図面 (/)

技術 遊技機

出願人 株式会社三共
発明者 小倉敏男石野雄也
出願日 2014年10月30日 (5年3ヶ月経過) 出願番号 2014-220968
公開日 2016年5月23日 (3年9ヶ月経過) 公開番号 2016-086871
状態 特許登録済
技術分野 弾球遊技機(パチンコ等)
主要キーワード 上昇用モータ 上向きコ字形 下向きコ字形 非透光性部材 制御コマ 非励起状態 上昇距離 駆動用ギア
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年5月23日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (16)

課題

一体的な演出を行うための移動に対する興趣を向上させることができる遊技機を提供すること。

解決手段

第1待機位置から第1移動位置へ移動可能な第1可動体340と、第1待機位置とは異なる第2待機位置から第2移動位置へ移動可能な第2可動体320と、を備え、第1可動体340が第1待機位置から第1移動位置へ移動し、第2可動体320が第2待機位置から第2移動位置へ移動することで、該第1可動体340と該第2可動体320とによる一体的な演出が可能であり、第1可動体340が第1移動位置に位置し、第2可動体320が第2移動位置に位置したときに、第1可動体の下端LP1が第2可動体320の下端部LP2よりも第2待機位置側に配置される。

概要

背景

遊技機としてのパチンコ遊技機スロットマシン等にあっては、遊技に関する情報を表示可能な演出表示装置の上方の第1位置と演出表示装置の前面側の第1移動位置との間で移動可能な第1可動体と、演出表示の下方の第2位置と演出表示装置の前面側の第2移動位置との間で移動可能な第2可動体と、を備えるもの等がある。

この種の遊技機において、第1可動体を第1移動位置へ移動させるとともに、第2可動体を第2移動位置へ移動させることで、これら第1可動体と第2可動体とを演出表示装置の前面側にて合体させる一体的な演出を行うもの等がある(例えば、特許文献1参照)。

概要

一体的な演出を行うための移動に対する興趣を向上させることができる遊技機を提供すること。第1待機位置から第1移動位置へ移動可能な第1可動体340と、第1待機位置とは異なる第2待機位置から第2移動位置へ移動可能な第2可動体320と、を備え、第1可動体340が第1待機位置から第1移動位置へ移動し、第2可動体320が第2待機位置から第2移動位置へ移動することで、該第1可動体340と該第2可動体320とによる一体的な演出が可能であり、第1可動体340が第1移動位置に位置し、第2可動体320が第2移動位置に位置したときに、第1可動体の下端LP1が第2可動体320の下端部LP2よりも第2待機位置側に配置される。

目的

本発明は、このような問題点に着目してなされたもので、一体的な演出を行うための移動に対する興趣を向上させることができる遊技機を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
3件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

遊技が可能な遊技機であって、第1位置から第1移動位置へ移動可能な第1可動体と、前記第1位置とは異なる第2位置から第2移動位置へ移動可能な第2可動体と、を備え、前記第1可動体が前記第1位置から前記第1移動位置へ移動し、前記第2可動体が前記第2位置から前記第2移動位置へ移動することで、該第1可動体と該第2可動体とによる一体的な演出が可能であり、前記第1可動体が前記第1移動位置に位置し、前記第2可動体が前記第2移動位置に位置したときに、前記第1可動体の少なくとも一部が前記第2可動体よりも前記第2位置側に配置されることを特徴とする遊技機。

技術分野

0001

本発明は、遊技が可能な遊技機に関する。

背景技術

0002

遊技機としてのパチンコ遊技機スロットマシン等にあっては、遊技に関する情報を表示可能な演出表示装置の上方の第1位置と演出表示装置の前面側の第1移動位置との間で移動可能な第1可動体と、演出表示の下方の第2位置と演出表示装置の前面側の第2移動位置との間で移動可能な第2可動体と、を備えるもの等がある。

0003

この種の遊技機において、第1可動体を第1移動位置へ移動させるとともに、第2可動体を第2移動位置へ移動させることで、これら第1可動体と第2可動体とを演出表示装置の前面側にて合体させる一体的な演出を行うもの等がある(例えば、特許文献1参照)。

先行技術

0004

特開2014−113号公報

発明が解決しようとする課題

0005

上記特許文献1にあっては、演出表示装置の上方から落下させた第1可動体と演出表示装置の下方から上昇させた第2可動体とを上下に合体させるだけであるため、一体的な演出を行うための移動に対する興趣を今一つ向上させることができないという問題があった。

0006

本発明は、このような問題点に着目してなされたもので、一体的な演出を行うための移動に対する興趣を向上させることができる遊技機を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0007

