図面 (/)

技術 画像形成装置、画像形成システム、及び画像形成方法

出願人 株式会社リコー
発明者 木下豪規
出願日 2014年12月8日 (4年8ヶ月経過) 出願番号 2014-248396
公開日 2016年6月20日 (3年2ヶ月経過) 公開番号 2016-111566
状態 特許登録済
技術分野 FAX原画の編集 付属装置、全体制御 プリンティングのための記録情報の処理 電子写真における制御・管理・保安 ファクシミリ一般
主要キーワード 画像エンジン 位置条件 カラム目 オペレータパネル 空白データ 各入力データ プリントプロセッサ ADC
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年6月20日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (16)

課題

ユーザが所望する位置から画像形成装置記録媒体に画像を画像形成できることを目的とする。

解決手段

記録媒体を搬送方向に搬送して、前記記録媒体に画像を画像形成する画像形成装置が、前記記録媒体に画像形成される前記画像と前記記録媒体に形成される余白とを原点を基準にして示す画像データを生成し、前記余白のうち、前記搬送方向に形成される余白量と前記搬送方向に対して直交方向に形成される余白量とを前記画像データに基づいてそれぞれ算出し、前記搬送方向に形成される余白量及び前記搬送方向に対して直交方向に形成される余白量に基づいて前記原点が配置される位置を変更し、かつ、変更後の原点から前記画像データに基づいて前記画像の画像形成と前記余白の形成とを行うことにより上記課題を解決する。

概要

背景

従来、記録媒体に画像を印刷する印刷装置等が知られている。印刷装置において、記録媒体に印刷を行う際等に、マニュアル操作により、印刷位置を調整する方法が知られている。

オペレータオペレータパネルから印刷開始位置補正値を入力し、入力される印刷開始位置補正値に基づいて、各データの描画位置補正して印刷位置を変更する方法が知られている(例えば、特許文献1参照)。

概要

ユーザが所望する位置から画像形成装置が記録媒体に画像を画像形成できることを目的とする。記録媒体を搬送方向に搬送して、前記記録媒体に画像を画像形成する画像形成装置が、前記記録媒体に画像形成される前記画像と前記記録媒体に形成される余白とを原点を基準にして示す画像データを生成し、前記余白のうち、前記搬送方向に形成される余白量と前記搬送方向に対して直交方向に形成される余白量とを前記画像データに基づいてそれぞれ算出し、前記搬送方向に形成される余白量及び前記搬送方向に対して直交方向に形成される余白量に基づいて前記原点が配置される位置を変更し、かつ、変更後の原点から前記画像データに基づいて前記画像の画像形成と前記余白の形成とを行うことにより上記課題を解決する。

目的

本発明の1つの側面は、ユーザが所望する位置から画像形成装置が記録媒体に画像を画像形成できることを目的とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

記録媒体を搬送方向に搬送して、前記記録媒体に画像を画像形成する画像形成装置であって、前記記録媒体に画像形成される前記画像と前記記録媒体に形成される余白とを原点を基準にして示す画像データを生成するデータ生成部と、前記余白のうち、前記搬送方向に形成される余白量と前記搬送方向に対して直交方向に形成される余白量とを前記画像データに基づいてそれぞれ算出する算出部と、前記搬送方向に形成される余白量及び前記搬送方向に対して直交方向に形成される余白量に基づいて前記原点が配置される位置を変更し、かつ、変更後の原点から前記画像データに基づいて前記画像の画像形成と前記余白の形成とを行う画像形成部とを含む画像形成装置。

請求項2

前記データ生成部によって生成される前記画像データのデータ量と、前記画像形成部に入力される前記画像データのデータ量とが同一である請求項1に記載の画像形成装置。

請求項3

前記画像を画像形成する位置及び前記変更後の原点を示すそれぞれの位置データを有する画像形成条件を記憶する記憶部をさらに含み、前記画像データにより定まる前記画像を画像形成する位置と、前記記憶部に記憶される前記位置データにより定まる画像を画像形成する位置とが同じ場合、前記画像形成部は、前記画像形成条件に基づいて前記原点が配置される位置を変更する請求項1又は2に記載の画像形成装置。

請求項4

記録媒体を搬送方向に搬送して、前記記録媒体に画像を画像形成する画像形成装置と前記画像形成装置に接続される1以上の情報処理装置とを有する画像形成システムであって、前記記録媒体に画像形成される前記画像と前記記録媒体に形成される余白とを原点を基準にして示す画像データを生成するデータ生成部と、前記余白のうち、前記搬送方向に形成される余白量と前記搬送方向に対して直交方向に形成される余白量とを前記画像データに基づいてそれぞれ算出する算出部とを有する前記情報処理装置と、前記搬送方向に形成される余白量及び前記搬送方向に対して直交方向に形成される余白量に基づいて前記原点が配置される位置を変更し、かつ、変更後の原点から前記画像データに基づいて前記画像の画像形成と前記余白の形成とを行う画像形成部を有する前記画像形成装置とを含む画像形成システム。

請求項5

記録媒体を搬送方向に搬送して、前記記録媒体に画像を画像形成する画像形成装置が行う画像形成方法であって、前記画像形成装置が、前記記録媒体に画像形成される前記画像と前記記録媒体に形成される余白とを原点を基準にして示す画像データを生成するデータ生成手順と、前記画像形成装置が、前記余白のうち、前記搬送方向に形成される余白量と前記搬送方向に対して直交方向に形成される余白量とを前記画像データに基づいてそれぞれ算出する算出手順と、前記画像形成装置が、前記搬送方向に形成される余白量及び前記搬送方向に対して直交方向に形成される余白量に基づいて前記原点が配置される位置を変更し、かつ、変更後の原点から前記画像データに基づいて前記画像の画像形成と前記余白の形成とを行う画像形成手順とを含む画像形成方法。

技術分野

0001

本発明は、画像形成装置画像形成システム、及び画像形成方法に関する。

背景技術

0002

従来、記録媒体に画像を印刷する印刷装置等が知られている。印刷装置において、記録媒体に印刷を行う際等に、マニュアル操作により、印刷位置を調整する方法が知られている。

