図面 (/)

技術 活動量ポイント管理システム

出願人 花王株式会社
発明者 高柳直人須藤元喜
出願日 2014年12月29日 (5年11ヶ月経過) 出願番号 2014-267048
公開日 2016年7月11日 (4年5ヶ月経過) 公開番号 2016-126536
状態 特許登録済
技術分野 生体の呼吸・聴力・形態・血液特性等の測定 医療・福祉事務
主要キーワード 付与割合 評価シート 平均歩数 付加ポイント デイケアセンター 高齢者施設 保健センター 活動量情報
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年7月11日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

活動量計ユーザーが、活動量に関するアドバイスを提供する店舗などの所定の場所に適切な間隔で出向くようにユーザーの行動誘導するシステムを提供する。

解決手段

活動量ポイント管理システムが、活動量計測手段11を備えた携帯型端末10、活動量計測手段11で計測された活動量に対して付与するポイントを算出するポイント算出手段12、ポイント管理機能を有するサーバー20、及び情報読出端末30を備える。情報読出末端30は、活動量に関するアドバイスが提供されるアドバイス提供地に設置され、活動量計測手段11に記憶されている活動量を読み出す。ポイント算出手段12は、当該時点でポイント付与の対象とする活動量を情報読出端末30で読み出されていない活動量とし、当該時点で活動量に対して付与するポイントを、当該時点より前の情報読出端末30による読出時と当該時点との間隔に応じて算出する。

概要

背景

ユーザー携帯する歩数計などで測定される歩数量をポイント化し、蓄積したポイント商品サービスを得られるようにするシステムが提案されている(特許文献1)。このシステムによれば、運動を継続するモチベーションを維持でき、健康の維持あるいは増進を実現できるとされている。

一方、生活習慣病の予防等のために生活を改善するためには、日常生活活動量について、自己管理により運動を継続するだけでなく、専門家から適切なアドバイスを得ることが有効であり、専門家からアドバイスを受ける間隔は1週間から1ヶ月程度が好ましい。

概要

活動量計のユーザーが、活動量に関するアドバイスを提供する店舗などの所定の場所に適切な間隔で出向くようにユーザーの行動誘導するシステムを提供する。 活動量ポイント管理システムが、活動量計測手段11を備えた携帯型端末10、活動量計測手段11で計測された活動量に対して付与するポイントを算出するポイント算出手段12、ポイント管理機能を有するサーバー20、及び情報読出端末30を備える。情報読出末端30は、活動量に関するアドバイスが提供されるアドバイス提供地に設置され、活動量計測手段11に記憶されている活動量を読み出す。ポイント算出手段12は、当該時点でポイント付与の対象とする活動量を情報読出端末30で読み出されていない活動量とし、当該時点で活動量に対して付与するポイントを、当該時点より前の情報読出端末30による読出時と当該時点との間隔に応じて算出する。

目的

本発明の課題は、活動量計のユーザーが活動量に関するアドバイスを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

活動量計測手段を備えた携帯型端末、活動量計測手段で計測された活動量に対して付与するポイントを算出するポイント算出手段、ポイント管理機能を有するサーバー、及び活動量に関するアドバイスが提供されるアドバイス提供地に設置され、活動量計測手段に記憶されている活動量を読み出す情報読出端末、を備えた活動量ポイント管理システムであって、ポイント算出手段が、当該時点でポイント付与の対象とする活動量を、情報読出端末で読み出されていない活動量とし、当該時点で活動量に対して付与するポイントを、当該時点より前の情報読出端末による読出時と当該時点との間隔に応じて算出する活動量ポイント管理システム。

請求項2

ポイント算出手段が当該時点でポイント付与の対象とする活動量に、読み出されてないと扱われる活動量が含まれる請求項1記載の活動量ポイント管理システム。

請求項3

携帯型端末がポイント算出手段を備え、ポイント算出手段で算出されたポイントが情報読出端末によりサーバーに送信される請求項1又は2記載の活動量ポイント管理システム。

請求項4

情報読出端末がポイント算出手段を備え、ポイント算出手段で算出されたポイントが情報読出端末からサーバーに送信される請求項1又は2記載の活動量ポイント管理システム。

請求項5

当該時点より前の携帯型端末からの活動量情報の読出時と当該時点との間隔が所定期間を経過している場合に、ポイント算出手段が活動量に対してポイントを付与しない請求項1〜4のいずれかに記載の活動量ポイント管理システム。

