図面 (/)

技術 粘稠消毒剤

出願人 株式会社大阪製薬
発明者 稲見浩之梶原寛
出願日 2015年3月9日 (6年5ヶ月経過) 出願番号 2015-045549
公開日 2016年9月15日 (4年11ヶ月経過) 公開番号 2016-166134
状態 特許登録済
技術分野 農薬・動植物の保存
主要キーワード pH測定 白濁沈殿 中性リン酸塩 サンジェロース 亜鉛含有化合物 消毒用エタノール 剥離物 無色澄明
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年9月15日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

菌だけでなく、ウイルス特にノロウイルスポリオウィルスアデノウィルス等のエンベロープを有さないノンエンベロープウイルスに対しても不活化消滅効力あるエタノール及び酸を含有する消毒剤であって、増粘剤を添加しても白濁沈殿することなく均一に溶解し、更に増粘剤入りの消毒剤や化粧品を手に擦り込んだ際に生じ得る糊状剥離物であるヨレが生じること等のない使用感が良好な消毒剤の提供。

解決手段

エタノールと、酸と、式(1)で表わされる増粘化合物とを含有する粘稠消毒剤で、増粘化合物の含有割合が0.1〜20重量%である粘稠消毒剤。[R1〜R6は低級アルキル基等;nは50〜5000;mは1〜10;kは6〜22]

概要

背景

従来、菌だけでなく、ノロウイルスポリオウィルスアデノウィルスなどのエンベロープを有さないノンエンベロープウイルスに対しても増殖の抑制などの効力を有する消毒剤として、アルコール酸性物質を有効成分として有する製剤が知られるようになっている。

例えば、特許文献1には、一般的な消毒用エタノールでは効果のないノンエンベロープウイルスに対して高い有効性を有する消毒剤として、少なくともエタノール又はイソプロピルアルコールのアルコール、乳酸クエン酸亜鉛含有化合物をそれぞれ所定量で含有する消毒剤が開示されている。

概要

菌だけでなく、ウイルス特にノロウイルス、ポリオウィルス、アデノウィルス等のエンベロープを有さないノンエンベロープウイルスに対しても不活化消滅に効力あるエタノール及び酸を含有する消毒剤であって、増粘剤を添加しても白濁沈殿することなく均一に溶解し、更に増粘剤入りの消毒剤や化粧品を手に擦り込んだ際に生じ得る糊状剥離物であるヨレが生じること等のない使用感が良好な消毒剤の提供。エタノールと、酸と、式(1)で表わされる増粘化合物とを含有する粘稠消毒剤で、増粘化合物の含有割合が0.1〜20重量%である粘稠消毒剤。[R1〜R6は低級アルキル基等;nは50〜5000;mは1〜10;kは6〜22]なし

目的

本発明では、エタノール及び酸を含有する消毒剤について、増粘剤を添加しても白濁沈殿することなく均一に溶解し、さらに増粘剤入りの消毒剤や化粧品を手に擦り込んだ際に生じ得る糊状の剥離物であるヨレが生じたり、べたついたりすることのない使用感が良好な消毒剤を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

エタノールと、酸と、下記式(1)で表わされる増粘化合物を含有する粘稠消毒剤であって、前記増粘化合物の含有割合が0.1重量%〜20重量%であることを特徴とする粘稠消毒剤。[式中、R1、R2、R3、R4、R5及びR6は、それぞれ水素原子、低級アルキル基ヒドロキシエチル基:−[CH2CH2O]mH、ヒドロキシプロピル基:−[CH2CH(CH3)O]mH、基:−CH2CH(OH)CH2O−CkH2k+1、基:−[CH2CH(OH)CH2O]m−CkH2k+1、又は、基:−[CH2CH2O]mCH2CH(OH)CH2O−CkH2k+1のいずれか一つである。ただし、すべて同時に水素原子、又は、低級アルキル基である場合を除く。nは50〜5000の整数、mは1〜10の整数、kは6〜22の整数を示す。]

