図面 (/)

技術 遊技機

出願人 株式会社大一商会
発明者 市原高明後藤聡
出願日 2015年2月13日 (5年9ヶ月経過) 出願番号 2015-026386
公開日 2016年8月18日 (4年3ヶ月経過) 公開番号 2016-147001
状態 特許登録済
技術分野 弾球遊技機(パチンコ等) 面状発光モジュール
主要キーワード 上辺右側 上辺左側 可動経路 外周四隅 星ユニット 各駆動部品 スポットライト状 昇降ストッパ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年8月18日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

導光板を用いた演出に対する遊技興趣の更なる向上を図ることが可能な遊技機を提供する。

解決手段

導光板としての奥板2407には2つの切除部2407A,2407Bが設けられることで、画像を表出することが可能な領域を3つの領域に区分し、3つの領域のうち画像を表出させたい領域に対応するLED2409A〜2409Cによって奥板2407の側面から光を入射させた際に、画像を表出させたくない領域に対して導光遮断するようにしている。このため、奥板2407に形成された3つの領域のうち画像を表出させたい領域だけ部分的に画像を表出することができ、遊技興趣の更なる向上を図ることができる。

概要

背景

遊技機として、遊技盤の前面に形成された遊技領域に遊技媒体としての遊技球打ち込むことにより遊技を行うものがある。さらに、遊技領域に図柄等を変動表示可能な表示装置(例えば、液晶表示装置)を備え、遊技領域に設けられた始動口に遊技球が入賞したことにもとづいて図柄の変動表示を実行し、大当り図柄が導出表示されたことにもとづいて遊技者に所定の利益を付与する大当り遊技状態に制御可能となるように構成されたものがある。

このような遊技機において、表示装置の前方に配置された導光板に所定の絵柄表出させる装飾演出を実行する遊技機が知られている(例えば特許文献1)。

概要

導光板を用いた演出に対する遊技興趣の更なる向上をることが可能な遊技機を提供する。 導光板としての奥板2407には2つの切除部2407A,2407Bが設けられることで、画像を表出することが可能な領域を3つの領域に区分し、3つの領域のうち画像を表出させたい領域に対応するLED2409A〜2409Cによって奥板2407の側面から光を入射させた際に、画像を表出させたくない領域に対して導光遮断するようにしている。このため、奥板2407に形成された3つの領域のうち画像を表出させたい領域だけ部分的に画像を表出することができ、遊技興趣の更なる向上をることができる。

目的

本発明は、上記した事情に鑑みなされたもので、その目的とするところは、導光板を用いた演出に対する遊技興趣の更なる向上を図ることが可能な遊技機を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

遊技媒体を用いた遊技が行われることによって、所定の遊技利益を付与可能な遊技機において、側方から光が入射されることによって前面に所定の絵柄表出させる導光板と、該導光板の側方に光を入射可能な入射手段と、を備え、前記導光板は、各々が絵柄を表出することが可能な複数の導光領域を有し、前記複数の導光領域のうち所定の導光領域に対して前記入射手段から光が入射される場合において、前記所定の導光領域とは異なる他の導光領域に絵柄が表出されることを阻止する導光阻止手段を備えることを特徴とする遊技機。

技術分野

0001

本発明は、遊技球遊技メダル等の遊技媒体を用いた遊技が行われるぱちん遊技機(一般的に「パチンコ機」とも称する)や回胴式遊技機(一般的に「パチスロ機」とも称する)等の遊技機に関するものである。

背景技術

0002

遊技機として、遊技盤の前面に形成された遊技領域に遊技媒体としての遊技球を打ち込むことにより遊技を行うものがある。さらに、遊技領域に図柄等を変動表示可能な表示装置(例えば、液晶表示装置)を備え、遊技領域に設けられた始動口に遊技球が入賞したことにもとづいて図柄の変動表示を実行し、大当り図柄が導出表示されたことにもとづいて遊技者に所定の利益を付与する大当り遊技状態に制御可能となるように構成されたものがある。

0003

このような遊技機において、表示装置の前方に配置された導光板に所定の絵柄表出させる装飾演出を実行する遊技機が知られている(例えば特許文献1)。

先行技術

0004

特開2014−200611号公報

発明が解決しようとする課題

0005

しかしながら、従来の導光板においては、光が入射されるか否かによって、その導光板の領域の全体に絵柄を表出させるか表出させないかだけであり、導光板における一部の領域のみ部分的に絵柄を表出させることが困難である。このため、従来の導光板を用いた演出が行われるだけでは、その演出効果は限定的となり、遊技興趣が高まらないおそれがあった。

0006

本発明は、上記した事情に鑑みなされたもので、その目的とするところは、導光板を用いた演出に対する遊技興趣の更なる向上を図ることが可能な遊技機を提供することにある。

課題を解決するための手段

0007

上記した目的を達成するために、請求項1に係る発明においては、
遊技媒体を用いた遊技が行われることによって、所定の遊技利益を付与可能な遊技機において、
側方から光が入射されることによって前面に所定の絵柄を表出させる導光板と、
該導光板の側方に光を入射可能な入射手段と、を備え、
前記導光板は、各々が絵柄を表出することが可能な複数の導光領域を有し、
前記複数の導光領域のうち所定の導光領域に対して前記入射手段から光が入射される場合において、前記所定の導光領域とは異なる他の導光領域に絵柄が表出されることを阻止する導光阻止手段を備えることを特徴とする。
請求項1に係る発明によれば、複数の導光領域のうち所定の導光領域に対して入射手段から光が入射される場合において、複数の導光領域のうち他の導光領域に絵柄が表出されることを阻止することで、入射手段から光が入射された際に所定の導光領域のみ部分的に絵柄を表出させることができる。このため、導光板を用いた演出として、絵柄を表出させたい導光領域のみ部分的に絵柄を表出させる演出を実行することが可能となり、導光板を用いた演出の幅が広がり、遊技興趣の更なる向上を図ることができる。

発明の効果

0008

このように、本発明によれば、導光板を用いた演出に対する遊技興趣の更なる向上を図ることができる。

図面の簡単な説明

0009

実施形態に係るパチンコ機の外枠に対して本体枠開放し、本体枠に対して扉枠を開放した状態を示す斜視図である。
パチンコ機の正面図である。
パチンコ機の側面図である。
パチンコ機の平面図である。
パチンコ機の背面図である。
パチンコ機を構成する外枠、本体枠、遊技盤、扉枠の後方から見た分解斜視図である。
パチンコ機を構成する外枠、本体枠、遊技盤、扉枠の前方から見た分解斜視図である。
外枠の正面斜視図である。
外枠の正面から見た分解斜視図である。
外枠の正面図である。
外枠の背面図である。
図10のB−B断面図(A)と図12(A)のC−C断面図(B)、DD断面図(C)、E−E断面図(D)である。
本体枠の上軸支金具と外枠の上支持金具との脱着構造を説明するための斜視図である。
外枠の上支持金具の裏面に設けられるロック部材取付状態を示す分解斜視図(A)と下方から見た斜視図(B)である。
軸支ピンとロック部材との関係を説明するための上支持金具部分の裏面図である。
ロック部材の作用を説明するための上支持金具部分の裏面図である。
扉枠の正面図である。
扉枠の背面図である。
扉枠を右前方から見た斜視図である。
扉枠を左前方から見た斜視図である。
扉枠の正面から見た分解斜視図である。
扉枠の背面から見た分解斜視図である。
(A)は扉枠ベースユニットの正面斜視図であり、(B)は扉枠ベースユニットの背面斜視図である。
扉枠ベースユニットを分解して前から見た分解斜視図である。
扉枠ベースユニットを分解して後ろから見た分解斜視図である。
扉枠ベースユニットにおけるサイドスピーカ電飾ユニット左ユニットを分解して前から見た分解斜視図である。
図26を後ろから見た分解斜視図である。
扉枠ベースユニットにおけるサイドスピーカ電飾ユニットの右ユニットを分解して前から見た分解斜視図である。
図28を後ろから見た分解斜視図である。
扉枠ベースユニットにおける球送りユニットを分解して示す分解斜視図である。
(A)は扉枠ベースユニットにおけるジョイントユニットの部分を拡大して示す斜視図であり、(B)はジョイントユニットを分解して示す分解斜視図である。
(A)はトップランプ電飾ユニットの正面斜視図であり、(B)はトップランプ電飾ユニットの背面斜視図である。
トップランプ電飾ユニットを斜め前下から示す斜視図である。
(A)はトップランプ電飾ユニットを主な構成毎に分解して前から示す分解斜視図であり、(B)は(A)を後から示す分解斜視図である。
トップランプ電飾ユニットにおけるトップランプリフレクタユニットを分解してトップランプベースと共に前から示す分解斜視図である。
図35を後から示す分解斜視図である。
トップランプ電飾ユニットにおける左回転灯を分解して示す分解斜視図である。
トップランプ電飾ユニットにおける右回転灯を分解して示す分解斜視図である。
トップランプ電飾ユニットにおける中央回転灯を分解して示す分解斜視図である。
皿ユニットの正面斜視図である。
皿ユニットの背面斜視図である。
皿ユニットの平面図である。
図42におけるA−A断面図である。
皿ユニットの皿奥板を取外した状態で示す背面図である。
皿ユニットの皿奥板及び貸球ユニットを取外した状態で後から示す斜視図である。
皿ユニットを主な構成部品毎に分解して前から示す分解斜視図である。
図46を後ろから示す分解斜視図である。
皿ユニットにおける皿ユニット本体を分解して前から示す分解斜視図である。
図48を後ろから示す分解斜視図である。
皿ユニットにおける第一球抜き機構を示す背面図である。
皿ユニットにおける第二球抜き機構を後から示す斜視図である。
皿ユニットにおける操作ボタンユニットを分解して示す分解斜視図である。
皿ユニットにおける操作ボタンユニットの操作ボタンユニット基板を取外した状態の底面図である。
皿ユニットにおける操作ボタンユニットのメインボタンを下から示す底面斜視図である。
皿ユニットにおける操作ボタンユニットのメインボタンを分解して示す分解斜視図である。
扉枠に取付けられたハンドル装置の断面図である。
ハンドル装置を構成する操作ハンドル部とジョイントユニットとの関係を示す斜視図である。
ハンドル装置における操作ハンドル部の分解斜視図である。
操作ハンドル部とジョイントユニットの動作を説明するための動作図である。
ハンドル装置と本体枠に設けられる打球発射装置との関係を示す斜視図である。
ハンドル装置と打球発射装置とを連結する状態を説明するための断面図である。
(A)は皿ユニット内での遊技球の流れを示す説明図であり、(B)は皿ユニット内での第二球抜き口と遊技球の流れとの関係を示す説明図である。
皿ユニットにおける横長の球流入口貯留皿との関係を示す説明図である。
ガラスユニットの正面斜視図である。
ガラスユニットを分解して前から示す分解斜視図である。
図65を後から示す分解斜視図である。
部品を取付ける前の本体枠主体の正面図である。
部品を取付ける前の本体枠主体の背面図である。
部品を取付ける前の本体枠主体の側面図である。
部品を取付ける前の本体枠主体の背面から見た斜視図である。
部品を取付けた本体枠の前方から見た斜視図である。
部品を取付けた本体枠を外枠に軸支した状態を前方から見た斜視図である。
部品を取付けた本体枠の背面図である。
部品を取付けた本体枠の背面から見た斜視図である。
パチンコ機の中程(主制御基板ボックス部分)の水平線で切断したパチンコ機の断面平面図である。
遊技盤の正面から見た斜視図である。
遊技盤の正面図である。
遊技盤の背面図である。
遊技盤の平面図である。
遊技盤に形成される取り外し防止機構部分の拡大斜視図である。
遊技盤の取り外し防止機構に対する本体枠側の構造を示す本体枠の部分斜視図である。
遊技盤における前構成部材遊技パネル、及びパネルホルダ組立てた状態で縦方向に切断して示す断面図である。
遊技盤を主に構成する前構成部材、遊技パネル、及びパネルホルダ等を分解して斜め前から見た分解斜視図である。
図83を斜め後から見た分解斜視図である。
盤用基板ホルダに主制御基板ボックスを固定した状態で斜め後から示す斜視図である。
図85を盤用基板ホルダ、ドロワホルダ、及び主制御基板ボックスに分解して斜め後から示す分解斜視図である。
遊技盤における機能表示ユニットの分解斜視図の概略図である。
機能表示シールの概略図である。
遊技窓を介して遊技盤の機能表示シールを見た部分図である。
打球発射装置の全体の斜視図(A),発射モータ部分を取り外した状態の斜視図(B)である。
打球発射装置の分解斜視図である。
打球発射装置と発射レールとの関係を示す正面図(A),発射モータ部分の斜視図(B)である。
操作ハンドル部を操作していない状態における打球発射装置と発射レールとの関係を示す背面図である。
操作ハンドル部を操作している状態における打球発射装置と発射レールとの関係を示す背面図である。
打球発射装置に設けられるスライド部材の平面図(A),正面図(B),正面から見た斜視図(C),正面図(B)のA−A断面図(D)である。
賞球タンクの斜視図(A)、平面図(B)、側面図(C)である。
従来の賞球タンク(A),(B)と本実施形態に係る賞球タンク(C)との排出口部分における球の圧力状態を示す平面図である。
賞球タンク、タンクレール部材球通路ユニット賞球ユニット、及び満タンユニットの関係を示すパチンコ機1の背面側から見た斜視図である。
賞球タンク、タンクレール部材、球通路ユニット、賞球ユニット、及び満タンユニットの関係を示すパチンコ機1の正面側から見た斜視図である。
タンクレール部材の下流部と球通路ユニットの上流部との関係を示す断面図(A)と平面図(B)である。
本体枠と球通路ユニット及び賞球ユニットとの関係を示す分解斜視図である。
球通路ユニット及び賞球ユニットとの関係を示す背面図である。
球通路ユニットの背面から見た斜視図である。
球通路ユニットの正面図である。
球通路ユニットと賞球ユニットとの連結構造を説明するための側面図である。
賞球ユニットの背面側から見た分解斜視図である。
払出モータ払出部材としてのスプロケットとの関係を説明するための背面図である。
賞球ユニットの通路と駆動関係を説明するための背面図である。
図108のA−A断面図である。
賞球ユニットと満タンユニットとの関係を示す斜視図である。
満タンユニットの斜視図である。
満タンユニットの正面から見た分解斜視図である。
満タンユニットの背面から見た分解斜視図である。
満タンユニットとファール口との関係を示す一部破断斜視図である。
満タンユニットに設けられる底面揺動板部分で切断した横断面図である。
満タンユニットとファール口との関係を示す断面図である。
錠装置と本体枠との関係を示す背面斜視図である。
錠装置の本体枠への掛け止め構造を示す拡大側方断面図である。
パチンコ機の縦方向中央よりやや下方の位置で水平方向に切断した一部断面図である。
錠装置と本体枠の側壁との詳細な関係を示す拡大断面図である。
錠装置の側面図(A)、前面側から見た斜視図(B)である。
錠装置の背面側から見た斜視図(A)、錠装置のコ字状基体の内部に摺動自在に設けられるガラス扉摺動杆本体枠用摺動杆の斜視図(B),(C)である。
錠装置の分解斜視図である。
ガラス扉用摺動杆と本体枠用摺動杆の作用を説明するための正面図である。
不正防止部材の作用を説明するための正面図である。
基板ユニットを背面側から見た斜視図である。
基板ユニットの背面側から見た分解斜視図である。
基板ユニットを前面側から見た斜視図である。
基板ユニットの前面側から見た分解斜視図である。
基板ユニットの主体をなす枠用基板ホルダの前面側から見た正面図である。
枠用基板ホルダの背面図である。
基板ユニットの背面図である。
払出制御基板ボックス及び端子基板ボックスを取り外した状態の基板ユニットの背面図である。
基板ユニットに設けられる各基板の接続関係を示す平面図である。
基板ユニットと遊技盤との電気的な接続を示す概略図である。
払出制御基板と基板ユニットとの配線等を示すパチンコ機の背面図の一部である。
図138の断面図の断面箇所を説明するための遊技盤の正面図である。
図137のC−C断面図である。
パチンコ機におけるカバー体を開放した状態の背面から見た斜視図である。
パチンコ機の側面図である。
パチンコ機におけるカバー体の開放側から見た斜視図である。
パチンコ機におけるカバー体の軸支側から見た斜視図である。
パチンコ機の背面図である。
カバー体の下辺部と重合当接する払出制御基板ボックスの斜視図である。
図143のA−A断面図である。
図143のB−B断面図である。
図143のC−C断面図である。
遊技盤の正面図である。
遊技盤を斜め右前から見た斜視図である。
遊技盤を斜め左前から見た斜視図である。
遊技盤を斜め後から見た斜視図である。
遊技盤を上下方向の略中央で水平方向に切断した断面図である。
遊技盤を構成する主な部材毎に分解して斜め前から見た斜視図である。
遊技盤を構成する主な部材毎に分解して斜め後から見た斜視図である。
遊技盤における表ユニットを前から見た斜視図である。
遊技盤における表ユニットを後から見た斜視図である。
アタッカユニットを前から見た斜視図である。
アタッカユニットを後から見た斜視図である。
アタッカユニットを主要な部材毎に分解して前から見た分解斜視図である。
アタッカユニットにおける各開閉駆動機構を示す斜視図である。
センター役物の奥板を外した状態で斜め前から見た分解斜視図である。
センター役物の奥板を外した状態で斜め後から見た分解斜視図である。
裏ユニットにおける裏前ユニットを前から見た斜視図である。
裏前ユニットを後から見た斜視図である。
裏前ユニットを主要な部材毎に分解して前から見た分解斜視図である。
裏前ユニットを主要な部材毎に分解して後から見た分解斜視図である。
裏ユニットにおける裏後ユニットを斜め前から見た斜視図である。
裏ユニットにおける裏後ユニットを斜め後から見た斜視図である。
裏後ユニットを主要な部材毎に分解して斜め前から見た分解斜視図である。
裏後ユニットを主要な部材毎に分解して斜め後から見た分解斜視図である。
裏ユニットにおける裏後ユニットの上部可動装飾体を斜め前から見た斜視図である。
裏ユニットにおける裏後ユニットの上部可動装飾体ユニットを斜め後から見た斜視図である。
上部可動装飾体ユニットを主要な部材毎に分解して斜め前から見た分解斜視図である。
上部可動装飾体ユニットを主要な部材毎に分解して斜め後から見た分解斜視図である。
上部可動装飾体ユニットのユニットベーススライダカバーを省略した状態で示す平面図である。
上部可動装飾体ユニットにおける本体ユニットと、星ユニットとの関係を示す正面図である。
上部可動装飾体ユニットにおけるLEDの配置を示す正面図である。
上部可動装飾体ユニットの動きを示す説明図である。
サイド可動装飾体ユニットを示す正面図である。
サイド可動装飾体ユニットの動きを示す説明図である。
下部可動装飾体ユニットのユニットベースカバーと後昇降ベースを外した状態で示す背面図である。
図181を斜め後から見た斜視図である。
下部可動装飾体ユニットの動きを示す説明図である。
下部可動装飾体ユニットにおけるLEDの配置を示す説明図である。
裏箱本体を周辺基板ボックスと共に切断して平面断面図である。
遊技盤における主な装飾基板の位置を示す正面図である。
遊技盤における上部可動装飾体ユニットの動きを示す正面図である。
図187に続く上部可動装飾体ユニットの動きを示す正面図である。
図188に続く上部可動装飾体ユニットの動きを示す正面図である。
遊技盤におけるサイド可動装飾体の動きを示す正面図である。
遊技盤における下部可動装飾体の動きを示す正面図である。
図191に続く下部可動装飾体の動きを示す正面図である。
主基板及び周辺基板のブロック図である。
(a)は、同実施の形態の主制御MPUによって実行されるメイン処理についてその手順を示すフローチャート。(b)は、同実施の形態の主制御MPUによって定期的に行われる割り込み処理についてその手順を示すフローチャート。
主基板に搭載されるCPUにより実行される特別図柄プロセス処理を示すフローチャートである。
特別図柄プロセス処理における第一始動口通過処理を示すフローチャートである。
特別図柄プロセス処理における第二始動口通過処理を示すフローチャートである。
同実施の形態の主制御MPUによって実行される演出事前判定処理についてその手順を示すフローチャートである。
同実施の形態の主制御MPUによって実行される演出事前判定処理にて用いられる事前判定テーブルである。
特別図柄プロセス処理における第一特別図柄プロセス処理を示すフローチャートである。
特別図柄プロセス処理における第一特別図柄通常処理についてその手順を示すフローチャートである。
同実施の形態の主制御MPUによって実行される当り判定処理についてその手順を示すフローチャートである。
(A)同実施の形態の主制御MPUによって実行される当り判定処理にて用いられる当り判定テーブルであり、(B)同実施の形態の主制御MPUによって実行される第一特別図柄停止図柄設定処理にて用いられる図柄決定テーブルである。
特別図柄プロセス処理における第一特別図柄停止図柄設定処理についてその手順を示すフローチャートである。
特別図柄プロセス処理における第一変パターン設定処理についてその手順を示すフローチャートである。
特別図柄プロセス処理における第一特別図柄変動処理についてその手順を示すフローチャートである。
特別図柄プロセス処理における第一特別図柄停止処理についてその手順を示すフローチャートである。
同実施の形態の周辺制御MPUによって実行されるサブメイン処理についてその手順を示すフローチャートである。
同実施の形態の周辺制御MPUによって実行される16ms定常処理についてその手順を示すフローチャートである。
同実施の形態の主制御MPUによって実行される事前判定コマンド受信処理についてその手順を示すフローチャートである。
同実施の形態の周辺制御MPUによって実行される演出制御処理についてその手順を示すフローチャートである。
導光板としての機能を有する奥板の一例を示す説明図である。
奥板と星ユニットと本体ユニットと液晶表示装置との配置例を示す説明図である。
変形例の遊技盤を構成する主な部材毎に分解して斜め前から見た斜視図である。
変形例のセンター役物の奥板を外した状態で斜め前から見た分解斜視図である。
変形例のセンター役物の奥板を外した状態で斜め後から見た分解斜視図である。
奥板と星ユニットと本体ユニットと液晶表示装置との配置の別例を示す説明図である。
(A)導光板としての奥板に表出される態様と、(B)導光板の表出態様を補填する液晶表示装置の表示態様と、(C)導光板としての奥板に表出される表出態様と導光板の表出態様を補填する液晶表示装置の表示態様とを組み合わせた態様と、を示す説明図である。
奥板と星ユニットと本体ユニットと液晶表示装置との配置の別例を示す説明図である。
奥板と星ユニットと本体ユニットと液晶表示装置との配置の別例を示す説明図である。
2枚の奥板と共に2つの本体ユニット及び星ユニットが設けられる場合についての配置例を示す説明図である。
2枚の奥板に切除部が夫々形成された場合において切除部が重なる部位を説明するための図である。
切除部が形成された奥板に対する補助LEDの配置例を示す説明図である。
切除部が形成された奥板に対する補助LEDの配置例を示す説明図である。
切除部の変形例を示す説明図である。
第2実施形態のパチンコ機における遊技盤の正面図である。
第2実施形態のパチンコ機に用いる導光板としての奥板の一例を示す説明図である。
第2実施形態のパチンコ機に用いる奥板に形成された切除部の形状を示す奥板の断面図である。
奥板とLEDとの間に光拡散部材が設けられる場合についての配置例を示す説明図である。
一部のLEDに対して光拡散部材が設けられる場合についての配置例を示す説明図である。
3枚の奥板が設けられる場合についての配置例を示す説明図である。