請求項6

当該時点より前の携帯型端末からの活動量情報の読出時と当該時点との間隔が所定期間を経過している場合に、ポイント算出手段が活動量に対するポイントの付与割合を減らす請求項1〜4のいずれかに記載の活動量ポイント管理システム。

請求項7

当該時点より前の携帯型端末からの活動量情報の読出時と当該時点との間隔が所定期間以下の場合に、ポイント算出手段によるポイントの算出が保留される請求項1〜6のいずれかに記載の活動量ポイント管理システム。

請求項8

情報読出端末が、携帯型端末から読み出した活動量の情報をサーバーに転送する機能を有し、サーバーが各ユーザーの活動量の情報を記憶する機能を有すると共に、日常生活における活動の質及び量とそれらに対するアドバイスとを関連づけたデータベースを有し、活動量の情報が情報読出端末によってサーバーに転送されると、サーバーは、該サーバーに記憶されているユーザーの活動量の情報に基づきデータベースから活動量に関するアドバイスの情報を情報読出端末に送信する請求項1〜7のいずれかに記載の活動量ポイント管理システム。

技術分野

0001

本発明は、活動量に対してポイントを付与し、健康の維持又は向上を図るシステムに関する。

背景技術

0002

ユーザー携帯する歩数計などで測定される歩数量をポイント化し、蓄積したポイントで商品サービスを得られるようにするシステムが提案されている(特許文献1)。このシステムによれば、運動を継続するモチベーションを維持でき、健康の維持あるいは増進を実現できるとされている。

0003

一方、生活習慣病の予防等のために生活を改善するためには、日常生活の活動量について、自己管理により運動を継続するだけでなく、専門家から適切なアドバイスを得ることが有効であり、専門家からアドバイスを受ける間隔は1週間から1ヶ月程度が好ましい。

先行技術

0004

特開2003−141260号公報

発明が解決しようとする課題

0005

特許文献1の記載に準じて活動量計で日々の活動量を測定し、それをポイント化して商品やサービスを得られるようにすることで活動量計のユーザーが運動を継続的に行うようになるとしても、そのユーザーを、1週間から1ヶ月程度の間隔で専門家のアドバイスを受けに行くように仕向けることはできない。仮に、ポイントと商品の交換のため、この交換システムに関わる薬局等の店舗へポイントの有効期間内に出向いたときに、その店舗で専門家のアドバイスを得られるようにするとしても、一般に、商品やサービスに交換できるポイントの有効期限は半年から1年程度に設定されるから、ユーザーが専門家のアドバイスを受ける間隔が過度に長くなってしまう。

0006

これに対しては、ポイントの有効期間を1週間から1ヶ月程度に短くすることが考えられるが、その場合、このシステムに参加している店舗は頻繁にポイントを商品に交換しなくてはならず、販売促進費の負担が増えることになる。

0007

特定の曜日や、末尾が特定の数字になる日に来店すると付加ポイントを得られるようにするなどの方法が考えられるが、その場合には特定の日に顧客が殺到し、顧客が適切なアドバイスを受けられないことが懸念される。

0008

また、ポイントを商品に交換できる日を顧客ごとに指定することが考えられるが、その場合には、顧客の管理が煩雑となり、店舗の負担となる。

0009

そこで、本発明の課題は、活動量計のユーザーが活動量に関するアドバイスを提供する店舗などの所定の場所に適切な間隔で出向くようにユーザーの行動誘導するシステムを提供することである。

課題を解決するための手段

0010

本発明者は、活動量計測手段を備えた携帯端末をユーザーが使用し、該携帯端末で計測された活動量に対してポイントを付与することによりユーザーの運動に対するモチベーションを向上させるにあたり、ユーザーが所定のアドバイス提供地に所定期間ごとに出向いて携帯型端末で計測された活動量が読み出されるようにする場合と、アドバイス提供地に出向かない場合とで活動量に対して付与されるポイントが異なるようにすると上記課題を解決できることを想到し、本発明を完成した。

0011

即ち、本発明は、活動量計測手段を備えた携帯型端末、
活動量計測手段で計測された活動量に対して付与するポイントを算出するポイント算出手段、
ポイント管理機能を有するサーバー、及び
活動量に関するアドバイスが提供されるアドバイス提供地に設置され、活動量計測手段に記憶されている活動量を読み出す情報読出端末
を備えた活動量ポイント管理システムであって、
ポイント算出手段が、当該時点でポイント付与の対象とする活動量を、情報読出端末で読み出されていない活動量とし、当該時点で活動量に対して付与するポイントを、当該時点より前の情報読出端末による読出時と当該時点との間隔に応じて算出する活動量ポイント管理システムを提供する。