0003

オペレータオペレータパネルから印刷開始位置補正値を入力し、入力される印刷開始位置補正値に基づいて、各データの描画位置補正して印刷位置を変更する方法が知られている(例えば、特許文献1参照)。

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、印刷装置等の画像形成装置で、画像形成装置ごとにそれぞれ異なる印刷位置が設定され、さらに、印刷位置を調整するために、データに余白等のデータが入力される場合がある。そのため、従来の方法では、同じデータを用いても、画像形成装置との組み合わせによっては、ユーザが所望する位置と異なる位置から画像形成装置が記録媒体に画像を画像形成してしまう場合があった。

0005

本発明の1つの側面は、ユーザが所望する位置から画像形成装置が記録媒体に画像を画像形成できることを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

一態様における、記録媒体を搬送方向に搬送して、前記記録媒体に画像を画像形成する画像形成装置は、前記記録媒体に画像形成される前記画像と前記記録媒体に形成される余白とを原点を基準にして示す画像データを生成するデータ生成部と、前記余白のうち、前記搬送方向に形成される余白量と前記搬送方向に対して直交方向に形成される余白量とを前記画像データに基づいてそれぞれ算出する算出部と、前記搬送方向に形成される余白量及び前記搬送方向に対して直交方向に形成される余白量に基づいて前記原点が配置される位置を変更し、かつ、変更後の原点から前記画像データに基づいて前記画像の画像形成と前記余白の形成とを行う画像形成部とを含むことを特徴とする。

発明の効果

0007

ユーザが所望する位置から画像形成装置が記録媒体に画像を画像形成できる。

図面の簡単な説明

0008

本発明の一実施形態に係る画像形成システムの全体構成の一例を説明する全体構成図である。
本発明の一実施形態に係る情報処理装置ハードウェア構成の一例を説明するブロック図である。
本発明の一実施形態に係る画像形成装置のハードウェア構成の一例を説明するブロック図である。
本発明の一実施形態に係る画像形成装置による全体処理の一例を説明するフローチャートである。
本発明の一実施形態に係る画像データに基づく余白量の算出の一例を説明する図である。
本発明の一実施形態に係る画像データの原点が配置される位置の変更の一例を説明する図である。
本発明の一実施形態に係る画像形成装置の機能構成の一例を説明する機能ブロック図である。
本発明の一実施形態に係る画像データの一例を説明する図である。
比較例の画像形成システムによる全体処理の一例を説明する全体構成図である。
比較例の画像形成システムによる全体処理の一例を説明する図である。
本発明の第2実施形態の一実施形態に係る画像形成装置による全体処理の一例を説明するフローチャートである。
本発明の第2実施形態の一実施形態に係る画像形成条件の一例を説明する図である。
本発明の第3実施形態の一実施形態に係る画像形成システムの全体構成の一例を説明する全体構成図である。
本発明の第3実施形態の一実施形態に係る画像形成システムの機能構成の一例を説明する機能ブロック図である。
本発明の第4実施形態の一実施形態に係る画像形成システムの機能構成の一例を説明する機能ブロック図である。

実施例

0009

以下、本発明の実施の形態について説明する。

0010

<第1実施形態>
<画像形成システムの全体構成例>
図1は、本発明の一実施形態に係る画像形成システムの全体構成の一例を説明する全体構成図である。

0011

画像形成システム1は、情報処理装置10と、画像形成装置11とを有する。情報処理装置10及び画像形成装置11は、ネットワーク12を介して相互に接続される。

0012

情報処理装置10は、例えばPC(Personal Computer)等である。また、画像形成装置11は、例えばいわゆるページプリンタ(page printer)等である。さらに、ネットワーク12は、例えばLAN(Local Area Network)又はインターネット等である。

0013

情報処理装置10は、ネットワーク12を介して、入力データ等の各種データを画像形成装置11に出力する。そして、画像形成装置11は、出力される各種データに基づいて、記録媒体に画像を画像形成する。

0014

<情報処理装置のハードウェア構成例>
図2は、本発明の一実施形態に係る情報処理装置のハードウェア構成の一例を説明するブロック図である。

0015

情報処理装置10は、CPU(Central Processing Unit)10H1と、記憶装置10H2と、ネットワークI/F(interface)10H3と、入力装置10H4と、出力装置10H5とを有する。

0016

CPU10H1は、情報処理装置10が行う各種処理を実現するための演算と各種データの加工とを行う演算装置及び情報処理装置10が有するハードウェアを制御する制御装置である。

0017

記憶装置10H2は、CPU10H1が用いるデータ、プログラム、及び設定値等を記憶する。また、記憶装置10H2は、いわゆるメモリ(memory)等である。さらに、記憶装置10H2は、補助記憶装置等を有してもよい。

0018

ネットワークI/F10H3は、ネットワーク12(図1)を介して、接続する外部の装置と各種データを入出力するインタフェースである。例えば、ネットワークI/F10H3は、ネットワーク12を介して、入力データを画像形成装置11に出力する。なお、ネットワークI/F10H3は、例えばNIC(Network Interface Card)、コネクタ、及びドライバ等である。

0019

入力装置10H4は、情報処理装置10にユーザU1による操作を入力する装置である。なお、入力装置10H4は、例えばキーボード及びコネクタ等である。

0020

出力装置10H5は、情報処理装置10からデータの内容等を出力する装置である。なお、出力装置10H5は、例えばディスプレイ及びコネクタ等である。

0021

<画像形成装置のハードウェア構成例>
図3は、本発明の一実施形態に係る画像形成装置のハードウェア構成の一例を説明するブロック図である。

0022

画像形成装置11は、CPU11H1と、記憶装置11H2と、ASIC(Application Specific IntegratedCircuit)11H3と、ネットワークI/F11H4と、プリンタ装置11H5と、入力装置11H6と、出力装置11H7とを有する。

