図面 (/)

技術 ファンカバーの取付構造

出願人 いすゞ自動車株式会社
発明者 石橋孝夫
出願日 2014年12月17日 (4年10ヶ月経過) 出願番号 2014-254987
公開日 2016年6月23日 (3年4ヶ月経過) 公開番号 2016-114005
状態 特許登録済
技術分野 機械または機関の冷却一般 推進装置の冷却,吸排気,燃料タンクの配置
主要キーワード 中間環 ファンリング 通気空間 環状フランジ ラジエータ側 回転軸心 ファンカバー 環状凹
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年6月23日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

ファンカバーファンリングに確実に保持させて、ファンカバーの浮き上がりを防止する。

解決手段

一端側がファンシュラウド11に取り付けられると共に、他端側がエンジンEに固定されてファン12を囲むファンリング13に取り付けられて、ファンシュラウド11とファンリング13との間の隙間を覆うファンカバー14の取付構造20であって、ファンカバー14に形成された貫通孔22と、ファンリング13からエンジンE側に突出して設けられると共に、貫通孔22に挿通されて、貫通孔22よりも突出された少なくとも一部でファンカバー14をファンシュラウド11側に押圧するピン部材21とを備える。

概要

背景

従来、この種のファンカバー取付構造として、例えば、特許文献1には、ファンラバーエンジン側端部をファンリングの凹部に嵌合させると共に、ファンカバーのラジエータ側端部をファンシュラウドクリップ等で固定した構造が開示されている。

概要

ファンカバーをファンリングに確実に保持させて、ファンカバーの浮き上がりを防止する。一端側がファンシュラウド11に取り付けられると共に、他端側がエンジンEに固定されてファン12を囲むファンリング13に取り付けられて、ファンシュラウド11とファンリング13との間の隙間を覆うファンカバー14の取付構造20であって、ファンカバー14に形成された貫通孔22と、ファンリング13からエンジンE側に突出して設けられると共に、貫通孔22に挿通されて、貫通孔22よりも突出された少なくとも一部でファンカバー14をファンシュラウド11側に押圧するピン部材21とを備える。

目的

開示の取付構造は、ファンカバーをファンリングに確実に保持させることで、ファンカバーの浮き上がりや脱落を効果的に防止することを目的とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

一端側がラジエータに固定されたファンシュラウドに取り付けられると共に、他端側がエンジンに固定されてファンを囲むファンリングに取り付けられて、前記ファンシュラウドと前記ファンリングとの間の隙間を覆うファンカバー取付構造であって、前記ファンカバーに形成された貫通孔と、前記ファンリングから前記エンジン側に突出して設けられると共に、前記貫通孔に挿通されて、当該貫通孔よりも突出された少なくとも一部で前記ファンカバーを前記ファンシュラウド側に押圧するピン部材と、を備えるファンカバーの取付構造。

請求項2

前記ピン部材を前記ファンよりも上方に位置する前記ファンリング及び、前記ファンよりも下方に位置する前記ファンリングの少なくとも一方に設けた請求項1に記載のファンカバーの取付構造。

請求項3

前記ピン部材の軸心を前記ファンリングの中心軸に対して傾斜させた請求項1又は2に記載のファンカバーの取付構造。

請求項4

前記ピン部材の突出側端に前記貫通孔の内径よりも大径の拡径部を設けた請求項1から3の何れか一項に記載のファンカバーの取付構造。

技術分野

0001

本発明は、ファンカバー取付構造に関し、特に、ラジエータに固定されたファンシュラウドと、エンジンに固定されたファンリングとの隙間を覆うファンカバーの取付構造に関する。

背景技術

0002

従来、この種のファンカバー取付構造として、例えば、特許文献1には、ファンラバーのエンジン側端部をファンリングの凹部に嵌合させると共に、ファンカバーのラジエータ側端部をファンシュラウドにクリップ等で固定した構造が開示されている。

先行技術

0003

実公平6−45623号公報

発明が解決しようとする課題

0004

ところで、特許文献1記載の構造では、ファンカバーのエンジン側端部をファンリングの凹部に嵌合させているのみである。このため、ファンリングを介してファンカバーに伝達されるエンジンの荷重振動に対して、これらファンカバーとファンリングとの嵌合力が耐え切れなくなると、ファンカバーがファンリングから外れて浮き上がるか、或いはファンカバーが脱落する可能性がある。

0005

開示の取付構造は、ファンカバーをファンリングに確実に保持させることで、ファンカバーの浮き上がりや脱落を効果的に防止することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

開示の取付構造は、一端側がラジエータに固定されたファンシュラウドに取り付けられると共に、他端側がエンジンに固定されてファンを囲むファンリングに取り付けられて、前記ファンシュラウドと前記ファンリングとの間の隙間を覆うファンカバーの取付構造であって、前記ファンカバーに形成された貫通孔と、前記ファンリングから前記エンジン側に突出して設けられると共に、前記貫通孔に挿通されて、当該貫通孔よりも突出された少なくとも一部で前記ファンカバーを前記ファンシュラウド側に押圧するピン部材ピン部材と、を備える。

発明の効果

0007

開示の取付構造によれば、ファンカバーをファンリングに確実に保持させることで、ファンカバーの浮き上がりや脱落を効果的に防止することができる。

図面の簡単な説明

0008

(A)は本実施形態に係るファンカバーの取付構造が適用されたファンシュラウド構造を示す模式的な背面図であり、(B)は(A)のA−A線断面図である。
(A)は本実施形態に係るファンカバーの取付構造を示す模式的な斜視図であり、(B)は本実施形態に係るファンカバーの取付構造を示す模式的な部分断面図である。
他の実施形態に係るファンカバーの取付構造を示す模式的な背面図である。
他の実施形態に係るファンカバーの取付構造を示す模式的な部分断面図である。

