図面 (/)

技術 棒状部材加飾方法

出願人 株式会社ミマキエンジニアリング
発明者 松永信隆
出願日 2015年3月25日 (5年3ヶ月経過) 出願番号 2015-063454
公開日 2016年10月20日 (3年8ヶ月経過) 公開番号 2016-182705
状態 特許登録済
技術分野 インクジェット(インク供給、その他) インクジェット記録方法及びその記録媒体
主要キーワード 部材保持機構 固定ステップ クリアーインク DCモーター 歩行用 キャリッジ駆動装置 加飾材 カーテンレール
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年10月20日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

加飾性が高い棒状部材を高品質に製造することができる棒状部材加飾方法を提供する。

解決手段

棒状部材加飾方法は、加飾のための加飾用材料を固定するための固定用インクを棒状部材の外周面インクジェット印刷する固定用インク印刷テップ(S101)と、S101の固定用インク印刷ステップによって棒状部材の外周面に印刷された固定用インクに加飾用材料を接触させることによって加飾用材料を棒状部材の外周面に固定する加飾用材料固定ステップ(S102)とを備えることを特徴とする。

概要

背景

従来、円柱状の立体物外周面インクジェットヘッドによって印刷を実行するインクジェットプリンターが知られている(例えば、特許文献1参照。)。

ここで、インクジェットヘッドが吐出可能なインクには混入可能な粒子のサイズなど、厳しい条件が存在するので、インクジェットプリンターは、金粉セラミックビーズなどの加飾用材料が混入されたインクをインクジェットヘッドによって印刷することができない。

したがって、外周面に加飾用材料が固定された加飾性が高い棒状部材を製造する場合には、例えば、予めスクリーン印刷などの印刷によって加飾用材料が固定されたシートを生成し、このシートを棒状部材の外周面に貼り付ける棒状部材加飾方法を採用することができる。

概要

加飾性が高い棒状部材を高品質に製造することができる棒状部材加飾方法を提供する。 棒状部材加飾方法は、加飾のための加飾用材料を固定するための固定用インクを棒状部材の外周面にインクジェット印刷する固定用インク印刷テップ(S101)と、S101の固定用インク印刷ステップによって棒状部材の外周面に印刷された固定用インクに加飾用材料を接触させることによって加飾用材料を棒状部材の外周面に固定する加飾用材料固定ステップ(S102)とを備えることを特徴とする。

目的

本発明は、加飾性が高い棒状部材を高品質に製造することができる棒状部材加飾方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

加飾のための加飾用材料を固定するための固定用インク棒状部材外周面インクジェット印刷する固定用インク印刷テップと、前記固定用インク印刷ステップによって前記外周面に印刷された前記固定用インクに前記加飾用材料を接触させることによって前記加飾用材料を前記外周面に固定する加飾用材料固定ステップとを備えることを特徴とする棒状部材加飾方法

請求項2

前記固定用インクは、完全に硬化された状態で表面に粘着性を有するインクであることを特徴とする請求項1に記載の棒状部材加飾方法。

請求項3

前記固定用インク印刷ステップは、前記固定用インクを完全には硬化させないことによって、前記外周面に印刷された前記固定用インクの表面に粘着性を生じさせるステップであることを特徴とする請求項1に記載の棒状部材加飾方法。

請求項4

前記加飾用材料固定ステップによって前記外周面に固定された前記加飾用材料の上層保護用インクを印刷する保護用インク印刷ステップを備えることを特徴とする請求項1から請求項3までの何れかに記載の棒状部材加飾方法。

請求項5

前記保護用インク印刷ステップは、前記加飾用材料の上層に前記保護用インクをインクジェット印刷するステップであることを特徴とする請求項4に記載の棒状部材加飾方法。

技術分野

0001

本発明は、加飾のための加飾用材料棒状部材外周面に固定する棒状部材加飾方法に関する。

背景技術

0002

従来、円柱状の立体物の外周面にインクジェットヘッドによって印刷を実行するインクジェットプリンターが知られている(例えば、特許文献1参照。)。

0003

ここで、インクジェットヘッドが吐出可能なインクには混入可能な粒子のサイズなど、厳しい条件が存在するので、インクジェットプリンターは、金粉セラミックビーズなどの加飾用材料が混入されたインクをインクジェットヘッドによって印刷することができない。