0023

CPU11H1は、画像形成装置11が行う各種処理を実現するための演算と各種データの加工とを行う演算装置及び画像形成装置11が有するハードウェアを制御する制御装置である。

0024

記憶装置11H2は、CPU11H1が用いるデータ、プログラム、及び設定値等を記憶する。また、記憶装置11H2は、いわゆるメモリ等である。さらに、記憶装置11H2は、補助記憶装置等を有してもよい。

0025

ASIC11H3は、画像処理に係る各種処理を行う電子回路である。なお、ASIC11H3は、PLD(Programmable Logic Device)でもよい。

0026

ネットワークI/F11H4は、ネットワーク12(図1)を介して、接続する外部の装置と各種データを入出力するインタフェースである。例えば、ネットワークI/F11H4は、ネットワーク12を介して、入力データを情報処理装置10から入力する。なお、ネットワークI/F11H4は、例えばNIC、コネクタ、及びドライバ等である。

0027

プリンタ装置11H5は、画像データに基づいて、用紙等の記録媒体に画像を画像形成する。

0028

入力装置11H6は、画像形成装置11にユーザU1による操作を入力する装置である。なお、入力装置11H6は、例えば操作パネル等である。

0029

出力装置11H7は、画像形成装置11からユーザU1にデータの内容等を出力する装置である。なお、出力装置11H7は、例えば液晶パネル及びランプ等である。

0030

なお、情報処理装置10及び画像形成装置11のハードウェア構成は、例えば、各ハードウェアを補助する装置をさらに有するハードウェア構成でもよい。

0031

<全体処理例>
図4は、本発明の一実施形態に係る画像形成装置による全体処理の一例を説明するフローチャートである。

0032

<入力データの入力例(ステップS001)>
ステップS001では、画像形成装置11(図3)は、例えば情報処理装置10(図2)から出力される入力データを入力する。

0033

<画像データの生成例(ステップS002)>
ステップS002では、画像形成装置11は、入力データを展開して画像データを生成する。なお、ステップS002の処理は、例えば、1頁ごと行う。

0034

<余白量の算出例>
ステップS003乃至ステップS007では、画像形成装置11は、画像データが示す余白の余白量を算出する。具体的には、画像形成装置11は、記録媒体の搬送方向(以下、ライン(line)方向という。)と、記録媒体の搬送方向に対して直交方向(以下、カラム(column)方向という。)とに分けてそれぞれの余白量を求める。以下、ライン方向の余白量をJ、カラム方向の余白量をKとして説明する。例えば、ライン方向の余白量Jは、ステップS004及びステップS005の処理によって求められる。同様に、カラム方向の余白量Kは、ステップS006及びステップS007の処理によって求められる。

0035

図5は、本発明の一実施形態に係る画像データに基づく余白量の算出の一例を説明する図である。以下、図示するように、画像形成装置11が用紙2に画像を画像形成する場合を例に説明する。なお、図5では、ライン方向ADLを図の上下方向とし、カラム方向ADCを図の左右方向とする。具体的には、図5は、画像形成装置11が、画像データに基づいて、画像形成領域IA1内の第1画像IMG1及び第2画像IMG2を用紙2に画像形成する場合の例である。

0036

また、以下、画像データの原点を原点P0として説明する。ここで、原点P0は、画像データにおいて、ライン方向の端部及びカラム方向の端部を示す点である。なお、図5では、画像データにおいて最も左に位置する点、かつ、画像データにおいて最も上に位置する点を原点P0として説明する。さらに、図5では、原点P0のライン方向の位置をライン方向の原点位置P0Lとし、原点P0のカラム方向の位置をカラム方向の原点位置P0Cとする。

0037

また、図5では、画像データは、第1画像IMG1、第2画像IMG2、ライン方向に形成される余白ML、及びカラム方向に形成される余白MCを示すデータである。

0038

ここで、図5では、第1画像IMG1が、ライン方向において、ライン方向の原点位置P0Lに最も近い位置に配置されるとする。つまり、図5では、第1画像IMG1は、最も上に位置する画像である。

0039

同様に、図5では、第2画像IMG2が、カラム方向において、カラム方向の原点位置P0Cに最も近い位置に配置されるとする。つまり、図5では、第2画像IMG2は、最も左に位置する画像である。

0040

この場合において、第1画像IMG1が配置されるライン方向の位置をライン方向の開始位置P1Lとする。さらに、第2画像IMG2が配置されるカラム方向の位置をカラム方向の開始位置P1Cとする。

0041

以下の説明では、ライン方向に形成される余白MLの余白量は、ライン方向の余白量Jを算出することによって求められる例である。同様に、カラム方向に形成される余白MCの余白量は、カラム方向の余白量Kを算出することによって求められる例である。

0042

<余白量の初期化例(ステップS003)>
図4戻り、ステップS003では、画像形成装置11は、余白量の初期化を行う。具体的には、ステップS003では、画像形成装置11は、ライン方向の余白量J及びカラム方向の余白量Kをそれぞれ「0」とする。

0043

<J+1ライン目のラインが余白であるか否かの判断例(ステップS004)>
ステップS004では、画像形成装置11は、J+1ライン目のラインが余白であるか否かを判断する。具体的には、ステップS004では、画像データによって示されるJ+1ライン目のデータが改行を行うデータである場合、画像形成装置11は、J+1ライン目のラインが余白であると判断する(ステップS004でYES)。同様に、J+1ライン目のすべての画素が、白色、空白、画像形成を行わない、又は画像データに存在しない等の場合、画像形成装置11は、J+1ライン目のラインが余白であると判断する。

0044

画像形成装置11がJ+1ライン目のラインが余白であると判断する場合、画像形成装置11は、ステップS005に進む。一方、画像形成装置11がJ+1ライン目のラインが余白でないと判断する場合(ステップS004でNO)、画像形成装置11は、ステップS006に進む。なお、画像形成装置11がJ+1ライン目のラインが余白でないと判断する場合(ステップS004でNO)は、図5では、J+1ライン目のラインが、ライン方向の開始位置P1Lである。

