図面 (/)

技術 意匠紙

出願人 特種東海製紙株式会社
発明者 暮沼侑士酒井裕介西川和男内藤英也
出願日 2015年4月15日 (4年10ヶ月経過) 出願番号 2015-083678
公開日 2016年11月17日 (3年3ヶ月経過) 公開番号 2016-194178
状態 特許登録済
技術分野 流動性材料の適用方法、塗布方法 紙(4)
主要キーワード 意匠紙 立方形状 印刷均一性 プレスマーク 熱物性測定装置 温かみ 二次平均粒径 ダンディロール
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年11月17日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

風合いが良好で、手指で触れたときに柔らかさ、ふんわり感、温かみ感じられる特有触感によって高級感のある意匠紙を提供すること。

解決手段

本発明の意匠紙は、初期熱流束最大値(Qmax)が0.300〜0.377W/cm2である。本発明の意匠紙の好ましい一実施形態として、原紙とその片面に形成された塗工層とを有し、塗工層の表面でのQmaxが前記特定範囲内にある特定塗工紙が挙げられる。この特定塗工紙において、原紙の密度は0.55〜0.67g/cm3が好ましく、また塗工層は非接触塗工方式により形成されたものが好ましい。

概要

背景

意匠紙は、本の表紙、見返し、商業美術印刷パッケージ包装材料建材など多方面にわたり使用されている。近年、ユーザーニーズ多様化などによって、意匠紙には手触りなどの触感を高めることが要求されている。これら感覚的な紙の品位を表す言葉として「風合い」という言葉が多用される。紙の風合いは、紙の軽さ、手触りなどの触感的な感覚を総合して評価される。触感に関わる指標として、人が物に触れた時に感じ冷温感(熱移動)が知られており、これは初期熱流束最大値として数値化される。この初期熱流束最大値はQmaxとも呼ばれ、数値が小さいほど暖かく感じ、大きいほど冷たく感じる特性である。

Qmaxに着目した技術に関し、例えば特許文献1には、肌着に使用される繊維製品としての生地の片面のQmaxを120W/m2・℃以上、好ましくは120W/m2・℃以上190W/m2・℃以下とすることによって、該生地に接触した瞬間にひんやり爽やかに感じ取ることが可能となり好ましい旨記載されている。また特許文献2には、ウエットティシュ用の保湿不織布において、そのQmaxを0.08〜0.30〔J/cm2/sec〕とすることにより、滑らかさ、しなやかさ、しっとり感が十分に得られる旨記載されている。また、特許文献2の〔0024〕には、保湿不織布に要求される特性に応じてQmaxを適宜調節することも記載されており、保湿不織布に柔らかさ、サラッとした滑らかな肌触りの良さを求める場合にはQmaxを0.09〜0.115〔J/cm2/sec〕とし、保湿不織布にしっとり感や肌への保湿効果を求める場合にはQmaxを0.115〜0.20〔J/cm2/sec〕とすることが記載されている。

Qmaxは、特許文献1及び2の記載の如き布のみならず、紙にも適用されている。例えば特許文献3には、エンボス加工されたクレープ紙製品において、そのQmaxを0.17〔J/cm2/sec〕以下に設定することが記載されている。特許文献3によれば、特許文献3記載のクレープ紙製品は、Qmaxが斯かる範囲にあることにより、保湿成分を含有して水分が多いにもかかわらず、不快な冷たさを感じることが無いとされている。尚、特許文献3記載のクレープ紙製品は、トイレットペーパーティシュペーパー等の衛生紙として主に拭き取りに使用される紙であり、印刷適性は特に考慮されていない。

概要

風合いが良好で、手指で触れたときに柔らかさ、ふんわり感、温かみが感じられる特有の触感によって高級感のある意匠紙を提供すること。本発明の意匠紙は、初期熱流束最大値(Qmax)が0.300〜0.377W/cm2である。本発明の意匠紙の好ましい一実施形態として、原紙とその片面に形成された塗工層とを有し、塗工層の表面でのQmaxが前記特定範囲内にある特定塗工紙が挙げられる。この特定塗工紙において、原紙の密度は0.55〜0.67g/cm3が好ましく、また塗工層は非接触塗工方式により形成されたものが好ましい。なし

