図面 (/)

技術 プログラム、見積方法および見積装置

出願人 株式会社ブロードリーフ
発明者 高田芳弘佐藤真一
出願日 2015年2月17日 (6年6ヶ月経過) 出願番号 2015-028849
公開日 2016年8月22日 (5年0ヶ月経過) 公開番号 2016-151891
状態 特許登録済
技術分野 特定用途計算機
主要キーワード 供給製品 入力車 ドアボディ 修理箇所 マイナーチェンジ ボディ形状 現行車 修理見積もり
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年8月22日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (12)

課題

工賃の情報が記憶されていない場合でも、工賃を含めた修理費用見積を行うことができるプログラム等を提供すること。

解決手段

プログラムは、修理見積もりを行う物品に係る第1の型式を取得し、前記第1の型式に関連づけられた修理に係る情報があらかじめ記憶されているか否かを判定し、前記情報が記憶されていないと判定した場合には、関連づけて記憶されている情報を前記物品の修理見積もりに利用することが可能な物品に係る第2の型式を前記第1の型式または前記第1の型式の物品の仕様に基づいて表示する処理をコンピュータに実行させる。

概要

背景

車両の修理に要する費用見積もるにあたり、自動車部品イラストを表示し、選択された部品に色を付ける車両修理見積もりシステムが開示されている(特許文献1)。

車両の修理に要する費用を見積もるにあたり、自動車の部品のイラストを素材によって異なる色を用いて表示する情報提供装置が開示されている(特許文献2)。

車両の修理を行うにあたり、交換する可能性のある部品を一括して供給して在庫管理の負担を軽減する部品選択システムおよび部品供給システムが開示されている(特許文献3)。

概要

工賃の情報が記憶されていない場合でも、工賃を含めた修理費用の見積を行うことができるプログラム等を提供すること。プログラムは、修理見積もりを行う物品に係る第1の型式を取得し、前記第1の型式に関連づけられた修理に係る情報があらかじめ記憶されているか否かを判定し、前記情報が記憶されていないと判定した場合には、関連づけて記憶されている情報を前記物品の修理見積もりに利用することが可能な物品に係る第2の型式を前記第1の型式または前記第1の型式の物品の仕様に基づいて表示する処理をコンピュータに実行させる。

目的

本発明は工賃の情報が記憶されていない場合でも、工賃を含めた修理費用の見積を行うことができるプログラム等を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

修理見積もりを行う物品に係る第1の型式を取得し、前記第1の型式に関連づけられた修理に係る情報があらかじめ記憶されているか否かを判定し、前記情報が記憶されていないと判定した場合に、関連づけて記憶されている情報を前記物品の修理見積もりに利用することが可能な物品に係る第2の型式を、前記第1の型式または前記第1の型式の物品の特性に基づいて表示する処理をコンピュータに実行させることを特徴とするプログラム

請求項2

前記第2の型式を選択した理由を表示する処理をコンピュータに実行させることを特徴とする、請求項1に記載のプログラム。

請求項3

前記第2の型式に関連付けられた前記情報を使用して修理見積もりを行う処理をコンピュータに実行させることを特徴とする請求項1または請求項2に記載のプログラム。

請求項4

前記物品は自動車であり、前記情報は自動車の修理に関する指数であることを特徴とする、請求項1から請求項3のいずれか一つに記載のプログラム。

請求項5

前記第1の型式と前記第2の型式との関係は、相手先ブランド供給製品の型式と該型式の原型となった製品の型式、旧製品の型式とその後継製品の型式、または、同一シリーズに属する製品同士の型式の関係であることを特徴とする請求項1から請求項4のいずれか一つに記載のプログラム。

請求項6

第1の型式と第2の型式とを関連づけて記憶する処理をコンピュータに実行させることを特徴とする請求項1から請求項5のいずれか一つに記載のプログラム。

請求項7

修理見積もりを行う物品に係る第1の型式を取得し、前記第1の型式に関連づけられた修理に係る情報があらかじめ記憶されているか否かを判定し、前記情報が記憶されていないと判定した場合に、関連づけて記憶されている情報を前記物品の修理見積もりに利用することが可能な物品に係る第2の型式を、前記第1の型式または前記第1の型式の物品の特性に基づいて表示する処理をコンピュータに実行させることを特徴とする見積方法

請求項8

修理見積もりを行う物品の第1の型式を取得する取得部と前記第1の型式に関連づけられた修理に係る情報があらかじめ記憶されているか否かを判定する判定部と前記情報が記憶されていないと判定した場合に、関連づけて記憶されている情報を前記物品の修理見積もりに利用することが可能な物品に係る第2の型式を、前記第1の型式または前記第1の型式の物品の特性に基づいて表示する表示部とを備えることを特徴とする見積装置

