図面 (/)

技術 硬性内視鏡

出願人 ファイバーテック株式会社
発明者 鈴木亨吉本羊介
出願日 2015年1月5日 (4年8ヶ月経過) 出願番号 2015-000150
公開日 2016年7月11日 (3年2ヶ月経過) 公開番号 2016-123718
状態 特許登録済
技術分野 内視鏡 孔内観察装置
主要キーワード 外装パイプ 補強スリーブ 挿入端側 テーパ形 スウェージング加工 極細径 狭窄部分 センタレス研磨
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年7月11日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

挿入部の湾曲部分に耐久性を持たせた硬性内視鏡を提供する。

解決手段

硬性内視鏡は、画像伝送手段、前記画像伝送手段の先端に設けられた対物レンズ、及び照明手段を含む挿入部と、前記挿入部の基端側に設けられた把持部とを備える硬性内視鏡であって、前記挿入部は、前記対物レンズが位置する先端部、前記把持部と連結される直線部、及び前記先端部と前記直線部との間に位置する湾曲部を有し、前記湾曲部は、当該湾曲部の先端側から当該湾曲部の基端側に向かって徐々に外径が大きくなるテーパ形状に形成されている。

概要

背景

概要

挿入部の湾曲部分に耐久性を持たせた硬性内視鏡を提供する。硬性内視鏡は、画像伝送手段、前記画像伝送手段の先端に設けられた対物レンズ、及び照明手段を含む挿入部と、前記挿入部の基端側に設けられた把持部とを備える硬性内視鏡であって、前記挿入部は、前記対物レンズが位置する先端部、前記把持部と連結される直線部、及び前記先端部と前記直線部との間に位置する湾曲部を有し、前記湾曲部は、当該湾曲部の先端側から当該湾曲部の基端側に向かって徐々に外径が大きくなるテーパ形状に形成されている。

目的

本発明の目的は、挿入部の湾曲部分に耐久性を持たせた硬性内視鏡を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

画像伝送手段、前記画像伝送手段の先端に設けられた対物レンズ、及び照明手段を含む挿入部と、前記挿入部の基端側に設けられた把持部とを備える硬性内視鏡であって、前記挿入部は、前記対物レンズが位置する先端部、前記把持部と連結される直線部、及び前記先端部と前記直線部との間に位置する湾曲部を有し、前記湾曲部は、当該湾曲部の先端側から当該湾曲部の基端側に向かって徐々に外径が大きくなるテーパ形状に形成されていることを特徴とする硬性内視鏡。

請求項2

画像伝送手段、前記画像伝送手段の先端に設けられた対物レンズ、及び照明手段を含む挿入部と、前記挿入部の基端側に設けられた把持部とを備える硬性内視鏡であって、前記挿入部は、前記対物レンズが位置する先端部、前記把持部と連結される直線部、及び前記先端部と前記直線部との間に位置する湾曲部を有し、前記先端部及び前記湾曲部は、当該先端部の先端側から当該湾曲部の基端側に向かって徐々に外径が大きくなるテーパ形状に形成されていることを特徴とする硬性内視鏡。

請求項3

画像伝送手段、前記画像伝送手段の先端に設けられた対物レンズ、及び照明手段を含む挿入部と、前記挿入部の基端側に設けられた把持部とを備える硬性内視鏡であって、前記挿入部は、前記対物レンズが位置する先端部、前記把持部と連結される直線部、及び前記先端部と前記直線部との間に位置する湾曲部を有し、前記湾曲部及び前記直線部は、当該湾曲部の先端側から当該直線部の基端側に向かって徐々に外径が大きくなるテーパ形状に形成されていることを特徴とする硬性内視鏡。

請求項4

画像伝送手段、前記画像伝送手段の先端に設けられた対物レンズ、及び照明手段を含む挿入部と、前記挿入部の基端側に設けられた把持部とを備える硬性内視鏡であって、前記挿入部は、前記対物レンズが位置する先端部、前記把持部と連結される直線部、及び前記先端部と前記直線部との間に位置する湾曲部を有し、前記挿入部は、先端側から前記基端側に向かって徐々に外径が大きくなるテーパ形状に形成されていることを特徴とする硬性内視鏡。