目的

本発明の課題は、風合いが良好で、手指で触れたときに柔らかさ、ふんわり感、温かみが感じられる特有の触感によって高級感のある意匠紙を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

初期熱流束最大値が0.300〜0.377W/cm2である意匠紙

請求項2

原紙とその片面に形成された塗工層とを有し、前記初期熱流束最大値が該塗工層の表面についてのものである請求項1に記載の意匠紙。

請求項3

前記原紙の密度が0.55〜0.67g/cm3であり、且つ前記塗工層が非接触塗工方式により形成されたものである請求項2に記載の意匠紙。

技術分野

0001

本発明は、独特風合いを有する高品質意匠紙に関する。

背景技術

0002

意匠紙は、本の表紙、見返し、商業美術印刷パッケージ包装材料建材など多方面にわたり使用されている。近年、ユーザーニーズ多様化などによって、意匠紙には手触りなどの触感を高めることが要求されている。これら感覚的な紙の品位を表す言葉として「風合い」という言葉が多用される。紙の風合いは、紙の軽さ、手触りなどの触感的な感覚を総合して評価される。触感に関わる指標として、人が物に触れた時に感じ冷温感(熱移動)が知られており、これは初期熱流束最大値として数値化される。この初期熱流束最大値はQmaxとも呼ばれ、数値が小さいほど暖かく感じ、大きいほど冷たく感じる特性である。

0003

Qmaxに着目した技術に関し、例えば特許文献1には、肌着に使用される繊維製品としての生地の片面のQmaxを120W/m2・℃以上、好ましくは120W/m2・℃以上190W/m2・℃以下とすることによって、該生地に接触した瞬間にひんやり爽やかに感じ取ることが可能となり好ましい旨記載されている。また特許文献2には、ウエットティシュ用の保湿不織布において、そのQmaxを0.08〜0.30〔J/cm2/sec〕とすることにより、滑らかさ、しなやかさ、しっとり感が十分に得られる旨記載されている。また、特許文献2の〔0024〕には、保湿不織布に要求される特性に応じてQmaxを適宜調節することも記載されており、保湿不織布に柔らかさ、サラッとした滑らかな肌触りの良さを求める場合にはQmaxを0.09〜0.115〔J/cm2/sec〕とし、保湿不織布にしっとり感や肌への保湿効果を求める場合にはQmaxを0.115〜0.20〔J/cm2/sec〕とすることが記載されている。

0004

Qmaxは、特許文献1及び2の記載の如き布のみならず、紙にも適用されている。例えば特許文献3には、エンボス加工されたクレープ紙製品において、そのQmaxを0.17〔J/cm2/sec〕以下に設定することが記載されている。特許文献3によれば、特許文献3記載のクレープ紙製品は、Qmaxが斯かる範囲にあることにより、保湿成分を含有して水分が多いにもかかわらず、不快な冷たさを感じることが無いとされている。尚、特許文献3記載のクレープ紙製品は、トイレットペーパーティシュペーパー等の衛生紙として主に拭き取りに使用される紙であり、印刷適性は特に考慮されていない。

先行技術

0005

特開2014−139355号公報
特開2008−208491号公報
特開2010−259706号公報

発明が解決しようとする課題

0006

本発明の課題は、風合いが良好で、手指で触れたときに柔らかさ、ふんわり感、温かみが感じられる特有の触感によって高級感のある意匠紙を提供することに関する。

課題を解決するための手段

0007

本発明は、初期熱流束最大値が0.300〜0.377W/cm2である意匠紙である。

発明の効果

0008

本発明によれば、風合いが良好で、手指で触れたときに柔らかさ、ふんわり感、温かみが感じられ、且つそれら特有の触感によって高級感のある意匠紙が提供される。本発明の意匠紙には、原紙とその片面に形成された塗工層とを有する形態が含まれるところ、特に斯かる形態によれば、その塗工層によって印刷適性が向上すると共にしっとり感が付与されるので、風合いが一層向上し、高級感が増し高品位の意匠紙が得られる。

