図面 (/)

技術 格闘コマンドシミュレータ、その為の方法又はプログラミング

出願人 ナレルシステム株式会社
発明者 中村圭介安藤建剛
出願日 2015年1月16日 (6年9ヶ月経過) 出願番号 2015-007297
公開日 2016年7月25日 (5年2ヶ月経過) 公開番号 2016-131646
状態 特許登録済
技術分野 電子ゲーム機
主要キーワード 機能関連図 人間側 C言語 Shiftキー 精神力 マクロ処理 不動点 ハンデ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年7月25日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

ユーザーが設計したゲームの内容について記述したファイルを、コンピュータ上でゲームのルールとして実行出来るように処理するゲームを提供する。

解決手段

ユーザーが設計したゲーム(勝敗のあるものに限らない(2以上が協力して高得点ゴールをめざすものも含む))の、人や動植物等(特に、物理的/化学的心理的電気的/磁気的/光学的な動きのあるもの)の間で行われるゲームや遊戯や相互活動(ビジネス交渉会話全般、マッサージ治療、恋性交渉等を含む)のうちで、特に2個体以上で行うもの、特に2個体で対戦するもの、特に2個体のそれぞれに許される技が公平な格闘ゲーム(以降、「格闘ゲーム等」と呼ぶ))の内容について記述したファイルを、コンピュータ上でゲームのルールやモデルとして実行出来るように処理する。

概要

背景

従来のゲームのうちで一般的な格闘ゲームは、プレイヤーがゲームに登場するキャラクタを操作して、他のプレイヤーやコンピュータの制御によって操作されるキャラクタと闘うものである。その内容は、自分のキャラクタを相手のキャラクタに対して戦うパンチキックガード必殺技など)ようにお互いに操作して、状態(体力精神力など)を変化させて、特定の条件を満たす(相手の体力をなくす、設定されている制限時間が0になるなど)と勝利するというものである。

これらの内容は開発者が設計した範囲内から選択(キャラクタを変える、開始時の体力を変えてハンデを付ける、時間の制限をなくすなど)することができる。特許文献1より、構え上段中断下段など)を変えられるゲームも存在する。構えによって、キャラクタの動き能力が変わり、キャラクタを強くしたり、有利にしたりすることが出来る。

概要

ユーザーが設計したゲームの内容について記述したファイルを、コンピュータ上でゲームのルールとして実行出来るように処理するゲームを提供する。ユーザーが設計したゲーム(勝敗のあるものに限らない(2以上が協力して高得点ゴールをめざすものも含む))の、人や動植物等(特に、物理的/化学的心理的電気的/磁気的/光学的な動きのあるもの)の間で行われるゲームや遊戯や相互活動(ビジネス交渉会話全般、マッサージ治療、恋性交渉等を含む)のうちで、特に2個体以上で行うもの、特に2個体で対戦するもの、特に2個体のそれぞれに許される技が公平な格闘ゲーム(以降、「格闘ゲーム等」と呼ぶ))の内容について記述したファイルを、コンピュータ上でゲームのルールやモデルとして実行出来るように処理する。

目的

特開 平11−156048(JP,A)






しかし、プレイヤーが格闘ゲームの内容を変更又は拡張しようとした場合、プレイヤーが自由に出来るのは、開発者が設計した範囲内で内容を選択することである

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

(発明寄与者備考)中ユーザーが設計したゲーム(勝敗のあるものに限らない(2以上が協力して高得点ゴールをめざすものも含む))の内容について記述したファイルを、コンピュータ上でゲームのルールとして実行出来るように処理、実行することを特徴とするゲームプログラム

請求項2

(発明寄与者備考)中村コンピュータ上でゲームのルールとして実行出来るように処理を行うために、ユーザーが定義したルールの内容が記述されたファイルを読み込み、展開して、コンピュータ上で実行しやすい形に変換させることを特徴とするゲームプログラム。

請求項3

(発明寄与者備考)中村+安ユーザーが複雑な状態変化のあるゲームの内容を作りたい内容へと近づけやすくするため、コンピュータがルールを処理する際は、1行ずつあるいは1文ずつ分割して他の行や文への影響を減らすことで、ファイルの内容を改良しやすくなるように独立性を高めた文法を使うことを特徴とする請求項1に記載のゲームプログラム。

