図面 (/)

技術 車両の走行制御装置

出願人 株式会社SUBARU
発明者 秋山哲松野浩二江副志郎長瀬貴之白石英一小山哉溝口雅人鷹左右康堀口陽宣
出願日 2015年3月2日 (5年0ヶ月経過) 出願番号 2015-040562
公開日 2016年9月5日 (3年6ヶ月経過) 公開番号 2016-159781
状態 特許登録済
技術分野 走行状態に応じる操向制御
主要キーワード 協調状態 修理拠点 点滅情報 参照パラメータ 追い越し制御 反射波情報 運転切り換え マップ軸
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年9月5日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

自動運転におけるオーバーライド判定で、運転状態を滑らか且つ適切に切り換える。

解決手段

走行制御装置10のオーバーライド判定部11で、自動運転と手動運転との協調制御を行う第1の運転モードと、自動運転を休止して手動運転を許容する第2の運転モードとの2段階の運転モードの何れのオーバーライド条件が成立するかを判定する。そして、運転モード切換部12でオーバーライドの段階に応じて運転モードを切り換えることにより、運転状態を滑らか且つ適切に切り換えることができる。

概要

背景

近年、車両においては、ドライバ運転を、より快適に安全に行えるように自動運転の技術を利用した様々なシステムが開発され提案されている。このような自動運転のシステムでは、自動運転制御を実行中に、ドライバが所定の運転操作ステアリング操作アクセルペダル或いはブレーキペダル操作)を行った場合、運転者意思優先して自動運転制御を休止し、ドライバによる手動運転切り換えオーバライドの機能を備えている。

例えば、特許文献1には、車線逸脱回避修正操舵を与える自動運転中に、操舵角操舵角速度を検出してドライバによる操舵介入を判定し、運転状態を切り換える技術が開示されている。

概要

自動運転におけるオーバーライド判定で、運転状態を滑らか且つ適切に切り換える。走行制御装置10のオーバーライド判定部11で、自動運転と手動運転との協調制御を行う第1の運転モードと、自動運転を休止して手動運転を許容する第2の運転モードとの2段階の運転モードの何れのオーバーライド条件が成立するかを判定する。そして、運転モード切換部12でオーバーライドの段階に応じて運転モードを切り換えることにより、運転状態を滑らか且つ適切に切り換えることができる。

目的

本発明は上記事情に鑑みてなされたもので、自動運転におけるオーバーライド判定で、運転状態を滑らか且つ適切に切り換えることのできる車両の走行制御システムを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

自車両が走行する環境の走行環境情報と自車両の走行情報とに基づいて自動運転制御を実行する車両の走行制御システムにおいて、前記自動運転制御の際に、自動運転手動運転との協調制御を行う第1の運転モードと、自動運転を休止して手動運転を許容する第2の運転モードとの何れへのオーバーライド条件が成立するか否かを判定するオーバーライド判定部と、前記オーバライド判定部の判定結果に応じて、自動運転と前記第1の運転モードと前記第2の運転モードとを切り換える運転モード切換部とを備えることを特徴とする車両の走行制御システム。

請求項2

前記オーバーライド条件を、操舵系の状態を表すパラメータ判定閾値とを比較して判定することを特徴とする請求項1記載の車両の走行制御システム。

請求項3

前記判定閾値を、走行状態に応じて可変することを特徴とする請求項2記載の車両の走行制御システム。

請求項4

前記判定閾値を、直進走行状態より旋回走行状態でオーバーライド条件が成立し難い値にすることを特徴とする請求項2記載の車両の走行制御システム。

請求項5

前記判定閾値を、車速が高くなる程オーバーライド条件が成立し難い値にすることを特徴とする請求項2記載の車両の走行制御システム。

請求項6

前記操舵系の状態を表すパラメータは、操舵トルク、操舵トルク速度、操舵角度操舵角速度操舵角加速度の少なくとも1つであることを特徴とする請求項2記載の車両の走行制御システム。

請求項7

前記第1の運転モードに切り換えられたとき、自動運転の制御ゲインを、手動運転を優先するように調整することを特徴とする請求項1〜6の何れか一に記載の車両の走行制御システム。

