隣の二股搬送部に対してカードを可逆に搬送する直進部と、当該二股搬送部に接続する台間機に対してカードを可逆に搬送する仕分け部と、当該二股搬送部におけるカードの搬送方向を直進部の方向または仕分け部の方向の何れかに切替える通路切替部と、を備え、前記収納庫からカードを排出させる排出制御部と、前記通路切替部を制御する通路切替制御部と、前記台間機からカードの補充が完了したことを示す補充完了通知を取得する取得部と、をさらに備え、前記通路切替制御部が或る二股搬送部における搬送方向を仕分け部の方向に切替え、或る二股搬送部以外の二股搬送部における搬送方向を直進部の方向に切替え、前記排出制御部が1枚のカードを排出させて、前記取得部が前記補充完了通知を取得した場合、前記配置情報生成部は、前記補充完了通知を送信した台間機と、前記或る二股搬送部とを対応付けて、前記配置情報を生成してもよい。

0016

前記の構成によれば、前記補充完了通知を送信した台間機と、前記或る二股搬送部とが対応していることを特定することができる。そのため、前記の処理を繰り返し行うことにより、全ての台間機と、全ての二股搬送部との対応関係を特定することができる。

0017

また、本発明に係る制御装置において、前記二股搬送部に、当該二股搬送部を通過するカードを検知する二股搬送部センサが設置されており、前記取得部は、前記二股搬送部センサから、当該二股搬送部センサがカードを検知したことを示す二股搬送部センサ情報を取得し、前記配置情報生成部は、前記取得部が前記補充完了通知を取得する前に最後に前記二股搬送部センサ情報を送信した前記二股搬送部センサを、前記補充完了通知を送信した台間機および前記或る二股搬送部に対応づけて、前記配置情報を生成してもよい。

0018

前記取得部が前記補充完了通知を取得する前に最後に前記二股搬送部センサ情報を送信した前記二股搬送部センサは、前記或る二股搬送部に設置されている二股搬送部センサであると考えられる。そのため、前記の構成によれば、前記台間機と、前記二股搬送部と、前記二股搬送部センサとの対応関係を特定することができる。

0019

それゆえ、二股搬送部に異常が発生し、前記二股搬送部センサが予定通りに二股搬送部センサ情報を送信しなかったり、二股搬送部センサ情報を送信し続けたりした場合に、制御装置は、どの二股搬送部に異常が発生しているかを特定することができる。

0020

また、本発明に係る制御装置において、前記仕分け部に、当該仕分け部を通過するカードを検知する仕分け部センサが設置されており、前記取得部は、前記仕分け部センサから、当該仕分け部センサがカードを検知したことを示す仕分け部センサ情報を取得し、前記配置情報生成部は、前記取得部が前記補充完了通知を取得する前に最後に前記仕分け部センサ情報を送信した前記仕分け部センサを、前記補充完了通知を送信した台間機および前記或る二股搬送部に対応づけて、前記配置情報を生成してもよい。

0021

前記取得部が前記補充完了通知を取得する前に最後に前記仕分け部センサ情報を送信した前記仕分け部センサは、前記或る二股搬送部の前記仕分け部に設置されている仕分け部センサであると考えられる。そのため、前記の構成によれば、前記台間機と、前記二股搬送部(の仕分け部)と、前記仕分け部センサとの対応関係を特定することができる。

0022

それゆえ、仕分け部に異常が発生し、前記仕分け部センサが予定通りに仕分け部センサ情報を送信しなかったり、仕分け部センサ情報を送信し続けたりした場合に、制御装置は、どの仕分け部に異常が発生しているかを特定することができる。

0023

また、本発明に係る制御装置において、前記搬送装置は、前記二股搬送部の間を連結する連結搬送部を備え、前記連結搬送部に、当該連結搬送部を通過するカードを検知する連結搬送部センサが設置されており、前記取得部は、前記連結搬送部センサから、当該連結搬送部センサがカードを検知したことを示す連結搬送部センサ情報を取得し、前記配置情報生成部は、前記取得部が前記補充完了通知を取得する前に最後に前記連結搬送部センサ情報を送信した前記連結搬送部センサを、前記補充完了通知を送信した台間機および前記或る二股搬送部に対応づけて、前記配置情報を生成してもよい。

