図面 (/)

技術 ナースコールシステムおよびインタフェースユニット、ならびにナースコール接続方法

出願人 NECプラットフォームズ株式会社岩崎通信機株式会社東日本電信電話株式会社西日本電信電話株式会社
発明者 大見拓也丸山茂野上康芦田倫太郎宇津木健村上典男
出願日 2014年11月7日 (6年1ヶ月経過) 出願番号 2014-226788
公開日 2016年5月23日 (4年7ヶ月経過) 公開番号 2016-087204
状態 特許登録済
技術分野 インターホン 看護設備、治療台 構内交換機、ボタン電話装置
主要キーワード 専用ユニット 看護センター 回線ユニット 制御回線 介護士 各看護師 インタフェース変換 ナースコール制御機
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年5月23日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

複数の子機と複数の内線端末との通信を可能とするナースコールシステムにおいて、子機を収容するナースコール制御機携帯端末を収容する構内交換機とは、ナースコールアダプタを介して接続されており、ナースコールアダプタを必要としないシステムが求められていた。

解決手段

ナースコール制御機とは、複数のISDN基本インタフェースで接続し、構内交換機とはISDN一次群速度インタフェースで接続してインタフェース変換を行うインタフェースユニットを設ける。

概要

背景

本発明は、ナースコールシステムおよびインタフェースユニット、ならびにナースコール接続方法に関する。

病院介護施設等においては、患者看護師(介護施設等においては被介護者介護士)とが通話することができるナースコールシステムが設置されている。このようなナースコールシステムは、ナースコール装置構内交換機PBX:Private Branch Exchange またはボタン電話主装置)とが連動するシステムとなっており、各病室の患者(あるいはベッドごと)に割り当てられたナースコール子機ナースコール親機が収容し、また、各看護師は構内交換機の内線端末となる携帯端末(以下PHS端末という)を携帯しており、この携帯端末は、構内交換機に無線回線を介して収容されている構成となっている。

患者が看護師を呼び出すときは、ナースコール子機からPHS端末の内線番号をナースコールし、ナースコール親機からPHS端末を構内交換機を介して呼び出して通話を行うことができる。また、逆に、看護師から患者のナースコール子機に対して呼び出しを行って通話を行うこともできる。さらに、チーム看護の観点から、患者を担当する一つの階の看護師を呼び出すように、一つのチームに属する複数の看護師のPHS端末を呼び出すことができるシステムとなっている。

このようなナースコールシステムの例を図6に示す。このナースコールシステムは、複数のナースコール子機10(子機1、子機2、子機3、子機4・・・)を収容するナースコール制御機20と、複数のPHS端末50(PHS51−1、PHS51−2、PHS51−3、PHS51−4・・・)を無線回線を介して収容する構内交換機(PBX)40とを備え、ナースコール制御機20と構内交換機40との間に介在し、両者の間でインタフェースの変換を行うナースコールアダプタ32を備える。ここで、ナースコール制御機20は、複数のナースコール子機10を収容しているナースコール親機の通信制御に係わる一部の機能を表したもので、ナースコール親機の一部を構成する。

この構成によるナースコール制御機20からナースコールアダプタ32を介する構内交換機40への接続を説明する。図7に示すようにナースコールアダプタ32は、ナースコール制御機20を構内交換機40に収納されているアナログ回線ユニット43に接続することで、接続を実現している。このナースコールアダプタ32は、ナースコール制御機20が有する2回線通話路チャネル)をアナログ回線ユニット43が具備する8回線8通話路に中継する。すなわち、ナースコール制御機20のIDSN基本インタフェースの(2B+D)×2の4つのチャネルのデータチャネル(Bチャネル)をアナログ回線に変換して構内交換機40のアナログ回線ユニット43に接続する。
これにより、図7に示すように、ナースコール制御機20のチャネル1が、ナースコールアダプタ32で、アナログ回線に変換されて、構内交換機40のアナログ回線ユニット43のチャネル1に収容され、それが、構内交換機40のチャネル1に接続される。したがって、構内交換機40の内線電話に相当するPHS50とナースコール子機10とがチャネル1で接続することができる。

概要

複数の子機と複数の内線端末との通信を可能とするナースコールシステムにおいて、子機を収容するナースコール制御機と携帯端末を収容する構内交換機とは、ナースコールアダプタを介して接続されており、ナースコールアダプタを必要としないシステムが求められていた。 ナースコール制御機とは、複数のISDN基本インタフェースで接続し、構内交換機とはISDN一次群速度インタフェースで接続してインタフェース変換を行うインタフェースユニットを設ける。