請求項4

(発明寄与者備考)中村+安藤ユーザーがルールの内容を変えれば、勝利にどれだけ近いか判断する基準も変えられるように、コンピュータがルールの内容から、勝利にどれだけ近いか判断する基準を作成することを特徴とする請求項1に記載のゲームプログラム。

請求項5

(発明寄与者備考)中村+安藤請求項4で作成した判断基準をもとに、コンピュータがファイル上で設計した内容どおりに状態を変化させて、コマンド入力の最善手を探索することで、設計したゲームの内容でユーザーとコンピュータとが勝敗を競うことが出来ることを特徴とする請求項1に記載のゲームプログラム。

請求項6

(発明寄与者備考)中村+安藤ゲームの内容について記述したファイルを記憶する際に、ルールに関する記述を展開して新しいルールに変換して記憶することで、ファイルはすべてのルールを記述しない量を減らしたものにして、編集する作業を簡単にしたり出来ることを特徴とする請求項1に記載のゲームプログラム。

請求項7

(発明寄与者備考)中村+安藤ユーザーがどのような手順で勝利するかを設計したゲームの内容から確認することが出来るように、ゲームのルールどおりに勝利するまでの手順を探索して、結果を表示することを特徴とする請求項1に記載のゲームプログラム。

技術分野

0001

本発明は、ゲーム(勝敗のあるものに限らない(2以上が協力して高得点ゴールをめざすものも含む))の、人や動植物等(特に、物理的/化学的心理的電気的/磁気的/光学的な動きのあるもの)の間で行われるゲームや遊戯や相互活動(ビジネス交渉会話全般、マッサージ治療、恋性交渉等を含む)のうちで、特に2個体以上で行うもの、特に2個体で対戦するもの、特に2個体のそれぞれに許される技が公平な格闘ゲーム(以降、「格闘ゲーム等」と呼ぶ)に関するものである。

背景技術

0002

従来のゲームのうちで一般的な格闘ゲームは、プレイヤーがゲームに登場するキャラクタを操作して、他のプレイヤーやコンピュータの制御によって操作されるキャラクタと闘うものである。その内容は、自分のキャラクタを相手のキャラクタに対して戦うパンチキックガード必殺技など)ようにお互いに操作して、状態(体力精神力など)を変化させて、特定の条件を満たす(相手の体力をなくす、設定されている制限時間が0になるなど)と勝利するというものである。

0003

これらの内容は開発者が設計した範囲内から選択(キャラクタを変える、開始時の体力を変えてハンデを付ける、時間の制限をなくすなど)することができる。特許文献1より、構え上段中断下段など)を変えられるゲームも存在する。構えによって、キャラクタの動きや能力が変わり、キャラクタを強くしたり、有利にしたりすることが出来る。

先行技術

0004

特開 平11−156048(JP,A)

発明が解決しようとする課題

0005

しかし、プレイヤーが格闘ゲームの内容を変更又は拡張しようとした場合、プレイヤーが自由に出来るのは、開発者が設計した範囲内で内容を選択することである。自由な世界観(自分で考えた格闘技や異種格闘技など)を作ることは拡張(ルールの追加や状態の削除など)に制限がある(勝敗の基準は変えられない、体力は無くせないなど)ため難しい。

0006

また、プレイヤーが格闘ゲームの内容を設計しようとした場合、複雑な状態変化のある格闘ゲーム(柔道や相撲など)は、技を出したり、技の効果を計算したりするのに必要なモデル現実のゲームの理論)について、正確(現実の内容に近いモデル化)か否かの基準が存在しない。だが、変更や拡張によってモデルの正確さを高めようとした時、従来の格闘ゲームはモデルの正確さを徐々に高めやすい手法(変数ソースコードオープンで1行1行の独立性が高いプログラミング言語)では設計されていないので、正確さを変え難い。

課題を解決するための手段

0007

本発明(請求項1)はユーザーが設計したゲーム(勝敗のあるものに限らない(2以上が協力して高得点やゴールをめざすものも含む))の内容について記述したファイルを、コンピュータ上でゲームのルールとして実行出来るように処理することを特徴とする。これにより、技を出したり、技の効果を計算したりする格闘ゲームの世界観を拡張出来る。