実施例

0010

[1.パチンコ機の全体構造
以下、図面を参照して本発明の好適な実施形態について、図面を参照して説明する。まず、図1乃至図7を参照して実施形態に係るパチンコ機の全体について説明する。図1は実施形態に係るパチンコ機の外枠に対して本体枠を開放し、本体枠に対して扉枠を開放した状態を示す斜視図であり、図2はパチンコ機の正面図であり、図3はパチンコ機の側面図であり、図4はパチンコ機の平面図であり、図5はパチンコ機の背面図であり、図6はパチンコ機を構成する外枠、本体枠、遊技盤、扉枠の後方から見た分解斜視図であり、図7はパチンコ機を構成する外枠、本体枠、遊技盤、扉枠の前方から見た分解斜視図である。

0011

図1乃至図7において、本実施形態に係るパチンコ機1は、遊技ホールの島(図示しない)に設置される外枠2と、外枠2に開閉自在に軸支され且つ遊技盤4を装着し得る本体枠3と、本体枠3に開閉自在に軸支され且つ遊技盤4に形成されて球が打ち込まれる遊技領域605を遊技者が視認し得る遊技窓101とその遊技窓101の下方に配置され且つ遊技の結果によって払出される球を貯留する貯留皿としての皿ユニット300とを備えた扉枠5と、を備えて構成されている。

0012

外枠2には、その下方前方に装飾カバー板15を補強するカバー補強金具14が固着されている。また、本体枠3には、上記したように遊技盤4が着脱自在に装着し得る他に、その裏面下部に打球発射装置650と、遊技盤4を除く扉枠5や本体枠3に設けられる電気的部品を制御するための各種の制御基板電源基板1136等が一纏めに設けられている基板ユニット1100が取付けられ、本体枠3の後面開口580(図6を参照)を覆うカバー体1250が着脱自在に設けられている。更に、扉枠5には、上記した皿ユニット300の他に、遊技窓101を閉塞するようにガラスユニット450と、ハンドル装置400とが設けられている。そして、本実施形態の特徴は、扉枠5に設けられる皿ユニット300が1つであり、しかも、従来は本体枠3に設けられていたハンドル装置400が扉枠5に設けられ、また、扉枠5と本体枠3とが正面から見て略同じ方形の大きさであるため、正面から本体枠3が視認できなくした点である。以下、パチンコ機1を構成する部材について詳細に説明する。

0013

[1−1.外枠]
外枠2について、主として図8乃至図12を参照して説明する。図8は、外枠2の正面斜視図であり、図9は、同外枠2の正面から見た分解斜視図であり、図10は、同外枠2の正面図であり、図11は、同外枠2の背面図であり、図12は、図10のB−B断面図際に、RAMクリアスイッチ624aを操作したりすることができる。そして、この接続操作用開口1255の内側には、立壁1257や当接突起1258が形成されて主制御基板ボックス624との間に隙間が生じないようにされているので、接続操作用開口1255からピアノ線等を挿入して遊技盤4の裏面に対する不正行為を防止することができる。

0014

更に、カバー体1250は、閉じた状態で、その背面側が賞球タンク720の最後端部、及びタンクレール部材740の後端壁と側方から見たときに同一垂直面となっているため、パチンコ機1の背面から見たときに、背面側の上部から下方までに凹凸がなく、きわめてスッキリした形状となっており、パチンコ機1を運搬するときに全体の厚みが均一で把握し易いため、積み込みや重ね合わせ作業が行い易く、また、実際に遊技場島台に設置する際も、背向列設されるパチンコ機1の背面において、相手方のパチンコ機の背面に突出する配線等を気にすることなく、きわめてスムーズに設置することができる。

0015

[2.遊技盤の詳細構成]
続いて、本実施形態のパチンコ機1における遊技盤4の詳細な構成について、図148乃至図154を参照して説明する。図148は遊技盤の正面図であり、図149は遊技盤を斜め右前から見た斜視図であり、図150は遊技盤を斜め左前から見た斜視図である。図151は遊技盤を斜め後から見た斜視図であり、図152は遊技盤を上下方向の略中央で水平方向に切断した断面図である。更に、図153は遊技盤を構成する主な部材毎に分解して斜め前から見た斜視図であり、図154は遊技盤を構成する主な部材毎に分解して斜め後から見た斜視図である。また、図155は遊技盤における表ユニットを前から見た斜視図であり、図156は遊技盤における表ユニットを後から見た斜視図である。

0016

図示するように、本実施形態のパチンコ機1における遊技盤4は、外レール602及び内レール603を有し、遊技者が操作ハンドル部461を操作することで遊技媒体としての遊技球(単に「球」とも称す)が打ち込まれる遊技領域605の外周を区画形成する枠状の前構成部材601と、前構成部材601の後側で遊技領域605を閉鎖するように配置される透明板状の遊技パネル600と、遊技パネル600の外周を覆うと共に遊技パネル600を前側から着脱可能に保持し、前構成部材601の後側に取付けられる枠状のパネルホルダ630と、遊技領域605の外側でアウト口606よりも右側の前構成部材601下部に配置された機能表示ユニット640と、機能表示ユニット640の前面に貼り付けられる機能表示シール649と、を備えている。

0017

この遊技盤4は、主に遊技パネル600の前面側に配置される表ユニット2000と、遊技パネル600の後面側に配置される裏ユニット3000と、裏ユニット3000の後側に遊技者側から視認可能に取付けられ所定の演出画像表示可能な液晶表示装置1400と、を更に備えている。

0018

遊技盤4における表ユニット2000は、遊技領域605内の左右方向略中央でアウト口606の上側に配置され遊技パネル600の前面に支持されるアタッカユニット2100と、アタッカユニット2100の左側で遊技領域605の外周に沿って配置され遊技パネル600の前面に支持されるサイド装飾部材2200と、遊技領域605内の上下方向中央からやや上寄り左側に配置され遊技パネル600の前面に支持されるゲート部材2300と、遊技領域605の略中央部分に配置され遊技パネル600に支持される枠状のセンター役物2400と、を備えている。

0019

また、遊技盤4における裏ユニット3000は、パネルホルダ630の後側に取付けられる枠状の裏前ユニット3000aと、裏前ユニット3000aの後側に取付けられる裏後ユニット3000bと、を備えている。この裏後ユニット3000bの後面には、液晶表示装置1400が脱着可能に取付けられるようになっており、裏前ユニット3000a及びセンター役物2400の枠内を通して、表示された演出画像が遊技者側から視認できるようになっている。

0020

本例の遊技盤4における裏ユニット3000は、前後に分割された形態となっており、前側の裏前ユニット3000aと後側の裏後ユニット3000bとに分かれている。この裏ユニット3000における裏前ユニット3000aは、センター役物2400よりも外側で透明な遊技パネル600の後側を装飾する裏前上部装飾部材3020、裏前左部装飾部材3030、及び裏前下部装飾部材3040を主に備えている。また、裏ユニット3000における裏後ユニット3000bは、遊技パネル600の後側で液晶表示装置1400の外周に配置される上部可動装飾体ユニット3200、サイド可動装飾体ユニット3400、及び下部可動装飾体ユニット3600を主に備えている。なお、液晶表示装置1400は、裏後ユニット3000bにおける裏箱621を構成する裏箱本体3100の後側に着脱可能に取付けられている。

0021

更に、遊技盤4における液晶表示装置1400の後側には、詳細は後述するが、周辺制御基板4140及び液晶制御基板4150からなる周辺基板4010を収容した周辺基板ボックス622と、液晶表示装置1400へ電源を供給するインバータ基板1411を収容したインバータ基板ボックス1410とが備えられている。

0022

[2−1.アタッカユニット]
次に、本実施形態のパチンコ機1の遊技盤4における表ユニット2000のアタッカユニット2100について、図157乃至図160を参照して説明する。図157はアタッカユニットを前から見た斜視図であり、図158はアタッカユニットを後から見た斜視図である。また、図159はアタッカユニットを主要な部材毎に分解して前から見た分解斜視図である。更に、図160は、アタッカユニットにおける各開閉駆動機構を示す斜視図である。

0023

本例の表ユニット2000における遊技盤4のアタッカユニット2100は、遊技パネル600における左右方向中央の下部に形成された開口部600eに対して、前側から挿入された上で、遊技パネル600の前面に固定されるものである。このアタッカユニット2100は、遊技領域605内へ打ち込まれた遊技球が受入可能とされた複数の受入口(入賞口)を有しており、具体的には、左右方向の略中央に配置された第一始動口2101と、第一始動口2101の下側に配置された第二始動口2102と、第二始動口2102の下側に配置され第一始動口2101や第二始動口2102よりも左右方向へ大きく延びた区形状の大入賞口2103と、大入賞口2103の左右両側やや上寄りに配置された全部で四つの一般入賞口2104と、を備えている。

0024

このアタッカユニット2100の第一始動口2101は、上側が開放されており遊技球が常時受入(入賞)可能となっている。一方、第一始動口2101の下側に配置された第二始動口2102は、図示するように、第二始動口2102の左右両側に略直立状態で配置された一対の羽根状可動片2105によって第一始動口2101との間が閉鎖された状態となっており、図示の状態では遊技球が第二始動口2102へ受入不能な状態となっている。この第二始動口2102を閉鎖する一対の可動片2105は、下端側が回動可能に軸支されており、上端側を互いに離反する方向へ回動させることで、第二始動口2102へ遊技球が受入可能な状態となるようになっている。つまり、第二始動口2102は、一対の可動片2105により可変入賞口となっている。

0025

また、アタッカユニット2100の大入賞口2103は、その開口を閉鎖可能な横長矩形状の開閉部材2106によって開閉可能とされている。この開閉部材2106は、下辺が回動可能に軸支されており、略垂直な状態では大入賞口2103を閉鎖して遊技球を受入不能とすることができると共に、上辺が前側へ移動するように回動すると大入賞口2103を開放して遊技球を受入可能とすることができるようになっている。つまり、大入賞口2103は、開閉部材2106により可変入賞口となっている。

0026

本例のアタッカユニット2100を更に詳述すると、図159に示すように、遊技パネル600の前面に取付けられ、左右中央に第一始動口2101及び大入賞口2103を有し、第二始動口2102、及び一般入賞口2104を形成可能な板状の台板2110と、台板2110における第一始動口2101の下側前面に取付けられ一対の可動片2105を回動可能に軸支すると共に第二始動口2102を形成し上側及び後側が開放された中央受部材2111と、台板2110の前面の所定位置に一般入賞口2104を形成するように取付けられ上側及び後側が開放された四つのサイド受部材2112と、台板2110の前面で左右のサイド受部材2112の下側に夫々取付けられる透光性を有した板状の台板レンズ部材2113と、台板レンズ部材2113の後側に配置され前面に所定色発光可能なLED2114aが実装されたアタッカサイド装飾基板2114と、アタッカサイド装飾基板2114の後側を覆い台板2110の後面に取付けられる基板カバー2115と、台板2110の後側に取付けられ、大入賞口2103を開閉する開閉部材2106を回動可能に軸支すると共に、一対の可動片2105及び開閉部材2106を回動駆動させるアタッカ駆動ユニット2120と、を備えている。