目的

本発明は、ナースコールアダプタを用いずに、また、従来のナースコール制御機を変更することなく、構内交換機の制御回路およびソフトウェアの変更をすることなくナースコール制御機との接続を可能とするナースコールシステムおよび構内交換機を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

複数の子機を収容するナースコール制御機と、複数の内線端末を収容する構内交換機とを有し、前記子機と前記内線端末とが通話路を形成して通話を行うことが可能なナースコールシステムにおいて、前記ナースコール制御機と前記構内交換機との間に、前記ナースコール制御機との間では複数のISDN基本インタフェースで接続され、前記構内交換機との間ではISDN一次群速度インタフェースで接続されるインタフェースユニットを設ける、ことを特徴とするナースコールシステム。

請求項2

請求項1記載のナースコールシステムにおいて、前記インタフェースユニットは、前記複数のISDN基本インタフェースの全データチャネルを前記ISDN一次群速度インタフェースの一つの制御チャネルで制御する、ことを特徴とするナースコールシステム。

請求項3

請求項2記載のナースコールシステムにおいて、前記インタフェースユニットは、前記ナースコール制御機側の複数のISDN基本インタフェースのデータチャネルを、前記構内交換機側の前記ISDN一次群速度インタフェースのデータチャネルに先頭から順番割り当てる、ことを特徴とするナースコールシステム。

請求項4

請求項2または3記載のナースコールシステムにおいて、前記インタフェースユニットは、前記構内交換機に収納される、ことを特徴とするナースコールシステム。

請求項5

複数の子機を収容するナースコール制御機と、複数の内線端末を収容する構内交換機とを有し、前記子機と前記内線端末とが通話路を形成して通話を行うことが可能なナースコールシステムに用いられ、前記ナースコール制御機と前記構内交換機との間に設けられ、前記ナースコール制御機との間では複数のISDN基本インタフェースで接続され、前記構内交換機との間ではISDN一次群速度インタフェースで接続される、ことを特徴とするインタフェースユニット。

請求項6

請求項5記載のインタフェースユニットにおいて、前記複数のISDN基本インタフェースの全データチャネルを前記ISDN一次群速度インタフェースの一つの制御チャネルで制御する、ことを特徴とするインタフェースユニット。

請求項7

請求項6記載のインタフェースユニットにおいて、前記ナースコール制御機側の複数のISDN基本インタフェースのデータチャネルを、前記構内交換機側のISDN一次群速度インタフェースのデータチャネルに、先頭から順番に割り当てる、ことを特徴とするインタフェースユニット。

請求項8

請求項6または7記載のインタフェースユニットにおいて、前記構内交換機に収納されることを特徴とするインタフェースユニット。

請求項9

複数の子機を収容するナースコール制御機と、複数の内線端末を収容する構内交換機とを有し、前記子機と前記内線端末とが通話路を形成して通話を行うことが可能なナースコールシステムのナースコール接続方法において、前記ナースコール制御機と前記構内交換機との間にインタフェース変換を行うインタフェースユニットを設け、前記インタフェースユニットが、前記ナースコール制御機との間では複数のISDN基本インタフェースで接続し、前記構内交換機との間ではISDN一次群速度インタフェースで接続する、ことを特徴とするナースコール接続方法。

背景技術

0002

病院介護施設等においては、患者看護師(介護施設等においては被介護者介護士)とが通話することができるナースコールシステムが設置されている。このようなナースコールシステムは、ナースコール装置構内交換機PBX:Private Branch Exchange またはボタン電話主装置)とが連動するシステムとなっており、各病室の患者(あるいはベッドごと)に割り当てられたナースコール子機ナースコール親機が収容し、また、各看護師は構内交換機の内線端末となる携帯端末(以下PHS端末という)を携帯しており、この携帯端末は、構内交換機に無線回線を介して収容されている構成となっている。

0003

患者が看護師を呼び出すときは、ナースコール子機からPHS端末の内線番号をナースコールし、ナースコール親機からPHS端末を構内交換機を介して呼び出して通話を行うことができる。また、逆に、看護師から患者のナースコール子機に対して呼び出しを行って通話を行うこともできる。さらに、チーム看護の観点から、患者を担当する一つの階の看護師を呼び出すように、一つのチームに属する複数の看護師のPHS端末を呼び出すことができるシステムとなっている。

