図面 (/)

技術 脱穀装置

出願人 三菱マヒンドラ農機株式会社
発明者 木村敦梅林竜司石橋俊之
出願日 2015年3月6日 (5年0ヶ月経過) 出願番号 2015-045242
公開日 2016年9月8日 (3年6ヶ月経過) 公開番号 2016-163553
状態 特許登録済
技術分野 脱穀機の要素(3)(選別・排塵)
主要キーワード 後退角度 開閉動作速度 前側層 設定具 取付位置調整 後側層 上位ルーチン センサ配線
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年9月8日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (16)

課題

処理物オーバーフローを防止しつつ高精度なフィン自動制御を実現する。

解決手段

受網18を介して扱室14から漏下した処理物を揺動選別する揺動選別体20と、揺動選別体20の始端側に設けられる揺動流板31と、揺動流板31の下流側で処理物を選別するチャフシーブ32と、チャフシーブ32のフィン開度を自動制御するフィン自動制御手段と、揺動選別体20の処理状況を検出する処理状況検出手段と、を備え、処理状況検出手段は、揺動流板31の終端部上方又はチャフシーブ32の始端部上方に配置されて処理物の層厚を検出する前側層センサ48Fと、チャフシーブ32の終端部上方に配置されて処理物の層厚を検出する後側層厚センサ48Rと、を含み、フィン自動制御手段は、前側層厚センサ48F及び後側層厚センサ48Rの検出値に基いてチャフシーブ32のフィン開度を自動制御する。

概要

背景

チャフシーブフィン開度自動制御するフィン自動制御手段を備えた脱穀装置が知られている。この種の脱穀装置は、揺動選別体処理状況を検出する処理状況検出手段を備え、該処理状況検出手段の検出結果に基いてチャフシーブのフィン開度を自動制御することにより選別精度を高めている。

処理状況検出手段としては、層厚センサが広く採用されている。層厚センサは、通常、処理物層厚に応じて回動する接触式検出体と、回動軸を介して接続される検出体の回動位置を検出するポテンショメータとを備えて構成されており、揺動選別体の上方に配置されて処理物の層厚検出を行なう。

例えば、特許文献1、2に示される脱穀装置は、揺動流板終端部上方とチャフシーブの始端側上方とに2つの層厚センサを備え、特許文献3に示される脱穀装置は、チャフシーブの始端部上方と終端部上方とに2つの層厚センサを備えている。

概要

処理物のオーバーフローを防止しつつ高精度なフィン自動制御を実現する。受網18を介して扱室14から漏下した処理物を揺動選別する揺動選別体20と、揺動選別体20の始端側に設けられる揺動流板31と、揺動流板31の下流側で処理物を選別するチャフシーブ32と、チャフシーブ32のフィン開度を自動制御するフィン自動制御手段と、揺動選別体20の処理状況を検出する処理状況検出手段と、を備え、処理状況検出手段は、揺動流板31の終端部上方又はチャフシーブ32の始端部上方に配置されて処理物の層厚を検出する前側層センサ48Fと、チャフシーブ32の終端部上方に配置されて処理物の層厚を検出する後側層厚センサ48Rと、を含み、フィン自動制御手段は、前側層厚センサ48F及び後側層厚センサ48Rの検出値に基いてチャフシーブ32のフィン開度を自動制御する。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

受網を介して扱室から漏下した処理物揺動選別する揺動選別体と、揺動選別体の始端側に設けられる揺動流板と、揺動選別体に設けられ、揺動流板の下流側で処理物を選別するチャフシーブと、チャフシーブのフィン開度自動制御するフィン自動制御手段と、揺動選別体の処理状況を検出する処理状況検出手段と、を備え、処理状況検出手段は、揺動流板の終端部上方又はチャフシーブの始端部上方に配置されて処理物の層厚を検出する前側層センサと、チャフシーブの終端部上方に配置されて処理物の層厚を検出する後側層厚センサと、を含み、フィン自動制御手段は、前側層厚センサ及び後側層厚センサの検出値に基いてチャフシーブのフィン開度を自動制御することを特徴とする脱穀装置