発明の効果

0012

本発明によれば、携帯型端末で計測された活動量に対してポイントが付与されるので、ポイントを、商品やサービスと交換できたり、商品やサービスの割引に使用できたりすることにより、携帯型端末のユーザーは運動を心がけ、活動量を増大又は維持することについてモチベーションが上がる。

0013

また、本発明によれば、携帯型端末で計測された活動量の読み出しが、アドバイス提供地に設置された情報読出端末で行われ、携帯型端末のユーザーはここに出向くと活動量に関するアドバイスを受けることができ、さらに、ある時点でアドバイス提供地に出向いて活動量の読出が行われたときから現時点までの期間によって活動量に対して付与されるポイントが異なるので、携帯型端末のユーザーは、高いポイントが付与される所定の期間でアドバイス提供地に出向くようになる。よって、携帯型端末のユーザーに、日常の活動量に関するアドバイスを、該アドバイスの提供に好ましい間隔で提供することが可能となる。

図面の簡単な説明

0014

図1は、実施例の活動量ポイント管理システムを備えた健康ソリューションサービスシステムの模式図である。
図2は、携帯型端末のディスプレイ表示画面の説明図である。
図3は、携帯型端末のディスプレイの表示画面の説明図である。
図4は、アドバイスを記載した評価シートの一例である。

実施例

0015

以下、図面を参照しつつ本発明を詳細に説明する。なお、各図中、同一符号は、同一又は同等の構成要素を表している。
図1は、本発明の一実施例の活動量ポイント管理システムを使用した、健康の維持又は向上を図る健康ソリューションサービスシステム1の模式図である。
健康ソリューションサービスシステム1は、該サービスシステムを運営するシステム提供者と、活動量計測手段11を備えた携帯型端末10のユーザーと、アドバイス提供地としてサービスシステムに関わる店舗、施設等を含む。

0016

システム提供者は、ユーザーに、活動量計測手段及び計測された活動量に対してポイントを付与するポイント算出手段を備えた携帯型端末10を無償又は低価格で配布する。また、システム提供者は、ユーザーの活動量や、活動量に対して付与されたポイントを管理するサーバー20を有している。ここで、活動量に対して付与されたポイントは、所定の商品又はサービスとの交換や、商品又はサービスの割引に使用できる価値を有するものとすることができる。

0017

さらに、システム提供者は、日常生活における活動の質(例えば、歩行速度、連続して歩行する時間の状況等)や量(例えば、歩数、消費カロリー等)と、それらに対するアドバイスとを関連づけたデータベース21を有している。サーバー20は、そこに蓄積された各ユーザーの活動量の情報を集計し、その活動量の情報に基づいてデータベース21から日常生活の活動量に関するアドバイスをアドバイス提供地に設置された情報読出端末30に送信する。

0018

アドバイス提供地は、携帯型端末10に記憶された各ユーザーの活動量及びポイントの情報を読み出してシステム提供者のサーバー20に転送する情報読出端末30が設置されている場所である。情報読出端末30としては、通信機能を備えたパーソナルコンピュータを使用することができる。また、アドバイス提供地は、日常の活動量に関するアドバイザー(即ち、日常生活の活動量に関してサーバーから送信されたアドバイスの内容をユーザーに説明できる者)が存在する場所である。

0019

アドバイス提供地となる場所としては、健康ソリューションサービスシステム1に参加する薬局等の店舗、デイケアセンター等の高齢者施設市町村保健センター等の自治体関連施設フィットネス施設、民間企業における健康相談施設等をあげることができる。

0020

また、アドバイザーになる者としては、システム提供者から活動量と健康について指導を受けた店員薬剤師スポーツインストラクター、健康運動指導士や高齢者体力つくり支援士などの健康指導資格者理学療法士等をあげることができる。なお、アドバイザーは、情報読出端末30を用いて携帯型端末10からユーザーの活動量の情報を読み出し、システム提供者のサーバー20に転送する操作を行っても良い。

0021

ユーザーは、活動量計測手段11を備えた携帯型端末10をシステム提供者から配布された者である。ユーザーは、この携帯型端末10を使用して日常生活の活動量を計測する。なお、ユーザーへの携帯型端末10の配布がアドバイス提供地で行われてもよい。