請求項2

前記酸が、有機酸又は無機酸であり、25℃におけるpHが2.5〜5.0であることを特徴とする請求項1に記載の粘稠消毒剤。

請求項3

多価アルコールを含有することを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の粘稠消毒剤。

請求項4

前記エタノールが40重量%〜99重量%含有されることを特徴とする請求項1から請求項3のいずれかに記載の粘稠消毒剤。

請求項5

25℃における粘度が、100〜6000mPa・sであることを特徴とする請求項1から請求項4のいずれかに記載の粘稠消毒剤。

技術分野

0001

本発明は、菌だけでなく、ウイルス、特にノロウイルスポリオウィルスアデノウィルスなどのエンベロープを有さないノンエンベロープウイルスに対しても不活化、増殖の抑制、消滅などの効力を発揮する無色澄明粘性を有する消毒剤に関する。

背景技術

0002

従来、菌だけでなく、ノロウイルス、ポリオウィルス、アデノウィルスなどのエンベロープを有さないノンエンベロープウイルスに対しても増殖の抑制などの効力を有する消毒剤として、アルコール酸性物質を有効成分として有する製剤が知られるようになっている。

0003

例えば、特許文献1には、一般的な消毒用エタノールでは効果のないノンエンベロープウイルスに対して高い有効性を有する消毒剤として、少なくともエタノール又はイソプロピルアルコールのアルコール、乳酸クエン酸亜鉛含有化合物をそれぞれ所定量で含有する消毒剤が開示されている。

先行技術

0004

特開2008−255101号公報

発明が解決しようとする課題

0005

しかしながら、市場では、手に付着させた場合にからこぼれ落ちにくい、噴霧したときに必要以上に飛び散って壁に付着しない、また、噴霧したときにアルコールなどを吸引しないといった要望があるため、とろみのある、すなわち、水やエタノールなどと比較して粘性の高い消毒剤を所望されることがあるところ、特許文献1の明細書段落0026には各種増粘剤について記載されているものの、実施例には増粘剤を含有した具体例が存在しない。

0006

実際に種々増粘剤を用いて、エタノール及び酸を含有する消毒剤について粘度を向上させることを試みたところ、増粘剤がエタノールに溶解せず白濁沈殿するものであり、増粘剤入りの消毒剤や化粧品を手に擦り込んだ際に生じ得る糊状剥離物であるヨレが生じたり、べたついたりなど使用感が悪く、全体的に製品化にはほど遠い性状であった。

0007

そこで、本発明では、エタノール及び酸を含有する消毒剤について、増粘剤を添加しても白濁沈殿することなく均一に溶解し、さらに増粘剤入りの消毒剤や化粧品を手に擦り込んだ際に生じ得る糊状の剥離物であるヨレが生じたり、べたついたりすることのない使用感が良好な消毒剤を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0008

(1)すなわち、エタノールと、酸と、下記式(1)で表わされる増粘化合物を含有する粘稠消毒剤であって、前記増粘化合物の含有割合が0.1重量%〜20重量%であることを特徴とする粘稠消毒剤である。



[式中、R1、R2、R3、R4、R5及びR6は、それぞれ水素原子、低級アルキル基ヒドロキシエチル基:−[CH2CH2O]mH、ヒドロキシプロピル基:−[CH2CH(CH3)O]mH、基:−CH2CH(OH)CH2O−CkH2k+1、基:−[CH2CH(OH)CH2O]m−CkH2k+1、又は、基:−[CH2CH2O]mCH2CH(OH)CH2O−CkH2k+1のいずれか一つである。ただし、すべて同時に水素原子、又は、低級アルキル基である場合を除く。nは50〜5000の整数、mは1〜10の整数、kは6〜22の整数を示す。]

0009

(2)そして、前記酸が、有機酸又は無機酸であり、25℃におけるpHが2.5〜5.0であることを特徴とする前記(1)に記載の粘稠消毒剤である。

0010

(3)そして、グリセリンプロピレングリコールブチレングリコールソルビットから選ばれる少なくとも一種多価アルコールを含有することを特徴とする前記(1)又は前記(2)に記載の粘稠消毒剤である。

