図面 (/)

技術 空気入りタイヤの製造方法

出願人 住友ゴム工業株式会社
発明者 工藤大介
出願日 2014年12月10日 (5年3ヶ月経過) 出願番号 2014-249523
公開日 2016年6月20日 (3年9ヶ月経過) 公開番号 2016-107578
状態 特許登録済
技術分野 プラスチック等の特殊発泡成形、タイヤ成形
主要キーワード 進入角度θ 折り返し幅 凸凹模様 半径方向外向 半径方向内側部分 ローカバー メインシート 空気遮蔽性
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年6月20日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (15)

課題

空気保持性能に優れるた空気入りタイヤ14の製造方法の提供。

解決手段

この製造方法は、主層58とこの主層58に積層されたタイ層60とを有するインナーライナー36を備えたタイヤ14のために、(1)主層58のためのブチル系ゴムを含む第一ゴム組成物からなるメインシート62に、タイ層60のための第二ゴム組成物からなるタイシート64を積層し、ロングシート66を形成する工程、(2)ロングシート66をその長さ方向に送り出しつつこのロングシート66を切断してショートシート76を形成する工程、及び(3)ショートシート76を巻回し、この巻回しの先端88とその後端90とを接合して、筒92を形成する工程を含む。巻回しの先端88において、メインシート62の一部は露出している。筒92の接合部分94において、後端90におけるメインシート62が露出したメインシート62に積層される。

概要

背景

空気入りタイヤは、その内部に空気が充填された状態で使用される。空気が漏れ内圧が低下すると、タイヤは本来の性能を発揮できない。内圧を保持するために、タイヤにはインナーライナーが設けられている。

インナーライナーは、カーカス内面接合されている。インナーライナーは通常、主層タイ層とで構成される。主層は、ブチルゴムを含む。主層は、内圧を保持する役割を果たす。タイ層は、天然ゴムを含む。タイ層は、主層に積層されている。タイ層は、インナーライナーをカーカスに接合する役割を果たす。このようなインナーライナーは、特開2010−167829公報及び特開2012−166712公報に開示されている。

概要

空気保持性能に優れるた空気入りタイヤ14の製造方法の提供。この製造方法は、主層58とこの主層58に積層されたタイ層60とを有するインナーライナー36を備えたタイヤ14のために、(1)主層58のためのブチル系ゴムを含む第一ゴム組成物からなるメインシート62に、タイ層60のための第二ゴム組成物からなるタイシート64を積層し、ロングシート66を形成する工程、(2)ロングシート66をその長さ方向に送り出しつつこのロングシート66を切断してショートシート76を形成する工程、及び(3)ショートシート76を巻回し、この巻回しの先端88とその後端90とを接合して、筒92を形成する工程を含む。巻回しの先端88において、メインシート62の一部は露出している。筒92の接合部分94において、後端90におけるメインシート62が露出したメインシート62に積層される。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

カーカスとこのカーカスの内側に位置するインナーライナーとを備えており、このインナーライナーが主層とこの主層に積層されたタイ層とを備えており、この主層がブチル系ゴムを含む第一ゴム組成物からなり、このタイ層がジエン系ゴムを含む第二ゴム組成物からなり、上記タイ層が上記主層と上記カーカスとの間に位置している、空気入りタイヤの製造方法であって、上記第一ゴム組成物からなるメインシートに、上記第二ゴム組成物からなるタイシートを積層し、ロングシートを形成する工程と、上記ロングシートをその長さ方向に送り出しつつこのロングシートを切断してショートシートを形成する工程と、上記ショートシートを巻回し、この巻回しの先端とその後端とを接合して、筒を形成する工程とを含んでおり、上記巻回しの先端において、上記メインシートの一部が露出しており、上記筒の接合部分において、上記後端における上記メインシートが上記露出したメインシートに積層されている、空気入りタイヤの製造方法。

請求項2

上記ロングシートを形成する工程において、上記メインシートの幅よりも小さな幅を有する上記タイシートがこのメインシートに積層されており、これにより、上記ロングシートが、その幅方向における第一縁において、上記メインシートが上記タイシートから突出するように構成されており、上記筒を形成する工程において、上記ロングシートの第一縁に対応する上記ショートシートの第一端を上記巻回しの先端としこのショートシートが巻回され、この巻回しの先端における上記メインシートに、この巻回しの後端における上記メインシートが積層されている、請求項1に記載の空気入りタイヤの製造方法。

請求項3

上記ショートシートの上記第一端において上記タイシートから突出している上記メインシートの長さが5mm以上10mm以下である、請求項2に記載の空気入りタイヤの製造方法。

請求項4

上記ショートシートの巻回しの先端において、上記メインシートを外側にしてこのショートシートを折り返してこのメインシートの一部を露出させる工程をさらに含んでおり、上記筒を形成する工程において、上記露出したメインシートに、上記巻回しの後端におけるメインシートが積層されている、請求項1に記載の空気入りタイヤの製造方法。

請求項5

上記露出したメインシートに、上記巻回しの後端におけるメインシートが積層されている長さが、7mm以上13mm以下である、請求項4に記載の空気入りタイヤの製造方法。

技術分野

0001

本発明は、空気入りタイヤの製造方法に関する。

背景技術

0002

空気入りタイヤは、その内部に空気が充填された状態で使用される。空気が漏れ内圧が低下すると、タイヤは本来の性能を発揮できない。内圧を保持するために、タイヤにはインナーライナーが設けられている。

0003

インナーライナーは、カーカス内面接合されている。インナーライナーは通常、主層タイ層とで構成される。主層は、ブチルゴムを含む。主層は、内圧を保持する役割を果たす。タイ層は、天然ゴムを含む。タイ層は、主層に積層されている。タイ層は、インナーライナーをカーカスに接合する役割を果たす。このようなインナーライナーは、特開2010−167829公報及び特開2012−166712公報に開示されている。

先行技術

0004

特開2010−167829公報
特開2012−166712公報

発明が解決しようとする課題

0005

タイヤのインナーライナーの形成では、主層にタイ層が積層されたシートが準備される。このシートを巻回しこのシートの第一端とその第二端とを接合し、筒が形成される。この筒をモールド内で加熱及び加圧することにより、インナーライナーが得られる。

0006

上記筒のためのシートは、タイ層を主層に積層したロングシート所定長さで切断することで得られる。このようにして形成されたシートでは、タイ層が主層の一面全体を覆ってしまう。

