図面 (/)

技術 画像処理装置、画像処理方法及びプログラム

出願人 カシオ計算機株式会社
発明者 石原正規井手口圭
出願日 2015年3月23日 (4年5ヶ月経過) 出願番号 2015-059349
公開日 2016年10月6日 (2年11ヶ月経過) 公開番号 2016-178608
状態 特許登録済
技術分野 スタジオ装置 写真撮影方法及び装置 記録のためのテレビジョン信号処理 イメージ分析
主要キーワード サイズ調整後 発色パターン 三次曲線 位置座標間 目標サイズ 画像切り出し処理 補間手法 所定期間分
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年10月6日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

動画像から被写体に対応する領域を適正に切り出すことができる。

解決手段

画像処理装置100であって、動画像内で被写体を検出する被写体検出部5bと、動画像を構成する各フレーム画像から被写体検出部により検出された被写体に対応する被写体切出領域を切り出す画像切出部5eと、既に切り出された被写体切出領域の位置及びサイズのうちの少なくとも一方に基づいて、新たに切り出される切出予定領域を設定する領域設定部5dと、を備えている。

概要

背景

従来、動画像から追尾対象である被写体を切り出して記録する画像処理装置が知られている(例えば、特許文献1参照)。

概要

動画像から被写体に対応する領域を適正に切り出すことができる。画像処理装置100であって、動画像内で被写体を検出する被写体検出部5bと、動画像を構成する各フレーム画像から被写体検出部により検出された被写体に対応する被写体切出領域を切り出す画像切出部5eと、既に切り出された被写体切出領域の位置及びサイズのうちの少なくとも一方に基づいて、新たに切り出される切出予定領域を設定する領域設定部5dと、を備えている。

目的

本発明は、このような問題に鑑みてなされたものであり、本発明の課題は、動画像から被写体に対応する領域を適正に切り出すことができる画像処理装置、画像処理方法及びプログラムを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

動画像内で被写体を検出する検出手段と、前記動画像を構成する各フレーム画像から前記検出手段により検出された前記被写体に対応する領域を切り出す切り出し手段と、前記切り出し手段により既に切り出された前記被写体に対応する領域の位置及びサイズのうちの少なくとも一方に基づいて、当該切り出し手段により新たに切り出される切出予定領域を設定する設定手段と、を備えたことを特徴とする画像処理装置

請求項2

前記設定手段は、前記切り出し手段により既に切り出された前記被写体に対応する領域の位置の経時的な変化に基づいて、前記切出予定領域の位置を補間して設定することを特徴とする請求項1に記載の画像処理装置。

請求項3

前記設定手段は、前記切り出し手段により既に切り出された前記被写体に対応する領域のサイズの経時的な変化に基づいて、前記切出予定領域のサイズを補間して設定することを特徴とする請求項1に記載の画像処理装置。

請求項4

前記設定手段は、前記検出手段により検出された前記被写体に対応する領域と、前記切り出し手段により既に切り出された前記被写体に対応する領域の位置及びサイズの経時的な変化に基づいて、前記切出予定領域を設定することを特徴とする請求項1〜3の何れか一項に記載の画像処理装置。

請求項5

前記動画像を構成する一のフレーム画像から前記検出手段により前記被写体が検出されたか否かを判定する判定手段を更に備え、前記設定手段は、前記判定手段により前記被写体が検出されたと判定された場合に、前記一のフレーム画像から前記検出手段により検出された前記被写体の位置及びサイズと、前記動画像を構成する前記一のフレーム画像よりも前の他のフレーム画像から前記切り出し手段により切り出された前記被写体に対応する領域の位置及びサイズとに基づいて、当該切り出し手段により前記一のフレーム画像から新たに切り出される切出予定領域を設定することを特徴とする請求項1〜4の何れか一項に記載の画像処理装置。

請求項6

前記設定手段は、前記検出手段により前記被写体が複数検出された場合に、前記一のフレーム画像から前記検出手段により検出された前記複数の被写体の位置及びサイズと、前記他のフレーム画像から前記切り出し手段により切り出された前記被写体に対応する領域の位置及びサイズとに基づいて、前記切出予定領域を設定することを特徴とする請求項5に記載の画像処理装置。

請求項7

前記設定手段は、更に、前記判定手段により前記被写体が検出されなかったと判定された場合に、前記他のフレーム画像から前記切り出し手段により切り出された前記被写体に対応する領域の位置及びサイズに基づいて、前記切出予定領域を設定することを特徴とする請求項5又は6に記載の画像処理装置。

請求項8

前記被写体は、前記動画像内で追尾対象の被写体を含むことを特徴とする請求項1〜7の何れか一項に記載の画像処理装置。

請求項9

前記検出手段は、更に、前記動画像内で前記被写体の可視光発光を検出することを特徴とする請求項1〜8の何れか一項に記載の画像処理装置。

請求項10

画像処理装置を用いた画像処理方法であって、動画像内で被写体を検出するステップと、前記動画像を構成する各フレーム画像から検出された前記被写体に対応する領域を切り出すステップと、既に切り出された前記被写体に対応する領域の位置及びサイズのうちの少なくとも一方に基づいて、新たに切り出される切出予定領域を設定するステップと、を含むことを特徴とする画像処理方法。

請求項11

画像処理装置のコンピュータを、動画像内で被写体を検出する検出手段、前記動画像を構成する各フレーム画像から前記検出手段により検出された前記被写体に対応する領域を切り出す切り出し手段、前記切り出し手段により既に切り出された前記被写体に対応する領域の位置及びサイズのうちの少なくとも一方に基づいて、当該切り出し手段により新たに切り出される切出予定領域を設定する設定手段、として機能させることを特徴とするプログラム

技術分野

0001

本発明は、画像処理装置画像処理方法及びプログラムに関する。

背景技術

0002

従来、動画像から追尾対象である被写体を切り出して記録する画像処理装置が知られている(例えば、特許文献1参照)。

先行技術

0003

特開2012−205037号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、上記特許文献1の場合、被写体の特徴点動きが検出された領域に応じて画像の切り出し領域を設定しており、被写体の動きによっては切り出された領域がフレーム画像間で大きく移動してしまい、非常に見難い動画像となる虞がある。

0005

本発明は、このような問題に鑑みてなされたものであり、本発明の課題は、動画像から被写体に対応する領域を適正に切り出すことができる画像処理装置、画像処理方法及びプログラムを提供することである。

