図面 (/)

技術 インサイドドアハンドル構造

出願人 トヨタ自動車株式会社小島プレス工業株式会社
発明者 玉置明浩岩崎圭太梶川弘太笹岡勝弘野口尚克
出願日 2015年2月16日 (5年9ヶ月経過) 出願番号 2015-027823
公開日 2016年8月22日 (4年3ヶ月経過) 公開番号 2016-151098
状態 特許登録済
技術分野 錠;そのための付属具 乗客設備 車両のドア
主要キーワード 解除ストローク 差入れ 車両前方寄り モーメントアーム 低身長者 ドアアームレスト 車外映像 ドアグリップ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年8月22日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

サイドドア開閉操作の安定性インサイドドアハンドル周辺見栄えを向上させることができるインサイドドアハンドル構造を提供する。

解決手段

サイドドア10を開閉する際の握りとなるドアグリップ22の内部にインサイドドアハンドル28が配置されている。インサイドドアハンドル28は、ドアグリップ22を握りしめたときの力により車幅方向内側へ回転操作される。そして、インサイドドアハンドル28の初期位置NPが、車両上方から見てドアグリップに隠れる位置に設定されている。さらに、開口部20は貫通して形成されており、開口部20の下部の開口幅Dlは開口部20の上部の開口幅Duよりも広くなるように設定されている。

概要

背景

下記特許文献1には、ドアロック解除をするためのインサイドドアハンドルと、ドア開閉する際の握りとなるドアグリップとが一体化されたインサイドドアハンドル構造が開示されている。また、下記特許文献2には、インサイドドアハンドルをドアグリップとしても使用可能にしたインサイドドアハンドル構造が開示されている。

概要

サイドドア開閉操作の安定性やインサイドドアハンドル周辺見栄えを向上させることができるインサイドドアハンドル構造を提供する。サイドドア10を開閉する際の握りとなるドアグリップ22の内部にインサイドドアハンドル28が配置されている。インサイドドアハンドル28は、ドアグリップ22を握りしめたときの力により車幅方向内側へ回転操作される。そして、インサイドドアハンドル28の初期位置NPが、車両上方から見てドアグリップに隠れる位置に設定されている。さらに、開口部20は貫通して形成されており、開口部20の下部の開口幅Dlは開口部20の上部の開口幅Duよりも広くなるように設定されている。

目的

本発明は上記事実を考慮し、サイドドア開閉操作の安定性を確保することができ、しかもインサイドドアハンドル周辺の見栄えを向上させることができるインサイドドアハンドル構造を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ドアトリムから車幅方向内側へ突出して設けられ、サイドドア上下方向に貫通する開口部が形成されてサイドドアを開閉する際の握りとなるドアグリップと、前記ドアグリップ内の前記開口部に臨む位置に配置され、前記ドアグリップを握ったときの操作力により車幅方向内側へ回転操作されるインサイドドアハンドルと、を備え、前記インサイドドアハンドルの初期位置は、車両上方向から見て前記ドアグリップに隠れる位置に設定されており、前記開口部の下部の開口幅は、前記開口部の上部の開口幅よりも広くなるように設定されている、インサイドドアハンドル構造。

技術分野

0001

本発明は、インサイドドアハンドル構造に関する。

背景技術

0002

下記特許文献1には、ドアロック解除をするためのインサイドドアハンドルと、ドア開閉する際の握りとなるドアグリップとが一体化されたインサイドドアハンドル構造が開示されている。また、下記特許文献2には、インサイドドアハンドルをドアグリップとしても使用可能にしたインサイドドアハンドル構造が開示されている。

先行技術

0003

特開昭60−080671号公報
特開平 7−257185号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、上記従来の構造ではインサイドドアハンドルが乗員側から見えるため、見栄えが煩雑になりやすかった。一方、インサイドハンドルが乗員側から見えにくくした構造もあるが、サイドドア開閉操作の安定性については改善の余地があるものであった。

0005

本発明は上記事実を考慮し、サイドドア開閉操作の安定性を確保することができ、しかもインサイドドアハンドル周辺の見栄えを向上させることができるインサイドドアハンドル構造を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