0007

図14には、シート2の第一端4とその第二端6との接合の様子が模式的に示されている。この図14において、符号Dで示されているのはインナーライナー形成のためのドラムである。この図14に示されているように、第一端4のタイ層8に第二端6の主層10を積層して、この第一端4と第二端6とは接合される。この場合、第一端4の主層10と第二端6の主層10との間には第一端4のタイ層8が介在してしまう。タイ層8の介在は、第一端4の主層10と第二端6の主層10との十分な密着阻害する。

0008

タイ層8は、主層10よりも空気を通しやすい。このため、接合部分12において主層10同士が十分に密着していなければ、この接合部分12から空気が漏れる恐れがある。このように、シート2を巻回して形成するインナーライナーでは、接合部分12の構成は空気保持性能に影響する。

0009

タイ層8には、インナーライナーをカーカスに接合するために、接着性が考慮されている。このため、主層10に積層されたタイ層8はこの主層10から剥がれにくい。このシート2において、タイ層8の一部を剥がして主層10を露出させることは容易でない。

0010

本発明の目的は、空気保持性能に優れるた空気入りタイヤの製造方法の提供にある。

課題を解決するための手段

0011

本発明は、カーカスとこのカーカスの内側に位置するインナーライナーとを備えており、このインナーライナーが主層とこの主層に積層されたタイ層とを備えており、この主層がブチル系ゴムを含む第一ゴム組成物からなり、このタイ層がジエン系ゴムを含む第二ゴム組成物からなり、上記タイ層が上記主層と上記カーカスとの間に位置している、空気入りタイヤの製造方法である。

0012

本発明の製造方法は、
(1)上記第一ゴム組成物からなるメインシートに、上記第二ゴム組成物からなるタイシートを積層し、ロングシートを形成する工程、
(2)上記ロングシートをその長さ方向に送り出しつつこのロングシートを切断してショートシートを形成する工程、
及び
(3)上記ショートシートを巻回し、この巻回しの先端とその後端とを接合して、筒を形成する工程
を含む。上記巻回しの先端において、上記メインシートの一部は露出している。上記筒の接合部分において、上記後端における上記メインシートは上記露出したメインシートに積層される。

0013

好ましくは、この製造方法では、上記ロングシートを形成する工程において、上記メインシートの幅よりも小さな幅を有する上記タイシートがこのメインシートに積層されており、これにより、上記ロングシートが、その幅方向における第一縁において、上記メインシートが上記タイシートから突出するように構成される。上記筒を形成する工程において、上記ロングシートの第一縁に対応する上記ショートシートの第一端を上記巻回しの先端としこのショートシートが巻回され、この巻回しの先端における上記メインシートに、この巻回しの後端における上記メインシートが積層される。

0014

好ましくは、この製造方法では、上記ショートシートの上記第一端において上記タイシートから突出している上記メインシートの長さは5mm以上10mm以下である。

0015

好ましくは、この製造方法は、上記ショートシートの巻回しの先端において、上記メインシートを外側にしてこのショートシートを折り返してこのメインシートの一部を露出させる工程をさらに含む。上記筒を形成する工程において、上記露出したメインシートに、上記巻回しの後端におけるメインシートが積層される。

0016

好ましくは、この製造方法では、上記露出したメインシートに、上記巻回しの後端におけるメインシートが積層されている長さは、7mm以上13mm以下である。

発明の効果

0017

本発明に係る空気入りタイヤの製造方法では、主層のためのメインシートにタイ層のためのタイシートが積層されたロングシートを形成し、このロングシートを切断することで、ショートシートが準備される。このショートシートを巻回して筒を形成する際に、この巻回しの先端において露出したメインシートに、この巻回しの後端におけるメインシートが積層される。この製造方法により得られるタイヤのインナーライナーの接合部分では、主層同士が十分に密着する。主層同士が十分に密着した接合部分からは、空気は漏れにくい。本発明の製造方法によれば、空気保持性能に優れる空気入りタイヤが得られる。

図面の簡単な説明

0018

図1は、本発明の一実施形態に係る空気入りタイヤの一部が示された断面図である。
図2は、図1のタイヤの製造の様子が示された模式図である。
図3は、図2のIII−III線に沿った断面図である。
図4は、図2とは別の製造の様子が示された模式図である。
図5は、図4とは別の製造の様子が示された模式図である。
図6は、図5とは別の製造の様子が示された模式図である。
図7は、シートの接合の様子が示された模式図である。
図8は、本発明の他の実施形態に係る空気入りタイヤの製造の様子が示された模式図である。
図9は、図8とは別の製造の様子が示された模式図である。
図10は、図9とは別の製造の様子が示された模式図である。
図11は、シートの接合の様子が示された模式図である。
図12は、本発明のさらに他の実施形態に係る空気入りタイヤの製造における、ロングシートの切断の様子が示された模式図である。
図13は、シートの接合の様子が示された模式図である。
図14は、従来のタイヤの製造の様子が示された模式図である。

0019

以下、適宜図面が参照されつつ、好ましい実施形態に基づいて本発明が詳細に説明される。

0020

図1には、空気入りタイヤ14が示されている。図1において、上下方向がタイヤ14の半径方向であり、左右方向がタイヤ14の軸方向であり、紙面との垂直方向がタイヤ14の周方向である。図1において、一点鎖線CLはタイヤ14の赤道面を表わす。このタイヤ14の形状は、トレッドパターンを除き、赤道面に対して対称である。

0021

このタイヤ14は、リム16に組み込まれている。このリム16は、正規リムである。本発明では、タイヤ14の各部材の寸法及び角度は、タイヤ14が正規リムに組み込まれ、正規内圧となるようにタイヤ14に空気が充填された状態で測定される。測定時には、タイヤ14には荷重かけられない。

0022

本明細書において正規リムとは、タイヤ14が依拠する規格において定められたリムを意味する。JATMA規格における「標準リム」、TRA規格における「Design Rim」、及びETRTO規格における「Measuring Rim」は、正規リムである。

0023

本明細書において正規内圧とは、タイヤ14が依拠する規格において定められた内圧を意味する。JATMA規格における「最高空気圧」、TRA規格における「TIRE LOAD LIMITS AT VARIOUS COLDINFLATION PRESSURES」に掲載された「最大値」、及びETRTO規格における「INFLATION PRESSURE」は、正規内圧である。乗用車用タイヤ14の場合は、内圧が180kPaの状態で、寸法及び角度が測定される。

0024

このタイヤ14は、トレッド18、一対のサイドウォール20、一対のウィング22、一対のクリンチ24、一対のビード26、カーカス28、ベルト30、バンド32、一対のチェーファー34及びインナーライナー36を備えている。このタイヤ14は、チューブレスタイプである。このタイヤ14は、乗用車に装着される。