0027

アタッカユニット2100における一対の可動片2105は、図示するように、下端付近で前後方向に貫通した軸孔2105aと、軸孔2105aとは偏芯し後面から後方へ延出した作用棹部2105bと、を備えている。また、開閉部材2106は、左右両端に形成された軸部2106aと、軸部2106aとは偏芯し正面視左端部から左方へ突出した作用棹部2106bと、前面下部の左右両端から前方へ突出し開閉部材2106における開方向の回動位置規制するストッパ2106cと、を備えている。

0028

アタッカユニット2100の台板2110は、左右方向へ延びた板状に形成されていると共に、表面に金属光沢を有したメッキ層を備えており、表面にレリーフ状の装飾が施されている。この台板2110は、第二始動口2102と対応した位置に前後方向へ貫通する開口2110aを有している。また、台板2110は、第一始動口2101、第二始動口2102、大入賞口2103、及び一般入賞口2104と対応した位置に遊技球を誘導可能な後方へ延出した部2110aを備えている。

0029

台板2110の前面に取付けられる中央受部材2110は、前面にレリーフ状の装飾が施されていると共に、透光性の低い部材によって形成されている。この中央受部材2110は、台板2110における開口2110aの左右の幅よりも広い間隔で前板の後面から後方へ延出した一対の軸部2111aを備えており、これら軸部2111aを可動片2105の軸孔2105aに挿入することで可動片2105を回動可能に軸支することができるようになっている。

0030

また、アタッカユニット2100のサイド受部材2112は、前面にレリーフ状の装飾が施されていると共に、透光性の低い部材によって形成されている。更に、アタッカユニット2100の台板レンズ部材2113は、唐草模様状のレリーフが施されていると共に、唐草模様状の部位のみ表面に金属光沢を有したメッキ層が備えられている。なお、図186に示すように、台板レンズ部材2113におけるメッキ層が備えられた部位は、正面視でアタッカサイド装飾基板2114に実装されたLED2114aにかかるように形成されており、LED2114aの一部が遊技者側から臨むようになっている。

0031

このアタッカユニット2100におけるアタッカ駆動ユニット2120は、第二始動口2102を開閉する一対の可動片2105を開閉駆動させるための始動口ソレノイド2121と、始動口ソレノイド2121の駆動を可動片2105へ伝達させる始動口駆動伝達部材2122と、始動口駆動伝達部材2122及び始動口ソレノイド2121を支持し台板2110の後側に取付けられる始動口駆動機構ベース2123と、を備えている。

0032

始動口ソレノイド2121は、通電によって進退可能とされると共に、図示しないコイルバネによって突出方向へ付勢されたプランジャ2121aを有しており、第一始動口2101の下側で第二始動口2102の後方位置に、プランジャ2121aが前方へ向かって突出するように始動口駆動機構ベース2123に支持されている。なお、図示するように、始動口ソレノイド2121のプランジャ2121aの先端は、進退方向に対して直角方向へ延出した円盤状に形成されている。

0033

始動口駆動伝達部材2122は、始動口ソレノイド2121のプランジャ2121aよりも下側の位置で左右方向へ延びた軸周りを回動するように始動口駆動機構ベース2123の前端に左右両端が軸支されている。この始動口駆動伝達部材2122は、左右方向の略中央上側にプランジャ2121aの円盤状の先端が挿入されるプランジャ挿入部2122aと、左右の両端付近に側面視で略C字状に形成され開放側が軸支位置よりも前方に位置した伝達係合部2122bと、を備えている。この始動口駆動伝達部材2122は、略C字状の伝達係合部2122bの内部に、その開放側から可動片2105の作用棹部2105bの後端が挿入されるようになっている。

0034

この伝達係合部2122bは、通常の状態では略C字状の開放側が軸支位置よりも下方へ位置した状態(一対の可動片2105が直立して第二始動口2102が閉状態)となるようになっている。そして、始動口ソレノイド2121へ通電することで、始動口ソレノイド2121のプランジャ2121aが後退すると、開放側が軸支位置よりも上方へ位置した状態となると共に、伝達係合部2122b内に挿入係合された可動片2105の作用棹部2105bも上昇し、一対の可動片2105の上端同士が互いに離反した状態(第二始動口2102が開状態)となるようになっている。

0035

始動口駆動機構ベース2123は、始動口ソレノイド2121を前側から収容支持することができるように箱状に形成されていると共に、前端に始動口駆動伝達部材2122を左右方向へ延びた軸周りに回動可能に軸支することができるように形成されている。また、始動口駆動機構ベース2123は、上面に第一始動口2101へ受入れられて台板2110の対応する樋部2110bを流通した遊技球を正面視で右方向へ誘導する第一誘導部2123aと、始動口ソレノイド2121を支持する部位よりも下側に形成され第二始動口2102へ受入れられて対応する樋部2110bを流通した遊技球を下方へ遊動する第二誘導部(詳細な図示は省略する)と、を備えている。

0036

また、アタッカ駆動ユニット2120は、大入賞口2103を開閉する開閉部材2106を開閉駆動させるためのアタッカソレノイド2124と、アタッカソレノイド2124の駆動を開閉部材2106へ伝達させるアタッカ駆動伝達部材2125と、アタッカ駆動伝達部材2125及びアタッカソレノイド2124を支持すると共に開閉部材2106を回動可能に軸支し、始動口駆動機構ベース2123の下側で台板2110の後側に取付けられるアタッカ駆動機構ベース2126と、アタッカ駆動機構ベース2126の所定位置に支持され第二始動口2102に受入れられた遊技球を検知する第二始動口センサ2127と、第二始動口センサ2127とは異なる位置に支持され大入賞口2103に受入れられた遊技球を検知するカウントセンサ2128と、アタッカ駆動機構ベース2126の下部に支持され上面に複数のLED2129aが実装された大入賞口装飾基板2129と、アタッカ駆動機構ベース2126の上面に支持され始動口ソレノイド2121、アタッカソレノイド2124、第二始動口センサ2127、及びカウントセンサ2128と主制御基板4100との接続を中継するためのアタッカユニット中継基板2130と、を備えている。

0037

アタッカ駆動ユニット2120におけるアタッカソレノイド2124は、始動口ソレノイド2121と同様に、通電によって進退可能とされると共に、図示しないコイルバネによって突出方向へ付勢されたプランジャ2124aを有している。このアタッカソレノイド2124は、プランジャ2124aが正面視で左方向へ進退するように、アタッカ駆動機構ベース2126に取付けられている。なお、図示するように、アタッカソレノイド2124のプランジャ2124aの先端は、進退方向に対して直角方向へ延出した円盤状に形成されている。

0038

アタッカ駆動伝達部材2125は、詳細な図示は省略するが、アタッカソレノイド2124におけるプランジャ2124aよりも前方且つ上方の位置で前後方向へ延びた軸周りを回動するようにアタッカ駆動機構ベース2126に軸支されている。このアタッカ駆動伝達部材2125は、前後方向へ延びアタッカ駆動機構ベース2126に軸支される軸部2125aと、軸部2125aから直角方向へ扇状三角形状)に広がる板部2125bと、軸部2125aとは偏芯した位置で板部2125bの後面から後方へ突出しアタッカソレノイド2124のプランジャ2124aにおける円盤状に形成された先端を挟持可能な挟持部2125cと、軸部2125aに対して挟持部2125cよりも大きく偏芯した位置で板部2125bの前面から前方へ突出した二つの係合ピン2125dと、を備えている。

0039

アタッカ駆動伝達部材2125は、図示するように、二つの係合ピン2125dの間に、アタッカ駆動機構ベース2126に軸支された開閉部材2106の作用棹部2106bの先端が挿入されるようになっている。このアタッカ駆動伝達部材2125は、アタッカソレノイド2124のプランジャ2124aがコイルバネの付勢力により突出した通常の状態では、二つの係合ピン2125dが軸部2125aよりも下方に位置し、上側の係合ピン2125dが開閉部材2106における作用棹部2106bと当接して作用棹部2106bが上方へ移動するのを阻止し開閉部材2106が直立した状態(大入賞口2103が閉状態)となるようになっている。一方、アタッカソレノイド2124が通電されてプランジャ2124aが没入(正面視で右方向へ移動)すると、アタッカ駆動伝達部材2125が正面視で反時計周りの方向へ回動し、その回動に伴って二つの係合ピン2125dも上方へ移動するように回動することとなる。この係合ピン2125dが上昇することで、二つの係合ピン2125dの間に挿入された開閉部材2106の作用棹部2106bも上昇することとなり、開閉部材2106の上端が相対的に前方へ移動するように回動し、上端が水平よりも若干上方に位置した状態(大入賞口2103が開状態)となるようになっている。

0040

アタッカ駆動ユニット2120におけるアタッカ駆動機構ベース2126は、上下に二分割された箱状に形成されており、その内部にアタッカソレノイド2124やアタッカ駆動伝達部材2125等を支持することができるようになっている。このアタッカ駆動機構ベース2126は、図示するように、前面に台板2110の大入賞口2103と対応した横長矩形状の開口部2126aを有しており、大入賞口2103へ受入れられた遊技球が開口部2126aを通して内部に進入するようになっている。詳細な図示は省略するが、アタッカ駆動機構ベース2126における開口部2126aの後側底面は、正面視右後部へ向かって低くなるように傾斜しており、その最底部に下方へ貫通する大入賞口通路が形成されており、その大入賞口通路内を流通する遊技球が検知できるようにカウントセンサ2128を支持している。また、アタッカ駆動機構ベース2126は、左右方向の略中央後部に上下方向へ貫通した始動口通路が形成されており、この始動口通路内を流通する遊技球が検知できるように第二始動口センサ2127を支持している。

0041

なお、本例では、基板カバー2115、始動口駆動機構ベース2123、及びアタッカ駆動機構ベース2126が、透明な合成樹脂によって形成されており、大入賞口装飾基板2129のLED2129aからの光によって、アタッカ駆動機構ベース2126内等を発光装飾させることができるようになっている。

0042

本例のアタッカユニット2100は、第一始動口2101及び一般入賞口2104が常時遊技球を受入可能な状態となっている。一方、第二始動口2102では、後述するゲート部材2300において遊技球がゲート2302を通過することで抽選される普通抽選結果に応じて、始動口ソレノイド2121が通電駆動されることで一対の可動片2105が拡開して受入可能となるようになっている。また、大入賞口2103では、第一始動口2101や第二始動口2102へ遊技球が受入れられる(始動入賞する)ことで抽選される特別抽選結果に応じて(特別抽選結果が「大当り」又は「小当り」の時に)、アタッカソレノイド2124が通電駆動されることで開閉部材2106が所定パターンで開閉して受入可能となるようになっている。

0043

また、アタッカユニット2100では、第一始動口2101へ受入れられた遊技球は、後述する、裏ユニット3000における裏前ユニット3000aにおける右球誘導部材3050の右第一球通路3051へ送られるようになっている。また、第二始動口2102へ受入れられた遊技球は、アタッカ駆動機構ベース2126に支持された第二始動口センサ2127により検知された後に下方へ排出されるようになっている。更に、大入賞口へ受入れられた遊技球は、アタッカ駆動機構ベース2126に支持されたカウントセンサ2128により検知された後に下方へ排出されるようになっている。また、一般入賞口2104へ受入れられた遊技球は、後述する、裏ユニット3000における裏前ユニット3000aにおける右球通路部材3050の右第二球通路3052や、左球通路部材3060の左第一球通路3061、左第二球通路3062等へ送られるようになっている。

0044

本実施形態のアタッカユニット2100は、アタッカソレノイド2124を、プランジャ2124aの進退方向が左右方向となるように配置すると共に、アタッカソレノイド2124を可及的に開閉部材2106へ近付けた位置に配置するようにしているので、アタッカユニット2100における前後方向の寸法を、従来品と比較して、5〜30%短くすることができ、アタッカユニット2100の後方空間をより広く確保することができるようになっている。

0045

[2−2.サイド装飾部材]
続いて、本実施形態のパチンコ機1の遊技盤4における表ユニット2000のサイド装飾部材2200について、主に図155及び図156等を参照して説明する。遊技盤4におけるサイド装飾部材2200は、遊技パネル600における左右方向中央から左寄りの下部で、アタッカユニット2100が挿入固定される開口部600eよりも左側に形成された開口部600eに対して、前側から挿入された上で、遊技パネル600の前面に固定されるものであり、遊技領域605の内周に沿うように形成されている。

0046

このサイド装飾部材2200は、遊技パネル600の前面に取付けられ遊技領域605の内周に略沿った円弧状の開口枠2202aを有した本体部材2202と、本体部材2202における開口枠2202a内に挿入される透明板状のサイドレンズ部材2204と、サイドレンズ部材2204の後側に配置され前面に複数のLED2206aが実装された左下円弧装飾基板2206(図186を参照)と、左下円弧装飾基板2206を後側から覆うように本体部材2202の後面に取付けられる基板カバー2208と、を備えている。

0047

このサイド装飾部材2200における本体部材2202は、図示するように、その上端部に、遊技パネル600の前面よりも前方へ膨出し上面が右側へ向かって低くなるように傾斜した部2202bを備えており、棚部2202b上に流下してきた遊技球を、遊技領域605における左右方向の中央側へ誘導することができるようになっている。この本体部材2202は、表面に金属光沢を有したメッキ層を備えている。

0048

また、サイド装飾部材2200におけるサイドレンズ部材2204は、唐草模様状のレリーフが施されていると共に、唐草模様状の部位のみ表面に金属光沢を有したメッキ層が備えられており、サイドレンズ部材2204によって円弧状の左下円弧装飾部2205を形成している。なお、詳細な図示は省略するが、サイドレンズ部材2204におけるメッキ層が備えられた部位は、正面視で左下円弧装飾基板2206に実装されたLED2206aにかかるように形成されており、LED2206aの一部が遊技者側から臨むようになっている(図186を参照)。

0049

[2−3.ゲート部材]
次に、本実施形態のパチンコ機1の遊技盤4における表ユニット2000のゲート部材2300について、主に図155及び図156等を参照して説明する。遊技盤4におけるゲート部材2300は、透明な遊技パネル600における左右方向中央よりも左側で上下方向中央からやや上寄りの位置に形成された開口部600eに対して、前側から挿入された上で、遊技パネル600の前面に固定されるものである。このゲート部材2300は、遊技球が一つのみ通過可能な幅のゲート2302を有しており、このゲート2302内に配置されたゲートセンサ2304によりゲート2302を通過した遊技球を検出することができるようになっている。

0050

なお、本例のゲート部材2300は、従来のゲート部材と比較して、前後方向の長さが短く形成されており、遊技パネル600の前面よりも後側の部分が、遊技パネル600の厚さ内に収まるようになっている。

0051

[2−4.センター役物]
続いて、本実施形態のパチンコ機1の遊技盤4における表ユニット2000のセンター役物2400について、主に図161及び図162を参照して説明する。図161は、センター役物の奥板を外した状態で斜め前から見た分解斜視図である。また、図162は、センター役物の奥板を外した状態で斜め後から見た分解斜視図である。本例のセンター役物2400は、透明な遊技パネル600の略中央を貫通するように大きく形成された開口部600eに対して、前側から挿入された上で、遊技パネル600の前面に固定されるものであり、図示するように、遊技領域605の大半を占める大きさで枠状に形成され、正面視右側外周面は遊技領域605の外周との間で遊技球の外径よりも若干大きい隙間が形成されるように円弧状に形成されていると共に、左側の外周面は遊技領域605の外周との間で所定幅の領域が形成されるように垂下した略直線上に形成されている。

0052

このセンター役物2400は、遊技パネル600の前面と当接する薄板状で枠状に形成されたフランジ部2401と、フランジ部2401から遊技パネル600の開口部600e内へ向って延出する挿入壁部2402と、フランジ部2401から前方へ突出する前壁部2403と、を主に備えている。このセンター役物2400の前壁部2403には、上側の外周面における左右方向の略中央の位置から左側に、左方向へ向うに従って低くなるように傾斜した上棚部2404が形成されており、遊技領域605内の上部へ打ち込まれた遊技球が、上棚部2404へ流下するとセンター役物2400の左側を通って流下するようになっていると共に、上棚部2404よりも右側へ流下(進入)した遊技球はセンター役物2400の右側を通って一気に遊技領域605の下部へ流下するようになっている。つまり、センター役物2400における上棚部2404よりも右側へ遊技球が進入するように遊技球を打ち込むと、遊技球の流下を楽しむ機会が少なくなるようになっているので、遊技球の打込強さを適宜調整させることができ、緊張感を維持させて漫然とした遊技となるのを抑制することができるようになっている。

0053

また、センター役物2400は、前壁部2403の左側の外周面に遊技領域605を流下する遊技球が進入可能とされたワープ入口2405(図150を参照)と、ワープ入口2405に進入した遊技球を枠内へ放出するワープ出口2406と、ワープ出口2406から放出された遊技球を左右方向へ転動させた後にアタッカユニット2100の上側の遊技領域605内へ放出させ挿入壁部2402の下辺上面に形成されたステージ2410と、を主に備えている。このセンター役物2400におけるステージ2410は、ワープ出口2406から放出された遊技球が供給される第一ステージ2411と、第一ステージ2411の前側に配置され第一ステージ2411から遊技球が供給されると共に遊技領域605内へ遊技球を放出可能とされた第二ステージ2412と、を備えている。