技術分野

0001

本発明は、コンピュータにより修理見積もりを行うプログラム見積方法および見積装置に関する。

背景技術

0002

車両の修理に要する費用見積もるにあたり、自動車部品イラストを表示し、選択された部品に色を付ける車両修理見積もりシステムが開示されている(特許文献1)。

0003

車両の修理に要する費用を見積もるにあたり、自動車の部品のイラストを素材によって異なる色を用いて表示する情報提供装置が開示されている(特許文献2)。

0004

車両の修理を行うにあたり、交換する可能性のある部品を一括して供給して在庫管理の負担を軽減する部品選択システムおよび部品供給システムが開示されている(特許文献3)。

先行技術

0005

特開2006−350743号公報
特開2003−156921号公報
特開2010−64662号公報

発明が解決しようとする課題

0006

しかしながら、特許文献1のシステムでは、修理の工賃算定方法については開示されていない。また特許文献2の装置および特許文献3のシステムでは、あらかじめ補助記憶装置に記憶された工賃の情報を用いて、修理費用の見積を行う。そのため、工賃の情報が記憶されていない車種については、ユーザが工賃に関する情報を入力する必要があった。

0007

一つの側面では、本発明は工賃の情報が記憶されていない場合でも、工賃を含めた修理費用の見積を行うことができるプログラム等を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0008

一態様では、プログラムは修理見積もりを行う物品に係る第1の型式を取得し、前記第1の型式に関連づけられた修理に係る情報があらかじめ記憶されているか否かを判定し、前記情報が記憶されていないと判定した場合に、関連づけて記憶されている情報を前記物品の修理見積もりに利用することが可能な物品に係る第2の型式を、前記第1の型式または前記第1の型式の物品の仕様に基づいて表示する処理をコンピュータに実行させる。

発明の効果

0009

一つの側面では、工賃の情報が記憶されていない場合でも、工賃を含めた修理費用の見積を行うことができるプログラム等を提供することが可能となる。

図面の簡単な説明

0010

見積装置の装置構成図である。
参考DBのレコードレイアウトを示す説明図である。
見積装置の画面を示す説明図である。
見積プログラムの処理の流れを示すフローチャートである。
実施の形態2の見積プログラムの処理の流れを示すフローチャートである。
車種DBのレコードレイアウトを示す説明図である。
実施の形態3の見積プログラムの処理の流れを示すフローチャートである。
実施の形態3の代替車種選定の処理の流れを示すフローチャートである。
実施の形態3の代替車種選定の処理の流れを示すフローチャートである。
実施の形態3の代替車種選定の処理の流れを示すフローチャートである。
実施の形態4の見積装置の装置構成図である。

実施例

0011

[実施の形態1]
本実施の形態は、車両の修理費用の見積もりを行う見積装置に関する。本実施の形態の見積装置は、修理対象の車両の車種を受け付けた後に、その車種の修理に係る指数が作成されているか否かを判定し、作成されていないと判定した場合には指数が定められている参考車種を抽出し、参考車種の指数を用いて修理費用の見積もりを行う。

0012

ここで指数について説明する。指数とは、自動車の修理の作業時間を示す指標であり、自動車業界においては修理費用を算定する際の基準に使用されている。指数と自動車修理工場立地等に応じて定める係数との積により、自動車修理の技術料を算定する。自動車の修理に要する作業時間は、自動車の構造によって、また修理作業によって異なる。したがって、指数は自動車の車種および修理作業ごとに作成される。

0013

指数を作成するには手間が掛かるため、一部の車種についてのみ指数が作成される。作成された指数は自動車業界内で共通に利用されている。指数が作成されていない車種については、構造等が類似する車種の指数を流用して、自動車修理の技術料を算定することが行われている。従来は、指数を流用する車種の選択は、ユーザの知識と経験に基づいて手作業で行われてきた。そのため、見積装置の操作は、車両に関する豊富な知識を有するユーザが行っていた。本実施の形態は、指数を流用する車種の候補である参考車種を抽出する見積プログラム等に関する。

0014

図1は、見積装置10の装置構成図である。本実施形態の見積装置10は、一または複数の演算制御装置であるCPU11、SRAM(Static RAM)、DRAM(Dynamic RAM)またはフラッシュメモリ等の主記憶装置12、ハードディスク半導体メモリディスク等の記憶装置である補助記憶装置13、マウスキーボードタッチパネルペンタブレットマイク等の入力機器である入力部14、プリンタプロッタ等の出力機器である出力部15、ディスプレイプロジェクタヘッドマウントディスプレイ等の表示部16、ディスクドライブ、SD(Secure Digital)カードリーダ等の可搬型記録媒体を読み取る読取部18、インターネットまたはイントラネット等のネットワークとの通信を行う通信モジュール17を含む。見積装置10は、たとえば汎用パソコンタブレットスマートフォン等である。