請求項8

前記第1の運転モードは、前記制御ゲインを複数段階に設定した複数の運転モードを含むことを特徴とする請求項7記載の車両の走行制御システム。

技術分野

0001

本発明は、走行環境を認識し、自車両の走行情報を検出して自動運転制御を行う車両の走行制御システムに関する。

背景技術

0002

近年、車両においては、ドライバ運転を、より快適に安全に行えるように自動運転の技術を利用した様々なシステムが開発され提案されている。このような自動運転のシステムでは、自動運転制御を実行中に、ドライバが所定の運転操作ステアリング操作アクセルペダル或いはブレーキペダル操作)を行った場合、運転者意思優先して自動運転制御を休止し、ドライバによる手動運転切り換えオーバライドの機能を備えている。

0003

例えば、特許文献1には、車線逸脱回避修正操舵を与える自動運転中に、操舵角操舵角速度を検出してドライバによる操舵介入を判定し、運転状態を切り換える技術が開示されている。

先行技術

0004

特開2003−81115号公報

発明が解決しようとする課題

0005

特許文献1に開示されるような従来のオーバーライド判定では、ドライバの介入を判定したとき、一義的に自動運転を休止してドライバによる手動運転に切り換えるようにしているが、過渡的に中間的な自動運転を継続しながらも手動運転を行うことをドライバが所望し、最終的に自動運転に復帰したり、手動運転に切り換えたい場合がある。

0006

このような場合、従来のオーバーライド判定では円滑且つ適切に運転状態を切り換えることができず、ドライバに違和感や不安感を与えるばかりなく、ドライバビリティの悪化を招く虞がある。

0007

本発明は上記事情に鑑みてなされたもので、自動運転におけるオーバーライド判定で、運転状態を滑らか且つ適切に切り換えることのできる車両の走行制御システムを提供することを目的としている。

課題を解決するための手段

0008

本発明の一態様による車両の走行制御システムは、自車両が走行する環境の走行環境情報と自車両の走行情報とに基づいて自動運転制御を実行する車両の走行制御システムにおいて、前記自動運転制御の際に、自動運転と手動運転との協調制御を行う第1の運転モードと、自動運転を休止して手動運転を許容する第2の運転モードとの何れへのオーバーライド条件が成立するか否かを判定するオーバーライド判定部と、前記オーバライド判定部の判定結果に応じて、自動運転と前記第1の運転モードと前記第2の運転モードとを切り換える運転モード切換部とを備える。

発明の効果

0009

本発明によれば、自動運転におけるオーバーライド判定で、運転状態を滑らか且つ適切に切り換えることができる。

図面の簡単な説明

0010

車両の走行制御システムの全体構成図
自動運転から一時的に手動運転に切り換える例を示す説明図
オーバーライドの判定領域を示す説明図
運転モード切換処理フローチャート

実施例

0011

以下、図面を参照して本発明の実施の形態を説明する。図1において、符号1は、走行制御装置10を中心として構成される車両の走行制御システムを示している。走行制御装置10には、周辺環境認識装置15、自車位置情報検出装置16、車車間通信装置17、道路交通情報通信装置18、エンジン制御装置20、ブレーキ制御装置21、ステアリング制御装置22、警報装置23等が車載ネットワークを形成する通信バス100を介して接続され、また、各種設定及び操作用スイッチ群19が接続されている。

0012

周辺環境認識装置15は、車両の外部環境撮影して画像情報を取得する車室内に設けた固体撮像素子等を備えたカメラ装置ステレオカメラ単眼カメラカラーカメラ等:図示せず)と、車両の周辺に存在する立体物からの反射波を受信するレーダ装置レーザレーダミリ波レーダ超音波レーダ等:図示せず)で構成されている。

0013

周辺環境認識装置15は、カメラ装置で撮像した画像情報を基に、例えば、距離情報に対して周知のグルーピング処理を行い、グルーピング処理した距離情報を予め設定しておいた三次元的な道路形状データ立体物データ等と比較することにより、車線区画線データ、道路に沿って存在するガードレール縁石等の側壁データ、車両等の立体物データ等を自車両からの相対的な位置(距離、角度)を、速度と共に抽出する。