0024

前記取得部が前記補充完了通知を取得する前に最後に前記連結搬送部センサ情報を送信した前記連結搬送部センサは、前記或る二股搬送部の前記収納庫側に隣接する連結搬送部に設置されている連結搬送部センサであると考えられる。そのため、前記の構成によれば、前記台間機と、前記二股搬送部と、当該二股搬送部の前記収納庫側に隣接する連結搬送部に設置されている前記連結搬送部センサとの対応関係を特定することができる。

0025

それゆえ、連結搬送部に異常が発生し、前記連結搬送部センサが予定通りに連結搬送部センサ情報を送信しなかったり、連結搬送部センサ情報を送信し続けたりした場合に、制御装置は、どの連結搬送部に異常が発生しているかを特定することができる。

0026

前記の課題を解決するために、本発明に係る制御装置の制御方法は、カードを収納した収納庫と、遊技機に対応し、複数の前記カードを貯留可能な台間機との間で前記カードを可逆に搬送する搬送装置を制御する制御装置の制御方法であって、前記搬送装置は、前記複数の台間機にそれぞれ接続する複数の二股搬送部を備え、前記台間機と前記二股搬送部との対応関係を示す配置情報を生成する配置情報生成ステップを含むことを特徴としている。

0027

前記の構成によれば、前記制御装置と同様の効果を奏する。

0028

本発明の各態様に係る制御装置は、コンピュータによって実現してもよく、この場合には、コンピュータを前記制御装置が備える各部として動作させることにより前記制御装置をコンピュータにて実現させる制御装置の制御プログラム、およびそれを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体も、本発明の範疇に入る。

発明の効果

0029

本発明は、自動で台間機と二股搬送部との対応関係を特定することができるという効果を奏する。

図面の簡単な説明

0030

本発明の実施の形態に係るカード収納庫の要部構成の一例を示す図である。
前記カード収納庫を含むカード搬送システムの構成の一例を示す図である。
遊技機と、遊技機と対応する台間機とが複数台並設された遊技島を前方から見た斜視図である。
図3に示す遊技島を後方から見た平面図である。
図3に示す遊技島を上方から見た平面図である。
遊技店管理装置に表示される画面の一例を示す図である。
遊技店管理装置に表示される画面の一例を示す図である。
遊技店管理装置に表示される画面の一例を示す図である。
前記カード収納庫が生成するテスト情報の一例を示す図である。
前記カード収納庫が生成する配置情報の一例を示す図である。
前記カード搬送システムに含まれる顧客サーバおよびカード収納庫が実行する処理の一例を示すフローチャートである。
前記カード収納庫が実行するテストモード処理の一例を示すフローチャートである。

実施例

0031

以下、本発明の実施の形態について、図面を参照して詳細に説明する。

0032

(1.カード搬送システムの構成概略)
図2に基づいて、本実施形態に係るカード搬送システムの構成の概略について説明する。図2は、本実施形態に係るカード搬送システム10の構成の一例を示す図である。図2に示すように、カード搬送システム10は、カード収納庫1、搬送装置2、遊技機3、台間機4、顧客サーバ6、遊技店管理装置7および遊技機サーバ8を含む。

0033

カード搬送システム10に含まれる各装置(カード収納庫1、搬送装置2、遊技機3、台間機4、顧客サーバ6、遊技店管理装置7および遊技機サーバ8)は、互いに、無線通信手段または有線通信手段によって通信可能に接続されている。なお、図2に示すように、顧客サーバ6、遊技店管理装置7および遊技機サーバ8と、カード収納庫1、搬送装置2、遊技機3および台間機4とは、HUB9を介して通信接続されている。

0034

台間機4は、遊技者による紙幣投入等の入金操作受け付け残高情報が記録されたICカード等のカード型記憶媒体(以下、カードと称する)を遊技者へと販売する。遊技者は、購入したカードを台間機4のカード挿入排出口に挿入し、遊技媒体(例えばパチンコ玉)を借り受け、遊技機3で遊技を行う。カードの残高が無くなると、当該カードは台間機4内に保持される。また、遊技者がカードに残高がある状態で遊技を終了する場合には、残高の情報が記録されたカードが台間機4のカード挿入排出口から排出される。