前記課題を解決するために、本発明の請求項1に記載の遊技機は、
遊技が可能な遊技機(例えば、パチンコ遊技機1)であって、
第1位置(例えば、演出表示装置5の上方である第1待機位置)から第1移動位置(例えば、演出表示装置5の正面である第1移動位置)へ移動可能な第1可動体(例えば、第1可動体340)と、
前記第1位置とは異なる第2位置(例えば、演出表示装置5の下方である第2待機位置)から第2移動位置(例えば、演出表示装置5の正面である第2移動位置)へ移動可能な第2可動体(例えば、第2可動体320)と、
を備え、
前記第1可動体が前記第1位置から前記第1移動位置へ移動し、前記第2可動体が前記第2位置から前記第2移動位置へ移動することで、該第1可動体と該第2可動体とによる一体的な演出(例えば、可動予告)が可能であり、
前記第1可動体が前記第1移動位置に位置し、前記第2可動体が前記第2移動位置に位置したときに、前記第1可動体の少なくとも一部が前記第2可動体よりも前記第2位置側に配置される(例えば、図14(B)に示すように、可動予告において第1可動体340が第1移動位置に配置されるとともに、第2可動体320が第2移動位置に配置されることで、第1可動体340の下部が第2可動体320の下端部よりも下方に配置される部分)
ことを特徴としている。
この特徴によれば、第1可動体は、第2移動位置へ移動した第2可動体を越えて該第2可動体の移動範囲内まで移動するため、一体的な演出を行うための移動に対する興趣を向上させることができる。

0008

本発明の手段1の遊技機は、請求項1に記載の遊技機であって、
前記第1可動体が前記第1移動位置に位置し、前記第2可動体が前記第2移動位置に位置したときに、前記第2可動体の少なくとも一部が前記第1可動体よりも前記第1位置側に配置される(例えば、図14(B)に示すように、可動予告において第1可動体340が第1移動位置に配置されるとともに、第2可動体320が第2移動位置に配置されることで、第1可動体340の下部が第2可動体320の下端部よりも下方に配置されるとともに、第2可動体320の上端部が第1可動体340の上端部よりも上方に配置される部分)
ことを特徴としている。
この特徴によれば、第2可動体は、第1移動位置へ移動した第1可動体を越えて該第1可動体の移動範囲内まで移動するため、一体的な演出を行うための移動に対する興趣を向上させることができる。

0009

本発明の手段2の遊技機は、請求項1または手段1に記載の遊技機であって、
前記第2可動体は、前記第2位置において、前記第1位置にある前記第1可動体よりも視認困難である(例えば、図1に示すように、第2可動体320は、第2待機位置において第2ベース部材中央部310Cの後方に配置されるため、遊技者から視認不能となる部分)
ことを特徴としている。
この特徴によれば、一体的な演出を行う際に、視認困難であった第2可動体があたかも第1可動体とともに第1位置から第2移動位置に移動したように見せかけることができるので、移動に対する興趣を向上させることができる。

0010

本発明の手段3の遊技機は、請求項1、手段1、手段2のいずれかに記載の遊技機であって、
前記第1可動体(例えば、第1可動体340)と前記第2可動体(例えば、第2可動体320)とのうち一方は、前記第1可動体が前記第1移動位置に位置し、前記第2可動体が前記第2移動位置に位置したときに他方の前側に重複する重複部(例えば、第2可動体320において第1可動体340の前側に重複する部分)を有し、
前記重複部の少なくとも一部に、前記他方を視認可能な視認部(例えば、貫通孔320a)が設けられている
ことを特徴としている。
この特徴によれば、第1可動体と第2可動体とのうち一方の視認部から後側の他方を視認できることにより、遊技者に立体感を与えることができるため、演出効果を向上させることができる。
尚、前記視認部とは、透光性を有する部材にて形成されていてもよいし、開口にて構成されていてもよい。

0011

本発明の手段4の遊技機は、請求項1または手段1〜手段3のいずれかに記載の遊技機であって、
前記第1可動体と前記第2可動体とのうち少なくとも一方(例えば、第2可動体320)を変形させることが可能な変形手段(例えば、変形駆動用ギア機構322、可動片321L,321R)を備え、
前記変形手段は、前記第1可動体と前記第2可動体とのうち少なくとも一方の移動に関連して変形させる(例えば、変形駆動用ギア機構322に内蔵されているモータは、第2可動体320が第2待機位置から第2移動位置に向けて移動する途上から駆動し、可動片321L,321Rを第2可動体320の後方から第2可動体320の上方に移動させる)
ことを特徴としている。
この特徴によれば、一体的な演出を行う際に第1可動体と第2可動体とのうち少なくともいずれか一方が変形することにより、移動に対する興趣を向上させることができる。
尚、前記一方の移動に関連して変形させるとは、前記第1可動体が前記第1位置から前記第1移動位置へ移動する前、前記第1位置から前記第1移動位置へ移動する間、及び前記第1位置から前記第1移動位置へ移動した後のいずれかで変形させるものを含む。また、前記第2可動体が前記第2位置から前記第2移動位置へ移動する前、前記第2位置から前記第2移動位置へ移動する間、及び前記第2位置から前記第2移動位置へ移動した後のいずれかで変形させるものを含む。