請求項2

前記フィン自動制御手段は、前側層厚センサ及び後側層厚センサの検出値に基いて、チャフシーブのフィン開度を開く開き動作と、チャフシーブのフィン開度を閉じる閉じ動作と、チャフシーブの現状のフィン開度を維持する現状維持動作と、を選択的に実行するにあたり、後側層厚センサの検出値が所定の範囲となるように、開き動作、閉じ動作、現状維持動作のいずれかを選択的に実行する基本制御と、前側層厚センサの検出値範囲と後側層厚センサの検出値範囲とが所定の組み合わせである場合に基本制御とは異なる動作を選択的に実行する例外制御と、を備えることを特徴とすることを特徴とする請求項1に記載の脱穀装置。

請求項3

前記フィン自動制御手段は、フィン開度を閉じる際の動作速度を、フィン開度を開く際の動作速度よりも速くすることを特徴とすることを特徴とする請求項1又は2に記載の脱穀装置。

技術分野

0001

本発明は、チャフシーブフィン開度自動制御するフィン自動制御手段を備えたコンバインなどの脱穀装置に関する。

背景技術

0002

チャフシーブのフィン開度を自動制御するフィン自動制御手段を備えた脱穀装置が知られている。この種の脱穀装置は、揺動選別体処理状況を検出する処理状況検出手段を備え、該処理状況検出手段の検出結果に基いてチャフシーブのフィン開度を自動制御することにより選別精度を高めている。

0003

処理状況検出手段としては、層厚センサが広く採用されている。層厚センサは、通常、処理物層厚に応じて回動する接触式検出体と、回動軸を介して接続される検出体の回動位置を検出するポテンショメータとを備えて構成されており、揺動選別体の上方に配置されて処理物の層厚検出を行なう。

0004

例えば、特許文献1、2に示される脱穀装置は、揺動流板終端部上方とチャフシーブの始端側上方とに2つの層厚センサを備え、特許文献3に示される脱穀装置は、チャフシーブの始端部上方と終端部上方とに2つの層厚センサを備えている。

先行技術

0005

特許第2694087号公報
特許第2721079号公報
特許第2721078号公報

発明が解決しようとする課題

0006

特許文献1、2に示される脱穀装置では、2つの層厚センサの検出値に基いて層厚の変化率又は二番還元率を算出し、該算出値に基いてチャフシーブのフィン開度を自動制御しているが、チャフシーブの終端部における処理物の層厚を検出していないため、処理物量の急激な変化などに応じてチャフシーブの終端部から処理物がオーバーフローする虞があった。

0007

一方、特許文献3に示される脱穀装置は、チャフシーブの始端部上方と終端部上方とに層厚センサを備えているが、後側層センサは、警報出力のために設けられ、チャフシーブのフィン開度に影響を及ぼさないため、フィン自動制御の精度に関して改善の余地があった。特に、刈り取った茎稈脱穀部に全投入される汎用コンバインでは、処理物における藁屑の割合が多いため、チャフシーブからの藁屑の落下を抑制するために高精度なフィン自動制御が求められている。

課題を解決するための手段

0008

本発明は、上記の如き実情に鑑みこれらの課題を解決することを目的として創作されたものであって、請求項1の発明は、受網を介して扱室から漏下した処理物を揺動選別する揺動選別体と、揺動選別体の始端側に設けられる揺動流板と、揺動選別体に設けられ、揺動流板の下流側で処理物を選別するチャフシーブと、チャフシーブのフィン開度を自動制御するフィン自動制御手段と、揺動選別体の処理状況を検出する処理状況検出手段と、を備え、処理状況検出手段は、揺動流板の終端部上方又はチャフシーブの始端部上方に配置されて処理物の層厚を検出する前側層厚センサと、チャフシーブの終端部上方に配置されて処理物の層厚を検出する後側層厚センサと、を含み、フィン自動制御手段は、前側層厚センサ及び後側層厚センサの検出値に基いてチャフシーブのフィン開度を自動制御することを特徴とする。
請求項2の発明は、請求項1に記載の脱穀装置において、前記フィン自動制御手段は、前側層厚センサ及び後側層厚センサの検出値に基いて、チャフシーブのフィン開度を開く開き動作と、チャフシーブのフィン開度を閉じる閉じ動作と、チャフシーブの現状のフィン開度を維持する現状維持動作と、を選択的に実行するにあたり、後側層厚センサの検出値が所定の範囲となるように、開き動作、閉じ動作、現状維持動作のいずれかを選択的に実行する基本制御と、前側層厚センサの検出値範囲と後側層厚センサの検出値範囲とが所定の組み合わせである場合に基本制御とは異なる動作を選択的に実行する例外制御と、を備えることを特徴とすることを特徴とする。
請求項3の発明は、請求項1又は2に記載の脱穀装置において、前記フィン自動制御手段は、フィン開度を閉じる際の動作速度を、フィン開度を開く際の動作速度よりも速くすることを特徴とすることを特徴とする。

