図面 (/)

技術 籾摺精米設備

出願人 井関農機株式会社
発明者 高橋努
出願日 2015年1月30日 (5年1ヶ月経過) 出願番号 2015-017281
公開日 2016年8月8日 (3年7ヶ月経過) 公開番号 2016-140807
状態 特許登録済
技術分野 穀粒の調整加工処理
主要キーワード 滞留検出 異物選別機 籾摺り機 メカロック状態 メカロック バケット式 点検窓 搬送ラセン
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年8月8日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

本発明は、籾摺精米設備において、籾摺機詰まりを起こした時に、適切な処理を行うことを課題とする。

解決手段

穀物投入する投入ホッパ(1)と、籾摺機(6)と、籾摺機(6)の後工程に設ける精米機(19)と、投入ホッパ(1)の穀物を籾摺機(6)に搬送する第一昇降機(4)と、精米機(19)に穀物を搬送する第二昇降機(18)と、籾摺機(6)の詰まりを検出する詰まり検出手段(9)と、籾摺機(6)の詰まりを検出すると第一昇降機(4)を停止すると共に、第二昇降機(18)と精米機(19)は駆動を継続する制御部を設ける。

概要

背景

特許文献1には、料金式の籾摺精米設備が記載されている。

概要

本発明は、籾摺精米設備において、籾摺機詰まりを起こした時に、適切な処理を行うことを課題とする。穀物投入する投入ホッパ(1)と、籾摺機(6)と、籾摺機(6)の後工程に設ける精米機(19)と、投入ホッパ(1)の穀物を籾摺機(6)に搬送する第一昇降機(4)と、精米機(19)に穀物を搬送する第二昇降機(18)と、籾摺機(6)の詰まりを検出する詰まり検出手段(9)と、籾摺機(6)の詰まりを検出すると第一昇降機(4)を停止すると共に、第二昇降機(18)と精米機(19)は駆動を継続する制御部を設ける。

目的

特許第5621963号






籾摺機が詰まりを起こした時に、適切な処理を行うことを課題とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

穀物投入する投入ホッパと、籾摺機と、籾摺機の後工程に設ける精米機と、投入ホッパの穀物を籾摺機に搬送する第一搬送手段と、精米機に穀物を搬送する第二搬送手段と、籾摺機の詰まりを検出する詰まり検出手段と、籾摺機の詰まりを検出すると第一搬送手段を停止すると共に、第二搬送手段と精米機は駆動を継続する制御部を設ける籾摺精米設備

請求項2

籾摺機の詰まりを検出後、籾摺機を駆動する駆動モータを駆動し、詰まり検出手段が詰まりの解消を検出すると第一搬送手段の駆動を再開することを特徴とする請求項1記載の籾摺精米設備。

請求項3

籾摺機と第二搬送手段の間には石抜機を設け、籾摺機の詰まりを検出後、所定時間内に籾摺機の詰まり検出から設定時間内に詰まりが解消されたことを検出しない場合には石抜機は石抜除去動作を行う請求項1又は請求項2記載の籾摺精米設備。

請求項4

第一搬送手段はバケット式昇降機であって、籾摺機はインペラであって、該インペラの投入口を昇降機の投げ口より低位置とし、昇降機の投げ口とインペラの投入口とを斜め下がり姿勢の穀物供給筒で連通し、詰まり検出手段を穀物流下筒に設けたことを特徴とする請求項1から請求項3いずれかに記載の籾摺精米設備。

技術分野

0001

本発明は、籾を籾摺機で籾摺りして玄米とし、次いで精米機精米して白米にする設備に関するもので、特に、利用者が持参した穀物を精米する料金式の籾摺精米設備に関する。

背景技術

0002

特許文献1には、料金式の籾摺精米設備が記載されている。

先行技術

0003

特許第5621963号

発明が解決しようとする課題

0004

籾摺機が詰まりを起こした時に、適切な処理を行うことを課題とする。

課題を解決するための手段

0005

上述した課題を解決し、目的を達成するために、
請求項1記載の発明は、穀物を投入する投入ホッパと、籾摺機と、籾摺機の後工程に設ける精米機と、投入ホッパの穀物を籾摺機に搬送する第一搬送手段と、精米機に穀物を搬送する第二搬送手段と、籾摺機の詰まりを検出する詰まり検出手段と、籾摺機の詰まりを検出すると第一搬送手段を停止すると共に、第二搬送手段と精米機は駆動を継続する制御部を設ける籾摺精米設備とする。