0011

(4)そして、前記エタノールが40重量%〜99重量%含有されることを特徴とする前記(1)から前記(3)のいずれかに記載の粘稠消毒剤である。

0012

(5)そして、25℃における粘度が、100〜6000mPa・sであることを特徴とする前記(1)から前記(4)のいずれかに記載の粘稠消毒剤である。

発明の効果

0013

このように構成すれば、エタノール及び酸を含有する消毒剤について、増粘剤を添加しても白濁沈殿することなく均一に溶解し、さらに増粘剤入りの消毒剤や化粧品を手に擦り込んだ際に生じ得る糊状の剥離物であるヨレが生じたり、べたついたりすることのない使用感が良好にすることができる。

0014

以下、本発明の粘稠消毒剤に関する実施形態について詳しく説明する。なお、説明中における範囲を示す表記のある場合は、上限と下限を含有するものである。

0015

本発明におけるエタノールは、菌の生育を阻み、死滅させるとともに、酸と併存することによりノロウイルス、ポリオウィルス、アデノウィルスなどのエンベロープを有さないノンエンベロープウイルスに対しても不活化、増殖の抑制などの効力を有する有効成分である。

0016

エタノールの含有割合は、消毒剤に対して40重量%〜99重量%が好ましく、50重量%〜85重量%がさらに好ましく、55重量%〜80重量%がもっとも好ましい。エタノールの含有割合がこの範囲にあると、菌及びウイルスに対し不活化、増殖の抑制などの効力を有するとともに、増粘化合物を均一に分散することができる。

0017

本発明における酸は、菌の生育を阻み、死滅させるとともに、エタノールと併存することによりノロウイルス、ポリオウィルス、アデノウィルスなどのエンベロープを有さないノンエンベロープウイルスに対しても不活化、増殖の抑制などの効力を有する有効成分である。

0018

酸としては、クエン酸、乳酸、ギ酸酢酸シュウ酸プロピオン酸などの有機酸、リン酸硫酸などの無機酸が好ましい。これらの酸は単独して使用することができるが、二種以上組み合わせて使用することもできる。また、必要に応じてその酸のナトリウム塩カリウム塩カルシウム塩などを併用することができる。

0019

酸の含有割合は、消毒剤に対して0.1重量%〜5.0重量%が好ましく、0.2重量%〜4.0重量%がさらに好ましく、0.3重量%〜3.0重量%がもっとも好ましい。酸の含有割合がこの範囲にあると、菌及びウイルスに対し不活化、増殖の抑制などの効力を有するとともに、増粘化合物を均一に分散することができる。

0020

本発明における増粘化合物は下記式(1)であらわされる。



[式中、R1、R2、R3、R4、R5及びR6は、それぞれ水素原子、炭素数1〜3の低級アルキル基、ヒドロキシエチル基:−[CH2CH2O]mH、ヒドロキシプロピル基:−[CH2CH(CH3)O]mH、基:−CH2CH(OH)CH2O−CkH2k+1、基:−[CH2CH(OH)CH2O]m−CkH2k+1、又は、基:−[CH2CH2O]mCH2CH(OH)CH2O−CkH2k+1のいずれか一つである。ただし、すべて同時に水素原子、又は、低級アルキル基である場合を除く。nは50〜5000の整数、mは1〜10の整数、kは6〜22の整数を示す。]
増粘化合物は、消毒剤の粘性を向上させるとともに、手など肌に付け広げたときの使用感を向上させるための化合物であり、具体的にはヒドロキシエチル基が導入されたセルロース誘導体であるヒドロキシエチルセルロース、ヒドロキシプロピル基が導入されたセルロース誘導体であるヒドロキシプロピルセルロース、ヒドロキシプロピル基及び低級アルキル基のうちメチル基が導入されたセルロース誘導体であるヒドロキシプロピルメチルセルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロースにステアリルグリシジルエーテルなどの疎水性アルキル基を有するグリシジルエーテルを反応させて得られる疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ヒドロキシエチル基及びヒドロキシプロピル基が導入されたセルロースであるヒドロキシエチルヒドロキシプロピルセルロースなどである。また、疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロースにおいては、疎水基ステアリル基だけでなく炭素数6〜22などの中鎖及び長鎖アルキル基を用いることもできる。なお、導入されるヒドロキシエチル基及びヒドロキシプロピル基は、セルロース中の水酸基1つに対して1または複数付加することができ、1〜10付加されていることが好ましい。特に、ヒドロキシエチルセルロースを用いることにより、消毒剤を組成したときに白濁や沈殿が見られないだけでなく、長期間保存したときにも白濁や沈殿が見られない保存安定性が優れる点において好適である。

