図面 (/)

技術 水中油型乳化組成物

出願人 株式会社コーセー
発明者 門松裕也
出願日 2016年3月25日 (5年10ヶ月経過) 出願番号 2016-061831
公開日 2016年10月20日 (5年4ヶ月経過) 公開番号 2016-183152
状態 特許登録済
技術分野 化粧料
主要キーワード 取り出し直後 非ニュートン流体 絶対評価 使用性評価 ハリ感 日本精化社製 アシル化グルタミン酸 段階判定
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年10月20日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

塗布直後からハリ、弾力の実感に優れ、使い続けることにより、シワやたるみ、肌の明るさの改善を実感するとともに、粘度の温度依存性が少なく、乳化定性に優れることにより、ディスペンサー容器からの吐出性に優れた水中油型乳化組成物の提供。

解決手段

次の成分(A)〜(D)を含有する水中油型乳化組成物。前記組成物を用いた、化粧料又は皮膚外用剤。(A)ニコチン酸アミド、(B)アシルアミノ酸又はその塩、(C)ステロールエステル、(D)炭素数16〜24の高級アルコール。組成物の総質量に対し、成分(A)が1〜10質量%であり、成分(B)がC8−20のアシル基であるグルタミン酸又はその塩で、0.05〜1質量%であり、成分(C)がステロール脂肪酸、アシルアミノ酸、ダイマージリノール酸から選ばれた一種以上とのエステルで、0.1〜5質量%であり、成分(D)が0.1〜2質量%である組成物。

概要

背景

近年、肌のハリ・弾力の改善効果を実感させる皮膚外用剤が提案されている。例えば油溶性皮膜形成剤揮発性の高い油剤高級アルコール高級脂肪酸とN−長鎖アシルアミノ酸系界面活性剤を併用することで、ハリ感とその持続性、のびの良さやべたつきのなさといった使用性使用感に優れ、保湿性の高い乳化組成物を得られることが知られている(特許文献1)。また、別の肌のハリ感や保湿性に優れた化粧料としてはステロール誘導体を含む油中水型乳化化粧料が知られている(特許文献2)。

一方、シワやたるみを改善する薬剤の提案が多数なされている。特許文献3においてはヒアルロン酸が肌の老化防止をする。特許文献4ではツバキエキス及びスイレン酢エキスが皮膚のシワ改善、弾力増進する。

概要

塗布直後からハリ、弾力の実感に優れ、使い続けることにより、シワやたるみ、肌の明るさの改善を実感するとともに、粘度の温度依存性が少なく、乳化定性に優れることにより、ディスペンサー容器からの吐出性に優れた水中油型乳化組成物の提供。次の成分(A)〜(D)を含有する水中油型乳化組成物。前記組成物を用いた、化粧料又は皮膚外用剤。(A)ニコチン酸アミド、(B)アシルアミノ酸又はその塩、(C)ステロールエステル、(D)炭素数16〜24の高級アルコール。組成物の総質量に対し、成分(A)が1〜10質量%であり、成分(B)がC8−20のアシル基であるグルタミン酸又はその塩で、0.05〜1質量%であり、成分(C)がステロール脂肪酸、アシルアミノ酸、ダイマージリノール酸から選ばれた一種以上とのエステルで、0.1〜5質量%であり、成分(D)が0.1〜2質量%である組成物。なし

目的

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

次の成分(A)〜(D)を含有する水中油型乳化組成物(A)ニコチン酸アミド(B)アシルアミノ酸又はその塩(C)ステロールエステル(D)炭素数16〜24の高級アルコール

請求項2

成分(A)が組成物の総質量に対して1〜10質量%である請求項1記載の水中油型乳化組成物。

請求項3

成分(B)のアシル基が、炭素数8〜22であり、アミノ酸グルタミン酸又はその塩である請求項1又は2に記載の水中油型乳化組成物。

請求項4

成分(B)が組成物の総質量に対して0.05〜1質量%である請求項1〜3記載の水中油型乳化組成物。

請求項5

成分(C)がステロール脂肪酸、アシルアミノ酸、ダイマージリノール酸から選ばれる1種又は2種以上とのエステル体である請求項1~3のいずれかに記載の水中油型乳化組成物。