0025

トレッド18は、半径方向外向きに凸な形状を呈している。トレッド18は、路面と接地するトレッド面38を形成する。トレッド18には、溝40が刻まれている。この溝40により、トレッドパターンが形成されている。トレッド18は、ベース層42とキャップ層44とを有している。キャップ層44は、ベース層42の半径方向外側に位置している。キャップ層44は、ベース層42に積層されている。ベース層42は、接着性に優れた架橋ゴムからなる。ベース層42の典型的な基材ゴムは、天然ゴムである。キャップ層44は、耐摩耗性耐熱性及びグリップ性に優れた架橋ゴムからなる。

0026

それぞれのサイドウォール20は、トレッド18の端から半径方向略内向きに延びている。このサイドウォール20は、耐カット性及び耐候性に優れた架橋ゴムからなる。このサイドウォール20は、カーカス28の損傷を防止する。

0027

それぞれのウィング22は、トレッド18とサイドウォール20との間に位置している。ウィング22は、トレッド18と接合している。このウィング22は、サイドウォール20と接合している。ウィング22は、接着性に優れた架橋ゴムからなる。

0028

それぞれのクリンチ24は、サイドウォール20の半径方向略内側に位置している。クリンチ24は、サイドウォール20と接合している。クリンチ24は、軸方向において、ビード26及びカーカス28よりも外側に位置している。クリンチ24は、耐摩耗性に優れた架橋ゴムからなる。クリンチ24は、リム16のフランジ46と当接する。

0029

それぞれのビード26は、クリンチ24の軸方向内側に位置している。ビード26は、コア48と、このコア48から半径方向外向きに延びるエイペックス50とを備えている。コア48はリング状であり、巻回された非伸縮性ワイヤーを含む。ワイヤーの典型的な材質は、スチールである。エイペックス50は、半径方向外向きに先細りである。エイペックス50は、高硬度な架橋ゴムからなる。

0030

カーカス28は、カーカスプライ52からなる。カーカスプライ52は、両側のビード26の間に架け渡されており、トレッド18及びサイドウォール20に沿っている。カーカスプライ52は、コア48の周りにて、軸方向内側から外側に向かって折り返されている。この折り返しにより、カーカスプライ52には、主部と折り返し部とが形成されている。このカーカス28が2枚以上のカーカスプライ52で形成されてもよい。

0031

カーカスプライ52は、並列された多数のコードとトッピングゴムとからなる。それぞれのコードが赤道面に対してなす角度の絶対値は、75°から90°である。換言すれば、このカーカス28はラジアル構造を有する。コードは、有機繊維からなる。好ましい有機繊維として、ポリエステル繊維ナイロン繊維レーヨン繊維ポリエチレンナフタレート繊維及びアラミド繊維が例示される。

0032

ベルト30は、トレッド18の半径方向内側に位置している。ベルト30は、カーカス28と積層されている。ベルト30は、カーカス28を補強する。ベルト30は、内側層54及び外側層56からなる。図1から明らかなように、軸方向において、内側層54の幅は外側層56の幅よりも若干大きい。図示されていないが、内側層54及び外側層56のそれぞれは、並列された多数のコードとトッピングゴムとからなる。それぞれのコードは、赤道面に対して傾斜している。傾斜角度の一般的な絶対値は、10°以上35°以下である。内側層54のコードの赤道面に対する傾斜方向は、外側層56のコードの赤道面に対する傾斜方向とは逆である。コードの好ましい材質は、スチールである。コードに、有機繊維が用いられてもよい。ベルト30の軸方向幅は、タイヤ14の最大幅の0.7倍以上が好ましい。ベルト30が、3以上の層を備えてもよい。

0033

バンド32は、ベルト30の半径方向外側に位置している。軸方向において、バンド32の幅はベルト30の幅と略同等である。図示されていないが、このバンド32は、コードとトッピングゴムとからなる。コードは、螺旋状に巻かれている。このバンド32は、いわゆるジョイントレス構造を有する。コードは、実質的に周方向に延びている。周方向に対するコードの角度は、5°以下、さらには2°以下である。このコードによりベルト30が拘束されるので、ベルト30のリフティングが抑制される。コードは、有機繊維からなる。好ましい有機繊維として、ナイロン繊維、ポリエステル繊維、レーヨン繊維、ポリエチレンナフタレート繊維及びアラミド繊維が例示される。

0034

ベルト30及びバンド32は、補強層を構成している。ベルト30のみから、補強層が構成されてもよい。バンド32のみから、補強層が構成されてもよい。

0035

それぞれのチェーファー34は、ビード26の近傍に位置している。タイヤ14がリム16に組み込まれると、このチェーファー34がリム16と当接する。この当接により、ビード26の近傍が保護される。この実施形態では、チェーファー34は、布とこの布に含浸したゴムとからなる。このチェーファー34が、クリンチ24と一体とされてもよい。この場合、チェーファー34の材質はクリンチ24の材質と同じとされる。

0036

インナーライナー36は、カーカス28の内側に位置している。インナーライナー36は、カーカス28の内面に接合されている。インナーライナー36は、主層58とタイ層60とを備えている。主層58は、タイヤ14の内面を構成している。主層58は、空気遮蔽性に優れた架橋ゴムからなる。主層58は、タイヤ14の内圧を保持する役割を果たす。タイ層60は、主層58に積層されている。タイ層60は、主層58とカーカス28との間に位置している。タイ層60は、接着性に優れた架橋ゴムからなる。タイ層60は、カーカス28と堅固に接合し、主層58とも堅固に接合する。タイ層60は、インナーライナー36のカーカス28からの剥離を抑制する。

0037

このタイヤ14では、インナーライナー36は、カーカス28の内側に沿って、両側のビード26の間に架け渡されている。このタイヤ14では、このインナーライナー36が、そのトレッド18の半径方向内側部分が取り除かれた構成とされてもよい。このインナーライナー36のタイ層60のみが、そのトレッド18の半径方向内側部分が取り除かれた構成とされてもよい。

0038

主層58は、第一ゴム組成物を架橋したものからなる。第一ゴム組成物は、第一基材ゴムを含む。このタイヤ14では、第一基材ゴムの主成分はブチル系ゴムである。ブチル系ゴムは、他のゴムに比して小さな空気透過係数を有する。ブチル系ゴムは、空気遮蔽性に優れる。

