図面 (/)

技術 穀物乾燥機の運転管理システム

出願人 井関農機株式会社
発明者 加茂吉博
出願日 2014年12月1日 (7年1ヶ月経過) 出願番号 2014-243157
公開日 2016年6月9日 (5年6ヶ月経過) 公開番号 2016-105031
状態 特許登録済
技術分野 選択的呼出装置(遠隔制御・遠隔測定用) 電話通信サービス 固体の乾燥
主要キーワード データ管理用サーバ 運転管理システム 終了予測時刻 水分バラツキ 排出運転 点検時間 ライスセンター 運転時刻
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年6月9日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (19)

課題

本発明は、安価で穀物乾燥機運転情報を取得すると共に、穀物乾燥機から離れた位置のオペレータ乾燥運転中の運転情報を適切に把握できる運転管理システム構築することを課題とする。

解決手段

乾燥運転・排出運転を行う穀物乾燥機(1、2、3)と、表示画面(G)付の管理用携帯端末(T)を備え、 穀物乾燥機(1、2、3)の制御部と管理用携帯端末(T)を近距離用無線通信で接続し、管理用携帯端末(T)とオペレータが所持する所持用携帯端末(S)をインターネット無線通信(M)で接続し、 管理用携帯端末(T)は穀物乾燥機(1,2,3)の運転情報を設定時間毎に受信して表示し、管理用携帯端末(T)から所持用携帯端末(S)へはインターネット無線通信(M)を利用し、乾燥運転の運転情報及び乾燥運転の終了情報をメールで送信することを特徴とする穀物乾燥機の運転情報管理ステム

概要

背景

特許文献1には、不特定多数のユーザの穀物乾燥機集中管理サーバインターネットによる無線で接続し、ユーザのパソコン又は携帯端末から集中管理サーバにアクセスして乾燥運転情報を閲覧できる技術が開示されている。

概要

本発明は、安価で穀物乾燥機の運転情報を取得すると共に、穀物乾燥機から離れた位置のオペレータが乾燥運転中の運転情報を適切に把握できる運転管理システム構築することを課題とする。 乾燥運転・排出運転を行う穀物乾燥機(1、2、3)と、表示画面(G)付の管理用携帯端末(T)を備え、 穀物乾燥機(1、2、3)の制御部と管理用携帯端末(T)を近距離用無線通信で接続し、管理用携帯端末(T)とオペレータが所持する所持用携帯端末(S)をインターネット無線通信(M)で接続し、 管理用携帯端末(T)は穀物乾燥機(1,2,3)の運転情報を設定時間毎に受信して表示し、管理用携帯端末(T)から所持用携帯端末(S)へはインターネット無線通信(M)を利用し、乾燥運転の運転情報及び乾燥運転の終了情報をメールで送信することを特徴とする穀物乾燥機の運転情報管理ステム

目的

本発明は、安価で穀物乾燥機の運転情報を取得すると共に、穀物乾燥機から離れた位置のオペレータが乾燥運転中の運転情報を適切に把握できることを目的とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
2件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

乾燥運転排出運転を行う穀物乾燥機と、表示画面付の管理用携帯端末を備え、穀物乾燥機の制御部と管理用携帯端末を近距離用無線通信で接続し、管理用携帯端末とオペレータ所持する所持用携帯端末インターネット無線通信で接続し、管理用携帯端末は穀物乾燥機の運転情報設定時間毎に受信して表示し、管理用携帯端末から所持用携帯端末へはインターネットによる無線通信を利用し、乾燥運転の運転情報及び乾燥運転の終了情報をメールで送信することを特徴とする穀物乾燥機の運転情報管理ステム

請求項2

管理用携帯端末は複数の穀物乾燥機それぞれの制御部と近距離用無線通信で接続し、それぞれの穀物乾燥機からの情報を設定時間毎に順に受信することを特徴とする請求項1記載の穀物乾燥機の運転情報管理システム。

請求項3

管理用携帯端末から所持用携帯端末へのメールでの送信には、乾燥運転中の異常情報が含まれていることを特徴とする請求項1又は請求項2記載の穀物乾燥機の運転情報管理システム。

請求項4

管理用携帯端末は複数の穀物乾燥機それぞれの制御部と近距離用無線通信で接続し、それぞれの穀物乾燥機からの情報を設定時間毎に順に受信する構成とし、管理用携帯端末から所持用携帯端末へのメールでの送信には、乾燥運転中の異常情報が含まれており、いずれかの穀物乾燥機が異常を検出すると、当該穀物乾燥機の情報又は他の穀物乾燥機の運転情報に優先して当該異常情報を管理用携帯端末が受信し、管理用携帯端末から所持用携帯端末へメールで送信することを特徴とする請求項1記載の穀物乾燥機の運転情報管理システム。