請求項6

成分(C)が組成物の総質量に対して0.1〜5質量%である請求項1〜5記載の水中油型乳化組成物。

請求項7

成分(D)が組成物の総質量に対して0.1〜2質量%である請求項1〜6記載の水中油型乳化組成物。

請求項8

化粧料又は皮膚外用剤である請求項1〜7に記載の水中油型乳化組成物。

技術分野

0001

本発明は、塗布直後からハリ、弾力の実感に優れ、使い続けることにより、シワやたるみ、肌の明るさの改善を実感する、乳化定性に優れた水中油型乳化組成物に関するものである。

背景技術

0002

近年、肌のハリ・弾力の改善効果を実感させる皮膚外用剤が提案されている。例えば油溶性皮膜形成剤揮発性の高い油剤高級アルコール高級脂肪酸とN−長鎖アシルアミノ酸系界面活性剤を併用することで、ハリ感とその持続性、のびの良さやべたつきのなさといった使用性使用感に優れ、保湿性の高い乳化組成物を得られることが知られている(特許文献1)。また、別の肌のハリ感や保湿性に優れた化粧料としてはステロール誘導体を含む油中水型乳化化粧料が知られている(特許文献2)。

0003

一方、シワやたるみを改善する薬剤の提案が多数なされている。特許文献3においてはヒアルロン酸が肌の老化防止をする。特許文献4ではツバキエキス及びスイレン酢エキスが皮膚のシワ改善、弾力増進する。

先行技術

0004

特開2013-136546号公報
特開2014-015425号公報
特開2015-013852号公報
特開2014-172906号公報

発明が解決しようとする課題

0005

我々はこれらの炭素数16〜24の高級アルコール、アシルアミノ酸又はその塩、ステロールエステルが、肌のハリ・弾力の実感に優れ、保湿性も高く、べたつきの少ない優れた使用感を生み出すことを見出した。
しかしながらこの乳化組成物は高温低温での性状の差が大きく、適切な容器の選択が困難であるという課題があった。

0006

一方、シワやたるみを改善する薬剤は多数あるが、改善に長期間を要するため即時的なハリ・弾力を感じることはできないものであった。また、これらの薬剤は単純に水中油型乳化組成物に配合すると乳化安定性を損ねたり薬剤の効果が低減するなど、配合上の課題が存在した。

課題を解決するための手段

0007

かかる実情を鑑み、本発明者は、上記課題を解決するために鋭意研究を重ねた結果、炭素数16〜24の高級アルコール、アシルアミノ酸又はその塩、ステロールエステルを組み合わせた水中油型乳化組成物に、シワやたるみを改善する多くの薬剤の中でも特にニコチン酸アミドを配合すると、高温と低温での粘度差が小さくなることを見出した。これにより性状の差が小さくなるため適切な容器を選択することが容易となった。さらに驚くべきことにこの水中油型乳化組成物は長期間保管してもゲル化、分離などの問題が発生せず、ディスペンサー容器においても吐出が容易であることを見出した。すなわち、次の成分(A)〜(D)、(A)ニコチン酸アミド(B)アシルアミノ酸又はその塩(C)ステロールエステル(D)炭素数16〜24の高級アルコールを組み合わせることにより肌のハリ・弾力性に優れ、保湿性も高く、べたつきの少ない優れた使用感であり、さらに低温であってもディスペンサーから吐出可能であった。
ニコチン酸アミドはシワ・たるみを予防・改善する効果は知られているが水中油型乳化組成物中に配合した場合にゲル化の抑制効果は全く知られていない。さらに本発明品においてニコチン酸アミドのシワやたるみを改善する効果が向上することを見出し、本発明である水中油型乳化組成物を完成した。

発明の効果

0008

すなわち本発明の水中油型乳化組成物は、塗布直後からハリ、弾力の実感に優れ、使い続けることにより、シワやたるみ、肌の明るさの改善を実感する、乳化安定性に優れた水中油型乳化組成物に関するものである。

0009

以下、本発明について詳細に説明する。なお、本明細書において、「〜」はその前後の数値を含む範囲を意味するものとする。また、%で表記する数値は、特に記載した場合を除き、質量を基準にした値である。

0010

成分(A):ニコチン酸アミド
本発明における成分(A)ニコチン酸アミドは、ニコチン酸ビタミンB3ナイアシン)のアミドである。ニコチン酸アミドは水溶性ビタミンで、ビタミンB群の一つである公知の物質であり、天然物米ぬかなど)から抽出されたり、あるいは公知の方法によって合成することができる。具体的には、第15改正日本薬局方2008に収載されているものを用いることが出来る。

0011

本発明において成分(A)の量は特に限定されないが、肌荒れや肌のハリ・弾力を向上させるためには1〜10%が好ましく3〜8%が特に好ましい。この範囲であれば肌のハリ・弾力を向上させるとともに、粘度の温度依存性を低減させるという効果を併せ持つことができる。