0012

本発明の手段5に記載の遊技機は、請求項1または手段1〜手段4のいずれかに記載の遊技機であって、
前記第1可動体と前記第2可動体とのうち少なくとも一方(例えば、第1可動体340)は、該一方が前記第1移動位置から前記第1位置へ移動するときまたは前記第2移動位置から前記第2位置へ移動するときに、該一方の移動方向とは異なる方向(例えば、後方)に折れ曲がる折曲部(例えば、第1可動体上部340T)を有する
ことを特徴としている。
この特徴によれば、第1位置にある第1可動体または第2位置にある第2可動体の移動方向の長さ寸法を、折曲部の長さ寸法分短くすることができるので、コンパクトな状態で第1位置または第2位置に配置することができる。

0013

尚、本発明は、本発明の請求項に記載された発明特定事項のみを有するものであってよいし、本発明の請求項に記載された発明特定事項とともに該発明特定事項以外の構成を有するものであってもよい。

図面の簡単な説明

0014

パチンコ遊技機を正面から見た正面図である。
遊技制御基板主基板)の回路構成例を示すブロック図である。
演出ユニットを示す正面図である。
(A)は図3におけるA−A断面図であり、(B)は図4(A)におけるB−B断面図である。
第2可動体が第2待機位置に配置されている状態を示す正面図である。
第2可動体が第2移動位置に配置されている状態を示す正面図である。
第2可動体が第2移動位置から第2待機位置に向けて移動する状態を示す正面図である。
第2可動体の内部構造を示す図である。
第1可動体が第1待機位置に配置されている状態を示す正面図である。
第1可動体が第1移動位置に配置されている状態を示す正面図である。
第1可動体が第1移動位置から第1待機位置に向けて移動する状態を示す正面図である。
(A)は図11におけるC−C断面図であり、(B)は第1可動体が第1待機位置から第1移動位置に向けて移動する際のC−C断面図である。
(A)は第1可動体が第1待機位置に配置されており、第2可動体が第2待機位置に配置されている状態を示す正面図であり、(B)は第1可動体が第1待機位置から第1移動位置に向けて移動するとともに第2可動体が第2待機位置から第2移動位置に向けて移動する状態を示す正面図であり、(C)は図13(A)の側面図であり、(D)は図13(B)の側面図である。
(A)は第1可動体と第2可動体とが正面視で重複する状態を示す正面図であり、(B)は第1可動体が第1移動位置に配置され、第2可動体が第2移動位置に配置された状態を示す正面図であり、(C)は図14(A)の側面図であり、(D)は図14(B)の側面図である。
(A)は変形例1において第1可動体が第1移動位置に配置され、第2可動体が第2移動位置に配置された状態を示す正面図であり、(B)は変形例2において第1可動体が第1移動位置に配置され、第2可動体が第2移動位置に配置された状態を示す正面図であり、(C)は変形例2において第1可動体が第1移動位置に配置され、第2可動体が第2移動位置に配置された状態を示す正面図であり、(D)は変形例2において第1可動体が第1移動位置に配置され、第2可動体が第2移動位置に配置された状態を示す正面図である。

0015

本発明に係る遊技機を実施するための形態を実施例に基づいて以下に説明する。

0016

まず、遊技機の一例であるパチンコ遊技機1の全体の構成について説明する。図1は、パチンコ遊技機を正面から見た正面図である。図2は、主基板における回路構成の一例を示すブロック図である。尚、以下において、図1手前側をパチンコ遊技機1の前方(前面、正面)側、奥側を背面(後方)側とし、パチンコ遊技機1を前面側から見たときの上下左右方向を基準として説明する。尚、本実施例におけるパチンコ遊技機1の前面とは、該パチンコ遊技機1にて遊技を行う遊技者と対向する対向面である。