0039

ブチル系ゴムとしては、ブチルゴム及びハロゲン化ブチルゴムが例示される。ハロゲン化ブチルゴムとしては、クロロブチルゴム及びブロモブチルゴムが例示される。空気遮蔽性の観点から、ブチル系ゴムとしてはブチルゴムが好ましい。二種類以上のブチル系ゴムが併用されてもよい。

0040

このタイヤ14では、加工性の観点から、ブチル系ゴム以外の他のゴムを第一基材ゴムは含むことができる。この他のゴムとしては、天然ゴム、イソプレンゴム及びエチレンプロピレンジエン三元共重合体が例示される。前述したように、このタイヤ14では、第一基材ゴムの主成分はブチル系ゴムである。第一基材ゴムがブチル系ゴム以外の他のゴムを含む場合には、第一基材ゴム全量に対するこのブチル系ゴムの量の比率は、60質量%以上、特には80質量%以上が好ましい。

0041

第一ゴム組成物は、補強剤を含む。典型的な補強剤は、カーボンブラックである。FEF、GPF、HAF、ISAF、SAF等が用いられうる。主層58の強度の観点から、カーボンブラックの量は、第一基材ゴム100質量部に対して5質量部以上が好ましく、10質量部以上が特に好ましい。主層58の軟質の観点から、カーボンブラックの量は50質量部以下が好ましく、40質量部以下が特に好ましい。カーボンブラックと共に、又はカーボンブラックに代えて、シリカが用いられてもよい。この場合、乾式シリカ及び湿式シリカが用いられうる。

0042

第一ゴム組成物は、充填剤を含むことができる。この充填剤としては、炭酸カルシウム炭酸マグネシウム水酸化アルミニウム水酸化マグネシウムアルミナクレータルク及び酸化マグネシウムが例示される。第一ゴム組成物に、2以上の充填剤が併用されてもよい。第一ゴム組成物は、充填剤以外に、軟化剤粘着性付与剤硫黄などの架橋剤、加硫促進剤架橋助剤老化防止剤等の薬品も含むことができる。タイヤ14の加工性及び性能が考慮されて、最適な薬品が最適な量でこの第一ゴム組成物に配合される。このタイヤ14では、主層58が、従来のタイヤのインナーライナーにおける主層10のためのゴム組成物と同等のゴム組成物で構成されてもよい。

0043

タイ層60は、第二ゴム組成物を架橋したものからなる。第二ゴム組成物は、第二基材ゴムを含む。このタイヤ14では、第二基材ゴムの主成分は好ましくはジエン系ゴムである。ジエン系ゴムは、接着性に寄与する。

0044

ジエン系ゴムとしては、天然ゴム、イソプレンゴム、ブタジエンゴムスチレンブタジエンゴムクロロプレンゴム及びアクリロニトリルブタジエンゴムが例示される。接着性の観点から、このジエン系ゴムとしては、天然ゴムが好ましい。二種以上のジエン系ゴムが併用されてもよい。

0045

このタイヤ14では、加工性の観点から、ジエン系ゴム以外の他のゴムを第二基材ゴムは含むことができる。この他のゴムとしては、エチレンプロピレンゴムウレタンゴム及びアクリルゴムが例示される。前述したように、第二基材ゴムの主成分は好ましくはジエン系ゴムである。第二基材ゴムがジエン系ゴム以外の他のゴムを含む場合には、第二基材ゴム全量に対するこのジエン系ゴムの量の比率は、60質量%以上、特には80質量%以上が好ましい。

0046

第二ゴム組成物は、補強剤を含む。典型的な補強剤は、カーボンブラックである。FEF、GPF、HAF、ISAF、SAF等が用いられうる。タイ層60の強度の観点から、カーボンブラックの量は、基材ゴム100質量部に対して5質量部以上が好ましく、10質量部以上が特に好ましい。タイ層60の軟質の観点から、カーボンブラックの量は50質量部以下が好ましく、40質量部以下が特に好ましい。カーボンブラックと共に、又はカーボンブラックに代えて、シリカが用いられてもよい。乾式シリカ及び湿式シリカが用いられうる。

0047

第二ゴム組成物は、充填剤を含むことができる。この充填剤としては、炭酸カルシウム、炭酸マグネシウム、水酸化アルミニウム、水酸化マグネシウム、アルミナ、クレー、タルク及び酸化マグネシウムが例示される。第二ゴム組成物に、2以上の充填剤が併用されてもよい。第二ゴム組成物は、充填剤以外に、軟化剤、粘着性付与剤、硫黄などの架橋剤、加硫促進剤、架橋助剤、老化防止剤等の薬品も含むことができる。タイヤ14の加工性及び性能が考慮されて、最適な薬品が最適な量でこの第二ゴム組成物に配合される。このタイヤ14では、タイ層60が、従来のタイヤのインナーライナーにおけるタイ層8のためのゴム組成物と同等のゴム組成物で構成されてもよい。

0048

以上説明されたタイヤ14は、次のようにして製造される。複数のゴム部材アッセンブリーされて、ローカバー未加硫タイヤ14)が得られる。このローカバーを得る工程は、成形工程とも称される。

0049

この製造方法では、ローカバーは、モールドに投入される。ローカバーの外面は、モールドのキャビティ面と当接する。ローカバーの内面は、ブラダー又は中子に当接する。ローカバーは、モールド内で加圧及び加熱される。加圧及び加熱により、ローカバーのゴム組成物が流動する。加熱によりゴムが架橋反応を起こし、図1に示されたタイヤ14が得られる。そのキャビティ面に凸凹模様を有するモールドが用いられることにより、タイヤ14に凹凸模様が形成される。ローカバーを加圧及び加熱してタイヤ14を得る工程は、加硫工程とも称される。

0050

本発明に係る製造方法では、成形工程以外の工程は従来のタイヤの製造方法と同様にして、タイヤ14が製造される。成形工程においても、インナーライナー36の形成以外については、従来の成形工程と同様にして実施される。

0051

このタイヤ14の製造方法では、成形工程において、インナーライナー36は次のようにして形成される。主層58のための第一ゴム組成物及びタイ層60のための第二ゴム組成物が準備される。カレンダーロールを用いて第一ゴム組成物をシーティングして、メインシートが形成される。カレンダーロールを用いて第二ゴム組成物をシーティングして、タイシートが形成される。メインシートにタイシートを積層して、ロングシートが形成される。このタイヤ14の製造方法は、第一ゴム組成物からなるメインシートに、第二ゴム組成物からなるタイシートを積層し、ロングシートを形成する工程を含んでいる。

