図面 (/)

技術 血圧計

出願人 テルモ株式会社
発明者 築田克美
出願日 2015年3月24日 (4年11ヶ月経過) 出願番号 2015-061609
公開日 2016年10月13日 (3年5ヶ月経過) 公開番号 2016-179095
状態 特許登録済
技術分野 脈拍・心拍・血圧・血流の測定
主要キーワード 本体筺体 ダストフィルタ ゲージ圧力 修理依頼 ディセーブル状態 ひずみゲージ 流路壁 電磁バルブ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年10月13日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

気球を有する血圧計においてフィルタ目詰まりを起こしている場合の対処を容易にする。

解決手段

血圧計1は、チューブ20を介してカフ10の内部空間12と連通する流路310を有する本体30と、流路310に空気を送ることができるように本体30に接続される送気球40とを有する。本体30は、流路310における送気球40の側の第1部分311から流路310におけるカフ10の側の第2部分312にダストが送られることを防止するように流路310に配置されたフィルタ315と、フィルタ315の目詰まりを検出するためのセンサ部320と、センサ部320からの出力に基づいてフィルタ315の目詰まりの発生を検出し、警告を出力する制御部350とを備える。

概要

背景

気球を使ってカフに空気を送ることによってカフを膨らませ、これによって腕等を十分な圧力で圧迫し、その後、圧力を低下させながら検出される脈波に基づいて血圧を測定する血圧計がある。特許文献1には、送気球と血圧計本体筺体との接続部にフィルタダストフィルタ)を設けた血圧計が記載されている。

概要

送気球を有する血圧計においてフィルタが目詰まりを起こしている場合の対処を容易にする。血圧計1は、チューブ20を介してカフ10の内部空間12と連通する流路310を有する本体30と、流路310に空気を送ることができるように本体30に接続される送気球40とを有する。本体30は、流路310における送気球40の側の第1部分311から流路310におけるカフ10の側の第2部分312にダストが送られることを防止するように流路310に配置されたフィルタ315と、フィルタ315の目詰まりを検出するためのセンサ部320と、センサ部320からの出力に基づいてフィルタ315の目詰まりの発生を検出し、警告を出力する制御部350とを備える。

目的

本発明は、送気球を有する血圧計においてフィルタが目詰まりを起こしている場合の対処を容易にすることを目的とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

チューブを介してカフの内部空間と連通する流路を有する本体と、前記流路に空気を送ることができるように前記本体に接続される送気球とを有する血圧計であって、前記本体が、前記流路における前記送気球の側の第1部分から前記流路における前記カフの側の第2部分にダストが送られることを防止するように前記流路に配置されたフィルタと、前記フィルタの目詰まりを検出するためのセンサ部と、前記センサ部からの出力に基づいて前記目詰まりの発生を検出し、警告を出力する制御部と、を備える、ことを特徴とする血圧計。

請求項2

前記センサ部は、前記第1部分と前記第2部分との間の圧力差を検出する差圧センサを含み、前記制御部は、前記差圧センサの出力に基づいて前記目詰まりを検出する、ことを特徴とする請求項1に記載の血圧計。

請求項3

前記センサ部は、前記第1部分の圧力を検出する第1圧力センサと、前記第2部分の圧力を検出する第2圧力センサとを含み、前記制御部は、前記第1圧力センサによって検出される圧力と前記第2圧力センサによって検出される圧力との差分に基づいて前記目詰まりを検出する、ことを特徴とする請求項1に記載の血圧計。

請求項4

前記センサ部は、発光素子と、前記発光素子が発生し前記フィルタを通過した光を検出する光センサとを含み、前記制御部は、前記光センサの出力に基づいて前記目詰まりを検出する、ことを特徴とする請求項1に記載の血圧計。

請求項5

前記センサ部は、前記送気球の操作によって前記フィルタが受ける力を検出するセンサを含み、前記制御部は、前記センサの出力に基づいて前記目詰まりを検出する、ことを特徴とする請求項1に記載の血圧計。

請求項6

前記センサは、ひずみゲージを含む、ことを特徴とする請求項5に記載の血圧計。

請求項7

前記送気球が操作されたことを検出する操作検出部を更に備え、前記センサ部は、前記操作検出部による検出結果に基づいて活性化される、ことを特徴とする請求項1乃至6のいずれか1項に記載の血圧計。