0017

図1は、本実施例におけるパチンコ遊技機の正面図であり、主要部材配置レイアウトを示す。パチンコ遊技機(以下、遊技機と略記する場合がある)1は、大別して、遊技盤面を構成する遊技盤(ゲージ盤)2と、遊技盤2を支持固定する遊技機用枠(台枠)3とから構成されている。遊技盤2には、ガイドレール2bによって囲まれた正面視略円形状の遊技領域10が形成されている。この遊技領域10には、遊技媒体としての遊技球打球発射装置(図示略)から発射されて打ち込まれる。また、遊技機用枠3には、ガラス窓50aを有するガラス扉枠50が左側辺を中心として回動可能に設けられ、該ガラス扉枠50により遊技領域10を開閉できるようになっており、ガラス扉枠50を閉鎖したときにガラス窓50aを通して遊技領域10を透視できるようになっている。

0018

図1に示すように、遊技盤2は、ベニヤ板等の非透光性部材にて正面見略四角形状に構成され、前面である遊技盤面に障害釘(図示略)やガイドレール2b等が設けられた盤面板にて構成されている。尚、本実施例では、遊技盤2はベニヤ板にて構成されていたが、アクリル樹脂ポリカーボネート樹脂メタクリル樹脂等の透明な合成樹脂材にて形成され、前面である遊技盤面に障害釘(図示略)等が植設される盤面板(図示略)と、該盤面板の背面側に一体的に取り付けられるスペーサ部材(図示略)と、から構成されていてもよい。

0019

遊技盤2の所定位置図1に示す例では、遊技領域10の右側下部位置)には、第1特別図柄表示器4Aと、第2特別図柄表示器4Bとが設けられている。第1特別図柄表示器4Aと第2特別図柄表示器4Bはそれぞれ、例えば7セグメントドットマトリクスLED(発光ダイオード)等から構成され、変動表示ゲームの一例となる特図ゲームにおいて、各々を識別可能複数種類識別情報(特別識別情報)である特別図柄(「特図」ともいう)が、変動可能に表示(変動表示または可変表示ともいう)される。例えば、第1特別図柄表示器4Aと第2特別図柄表示器4Bはそれぞれ、「0」〜「9」を示す数字や「−」を示す記号等から構成される複数種類の特別図柄を変動表示する。尚、第1特別図柄表示器4Aや第2特別図柄表示器4Bにおいて表示される特別図柄は、「0」〜「9」を示す数字や「−」を示す記号等から構成されるものに限定されず、例えば7セグメントのLEDにおいて点灯させるものと消灯させるものとの組合せを異ならせた複数種類の点灯パターンが、複数種類の特別図柄として予め設定されていればよい。

0020

以下では、第1特別図柄表示器4Aにおいて変動表示される特別図柄を「第1特図」ともいい、第2特別図柄表示器4Bにおいて変動表示される特別図柄を「第2特図」ともいう。

0021

遊技盤2における遊技領域10の中央付近には、演出表示装置5が設けられている。演出表示装置5は、例えばLCD(液晶表示装置)等から構成され、各種の演出画像を表示する表示領域を形成している。演出表示装置5の表示領域では、特図ゲームにおける第1特別図柄表示器4Aによる第1特図の変動表示や第2特別図柄表示器4Bによる第2特図の変動表示のそれぞれに対応して、例えば3つといった複数の変動表示部となる演出図柄表示エリアにて、各々を識別可能な複数種類の識別情報(装飾識別情報)である演出図柄が変動表示される。この演出図柄の変動表示も、変動表示ゲームに含まれる。

0022

一例として、演出表示装置5の表示領域には、「左」、「中」、「右」の演出図柄表示エリア5L,5C,5Rが配置されている。特図ゲームにおける変動表示結果として確定特別図柄が停止表示されるときに、演出表示装置5における「左」、「中」、「右」の各演出図柄表示エリア5L,5C,5Rにて、演出図柄の変動表示結果となる確定演出図柄(最終停止図柄)が停止表示される。

0023

このように、演出表示装置5の表示領域では、第1特別図柄表示器4Aにおける第1特図を用いた特図ゲーム、または、第2特別図柄表示器4Bにおける第2特図を用いた特図ゲームと同期して、各々が識別可能な複数種類の演出図柄の変動表示を行い、変動表示結果となる確定演出図柄を導出表示(あるいは単に「導出」ともいう)する。尚、例えば特別図柄や演出図柄といった、各種の表示図柄を導出表示するとは、演出図柄等の識別情報を停止表示(完全停止表示や最終停止表示ともいう)して変動表示を終了させることである。