請求項5

メールの送信は複数の所持用携帯端末に送信するよう設定可能とし、該設定時には送信するメールの内容を所持用携帯端末毎に設定可能とすることを特徴とする請求項1から請求項4記載の穀物乾燥機の運転管理システム

技術分野

0001

本発明は、穀物乾燥機運転情報通信端末に送信する技術に関する。

背景技術

0002

特許文献1には、不特定多数のユーザの穀物乾燥機と集中管理サーバインターネットによる無線で接続し、ユーザのパソコン又は携帯端末から集中管理サーバにアクセスして乾燥運転情報を閲覧できる技術が開示されている。

先行技術

0003

特開2002—267363号公報

発明が解決しようとする課題

0004

特許文献1によると、穀物乾燥機の運転情報を全てインターネット回線で特定のサーバに送信するため、通信料が高価なものである。
また、乾燥運転中にコンバインでの収穫作業を行っているオペレータは、異常情報を除くと自ら携帯端末を操作して乾燥運転情報を集中管理サーバから取得しなければならないので不便である。

0005

本発明は、安価で穀物乾燥機の運転情報を取得すると共に、穀物乾燥機から離れた位置のオペレータが乾燥運転中の運転情報を適切に把握できることを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

上述した課題を解決し、目的を達成するために、請求項1記載の発明は、
乾燥運転・排出運転を行う穀物乾燥機と、表示画面付の管理用携帯端末を備え、
穀物乾燥機の制御部と管理用携帯端末を近距離用無線通信で接続し、管理用携帯端末とオペレータが所持する所持用携帯端末をインターネット無線通信で接続し、
管理用携帯端末は穀物乾燥機の運転情報を設定時間毎に受信して表示し、管理用携帯端末から所持用携帯端末へはインターネットによる無線通信を利用し、乾燥運転の運転情報及び乾燥運転の終了情報をメールで送信することを特徴とする穀物乾燥機の運転情報管理ステムとする。

0007

請求項2記載の発明は、
管理用携帯端末は複数の穀物乾燥機それぞれの制御部と近距離用無線通信で接続し、それぞれの穀物乾燥機からの情報を設定時間毎に順に受信することを特徴とする請求項1記載の穀物乾燥機の運転情報管理システムとする。

0008

請求項3記載の発明は、
管理用携帯端末から所持用携帯端末へのメールでの送信には、乾燥運転中の異常情報が含まれていることを特徴とする請求項1又は請求項2記載の穀物乾燥機の運転情報管理システムとする。

0009

請求項4記載の発明は、
管理用携帯端末は複数の穀物乾燥機それぞれの制御部と近距離用無線通信で接続し、それぞれの穀物乾燥機からの情報を設定時間毎に順に受信する構成とし、
管理用携帯端末から所持用携帯端末へのメールでの送信には、乾燥運転中の異常情報が含まれており、いずれかの穀物乾燥機が異常を検出すると、当該穀物乾燥機の情報又は他の穀物乾燥機の運転情報に優先して当該異常情報を管理用携帯端末が受信し、管理用携帯端末から所持用携帯端末へメールで送信することを特徴とする請求項1記載の穀物乾燥機の運転情報管理システムとする。

0010

請求項5記載の発明は、
メールの送信は複数の所持用携帯端末に送信するよう設定可能とし、該設定時には送信するメールの内容を所持用携帯端末毎に設定可能とすることを特徴とする請求項1から請求項4記載の穀物乾燥機の運転管理システムとする。

発明の効果

0011

本発明によると、データ量の多い乾燥運転の運転情報は近距離用無線通信で管理用携帯端末に入力され、インターネットによる無線通信で行うメールは、少ないデータ量にすることができるため、安価な管理システムにすることができる。

0012

また、穀物乾燥機から離れた位置のオペレータが乾燥運転中の運転情報を適切に把握できる。
また、管理用携帯端末に穀物乾燥機の運転情報が蓄積されるので、穀物乾燥機の乾燥運転の終了後に管理者は管理用携帯端末を任意に持ち出して運転情報を確認できる。