0004

したがって、外周面に加飾用材料が固定された加飾性が高い棒状部材を製造する場合には、例えば、予めスクリーン印刷などの印刷によって加飾用材料が固定されたシートを生成し、このシートを棒状部材の外周面に貼り付ける棒状部材加飾方法を採用することができる。

先行技術

0005

特開2014−100880号公報

発明が解決しようとする課題

0006

しかしながら、従来の棒状部材加飾方法においては、加飾用材料が固定されたシートを棒状部材の外周面に貼り付ける際に、貼り付ける位置精度を十分に確保することができないので、加飾性が高い棒状部材を高品質に製造することが困難であるという問題がある。

0007

そこで、本発明は、加飾性が高い棒状部材を高品質に製造することができる棒状部材加飾方法を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0008

本発明の棒状部材加飾方法は、加飾のための加飾用材料を固定するための固定用インクを棒状部材の外周面にインクジェット印刷する固定用インク印刷テップと、前記固定用インク印刷ステップによって前記外周面に印刷された前記固定用インクに前記加飾用材料を接触させることによって前記加飾用材料を前記外周面に固定する加飾用材料固定ステップとを備えることを特徴とする。

0009

この構成により、本発明の棒状部材加飾方法は、棒状部材の外周面にインクジェット印刷によって固定用インクを高い位置精度で付着させた後、棒状部材の外周面に印刷された固定用インクに加飾用材料を固定するので、加飾性が高い棒状部材を高品質に製造することができる。

0010

また、本発明の棒状部材加飾方法において、前記固定用インクは、完全に硬化された状態で表面に粘着性を有するインクであっても良い。

0011

この構成により、本発明の棒状部材加飾方法は、棒状部材の外周面に付着された固定用インクを半硬化させるなどの細かい調整が不要であり、棒状部材の外周面に付着された固定用インクを完全に硬化させれば良いので、加飾性が高い棒状部材の製造を容易化することができる。

0012

また、本発明の棒状部材加飾方法において、前記固定用インク印刷ステップは、前記固定用インクを完全には硬化させないことによって、前記外周面に印刷された前記固定用インクの表面に粘着性を生じさせるステップであっても良い。

0013

この構成により、本発明の棒状部材加飾方法は、完全に硬化された状態で表面に粘着性を有するインクのような特殊なインク以外のインクが固定用インクとして使用されることができるので、汎用性を向上することができる。

0014

また、本発明の棒状部材加飾方法は、前記加飾用材料固定ステップによって前記外周面に固定された前記加飾用材料の上層保護用インクを印刷する保護用インク印刷ステップを備えても良い。

0015

この構成により、本発明の棒状部材加飾方法は、棒状部材の外周面に固定された加飾用材料の上層を保護用インクによって保護するので、高い加飾性を長期間維持することができる棒状部材を製造することができる。

0016

また、本発明の棒状部材加飾方法において、前記保護用インク印刷ステップは、前記加飾用材料の上層に前記保護用インクをインクジェット印刷するステップであっても良い。

0017

この構成により、本発明の棒状部材加飾方法は、固定用インクをインクジェット印刷したインクジェットプリンターと同一のインクジェットプリンターによって保護用インクをインクジェット印刷することができるので、保護用インクの印刷のための設備を新たに設けなくても、高い加飾性を長期間維持することができる棒状部材を製造することができる。