技術分野

0001

本発明は硬性内視鏡に関する。

0002

硬性内視鏡としては、たとえば、涙道に挿入する涙道内視鏡がある。

0003

一般的な涙道内視鏡は、挿入部の外径が細く(たとえば、0.9mm)形成されている。よって、挿入部は、涙道内視鏡の使用時に加わる曲げや捩じりの力(応力)の影響を受けやすい。この場合、挿入部が大きく変形する可能性がある。このような変形は挿入部の基端側で生じやすいため、挿入部の基端側には補強スリーブが設けられている。

0004

また、従来の涙道内視鏡は、涙道への挿入に際して予め涙点拡張針で患者の涙点を拡張する必要がある。この場合、患者が苦痛を伴うため麻酔処置が必要であるという問題があった。よって、涙点拡張針が不要となるよう、より細径の涙道内視鏡(0.7mm)も存在するが、挿入部が細くなればなるほど上述の変形の可能性が高くなる。

0005

ところで、特許文献1に示すように、挿入部の一部が湾曲している涙道内視鏡が存在する。このような涙道内視鏡は、涙道への挿入操作が容易となることから広く使われている。

0006

特開2004−16317号公報

0007

しかし、特許文献1のような挿入部に湾曲部分を有する涙道内視鏡は、使用時に湾曲部分にも応力が加わる。よって、湾曲部分が大きく変形するという問題がある。

先行技術

0008

本発明の目的は、挿入部の湾曲部分に耐久性を持たせた硬性内視鏡を提供することにある。

課題を解決するための手段

0009

上記課題を解決するために、請求項1に係る硬性内視鏡は、画像伝送手段、前記画像伝送手段の先端に設けられた対物レンズ、及び照明手段を含む挿入部と、前記挿入部の基端側に設けられた把持部とを備える硬性内視鏡であって、前記挿入部は、前記対物レンズが位置する先端部、前記把持部と連結される直線部、及び前記先端部と前記直線部との間に位置する湾曲部を有し、前記湾曲部は、当該湾曲部の先端側から当該湾曲部の基端側に向かって徐々に外径が大きくなるテーパ形状に形成されている。

0010

このような硬性内視鏡によれば、挿入部の湾曲部分に耐久性を持たせることができる。

0011

また、上記課題を解決するために、請求項2に係る硬性内視鏡は、画像伝送手段、前記画像伝送手段の先端に設けられた対物レンズ、及び照明手段を含む挿入部と、前記挿入部の基端側に設けられた把持部とを備える硬性内視鏡であって、前記挿入部は、前記対物レンズが位置する先端部、前記把持部と連結される直線部、及び前記先端部と前記直線部との間に位置する湾曲部を有し、前記先端部及び前記湾曲部は、当該先端部の先端側から当該湾曲部の基端側に向かって徐々に外径が大きくなるテーパ形状に形成されている。

0012

このような硬性内視鏡によれば、挿入部の先端部分及び湾曲部分に耐久性を持たせることができる。また、先端部がテーパ形状となっていることで、涙道の狭窄部分等に挿入しやすくなる。

0013

また、上記課題を解決するために、請求項3に係る硬性内視鏡は、画像伝送手段、前記画像伝送手段の先端に設けられた対物レンズ、及び照明手段を含む挿入部と、前記挿入部の基端側に設けられた把持部とを備える硬性内視鏡であって、前記挿入部は、前記対物レンズが位置する先端部、前記把持部と連結される直線部、及び前記先端部と前記直線部との間に位置する湾曲部を有し、前記湾曲部及び前記直線部は、当該湾曲部の先端側から当該直線部の基端側に向かって徐々に外径が大きくなるテーパ形状に形成されている。