0054

これら第一ステージ2411及び第二ステージ2412は、左右方向の略中央が低くなるような湾曲面状に形成されており、ステージ2410の略中央から遊技領域605内へ放出(還流)された遊技球は、高い確率でアタッカユニット2100の第一始動口2101へ受入れられる(入賞する)ようになっている。

0055

また、センター役物2400は、挿入壁部2402の後端に取付けられ、前後方向へ貫通した枠内のほとんどを閉鎖する透明板状の奥板2407を備えている。この奥板2407により、ステージ2410上に供給された遊技球が、ステージ2410の後方へ脱落して不具合が発生するのを防止することができるようになっている。

0056

更に、センター役物2400は、前壁部2403における正面視右側に、遊技領域605の内周に沿って形成された円弧状の右円弧装飾部2420と、右円弧装飾部2420の上端に配置された円形状の右円形装飾部2421と、センター役物2400の所定位置に複数配置された星形装飾部2422と、右円弧装飾部2420の内側に沿って複数列設された点状装飾部2423(図150を参照)と、右円弧装飾部2420の内側(正面視左側)で上下方向の略中央に外形が矩形状の右ロゴ装飾部2424と、左右方向の中央上部に配置され右ロゴ装飾部2424のおよそ半分の大きさの上中ロゴ装飾部2425と、を主に備えている。

0057

この右円弧装飾部2420は、図示するように、円弧状の枠内に唐草模様状の装飾を有しており、枠と唐草模様との間が前後方向へ抜けた状態に形成されている。この右円弧装飾部2420の表面には、金属光沢を有したメッキ層が備えられている。また、右円形装飾部2421は、前方へ膨出し透光性を有した円形の中央部と、中央部の外周から扇状に延び表面に金属光沢を有するメッキ層が形成された外延部とを備えている。更に、星形装飾部2422は、外形が星方の十角形で内形が外形の頂点から中心後方へ向かって多角錐状に形成された小星と、小星とは内形が逆方向(前方)へ突出し小星の約3倍の大星とを有し、大星の前面に五つの小星を周状に配置した形態となっており、表面全体に金属光沢を有したメッキ層が備えられている。

0058

また、点状装飾部2423は、透明な合成樹脂によって前端が半球状に形成されており、遊技者があたかも砲弾状のLEDに見えるように形成されている。また、右ロゴ装飾部2424は、矩形状の枠内に所定のロゴが透光性を有した状態で形成されている。更に、上中ロゴ装飾部2425は、所定の大きさの五芒星における各頂点に小さい五芒星を夫々配置した基台と、基台の前面に配置され外形が略正方形のロゴ枠と、ロゴ枠内に配置される所定形状のロゴ部と、を有しており、基台の五つの小さい星とロゴ部が白色とされていると共に、その他の部位の表面に金属光沢を有したメッキ層が備えられている。

0059

このセンター役物2400は、右円弧装飾部2420の後側に配置され円弧状に複数のLED2430aが実装された右円弧装飾基板2430と、右円形装飾部2421の後側に配置され前面に複数のLED2432aが実装された右円形装飾基板2432と、右ロゴ装飾部2424の後側に配置され前面に複数のLED2434aが実装された右ロゴ装飾基板2434(図186を参照)と、を備えている。なお、図示するように、右円弧装飾基板2430に実装されたLED2430aは、正面視で、右円弧装飾部2420における唐草模様状の部位に一部がかかるように配置されており、LED2430aの一部が遊技者側から臨むようになっている。

0060

本例のセンター役物2400は、右円弧装飾基板2430のLED2430aを適宜色で発光させることで、右円弧装飾部2420を円弧状に発光装飾させることができると同時に、点状装飾部2423を発光装飾させることができるようになっている。また、右円形装飾基板2432のLED2432aを適宜色で発光させることで、右円形装飾部を発光装飾させることができるようになっている。更に、右ロゴ装飾基板2434のLED2434aを適宜色で発光させることで、右ロゴ装飾部2424を発光装飾させることができるようになっている。

0061

このセンター役物2400は、詳細な図示は省略するが、フランジ部2401と前壁部2403の表面に、金属光沢を有したメッキ層が備えられており、右円弧装飾部2420、右円形装飾部2421の外延部、星形装飾部2422、右ロゴ装飾部2424等と共に、金属光沢を有したメッキ層によって光の反射率が高く、全体が煌びやかにキラキラと光るようになっている。特に、星形装飾部2422では、表面(前面)に大小様々な複数の多角錐が形成されており、入射してきた光を宝石の如くキラキラと反射させることができるようになっている。

0062

なお、センター役物2400では、挿入壁部2402がステージ2410を含めて無色透明な合成樹脂によって形成されており、ステージ2410を通して下側後に配置された裏ユニット3000の下部可動装飾体ユニット3600が見えるようになっている。また、センター役物2400の枠内を通して後側に配置された裏ユニット3000の上部可動装飾体ユニット3200の右ロゴ可動装飾体3230及び左ロゴ可動装飾体3235や液晶表示装置1400が遊技者側から良好に見えるようになっている。

0063

[2−5.裏前ユニット]
続いて、本実施形態のパチンコ機1の遊技盤4における裏ユニット3000の裏前ユニット3000aの詳細な構成について、主に図163乃至図166を参照して説明する。図163は裏ユニットにおける裏前ユニットを前から見た斜視図であり、図164は裏前ユニットを後から見た斜視図である。また、図165は、裏前ユニットを主要な部材毎に分解して前から見た分解斜視図である。更に、図166は、裏前ユニットを主要な部材毎に分解して後から見た分解斜視図である。

0064

本例の裏ユニット3000における裏前ユニット3000aは、後述する裏前ユニット3000bにおける裏箱本体3100と共に裏箱621を形成し、裏箱本体3100の前端開口を閉鎖すると共に遊技パネル600を保持するパネルホルダ630の後側に取付けられ外形が矩形状で枠状に形成された裏箱前板3010と、裏箱前板3010の前面上部に取付けられる裏前上部装飾部材3020と、裏箱前板3010の前面左部に取付けられる裏前左部装飾部材3030と、裏箱前板3010の前面下部に取付けられる裏前下部装飾部材3040と、裏前下部装飾部材3040の右側に配置されアタッカユニット2100における第一始動口2101と右側の二つの一般入賞口2104へ受入れられた遊技球を受取って下方へ誘導する右球誘導部材3050と、裏前下部装飾部材3040の左側に配置されアタッカユニット2100における左側の二つの一般入賞口2104へ受入れられた遊技球を受取って下方へ誘導する左球誘導部材3060と、裏箱前板3010の前面右上隅付近に取付けられセンター役物2400の星形装飾部2422と同じ形態とされた複数の星形装飾部材3070と、を備えている。

0065

裏前ユニット3000aにおける裏箱前板3010は、透明な合成樹脂によって形成されており、図示するように、外形が略矩形状とされると共に所定形状で前後方向へ大きく貫通した開口部3011を有した板枠状の本体壁部3012と、本体壁部3012の外周縁に沿って前方へ短く延出した外壁部3013と、上下方向の中央よりもやや下寄りの位置から上側では開口部3011の内周縁に沿い、中央よりもやや下寄りの位置から上側では本体壁部3012の前面から前方へ短く延出した内壁部3014と、外壁部3012の前端から外方へフランジ状に延出しパネルホルダ630へ取付けるための固定部621aと、を備えている。

0066

この裏箱前板3010の開口部3011は、図示するように、略矩形状の本体壁部3012に対して上側へ偏芯した位置に形成されており、枠状の本体壁部3012の下部前面が上部前面よりも広く形成されている。また、内壁部3014は、左右両辺側が遊技領域605の内周と略沿った円弧状に形成されていると共に、下辺側における左右方向の中央が上側へ膨らんだ円弧状に形成されている。なお、詳細な説明は省略するが、本体壁部3012における外壁部3013と内壁部3014との間のには、裏前上部装飾部材3020、裏前左部装飾部材3030、裏前下部装飾部材3040、右球誘導部材3050、左球誘導部材3060、及び星形装飾部材3070や、裏後ユニット3000bにおける裏箱本体3100等を取付けるための取付ボス取付孔等が適宜位置に形成されている。

0067

また、裏前ユニット3000aにおける裏前上部装飾部材3020は、上端が遊技領域605の内周と略沿った円弧状で横長に形成され、遊技領域605の左右方向中央と対応する位置に上端の円弧よりも曲率の小さい円弧状の上円弧装飾部3021と、上円弧装飾部3021の左側に配置された上左ロゴ装飾部3022と、上左ロゴ装飾部3022及び上円弧装飾部3021の外周を覆うように複数配置されセンター役物2400における星形装飾部2422と同形態の星形装飾部3023と、上円弧装飾部3021の後側に配置され円弧状に複数のLED3024a(図186を参照)が実装された上円弧装飾基板3024と、上円弧装飾基板3024の下側且つ星形装飾部3023の後側に配置され下面に下方へ向かって光を照射可能な複数のLED3025a(図186を参照)が実装された上部装飾基板3025と、を備えている。

0068

この裏前上部装飾部材3020の上円弧装飾部3021は、表面に金属光沢を有したメッキ層を備えており、円弧状の枠内に唐草模様状の装飾を有し枠と唐草模様との間が前後方向へ抜けた状態に形成されている。上円弧装飾部3021の後側に配置された上円弧装飾基板3024は、各LED3024aが、正面視で上円弧装飾部3021における唐草模様に一部がかかるように配置されており、LED3024aの一部が遊技者側から臨むようになっている。この上円弧装飾基板3024のLED3024aを適宜色で発光させることで、上円弧装飾部3021を発光装飾させることができるようになっている。

0069

また、裏前上部装飾部材3020の上左ロゴ装飾部3022は、所定の大きさの五芒星における各頂点に小さい五芒星を夫々配置した基台と、基台の前面に配置され外形が略正方形のロゴ枠と、ロゴ枠内に配置される所定形状のロゴ部と、を有しており、基台の五つの小さい星とロゴ部が白色とされていると共に、その他の部位の表面に金属光沢を有したメッキ層が備えられている。この上左ロゴ装飾部3022は、センター役物2400における右ロゴ装飾部2424のおよそ半分の大きさとされている。また、裏前上部装飾部材3020は、星形装飾部3023の表面にも金属光沢を有したメッキ層が備えられている。更に、上部装飾基板3025のLED3025aを適宜色で発光させることで、下側に配置される裏後ユニット3000bの上部稼動装飾体ユニット3200、下部可動装飾体ユニット3600等や、センター役物2400におけるステージ2410等を発光装飾させることができるようになっている。

0070

裏前ユニット3000aにおける裏前左部装飾部材3030は、遊技領域605の内周に沿って形成されると共に、正面視で表ユニット2000におけるサイド装飾部材2200の左下円弧装飾部2205と連続するように形成された円弧状の左上円弧装飾部3031と、左上円弧装飾部3031の上端に配置された円形状の左円形装飾部3032と、左上円弧装飾部3031の内側(正面視右側)に配置され外形が矩形状の左ロゴ装飾部3033と、左上円弧装飾部3031の内側と左上円弧装飾部3031の上端付近から裏前上部装飾部材3020の左端へ連続するように複数配置された星形装飾部3034と、左上円弧装飾部3031の後側に配置され前面に複数のLED3035a(図186を参照)が円弧状に実装された左上円弧装飾基板3035と、左円形装飾部3032の後側に配置され前面にLED3036a(図186を参照)が実装された左円形装飾基板3036と、を備えている。

0071

裏前左部装飾部材3030における左上円弧装飾部3031は、表面に金属光沢を有したメッキ層を備えており、円弧状の枠内に唐草模様状の装飾を有し枠と唐草模様との間が前後方向へ抜けた状態に形成されている。左上円弧装飾部3031の後側に配置された左上円弧装飾基板3035は、各LED3035aが、正面視で左上円弧装飾部3031における唐草模様に一部がかかるように配置されており、LED3035aの一部が遊技者側から臨むようになっている。この左上円弧装飾基板3035のLED3035aを適宜色に発光させることで、左上円弧装飾部3021を発光装飾させることができるようになっている。なお、左上円弧装飾部3031は、内側辺(正面視右側辺)が裏箱前板3010の内壁部3014と略接するように、内壁部3014よりも外側(外壁部3013と内壁部3014との間)に位置されている。

0072

裏前左部装飾部材3030の左円形装飾部3032は、前方へ膨出し透光性を有した円形の中央部と、中央部の外周から扇状に延び表面に金属光沢を有するメッキ層が形成された外延部とを備えており、円形の中央部の径が、センター役物2400における右円形装飾部2421よりも小径とされている。この左円形装飾部3032の後側には、左円形装飾基板3036が配置されており、左円形装飾基板3036のLED3036aを適宜色に発光させることで、左円形装飾部3032を発光装飾させることができるようになっている。

0073

また、裏前左部装飾部材3030の左ロゴ装飾部3033は、裏前上部装飾部材3020の上左ロゴ装飾部3022と同様に、所定の大きさの五芒星における各頂点に小さい五芒星を夫々配置した基台と、基台の前面に配置され外形が略正方形のロゴ枠と、ロゴ枠内に配置される所定形状のロゴ部と、を有しており、基台の五つの小さい星とロゴ部が白色とされていると共に、その他の部位の表面に金属光沢を有したメッキ層が備えられている。この左ロゴ装飾部3033は、上左ロゴ装飾部3022と略同じ大きさとされている。

0074

更に、裏前左部装飾部材3030の星形装飾部3034は、センター役物2400の星形装飾部2422と同様に、外形が星方の十角形で内形が外形の頂点から中心後方へ向かって多角錐状に形成された小星と、小星とは内形が逆方向(前方)へ突出し小星の約3倍の大星とを有し、大星の前面に五つの小星を周状に配置した形態となっており、表面全体に金属光沢を有したメッキ層が備えられている。

0075

裏前ユニット3000aにおける裏前下部装飾部材3040は、裏箱前板3010の内壁部3014における下辺に形成された円弧状の部位の下側と略接するように上側へ膨らんだ半円弧状の下円弧装飾部3041と、下円弧装飾部3041の半円弧内を閉鎖する半円板状の下円弧内装飾部3042と、下円弧装飾部3041の後側に配置され前面に複数のLED3043a(図186を参照)が円弧状に実装された下円弧装飾基板3043と、下円弧内装飾部3042の後側に取付けられ所定の磁気を検出可能な磁気検出センサ3044と、を備えている。この裏前下部装飾部材3040は、正面視で、下円弧装飾部3041がアタッカユニット2100の外周を囲うように形成されている(図148等を参照)。

0076

この裏前下部装飾部材3040の下円弧装飾部3041は、表面に金属光沢を有したメッキ層を備えており、円弧状の枠内に唐草模様状の装飾を有し枠と唐草模様との間が前後方向へ抜けた状態に形成されている。下円弧装飾部3040の後側に配置された下円弧装飾基板3043は、各LED3043aが、正面視で下円弧装飾部3041における唐草模様に一部がかかるように配置されており、LED3043aの一部が遊技者側から臨むようになっている。この下円弧装飾基板3043のLED3043aを適宜色で発光させることで、下円弧装飾部3041を発光装飾させることができるようになっている。

0077

裏前下部装飾部材3040の下円弧内装飾部3042は、図示するように、表面に金属光沢を有したメッキ層を備えており、放射状に延びた棒状のレリーフが周方向に列設されている。この下円弧内装飾部3042は、左右方向の中央に所定形状で前後方向に貫通した開口部3042aを有しており、その開口部3042a内にアタッカユニット2100におけるアタッカ駆動ユニット2120の後端が挿入されるようになっている。なお、下円弧内装飾部3042は、放射状に延びたレリーフ部が、他とは異なる色のメッキ層とされている。

0078

裏前ユニット3000aにおける右球誘導部材3050は、アタッカユニット2100における第一始動口2101に受入れられて対応する樋部2110bにより遊技パネル600の後側へ誘導され、始動口駆動機構ベース2123の第一誘導部2123aによって右方向へ誘導された遊技球を受取って下方へ誘導排出する右第一球通路3051と、アタッカユニット2100における正面視右側の二つの一般入賞口2104に受入れられて対応する樋部2110bにより夫々遊技パネル600の後側へ誘導された遊技球を夫々受取って、一箇所から下方へ誘導排出する右第二球通路3052と、を備えている。

0079

この右球誘導部材3050には、右第一球通路3051の上端付近に、第一始動口2101に受入れられた遊技球を検知する第一始動口センサ3080が取付けられるようになっている。また、右球誘導部材3050には、右第二球通路3052の下端付近に、アタッカユニット2100における右側に配置された二つの一般入賞口2104へ受入れられた遊技球を検知する一般入賞口センサ3081が取付けられるようになっている。

0080

裏前ユニット3000aにおける左球誘導部材3060は、アタッカユニット2100における正面視左中央側の一般入賞口2104に受入れられて、対応する樋部2110bにより遊技パネル600の後側へ誘導された遊技球を受取って下方へ誘導排出する左第一球通路3061と、アタッカユニット2100における正面視左外側の一般入賞口2104に受入れられて、対応する樋部2110bにより遊技パネル600の後側へ誘導された遊技球を受取って下方へ誘導排出する左第二球通路3062と、を備えている。