0012

成分(B):アシルアミノ酸又はその塩
成分(B)N−アシルアミノ酸又はその塩は、水溶性陰イオン性界面活性剤である。N−アシルアミノ酸を構成するアミノ酸としては、グルタミン酸アスパラギン酸グリシンアラニンスレオニンメチルアラニンサルコシンリジンアルギニン等が挙げられる。これらのアミノ酸は、L体、D体又はDL体の何れでもよい。これらのうち1種類を使用してもよいし、上記の群から選ばれる2種以上を混合して使用してもよい。分散安定性、べたつき感のなさの点から、酸性アミノ酸又は中性アミノ酸がより好ましい。具体的には、グルタミン酸、アスパラギン酸、グリシン、アラニンが好ましく、グルタミン酸が特に好ましい。

0013

N−アシルアミノ酸を構成するアシル基としては、炭素数が8〜22が好ましい。飽和又は不飽和であってもよく、直鎖又は分岐鎖のいずれであっても用いることができる。具体的には、カプリル酸カプリン酸ラウリン酸ミリスチン酸ステアリン酸イソステアリン酸パルミチン酸オレイン酸リノール酸ベヘン酸ヤシ油脂肪酸パーム油脂肪酸、硬化牛脂脂肪酸等が挙げられ、これらを1種又は2種以上を混合して使用することができる。特に経時安定性、べたつき感のなさの点から、ラウリン酸、ミリスチン酸、ステアリン酸、ヤシ油脂肪酸、パーム油脂肪酸が好ましく、特にラウリン酸、ミリスチン酸、ステアリン酸、ベヘン酸が好ましい。

0014

N−アシルアミノ酸の塩としては特に限定されず、例えば、ナトリウムカリウム等のアルカリ金属カルシウムマグネシウムアルミニウム亜鉛などの無機塩、あるいはアンモニアモノエタノールアミンジエタノールアミントリエタノールアミン等の有機アミンや、アルギニン、リジン等の塩基性アミノ酸などの有機塩が挙げられ、これらのうち1種又は2種以上を混合して使用することができる。市場での入手容易性から、ナトリウム、カリウム、トリエタノールアミン、アルギニンの塩が好ましい。

0015

N−長鎖アシルアミノ酸又はその塩として、初めから対塩基のついたN−長鎖アシルアミノ酸塩として使用することができ、又は、製造工程中にN−長鎖アシルアミノ酸と対塩基を中和反応させて使用することもできる。本発明においては、上記の構成成分を各々1種又は2種以上を目的に応じて適宜選択して用いることができる。

0016

成分(B)の具体例としては、ヤシ油脂肪酸由来アシル化グルタミン酸、パーム油脂肪酸由来アシル化グルタミン酸、ラウロイルアスパラギン酸、ミリストイルグルタミン酸、ラウロイルグルタミン酸ステアロイルグルタミン酸、及びこれらのアルカリ金属塩等が挙げられ、好ましくはN−ラウロイルグルタミン酸ナトリウム、N−ステアロイルグルタミン酸ナトリウムが挙げられる。

0017

(B)成分の水中油型乳化組成物中含有量は、好ましくは0.05〜1.0質量%であり、特に好ましくは0.1〜0.5質量%である。当該範囲内であれば、乳化安定性が向上するとともに、肌おさまりが向上し、好ましい。

0018

成分(C):ステロールエステル
本発明の成分(C)ステロールエステルはステロール骨格を有する油剤である。ステロール骨格を有する誘導体医薬品、化粧品に用いられるものであれば特に限定されないが、特に、脂肪酸、アシルアミノ酸、ダイマージリノール酸とのエステルが好ましい。

0019

ステロールエステルの中でステロールとしては、シトステロールカンペステロールスティグマステロールブラシカステロール等のフィトステロールコレステロールジヒドロコレステロールコレスタノールラノステロール等の動物性ステロール;デヒドロエルゴステロール、等の菌類性ステロール等から自由に選択でき、これらの水添物およびこれらの混合物でもよい。抽出等によって得られるステロールの混合物を用いても良い。
中でも、フィトステロール、ラノステロール、コレステロールまたはジヒドロコレステロールが好ましく、フィトステロールまたはコレステロールが特に好ましい。