0014

また、周辺環境認識装置15は、レーダ装置で取得した反射波情報を基に、反射した立体物の存在する位置(距離、角度)を、速度と共に検出する。尚、本実施の形態では、周辺環境認識装置15で認識可能な最大距離(立体物までの距離、車線区画線の最遠距離)を視程としている。更に、周辺環境認識装置15では、例えば、カメラ装置、レーダ装置等の異常や、悪天候等により周辺環境認識の精度が低下した場合には、周辺環境認識装置15の異常を走行制御装置10に出力する。

0015

自車位置情報検出装置16は、例えば、公知のナビゲーションシステムであり、例えば、GPS[Global Positioning System:全地球測位システム]衛星から発信された電波
受信し、その電波情報に基づいて現在位置を検出して、フラッシュメモリや、CD(Compact Disc)、DVD(Digital Versatile Disc)、ブルーレイ(Blu−ray;登録商標ディスク、HDD( Hard disk drive)等に予め記憶しておいた地図データ上に自車位置を特定する。

0016

この予め記憶される地図データとしては、道路データおよび施設データを有している。道路データは、リンク位置情報種別情報ノードの位置情報、種別情報、および、ノードとリンクとの接続関係の情報、すなわち、道路の分岐合流地点情報と分岐路における最大車速情報等を含んでいる。施設データは、施設毎のレコードを複数有しており、各レコードは、対象とする施設の名称情報所在位置情報施設種別デパート商店レストラン駐車場公園、車両の故障時の修理拠点の別)情報を示すデータを有している。そして、地図位置上の自車位置を表示して、操作者により目的地が入力されると、出発地から目的地までの経路が所定に演算され、ディスプレイへの画像表示スピーカからの音声案内により誘導自在になっている。

0017

車車間通信装置17は、例えば、所定の通信エリアを有する無線通信装置で構成され、他の車両と通信して情報の送受信を行うことが可能となっている。そして、他の車両との相互通信により、車両情報、走行情報、交通環境情報等を交換する。車両情報としては、車種(本形態では、乗用車トラック二輪車等の種別)を示す固有情報がある。また、走行情報としては車速、位置情報、ブレーキランプ点灯情報右左折時に発信される方向指示器点滅情報、緊急停止時に点滅されるハザードランプの点滅情報がある。更に、交通環境情報としては、道路の渋滞情報工事情報等の状況によって変化する情報が含まれている。

0018

道路交通情報通信装置18は、所謂、道路交通情報通信システム(VICS:Vehicle Information and Communication System:登録商標)であり、FM多重放送や道路上の発信機から、渋滞事故工事所要時間、駐車場の道路交通情報をリアルタイムに受信し、この受信した交通情報を、上述の予め記憶しておいた地図データ上に表示する。

0019

スイッチ群19は、ドライバの運転支援制御に係るスイッチ群で、例えば、速度を予め設定しておいた一定速で走行制御させるスイッチ、或いは、先行車との車間距離、車間時間を予め設定しておいた一定値に維持して追従制御させるためのスイッチ、走行車線を設定車線に維持して走行制御するレーンキープ制御のスイッチ、走行車線からの逸脱防止制御を行う車線逸脱防止制御のスイッチ、先行車(追い越し対象車両)の追い越し制御を実行させる追い越し制御実行許可スイッチ、これら全ての制御を協調して行わせる自動運転制御を実行させるためのスイッチ、これら各制御に必要な車速、車間距離、車間時間、制限速度等を設定するスイッチ、或いは、これら各制御を解除するスイッチ等から構成されている。

0020

エンジン制御装置20は、車両のエンジン(図示せず)の運転状態を制御する周知の制御ユニットであり、例えば、吸入空気量、スロットル開度エンジン水温吸気温度空燃比クランク角アクセル開度、その他の車両情報に基づき、燃料噴射制御点火時期制御電子制御スロットル弁開度制御等の主要な制御を行う。