0081

この左球誘導部材3060は、左第一球通路3061と左第二球通路3062の夫々下端付近に、アタッカユニット2100における正面視左側の二つの一般入賞口2104へ受入れられた遊技球を夫々検知する一般入賞口センサ3081が取付けられるようになっている。

0082

また、裏前ユニット3000aにおける星形装飾部材3070は、上述した星形装飾部2422,3023,3034等と同様の構成となっている。

0083

本例の裏前ユニット3000aは、図148等に示すように、裏前上部装飾部材3020、裏前左部装飾部材3030、裏前下部装飾部材3040、及び星形装飾部材3070が、センター役物2100よりも外側に位置するように備えられており、透明な遊技パネル600を通して遊技者側から視認できるようになっている。また、裏前上部装飾部材3020、裏前左部装飾部材3030、裏前下部装飾部材3040、及び星形装飾部材3070は、透明な遊技パネル600の後側に配置されているので、上円弧装飾基板3024、左上円弧装飾基板3035、左円形装飾基板3036、下円弧装飾基板3043等によって夫々を発光装飾させることができると共に、それらからの光が透明な遊技パネル600で反射して前面側へ照射されることで、表面に備えられたメッキ層で更に遊技者側へ反射させることができ、キラキラした発光装飾を行うことができるようになっている。

0084

[2−6.裏後ユニットの全体構成]
続いて、本実施形態のパチンコ機1の遊技盤4における裏ユニット3000の裏後ユニット3000bの全体構成について、主に図167乃至170を参照して説明する。図167は裏ユニットにおける裏後ユニットを斜め前から見た斜視図であり、図168は裏ユニットにおける裏後ユニットを斜め後から見た斜視図である。また、図169は裏後ユニットを主要な部材毎に分解して斜め前から見た分解斜視図であり、図170は裏後ユニットを主要な部材毎に分解して斜め後から見た分解斜視図である。

0085

本例の裏ユニット3000における裏後ユニット3000bは、裏前ユニット3000aの裏箱前板3010と共に裏箱621を形成し、前側が開放された箱状で後壁621bに前後方向へ貫通した矩形状の開口621cを有した裏箱本体3100と、裏箱本体3100内で開口621cよりも上側に取付けられる上部可動装飾体ユニット3200と、裏箱本体3100内で上部可動装飾体ユニット3200の下側且つ開口621cの左右両側に取付けられるサイド可動装飾体ユニット3400と、裏箱本体3100内で開口621cの下側に取付けられる下部可動装飾体ユニット3600と、裏箱本体3100の後側下部に取付けられ第一ランプ駆動基板3801及び第二ランプ駆動基板3802(図185を参照)を収容したランプ駆動基板ボックス3804と、ランプ駆動基板ボックス3804の左側(背面視では右側)に取付けられアタッカユニット2100のアタッカユニット中継基板2130やゲートセンサ2304、周辺制御基板4140等と主制御基板4100との接続を中継するパネル中継基板3806と、裏箱本体3100における後壁621b後面の左右両辺付近に取付けられた右中継端子板3808及び左中継端子板3810と、を備えている。

0086

裏後ユニット3000bにおける裏箱本体3100は、図示するように、前側が開放された箱状に形成され、後壁621bに前後方向へ貫通した矩形状の開口621cが形成されている。この裏箱本体3100には、後壁621bの後面で開口621cの左側(背面視で右側)に外側へ向かって窪んだ二つの固定溝3102と、開口621cを挟んで反対側に取付けられるロック部材(図示は省略)と、を備えており、固定溝3102内に液晶表示装置1400の左側面から突出した固定片1402を挿入した上で、右側面の固定片1402をロック部材で支持することで、裏箱本体3100の後側に液晶表示装置1400を着脱可能に取付けることができるようになっている。裏箱本体3100の後側に取付けられた液晶表示装置1400は、その表示画面が開口621cを介して前側から臨むようになっている。

0087

また、裏箱本体3100は、後壁621bの後面における開口621cの右側(背面視で左側)に、右中継端子板3808を支持しするための端子板取付台3104を備えている。この端子板取付台3104は、右中継端子板3808を取付ける部位が、正面視で開口621c内に位置した固定位置と、開口621cよりも外側に位置した開放位置との間で回動するようになっている。この端子板取付台3104は、裏箱本体3100に対して液晶表示装置1400を着脱する際に、開放位置へ回動させることで、端子板取付台3104(右中継端子板3808)が邪魔になることなく、液晶表示装置1400を着脱させることができるようになっていると共に、液晶表示装置1400を取付けた後では、端子板取付台3104を固定位置へ回動させて、液晶表示装置1400の背面に位置させることで、後側への突出量を少なくすることができるようになっている。

0088

更に、裏箱本体3100は、後壁621bの前面で開口621cの左右両側及び下側に、所定の装飾が施された板状の背面装飾板3106を備えている。なお、詳細な説明は省略するが、裏箱本体3100には、裏箱前板3010、上部可動装飾体ユニット3200、サイド可動装飾体ユニット3400、下部可動装飾体ユニット3600、ランプ駆動基板ボックス3804、パネル中継基板3806等を取付固定するための取付ボスや取付孔等が適宜位置に形成されている。また、本例では、裏箱本体3100が黒色不透光性剛性樹脂によって形成されており、遊技者側から見た時に、上部可動装飾体ユニット3200、サイド可動装飾体ユニット3400、及び下部可動装飾体ユニット3600の後側が暗くなり、実際よりも奥行きがあるように錯覚させることができると共に、発光装飾させた時にコントラストを強くすることができ、より装飾効果の高い発光装飾をさせることができるようになっている。

0089

なお、裏箱本体3100の後側に取付けられるランプ駆動基板ボックス3804は、図185に示すように、二つの第一ランプ駆動基板3801と第二ランプ駆動基板3802とを互いが対向するように保持している。

0090

[2−7.上部可動装飾体ユニット]
次に、裏後ユニット3000bにおける上部可動装飾体ユニット3200について、主に図171乃至178を参照して説明する。図171は裏ユニットにおける裏後ユニットの上部可動装飾体を斜め前から見た斜視図であり、図172は裏ユニットにおける裏後ユニットの上部可動装飾体ユニットを斜め後から見た斜視図である。また、図173は上部可動装飾体ユニットを主要な部材毎に分解して斜め前から見た分解斜視図であり、図174は上部可動装飾体ユニットを主要な部材毎に分解して斜め後から見た分解斜視図である。更に、図175は上部可動装飾体ユニットのユニットベースとスライダカバーを省略した状態で示す平面図であり、図176は上部可動装飾体ユニットにおける本体ユニットと、星ユニットとの関係を示す正面図であり、図177は上部可動装飾体ユニットにおけるLEDの配置を示す正面図である。また、図178は、上部可動装飾体ユニットの動きを示す説明図である。

0091

本実施形態の裏後ユニット3000bにおける上部可動装飾体ユニット3200は、裏箱本体3100内で開口621cの上側に取付けられ左右方向へ延びた本体ユニット3210と、本体ユニット3210の前面右側に配置され本体ユニット3210によって左右方向へ移動可能とされた右ロゴ可動装飾体3230と、右ロゴ可動装飾体3230と並ぶように本体ユニット3210の前面左側に配置され本体ユニット3210によって左右方向へ移動可能とされた左ロゴ可動装飾体3235と、右ロゴ可動装飾体3230及び左ロゴ可動装飾体3235と本体ユニット3210との間に配置され本体ユニット3210によって昇降可能とされた星ユニット3240と、を備えている。

0092

上部可動装飾体ユニット3200の本体ユニット3210は、左右方向へ延びたユニットベース3211と、ユニットベース3211の後側で左右両端付近に回転軸が上方へ突出するように取付けられた一対のロゴ駆動モータ3212と、ロゴ駆動モータ3212の回転軸に固定されるロゴ駆動ギア3213と、ロゴ駆動ギア3213と噛合し左右方向へ直線状に延びたラックギア3214aを備えユニットベース3211の左右上部で左右方向へスライド可能に支持された一対のスライダ3214と、スライダ3214の上側を覆うようにユニットベース3211の上面に取付けられるスライダカバー3215と、を備えている。

0093

また、本体ユニット3210は、ユニットベース3211の後側で左右方向の中央と左右両端との中間位置に回転軸3216aが前方へ突出するように取付けられた一対の星ユニット昇降駆動モータ3216と、星ユニット昇降駆動モータ3216の回転軸3216aに固定されると共にユニットベース3211の前面に配置され回転軸3216aに対して直角方向へ延びた昇降アーム3217と、昇降アーム3217の先端に前方へ突出するように取付けられた昇降ピン3218と、昇降アーム3217の回転範囲よりも外側でユニットベース3211の前面両端に複数取付けられた星形状の星形装飾部3219と、を備えている。

0094

更に、本体ユニット3210は、ユニットベース3211の上部の所定位置に取付けられスライダ3214のスライド位置を検知する一対のスライド検知センサ3220と、ユニットベース3211の前面に取付けられ昇降アーム3217の回動位置を検知する一対の昇降検知センサ3221と、ユニットベース3211の後側で左右方向の中央部と左右の星ユニット昇降駆動モータ3216との間に夫々取付けられた上部右中継端子板3222、及び上部左中継端子板3223と、を備えている。

0095

本体ユニット3210におけるユニットベース3211は、図示するように、左右方向の中央に上方に延出し前側が開放された縦長箱状の収納部3211aを備えており、この収納部3211a内に後述する星ユニット3240の星回転駆動モータ3242が上下方向へ移動可能に収納されるようになっている。また、ユニットベース3211は、星ユニット昇降駆動モータ3216を支持した付近の前面に前方へ突出した昇降ストッパ3211bを備えており、上昇位置に位置した昇降アーム3217が当接して昇降アーム3217の回動端を規制することができるようになっている。

0096

また、本体ユニット3210におけるスライダ3214は、左右方向へ延びた板状に形成されており、後端辺に沿ってロゴ駆動ギア3213と噛合するラックギア3214aが形成されている。また、スライダ3214には、ユニットベース3211に対して中央寄り側の後端部に検知片3214bを備えており、この検知片3214bがスライド検知センサ3220によって検知されるようになっている。更に、スライダ3214は、ユニットベース3211に対して中央寄りの前端に左右方向へ所定距離離間した状態で前方へ突出する一対の取付ボス3214cを備えており、この取付ボス3214cに右ロゴ可動装飾体及3230び左ロゴ可動装飾体3235が夫々取付けられるようになっている。

0097

更に、本体ユニット3210における昇降アーム3217は、星ユニット昇降駆動モータ3216の回転軸3216aに固定されると共に、回転軸3216aに対して偏芯した位置に昇降ピン3218を支持している。また、昇降アーム3217には、図176に示すように、所定位置にユニットベース3211の前面に取付けられた昇降検知センサ3221によって検知される検知片を有している。この昇降アーム3217は、昇降アーム3217を上昇位置に回動させた時に、検知片がユニットベース3211の昇降ストッパ3211bと当接するようになっている。

0098

また、本体ユニット3210における星形装飾部3219は、裏表ユニット3000aの星形装飾部3034と同様に、外形が星方の十角形で内形が外形の頂点から中心後方へ向かって多角錐状に形成された小星と、小星とは内形が逆方向(前方)へ突出し小星の約3倍の大星とを有し、大星の前面に五つの小星を周状に配置した形態となっており、表面全体に金属光沢を有したメッキ層が備えられている。

0099

上部可動装飾体ユニット3200における右ロゴ可動装飾体3230は、外形が立体的で前面にレリーフ状のロゴ部3231a及び星形状の星部3231bを有し透光性を有し合成樹脂によって形成された本体部3231と、本体部3231の前側に保持されロゴ部3231aや星部3231bが通過可能な開口3232aを有した前面ロゴ枠3232と、本体部3231内に配置され前面に複数のLED3233a(図177を参照)が実装された右ロゴ装飾基板3233と、右ロゴ装飾基板3233の後側を覆い本体部3231の後面に取付けられる基板カバー3234と、を備えている。

0100

この右ロゴ可動装飾体3230における本体部3231は、詳細な図示は省略するが、ロゴ部3231aの前面が滑らかな形状とされているのに対して、ロゴ部3231aの後面が複雑な多面形状とされており、ロゴ部3231aがプリズム状レンズとなっている。これにより、ロゴ部3231aへ入射した光が、内部で乱屈折すると共に分光され、複雑で綺麗な虹色に見えるようになっている。また、本体部3231の星部3231bは、中心が前方へ突出した角錐状に形成されている。また、本体部3231は、上部後端から斜め上方後側へ板状に延出しする固定部3231cを更に備えており、この固定部3231cがスライダ3214の取付ボス3214cに取付けられるようになっている。

0101

また、右ロゴ可動装飾体3230における前面ロゴ枠3232は、表面に金属光沢を有したメッキ層を備えている。また、前面ロゴ枠3232は、正面視右上隅に、上右ロゴ装飾部3232bを備えている。この上右ロゴ装飾部3232bは、裏前ユニット3000aにおける上左ロゴ装飾部3022や左ロゴ装飾部3033は、と同様に、所定の大きさの五芒星における各頂点に小さい五芒星を夫々配置した基台と、基台の前面に配置され外形が略正方形のロゴ枠と、ロゴ枠内に配置される所定形状のロゴ部と、を有しており、基台の五つの小さい星とロゴ部が白色とされていると共に、その他の部位の表面に金属光沢を有したメッキ層が備えられている。この上右ロゴ装飾部3232bは、上左ロゴ装飾部3022や左ロゴ装飾部3033と略同じ大きさとされている。

0102

本例の右ロゴ可動装飾体3230は、右ロゴ装飾基板3233のLED3233aを適宜色で発光させることで、ロゴ部3231aや星部3231bを発光装飾させることができるようになっている。なお、詳細な図示は省略するが、本体部3231内には、ロゴ部3231aと星部3231bとを仕切る不透光性の仕切壁を備えており、ロゴ部3231aと星部3231bとを別々に発光装飾させることができるようになっている。

0103

上部可動装飾体ユニット3200における左ロゴ可動装飾体3235は、外形が立体的で前面にレリーフ状のロゴ部3236a及び星形状の星部3236bを有し透光性を有し合成樹脂によって形成された本体部3236と、本体部3236の前側に保持されロゴ部3236aや星部3236bが通過可能な開口3237aを有した前面ロゴ枠3237と、本体部3236内に配置され前面に複数のLED3238a(図177を参照)が実装された左ロゴ装飾基板3238と、左ロゴ装飾基板3238の後側を覆い本体部3236の後面に取付けられる基板カバー3239と、を備えている。

0104

この左ロゴ可動装飾体3235における本体部3236は、詳細な図示は省略するが、ロゴ部3236aの前面が滑らかな形状とされているのに対して、ロゴ部3236aの後面が複雑な多面形状とされており、ロゴ部3236aがプリズム状のレンズとなっている。これにより、ロゴ部3236aへ入射した光が、内部で乱屈折すると共に分光され、複雑で綺麗な虹色に見えるようになっている。また、本体部3236の星部3236bは、中心が前方へ突出した角錐状に形成されている。また、本体部3236は、上部後端から斜め上方後側へ板状に延出しする固定部3236cを更に備えており、この固定部3236cがスライダ3214の取付ボス3214cに取付けられるようになっている。更に、また、左ロゴ可動装飾体3235における前面ロゴ枠3237は、表面に金属光沢を有したメッキ層を備えている。

0105

本例の左ロゴ可動装飾体3235は、左ロゴ装飾基板3238のLED3238aを適宜色で発光させることで、ロゴ部3236aや星部3236bを発光装飾させることができるようになっている。なお、詳細な図示は省略するが、本体部3236内には、ロゴ部3236aと星部3236bとを仕切る不透光性の仕切壁を備えており、ロゴ部3236aと星部3236bとを別々に発光装飾させることができるようになっている。

0106

上部可動装飾体ユニット3200における星ユニット3240は、左右方向へ広がった板状の星ユニットベース3241と、星ユニットベース3241の左右方向の中央上部後側に取付けられ前側へ回転軸が延びだした星回転駆動モータ3242と、星回転駆動モータ3242の回転軸に固定された駆動ギア(図示は省略する)と、駆動ギアと噛合し星ユニットベースにおける左右方向略中央に配置された従動ギア(図示は省略する)と、従動ギアの軸心に固定される軸部3245aを有し星ユニットベース3241の前側に配置される所定の大きさの星形回転装飾体3245と、星形回転装飾体3245と略同じ大きさの星部3246a、及び星部3246a内所定位置に配置され前後方向へ貫通した複数の開口部3246bを有し、星形回転装飾体3245と従動ギアとの間に配置されると共に星形回転装飾体3245の軸部3245aを回転可能に軸支し、従動ギア及び駆動ギアの前側を覆う星ベース3246と、星ベース3246における星部3246aと従動ギアとの間に配置され星ベース3246の開口部3246bを通して前側へ臨むように複数のLED3247aが前面に実装された星装飾基板3247(図177を参照)と、を備えている。