0006

これにより、籾摺機の詰まりを検出すると、第一搬送手段の搬送を停止させることで、籾摺機前で滞留する穀物の増加を防止すると共に、籾摺機を通過した穀物を精米処理することができる。

0007

請求項2記載の発明は、籾摺機の詰まりを検出後、籾摺機を駆動する駆動モータを駆動し、詰まり検出手段が詰まりの解消を検出すると第一搬送手段の駆動を再開することを特徴とする請求項1記載の籾摺精米設備とする。

0008

これにより、籾摺機の詰まりを検出しても、籾摺機の駆動の継続又は再起動により、詰まりが解消されたときには第一搬送手段の駆動を再開することで、円滑な運転を行うことができる。

0009

請求項3記載の発明は、籾摺機と第二搬送手段の間には石抜機を設け、籾摺機の詰まりを検出後、所定時間内に籾摺機の詰まり検出から設定時間内に詰まりが解消されたことを検出しない場合には石抜機は石抜除去動作を行う請求項1又は請求項2記載の籾摺精米設備とする。

0010

これにより、籾摺機が詰まったときに、適切なタイミングで石抜処理を行うことで、石抜機に石が残留することを防止できる。

0011

請求項4記載の発明は、第一搬送手段はバケット式昇降機であって、籾摺機はインペラであって、該インペラの投入口を昇降機の投げ口より低位置とし、昇降機の投げ口とインペラの投入口とを斜め下がり姿勢の穀物供給筒で連通し、詰まり検出手段を穀物流下筒に設けたことを特徴とする請求項1から請求項3いずれかに記載の籾摺精米設備とする。

0012

これにより、インペラの籾摺り機において、適切に詰まりを検出することができる。

発明の効果

0013

本発明によると、籾摺機が詰まりを起こした時に、適切な処理を行う籾摺り精米設備にすることができる。

図面の簡単な説明

0014

側面から見た籾摺精米設備の内部を説明する図
平面から見た籾摺精米設備の内部を説明する図
客室から見た図
作業工程
フローチャート
(a)はインペラの籾摺機を示す図、(b)はカバーを外した籾摺機の図、(c)はインペラを示す図
穀物供給筒から籾摺機に穀物を供給する部分を示す拡大図

実施例

0015

本発明を実施するための籾摺精米設備の形態につき、図面を参照しつつ詳細に説明する。

0016

利用者が持参した穀物(籾又は玄米)を投入する投入ホッパ1を設け、投入ホッパ1の下部に投入ホッパ1内の穀物の有無を検出する穀物有無検出センサ2を設け、投入ホッパ1の底部に投入ホッパ1内の穀物を繰り出す搬送ラセン3(繰り出し手段)を設ける。搬送ラセン3で繰り出した穀物を揚穀するバケット式の第一昇降機4(第一搬送手段)を設け、第一昇降機4の投げ口に切換弁5を設け、一方に籾摺機6に穀物を供給する穀物供給筒7を設け、他方に穀物を投入ホッパ1側に戻す戻し筒8を設けている。

0017

穀物供給筒7は斜め下がり姿勢に設け、その下端部にインペラ6aを内装する籾摺機6の供給口に連通する。穀物供給筒7の下部には穀物の滞留を検出する穀物滞留検出センサ9を設けている。

0018

籾摺機6の上部にはインペラ6aで跳ね上げられた穀物が通過する穀物通過筒10を設け、籾摺機6から上方に向かって伸び、その上端部を風選装置11の上部と連通する。風選装置11には、籾摺機6で脱ぷされた籾殻吸引する吸引ファン12と、穀物が流下する風選13を設け、風選装置11の下部には風選棚13を通過した穀物を石抜機14に供給する石抜供給筒15を設ける。吸引ファン12と籾摺機6は共通の籾摺機駆動モータ32で駆動する構成である。