0045

<ライン方向の余白量のカウント例(ステップS005)>
ステップS005では、画像形成装置11は、ライン方向の余白量Jに「1」を加算する。即ち、ステップS005の処理は、いわゆるカウントアップ(count up)の処理である。

0046

また、ステップS005でライン方向の余白量Jがカウントアップされると、画像形成装置11は、ステップS004に進む。次に、画像形成装置11は、次のラインについて同様にステップS004の処理を行う。したがって、図示するように、ライン方向において対象となるラインが余白であると、ステップS004及びS005の処理は、繰り返し行われる。そのため、ステップS004において、J+1ライン目のラインが余白でないと判断される場合(ステップS004でNO)のライン方向の余白量Jは、ライン方向に形成される余白ML(図5)の余白量を示す。

0047

<K+1カラム目のカラムが余白であるか否かの判断例(ステップS006)>
ステップS006では、画像形成装置11は、K+1カラム目のカラムが余白であるか否かを判断する。具体的には、ステップS006では、K+1カラム目のすべての画素が、白色、空白、画像形成を行わない、又は画像データに存在しない等の場合、画像形成装置11は、K+1カラム目のカラムが余白であると判断する(ステップS006でYES)。

0048

画像形成装置11がK+1カラム目のカラムが余白であると判断する場合、画像形成装置11は、ステップS007に進む。一方、画像形成装置11がK+1カラム目のカラムが余白でないと判断する場合(ステップS006でNO)、画像形成装置11は、ステップS008に進む。なお、画像形成装置11がK+1カラム目のカラムが余白でないと判断する場合(ステップS006でNO)は、図5では、K+1カラム目のカラムが、カラム方向の開始位置P1Cである。

0049

<カラム方向の余白量のカウント例(ステップS007)>
ステップS007では、画像形成装置11は、カラム方向の余白量Kに「1」を加算する。即ち、ステップS007の処理は、いわゆるカウントアップの処理である。

0050

また、ステップS007でカラム方向の余白量Kがカウントアップされると、画像形成装置11は、ステップS006に進む。次に、画像形成装置11は、次のカラムについて同様にステップS006の処理を行う。したがって、図示するように、カラム方向において対象となるカラムが余白であると、ステップS006及びS007の処理は、繰り返し行われる。そのため、ステップS006において、K+1カラム目のカラムが余白でないと判断される場合(ステップS006でNO)のカラム方向の余白量Kは、カラム方向に形成される余白MC(図5)の余白量を示す。

0051

<画像データの原点が配置される位置の変更例(ステップS008)>
ステップS008では、画像形成装置11は、画像データの原点が配置される位置を変更する。初期状態では、画像データの原点は、画像形成装置11に予め設定される余白の設定値等によって定まる位置に配置される。以下、初期状態で図6(A)で示すように原点P0が配置される場合を例に説明する。

0052

図6は、本発明の一実施形態に係る画像データの原点が配置される位置の変更の一例を説明する図である。なお、図6は、図5と同様の画像形成を行う場合を例に説明する。具体的には、図6(A)で示すように、初期状態では、原点P0は、ライン方向の原点位置P0L及びカラム方向の原点位置P0Cの位置に配置される。まず、ステップS008では、画像形成装置11は、ライン方向について、原点P0が配置される位置をライン方向の原点位置P0Lからライン方向に形成される余白MLの余白量分上端方向へ変更する。次に、画像形成装置11は、カラム方向について、原点P0が配置される位置をカラム方向の原点位置P0Cからカラム方向に形成される余白MCの余白量分左端方向へ変更する。

0053

ステップS008の処理が行われると、図6(B)で示すように、原点P0は、配置される位置が変更される。即ち、図6(B)では、変更後の原点P0は、ライン方向について、変更後のライン方向の原点位置P2Lである。同様に、図6(B)では、変更後の原点P0は、カラム方向について、変更後のカラム方向の原点位置P2Cである。

0054

原点P0が配置される位置が変更されるため、変更後の原点P0を基準に、画像形成領域IA1内の第1画像IMG1及び第2画像IMG2が画像形成される位置が図6(A)の位置から図6(B)で示すように変更される。

0055

<余白の形成と画像の画像形成例(ステップS009)>
ステップS009では、画像形成装置11は、変更後の原点P0から画像データに基づいて余白の形成と画像の画像形成とを行う。

0056

具体的には、ステップS009では、画像形成装置11は、図6(B)で示す変更後の原点P0からライン方向に形成される余白ML及びカラム方向に形成される余白MCを形成する。さらに、画像形成装置11は、図6(B)で示す位置に第1画像IMG1及び第2画像IMG2を画像形成する。

0057

<次の頁があるか否かの判断例(ステップS010)>
ステップS010では、画像形成装置11は、次の頁があるか否か判断する。画像形成装置11が次の頁があると判断する場合(ステップS010でYES)、画像形成装置11は、ステップS002に進む。一方、画像形成装置11が次の頁がないと判断する場合(ステップS010でNO)、画像形成装置11は、全体処理を終了する。

0058

<画像形成装置の機能構成例
図7は、本発明の一実施形態に係る画像形成装置の機能構成の一例を説明する機能ブロック図である。

0059

画像形成装置11は、データ受信部11F1と、操作部11F2と、記憶部11F3と、画像形成部11F4と、制御部11F5を含む。

0060

データ受信部11F1は、情報処理装置10等から入力データD1を受け取る。なお、データ受信部11F1は、例えばネットワークI/F11H4(図3)等によって実現される。また、入力データD1は、サーバ等の情報処理装置10以外の情報処理装置から受け取ってもよい。

0061

操作部11F2は、各種設定をユーザU1等に操作させる。なお、操作部11F2は、例えば入力装置11H6(図3)及び出力装置11H7(図3)等によって実現される。

0062

記憶部11F3は、設定値、データ、及びプログラム等を記憶する。なお、記憶部11F3は、例えば記憶装置11H2(図3)等によって実現される。

0063

画像形成部11F4は、用紙等の記録媒体に画像を画像形成する。具体的には、画像形成部11F4には、画像形成を行うための給紙、印刷、及び排紙等を行う印刷機構部等が含まれる。また、画像形成部11F4は、画像データの原点が配置される位置を設定値等によって定まる初期位置から変更する。なお、画像形成部11F4は、例えばプリンタ装置11H5(図3)等によって実現される。