0107

また、星ユニット3240は、星ユニットベース3241の前面で星ベース3246の星部3246aよりも左右両外側に夫々二つずつ配置され星形回転装飾体3245よりも小さい星形装飾体3248と、星ユニットベース3241の後側で左右の二つの星形装飾体3248と対応する位置に取付けられ複数のLED3249a(図177を参照)が前面に実装された左右の上部星装飾基板3249と、星ユニットベース3241に取付けられ星形回転装飾体32445と共に回転する従動ギアの回転位置を検知可能な星回転検知センサ3250と、を備えている。

0108

星ユニット3240における星ユニットベース3241は、左右両端上部に本体ユニット3210における昇降ピン3218が挿通可能とされ前後方向へ貫通し左右方向へ延びた一対の長孔3241aを備えている。この星ユニットベース3241における左右の長孔3241a内に本体ユニット3210の左右の昇降ピン3218が挿通されることで、星ユニット3240が本体ユニット3210に支持されるようになっている。なお、本例では、昇降ピン3218には、摺動ブッシュが回動可能に挿入されており、摺動ブッシュを介して昇降ピン3218が長孔3241a内に挿入されていると共に、摺動ブッシュが長孔3241a内を左右方向へ摺動(転動)するようになっている。

0109

また、星ユニットベース3241は、前面の略全体に、本体ユニット3210の星形装飾部3219と同様の星形装飾部3241bを複数備えている。なお、この星ユニットベース3241は、透明な合成樹脂によって形成されており、一部の星形装飾部3241bの前面のみ金属光沢を有したメッキ層が施されており、残りの星形装飾部3241b、長孔3241aが形成された部位や星形装飾体3248が取付けられる位置にはメッキ層が施されておらず透明な状態となっている。

0110

星ユニット3240における星形回転装飾体3245は、外形が五芒星状に形成され中心から後方へ軸部3245aが延出した透明板状の回転星ベース3245bと、回転星ベース3245bの前面を覆うように回転星ベース3245bに取付けられ回転星ベース3245bの外周辺に沿って複数重に枠状に形成されると共に表面に金属光沢を有するメッキ層を備えた回転星枠3245cと、回転星枠3245cと回転星ベース3245bとの間に配置され透光性を有した回転星レンズ3245dと、を備えている。この星形回転装飾体3245は、星装飾基板3247のLED3247aを適宜色で発光させることで、発光装飾することができるようになっている。

0111

また、星ユニット3240における星装飾基板3247は、図177に示すように、五芒星状に形成された外側の各頂点付近に配置されたLED3247aが、星形回転装飾体3245における内側の各頂点よりも外側に配置されており、星形回転装飾体3245が回転すると、それらのLED3247aが遊技者側から臨むようになっている(図178(D)を参照)。これにより、LED3247aを発光させた状態で星形回転装飾体3245を回転すると、一部のLED3247aからの光が星形回転装飾体3245を通さずに直接遊技者側へ照射させることができるので、瞬間的に遊技者側を眩しくさせることで発光装飾のキラキラ感を高めることができるようになっている。

0112

星ユニット3240における星形装飾体3248は、星形回転装飾体3245よりも小さく、星ユニットベース3241の星形装飾部3241bよりも大きく五芒星の枠状に形成され、表面に金属光沢を有すめメッキ層を備えた枠部と、枠部内に配置され透明星形のレンズ部と、を備えている。この星形装飾部3248は、後側に配置された上部星装飾基板3249のLED3249aを適宜色で発光させることにより、発光装飾させることができるようになっている。

0113

本例の上部可動装飾体ユニット3200は、図173図174等に示すように、星ユニット3240の星回転駆動モータ3242が後方へ突出するように星ユニットベース3241の後側に取付けられており、後方へ突出した星回転駆動モータ3242が、組立てた状態では本体ユニット3210におけるユニットベース3211の収納部3211a内に収納されるようになっている(図171を参照)。

0114

また、上部可動装飾体ユニット3200は、図171図172等に示すように、組立てた状態では、右ロゴ可動装飾体3230及び左ロゴ可動装飾体3235が星ユニット3240よりも前方へ位置するようになっており、右ロゴ可動装飾体3230及び左ロゴ可動装飾体3235によって星ユニット3240を遊技者側から隠蔽(見難く)することができるようになっている。

0115

続いて、上部可動装飾体ユニット3200の動きについて説明する。本例の裏ユニット3000の裏後ユニット3000bにおける上部可動装飾体ユニット3200は、左右に配置されたロゴ駆動モータ3212を夫々回転させることで、左右のスライダ3214を介して右ロゴ可動装飾体3230及び左ロゴ可動装飾体3235を左右方向へ移動させることができるようになっている。この上部可動装飾体ユニット3200は、図178(A)に示すように、右ロゴ可動装飾体3230と左ロゴ可動装飾体3235とが互いに接近した状態、つまり、左右方向における中央側へ移動させた状態では、右ロゴ可動装飾体3230と左ロゴ可動装飾体3235とによって中央に配置された星形回転装飾体3245が遊技者側から見難くなるようになっている。

0116

また、右ロゴ可動装飾体3230と左ロゴ可動装飾体3235とが互いに接近した状態では、右ロゴ可動装飾体3230と左ロゴ可動装飾体3235とが連続した状態となり、具体的な図示は省略するが、右ロゴ可動装飾体3230と左ロゴ可動装飾体3235とで表された夫々のロゴが一つのロゴとなって遊技者に対してパチンコ機1のコンセプトを認識させ易くすることができるようになっている。

0117

そして、左右のロゴ駆動モータ3212を互いに異なる方向へ回転駆動させることで、右ロゴ可動装飾体3230及び左ロゴ可動装飾体3235が互いに離反する方向(左右方向の外方向)へと移動し、中央に配置された星形回転装飾体3245が遊技者側から視認することができるようになる(図178(B)を参照)。なお、右ロゴ可動装飾体3230及び左ロゴ可動装飾体3235の移動位置は、左右のスライダ3214の検知片3214bをスライド検知センサ3220によって検知することで、右ロゴ可動装飾体3230及び左ロゴ可動装飾体3235の左右位置を特定することができるようになっている。

0118

また、上部可動装飾体ユニット3200は、左右に配置された星ユニット昇降駆動モータ3216を夫々互いに異なる方向へ回転駆動させることで、左右の昇降アーム3217を介して支持された星ユニット3240を昇降させることができるようになっている。具体的には、図176に示すように、星ユニット3240が上昇位置の時では、昇降アーム3217の検知片3217aがユニットベース3211の昇降ストッパ3211bの上面に当接した状態となっていると共に、昇降アーム3217に支持された昇降ピン3218が摺動ブッシュを介して星ユニットベース3241における長孔3241aの外側端部と当接した状態となっている。これにより、昇降ピン3218の下方への移動が規制された状態となり、星ユニット昇降駆動モータ3216の駆動力がなくても星ユニット3240を上昇位置に停止した状態で維持させることができるようになっている。

0119

この状態から、正面視で右側の星ユニット昇降駆動モータ3216を反時計周りの方向へ、左側の星ユニット昇降駆動モータ3216を時計回りの方向へ、夫々同時に同じ速度で回転させると、夫々の星ユニット昇降駆動モータ3216の回転軸3216aに固定された左右の昇降アーム3217が夫々異なる方向へ回動することとなる。左右の星ユニット昇降駆動モータ3216の回転により、左右の昇降アーム3217に支持された昇降ピン3218が、星ユニットベース3241の長孔3241a内を左右方向へ摺動しながら互いに接近する方向へ移動すると共に星ユニット3240を上方に押し上げながら上昇し、上死点に達した後に星ユニット3240を押し下げながら下降するような動きをする。このように、昇降ピン3218は本体ユニット3210に対して上下方向に動く。一方、星ユニット3240に対しては長孔3241a内を左右方向へ摺動しながら互いに接近する方向へ移動するだけである。即ち、この昇降ピン3218の上下方向の動きに伴って、星ユニット3240全体が上下動し、昇降ピン3218の長孔3241a内の移動に伴って星ユニット3240の全体を押し上げ若しくは押し下げるようになっている。そして、左右の昇降ピン3218が下死点に到達すると、星ユニット昇降駆動モータ3216の回転駆動が停止して、星ユニット3240が下降位置に位置した状態となる(図178(C)を参照)。

0120

星ユニット3240を下降位置に位置させた状態では、星ユニット3240の略全体が液晶表示装置1400における表示画面の上部前面に位置した状態となり、遊技者から星ユニット3240全体が充分に見えるような状態なるようになっている(図188等を参照)。また、星ユニット3240が下降位置の状態では、図示するように、左右の星形装飾体3248が、右ロゴ可動装飾体3230及び左ロゴ可動装飾体3235の下側に遊技者側へ露出した状態となり、上部星装飾基板3249による発光装飾を充分に遊技者に見せることができるようになっている。

0121

また、星ユニット3240が下降位置の状態では、昇降ピン3218が星ユニット昇降駆動モータ3216の回転軸3216aから垂下した状態となり、回転軸3216aに対して回転モーメントが作用せず、星ユニット昇降駆動モータ3216の駆動力がなくても星ユニット3240を下降位置に維持することができるようになっている。

0122

なお、下降位置の状態から星ユニット3240を上昇させるには、上述とは逆方向へ星ユニット昇降駆動モータ3216を夫々回転駆動させることで上昇させることができ、昇降ピン3218が上死点を越えて若干下降し、昇降アーム3217の検知片3217aが昇降ストッパ3211bの上面に当接するまで回転駆動させることで、上昇位置に干しユニット3240を復帰させることができるようになっている。なお、星ユニット3240の昇降は、昇降アーム3217の検知片3217aを昇降検知センサ3220によって検知することで、昇降位置を特定することができるようになっている。

0123

この上部可動装飾体ユニット3200における星ユニット3240は、星回転駆動モータ3242によって前面の中央に配置された星形回転装飾体3245を回転させることができるようになっている(図178(D)を参照)。星回転駆動モータ3242によって星形回転装飾体3245を、時計回り或いは反時計周りの何れの方向へも回転させることができるようになっている。なお、星ユニット3240は、上昇位置の時でも星形回転装飾体3245を回転させることができ他に、上昇位置で右ロゴ可動装飾体3230及び左ロゴ可動装飾体3235が互いに接近した状態の時でも回転させることができるようになっている。また、星転駆動モータ3242により回転する従動ギアの検知片(図示は省略)を星回転検知センサ3250によって検知することで、星形回転装飾体3245の回転位置を特定することができるようになっている。

0124

このように、本実施形態の上部可動装飾体ユニット3200によると、センター役物2400の枠内で液晶表示装置1400の上側を装飾することができると共に、左右方向へ移動する右ロゴ可動装飾体3230と左ロゴ可動装飾体3235、上下方向へ移動する星ユニット3240、及び回転する星形装飾体3245、の夫々異なる動きと発光装飾(発光演出)によって遊技者を楽しませることができ、遊技に飽き難くして遊技に対する興趣が低下するのを抑制することができるようになっている。

0125

[2−8.サイド可動装飾体ユニット]
次に、裏後ユニット3000bにおけるサイド可動装飾体ユニット3400について、主に図179及び図180を参照して説明する。図179は、サイド可動装飾体ユニットを示す正面図である。また、図180は、サイド可動装飾体ユニットの動きを示す説明図である。本実施形態の裏後ユニット3000bにおけるサイド可動装飾体ユニット3400は、裏箱本体3100内で開口621cの左右上部で上部可動装飾体ユニット3200の下側に取付けられるものであり、左右のサイド可動装飾体ユニット3400が、略対称に形成されている。

0126

このサイド可動装飾体ユニット3400は、図示するように、裏箱本体3100に取付けられるユニットベース3402と、ユニットベース3402の後側上部に回転軸が前方へ延出するように固定されるサイド駆動モータ3404(図169及び図170を参照)と、サイド駆動モータ3404の回転軸に一体回転可能に固定され回転軸に対して直角方向に延びたリンク部材(図示は省略する)と、リンク部材の回動位置を検知しユニットベース3402に取付けられるサイド回動検知センサ3408と、リンク部材の先端に固定され前方へ突出したリンクピン3410と、リンクピン3410が摺動可能に挿入され所定方向へ延びたスリット3412aを有し、ユニットベース3402に対してサイド駆動モータ3404の回転軸とは偏芯した位置で回動可能に軸支される装飾体ベース3412(図170を参照)と、を備えている。

0127

また、サイド可動装飾体ユニット3400は、装飾体ベース3412の前側を覆い、軸支された側とは反対側の先端側付近に配置され前後方向へ貫通した大口3414a、大口3414aの外周に複数配置され大口3414aよりも小径の小口3414b、小口3414bと大口3414aとの間の大きさで軸支された基端側に複数配置された中口3414cを有した装飾体本体3414と、装飾体本体3414の大口3414a、中口3414c、及び小口3414bに後側から挿入されるレンズ部材3416と、レンズ部材3416と装飾体ベース3412との間で大口3414a及び小口3414bと対応した位置に配置され前面に複数のLED3418aが実装されたサイド先端装飾基板3418と、レンズ部材3416と装飾体ベース3412との間で中口3414cと対応した位置に配置され前面に複数のLED3420aが実装されたサイド基端装飾基板3420と、を備えている。

0128

サイド可動装飾体ユニット3400における装飾体本体3414は、図示するように、上下方向へ延びた形態とされ、下端(先端)の矩形状に形成された部位の中央に大口3414aが形成されていると共に、大口3414aの外周四隅に小口3414bが形成されている。また、装飾体本体3414の上端(基端)には、左右に離反して配置された二つの円形部3414dと、円形部3414dの下側に三つ並んだ星部3414eとを備えており、星部3414eと大口3414aとの間に中口3414cが複数配列されている。この装飾体本体3414は、図示するように、大口3414aをスポットライトに見立てた照明スタンドを模した形態とされている。なお、装飾体本体3414は、表面に金属光沢を有したメッキ層が備えられている。

0129

このサイド可動装飾体ユニット3400は、装飾体ベース3412が、ユニットベース3402に対して装飾体本体3414における内側(遊技領域605の中心側)に配置された円形部3414dを中心として回動可能に軸支されており、装飾体ベース3412と共に装飾体本体3414、レンズ部材3416、サイド先端装飾基板3418、及びサイド基端装飾基板3420が回動するようになっている。これら装飾体ベース3412等の回動範囲は、図180に示すように、装飾体本体3414の先端が下端となるように略垂直に垂下した状態から、装飾体本体3414の先端同士が互いに接近する方向(内側の方向)へ向かって約90度の角度範囲の間で回動するようになっている。なお、装飾体本体3414の先端が垂下した状態では、左右のサイド可動装飾体ユニット3400がセンター役物2400や裏前ユニット3000aにおける裏前左部装飾部材3030の後側に位置した退避位置とされており、遊技者側から見難い隠れた位置に位置している(図148等を参照)。

0130

また。サイド可動装飾体ユニット3400は、サイド先端装飾基板3418のLED3418aやサイド基端装飾基板3420のLED3420aを適宜色で発光させることで、レンズ部材3416を通して、装飾体本体3414の大口3414a、中口3414c、小口3414bを発光装飾させることができるようになっている。また、サイド可動装飾ユニット3400の装飾体本体3414が退避位置の時に各LED3418a,3420aを発光させることで、センター役物2400における右側の部位や裏前左部装飾部材3030を後側から発光装飾させることができるようになっている。

0131

[2−9.下部可動装飾体ユニット]
続いて、裏後ユニット3000bにおける下部可動装飾体ユニット3600について、主に図181乃至図184を参照して説明する。図181は、下部可動装飾体ユニットのユニットベースカバーと後昇降ベースを外した状態で示す背面図である。図182は、図181を斜め後から見た斜視図である。また、図183は、下部可動装飾体ユニットの動きを示す説明図である。図184は、下部可動装飾体ユニットにおけるLEDの配置を示す説明図である。

0132

本実施形態の裏後ユニット3000bにおける下部可動装飾体ユニット3600は、裏箱本体3100内で開口621cの左右両外側下部付近に取付けられ後側が開放された箱状で上下方向へ延びたユニットベース3602と、ユニットベース3602の後端開口を閉鎖する板状のユニットベースカバー3604(図170を参照)と、ユニットベースカバー3604の後面下端付近に回転軸が前方へ突出するように取付けられる下部昇降駆動モータ3606と、下部昇降駆動モータ3606の回転軸に固定された駆動ギア(図示は省略)と、駆動ギアと噛合しユニットベース3602に回転可能に軸支された第一伝達ギア3610と、第一伝達ギア3610と噛合しユニットベース3602に回転可能に軸支された第二伝達ギア3612と、第二伝達ギア3612の前側に一体回転可能に固定された第三伝達ギア(図示は省略)と、第三伝達ギアと噛合しユニットベース3602に回転可能に軸支されたピニオンギア3616と、ピニオンギア3616と噛合する上下方向へ延びたラックギア3618aを有した昇降ラック3618と、昇降ラック3618を上下方向へスライド可能に支持しユニットベース3602内に取付けられる円柱状の昇降レール3620と、ユニットベースカバー3604の下端に取付けられ昇降ラック3618の下端に形成された検知片(図示は省略)を検知する下部昇降検知センサ3622と、を備えている。