0021

ブレーキ制御装置21は、例えば、ブレーキスイッチ、4輪の車輪速ハンドル角θH、ヨーレートγ、その他の車両情報に基づき、4輪のブレーキ装置(図示せず)をドライバのブレーキ操作とは独立して制御可能で、周知のアンチロックブレーキ・システム(Antilock Brake System)や、横すべり防止制御等の車両に付加するヨーモーメントを制御するヨーモーメント制御、及び、ヨーブレーキ制御を行う周知の制御ユニットである。そして、ブレーキ制御装置21は、走行制御装置10から、各輪のブレーキ力が入力された場合には、該ブレーキ力に基づいて各輪のブレーキ液圧を算出し、ブレーキ駆動部(図示せず)を作動させる。

0022

ステアリング制御装置22は、例えば、車速V、ドライバの操舵トルクTdrv、ハンドル角θH、ヨーレートγ、その他の車両情報に基づき、車両の操舵系に設けた電動パワーステアリングモータ(図示せず)によるアシストトルクを制御する、周知の制御装置である。また、ステアリング制御装置22は、上述の走行車線を設定車線に維持して走行制御するレーンキープ制御、走行車線からの逸脱防止制御を行う車線逸脱防止制御が可能となっており、これらレーンキープ制御、車線逸脱防止制御に必要な操舵角、或いは、操舵トルクが、走行制御装置10により算出されてステアリング制御装置22に入力され、入力された制御量に応じて電動パワーステアリングモータが駆動制御される。また、ステアリング制御装置22では、操舵機構を含む操舵系、操舵トルクセンサハンドル角センサ等の異常を検出するようになっており、走行制御装置10により、これらの異常状態の発生が監視されている。

0023

警報装置23は、車両の様々な装置に異常が生じた場合、警報を適宜発生する装置であり、例えば、モニタ、ディスプレイ、アラームランプ等の視覚的な出力と、スピーカ・ブザー等の聴覚的な出力との少なくとも一方を用いて、警告・報知を行う。また、ドライバのオーバーライド操作による自動運転制御の休止時には、現在の運転状態をドライバに報知する。

0024

以上の各装置を有する走行制御システム1の中心となる走行制御装置10は、各装置15〜22からの入力情報制御情報に基づいて、障害物等との衝突防止制御定速走行制御追従走行制御、レーンキープ制御、車線逸脱防止制御、その他追い越し制御等を協調させて自動運転制御等を実行する。

0025

この自動運転制御では、カメラによる撮像画像画像認識レーダ等から取得した走行環境情報に基づいて自車両が進行する経路を設定し、この経路に沿って走行するように操舵系の自動制御し、また、エンジンの出力制御ブレーキ制御を実行する。このとき、操舵系の制御においては、設定した経路に沿って走行するのに必要な目標ハンドル角θHtとなるよう制御する。

0026

自車両が進行する経路は、特定の技術に限定されることなく周知の技術を用いて設定することができる。例えば、画像処理で認識した車線の中央に経路を設定したとき、目標ハンドル角θHtは、以下の(1)式によって算出することができる。(1)式では、現在の車両横位置xvと車線中央位置xcとの偏差(xc−xv)に基づく閉ループで目標値に収束させるための操舵角に、カーブ旋回に対するフィードフォワード制御のための車線曲率κに基づく操舵角、ヨー角θyを閉ループで目標値に収束させるための操舵角を加えて、目標ハンドル角θHtを算出する。
θHt=Gf・(xc−xv)+Gff・κ+Gy・θy…(1)
但し、Gf:車両の横位置に対するフィードバックゲイン
Gff:フィードフォワードゲイン
Gy:ヨー角に対するフィードバックゲイン

