図面 (/)

技術 動く歩道

出願人 株式会社日立ビルシステム株式会社日立製作所
発明者 佐藤敏光宇津宮博文橋本和彰
出願日 2015年3月24日 (5年9ヶ月経過) 出願番号 2015-060301
公開日 2016年10月13日 (4年2ヶ月経過) 公開番号 2016-179877
状態 特許登録済
技術分野 エスカレータ,移動歩道
主要キーワード 往路側 たるむ 傾斜型 安全スイッチ リンクプレート 駆動チェーン チェーンガイド 前輪軸
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年10月13日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

テップ鎖のたるみを抑制した動く歩道を提供する。

解決手段

無端状に連結されて循環移動する複数のステップ3と、ステップ3を駆動する無端状のステップ鎖7とを備えた動く歩道1において、ステップ鎖7は、ステップ3の幅方向の左側に配置された左側ステップ鎖7と、ステップ3の幅方向の右側に配置された右側ステップ鎖7とを有するとともに、左側ステップ鎖7の下方と右側ステップ鎖7の下方との両方に、ステップ鎖7に沿って配置されステップ鎖7のたるみを抑制するチェーンガイド14を有する。

概要

背景

一般に、動く歩道は、無端状に連結されて循環移動する複数のステップと、このステップを駆動する無端状のステップ鎖とを備えている。動く歩道には、水平型の動く歩道と、傾斜型の動く歩道とがある。

概要

ステップ鎖のたるみを抑制した動く歩道を提供する。 無端状に連結されて循環移動する複数のステップ3と、ステップ3を駆動する無端状のステップ鎖7とを備えた動く歩道1において、ステップ鎖7は、ステップ3の幅方向の左側に配置された左側ステップ鎖7と、ステップ3の幅方向の右側に配置された右側ステップ鎖7とを有するとともに、左側ステップ鎖7の下方と右側ステップ鎖7の下方との両方に、ステップ鎖7に沿って配置されステップ鎖7のたるみを抑制するチェーンガイド14を有する。

目的

しかしながら、特許文献2のチェーンガイドは、ステップ鎖のリンクプレートの左右の動きを抑制してステップ鎖及びステップが蛇行するのを防止するのが目的である

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

無端状に連結されて循環移動する複数のステップと、前記ステップを駆動する無端状のステップ鎖とを備えた動く歩道において、前記ステップ鎖は、前記ステップの幅方向の左側に配置された左側ステップ鎖と、前記ステップの幅方向の右側に配置された右側ステップ鎖とを有するとともに、前記左側ステップ鎖の下方と前記右側ステップ鎖の下方との両方に、前記ステップ鎖に沿って配置され前記ステップ鎖のたるみを抑制するチェーンガイドを有することを特徴とする動く歩道。

請求項2

前記チェーンガイドは、前記ステップ鎖の往路側と復路側との両方に設けられていることを特徴とする請求項1に記載の動く歩道。

請求項3

前記チェーンガイドは、前記ステップ鎖の全長の8割以上の範囲に設けられていることを特徴とする請求項2に記載の動く歩道。

請求項4

前記動く歩道は、水平型の動く歩道であることを特徴とする請求項1から3の何れかに記載の動く歩道。

請求項5

前記動く歩道は、傾斜角度が15度以下の傾斜型の動く歩道であることを特徴とする請求項1から3の何れかに記載の動く歩道。

技術分野

0001

本発明は、動く歩道に関する。

背景技術

0002

一般に、動く歩道は、無端状に連結されて循環移動する複数のステップと、このステップを駆動する無端状のステップ鎖とを備えている。動く歩道には、水平型の動く歩道と、傾斜型の動く歩道とがある。

先行技術

0003

特開平5−43180号公報
特開平4−125290号公報

発明が解決しようとする課題

0004

ここで、動く歩道では、エスカレータとは異なり、ステップ鎖が水平、または、例えば15度以下の小さい傾斜角で延在する範囲が長いことから、ステップ鎖の自重によりステップ鎖にたるみが生じやすいという問題がある。