0004

このようなナースコールシステムの例を図6に示す。このナースコールシステムは、複数のナースコール子機10(子機1、子機2、子機3、子機4・・・)を収容するナースコール制御機20と、複数のPHS端末50(PHS51−1、PHS51−2、PHS51−3、PHS51−4・・・)を無線回線を介して収容する構内交換機(PBX)40とを備え、ナースコール制御機20と構内交換機40との間に介在し、両者の間でインタフェースの変換を行うナースコールアダプタ32を備える。ここで、ナースコール制御機20は、複数のナースコール子機10を収容しているナースコール親機の通信制御に係わる一部の機能を表したもので、ナースコール親機の一部を構成する。

0005

この構成によるナースコール制御機20からナースコールアダプタ32を介する構内交換機40への接続を説明する。図7に示すようにナースコールアダプタ32は、ナースコール制御機20を構内交換機40に収納されているアナログ回線ユニット43に接続することで、接続を実現している。このナースコールアダプタ32は、ナースコール制御機20が有する2回線通話路チャネル)をアナログ回線ユニット43が具備する8回線8通話路に中継する。すなわち、ナースコール制御機20のIDSN基本インタフェースの(2B+D)×2の4つのチャネルのデータチャネル(Bチャネル)をアナログ回線に変換して構内交換機40のアナログ回線ユニット43に接続する。
これにより、図7に示すように、ナースコール制御機20のチャネル1が、ナースコールアダプタ32で、アナログ回線に変換されて、構内交換機40のアナログ回線ユニット43のチャネル1に収容され、それが、構内交換機40のチャネル1に接続される。したがって、構内交換機40の内線電話に相当するPHS50とナースコール子機10とがチャネル1で接続することができる。

先行技術

0006

ナースコール及び集合住宅インターホンとPBXとの接続に関するガイドライン2002.09.25

発明が解決しようとする課題

0007

しかしながら、ナースコールアダプタは、ナースコールシステム専用の装置として構成されており、高価であり、導入が困難であった。このため、ナースコールアダプタに代わる装置が望まれていた。また、ナースコール制御機と構内交換機の中央制御装置(CPU)に変更を加えることなく、ソフトウェアにも大幅変更を加えることなく、ナースコール制御機と構内交換機との接続を可能とする技術が求められている。

0008

本発明は、ナースコールアダプタを用いずに、また、従来のナースコール制御機を変更することなく、構内交換機の制御回路およびソフトウェアの変更をすることなくナースコール制御機との接続を可能とするナースコールシステムおよび構内交換機を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0009

上記課題を解決するために、本発明の第一の側面は、ナースコールシステムであって、複数の子機を収容するナースコール制御機と、複数の内線端末を収容する構内交換機とを有し、子機と内線端末とが通話路を形成して通話を行うことが可能なナースコールシステムにおいて、ナースコール制御機と構内交換機との間に、ナースコール制御機との間では複数のISDN基本インタフェースで接続され、構内交換機との間ではISDN一次群速度インタフェースで接続されるインタフェースユニットを設ける、ことを特徴とする。

0010

本発明の他の側面は、インタフェースユニットであって、複数の子機を収容するナースコール制御機と、複数の内線端末を収容する構内交換機とを有し、子機と内線端末とが通話路を形成して通話を行うことが可能なナースコールシステムに用いられ、ナースコール制御機と前記構内交換機との間に設けられ、ナースコール制御機との間では複数のISDN基本インタフェースで接続され、構内交換機との間ではISDN一次群速度インタフェースで接続される、ことを特徴とする。

0011

本発明の他の側面は、ナースコール接続方法であって、複数の子機を収容するナースコール制御機と、複数の内線端末を収容する構内交換機とを有し、子機と内線端末とが通話路を形成して通話を行うことが可能なナースコールシステムのナースコール接続方法において、ナースコール制御機と構内交換機との間にインタフェース変換を行うインタフェースユニットを設け、インタフェースユニットが、ナースコール制御機との間では複数のISDN基本インタフェースで接続し、構内交換機との間ではISDN一次群速度インタフェースで接続する、ことを特徴とする。

発明の効果

0012

本発明によれば、ナースコール制御機と構内交換機とは、ISDN基本インタフェースとISDN一次群速度インタフェースにより接続されるため、ハードウェアおよびソフトウェアを変更することなく接続することが可能となる。