課題を解決するための手段

0006

上記課題を解決するため、本発明に係る画像処理装置は、
動画像内で被写体を検出する検出手段と、
前記動画像を構成する各フレーム画像から前記検出手段により検出された前記被写体に対応する領域を切り出す切り出し手段と、
前記切り出し手段により既に切り出された前記被写体に対応する領域の位置及びサイズのうちの少なくとも一方に基づいて、当該切り出し手段により新たに切り出される切出予定領域を設定する設定手段と、
を備えたことを特徴としている。

0007

また、本発明に係る画像処理方法は、
画像処理装置を用いた画像処理方法であって、
動画像内で被写体を検出するステップと、
前記動画像を構成する各フレーム画像から検出された前記被写体に対応する領域を切り出すステップと、
既に切り出された前記被写体に対応する領域の位置及びサイズのうちの少なくとも一方に基づいて、新たに切り出される切出予定領域を設定するステップと、
を含むことを特徴としている。

0008

また、本発明に係るプログラムは、
画像処理装置のコンピュータを、
動画像内で被写体を検出する検出手段、
前記動画像を構成する各フレーム画像から前記検出手段により検出された前記被写体に対応する領域を切り出す切り出し手段、
前記切り出し手段により既に切り出された前記被写体に対応する領域の位置及びサイズのうちの少なくとも一方に基づいて、当該切り出し手段により新たに切り出される切出予定領域を設定する設定手段、
として機能させることを特徴としている。

発明の効果

0009

本発明によれば、動画像から被写体に対応する領域を適正に切り出すことができる。

図面の簡単な説明

0010

本発明を適用した一実施形態の撮像装置概略構成を示すブロック図である。
図1の撮像装置による画像切り出し処理に係る動作の一例を示すフローチャートである。
図2の画像切り出し処理の続きを示すフローチャートである。
図3の画像切り出し処理の続きを示すフローチャートである。
図2の画像切り出し処理に係るフレーム画像と被写体領域と被写体切出領域との対応関係の一例を模式的に示す図である。
図2の画像切り出し処理に係るフレーム画像と被写体領域と被写体切出領域との対応関係の一例を模式的に示す図である。

実施例

0011

以下に、本発明について、図面を用いて具体的な態様を説明する。ただし、発明の範囲は、図示例に限定されない。

0012

図1は、本発明を適用した一実施形態の撮像装置100の概略構成を示すブロック図である。
図1に示すように、本実施形態の撮像装置100は、中央制御部1と、メモリ2と、撮像部3と、画像データ生成部4と、画像処理部5と、画像記録部6と、表示部7と、操作入力部8とを備えている。
また、中央制御部1、メモリ2、撮像部3、画像データ生成部4、画像処理部5、画像記録部6及び表示部7は、バスライン9を介して接続されている。

0013

中央制御部1は、撮像装置100の各部を制御するものである。具体的には、中央制御部1は、図示は省略するが、CPU(Central Processing Unit)、RAM(Random Access Memory)、ROM(Read Only Memory)を備え、撮像装置100用の各種処理プログラム(図示略)に従って各種の制御動作を行う。

0014

メモリ2は、例えば、DRAM(Dynamic Random Access Memory)等により構成され、中央制御部1や画像処理部5等の各部によって処理されるデータ等を一時的に記憶するものである。

0015

撮像部3は、例えば、ヒト等の被写体S(図5(a)等参照)を撮像する。具体的には、撮像部3は、レンズ部3aと、電子撮像部3bと、撮像制御部3cとを備えている。

0016

レンズ部3aは、例えば、ズームレンズフォーカスレンズ等の複数のレンズから構成されている。
電子撮像部3bは、例えば、CMOS(Complementary Metal-oxide Semiconductor)やCCD(Charge Coupled Device)等のイメージセンサから構成され、レンズ部3aの各種レンズを通過した光学像を二次元画像信号に変換する。
なお、図示は省略するが、撮像部3は、レンズ部3aを通過する光の量を調整する絞りを備えていても良い。

0017

撮像制御部3cは、撮像部3による被写体Sの撮像を制御する。即ち、撮像制御部3cは、図示は省略するが、タイミング発生器ドライバなどを備えている。そして、撮像制御部3cは、タイミング発生器、ドライバにより電子撮像部3bを走査駆動して、所定周期毎に光学像を電子撮像部3bにより二次元の画像信号に変換させ、当該電子撮像部3bの撮像領域から1画面分ずつフレーム画像Fを読み出して画像データ生成部4に出力させる。

0018

画像データ生成部4は、電子撮像部3bから転送されたフレーム画像Fのアナログ値の信号に対してRGBの各色成分毎に適宜ゲイン調整した後に、サンプルホールド回路(図示略)でサンプルホールドしてA/D変換器(図示略)でデジタルデータに変換し、カラープロセス回路(図示略)で画素補間処理及びγ補正処理を含むカラープロセス処理を行った後、デジタル値輝度信号Y及び色差信号Cb,Cr(YUVデータ)を生成する。また、画像データ生成部4は、動画像を構成する複数のフレーム画像F、…の各々を所定形式(例えば、MPE形式モーションJPEG形式等)で符号化して、動画像の画像データを生成する。
また、画像データ生成部4は、生成した画像データをバッファメモリとして使用されるメモリ2に転送する。

0019

画像処理部5は、画像取得部5aと、被写体検出部5bと、判定部5cと、領域設定部5dと、画像切出部5eとを具備している。
なお、画像処理部5の各部は、例えば、所定のロジック回路から構成されているが、当該構成は一例であってこれに限られるものではない。

0020

画像取得部5aは、画像切り出し処理の処理対象となる動画像を取得する。
すなわち、画像取得部5aは、例えば、被写体Sが撮像部3により撮像されて画像データ生成部4により生成された複数のフレーム画像F、…からなる動画像の画像データを、メモリ2から取得する。
なお、画像取得部5aは、撮像部3や外部機器(図示略)による被写体Sの撮像後に画像記録部6に記録されている動画像の画像データを読み出して、画像切り出し処理の処理対象として取得しても良い。

0021

被写体検出部(検出手段)5bは、動画像内で被写体Sを検出する。
すなわち、被写体検出部5bは、画像取得部5aにより取得された複数のフレーム画像F、…からなる動画像の画像データに対して、所定の被写体検出処理を行って各フレーム画像Fから被写体Sを検出する。具体的には、例えば、被写体S(例えば、ヒト等)に可視光波長が380〜780nmの領域の光)を発光する光タグ(図示略)が取り付けられている場合、被写体検出部5bは、動画像内で所定の規則性(例えば、発色パターン発光パターン等)で発光する光タグを検出し、その検出位置を特定する。そして、被写体検出部5bは、特定された光タグの検出位置を基準として、各フレーム画像Fに対して所定の被写体検出処理(例えば、顔検出処理等)を行い、各フレーム画像Fから被写体Sの位置や当該被写体Sが含まれる領域を検出する。また、被写体検出部5bは、動画像を構成する複数のフレーム画像F、…のうち、一のフレーム画像Fから検出された被写体Sの位置情報、被写体Sが含まれる領域の輝度情報色情報等の画像情報などを追尾対象として、他のフレーム画像F内で被写体Sを検出するようにしても良い。
また、被写体検出部5bは、各フレーム画像Fから複数の被写体S、…や複数の被写体S、…が含まれる領域を検出しても良い。