0035

台間機4は、遊技機3と1対1で対応付けて配置される。遊技機3と、遊技機3と対応する台間機4とが複数台併設された装置群を遊技島5と称する。1つの遊技島5に対して、1つのカード収納庫1および1つの搬送装置2が配置される。カード搬送システム10は、1または複数の遊技島5、カード収納庫1および搬送装置2を含む。

0036

カード収納庫1は、複数枚のカードを収納する。また、カード収納庫1は、カードを搬送する搬送装置2に指示信号を送信して、搬送装置2を制御する。カード収納庫1は、搬送装置2と物理的に接続しており、収納しているカードを搬送装置2に排出したり、搬送装置2から搬送されたカードを収納したりすることができる。

0037

搬送装置2は、カード収納庫1と、遊技島5内の各台間機4と接続し、カード収納庫1と、台間機4との間を可逆にカードを搬送する。搬送装置2は、カード収納庫1の指示に従って、台間機4へのカードの補充、および、台間機4からのカードの回収を行う。

0038

図3〜5に基づいて、搬送装置2の詳細について説明する。図3は、遊技機3と、遊技機3と対応する台間機4とが複数台並設された遊技島5を前方から見た斜視図である。図4は、遊技島5を後方から見た斜視図であり、図5は遊技島5を上方から見た平面図である。

0039

図3および4に示すように、搬送装置2は、遊技機3と台間機4とが並設された遊技島5の長手方向に沿って、遊技機3および台間機4の背面側に設けられており、カード収納庫1は、遊技島5の長手方向端部に設けられている。

0040

図5(a)に示すように、搬送装置2は、1または複数の二股搬送部41と、二股搬送部41の間に配置された連結搬送部42とを含む。二股搬送部41は、台間機4と1対1で対応(接続)するように配置される。また、図5(a)に示すように、台間機4は、カードを貯留するカード読書装置54を備える。

0041

カード読書装置54は、ユーザがカード挿入排出口から挿入したカードを保持し、カードに対して残高情報等の電子情報の読み書きを行う。また、カード読書装置54は、複数枚のカードを貯留することができ、搬送装置2へカードの排出、および、搬送装置2から搬送されてきたカードの貯留を行う。

0042

図5(b)は、図5(a)に示す二股搬送部41とカード読書装置54を拡大した拡大図である。図5(b)に示すように、二股搬送部41は、隣の二股搬送部41(連結搬送部42)またはカード収納庫1に対してカードを可逆に搬送する直進部51と、当該二股搬送部41に接続する台間機に対してカードを可逆に搬送する仕分け部52と、当該二股搬送部41におけるカードの搬送方向を直進部51の方向または仕分け部52の方向の何れかに切替える通路切替部53と、を備える。

0043

図5(a)に示すように、二股搬送部41の一方の端部は、カード収納庫1または連結搬送部42と接続されている。また、図5(a)および(b)に示すように、二股搬送部41の他方の端部は、2つに枝分かれしている。一方の支線である直進部51の端部は、連結搬送部42と接続しており、他方の支線である仕分け部52の端部は、台間機4のカード読書装置54と接続している。

0044

二股搬送部41の直進部51および仕分け部52と、連結搬送部42は、ローラを備えており、ローラを回転させることにより、カードを可逆に搬送することができる。ここで、カードがカード収納庫1から台間機4へ進む方向を補充方向と称し、カードが台間機4からカード収納庫1へ進む方向を回収方向と称する。

0045

通路切替部53は、カードが直進部51をそのまま直進して連結搬送部42に向かう直進状態か、仕分け部52(台間機4)の方向に向かう分岐状態かを切り替えるものである。通路切替部53は、カード収納庫1の指示に従って、カードが進む方向を切り替える。

