図面 (/)

技術 スクラブ剤

出願人 地方独立行政法人青森県産業技術センター
発明者 宮木博山口信哉菊地徹
出願日 2015年2月26日 (5年4ヶ月経過) 出願番号 2015-036347
公開日 2016年9月1日 (3年9ヶ月経過) 公開番号 2016-155792
状態 特許登録済
技術分野 化粧料
主要キーワード 固化乾燥 粉砕ポット 粉砕粒 球状多孔質シリカ 塩化ナトリウム粒子 木炭粉末 化粧石けん 摩擦感
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年9月1日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (2)

課題

柔らかく皮膚を傷つけたり痛めない、洗浄剤等に添加されるスクラブ剤の提供。

解決手段

ニワトリ、アヒルガチョウダチョウ等の鳥類羽毛を、ボールミルを用いて乾燥条件下500rpmにて48時間粉砕を行い、図1に示す粒度分布を有する羽毛粉末

概要

背景

洗浄能力向上のため、洗浄剤には、近年スクラブ剤が添加されているものが多くなってきた。特に、肌の洗浄に使用する石けんクレンジング剤毛髪洗浄料歯磨き剤などに多く添加されている。このような化粧料に使用されるスクラブ剤は、肌などに沈着した汚れを洗浄剤とともに皮膚を物理的に擦ることにより剥離させる作用を有する。そのため、スクラブ剤は固形粒子で、不溶性であるものが用いられており、材料としてはナイロンポリエチレンなどの合成樹脂貝殻軽石ケイソウ土クルミの殻、ヒマワリスイカの種子などがある。スクラブ剤は種々新しく開発されており、球状多孔質シリカ(特許文献1や特許文献2)や火山灰(特許文献3や特許文献4)平均粒子径200〜2000μmの植物種子粉砕粒と平均粒子径20〜200μmの水不溶性無機粉体の混合物(特許文献5)、塩化ナトリウム粒子(特許文献6)、水不溶性シクロデキストリンポリマー(特許文献7)などがあるが、いずれも硬いため、皮膚を傷つけ痛めるおそれがあった。

概要

柔らかく皮膚を傷つけたり痛めない、洗浄剤等に添加されるスクラブ剤の提供。ニワトリ、アヒルガチョウダチョウ等の鳥類羽毛を、ボールミルを用いて乾燥条件下500rpmにて48時間粉砕を行い、に示す粒度分布を有する羽毛粉末

目的

本発明は、柔らかい性質を有する皮膚を傷つけず痛めないスクラブ剤を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

羽毛粉末を有効成分とするスクラブ剤

技術分野

0001

本発明は、化粧料日用品などで使用されるスクラブ剤に関する。

背景技術

0002

洗浄能力向上のため、洗浄剤には、近年スクラブ剤が添加されているものが多くなってきた。特に、肌の洗浄に使用する石けんクレンジング剤毛髪洗浄料歯磨き剤などに多く添加されている。このような化粧料に使用されるスクラブ剤は、肌などに沈着した汚れを洗浄剤とともに皮膚を物理的に擦ることにより剥離させる作用を有する。そのため、スクラブ剤は固形粒子で、不溶性であるものが用いられており、材料としてはナイロンポリエチレンなどの合成樹脂貝殻軽石ケイソウ土クルミの殻、ヒマワリスイカの種子などがある。スクラブ剤は種々新しく開発されており、球状多孔質シリカ(特許文献1や特許文献2)や火山灰(特許文献3や特許文献4)平均粒子径200〜2000μmの植物種子粉砕粒と平均粒子径20〜200μmの水不溶性無機粉体の混合物(特許文献5)、塩化ナトリウム粒子(特許文献6)、水不溶性シクロデキストリンポリマー(特許文献7)などがあるが、いずれも硬いため、皮膚を傷つけ痛めるおそれがあった。

先行技術

0003

特開平6−179892号 公報
特開2011−225548号 公報
特開平1−215892号 公報
特開2008−189703号 公報
特開平10−338625号 公報
特開平3−123732号 公報
特開平5−105619号 公報