0008

本発明(請求項2)はユーザーが定義したルールの内容が記述されたファイルを読み込み、展開して、コンピュータ上で実行しやすい形に変換させることで、コンピュータ上でゲームのルールとして実行出来るように処理を行うことを特徴とする。これによりユーザーは、プログラミングに関する専門知識が無くても、設計した内容を反映させることが出来る。また、読み込むファイルを変えて、実行するゲームの内容を使い分けることが出来る。

0009

本発明(請求項3)はユーザーが複雑な状態変化のあるゲームのルールを作りたい内容のモデルへと近づけやすくするため、コンピュータがルールを処理する際は、1行ずつあるいは1文ずつ分割して他の行や文への影響を減らすことで、ファイルの内容を改良しやすくなるように独立性を高めた文法を使うことを特徴とする。これにより、作りたいゲームの内容へと徐々に近くようにルールを改良しやすく、正確さを高めていくことが出来る。なお、ルールの記述に文法などの誤りがある場合は読み込みが中断されて何処に誤りがあるか表示するので、

0010

本発明(請求項4)はユーザーがルールの内容を変えれば、勝利にどれだけ近いかまたは優劣を判断する基準も変えられるように、コンピュータがルールの内容から、勝利にどれだけ近いか判断する基準を作成することを特徴とする。これにより、複雑な状態変化のあるゲームを設計する際に、どんな状態が有利か、どんな状態が勝利に近いかなどを決めずに、コンピュータ化する際に勝利条件から自動的に作成される。なお、本プログラムでは「有利条件」という、勝利にどれだけ近いか判断する基準をルールに記述することが出来る。これはユーザーが明示しなくても、自動的に生成される基準とは違う。どんな状態が有利か、どんな状態が勝利に近いかなどをユーザーが記述することが出来る。

0011

本発明(請求項5)は請求項4で作成した判断基準をもとに、コンピュータがファイル上で設計した内容どおりに状態を変化させて、コマンド入力の最善手を探索することで、設計したゲームの内容でユーザーとコンピュータとが勝敗を競うことが出来ることを特徴とする。これにより、ユーザーが定義した格闘ゲームで、最善手を使おうとするコンピュータと勝敗を競い合うことで、ゲームの世界観を体感することや、モデルを現実のゲームに近づける基準にすることが出来る。

0012

本発明(請求項6)はゲームの内容について記述したファイルを記憶する際に、ルールに関する記述を展開して新しいルールに変換して記憶することで、ファイルはすべてのルールを記述しない量を減らしたものにして、編集する作業を簡単にしたり出来ることを特徴とする。これにより、記述する分の内容を展開したり変換したりすることで、ファイルに記述された量が減るので、複雑なルールの調整を容易にすることが出来る。なお、展開はマクロによって内容に置き換える処理になる。

0013

本発明(請求項7)はユーザーがどのような手順で勝利するかを設計したゲームの内容から確認することが出来るように、ゲームのルールどおりに勝敗が決まるまで探索して、見つけたらそこまでの手順を表示することを特徴とする。これにより、コンピュータが思考するパターンや基準を作らなくても、ゲームを開発したり実行したりする前に勝つためのパターンを確認してから出来る。なお、この手順は「人間側が勝利するためには、人間側とCPU側が交互に、どのコマンドを入力するか」にる。

発明の効果

0014

一般的な手続き型プログラミング言語(C言語、C++、JAVA(登録商標)、PHP等)の形式ソースを記述しないので、そのようなプログラミング言語に関する技術が無くても、ユーザーが自分でゲーム(特に格闘ゲーム等)をユーザーが設計した形にしたり、ルールの調整をしたり出来る。

0015

ユーザーが自分の好きな自由に決めた用語を用いて(すなわち自由な概念、自由に定義したゲームの状態やコマンド、それらの組み合わせであるルールを用いて)、ゲームを自由に設計できる。相撲や空手、自分で考えた格闘技でもプログラムに出来る。また、異種格闘技でも自由に設計出来る。

0016

ルールはユーザーがテキスト形式で記述したファイルの中から選択出来るので、ルールや遊び方を変えて、多種多様使い方を行うことで、マンネリを防ぐことが出来る。

図面の簡単な説明

0017

全体の設計図機能関連図
演算文の例
勝利評価条件を展開する処理
ルールプログラムの例1
ルールプログラムの例2
ルールプログラムの例3
ルールプログラムの例4
ルールプログラムの例4