発明の効果

0018

本発明の棒状部材加飾方法は、加飾性が高い棒状部材を高品質に製造することができる。

図面の簡単な説明

0019

本発明の一実施の形態に係るインクジェットプリンターを前方左上側から撮影した画像を示す図である。
図1に示すインクジェットプリンターのキャリッジ周辺概略構成を示す斜視図である。
図1に示すインクジェットプリンターのブロック図である。
本発明の一実施の形態に係る棒状部材加飾方法のフローチャートである。
(a)図4に示す固定用インク印刷ステップによって固定用インクで外周面に印刷された棒状部材の一例の平面図である。 (b)図5(a)に示す棒状部材の側面図である。
(a)図4に示す加飾用材料固定ステップによって外周面に加飾材料が固定された棒状部材の一例の平面図である。 (b)図6(a)に示す棒状部材の側面図である。
(a)図4に示す保護用インク印刷ステップによって保護用インクで外周面に印刷された棒状部材の一例の平面図である。 (b)図7(a)に示す棒状部材の側面図である。

実施例

0020

以下、本発明の一実施の形態について、図面を用いて説明する。

0021

まず、本実施の形態に係るインクジェットプリンターの構成について説明する。

0022

図1は、本実施の形態に係るインクジェットプリンター10を前方左上側から撮影した画像を示す図である。

0023

図1に示すように、インクジェットプリンター10は、床に設置される脚20と、矢印10aで示す鉛直方向において脚20の上側に配置されていて脚20に支持されている本体30とを備えている。

0024

インクジェットプリンター10は、中空の棒状部材90の外周面90aの少なくとも一部に印刷を実行する装置である。

0025

棒状部材90としては、例えば、歩行用の杖、スキー用やウォーキング用のストックゴルフクラブシャフト釣竿カーテンレール自転車パイプなど、種々の用途の棒状の部材が採用されることが可能である。

0026

図2は、インクジェットプリンター10のキャリッジ42の周辺の概略構成を示す斜視図である。

0027

図2に示すように、本体30(図1参照。)は、矢印10aで示す方向に直交する矢印10bで示す方向に延在しているレール41と、矢印10bで示す方向に移動可能にレール41によって支持されているキャリッジ42と、キャリッジ42に搭載されている複数のインクジェットヘッド43と、キャリッジ42に搭載されていて紫外線照射する紫外線照射装置44とを備えている。

0028

インクジェットヘッド43は、インクを吐出する吐出面43aが形成されている。吐出面43aは、図示していない多数のノズルによって構成されているノズル列が形成されている。吐出面43aは、矢印10aで示す鉛直方向に直交していて、鉛直方向における上側から下側に向けてノズルからインクを吐出する面である。なお、ノズル列は、矢印10aで示す方向と、矢印10bで示す方向との両方に直交する矢印10cで示す方向に延在している。インクジェットヘッド43は、レール41に沿ったキャリッジ42の移動に伴って矢印10bで示す方向に移動して、矢印10bで示す方向にインクによって印刷を実行可能な装置である。

0029

紫外線照射装置44は、インクジェットヘッド43によって吐出させられて棒状部材90の外周面90aに付着した紫外線硬化型のインクに紫外線を照射することによって、棒状部材90の外周面90a上のインクを硬化させる装置である。

0030

図1に示すように、本体30は、棒状部材90を保持する部材保持機構50を備えている。

0031

部材保持機構50は、棒状部材90の延在方向における両端を保持した状態で、棒状部材90を回転可能に支持している。そして、部材保持機構50は、DCモーター51によって棒状部材90を回転させることが可能である。

0032

図3は、インクジェットプリンター10のブロック図である。

0033

図3に示すように、インクジェットプリンター10は、矢印10b(図1参照。)で示す方向にキャリッジ42(図2参照。)を移動させるキャリッジ駆動装置61と、上述の複数のインクジェットヘッド43と、上述の紫外線照射装置44と、上述のDCモーター51と、利用者による種々の操作が入力されるボタンなどの入力デバイスである操作部62と、種々の情報を表示するLCD(Liquid Crystal Display)などの表示デバイスである表示部63と、PC(Personal Computer)などの外部の装置と通信を行う通信デバイスである通信部64と、各種のデータを記憶するEEPROM(Electrically Erasable Programmable Read Only Memory)、HDD(Hard Disk Drive)などの記憶デバイスである記憶部65と、インクジェットプリンター10全体を制御する制御部66とを備えている。