発明の効果

0009

請求項1の発明によれば、揺動流板の終端部上方又はチャフシーブの始端部上方に配置されて処理物の層厚を検出する前側層厚センサと、チャフシーブの終端部上方に配置されて処理物の層厚を検出する後側層厚センサとの検出値に基いてチャフシーブのフィン開度を自動制御するので、処理物のオーバーフローを防止しつつ高精度なフィン自動制御を実現することができる。
請求項2の発明によれば、後側層厚センサの検出値を基準としてチャフシーブのフィン開度を自動制御するので、チャフシーブ全面を使った効率の良い選別が可能になる。また、前側層厚センサ及び後側層厚センサの検出値に基いて例外的な状況を判断し、その状況に適した動作を選択するので、例外的な状況による選別精度の低下も防止することができる。
請求項3の発明によれば、フィン開度を閉じる際の動作速度を、フィン開度を開く際の動作速度よりも速くしたので、フィン開度の閉じ動作の遅れを防止し、藁屑の混入を抑制することができる。

図面の簡単な説明

0010

コンバインの左側面図である。
二番還元経路を示す脱穀部の左側面図である。
層厚センサの配置を示す脱穀部の左側面図である。
層厚センサの配置を示す脱穀部の要部平面図である。
層厚センサの配置を示す脱穀部の要部正面図である。
扱室還元状態を示す脱穀部の要部正面図である。
選別室還元状態を示す脱穀部の要部正面図である。
層厚センサの取り付け状態を示す右後斜視図である。
層厚センサの取り付け状態を示す右側面図である。
(A)はカバー体装着状態を示す層厚センサの右前斜視図、(B)はカバー体取り外し状態を示す層厚センサの右前斜視図である。
制御部の入出力を示すブロック図である。
選別制御フローチャートである。
フィン自動制御のフローチャートである。
フィン自動制御によるフィン動作を示すフィン動作表である。
フィン手動制御のフローチャートである。

実施例

0011

以下、本発明の実施の形態について、図面に基づいて説明する。図1において、1は汎用コンバインであって、該汎用コンバイン1は、茎稈を刈り取る刈取部2と、全稈投入される茎稈から穀粒を脱穀して選別する脱穀部(脱穀装置)3と、選別した穀粒を貯溜する穀粒タンク4と、該穀粒タンク4内の穀粒を機外に排出する排出オーガ5と、脱穀済の排稈などを排出する排出部6と、運転者乗車する運転部7と、クローラ式走行部8とを備えて構成されている。

0012

刈取部2は、機体前端部に昇降動作可能に連結されるヘッダ9と、ヘッダ9の前端部で未刈り茎稈を分草するデバイダ10と、未刈り茎稈を刈り取る刈刃(図示せず)と、未刈り茎稈や刈り取った茎稈を掻込むリール11と、掻き込まれた茎稈を幅方向所定箇所に集めるオーガ12と、該オーガ12によって集められた茎稈を脱穀部3に向けて搬送し、脱穀部3に全稈投入するフィーダ13とを備えて構成されている。

0013

図2及び図7に示すように、脱穀部3は、刈取茎稈が全稈投入される扱室14と、扱室14の下方に配置され、扱室14から漏下した処理物を選別する選別室15とを備えて構成されており、選別室15で選別された穀粒が一番揚穀装置16を介して穀粒タンク4に移送される。

0014

扱室14は、前後方向に沿う回転軸17aを中心として回転し、外周に突設される扱歯17bで茎稈を引っ掛け連れ回す扱胴17と、扱胴17の下側外周に沿って配置され、茎稈との擦れ合いによって脱粒した処理物を漏下させる正面視円弧状の受網18と、受網18から漏下せずに扱室14の終端まで達した処理物を排出する排塵口19とを備えて構成されている。