0022

なお、顔検出処理は、公知の技術であるので、ここでは詳細な説明を省略する。また、被写体検出処理として、顔検出処理を例示したが、一例であってこれに限られるものではなく、例えば、エッジ検出処理特徴抽出処理等の所定の画像認識技術を利用するものであれば適宜任意に変更可能である。

0023

判定部5cは、被写体検出部5bにより被写体Sが検出されたか否かを判定する。
すなわち、判定部(判定手段)5cは、動画像を構成する一のフレーム画像Fから被写体検出部5bにより被写体Sが検出されたか否かを判定する。具体的には、判定部5cは、例えば、被写体検出部5bにより各フレーム画像Fから被写体Sに取り付けられている光タグが検出されたか否かや被写体Sが含まれる領域が検出されたか否かに応じて、被写体Sが検出されたか否かを判定する。

0024

領域設定部5dは、動画像を構成する各フレーム画像Fから画像切出部5eにより切り出される切出予定領域A0(図5(a)参照)を設定する。
すなわち、領域設定部(設定手段)5dは、画像切出部5eにより既に切り出された被写体切出領域A(図5(a)参照)の位置及びサイズのうちの少なくとも一方に基づいて、当該画像切出部5eにより新たに切り出される切出予定領域A0を設定する。具体的には、領域設定部5dは、画像切出部5eにより既に切り出された被写体切出領域Aの位置の経時的な変化に基づいて、新たな切出予定領域A0の位置を補間して設定する。また、領域設定部5dは、画像切出部5eにより既に切り出された被写体切出領域Aのサイズの経時的な変化に基づいて、新たな切出予定領域A0のサイズを補間して設定する。

0025

例えば、領域設定部5dは、画像切出部5eにより既に切り出された複数の被写体切出領域Aの位置(例えば、左上画素等の基準位置)の座標をメモリ2から取得し、時間軸で隣り合う被写体切出領域Aどうしの位置座標間の距離の代表値(例えば、平均値等)を算出する。そして、領域設定部5dは、算出された代表値に基づいて所定の演算を行って、例えば、線形補間により新たな切出予定領域A0の位置やサイズを補間して設定するための線形補間条件を算出する。
ここで、複数の被写体切出領域Aのサイズが変位すると当該被写体切出領域Aの位置も変位することから、領域設定部5dは、時間軸で隣り合う被写体切出領域Aどうしの位置座標間の距離の代表値を利用して線形補間条件を算出しているが、例えば、複数の被写体切出領域Aのサイズの代表値を所定のサイズと比較した結果も利用して線形補間条件を算出しても良い。
なお、線形補間は、公知の技術であるので、ここでは詳細な説明を省略する。

0026

また、判定部5cにより処理対象となる一のフレーム画像Fから被写体Sが検出されたと判定された場合、領域設定部5dは、被写体検出部5bにより検出された被写体Sの位置座標を取得して、動画像を構成する一のフレーム画像Fよりも前の他のフレーム画像Fから画像切出部5eにより切り出された被写体切出領域Aの位置及びサイズの経時的な変化に基づいて、画像切出部5eにより一のフレーム画像Fから新たに切り出される切出予定領域A0を設定する。このとき、例えば、被写体検出部5bにより一のフレーム画像Fから一の被写体Sが検出された場合、領域設定部5dは、一の被写体Sの位置座標のx座標及びy座標の最大値及び最小値の差、つまり、x軸方向及びy軸方向の画素数0を被写体サイズとして算出する。そして、領域設定部5dは、被写体Sの位置座標の最小値と算出された被写体サイズから被写体領域Asを特定する。また、例えば、被写体検出部5bにより一のフレーム画像Fから複数の被写体S、…が検出された場合、領域設定部5dは、複数の被写体S、…の各々の位置座標をそれぞれ取得し、x座標及びy座標の最大値及び最小値の差を被写体サイズとして算出する。例えば、3つの被写体S、…が検出された場合、仮に、第1の被写体Sの位置座標(30,390)、第2の被写体Sの位置座標(100,50)、第3の被写体Sの位置座標(600,200)とすると、x座標の最大値が600、最小値が30となり、y座標の最大値が390、最小値が50となる。被写体サイズは、x軸方向の画素数が最大値600から最小値30を減算した570、y軸方向の画素数が最大値390から最小値50を減算した340となる。そして、領域設定部5dは、複数の被写体S、…の位置座標の最小値と算出された被写体サイズから被写体領域Asを特定する。
このとき、領域設定部5dは、撮像部3により被写体Sを撮像する際のブレを考慮して、重心を中心として外側にあそび領域を付加して被写体領域Asを設定しても良い。なお、付加されるあそび領域のサイズは、例えば、被写体領域Asの位置やサイズに応じて変化させても良いし、経験的に求められる一定のサイズであっても良い。

0027

そして、領域設定部5dは、特定された被写体領域As内に、一のフレーム画像F(例えば、二番目のフレーム画像N=2;図5(b)参照)よりも一つ前のフレーム画像F(例えば、最初のフレーム画像N=1;図5(a)参照)から切り出された被写体切出領域Aの重心(x軸方向及びy軸方向の中心)が存するか否かを判定する。ここで、被写体領域As内に、一つ前のフレーム画像Fから切り出された被写体切出領域Aの重心が存すると判定された場合には、領域設定部5dは、一つ前のフレーム画像Fから切り出された被写体切出領域Aの重心を、一のフレーム画像Fから新たに切り出される切出予定領域A0の重心として設定する。その一方で、被写体領域As内に、一つ前のフレーム画像Fから切り出された被写体切出領域Aの重心が存しないと判定された場合には、領域設定部5dは、線形補間条件に基づいて一のフレーム画像Fから新たに切り出される切出予定領域A0の重心を設定する。
なお、被写体領域Asにあそび領域が付加されている場合、領域設定部5dは、特定された被写体領域Asのあそび領域内に、一つ前のフレーム画像Fから切り出された被写体切出領域Aの重心が存するか否かを判定するようにしても良い。
また、上記の判定手法以外にも、領域設定部5dは、特定された被写体領域As内に、一つ前のフレーム画像Fから切り出された被写体切出領域A全体が存するか否かを判定するようにしても良い。

