図面 (/)

技術 バリケードのスタンド

出願人 ホクシン工業株式会社
発明者 鈴木信也
出願日 2015年2月20日 (6年3ヶ月経過) 出願番号 2015-031327
公開日 2016年8月25日 (4年8ヶ月経過) 公開番号 2016-153553
状態 特許登録済
技術分野 安全地帯、通行遮断具、防護さく
主要キーワード 工事作業者 立ち入り禁止区域 バリケード 死亡事故 炭素鋼鋼管 光反射材 分別廃棄 通行者
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年8月25日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

車両等の突入による柵体の突き刺さり事故を抑制し、通行者及び工事作業者等の安全性を向上させるバリケードスタンドを提供すること。

解決手段

間隔を隔てて配置されるバリケードのスタンド1,1間に柵体2を着脱自在に架設することで組み立てられるバリケードのスタンド1において、柵体2の端が挿入される穴41を有し、その穴41に挿入された柵体2の端面が穴の中でスタンド1に当接可能となっている保持手段4を備える。

概要

背景

従来、道路工事現場等において、立ち入り禁止区域を設定するためにバリケードが設置される。

このようなバリケードとして、特許文献1に記載のバリケードがある。

特許文献1に記載のバリケードは、パイプと、このパイプの両端近傍を、クランプを介して支持固定するスタンドとから構成されている。

概要

車両等の突入による柵体の突き刺さり事故を抑制し、通行者及び工事作業者等の安全性を向上させるバリケードのスタンドを提供すること。間隔を隔てて配置されるバリケードのスタンド1,1間に柵体2を着脱自在に架設することで組み立てられるバリケードのスタンド1において、柵体2の端が挿入される穴41を有し、その穴41に挿入された柵体2の端面が穴の中でスタンド1に当接可能となっている保持手段4を備える。

目的

本発明は、車両等の突入による柵体の突き刺さり事故を抑制し、通行者及び工事作業者等の安全性を向上させるバリケードのスタンドを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

間隔を隔てて配置されるスタンド間柵体着脱自在に架設することで組み立てられるバリケードスタンドにおいて、前記柵体の端が挿入される穴を有し、その穴に挿入された柵体の端面が穴の中でスタンドに当接可能となっている保持手段を備えることを特徴とするバリケードのスタンド。

請求項2

前記スタンドは、スタンド本体と、そのスタンド本体の柵体が架設される側の面に着脱自在となっている保持部を有することを特徴とする請求項1に記載のバリケードのスタンド

請求項3

前記保持部は、前記柵体の端が挿入される有底の筒を有しており、柵体の端面が前記筒の底に当接可能となっていることを特徴とする請求項1又は2に記載のバリケードのスタンド。

請求項4

前記保持部の前記筒部は前記スタンド本体の柵体が架設される側の面から突出しており、前記スタンド本体には、バリケードのスタンドを積み重ねる際に、前記筒の突出している部分を収容するための空間が、スタンド本体の柵体が架設される側の面又はその対向する面の少なくとも一方に形成されていることを特徴とする請求項3に記載のバリケードのスタンド。

請求項5

前記スタンド本体の柵体が架設される側の面と対向する面には、文字、図形、画像を表示するプレートが着脱可能となっていることを特徴とする請求項2乃至4にいずれかに記載のバリケードのスタンド。

技術分野

0001

本発明は、間隔を隔てて配置されるスタンド間柵体着脱自在に架設することで組み立てられるバリケードスタンドに関する。

背景技術

0002

従来、道路工事現場等において、立ち入り禁止区域を設定するためにバリケードが設置される。

0003

このようなバリケードとして、特許文献1に記載のバリケードがある。

0004

特許文献1に記載のバリケードは、パイプと、このパイプの両端近傍を、クランプを介して支持固定するスタンドとから構成されている。

先行技術

0005

特開2008−31647号公報

発明が解決しようとする課題

0006

特許文献1のバリケードでは、パイプの両端が露出している。バリケードのパイプの軸線方向に速度を有する車両等がバリケードに突入してきた場合、パイプが車両等に突き刺さり、死亡事故等の重大事故が発生するという問題があった。