技術分野

0001

本発明は、送気球を有する血圧計に関する。

背景技術

0002

送気球を使ってカフに空気を送ることによってカフを膨らませ、これによって腕等を十分な圧力で圧迫し、その後、圧力を低下させながら検出される脈波に基づいて血圧を測定する血圧計がある。特許文献1には、送気球と血圧計本体筺体との接続部にフィルタダストフィルタ)を設けた血圧計が記載されている。

先行技術

0003

特開2006−75439号公報

発明が解決しようとする課題

0004

フィルタが目詰まりを起こすと、送気球を操作してもカフの圧力を十分に上げることが難しくなる。このような不具合は、フィルタを清掃することによって解消するが、不具合の原因がフィルタの目詰まりであることを即座に気づくことは難しい。不具合の原因がフィルタの目詰まりであることに気が付かない場合、対処に長時間を要することになる。不具合の原因が特定できない場合には、血圧計が廃棄されたり、メーカー修理依頼がなされたりし、非経済的である。

0005

本発明は、送気球を有する血圧計においてフィルタが目詰まりを起こしている場合の対処を容易にすることを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

本発明の1つの側面は、チューブを介してカフの内部空間と連通する流路を有する本体と、前記流路に空気を送ることができるように前記本体に接続される送気球とを有する血圧計であって、前記本体が、前記流路における前記送気球の側の第1部分から前記流路における前記カフの側の第2部分にダストが送られることを防止するように前記流路に配置されたフィルタと、前記フィルタの目詰まりを検出するためのセンサ部と、前記センサ部からの出力に基づいて前記目詰まりの発生を検出し、警告を出力する制御部と、を備える。

発明の効果

0007

本発明によれば、送気球を有する血圧計においてフィルタが目詰まりを起こしている場合の対処を容易にすることができる。

図面の簡単な説明

0008

本発明の1つの実施形態の血圧計の構成を示す模式図。
本発明の第1実施形態におけるセンサ部の構成を示す模式図。
本発明の第2実施形態におけるセンサ部の構成を示す模式図。
本発明の第3実施形態におけるセンサ部の構成を示す模式図。
本発明の第4実施形態におけるセンサ部の構成を示す模式図。
本発明の他の実施形態の血圧計の構成を示す模式図。

実施例

0009

以下、添付図面を参照しながら本発明をその例示的な実施形態を通して説明する。

0010

図1には、本発明の1つの実施形態の血圧計1の構成が示されている。血圧計1は、チューブ20を介してカフ10の内部空間12と連通する流路310を有する本体30と、流路310に空気を送ることができるように本体30に接続される送気球40とを有する。流路310は、送気球40の側の第1部分311と、カフ10の側の第2部分312とを有する。本体30は、流路310における送気球40の側の第1部分311から流路310におけるカフ10の側の第2部分312にダストが送られることを防止するように流路310に配置されたフィルタ(ダストフィルタ)315を備えている。

0011

本体30は、その他、圧力センサ330、電磁バルブ340、制御部350、表示部360、ブザー370を備えうる。本体30はまた、特徴的な構成として、フィルタ315の目詰まりを検出するためのセンサ部320を備えている。制御部350は、センサ部320からの出力に基づいてフィルタ315の目詰まりの発生を検出し、そのことを示す警告を出力する。これにより、フィルタ315が目詰まりを起こしている場合における医師または看護師等のユーザの対処を容易にすることができる。フィルタ315の目詰まりが発生したことを示す警告は、例えば、表示部360およびブザー370の少なくとも一方を利用して制御部350によって行われうる。

0012

被験者の血圧の測定は、次のようになされる。まず、送気球40を使って流路310およびチューブ20を介してカフ10の内部空間12に空気を送ることによってカフ10を膨らませ、これによって被験者の腕等が十分な圧力(カフ10の内部空間12の圧力)で圧迫される。その後、電磁バルブ340を開くことによって、カフ10の内部空間12の圧力を低下させながら圧力センサ330によってカフ10の内部空間12の圧力が検出される。制御部350は、この圧力の検出結果から脈波を抽出し、この脈波に基づいて血圧を決定する。このようにして測定された血圧は、表示部360に表示されうる。

0013

図2には、本発明の第1実施形態におけるセンサ部320の構成が模式的に示されている。流路310は、流路壁313によって構成されている。フィルタ315は、前述のように、流路310の第1部分311から流路310の第2部分312にダストが送られることを防止するように流路310に配置されている。フィルタ315の目詰まりが発生すると、送気球40から流路310に空気を送った時に第1部分311と第2部分312との間に圧力差が生じる。そこで、第1実施形態では、センサ部320は、第1部分311と第2部分312との間の圧力差を検出する差圧センサ401を含み、制御部350は、差圧センサ401の出力に基づいてフィルタ315の目詰まりを検出する。より具体的な例において、制御部350は、差圧センサ401の出力に基づいて、第1部分311と第2部分312との間の圧力差が所定値を超えた場合に、フィルタ315の目詰まりが発生したと判断する。

