図面 (/)

技術 車両用ドラムブレーキ

出願人 日信工業株式会社
発明者 宮田未幸
出願日 2015年3月12日 (4年8ヶ月経過) 出願番号 2015-049020
公開日 2016年9月23日 (3年1ヶ月経過) 公開番号 2016-169780
状態 特許登録済
技術分野 ブレーキ装置
主要キーワード 縮径位置 両ウェブ 懸架部材 アンカーブロック 自動調整装置 アジャストレバー トレーディング 制動間隙
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年9月23日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

パーキングレバー特定箇所に集中して掛かる応力を分散し、パーキングレバーの板厚を厚くすることなく強度を高めることができる車両用ドラムブレーキを提供する。

解決手段

バックプレート2の内部側に、基端部を回動中心として先端側が拡開可能な状態で一対の第1ブレーキシュー3と第2ブレーキシュー4とを対向配置し、第1ブレーキシュー3の先端拡開側とパーキングレバー7の一端とを支軸8にて回動可能に連結し、パーキングレバー7の他端にブレーキケーブル9を連結する。パーキングレバー7は、バックプレート側に突出するとともに、バックプレート内周側端面からバックプレート外周側に向けて凸となる円弧状に形成された補強リブ7dを備え、補強リブ7d内に、作動時に応力が集中する応力集中部P2が設けられる。

概要

背景

従来、車両用ドラムブレーキでは、車体に固設されるバックプレートの内部側に、基端部を回動中心として先端側が拡開可能な状態で一対のブレーキシュー対向配置し、一方のブレーキシューの先端拡開側とパーキングレバーの一端とを支軸にて回動可能に連結し、パーキングレバーの他端に牽引手段を連結したものがあり、該牽引手段を牽引することによりパーキングレバーを介して一対のブレーキシューを拡開させ、ブレーキシューのライニングブレーキドラム摺接させて制動するものがあった(例えば、特許文献1及び2参照。)。

概要

パーキングレバーの特定箇所に集中して掛かる応力を分散し、パーキングレバーの板厚を厚くすることなく強度を高めることができる車両用ドラムブレーキを提供する。バックプレート2の内部側に、基端部を回動中心として先端側が拡開可能な状態で一対の第1ブレーキシュー3と第2ブレーキシュー4とを対向配置し、第1ブレーキシュー3の先端拡開側とパーキングレバー7の一端とを支軸8にて回動可能に連結し、パーキングレバー7の他端にブレーキケーブル9を連結する。パーキングレバー7は、バックプレート側に突出するとともに、バックプレート内周側端面からバックプレート外周側に向けて凸となる円弧状に形成された補強リブ7dを備え、補強リブ7d内に、作動時に応力が集中する応力集中部P2が設けられる。

目的

本発明は、パーキングレバーの特定箇所に集中して掛かる応力を分散し、パーキングレバーの板厚を厚くすることなく強度を高めることができる車両用ドラムブレーキを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

車体に固設されるバックプレートの内部側に、基端部を回動中心として先端側が拡開可能な状態で一対の第1ブレーキシューと第2ブレーキシューとを対向配置し、第1ブレーキシューの先端拡開側とパーキングレバーの一端とを支軸にて回動可能に連結し、該パーキングレバーの他端に牽引手段を連結した車両用ドラムブレーキにおいて、前記パーキングレバーは、バックプレート側に突出するとともに、バックプレート内周側端面からバックプレート外周側に向けて凸となる円弧状に形成された補強リブを備え、該補強リブ内に、作動時に応力が集中する応力集中部が設けられることを特徴とする車両用ドラムブレーキ。

請求項2

前記第1ブレーキシューと第2ブレーキシューとは、シューホールドピンシューホールドスプリングとによって前記バックプレートにそれぞれ弾持され、前記パーキングレバーは、前記シューホールドスプリングとの干渉を避けるために設けられた凹部に、前記応力集中部を有していることを特徴とする請求項1記載の車両用ドラムブレーキ。

請求項3

前記パーキングレバーの前記支軸よりも牽引手段連結側と、前記第2ブレーキシューの先端拡開側との間には懸架部材が配置され、前記補強リブは、前記懸架部材の前記パーキングレバーと当接する第1当接点と前記第2ブレーキシューと当接する第2当接点とを繋ぐ長手方向の中心線と直交し、且つ、前記第1当接点を通る第1仮想線と、該第1仮想線と直交し、且つ、前記応力集中部を通る第2仮想線との交点を中心とした円弧状に形成されることを特徴とする請求項1又は2記載の車両用ドラムブレーキ。