0024

「左」、「中」、「右」の各演出図柄表示エリア5L,5C,5Rにて変動表示される演出図柄には、例えば8種類の図柄(英数字「1」〜「8」あるいは漢数字や、英文字、所定のモチーフに関連する8個のキャラクタ画像、数字や文字あるいは記号とキャラクタ画像との組合せなどであればよく、キャラクタ画像は、例えば人物動物、これら以外の物体、もしくは、文字などの記号、あるいは、その他の任意の図形を示す飾り画像であればよい)で構成される。演出図柄のそれぞれには、対応する図柄番号が付されている。例えば、「1」〜「8」を示す英数字それぞれに対して、「1」〜「8」の図柄番号が付されている。尚、演出図柄は8種類に限定されず、大当り組合せハズレとなる組合せなど適当な数の組合せを構成可能であれば、何種類であってもよい(例えば7種類や9種類など)。

0025

演出表示装置5の表示領域の下部の左右2箇所には、第1保留記憶表示エリア5D、第2保留記憶表示エリア5Uが設定されている。第1保留記憶表示エリア5D、第2保留記憶表示エリア5Uでは、特図ゲームに対応した変動表示の保留記憶数特図保留記憶数)を特定可能に表示する保留記憶表示が行われる。

0026

ここで、特図ゲームに対応した変動表示の保留は、普通入賞球装置6Aが形成する第1始動入賞口や、普通可変入賞球装置6Bが形成する第2始動入賞口を、遊技球が通過(進入)することによる始動入賞に基づいて発生する。すなわち、特図ゲームや演出図柄の変動表示といった変動表示ゲームを実行するための始動条件(「実行条件」ともいう)は成立したが、先に成立した開始条件に基づく変動表示ゲームが実行中であることやパチンコ遊技機1が大当り遊技状態に制御されていることなどにより、変動表示ゲームの開始を許容する開始条件が成立していないときに、成立した始動条件に対応する変動表示の保留が行われる。本実施例では、第1始動入賞口を遊技球が通過(進入)することによる始動入賞に基づいて発生した保留記憶表示を丸型の白色表示とし、第2始動入賞口を遊技球が通過(進入)することによる始動入賞に基づいて発生した保留記憶表示を同様に丸型の白色表示とする。

0027

図1に示す例では、第1特別図柄表示器4A及び第2特別図柄表示器4Bの上方位置に、特図保留記憶数を特定可能に表示するための第1保留表示器25Aと第2保留表示器25Bとが設けられている。第1保留表示器25Aは、第1特図保留記憶数を特定可能に表示する。第2保留表示器25Bは、第2特図保留記憶数を特定可能に表示する。

0028

演出表示装置5の下方には、普通入賞球装置6Aと、普通可変入賞球装置6Bとが設けられている。普通入賞球装置6Aは、例えば所定の球受部材によって常に一定の開放状態に保たれる始動領域(第1始動領域)としての第1始動入賞口を形成する。普通可変入賞球装置6Bは、図2に示す普通電動役物用となるソレノイド81によって、垂直位置となる通常開放状態と傾動位置となる拡大開放状態とに変化する一対の可動翼片を有する電動チューリップ型役物(普通電動役物)を備え、始動領域(第2始動領域)としての第2始動入賞口を形成する。

0029

一例として、普通可変入賞球装置6Bでは、普通電動役物用のソレノイド81がオフ状態であるときに可動翼片が垂直位置となることにより、遊技球が第2始動入賞口を通過(進入)しがたい通常開放状態となる。その一方で、普通可変入賞球装置6Bでは、普通電動役物用のソレノイド81がオン状態であるときに可動翼片が傾動位置となる傾動制御により、遊技球が第2始動入賞口を通過(進入)しやすい拡大開放状態となる。

0030

普通入賞球装置6Aに形成された第1始動入賞口を通過(進入)した遊技球は、例えば図2に示す第1始動口スイッチ22Aによって検出される。普通可変入賞球装置6Bに形成された第2始動入賞口を通過(進入)した遊技球は、例えば図2に示す第2始動口スイッチ22Bによって検出される。第1始動口スイッチ22Aによって遊技球が検出されたことに基づき、所定個数(例えば3個)の遊技球が賞球として払い出され、第1特図保留記憶数が所定の上限値(例えば「4」)以下であれば、第1始動条件が成立する。第2始動口スイッチ22Bによって遊技球が検出されたことに基づき、所定個数(例えば3個)の遊技球が賞球として払い出され、第2特図保留記憶数が所定の上限値(例えば「4」)以下であれば、第2始動条件が成立する。尚、第1始動口スイッチ22Aによって遊技球が検出されたことに基づいて払い出される賞球の個数と、第2始動口スイッチ22Bによって遊技球が検出されたことに基づいて払い出される賞球の個数は、互いに同一の個数であってもよいし、異なる個数であってもよい。