0052

図2に示されているように、メインシート62にタイシート64を積層して得たロングシート66は、ドラム68に一旦巻き取られる。このタイヤ14の製造方法では、図3に示されているように、メインシート62の幅よりも小さな幅を有するタイシート64がメインシート62に積層される。これにより、ロングシート66は、その幅方向における第一縁70において、メインシート62がタイシート64から突出するように構成される。図3から明らかなように、このロングシート66の第二縁72においては、メインシート62はタイシート64から突出していない。この製造方法では、タイシート64の幅、メインシート62に対するタイシート64の位置等の調節により、ロングシート66が、その幅方向における第一縁70及び第二縁72のそれぞれにおいて、メインシート62がタイシート64から突出するように構成されてもよい。

0053

この製造方法では、ロングシート66は、巻き取られたドラム68からその長さ方向に送り出される。図4に示されるように、このロングシート66は、切断手段としてのカッター74を用いて、所定の長さで切断される。これにより、ショートシート76が形成される。この製造方法は、ロングシート66をその長さ方向に送り出しつつこのロングシート66を切断してショートシート76を形成する工程をさらに含んでいる。このショートシート76では、ロングシート66の第一縁70に対応する端78が第一端である。したがって、このショートシート76の第一端78においては、メインシート62はタイシート64から突出している。このショートシート76では、ロングシート66の第二縁72に対応する端80が、第二端である。したがって、このショートシート76の第二端80においては、メインシート62はタイシート64から突出していない。なお、図4において、左側は製造ライン上流側であり、右側は製造ラインの下流側である。

0054

図5には、ロングシート66を切断して得たショートシート76を次工程に搬送する様子が示されている。この図5においては、左側が製造ラインの上流側であり、右側が製造ラインの下流側である。この図5に示されているように、この製造方法では、ショートシート76の搬送の向きが変えられる。具体的には、ショートシート76の形成工程で得たショートシート76は、一旦、その切断面82を先頭にして製造ラインの下流に向かって搬送される。その後、このショートシート76は、その第一端78を先頭にして製造ラインのさらに下流、つまり、次工程に搬送される。言い換えれば、切断面82を先頭にして搬送していたショートシート76は、その搬送の向きを変えて、このショートシート76の第一端78を先頭にして次工程に搬送される。この製造方法は、ショートシート76の搬送の向きを変える工程をさらに含んでいる。前述したように、ショートシート76の第一端78においては、メインシート62がタイシート64から突出している。搬送の向きを変えたショートシート76は、タイシート64から突出するメインシート62を先頭にして、次工程に搬送される。

0055

この製造方法では、図6に示されているように、ショートシート76は、フォーマー84のドラム86に供給され、このドラム86に巻回される。このドラム86において、ショートシート76は、その巻回しの先端88とその後端90とを接合して、筒状とされる。言い換えれば、この製造方法は、ショートシート76を巻回し、この巻回しの先端88とその後端90とを接合して、筒を形成する工程を含んでいる。

0056

図7には、筒92におけるショートシート76の接合部分94が示されている。この筒92の形成では、ショートシート76の第一端78が巻回しの先端88とされ、このショートシート76の第二端80がこの巻回しの後端90とされている。前述したように、ショートシート76の第一端78においてはメインシート62がタイシート64から突出している。言い換えれば、巻回しの先端88において、メインシート62の一部が露出している。したがって、この接合部分94では、巻回しの後端90におけるメインシート62がこの露出したメインシート62に積層されている。この筒92の形成工程では、ショートシート76の第一端78を巻回しの先端88としこのショートシート76が巻回され、この巻回しの先端88におけるメインシート62に、この巻回しの後端90におけるメインシート62が積層されている。接合部分94においてメインシート62同士が十分に密着して繋げられているので、この筒92より得られるインナーライナー36では、主層58は周方向に途切れることなく連続している。

0057

このようにこのタイヤ14の製造方法では、主層58のためのメインシート62にタイ層60のためのタイシート64が積層されたロングシート66を形成し、このロングシート66を切断することで、ショートシート76が準備される。このショートシート76を巻回して筒92を形成する際に、この巻回しの先端88において露出したメインシート62に、この巻回しの後端90におけるメインシート62が積層される。この製造方法により得られるタイヤ14のインナーライナー36の接合部分では、主層58同士が十分に密着する。主層58同士が十分に密着した接合部分からは、空気は漏れにくい。本発明の製造方法によれば、空気保持性能に優れる空気入りタイヤ14が得られる。

0058

この製造方法では、その第一縁70においてメインシート62がタイシート64から突出するロングシート66を切断してショートシート76が得られる。このロングシート66の第一縁70に対応する第一端78を巻回しの先端88としてショートシート76を巻回し、インナーライナー36のための筒92が形成される。この製造方法では、巻回しの先端88とするこのショートシート76の第一端78において、メインシート62はタイシート64を剥がすことなく露出させられる。この露出は、容易である。しかも露出したメインシート62に巻回しの後端90におけるメインシート62が積層されるので、この製造方法では、メインシート62同士は剥がれることなく十分に密着する。この製造方法では、生産性を損なうことなく、主層58同士が十分に密着した接合部分を有するインナーライナー36が得られる。

0059

図7において、両矢印L1はショートシート76の第一端78においてタイシート64から突出しているメインシート62の長さを表している。

0060

この製造方法では、長さL1は5mm以上10mm以下が好ましい。この長さL1が5mm以上に設定されることにより、メインシート62同士が十分に接合し、空気の漏れが効果的に防止される。一旦接合したメインシート62がその後の工程において剥がれることも、効果的に防止される。この製造方法では、生産性を損なうことなく、空気保持性能に優れる空気入りタイヤ14が得られる。この長さL1が10mm以下に設定されることにより、接合部分94による質量への影響が抑えられる。この製造方法で得られる空気入りタイヤ14では、良好な転がり抵抗が維持される。

0061

前述したように、この製造方法では、タイシート64の幅、メインシート62に対するタイシート64の位置等の調節により、ロングシート66が、その幅方向における第一縁70及び第二縁72のそれぞれにおいて、メインシート62がタイシート64から突出するように構成されてもよい。この場合、第一端78だけでなく第二端80においても、メインシート62がタイシート64から突出したショートシート76が得られる。この場合においても、生産性を損なうことなく、空気保持性能に優れる空気入りタイヤ14が得られるとの観点から、このショートシート76の第二端80においてタイシート64から突出しているメインシート62の長さL2は5mm以上が好ましい。接合部分94による質量への影響が抑えられるとともに、良好な転がり抵抗が維持された空気入りタイヤ14が得られるとの観点から、この長さL2は10mm以下が好ましい。