0019

石抜機14は揺動選別板16に多数の突起を形成した公知の構成で、揺り上げ側には選別された石を貯留する石貯留部16aと、運転終了間際に石貯留部16aの石を排出する石抜シャッタ17を設ける。

0020

石抜機14の揺り下げ側から排出された穀物から藁屑等の長尺物を選別異する異物選別機28を設け、異物選別機28から排出された穀物を揚穀する第二昇降機18(第二搬送手段)を設ける。第二昇降機18の投げ口は精米機19と連通する。精米機19の排出側には精米された精白米を収容する白米ホッパ20を設ける。

0021

本実施の形態の籾摺精米設備は建屋21内を仕切壁22で客室23と機械室24に仕切り、客室23側には利用者が選択する精白度選択スイッチ25と料金を投入する料金投入口26を設ける。また、投入ホッパ1の投入口1aと白米ホッパ20の白米取り出し口20aを設ける。投入ホッパ1の投入口には上下方向にスライド動作し、該投入口の開放閉鎖を行う開閉扉27を設ける。機械室24には籾摺機6や精米機19、精米機19で発生したを貯留する糠貯留部29等の装置を設ける。搬送ラセン3、第一昇降機4、石抜機14、第二昇降機18、精米機19、異物選別機28はそれぞれのモータ(図示せず)で駆動し、制御部(図示せず)でそれぞれ制御可能に構成している。

0022

次にフローチャートに基づき、籾摺精米運転について説明する。

0023

利用者が料金を料金投入口26に投入すると、開閉扉27が開き、利用者が持参穀物を投入ホッパ1の投入口1aに穀物を投入する。

0024

利用者が精白度選択スイッチ25を選択すると機械室22内の装置各部が運転を開始する。投入ホッパ1内の穀物は搬送ラセン3で搬送され、第一昇降機4で揚穀される。第一昇降機4の投げ口から穀物供給筒7を流下し、籾摺機6の供給口に供給される。籾摺機6のインペラ6aで籾の場合は脱ぷされ、脱ぷ玄米と籾殻はインペラ6aで跳ね上げられ穀物通過筒10を通過し、風選装置11に供給される。なお、投入ホッパ1に投入された穀物が玄米の場合でも、インペラ6aで同様に跳ね上げられる。風選装置11で、籾殻は吸引ファン12で吸引され、玄米は風選棚13を流下して石抜供給筒15から石抜機14に供給される。石抜機14の揺動選別板16で石と玄米を選別し、石は揺動選別板16の揺れ上げ側の石貯留部16aで貯留され、玄米は揺動選別板16の揺れ下げ側から異物選別機28に供給される。異物選別機28では藁屑等の長尺物が選別され、玄米は第二昇降機18から精米機19に供給される。精米機19で精米処理された白米は白米ホッパ20に順次排出される。精米処理で発生した糠は糠貯留部29で貯留される。投入ホッパ1の穀物有無検出センサ2が穀物無しを検出すると、設定時間後に搬送ラセン3・第一昇降機4・籾摺機6が停止し、次いで、石抜機14の石抜シャッタ17が作動し、石貯留部16aに貯留された石を石収容箱30に収容する石抜き処理を行う。そして、精米機19で残りの玄米を精米処理すると精米機19の駆動が停止し、籾摺精米運転は終了する。