0015

補助記憶装置13には、CPU11に実行させる見積プログラムおよび見積プログラムの実行に必要な参考DB(DataBase)131等の各種DBが保存される。なお、参考DB131等の各種DBは、通信モジュール17を介して図示しない外部のDBから取得されても良い。

0016

図2は、参考DB131のレコードレイアウトを示す説明図である。参考DB131は、指数が作成されていない車種と、修理費用の見積に指数を流用可能な参考車種および参考車種の選定理由を関連づけるDBである。ここで車種とは、車両のメーカが定めた英数字等で表現される型式であり、車両の詳細仕様識別する際に使用する事ができる。

0017

参考DB131は、入力車フィールド、参考車種フィールドおよび理由フィールドを有する。参考DB131は、指数が作成されていない1車種ごとに1つのレコードを有する。入力車種フィールドには、指数が作成されていない車種が記録されている。参考車種フィールドには、入力車種フィールドに記録された車種の修理費用の見積に指数を流用することが可能な参考車種が記録されている。

0018

理由フィールドには、参考車種を選定した理由が記録されている。理由フィールドに「OEM車」と記録されている場合には、入力車種と参考車種とが、相手先ブランド供給製品の車種とその原型となった製品の車種の関係にあることを示す。ここでOEMは、Original Equipment Manufacturer、すなわち相手先ブランド供給品の略である。理由フィールドに「同車格」と記録されている場合には、入力車種と参考車種との車両寸法が近いことを示す。理由フィールドに「前回年式」と記録されている場合には、入力車種は参考車種の後継製品であり参考車種が前回の年式の車種にあたることを示す。これらの他に、理由フィールドには入力車種と参考車種とが同一シリーズマイナーチェンジ車であること、入力車種と参考車種とが同一のエンジンを使用している車種であること事等が記録されていても良い。

0019

図3は、見積装置10の画面を示す説明図である。図3を使用して、見積装置10の概要を説明する。

0020

車両の修理に要する費用を見積もる際には、CPU11は修理対象である車両に関する情報の入力を受け付ける。CPU11は、入力を受け付けた車種の指数が補助記憶装置13に記憶されているか否かを判定する。記憶されていないと判定した場合には、CPU11は表示部16に図3に示す画面を表示する。図3の画面について説明する。CPU11は、図3の上部には、ユーザに状況を説明する説明欄21を表示する。図3の説明欄21には、ユーザが入力した車種の見積を行うためには、類似した車種を選択する必要があることおよびユーザが入力した車種と類似する参考車種を用意したことが表示されている。

0021

CPU11は、説明欄21の下にユーザが入力した車種、年式、ドアボディの形状等を示す車両情報欄22を表示する。CPU11は、車両情報欄22の下にユーザが入力した車種に類似する参考車種を表示する参考欄23を表示する。CPU11は、参考欄23の下に参考車種を選定した理由を表示する理由欄24を表示する。CPU11は、理由欄24の下にユーザの操作を受け付ける戻るボタン25、変更ボタン26、見積ボタン27をそれぞれ表示する。以下の説明では図3の画面を車種提案画面と呼ぶ。

0022

図4は、見積プログラムの処理の流れを示すフローチャートである。図4を使用して本実施の形態の見積装置10のCPU11が行う処理の流れを説明する。CPU11は、車両情報を受け付ける(ステップS501)。車両情報は、車種、車体番号、車両の所有者名等の情報である。車両情報は、入力部14から受け付けても良いし、通信モジュール17を介して接続された他の情報端末から受け付けても良い。

0023

CPU11は、入力された車種の指数が補助記憶装置13に記憶されているか否かを判定する(ステップS502)。記憶されていないと判定した場合には(ステップS502でNO)、CPU11は、入力された車種をキーとして補助記憶装置13に記憶された参考DB131を参照して参考車種および参考車種の選定理由を取得する(ステップS503)。

0024

CPU11は、参考車種とその選定理由を含む車種提案画面を表示部16に表示し、参考車種の指数を見積もりの作成に採用できるか否かを判定する(ステップS504)。判定は、車種提案画面の見積ボタン27の入力を受け付けたか否かにより行う。見積ボタン27の入力を受け付けた場合は、CPU11は参考車種の指数を採用可能と判定する(ステップS504でYES)。車種提案画面の変更ボタン26の入力を受け付けた場合には、参考車種の指数を採用不可能と判定し(ステップS504でNO)、CPU11はユーザによる参考車種の入力を受け付ける(ステップS506)。ユーザによる参考車種の入力は従来も行われているので、入力方法の詳細および入力画面の説明は省略する。