0020

脂肪酸は限定されないが、モノカルボン酸が好ましい。炭素数は2〜32が好ましく、8〜22が特に好ましい。炭化水素は飽和でも不飽和を有していても良く、分岐や環状であっても良い。具体的には酢酸酪酸カプロン酸、カプリル酸、ラウリン酸、ミリスチン酸、ペンタデカン酸、パルミチン酸、パルミトレイン酸、ステアリン酸、オレイン酸、リノール酸、アラキドン酸、ベヘン酸、トリアコンタン酸などが上げられる。単一組成の脂肪酸のほか、ヤシ油脂肪酸、ヒマシ油脂肪酸オリーブ油脂肪酸、パーム油脂肪酸等の天然より得られる混合脂肪酸、あるいは合成により得られる脂肪酸(分岐脂肪酸を含む)であっても良い。

0021

上記のステロールと脂肪酸のエステル誘導体であるステロール脂肪酸エステルとしては、たとえば、酪酸フィトステリルノナン酸フィトステリル、ステアリン酸コレステリル、イソステアリン酸コレステリル、イソステアリン酸フィトステリルヒドロキシステアリン酸コレステリルヒドロキシステアリン酸フィトステリルカプリル/カプリン酸フィトステリル、リシノール酸フィトステリル、オレイン酸コレステリル、オレイン酸フィトステリル、オレイン酸ジヒドロコレステリル、分岐脂肪酸(C12−31)コレステリル、フィトステリルカノラ油脂肪酸グリセリズ、フィトステリルナタネグリセリズ、マカデミアナッツ油脂肪酸フィトステリルマカデミアナッツ油脂肪酸コレステリル、マカデミアナッツ油脂肪酸ジヒドロコレステリル、ヒマワリ種子油脂肪酸フィトステリルコメヌカ油脂肪酸フィトステリルラノリン脂肪酸コレステリル、等が挙げられる。これらの1種又は2種以上を用いることが出来る。

0022

前記ステロール脂肪酸エステルの市販品としてはサラコスHS(日清オイリオ社製)、海麗マリンコレステロールエステル(日本水産社製)、YOFCO MAC、PLANDOOL−MAS、YOFCO CLE−S、YOFCO CLE−NH(以上、日本精化社製)、ライステロールエステル(築野ライスファインケミカルズ社製)、等が挙げられる。

0023

N−アシルアミノ酸ステロールエステルとしては、N−ラウロイル−L−グルタミン酸ジ(コレステリル/ベヘニルオクチルドデシル)、N−ラウロイル−L−グルタミン酸ジ(フィトステリル/ベヘニル/2−オクチルドデシル)、N−ラウロイル−L−グルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)、N−ラウロイル−L−グルタミン酸ジ(フィトステリル/2−オクチルドデシル)またはN−ラウロイル−L−グルタミン酸ジ(フィトステリル/ベヘニル/2−オクチルドデシル/イソステアリル)、N−ミリストイル−N−メチルβ−アラニンフィトステリルなどがあげられる。
中でも、N−ラウロイル−L−グルタミン酸ジ(コレステリル/ベヘニル/オクチルドデシル)、N−ラウロイル−L−グルタミン酸ジ(フィトステリル/ベヘニル/2−オクチルドデシル)、N−ラウロイル−L−グルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)またはN−ラウロイル−L−グルタミン酸ジ(フィトステリル/2−オクチルドデシル)が好ましい。N−アシルアミノ酸ステロールエステルは、2種以上の混合物であってもよい。

0024

なお、N−ラウロイル−L−グルタミン酸ジ(フィトステリル/2−オクチルドデシル)とは、N−ラウロイル−L−グルタミン酸の2つのカルボキシ基を、フィトスロールおよび2−オクチルドデシルアルコールエステル形成して得られる化合物を示す。即ち、N−ラウロイル−L−グルタミン酸ジフィトステリルエステル、N−ラウロイル−L−グルタミン酸γ−フィトステリル−α−2−オクチルドデシルエステル、およびN−ラウロイル−L−グルタミン酸α−フィトステリル−γ−2−オクチルドデシルエステルを含む。N−ラウロイル−L−グルタミン酸ジ(フィトステリル/ベヘニル/2−オクチルドデシル)についても同様である。

0025

N−アシルアミノ酸ステロールエステルの市販品としては例えば、エルデュウCL−301、エルデュウCL−202(以上、味の素社製)、エスモールCHS(日清オイリオ社製)、エルデュウPS−203、エルデュウPS−304、エルデュウPS−306、エルデュウAPS−307(以上、味の素社製)、PLANDOOL−LG1、PLANDOOL−LG2、PLANDOOL−LG3(以上、日本精化社製)、等が挙げられる。これらの1種又は2種以上を用いることが出来る。