0022

この健康ソリューションサービスシステム1においては、ユーザーが携帯型端末10で日常生活における活動量を計測し、アドバイス提供地に出向く。アドバイス提供地では、ユーザーの携帯型端末10に記憶された活動量とポイントの情報が情報読出端末30に読み取られ、それらの情報がサーバー20に転送される。サーバー20は、情報読出端末30からユーザーの活動量の情報が送信されると、そのユーザーの活動量の情報を記憶すると共に、それまでに蓄積したユーザーの活動量の情報に基づき、データベース21から日常生活に関するアドバイスの情報を情報読出端末30に送信する。また、サーバー20は、ユーザーのポイントの情報が送信されると、サーバーに記憶されているユーザーのポイントの合計値更新する。サーバー20は、ポイントの集計情報も情報読出端末30に送信することができる。一方、アドバイザーは送信されたアドバイスの情報をユーザーに分かり易く伝え、解説する。このとき、送信されたアドバイスの情報を、例えば図4に示す評価シート40のように、紙面に出力してユーザーに手渡しても良い。この評価シート40には、所定期間における、歩行速度、平均歩数、平均消費カロリー、平均装着時間(即ち、活動が認められた平均時間)の目標値と実績値達成度などが記載され、それらを合わせた評価がA、B、C、Dのランクでカレンダーの各日付に表され、さらに総合評価もA、B、C、Dのランクで表され、アドバイスの文面が記載されている。これによりユーザーは、自らの活動量について、アドバイザーから専門的なアドバイスを分かり易く説明してもらうことができ、また、アドバイザーとのコミュニケーションを深めることができる。そこで、ユーザーはアドバイス提供地に繰り返し出向くようになる。

0023

また、アドバイス提供地が、例えば、薬局等の店舗である場合、その店舗にはユーザーが繰り返し出向くようになることで、店舗における商品の販売が促進され、売り上げが向上する。したがって、健康ソリューションサービスシステム1においては、システム提供者がユーザーに携帯型端末10を無償で配布し、アドバイス提供地となる店舗がシステム提供者に該サービスシステムの使用料支払うようにしても良く、システム提供者が健康の維持向上に関わる製品を製造している場合に、その製品が店舗で取り扱われるようにしても良い。

0024

また、アドバイス提供地がデイケアセンター等の高齢者の福祉施設に係る場合、ユーザーである高齢者が該施設に繰り返し出向くようになることで、該施設は高齢者の健康状態を把握し易くなり、ひいては病気を予防することができる。よって、該施設がこのサービスシステムの使用料を支払うようにしても良く、公的費用により使用料が支払われるようにしても良い。

0025

このように、図1に示した健康ソリューションサービスシステム1によれば、ユーザーには携帯型端末10が配布され、日常の活動量についてアドバイスを受けられるという利点があり、また、活動量に対して付与されたポイントにより商品やサービスを得られるという利点がある。アドバイス提供地となる店舗、施設などには、そこにユーザーが出向くようになることで店舗の売り上げが向上したり、ユーザーの健康状態を把握し易くなったりするという利点がある。さらに、システム提供者は、アドバイス提供地となる店舗、施設などからこのサービスシステムの使用料を得られたり、システム提供者の商品がアドバイス提供地で取り扱われたりする等の利点がある。

0026

ここで、この健康ソリューションサービスシステム1をより実効あらしめるためには、ユーザーが、活動量に関するアドバイスを受けるのに好ましい間隔(例えば、1週間〜1ヶ月間隔)でアドバイス提供地に出向くようにユーザーを誘導することが好ましい。本発明の活動量ポイント管理システムは、そのようなユーザーの誘導に有効なシステムであって、活動量計測手段11を備えた携帯型端末10、活動量計測手段11で計測された活動量に対して付与するポイントを算出するポイント算出手段12、アドバイス提供地に設置された情報読出端末30、及びポイント管理機能を備えたサーバー20を備えている。

0027

また、本実施例において、携帯型端末10には活動量計測手段11の他にポイント算出手段12が組み込まれ、さらに現在の時刻や日付を認識する時計、記憶手段、通信手段、ディスプレイ等の表示手段が組み込まれている。