0062

図7において、両矢印tmはメインシート62の厚さを表している。両矢印tiは、タイシート64の厚さである。両矢印tsは、ショートシート76の厚さである。本明細書においては、この厚さtsは、厚さtmと厚さtiとの和で表される。

0063

この製造方法では、メインシート62の厚さtmは0.6mm以上1.2mm以下が好ましい。この厚さtmが0.6mm以上に設定されることにより、このメインシート62により得られる主層58が内圧の保持に効果的に寄与する。この厚さtmが1.2mm以下に設定されることにより、主層58による質量への影響が抑えられる。

0064

この製造方法では、タイシート64の厚さtiは0.5mm以上1.2mm以下が好ましい。この厚さtiが0.5mm以上に設定されることにより、このタイシート64により得られるタイ層60がインナーライナー36とカーカス28との接合に効果的に寄与する。この厚さtiが1.2mm以下に設定されることにより、タイ層60による質量への影響が抑えられる。

0065

この製造方法では、巻回しの先端88において露出したメインシート62に、巻回しの後端90におけるメインシート62が積層されている長さは、5mm以上10mm以下が好ましい。この長さが5mm以上に設定されることにより、メインシート62同士が十分に接合し、空気の漏れが効果的に防止される。一旦接合したメインシート62がその後の工程において剥がれることも、効果的に防止される。この製造方法では、生産性を損なうことなく、空気保持性能に優れる空気入りタイヤ14が得られる。この長さが10mm以下に設定されることにより、接合部分94による質量への影響が抑えられる。

0066

図8−11には、本発明の他の実施形態に係るタイヤの製造の様子が示されている。図示されていないが、この製造方法により得られるタイヤは、図1に示されたタイヤ14と同等の構成を有している。この図8−11に示されているのは、インナーライナーの形成の様子である。

0067

この製造方法では、成形工程において、インナーライナーは次のようにして形成される。主層のための第一ゴム組成物及びタイ層のための第二ゴム組成物が準備される。カレンダーロールを用いて第一ゴム組成物をシーティングして、メインシートが形成される。カレンダーロールを用いて第二ゴム組成物をシーティングして、タイシートが形成される。メインシートにタイシートを積層して、ロングシートが形成される。この製造方法では、メインシートはタイシートの幅と同等の幅を有している。したがって、このロングシートの第一縁及び第二縁のそれぞれにおいて、メインシートはタイシートから突出していない。このロングシートでは、メインシートの一面全体がタイシートで覆われている。

0068

この製造方法では、図8に示されるように、ロングシート96は、カッター98を用いて、所定の長さで切断される。これにより、ショートシート100が形成される。前述したように、ロングシート96では、メインシートの一面全体がタイシートで覆われている。したがって、このロングシート96から得られるショートシート100においても、メインシートの一面全体がタイシートで覆われている。

0069

図8において、左側は製造ラインの上流側であり、右側は製造ラインの下流側である。この製造方法では、ショートシート100は、切断面102を先頭にして、次工程に搬送される。なお、この製造方法では、ロングシート96の第一縁104又は第二縁106に対応するショートシート100の第一端108又は第二端110を先頭にして、このショートシート100が次工程に搬送されてもよい。

0070

この製造方法では、図9に示されているように、ショートシート100は、フォーマー112のドラム114に供給され、このドラム114に巻回される。このドラム114において、ショートシート100は、その巻回しの先端116とその後端118とを接合して、筒状とされる。これにより、インナーライナーのための筒が形成される。前述したように、この製造方法では、ショートシート100は、切断面102を先頭にして、次工程に搬送される。したがって、この製造方法では、搬送の先頭側に位置する切断面102の側が巻回しの先端116である。

0071

図10に示されているように、この製造方法では、ショートシート100の巻回しの先端116において、メインシート120を外側に、タイシート122を内側にしてショートシート100が折り返される。これにより、メインシート120の一部が露出させられる。つまりこの製造方法は、ショートシート100の巻回しの先端116において、メインシート120を外側にしてこのショートシート100を折り返して、このメインシート120の一部を露出する工程をさらに含んでいる。

0072

図11には、筒124におけるショートシート100の接合部分126が示されている。この筒124の形成では、ショートシート100の巻回しの先端116において、メインシート120の一部が露出している。したがって、この接合部分126では、巻回しの後端118におけるメインシート120がこの露出したメインシート120に積層されている。この製造方法では、接合部分126においてメインシート120同士が十分に密着して繋げられる。したがって、この筒124より得られるインナーライナーでは、主層は周方向に途切れることなく連続している。

0073

このようにこのタイヤ14の製造方法では、主層のためのメインシート120にタイ層のためのタイシート122が積層されたロングシート96を形成し、このロングシート96を切断することで、ショートシート100が準備される。このショートシート100を巻回して筒124を形成する際に、この巻回しの先端116において露出したメインシート120に、この巻回しの後端118におけるメインシート120が積層される。この製造方法により得られるタイヤのインナーライナーの接合部分では、主層同士が十分に密着する。主層同士が十分に密着した接合部分からは、空気は漏れにくい。本発明の製造方法によれば、空気保持性能に優れる空気入りタイヤが得られる。

0074

この製造方法では、ショートシート100の巻回しの先端116において、メインシート120を外側にしてこのショートシート100を折り返してこのメインシート120の一部が露出させられる。そして、この露出したメインシート120に、巻回しの後端118におけるメインシート120が積層され、インナーライナーのための筒124が形成される。この製造方法では、巻回しの先端116において、メインシート120はタイシート122を剥がすことなく露出させられる。この露出は、容易である。しかも露出したメインシート120に巻回しの後端118におけるメインシート120が積層されるので、この製造方法では、メインシート120同士が剥がれることなく十分に密着する。この製造方法では、生産性を損なうことなく、主層同士が十分に密着した接合部分を有するインナーライナーが得られる。

0075

図11において、両矢印Lbは、露出したメインシート120に、巻回しの後端118におけるメインシート120が積層されている長さを表している。本願において、この長さLbはオーバーラップ量とも称される。両矢印Waは、メインシート120を露出させるために折り返したショートシート100の長さを表している。本願において、この長さWaは折り返し幅とも称される。