0034

制御部66は、例えば、CPU(Central Processing Unit)と、プログラムおよび各種のデータを予め記憶しているROM(Read Only Memory)と、CPUの作業領域として用いられるRAM(Random Access Memory)とを備えている。CPUは、ROMまたは記憶部65に記憶されているプログラムを実行するようになっている。

0035

次に、本実施の形態に係る棒状部材加飾方法について説明する。

0036

図4は、本実施の形態に係る棒状部材加飾方法のフローチャートである。

0037

図4に示すように、本実施の形態に係る棒状部材加飾方法は、加飾のための加飾用材料を固定するための固定用インクを棒状部材90の外周面90aにインクジェット印刷する固定用インク印刷ステップ(S101)と、S101の固定用インク印刷ステップによって外周面90aに印刷された固定用インクに加飾用材料を接触させることによって加飾用材料を外周面90aに固定する加飾用材料固定ステップ(S102)と、S102の加飾用材料固定ステップによって外周面90aに固定された加飾用材料の上層に保護用インクを印刷する保護用インク印刷ステップ(S103)とで構成されている。

0038

まず、S101の固定用インク印刷ステップについて説明する。

0039

固定用インク印刷ステップでは、インクジェットプリンター10が使用される。

0040

インクジェットプリンター10の制御部66は、外部の装置から印刷データが送信されてくると、送信されてきた印刷データに基づいた画像を棒状部材90の外周面90aに印刷する。具体的には、制御部66は、棒状部材90の外周面90aに対してキャリッジ42をキャリッジ駆動装置61によって矢印10bで示す方向に相対移動させながら、インクジェットヘッド43によって棒状部材90の外周面90aに固定用インクを吐出させるとともに、紫外線照射装置44による紫外線の照射によって棒状部材90の外周面90a上の固定用インクを硬化させる。そして、制御部66は、棒状部材90の外周面90aに対する矢印10bで示す方向への印刷が終了する度に、DCモーター51によって棒状部材90を回転させることによって、棒状部材90の周方向における印刷位置を変更する。

0041

図5(a)は、固定用インク印刷ステップによって固定用インクで外周面90aに印刷された棒状部材90の一例の平面図である。図5(b)は、図5(a)に示す棒状部材90の側面図である。

0042

図5に示すように、固定用インク印刷ステップの後、棒状部材90の外周面90aには、固定用インクの層91が形成されている。

0043

ここで、層91は、S102の加飾用材料固定ステップにおいて加飾用材料が固定されるために、表面に粘着性を有している必要がある。

0044

完全に硬化された状態で表面に粘着性を有するインクが固定用インクとして使用された場合、インクジェットプリンター10によって固定用インクで印刷を実行すれば、層91は表面に粘着性を有する。この構成により、本実施の形態に係る棒状部材加飾方法は、棒状部材90の外周面90aに付着された固定用インクを半硬化させるなどの細かい調整が不要であり、棒状部材90の外周面90aに付着された固定用インクを完全に硬化させれば良いので、加飾性が高い棒状部材90の製造を容易化することができる。

0045

また、完全に硬化された状態で表面に粘着性を有するインクが固定用インクとして使用されない場合であっても、S101の固定用インク印刷ステップにおいて、固定用インクを完全には硬化させない、すなわち、半硬化させることによって、棒状部材90の外周面90aに印刷された固定用インクの表面に粘着性を生じさせることができる。この構成により、本実施の形態に係る棒状部材加飾方法は、完全に硬化された状態で表面に粘着性を有するインクのような特殊なインク以外のインクが固定用インクとして使用されることができるので、汎用性を向上することができる。

0046

次に、S102の加飾用材料固定ステップについて説明する。

0047

図6(a)は、加飾用材料固定ステップによって外周面90aに加飾材料が固定された棒状部材90の一例の平面図である。図6(b)は、図6(a)に示す棒状部材90の側面図である。