0018

図1はコンピュータがゲームの内容を記憶してからを実行するまでに行う処理について、全体の設計図(機能関連図)である。全体制御機能・メインルーチンでユーザーによって設計、編集されたゲームの内容をテキスト形式のファイルを選択してから実行するまでの処理を行う。ファイルには、どのような条件によってどのような効果が発揮されるかという必要なゲームのルールが記述してある。ルールプログラムの選択・読込再読込でゲーム開始前処理を行う。実行するゲームの内容は、ルールプログラムとしてテキスト形式に記憶したファイルから読込む。その内容をルールプログラムの実行でゲーム実行処理を行う。ユーザーによって設計、編集され、コンピュータ上で実行しやすい形に変換、記憶されたゲームの内容を実行する。

0019

ルールプログラムは独立性が高く、読込時も実行時も一行ずつ処理する点や、ゲームのルールを条件の部分は「条件1、条件2、・・・」と効果の部分は「効果1、効果2、・・・」というように一行ずつ区分していく。そのため、複雑な内容を記述したい時は、条件や効果の数を増やして記述して、ルールを徐々に現実のゲームに近づけたい時は条件や効果を一つずつ変えていくことで、開発効率の向上や部分的な再利用が容易になる。

0020

ルールプログラムの条件や効果には、定数のみではなく、演算文を使うことで複数の状態の値の計算結果を使用することも出来る。図2のような形式で、条件文では、演算文の計算結果と演算文の計算結果の大小関係を条件文とすることが出来る。また、実行文では、演算文の計算結果を状態の値に代入することが出来る。

0021

コンピュータが「どのようにすれば勝利できるか」を導く基準として、ルールの条件から勝利評価条件を作成する。図2勝利評価条件を作成する過程を示している。勝利評価条件はルールプログラムから、勝利にどれだけ近いか判断する基準として作成する。だから勝利にどれだけ近いか判断する基準は、ルールプログラムの内容を変えるたびに自動的に作成することが出来る。ルールプログラムからゲームの勝利するための勝敗を決する効果を探索する。探索したルールから新しく勝利評価条件を作成して記憶していく。勝利するための条件を探索したら、さらに勝利評価条件を展開していく。状態の値が勝利評価条件を満たすための範囲を確認する。状態の値を勝利評価条件の範囲内に満たすように変化させる効果を持ったルールを探していく。探しだしたルールの条件を、勝利評価条件として記憶していく。これを繰り返すことで、勝利するための条件を系統的に列挙していく。

0022

コンピュータの思考は、可能な操作すべてに対して評価を行い、最終的に最も評価が高いと考えられる手を最善手とするのが基本となる。この評価を行う判断基準が請求項4で作成したものになる。一定の評価基準ではなくルールプログラムから作成するので、ルールプログラムを変更すれば判断基準も変わる。だからルールの設計を、コンピュータが思考するパターンや基準を作らなくても行うことが出来る。

0023

ルールプログラムの展開は、記述を減らして設計や編集を容易にするためのものある。コンピュータが、左右を入れ替えたもう一つのルールを複製する「左右対称ルール」、あらかじめ定義してある内容を呼び出して利用する「マクロ処理」、勝利にどれだけ近いか判断する基準をルールごとに自動的に作成する「勝利評価条件」に関して展開を行っている。

0024

勝利評価条件の展開する際、ルール中の「状態の値を勝利評価条件の範囲内に満たすように変化させる効果」や「展開した勝利評価条件として記憶する条件」で演算文に使用できる条件は一種類になる。
効果に複数の状態の種類を持つ演算文があれば、「状態の値を勝利評価条件の範囲内に満たすように変化させる効果」ではないと判断させる。また、条件に複数の状態の種類を持つ演算文があれば、「展開した勝利評価条件として記憶する条件」ではないと判断させる。
演算文に複数の状態の種類があった場合、状態が不動点になると、それ以降ルールが発火して変わらない有利とも不利ともいえない状態なので、勝利評価条件の範囲内に満たすように変化させる効果の探索が出来なくなる。不動点解析をした上で勝利評価条件にならないようにしてもよいが勝利評価条件が複雑になる。
また、状態が条件に近づくか離れるかは、部分式の計算結果で異なるようになる。部分式が条件に近づく計算結果になる条件を導いて勝利評価条件を展開してもよいがこれも勝利評価条件が複雑になる。
だから、高速化をはかるために演算文に複数の状態の種類がある代入は勝利評価条件の展開には使用しない