0133

また、下部可動装飾体ユニット3600は、左右に配置された昇降ラック3618に左右両端が取付けられる透明板状の後昇降ベース3630(図170を参照)と、後昇降ベース3630との間に所定量の隙間を形成するように後昇降ベース3630の前面に取付けられる透明板状の前昇降ベース3632と、前昇降ベース3632の前面で左右方向の中央に取付けられ外形が略円形状で円形及び星形の開口3634aを有した下部中央装飾部材3634と、下部中央装飾部材3634における円形及び星形の開口3634a内に後側から挿入される透明なレンズ部材3636(図169等を参照)と、レンズ部材3636と前昇降ベース3632との間に配置され前面に複数のLED3638aが実装された下部中央装飾基板3638(図184を参照)と、下部中央装飾部材3634の左右両側に配置され翼状に形成された前右翼装飾部材3640及び前左翼装飾部材3642(図169等を参照)と、前右翼装飾部材3640及び前左翼装飾部材3642と前昇降ベース3632との間に配置され前面に複数のLED3644a,3646aが実装された前右装飾基板3644及び前左翼装飾基板3646(図184を参照)と、を備えている。

0134

更に、下部可動装飾体ユニット3600は、前昇降ベース3632の左右方向中央の前面下部に後方へ向かって回転軸が突出するように取付けられた翼回動駆動モータ3648と、翼回動駆動モータ3648の回転軸に固定され前昇降ベース3632の後側に配置された駆動ギア3650と、駆動ギア3650と噛合し前昇降ベース3632の後側に回転可能に軸支された左従動ギア3652と、左従動ギア3652と噛合すると共に左従動ギア3652の右側(背面視で左側)の位置で前昇降ベース3632に回転可能に軸支され左従動ギア3652と同径の右従動ギア3654と、右従動ギア3654と噛合し前昇降ベース3632に回転可能に軸支された扇状の後右翼駆動ギア3656と、後右翼駆動ギア3656とは前昇降ベース3632における左右方向中央を挟んで反対側に回転可能に軸支され左従動ギア3652と噛合する扇状の後左翼駆動ギア3658と、後右翼駆動ギア3656及び後左翼駆動ギア3658と夫々一体回転し前昇降ベース3632の後側に配置された透明板状の後右翼ベース3660及び後左翼ベース3662と、後右翼ベース3660及び後左翼ベース3662の前側に夫々固定され外形が翼状に形成された透明な後右翼装飾部材3664及び後左翼装飾部材3666(図183(C)等を参照)と、後右翼装飾部材3664及び後左翼装飾部材3666と後右翼ベース3660及び後左翼ベース3662との間に夫々配置され前側へ向けて光を照射可能とされた複数のLED3668a,3670aが実装された透明な後右翼装飾基板3668及び後左翼装飾基板3670と、を備えている。

0135

また、下部可動装飾体ユニット3600は、前昇降ベース3632の後側に取付けられ後右翼駆動ギア3656の検知片3656aを検知する翼回動検知センサ3672と、前昇降ベース3632における下部中央装飾部材3634の下側前面に取付けられ翼回動駆動モータ3648の前側を覆うモータカバー3674(図169を参照)と、を備えている。また、下部可動装飾体ユニット3600は、左右のユニットベース3602よりも下側に夫々配置され裏箱本体3100の内側下部に取付けられる下部中継基板カバー3676と、下部中継端子板カバーの下面に夫々取付けられる下部右下中継端子板3678及び下部左下中継端子板3680と、前昇降ベース3632の後側で中央付近の左右両側に取付けられる下部右上中継端子板3682及び下部左上中継端子板3684と、を備えている。これら中継端子板3678,3680,3682,3684は、下部可動装飾体ユニット3600に備えられた各駆動モータ3606,3648、検知センサ3622,3672、及び装飾基板3638,3644,3646,3668,3670等と、第一ランプ駆動基板3801や第二ランプ駆動基板3802等の周辺制御基板4140との接続を中継するためのものである。

0136

本例の下部可動装飾体ユニット3600は、昇降レール3620によって上下方向へスライド可能とされた昇降ラック3618のラックギア3618aと噛合するピニオンギア3616が、昇降レール3620における上下方向の略中央の位置に軸支されていると共に、ピニオンギア3616を回転駆動させる下部昇降駆動モータ3606が昇降レール3620の下端付近に取付けられており、下部昇降駆動モータ3606の回転駆動が複数の伝達ギア3610,3612等によって上方のピニオンギア3616へ伝達されるようになっている。これにより、下部昇降駆動モータ3606を目立ち難い位置に配置することができると共に、昇降ラック3618を昇降レール3620の略全長に亘って移動させて翼装飾部材3640,3642,3664,3666を可及的に高く上昇させることができるようになっている。

0137

また、下部可動装飾体ユニット3600は、ユニットベースカバー3604によって後端の開口が閉鎖された箱状のユニットベース3602内に、駆動ギア、第一伝達ギア3610、第二伝達ギア3612、第三伝達ギア、ピニオンギア3616、昇降ラック3618、及び昇降レール3620を収容させるようにしているので、これに駆動部品に埃等が付着するのを防止することができ、各駆動部品が良好に可動するようになっている。更に、下部可動装飾体ユニット3600は、前昇降ベース3632の後側に配置支持された駆動ギア3650、左従動ギア3652、右従動ギア3654、後右翼駆動ギア3656、後左翼駆動ギア3658、等の後側を後昇降ベース3630によって覆うようにしているので、これら駆動部品に対しても埃等が付着するのを防止することができ、各駆動部品が良好に可動するようになっている。

0138

下部可動装飾体ユニット3600の前昇降ベース3632は、図169等に示すように、前面に、円形の下部中央装飾部材3634の中央を中心とする放射状に延びた複数の放射線が立体的に形成されており、光線当り具合によって複数の放射線が浮かび上がるようになっていると共に、前昇降ベース3632の後側に配置されたものを遊技者側から見辛くすることができるようになっている。

0139

また、下部可動装飾体ユニット3600の下部中央装飾部材3634は、図示するように、円形の開口3634aの上側に星形の開口3634aを備えていると共に、星形の開口3634aの左右両側に円弧状の開口3634aを備えている。この下部中央装飾部材3634は、前面にレリーフ状の複数の星形装飾部が備えられていると共に、表面に金属光沢を有したメッキ層が備えられている。この下部中央装飾部3634の開口3634aに後側から嵌合挿入されるレンズ部材3636は、詳細な図示は省略するが、表面が滑らかな曲面とされていると共に、裏面に複数の微細なレンズが形成されており、レンズ部材3636の後側に配置された下部中央装飾基板3638からの光を広く拡散させて、開口3634a全体を均一に発光させることができるようになっていると共に、レンズ部材3636を通して後側が略視認できないようになっている。

0140

更に、下部可動装飾体ユニット3600の前右翼装飾部材3640及び前左翼装飾部材3642は、翼を広げたような形状に形成されていると共に、腕側から翼端へ延びた複数の突条を有している。また、前右翼装飾部材3640及び前左翼装飾部材3642は、詳細な図示は省略するが、外周に沿って金属光沢を有したメッキ層が枠状に備えられていると共に、表面に沿って金属光沢を有したメッキ層が細かい唐草模様状に備えられており、透明な前右翼装飾部材3640及び前左翼装飾部材3642を装飾している。この前右翼装飾部材3640及び前左翼装飾部材3642の後側に配置された前右翼装飾基板3644及び前左翼装飾基板3646は、表面が白色とされていると共に、表面に実装された複数のLED3644a,3646aが、図184に示すように、前右翼装飾部材3640及び前左翼装飾部材3642に形成された複数の突条に沿うように列設されている。なお、前右翼装飾基板3644及び前左翼装飾基板3646は、不透光性とされており、遊技者側から前右翼装飾基板3644及び前左翼装飾基板3646(前昇降ベース3632における前右翼装飾部材3640及び前左翼装飾部材3642の配置された位置)の後側が見えないようになっている。

0141

また、下部可動装飾体ユニット3600の後右翼装飾部材3664及び後左翼装飾部材3666は、前右翼装飾部材3640及び前左翼装飾部材3642と同様に、翼を広げたような形状に形成されていると共に、腕側から翼端へ延びた複数の突条を有している。また、後右翼装飾部材3664及び後左翼装飾部材3666は、詳細な図示は省略するが、外周に沿って金属光沢を有したメッキ層が枠状に備えられていると共に、表面に沿って金属光沢を有したメッキ層が細かい唐草模様状に備えられており、透明な後右翼装飾部材3664及び後左翼装飾部材3666を装飾している。この後右翼装飾部材3664及び後左翼装飾部材3666の後側に配置された後右翼装飾基板3668及び後左翼装飾基板3670は、透明な基板とされており、遊技者側からは殆ど見えないようになっている。また、後右翼装飾部材3664及び後左翼装飾部材3666と後右翼装飾基板3668及び後左翼装飾基板3670とを支持する後右翼ベース3660及び後左翼ベース3662は、透明板状とされており、遊技者側から後右翼装飾部材3664及び後左翼装飾部材3666を通して後側(液晶表示装置1400に表示された演出画像)が視認できるようになっている。

0142

この後右翼装飾部材3664及び後左翼装飾部材3666は、下部中央装飾部材3634の後側に軸支された後右翼駆動ギア3656及び後左翼駆動ギア3658の回転軸回りに夫々回動するようになっており、翼回動駆動モータ3648によって、前右翼装飾部材3640及び前左翼装飾部材3642の後側に位置した状態から、自由端側が互いに接近するように上昇回動した状態まで同時に回動するようになっている。

0143

なお、本例の下部可動装飾体ユニット3600は、図148等に示すように、遊技盤4に取付けられた状態では、前右翼装飾部材3640及び前左翼装飾部材3642がセンター役物2400の下側で透明な遊技パネル600を通して遊技者側から視認できるようになっており、前右翼装飾部材3640及び前左翼装飾部材3642によってセンター役物2400の下側でアタッカユニット2100の左右斜め上側を装飾することができるようになっている。また、下部可動装飾体ユニット3600の左右のユニットベース3602は、遊技者側から見えないようになっている。

0144

次に、下部可動装飾体ユニット3600の動きについて説明する。この下部可動装飾体ユニット3600は、図183(A)に示すように、通常の状態では、左右のユニットベース3602内の昇降レール3620に支持された昇降ベース3630,3632が下降位置に位置している。また、通常の状態では、後右翼装飾部材3664及び後左翼装飾部材3666は、前右翼装飾部材3640及び前左翼装飾部材3642の真後ろの隠匿位置に位置しており、遊技者側からは見えないようになっている。更に、下降位置の状態では、下部可動装飾体ユニット3600の前右翼装飾部材3640及び前左翼装飾部材3642は、センター役物2400よりも下側に位置した状態となっている(図148等を参照)。

0145

この下降位置の状態から左右に配置された下部昇降駆動モータ3606を夫々異なる方向へ同時に回転駆動させると、左右のピニオンギア3616が回転し、ピニオンギア3616に噛合したラックギア3618aによって昇降レール3620に案内された昇降ラック3618が上昇することとなり、左右の昇降ラック3618が上昇することで昇降ベース3630,3632も上昇することとなる。

0146

そして、左右の昇降ラック3618が昇降レール3620の上端に到達すると、下部昇降駆動モータ3606が停止し、昇降ベース3630,3632が上昇位置で停止した状態となる(図183(B)を参照)。この上昇位置の状態では、昇降ベース3630,3632の前側に取付けられた下部中央装飾部材3634、前右翼装飾部材3640及び前左翼装飾部材3642が、センター役物2400の枠内(液晶表示装置1400の表示画面の前面でステージ2410よりも上側)に位置した状態となり(図191を参照)、遊技者側から明瞭に視認することができる状態となっている。

0147

なお、上昇位置の昇降ベース3630,3632を下降させるには、左右の下部昇降駆動モータ3606を、上昇時とは逆方向へ夫々回転させることで、昇降ベース3630,3632を下降させることができ、昇降ラック3618の検知片が下部昇降検知センサ3622によって検知されるまで下部昇降駆動モータ3606を駆動させて昇降ラック3618を下降させる。そして、下部昇降検知センサ3622によって昇降ラック3618の検知片が検知されると、下部昇降駆動モータ3606の回転駆動を停止させ、昇降ベース3630,3632を下降位置に復帰させることができるようになっている。

0148

一方、後右翼装飾部材3664及び後左翼装飾部材3666は、前右翼装飾部材3640及び前左翼装飾部材3642の後側に位置した隠匿位置の状態から、前昇降ベース3632に取付けられた翼回動駆動モータ3648を所定方向へ回転させること、左右方向の中央付近に軸支された後右翼駆動ギア3656及び後左翼駆動ギア3658が同時に異なる方向へ回動すると共に、右翼駆動ギア3656及び後左翼駆動ギア3658に一体回転可能に支持された後右翼装飾部材3664及び後左翼装飾部材3666の自由端側(下部可動装飾体ユニット3600における左右両端側)が上昇且つ接近するように回動することとなる。そして、後右翼装飾部材3664及び後左翼装飾部材3666が約90度回動すると、翼回動駆動モータ3648の回転が停止し、後右翼装飾部材3664及び後左翼装飾部材3666の略全体が、前右翼装飾部材3640及び前左翼装飾部材3642の上側に現れた出現位置の状態となる(図183(C)を参照)。

0149

後右翼装飾部材3664及び後左翼装飾部材3666が出現位置の状態では、図192に示すように、液晶表示装置1400の表示画面の大部分が、後右翼装飾部材3664及び後左翼装飾部材3666と前右翼装飾部材3640及び前左翼装飾部材3642によって覆われるようになっおり、下部可動装飾体ユニット3600が遊技者側から目立つような状態となっている。なお、上記の例では、昇降ベース3630,3632が上昇位置の時に、後右翼装飾部材3664及び後左翼装飾部材3666を出現位置に位置させた例を示したが、昇降ベース3630,3632が下降位置の時に、後右翼装飾部材3664及び後左翼装飾部材3666を出現位置に位置させるようにしても良い。

0150

なお、出現位置に位置した後右翼装飾部材3664及び後左翼装飾部材3666を隠匿位置に位置させるには、翼回動駆動モータ3648を、出現時とは逆方向へ回動させることで、後右翼装飾部材3664及び後左翼装飾部材3666の先端同士が互いに離反すると共に下方へ移動する方向へ回動させることができ、右後翼駆動ギア3656の検知片3656aが翼回動検知センサ3672によって検知されるまで翼回動駆動モータ3648を回転駆動させる。そして、翼回動検知センサ3672によって右後翼駆動ギア3656の検知片3656aが検知されて、翼回動駆動モータ3648が停止すると、後右翼装飾部材3664及び後左翼装飾部材3666が隠匿位置に位置した状態となるようになっている。

0151

このように、本実施形態の下部可動装飾体ユニット3600によると、昇降ベース3630,3632が下降位置の時には、前右翼装飾部材3640及び前左翼装飾部材3642が、センター役物2400の下側から透明な遊技パネル600を通して視認することができるようになっているので、遊技領域605内を装飾することができると共に、下部中央装飾基板3634、前右翼装飾基板3644及び前左翼装飾基板3646の各LED3644a,3644a,3646を発光させることで、センター役物2400の下側を発光装飾させることができ、これまでのパチンコ機にはない装飾により遊技者を驚かせて楽しませることができ、遊技に対する興趣が低下するのを抑制することができる。

0152

また、下部可動装飾体ユニット3600によってセンター役物2400の下側を発光装飾させることができるので、遊技領域605内を目立たせることができ、他のパチンコ機に対してより大きく差別化することが可能となり、遊技者の関心を強く引付けることが可能なパチンコ機1とすることができる。

0153

また、昇降ベース3630,3632を上昇位置へ移動させることで、センター役物2400の下側を装飾していた前右翼装飾部材3640及び前左翼装飾部材3642を、液晶表示装置1400の前面へ出現移動させることができるので、遊技者を驚かせることができ、遊技者の関心を強く引付けることができると共に、遊技領域605内における装飾の変化により、遊技者に対して何か良いことがあるのではないかと思わせることができ、遊技者の期待感を高めて遊技に対する興趣が低下するのを抑制することができるようになっている。

0154

更に、昇降ベース3630,3632を上昇位置へ移動させた状態で、後右翼装飾部材3664及び後左翼装飾部材3666を出現位置へ回動させることができるようになっているので、四つの翼状の装飾部材3640,3642,3664,3666が出現することで遊技者を大いに驚かせることができ、遊技者の興趣をより高められる効果を期待することができるようになっている。また、四つの翼状の装飾部材3640,3642,3664,3666によって液晶表示装置1400の前面が覆われたような状態となるので、遊技者を楽しませることができるようになっている。更に、後右翼装飾部材3664及び後左翼装飾部材3666を出現位置へ回動させた状態で、下部中央装飾部材3634、前右翼装飾部材3640及び前左翼装飾部材3642、後右翼装飾部材3664及び後左翼装飾部材3666、の後側に配置された各装飾基板3638,3644,3646,3668,3670の各LED3638a,3644a,3646a,3668a,3670aを発光させることで、下部可動装飾体ユニット3600の略全体を発光装飾させることができ、めくるめく光により遊技者を幻惑させて楽しませることができると共に、遊技に対する期待感を高めさせることができるようになっている。