0027

また、目標ハンドル角θHtへの操舵制御は、目標ハンドル角θHtと実ハンドル角θHとの偏差に基づく目標トルクへの制御として実行される。目標トルクへの制御は、具体的には、ステアリング制御装置22を介した電動パワーステアリングモータの電流制御として実行され、例えば、PID制御による以下の(2)式に示す駆動電流IMで電動パワーステアリングモータが駆動される。
IM=Kv・(Kp・(θHt-θH)+Ki・∫(θHt-θH)dt+Kd・d(θHt-θH)/dt)…(2)
但し、Kv:モータ電圧電流変換係数
Kp:比例ゲイン
Ki:積分ゲイン
Kd:微分ゲイン

0028

このような自動運転制御中に、ドライバの介入によるオーバーライド判定がなされると、自動運転から手動運転に向かって運転モードが切り換えられる。この運転モードの切り換えは、オーバーライド判定がなされたときに一義的に自動運転を休止して手動運転に切り換える従来の運転切り換えではなく、自動運転から切り換え可能な複数の運転モードを設けており、自動運転から段階的に手動運転に切り換え可能としている。

0029

このため、走行制御装置10は、オーバーライドによる自動運転と手動運転との切り換えに係る機能として、複数の運転モードの何れのオーバーライド条件が成立するかを判定するオーバーライド判定部11と、オーバーライド判定部11で判定されたオーバーライドの段階に応じて自動運転から運転モードを切り換える運転モード切換部12とを備えている。更に、本実施の形態においては、オーバーライド判定部11にてオーバーライドを判定する際の閾値を、走行状態に応じて可変するオーバーライド判定閾値設定部11aを備えている。

0030

本実施の形態においては、オーバーライド判定部11は、ドライバの介入によるオーバーライドの運転モードが以下に示すような運転モードA,Bの2段階の運転モードの何れに該当するかを判定する。運転モードAは、自動運転と手動運転との協調制御を行う第1の運転モードであり、運転モードBは、自動運転を休止した手動運転を許容する第2の運転モードである。

0031

尚、第1の運転モードである運転モードAは、更に、協調制御を複数段階とした複数の運転モードを含むようにしても良く、その場合には、後述するように、協調制御における自動運転の制御ゲインを複数段階に設定する。
<運転モードA>
ドライバのオーバーライドへの介入の度合いが弱い場合を考慮した運転モードであり、自動運転と手動運転との協調制御を行う。例えば、ドライバが一時的に手動運転を行い、その後は、また、システムによる自動運転にまかせたいような場合、一義的に手動運転に切り換えることなく、ドライバによる手動運転をシステムによる操作制御支援するような協調制御の運転モードとする。

0032

例えば、図2に示すように、カーブの旋回走行中で前方の旋回内側の路傍に物体OBが存在するとき、自動運転では、自車両Cと物体OBとが現在の経路での走行に特に支障がなく、安全が確保できる程度に離れている場合には、現在の経路Lでの走行を継続する。このとき、破線で示すように、ドライバが物体OBを気にして現在の経路を僅かに外れるような操舵を一時的に行った場合、協調制御の運転モードで経路L’に変更することにより、物体OBを通過した後に容易に自動運転に復帰可能となる。
<運転モードB>
従来のオーバーライド判定による切り換えと同様であり、自動運転を休止して手動運転を許容する。この運転モードBでは、システムによる目標操舵角への制御を休止して、ドライバが手動操作によって運転することができる。

0033

これらの運転モードA,Bの何れに該当するかは、以下の(1),(2)に示すように、操舵系の状態を表すパラメータの少なくとも1つを判定閾値と比較して判定する。
(1)操舵トルクを用いた判定
ドライバの操舵トルクTdrvを閾値Th1,Th2(Th1<Th2)と比較し、ドライバが比較的弱い操舵を行い、Th2>Tdrv>Th1の条件が成立する場合、協調制御の運転モードAへのオーバーライドと判定する。また、ドライバが強い操舵を行い、Tdrv≧Th2の条件が成立する場合、手動運転の運転モードBへのオーバーライドと判定する。
(2)操舵系の状態を表す複数のパラメータを組み合わせた判定
操舵系の状態を表す複数のパラメータとして、例えば、操舵トルク、操舵トルク速度、操舵角度、操舵角速度、操舵角加速度を想定し、これらの中の2つのパラメータを用いた2次元マップを作成し、このマップを参照して運転モードA,Bのオーバーライド判定を行う。