0064

制御部11F5は、例えば、データ生成部11F6と、画像処理部11F7とを有する。なお、制御部11F5は、例えばCPU11H1(図3)及びASIC11H3(図3)等によって実現される。

0065

データ生成部11F6は、入力データD1を画像展開し、画像データD2を生成する。次に、データ生成部11F6は、画像展開等によって生成される画像データD2を画像処理部11F7に出力する。なお、データ生成部11F6は、画像形成部11F4を構成する装置の仕様等に基づいて、画像形成部11F4に入力できるデータ量の画像データD2を生成する。例えば、入力データD1が画像形成部11F4に入力できないデータ量である場合、データ生成部11F6は、入力データD1が有するデータの一部を消去する等して、データ量を調整して1頁分の画像データD2を生成する。

0066

画像処理部11F7は、算出部11F8を有する。なお、画像処理部11F7は、例えばCPU11H1(図3)及びASIC11H3(図3)等によって実現される。

0067

算出部11F8は、ライン方向の余白量J(図4)及びカラム方向の余白量K(図4)をそれぞれ算出する。

0068

第1実施形態では、画像データD2が生成されると、算出部11F8は、画像データD2によって示される余白量を算出する。次に、算出部11F8は、算出した余白量と画像データD2とを画像形成部11F4に送信する。

0069

画像形成部11F4は、送信される余白量のデータ等によって、図6に示すように、原点P0を配置する位置を変更することができる。したがって、本発明の一実施形態に係る画像形成装置11では、余白量に基づいて、画像データD2の原点が配置される位置を画像形成部11F4が変更するので、ユーザが所望する位置から画像形成装置が記録媒体に画像を画像形成できる。また、画像処理部11F7は、画像データD2から余白の画素データを削除する処理等を減らすことができる。さらに、画像形成部11F4に送信される画像データは、データ生成部11F6が生成する画像データのデータ量と同じデータ量であるのが望ましい。

0070

図8は、本発明の一実施形態に係る画像データの一例を説明する図である。以下、図5で第2画像IMG2が画像形成される場合を例に説明する。また、図8では、第2画像IMG2が用紙2に画像形成されるラインを示す画像データのうち、画像データの一部である画素データD3を例に説明する。なお、図示するように、画素データD3は、文字等の画像形成を行う画素を「1」とし、空白とする画素を「0」とするデータの一例である。

0071

画像形成部11F4(図7)に送信される画像データD2は、所定のデータ量となるように、画素データD3に分解され、画素データD3ごとに画像形成部11F4に送信される。その際、所定のデータ量は、受信側となる画像形成部11F4を構成する装置の仕様等によって定まる。そのため、所定のデータ量より送信される画素データD3のデータ量が大きい場合又は小さい場合、受信側は、送信される画素データD3を受信することができない場合がある。つまり、例えば所定のデータ量が8バイトである場合、受信側は、7バイト以下の画素データD3及び9バイト以上の画素データD3を受信できない場合がある。

0072

ゆえに、データ生成部11F6は、画像データD2が画素データD3に分解された場合に、画像形成部11F4が受信できるデータ量になるように、画像データD2を生成する。これに対して、データ生成部11F6が生成する画像データD2から、例えば「0」のデータが削除される場合等がある。このような場合、画像形成装置11は、所定のデータ量となるように、送信する画素データを加工する場合がある。例えば、所定のデータ量が8バイトである場合、7バイトの画素データD3に対して、画像形成装置は、1バイトの空白データ等を画素データD3に追加する加工を行い、8バイトの画素データD3を生成する処理等を行う。

0073

これに対して、本発明の一実施形態に係る画像形成装置11では、画像形成部11F4には、データ生成部11F6に生成される画像データD2と同じデータ量の画像データが、画像形成部11F4に送信される。つまり、本発明の一実施形態に係る画像形成装置11では、データ生成部11F6によって生成される画像データD2が、そのまま画像形成部11F4に送信される。

0074

本発明の一実施形態に係る画像形成装置11では、いわゆる画像エンジン等である画像形成部11F4が、画像データ原点の変更を行い、変更後の原点から画像を画像形成する。

0075

したがって、画像形成装置11は、画像データD2から「0」のデータを削除する処理及び送信する画素データを所定のデータ量となるように加工する処理等を減らし、計算コストを少なくすることができる。

0076

<比較例>
図9は、比較例の画像形成システムによる全体処理の一例を説明する全体構成図である。具体的には、図9は、画像形成装置11A及び画像形成装置11Bが、入力データに基づいて、画像をそれぞれ画像形成する場合の一例である。例えば、図示するように、画像形成システム1Aは、画像形成装置11Aと情報処理装置10Aとを有する。一方、画像形成システム1Bは、画像形成装置11Bと情報処理装置10Bとを有する。さらに、画像形成システム1A及び画像形成システム1Bは、ネットワーク22を共通して使用する構成とする。

0077

画像形成システム1Aでは、図示するように、データの流れ3AAで情報処理装置10Aから画像形成装置11Aに入力データD1Aがネットワーク22を介して送信される。この場合、画像形成装置11Aは、入力データD1Aに基づいて、画像を画像形成する。

0078

一方、画像形成システム1Bでは、図示するように、データの流れ3BBで情報処理装置10Bから画像形成装置11Bに入力データD1Bがネットワーク22を介して送信される。この場合、画像形成装置11Bは、入力データD1Bに基づいて、画像を画像形成する。