0015

選別室15は、受網18から漏下した処理物を移送しながら選別する揺動選別体20と、揺動選別体20の前方で選別風起風する唐箕21と、一番物回収する一番横ラセン22と、二番物を回収する二番横ラセン23とを備えており、一番横ラセン22によって回収された一番物は、一番揚穀装置16を介して穀粒タンク4に移送され、二番横ラセン23によって回収された二番物は、二番還元装置24を介して扱室14又は選別室15(揺動選別体20上)に還元される。

0016

本実施形態の二番還元装置24は、二番横ラセン23が回収した二番物を二番横ラセン23の右端部から上方に搬送するスラットコンベアからなる二番縦搬送部25と、扱室14の右側部に沿って配置され、二番縦搬送部25の上端部まで搬送された二番物を前方に搬送するラセン搬送体からなる二番横搬送部26とを備えて構成されており、二番横搬送部26の前端部まで搬送された二番物は、二番横搬送部26の前端部に設けられた扱室二番還元口27から扱室14の始端側に還元される。

0017

また、二番横搬送部26における扱室二番還元口27の後方近傍には、着脱式28が設けられており、この樋28を取り外すと、該取り外しにより開口した部分が選別二番還元口29となる。つまり、樋28を取り外した状態では、二番横搬送部26の前端側まで搬送された二番物が選別二番還元口29から落下し、該選別二番還元口29の下方に形成される二番落下通路30を介して揺動選別体20上に還元される。選別二番還元口29は、平面視で揺動選別体20の前端側右側方(始端側一側方)に配置されている。したがって、二番物は、揺動選別体20の前端側において右側に偏って還元される。

0018

図2及び図3に示すように、揺動選別体20は、受網18から漏下した処理物を後方へ順次移送する揺動流板31と、揺動流板31の後方で穀粒を篩い選別するチャフシーブ32と、チャフシーブ32から漏下した穀粒をさらに篩い選別するグレンシーブ33と、チャフシーブ32又はグレンシーブ33の後方に選択的に装着される延長チャフシーブ34と、チャフシーブ32又はグレンシーブ33の後方に選択的に装着されるストロラック35とを備える揺動アッセンブリであり、図示しない揺動機構によって所定の周期で連続的に往復揺動される。

0019

チャフシーブ32は、前後方向に所定間隔を存して並列する複数のフィン32aを備えて構成されている。各フィン32aは、前低後高状に傾斜しており、揺動選別体20の揺動に伴って処理物を後方へ移送しつつ、フィン32a間の隙間から処理物を漏下させる。ここで漏下した処理物はグレンシーブ33を介して一番物として回収され、漏下しなかった処理物は二番物として回収される。

0020

各フィン32aは、上端側を支点として前後回動自在に構成されるとともに、カム機構(図示せず)を介してフィン駆動モータ36(図11参照)に連結されており、該フィン駆動モータ36の駆動に応じた各フィン32aの角度変化にもとづいて、チャフシーブ32におけるフィン32a間の隙間(フィン開度)が変更可能となっている。そして、このフィン開度を処理物の量(層厚)に応じて自動的に増減させるフィン自動制御の実行により、精度の高い選別処理を行うことが可能となる。

0021

揺動選別体20には、左右幅方向の中央側に処理物を寄せる複数の寄せ板37〜40が設けられている。本実施形態では、揺動選別体20の右側部から中央部に向かって斜め後方(斜め下流側)に延出する4つの寄せ板37R〜40Rと、揺動選別体20の左側部から中央部に向かって斜め後方(斜め下流側)に延出する4つの寄せ板37L〜40Lと、を備えている。

0022

最も前側に配置される左右の第1寄せ板37R、37Lは、その他の寄せ板38R〜40R、38L〜40Lよりも幅広に形成されており、その基端は揺動流板31の前後方向中間部に位置し、ここから斜め後方に延出した先端は揺動流板31の後端に達している。

0023

平面視で選別二番還元口29側に位置する右側第1寄せ板37Rは、その基端が平面視で選別二番還元口29の前後方向中央に位置しており、選別二番還元口29から還元される二番還元物を揺動選別体20の左右中央側に案内し、上方から漏下する受網漏下物合流させる。