0031

普通入賞球装置6Aと普通可変入賞球装置6Bの下方位置には、特別可変入賞球装置7が設けられている。特別可変入賞球装置7は、図2に示す大入賞口扉用となるソレノイド82によって開閉駆動される大入賞口扉を備え、その大入賞口扉によって開放状態と閉鎖状態とに変化する特定領域としての大入賞口を形成する。

0032

一例として、特別可変入賞球装置7では、大入賞口扉用のソレノイド82がオフ状態であるときに大入賞口扉が大入賞口を閉鎖状態として、遊技球が大入賞口を通過(進入)できなくする。その一方で、特別可変入賞球装置7では、大入賞口扉用のソレノイド82がオン状態であるときに大入賞口扉が大入賞口を開放状態として、遊技球が大入賞口を通過(進入)しやすくする。このように、特定領域としての大入賞口は、遊技球が通過(進入)しやすく遊技者にとって有利な開放状態と、遊技球が通過(進入)できず遊技者にとって不利な閉鎖状態とに変化する。尚、遊技球が大入賞口を通過(進入)できない閉鎖状態に代えて、あるいは閉鎖状態の他に、遊技球が大入賞口を通過(進入)しにくい一部開放状態を設けてもよい。

0033

大入賞口を通過(進入)した遊技球は、例えば図2に示すカウントスイッチ23によって検出される。カウントスイッチ23によって遊技球が検出されたことに基づき、所定個数(例えば15個)の遊技球が賞球として払い出される。こうして、特別可変入賞球装置7において開放状態となった大入賞口を遊技球が通過(進入)したときには、例えば第1始動入賞口や第2始動入賞口といった、他の入賞口を遊技球が通過(進入)したときよりも多くの賞球が払い出される。従って、特別可変入賞球装置7において大入賞口が開放状態となれば、その大入賞口に遊技球が進入可能となり、遊技者にとって有利な第1状態となる。その一方で、特別可変入賞球装置7において大入賞口が閉鎖状態となれば、大入賞口に遊技球を通過(進入)させて賞球を得ることが不可能または困難になり、遊技者にとって不利な第2状態となる。

0034

第2保留表示器25Bの上方位置には、普通図柄表示器20が設けられている。一例として、普通図柄表示器20は、第1特別図柄表示器4Aや第2特別図柄表示器4Bと同様に7セグメントやドットマトリクスのLED等から構成され、特別図柄とは異なる複数種類の識別情報である普通図柄(「普図」あるいは「普通図」ともいう)を変動可能に表示(変動表示)する。このような普通図柄の変動表示は、普図ゲーム(「普通図ゲーム」ともいう)と称される。

0035

普通図柄表示器20の上方には、普図保留表示器25Cが設けられている。普図保留表示器25Cは、例えば4個のLEDを含んで構成され、通過ゲート41を通過した有効通過球数としての普図保留記憶数を表示する。

0036

遊技盤2の表面には、上記の構成以外にも、遊技球の流下方向や速度を変化させる風車及び多数の障害釘が設けられている。また、第1始動入賞口、第2始動入賞口及び大入賞口とは異なる入賞口として、例えば所定の球受部材によって常に一定の開放状態に保たれる単一または複数の一般入賞口が設けられてもよい。この場合には、一般入賞口のいずれかに進入した遊技球が所定の一般入賞球スイッチによって検出されたことに基づき、所定個数(例えば10個)の遊技球が賞球として払い出されればよい。遊技領域10の最下方には、いずれの入賞口にも進入しなかった遊技球が取り込まれるアウト口が設けられている。

0037

遊技機用枠3の左右上部位置には、効果音等を再生出力するためのスピーカ8L,8Rが設けられており、さらに遊技領域10の周辺部には、演出用LED9が設けられている。パチンコ遊技機1の遊技領域10における各構造物(例えば普通入賞球装置6A、普通可変入賞球装置6B、特別可変入賞球装置7等)の周囲には、装飾用LEDが配置されていてもよい。遊技機用枠3の右下部位置には、遊技媒体としての遊技球を遊技領域10に向けて発射するために遊技者等によって操作される打球操作ハンドル操作ノブ)が設けられている。例えば、打球操作ハンドルは、遊技者等による操作量(回転量)に応じて遊技球の弾発力を調整する。打球操作ハンドルには、打球発射装置(図示略)が備える発射モータの駆動を停止させるための単発発射スイッチや、タッチリングタッチセンサ)が設けられていればよい。

0038

遊技領域10の下方における遊技機用枠3の所定位置には、賞球として払い出された遊技球や所定の球貸機により貸し出された遊技球を、発射装置(図示略)へと供給可能に保持(貯留)する上皿打球供給皿)が設けられている。遊技機用枠3の下部には、上皿から溢れ余剰球などを、パチンコ遊技機1の外部へと排出可能に保持(貯留)する下皿が設けられている。