0009

本発明の意匠紙は、初期熱流束最大値(Qmax)が0.300〜0.377W/cm2である。意匠紙のQmaxが斯かる特定範囲にあることにより、柔らかさ、ふんわり感、温かみのある触感が得られる。本発明の意匠紙のQmaxは、好ましくは0.310〜0.377W/cm2、さらに好ましくは0.320〜0.377W/cm2である。

0010

初期熱流束最大値(Qmax)は公知の方法によって測定できる。Qmaxの測定は、温度センサーの付いた金属板等の熱板に熱を蓄えて該熱板の温度を測定対象より高温に設定しておき、該熱板を測定対象の表面に接触させ、その接触直後に該熱板に蓄えられた熱量が低温側の測定対象に移動する際の熱流束ピーク値を測定することによって実施される。Qmaxの数値が小さいほど測定対象が暖かく感じられ、Qmaxの数値が大きいほど測定対象が冷たく感じられる。Qmaxの測定は、市販の測定装置、具体的には例えばカトーテック株式会社製の「KES−F7サーモラボII型精密迅速熱物性測定装置」又は「FR−07フィンガーロボットサーモラボ」を用いて、下記方法で行うことができる。

0011

<初期熱流束最大値(Qmax)の測定方法
測定対象(意匠紙)を室温23℃、相対湿度50%の環境下に1時間放置した後、斯かる環境下で前記カトーテック社製KES−F7又はFR−07を用い、カトーテック社製の測定マニュアルに従って測定対象のQmaxを測定する。例えばKES−F7を用いる場合には、測定対象と接触させる前記熱板として、面積9cm2、質量9.79gの純銅板を用い、該銅板初期温度を33℃(測定対象の表面温度より10℃高い温度)、該銅板の測定対象への接触圧を0.981kPaとして、測定対象の表面(意匠紙の片面)に該銅版を接触させ、接触後0.2秒経過後の熱流束のピーク値を測定する。この測定を測定対象面につき3回行い、それら複数の測定値平均値を、当該測定対象面のQmaxとする。尚、前記の「接触後0.2秒経過」は、手指が物に触れてからその冷温感を感じるのに要する時間を考慮したものである。FR−07を用いた測定方法も、KES−F7を用いた前記測定方法に準じて行うことができる。但し、FR−07を用いた測定方法は、測定者がFR−07を手で把持してその接触子を測定対象に押し付けて行うため、測定対象への接触圧は測定者による任意の押圧力となる。本明細書に記載したQmaxの数値は、特に断らない限り、FR−07を用いた測定方法に基づくものである。

0012

本発明の意匠紙の好ましい一実施形態として、原紙と、該原紙の片面に形成された塗工層とを有する特定塗工紙が挙げられる。この特定塗工紙は、その塗工層の表面でのQmaxが前記の通り0.300〜0.377W/cm2の範囲にあり、塗工層の無い普通紙と比べて印刷適性が向上すると共に塗工層表面のしっとり感が付与され、塗工層表面のしっとり感が加わることによって、塗工層表面の触感が一層向上したものとなり得る。塗工層の形成により特定塗工紙(意匠紙)にしっとり感が付与される理由は、塗工層の形成に起因する紙全体の通気性の低下により、塗工層表面に触れている手指の皮膚の不感蒸泄による蒸発水分が、該皮膚と紙該塗工層表面との間に滞留しやすくなるためであると推察される。以下、この特定塗工紙について説明する。