0007

また、車両等のバリケードへの突入によってバリケードが飛ばされ、露出したパイプの両端によってバリケード近くの通行者及び工事作業者等が重大な怪我する可能性があるという問題もあった。

0008

パイプが露出したまま長期間使用されることによってパイプの端面が荒れ、バリケードの近くを通行する通行者及び工事作業者等が端面に触れることで怪我する可能性もあった。

0009

上記点より本発明は、車両等の突入による柵体の突き刺さり事故を抑制し、通行者及び工事作業者等の安全性を向上させるバリケードのスタンドを提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0010

上記課題を解決するため、請求項1のバリケードのスタンドは、間隔を隔てて配置されるスタンド間に柵体を着脱自在に架設することで組み立てられるバリケードのスタンドにおいて、前記柵体の端が挿入される穴を有し、その穴に挿入された柵体の端面が穴の中でスタンドに当接可能となっている保持手段を備える。

0011

請求項1のバリケードのスタンドによれば、前記柵体の端が挿入され、その挿入された柵体の端面がスタンドに当接可能となっている保持部を有するので、柵体及びスタンドのみで、他の部品を追加することなく、柵体の端が露出することがないバリケードを組み立てることができる。

0012

請求項2のバリケードのスタンドは、請求項1のバリケードのスタンドにおいて、前記スタンドが、スタンド本体と、そのスタンド本体の柵体が架設される側の面に着脱自在となっている保持部を有する。

0013

請求項2のバリケードのスタンドによれば、請求項1のバリケードのスタンドと同様に作用する上に、保持部が着脱自在になっていることで、保持部をスタンド本体から分離して保管及び搬送させることができる。これにより、保管場所省スペース化及び搬送の容易化を実現することができる。また、スタンド本体又は保持部の一方が破損した場合でも、交換することによって他方を引き続き使用できる。さらに保持部とスタンド本体の素材が異なる場合、容易に分別廃棄できるので、環境に優しい。

0014

さらに、保持部を柵体の端に取り付けた状態のまま、スタンド本体から取り外し、複数の柵体の保持部同士を連結することで、他の部品を追加することなく、柵体の延長が可能となる。

0015

請求項3のバリケードのスタンドは、請求項1又は請求項2のバリケードのスタンドにおいて、前記保持部が、前記柵体の端が挿入される有底の筒部を有しており、柵体の端面が前記筒部の底に当接可能となっている。

0016

請求項3のバリケードのスタンドによれば、請求項1又は請求項2のバリケードのスタンドと同様に作用する上に、前記保持部が、前記柵体の端が挿入される有底の筒部を有しており、柵体の端面が前記筒部の底に当接可能となっているので、スタンド本体に直接柵体の端が衝突することがなく、スタンド本体の破損を防止することができる。

0017

請求項4のバリケードのスタンドは、請求項3のバリケードのスタンドにおいて、前記筒部は前記スタンド本体の柵体が架設される側の面から突出しており、前記スタンド本体には、バリケードのスタンドを積み重ねる際に、前記筒部の突出している部分を収容するための空間が、スタンド本体の柵体が架設される側の面又はその対向する面の少なくとも一方に形成されている。

0018

請求項4のバリケードのスタンドによれば、請求項3のバリケードのスタンドと同様に作用する上に、スタンド本体に保持部が取り付けられた状態では、前記筒部は前記スタンド本体の柵体が架設される側の面から突出しているにも関わらず、積み重ねられたバリケードのスタンドの高さが1個のスタンド本体の厚さに積み重ねたスタンドの個数を乗じた値となる。これにより、スタンド本体に保持部が取り付けられた状態でも、積み重ねられたバリケードのスタンドの高さを最小限にすることができる。

0019

請求項5のバリケードのスタンドは、請求項2乃至4のいずれかのバリケードのスタンドにおいて、前記スタンド本体の柵体が架設される側の面と対向する面には、文字、図形、画像を表示するプレートが着脱可能となっている。