0005

これを防止するため、ステップ鎖が巻き掛けられる従動スプロケットバネ等にて力を加え、ステップ鎖に適切な力で引張り力を与えることにより、ステップ鎖のたるみを抑制しているのが一般的である。しかしながら、動く歩道の有効長さが長い場合や、ステップ鎖の容量が大きく、単位長さ当たりのステップ鎖の重量が大きい場合等には、従動スプロケットに与える引張り力を非常に大きい力にする必要があり、装置の大型化を招くという問題がある。

0006

他にステップ鎖に関連するものとしては、特許文献1には、エスカレータのステップ鎖が屈曲する部位に円弧状のチェーンガイドを設置し、ステップ鎖の脈動を防止するものが記載されている。しかしながら、特許文献1では、動く歩道については考慮されておらず、ステップ鎖のたるみについても考慮されていない。

0007

また、特許文献2には、エスカレータのステップ鎖の下方にチェーンガイドを設置し、ステップ鎖の左右の移動量を減少させるものが記載されており、動く歩道に適用してもよいことも記載されている。しかしながら、特許文献2のチェーンガイドは、ステップ鎖のリンクプレートの左右の動きを抑制してステップ鎖及びステップが蛇行するのを防止するのが目的であるため、ステップの幅方向の左右のステップ鎖のうち片側のみに設置すればよいものである。したがって、特許文献2においても、動く歩道のステップ鎖のたるみについては考慮されていない。

0008

本発明の目的は、ステップ鎖のたるみを抑制した動く歩道を提供することである。

課題を解決するための手段

0009

本発明は、上記目的を達成するために、例えば、無端状に連結されて循環移動する複数のステップと、前記ステップを駆動する無端状のステップ鎖とを備えた動く歩道において、前記ステップ鎖は、前記ステップの幅方向の左側に配置された左側ステップ鎖と、前記ステップの幅方向の右側に配置された右側ステップ鎖とを有するとともに、前記左側ステップ鎖の下方と前記右側ステップ鎖の下方との両方に、前記ステップ鎖に沿って配置され前記ステップ鎖のたるみを抑制するチェーンガイドを有することを特徴とする。

発明の効果

0010

本発明によれば、動く歩道において、ステップ鎖のたるみを抑制することができる。

図面の簡単な説明

0011

動く歩道の基本構成を示す側面図。
図1におけるA方向矢視図。
図2におけるB方向矢視図。
図3におけるステップ鎖にたるみが発生している状態を示す図。
本発明の実施例1を説明するための図2の一部に対応する図。
図5のC部の拡大図。
実施例1の動く歩道の側面図。

0012

本発明の実施例を、図面を参照しながら説明する。尚、各図および各実施例において、同一又は類似の構成要素には同じ符号を付し、説明を省略する。

0013

図1は、動く歩道の基本構成を示す側面図である。図2は、図1におけるA方向矢視図である。図3は、図2におけるB方向矢視図である。図4は、図3におけるステップ鎖にたるみが発生している状態を示す図である。尚、図1では、水平型の動く歩道を示している。

0014

動く歩道1は、無端状に連結されて循環移動する複数のステップ3と、このステップ3を駆動する無端状のステップ鎖7とを備えている。ステップ鎖7は、ステップ3の幅方向の左側に配置された左側ステップ鎖(図2の左側のステップ鎖7)と、ステップ3の幅方向の右側に配置された右側ステップ鎖(図2の右側のステップ鎖7)とを有する。

0015

より具体的には、動く歩道1は、建築構造物に設置された主枠2と、主枠2内に設置された前輪レール13上を案内されて循環移動する複数のステップ3と、これらステップ3を駆動し、主枠2に設置された駆動装置4と、ステップ3の移動方向に沿って両側に位置する欄干5とを有する。

0016

ステップ3は、幅方向の両側を左右一対の無端状のステップ鎖7に連結されているため、結果的に複数個のステップ3は無端状に連結されている。これら左右のステップ鎖7は、主枠2内に軸支された駆動スプロケット8と、同じく主枠2内に軸支された従動スプロケット9との間に巻き掛けられている。