請求項1記載の本発明に係るインサイドドアハンドル構造は、ドアトリムから車幅方向内側へ突出して設けられ、サイドドア上下方向に貫通する開口部が形成されてサイドドアを開閉する際の握りとなるドアグリップと、前記ドアグリップ内の前記開口部に臨む位置に配置され、前記ドアグリップを握ったときの操作力により車幅方向内側へ回転操作されるインサイドドアハンドルと、を備え、前記インサイドドアハンドルの初期位置は、車両上方向から見て前記ドアグリップに隠れる位置に設定されており、前記開口部の下部の開口幅は、前記開口部の上部の開口幅よりも広くなるように設定されている。

0007

このインサイドドアハンドル構造では、サイドドアを開閉する際の握りとなるドアグリップの内部であって、ドアグリップに形成された開口部に臨む位置にインサイドドアハンドルが配置されている。そして、インサイドドアハンドルは、ドアグリップを握ったときの操作力により車幅方向内側へ回転操作される。このため、ドアロックの解除及びサイドドアの開閉操作の際に手の位置を大きく移動する必要がなく、乗員による操作性が良い。すなわち、ドアグリップを握る動作のままでドアロックの解除をすることができ、サイドドアの開閉が簡便にできる。

0008

また、このインサイドドアハンドル構造では、インサイドドアハンドルの初期位置が、車両上方向から見てドアグリップに隠れる位置に設定されている。このため、インサイドドアハンドルの初期位置が車両上方向から見える位置に設定されている構造と比較して、ドアグリップを握った際に意図せずドアロックを解除してしまうことが抑制されている。また、このため、すっきりとした意匠を実現でき、見栄えが向上されている。なお、「車両上方向から見てドアグリップに隠れる位置」とは、車両上方向から見てインサイドドアハンドル全体が完全に隠れる位置だけでなく、インサイドドアハンドルの一部が見えているが実質的にはほぼ全体が隠れている状態を含むものとする。

0009

さらに、このインサイドドアハンドル構造では、開口部は貫通して形成されており、開口部の下部の開口幅は開口部の上部の開口幅よりも広くなるように設定されている。このため、ドアグリップの開口部内に物を収容しようとしても開口部の下部から落下するので、収容した物が邪魔をしてドアロックを解除することが出来なくなることが防止されている。

発明の効果

0010

以上説明したように、本発明に係るインサイドドアハンドル構造は、サイドドア開閉操作の安定性を確保することができ、しかもインサイドドアハンドル周辺の見栄えを向上させることができるという優れた効果を有する。

図面の簡単な説明

0011

本実施形態のインサイドドアハンドル構造が適用されたサイドドアを示す、車室側から見た側面図である。
図1の2−2線における端面図である。
(A)は図1の3−3線における端面図であり、(B)は(A)のB−B線における模式的な端面図である。

実施例

0012

以下、図1図3を用いて、本発明の実施形態に係るインサイドドアハンドル構造が適用されたサイドドア10について説明する。なお、各図に適宜示される矢印FRは車両前方(サイドドア10が閉じられた状態における方向、以下同じ)を示しており、又矢印UPは車両上方側を示している。さらに、矢印INは車両幅方向内側を示している。

0013

図1に示されるように、サイドドア10は、車室側の意匠面を構成するドアトリム12を備えている。ドアトリム12からはドアアームレスト14が車幅方向内側(車室側)へ突出して設けられている。ドアアームレスト14は、略車両上方を向いた面を構成する上壁16と、略車幅方向内側を向いた面を構成する側壁18と、を含んで構成されている。ドアアームレスト14には、ドアアームレスト14の上部に当たる上壁16の一部から開口し、ドアアームレスト14の下部にまで貫通する開口部20が形成されている。この開口部20に乗員が指を差入れ、ドアアームレスト14を握ることが出来るようになっており、ドアアームレスト14におけるこの部分はサイドドア10の開閉の際の握りとなるドアグリップ22となっている。

0014

図2に示されるように、ドアグリップ22の上壁16は、車両上方よりも若干車幅方向内側へ傾いた面を構成するように傾斜して設けられている。上壁16の車幅方向外側端部は車両下方に向かって湾曲し、垂下部24が形成されている。また、上壁16の車幅方向内側端部は、略車両下方に向かって湾曲して側壁18と接続している。側壁18は、車幅方向内側よりも若干車両下方を向いた面を構成しており、ドアトリム12に向かって延びている。この図に示されるドアグリップ22においては、側壁18はドアトリム12にまで到達しておらず、途中に開口部20(の下部)が形成されている。また、ドアトリム12には、車両上下方向におけるドアグリップ22が位置する付近において、車幅方向外側へ湾曲した凹部26が形成されている。