0021

増粘化合物を配合することにより消毒剤の粘度は向上するところ、各種成分を配合して攪拌し均一な無色澄明な溶液となった状態におけるその消毒剤の粘度はJIS K7117−1に記載のブルックフィールド回転粘度計B形(東機産業株式会社製、商品名「TVB−10M」)を用いた計測において、25℃条件下100〜6000mPa・sであることが好ましく、200〜5000mPa・sであることがより好ましく、300〜2000mPa・sであることが最も好ましい。粘度がこの範囲にあると、消毒液を手などの肌に付着してもただちに流れ落ちることなく、また、塗り広げるときにものばしやすい。

0022

増粘化合物の含有割合は、消毒剤に対して0.1重量%〜20重量%が好ましく、0.2重量%〜15重量%がさらに好ましく、0.5重量%〜10重量%がもっとも好ましい。増粘化合物の含有割合がこの範囲にあると、消毒液を手などの肌に付着してもただちに流れ落ちることなく、また、塗り広げるときにものばしやすいとともに、消毒剤中に均一に分散することができる。

0023

本発明の粘稠消毒剤には、上記した成分の他に、必要に応じて、グリセリン、プロピレングリコール、ブチレングリコール、ソルビットなどの保湿剤である多価アルコール、炭酸塩などの発泡剤非イオン性アニオン性カチオン性などの界面活性剤、BHTなどの抗酸化剤pH調節剤緩衝剤香料色素などを配合することもできる。

0024

以下、本発明の実施例について具体的に説明する。なお、本発明は以下の実施例に限定されるものではない。また、数値範囲を示す表現は、上限及び下限を含有する。

0025

<実施例1>
容量が200mlのグリフィンビーカーに、エタノールを55.0g、リン酸を1.0g、リン酸三ナトリウム塩を0.5g、グリセリンを2.0g、ヒドロキシエチルセルロース(ダイセルフインケム株式会社製、商品名:HECダイセルSE900)を1.0g、精製水を32.5g加え、均一な無色澄明な溶液になるまで攪拌し、合計92.0gの消毒剤を得た。

0026

<実施例2>
増粘化合物として、ヒドロキシプロピルセルロース(日本曹達株式会社製、商品名:HPC−H)を1.0gとした以外は、実施例1と同様に合計92.0gの消毒剤を得た。

0027

<実施例3>
増粘化合物として、ヒドロキシプロピルメチルセルロース(信越化学工業株式会社製、商品名:METOLOSE 65SH-4000)を1.0gとした以外は、実施例1と同様に合計92.0gの消毒剤を得た。

0028

<実施例4>
増粘化合物として、ステアロキシヒドロキシプロピルメチルセルロース(大同化成工業株式会社製、商品名:サンジェロース)を1.0gとした以外は、実施例1と同様に合計92.0gの消毒剤を得た。

0029

<実施例5>
リン酸を2.0g、精製水を31.5gとした以外は、実施例1と同様に合計92.0gの消毒剤を得た。

0030

<実施例6>
リン酸を0.5g、リン酸三ナトリウム塩を0.3g、精製水を31.8gとした以外は、実施例1と同様に合計90.6gの消毒剤を得た。

0031

<実施例7>
エタノールを70.0g、リン酸を1.5g、リン酸三ナトリウム塩を1.3g、精製水を14.0gとした以外は、実施例1と同様に合計89.8gの消毒剤を得た。