0039

下皿を形成する部材には、例えば下皿本体の上面における手前側の所定位置(例えば下皿の中央部分)などに、遊技者が把持して傾倒操作が可能なスティックコントローラ31Aが取り付けられている。スティックコントローラ31Aは、遊技者が把持する操作桿を含み、操作桿の所定位置(例えば遊技者が操作桿を把持したときに操作手人差し指が掛かる位置など)には、トリガボタンが設けられている。トリガボタンは、遊技者がスティックコントローラ31Aの操作桿を操作手(例えば左手など)で把持した状態において、所定の操作指(例えば人差し指など)で押引操作することなどにより所定の指示操作ができるように構成されていればよい。操作桿の内部には、トリガボタンに対する押引操作などによる所定の指示操作を検出するトリガセンサが内蔵されていればよい。

0040

スティックコントローラ31Aの下部における下皿の本体内部などには、操作桿に対する傾倒操作を検出するコントローラセンサユニット35Aが設けられていればよい。例えば、コントローラセンサユニットは、パチンコ遊技機1と正対する遊技者の側から見て操作桿の中心位置よりも左側で遊技盤2の盤面と平行に配置された2つの透過形フォトセンサ(平行センサ対)と、この遊技者の側から見て操作桿の中心位置よりも右側で遊技盤2の盤面と垂直に配置された2つの透過形フォトセンサ(垂直センサ対)とを組合せた4つの透過形フォトセンサを含んで構成されていればよい。

0041

上皿を形成する部材には、例えば上皿本体の上面における手前側の所定位置(例えばスティックコントローラ31Aの上方)などに、遊技者が押下動作などにより所定の指示操作を可能なプッシュタン31Bが設けられている。プッシュボタン31Bは、遊技者からの押下動作を、機械的、電気的、あるいは、電磁的に、検出できるように構成されていればよい。プッシュボタン31Bの設置位置における上皿の本体内部などには、プッシュボタン31Bに対してなされた遊技者による押下動作を検出するプッシュセンサ35Bが設けられていればよい。

0042

次に、パチンコ遊技機1における遊技の進行を概略的に説明する。パチンコ遊技機1では、遊技領域10に設けられた通過ゲート41を通過した遊技球が図2に示すゲートスイッチ21によって検出されたことといった、普通図柄表示器20にて普通図柄の変動表示を実行するための普図始動条件が成立した後に、例えば前回の普図ゲームが終了したことといった、普通図柄の変動表示を開始するための普図開始条件が成立したことに基づいて、普通図柄表示器20による普図ゲームが開始される。

0043

この普図ゲームでは、普通図柄の変動を開始させた後、普図変動時間となる所定時間が経過すると、普通図柄の変動表示結果となる確定普通図柄を停止表示(導出表示)する。このとき、確定普通図柄として、例えば「7」を示す数字といった、特定の普通図柄(普図当り図柄)が停止表示されれば、普通図柄の変動表示結果が「普図当り」となる。その一方、確定普通図柄として、例えば「7」を示す数字以外の数字や記号といった、普図当り図柄以外の普通図柄が停止表示されれば、普通図柄の変動表示結果が「普図ハズレ」となる。普通図柄の変動表示結果が「普図当り」となったことに対応して、普通可変入賞球装置6Bを構成する電動チューリップの可動翼片が傾動位置となる拡大開放制御(傾動制御)が行われ、所定時間が経過すると垂直位置に戻る通常開放制御が行われる。

0044

普通入賞球装置6Aに形成された第1始動入賞口を通過(進入)した遊技球が図2に示す第1始動口スイッチ22Aによって検出されたことなどにより第1始動条件が成立した後に、例えば前回の特図ゲームや大当り遊技状態が終了したことなどにより第1開始条件が成立したことに基づいて、第1特別図柄表示器4Aによる特図ゲームが開始される。また、普通可変入賞球装置6Bに形成された第2始動入賞口を通過(進入)した遊技球が図2に示す第2始動口スイッチ22Bによって検出されたことなどにより第2始動条件が成立した後に、例えば前回の特図ゲームや大当り遊技状態が終了したことなどにより第2開始条件が成立したことに基づいて、第2特別図柄表示器4Bによる特図ゲームが開始される。

0045

第1特別図柄表示器4Aや第2特別図柄表示器4Bによる特図ゲームでは、特別図柄の変動表示を開始させた後、特図変動時間としての変動表示時間が経過すると、特別図柄の変動表示結果となる確定特別図柄(特図表示結果)を導出表示する。このとき、確定特別図柄として特定の特別図柄(大当り図柄)が停止表示されれば、特定表示結果としての「大当り」となり、大当り図柄とは異なる特別図柄が確定特別図柄として停止表示されれば「ハズレ」となる。尚、大当り図柄とは異なる所定の特別図柄(小当り図柄)が停止表示されるようにしても良く、これら所定表示結果としての所定の特別図柄(小当り図柄)が停止表示される場合には、大当り遊技状態とは異なる特殊遊技状態としての小当り遊技状態に制御すればよい。