発明が解決しようとする課題

0004

本発明は、柔らかい性質を有する皮膚を傷つけず痛めないスクラブ剤を提供するものである。

課題を解決するための手段

0005

上記課題を達成するために、本発明のスクラブ剤は、羽毛粉末を有効成分とする。

発明の効果

0006

本発明により、皮膚を傷つけにくい柔らかいスクラブ剤を提供できる。本発明の約10μm径の大きさの羽毛粉末の圧縮強度微小圧縮試験機で測定したところ、得られた参考強度は、平均50.4MPaであった。比較として約10μm径の大きさのナラ由来木炭粉末の参考強度は、平均102.7MPaであり、本発明が効果を有していることが示された。

図面の簡単な説明

0007

本発明の、実施例1に係る羽毛粉末の粒度分布を示した図である。

0008

以下、実施の形態をより具体的に説明する。

0009

本発明の羽毛は、鳥類の羽毛であり、鳥類も種類を問わない。鳥類の種類としては、ニワトリ、アヒルガチョウダチョウなどがあげられるが、産業上、一般的に用いられている羽毛が入手容易である。また、羽毛の粉末は、羽毛を各種方法で粉砕して得られるが、粉砕方法は問わないものである。大きさは数十μm〜2000μmの範囲が好ましい。そのため、ふるいなどにより分級してもよい。羽毛の粉砕の前に、洗浄及び消毒したほうが衛生上良い。

0010

このようにして得られる羽毛粉末は、柔らかい性質を有しており、皮膚を傷つけにくいスクラブ剤として利用できる。また、羽毛は、弱アルカリ性弱酸性では安定であり、また洗浄剤に用いられている界面活性剤、水、塩類キレート剤pH調整剤などの化学物質や、湿式の状態では80℃程度の高熱にも安定であることが知られており、洗浄剤と共に使用するスクラブ剤として欠点は見受けられない。

0011

羽毛粉末は、従来のスクラブ剤と同様に固形状、泡状、クリーム状、液状の洗浄剤に混合、分散され、加えられる。添加される洗浄剤の種類としては日用石けん、化粧石けんハンドソープボディシャンプークレンジング用品、洗顔料マッサージクリームシャンプー、歯磨き剤などがある。
洗浄剤に加えられる量は、洗浄剤の形態や種類や羽毛粉末の粒度により異なるが、概ね固形状では全体の1〜40%(w/w)、クリーム状では全体の1〜30%(w/w)、液状では全体の1〜10%(w/w)が好ましい。

0012

また、本発明の効果を劣化させない程度に他のスクラブ剤を配合してもよい。

0013

以下に実施例を示して本発明を具体的に説明するが、これは単に例示の目的で述べるものであり、本発明はこれらの実施例に限定されるものではない。

0014

羽毛は、食鳥処理業者(青森県青森市)から排出された雌の鶏(品種リカルブTX)の羽毛を入手し、皮や内臓等の夾雑物温水中で除去処理後、家庭用全自動洗濯機にて洗浄した。酵素製剤無添加の家庭用洗濯用洗剤と200ppmの次亜塩素酸ナトリウムを加えた75Lの水道水と、処理した湿重量6kgの羽毛を洗濯機投入し、12分間の撹拌後、水道水ですすぎ脱水した。その後、家庭用ドラム式衣類乾燥機で60分間乾燥したものをスクラブ剤の原料とした。
この羽毛5gをボールミル(株式会社伊製作所製MF−1、粉砕ポット容量300mL、ボール径15mm)を用いて乾燥条件下500rpmにて48時間粉砕を行い、目開き300μmのふるい(SANPO製、直径14cm)通過画分を羽毛粉末とした。この羽毛粉末をレーザー回折散乱粒子径分布測定装置(株式会社堀場製作所製LA−300)で測定したところ、平均粒径は123μm±57μmであった。図1は、羽毛粉末の粒度分布を示した図で、横軸粒子径棒グラフ縦軸粉末粒子頻度(%)、線グラフ縦軸は粉末粒子の積算割合(%)を示す。