0028

また、領域設定部5dは、特定された被写体領域Asのサイズが一つ前のフレーム画像Fから切り出された被写体切出領域Aのサイズよりも大きいか否かを判定する。ここで、被写体領域Asのサイズが一つ前のフレーム画像Fから切り出された被写体切出領域Aのサイズよりも大きいと判定されると、領域設定部5dは、線形補間条件に基づいて、一のフレーム画像Fから新たに切り出される切出予定領域A0のサイズが一つ前のフレーム画像Fから切り出された被写体切出領域Aのサイズよりも大きくなるように設定する。その一方で、被写体領域Asのサイズが一つ前のフレーム画像Fから切り出された被写体切出領域Aのサイズよりも大きくないと判定されると、領域設定部5dは、線形補間条件に基づいて、一のフレーム画像Fから新たに切り出される切出予定領域A0のサイズが一つ前のフレーム画像Fから切り出された被写体切出領域Aのサイズ以下となるように設定する。
なお、被写体領域Asのサイズが一つ前のフレーム画像Fから切り出された被写体切出領域Aのサイズと同じと判定された場合には、領域設定部5dは、一のフレーム画像Fから新たに切り出される切出予定領域A0のサイズが一つ前のフレーム画像Fから切り出された被写体切出領域Aのサイズと同一となるように設定しても良い。

0029

一方、判定部5cにより処理対象となる一のフレーム画像Fから被写体Sが検出されなかったと判定された場合、領域設定部5dは、動画像を構成する一のフレーム画像Fよりも前の他のフレーム画像Fから画像切出部5eにより切り出された被写体切出領域Aの位置及びサイズの経時的な変化に基づいて、画像切出部5eにより一のフレーム画像Fから新たに切り出される切出予定領域A0を設定する。このとき、領域設定部5dは、予め指定された条件(例えば、ズームアウトの有無、ズーム倍率等)に従って設定される仮の切出予定領域A0のサイズに応じて、一のフレーム画像Fから切り出される新たな切出予定領域A0の重心やサイズを設定しても良い。

0030

なお、領域設定部5dは、動画像を構成する各フレーム画像Fから切り出される被写体切出領域Aの縦横比アスペクト比)が一定となるように切出予定領域A0を設定しても良い。例えば、縦横比が9:16の場合、領域設定部5dは、y軸方向の画素数を9で除算し、切り上げ用の定数(例えば、0.5等)を加算して四捨五入した値に9を乗算し、同様に、x軸方向の画素数を16で除算し、切り上げ用の定数(例えば、0.5等)を加算して四捨五入した値に16を乗算する。
また、設定される切出予定領域A0の重心がフレーム画像Fの端部(例えば、左端部等)に近いために、当該端部よりも外側に切出予定領域A0が設定されてしまう場合には、領域設定部5dは、切出予定領域A0の縦横比を保持したまま、切出予定領域A0をフレーム画像Fの端部から離れる方向に移動させて設定しても良い。

0031

また、領域設定部5dは、切出予定領域A0の設定に線形補間を用いるようにしたが、一例であってこれに限られるものではなく、たとえば、三次曲線補間などの他の補間手法を用いても良い。

0032

画像切出部(切り出し手段)5eは、動画像を構成する各フレーム画像Fから被写体検出部5bにより検出された被写体Sに対応する領域(被写体切出領域A)を切り出す。
すなわち、画像切出部5eは、処理対象となる一のフレーム画像Fから領域設定部5dにより設定された切出予定領域A0を被写体切出領域Aとして切り出す。
なお、被写体切出領域Aは、被写体検出部5bにより被写体Sが検出されなかった場合にも、領域設定部5dにより切出予定領域A0が設定されて切り出されるため、当該領域内に被写体Sが含まれている場合も含まれていない場合もある。

0033

画像記録部6は、例えば、不揮発性メモリフラッシュメモリ)等により構成されている。また、画像記録部6は、画像データ生成部4の符号化部(図示略)により所定の符号化方式で符号化された各種の画像の画像データを記録する。
具体的には、画像記録部6は、例えば、撮像部3により撮像された被写体Sの動画像の画像データや、当該動画像から切り出された被写体切出領域Aのトリミング動画像の画像データ等を記録する。

0034

なお、画像記録部6は、例えば、記録媒体(図示略)が着脱自在に構成され、装着された記録媒体からのデータの読み出しや記録媒体に対するデータの書き込みを制御する構成であっても良い。

0035

表示部7は、静止画像や動画像を表示する。具体的には、表示部7は、表示パネル7aと、表示制御部7bとを具備している。

0036

表示パネル7aは、表示領域内に画像を表示する。具体的には、表示部7は、静止画撮像モード動画撮像モードにて、撮像部3による被写体Sの撮像により生成された複数のフレーム画像F、…を所定の再生フレームレートで逐次更新しながら表示する。
なお、表示パネル7aとしては、例えば、液晶表示パネル有機EL表示パネルなどが挙げられるが、一例であってこれらに限られるものではない。

0037

表示制御部7bは、画像記録部6から読み出され画像処理部5により復号された所定サイズの画像データに基づいて、所定の画像を表示パネル7aの表示画面に表示させる制御を行う。具体的には、表示制御部7bは、VRAM(Video Random Access Memory)、VRAMコントローラデジタルビデオエンコーダなどを備えている。そして、デジタルビデオエンコーダは、画像処理部5により復号されてVRAM(図示略)に記憶されている輝度信号Y及び色差信号Cb,Crを、VRAMコントローラを介してVRAMから読み出して、これらのデータを元にビデオ信号を発生して表示パネル7aに出力する。

0038

操作入力部8は、装置本体に対して各種指示を入力するためのものである。
具体的には、操作入力部8は、例えば、モードや機能等の選択指示に係る上下左右カーソルボタンや決定ボタン等を具備する操作部(図示略)を備えている。
そして、ユーザにより操作部の各種ボタンが操作されると、操作入力部8は、操作されたボタンに応じた操作指示を中央制御部1に出力する。中央制御部1は、操作入力部8から出力され入力された操作指示に従って所定の動作(例えば、被写体Sの撮像等)を各部に実行させる。
なお、操作入力部8は、表示部7の表示パネル7aと一体となって設けられたタッチパネル(図示略)を有して構成されていても良い。

0039

<画像切り出し処理>
次に、画像切り出し処理について、図2図6を参照して説明する。
図2図4は、画像切り出し処理に係る動作の一例を示すフローチャートである。また、図5(a)〜図5(c)並びに図6(a)及び図6(b)は、フレーム番号N=1〜5のフレーム画像Fと被写体領域Asと被写体切出領域Aとの対応関係の一例を模式的に示す図である。
なお、図5(a)〜図5(c)並びに図6(a)及び図6(b)にあっては、切出予定領域A0及び被写体切出領域Aを一点鎖線で表し、被写体領域Asを二点鎖線で表すものとする。

