図面 (/)

技術 棒付きアイス専用受皿

出願人 村松優
発明者 村松優
出願日 2015年2月20日 (3年8ヶ月経過) 出願番号 2015-047673
公開日 2016年8月25日 (2年2ヶ月経過) 公開番号 2016-152900
状態 未査定
技術分野 食卓用器具 食卓容器
主要キーワード 持ち手 ベトツキ 受け皿 包装袋 アイス
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年8月25日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

従来、棒付きアイスを食べる時は包装袋から持ち手の棒を持ち、袋をつけたまま食べるか、袋から出して食べるので、溶けたアイスが手や床などに垂れてしまい、汚れが生じたり、ベトツキの原因になっていたので、棒付きアイスを食べる時に使う、棒付きアイス専用受皿を提供する。

解決手段

棒付きアイスの持ち手棒部分とアイス部分を覆うよう受皿1の中心に棒部分挿入口2を設け、棒付きアイスの持ち手下方より挿入口に差し込む棒付きアイス専用受皿。

概要

背景

概要

従来、棒付きアイスを食べる時は包装袋から持ち手の棒を持ち、袋をつけたまま食べるか、袋から出して食べるので、溶けたアイスが手や床などに垂れてしまい、汚れが生じたり、ベトツキの原因になっていたので、棒付きアイスを食べる時に使う、棒付きアイス専用受皿を提供する。棒付きアイスの持ち手棒部分とアイス部分を覆うよう受皿1の中心に棒部分挿入口2を設け、棒付きアイスの持ち手下方より挿入口に差し込む棒付きアイス専用受皿。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

棒付きアイス持ち手棒部分とアイス部分を覆うよう受皿となるカバーの中心に棒部分挿入口設け、棒付きアイスの持ち手下方より挿入口に差し込み、棒付きアイスの受け皿とする棒付きアイス専用受皿。

技術分野

0001

本発明は、汚さず食べる事ができる棒付きアイス専用受皿に関するものである。

技術背景

0002

従来、棒付きアイスは、包装袋から出しそのまま持ち手である棒部分を持って食べていた。

発明が解決しようとしている課題

0004

従来、棒付きアイスを食べる時は包装袋から持ち手の棒を持ち、袋をつけたまま食べるか、袋から出して食べるかで、溶けたアイスが手や床などに垂れてしまい、汚れが生じたりベトツキの原因になっていた。
本発明は以上の問題点を解決するためになされたものである。

課題を解決するための手段

0005

棒付きアイスの持ち手棒部分とアイス部分を覆う受皿となるカバーの中心に棒部分挿入口を設け、棒付きアイスの持ち手下方より挿入口に差し込み、棒付きアイスの受け皿とする。
以上の構成よりなる棒付きアイス専用受皿。

発明効果

0006

従来棒付きアイスが溶けた際に、持ち手や下に垂れていたアイスが、本発明の受け皿に垂れることで汚れることを防ぎ、幼児等も手を汚すことなく棒付きアイスを食べることができる。

図面の簡単な説明

0007

本発明の斜視図本発明の使用状態を示す斜視図本発明の裏面斜視図

実施例

0008

以下、本発明の実施の形態を説明する。
(イ)深さを設けた受け皿(1)の中央に、持ち手棒挿入口(2)を設ける。
本発明は以上のような構造である。
本発明を使用するときは、棒付きアイスを袋から取り出し、棒付きアイスの持ち手棒下方部分を持ち手挿入口(2)へ差し込む。

0009

1受け皿、2持ち手棒挿入口

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

新着 最近 公開された関連が強い 技術

  • 株式会社小泉製作所の「 乾杯等に用いる飲用容器」が 公開されました。( 2018/08/23)

    【課題】食卓や宴席等において、音を鳴らして楽しむことができる飲用容器の提供を目的とする。【解決手段】従来のPbレス黄銅合金はPbの代替としてBiが添加されていたが、Biも重金属であり、引用に用いるため... 詳細

  • 牧村昭洋の「 飲食用具」が 公開されました。( 2018/08/23)

    【課題】飲食機能部に飲食物が配された際に飲食機能部が回転することを防止する飲食用具を提供する。【解決手段】飲食物を飲食するための飲食機能部の軸31が柄部5に回転自在に支持されてなる飲食用具において、飲... 詳細

  • ライフロボティクス株式会社の「 陶磁器」が 公開されました。( 2018/08/16)

    【課題】ピッキング作業を行うロボット及び作業員にとって認識率の高い陶磁器を提供することにある。【解決手段】本実施形態に係る陶磁器100は、素焼生地170に絵柄180が絵付けされる。この絵柄180ととも... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する挑戦したい社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