0013

前記特定塗工紙を構成する原紙としては、基本的に、塗工層を塗設可能なシートであれば使用可能であり、上質紙中質紙、板紙、和紙等のパルプ主体とする紙の他に、合成紙、不織布、樹脂製フィルム合成繊維紙等を用いることもできるが、塗工層表面でのQmaxを前記特定範囲にする観点から、パルプを主体とする紙が好ましい。原紙に配合されるパルプの種類は特に限定されず、例えば、針葉樹晒クラフトパルプ(NBKP)、広葉樹晒クラフトパルプ(LBKP)、針葉樹サルファイトパルプNBSP)、サーモメカニカルパルプ(TMP)、砕木パルプ(GP)等の木材パルプ、藁、ケナフ三椏木綿等の非木材パルプカチオン化パルプ、マーセル化パルプ等の変性パルプ等が挙げられ、これらの1種を単独で又は2種以上を組み合わせて用いることができる。

0014

前記特定塗工紙を構成する原紙の密度は、塗工層表面でのQmaxに大きな影響を及ぼす要素である。一般に、紙の風合いは、紙の軽さ、手触りなどの触感的な感覚を総合して評価され、本発明で追求する「柔らかさ、ふんわり感、温かみのある触感」を実現するためには、紙の密度は低い方が良く、凹凸が適当に感じられるほうが良い。しかしながら、紙の密度が低すぎると、重量感の低下に起因して品位、高級感が損なわれるおそれがあり、さらには印刷等の加工適性が低下するおそれもある。これらを総合的に考慮し、塗工層表面でのQmaxを前記特定範囲に確実に設定する観点から、原紙の密度は、好ましくは0.55〜0.67g/cm3、さらに好ましくは0.57〜0.67g/cm3である。ここでいう原紙の密度は、JIS P8118に準じて測定される密度である。

0015

前記特定塗工紙を構成する原紙の密度を前記範囲内とする観点から、原紙に含まれるパルプのフリーネスCSF)は、好ましくは280〜500ml、さらに好ましくは330〜450mlである。フリーネスとは、JIS P8121に規定されるパルプの濾水度試験方法のうち、カナダ標準形によって得られる値である。フリーネスの調整は、パルプの叩解の程度を適宜調整することで調整可能である。

0017

前記特定塗工紙を構成する原紙の抄紙条件は特に限定されず、例えば、長網式抄紙機ギャップフォーマー抄紙機円網式抄紙機、短網式抄紙機等の公知の抄紙機を、目的に応じて適宜選択して使用できる。また、低密度で風合いが優れた原紙を得るためにはキャレンダーを不使用であることが好ましい。また必要に応じて、本発明の趣旨を逸脱しない範囲で、塗工層形成前の原紙にエンボス加工を施しても良く、その場合のエンボス加工の方式は特に制限されず、例えば一旦原紙を抄造してから、模様彫刻したロール間で押圧賦型するドライエンボス法や、円網抄紙機ウェットパート又は長網抄紙機ダンディロールで賦型するウォーターマーク法、プレスパートで賦型するプレスマーク法、プレスパートの後で賦型するウェットエンボス法等のいずれの方式でも良い。抄紙方式としては、酸性抄紙、中性抄紙、弱アルカリ抄紙等のいずれの方式でも使用できる。原紙の坪量は特に限定されないが、好ましくは50〜300g/m2である。

0018

本発明において原紙として好ましく用いられるものの一例として、「パルプと、焼成カオリン及び/又はシリカとを含んで構成され、該パルプの70質量%以上、好ましくは80質量%以上がユーカリ原料とする漂白クラフトパルプである原紙」(以下、特定原紙ともいう)が挙げられる。斯かる特定原紙を用いることで、塗工層表面でのQmaxを前記特定範囲により確実に設定することが可能となる。

0019

前記特定原紙のパルプ原料となるユーカリとしては、例えば、E.camaldulensis、E.citriodora、E.deglupta、E.globulus、E.grandis、E.maculata、E.punctata、E.saligna、E.terelicornis、E.urophylla、あるいはこれらの交雑種等を用いることができる。前記特定原紙の主成分である、ユーカリを原料とする漂白クラフトパルプは、これらのユーカリを用いて公知のクラフト蒸解法、パルプ漂白法によって製造することができる。