0046

図5(a)および(b)に示すように、二股搬送部41(直進部51)のカード収納庫1側の端部付近に、二股搬送部41を通過するカードを検知する二股搬送部センサ43が配置されている。二股搬送部センサ43は、カードを検知すると、カードを検知したことを示す二股搬送部センサ情報をカード収納庫1に送信する。二股搬送部センサ43は、二股搬送部センサ情報として、例えば、自身の二股搬送部センサ43を一意識別する二股搬送部センサ識別情報を送信してもよい。

0047

また、図5(a)および(b)に示すように、仕分け部52に、仕分け部52を通過するカードを検知する仕分け部センサ44が配置されている。仕分け部センサ44は、カードを検知すると、カードを検知したことを示す仕分け部センサ情報をカード収納庫1に送信する。仕分け部センサ44は、仕分け部センサ情報として、例えば、自身の仕分け部センサ44を一意に識別する仕分け部センサ識別情報を送信してもよい。

0048

さらに、図5(a)に示すように、連結搬送部42に、連結搬送部42を通過するカードを検知する連結搬送部センサ45が配置されている。連結搬送部センサ45は、カードを検知すると、カードを検知したことを示す連結搬送部センサ情報をカード収納庫1に送信する。連結搬送部センサ45は、連結搬送部センサ情報として、例えば、自身の連結搬送部センサ45を一意に識別する連結搬送部センサ識別情報を送信してもよい。

0049

なお、図5では図示していないが、搬送装置2および台間機4等の異常を検知するためのセンサ等が設置されていてもよい。

0050

遊技機サーバ8は、遊技機3を管理するサーバである。遊技機サーバ8は、例えば、各遊技機3から稼働の有無を示す信号を取得して、各遊技機3の稼働状態(稼働中、非稼働、異常(エラー)等)を把握し、各遊技機3の稼働状態を示す遊技機稼働状態情報を生成する。遊技機サーバ8は、生成した遊技機稼働状態情報を顧客サーバ6に送信する。なお、図1に示す例では、遊技機サーバ8と顧客サーバ6とは別体であるが、遊技機サーバ8は、顧客サーバ6と一体であってもよい。

0051

顧客サーバ6は、顧客に関する情報を管理するサーバである。さらに、顧客サーバ6は、カード搬送システムも管理する。顧客サーバ6は、例えば、各台間機4の稼働状態(稼働中、非稼働、補充中、回収中、異常等)、各台間機4に貯留されているカードの枚数、遊技場の営業状態営業準備、営業中、閉店等)、搬送装置2の状態(異常の有無)、その他、カード搬送システムにおける各種設定を管理する。

0052

また、顧客サーバ6は、遊技店管理装置7からの命令により予め定められたタイムスケジュールに基づいて、カード収納庫1に動作指示(営業準備指示、営業中指示、閉店指示等)を送信する。また、顧客サーバ6は、遊技店管理装置7からの命令によりカード収納庫1にテストモード指示を送信する。

0053

遊技店管理装置7は、遊技機3および台間機4の稼働状態等、顧客サーバ6が管理する各種情報閲覧するための端末である。また、遊技店管理装置7は、ユーザ(例えば、遊技場の運営者)が、カード配信システムの各種設定を入力するための端末である。例えば、遊技店管理装置7は、ユーザの入力に基づいて、営業時間等を示すタイムスケジュールを決定する。遊技店管理装置7は、決定したタイムスケジュールを顧客サーバ6および遊技機サーバ8等に送信する。

0054

図6〜8に基づいて、遊技店管理装置7に表示される画面例について説明する。図6〜8は、遊技店管理装置7に表示される画面の一例を示す図である。

0055

図6に示す画面では、カード配信システム(特に、搬送装置2による補充および回収)を自動で動作させるか、手動で(ユーザが指示して)動作させるかをユーザが設定することができる。

0056

ユーザが「動作指示」を「自動設定」を設定した場合、顧客サーバ6は、ユーザが予め入力した営業時間に基づいて、現在の時間に応じた動作指示(営業準備指示、営業中指示、閉店指示等)をカード収納庫1に送信する。