0014

このような硬性内視鏡によれば、挿入部の湾曲部分及び直線部分に耐久性を持たせることができる。

0015

また、上記課題を解決するために、請求項4に係る硬性内視鏡は、画像伝送手段、前記画像伝送手段の先端に設けられた対物レンズ、及び照明手段を含む挿入部と、前記挿入部の基端側に設けられた把持部とを備える硬性内視鏡であって、前記挿入部は、前記対物レンズが位置する先端部、前記把持部と連結される直線部、及び前記先端部と前記直線部との間に位置する湾曲部を有し、前記挿入部は、先端側から前記基端側に向かって徐々に外径が大きくなるテーパ形状に形成されている。

0016

このような硬性内視鏡によれば、挿入部全体に耐久性を持たせることができる。また、挿入部全体をテーパ形状とすることにより、挿入部全体の剛性、及びトルク追従性が高まる。よって、把持部に加えられる手元からの力が直線部及び湾曲部を介して先端部に伝わりやすいため、硬性内視鏡の操作性が向上する。

発明の効果

0017

本発明によれば、挿入部の湾曲部分に耐久性を持たせることができるため、湾曲部が大きく変形する可能性を低減することができる。

図面の簡単な説明

0018

第1実施形態に係る硬性内視鏡システムの全体構成を示す図である。
第1実施形態に係る硬性内視鏡の構成を示す図である。
第1実施形態に係る硬性内視鏡の挿入部を示す図である。
第1実施形態に係る硬性内視鏡の挿入部を示す図である。
第1実施形態に係る硬性内視鏡の挿入部の形状を示す図である。
第2実施形態に係る硬性内視鏡の挿入部の形状を示す図である。
第3実施形態に係る硬性内視鏡の挿入部の形状を示す図である。
第4実施形態に係る硬性内視鏡の挿入部の形状を示す図である。

実施例

0019

<第1実施形態>
==硬性内視鏡システムの概要==
本実施形態では、硬性内視鏡システムとして眼科用である涙道内視鏡システム1を例に説明を行う。図1は、本実施形態に係る涙道内視鏡システム1の全体構成を示す概略図である。涙道内視鏡システム1は、涙道内視鏡2、イメージングシステム3及びモニタ4を含む。

0020

涙道内視鏡2は、涙道内を観察するための内視鏡である。涙道内視鏡2は、挿入部2a、把持部2b、ケーブル部2c等を含む(詳細は後述)。イメージングシステム3は、映像処理装置を有し、涙道内視鏡2で得られた映像を処理してモニタ4に表示させる。また、イメージングシステム3は、光源装置を有し、涙道内視鏡2が涙道内を照明するための照明光を供給する。

0021

==硬性内視鏡の概要==
図2は、本実施形態に係る涙道内視鏡2の全体構成を示す概略図である。図3は、挿入部2aを先端側から見た正面図である。図4は、図3のA−A断面である。

0022

挿入部2aは、患者の涙点から涙道内に挿入される部分である。挿入部2aは、外装パイプ20を有する。外装パイプ20は、ステンレス鋼等の金属で構成される。外装パイプ20内には、イメージガイドファイバー21、対物レンズ22、複数のライトガイドファイバー23、注水チャンネル24が設けられている(図3及び図4参照)。

0023

イメージガイドファイバー21は、その先端側に設けられた対物レンズ22を介して得られた映像をイメージングシステム3に伝送する。イメージガイドファイバー21は、石英多成分ガラスプラスチック等で形成されている。ライトガイドファイバー23は、イメージングシステム3内の光源装置からの光を導通し、涙道内を照明する。ライトガイドファイバー23は、ガラス、プラスチック等で形成されている。注水チャンネル24は、涙道内に生理食塩水等を供給する。イメージガイドファイバー21は「画像伝送手段」の一例であり、ライトガイドファイバー23は「照明手段」の一例である。

0024

なお、「画像伝送手段」としては、イメージガイドファイバー21の他、CMOS、CCD等の撮像素子を用いてもよい。この場合、挿入部2aの先端側に撮像素子を配置する。また、「照明手段」としては、LEDを用いてもよい。この場合、挿入部2aの先端側にLEDを配置する。

0025

把持部2bは、涙道内視鏡2を使用する際に術者把持する部分である。把持部2bの先端側は挿入部2aの基端側(直線部L2の基端側)と連結されている。把持部2bの基端側には、注水口金25が設けられている。注水口金25は、生理食塩水等を充填したシリンジ等が接続される部分であり、注水チャンネル24内に生理食塩水等を供給するために設けられている。