0020

また、前記特定原紙中には、焼成カオリン及びシリカの両方が含有されていても良く、どちらか一方のみが含有されていても良い。前記特定原紙中における焼成カオリン及びシリカの合計含有量は、該特定原紙の全質量に対して、好ましくは5質量%以上、さらに好ましくは7〜13質量%である。焼成カオリンは、天然に産するカオリンを高熱処理(例えばキルンなどを用いて800℃程度で加熱処理)することにより、カオリンの結晶構造中に存在する結晶水を放出させたものであり、結晶構造が崩壊して非晶質な構造を有している。またシリカとしては、合成非晶質シリカが好ましく用いられる。合成非晶質シリカは、乾式法によって製造されるものと、湿式法によって製造されるものとに大別され、前者には乾式シリカがあり、後者には湿式シリカシリカゲルコロイダルシリカがある。焼成カオリンの一次平均粒径及びシリカの二次平均粒径は、それぞれ1〜30μmであることが好ましい。焼成カオリンの一次平均粒径、シリカの二次平均粒径が小さすぎると、十分な低密度効果が得られず、焼成カオリンの一次平均粒径、シリカの二次平均粒径が大きすぎると、塗工層表面の平滑性が著しく悪化し印刷均一性が低下する。

0021

また、前記特定塗工紙を構成する塗工層としては、印刷適性の向上等を目的として紙の表面に塗工により形成可能なものを特に制限なく用いることができる。塗工層を形成する方法は特に制限されず、例えば、エアナイフコーターブレードコーターバーコーターロールコーターロッドコーターグラビアコーター等の接触塗工方式カーテンコータースプレーコータースロットダイコーター等の非接触塗工方式が挙げられる。これらの塗工方式の中でも特に好ましいのは、原紙に物理的に接触せずに塗工液を供給する非接触塗工方式であり、とりわけカーテンコーターを用いて塗工層を形成するのが好ましい。カーテンコーターは、塗工液をカーテン状流下させてカーテン塗工膜を形成させ、そのカーテン塗工膜に原紙を通すことにより原紙上に塗工層を設ける塗工装置であり、原紙の被塗工面の凹凸に追従した輪郭塗工ができるという特徴を有する。密度が前記範囲にあるような低密度で適度な凹凸がある原紙上に、非接触塗工方式、特にカーテンコーターを用いて塗工層を形成することにより、原紙の凹凸同様に適度な凹凸をもった塗工層が得られ、その結果、紙と皮膚との接触面積が少なくなり、塗工層表面でのQmaxを前記特定範囲により確実に設定することが可能となる。非接触塗工方式の塗工装置によって原紙に塗工される塗工液の固形分濃度は、通常30〜70質量%である。

0022

即ち、本発明の意匠紙の一実施形態である前記特定塗工紙の好ましい具体例として、JIS P8118に準じて測定される原紙の密度が0.55〜0.67g/cm3であり、且つ塗工層が非接触塗工方式、より好ましくはカーテンコーターにより形成されたものが挙げられる。

0023

前記特定塗工紙を構成する塗工層は、通常、填料及び接着剤を含有する。塗工層用填料としては、この種の塗工紙の塗工層に通常含有される填料を特に制限なく用いることができ、例えば、クレー、カオリン、シリカ、タルク、水酸化アルミニウム、酸化チタン、軽質炭酸カルシウム、重質炭酸カルシウム、硫酸バリウム酸化亜鉛サチンホワイト硫酸カルシウム等の無機顔料;プラスチックピグメント等の有機顔料等が挙げられ、これらの1種を単独で又は2種以上を組み合わせて用いることができる。軽質炭酸カルシウムはカルサイトアラゴナイトのいずれでも良く、また形状についても針状、柱状、紡錘状、球状、立方形状ロゼッタ型のいずれでも良い。これらの塗工層用填料の中でも、特に炭酸カルシウムは、安価で且つ白色度が高いため、本発明で好ましく用いられる。塗工層中における填料の含有量は特に限定されるものではないが、塗工層の全質量に対して固形分換算で、好ましくは10〜95質量%の範囲で適宜用いることができる。