0020

請求項5のバリケードのスタンドによれば、請求項2乃至4のいずれかのバリケードのスタンドと同様に作用する上に、スタンド本体に多様なプレートが取り付けることができるので、様々なPR、バリケード設置場所イメージアップ情報発信等の多様な目的に対応できる。

発明の効果

0021

請求項1から5のいずれかの発明によれば、車両等の突入による柵体の突き刺さり事故を抑制し、通行者及び工事作業者等の安全性を向上させることができる。

図面の簡単な説明

0022

本発明の一実施形態のスタンドを使用したバリケードの斜視図である。
本発明の一実施形態のスタンド本体の表面側の平面図であって、保持部及びプレートを取り外した状態を示す。
本発明の一実施形態のスタンド本体の裏面側の平面図であって、保持部及びプレートを取り外した状態を示す。
本発明の他の実施形態のスタンドを使用したバリケードの斜視図である。
本発明の一実施形態のスタンドの積み重ねた状態を示す斜視図である。
図5の部分断面拡大斜視図である。

実施例

0023

本発明の一実施形態であるバリケードのスタンド1について、以下説明する。

0024

スタンド1が使用されるバリケードは、図1に示すように、間隔を隔てて配置される複数のスタンド1の間に2本の柵体2を着脱自在に架設することで組み立てられる。

0025

柵体2は、JIS G 3444規格に基づく炭素鋼鋼管であって、一般的には直径48.6mmの断面が円形単管を使用する。

0026

スタンド1は、スタンド本体3とそのスタンド本体3の柵体2が架設される側の面に着脱自在となっている保持部4とを有する。

0027

スタンド本体3の柵体2が架設される側の面を裏面とし、この裏面と対向する面を表面とする。この裏面及び表面の法線方向を厚さ方向とする。また、スタンド1を立設させた際の重力方向をスタンド1の上下方向としスタンド本体3が地面に接地する側を下とする。以下の説明の中では、この裏表及び上下の表現は、スタンドが積み重ねられている場合でも、立設している場合とみなして使用する。

0028

スタンド本体3は樹脂一種である高密度ポリエチレンからなる。

0029

スタンド本体3の表面側には、図1及び図2に示すようにプレート5が取り付けられるプレート取り付け面31が設けられている。プレート取り付け面31は、スタンド本体3の厚さ方向に表面から裏面に向かって窪んだ面である。

0030

プレート取り付け面31とこのプレート取り付け面31の周囲の表面縁部32との間には段差が存在する。表面縁部32からは、プレート取り付け面31に向かって、プレート5を固定するための突起33が形成されている。プレート5の端部はプレート取り付け面31と突起33との間の隙間に空間的に余裕をもって嵌め込まれることによって、容易にプレート5を取り付けることができる。またプレートの表面の摩耗やプレート表面に貼り付けたシールの剥がれを抑制することができる。

0031

スタンド本体3の裏面側には、図1及び図3に示すように、保持部4が取り付けられる保持部取り付け面34が上下2か所に設けられている。保持部取り付け面34は、スタンド本体3の厚さ方向に裏面から表面に向かって窪んだ面である。保持部取り付け面34の周囲の裏面縁部36と保持部取り付け面34との間には段差が存在する。

0032

保持部取り付け面34には、保持部4を保持部取り付け面34に固定するための、取り付け穴35が形成されている。この取り付け穴35は、図2のスタンド表側のプレート取り付け面31まで貫通している。

0033

プレート取り付け面31側では、保持部をスタンド本体3固定するためのプレート取り付け面31側から取り付け穴35にボルトが挿入される。ボルトの頭がプレート取り付け面31から突出しないようにするために、取り付け穴35はプレート取り付け面31からさらに窪んだ形状となっている。