0017

駆動スプロケット8は、駆動装置4と駆動チェーン6を介して巻き掛けられており、駆動装置4が運転することによりステップ鎖7が移動し、ステップ3が移動することができる。従動スプロケット9は、主枠2に固定されておらず、従動スプロケット引張り軸15にて常に引張り力を受けている。引張り力を与えているのは、従動スプロケット引張りバネ16であり、従動スプロケット引張りバネ16の他方は主枠2に支えられている。従動スプロケット引張り軸15近傍には、主枠2に固定されたステップ鎖安全スイッチ17があり、ステップ鎖7の思わぬ切断や伸び等の異常を検出することができる。ステップ鎖7の異常を検出すると、乗客コンベアは停止する。

0018

一方、ステップ鎖7には、ステップのピッチに合わせて前輪軸11が一定間隔で取り付けられており、前輪軸11に回転可能に設置してあるステップ軸受10を介して、ステップ3が取り付けられている。

0019

前輪12は、前輪軸11の両端に設置してあり、ステップ鎖7の移動に連動して移動することができる。前輪12の移動方向を案内しているのは前輪レール13であり、前輪レール13は主枠2に固定されている。前輪レール13は、ステップ3上の乗客搭乗させる往路側及び乗客を搭乗させない復路側のいずれにも設置されており、ステップ鎖7及びステップ3は常に前輪レール13に案内されている。尚、ステップ3には、図示しない後輪が設けられている場合もあるし、隣のステップ3の前輪12が後輪を兼ねている場合もあるので、「前輪」「前輪軸」「前輪レール」は単に「ガイドローラ」「軸」「ガイドレール」と呼ばれる場合もある。

0020

図3は、前輪レール13、前輪12、ステップ鎖7の関係を示した図である。機器が正常な状態であれば図3の如くステップ鎖7はスラスト方向へ引張り力を受けているため、直線状となっている。

0021

ところが、ステップ鎖7に加わる引張り力が不足すると、図4のように隣接する前輪12間にてステップ鎖7がたるんでしまう場合がある。前輪12部近傍のステップ鎖7は、前輪12が前輪レール13に案内されているため下降せず正常な高さ寸法のところにとどまることができる。しかし前輪12から遠い位置のステップ鎖7は前輪レール13に案内されていないため、ステップ鎖7の自重によりたるみを生じてしまう。

0022

そこで、これを解消するための構造を、図5図7を用いて説明する。図5は、本発明の実施例1を説明するための図2の一部に対応する図である。図6は、図5のC部の拡大図である。図7は、実施例1の動く歩道の側面図である。

0023

図5図7に示すように、ステップ鎖7の下方に、ステップ鎖7に沿って配置されステップ鎖7のたるみを抑制するチェーンガイド14を設ける。チェーンガイド14の幅方向寸法は、ステップ鎖のリンクプレート7Aに挟まれているステップ鎖の鎖ローラ7Bの幅寸法以下とする。その結果、ステップ鎖7の鎖ローラ7Bは、チェーンガイド14上面を転がることが可能となる。図5では、左側のチェーン鎖7の下方に設けられたチェーンガイド14を示しているが、図示しない右側のチェーン鎖7においても同様に、右側のチェーン鎖7の下方にチェーンガイド14を設けている。これにより、ステップ鎖7のたるみを抑制することができる。

0024

また、図6に示すように、ステップ鎖7の鎖ローラ7Bと、チェーンガイド14上面との隙間寸法αは、ゼロに限りなく近い寸法とするのが望ましい。仮に隙間寸法αが完全なゼロでなくとも、ステップ鎖7には一定値以上のたるみが発生しなくなるため、充分な効果が期待できる。隙間寸法αは、1mm以下であることが望ましい。