0025

ユーザーとCPUが互いにコマンド入力を行った際の手順すべてを展開して、その中から自分が勝利出来る手順だけを記憶する。その結果、ゲームについて内容や戦法勝ち方がどのようになっているかルールから判断出来ずに、何からすべきか分からない時に、勝つための手順を確認することが可能になる。また、ルールの設計する際ために、現在のルールがどのような内容かについて確認する時、表示された勝ち筋から現在のルールならば勝つための手順はどのようになるか確認して、ルールを作り直す参考に出来る。どのようにすれば勝てるか、という観点からルールの中身を確認する際に、勝ち方が分からないまま実行してみて、動かす前に確認しておくことが出来る。

0026

本発明の一実施例による格闘ゲームについて、図を参照して説明する。

0027

図4、ルールプログラム例1を示す。例1の内容は、「コマンド[押す]で、相手の後ろ余裕度を10から0に1ずつ減らしていく」、「相手の後ろ余裕度を0にして[押す]と勝ち」である。

0028

例1について各行毎の意味は、1行目が、「初期状態について、人間とCPUの状態“後ろ余裕度”は、初期値が10である。」、2行目が、「条件なしで、コマンド[押す]を使えるようにする。」、3行目が、「コマンド[押す]で、相手の後ろ余裕度を1減らす。」、4行目が、「相手の“後ろ余裕度”が0以下の時、コマンド [押す]を実行すれば勝利する。」である。

0029

「!:h.後ろ余裕度=10,c.後ろ余裕度=10」について、“!:”は初期状態、初期コマンドを表す。初期状態、初期コマンドは、ゲーム実行直前に状態の値がどうなっているか、コマンドが有効か無効かを示す。初期状態は、“,”で「h.後ろ余裕度=10」と「c.後ろ余裕度=10」の2つに分けられる。

0030

「A:状態P記号値」という記述なら、「条件Aを満たせば、状態Pを記号の通り値の分だけ計算する。」という意味になる。「精神力ー1」ならば、「精神力を1だけ減算する」という意味になる。「精神力==0」は条件ならば、「精神力が0の時」という意味になり、「精神力=0」は効果ならば、「精神力を0にする」という意味になる。

0031

「[コマンドX]:B」という記述なら、「コマンド[X]を実行すれば、効果Bが発揮される。」という意味になる。「[コマンドX],[コマンドY]:B」という記述なら、「コマンド[X]、コマンド[Y]と連続で実行すれば、効果Bが発揮される。」という意味になる。

0032

「A:状態P記号値」という記述なら、「条件Aを満たせば、状態Pを記号の通り値の分だけ計算する。」という意味になる。「精神力ー1」ならば、「精神力を1だけ減算する」という意味になる。「精神力=0」は条件ならば、「精神力が0の時」という意味になり、効果ならば、「精神力を0にする」という意味になる。

0033

「S.」、「O.」はそれぞれ自分と相手を表し、人間のターンなら相手はCPUに、CPUのターンなら相手は人間になる。

0034

「S.勝利」は、自分の状態「勝利」にする効果である。例1は、「相手の“後ろ余裕度”が0以下にして,コマンド [押す]を実行する」のが勝利条件になる。

0035

図5、ルールプログラム例2を示す。例2の内容は、例1に、状態“精神力”を追加したもので、「コマンド[押す]は精神力が0より大きいときのみ使える」、「“精神力”は増え続け、999まで増えると-999になる」である。

0036

例2について各行毎の意味は、1行目が、「精神力が1ずつ増え続ける」、2行目が、「精神力が1ターンに1ずつ増え続ける」、3行目が、「精神力が10ターンに1ずつ増えり続ける」、4行目が、「精神力が999まで増えると、-999になる」、5行目が、「コマンド[押す]を実行すれば、相手の状態”後ろ余裕度”を1減少させる。」、6行目が、「相手の状態”後ろ余裕度”が0以下のとき、コマンド[押す]を実行すれば、自分は勝利する。」、7行目が、「自分の精神力が0より大きければ、コマンド[押す]は有効になる。」、8行目が、「自分の精神力が0より小さければ、コマンド[押す]は無効になる。」、9行目が、「人間とCPUの状態“後ろ余裕度”は、初期値が-999である。」になる。