0079

ここで、画像形成システム1A及び画像形成システム1Bは、ネットワーク22を共通して使用する構成であるため、情報処理装置及び画像形成装置の組み合わせが変わる場合がある。具体的には、例えば、画像形成装置11Bが故障した場合等では、情報処理装置10Bは、データの流れ3BAで示すように、画像形成装置11Bに代えて、画像形成装置11Aに入力データD1Bを送信する場合がある。この場合、画像形成装置11Aが画像形成を開始する点は、画像形成装置の設定と入力データに含まれる余白の設定との組み合わせによって決まる。

0080

例えば、画像形成装置の設定及び入力データに含まれる余白の設定が下記(表1)の場合を例に説明する。なお、以下の説明では、ライン方向について説明し、カラム方向の説明を省略する。

0081

(表1)に示す「入力データD1Aに設定される余白量D1AM」は、情報処理装置10Aが送信する入力データD1Aに設定される余白量である。同様に、(表1)に示す「入力データD1Bに設定される余白量D1BM」は、情報処理装置10Bが送信する入力データD1Bに設定される余白量である。また、(表1)に示す「画像形成装置11Aに設定される余白量11AM」は、画像形成装置11Aに設定される余白量である。同様に、(表1)に示す「画像形成装置11Bに設定される余白量11BM」は、画像形成装置11Bに設定される余白量である。例えば、画像形成を開始する点は、各入力データに設定される余白量と各画像形成装置に設定される余白量とを合計することで決まる。

0082

図10は、比較例の画像形成システムによる全体処理の一例を説明する図である。なお、図10では、図5と同様に、ライン方向ADLを図の上下方向とし、カラム方向ADCを図の左右方向とする。具体的には、図10(A)は、データの流れ3AA(図9)で用紙2Aに画像が画像形成される場合の一例を説明する図である。同様に、図10(B)は、データの流れ3BB(図9)で用紙2Bに画像が画像形成される場合の一例を説明する図である。同様に、図10(C)は、データの流れ3BA(図9)で用紙2Aに画像が画像形成される場合の一例を説明する図である。

0083

図10(A)では、画像形成を開始する点PAAは、入力データD1Aに設定される余白量D1AM及び画像形成装置11Aに設定される余白量11AMを合計して求められる。この場合、(表1)より、入力データD1Aに設定される余白量D1AMは、「2cm」であり、かつ、画像形成装置11Aに設定される余白量11AMは、「1cm」である。したがって、図10(A)では、画像形成を開始する点PAAは、「2cm+1cm」であり、用紙2Aの上端から「3cm」の位置となる。

0084

同様に、図10(B)では、画像形成を開始する点PBBは、入力データD1Bに設定される余白量D1BM及び画像形成装置11Bに設定される余白量11BMを合計して求められる。この場合、(表1)より、入力データD1Bに設定される余白量D1BMは、「1cm」であり、かつ、画像形成装置11Bに設定される余白量11BMは、「2cm」である。したがって、図10(B)では、画像形成を開始する点PBBは、「1cm+2cm」であり、用紙2Bの上端から「3cm」の位置となる。つまり、データの流れ3AA及びデータの流れ3BBでは、画像形成を開始する点は、いずれも用紙の上端から「3cm」の位置となる。

0085

これに対して、図10(C)では、画像形成を開始する点PBAは、入力データD1Bに設定される余白量D1BM及び画像形成装置11Aに設定される余白量11AMを合計することで求まる。この場合、(表1)より、入力データD1Bに設定される余白量D1BMは、「1cm」であり、かつ、画像形成装置11Aに設定される余白量11AMは、「1cm」である。したがって、図10(C)では、画像形成を開始する点PBAは、「1cm+1cm」であり、用紙2Aの上端から「2cm」の位置となる。したがって、画像形成を開始する点PBAは、画像形成を開始する点PAA及び画像形成を開始する点PBBと異なる位置となる。ゆえに、ユーザが所望する位置が上端から「3cm」の位置である場合、データの流れ3BAは、ユーザが所望する位置から画像形成が行われない例である。

0086

このように、画像形成を開始する点は、同じ入力データを用いても、画像形成装置との組み合わせによってそれぞれ異なる位置となる場合がある。画像形成装置は、入力データ及び画像形成装置にそれぞれ設定される余白量によって、画像形成を開始する点を決める。また、入力データ及び画像形成装置に設定される余白量は、ユーザU1(図7)によって、それぞれ設定される。しかし、比較例では、図10(C)のように、用いられる画像形成装置が変更されると、ユーザが所望する位置から記録媒体に画像形成が行われない場合がある。

0087

これに対して、本発明の一実施形態に係る画像形成装置11(図1)では、算出部11F8(図7)が、原点P0(図6(B))を配置する位置を変更することができる。したがって、本発明の一実施形態に係る画像形成装置11では、余白量に基づいて、画像データD2(図7)の原点が配置される位置を画像形成部11F4(図7)が変更するので、ユーザが所望する位置から画像形成装置が記録媒体に画像を画像形成できる。

0088

<第2実施形態>
第2実施形態は、図1で示す画像形成システム1によって実現される。したがって、画像形成システム1、情報処理装置10、及び画像形成装置11のそれぞれの説明は省略する。なお、第2実施形態では、第1実施形態と比較して、図4に示す全体処理が異なる。

0089

図11は、本発明の第2実施形態の一実施形態に係る画像形成装置による全体処理の一例を説明するフローチャートである。なお、図11は、第1実施形態の図4と比較して、ステップS101、ステップS102、及びステップS103が加わる点が異なる。以下、図4と異なる点を中心に説明する。

0090

<画像形成条件の入力例(ステップS101)>
ステップS101では、画像形成装置11は、画像形成条件を入力する。

0091

図12は、本発明の第2実施形態の一実施形態に係る画像形成条件の一例を説明する図である。なお、図12では、第3画像IMG3、第4画像IMG4、及び第5画像IMG5を画像形成装置11が用紙2Cに画像形成する場合の例で説明する。また、図12では、図5と同様に、ライン方向ADLを図の上下方向とし、カラム方向ADCを図の左右方向とする。

0092

画像形成条件には、各画像の位置を示す位置データが含まれる。例えば、第4画像IMG4について、位置データは、図12(A)で図示するように、第4画像IMG4のカラム方向の位置IMG4C及び第4画像IMG4のライン方向の位置IMG4Lである。