0024

また、本実施形態の右側第1寄せ板37Rには、その高さを調整可能にする調整板41が設けられている。調整板41は、上下方向に長い左右一対長孔41aを有し、該長孔41aを貫通するボルト41bを介して右側第1寄せ板37Rに取付けられている。つまり、ボルト41bを緩めて調整板41を上下にスライドさせることにより、右側第1寄せ板37Rの高さ調整が可能になる。そして、二番物を揺動選別体20上に還元する場合には、右側第1寄せ板37Rの高さを高くすることにより、二番還元物が右側第1寄せ板37Rの上方を乗り越えることを防止し、二番還元物を揺動選別体20の左右中央側に確実に案内することが可能になる。

0025

第1寄せ板37R、37Lの後方に所定の間隔を存して配置される左右の第2寄せ板38R、38Lは、その基端が揺動流板31の後端部に位置し、ここから斜め後方に延出した先端はチャフシーブ32の前端部に達している。平面視で選別二番還元口29側に位置する右側第2寄せ板38Rは、その基端が平面視で選別二番還元口29の前後方向後端に位置しているため、右側第1寄せ板37Rと同様、選別二番還元口29から還元される二番還元物を揺動選別体20の左右中央側に案内する。

0026

第2寄せ板38R、38Lの後方に所定の間隔を存して配置される左右の第3寄せ板39R、39L、及びその後方に所定の間隔を存して配置される左右の第4寄せ板40R、40Lは、その基端及び先端がチャフシーブ32上に位置し、チャフシーブ32の左右両端側に偏った処理物を中央側に案内する。

0027

なお、図7に示すように、扱室14の外側面部には、カバー体42によって開閉可能なメンテナンス用の開口部42aが形成されており、カバー体42を開き操作すると、開口部42aを介して受網18や樋28の着脱、右側第1寄せ板37Rの高さ調整などのメンテナンス作業を行うことが可能になる。また、図8に示すように、扱室14には、受網18を着脱可能に支持するための受網支持枠43が設けられている。本実施形態の受網支持枠43は、扱室14の前側板44と後側板45との間に架設される角パイプ状の受網支持フレーム46と、受網支持フレーム46の中間部に一体的に連結される正面視円弧状の受網支持部材47とを備えて構成されている。

0028

つぎに、揺動選別体20上の処理物の層厚を検出する層厚センサ48及びその配置について、図2図10を参照して説明する。

0029

図2図10に示すように、揺動選別体20の上方には、揺動選別体20上の処理物の層厚を検出する層厚センサ48が設けられている。層厚センサ48は、処理物の層厚に応じて自由回動する検出体49と、回動軸50を介して連結される検出体49の回動位置を検出するポテンショメータ51と、検出体49を検出状態初期位置で接当支持するストッパ部材52とを備えて構成されており、検出体49が処理物に接触し、その層厚に応じて回動するすることにより、ポテンショメータ51の検出値に基いて処理物の層厚を特定することが可能になる。ちなみに、本実施形態の検出体49は、垂直よりも僅かに後退した垂下姿勢初期姿勢とし、処理物の層厚が増加するにしたがって後退角度が増加するように配置されている。なお、本実施形態の検出体49は、フィン自動制御が不要な収穫作業において、上方に跳ね上げ格納位置に保持できるようになっている。

0030

本実施形態では、揺動選別体20の上方で、且つ平面視において揺動選別体20の左右幅方向の中央部に位置する受網支持フレーム46を利用して層厚センサ48を取付けている。層厚センサ48としては、前側層厚センサ48F及び後側層厚センサ48Rが設けられており、その配置は後述する。

0031

層厚センサ48の検出体49は、処理物に接触し、その層厚に応じて回動するものであれば、材質は任意に選択することができる。例えば、本実施形態の検出体49は、比較的硬質な材料で形成されているが、弾性変形可能なバネ材軟質樹脂材料で検出体49を形成することも可能であり、この場合には、処理物に含まれる枝などの引っ掛かりによって検出体49が塑性変形したり破損することを防止できる。

0032

ポテンショメータ51としては、回動軸50を所定方向付勢するバネを内蔵したバネ内蔵タイプや、バネを内蔵していないバネ無しタイプなどが存在するが、検出体49の回動位置を検出可能なものであれば、任意のタイプを選択することができる。そして、ポテンショメータ51は、センサ配線51aを介して後述する制御部52に電気的に接続される。