0057

一方、ユーザが「動作指示」を「手動設定」に設定した場合、さらに、台間機4を個別に設定する「個別設定」か、または、全ての台間機4に同じ設定を与える「全設定」かを選択し、動作内容である「補充」、「全回収」または「回収」を選択する。この場合、顧客サーバ6は、ユーザの設定に応じた指示をカード収納庫1に送信する。

0058

図7に示す画面では、台間機4に貯留されているカード枚数の適正値である適正枚数(デフォルトストック枚数)、補充が行われる貯留枚数閾値である補充閾値、および、回収が行われる貯留枚数の閾値である回収閾値を、台間機4個別にまたは全体についてユーザが設定することができる。ここで、貯留枚数とは、台間機4に貯留されているカードの枚数であり、以下ではストック枚数と称する。また、適正枚数は、1以上、かつ、台間機4に貯留可能なカード枚数の上限値である貯留限度枚数未満の自然数である。補充閾値は、0以上、かつ、適正枚数未満の値である。回収閾値は、適正枚数より大きく、かつ、貯留限度枚数以下の値である。

0059

図8に示す画面では、カード搬送システム10の状態を閲覧することができる。図8に示す例では、遊技島5と、カード収納庫1と、遊技機3との関係が示されている。また、図8に示す例では、遊技機3の稼働状態、台間機4のストック枚数、台間機4の稼働状態、並びに、搬送装置2の異常内容および異常場所が示されている。

0060

(2.カード収納庫の機能構成
図1に基づいて、カード収納庫1の機能的な構成について説明する。図1は、カード収納庫1の要部構成を示すブロック図である。図1に示すように、カード収納庫1は、制御部11、記憶部12、通信部13およびカード収納部14を備える。

0061

カード収納部14は、カードを収納する収納庫である。図1では示されていないが、カード収納部14は、搬送装置2と接続しており、搬送装置2にカードを排出したり、搬送装置2から搬送されたカードを収納したりする。

0062

なお、図1に示す例では、カード収納庫1がカード収納機能および搬送装置2を制御する制御機能を備えているが、両機能を別々の装置で実現してもよい。すなわち、カード収納機能を有する収納庫と、制御機能を有する制御装置とに分けてもよい。例えば、カード収納庫1がカード収納機能を有し、顧客サーバ6が前記制御機能を有する制御装置であってもよい。

0063

通信部13は、無線通信手段または有線通信手段によって、顧客サーバ6、台間機4、搬送装置2、二股搬送部センサ43、仕分け部センサ44および連結搬送部センサ45等の他の装置と通信を行い、制御部11の指示に従って、データのやりとりを行うものである。

0064

制御部11は、記憶部12から一時記憶部(不図示)に読み出されたプログラムを実行することにより、各種の演算を行うと共に、カード収納庫1が備える各部を統括的に制御するものである。

0065

本実施形態では、制御部11は、機能ブロックとして、取得部21、台間機制御部22、通路切替制御部23、カード排出部(排出制御部)24、テスト情報生成部25および配置情報生成部26を備える構成である。これらの制御部11の各機能ブロックは、CPU(central processing unit)が、ROM(read only memory)等で実現された記憶装置に記憶されているプログラムをRAM(random access memory)等で実現された一時記憶部に読み出して実行することで実現できる。

0066

取得部21は、通信部13を介して、顧客サーバ6、台間機4、二股搬送部センサ43、仕分け部センサ44および連結搬送部センサ45等から、各種情報を取得する。具体的には、取得部21は、台間機4からカードの補充が完了したことを示す補充完了通知を取得する。また、取得部21は、二股搬送部センサ43、仕分け部センサ44および連結搬送部センサ45から、それぞれ、二股搬送部センサ情報、仕分け部センサ情報および連結搬送部センサ情報を取得する。

0067

台間機制御部22は、通信部13を介して、各台間機4に制御信号を送信して、各台間機4を制御する。具体的には、台間機制御部22は、各台間機4に対して、カードの補充を行うように指示したり、カードの排出を行うように指示したりする。

0068

通路切替制御部23は、通信部13を介して、搬送装置2の各通路切替部53に制御信号を送信して、各通路切替部53を制御する。具体的には、通路切替制御部23は、各通路切替部53を制御して、各通路切替部53を備える二股搬送部41におけるカードの搬送方向を直進部の方向(直進状態)または仕分け部の方向(分岐状態)の何れかに切替える。