0040

以下に説明する画像切り出し処理は、ユーザによる操作入力部8の所定操作に基づいて、メニュー画面(図示略)に表示された複数の動作モードの中から画像切り出しモードが選択指示された場合に実行される処理である。また、画像記録部6には、撮像部3により撮像された被写体Sの動画像の画像データが記録されているものとする。

0041

図2に示すように、先ず、画像処理部5の画像取得部5aは、画像記録部6から複数のフレーム画像F、…からなる動画像の画像データを取得する(ステップS1)。
次に、画像処理部5は、前回の被写体切出領域Aがあるか否かを判定する(ステップS2)。例えば、画像処理部5は、例えば、メモリ2の所定の格納領域に当該画像切り出し処理にて前回切り出された被写体切出領域Aの位置、サイズ、重心等の情報が格納されているか否かを判定する。
ここで、画像処理部5は、動画像の複数のフレーム画像F、…のうち、フレーム番号が最初(N=1)のフレーム画像F(図5(a)参照)を処理対象とする場合、未だ被写体切出領域Aの切り出しが行われていないため、前回の被写体切出領域Aはないと判定する。

0042

ステップS2にて、前回の被写体切出領域Aがないと判定されると(ステップS2;NO)、画像処理部5は、動画像の複数のフレーム画像F、…のうち、何れか一のフレーム画像F(例えば、最初のフレーム画像F等)を処理対象として指定する(ステップS3)。
続けて、被写体検出部5bは、処理対象として指定された一のフレーム画像Fの画像データに対して所定の被写体検出処理を行う(ステップS4)。この被写体検出処理では、例えば、被写体Sに取り付けられている光タグを利用して、フレーム画像F内から被写体Sを検出しても良い。

0043

次に、判定部5cは、処理対象のフレーム画像F内から被写体検出部5bにより被写体Sが検出されたか否かを判定する(ステップS5)。
ここで、被写体検出部5bにより被写体Sが検出されたと判定されると(ステップS5;YES)、領域設定部5dは、被写体検出部5bにより検出された被写体Sの位置、サイズに基づいて、例えば、被写体Sを中心として当該被写体Sを包含する程度のサイズで切出予定領域A0を設定する(ステップS6)。
一方、被写体検出部5bにより被写体Sが検出されていないと判定されると(ステップS5;NO)、領域設定部5dは、フレーム画像F全体を切出予定領域A0として設定する(ステップS7)。

0044

次に、画像切出部5eは、一のフレーム画像Fから領域設定部5dにより設定された切出予定領域A0を被写体切出領域Aとして切り出す(ステップS8)。そして、画像切出部5eは、切り出された被写体切出領域Aの位置、サイズ、重心等の情報をメモリ2に出力する。メモリ2の所定の格納領域には、フレーム画像Fのフレーム番号(N=1)と対応付けて、被写体切出領域Aの位置、サイズ、重心等の情報が格納される。

0045

次に、画像処理部5は、処理対象のフレーム画像Fが動画像を構成する複数のフレーム画像F、…のうち、最後のフレーム画像Fであるか否かを判定する(ステップS9)。
ここで、処理対象のフレーム画像Fが最後のフレーム画像Fでないと判定されると(ステップS9;NO)、画像処理部5は、処理をステップS2に戻し、上記と同様に、前回の被写体切出領域Aがあるか否かを判定する(ステップS2)。

0046

ステップS2にて、前回の被写体切出領域Aがあると判定されると(ステップS2;YES)、図3に示すように、画像処理部5は、メモリ2から前回切り出された被写体切出領域Aの位置、サイズ、重心等の情報を取得し(ステップS10)、動画像の複数のフレーム画像F、…のうち、次のフレーム番号のフレーム画像F(例えば、フレーム番号が二番目(N=2)のフレーム画像F;図5(b)参照等)を処理対象として指定する(ステップS11)。

0047

続けて、被写体検出部5bは、処理対象として指定された次のフレーム画像Fの画像データに対して所定の被写体検出処理を行う(ステップS12)。この被写体検出処理は、上記したステップS4における被写体検出処理と略同様である。
次に、判定部5cは、処理対象のフレーム画像F内から被写体検出部5bにより被写体Sが検出されたか否かを判定する(ステップS13)。

0048

ステップS13にて、被写体検出部5bにより被写体Sが検出されたと判定されると(ステップS13;YES)、領域設定部5dは、メモリ2に格納されている所定期間分の時間軸で隣り合う被写体切出領域Aどうしの位置座標間の距離の代表値(例えば、平均値等)を算出する(ステップS14)。なお、例えば、二番目のフレーム画像Fを処理対象とする場合、最初のフレーム画像Fから切り出された被写体切出領域Aの位置しかメモリ2に格納されていないため、当該最初のフレーム画像Fの被写体切出領域Aの位置と、被写体検出部5bにより処理対象のフレーム画像Fから検出された被写体Sの位置とを利用しても良い。
そして、領域設定部5dは、算出された被写体切出領域Aどうしの距離の代表値に基づいて所定の演算を行って、新たな切出予定領域A0の位置やサイズを補間して設定するための線形補間条件を算出する(ステップS15)。

0049

次に、領域設定部5dは、被写体検出部5bにより検出された被写体Sの位置座標のx座標及びy座標の最大値及び最小値に基づいて、被写体サイズを算出する(ステップS16)。例えば、領域設定部5dは、被写体検出部5bにより一の被写体Sが検出された場合には、当該一の被写体Sの位置座標のx座標及びy座標の最大値及び最小値の差を被写体サイズとして算出し、一方、複数の被写体S、…が検出された場合、複数の被写体S、…の位置座標をそれぞれ取得し、x座標及びy座標の最大値及び最小値の差を被写体サイズとして算出する。

0050

続けて、領域設定部5dは、算出された被写体サイズと被写体Sの位置座標の最小値とから被写体領域Asの重心を特定し、その重心を中心としたあそび領域を付加して被写体領域Asを特定する(ステップS17)。
次に、領域設定部5dは、特定された被写体領域Asのあそび領域内に前回の被写体切出領域Aの重心が存するか否かを判定する(ステップS18)。