0033

ポテンショメータ51は、取付ブラケット53を介して受網支持フレーム46に取付けられるとともに、取付ブラケット53に着脱自在に設けられる保護カバー54によって上方が覆われている。このような保護カバー54によれば、ポテンショメータ41に藁屑が引っ掛かる等のトラブルの発生を確実に減少させることができる。また、保護カバー54を取り外すことにより、ポテンショメータ51の取付位置調整も容易に行うことができる。

0034

前側層厚センサ48Fは、揺動選別体20の左右幅方向中央部上方で、且つ、複数の寄せ板37R〜40R、37L〜40Lのうち平面視で選別二番還元口29に隣接する右側第1寄せ板37Rの延長線上に配置される。このような配置によれば、受網漏下物と二番還元物との合流箇所で処理物の層厚を検出できるので、二番還元物の有無や量に拘らず揺動選別体20上の処理物量を安定して検出することが可能になる。

0035

なお、右側第2寄せ板38Rも、平面視で選別二番還元口29に隣接しているため、右側第2寄せ板38Rの延長線上に前側層厚センサ48Fを配置することも可能であるが、右側第1寄せ板37Rの延長線上である方が望ましい。その理由は、右側第1寄せ板37Rが平面視で選別二番還元口29に隣接する複数の寄せ板37R、38Rのうち最も上流側に位置するものであるため、チャフシーブ32に送られる処理物量を早い段階で検出し、チャフシーブ32のフィン自動制御に反映させることができるからであり、さらに、本実施形態の右側第1寄せ板37Rは、右側第2寄せ板38Rよりも左右幅が広く、且つ、高さ調整が可能であり、二番還元物をより確実に揺動選別体20の中央側に案内できるからである。また、本実施形態の前側層厚センサ48Fは、チャフシーブ32の前端部上方(始端部上方)に位置しているが、揺動流板31の上方に位置させてもよい。

0036

一方、後側層厚センサ48Rは、揺動選別体20の左右幅方向中央部上方で、且つ、チャフシーブ32の後端部上方(終端部上方)に配置されている。この位置は、チャフシーブ32におけるオーバーフローを直接検出することが可能であるとともに、この位置の層厚を基準としたチャフシーブ32のフィン自動制御を実行することにより、チャフシーブ32の全面を利用した効率の良い選別を行うことが可能になる。

0037

さらに、本実施形態の前側層厚センサ48F及び後側層厚センサ48Rは、揺動選別体20の左右幅方向中央部上方で、且つ、平面視で選別二番還元口29側にオフセットして配置される。このようにすると、処理物量が多い二番還元口29側で処理物の層厚を精度良く検出することができる。

0038

つぎに、制御部52による選別制御について、図11図15を参照して説明する。

0039

制御部52は、マイコンなどを用いて構成されており、その入力側には、前述した前側層厚センサ48F及び後側層厚センサ48Rに加え、脱穀クラッチのいり/切りを判断するための脱穀スイッチ操作スイッチ60、扱胴17の回転速度を検出する扱胴回転検出センサ61、刈取部2の対地高さを検出する接地センサポテンショメータ62、選別自動制御(フィン自動制御)の感度設定具上下限設定具、ON/OFF操作具などに兼用される選別ダイヤル63、チャフシーブ32のフィン開度を検出するフィン開度ポテンショメータ64などが接続される一方、制御部52の出力側には、前述したフィン駆動モータ36に加え、報知手段65としてのホーンモニタが設けられている。

0040

制御部52は、ハードウエア及びソフトウエア協働により、図12に示す選別制御と、そのサブルーチンである図13に示すフィン自動制御及び図15に示すフィン手動制御を実行するようになっている。