0093

ステップS101では、画像形成装置11は、記憶部11F3(図7)等によって、入力される位置データを画像形成条件として記憶する。また、ステップS101では、画像形成装置11は、画像形成条件として、画像形成条件に対応する位置条件P1を記憶する。例えば、図12(A)で示す場合、位置条件P1は、図12(B)で示す位置である。図12(B)で示すように、画像形成装置11は、位置条件P1によって示される位置に原点P0を配置する位置を変更するため、各画像が画像形成される位置は、位置条件P1に応じて変更される。

0094

<画像データの画像の位置と記憶している画像の位置とが同じであるか否かの判断例(ステップS102)>
ステップS102では、画像形成装置11は、画像データの画像の位置と記憶している画像の位置とが同じであるか否かを判断する。具体的には、ステップS102では、画像形成装置11は、例えば、図12(A)で示す画像形成条件と同じ位置に画像を画像形成させる画像データが生成されると、画像データの画像の位置と記憶している画像の位置とが同じであると判断する。

0095

画像形成装置11が画像データの画像の位置と記憶している画像の位置とが同じであると判断する場合(ステップS102でYES)、画像形成装置11は、ステップS103に進む。一方、画像形成装置11が画像データの画像の位置と記憶している画像の位置とが同じでないと判断する場合(ステップS102でNO)、画像形成装置11は、ステップS009に進む。

0096

<記憶している位置に画像データの原点が配置される位置を変更する例(ステップS103)>
ステップS103では、画像形成装置11は、画像データの原点が配置される位置をステップS101で記憶する位置データに変更する。つまり、ステップS103では、画像形成装置11は、ステップS008で決まる画像データの原点をステップS101で記憶する画像形成条件の位置条件P1によって示される位置(図12(B))に変更する。

0097

ユーザU1(図7)は、画像が画像形成される位置を画像形成条件としてステップS101で画像形成装置に記憶させる。そのため、画像形成条件に対応して各画像が画像形成される位置が画像形成装置に記憶される。そのうえで、画像データの画像の位置と記憶している画像の位置とが同じ場合、画像形成装置は、記憶する画像形成条件に基づいて、画像データの原点が配置される位置を変更する。画像形成装置が記憶する画像形成条件には、ユーザが画像を画像形成装置に画像形成させたい位置が記憶されている。したがって、画像形成装置は、画像データの原点が配置される位置を変更することによって、ユーザが所望する位置から記録媒体に画像を画像形成することができる。

0098

<第3実施形態>
第3実施形態は、第1実施形態及び第2実施形態と比較して、画像形成システムの全体構成が異なる。

0099

図13は、本発明の第3実施形態の一実施形態に係る画像形成システムの全体構成の一例を説明する全体構成図である。具体的には、第3実施形態の画像形成システム31は、情報処理装置10と、画像形成装置11と、データ処理装置13とを有する。また、画像形成システム31が有する各装置は、ネットワーク12によって相互に接続される。

0100

画像形成システム31は、第1実施形態の画像形成システム1と比較して、データ処理装置13が加わる点が異なる。以下、画像形成システム1と異なる点を中心に説明する。

0101

データ処理装置13は、例えば、情報処理装置10と同様のハードウェア構成(図2)の装置である。つまり、データ処理装置13は、例えばサーバ、PC、又は画像形成装置11に取り付けられる装置等の情報処理装置である。以下、データ処理装置13が情報処理装置10と同様のハードウェア構成である場合を例に説明する。したがって、データ処理装置13の説明は、省略する。

0102

<画像形成システムの機能構成例>
図14は、本発明の第3実施形態の一実施形態に係る画像形成システムの機能構成の一例を説明する機能ブロック図である。なお、図14では、図7と同様の構成については、同一の符号を付し、説明を省略する。

0103

画像形成システム31では、データ処理装置13は、データ受信部11F1と、記憶部11F3と、制御部11F5と、データ送信部13F1とを有する。さらに、画像形成装置11は、操作部11F2と、画像形成部11F4と、データ受信部11F10とを有する。なお、データ処理装置13は、図2に示すハードウェア構成であるため、CPU10H1、記憶装置10H2、及びネットワークI/F10H3を有する。そのため、画像形成装置11と同様に、データ受信部11F1、記憶部11F3、及び制御部11F5の機能を有することができる。

0104

画像処理部11F7は、第1実施形態と同様に、算出部11F8によって、ライン方向の余白量J(図4)及びカラム方向の余白量K(図4)をそれぞれ算出する。次に、第3実施形態の算出部11F8は、算出した余白量に基づいて、画像データの原点を画像形成装置11に変更させるコマンドデータD4等を生成する。なお、画像処理部11F7は、例えばCPU10H1(図2)等によって実現される。

0105

データ送信部13F1は、算出部11F8が生成するコマンドデータD4等を画像形成装置11に送信する。なお、データ送信部13F1は、例えばネットワークI/F10H3(図2)等によって実現される。

0106

データ受信部11F10は、データ処理装置13からコマンドデータD4等を受け取る。また、データ受信部11F10は、データ処理装置13から画像データを受け取る。この場合、画像データは、画像形成領域IA1(図6)を示すデータであるのが望ましい。なお、データ受信部11F10は、例えばネットワークI/F11H4(図3)等によって実現される。

0107

画像形成部11F4は、データ受信部11F10が受け取るコマンドデータD4等に基づいて、図6(B)と同様に、原点P0が配置される位置を変更する。

0108

なお、画像形成装置11は、設定されるライン方向の余白量及び設定されるカラム方向の余白量によっては、余白量に基づいて算出部11F8が算出した位置から画像形成できない場合がある。この場合、設定されない位置にも画像形成装置11が画像形成できるように、画像処理部11F7は、設定されるライン方向の余白量及び設定されるカラム方向の余白量を画像形成装置11にそれぞれ調整させるコマンドデータを生成してもよい。加えて、画像形成装置11は、設定されるライン方向の余白量及び設定されるカラム方向の余白量のそれぞれを示すデータを記憶する記憶部を有してもよい。