0028

ここで、活動量計測手段11としては、3軸の加速度を計測する加速度センサを内蔵し、加速度センサによる加速度の計測値に基づき、活動量を、消費カロリー、日常歩行速度、歩数、又は活動時間等として出力できるものを使用する。このような活動量計測手段としては、例えば、パナソニック社製デイカロリEW−NK10等を使用することができる。

0029

携帯型端末10の記憶手段は、活動量計測手段11で計測された活動量や、ポイント算出手段12で算出されたポイントや、活動量が情報読出端末30で読み出された日時を記憶する。この記憶手段に記憶された活動量やポイントの情報は、情報読出端末30で読み出された後は携帯型端末10の記憶手段から消去され、情報読出端末30でサーバー20に送信され、サーバー20に蓄積される。なお、情報読出端末30でポイントや活動量の情報が読み出された後に、それらの情報が携帯型端末10の記憶手段から確実に消去され、サーバー20で二重に加算されることを防止するため、記憶手段を制御するCPUが、ポイントや活動量が情報読出端末30で読み出された日時を時計から読み取って記憶すると共に、記憶手段におけるポイントや活動量の書き込み領域の値をゼロにすることが好ましい。

0030

ディスプレイは、携帯型端末10に記憶されている活動量や、活動量に対して当該時点で付与されるポイント、当該時点の日時などを適宜表示する。

0031

ポイント算出手段12は、携帯型端末10に組み込まれた演算装置によって実現される。ポイント算出手段12では、活動量計測手段11で計測された活動量に対し、以下に説明する特徴的な方法でポイントを付与する。

0032

ポイント算出手段12では、当該時点でポイント付与の対象とする活動量を、未だポイント付与の計算の対象とされていない活動量の情報とし、より具体的には、アドバイス提供地で携帯型端末10から情報読出端末30に読み出されていない活動量の情報とする。ここで、携帯型端末10から読み出されていない活動量の情報には、携帯型端末10において未読処理等をすることにより、読み出されていないと扱われる活動量の情報を含む。また、ポイント算出手段12では、当該時点で活動量に対して付与するポイントを、当該時点より前の携帯型端末10からの活動量情報の読出時と当該時点との間隔、即ち、当該時点よりも前の直近で活動量がアドバイス提供地で読み出されたときから、当該時点までの期間に応じて算出する。

0033

ポイント算出手段12によるポイントの付与態様としては、例えば、第1の態様として、当該時点より前の携帯型端末10からの活動量情報の読出時と当該時点との間隔が所定期間を経過している場合に、当該時点で携帯型端末に記憶されている全ての活動量に対してポイントを付与しないが、所定期間経過前ならばその活動量に対してポイントを付与することができる。ここで所定期間とは、例えば、ユーザーの日常生活の活動量を専門家が定期的にチェックし、活動量についてユーザーにアドバイスするために好ましい間隔の上限値として7〜60日を設定する。

0034

このように所定期間経過により活動量に対してポイントを付与しない場合には、その旨を所定期間が経過する前に携帯型端末10に表示し、ユーザーがアドバイス提供地に行くことが促されるようにすることが好ましい。例えば、図2に示したように、携帯型端末10のディスプレイ13の通常の画面で、携帯型端末10に記憶されている活動量13a、当該時点の日時13b、活動量13aに対して付与されるポイント13cが表示されるようにした場合に、そのポイント13cが3日以内に消失してしまい活動量に対してポイントが付与されなくなるときに活動量13aの表示を点滅させることで、活動量に対してポイントがつかなくなる日が近いことを知らせ、ユーザーがアドバイス提供地に出向くことを促す。

0035

また、ポイント付与の第2の態様として、携帯型端末10に記憶されている活動量のうち、所定期間経過したものについてポイントを付与しないとすることができる。例えば、携帯型端末10に記憶されている日々の活動量のうち、アドバイス提供地で前回ポイントが読み出されてから40日経過した活動量にはポイントを付与しないとする場合に、当該時点で前回ポイントが読み出されてから44日経過している場合、前回ポイントが読み出されてから数えて4日分の活動量については、既にポイントが付与されないことになる。そのような場合、例えば図2に示したように、携帯型端末10のディスプレイ13の画面で、携帯型端末10に記憶されている活動量13a、当該時点の日時13b、活動量13aに対して付与されるポイント13cが表示され、さらに図3に示したように、当該時点で失効したポイント13dが表示されるようにしてもよい。

