図面 (/)

技術 シーリング材

出願人 日昌株式会社
発明者 川上秀男若林達也夏目雅好
出願日 2014年11月7日 (6年1ヶ月経過) 出願番号 2014-226810
公開日 2016年5月23日 (4年7ヶ月経過) 公開番号 2016-089082
状態 特許登録済
技術分野 積層体(2) シーリング材組成物
主要キーワード 樹脂製フィルムシート 円形刃 加工片 産業製品 シーリング部材 ゴム素材 基材紙 剥離体
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年5月23日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

所望の長さに加工された複数の加工片シート状の状態で納品可能なシーリング材の提供。

解決手段

剥離紙11上に配置される両面粘着テープ12上に配置されるシーリング部材13で構成されるシーリング材本体10を有し、シーリング材本体10は、シート状に形成され、当該シート状に形成されたシーリング材本体10から複数の所望の加工片10aを形成するにあたって、加工片10aの厚みをH,幅をWとした際、下式(1)〜(3)を満たすように、両面粘着テープ12及びシーリング部材13を所定間隔置きに連続的に切断すると共に、剥離紙11を所定間隔置きに間欠的に切断してなるシーリング材。1.0mm≦H≦30mm・・・(1)、1.5mm≦W≦30mm・・・(2)、1/3≦H/W≦2・・・(3)

概要

背景

近年、シーリング材は、止水や気密等を目的として、自動車土木、住設、家電用等様々な所で使用されている。シーリング材には一般的にEPDMポリウレタンに代表される連続気泡構造を有する発泡体が使用され、ゴム素材の柔軟性と連続気泡での気体逃散による反発抑制で柔軟性を付与している(例えば、特許文献1参照)。

ところで、このようなシーリング材は、予め所望の長さに加工された加工片納品され、使用されるのが一般的であるが、この場合、納入先は、納品された複数の加工片を手作業仕分けしなければならず、作業効率の低下が問題となっていた。

そこで、納入先より、作業効率を向上させるため、予め所望の長さに加工された複数の加工片をシート状にした状態で納品して欲しいという要望が高まってきている。

概要

所望の長さに加工された複数の加工片をシート状の状態で納品可能なシーリング材の提供。剥離紙11上に配置される両面粘着テープ12上に配置されるシーリング部材13で構成されるシーリング材本体10を有し、シーリング材本体10は、シート状に形成され、当該シート状に形成されたシーリング材本体10から複数の所望の加工片10aを形成するにあたって、加工片10aの厚みをH,幅をWとした際、下式(1)〜(3)を満たすように、両面粘着テープ12及びシーリング部材13を所定間隔置きに連続的に切断すると共に、剥離紙11を所定間隔置きに間欠的に切断してなるシーリング材。1.0mm≦H≦30mm・・・(1)、1.5mm≦W≦30mm・・・(2)、1/3≦H/W≦2・・・(3)

目的

本発明は、上記問題に鑑み、所望の長さに加工された複数の加工片をシート状の状態で納品可能なシーリング材を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

剥離体と、前記剥離体上に配置される粘着層と、前記粘着層上に配置されるシーリング部材と、で構成されるシーリング材本体を有し、前記シーリング材本体は、シート状に形成され、当該シート状に形成されたシーリング材本体から複数の所望の加工片を形成するにあたって、前記加工片の厚みをH,幅をWとした際、次式(1)〜(3)を満たすように、1.0mm≦H≦30mm・・・(1)1.5mm≦W≦30mm・・・(2)1/3≦H/W≦2・・・(3)前記粘着層及び前記シーリング部材を所定間隔置きに連続的に切断すると共に、前記剥離体を所定間隔置きに間欠的に切断してなるシーリング材。

請求項2

剥離体と、前記剥離体上に配置される粘着層と、前記粘着層上に配置されるシーリング部材と、で構成されるシーリング材本体を有し、前記シーリング材本体は、シート状に形成され、当該シート状に形成されたシーリング材本体から複数の所望の加工片を形成するにあたって、前記加工片の厚みをH,幅をWとした際、次式(1)〜(3)を満たすように、1.0mm≦H≦30mm・・・(1)1.5mm≦W≦30mm・・・(2)1/3≦H/W≦2・・・(3)前記剥離体及び前記粘着層を所定間隔置きに連続的に切断すると共に、前記シーリング部材を所定間隔置きに間欠的に切断してなるシーリング材。