0109

画像形成システム31の構成では、データ処理装置13は、余白量を算出し、画像形成装置11は、コマンドデータD4等に基づいて画像データD2の原点が配置される位置を変更して画像形成を行う。即ち、データ処理装置13が余白量を算出し、コマンドデータD4を送信するので、画像形成装置11は、原点P0を配置する位置を変更することができる。なお、画像形成システム31の構成は、図示するように、いわゆる画像エンジン等である画像形成部11F4によって、原点P0を配置する位置が変更される構成であるのが望ましい。

0110

<第4実施形態>
第4実施形態は、第1実施形態と同様の画像形成システム1を用いる。したがって、画像形成システム1及び画像形成システム1が有する各装置のそれぞれの説明は、省略する。

0111

第4実施形態は、第1実施形態と比較して、第3実施形態のように、画像形成装置11以外の装置が余白量の算出を行う構成である点が異なる。また、第4実施形態は、第3実施形態と比較して、各装置が有する機能が異なる。以下、第3実施形態の画像形成システム31と異なる点を中心に説明する。

0112

図15は、本発明の第4実施形態の一実施形態に係る画像形成システムの機能構成の一例を説明する機能ブロック図である。なお、図15では、図14と同様の構成については、同一の符号を付し、説明を省略する。

0113

第4実施形態の画像形成システム1は、図14に示すデータ処理装置13が有する機能を情報処理装置10が有する機能構成である。具体的には、情報処理装置10は、アプリケーション部10F1と、記憶部11F3と、制御部11F5と、データ送信部13F1とを有する。さらに、画像形成装置11は、操作部11F2と、画像形成部11F4と、データ受信部11F10とを有する。

0114

したがって、第4実施形態では、第3実施形態のデータ処理装置13が行う処理を情報処理装置10が行う。さらに、情報処理装置10は、図2に示すハードウェア構成であるため、データ処理装置13と同様に、データ送信部13F1、記憶部11F3、及び制御部11F5の機能を有することができる。

0115

アプリケーション部10F1は、例えばアプリケーションソフトウェア(Application software)を情報処理装置10にインストールしてCPU10H1等によって実現される。アプリケーションソフトウェアは、例えばワードプロセッサ等であり、入力データD1等を生成する。

0116

データ受信部11F10は、情報処理装置10から画像データを受け取る。この場合、画像データは、画像形成領域IA1(図6)を示すデータである。即ち、データ生成部11F6が生成する画像データのデータ量及び画像形成装置11に送信される画像データのデータ量は、同じである。

0117

また、第4実施形態では、制御部11F5は、例えばプリンタドライバ及びプリントプロセッサ等によって実現される。

0118

図15に示す構成では、情報処理装置10は、第3実施形態のデータ処理装置13と同様に、算出部11F8によって、ライン方向の余白量J(図4)及びカラム方向の余白量K(図4)を算出する。次に、第3実施形態のデータ処理装置13と同様に、第4実施形態の算出部11F8は、画像データの原点が配置される位置を画像形成装置11に変更させるコマンドデータD4等を生成する。

0119

図15に示す構成では、図14に示す構成と同様に、情報処理装置10が余白量を求めて画像データの原点を配置する位置を画像形成装置11に変更させるコマンドデータD4等を生成する処理等を行う。即ち、情報処理装置10が余白量を算出し、コマンドデータD4を送信するので、画像形成装置11は、原点P0が配置される位置を変更することができる。

0120

なお、上述した各情報処理装置は、2つ以上の装置であってもよい。例えば第4実施形態の情報処理装置10及び第3実施形態のデータ処理装置13は、上述した処理の一部又は全部を分散、並列、又は冗長に処理するために、ネットワークを介して処理の一部又は全部を別の情報処理装置に行わせる構成でもよい。

0121

また、上述の説明は、各種処理の基準となる位置を頁の上端及び頁の左端とする例である。したがって、各種処理の基準となる位置は、各装置の仕様等によって、別の位置に設定されてもよい。例えば、頁の端部が図の右端である場合、開始位置の決定等の処理は、右端を基準に行われてもよい。

0122

以上、本発明の好ましい実施例について詳述したが、本発明は係る特定の実施形態に限定されるものではなく、特許請求の範囲に記載された本発明の要旨の範囲内において、種々の変形又は変更が可能である。

0123

1、1A、31画像形成システム
10、10A、10B情報処理装置
11、11A、11B画像形成装置
13データ処理装置
P0Lライン方向の原点位置
P0Cカラム方向の原点位置
P1L ライン方向の開始位置
P1C カラム方向の開始位置
ML ライン方向に形成される余白
MC カラム方向に形成される余白
J ライン方向の余白量
K カラム方向の余白量
IA1画像形成領域

先行技術

0124

特開平8−104035号公報

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • アルプスアルパイン株式会社の「 印刷装置、印刷方法及びプログラム」が 公開されました。( 2019/06/24)

    【課題・解決手段】位置情報に応じた印刷権限付与条件を満たした場合に生成される印刷権限データ273によって印刷対象(ゲームで獲得されたキャラクタ)の印刷を許可されることが、可搬型プリンタ3で印刷対象が印... 詳細

  • セイコーエプソン株式会社の「 情報処理装置、プログラムおよび印刷システム」が 公開されました。( 2019/06/24)

    【課題・解決手段】簡易な手書き操作によりオリジナルの絵記号画像データを生成することができる情報処理装置を提供する。手書き操作を検出する検出部と、検出部による手書き操作の検出結果に基づいて、手書き画像デ... 詳細

  • サトーホールディングス株式会社の「 プリンタ」が 公開されました。( 2019/06/24)

    【課題・解決手段】プリンタ(1)は、筐体(8)と、第1回動軸(RS1)を基準として、筐体(8)に対して回動可能なプリンタカバー(3)と、印字媒体に対して印字を行うサーマルヘッド(12)と、サーマルヘッ... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