0025

ステップS504の終了後およびステップS506の終了後、CPU11は補助記憶装置13から参考車種の指数を取得する(ステップS507)。

0026

入力された車種の指数が補助記憶装置13に記憶されていると判定した場合には(ステップS502でYES)、CPU11は補助記憶装置13から入力された車種の指数を取得する(ステップS508)。

0027

ステップS507の終了後およびステップS508の終了後、CPU11は修理箇所を受け付ける(ステップS509)。CPU11はステップS503またはステップS504で取得した指数を使用して、ステップS509で受け付けた修理箇所の修理見積もりを作成する(ステップS510)。修理箇所の受付および修理見積もりの作成については従来も行われているので説明は省略する。その後、CPU11は処理を終了する。なお、フローチャートの記載は省略するが、戻るボタン25の選択を受け付けた場合には、CPU11は本サブルーチンの処理を中断して、車両情報の入力画面に戻る。

0028

本実施の形態によると、指数が作成されていない車種であっても参考DB131を参照することにより適切な参考車種を使用して見積を行うことができる。したがって、車両に関する知識が少ないユーザであっても、適切な見積を作成することが可能な見積装置10を提供できる。

0029

参考DB131の信頼性が高い場合には、ステップS504およびステップS506を省略し、参考車種を取得(ステップS503)した後に、ユーザによる入力の受付を待たずに参考車種の指数を取得(ステップS507)してもよい。

0030

本実施の形態においては自動車の修理を例にして挙げたが、自動二輪車家電機器情報機器等、各種の物品の修理の見積に本見積装置10を適用する事ができる。この場合、各メーカが独自に算定している修理の所要時間のデータ等を指数として使用する事で技術料の見積を行う事ができる。

0031

なお、自動車修理の場合であっても、各メーカが独自に算定している修理の所要時間または修理費用のデータを指数として使用しても良い。

0032

[実施の形態2]
本実施の形態は、ユーザによる参考車種の入力を受け付けた場合に、その参考車種と入力車種とを関連づけてDBに記録する見積装置10に関する。実施の形態1と共通する部分については、説明を省略する。

0033

図5は、実施の形態2の見積プログラムの処理の流れを示すフローチャートである。CPU11は、車両情報を受け付ける(ステップS501)。CPU11は、入力された車種の指数が補助記憶装置13に記憶されているか否かを判定する(ステップS502)。記憶されていないと判定した場合には(ステップS502でNO)、CPU11は、入力された車種をキーとして補助記憶装置13に記憶された参考DB131を参照して参考車種および参考車種の選定理由を取得する(ステップS503)。

0034

CPU11は、参考車種の取得に成功したか否かを判定する(ステップS521)。成功していない場合とは、キーとした車種が参考DB131の入力車種フィールドに含まれていない場合である。

0035

成功したと判定した場合には(ステップS521でYES)、CPU11は、参考車種とその選定理由を含む車種提案画面を表示部16に表示し、参考車種の指数を見積もりの作成に採用可能か否かを判定する(ステップS504)。判定は、車種提案画面の見積ボタン27の入力を受けつけたか否かで判定する。見積ボタン27の入力を受け付けた場合は、CPU11は参考車種の指数を採用可能と判定する(ステップS504でYES)。

0036

車種提案画面の変更ボタン26の入力を受け付けた場合には、CPU11は参考車種を採用不可能と判定する(ステップS504でNO)。参考車種の取得に失敗したと判定した場合(ステップS521でNO)、および参考車種を採用不可能と判定した場合(ステップS504でNO)、CPU11はユーザによる参考車種の入力を入力部14から受け付ける(ステップS506)。CPU11は、ユーザの入力した参考車種を保存するか否かを判定する(ステップS522)。判定は、保存を指示する旨の入力の受付の有無により行う。

0037

保存すると判定した場合には(ステップS522でYES)、CPU11は参考DB131にステップS501で入力を受け付けた入力車種と関連づけてステップS506で入力を受け付けた参考車種を記録する(ステップS523)。ここで、入力フィールドに既に入力車種が記録されている場合には、そのレコードの参考車種フィールドをステップS506で入力された参考車種に書き換える。入力フィールドに入力車種が記録されていない場合には、入力車種と参考車種を関連づけたレコードを参考DB131に追加する。