0024

また、塗工層用接着剤としては、この種の塗工紙の塗工層に通常含有される水分散性又は水溶性接着剤を特に制限なく用いることができ、これらの1種を単独で又は2種以上を組み合わせて用いることができる。水分散性接着剤としては、例えば、スチレンブタジエン共重合体ラテックスメチルメタクリレート−ブタジエン共重合体ラテックス、スチレンーメチルメタクリレートーブタジエン共重合体ラテックス等の共役ジエン系共重合体ラテックスアクリル酸エステル及び/又はメタクリル酸エステル重合体又は共重合体ラテックス等のアクリル系重合体ラテックスエチレン酢酸ビニル重合体ラテックス等のビニル系重合体ラテックス、あるいはこれらの各種重合体ラテックスカルボキシル基等の官能基含有単量体で変性した重合体又は共重合体ラテックス等が挙げられる。水溶性接着剤としては、例えば、ポリビニルアルコール酸化澱粉陽性澱粉、エステル化澱粉デキストリン等の澱粉類が挙げられる。塗工層中における接着剤の含有量は特に限定されるものではないが、塗工層の全ての填料100質量部に対して固形分換算で、好ましくは5〜50質量部の範囲で適宜用いることができる。

0025

前記特定塗工紙における塗工層には、填料及び接着剤以外の他の成分、例えば、この種の塗工層に通常含有される塗工適性を向上させるための各種薬剤を含有させることができる。特に、カーテンコーター等の非接触塗工方式の塗工装置によって形成される塗工層は、界面活性剤を含有することが好ましい。非接触塗工方式の塗工装置により形成された塗工層に界面活性剤が含有されているということは、該塗工装置で塗工する塗工液に界面活性剤が含有されているということであるところ、それにより塗工液の動的表面張力が低下するため、例えばカーテンコーターを用いて塗工液を原紙に塗工した場合においてカーテン塗工膜がより一層安定する。特に、凹凸のある原紙への塗工においては、塗工液のレベリング性が一層高められ、原紙の凹凸に追従した輪郭塗工ができる。従って、塗工層が界面活性剤を含有していることにより、塗工層表面のしっとり感をより一層向上させることが可能となる。

0026

塗工層に含有可能な界面活性剤としては、アニオン性界面活性剤カチオン性界面活性剤ノニオン性界面活性剤の何れでも良いが、特に、カルボン酸塩スルホン酸塩硫酸エステル塩リン酸エステル塩等のアニオン性界面活性剤は、塗工液との相溶性が良いため、本発明で好ましく用いられる。塗工層中における界面活性剤の含有量は、塗工層の全質量に対して固形分換算で、好ましくは0.03〜0.30質量%、さらに好ましくは0.05〜0.20質量%である。塗工層中における界面活性剤の含有量が少なすぎると、所定の効果が十分に奏されず、逆に多すぎると、塗工液の原紙への浸透性が高くなりすぎる結果、塗工紙の印刷均一性が低下するおそれがある。

0027

本発明の意匠紙は、初期熱流束最大値が前記特定範囲にあれば良く、塗工層を有していなくても良い。また、本発明の意匠紙が前記特定塗工紙の如き塗工層を有する場合、その塗工層は、原紙の片面のみに形成されていても良く、両面それぞれに形成されていても良く、また、単層構造でも良く、二層以上が積層された多層構造でも良い。原紙の片面側についての塗工層の坪量は、該塗工層が単層構造か多層構造かを問わずに該塗工層全体の坪量として固形分換算で、好ましくは5〜20g/m2、さらに好ましくは7〜16g/m2である。