0013

また、穀物乾燥機の異常情報は通常の乾燥運転状況に対して優先して所持用携帯端末に送信することができる。
また、送信するメールの内容は、所持用携帯端末毎に異なるよう設定できるので、所持用携帯端末の所持者に適した内容のメールを送信することができる。

図面の簡単な説明

0014

管理システムの概要
第二管理システムの概要図
乾燥運転中の運転情報を示す図
全穀物乾燥機の運転情報の詳細を示す図
1台の穀物乾燥機の累積の運転時間及びメンテナンス情報の表示を示す図
装置各部のメンテナンスの時間を示す図
設定期間内の乾燥運転履歴を示す図
乾燥運転時間の作業工程毎累積運転時間を示す図
乾燥運転日毎の作業工程毎の累積運転時間を示す図
乾燥運転時刻毎作業工程時間を示す図
乾燥運転中の水分分布の変化の推移を示す図
燃料消費量を示す図
送信メールの内容を示す図
送信メールの内容を示す図
送信メールの内容を示す図
送信メールの内容を示す図
送信メールの送付先及びその内容を設定する画面を示す図
乾燥運転終了後の乾燥運転情報の履歴を示す図

実施例

0015

本発明を実施するための形態につき、図面を参照しつつ詳細に説明する。
図1は穀物乾燥機の運転情報の管理システムを示す図である。
本実施の形態の穀物乾燥機は、サンプル穀物水分値を測定する水分計(図示せず)や乾燥運転を制御する制御部を備える公知のものである。

0016

ライスセンターや大型の建屋内複数台並列して設置する穀物乾燥機1、2、3の制御部にはそれぞれオフラインコントローラ(図示せず)を備える。一台のタブレット等の管理用携帯端末Tと複数の穀物乾燥機1、2、3をBLUTOOTH等の近距離用無線通信でそれぞれ通信可能に構成している。

0017

この無線通信は、穀物乾燥機1、2、3と管理用携帯端末Tが10m程度で通信可能であり、管理用携帯端末Tは、乾燥運転中はオペレータが所持して持ち運ぶためのものではなく、穀物乾燥機1、2、3の近傍に定置する。そして、全ての穀物乾燥機1、2、3の乾燥運転が終了した後は、オペレータが適宜所持して運転履歴の閲覧・管理等に用いることを可能としている。

0018

この実施例で記載するオペレータとは、穀物乾燥機の所有者や管理者、乾燥運転の操作者等を指す。
穀物乾燥機1、2、3と管理用携帯端末Tの通信は、穀物乾燥機1と管理用携帯端末Tが接続して穀物乾燥機1の運転情報が管理用携帯端末Tに入力されると、穀物乾燥機1の通信が切れ、次に穀物乾燥機2と管理用携帯端末Tが接続され、同様に運転情報が入力される。以後、穀物乾燥機3、穀物乾燥機1、の順に通信の接続と切断が行われる。すなわち、1台ずつの穀物乾燥機が順に管理用携帯端末Tと接続と切断がなされる。

0019

管理用携帯端末T側が、接続する穀物乾燥機1、2、3の制御部(図示せず)を順次選択する構成であり、穀物乾燥機1台ずつの運転情報のデータを収集することで、1回に受信するデータ量が少なくて済み、通信負荷が小さく、確実な通信ができる。

0020

例えば、1分毎に運転情報が管理用携帯端末Tに入力される設定にすると、10台の穀物乾燥機と管理用携帯端末Tが接続している場合には、1台の穀物乾燥機の運転情報を10分毎に管理用携帯端末Tが受信する構成である。

0021

また、1台の穀物乾燥機の運転情報のデータの受信の間隔は穀物乾燥機の接続台数が少ないほど短くなるように構成する。すなわち、例えば、5台の穀物乾燥機の場合には、1台の穀物乾燥機は5分毎に管理用携帯端末Tが受信する。この構成により、穀物乾燥機の所有台数が少ない場合には、その分詳細な運転データを取得することができる。

0022

管理用携帯端末Tに入力された複数の穀物乾燥機の運転情報の内の一部はオペレータが所持する携帯電話等の所持用携帯端末Sにインターネット無線通信Mを介してメールにて送信される。

0023

送信される運転情報は、図13に示すような乾燥状態を知るのに必要最小限の乾燥運転情報(現在の水分値や乾燥運転終了予定時刻等)が定期的に送信される。定期的とは設定時間毎(例えば1時間毎)であり、オペレータは穀物乾燥機から離れた位置、例えば圃場でコンバインによる収穫作業をしながら穀物乾燥機の運転状態が把握できる。図13においては、複数の穀物乾燥機の運転情報を同時に送信する構成にすることで、オペレータは複数の穀物乾燥機の運転情報が同時に把握することができ、乾燥運転全体におけるメール送信回数を低減し、メール送信に要する通信量を低減することが可能となる。