0038

なお、CPU11は参考車種を決定した理由を入力部14または通信モジュール17を介して接続された他の情報端末から受け付けて、参考DB131に追加するレコードの理由フィールドに記録することが望ましい。また、参考DB131の修正および追記履歴については、参考DB131内に履歴フィールドを設けて記録するか、別途ログファイルを設けて記録する事が望ましい。記録する事柄は、たとえば修正または追記した事項、修正または追記を行ったユーザ、修正または追記を行った日時等である。

0039

採用可能と判定した場合(ステップS504でYES)、ステップS523の終了後、および参考車種を保存しないと判定した場合(ステップS522でNO)、CPU11は補助記憶装置13から参考車種の指数を取得する(ステップS507)。

0040

入力された車種の指数が補助記憶装置13に記憶されていると判定した場合には(ステップS502でYES)、CPU11は補助記憶装置13から入力された車種の指数を取得する(ステップS508)。

0041

ステップS507の終了後またはステップS508の終了後、CPU11は修理箇所を受け付ける(ステップS509)。CPU11はステップS503またはステップS504で取得した指数を使用して、ステップS509で受け付けた修理箇所の修理見積もりを作成する(ステップS510)。修理箇所の受付および修理見積もりの作成については従来も行われているので説明は省略する。その後、CPU11は処理を終了する。なお、フローチャートの記載は省略するが、戻るボタン25の選択を受け付けた場合には、CPU11は本サブルーチンの処理を中断して、車両情報の入力画面に戻る。

0042

本実施の形態によると、新しい車種の発売に比べて参考DB131の更新遅れていても、修理受け付けの都度参考DB131の記録内容を充実させていく事が可能な見積装置10を提供できる。

0043

[実施の形態3]
本実施の形態は、車種の特性を参照して参考車種を選択する見積装置10に関する。実施の形態1と共通する部分については説明を省略する。

0044

図6は、車種DBのレコードレイアウトを示す説明図である。車種DBは、車種の仕様等の特性を記録したDBである。車種DBは、車種フィールド、状態フィールド指数フィールド、メーカフィールド、OEM元フィールドおよび前フィールドを含む。車種DBは、1つの車種につき1つのレコードを有する。

0045

車種フィールドには、車種が記録されている。状態フィールドには、その車種の状態が記録されている。状態フィールドに「新型」と記録されている場合には、その車種は新型の車種として発売された事を示している。状態フィールドに「フルモデルチェンジ」と記録されている場合には、その車種は既存の車種との共通性はあるがほぼ新型の車種として発売されたことを示している。状態フィールドに「マイナーチェンジ」と記録されている場合には、その車種は既存の車種との共通点が多い車種として発売されたことを示している。状態フィールドに「過去」と記録されている場合には、その車種は過去に販売されていたが現在は販売されていない過去販売車であることを示している。

0046

指数フィールドには、その車種の指数が作成されているか否かが記録されている。指数フィールドに「有り」と記録されている場合には、その車種の指数が作成されていて参照できることを意味している。指数フィールドに「無し」と記録されている場合には、その車種の指数が参照できない事を意味している。なお、指数フィールドに「有り」と記録されている場合には、その車種の指数はあらかじめ補助記憶装置13に記憶されている。

0047

メーカフィールドにはメーカ名が記録されている。OEM元フィールドには、車種フィールドに記録された車種が相手先ブランド供給を受けた車種である場合に、原型となった製品の車種が記録されている。OEMフィールドに「−」と記録されている場合は、その車種は相手先ブランド供給を受けた車種ではない事を意味している。前フィールドには、モデルチェンジ前の車種が記録されている。前フィールドに「−」と記録されている場合には、その車種はモデルチェンジを行った車種ではないことを意味している。

0048

さらに車種DBには車両寸法、ボディ形状ドアの数、駆動部の仕様、エンジンの仕様、販売台数等、車種の特性を記録した図示しないフィールドが含まれている。

0049

図7は、実施の形態3の見積プログラムの処理の流れを示すフローチャートである。図7を使用して本実施形態の処理の流れを説明する。なお実施の形態1と共通する部分は説明を省略する。

0050

CPU11は、車両情報を受け付ける(ステップS501)。車両情報は、車種、車体番号、車両の所有者名等の情報である。車両情報は、入力部14から受け付けても良いし、通信モジュール17を介して接続された他の情報端末から受け付けても良い。

0051

CPU11は、入力された車種をキーとして車種DBからレコードを取り出し、指数フィールドを参照して、指数が補助記憶装置13に記録されているか否かを判定する(ステップS502)。指数が補助記憶装置13に記憶されていないと判定した場合には(ステップS502でNO)、CPU11は、参考車種選定のサブルーチン起動する(ステップS531)。参考車種選定のサブルーチンは、車種DBを参照して入力された車種に対応する参考車種を選定するサブルーチンである。参考車種選定のサブルーチンの処理の流れは後述する。CPU11は補助記憶装置13から参考車種の指数を取得する(ステップS507)。