技術分野

0001

本発明は、自動車自動二輪車等の車両に用いる内拡式の車両用ドラムブレーキに関し、詳しくは、ブレーキケーブル等の牽引手段によって牽引されて、バックプレートの内部側に配置された一対のブレーキシュー拡開させるパーキングレバーの構造に関する。

背景技術

0002

従来、車両用ドラムブレーキでは、車体に固設されるバックプレートの内部側に、基端部を回動中心として先端側が拡開可能な状態で一対のブレーキシューを対向配置し、一方のブレーキシューの先端拡開側とパーキングレバーの一端とを支軸にて回動可能に連結し、パーキングレバーの他端に牽引手段を連結したものがあり、該牽引手段を牽引することによりパーキングレバーを介して一対のブレーキシューを拡開させ、ブレーキシューのライニングブレーキドラム摺接させて制動するものがあった(例えば、特許文献1及び2参照。)。

先行技術

0003

特開2011−12763号公報
特開2006−46385号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかし、上述の特許文献1及び2に示されるパーキングレバーは、ブレーキシューの円弧に沿って略円弧状に形成され、作動時には外周側に引張り応力が、内周側に圧縮応力がそれぞれ掛かり、また、作動時に他の部品干渉しないように、外周側には凹部が設けられていることから、応力が集中する箇所があった。このため、パーキングレバーの強度を高めることが望まれているが、パーキングレバーの断面係数を上げるために板厚を厚くすると重量が嵩むとともに、製造コストも上昇する虞があった。

0005

そこで本発明は、パーキングレバーの特定箇所に集中して掛かる応力を分散し、パーキングレバーの板厚を厚くすることなく強度を高めることができる車両用ドラムブレーキを提供することを目的としている。

課題を解決するための手段

0006

上記目的を達成するため、本発明の車両用ドラムブレーキは、車体に固設されるバックプレートの内部側に、基端部を回動中心として先端側が拡開可能な状態で一対の第1ブレーキシューと第2ブレーキシューとを対向配置し、第1ブレーキシューの先端拡開側とパーキングレバーの一端とを支軸にて回動可能に連結し、該パーキングレバーの他端に牽引手段を連結した車両用ドラムブレーキにおいて、前記パーキングレバーは、バックプレート側に突出するとともに、バックプレート内周側端面からバックプレート外周側に向けて凸となる円弧状に形成された補強リブを備え、該補強リブ内に、作動時に応力が集中する応力集中部が設けられることを特徴としている。

0007

また、前記第1ブレーキシューと第2ブレーキシューとは、シューホールドピンシューホールドスプリングとによって前記バックプレートにそれぞれ弾持され、前記パーキングレバーは、前記シューホールドスプリングとの干渉を避けるために設けられた凹部に、前記応力集中部を有していると好ましい。さらに、前記パーキングレバーの前記支軸よりも牽引手段連結側と、前記第2ブレーキシューの先端拡開側との間には懸架部材が配置され、前記補強リブは、前記懸架部材の前記パーキングレバーと当接する第1当接点と前記第2ブレーキシューと当接する第2当接点とを繋ぐ長手方向の中心線と直交し、且つ、前記第1当接点を通る第1仮想線と、該第1仮想線と直交し、且つ、前記応力集中部を通る第2仮想線との交点を中心とした円弧状に形成されると好適である。

発明の効果

0008

本発明の車両用ドラムブレーキによれば、パーキングレバー作動時に応力が集中する応力集中部及び、応力集中部の周辺部の断面係数を上げて応力を分散させ、パーキングレバーの板厚を厚くすることなく強度を上げることができる。

0009

また、一対のブレーキシューは、シューホールドピンとシューホールドスプリングとによってバックプレートにそれぞれ弾持され、パーキングレバーはシューホールドスプリングとの干渉を避けるために設けられた凹部に応力集中部を有していることにより、パーキングブレーキの作動を良好に維持しながら応力を分散させ、板厚を厚くすることなくパーキングレバーの強度の向上を図ることができる。

0010

さらに、パーキングレバーの支軸よりも牽引手段連結側と、第2ブレーキシューの先端拡開側との間には懸架部材が配置され、補強リブは、懸架部材のパーキングレバーと当接する第1当接点と第2ブレーキシューと当接する第2当接点とを繋ぐ長手方向の中心線と直交し、且つ、第1当接点を通る第1仮想線と、第1仮想線と直交し、且つ、応力集中部を通る第2仮想線との交点を中心とした円弧状に形成されることにより、応力集中部の周辺部の断面係数を緩やかに変化させることができ、応力を良好に分散させることができ、パーキングレバーの強度を上げることができる。