0026

また、把持部2bの基端側の側面には、ケーブル部2cが連結されている。ケーブル部2cは、ケーブル分岐部26を介して2つに分岐している。分岐した一方の末端にはイメージガイドプラグ27が設けられ、他方の末端にはライトガイドプラグ28が設けられている。

0027

イメージガイドファイバー21は、挿入部2aから把持部2b及びケーブル分岐部26を通ってイメージガイドプラグ27まで延出している。イメージガイドプラグ27をイメージングシステム3のカメラ側ソケットに接続することにより、涙道内視鏡2はイメージガイドファイバー21で得られた映像をイメージングシステム3に伝送できる。

0028

ライトガイドファイバー23は、挿入部2aから把持部2b及びケーブル分岐部26を通ってライトガイドプラグ28まで延出している。ライトガイドプラグ28をイメージングシステム3の光源側ソケットに接続されることにより、涙道内視鏡2は涙道内を照明することができる。

0029

==挿入部の詳細==
次に、図4及び図5を参照して挿入部2aの詳細について述べる。図5は、挿入部2aの形状を側面から見た図である。本実施形態に係る挿入部2aは、先端部L1、直線部L2、湾曲部L3を含む。

0030

先端部L1は、挿入部2aの先端側の部分である。本実施形態における先端部L1は、対物レンズ22が位置する部分である(図4参照)。直線部L2は、挿入部2aの直線状の部分である。直線部L2は、その基端側が把持部2bと連結される。湾曲部L3は、先端部L1と直線部L2との間に位置する部分である。湾曲部L3は、所定の曲率で湾曲している(湾曲部L3の形状についてはたとえば、特開2004−16317号公報と同様の構成が可能である)。

0031

本実施形態において、湾曲部L3は、湾曲部L3の先端側(先端部L1側)から湾曲部L3の基端側(直線部L2側)に向かって徐々に外径が大きくなるテーパ形状に形成されている。

0032

具体例として、湾曲部L3の先端側の外径αが0.7mmであるのに対し、湾曲部L3の基端側の外径βは1.0mmとなっている(外径β>外径α)。そして、湾曲部L3の先端側から湾曲部L3の基端側に向かって挿入部2aの外径は徐々に大きくなっている。なお、この例においては、先端部L1の外径は外径αと等しく、直線部L2の外径は外径βと等しくなっている。

0033

湾曲部L3をテーパ形状に形成するためには、たとえば、挿入部2aを構成する厚肉の外装パイプ20の外周部分に旋盤加工スウェージング加工センタレス研磨等を施すことにより可能である。なお、本実施形態では、図4に示すように挿入部2a(外装パイプ20)の内周部分はテーパ形状となっていないが、内周部分も外周部分と同様のテーパ形状に形成しても構わない。また、外周部分と内周部分でテーパ部分の傾きや長さが異なっていてもよい。

0034

このように、本実施形態に係る涙道内視鏡2によれば、使用時に応力が加わる湾曲部分をテーパ形状としたため、湾曲部分の剛性を高めることができる。よって、曲げや捩じりの操作により湾曲部L3が変形する可能性を低減できる。すなわち、湾曲部L3に耐久性を持たせることができる。なお、本実施形態では湾曲部L3全体をテーパ形状にする例について説明したが、上記効果が得られる限り、湾曲部L3の少なくとも一部がテーパ形状になっていることでもよい。テーパ形状は一定の勾配でなくともよい。たとえば、湾曲部L3全体をテーパ形状とする場合において、一部の勾配がそれ以外の部分の勾配と異なるように形成してもよい。

0035

<第2実施形態>
次に、図6を参照して第2実施形態に係る涙道内視鏡2について説明する。本実施形態では、先端部L1及び湾曲部L3の外径をテーパ形状に形成する例について述べる。第1実施形態と同様の構成については詳細な説明を省略する。