0052

指数が補助記憶装置13に記憶されていると判定した場合には(ステップS502でYES)、CPU11は補助記憶装置13から入力された車種の指数を取得する(ステップS508)。

0053

ステップS507の終了後およびステップS508の終了後、CPU11は修理箇所を受け付ける(ステップS509)。CPU11はステップS503またはステップS504で取得した指数を使用して、ステップS509で受け付けた修理箇所の修理の見積もりを作成する(ステップS510)。修理箇所の受付および修理見積もりの作成については従来も行われているので説明は省略する。その後、CPU11は処理を終了する。なお、フローチャートの記載は省略するが、戻るボタン25の選択を受け付けた場合には、CPU11は本サブルーチンの処理を中断して、車両情報の入力画面に戻る。

0054

図8から図10までは、実施の形態3の参考車種選定の処理の流れを示すフローチャートである。図8から図10までを使用して、参考車種選定の処理の流れを説明する。

0055

CPU11は、入力車種をキーとして車種DBからレコードを取り出す。CPU11は、取り出したレコードのOEMフィールドを参照して、入力車種に相手先ブランド供給の原型となった車種があるか否かを判定する(ステップS551)。原型となった車種が有ると判定した場合(ステップS551でYES)、CPU11は原型となった車種をキーとして車種DBからレコードを取り出して指数フィールドを参照し、指数が作成されているか否かを判定する(ステップS552)。

0056

指数が作成されていると判定した場合は(ステップS552でYES)、CPU11は相手先ブランド供給の原型となった車種を参考車種に決定する(ステップS553)。CPU11は、その後処理を終了する。

0057

相手先ブランド供給の原型となった車種が無いと判定した場合(ステップS551でNO)、および相手先ブランド供給の原型となった車種の指数が補助記憶装置に記憶されていないと判定した場合(ステップS552でNO)、CPU11は入力車種のレコードの状態フィールドを参照して、その車種が過去販売車であるか否かを判定する(ステップS555)。過去販売車であると判定した場合は(ステップS555でYES)、CPU11はマイナーチェンジ後の車種の有無を判定する(ステップS556)。

0058

マイナーチェンジ後の車種の有無は、以下の手順で判定する。CPU11は、入力車種をキーとして車種DBの前フィールドを検索する。前フィールドに入力車種が記載されているレコードがある場合には、CPU11はそのレコードの状態フィールドを参照する。状態フィールドに「マイナーチェンジ」と記録されている場合に、CPU11はマイナーチェンジ後の車種があると判定する。

0059

マイナーチェンジ後の車種が有ると判定した場合は(ステップS556でYES)、CPU11はマイナーチェンジ後の車種の指数が補助記憶装置に記憶されているか否かを判定する(ステップS557)。マイナーチェンジ後の車種の指数の有無は、マイナーチェンジ後の車種のレコードの指数フィールドを参照して判定する。

0060

マイナーチェンジ後の車種が無いと判定した場合(ステップS556でNO)、およびマイナーチェンジ後の車種の指数が作成されていないと判定した場合(ステップS557でNO)、CPU11はマイナーチェンジ前の車種の有無を判定する(ステップS558)。マイナーチェンジ前の車種の有無は、入力車種のレコードの前フィールドの記録から判定する。マイナーチェンジ前の車種があると判定した場合には(ステップS558でYES)、CPU11はマイナーチェンジ前の車種をキーとして車種DBからレコードを取り出し、指数フィールドを参照して、マイナーチェンジ前の車種の指数が補助記憶装置13に記憶されているか否かを判定する(ステップS559)。

0061

マイナーチェンジ後の車種の指数が補助記憶装置13に記憶されていると判定した場合(ステップS557でYES)、CPU11はマイナーチェンジ車種を参考車種に決定する(ステップS560)。また、マイナーチェンジ前の車種の指数が補助記憶装置に記憶されていると判定した場合(ステップS559でYES)も、CPU11はマイナーチェンジ車種を参考車種に決定する(ステップS560)。CPU11は、その後処理を終了する。

0062

入力車種が現行車種であると判定した場合(ステップS555でNO)、CPU11は入力車種の状態フィールドを参照して入力車種がマイナーチェンジ車であるか否かを判定する(ステップS571)。マイナーチェンジ車であると判定した場合は(ステップS571でYES)、CPU11はマイナーチェンジ前の車種の指数が補助記憶装置13に記憶されているか否かを判定する(ステップS572)。判定は、入力車種のレコードの前フィールドに記録されているマイナーチェンジ前の車種をキーとして車種DBを検索してレコードを取り出し、指数フィールドを参照して行う。