0037

”@”の記述は、その行が何ターンに1回処理されるかを表す。「@X/〜」ならば、Xターンに1回処理される。「@〜」または、@が無い行は、1ターンに最大1回処理される。

0038

図6、ルールプログラム例3を示す。例3の内容は、「 [左マワシ取る]、[右マワシ取る]で左右のマワシ取った状態にする」、「 左右のマワシ取って、[投げる]と勝ち」である。

0039

「':」の記述は、その行がキー入力の設定を表す。「C=[投げる]」と記述すれば、「キーボードからCを入力して、コマンド[投げる]が有効ならば実行出来る」となる。大文字Shiftキーを使う。

0040

「!S.左マワシ取った:[左マワシ取る]」の意味は、「自分の状態”左マワシ取った”になったtrueの時、コマンド[左マワシ取る]が使えないようになる」であり、「S.左マワシ取った:![左マワシ取る]」の意味は、「自分の状態”左マワシ取った”になったfalseの時、コマンド[左マワシ取る]が使えるようになる」である。

0041

「条件::効果」は、「::の左に書いてある条件が一つでもなら::の右に書いてある効果と逆の論理(コマンドが有効なら無効とし、無効なら有効)となる。「!S.右マワシ取った==[右マワシ取る]」の意味は、「自分の状態”右マワシ取った”になったtrueの時、コマンド[右マワシ取る]が使えないようになると」、「自分の状態”右マワシ取った”になったfalseの時、コマンド[右マワシ取る]が使えるようになる」であり、「!S.右マワシ取った:[右マワシ取る]」と「S.右マワシ取った:![右マワシ取る]」を合わせた意味を持つ。

0042

CPUのレベルは、”~”と記述された行によって、「割り込み周期コンピュータ処理間引き率、読み深さ、読み間違い率」で調整される。「~P50,S3,D1,E0」ならば、「互いに手を打つ時間は1ターンで50msであり、思考する先読みの深さは3手であり、手を間引確立Xb分の一のXは1であり、コンピュータが最善手以外を使うのは10手中で0手である」。

0043

図7、ルールプログラム例4を示す。例4の内容は、例3に左右対称ルールと有利条件を追加したもので、「右を左に、左を右に入れ替えたルールを複製する。」、「“右マワシ取った”よりも“左マワシ取った”のほうが評価は高いと設定する」である。

0044

「%」の記述は、”%”から”}”までの記述が有利条件の処理であることを表す。評価関数の値の計算に使われる。「%0.6{S.左マワシ取った:100}」なら、2行目から4行目までが有利条件の記述になる。

0045

「&」の記述は、”&”から”}”までの記述が左右対称ルールの処理であることを表す。右を左に、左を右に入れ替えたもう一つのルールが「{ }」内の行が複製される。例3は、「[左マワシ取る]:S.左マワシ取った,!O.右マワシ取った」が、「{ }」内なので、「右マワシ取る]:S.右マワシ取った,!O.左マワシ取った」が複製され、2行分の意味を表す。

0046

図8は、ルールプログラム例5を示す。例5の内容は、「マクロ処理で、コマンド [攻撃]を、コマンド[殴る]とコマンド[蹴る]として展開して使用できる」である。

実施例

0047

”$”の記述は、「{ }」内の行がマクロ処理で展開する内容だと表す。「[攻撃]:[殴る];[蹴る]」なら、コマンド [攻撃]を、コマンド[殴る]とコマンド[蹴る]として展開する。「S.体力>0:[はたく],[攻撃]」というルールがあれば、「S.体力>0:[はたく],[殴る]」と「S.体力>0:[はたく],[蹴る]」に展開されて使用される。このとき、コマンド[攻撃]は、コマンド[殴る]とコマンド[蹴る]に展開されるとき使用され、実行時には使用出来ない。

0048

いろんなルールを作ることで、子供、女性高齢者など一般の人が格闘技に親しめるようにする。

0049

ルール次第で、危険動物暴漢等への対策訓練に使用できる。

0050

ルールプログラム

0051

勝利評価条件

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