0015

実施例1で調製した羽毛粉末を1g分取し、遊星ボールミル(株式会社伊藤製作所製MC−4A)を用いて30分間再粉砕した。羽毛粉末の圧縮強度を測定するため、再粉砕した羽毛粉末から約10μm径の大きさの5試料顕微鏡下でピックアップし、微小圧縮試験機(島津製作所製MCT−W500)を用いて、参考強度を計測した。比較のため、スクラブ剤として石けんなどの化粧料によく用いられる木炭(ナラ由来、合同会社ツリーワーク製)を、ハンマー粗粉砕後、遊星ボールミル(株式会社伊藤製作所製MC−4A)を用いて30分間再粉砕し、再粉砕した木炭粉末から約10μm径の大きさの5試料を顕微鏡下でピックアップし、同じく粉末の圧縮強度を測定するため、微小圧縮試験機(島津製作所製MCT−W500)で参考強度を計測した。

0016

羽毛粉末の参考強度は、最大68.1MPa、最小30.3MPa、5試料の平均で50.4MPa±16.4MPaであった。木炭の参考強度は、最大142.5MPa、最小67.4MPa、5試料の平均で102.7MPa±28.8MPaであった。統計処理の結果、危険率5%で、羽毛粉末は、木炭粉末に比較し、圧縮強度が有意に低いことが明らかとなった。

0017

実施例1で調製した300μmのふるい通過羽毛粉末を目開き100μmのふるい(SANPO製、直径14cm)でふるい分けし、100μm不通過の羽毛粉末(100〜300μm径)を得た。この羽毛粉末を用いて固形石けん試作を行った。石けんの素地は、脂肪酸ナトリウムを主成分とするMPソープクリア(株式会社生活の木製)を用いた。MPソープクリア20gをガラスビーカーに分取し、家庭用電子レンジ松下電器産業株式会社製NE−S12)を用いて500Wで約10秒間加熱溶解し、あらかじめ計量しておいた羽毛粉末0.2gを加え、すばやくガラス棒で撹拌し羽毛粉末を分散させた。分散後、室温で静置し、一昼夜固化乾燥し羽毛粉末1%(w/w)混和固形石けんを得た。比較のため、300μm通過100μm不通過の木炭粉末(100〜300μm径)を用いて、木炭粉末1%(w/w)混和固形石けんを羽毛粉末1%(w/w)混和固形石けんと同様に調製した。

0018

調製した固形石けんは両者とも、直径40mm、高さ12mmの円柱形で、羽毛粉末と木炭粉末ともに、固形石けん内に、偏りなく適度に分散されていることが視認された。

実施例

0019

上記実施例3で調製した羽毛粉末1%(w/w)混和固形石けんの表面を水で濡らし、石けん表面を右手指先人差し指中指薬指)で擦ったところ、心地よい摩擦感が得られ、ひりひりした痛みは感じられなかった。次に、上記実施例3で調製した木炭粉末1%(w/w)混和固形石けんの表面を水で濡らし、石けん表面を右手の指先(人差し指、中指、薬指)で擦ったところ、ざらざらした不快感が得られ、長時間の接触には耐えられなかった。

0020

本発明によって、皮膚を傷つけず痛めない柔らかいスクラブ剤が提供され、また、それを添加した化粧料や日用品が提供される。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 丸善製薬株式会社の「 皮膚化粧料、頭髪化粧料および飲食品」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】天然物由来の化合物の中から抗肥満作用、サイクリックAMPホスホジエステラーゼ活性阻害作用、ジペプチジルペプチダーゼIV活性阻害作用、抗老化作用、育毛作用、抗男性ホルモン作用、美白作用、または抗... 詳細

  • ユニ・チャーム株式会社の「 化粧用シート」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】肌触りの向上と、吸液性及び液戻りの向上と、を両立できる化粧用シートを提供する。【解決手段】化粧用シート(1)は、一方側の面に配置されたスパンレース不織布(20)と、スパンレース不織布(20)に... 詳細

  • 株式会社マンダムの「 整髪剤組成物」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】アレンジ力に優れながらも、毛髪に硬さを付与し、整髪後は乾いた仕上がりとなる整髪剤組成物を提供する。【解決手段】下記成分(A)、下記成分(B)、下記成分(C)、及び下記成分(D)を含有し、前記成... 詳細

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