0034

スタンド本体3の裏面側には、保持部4の一部を収容する空間を形成するための収容窪み37が設けられている。

0035

スタンド本体3には、図2及び図3に示すようにプレート5をスタンド本体3から取り外した状態では、スタンド本体3の表面から裏面へと貫通する開口部38,39が設けられている。プレート5をスタンド本体3から取りつけた状態では、開口部38,39が閉塞される。プレート5及びスタンド本体3の開口部38は、保持部4の一部を収容する空間を形成することとなる。

0036

保持部4は、金属からなる。

0037

保持部4は、図1に示すように、上下2個の筒部41と1枚の平板部42とからなる。各筒部41の一方の端部は平板部42によって閉鎖されている。従って、保持部4全体としては、柵体2の端が挿入される有底の筒を有することとなる。保持部4の筒部41に挿入された柵体2の端面は筒の底である平板部42に当接可能となっている。

0038

保持部4はスタンド1の一部であるので、スタンド1は、柵体2の端が挿入される穴としての筒部41を有することとなる。その穴である筒部41に挿入された柵体2の端面は、筒部41の中でスタンド1の一部である保持部4の平板部42に当接可能となっている。

0039

筒部41の側周面にはナット43が溶接されており、そのナット43の穴と対応する穴が筒部41の側周面を貫通している。このナットと螺合するボルトの先端が筒部41に挿入された柵体2の端を押圧することで、筒部41から柵体2が抜けにくくすることができる。

0040

平板部42の各筒部41の周囲には、保持部取り付け面34の取り付け穴35と対応する取り付け孔44が形成されている。プレート取り付け面31側から取り付け穴35に挿入されるボルトやナット等によって、保持部4がスタンド本体3の上下2か所の保持部取り付け面34に固定されるようになっている。

0041

保持部4がスタンド本体3に固定された状態では、平板部42の裏面側の表面は裏面から表面に向かって窪んだ面となっている。裏面縁部36と平板部42の裏面側の表面との間には段差が存在する。

0042

本発明の別の実施形態としては、図4に示すように、スタンド本体3の裏面側の上下2か所の保持部取り付け面に、それぞれ上の保持部4A、下の保持部4Bが取り付けられているスタンド1もある。保持部4A及び4Bでは、それぞれの筒部41,41の一方の端部が平板部42,42によって閉鎖されている。

0043

平板部42の筒部41からはみ出した部分には、保持部取り付け面34の取り付け穴35と対応する取り付け孔44が形成されている。プレート取り付け面31側から取り付け穴35に挿入されるボルトやナット等によって、上の保持部4A及び下の保持部4Bがそれぞれ、スタンド本体3の上下2か所の保持部取り付け面34,34に固定されるようになっている。

0044

この別の実施形態のスタンド1でも、前述の実施形態と同様の作用効果を得ることができる。

0045

上の保持部4A、下の保持部4Bがスタンド本体3の上下2か所の保持部取り付け面34,34にそれぞれ固定されると、筒部41の一部は、スタンド本体3の裏面である裏面縁部36から突出することとなる。

0046

以下、上の保持部4A、下の保持部4Bが取り付けられた状態での複数のスタンド1の積み重ねについて説明する。尚、図4及び図5では、保持部4の取り付け孔44を省略してある。

0047

スタンド1は、図4に示すように、一枚ごとに上下を反転させた状態で積み重ねられる。また、裏面同士が当接した2枚のスタンド、表面同士が当接した2枚のスタンドの順で積み重ねられる。

0048

表面同士が当接した2枚のスタンド1は、それぞれの表面縁部32同士が当接している状態となっている。

0049

裏面同士が当接した2枚のスタンド1は、それぞれの裏面縁部36同士が当接している状態となっている。

0050

裏面同士が当接した2枚のスタンド1において、図4及び図5に示すように、裏面縁部36から突出する上の保持部4Aの筒部41の一部は、スタンド本体3の裏面側の収容窪み37によって形成される空間に収容される。また、裏面縁部36から突出する下の保持部4Bの筒部41の一部は、スタンド本体3の開口部38によって形成される空間に収容される。