0041

選別制御では、まず、脱穀クラッチの入り/切りを判断し(S11)、この判断結果が切りの場合は、そのまま上位ルーチン復帰する一方、判断結果が入りの場合は、層厚センサ48F、48Rの検出値に基いて層厚センサ48F、48Rの検出体49が検出位置であるか格納位置であるかを判断する(S12)。この判断結果が格納位置である場合は、サブルーチンであるフィン手動制御を実行し(S13)、判断結果が検出位置である場合は、フィン自動制御を必要とする作物(稲・麦)であるか否かの判別を行う(S14)。この作物判別は、汎用コンバイン1における作物別調整要素調整状態を検出することにより行われる。例えば、扱胴回転速度が高速(稲・麦)か低速(それ以外)かで判別したり、接地センサポテンショメータ62の検出値に基づく刈高自動制御非実行状態(稲・麦)か実行状態(その他)かで判別される。そして、作物が稲・麦以外であると判定した場合は、フィン手動制御を実行する一方(S13)、作物が稲・麦であると判定した場合は、さらに、選別自動制御のON/OFFを判断し(S15)、この判断結果がONの場合にフィン自動制御を実行し(S16)、OFFの場合はフィン手動制御を実行する(S13)。

0042

フィン自動制御では、まず、選別ダイヤル63のダイヤル値を入力した後(S21)、該ダイヤル値に基いて、フィン開度の最低開度及び最高開度、層厚センサ48F、48Rの判定値(検出値範囲)を決定する(S22)。つぎに、前側層厚センサ48F及び後側層厚センサ48Rの検出値を入力し(S23)、該検出値及び図14に示すフィン動作表に基いてフィン動作を決定する(S24)。その後、現在のフィン開度K1を検出するとともに(S25)、目標フィン開度K2を決定し(S26)、フィン開度K1とフィン開度K2の比較を行う(S27)。この比較結果が「K1=K2」である場合は、フィン駆動モータ36を停止し(S28)、比較結果が「K1>K2」である場合は、フィン駆動モータ36を閉じ側に動作した後(S29)、間隔タイマT1をカウントし(S30)、比較結果が「K1<K2」である場合は、フィン駆動モータ36を開き側に動作した後(S31)、間隔タイマT2をカウントする(S32)。間隔タイマT1、T2は、フィン32aの開閉動作速度を規定するための遅延タイマであり、T1<T2とすることにより、フィン開度を閉じる際の動作速度を、フィン開度を開く際の動作速度よりも速くしている。つぎに、層厚センサ48F、48Rの検出値を警報判定値と比較し(S33)、この判断結果が警報判定値未満である場合は、そのまま上位ルーチンへ復帰するが、判断結果が警報判定値以上である場合は、現在のフィン開度を判断する(S34)。そして、フィン開度が最大開度以上であると判断した場合は、何らかの異常が発生したと判断し、報知手段65を作動させる(S35)。

0043

図14に示すように、フィン自動制御では、前側層厚センサ48F及び後側層厚センサ48Rの検出値に基いて、チャフシーブ32のフィン開度を開く開き動作と、チャフシーブ32のフィン開度を閉じる閉じ動作と、チャフシーブ32の現状のフィン開度を維持する現状維持動作と、を選択的に実行するにあたり、後側層厚センサ48Rの検出値が所定の範囲となるように、開き動作、閉じ動作、現状維持動作のいずれかを選択的に実行する基本制御と、前側層厚センサ48Fの検出値範囲と後側層厚センサ48Rの検出値範囲とが所定の組み合わせである場合に基本制御とは異なる動作を選択的に実行する例外制御と、が行われる。つまり、後側層厚センサ48Rの検出値を基準としてチャフシーブ32のフィン開度を自動制御するので、チャフシーブ全面を使った効率の良い選別が可能になる。また、前側層厚センサ48F及び後側層厚センサ48Rの検出値に基いて例外的な状況を判断し、その状況に適した動作を選択するので、例外的な状況による選別精度の低下も防止することが可能になる。

0044

具体的に説明すると、前側層厚センサ48Fの検出値を5つの検出値範囲(極大、大、中、小、無)に区分けするとともに、後側層厚センサ48Rの検出値を4つの検出値範囲(大、中、小、無)に区分けし、それぞれの組み合わせについて開き動作、閉じ動作、現状維持が設定されている。そして、チャフシーブ全面を使って効率良く選別を行うべく、後側層厚センサ48Rの検出値が所定の範囲(理想的には「小」の範囲)となるようにフィン32aの開閉制御を行う。

0045

例えば、後側層厚センサ48Rの検出値が「無」の範囲の場合は、フィン32aを閉じる(基本制御)。ただし、チャフシーブ32の前側に極大の供給があった場合はフィン32aを開いてオーバーフローによる穀粒ロスを防止する(例外制御)。