図面の簡単な説明

0011

本発明の一形態例を示す車両用ドラムブレーキの正面図である。
図1のII−II断面図である。
本発明の一形態例を示すパーキングレバーの正面図である。
図3のIV−IV断面図である。

実施例

0012

図1乃至図4は本発明の車両用ドラムブレーキの一形態例を示す図である。この車両用ドラムブレーキ1は、車体に固設されるバックプレート2の内面側の一対の第1ブレーキシュー3と第2ブレーキシュー4とを配置し、両ブレーキシュー3,4の一端をホイルシリンダ5のピストンに、他端をアンカー6にそれぞれ当接させている。

0013

この車両用ドラムブレーキ1は、第1ブレーキシュー3と第2ブレーキシュー4とをバックプレート2の半径方向外側へ拡開して、外周のライニング3a,4aをブレーキドラムに摺動させて制動するリーディングトレーディングタイプで、第1ブレーキシュー3には、パーキングレバー7の一端が支軸8にて枢支され、該パーキングレバー7の他端には、パーキングレバー7を牽引するためのブレーキケーブル9が連結されている。

0014

第1ブレーキシュー3及び第2ブレーキシュー4は、それぞれバックプレート2と平行に配置されるウェブ3b,4bと、該ウェブ3b,4bの外縁に交差方向に固設されるリム3c,4cと、このリム3c,4cの外周面に貼着される前記ライニング3a,4aとから成っている。さらに、第1ブレーキシュー3と第2ブレーキシュー4とは、ウェブ3b,4bの略中間部がシューホールドピン10とシューホールドスプリング11とによってバックプレート2にそれぞれ弾持されている。また、両ウェブ3b,4bの間には、ホイルシリンダ5の内側とアンカー6の外側とにシュー戻しばね12,13が張設されていて、双方のブレーキシュー3,4を常時縮径方向へ付勢しており、さらに、ホイルシリンダ側のシュー戻しばね12のバックプレート中心側には、制動間隙自動調整装置14が配置されている。

0015

制動間隙自動調整装置14は、周知の構造を備えたもので、第2ブレーキシュー4に支軸15にて回動可能に軸支されるアジャストレバー16と、該アジャストレバー16とウェブ4bの他端部側に設けられるアジャストスプリング17と、第1ブレーキシュー3のウェブ3bとパーキングレバー7とに一端を嵌合し、第2ブレーキシュー4のウェブ4bとアジャストレバー16の基端側とに他端を嵌合するコネクティングロッド18(本発明の懸架部材)とを備えている。コネクティングロッド18は中間部にアジャストギア18aを備え、該アジャストギア18aにアジャストレバー16の爪片係合した構成となっており、制動間隙が所定量以上広がった場合に、アジャストレバー16の回動により、アジャストギア18aを爪片で一方向へ回転させてコネクティングロッド18を伸長させ、バックプレート2の半径方向外側に拡開した第1ブレーキシュー3及び第2ブレーキシュー4の縮径位置を外側に規制することにより、制動間隙を自動的に調整するようにしている。

0016

アンカー6は、バックプレート2を内側に突出させて形成したアンカー部に直方体形状のアンカーブロック6aをリベット19,19で固着して形成されている。また、アンカーブロック6aのバックプレート中心側には、ブレーキケーブル9を案内するケーブルガイド20が設けられている。

0017

パーキングレバー7は、ウェブ3bのバックプレート側に、ウェブ3bに沿って配置され、一端側に支軸8の挿通孔7aが、他端側にブレーキケーブル9の連結部7bがそれぞれ形成されている。パーキングレバー7は、プレスによる打ち抜き加工で形成され、一端側はウェブ3bの湾曲に沿って湾曲して形成され、一端側のバックプレート内周側には、コネクティングロッド18との当接部P1が設けられている。また、パーキングレバー7の中間位置のバックプレート外周側には、シューホールドスプリング11との干渉を避けるために凹部7cが形成され、該凹部7cに、作動時に応力が集中する応力集中部P2が設けられる。