0025

次に、籾摺精米運転中に籾摺機6が詰まったときの処理について説明する。

0026

籾摺機6内が詰まるとインペラ6aの回転がメカロックされ、第一昇降機4から供給される穀物が穀物供給筒7内で滞留する。穀物滞留検出センサ9が穀物の滞留を検出すると、第一昇降機4が停止する。その間、籾摺機駆動モータ32は、駆動を継続するか又は再起動を行う。そして、穀物滞留検出センサ9が穀物の滞留を検出してから設定時間内に、インペラ6aのメカロックが解除され、穀物を脱ぷ・跳ね上げが再開し、穀物滞留検出センサ9による穀物詰まりが無くなったことを検出すると、再び第一昇降機4の駆動を再開し、籾摺精米運転を行う。前記設定時間を経過しても穀物滞留検出センサ9が穀物の滞留を検出していると、すなわち、インペラ6aのメカロック状態が継続すると、籾摺機6が停止し、次いで、石抜機14の石抜シャッタ17が作動し、前述の石抜処理を行う。そして、穀物滞留検出センサ9が穀物詰まりを検出する前に籾摺機6を通過した玄米は、石抜機14・異物選別機28で選別処理され、精米機19で精米処理されて白米ホッパ20に収容される。なお、前述の石抜シャッタ17が作動したときに、既に精米機19内の米量が設定量以下を検出した場合(精米機19の駆動モータの負荷電流値が設定以下等)は精米機19を設定時間停止し、石抜機14から第二昇降機18までに残留する玄米を精米機19に充填するタイミングを見計らってから精米機19を再起動して残米を精米処理してもよい。

0027

以上のことから、籾摺機6で詰まったときに、第一昇降機4を停止することで滞留する穀物量を低減することができる。また、籾摺機6を通過した玄米は精米機19で精米処理して白米タンク20に排出することで、籾摺精米設備内に滞留する穀物量を低減することができる。

0028

前述の籾摺機6が詰まりで停止した場合には穀物戻しスイッチ33を操作すると搬送ラセン3と第一昇降機4が駆動すると共に、切換弁5が戻し筒8側に切換わり穀物が投入ホッパ1の上方から排出されるので、利用者はそれを持参した袋で受ける。投入した料金については、精米していない分の料金を返金する。

0029

籾摺精米設備の管理者は機械室24内に入り、籾摺機6のカバー34を外してインペラ6aを露出させ、インペラ6aに滞留する穀物と、穀物供給筒7の底部の点検窓35を開けて穀物供給筒7に滞留する穀物を取り出すことができる。

0030

また、穀物滞留検出センサ9が滞留を検出するとこれを表示手段(図示せず)で利用者に表示すると共に、開閉扉27を閉じずに開放状態を継続する。また、穀物供給筒7又は、籾摺機6に振動部材(図示せず)を設け、穀物滞留検出センサ9が滞留を検出すると振動部材を振動させることで詰まりを解除する構成でも良い。

0031

本実施の形態ではインペラの籾摺機について記載しているが、ロール式の籾摺機を搭載する籾摺精米設備でも応用は可能である。

0032

1投入ホッパ
4 第一搬送手段(第一昇降機)
6籾摺機
6aインペラ
7穀物供給筒
9詰まり検出手段(穀物滞留検知センサ
14石抜機
18 第二搬送手段(第二昇降機)
19精米機
32 駆動モータ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 井関農機株式会社の「 精米設備の精米運転システム」が 公開されました。( 2019/09/05)

    【課題】 利用者及び管理者の双方の端末に精米設備の運転情報を適切に表示し、精米設備の使用利便性及び管理利便性の双方を向上させることを課題とする。【解決手段】 精米設備(1)にインターネットと無線で... 詳細

  • 楯の川酒造株式会社の「 酒造用精米方法」が 公開されました。( 2019/09/05)

    【課題】極端に低い精米歩合の米粒を製造しようとした場合、精米機によって米粒に与える過剰なストレスによって、心白が破砕してしまったり、米粒の外層側が偏って削れてしまったりするおそれを軽減する酒造用精米方... 詳細

  • 井関農機株式会社の「 籾摺選別機」が 公開されました。( 2019/08/29)

    【課題】本発明は、籾摺部から出る混合米から吸引ファンの吸引風で籾殻を取り除く籾摺選別機において、籾殻とともに機外に排出される玄米を少なくして収量の多い籾摺選別機とすることを課題とする。【解決手段】穀粒... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