請求項3

剥離体と、前記剥離体上に配置される粘着層と、前記粘着層上に配置されるシーリング部材と、で構成されるシーリング材本体を有し、前記シーリング材本体は、シート状に形成され、当該シート状に形成されたシーリング材本体から複数の所望の加工片を形成するにあたって、前記加工片の厚みをH,幅をWとした際、次式(1)〜(3)を満たすように、1.0mm≦H≦30mm・・・(1)1.5mm≦W≦30mm・・・(2)1/3≦H/W≦2・・・(3)前記シーリング材本体を所定間隔置きに間欠的に切断してなるシーリング材。

技術分野

0001

本発明は、各種産業製品等に使用されるシーリング材に関する。

背景技術

0002

近年、シーリング材は、止水や気密等を目的として、自動車土木、住設、家電用等様々な所で使用されている。シーリング材には一般的にEPDMポリウレタンに代表される連続気泡構造を有する発泡体が使用され、ゴム素材の柔軟性と連続気泡での気体逃散による反発抑制で柔軟性を付与している(例えば、特許文献1参照)。

0003

ところで、このようなシーリング材は、予め所望の長さに加工された加工片納品され、使用されるのが一般的であるが、この場合、納入先は、納品された複数の加工片を手作業仕分けしなければならず、作業効率の低下が問題となっていた。

0004

そこで、納入先より、作業効率を向上させるため、予め所望の長さに加工された複数の加工片をシート状にした状態で納品して欲しいという要望が高まってきている。

先行技術

0005

特開2005−350571号公報

発明が解決しようとする課題

0006

しかしながら、上記のようなシーリング材の加工片は、止水や気密等の効果を発揮させようとすれば、一定程度の厚みと幅を備えていなければならない。そのため、搬送時にねじれ倒れが生じやすく、所望の長さに加工された複数の加工片をシート状の状態で納品するというのは困難であるという問題があった。

0007

そこで、本発明は、上記問題に鑑み、所望の長さに加工された複数の加工片をシート状の状態で納品可能なシーリング材を提供することを目的としている。

課題を解決するための手段

0008

上記本発明の目的は、以下の手段によって達成される。なお、括弧内は、後述する実施形態の参照符号を付したものであるが、本発明はこれに限定されるものではない。

0009

請求項1の発明に係るシーリング材によれば、
剥離体剥離紙11)と、
前記剥離体(剥離紙11)上に配置される粘着層両面粘着テープ12)と、
前記粘着層(両面粘着テープ12)上に配置されるシーリング部材(13)と、で構成されるシーリング材本体(10)を有し、
前記シーリング材本体(10)は、シート状に形成され、当該シート状に形成されたシーリング材本体(10)から複数の所望の加工片(10a)を形成するにあたって、
前記加工片(10a)の厚みをH,幅をWとした際、次式(1)〜(3)を満たすように、
1.0mm≦H≦30mm ・・・(1)
1.5mm≦W≦30mm ・・・(2)
1/3≦H/W≦2 ・・・(3)
前記粘着層(両面粘着テープ12)及び前記シーリング部材(13)を所定間隔置きに連続的に切断すると共に、前記剥離体(剥離紙11)を所定間隔置きに間欠的に切断してなることを特徴としている。

0010

一方、請求項2の発明に係るシーリング材によれば、
剥離体(剥離紙11)と、
前記剥離体(剥離紙11)上に配置される粘着層(両面粘着テープ12)と、
前記粘着層(両面粘着テープ12)上に配置されるシーリング部材(13)と、で構成されるシーリング材本体(10)を有し、
前記シーリング材本体(10)は、シート状に形成され、当該シート状に形成されたシーリング材本体(10)から複数の所望の加工片(10a)を形成するにあたって、
前記加工片(10a)の厚みをH,幅をWとした際、次式(1)〜(3)を満たすように、
1.0mm≦H≦30mm ・・・(1)
1.5mm≦W≦30mm ・・・(2)
1/3≦H/W≦2 ・・・(3)
前記剥離体(剥離紙11)及び前記粘着層(両面粘着テープ12)を所定間隔置きに連続的に切断すると共に、前記シーリング部材(13)を所定間隔置きに間欠的に切断してなることを特徴としている。