0076

この製造方法では、長さLbは7mm以上13mm以下が好ましい。この長さLbが7mm以上に設定されることにより、メインシート120同士が十分に接合し、空気の漏れが効果的に防止される。一旦接合したメインシート120がその後の工程において剥がれることも、効果的に防止される。この製造方法では、生産性を損なうことなく、空気保持性能に優れる空気入りタイヤが得られる。この長さLbが13mm以下に設定されることにより、接合部分126による質量への影響が抑えられる。

0077

この製造方法では、巻回しの後端118が、折り返されたショートシート100から突出すると、この突出部分にエアが巻き込まれる恐れがある。エアの巻き込みはタイヤの品質に影響するため、この巻回しの後端118は、折り返されたショートシート100の端、すなわち切断面102と重ねられるか、このショートシート100の端、すなわち切断面面102よりも内側に配置させられるのが好ましい。換言すれば、長さLbの幅Waに対する比は1以下が好ましい。露出したメインシート120と後端118におけるメインシート120との十分な密着を確保するとともに、接合部分126による質量への影響が抑えられるとの観点から、この比は0.5以上が好ましい。

0078

この製造方法では、折り返し幅Waは、ショートシート100の厚みとオーバーラップ量Lbとを考慮して決められるが、メインシート120同士の十分な接合が確保されうるとの観点から、7mm以上が好ましい。折り返し幅Waによる質量への影響が抑えられるとの観点から、26mm以下が好ましい。

0079

図12−13には、本発明のさらに他の実施形態に係るタイヤの製造の様子が示されている。図示されていないが、この製造方法により得られるタイヤは、図1に示されたタイヤ14と同等の構成を有している。この図12−13に示されているのは、インナーライナーの形成の様子である。

0080

この製造方法では、成形工程において、インナーライナーは次のようにして形成される。主層のための第一ゴム組成物及びタイ層のための第二ゴム組成物が準備される。カレンダーロールを用いて第一ゴム組成物をシーティングして、メインシートが形成される。カレンダーロールを用いて第二ゴム組成物をシーティングして、タイシートが形成される。メインシートにタイシートを積層して、ロングシートが形成される。この製造方法では、メインシートはタイシートの幅と同等の幅を有している。したがって、このロングシートの第一縁及び第二縁のそれぞれにおいて、メインシートはタイシートから突出していない。このロングシートでは、メインシートの一面全体がタイシートで覆われている。

0081

この製造方法では、図12に示されるように、ロングシート128は、カッター130を用いて、所定の長さで切断される。これにより、ショートシートが形成される。この図12において、矢印Aで示された方向がロングシート128の搬送方向である。紙面の左側がこの製造ラインの上流側であり、右側はこの製造ラインの下流側である。

0082

この製造方法では、カッター130は、ロングシート128に向かって動かされる。カッター130は、ロングシート128に進入し、このロングシート128を貫通する。これにより、ロングシート128は切断され、ショートシートが得られる。このショートシートは、切断面を先頭にして、次工程に搬送される。図12に示されているように、この製造方法では、カッター130は、ロングシート128の搬送方向、すなわち、ロングシート128の長さ方向に対して傾斜して、ロングシート128に進入させられる。これにより、搬送方向に対して斜めに傾斜した切断面が得られる。

0083

この製造方法では、ショートシートは、フォーマーのドラムに供給され、このドラムに巻回される。このドラムにおいて、ショートシートは、その巻回しの先端とその後端とを接合して、筒状とされる。これにより、インナーライナーのための筒が形成される。前述したように、この製造方法では、ショートシートは、切断面を先頭にして、次工程に搬送される。したがって、この製造方法では、搬送の先頭側に位置する切断面が巻回しの先端である。

0084

図13には、筒132におけるショートシート134の接合部分136が示されている。この図13では、ショートシート134をドラム140に巻回して形成された筒132の一部が示されている。

0085

この製造方法では、ショートシート134の切断面140は搬送方向に対して斜めに傾斜している。特に、この製造方法では、巻回しの先端142となるショートシート134の切断面140において、タイシート144からメインシート146が突出し、メインシート146の一部が露出するように、ロングシート128は切断される。このため、図13に示されているように、ショートシート134の巻回しの先端142において、メインシート146の一部が露出している。この接合部分136では、巻回しの後端148の側におけるメインシート146がこの露出したメインシート146に積層されている。この製造方法では、接合部分136においてメインシート146同士が十分に密着して繋げられる。したがって、この筒132より得られるインナーライナーでは、主層は周方向に途切れることなく連続している。

0086

このようにこのタイヤの製造方法では、主層のためのメインシート146にタイ層のためのタイシート144が積層されたロングシート128を形成し、このロングシート128を切断することで、ショートシート134が準備される。このショートシート134を巻回して筒132を形成する際に、この巻回しの先端142において露出したメインシート146に、この巻回しの後端148の側におけるメインシート146が積層される。この製造方法により得られるタイヤのインナーライナーの接合部分では、主層同士が十分に密着する。主層同士が十分に密着した接合部分からは、空気は漏れにくい。本発明の製造方法によれば、空気保持性能に優れる空気入りタイヤが得られる。

0087

この製造方法では、搬送方向に対して斜めにカッター130をロングシート128に進入させてこのロングシート128を切断することで、ショートシート134の巻回しの先端142において、メインシート146の一部を露出させている。そして、この露出したメインシート146に、巻回しの後端148におけるメインシート146が積層され、インナーライナーのための筒132が形成される。この製造方法では、巻回しの先端142において、メインシート146はタイシート144を剥がすことなく露出させられる。この露出は、容易である。しかも露出したメインシート146に巻回しの後端148におけるメインシート146が積層されるので、この製造方法では、メインシート146同士が剥がれることなく十分に密着する。この製造方法では、生産性を損なうことなく、主層同士が十分に密着した接合部分を有するインナーライナーが得られる。

0088

図12において、角度θはカッター130のロングシート128への進入角度である。この製造方法では、生産性を損なうことなく、主層同士が十分に密着した接合部分を有するインナーライナーが得られるとの観点から、この進入角度θは30°以上が好ましく、45°以下が好ましい。

0089

以下、実施例によって本発明の効果が明らかにされるが、この実施例の記載に基づいて本発明が限定的に解釈されるべきではない。

0090

実験1]
[実施例1]
図2−7に示された流れで、インナーライナーを形成し、図1に示されたタイヤを製作した。このタイヤのサイズは、155/65R13である。主層、すなわち、メインシートの厚さtmは、0.8mmとされた。タイ層、すなわち、タイシートの厚さtiは、0.5mmとされた。