0026

ダイマージリノール酸とステロールのエステルは例えば水素添加ダイマー酸と、コレステロール、フィトステロール、イソステアリルアルコールセチルアルコールステアリルアルコール及びベヘニルアルコールとを、無触媒エステル化反応させ水蒸気脱臭したり、酸触媒エステル化水洗後に水蒸気脱臭したりして、得ることができる。
具体的には、ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルビス(ベヘニル/イソステアリル/フィトステリル)、ダイマージリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル)等が挙げられる。

0027

前記ダイマージリノール酸ステロール/高級アルコールエステルの市販品としてはPLANDOOL−S、PLANDOOL−G、LUSPLAN PI−DA(以上、日本精化社製)等が挙げられる。

0028

本発明においては、ステロール誘導体として、1種又は2種以上を含有することが出来る。中でもヒドロキシステアリン酸コレステリル、マカデミアナッツ油脂肪酸フィトステリル、マカデミアナッツ油脂肪酸コレステリル、オレイン酸フィトステリル、オレイン酸コレステリル、N−ラウロイル−L−グルタミン酸ジ(コレステリル/ベヘニル/オクチルドデシル)、N−ラウロイル−L−グルタミン酸ジ(フィトステリル/ベヘニル/2−オクチルドデシル)、N−ラウロイル−L−グルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)またはN−ラウロイル−L−グルタミン酸ジ(フィトステリル/2−オクチルドデシル)、ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルビス(ベヘニル/イソステアリル/フィトステリル)、ダイマージリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル)から選択される1種又は2種以上を含有することが好適である。

0029

本発明に係る水中油型乳化組成物の(C)成分の含有量は特に規定されないが、肌にハリ・弾力、保湿感を付与する効果の点からは(C)成分の含有量が0.1〜5質量%が好ましく、0.5〜3質量%が特に好ましい。この範囲であればべたつきなく肌にハリ、弾力の実感を与えることが可能である。

0030

成分(D):炭素数16〜24の高級アルコール
本発明に用いられる(D)炭素数16〜24の高級アルコールは、式ROH(Rは炭素数16〜24の直鎖又は分岐のアルキル又はアルケニル基)で表される飽和又は不飽和の直鎖又は分岐のアルコールである。成分(D)は、具体的には、セチルアルコール、イソセチルアルコール、ステアリルアルコール、イソステアリルアルコール、アラキルアルコール、ベヘニルアルコール(1−ドコサノール)、ミリスチルアルコールセトステアリルアルコールバチルアルコールキミルアルコール等が挙げられる。
水中油型乳化組成物の安定性の向上、外観、粘度ならびに塗布する際の延展性、肌おさまり、保湿効果の点から、炭素数18〜22の飽和直鎖アルコールが好ましい。セチルアルコール、ステアリルアルコール、ベヘニルアルコール、テトラコサノールが好ましく、セチルアルコール、ステアリルアルコール、ベヘニルアルコールが最も好ましい。これらは1種又は2種以上を適宜組み合わせて用いることができる。

0031

成分(D)の水中油型乳化組成物中の含有量は、特に限定されるものではないが、粘度の温度依存性と乳化安定性から、0.1〜2%が好ましく、0.2〜1%がより好ましい。

0032

ここで、水中油型乳化組成物中における成分(A)と成分(C)、成分(D)の含有質量比(A)/((C)+(D))が0.5〜10であると容器からの吐出性、ハリ・弾力、保湿感が向上するうえにべたつきがなくさらに好ましい。

0033

水中油型乳化組成物はボトルジャーチューブなど様々な容器に充填されて消費者に提供される。これらは使用者の利便性を向上するためにディスペンサーを用いることがある。この場合ディスペンサーに適度な荷重をかけることにより一定量が吐出され、荷重を解放した時にきちんと元の位置に戻る一連の動作が必須となる。一般に粘度が高すぎると吐出に過剰な力が必要となり好ましくない。また、元の位置に戻りきらないと一定量を吐出することができず使用性が低下する。逆に粘度が低すぎると手から落ちたりして使用性が低下する。使用者が通常使用する温度条件で適切に使用できることが好ましい。
我々は今回、40℃と5℃での粘度差が20Pas未満、特に好ましくは10Pas未満であると通常の使用環境下で使用性が変わらず非常に快適に使用できる事を見出した。本項目はディスペンサー容器においても重要な性質であった。