0011

他方、請求項3の発明に係るシーリング材によれば、
剥離体(剥離紙11)と、
前記剥離体(剥離紙11)上に配置される粘着層(両面粘着テープ12)と、
前記粘着層(両面粘着テープ12)上に配置されるシーリング部材(13)と、で構成されるシーリング材本体(10)を有し、
前記シーリング材本体(10)は、シート状に形成され、当該シート状に形成されたシーリング材本体(10)から複数の所望の加工片(10a)を形成するにあたって、
前記加工片(10a)の厚みをH,幅をWとした際、次式(1)〜(3)を満たすように、
1.0mm≦H≦30mm ・・・(1)
1.5mm≦W≦30mm ・・・(2)
1/3≦H/W≦2 ・・・(3)
前記シーリング材本体(10)を所定間隔置きに間欠的に切断してなることを特徴としている。

発明の効果

0012

次に、本発明の効果について、図面の参照符号を付して説明する。なお、括弧内は、後述する実施形態の参照符号を付したものであるが、本発明はこれに限定されるものではない。

0013

請求項1の発明によれば、粘着層(両面粘着テープ12)及びシーリング部材(13)を所定間隔置きに連続的に切断すると共に、剥離体(剥離紙11)を所定間隔置きに間欠的に切断しているから、所望の長さに加工された複数の加工片(10a)は、剥離体(剥離紙11)によって一部が繋がることとなり、加工片(10a)単体で生じる搬送時のねじれや倒れを解消することができ、もって、シート状の状態で納品することができる。

0014

一方、請求項2の発明によれば、剥離体(剥離紙11)及び粘着層(両面粘着テープ12)を所定間隔置きに連続的に切断すると共に、シーリング部材(13)を所定間隔置きに間欠的に切断しているから、所望の長さに加工された複数の加工片(10a)は、シーリング部材(13)によって一部が繋がることとなり、加工片(10a)単体で生じる搬送時のねじれや倒れを解消することができ、もって、シート状の状態で納品することができる。

0015

他方、請求項3の発明によれば、粘着層(両面粘着テープ12)及びシーリング部材(13)並びに剥離体(剥離紙11)を所定間隔置きに間欠的に切断しているから、所望の長さに加工された複数の加工片(10a)は、一部が繋がることとなり、加工片(10a)単体で生じる搬送時のねじれや倒れを解消することができ、もって、シート状の状態で納品することができる。

図面の簡単な説明

0016

(a)は本発明の一実施形態に係るシーリング材の平面図、(b)は(a)に示すA−A線断面図、(c)は(a)に示すB−B線断面図である。
(a)は同実施形態に係るシーリング材が巻芯ロール状に巻かれて納品された状態を示す斜視図、(b)は同実施形態に係る加工片の断面図である。
同実施形態に係るシーリング材が一対の上下回転ロール状に挟み込まれて所望の加工片に形成されるところを示した斜視図である。
(a)は同実施形態に係る下回転ロールの斜視図、(b)は(a)に示すC−C線断面図である。

実施例

0017

以下、本発明に係るシーリング材の一実施形態を図1及び図2を参照して具体的に説明する。なお、以下の説明において、上下左右の方向を示す場合は、図示正面から見た場合の上下左右をいうものとする。

0018

図1(a)に示すように、シーリング材1は、シート状に形成されたシーリング材本体10を有している。このシーリング材本体10は、図1(b)及び(c)に示すように、長尺状の剥離紙11と、この剥離紙11上に配置されている両面粘着テープ12と、この両面粘着テープ12上に配置されているシーリング部材13とで構成されている。