0063

マイナーチェンジ前の車種の指数が補助記憶装置に記憶されていると判定した場合は(ステップS572でYES)、CPU11はマイナーチェンジ前の車種を参考車種に決定する(ステップS573)。CPU11はその後処理を終了する。

0064

入力車種がマイナーチェンジ車ではないと判定した場合は(ステップS571でNO)、CPU11は入力車種がフルモデルチェンジ車であるか否かを判定する(ステップS574)。判定は、入力車種のレコードの状態フィールドを参照して行う。

0065

入力車種がフルモデルチェンジ車であると判定した場合は(ステップS574でYES)、CPU11は同シリーズの車種の有無を判定する(ステップS575)。判定は、車種DBの車種フィールドを参照して、車種の一部、たとえば前から2文字が同一である車種の有無を判定することにより行う。なお、車種DBに車種のシリーズ名を記録するフィールドを設けて参照するようにしても良い。

0066

また、入力車種が過去販売車でありマイナーチェンジ前の車種が無いと判定した場合も(ステップS558でNO)、CPU11は同シリーズの車種の有無を判定する(ステップS575)。入力車種が過去販売車であり、マイナーチェンジ前の車種の指数が補助記憶装置に記憶されていないと判定した場合も(ステップS559でNO)、CPU11は同シリーズの車種の有無を判定する(ステップS575)。

0067

同シリーズの車種があると判定した場合は(ステップS575でYES)、CPU11は同シリーズの車種の指数が作成されているか否かを判定する(ステップS576)。指数が作成されていると判定した場合は(ステップS576でYES)、CPU11は同シリーズの車種を参考車種に決定する(ステップS577)。CPU11はその後処理を終了する。

0068

入力車種に指数が作成されているマイナーチェンジ前の車種が無いと判定した場合(ステップS572でNO)、CPU11は同メーカの車種で参考車種に適切な車種が有るか否かを判定する(ステップS591)。入力車種がフルモデルチェンジ車ではないと判定した場合(ステップS574でNO)も、CPU11は同メーカの車種で参考車種に適切な車種が有るか否かを判定する(ステップS591)。入力車種がフルモデルチェンジ車であり同シリーズの車種が無いと判定した場合(ステップS575でNO)も、CPU11は同メーカの車種で参考車種に適切な車種が有るか否かを判定する(ステップS591)。入力車種と同シリーズの車種に指数作成されている車種が無いと判定した場合(ステップS576でNO)も、CPU11は同メーカの車種で参考車種に適切な車種が有るか否かを判定する(ステップS591)。

0069

ステップS591で、適切な車種とは、たとえば入力車種と車両寸法が近い車種、ボディ形状およびドアの数が同一の車種、駆動系およびエンジンが同一の車種などである。ステップS591では、複数の車種が適切な車種として選択される場合がある。

0070

同メーカに適切な車種が有ると判定した場合(ステップS591でYES)、CPU11は、ステップS591で抽出した車種に、補助記憶装置に指数が記憶されている車種が含まれているか否かを判定する(ステップS592)。補助記憶装置に指数が記憶されている車種が含まれていると判定した場合(ステップS592でYES)、CPU11は指数が記憶されているなかで最も販売台数の多い車種を参考車種に決定する(ステップS593)。CPU11はその後処理を終了する。

0071

ステップS591で抽出した車種に補助記憶装置に指数が記憶されている車種が含まれていないと判定した場合(ステップS592でNO)および同メーカの車種で参考車種に適切な車種が無いと判定した場合(ステップS591でNO)、CPU11は他メーカの車種で参考車種に適切な車種が有るか否かを判定する(ステップS601)。ステップS601における適切な車種の判定基準はステップS591と同様である。

0072

他メーカに適切な車種が有ると判定した場合(ステップS601でYES)、CPU11は、ステップS601で抽出した車種に、補助記憶装置に指数が記憶されている車種が含まれているか否かを判定する(ステップS602)。補助記憶装置に指数が記憶されている車種が含まれていると判定した場合(ステップS602でYES)、CPU11は指数が記憶されているなかで最も販売台数の多い車種を参考車種に決定する(ステップS603)。CPU11はその後処理を終了する。

0073

ステップS601で抽出した車種に補助記憶装置に指数が記憶されている車種が含まれていないと判定した場合(ステップS602でNO)および他メーカの車種で参考車種に適切な車種が無いと判定した場合(ステップS601でNO)、CPU11はユーザによる参考車種の入力を入力部14から受け付ける(ステップS604)。CPU11はその後処理を終了する。