0036

==挿入部の詳細==
図6は、挿入部2aの形状を側面から見た図である。本実施形態において、先端部L1及び湾曲部L3は、先端部L1の先端側(挿入部2aの挿入端側)から湾曲部L3の基端側(直線部L2側)に向かって徐々に外径が大きくなるテーパ形状に形成されている。

0037

具体例として、先端部L1の先端側の外径γが0.7mmであるのに対し、湾曲部L3の基端側の外径δは1.0mmとなっている。そして、先端部L1の先端側から湾曲部L3の基端側に向かって挿入部2aの外径は徐々に大きくなっている。たとえば、先端部L1と湾曲部L3との境界部分の外径を外径εとした場合、外径δ>外径ε>外径γとなっている。なお、この例においては、直線部L2の外径は外径δと等しくなっている。

0038

このように、本実施形態に係る涙道内視鏡2によれば、先端部L1及び湾曲部L3をテーパ形状としたため、当該部分の剛性を高めることができる。よって、曲げや捩じりの操作により先端部L1や湾曲部L3が変形する可能性を低減できる。すなわち、先端部L1及び湾曲部L3に耐久性を持たせることができる。

0039

更に、涙道内に狭窄がある場合、挿入部2aの先端を狭窄部分に押し込んで挿入する、或いは押し込むことで狭窄を広げる手技を行うこともある。このような場合、本実施形態のように先端部L1をテーパ形状に形成することで挿入しやすさを確保できる。なお、本実施形態では先端部L1及び湾曲部L3全体をテーパ形状にする例について説明したが、上記効果が得られる限り、先端部L1及び湾曲部L3の少なくとも一部がテーパ形状になっていることでもよい。また、テーパ形状は一定の勾配でなくともよい。たとえば、先端部L1のテーパ形状と湾曲部L3のテーパ形状を異なる勾配で形成してもよい。或いは、先端部L1全体(または湾曲部L3全体)をテーパ形状とする場合において、一部の勾配がそれ以外の部分の勾配と異なるように形成してもよい。

0040

<第3実施形態>
次に、図7を参照して第3実施形態に係る涙道内視鏡2について説明する。本実施形態では、湾曲部L3及び直線部L2の外径をテーパ形状に形成する例について述べる。第1実施形態と同様の構成については詳細な説明を省略する。

0041

==挿入部の詳細==
図7は、挿入部2aの形状を側面から見た図である。本実施形態において、湾曲部L3及び直線部L2は、湾曲部L3の先端側(先端部L1側)から直線部L2の基端側(把持部2b側)に向かって徐々に外径が大きくなるテーパ形状に形成されている。

0042

具体例として、湾曲部L3の先端側の外径ζが0.7mmであるのに対し、直線部L2の基端側の外径ηは1.0mmとなっている。そして、湾曲部L3の先端側から直線部L2の基端側に向かって挿入部2aの外径は徐々に大きくなっている。たとえば、湾曲部L3と直線部L2との境界部分の外径を外径θとした場合、外径η>外径θ>外径ζとなっている。なお、この例においては、先端部L1の外径は外径ζと等しくなっている。

0043

このように、本実施形態に係る涙道内視鏡2によれば、湾曲部L3及び直線部L2をテーパ形状としたため、当該部分の剛性を高めることができる。よって、曲げや捩じりの操作により湾曲部L3や直線部L2が変形する可能性を低減できる。すなわち、湾曲部L3及び直線部L2に耐久性を持たせることができる。なお、本実施形態では湾曲部L3及び直線部L2全体をテーパ形状にする例について説明したが、上記効果が得られる限り、湾曲部L3及び直線部L2の少なくとも一部がテーパ形状になっていることでもよい。また、テーパ形状は一定の勾配でなくともよい。直線部L2のテーパ形状と湾曲部L3のテーパ形状を異なる勾配で形成してもよい。或いは、直線部L2全体(または湾曲部L3全体)をテーパ形状とする場合において、一部の勾配がそれ以外の部分の勾配と異なるように形成してもよい。

0044

<第4実施形態>
次に、図8を参照して第4実施形態に係る涙道内視鏡2について説明する。本実施形態では、挿入部2a全体をテーパ形状に形成する例について述べる。第1実施形態と同様の構成については詳細な説明を省略する。