0019

剥離紙11は、両面粘着テープ12の粘着面を被覆保護するシートであり、両面粘着テープ12に対して容易に剥離可能な状態で接着する既知のものが用いられている。例えば、基材紙の粘着面に対面する面をシリコーン長鎖アルキルポリマーポリオレフィンアルキド樹脂フッ素化合物等の既知の剥離剤を適宜のパターン印刷して剥離面を設けたものや、樹脂フィルムラミネートして樹脂層面を剥離面としたラミネート紙、或いは、樹脂製フィルムシートなどが挙げられる。

0020

一方、両面粘着テープ12は、アクリル系等の粘着剤で形成され、図1(b)及び(c)に示すように、裏面(図示下面)に剥離紙11が接着され、表面(図示上面)にシーリング部材13が接着されている。これにより、剥離紙11上に両面粘着テープ12が配置され、両面粘着テープ12上にシーリング部材13が配置されることとなる。なお、本実施形態においては、両面粘着テープ12を例示したが、それに限らず、粘着力を有するものであれば、どのようなものであっても良い。

0021

他方、シーリング部材13は、EPDMやポリウレタンに代表される連続気泡構造を有する発泡体、又は、ゴム板、或いは、プラスチックフィルム等で形成され(図示では、発泡体)、図1(b)及び(c)に示すように、裏面(図示下面)に両面粘着テープ12の表面(図示上面)が接着されている。

0022

かくして、上記のように構成されるシーリング材本体10は、図1(a)に示すように、長手方向に沿って、複数の長尺状の加工片10a(図示では6個)が形成されるように切断されている。具体的には、図1(a)及び(b)に示すように、シーリング部材13及び両面粘着テープ12が長手方向に沿って、所定間隔置きに連続的に切断され、その切断線に沿って、図1(a)及び(c)に示すように、剥離紙11が間欠的に切断される。これにより、剥離紙11には、ミシン目11a(図1(a)及び図2(a)参照)が形成されることとなる。それゆえ、複数の長尺状の加工片10a(図示では6個)は、剥離紙11の一部が切断されず未切断の状態であることから、完全には分断されず、剥離紙11によって繋がっている。

0023

しかして、所望の長さに加工された複数の加工片10aは、剥離紙11によって一部が繋がっていることにより、図1(a)に示すようなシート状の状態を維持することができる。

0024

ところで、このように構成されるシーリング材1は、納入先に納品するにあたって、図2(a)に示すように、ロール状に巻かれて納品される。すなわち、図2(a)に示すように、円筒状の巻芯Mの外周面に沿って、シーリング材1がロール状に巻かれて納品される。これにより、納入先は、図2(a)に示すように、ロール状に巻かれて納品されたシーリング材1のシーリング材本体10から、予め所望の長さに加工された加工片10aをミシン目11aに沿って取り出すことにより、剥離紙11の未切断部分は簡単容易に切断されることから、シーリング材1のシーリング材本体10から、予め所望の長さに加工された複数の加工片10aの中から1つの加工片10aを簡単容易に取り出すことができる。

0025

ところで、上記のように構成される加工片10aは、止水や気密等の効果を発揮させるにあたって、一定程度の厚みと幅を備えていなければならない。すなわち、図2(b)に示すように、加工片10aの幅をW,厚みをHとした場合、以下の式(1)〜(3)を満たすものでなければならない。

0026

<式>
1.0mm≦H≦30mm ・・・(1)
1.5mm≦W≦30mm ・・・(2)
1/3≦H/W≦2 ・・・(3)

0027

この式(1)〜(3)を下回る値であれば、止水や気密等の効果を発揮させることができず、上回る値であれば、自動車、土木、住設、家電用等様々な所で使用されるシーリング材が大きすぎ現実的に使用に耐えうるものでなくなる。それゆえ、止水や気密等の効果を発揮させようとすれば、加工片10aは、上記式(1)〜(3)を満たすものでなければならない。