図面の簡単な説明

0013

本発明の一実施形態の構成を示す図。
本発明実施形態のナースコール専用ユニットを用いたナースコール接続を説明する図。
本発明実施形態のナースコール専用ユニットのチャネル割り当てを説明する図。
本発明実施形態の接続を説明する図。
本発明実施形態の全チャネルが使用した接続を説明する図。
従来のナースコールアダプタを用いるナースコールシステムを示す図。
従来のナースコールアダプタを用いる接続を説明する図。

実施例

0014

以下、図面を参照して本発明の実施の形態を説明する。

0015

図1は、本実施の形態に係るナースコールシステムの全体の構成を示す図である。本実施形態のナースコールシステムは、複数のナースコール子機10(子機1、子機2、子機3、子機4・・・)を収容するナースコール制御機20と、構内交換機(PBX)40と、構内交換機40の内線端末であり、構内交換機40に収容され、看護師(あるいは介護士等)が携帯する複数のPHS端末50(PHS51−1、PHS51−2、PHS51−3、PHS51−4・・・)とを有し、ナースコール制御機20と構内交換機40との間に、インタフェースを変換する手段としてナースコール専用ユニット31を備える。

0016

ナースコール子機10は、患者ごと(あるいはベッドごと)に設置されており、各種ボタン通話機能を有するもので、ボタン等を操作して、看護センターや看護師を呼び出すことができる。ナースコール制御機20は、上述のようにナースコール子機を収容しているナースコール親機のうち通信等の制御に係わる部分を表したもので、ナースコールの呼制御、通信制御等の制御機能を有する。

0017

構内交換機40は、内線同士、外内の交換機機能を有して構成されており、ボタン電話主装置として機能する。また、携帯端末である複数のPHS端末50を無線回線を介して収容しており、PHS端末50への通信の交換制御を行う。また、ナースコール制御機20と接続され、ナースコールによるPHS端末50の呼び出し、PHS端末50からのナースコール子機10の呼び出し等の制御を行う。

0018

ナースコール専用ユニット31は、ナースコール制御機20と構内交換機40との間に介在して、インタフェース変換を行う。すなわち、ナースコール専用ユニット31のインタフェースは、ナースコール制御機20に対しては、ISDN基本インタフェースとなり、構内交換機40に対しては、ISDN一次群速度インタフェースとなる。なお、図1では、ナースコール専用ユニット31は、構内交換機40に設けられているが、ナースコール制御機20と構内交換機40との間のインタフェースの変換機能をもてば、配置される箇所には限定はない。

0019

なお、構内交換機40は、複数のナースコール制御機20と接続することができるが、図1では、説明のため、構内交換機40は、一つのナースコール制御機20と接続された例を示した。また、ナースコール子機10が一つのナースコール制御機20(ナースコール親機)に収容される数、あるいはPHS端末50が構内交換機40に収容される数は、ナースコールシステムの仕様により決まり、その数が限定されるものではない。

0020

次に、図2図5を参照して、ナースコール専用ユニット31を用いた、インタフェースの説明およびナースコール接続方法を説明する。

0021

図2は、ナースコール制御機20とナースコール専用ユニット31とのインタフェースをISDN基本インタフェースの(2B+D)×2とし、ナースコール専用ユニット31と構内交換機40とのインタフェースを23B+DのISDN一次群速度インタフェースとした例を示すものである。

0022

図3の表は、ナースコール専用ユニット31でのチャネル割り当てを示すものであり、ナースコール制御機20側のISDN基本インタフェースでは、回路1(ISDN基本インタフェース回路)には、チャネル1、2を割り当て、このチャネルを一次群速度インタフェース23B+Dのチャネル1、2に対応させている。また、ナースコール制御機20側の回路2(ISDN基本インタフェース回路)には、チャネル1、2を割り当て、このチャネルを一次群速度インタフェース23+Dのチャネル3、4に対応させて割り当てている。