0069

通路切替制御部23は、テストモードでは、搬送装置2が備える複数の通路切替部53の中から通路切替部53を1つ選択し、選択した通路切替部53を分岐状態にし、それ以外の通路切替部53を直進状態にする。

0070

カード排出部24は、カード収納部14から搬送装置2に向けてカードを排出させる。

0071

テスト情報生成部25は、通路切替部53、二股搬送部センサ43、仕分け部センサ44、連結搬送部センサ45および台間機4が対応付けられたテスト情報を生成する。

0072

テスト情報生成部25が生成するテスト情報の一例を図9に示す。図9に示すように、通路切替部53、二股搬送部センサ43、仕分け部センサ44、連結搬送部センサ45および台間機4が対応付けられており、それぞれの識別情報が1つずつ記述されている。具体的には、テスト情報生成部25は、通路切替制御部23が選択した通路切替部53の識別情報をテスト情報に記述する。また、テスト情報生成部25は、取得部21が取得したセンサ情報を送信したセンサの識別情報をテスト情報に記述する。また、テスト情報生成部25は、取得部21が取得した補充完了通知を送信した台間機4の識別情報をテスト情報に記述する。

0073

テスト情報生成部25は、通路切替部53が通路切替部53を選択すると、テスト情報の記述を開始し、テスト情報に台間機4の識別情報を記述すると、テスト情報の記述を終了する。そして、テスト情報生成部25は記述が完了したテスト情報を配置情報生成部26に出力する。テスト情報生成部25は、配置情報生成部26にテスト情報を出力すると、テスト情報の記述を初期化(消去)する。

0074

なお、テスト情報生成部25は、取得部21がセンサ情報を取得した後、同種のセンサ情報を取得した場合、後に取得部21が取得したセンサ情報を送信したセンサの識別情報を上書きして記述する。すなわち、テスト情報に記述されている二股搬送部センサ43、仕分け部センサ44、連結搬送部センサ45は、最後にセンサ情報を送信したセンサである。

0075

配置情報生成部26は、テスト情報生成部25が生成したテスト情報に基づいて、カード収納庫1が管理する全ての台間機4と全ての二股搬送部41との対応関係を少なくとも示す配置情報32を生成する。配置情報生成部26は生成した配置情報32を記憶部12に格納する。また、配置情報生成部26は、二股搬送部センサ43、仕分け部センサ44および連結搬送部センサ45の少なくとも何れかを、台間機4および二股搬送部41に対応付けて、配置情報32を生成してもよい。

0076

配置情報生成部26が生成する配置情報32の一例を図10に示す。図10に示す例では、配置情報32は、台間機4、二股搬送部41、通路切替部53、二股搬送部センサ43、仕分け部センサ44および連結搬送部センサ45のそれぞれの対応関係を示し、台間機4、二股搬送部41、通路切替部53、二股搬送部センサ43、仕分け部センサ44および連結搬送部センサ45の識別情報が記述されている。

0077

記憶部12は、制御部11が参照するプログラムやデータ等を格納するものであり、例えば、配置情報32等を格納している。

0078

配置情報32は、カード収納庫1、搬送装置2の二股搬送部41、二股搬送部センサ43、仕分け部センサ44、連結搬送部センサ45、遊技機3、および、台間機4の位置関係を示す情報である。配置情報32を参照することにより、カード収納庫1が管理する台間機4を特定したり、遊技機3、台間機4、二股搬送部41、二股搬送部センサ43、仕分け部センサ44および連結搬送部センサ45の互いの対応関係を特定したりすることができる。配置情報32は、テストモード処理を実行する、または、各装置の位置関係を入力することにより、予め生成されて記憶部12に格納される。

0079

(3.カード搬送システムの処理)
(3.1.カード搬送システムの基本処理
図11に基づいて、カード搬送システム10が実行する処理について説明する。図11は、カード搬送システム10に含まれる顧客サーバ6およびカード収納庫1が実行する処理の一例を示すフローチャートである。