0025

さらに、上述のチェーンガイド14は、図7の如くステップ鎖7の移動範囲全域もしくはおおむね全域に対して設置するのが望ましい。また、チェーンガイド14は、ステップ鎖7の往路側と復路側との両方に設けられていることが望ましい。例えば、チェーンガイド14は、ステップ鎖7の全長の8割以上の範囲に設けられていることが望ましい。

0026

ステップ鎖7がたるむと、従動スプロケット9が変位し、それが一定以上大きくなると、ステップ鎖安全スイッチ17が作動して動く歩道1が停止してしまう可能性があるが、実施例1によれば、ステップ鎖7のたるみを抑制することでステップ鎖7の全長変位量を小さくすることができるため、その結果、従動スプロケット9の移動量も小さくすることができ、ステップ鎖7のたるみを原因とするステップ鎖安全スイッチ17の不要動作は発生しないため、それを原因とする動く歩道1の不要停止を回避できる。

0027

さらに、従動スプロケット引張りバネ16での引張り力を大きい力にする必要が無い為、ステップ鎖7及び周辺機器を大きな引張り力に耐えられるのに必要な、強靭な構造とする必要性が無くなり、簡素な構造にできることが期待できる。

0028

実施例1において、ステップ鎖7の鎖ローラ7Bと、チェーンガイド14上面との隙間寸法αを完全なゼロとし、常にチェーンガイド14上面をステップ鎖7の鎖ローラ7Bが案内出来るようにすれば、前輪12が必要無くなる上、前輪レール13も無くすことが可能となり、大幅な構造の簡略化が望める。

0029

実施例1では水平型の動く歩道1に対してチェーンガイド14を設置する例を示したが、これに代えて、傾斜角度が15度以下の傾斜型の動く歩道に適用してもよい。傾斜角度が大きい場合は、ステップ鎖7の自重の作用する方向がステップ鎖7のたるみを抑制する方向に働くためステップ鎖7はたるみにくいが、例えば傾斜角度が15度以下のように小さな傾斜角の動く歩道の場合にはステップ鎖7がたるみやすいので、チェーンガイド14によってたるみを抑制することが望ましい。

実施例

0030

以上、本発明の実施例を説明してきたが、これまでの各実施例で説明した構成はあくまで一例であり、本発明は、技術思想を逸脱しない範囲内で適宜変更が可能である。また、それぞれの実施例で説明した構成は、互いに矛盾しない限り、組み合わせて用いても良い。

0031

1動く歩道
2主枠
3 ステップ
4駆動装置
5欄干
6 駆動鎖
7 ステップ鎖
7A ステップ鎖のリンクプレート
7B ステップ鎖の鎖ローラ
8駆動スプロケット
9従動スプロケット
10ステップ軸受
11前輪軸
12前輪
13前輪レール
14チェーンガイド
15 従動スプロケット引張り軸
16 従動スプロケット引張りバネ
17 ステップ鎖安全スイッチ
α 鎖ローラとチェーンガイドとの隙間寸法

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • フジテック株式会社の「 乗客検知センサーを具える乗客コンベア」が 公開されました。( 2020/10/08)

    【課題】本発明は、検知精度を低下させることなく、利用者の目に付き難く、また、接触等し難い位置に乗客検知センサーを設置した乗客コンベアを提供する。【解決手段】本発明の乗客コンベア10は、踏み段13とハン... 詳細

  • フジテック株式会社の「 吊り上げ治具」が 公開されました。( 2020/10/08)

    【課題】仮置きされたトラスの端部にプレートを取り付ける作業の手間を低減できる吊り上げ治具を提供する。【解決手段】吊り上げ治具20は、トラス10を仮置きしたときに傾斜状態となるトラス端部10bにフロアプ... 詳細

  • フジテック株式会社の「 乗客コンベア」が 公開されました。( 2020/10/08)

    【課題】制御部に故障や異常が発生しても、適切にブレーキを締結できる乗客コンベアを提供する。【解決手段】乗客コンベアは、当該乗客コンベアの異常を検知する安全装置の作動の有無に基づいてブレーキの締結/解放... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