0024

メールにて送信する情報は他に、図15に示すように、穀物乾燥機の各種センサが異常を検出した場合に異常を報知したり、図14に示すように乾燥運転が終了した場合や、乾燥運転後の排出運転が終了する等、作業工程毎の運転が終了した場合にその旨をメールで送信することもできる。

0025

メールの送信は、複数の人それぞれの所持用携帯端末S1、S2に送信可能であり、また、所持用携帯端末S1、S2毎にその送信内容を変えることも可能である。
図16に示すように、例えば所持用携帯端末S1には乾燥運転の運転状況を送信し、所持用携帯端末S2には異常情報又は運転の終了情報を送信するように設定する。この場合、例えば所持用携帯端末S1は収穫乾燥作業全体の管理者のように乾燥運転の進捗を把握したい人に向けてデータを送信するのに適し、所持用携帯端末S2は圃場や穀物乾燥機のある建屋を移動する現場作業者に適する。このように、送信内容の設定を可能にすることで、送信データ量を少なくし、通信料金を低減することができる。

0026

なお、異常情報は他の運転の情報に優先し、メールで送信するようにしても良い。例えば、他の運転情報は、設定時間(1時間)毎のメールの送信を行い、異常情報は、管理用携帯端末に異常情報が入力されると、随時メールで送信する。これにより、前記作業者は迅速に異常情報に対応することが可能になる。

0027

また、図17に示すように、水分バラツキ状態等乾燥運転の詳細情報を送信したり、メールの送信のタイミングの時間間隔を設定することもできる。
全ての乾燥運転が終了すると、管理用携帯端末Tには、これまでの穀物乾燥機の運転情報の履歴のデータが蓄積されており、管理者は管理用携帯端末Tを適宜操作することで、その運転情報のデータを作業日報や今後の収穫・乾燥運転の計画等に活用することができる。また、インターネットの無線による通信はメールによる運転情報の一部のデータの送信で済むため安価な構成にすることができる。

0028

図1の実施の形態は、管理用携帯端末Tと所持用携帯端末Sを利用した簡易の乾燥運転の管理システムである。
次に、乾燥運転の管理システムに、データ管理用サーバDによる乾燥運転情報の蓄積と管理者のパソコンPによる管理が可能にする場合の第二管理システムについて、図2に基づいて説明する。

0029

管理用携帯端末Tに入力され、記憶された乾燥運転情報は管理用携帯端末Tからインターネット無線通信Mを介してデータ管理用サーバDに送信され、運転情報及び運転履歴が蓄積される。データ管理用サーバDには穀物乾燥機のみならず、トラクタやコンバインで同様に取得した運転情報が蓄積される構成であり、オペレータのパソコンPからデータ管理用サーバDにアクセス可能にすることで、農作業情報管理一元化できるものである。

0030

データ管理用サーバDを用いない図1に基づく管理システムとデータ管理用サーバDを用いる図2に基づく第二管理システムのいずれかを利用するかは管理用携帯端末Tでオペレータが任意に選択可能である。詳述はしないが、管理用携帯端末Tの画面のタッチスイッチでいずれか選択可能としている。これにより、所有者又は管理者は安価な管理システムを利用するか、穀物乾燥機のみならず、トラクタやコンバインの運転情報も集中的に管理可能な第二管理システムを利用するかを任意に選択可能である。

0031

以下、管理用携帯端末に入力され、表示される運転情報について説明する。
図3は乾燥運転中の運転情報を示す図である。
管理用携帯端末の画面Gに表示されている乾燥機NO.1からNO.5は5台の穀物乾燥機の運転状況が示されている。表示内容は、生産者穀物水分状況・乾燥終了予定時間等の乾燥運転における主要な運転情報が表示される。そして、それぞれの穀物乾燥機毎に設定時間(例えば1分間隔)間隔で表示内容を自動で更新する。表の下には各種スイッチ(設定用画面切換スイッチ・燃料使用量用画面切換スイッチ等)が設けられており、スイッチの内容に画面Gが切換わる構成である。

0032

図3図4のように、さらに張込運転情報や排出運転情報や乾燥運転モード等を表示する画面に設定したり切換えるようにしても良い。
図4の燃料使用量の欄は、乾燥運転中の場合には、終了予測時刻に基づき演算される予測値である。