0034

しかしながらディスペンサーから組成物が吐出するかどうかは粘度のほかにノズルの形状、長さ、荷重のかけやすさなど様々な要素が関連しており、適切なものを選択することは容易ではなく、複数の条件での実験が必要となる。また、特に化粧料においては審美性など感覚的な選択が行われ、単なる設計事項とは異なる部分が大きい。さらに、水中油型乳化組成物は非ニュートン流体であり、単純な粘度だけで容器からの吐出性を推測することは難しい。

0035

本発明の水中油型乳化組成物には、上記成分の他に、本発明の効果を妨げない範囲で通常の化粧料に含有される任意成分、すなわち、低級アルコール多価アルコール以外の水性成分、油剤、粉体水溶性高分子皮膜形成剤、成分(B)以外の界面活性剤油溶性ゲル化剤有機変性粘土鉱物樹脂着色剤紫外線吸収剤防腐剤抗菌剤香料酸化防止剤pH調整剤キレート剤美容成分等を含有することができる。

0036

本発明の水中油型乳化組成物は、他の成分との併用により種々の剤型とすることもできる。具体的には、液状、ゲル状、ペースト状、クリーム状、固形状等、種々の剤型にて実施することができる。

0037

本発明の水中油型乳化組成物は、皮膚外用剤の用途としても利用可能である。例えば、外用液剤外用ゲル剤クリーム剤軟膏剤リニメント剤ローション剤ハップ剤硬膏剤噴霧剤エアゾール剤等が挙げられる。またその使用方法は、前記した化粧料と同様に挙げることができる。

0038

本発明の水中油型乳化組成物は、種々の用途の化粧料として利用できる。例えば、化粧水乳液、クリーム、美容液マッサージ化粧料パック化粧料ハンドクリームボディローションボディクリームメイクアップ化粧料化粧用下地化粧料目元用クリーム日焼け止めヘアクリームヘアワックス等の化粧料を例示することができる。その使用方法は、手や指、コットンで使用する方法、不織布等に含浸させて使用する方法等が挙げられる。

0039

本発明について以下に実施例を挙げてさらに詳述するが、本発明はこれによりなんら限定されるものではない。含有量は特記しない限り、その成分が含有される系に対する質量%で示す。

0040

実施例1 本発明品1〜9及び比較品1〜3:水中油型乳化乳液
下記表1に示す処方の水中油型乳化乳液を調製し、肌のハリ・弾力、保湿感、粘度の温度依存性について下記の方法により評価した。その結果も併せて表1に示す。

0041

評価項目
イ.肌のハリ・弾力
ロ.保湿感
ハ.乳化安定性

0042

評価方法
[イ、ロについて(官能評価)]
20代〜40代の女性で官能評価の訓練を受け、一定の基準で評価が可能な専門パネルを10名選定した。各試料について専門パネルが皮膚に塗布した時に感じる、肌のハリ・弾力、保湿感を下記絶対評価にて5段階に評価し評点を付け、各試料ごとにパネル全員の評点合計から、その平均値を算出し、下記4段階判定基準により判定した。

0043

(イ.肌のハリ・弾力の評価)
絶対評価基準
(評点):(評価)
5点:非常に肌のハリ・弾力があると感じる
4点:肌のハリ・弾力があると感じる
3点:やや肌のハリ・弾力があると感じる
2点:あまり肌のハリ・弾力があると感じない
1点:肌のハリ・弾力があると感じない
4段階判定基準
(判定):(評点の平均点
◎ :4点を超える :非常に良好
○ :3点を超える4点以下 :良好
△ :2点を超える3点以下 :やや不良
× :2点以下 :不良

0044

(ロ.保湿感の評価)
絶対評価基準
(評点):(評価)
5点:非常にうるおいを感じる
4点:うるおいを感じる
3点:ややうるおいを感じる
2点:ほとんどうるおいを感じない
1点:うるおいを感じない
4段階判定基準
(判定):(評点の平均点)
◎ :4点を超える :非常に良好
○ :3点を超える4点以下 :良好
△ :2点を超える3点以下 :やや不良
× :2点以下 :不良

0045

(評価方法)
[ハについて(粘度の温度依存性評価)]
下記表1に示した水中油型乳化組成物をガラス瓶に入れ、試料を5℃及び40℃の恒温槽に入れ、翌日B型回転粘度計で粘度を測定した。この時の粘度の差を下記基準に基づいて判定した。