0034

オーバーライド判定の2次元マップは、図3に示すように、X,Yのマップ軸に、操舵トルク、操舵トルク速度、操舵角度、操舵角速度、操舵角加速度の中の2つのパラメータp,qを配置して作成される。そして、これらのパラメータp,qによって特定されるマップ上の位置により、オーバーライドされる運転モードが運転モードAか運転モードBかが判定される。

0035

図3においては、X,Y軸のマップ上において、x1≦p≦x2且つy1≧qの領域と、−x1≧p≧−x2且つ−y1≦qの領域とが運転モードAへのオーバーライド領域RAとして設定され、x2<p又はy1<qの領域と、−x2>p又は−y1>qの領域とが運転モードBへのオーバーライド領域RBとして設定されている。

0036

例えば、マップのパラメータpとして操舵トルクを用い、パラメータqとして操舵速度を用いたものとすると、操舵トルクが小さいにも拘わらず操舵速度が速く、領域RBに入る場合には、ドライバの手動運転の意思が明確であると判断されるため、自動運転を休止して手動運転となる運転モードBへのオーバーライド判定とする。また、操舵トルク及び操舵速度が中程度で、領域RAに入る場合には、ドライバの手動運転への意思が一時的であり、再度、自動運転へ復帰を望んでいる可能性があるものとして、自動運転と手動運転とを協調させる運転モードAへのオーバーライド判定とする。

0037

このオーバーライド判定の閾値は、オーバーライド判定閾値設定部11aで設定され、走行状態に応じて可変される。すなわち、操舵トルクの判定閾値Th1,Th2や、マップの領域RA,RBを定める閾値±x1,±y1が走行状態の条件によって可変される。

0038

走行状態の条件としては、例えば、直進状態旋回状態低車速状態と高車速状態等があり、これらの条件に応じて閾値が変更され、自動運転と手動運転との協調制御が適正化される。例えば、車速が低い状態では操舵トルクに対する判定の閾値Th1を下げてドライバが介入し易くし、車速が高くなる程、閾値Th2を上げてドライバが介入し難くする。

0039

また、直進走行状態では操舵トルクに対する判定の閾値を下げてドライバが介入し易くし、旋回走行状態では判定の閾値を上げてドライバが介入し難くすることで、ドライバがハンドルをしっかり握った状態に誘導し、オーバーライド後のハンドル操作における安定感を向上することができる。直進状態と旋回状態とは、カメラによる路面状態認識、操舵角が所定の設定値を超えるか否か、ヨーレート横加速度が所定の設定値を超えるか否かにより、判別することができる。

0040

運転モード切換部12は、オーバーライド判定部11によるオーバーライドの判定結果に従って、自動運転、運転モードA(協調制御)、運転モードB(手動運転)を切り換える。この場合、協調制御の運転モードAでは、自動運転の制御ゲインをドライバによる手動運転を優先するように調整する。自動運転の制御ゲインの調整は、システムによる操舵トルクを低減する方向に調整して手動運転に対する自動運転の操舵反力を適正化できれば良く、目標ハンドル角θHtや電動パワーステアリングモータの駆動電流IMを設定する際のゲインを対象とすることができる。

0041

すなわち、運転モードAでは、前述の(1)式による目標ハンドル角θHtを算出する際のゲイン(フィードバックゲインGf,Gy、フィードフォワードゲインGff)、前述の(2)式による電動パワーステアリングモータの駆動電流IMを算出する際のゲイン(PID制御のゲインKp,Ki,Kd)の何れか、或いは双方を調整して最適化することで、ドライバによる手動操舵を優先しつつ、システムによる操舵トルクで支援する。

0042

例えば、電動パワーステアリングモータの駆動電流IMに対して、PID制御の比例ゲインKp、積分ゲインKi、微分ゲインKdの一部又は全部を低減することで、自動運転の操舵トルクを低減し、ドライバによる手動運転に対して自動運転の操舵トルクを違和感のない大きさとすることができる。