0080

図11に示すように、顧客サーバ6は、遊技店管理装置7からの命令に基づいて、カード搬送システム10に含まれる全てのカード収納庫1に動作指示を送信する(S1)。

0081

カード収納庫1は、顧客サーバ6から送信される動作指示を待つ(S2)。カード収納庫1は、顧客サーバ6から動作指示を受信すると(S2でYES)、受信した動作指示の示す内容を特定する。

0082

カード収納庫1は、受信した動作指示がテストモード指示である場合(S3でYES)、テストモード処理を実行する(S4)。カード収納庫1は、テストモード処理を実行した後、テストモード処理が完了したことを示すテストモード処理完了通知を顧客サーバ6に送信する(S5)。

0083

一方、カード収納庫1は、受信した動作指示がテストモード指示ではなく、営業準備指示、営業中指示、閉店指示等の他の指示である場合(S3でNO)、動作指示に基づく処理を実行する(S6)。カード収納庫1は、動作指示に基づく処理を実行した後、当該処理が完了したことを示す処理完了通知を顧客サーバ6に送信する(S7)。

0084

顧客サーバ6は、カード収納庫1からテストモード処理完了通知等の処理完了通知を受信すると、当該通知を送信したカード収納庫1の状態を処理完了(テストモード処理完了)に設定する。

0085

ここで、顧客サーバ6は、全てのカード収納庫1から処理完了通知を受信したか否かを判定する(S8)。全てのカード収納庫1から処理完了通知を受信した場合(S8でYES)、処理を終了する。一方、処理未完了のカード収納庫1がある場合(S8でNO)、再びS1以下の処理を実行する。具体的には、顧客サーバ6は、全てのカード収納庫1に対して動作指示を送信する。なお、このとき、顧客サーバ6は、処理未完了のカード収納庫1に対してのみ、動作指示を送信してもよい。

0086

(3.2.テストモード処理)
図12に基づいて、カード収納庫1が実行するテストモード処理について説明する。図12は、カード収納庫1が実行するテストモード処理の一例を示すフローチャートである。

0087

取得部21が顧客サーバ6からテストモード指示を受信すると、台間機制御部22は、カード収納庫1が管理する全ての台間機4をテストモードに設定する。具体的には、台間機制御部22は、全ての台間機4に対して、カードの補充を行うように指示する。

0088

また、通路切替制御部23は、搬送装置2に含まれる複数の通路切替部53の中から、通路切替部53を1つ選択する(S22)。そして、通路切替制御部23は、選択した通路切替部53を分岐状態にし、選択した通路切替部53以外の通路切替部53を直進状態にする(S23:通路切替ステップ)。また、テスト情報生成部25は、通路切替制御部23が選択した通路切替部53の識別情報をテスト情報に記述する。

0089

通路切替制御部23が通路切替部53の状態を切替えた後、カード排出部24は、カード収納部14からカードを1枚排出させる(S24:排出ステップ)。そして、取得部21は、各センサからセンサ情報が送信されるのを待つ。

0090

取得部21はセンサ情報を受信すると(S25:センサ情報取得ステップ)、テスト情報生成部25は、センサ情報を送信したセンサの識別情報をテスト情報に記述して、テスト情報を更新する(S26)。テスト情報生成部25は、取得部21が補充完了通知を受信するまで、取得部21が取得したセンサ情報に基づいて、テスト情報を更新する。

0091

取得部21が補充完了通知を受信すると(S27でYES:補充完了通知取得ステップ)、テスト情報生成部25は、補充完了通知を送信した台間機4の識別情報をテスト情報に記述し、生成したテスト情報を配置情報生成部26に出力する。

0092

配置情報生成部26は、テスト情報に基づいて、補充完了通知を送信した台間機と、分岐状態の通路切替部と、(当該通路切替部を備える二股搬送部と、)カードが最後に通過した各センサとを紐付ける(S28)。配置情報生成部26は、この対応関係を配置情報32に記述し、配置情報32を更新する(S29:配置情報生成ステップ)。

0093

配置情報生成部26は、配置情報32を更新した後、生成した配置情報32を参照して、カード収納庫1が管理する全ての台間機4と通路切替部53(二股搬送部41)との関係を特定したか否かを判定する(S30)。