0028

しかしながら、上記式(1)〜(3)を満たす加工片10aは、搬送時にねじれや倒れが生じやすく、シート状の状態で納品するのが困難であるという問題がある。しかし、本実施形態によれば、シーリング部材13及び両面粘着テープ12を長手方向に沿って、所定間隔置きに連続的に切断する一方で、その切断線に沿って剥離紙11を間欠的に切断していることから、所望の長さに加工された複数の加工片10aは、剥離紙11によって一部が繋がることとなり、加工片10a単体で生じる搬送時のねじれや倒れを解消することができ、もって、シート状の状態で納品することができる。そして、納入先は、未切断部分である剥離紙11を切断すれば、予め所望の長さに加工された複数の加工片10aの中から1つの加工片10aを簡単容易に取り出すことができる。

0029

ここで、シーリング部材13及び両面粘着テープ12を長手方向に沿って、所定間隔置きに連続的に切断する一方で、その切断線に沿って剥離紙11を間欠的に切断する方法を図3及び図4を参照して具体的に説明する。

0030

図3に示すように、シーリング材1は、上下一対からなる上下回転ロール20,21に挟み込まれて、矢印P1方向に移動する。これにより、シーリング部材13及び両面粘着テープ12は、所定間隔置きに連続的に切断され、剥離紙11は、その切断線に沿って、間欠的に切断され、もって、図3に示すように、剥離紙11には、ミシン目11aが形成されることとなる。

0031

上回転ロール20は、図3に示すように、剥離紙11に接しながら回転し、下回転ロール21は、シーリング部材13に接しながら回転する。この下回転ロール21には、図4(a)に示すように、軸線方向に沿って、所定間隔置きに複数の円形刃21a(図示では5個)が取り付けられている。そして、これら円形刃21aには、それぞれ、図4(b)に示すように、外周縁部の一部に凹状の切欠部21bが設けられている。なお、この切欠部21bは、シーリング部材13及び両面粘着テープ12が切断できる程度に切り欠かれている。

0032

かくして、上記のように構成される上下回転ロール20,21は、シーリング材1を挟み込みながら互いに接するように回転することで、図3に示す矢印P1方向にシーリング材1を移動させると、円形刃21aによって、シーリング部材13及び両面粘着テープ12が長手方向に沿って切断され、剥離紙11は、同じく円形刃21aによってその切断線に沿って切断される一方で、一部が、円形刃21aに設けられている切欠部21bによって、未切断の状態となる。これにより、図3に示すように、剥離紙11にミシン目11aが形成されることとなる。

0033

このようにして、所望の長さに加工された加工片10aが複数(図示では、6個)形成される一方で、複数の加工片10aは、剥離紙11によって一部が繋がっているから、シート状の状態を維持することができる。

0034

しかして、本実施形態によれば、所望の長さに加工された複数の加工片10aをシート状の状態で納品することができる。

0035

なお、本実施形態においては、剥離紙11だけを間欠的に切断する例を示したが、これに限らず、シーリング部材13だけを間欠的に切断してもよく。また、シーリング部材13及び両面粘着テープ12並びに剥離紙11を間欠的に切断するようにしても良い。このようにしても、所望の長さに加工された複数の加工片10aをシート状の状態で納品することができる。

0036

しかしながら、剥離紙11だけを間欠的に切断した方が好ましい。シーリング部材13を間欠的に切断していると、納入先が加工片10aをシーリング材本体10からミシン目に沿って取り出した際、一部が未切断で繋がっているシーリグ部材13同士を切り離すこととなるから、その際、シーリング部材13の切断面に視認できる程度の突起(膨らみ)又は凹みが生じてしまう可能性があるためである。そのため、剥離紙11だけを間欠的に切断した方が好ましい。

0037

なお、シーリング部材13だけを間欠的に切断するようにするには、下回転ロール21に取り付けた円形刃21aを下回転ロール21に取り付けず、上回転ロール20に取り付けるようにすれば良い。また、シーリング部材13及び両面粘着テープ12並びに剥離紙11を間欠的に切断するようにするには、切欠部21bをシーリング部材13及び両面粘着テープ12並びに剥離紙11が切断できないように切欠くようにしておけばよい。

0038

シート材
10 シート材本体
10a加工片
11剥離紙(剥離体)
11aミシン目
12両面粘着テープ(粘着層)
13 シーリング部材

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