0023

ナースコール及び集合住宅インターホンとPBXとの接続に関するガイドラインが示す仕様では、ナースコール制御機20のもつチャネルは4つであるため、ナースコール専用ユニット31では、回路1と回路2にそれぞれ2チャネルを割り当てる。そのため、インタフェースは、ナースコール専用ユニット31は、ISDN基本インタフェース(2B+D)×2と同様のインタフェースとなる。しかし、ナースコール制御機20が構内交換機40と接続する際のインタフェースとして、回路1と回路2とを両方収容する場合は、回路2における制御チャネル(Dチャネル)を使用できない仕様であるため、構内交換機40側で回路2のDチャネルを共用することはできない。このため、構内交換機40側では、一つの制御チャネル(Dチャネル)で4つのデータチャネル(Bチャネル)を制御するために、ナースコール専用ユニット31が、構内交換機40側へISDN一次群速度インタフェースとして振舞っているようなインタフェースとなっている。

0024

ISDN一次群速度インタフェースの23+Dは、23チャネルのデータチャネルと1チャネルの制御チャネルで構成されているが、ナースコール専用ユニット20は、チャネルを4つしか使用しないため、構内交換機40側のISDN一次群速度インタフェース23B+Dのデータチャネル先頭4チャネルをナースコール専用ユニット31の回路1、2の4チャネルに割り当てる。そして、構内交換機40側のISDN一次群速度インタフェースの4チャネルのうち、チャネル1とチャネル2をナースコール専用ユニット31の回路1で使用するチャネル1とチャネル2とし、構内交換機40側のISDN一次群速度インタフェースのチャネル3とチャネル4をナースコール専用ユニット31の回路2で使用するチャネル1とチャネル2として制御する。この場合、制御回線は、回路1を使用する。

0025

次に、図4で、PHS端末50の一つのPBS1からナースコール子機10の子機1を呼び出したときの接続例を示して説明する。
この例は、構内交換機40に収容されているISDN回線ユニットをナースコール専用ユニット31として動作させる例である。ナースコール制御機20とは、2回線4通話路として、物理的に接続する。構内交換機40には、PHS端末50を通信可能な状態で4台(PHS1〜PHS4)収容されているものとする。ナースコール制御機20には、ナースコール子機10を4台(子機1〜子機4)収容しているものとする。そして、ナースコール子機10とPHS端末50とは、互いを呼び出すことができるものとする。

0026

ここで、PHS1から子機1を呼び出す際のチャネル選択は、構内交換機40が具備するISDN一次群速度インタフェース23+Dのチャネル1とナースコール専用ユニット31の回路1のチャネル1を紐付け、チャネルを指定する。ナースコール専用ユニット31は、回路1のチャネル1と物理的に接続されているナースコール制御機20のチャネル1を用いて、子機1を呼び出す。子機1が応答すれば、PHS1と子機1との間の通話路が形成されて通信が可能となる。

0027

PHS1からPHS4まで、同様の操作を行えば、最大4チャネルを同時に使用して、ナースコール子機10とPHS端末50とが通信を行うことが可能である。図5は、4チャネルの全部を使用して通信を行っている例を示している。

0028

このように、ナースコール専用ユニット31がナースコール制御機20に対してはISDN基本インタフェースで、構内交換機40に対してはISDN一次群速度インタフェースとして機能するため、従来からある構内交換機のISDNインタフェース機能を用いて、ナースコール子機と構内交換機の内線端末になるPHS端末との通信制御を行うことができ、ハードウェアの更新またソフトウェアの変更等の費用を低減できる。

0029

ナースコール専用ユニット31を構内交換機40のINS回線ユニットを用い、構内交換機40内で、ISDN基本インタフェースからISDN一次群速度インタフェースに変換することで、装置のハードウェアを変更することなく、また、ソフトウェアの変更を少なくできる。この場合には、構内交換機のINS回線ユニットをナースコール専用ユニットのISDN基本インタフェースとISDN一次群速度インタフェースとのインタフェース変換を行うナースコール専用ユニットとしての機能を実行させるソフトウェアとして実現することができる。また、ナースコール専用ユニット31を構内交換機40とは別に設けて、構内交換機40のISDN一次群速度インタフェースの回線ユニットに収容する構成とすることでも実現できる。

0030

また、上記実施の形態の説明では、ナースコール専用ユニット31は、2つのISDN基本インタフェース(2B+D)×2を収容する例で説明したが、ISDN一次群速度インタフェースのデータチャネル数は23あるので、ISDN基本インタフェースを11本まで収容できる。

0031

10ナースコール子機
20ナースコール制御機
31ナースコール専用ユニット
32ナースコールアダプタ
40構内交換機(PBX)
43アナログ回線ユニット
50 PHS端末

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