0051

突出する上の保持部4Aの筒部41の一部及び下の保持部4Bの筒部41の一部が収容されることで、表面同士が当接した2枚のスタンド1は、それぞれの表面縁部32同士が当接し、表面同士が当接した2枚のスタンド1は、それぞれの表面縁部32同士が当接するので、積み重ねられた複数のスタンド1の高さを最小限にすることができる。

0052

上記実施形態では、柵体2が2本である場合について説明したが、これに限定されることなく、柵体が1本又は3本以上であってもよい。

0053

上記実施形態では、柵体2がJIS G 3444規格に基づく炭素鋼鋼管であって、一般的には直径48.6mmの断面が円形の単管を使用する場合について説明したが、これに限定されることなく、木などの別の素材、別のサイズの直径又は別の形状の断面の柵体であってもよい。

0054

上記実施形態では、スタンド本体3が樹脂の一種である高密度ポリエチレンからなる場合について説明したが、これに限定されることなく、スタンド本体の素材が、木、金属、高密度ポリエチレン以外の樹脂などであってもよい。

0055

上記実施形態では、保持部4は、金属からなる場合について説明したが、これに限定されることなく、保持部の素材が、金属以外の材料であってもよい。

0056

上記実施形態では、スタンド本体3の裏面側に収容窪み37が設けられている場合について説明したが、これに限定されることなく、スタンド本体の表面側に収容窪みが設けられていてもよい。

0057

上記実施形態では、保持部4が有底である場合について説明したが、これに限定されることなく、柵体の端面がスタンド本体に当接可能であってもよい。

0058

上記実施形態では、スタンド本体3に保持部4が着脱可能となっている場合について説明したが、これに限定されることなく、スタンド本体及び保持部が一体となっているスタンドであってもよい。

0059

また、スタンド本体3の表面縁部32及び裏面縁部36に、積み重ねられたスタンド本体がずれないように嵌合する凹凸が設けられていてもよい。保持部をスタンド本体から取り外して、複数のスタンド本体を積み重ねる際に、スタンド本体を安定して積み重ねることができる。

0060

さらに、スタンド本体3の表面縁部32及び裏面縁部36に、光反射材張り付けるための凹部を形成してもよい。特にスタンド本体3のプレート取り付け面31ではない表面縁部32に光反射材を張り付けることで、プレート5の有無に関係なくスタンド1の夜間の視認性が向上する。表面縁部32の光反射材が張り付けられていることで、プレート5が光反射材に触れることなく、プレート5の取り付け及び取り外しが可能なので、光反射材が摩耗や剥がれといった破損を抑制することができる。

0061

1スタンド
2柵体
3 スタンド本体
4,4A,4B 保持部
5プレート
31 プレート取り付け面
32 表面縁部
33突起
34 保持部取り付け面
35取り付け穴
36 裏面縁部
37 収容窪み
38,39 開口部
41,61 筒部
42,62平板部
43ナット
44 取り付け孔

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 宮尾 豊比古の「 パーキングブロック」が 公開されました。( 2021/04/01)

    【課題】遠隔操作時の電波を届きやすくさせるなど、機能を向上させることが可能なパーキングブロックを提供する。【解決手段】所定の部位に設置されて固定可能なベース部20と、当該ベース部20と連結されて接地面... 詳細

  • 三菱電機株式会社の「 発進制御機」が 公開されました。( 2021/04/01)

    【課題】長尺でかつ発光器を有した開閉バーを具備する自動料金収受システム専用インターチェンジに設ける発進制御機を提供する。【解決手段】開閉バー本体16の先端から長軸方向に小径の可撓性の弾性体からなる延長... 詳細

  • 株式会社関電工の「 折り畳み表示器及び当該表示器を複数用いた工事用バリケード又は表示器」が 公開されました。( 2021/03/25)

    【課題】設置面積を取らず、組み立てが容易で、収納の際はコンパクトに畳める折り畳み表示器を提供する。【解決手段】底辺1aが直線状である板体1に、前記底辺1aから垂直な折り目2を設け、当該折り目2の両側を... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