0051

ステップS18にて、あそび領域内に前回の被写体切出領域Aの重心が存すると判定されると(ステップS18;YES)、領域設定部5dは、前回の被写体切出領域Aの重心を処理対象のフレーム画像Fから新たに切り出される切出予定領域A0の重心として設定する(ステップS19)。
一方、あそび領域内に前回の被写体切出領域Aの重心が存しないと判定されると(ステップS18;NO)、領域設定部5dは、ステップS15にて算出された線形補間条件に基づいて、処理対象のフレーム画像Fから新たに切り出される切出予定領域A0の重心を設定する(ステップS20)。

0052

その後、領域設定部5dは、被写体検出部5bにより検出された被写体Sの数に応じて、例えば、被写体Sの数が多いほど大きくなるように被写体領域Asのサイズを調整する(ステップS21)。
そして、領域設定部5dは、サイズ調整後の被写体領域Asのサイズが前回の被写体切出領域Aのサイズよりも大きいか否かを判定する(ステップS22)。

0053

ステップS22にて、被写体領域Asのサイズが前回の被写体切出領域Aのサイズよりも大きいと判定されると(ステップS22;YES)、領域設定部5dは、ステップS15にて算出された線形補間条件に基づいて、処理対象のフレーム画像Fから新たに切り出される切出予定領域A0のサイズが前回の被写体切出領域Aのサイズよりも大きくなるように設定する(ステップS23)。
一方、被写体領域Asのサイズが前回の被写体切出領域Aのサイズよりも大きくないと判定されると(ステップS22;NO)、領域設定部5dは、ステップS15にて算出された線形補間条件に基づいて、処理対象のフレーム画像Fから新たに切り出される切出予定領域A0のサイズが前回の被写体切出領域Aのサイズ以下となるように設定する(ステップS24)。

0054

次に、領域設定部5dは、設定された切出予定領域A0の重心及びサイズから当該切出予定領域A0の位置(例えば、左上画素等の基準位置)を特定する(ステップS25)。
画像切出部5eは、処理対象のフレーム画像Fから領域設定部5dにより設定された切出予定領域A0を被写体切出領域Aとして切り出す(ステップS26)。そして、画像切出部5eは、上記ステップS8と同様に、切り出された被写体切出領域Aの位置、サイズ、重心等の情報をメモリ2に出力する。メモリ2の所定の格納領域には、フレーム画像Fのフレーム番号(N=2)と対応付けて、被写体切出領域Aの位置、サイズ、重心等の情報が格納される。

0055

その後、図2に示すように、画像処理部5は、処理をステップS9に戻し、上記と同様に、処理対象のフレーム画像Fが動画像を構成する複数のフレーム画像F、…のうち、最後のフレーム画像Fであるか否かを判定する(ステップS9)。
ここで、処理対象のフレーム画像Fが最後のフレーム画像Fでないと判定されると(ステップS9;NO)、画像処理部5は、処理をステップS2に戻し、上記と同様に、前回の被写体切出領域Aがあるか否かを判定する(ステップS2)。

0056

上記の各処理は、ステップS9にて、処理対象のフレーム画像Fが動画像を構成する複数のフレーム画像F、…のうち、最後のフレーム画像Fであると判定(ステップS9;YES)されるまで繰り返し実行される。
例えば、図5(a)〜図5(c)並びに図6(a)及び図6(b)に示すように、フレーム番号N=1の最初のフレーム画像F及び次のフレーム番号N=2のフレーム画像Fで一の被写体Sが検出され、三番目のフレーム番号N=3のフレーム画像Fで二つの被写体S、Sが検出された場合であっても、被写体切出領域A(切出予定領域A0)の位置及びサイズは、三番目のフレーム番号N=3のフレーム画像Fで急激に変化するのではなく、既に切り出された被写体切出領域Aの位置及びサイズの経時的な変化を考慮して補間して設定される(図5(c)参照)。つまり、処理対象のフレーム画像Fで被写体領域Asの位置やサイズが急激に変化しても、当該フレーム画像Fから実際に切り出される被写体切出領域Aの位置やサイズは隣り合うフレーム画像F間で緩やかに変化していくこととなる(図5(b)〜図6(b)参照)。

0057

一方、ステップS13にて、被写体検出部5bにより被写体Sが検出されていないと判定されると(ステップS13;NO)、画像処理部5は、予め指定された条件に従ってズームアウトするか否かを判定する(ステップS27)。
ここで、ズームアウトしないと判定されると(ステップS27;NO)、領域設定部5dは、前回設定された切出予定領域A0の位置、サイズを処理対象のフレーム画像Fから新たに切り出される切出予定領域A0の位置、サイズとして設定する(ステップS28)。
その後、画像処理部5は、処理をステップS26に移行して、それ以降の各処理を実行する。すなわち、ステップS26にて、画像切出部5eは、処理対象のフレーム画像Fから領域設定部5dにより設定された切出予定領域A0を被写体切出領域Aとして切り出す。

0058

一方、ステップS27にて、ズームアウトすると判定されると(ステップS27;YES)、画像処理部5は、前回切り出された被写体切出領域Aのサイズが縦横それぞれを2倍となるようにズームした2倍ズームサイズ面積比で1/4)以上であるか否かを判定する(ステップS29)。

0059

ステップS29にて、前回切り出された被写体切出領域Aのサイズが2倍ズームサイズ以上であると判定されると(ステップS29;YES)、領域設定部5dは、処理対象のフレーム画像Fから新たに切り出される切出予定領域A0の目標サイズとして、2倍ズームサイズを設定する(ステップS30)。続けて、領域設定部5dは、前回の被写体切出領域Aの重心を処理対象のフレーム画像Fから新たに切り出される切出予定領域A0の重心として設定する(ステップS31)。
その後、画像処理部5は、処理をステップS23に移行して、それ以降の各処理を実行する。すなわち、ステップS23にて、領域設定部5dは、ステップS15にて算出された線形補間条件に基づいて、処理対象のフレーム画像Fから新たに切り出される切出予定領域A0のサイズが前回の被写体切出領域Aのサイズよりも大きくなるように設定し、ステップS25にて、設定された切出予定領域A0の重心及びサイズから当該切出予定領域A0の位置を特定する。
そして、ステップS26にて、画像切出部5eは、処理対象のフレーム画像Fから領域設定部5dにより設定された切出予定領域A0を被写体切出領域Aとして切り出す。

0060

一方、ステップS29にて、前回切り出された被写体切出領域Aのサイズが2倍ズームサイズ以上でないと判定されると(ステップS29;NO)、画像処理部5は、予め指定された条件に従ってフレーム画像F全体までズームアウトするか否かを判定する(ステップS32)。
ここで、フレーム画像F全体までズームアウトすると判定されると(ステップS32;YES)、画像処理部5は、前回切り出された被写体切出領域Aのサイズがフレーム画像F全体のサイズよりも小さいか否かを判定する(ステップS33)。