0043

但し、ドライバによる操舵で安全が確保できないと判断される場合には、自動運転の制御ゲインを低減せず、逆に制御ゲインを大きくする。また、第1の運転モードである運転モードAが複数段階のモードを含む場合には、協調制御における自動運転の制御ゲインを、ドライバの介入度合い等に応じて段階的に設定するようにしても良い。

0044

次に、走行制御装置10で実行される運転モード切換のプログラム処理について、図4に示すフローチャートを用いて説明する。

0045

この運転モード切換処理では、先ず、最初のステップS101において、自動運転制御が実行されている自動運転状態か否かが判定される。自動運転状態ではない場合は、プログラムを抜け、自動運転状態の場合、S102に進み、直進走行旋回走行、低車速走行、高車速走行等の走行状態を判別する。そして、ステップS103で走行状態に応じてオーバーライド判定の閾値を設定する。

0046

次に、ステップS104へ進み、オーバーライド条件が成立するか否かを判定する。例えば、操舵トルクを用いて判定する場合、操舵トルクが閾値Th1以下の場合には、オーバーライド条件が非成立と判定し、操舵トルク、操舵トルク速度、操舵角度、操舵角速度、操舵角加速度のパラメータを用いて2次元マップを参照する場合には、参照パラメータによって特定されるマップ内の位置が領域RA,RBの領域外である場合、オーバーライド条件が非成立と判定する。

0047

そして、ステップS104において、オーバーライド条件非成立と判定された場合には、プログラムを抜け、オーバーライド条件成立と判定された場合、ステップS105へ進む。ステップS105では、オーバーライドによる運転モードの切り換えが運転モードAと運転モードBとの何れであるかを調べる。運転モードAへの切り換えである場合には、ステップS106で自動運転と手動運転の協調制御を実行し、運転モードBへの切り換えである場合、ステップS107で自動運転を休止してドライバによる操舵に従った手動運転を可能とする。

0048

このように本実施の形態においては、自動運転と手動運転との協調制御を行う第1の運転モードと、自動運転を休止して手動運転を許容する第2の運転モードとを設けて、オーバーライド判定で第1の運転モードと第2の運転モードとを切り換えるため、自動運転から手動運転へ切り換える際に、滑らかで且つ容易に運転モードを切り換えることが可能となる。

0049

また、オーバーライドの1段階目として、自動運転と手動運転との中間的な第1の運転モードを設けることで、自動運転を継続しながら手動運転の介入を許容する状態を実現することができる。すなわち、ドライバは自動運転による制御状態感知しながら自らが介入して走行する状態を実現することができ、自動運転と手動運転とが親和した協調状態を実現することができる。

0050

また、オーバーライドの2段階目として、自動運転を休止させて手動運転を許容する第2の運転モードを設けることで、自動運転を休止させて手動運転に切り換えた状態に容易に移行することができる。逆に、ドライバの介入(オーバーライド)を休止した場合には、速やかに元の自動運転状態に戻ることが可能となる。

0051

1走行制御システム
10走行制御装置
11オーバーライド判定部
11a オーバーライド判定閾値設定部
12運転モード切換部
22 ステアリング制御装置

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 井関農機株式会社の「 作業車両」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】作業装置への作業資材の補給を容易に行うことのできる作業車両を提供する。【解決手段】作業車両(10)は、複数の車輪(11a),(12a)を備え、圃場(100)を走行可能な走行車体(1)と、走行車... 詳細

  • 国立大学法人群馬大学の「 EPS用制御装置」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】運転者の不快感を低減するEPS用制御装置を提供する。【解決手段】この発明のEPS用制御装置は、トルクセンサが出力するトルクセンサ出力を用いて操舵トルク(TS)の位相を補償する第1の制御を行うと... 詳細

  • 株式会社デンソーの「 走行支援装置」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】隊列全体を円滑に車線移動可能な走行支援装置を提供する。【解決手段】複数の車両10によって形成された隊列1での走行を支援する走行支援装置100は、実施判断部103、および変更制御部104を備える... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