0015

この図に示されるように、ドアグリップ22の上壁16の下方であって側壁18の車幅方向外側には(ドアグリップ22の内部には)、サイドドア10のドアロック解除に用いられるインサイドドアハンドル28が設けられている。インサイドドアハンドル28は、略車両前後方向に延在する部材であり、この図には示されない基端部28A(図3参照)において車両上下方向の軸を中心に回動可能に支持されている。この図に実線で示されるインサイドドアハンドル28は乗員により操作されていない初期位置NPを示しており、乗員がドアアームレスト14の開口部20に指を差入れてドアグリップ22を握り、指により二点破線で示されるロック解除位置RPまで移動させることによりドアロックが解除されるようになっている。なお、破線によって示された位置LPはインサイドドアハンドル28のフルストローク位置LPを示している。

0016

インサイドドアハンドル28の初期位置NPは、車両上方向から見てインサイドドアハンドル28がドアグリップ22に隠れる位置に設定されている。換言すると、ドアグリップ22の上壁16の車幅方向の幅Wgは、初期位置NPにあるインサイドドアハンドル28を上面視で隠す長さに設定されている。また、初期位置NPからロック解除位置までの解除ストロークWiは、ドアグリップ22を握った乗員が無意識のまま解除することはないが、意識すれば容易に解除できる長さに設定されている。具体的には、例えば、Wgは約45〜55mm、Wiは約15〜20mmになるように設定されている。

0017

乗員の指を差入れるために開口されたドアアームレスト14(ドアグリップ22)の開口部20は、ドアアームレスト14の下部にまで貫通して形成されている。開口部20の上部(ドアグリップ22の上部に対応)の開口幅Duは、開口部の下部(ドアグリップ22の下部に対応)の開口幅Dlよりも小さく設定されている。これにより、ドアアームレスト14上部の開口よりも下部の開口の方が開口面積が大きくなるように設定されており、仮に開口部20の上部から物を入れた場合でも下部から落下するようになっている。なお、開口部20の開口幅Du、Dlとは、厳密に車幅方向に沿った幅ではなく、開口部20の車幅方向内側端から外側端までの最短距離を示している(図2のDl参照)。

0018

図3に示されるように、インサイドドアハンドル28は車両前後方向の後端部において車両上下方向の軸の周りを回動可能に支持されている。この図に実線で示されたインサイドドアハンドル28は初期位置NPを示しており、二点破線により示されたインサイドドアハンドル28(FP)はフルストローク位置を示している。インサイドドアハンドル28は、ばねなどの付勢力により乗員に操作されない状態では初期位置NPに配置されるようになっており、乗員の指の操作力によりフルストローク位置に向けて移動可能とされている。

0019

ドアアームレスト14の開口部20は、車両前後方向を長軸とする略楕円形に形成されており、乗員の指(親指を除いた4本)が充分に入る大きさ(車両前後方向の長さ)に形成されている。具体的には、ドライビングポジション車両前方寄りとなる低身長者が手を置きやすい位置(指を入れやすい位置)が開口部20の前方側に対応しており他方、高身長者が手を置きやすい位置(指を入れやすい位置)が開口部の後方側に対応している。

0020

図3(B)には、図3(A)のB−B線における断面図が模式的に示されている。この図に示されるように、インサイドドアハンドル28の車両前後方向の後端部(基端部28A)では軸P周りに軸支されている一方、車両前後方向前端部(インサイドドアハンドル28の先端部28B)はドアアームレスト14内部に形成された収容部30により車両上下方向から摺動可能に支持されている。

0021

次に、本実施形態の作用並びに効果について説明する。

0022

本実施形態のインサイドドアハンドル構造が適用されたサイドドア10では、サイドドア10を開閉する際の握りとなるドアグリップ22の内部であって、開口部20に臨む位置にインサイドドアハンドル28が配置されている。そして、インサイドドアハンドル28は、ドアグリップ22を握ったときの指による操作力により車幅方向内側へ回転操作される。このため、ドアロックの解除及びサイドドア10の開閉操作の際に手の位置を大きく移動する必要がなく、乗員による操作性が良い。すなわち、ドアグリップ22を握る動作のままでドアロックの解除をすることが出来、サイドドア10の開閉が簡便にできる。