0048

例えば、加飾用材料として金粉が使用される場合には、作業者は、棒状部材90の外周面90a上の固定用インクの層91の上に金粉を蒔くことによって、層91の表面の粘着性で金粉を固定させる。図6に示すように、加飾用材料固定ステップの後、棒状部材90の外周面90a上の固定用インクの層91の上には、加飾用材料の層92が形成されている。

0049

なお、加飾用材料としては、金粉などの粉の他、セラミックビーズなどの粒、金箔などの蒸着膜、画像が印刷されたシートなど、様々な材料が採用されることが可能である。例えば、作業者は、加飾用材料として蒸着膜やシートが使用される場合には、棒状部材90の外周面90a上の固定用インクの層91の上に加飾用材料を押し付けることによって、層91の表面の粘着性で加飾用材料を固定させる。

0050

層91を構成する固定用インクは、S101の固定用インク印刷ステップにおいて半硬化させられている場合、S102の加飾用材料固定ステップの後で本硬化させられても良い。

0051

次に、S103の保護用インク印刷ステップについて説明する。

0052

保護用インク印刷ステップでは、再びインクジェットプリンター10が使用される。

0053

インクジェットプリンター10の制御部66は、外部の装置から印刷データが送信されてくると、送信されてきた印刷データに基づいた画像を棒状部材90の外周面90aに印刷する。具体的には、制御部66は、棒状部材90の外周面90aに対してキャリッジ42をキャリッジ駆動装置61によって矢印10bで示す方向に相対移動させながら、インクジェットヘッド43によって棒状部材90の外周面90aに保護用インクを吐出させるとともに、紫外線照射装置44による紫外線の照射によって棒状部材90の外周面90a上の保護用インクを硬化させる。そして、制御部66は、棒状部材90の外周面90aに対する矢印10bで示す方向への印刷が終了する度に、DCモーター51によって棒状部材90を回転させることによって、棒状部材90の周方向における印刷位置を変更する。

0054

図7(a)は、保護用インク印刷ステップによって保護用インクで外周面90aに印刷された棒状部材90の一例の平面図である。図7(b)は、図7(a)に示す棒状部材90の側面図である。

0055

図7に示すように、保護用インク印刷ステップの後、棒状部材90の外周面90a上の固定用インクの層91上の加飾用材料の層92の上には、保護用インクの層93が形成されている。

0056

なお、保護用インクとしては、加飾用材料による加飾性を損なわないように、クリアーインクが使用されることが好ましい。

0057

以上に説明したように、本実施の形態に係る棒状部材加飾方法は、棒状部材90の外周面90aにインクジェット印刷によって固定用インクを高い位置精度で付着させた後(S101)、棒状部材90の外周面90aに印刷された固定用インクに加飾用材料を固定する(S102)ので、加飾性が高い棒状部材90を高品質に製造することができる。

0058

また、本実施の形態に係る棒状部材加飾方法は、棒状部材90の外周面90aに固定された加飾用材料の上層を保護用インクによって保護する(S103)ので、高い加飾性を長期間維持することができる棒状部材90を製造することができる。

0059

また、本実施の形態に係る棒状部材加飾方法は、保護用インク印刷ステップにおいて、加飾用材料の上層に保護用インクをインクジェット印刷するので、固定用インクをインクジェット印刷したインクジェットプリンター10と同一のインクジェットプリンター10によって保護用インクをインクジェット印刷することができる。したがって、本実施の形態に係る棒状部材加飾方法は、保護用インクの印刷のための設備を新たに設けなくても、高い加飾性を長期間維持することができる棒状部材90を製造することができる。

0060

なお、本実施の形態に係る棒状部材加飾方法は、インクジェット印刷以外の印刷方法によって、加飾用材料の上層に保護用インクを印刷しても良い。

0061

また、本実施の形態に係る棒状部材加飾方法は、保護用インク印刷ステップを省略しても良い。

0062

90棒状部材
90a外周面
91 層(固定用インクの層)
92 層(加飾用材料の層)
93 層(保護用インクの層)

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