0061

ステップS33にて、前回切り出された被写体切出領域Aのサイズがフレーム画像F全体のサイズよりも小さいと判定されると(ステップS33;YES)、領域設定部5dは、処理対象のフレーム画像Fから新たに切り出される切出予定領域A0の目標サイズとして、フレーム画像F全体のサイズを設定する(ステップS34)。続けて、領域設定部5dは、フレーム画像F全体の重心を新たに切り出される切出予定領域A0の目標重心とし、ステップS15にて算出された線形補間条件に基づいて、処理対象のフレーム画像Fから新たに切り出される切出予定領域A0の重心を設定する(ステップS35)。
その後、画像処理部5は、処理をステップS23に移行して、それ以降の各処理を実行する。すなわち、ステップS23にて、領域設定部5dは、ステップS15にて算出された線形補間条件に基づいて、処理対象のフレーム画像Fから新たに切り出される切出予定領域A0のサイズが前回の被写体切出領域Aのサイズよりも大きくなるように設定し、ステップS25にて、設定された切出予定領域A0の重心及びサイズから当該切出予定領域A0の位置を特定する。
そして、ステップS26にて、画像切出部5eは、処理対象のフレーム画像Fから領域設定部5dにより設定された切出予定領域A0を被写体切出領域Aとして切り出す。

0062

一方、ステップS32にて、フレーム画像F全体までズームアウトしないと判定されるか(ステップS32;NO)、或いは、ステップS33にて、前回切り出された被写体切出領域Aのサイズがフレーム画像F全体のサイズよりも小さくないと判定されると(ステップS33;NO)、画像処理部5は、処理をステップS28に移行して、それ以降の各処理を実行する。すなわち、ステップS28にて、領域設定部5dは、前回設定された切出予定領域A0の位置、サイズを処理対象のフレーム画像Fから新たに切り出される切出予定領域A0の位置、サイズとして設定する。
その後、画像処理部5は、処理をステップS26に移行して、それ以降の各処理を実行する。すなわち、ステップS26にて、画像切出部5eは、処理対象のフレーム画像Fから領域設定部5dにより設定された切出予定領域A0を被写体切出領域Aとして切り出す。

0063

各フレーム画像Fから切り出された被写体切出領域Aの画像データは、処理対象のフレーム画像Fのフレーム番号と対応付けて画像記録部6に出力され、当該動画像から切り出された被写体切出領域Aのトリミング動画像の画像データとして記録される。

0064

以上のように、本実施形態の撮像装置100によれば、既に切り出された被写体切出領域Aの位置及びサイズに基づいて、処理対象のフレーム画像Fから新たに切り出される切出予定領域A0を設定するので、処理対象のフレーム画像Fよりも前のフレーム画像Fから切り出された被写体切出領域Aの位置及びサイズを考慮して処理対象のフレーム画像Fから被写体切出領域Aを切り出すことができる。すなわち、例えば、動画像内から検出される被写体Sの数、位置、サイズ等が急激に変化した場合であっても、既に切り出された被写体切出領域Aの位置やサイズの経時的な変化を考慮して切出予定領域A0の位置やサイズを補間して設定することができ、実際に切り出される被写体切出領域Aの位置やサイズを隣り合うフレーム画像F間で緩やかに変化させることができる。特に、動画像内から検出される被写体Sを追尾対象として被写体切出領域Aを切り出す場合に、当該被写体Sをより自然な構図で捉えた動画像を生成することができる。
このように、動画像から被写体Sに対応する被写体切出領域Aを適正に切り出すことができる。

0065

また、処理対象のフレーム画像Fから被写体Sが検出された場合には、検出された被写体Sの位置及びサイズと、処理対象のフレーム画像Fよりも前の他のフレーム画像Fから切り出された被写体切出領域Aの位置及びサイズとに基づいて、処理対象のフレーム画像Fから新たに切り出される切出予定領域A0を設定するので、処理対象のフレーム画像Fよりも前のフレーム画像Fから切り出された被写体切出領域Aの位置及びサイズだけでなく、処理対象のフレーム画像Fから検出された被写体Sの位置及びサイズも考慮して、切出予定領域A0を設定することができ、当該処理対象のフレーム画像Fから被写体切出領域Aを適正に切り出すことができる。
特に、処理対象のフレーム画像Fから被写体Sが複数検出された場合に、検出された複数の被写体S、…の位置及びサイズを考慮することで、動画像内から検出される被写体Sの数が急激に変化しても、実際に切り出される被写体切出領域Aの位置やサイズを隣り合うフレーム画像F間で緩やかに変化させることができる。
さらに、処理対象となるフレーム画像Fから被写体Sが検出されなかった場合であっても処理対象のフレーム画像Fよりも前の他のフレーム画像Fから切り出された被写体切出領域Aの位置及びサイズに基づいて、処理対象のフレーム画像Fから新たに切り出される切出予定領域A0を設定するので、被写体Sが含まれていない被写体切出領域Aを切り出す場合にも、当該被写体切出領域Aの位置やサイズを隣り合うフレーム画像F間で緩やかに変化させることができる。

0066

また、動画像内で被写体Sの可視光の発光(例えば、光タグの発光等)を検出するので、当該発光を利用して被写体Sの検出を適正に行うことができる。これにより、動画像内での被写体Sの追尾をより適正に行うことができる。

0067

なお、本発明は、上記実施形態に限定されることなく、本発明の趣旨を逸脱しない範囲において、種々の改良並びに設計の変更を行っても良い。
例えば、上記実施形態では、既に切り出された被写体切出領域Aの位置及びサイズに基づいて、新たに切り出される切出予定領域A0を設定するようにしたが、一例であってこれに限られるものではなく、例えば、被写体切出領域Aの位置及びサイズの何れか一方を考慮して切出予定領域A0を設定しても良い。

0068

さらに、撮像装置100の構成は、上記実施形態に例示したものは一例であり、これに限られるものではない。さらに、画像処理装置として、撮像装置100を例示したが、これに限られるものではない。

0069

加えて、上記実施形態にあっては、検出手段、切り出し手段、設定手段としての機能を、中央制御部1の制御下にて、被写体検出部5b、画像切出部5e、領域設定部5dが駆動することにより実現される構成としたが、これに限られるものではなく、中央制御部1のCPUによって所定のプログラム等が実行されることにより実現される構成としても良い。
即ち、プログラムを記憶するプログラムメモリ(図示略)に、検出処理ルーチン切り出し処理ルーチン、設定処理ルーチンを含むプログラムを記憶しておく。そして、検出処理ルーチンにより中央制御部1のCPUを、動画像内で被写体Sを検出する手段として機能させるようにしても良い。また、切り出し処理ルーチンにより中央制御部1のCPUを、動画像を構成する各フレーム画像Fから検出された被写体Sに対応する被写体切出領域Aを切り出す手段として機能させるようにしても良い。また、設定処理ルーチンにより中央制御部1のCPUを、既に切り出された被写体切出領域Aの位置及びサイズのうちの少なくとも一方に基づいて、新たに切り出される切出予定領域A0を設定する手段として機能させるようにしても良い。