実施例

0009

以下、添付図面に基づいて、本発明の一実施形態に係るファンカバーの取付構造を説明する。同一の部品には同一の符号を付してあり、それらの名称及び機能も同じである。したがって、それらについての詳細な説明は繰返さない。

0010

図1は、本実施形態に係るファンカバーの取付構造が適用されファンシュラウド構造10を示している。ファンシュラウド構造10は、ファンシュラウド11と、ファンシュラウド11とエンジンE(図1(B)にのみ示す)との間に配置されたファン12と、エンジンEに固定されてファン12を囲むファンリング13と、これらファンシュラウド11とファンリング13との間を覆うファンカバー14とを備えている。

0011

ファンシュラウド11は、略平板状に形成されており、エンジンEと対向する図示しないラジエータの背面にボルト等で固定されている。また、ファンシュラウド11には、ファン12の外径よりも内径の大きい開口部11Aが形成されている。開口部11Aは、略円形状に形成されており、気体をファン12に導くための通気空間15(図1(B)にのみ示す)を区画形成する。

0012

ファン12は、その回転軸心がファンリング13の中心軸軸心)と一致するように配置されて、ファンリング13の内部に収容されている。ファン12は、例えば、エンジンEの動力によって回転駆動される。

0013

ファンリング13は、略円筒状に形成されており、エンジンEに図示しないボルト等で固定されている。また、ファンリング13の外周面には、ファンシュラウド11側に位置する第1環状フランジ部13A、エンジンE側に位置する第2環状フランジ部13B、これら第1及び第2環状フランジ部13A,Bの間に位置する中間環フランジ部13Cがそれぞれ形成されている(何れも図1(B)にのみ示す)。さらに、ファンリング13には、詳細を後述するファンカバーの取付構造20の一部を構成する左右一対のピン部材21(図1(A)にのみ示す)が設けられている。

0014

ファンカバー14は、例えば樹脂材料等の弾性部材で略円筒状に形成されており、ファンシュラウド11とファンリング13との隙間を覆う。このため、ファンカバー14は、一端側の周縁部をファンシュラウド11の環状凹部に嵌合固定されると共に、他端側の周縁部をファンリング13の環状凹部に嵌合固定されている(以下、説明の便宜のため、ファンリング13とファンカバー14との嵌合部分を第1取付部17と称する)。

0015

次に、図2(A),(B)に基づいて、本実施形態に係るファンカバーの取付構造20の詳細について説明する。

0016

一対のピン部材21は、例えば、金属材料等で略円柱状に形成されると共に、その基端部をファン12(図1参照)よりも下方に位置するファンリング13の第1環状フランジ部13A裏面に溶接等によって固定されている。また、ピン部材21は、中間環状フランジ部13Cの図示しない切欠に挿通されると共に、その先端側を第2環状フランジ部13Bよりも外側(エンジンE側)に向けて斜め下方に突出して設けられている。さらに、ピン部材21は、その先端側をファンカバー14に形成された一対の長孔楕円状の貫通孔22にそれぞれ挿通されると共に、その突出側の少なくとも一部でファンカバー14の側面(又は、貫通孔22の開口縁周囲)をファンシュラウド11側に押圧して、ファンカバー14を弾性変形させることで、ファンカバー14をファンリング13に保持している。

0017

すなわち、ファンカバー14をファンリング13に対して、第1取付部17のみならずピン部材21を介して保持することで、第1取付部17の嵌合力がファンリング13を介して伝達されるエンジンEの荷重や振動に耐えきれなくなった場合においても、ピン部材21によってファンカバー14をファンリング13に確実に保持できるようになっている。これにより、ファンカバー14の浮き上がりや脱落を確実に防止することが可能になる。

0018

なお、本発明は、上述の実施形態に限定されるものではなく、本発明の趣旨を逸脱しない範囲で、適宜変形して実施することが可能である。

0019

例えば、一対のピン部材21は、ファン12よりも下方のファンリング13に設けられるものとして説明したが、図3に示すように、一対のピン部材21をファン12よりも上方のファンリング13にさらに設けて構成してもよい。この場合は、ファンカバー14の脱落をより確実に防止することが可能になる。また、図4に示すように、ファンカバー14がピン部材21から抜け落ちることを防止するために、ピン部材21の突出端側に貫通孔22の内径よりも大径に形成された拡径部21Aを設けてもよい。

0020

10ファンシュラウド構造
11ファンシュラウド
12ファン
13ファンリング
14ファンカバー
20 ファンカバーの取付構造
21ピン部材
22 貫通孔

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社デンソーの「 車両用送風システム」が 公開されました。( 2019/08/15)

    【課題】エンジンルーム内の補機部品を効率よく冷却可能にする。【解決手段】エンジンルーム11内においてラジエータ用送風機15よりも車両後方側に配置され、スリットから流出する空気により周囲の空気を巻き込ん... 詳細

  • 三菱自動車工業株式会社の「 グリルシャッタシステム及び燃料電池車両」が 公開されました。( 2019/08/15)

    【課題】 セルスタックへの空気の供給の最適化を図ることができる、グリルシャッタシステム及び燃料電池車両を提供する。【解決手段】 複数の電池セル8が積層方向D1に積層されたセルスタック5と、セルスタ... 詳細

  • 日立建機株式会社の「 エクスパンションタンク」が 公開されました。( 2019/08/08)

    【課題】エンジン冷却装置に対する注水の作業性と気液分離性能を両立させることができるエクスパンションタンクを提供する。【解決手段】エンジン冷却装置に接続され、冷却装置を循環する冷却水から空気を分離する密... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