0094

全ての台間機4および通路切替部53の対応関係を特定していない場合(S30でNO)、通路切替制御部23は、対応関係を特定していない通路切替部53の中から、通路切替部53を1つ選択する(S31)。また、テスト情報生成部25は、通路切替制御部23が選択した通路切替部53の識別情報をテスト情報に記述して、新たなテスト情報を生成する。そして、S23以下の処理を実行する。

0095

一方、全ての台間機4および通路切替部53の対応関係を特定した場合(S30でYES)、配置情報生成部26は、生成した配置情報32を記憶部12に格納して、テストモード処理を終了する。

0096

なお、記憶部12に配置情報32を格納した後、各台間機4にカードの補充を実行して、配置情報32の示す対応関係が正しいか確認してもよい。この場合、対応関係の確認後、全ての台間機4からカードを全て回収する全回収を実行して、テストモード処理を終了する。

0097

ソフトウェアによる実現例〕
カード収納庫1の制御ブロック(特に制御部11)は、集積回路ICチップ)等に形成された論理回路ハードウェア)によって実現してもよいし、CPUを用いてソフトウェアによって実現してもよい。

0098

後者の場合、カード収納庫1は、各機能を実現するソフトウェアであるプログラムの命令を実行するCPU、上記プログラムおよび各種データがコンピュータ(またはCPU)で読み取り可能に記録されたROMまたは記憶装置(これらを「記録媒体」と称する)、上記プログラムを展開するRAMなどを備えている。そして、コンピュータ(またはCPU)が上記プログラムを上記記録媒体から読み取って実行することにより、本発明の目的が達成される。上記記録媒体としては、「一時的でない有形媒体」、例えば、テープディスク、カード、半導体メモリプログラマブルな論理回路などを用いることができる。また、上記プログラムは、該プログラムを伝送可能な任意の伝送媒体通信ネットワーク放送波等)を介して上記コンピュータに供給されてもよい。なお、本発明は、上記プログラムが電子的な伝送によって具現化された、搬送波に埋め込まれたデータ信号の形態でも実現され得る。

0099

本発明は上述した各実施形態に限定されるものではなく、請求項に示した範囲で種々の変更が可能であり、異なる実施形態にそれぞれ開示された技術的手段を適宜組み合わせて得られる実施形態についても本発明の技術的範囲に含まれる。

0100

本発明は、カード型の記憶媒体を収納した収納庫と、遊技機に対応し、複数の前記記憶媒体を貯留可能な台間機との間で前記記憶媒体を可逆に搬送する搬送装置を制御する制御装置に利用することができる。

0101

1カード収納庫(制御装置)
2搬送装置
3遊技機
4台間機
5遊技島
6顧客サーバ
7遊技店管理装置
8遊技機サーバ
10カード搬送システム
21 取得部
22 台間機制御部
23通路切替制御部
24カード排出部(排出制御部)
25テスト情報生成部
26配置情報生成部
41二股搬送部
42 連結搬送部
43 二股搬送部センサ
44仕分け部センサ
45 連結搬送部センサ
51直進部
52 仕分け部
53 通路切替部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社藤商事の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】遊技興趣を向上させうる遊技機を提供する。【解決手段】遊技領域に向けて遊技球を発射可能な発射手段と、大当り抽選を実行可能な抽選手段と、所定表示が可能な表示手段と、前記大当り抽選の結果が所定結果で... 詳細

  • 株式会社サンセイアールアンドディの「 遊技機」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】従来の遊技機は、遊技者にとって比較的有利な大当りと比較的不利な大当りとの複数の大当りを有していた。また、遊技演出(リーチ演出やキャラクタ演出等)として、実行態様の異なる複数の遊技演出を有し、実... 詳細

  • 株式会社ソフイアの「 遊技機」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】遊技球の球詰りの危険を低減してアウト球やセーフ球を計数できる。【解決手段】受入樋1311は、受け入れた排出球を受入枡1312に案内するように傾斜する。受入枡1312は、遊技球を2段以上に積み重... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