0028

本発明の意匠紙は、その独特の風合いを活かして種々の用途に適用可能であり、例えば、印刷用紙、包装紙等が挙げられる。

0029

以下、実施例を挙げて本発明を更に詳細に説明するが、本発明は以下の実施例により制限されるものではない。

0030

〔実施例1〕
パルプとして、ユーカリを原料とする漂白クラフトパルプ100質量%を使用し、ダブルディスクリファイナーでカナディアンスタンダードフリーネスによる叩解度が380mlの原料パルプスラリーを調製した。この原料パルプスラリーに、焼成カオリン(BASF社製、アンシレックス93)7質量%、湿式シリカ(グレース社製、サイロイド74X4500)5質量%、ロジンサイズ剤を固形分濃度で0.2質量%添加して原料スラリーを調製し(焼成カオリン、湿式シリカ、ロジンサイズ剤の前記添加量は何れも対パルプ質量当たりの添加量)、この原料スラリーを常法に従って湿式抄紙して、密度0.60g/cm3、坪量100g/m2の原紙を得た。
また別途、固形分濃度45質量%の塗工液を調製した。填料として軽質炭酸カルシウム(商品名:タマパールTP221GS、奥多摩工業社製)50質量部及び重質炭酸カルシウム(商品名:FMT−OP2A、ファイマテック社製)50質量部を含有し、接着剤としてリン酸エステル化デンプン(商品名:MS#4600、日本食品加工社製)5質量部及びスチレンーメチルメタクリレートーブタジエン共重合体ラテックス(商品名:PA3803、日本エイアンドエル社製)15質量部、界面活性剤(商品名:SURFYNOL PSA336、AIR PRODCTS社製)0.10質量部を含有する塗工液を調製した。
そして、カーテンコーターを用いて前記原紙の両面それぞれに前記塗工液を塗工して塗工層を形成し、原紙の両面それぞれに単層構造の塗工層を有する塗工紙を得た。塗工量は、原紙の両面側で互いに同じであり、それぞれ固形分換算で10g/m2であった。

0031

〔実施例2〕
実施例1において、非接触塗工方式の塗工装置であるカーテンコーターに変えて、接触塗工方式の塗工装置であるエアナイフコーターを用いて塗工層を形成した以外は実施例1と同様にして、原紙の両面それぞれに塗工量10g/m2の単層構造の塗工層を有する塗工紙を得た。

0032

〔比較例1〕
実施例1において、原紙中における湿式シリカの含有量を15質量%とした以外は実施例1と同様にして、原紙の両面それぞれに塗工量10g/m2の単層構造の塗工層を有する塗工紙を得た。

0033

〔比較例2〕
実施例1において、原紙中における湿式シリカの含有量を12質量%とし、且つ塗工前の原紙の全体をキャレンダーにより平滑化した以外は実施例1と同様にして、原紙の両面それぞれに塗工量10g/m2の単層構造の塗工層を有する塗工紙を得た。

0034

〔比較例3〕
実施例1において、塗工前の原紙の全体をキャレンダーにより平滑化した以外は実施例1と同様にして、原紙の両面それぞれに塗工量10g/m2の単層構造の塗工層を有する塗工紙を得た。

0035

評価試験
実施例及び比較例の塗工紙(意匠紙)について、前記方法により塗工層の表面でのQmaxを測定すると共に、下記方法により触感及び印刷適性(印刷強度)をそれぞれ評価した。

0036

〔触感の評価方法
評価対象の塗工紙の表面(塗工層表面)を10名のパネラーに手指で直接触ってもらい、下記評価基準により評価してもらった。その評価結果(10名のパネラーの平均点)を下記表1に示す。
(触感の評価基準:4点以上が合格
5点:柔らかさ、ふんわり感、温かみが十分にあり、極めて良好。
4点:柔らかさ、ふんわり感、温かみがあり、良好。
3点:柔らかさ、ふんわり感、温かみがほとんどなく、不可。
2点:柔らかさ、ふんわり感、温かみがなく、不良。
1点:柔らかさ、ふんわり感、温かみが全くなく、極めて不良。