0046

(粘度の温度依存性評価基準
4段階判定基準
(判定):(判定基準
◎:差が10Pas未満
○:差が10〜20Pas
△:差が20〜30Pas
×:差が30Pas以上

0047

0048

(製造方法)
A:成分1〜5を70℃で均一に溶解混合する。
B:成分6〜18を70℃で均一に溶解混合する。
C:AにBを添加し70℃で乳化する。
D:Cに成分19〜22を添加混合した後、40℃まで冷却して水中油型乳化乳液を得た。

0049

表1の結果から明らかなように、本発明品1〜9の水中油型乳化乳液は、比較品1〜9の水中油型乳化乳液に比べ、ハリ・弾力、保湿感、粘度の温度依存性の全てにおいて優れたものであった。
これに対して成分(A)を含有していない比較品1ではハリ・弾力を感じることができず、さらに粘度の温度依存性が悪かった。成分(C)を含有していない比較品2ではハリ・弾力、保湿感に劣るものだった。成分(C)の代わりに誘導体ではないステロールを含有した比較品3も同様にハリ・弾力、保湿感に劣るものであった。また、成分(B)がないものは乳化不良であったためすべての評価を行わなかった。

0050

実施例2: 本発明品10〜18及び比較品4〜5:水中油型乳化乳液
下記表2に示す処方の水中油型乳化乳液を調製し、粘度の温度依存性、乳化安定性、使用性について下記の方法により評価した。その結果も併せて表2に示す。粘度の温度依存性は実施例1と同様であるため省略する。また表中には示さないが本発明品において肌のハリ、弾力、保湿感、べたつきのなさはいずれも十分実感できるものであった。

0051

(評価方法)
[乳化安定性評価]
作成した水中油型乳化組成物をガラス瓶に入れ、試料を50℃の恒温槽に1ヶ月間保管した。調製直後の状態を基準として、1ヶ月後の外観の変化および乳化粒子観測目視および蛍光顕微鏡BX−51(オリンパス社製)により下記基準に基づいて判定した。

0052

(乳化安定性(高温:50℃、1ヶ月)評価基準)
4段階判定基準
(判定):(判定基準)
◎:問題なし
○:乳化粒子の増大および凝集が見られるが、透明層は確認されていない
△:上層又は下層部に5mm以下の透明層が見られる
×:5mm以上の透明層が見られる

0053

使用性評価
作成した水中油型乳化組成物を吉野工業所社製の規格ディスペンサーSP−1000を付帯した樹脂ボトル容器に入れ、試料を5℃の恒温槽に1ヶ月間保管した。取り出し直後の吐出しやすさを下記4段階判定基準により判定した。

0054

(イ.使用性の評価)
4段階判定基準
(判定):(判定基準)
◎:吐出が容易である
○:吐出可能
△:作動が重く、吐出量が少ない。
×:吐出不可

0055

0056

(製造方法)
A:成分1〜5を70℃で均一に溶解混合する。
B:成分6〜16を70℃で均一に溶解混合する。
C:AにBを添加し70℃で乳化する。
D:Cに成分17〜20を添加混合した後、40℃まで冷却して水中油型乳化乳液を得た。

0057

表2の結果から明らかなように、本発明品10〜18の水中油型乳化乳液は、比較品に比べ、粘度の温度依存性、乳化安定性、使用性、の全てにおいて優れたものであった。

これに対して成分(D)を含有していない比較品4では、経時での乳化安定性を保つことが出来なかった。また、炭素鎖長の異なる高級アルコールを用いた比較品5ではでディスペンサーからの吐出が不良であった。

0058

実施例3:水中油型乳化クリーム
(成分) (質量%)
1.1,3−ブチレングリコール12.0
2.グリセリン5.0
3.精製水残量
4.ニコチン酸アミド4.0
5.水酸化ナトリウム2%溶液1.5
6.N−ステアロイル−グルタミン酸0.6
7.大豆リン脂質0.5
8.ヒドロキシステアリン酸コレステリル4.0
9.ミツロウ1.0
10.α−オレフィンオリゴマー5.0
11.重質流動イソパラフィン(注5) 3.0
12.ジメチルポリシロキサン(10CS) 1.0
13.N−ステアロイルジヒドロスフィンゴシン0.1
14.アスタキサンチン0.001
15.トコフェロール0.01
16.オクチルドデカノール2.0
17.ベヘニルアルコール1.0
18.パラオキシ安息香酸メチル0.1
19.アクリル酸メタクリル酸アルキル共重合体(注3) 0.15
20.キサンタンガム0.1
21.香料0.05
注5)パールリーム18(日油社製)