0046

また、後側層厚センサ48Rの検出値が「小」の範囲の場合は、フィン開度を現状維持とする(基本制御)。ただし、チャフシーブ32の前側の層厚が大きすぎたり、小さすぎる場合は、その層厚に応じてフィン開度を開閉させる(例外制御)。

0047

また、後側層厚センサ48Rの検出値が「中」の範囲の場合は、オーバーフローによる穀粒ロスの可能性があるので、フィン32aを開く(基本制御)。ただし、チャフシーブ32の前側の層厚が無い場合は、処理物の供給が無いのでフィン開度を維持する(例外制御)。

0048

また、後側層厚センサ48Rの検出値が「大」の範囲の場合は、オーバーフローによる穀粒ロスの可能性が高くなるので、常にフィン32aを開く(基本制御)。

0049

フィン手動制御では、まず、選別ダイヤル63のダイヤル値を入力した後(S41)、該ダイヤル値に基いて目標フィン開度K3を決定する(S42)。つぎに、現在のフィン開度K1を検出し(S43)、フィン開度K1とフィン開度K3の比較を行う(S44)。この比較結果が「K1=K3」である場合は、フィン駆動モータ36を停止し(S45)、比較結果が「K1>K3」である場合は、フィン駆動モータ36を閉じ側に動作し(S46)、比較結果が「K1<K3」である場合は、フィン駆動モータ36を開き側に動作する(S47)。その後、層厚センサ48F、48Rの検出値を警報判定値と比較し(S48)、この判断結果が警報判定値未満である場合は、そのまま上位ルーチンへ復帰するが、判断結果が警報判定値以上である場合は、何らかの異常が発生したと判断し、報知手段65を作動させる(S49)。

0050

叙述の如く構成された本実施形態によれば、揺動流板31の終端部上方又はチャフシーブ32の始端部上方に配置されて処理物の層厚を検出する前側層厚センサ48Fと、チャフシーブ32の終端部上方に配置されて処理物の層厚を検出する後側層厚センサ48Rとの検出値に基いてチャフシーブ32のフィン開度を自動制御するので、処理物のオーバーフローを防止しつつ高精度なフィン自動制御を実現することができる。

0051

また、後側層厚センサ48Rの検出値を基準としてチャフシーブ32のフィン開度を自動制御するので、チャフシーブ全面を使った効率の良い選別が可能になる。また、前側層厚センサ48F及び後側層厚センサ48Rの検出値に基いて例外的な状況を判断し、その状況に適した動作を選択するので、例外的な状況による選別精度の低下も防止することができる。

0052

また、フィン開度を閉じる際の動作速度を、フィン開度を開く際の動作速度よりも速くしたので、フィン開度の閉じ動作の遅れを防止し、藁屑の混入を抑制することができる。

0053

なお、本発明は、前記実施形態に限定されないことは勿論である。例えば、前記実施形態は、汎用コンバインであるが、自脱コンバインでも実施可能である。

0054

1コンバイン
3脱穀部
14扱室
17扱胴
18受網
20揺動選別体
29選別二番還元口
31揺動流板
32チャフシーブ
32aフィン
37〜40寄せ板
37R 右側第1寄せ板
48F前側層厚センサ
52 制御部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社クボタの「 メンテナンス治具」が 公開されました。( 2019/08/01)

    【課題】コンバインにおいて、脱穀装置のシーブケースを楽に出し入れできるメンテナンス治具を提供する。【解決手段】作業床に対して平面移動自在であり、コンバインの機体の下方に差し込み可能なベース部60を備え... 詳細

  • 株式会社クボタの「 コンバイン」が 公開されました。( 2019/08/01)

    【課題】脱穀装置がコンパクトであると共に、脱穀装置のメンテナンス作業が容易なコンバインを提供する。【解決手段】脱穀装置は、脱穀部5Aと、選別部と、上側開口Qと、外側開口17と、天板13と、揺動カバー1... 詳細

  • 井関農機株式会社の「 脱穀装置」が 公開されました。( 2019/07/11)

    【課題】コンバインを長時間使用すると、扱室を開放して内部に堆積した脱穀物を取り除くメンテナンス作業が必要となる。【解決手段】扱胴(11)を軸支した扱室(10)の受網(12)下部に唐箕ファンの送風を送る... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