0074

本実施の形態によると、あらかじめ参考DB131を用意しておかなくても適切な参考車種を使用して見積を行うことができる見積装置10を提供できる。

0075

なお、レコードが記録されていないか、または記録されているレコード数が不十分な参考DB131をあらかじめ用意しておき、参考車種選定のサブルーチンで決定した参考車種を、CPU11が参考DB131に追記しても良い。この場合は、CPU11は参考車種を決定した理由を入力部14から受け付けて、参考DB131に追加するレコードの理由フィールドに記録することが望ましい。このようにすることにより、CPU11は車両に関する豊富な知識を有するユーザーの知識と経験を記録して、実施の形態1で使用した様な参考DB131を生成する事ができる。

0076

この場合、参考DB131の修正および追記の履歴については、参考DB131内に履歴フィールドを設けて記録するか、別途ログファイルを設けて記録する事が望ましい。記録する事柄は、たとえば修正または追記した事項、修正または追記を行ったユーザ、修正または追記を行った日時等である。

0077

CPU11は、ステップS502とステップS531との間で参考DB131を参照して、参考車種を取得しても良い。

0078

[実施の形態4]
実施の形態4は、汎用のコンピュータ46と見積プログラム47とを組み合わせて動作させることにより、見積装置10を実現する形態に関する。図11は、実施の形態4の見積装置10の装置構成図である。図11を使用して、本実施の形態の構成を説明する。なお、実施の形態1と共通する部分の説明は省略する。

0079

本実施の形態の見積装置10は、CPU11、主記憶装置12、補助記憶装置13、入力部14、出力部15、表示部16、通信モジュール17、読取部18およびバスを備える汎用のコンピュータ46を使用する。

0080

見積プログラム47は、可搬型記録媒体48に記録されている。CPU11は、読取部18を介して見積プログラム47を読み込み、補助記憶装置13に保存する。またCPU11は、コンピュータ46内に実装されたフラッシュメモリ等の半導体メモリ49に記憶された見積プログラム47を読出しても良い。さらに、CPU11は、通信モジュール17および図示しないネットワークを介して接続される図示しない他のサーバコンピュータから見積プログラム47をダウンロードして補助記憶装置13に保存しても良い。

0081

コンピュータ46は、上述した各種ソフトウェア処理を実行する見積プログラム47を、可搬型記録媒体48もしくは半導体メモリ49から読み取り、またはネットワークを介して他のサーバコンピュータからダウンロードする。見積プログラム47は、汎用のコンピュータ46の制御プログラムとしてインストールされ、主記憶装置12にロードして実行される。これにより、コンピュータ46は上述した見積装置10として機能する。

0082

なお、以上に示した各DBおよび指数は、ネットワークに接続された図示しない記憶装置から通信モジュール17を介して読み込まれても良い。

0083

各実施例で記載されている技術的特徴構成要件)はお互いに組合せ可能であり、組み合わせすることにより、新しい技術的特徴を形成することができる。
今回開示された実施の形態はすべての点で例示であって、制限的なものでは無いと考えられるべきである。本発明の範囲は、上記した意味では無く、特許請求の範囲によって示され、特許請求の範囲と均等の意味および範囲内でのすべての変更が含まれることが意図される。

0084

10見積装置
11 CPU
12主記憶装置
13補助記憶装置
131 参考DB
14 入力部
15 出力部
16 表示部
17通信モジュール
18 読取部
21説明欄
22車両情報欄
23 参考欄
24 理由欄
25 戻るボタン
26 変更ボタン
27見積ボタン
46 コンピュータ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 凸版印刷株式会社の「 情報登録判定システム」が 公開されました。( 2021/04/22)

    【課題】実物の識別コード画像と該識別コードを携帯端末のカメラで撮像して得られた複製画像とを判別することによって、実物の識別コードを直接撮像した場合に限って来場の証明が行われるシステムを提供する。【解決... 詳細

  • 神田智一の「 機材管理システム」が 公開されました。( 2021/02/15)

    【課題・解決手段】異なる場所に設置された多数のコーティング液生成装置(1)をそれぞれ個別に管理することができ、各コーティング液生成装置(1)の稼働状況を離れた場所で一元管理することが可能なシステムを提... 詳細

  • 株式会社村田製作所の「 ハンガーラック用リーダ装置、ハンガーラック、及び衣料品の商品管理システム」が 公開されました。( 2019/12/05)

    【課題】ハンガーパイプに吊り下げられた複数の衣料品のRFIDタグをより確実に読み取ることができるハンガーパイプ用リーダ装置を提供する。【解決手段】本発明に係るハンガーパイプ用リーダ装置は、複数のハンガ... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