0070

同様に、判定手段についても、中央制御部1のCPUによって所定のプログラム等が実行されることにより実現される構成としても良い。

0071

さらに、上記の各処理を実行するためのプログラムを格納したコンピュータ読み取り可能な媒体として、ROMやハードディスク等の他、フラッシュメモリ等の不揮発性メモリ、CD−ROM等の可搬型記録媒体を適用することも可能である。また、プログラムのデータを所定の通信回線を介して提供する媒体としては、キャリアウェーブ(搬送波)も適用される。

0072

本発明のいくつかの実施形態を説明したが、本発明の範囲は、上述の実施の形態に限定するものではなく、特許請求の範囲に記載された発明の範囲とその均等の範囲を含む。
以下に、この出願の願書に最初に添付した特許請求の範囲に記載した発明を付記する。付記に記載した請求項の項番は、この出願の願書に最初に添付した特許請求の範囲の通りである。
〔付記〕
<請求項1>
動画像内で被写体を検出する検出手段と、
前記動画像を構成する各フレーム画像から前記検出手段により検出された前記被写体に対応する領域を切り出す切り出し手段と、
前記切り出し手段により既に切り出された前記被写体に対応する領域の位置及びサイズのうちの少なくとも一方に基づいて、当該切り出し手段により新たに切り出される切出予定領域を設定する設定手段と、
を備えたことを特徴とする画像処理装置。
<請求項2>
前記設定手段は、
前記切り出し手段により既に切り出された前記被写体に対応する領域の位置の経時的な変化に基づいて、前記切出予定領域の位置を補間して設定することを特徴とする請求項1に記載の画像処理装置。
<請求項3>
前記設定手段は、
前記切り出し手段により既に切り出された前記被写体に対応する領域のサイズの経時的な変化に基づいて、前記切出予定領域のサイズを補間して設定することを特徴とする請求項1に記載の画像処理装置。
<請求項4>
前記設定手段は、
前記検出手段により検出された前記被写体に対応する領域と、前記切り出し手段により既に切り出された前記被写体に対応する領域の位置及びサイズの経時的な変化に基づいて、前記切出予定領域を設定することを特徴とする請求項1〜3の何れか一項に記載の画像処理装置。
<請求項5>
前記動画像を構成する一のフレーム画像から前記検出手段により前記被写体が検出されたか否かを判定する判定手段を更に備え、
前記設定手段は、
前記判定手段により前記被写体が検出されたと判定された場合に、前記一のフレーム画像から前記検出手段により検出された前記被写体の位置及びサイズと、前記動画像を構成する前記一のフレーム画像よりも前の他のフレーム画像から前記切り出し手段により切り出された前記被写体に対応する領域の位置及びサイズとに基づいて、当該切り出し手段により前記一のフレーム画像から新たに切り出される切出予定領域を設定することを特徴とする請求項1〜4の何れか一項に記載の画像処理装置。
<請求項6>
前記設定手段は、
前記検出手段により前記被写体が複数検出された場合に、前記一のフレーム画像から前記検出手段により検出された前記複数の被写体の位置及びサイズと、前記他のフレーム画像から前記切り出し手段により切り出された前記被写体に対応する領域の位置及びサイズとに基づいて、前記切出予定領域を設定することを特徴とする請求項5に記載の画像処理装置。
<請求項7>
前記設定手段は、更に、
前記判定手段により前記被写体が検出されなかったと判定された場合に、前記他のフレーム画像から前記切り出し手段により切り出された前記被写体に対応する領域の位置及びサイズに基づいて、前記切出予定領域を設定することを特徴とする請求項5又は6に記載の画像処理装置。
<請求項8>
前記被写体は、前記動画像内で追尾対象の被写体を含むことを特徴とする請求項1〜7の何れか一項に記載の画像処理装置。
<請求項9>
前記検出手段は、更に、前記動画像内で前記被写体の可視光の発光を検出することを特徴とする請求項1〜8の何れか一項に記載の画像処理装置。
<請求項10>
画像処理装置を用いた画像処理方法であって、
動画像内で被写体を検出するステップと、
前記動画像を構成する各フレーム画像から検出された前記被写体に対応する領域を切り出すステップと、
既に切り出された前記被写体に対応する領域の位置及びサイズのうちの少なくとも一方に基づいて、新たに切り出される切出予定領域を設定するステップと、
を含むことを特徴とする画像処理方法。
<請求項11>
画像処理装置のコンピュータを、
動画像内で被写体を検出する検出手段、
前記動画像を構成する各フレーム画像から前記検出手段により検出された前記被写体に対応する領域を切り出す切り出し手段、
前記切り出し手段により既に切り出された前記被写体に対応する領域の位置及びサイズのうちの少なくとも一方に基づいて、当該切り出し手段により新たに切り出される切出予定領域を設定する設定手段、
として機能させることを特徴とするプログラム。

0073

100撮像装置
1中央制御部
5b被写体検出部
5c 判定部
5d領域設定部
5e 画像切出部
Fフレーム画像
As被写体領域
A0 切出予定領域
A 被写体切出領域

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 富士フイルム株式会社の「 撮像装置、撮像用制御方法、及びプログラム」が 公開されました。( 2019/08/08)

    【課題・解決手段】撮像装置は、被写体を示す反射光を被写体像として受光する撮像素子と、装置に与えられた振動を検出する検出部による検出結果に基づいて、振動が被写体像に対して与える影響を抑制する本体側抑制部... 詳細

  • 新生環境株式会社の「 自己行動記録カメラ」が 公開されました。( 2019/07/25)

    【課題】簡単な構成で痴漢冤罪等の証拠を立証可能な自己行動記録カメラを提供することにある。【解決手段】人の首にかける首掛け部と、首掛け部を首にかけた状態で手に持たないでその人の首から下の体周辺の領域を撮... 詳細

  • ライフログテクノロジー株式会社の「 食事管理システム」が 公開されました。( 2019/07/25)

    【課題】食事管理における利用者利便性の向上を図る。【解決手段】本発明に係る食事管理システムは、ユーザ端末のアプリケーションプログラムと、サーバ装置とを含み、アプリケーションプログラムは、コンピュータを... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