0032

<実施例8>
リン酸、リン酸三ナトリウム塩を加える代わりに乳酸を1.0g、精製水を34.0gとした以外は、実施例1と同様に合計93.0gの消毒剤を得た。

0033

<実施例9>
リン酸、リン酸三ナトリウム塩を加える代わりにクエン酸を1.0g、精製水を34.0gとした以外は、実施例1と同様に合計93.0gの消毒剤を得た。

0034

<比較例1>
ヒドロキシエチルセルロースの代わりにポリアクリル酸ナトリウムを1.0gとした以外は、実施例1と同様に合計92.0gの消毒剤を得た。

0035

<比較例2>
ヒドロキシエチルセルロースの代わりにアルギン酸ナトリウムを1.0gとした以外は、実施例1と同様に合計92.0gの消毒剤を得た。

0036

<比較例3>
ヒドロキシエチルセルロースの代わりにカルボキシビニルポリマーを1.0gとした以外は、実施例1と同様に合計92.0gの消毒剤を得た。

0037

<比較例4>
ヒドロキシエチルセルロースの代わりにカルボキシメチルセルロースを1.0gとした以外は、実施例1と同様に合計92.0gの消毒剤を得た。

0038

<比較例5>
ヒドロキシエチルセルロースの代わりにキサンタンガムを1.0gとした以外は、実施例1と同様に合計92.0gの消毒剤を得た。

0039

これらの実施例1〜9、比較例1〜5の組成を表1にまとめて示す。

0040

0041

消毒剤の評価方法については、以下の方法で確認した。

0042

外観について、配合した消毒剤を1時間静置目視にて確認した。無色澄明である物を○と評価し、白濁、くすみが少々生じているときは△と評価し、白濁、くすみ、沈殿物が大きく生じているときは×と評価した。これらのうち、○及び△を良好、×を不良と判断した。これらの結果を表1に併せて示す。

0043

pHについて、pH7(中性リン酸塩標準液(pH 6.86 at 25℃)をゼロ点とし、pH4(フタル酸塩)標準液(pH 4.01 at 25℃)またはpH9(ホウ酸塩)標準液(pH 9.18 at 25℃)で校正したpH測定器(株式会社堀場製作所製、商品名F-52)を用いて、25℃に補正した値として測定した。これらの結果を表1に併せて示す。

0044

使用感について、配合した消毒剤を掌に滴下して押し広げたときの官能により評価した。ヨレ及びべたつきがない物を○と評価し、多少べたつきを感じる物を△と評価し、ヨレ又はべたつきの少なくとも一つが明らかにある物を×と評価した。これらのうち、○及び△を良好、×を不良と判断した。これらの結果を表1に併せて示す。

0045

また、実施例1〜9の消毒剤を、40℃の恒温室で6ヶ月静置後に、上記と同様に、外観、粘度、pH、使用感について評価を行った。外観と使用感の判断基準は上記のとおりである。

実施例

0046

表1に示すように、実施例1〜9の消毒剤において、増粘剤を添加しても配合した直後では白濁沈殿することなく均一な無色澄明に溶解し、さらに増粘剤入りの消毒剤や化粧品を手に擦り込んだ際に生じ得る糊状の剥離物であるヨレが生じたり、べたついたりすることのない良好な使用感とすることができた。一方、比較例2〜5の消毒剤において、配合して1時間後には外観において白濁、くすみ、沈殿物が大きく生じており、粘度、pHの物性評価、使用感の官能評価を行えるものではなかった。また、比較例1の消毒剤において、配合して1時間後には、外観において無色澄明であり良好であったが、使用感においてべたつきがあり実際に使用できるものではなかった。さらに、保存安定性を40℃の恒温室で加速試験を行ったところ、実施例1の消毒剤において、外観が無色澄明であり変化がなく良好であり、より好ましい結果となった。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