0045

==挿入部の詳細==
図8は、挿入部2aの形状を側面から見た図である。本実施形態において、挿入部2aは、先端側(先端部L1側)から基端側(把持部2b側)に向かって徐々に外径が大きくなるテーパ形状に形成されている。

0046

具体例として、先端側の外径ιが0.7mmであるのに対し、基端側の外径κは1.0mmとなっている。そして、先端側から基端側に向かって挿入部2aの外径は徐々に大きくなっている。たとえば、先端部L1と湾曲部L3との境界部分の外径を外径λとし、湾曲部L3と直線部L2との境界部分の外径を外径μとした場合、外径κ>外径μ>外径λ>外径ιとなっている。

0047

このように、本実施形態に係る涙道内視鏡2によれば、挿入部2a全体をテーパ形状としたため、挿入部2a全体の剛性を高めることができる。よって、曲げや捩じりの操作により挿入部2aが変形する可能性を低減できる。すなわち、挿入部2a全体に耐久性を持たせることができる。

0048

また、挿入部2a全体をテーパ形状とすることにより、トルク追従性が高まる。よって、把持部2bに加えられる手元からの力が直線部L2から先端部L1まで伝わり易くなるため、操作性が向上する。なお、本実施形態では挿入部2a全体をテーパ形状にする例について説明したが、上記効果が得られる限り、挿入部2aの少なくとも一部がテーパ形状になっていることでもよい。また、テーパ形状は一定の勾配でなくともよい。先端部L1のテーパ形状、直線部L2のテーパ形状、及び湾曲部L3のテーパ形状をそれぞれ異なる勾配で形成してもよい。或いは、先端部L1全体(直線部L2全体または湾曲部L3全体)をテーパ形状とする場合において、一部の勾配がそれ以外の部分の勾配と異なるように形成してもよい。

0049

上記実施形態は、例として提示したものであり、発明の範囲を限定するものではない。たとえば、上記構成を眼球用の硬性内視鏡に応用することも可能である。また、眼科用に限らず、一般的な硬性内視鏡にも応用することができるが、特に極細径の内視鏡に用いることが望ましい。また、上記の構成は、適宜組み合わせて実施することが可能であり、発明の要旨を逸脱しない範囲で、種々の省略、置き換え、変更を行うことができる。それらの実施形態やその変形は、発明の範囲や要旨に含まれると同様に、特許請求の範囲に記載された発明とその均等の範囲に含まれる。

0050

1涙道用内視鏡システム
2涙道内視鏡
2a 挿入部
2b把持部
2cケーブル部
3イメージングシステム
4モニタ
20外装パイプ
21イメージガイドファイバー
22対物レンズ
23ライトガイドファイバー
24注水チャンネル
25注水口金
26 ケーブル分岐部
27イメージガイドプラグ
28ライトガイドプラグ
L1 先端部
L2 直線部
L3湾曲部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 国立大学法人長崎大学の「 硬性内視鏡のカバーおよび内視鏡ユニット」が 公開されました。( 2019/08/08)

    【課題・解決手段】硬性内視鏡10の外周面の周方向における一部を覆うためのカバー(220、320、420)は、可撓性を有する外側カバー部分(222、322、422)と、外側カバー部分(222、322、4... 詳細

  • オリンパス株式会社の「 信号処理システムおよび内視鏡」が 公開されました。( 2019/07/25)

    【課題・解決手段】さらなる伝送ケーブルの細径化を行うことができる信号処理システムおよび内視鏡を提供する。信号処理システムは、上り信号を同相モードで伝送ケーブル3に出力する同相信号送信部54と、上り信号... 詳細

  • オリンパス株式会社の「 撮像素子、撮像装置および内視鏡」が 公開されました。( 2019/07/18)

    【課題・解決手段】ソースフォロワ回路が出力する撮像信号のレベルを最大限に用いることができる撮像素子、撮像装置および内視鏡を提供する。撮像素子21は、複数の画素230と、撮像信号に含まれるノイズ成分を除... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