0037

〔印刷適性の評価方法〕
評価対象の塗工紙10,000枚それぞれの塗工層表面に対し、オフセット枚葉印刷機を用いて印刷速度8,000枚/時で4色印刷を行った後、ブランケット汚れ状態目視観察し、下記評価基準に基づいて評価した。
(印刷適性の評価基準:◎及び○が合格)
◎:ブランケット汚れが全く見られず、極めて良好。
○:ブランケット汚れがほとんど見られず、良好。
△:ブランケット汚れが見られ、不良。
×:ブランケット汚れが非常に目立ち、不良。

0038

0039

表1に示す通り、Qmaxが0.300〜0.377W/cm2の特定範囲内にある各実施例の塗工紙は、Qmaxが斯かる特定範囲内にない各比較例に比して、触感及び印刷適性の両特性がより高いレベル両立されている。このことから、1)塗工紙の塗工層表面でのQmaxに着目することによって塗工紙の触感及び印刷適性の両方を評価できること、並びに2)印刷適性が良好で且つ手指で触れたときに柔らかさ、ふんわり感、温かみが感じられる特有の触感を有する塗工紙(意匠紙)を得るためには、塗工層表面でのQmaxを各実施例と同程度(0.300〜0.377W/cm2)に調整することが有効であることがわかる。

0040

比較例1及び3のQmaxが前記特定範囲内にない理由は、原紙の密度が0.55〜0.67g/cm3の特定範囲から外れていることに起因するものと推察される。
比較例3における原紙の密度が前記特定範囲よりも高い理由は、キャレンダーによる平滑化処理のためである。
一方、比較例1における原紙の密度が前記特定範囲よりも低い理由は、原紙中の特定の填料の含有量の影響によるものと推察される。即ち、各実施例における原紙は、焼成カオリン及びシリカの合計含有量が12質量%(=焼成カオリン7質量%+湿式シリカ5質量%)であるのに対し、比較例1における原紙は、該合計含有量が22質量%(=焼成カオリン7質量%+湿式シリカ15質量%)であり、これに起因して各実施例における原紙よりも嵩高で低密度である。このことから、塗工層表面でのQmaxを前記特定範囲内に設定するためには、原紙中における焼成カオリン及びシリカの合計含有量は、前記の通り7〜13質量%程度が好ましいことがわかる。

実施例

0041

比較例2は、原紙の密度が前記特定範囲内にあるにもかかわらず、Qmaxが前記特定範囲内にない。その理由は、原紙のキャレンダーによる平滑化処理によって、Qmaxの測定対象面である塗工層表面の平滑性が高まったためと推察される。そうすると、比較例3の結果も加味して、塗工層表面でのQmaxを前記特定範囲内に設定するためには、原紙にキャレンダー等の平滑化処理を施さない方が良いことがわかる。
尚、比較例2は、原紙中の焼成カオリン及びシリカの合計含有量が19質量%(=焼成カオリン7質量%+湿式シリカ12質量%)と比較的多いために、そのままでは原紙の密度が低すぎることになることから、キャレンダー処理によって原紙の密度を高める方向に調整したものである。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 協立技研株式会社の「 光触媒塗料組成物およびそれを用いた塗装方法」が 公開されました。( 2019/09/19)

    【課題】形成される被膜が高い透明度で良好な外観を有し、厚みが比較的薄くても十分な光触媒活性を発揮し、さらに親水性および耐水性の相反する性質をバランスよく付与することができる光触媒塗料組成物を提供する。... 詳細

  • ミヨシ油脂株式会社の「 紙類処理剤」が 公開されました。( 2019/09/19)

    【課題】鼻かみ等のように圧が掛かった際に、従来検討されてきたなめらかさとは異質の改良された感触が得られる紙類処理剤を提供する。【解決手段】本発明の紙類処理剤は、(A)多価アルコールを主成分とする紙類処... 詳細

  • 栗田工業株式会社の「 ピッチ障害防止方法」が 公開されました。( 2019/09/19)

    【課題】紙製造における抄紙工程での効率的なピッチ障害防止方法を提供する。【解決手段】紙製造における抄紙工程におけるピッチ障害防止方法であって、白水及び調整水の少なくともいずれかにガスを曝気する曝気工程... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