0155

[2−10.裏箱後面の各種基板
次に、裏箱本体3100の後面に取付けられた各種の基板類について、主に図168及び図185を参照して説明する。図185は、裏箱本体を周辺基板ボックスと共に切断して平面断面図である。本実施形態の遊技盤は、裏箱本体3100の後面に、後述する主制御基板4100と接続される複数の基板類が取付けられている。具体的には、裏箱本体3100の後面には、裏箱本体3100における開口621cの下側に横長に取付けられる第一ランプ駆動基板3801と、第一ランプ駆動基板3801の後面を覆い裏箱本体3100に固定される箱状のランプ駆動基板ボックス3804と、ランプ駆動基板ボックス3804内の後壁前面に第一ランプ駆動基板3801と対向するように取付けられる第二ランプ駆動基板3802と、を備えている。

0156

第一ランプ駆動基板3801及び第二ランプ駆動基板3802は、遊技盤4に備えられた、各装飾基板、可動装飾体を可動させる駆動モータや検知センサ等と接続されると共に、液晶表示装置1400の後側に取付けられた周辺制御基板4140と接続されており、主制御基板4100からの制御コマンドに応じた周辺制御基板4140から出力信号に基いて、各装飾基板や駆動モータを駆動させるものである。第一ランプ駆動基板3801及び第二ランプ駆動基板3802は、図示するように、ランプ駆動基板ボックス3804によって互いが対向するように支持されており、裏箱本体3100における後側のスペースを有効に活用することができるようになっている。

0157

また、裏箱本体3100の後側には、ランプ駆動基板ボックス3804の左側(背面視では右側)に取付けられ、第一始動口センサ3080、第二始動口センサ2127、カウントセンサ2128、一般入賞口センサ3081、ゲートセンサ2304、始動口ソレノイド2121、アタッカソレノイド2124、磁気検出センサ3044、及び周辺制御基板4140と、主制御基板4100との接続を中継するパネル中継基板3806を備えている。

0158

更に、裏箱本体3100の後側には、後壁621b後面の左右両辺に取付けられる右中継端子板3808、及び左中継端子板3810と、を備えている。右中継端子板3808及び左中継端子板3810は、アタッカユニット2100、サイド装飾部材2200、裏前ユニット3000b、上部可動装飾体ユニット3200、サイド可動装飾体3400、及び下部可動装飾体3600の各装飾基板2114,2129,2206,2430,2432,2434,3024,3025,3035,3036,3043,3233,3238,3247,3249,3418,3420,3638,3664,3646,3668,3670、駆動モータ3212,3216,3242,3404,3606,3648、及び検知センサ3220,3221,3250,3408,3622,3672、等と、第一ランプ駆動基板3801及び第二ランプ駆動基板3802との接続を中継するものである。

0159

[2−11.遊技盤における発光装飾]
次に、本実施形態の遊技盤4における発光装飾について、主に図186を参照して説明する。図186は、遊技盤における主な装飾基板の位置を示す正面図である。本実施形態の遊技盤4は、上述したように、表ユニット2000及び裏ユニット3000に発光可能な複数の装飾基板を備えており、周辺制御基板4140からの制御信号に基いて、様々な発光装飾(発光演出)を行うことができるようになっている。

0160

本実施形態の遊技盤4は、図186に示すように、サイド装飾部材2200の左下円弧装飾基板2206、センター役物2400の右円弧装飾基板2430、裏前上部装飾部材3020の上円弧装飾基板3024、裏前左部装飾部材3030の左上円弧装飾基板3035が、遊技領域605の内周に沿って配置されており、右円弧装飾基板2430が遊技領域605の右端を、左下円弧装飾基板2206及び左上円弧装飾基板3035が遊技領域605の左端を、更に、上円弧装飾基板3024が遊技領域605の上端を夫々円弧状に発光装飾させることができるようになっている。

0161

また、遊技盤4は、アタッカユニット2100のアタッカサイド装飾基板2114、及び裏前下部装飾部材3040の下円弧装飾基板3043が、遊技領域605における左右方向の中央下端に、アタッカユニット2100の第一始動口2101、第二始動口2102、及び大入賞口2103を囲うように配置されており、アタッカサイド装飾基板2114及び下円弧装飾基板3043が遊技領域605の下端を円弧状に発光装飾させることができるようになっている。これらの装飾基板2114,2206,2430,3025,3035,3043を発光させることで、略円形状の遊技領域605を環状に発光装飾させることができ、遊技者の関心を強く引付けられる発光装飾を行うことができるようになっている。

0162

また、装飾基板2114,2206,2430,3025,3035,3043に実装された各LED2114a,2206a,2430a,3025a,3035a,3043aは、図示するように、前側に配置された不透光性の唐草模様状の装飾部2205,2420,3021,3031,3041に正面視で一部がかかるように配置されており、遊技者に対して強烈な眩しさを与えてしまうのを回避させつつ、点状の発光により遊技者を驚かせて遊技者の関心を強く引付けることができるようになっている。

0163

また、各LED2114a,2206a,2430a,3025a,3035a,3043aの一部が唐草模様状の装飾部2205,2420,3021,3031,3041にかかるようにしているので、遊技者の目の位置が移動すると、LED2114a,2206a,2430a,3025a,3035a,3043aと装飾部2205,2420,3021,3031,3041とのかかり具合が変化し、LED2114a,2206a,2430a,3025a,3035a,3043aからの光が瞬いているように見え、キラキラした感じとなって遊技者を楽しませることができるようになっている。

0164

また、本実施形態の遊技盤4は、図示するように、正面視で液晶表示装置1400の上辺付近の左右両端に、円形状の右円形装飾部2421及び左円形装飾部3032を備えており、これら右円形装飾部2421及び左円形装飾部3032の後側に配置された右円形装飾基板2432及び左円形装飾基板3036の各LED2432a,3036aを発光させることで、右円形装飾部2421及び左円形装飾部3032を夫々独立して発光装飾させることができるようになっている。これら右円形装飾部2421や左円形装飾部3032を発光装飾させることで、遊技盤4全体の発光装飾に対してアクセントを付与することができ、飽き難い発光演出を行うことができるようになっている。また、右円形装飾部2421及び左円形装飾部3032を、上述した円弧状の装飾部2205,2420,3021,3031,3041と共に発光装飾させることで、遊技領域605の内周に沿った発光装飾をより環状に近づけることができるようになっている。

0165

また、本実施形態の遊技盤4は、図示するように、裏ユニット3000における上部可動装飾体ユニット3200の右ロゴ可動装飾体3230及び左ロゴ可動装飾体3235が、液晶表示装置1400の上側でセンター役物2400の枠内を通して遊技者側から視認できる位置に配置されており、右ロゴ可動装飾体3230及び左ロゴ可動装飾体3235の後側に配置された右ロゴ装飾基板3233及び左ロゴ装飾基板3238の各LED3233a,3238aを発光させることで、右ロゴ可動装飾体3230及び左ロゴ可動装飾体3235を発光装飾させることができ、ロゴが明るくなることで、遊技者に対してパチンコ機1のコンセプトを認識させ易くすることができると共に、遊技に対してチャンス到来したのではないかと思わせることができ、遊技者の期待感を高めて遊技に対する興趣が低下するのを抑制することができるようになっている。

0166

更に、本実施形態の遊技盤4は、図示するように、センター役物2400の下側に透明な遊技パネル600を通して下可動装飾体ユニット3600の前右翼装飾部材3640及び前左翼装飾部材3642が視認できるようになっており、前右翼装飾部材3640及び前左翼装飾部材3642の後側に配置された前右翼装飾基板3644及び前左翼装飾基板3646により、センター役物2400の下側でアタッカユニット2100の左右斜め上側の領域を発光装飾させることができるようになっている。

0167

また、下可動装飾体ユニット3600は、昇降ベース3630,3632を上昇させることで前右翼装飾部材3640及び前左翼装飾部材3642をセンター役物2400の枠内で液晶表示装置1400の表示画面の前面に位置させることができ、その状態で前右翼装飾基板3644及び前左翼装飾基板3646の各LED3644a,3646aを発光させることで、翼状の装飾部材3640,3642がセンター役物2400内で発光装飾され、遊技者の関心を強く引付けることが可能な発光装飾とすることができるようになっている。

0168

昇降ベース3630,3632を上昇させた状態で、更に、後右翼装飾部材3664及び後左翼装飾部材3666を回動させて前右翼装飾部材3640及び前左翼装飾部材3642の上側に出現させると共に、後右翼装飾部材3664及び後左翼装飾部材3666の後側に配置された後右翼装飾基板3668及び後左翼装飾基板3670の各LED3668a,3670aを発光させることで、センター役物2400の枠内に広がった四つの翼状の装飾部材3640,3642,3664,3666が発光装飾されることとなり、煌びやかに光る翼によって遊技者の関心を非常に強く引付けることができると共に、何か良いことがあるのではと強く期待させることができ、遊技者の興趣を高められる効果を十二分に期待することができるようになっている。

0169

なお、本実施形態の遊技盤4は、裏ユニット3000における裏前ユニット3000aの各装飾部材3020,3030,3040が透明な遊技パネル600の後側に配置されており、各装飾部材3020,3030,3040を発光装飾させる各装飾基板3024,3035,3036,3043を発光させると、その光が遊技パネル600によって各装飾部材3020,3030,3040の表面側へ反射することとなり、各装飾部材3020,3030,3040の表面をキラキラと輝かせることができるようになっている。

0170

また、本実施形態の遊技盤4は、遊技盤4の前面が、扉枠5におけるガラスユニット450の透明なガラス板452によって閉鎖されているので、遊技盤4に備えられた各装飾基板からの光がガラス板452で反射して遊技盤4に備えられた各装飾部材の表面を照らすことができ、各装飾部材の表面をキラキラと輝かせることができるようになっている。

0171

更に、本実施形態の遊技盤4は、上述したように、表面に金属光沢を有するメッキ層を備えた複数の星形装飾部2422,3023,3034,3070,3219,3241bや各種の装飾部を備えており、各装飾基板からの光や、他のパチンコ機からの光、或いは、パチンコ機1を設置した遊技ホール内の照明等の光によって、キラキラと輝くようになっており、煌く遊技盤4により遊技者に対してこれまでのパチンコ機とは一見して異なる印象を与えることができ、遊技するパチンコ機として本パチンコ機1を選択したくなるようなパチンコ機1とすることができるようになっている。

0172

また、本実施形態のパチンコ機1は、図152に示すように、遊技盤4の前面を閉鎖する扉枠5のガラスユニット450に、遊技窓の内側へ向かって光を照射可能な複数のLED453aを備えており、ガラスユニット450のLED453aからの光が、表ユニット2000や裏ユニット3000における各装飾部材の表面で反射し、遊技領域605内をキラキラと輝かせることができるようになっている。

0173

[2−12.遊技盤における可動装飾]
次に、本実施形態の遊技盤4における可動装飾(可動演出)について、主に図187乃至図192を参照して説明する。図187は遊技盤における上部可動装飾体ユニットの動きを示す正面図であり、図188図187に続く上部可動装飾体ユニットの動きを示す正面図であり、図189図188に続く上部可動装飾体ユニットの動きを示す正面図である。また、図190は、遊技盤におけるサイド可動装飾体の動きを示す正面図である。更に、図191は遊技盤における下部可動装飾体の動きを示す正面図であり、図192図191に続く下部可動装飾体の動きを示す正面図である。本実施形態の遊技盤4は、上述したように、表ユニット2000及び裏ユニット3000に可動可能な複数の可動装飾体を備えており、周辺制御基板4140からの制御信号に基いて、様々な可動装飾(可動演出)を行うことができるようになっている。

0174

本例の遊技盤4は、図186等に示すように、液晶表示装置1400の上側でセンター役物2400の枠内に、右ロゴ可動装飾体3230と左ロゴ可動装飾体3235とが互いに接するように左右方向へ並んだ状態となっている。この状態で、上部可動装飾体ユニット3200における本体ユニット3210のユニットベース3211に支持された左右のロゴ駆動モータ3212を夫々異なる方向へ回転駆動させると、ロゴ駆動モータ3212の回転軸と共にロゴ駆動ギア3213が回転し、ロゴ駆動ギア3213と噛合したラックギア3214aによってスライダ3214が互いに離反する方向へとスライドする。

0175

これにより、左右のスライダ3214に夫々支持された右ロゴ可動装飾体3230と左ロゴ可動装飾体3235が、夫々互いに離反する方向へと移動し、後側に配置された星ユニット3240の星形回転装飾体3245が、図187に示すように、遊技者側から視認可能な状態となる。このように、左右のロゴ可動装飾体3230,3235が互いに離反する方向へ移動することで、液晶表示装置1400の上部に星形回転装飾体3245が出現することで、遊技者に対してチャンスの到来を期待させることができ、遊技に対する興趣が低下するのを抑制することができるようになっている。

0176

本例の遊技盤4では、図187に示すように、上部可動装飾体ユニット3200における左右のロゴ可動装飾体3230,3235が互いに離反した方向へ移動して、後側の星ユニット3240における星形回転装飾体3245が出現した状態で、ユニットベース3211に支持された一対の星ユニット昇降駆動モータ3216を夫々異なる方向へ回転駆動させると、星ユニット昇降駆動モータ3216の回転軸3216aに固定された昇降アーム3217が夫々異なる方向(正面視右側の昇降アーム3217が反時計回りの方向、また、左側の昇降アーム3217が時計回りの方向)へ回動するようになっており、昇降アーム3217の自由端に取付けられた昇降ピン3218を介して支持された星ユニット3240が移動(昇降)するようになっている。

0177

昇降アーム3217に取付けられた昇降ピン3218は、初期の状態(上昇位置の状態)では、上死点より若干回り込んだ状態となっており、星ユニット昇降駆動モータ3216の回転駆動により、夫々一旦、上死点まで回動した後に下死点へ向かって星ユニット昇降駆動モータ3216の回転軸を中心とした所定径の円周上を移動するようになっている。従って、一対の昇降アーム3217によって支持された星ユニット3240は、星ユニット昇降駆動モータ3216の回転駆動によって、一旦、わずかに上昇した後に下降するようになっている。そして、昇降アーム3217に取付けられた昇降ピン3218が下死点へ到達すると、星ユニット昇降駆動モータ3216の回転駆動が停止し、星ユニット3240が下降位置に位置した状態となる。

0178

星ユニット3240が下降位置に位置した状態では、図188に示すように、星ユニット3240が液晶表示装置1400の前面上部に位置した状態となり、中央の星形回転装飾体3245の左右に夫々二つずつ配置された星形装飾体3248が、右ロゴ可動装飾体3230及び左ロゴ可動装飾体3235の下側に現れた状態となる。これにより、液晶表示装置1400の上部に星ユニット3240全体が出現することで、遊技領域605内の装飾状態が変化するので、遊技者の関心を引付けることができ、飽き難くすることができるようになっていると共に、遊技者に対してチャンスの到来を予感させることができ、遊技に対する興趣が低下するのを抑制することができるようになっている。

0179

この遊技盤4では、図188に示すような、星ユニット3240が下降位置に位置した状態で、星ユニット3240の後側に支持された星回転駆動モータ3242を所定方向へ回転駆動させると、星ユニット3240の前面中央に配置された大型の星形回転装飾体3245が所定方向へ回転するようになっている(図189を参照)。この星形回転装飾体3245の回転により、遊技者の関心を強く引付けることができるので、遊技者に対して何か良いことがあるのではないかと思わせて遊技に対する期待感を高めることができ、遊技者の興趣が低下するのを抑制することができるようになっている。

0180

また、図189に示すように、星ユニット3240の星形回転装飾体3245を回転させた状態で、星形回転装飾体3245の後側に配置された星装飾基板3247の各LED3247aを発光させること、星形回転装飾体3245を発光装飾させることができるようになっている。また、星形回転装飾体3245が回転することで、各LED3247aからの光を回転星枠3245cによって瞬間的に遮ることができるので、LED3247aからの光を瞬かせることができ、キラキラした発光装飾を行うことができるようになっている。更に、星装飾基板3247における五芒星状の各頂点付近に配置されたLED3247aが、星形回転装飾体3245の回転位置に応じて、星形回転装飾体3245を通さずに直接遊技者側へ光を照射させることがきるようになっているので、瞬間的に遊技者側を眩しくさせることで発光装飾のキラキラ感を高めることができるようになっている。従って、星ユニット3240を発光装飾させることで、遊技者の関心を強く引付けることができ、星形回転装飾体3245の回転と合せて、遊技者を楽しませて遊技に対する興趣が低下するのを抑制することができるようになっている。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • コーニンクレッカフィリップスエヌヴェの「 照明器具」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題・解決手段】態様に従って、照明器具を提供する。この照明器具は、透光性部を有する外側ハウジング、光を生成するために、外側ハウジングの内部に位置決められるメイン光源であり、メイン光源により生成される... 詳細

  • 株式会社三共の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】健全な遊技性を実現するとともに遊技の興趣を向上させる遊技機を提供する。【解決手段】遊技状態が高確/高ベース状態である場合に、変動表示結果が「はずれ」となるときに、第1期間では、「非リーチはずれ... 詳細

  • 株式会社三共の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】特別状態における興趣を向上させる遊技機を提供する。【解決手段】スーパーリーチを伴う変動パターンでは、リーチ状態が成立した後に味方キャラクタと敵キャラクタとがバトルを行うことにより大当りに当選し... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