0023

また、サイドドア10では、インサイドドアハンドル28の初期位置NPが、車両上方から見てドアグリップ22に隠れる位置に設定されている。このため、インサイドドアハンドル28の初期位置NPが車両上方から見える位置に設定されている構造と比較して、乗員がドアグリップを握った際に意図せずドアロックを解除してしまうことが抑制されている。また、このため、インサイドドアハンドル28が通常乗員から見えることがなく、すっきりとした意匠を実現でき、見栄えが向上されている。

0024

さらに、サイドドア10では、ドアアームレスト14の開口部20が貫通して形成されており、ドアアームレスト14上部の開口よりも下部の開口の方が開口幅が広く設定されている。これにより、ドアアームレスト14上部の開口よりも下部の開口の方が開口面積が大きくなるように設定されている。このため、ドアアームレストの開口部20内に物を収容することがなく、収容した物が邪魔をしてドアロックを解除することが出来なくなることが防止されている。

0025

また、サイドドア10では、図3に示されるように、インサイドドアハンドル28は車両前後方向の後端部において車両上下方向の軸の周りを回動可能に支持されている。ドアアームレスト14の開口部20は、車両前後方向を長軸とする略楕円形に形成されており、乗員の指が充分に入る大きさに形成されている。具体的には、ドライビングポジションが車両前方よりとなる低身長者が手を置きやすい位置(指を入れやすい位置)が開口部20の前方側に対応しており他方、高身長者が手を置きやすい位置(指を入れやすい位置)が開口部の後方側に対応している。このため、低身長者は回動軸となる基端部28Aから離れた位置を指で操作することになるため、モーメントアームが長く、操作荷重が軽くなりレバー操作を容易に行うことが出来る。他方、高身長者は低身長者の操作荷重より重くなるが、高身長者は一般に握力が大きいので、操作に支障はない。

0026

また、サイドドア10では、図3(B)に示されるように、インサイドドアハンドル28の車両前後方向前端部(先端部28B)はドアアームレスト14内部に形成された収容部30により車両上下方向から摺動可能に支持されている。このため、インサイドドアハンドル28は所謂両持ちハリ構造とされているので、インサイドドアハンドル28の車両上下方向の剛性が効率よく向上されている。

0027

〔上記実施形態の補足説明
なお、上述した実施形態では、ドアアームレスト14の開口部20は、ドアアームレスト14の上壁16における車幅方向外側に寄った位置に形成され、開口部20の車幅方向外側の縁がドアトリム12とされていたが、本発明はこれに限られない。例えば、ドアアームレスト14の車幅方向中間部分に開口部20が形成されていてもよい。

0028

また、上述した実施形態では、インサイドドアハンドル28が車両前後方向後方の端部において車両上下方向の軸P周りに回動可能に支持されていたが、本発明はこれに限られない。例えば、インサイドドアハンドルの車両前後方向前方の端部において車両上下方向の軸周りに回動可能に支持されていてもよい。また、車両前後方向の軸周りに回動可能とされたインサイドドアハンドルであってもよい。

0029

また、上述した実施形態では、インサイドドアハンドル28がロック解除位置RPまで操作されるとドアロックが解除されるものを説明したが、電気式のドアロックアセンブリーを採用し、ドアロック解除の前提条件として以下の条件が追加されていてもよい。前提条件としては、例えば、パーキングブレーキ信号がONになっていること、車速信号がゼロを示していること、及び車外映像による画像処理走行していない状況が確認できていることなどが挙げられる。

0030

10サイドドア
12ドアトリム
20 開口部
22ドアグリップ
28インサイドドアハンドル
Dl 開口部の下部の開口幅
Du 開口部の上部の開口幅

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • ランクセス・ドイチュランド・ゲーエムベーハーの「 ドアモジュール」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題・解決手段】本発明は、少なくとも1種の熱可塑性プラスチックで半完成繊維製品を含浸させることによって得られる少なくとも1種の、単一層の、連続繊維−強化半完成繊維マトリックス製品を含むドアモジュール... 詳細

  • 株式会社東芝の「 解錠管理システム及び解錠管理方法」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】収容体内の機器の操作に関してより高い安全性を確保することができる解錠管理システム及び解錠管理方法を提供することである。【解決手段】実施形態の解錠管理システムは、入力部と制御部とを持つ。入力部は... 詳細

  • 株式会社城南製作所の「 車両用フードロック装置」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】部品点数の削減を図ることができる車両用フードロック装置を提供する。【解決手段】車両用フードロック装置100は、ベース1と、ラッチ部材2と、ロックレバー3と、を備え、ロックレバー3は、ラッチ部材... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