0059

(製造方法)
A:成分1〜5を70℃で均一に溶解混合する。
B:成分6〜18を80℃で均一に溶解混合する。
C:AにBを添加し70℃で乳化する。
D:Cに成分19〜21を添加混合した後、40℃まで冷却して水中油型乳化クリームを得た。

0060

実施例3の水中油型乳化クリームは、使用性、ハリ・弾力、保湿感、乳化安定性の全てにおいて優れたものであった。

0061

実施例4:水中油型乳化美容液
(成分) (質量%)
1.1,3−ブチレングリコール5.0
2.ジブレングリコール5.0
3.精製水残量
4.ニコチン酸アミド6.0
5.水酸化ナトリウム2%溶液0.2
6.N−ミリストイル−L−グルタミン酸0.25
7.ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油(注6) 0.2
8.マカデミアナッツ油脂肪酸フィトステリル1.0
9.水添ポリイソブテン(注7) 2.0
10.ジメチルポリシロキサン(6CS) 3.0
11.N−ステアロイルフィトスフィンゴシン0.1
12.酢酸トコフェロール0.01
13.ステアリルアルコール0.5
14.ペンタンジオール0.1
15.カルボマー0.15
16.(アクリル酸Na/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー
(注8) 0.1
17.エタノール5.0
18.香料0.1
注6)HCO−10(日本サーファクタント工業社製)
注7)IPソルベント2028MU(出光興産社製
注8)SIMULGEL EG(SEPIC社製)

0062

(製造方法)
A:成分1〜5を70℃で均一に溶解混合する。
B:成分6〜14を80℃で均一に溶解混合する。
C:AにBを添加し70℃で乳化する。
D:Cに成分15〜18を添加混合した後、40℃まで冷却して水中油型乳化美容液を得た。

0063

実施例4の水中油型乳化美容液は、ディスペンサーからの吐出性、ハリ・弾力、保湿感、乳化安定性の全てにおいて優れたものであった。

0064

実施例5:水中油型化粧下地
(成分) (質量%)
1.1,3−ブチレングリコール5.0
2.DPG 3.0
3.精製水残量
4.ニコチン酸アミド3.0
5.水酸化ナトリウム2%溶液1.0
6.N−ステアロイル−グルタミン酸0.7
7.オレイン酸コレステリル0.2
8.デカメチルペンタシクロシロキサン3.0
9.リコピン0.05
10.トコトリエノール0.05
11.ベヘニルアルコール0.15
12.2−エチルヘキシルグリセリルエーテル0.1
13.カルボマー0.15
14.ヒドロキシエチルセルロース(注9) 0.1
15.ポリソルベート800.1
16.アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10−30)クロスポリマー
1.0
17.含水シリカ1.0
18.酸化鉄0.3
19.酸化チタン2.0
20.香料0.05

注9)NATROSOL250 HHR(ハークレス社製)

0065

(製造方法)
A:成分1〜5を70℃で均一に溶解後、成分15〜20を加え均一に分散する。
B:成分6〜12を80℃で均一に溶解混合する。
C:AにBを添加し70℃で乳化する。
D:Cに成分13〜14を添加混合した後、40℃まで冷却して水中油型化粧下地を得た。

実施例

0066

実施例5の水中油型化粧下地は、べたつくことなく、保湿性とハリの実感に優れ、乳化安定性において優れたものであった。

0067

本発明は、化粧料、医薬部外品、皮膚外用剤等に適用できる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 第一工業製薬株式会社の「 皮膚外用剤」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題】十分な保湿効果を有しつつ、ヒアルロニターゼ阻害活性により肌の老化を防ぎながらも、使用感に優れる技術を提供する。【解決手段】皮膚外用剤は、セルロース繊維の一部の水酸基が所定の式で表される置換基に... 詳細

  • 第一工業製薬株式会社の「 ヒアルロニダーゼ阻害剤」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題】ヒアルロニダーゼ阻害活性により肌の老化を防ぐ技術を提供する。【解決手段】ヒアルロニダーゼ阻害剤は、セルロース繊維の一部の水酸基が所定の式で表される置換基によって修飾されている硫酸化セルロース繊... 詳細

  • 高級アルコール工業株式会社の「 油中水型乳化物」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題】新規なW/O型乳化物を提供する。【解決手段】式(I)で表されるアミドアルコール、および塩基性アミノ酸、アルカリ、塩からなる群から選択される少なくとも1つの成分を含む、W/O型乳化物。(式中、R... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