0036

また、上述の場合に、所定期間を経過した活動量については、ポイントの付与割合を減らすよう構成しても良い。

0037

さらに、ユーザーが過度に短い期間でアドバイス提供地に出向くことを抑制するため、前回ユーザーがアドバイス提供地に出向いて携帯型端末10の活動量が読み出されてから所定期間経過前に今回ユーザーがアドバイス提供地に出向いて携帯型端末10の活動量が読み出された場合に、その間の活動量の情報はサーバーに転送されるが、携帯型端末10において未読処理をすることにより活動量の情報が読み出されていないとし、活動量に対するポイントの付与が保留されるようにしても良い。

0038

上述の第2の態様で活動量にポイントを付与する場合に、携帯型端末10において、前回活動量が読み出されてから所定期間経過した活動量は、携帯型端末10の記憶手段に保存されないようにしてもよい。例えば、携帯型端末10の記憶手段が、1ヶ月分の活動量の情報を分単位で記憶し、記憶手段を制御するCPUが毎日午前0時になると、記憶された記憶された前日の活動量のデータから前日のポイントを計算し、計算されたポイントと活動量と前日の日付とを一組にして記憶手段に記憶させる。このとき、ポイントの記憶領域は7日分だけとする。これにより、ポイントについては8日目以降が順次上書きされ、直近の7日分だけのポイントが携帯型端末10に記憶されているようになる。よって、ユーザーは、1週間ごとにアドバイス提供地に出向いて携帯型端末10から活動量を読み出しさせることを促される。なお、この場合でも、活動量の情報は最大1ヶ月分が携帯型端末10に記憶されるので、その1ヶ月分の活動量の情報をサーバー20に転送し、その情報に基づいてサーバーからアドバイスを受けることが可能となる。

0039

この活動量ポイント管理システムにおいて、情報読出端末30は、健康ソリューションサービスシステム1について説明したように携帯型端末10から読み出した活動量やポイントの情報をサーバー20に転送する。

0040

健康ソリューションサービスシステム1について説明したように、サーバー20はユーザーの活動量やポイントを記憶し、ユーザーにアドバイスの情報を送信するが、特に、活動量ポイントシステムにおいては、サーバー20自体の構成としても、携帯型端末10に記憶されている活動量であって、前回、情報読出端末30で活動量が読み出されてから所定期間経過したものに対してはポイントが付与されないようにすることができる。この場合、サーバー20のポイントを管理する領域においては、例えば、1週間分ポイント情報が当該ユーザーのポイント管理テーブルに、日付け対応で書き込まれるようにする。即ち、このテーブルでは、8日以上前の領域にはデータが書き込まれない。これにより、ユーザーが8日間以上アドバイス提供地を訪れず、活動量の読み出しが行われない場合において、仮に8日以上前の活動量に対するポイントが情報読出端末30からサーバー30に送信されたとしても、サーバー20ではポイントの加算が行われない。したがって、ユーザーが活動量を無駄なくポイントに換えるためには、1週間ごとにアドバイス提供地で活動量の読み出しを行わなくてはならず、アドバイス提供地に1週間ごとに出向く強力な動機付けをユーザーに与えることができる。

0041

本発明は、種々の態様をとることができる。例えば、上述の活動量ポイント管理システムにおいて、ポイント算出手段を情報読出端末30に組み込み、ポイントの情報が情報読出端末30からサーバー20に送信されるようにしても良く、ポイント算出手段をサーバー20に組み込んでも良い。ポイント算出手段を情報読出端末30又はサーバー20に組み込んだ場合、当該時点で携帯型端末10に記憶されている活動量に対して付与されるポイントを携帯型端末10で確認できるようにするため、携帯型端末10から情報読出端末30又はサーバー20に適宜通信手段でアクセスできるようにしてもよい。

0042

また、ユーザーの活動量の管理を情報読出端末30で行い、活動の質(例えば、歩行速度、連続して歩行する時間の状況等)や量(例えば、歩数、消費カロリー等)とそれらに対するアドバイスとを関連づけたデータベース21を情報読出端末30と接続し、情報読出端末30からアドバイスが出力されるようにしても良い。

0043

1 健康ソリューションサービスシステム
10携帯型端末
11活動量計測手段
12ポイント算出手段
13ディスプレイ
13a ディスプレイに表示された活動量
13b ディスプレイに表示された日時
13c ディスプレイに表示されたポイント
13d失効したポイント
20サーバー
21データベース
30情報読出端末
40アドバイスを記載した評価シート

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