0033

図5は、穀物乾燥機の作業工程別の累積運転時間を表示している。例えば乾燥運転時間の累積時間が828時間、張込時間の累積時間が129.4時間等、購入時から使用した運転時間の累積時間をカウント及び表示して、メンテナンスのタイミングを表示する。

0034

そして、累積時間が設定時間を経過した作業工程があるとその旨をメンテナンス情報等として表示する。メンテナンス情報等の詳細は当該項目のスイッチを操作することで図6に示すような詳細画面に切換わる。

0035

図6は装置各部の点検清掃の時間と実際の稼働時間が表示されている。点検時間100時間とは、100時間毎に点検・清掃等のメンテナンスが必要であるとの設定である。そして、稼働時間が100時間を超えていると稼働時間に着色等がなされ、点検・清掃を促す。

0036

「確認」の欄の「リセット」とは、オペレータが「リセット」のスイッチを操作すると、点検・清掃が終わったとみなされ、稼働時間がリセットされ、また、新たに稼働時間がカウントされる。

0037

この稼働時間とは、点検・清掃のタイミングを計るための測定時間であり、今まで行った全ての乾燥運転の累積時間とは異なる。
図7は設定期間内での穀物乾燥機の今までの乾燥運転履歴(実績)を表示している。本実施の形態においては、運転履歴の表示期間を設定して表示することが可能である。

0038

図8は、特定の乾燥運転を選択し、その乾燥運転の作業工程(張込・通風・乾燥・排出)別の累積の運転時間を棒グラフで表示している。図8の別画面として、図9のように複数の乾燥運転の作業工程別の累積の運転時間を表示したり、図10のように、実際の運転時刻で表示するようにしても良い。特に、図10の表示によると、どの時刻にどの作業工程であったかを見やすくすることができ、管理者が適切な乾燥運転であったかを判断しやすくすることができる。

0039

図11は、乾燥運転中の水分計(図示せず)で測定したサンプル穀物水分値の分布変遷を示す図で、設定時間(1時間毎)に測定した設定サンプル粒数(32粒)の水分分布を示している。図11では18時と19時と20時に測定した水分値が表示されているが、その前(例えば17時)に測定した水分分布グラフの画面のスイッチ操作移行することができる。前回の17時を表示すると、画面には19時と18時と17時の3つの時間の水分分布データが表示される。

0040

図12は、指定した穀物乾燥機における燃料灯油消費量を示している。本実施の形態においては、乾燥運転日毎の燃料消費量と、その年の累積の燃料消費量を示している。これにより、管理者は経費の計算をしやすくすることが出来る。また、図12では、当該穀物乾燥機で乾燥した穀物の中から穀物種類を指定し、その穀物の燃焼に要した燃料使用量を表示することができる。図12では、全穀物(籾・麦・蕎麦・豆)を選択しているが、これを特定の穀物種類を選択し(例えば豆だけ)、その燃料消費量を表示することも可能である。それにより、穀物種類別の燃費の管理を行うことができる。

0041

図18は乾燥運転終了後の乾燥運転情報の履歴を示す画面である。この画面に、玄米重量やくず米重量の欄を備えている。この欄には、後日、籾摺作業を行った後に、オペレータが手動で入力することで、収穫時期後の管理を行うことができるために備えられている。

0042

1穀物乾燥機
2 穀物乾燥機
3 穀物乾燥機
T管理用携帯端末
S所持用携帯端末
Mインターネット無線通信
G 管理用携帯端末の画面

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社リクルートの「 作動制御システム、作動制御方法等」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題】対象機器から離れた場所では該機器を操作できないように利用者の操作権限を制限できる作動制御システム及び作動制御方法を提供する。【解決手段】作動制御システムは、携帯端末と、該携帯端末と通信可能なサ... 詳細

  • モバグループベー.フェー.の「 食品を乾燥させる装置」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題・解決手段】本発明は、果物または卵等の食品を乾燥させるための装置に関する。当該装置は、食品に対して略上方から吹き付けられる乾燥ガスのための吸入部および排出部を持つ乾燥室(10)としてトンネル部と... 詳細

  • ノク9アイピーアクティエボラーグの「 無線電力装置の試験システムおよび試験方法」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題】無線電力装置の試験システムおよび試験方法。【解決手段】無線電力送電デバイス(20)および/または無線電力受電デバイス(10)の形態の無線電力装置を試験するためのシステム(100)が、開示される... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