0018

また、パーキングレバー7の中間部には、バックプレート2側に突出するとともに、バックプレート内周側端面からバックプレート外周側に向けて凸となる円弧状に形成された補強リブ7dが形成され、該補強リブ7d内に、前記応力集中部P2が設けられている。補強リブ7dは、パーキングレバー7を打ち抜き加工する際に、同時にプレス加工して形成されるもので、コネクティングロッド18のパーキングレバー7と当接する第1当接点P1と第2ブレーキシュー4と当接する第2当接点P3とを繋ぐ長手方向の中心線CL1と直交し、且つ、第1当接点P1を通る第1仮想線L1と、該第1仮想線L1と直交し、且つ、応力集中部P2を通る第2仮想線L2との交点P4を中心とした円弧状に形成される。

0019

上述のように形成された本形態例の車両用ドラムブレーキ1は、ブレーキケーブル9を牽引するとブレーキケーブル9がケーブルガイド20にガイドされながらスライドして、パーキングレバー7を牽引する。パーキングレバー7は、支軸8を支点に回動し、コネクティングロッド18を第2ブレーキシュー4側へ押動し、第2ブレーキシュー4をアンカー6を支点に拡開し、ライニング4aをブレーキドラムに摺接させる。さらに、ブレーキケーブル9を牽引すると、反作用によりパーキングレバー7が回動支点をコネクティングロッド18との第1当接点P1に換えて回動し、第1ブレーキシュー3をアンカー6を支点に拡開させ、ライニング3aをブレーキドラムに摺接させて制動する。

0020

このとき、パーキングレバー7の外周側に引張り応力が、内周側に圧縮応力がそれぞれ掛かり、凹部7cに設けられた応力集中部P2に応力が集中するが、応力集中部P2が補強リブ7d内に設けられていることから、応力集中部P2及び、応力集中部P2の周辺部の断面係数を上げて応力を分散させることができる。これにより、パーキングレバー7の板厚を厚くすることなく強度を上げることができる。

0021

さらに、補強リブ7dは、コネクティングロッド18のパーキングレバー7と当接する第1当接点P1と第2ブレーキシュー4と当接する第2当接点P3とを繋ぐ長手方向の中心線CL1と直交し、且つ、第1当接点P1を通る第1仮想線L1と、該第1仮想線L1と直交し、且つ、応力集中部P2を通る第2仮想線L2との交点P4を中心とした円弧状に形成されることにより、応力集中部P2の周辺部の断面係数を緩やかに変化させることができ、応力を良好に分散させることができる。

0022

なお、本発明は上述の形態例に限るものではなく、制動間隙自動調整装置を備えずに、パーキングレバーと第1ブレーキシューの拡開側との間に、懸架部材としてストラットを配設したものでもよい。また、リーディング・トレーディングタイプのドラムブレーキに限らず、デュオサーボタイプやカム式のドラムブレーキ等、パーキングレバーを備えたどのようなタイプのドラムブレーキにも適用することができる。

0023

1…車両用ドラムブレーキ、2…バックプレート、3…第1ブレーキシュー、4…第2ブレーキシュー、3a,4a…ライニング、3b,4b…ウェブ、3c,4c…リム、5…ホイルシリンダ、6…アンカー、7…パーキングレバー、7a…挿通孔、7b…連結部、7c…凹部、7d…補強リブ、8…支軸、8a…中心軸、9…ブレーキケーブル、10…シューホールドピン、11…シューホールドスプリング、12,13…シュー戻しばね、14…制動間隙自動調整装置、15…支軸、16…アジャストレバー、17…アジャストスプリング、18…コネクティングロッド、19…リベット、20…ケーブルガイド、P1…第1当接点、P2…応力集中部、P3…第2当接点、P4…交点

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社アドヴィックスの「 キャリパ」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】例えば、付勢部材の数を減らすことが可能なキャリパを得る。【解決手段】キャリパは、例えば、キャリパボディと、ディスクロータと摺動する制動位置とディスクロータから離間した離間位置との間で移動可能に... 詳細

  • 株式会社小松製作所の「 減速機、回転駆動システム及び油圧ショベル」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】摺動部に潤滑油を円滑に供給することができる減速機、回転駆動システム及び油圧ショベルを提供する。【解決手段】軸線回りに回転する伝達部80と、軸線を囲う筒状をなして伝達部80とともに軸線回りに回転... 詳細

  • NTN株式会社の「 インホイールモータ駆動装置」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】 インホイールモータ駆動装置にパークロック装置を内蔵する際に、組み立て作業性の良好な装置を提供する。【解決手段】 減速機ケーシング25bに収容されるパークロック装置50を備えたインホイール... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