0014

図3には、本発明の第2実施形態におけるセンサ部320の構成が模式的に示されている。第2実施形態においても、フィルタ315の目詰まりは、第1部分311と第2部分312との間の圧力差に基づいて検出される。具体的には、第2実施形態では、センサ部320は、第1部分311の圧力(ゲージ圧力)を検出する第1圧力センサ501と、第2部分312の圧力(ゲージ圧力)を検出する第2圧力センサ502とを含む。ここで、第2圧力センサ502は、圧力センサ330で代用されてもよい。制御部350は、第1圧力センサ501によって検出される圧力と第2圧力センサ502によって検出される圧力との差分(つまり、圧力差)に基づいてフィルタ315の目詰まりを検出する。

0015

図4には、本発明の第3実施形態におけるセンサ部320の構成が模式的に示されている。第3実施形態では、フィルタ315の目詰まりは、フィルタ315の光透過率に基づいて検出される。具体的には、センサ部320は、LEDまたはレーザーダイオード等の発光素子602と、発光素子602が発生しフィルタ315を通過した光を検出するフォトダイオード等の光センサ603とを含み、制御部350は、光センサ603の出力に基づいてフィルタ315の目詰まりを検出する。ここで、より具体的な構成例において、センサ部320は、制御部350からの指令に従って発光素子602を駆動するドライバ駆動回路)601と、光センサ603から出力されるアナログ信号デジタル信号に変換して制御部350に提供するAD変換器604とを含みうる。一例において、発光素子602は、第1部分311に配置され、光センサ603は、第2部分312に配置されうる。他の例において、発光素子602は、第2部分312に配置され、光センサ603は、第1部分311に配置されうる。あるいは、発光素子602および光センサ603を第1部分311および第2部分312のうちの一方に配置し、反射面を有する部材を第1部分311および第2部分312のうちの他方に配置し、発光素子602が発生した光がフィルタ315を通過した後に前記反射面で反射され再びフィルタ315を通過して光センサ603に入射するようにしてもよい。前記反射面は、流路310の一部によって構成されてもよいし、送気球40の一部によって構成されてもよいし、他の構成要素によって構成されてもよい。

0016

図5には、本発明の第4実施形態におけるセンサ部320の構成が模式的に示されている。フィルタ315の目詰まりが発生すると、送気球40から流路310に空気を送った時に第1部分311と第2部分312との間に圧力差が生じる。つまり、第1部分311の圧力が第2部分312の圧力よりも高くなる。これによって、フィルタ315が第2部分312に向けて押し付けられる。そこで、第4実施形態では、フィルタ315の目詰まりは、送気球40の操作によってフィルタ315が受ける力に基づいて検出される。具体的には、センサ部320は、送気球40の操作によってフィルタ315が受ける力を検出するセンサ701を含み、制御部350は、センサ701の出力に基づいてフィルタ315の目詰まりを検出する。センサ701は、例えば、フィルタ315の2つの面のうち第2部分312の側の面と流路壁313との間に配置されうる。センサ701は、例えば、ひずみゲージでありうる。ここで、より具体的な構成例において、センサ部320は、センサ701から信号を検出する検出回路702を含みうる。

0017

図6には、本発明の他の実施形態の血圧計1の構成が模式的に示されている。この実施形態は、図1図5に示された実施形態の改良例である。第5実施形態では、血圧計1は、送気球40が操作されたこと、つまり、送気球40が押しつぶされたことを検出する操作検出部801を更に備え、センサ部320は、操作検出部801による検出結果に基づいて活性化される。ここで、センサ部320の活性化とは、例えば、センサ部320に対する電力の供給、センサ部320をスリープモードまたは省電力モードから動作モードに復帰させること、または、センサ部320をディセーブル状態からイネーブル状態移行させることでありうる。第5実施形態によれば、例えば、センサ部320による電力消費が低減されうる。操作検出部801は、例えば、第1部分311の圧力が所定圧力を超えたときに機械的にオンになるスイッチを含みうる。

0018

10:カフ、20:チューブ、30:本体、40:送気球、315:フィルタ、310:流路、311:第1部分、312:第2部分、602:発光素子、603:光センサ、701:センサ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