0091

この実施例1では、切断面を先頭にして搬送していたショートシートは、その搬送の向きを変えて、このショートシートの第一端を先頭にしてフォーマーのドラムに供給された。ショートシートの搬送の向きが変えられたことが、表の回転の欄に、「Y」で表されている。

0092

この実施例1のショートシートでは、その第一端においてメインシートは露出し、その第二端においてはメインシートは露出していない。なお、第一端においてタイシートから突出しているメインシートの長さL1は10mmとされた。

0093

この実施例1における筒の接合部分では、メインシート同士が接合された。このことが、表の接合部分の構成の欄に、「M/M」で表されている。巻回しの先端において露出したメインシートに巻回しの後端におけるメインシートが積層されている長さは、10mmとされた。

0094

[実施例2−4及び比較例1]
実施例2−4及び比較例1では、長さL1及び接合部分の長さを下記の表1の通りとした他は実施例1と同様にして、図1に示された構成を有するタイヤを製作した。製作したタイヤのサイズは、155/65R13である。なお、比較例1では、巻回しの先端におけるメインシートはタイシートから突出していない。このため、この比較例1における筒の接合部分では、巻回しの先端におけるタイシートに巻回しの後端におけるメインシートが積層されている。このことが、表の接合部分の構成の欄に、「T/M」で表されている。この比較例1のインナーライナーでは、主層は接合部分において途切れている。

0095

[実施例5−8]
実施例5−8では、第一端及び第二端のそれぞれにおいて、メインシートをタイシートから突出させたショートシートを用いてインナーライナーを形成させた他は実施例1と同様にして、図1に示された構成を有するタイヤを製作した。製作したタイヤのサイズは、155/65R13である。各例の長さL1及び長さL2並びに接合部分の積層長さは、下記の表2の通りに設定された。

0096

内圧低下率
タイヤを正規リムに組み込み、このタイヤに内圧が230kPaとなるように空気を充填した。このタイヤを常温で2ヶ月間放置した。2ヶ月経過の時点で、内圧を計測し、内圧低下率を算出した。この算出結果が、下記の表1−2に示されている。この数値が小さいほど好ましい、つまり、内圧保持性能に優れる。

0097

[転がり抵抗係数
転がり抵抗試験機を用い、下記の測定条件で転がり抵抗係数(RRC)を測定した。
使用リム:15×6−J(アルミニウム合金製)
内圧:220kPa
荷重:4.6kN
速度:80km/h
この結果が、下記の表1−2に示されている。数値が小さいほど好ましい。

0098

[生産性]
タイヤ1本を製作するのに要する時間を算出した。この算出結果の逆数に基づいて、生産性を評価した。この結果が、比較例1を100とした指数として、下記の表1−2に示されている。数値が大きいほど、好ましい。

0099

0100

0101

表1−2に示されるように、実施例の製造方法では、比較例の製造方法に比べて評価が高い。この評価結果から、本発明の優位性は明らかである。

0102

[実験2]
[実施例9]
図8−11に示された流れで、インナーライナーを形成し、図1に示されたタイヤを製作した。このタイヤのサイズは、155/65R13である。主層、すなわち、メインシートの厚さtmは、0.8mmとされた。タイ層、すなわち、タイシートの厚さtiは、0.5mmとされた。

0103

この実施例9のショートシートでは、巻回しの先端において、メインシートを外側にしてショートシートが折り返された。これにより、この先端において、メインシートが露出させられた。この折り返し幅Waは8.3mmとされた。

0104

この実施例9における筒の接合部分では、メインシート同士が接合された。このことが、表の接合部分の構成の欄に、「M/M」で表されている。巻回しの先端において露出したメインシートに巻回しの後端におけるメインシートが積層されている長さ、すなわち、オーバーラップ量Lbは7.0mmとされた。したがって、折り返し幅Waに対するオーバーラップ量Lbの比(Lb/Wa)は、0.84であった。

0105

[比較例2]
比較例2では、巻回しの先端においてショートシートを折り返さずに、後端におけるメインシートをこの先端に積層させた他は実施例9と同様にして、図1に示された基本構成を有するタイヤを製作した。製作したタイヤのサイズは、155/65R13である。

0106

この比較例2における筒の接合部分では、巻回しの先端においてショートシートを折り返さずに、後端におけるメインシートを積層させている。このため、巻回しの先端におけるタイシートに巻回しの後端におけるメインシートが積層されている。このことが、表の接合部分の欄に、「T/M」で表されている。そして、この積層の長さが5.0mmとされたことが、表の長さLbの欄に記載されている。この比較例2のインナーライナーでは、主層は接合部分において途切れている。

0107

[実施例10−13]
実施例10−13では、幅Wa、長さLb及び比(Lb/Wa)を下記の表3の通りとした他は実施例9と同様にして、図1に示された基本構成を有するタイヤを製作した。製作したタイヤのサイズは、155/65R13である。

0108

[実施例14−18]
実施例14−18では、幅Waを変えて比(Lb/Wa)を下記の表4の通りとした他は実施例9と同様にして、図1に示された基本構成を有するタイヤを製作した。製作したタイヤのサイズは、155/65R13である。

0109

[内圧低下率]
実験1と同様にして内圧低下率を算出した。この算出結果が、下記の表3−4に示されている。この数値が小さいほど好ましい、つまり、内圧保持性能に優れる。

0110

[タイヤの質量]
タイヤの質量を計測した。この計測結果が、比較例2を100とした指数で、下記の表3−4に示されている。この数値が小さいほどタイヤの質量は小さい、つまり、軽量であることを表す。

0111

0112

実施例

0113

表3−4に示されるように、実施例の製造方法では、比較例の製造方法に比べて評価が高い。この評価結果から、本発明の優位性は明らかである。

0114

以上説明された方法は、種々のタイヤの製造にも適用されうる。

0115

2・・・シート
4・・・シートの第一端
6・・・シートの第二端
8、60・・・タイ層
10、58・・・主層
12、94、126、136・・・接合部分
14・・・タイヤ
16・・・リム
18・・・トレッド
20・・・サイドウォール
24・・・クリンチ
26・・・ビード
28・・・カーカス
36・・・インナーライナー
52・・・カーカスプライ
62、120、146・・・メインシート
64、122、144・・・タイシート
66、96、128・・・ロングシート
70、104・・・ロングシートの第一縁
72、106・・・ロングシートの第二縁
76、100、134・・・ショートシート
78、108・・・ショートシートの第一端
80、110・・・ショートシートの第二端
82、102、140・・・切断面
88、116、142・・・巻回しの先端
90、118、148・・・巻回しの後端
92、124、132・・・筒

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