0046

特図ゲームでの変動表示結果が「大当り」になった後には、遊技者にとって有利なラウンド(「ラウンド遊技」ともいう)を所定回数実行する特定遊技状態としての大当り遊技状態に制御される。

0047

本実施例におけるパチンコ遊技機1では、一例として、「3」、「5」、「7」の数字を示す特別図柄を大当り図柄とし、「−」の記号を示す特別図柄をハズレ図柄としている。尚、小当り図柄を停止表示する場合には、例えば、「2」の数字を示す特別図柄を小当り図柄とすればよい。尚、第1特別図柄表示器4Aによる特図ゲームにおける大当り図柄やハズレ図柄といった各図柄は、第2特別図柄表示器4Bによる特図ゲームにおける各図柄とは異なる特別図柄となるようにしてもよいし、双方の特図ゲームにおいて共通の特別図柄が大当り図柄やハズレ図柄となるようにしてもよい。

0048

特図ゲームにおける確定特別図柄として「3」、「5」、「7」の数字を示す大当り図柄が停止表示されて特定表示結果としての「大当り」となった後、大当り遊技状態において、特別可変入賞球装置7の大入賞口扉が、所定の上限時間(例えば29秒間や0.1秒間)が経過するまでの期間あるいは所定個数(例えば9個)の入賞球が発生するまでの期間にて、大入賞口を開放状態とする。これにより、特別可変入賞球装置7を遊技者にとって有利な第1状態(開放状態)とするラウンドが実行される。

0049

ラウンドの実行中に大入賞口を開放状態とした大入賞口扉は、遊技盤2の表面を落下する遊技球を受け止め、その後に大入賞口を閉鎖状態とすることにより、特別可変入賞球装置7を遊技者にとって不利な第2状態(閉鎖状態)に変化させて、1回のラウンドを終了させる。大入賞口の開放サイクルであるラウンドは、その実行回数が所定の上限回数(例えば「16」など)に達するまで、繰り返し実行可能となっている。尚、ラウンドの実行回数が上限回数に達する前であっても、所定条件の成立(例えば大入賞口に遊技球が入賞しなかったことなど)により、ラウンドの実行が終了するようにしてもよい。

0050

大当り遊技状態におけるラウンドのうち、特別可変入賞球装置7を遊技者にとって有利な第1状態(開放状態)とする上限時間が比較的に長い時間(例えば29秒など)となるラウンドは、通常開放ラウンドともいう。一方、特別可変入賞球装置7を第1状態(開放状態)とする上限時間が比較的に短い時間(例えば0.1秒など)となるラウンドは、短期開放ラウンドともいう。

0051

尚、小当り図柄(例えば「2」の数字)を停止表示する場合にあっては、これら小当り図柄が確定特別図柄として導出された後に、特殊遊技状態としての小当り遊技状態に制御すればよい。具体的に小当り遊技状態では、例えば、上記した、実質的には出球(賞球)が得られない短期開放大当り状態と同様に特別可変入賞球装置7において大入賞口を遊技者にとって有利な第1状態(開放状態)に変化させる可変入賞動作を実行すればよい。

0052

演出表示装置5に設けられた「左」、「中」、「右」の演出図柄表示エリア5L,5C,5Rでは、第1特別図柄表示器4Aにおける第1特図を用いた特図ゲームと、第2特別図柄表示器4Bにおける第2特図を用いた特図ゲームとのうち、いずれかの特図ゲームが開始されることに対応して、演出図柄の変動表示が開始される。そして、演出図柄の変動表示が開始されてから「左」、「中」、「右」の各演出図柄表示エリア5L,5C,5Rにおける確定演出図柄の停止表示により変動表示が終了するまでの期間では、演出図柄の変動表示状態が所定のリーチ状態となることがある。

0053

ここで、リーチ状態とは、演出表示装置5の表示領域にて停止表示された演出図柄が大当り組合せの一部を構成しているときに未だ停止表示されていない演出図柄(「リーチ変動図柄」ともいう)については変動が継続している表示状態、あるいは、全部または一部の演出図柄が大当り組合せの全部または一部を構成しながら同期して変動している表示状態のことである。具体的には、「左」、「中」、「右」の演出図柄表示エリア5L,5C,5Rにおける一部(例えば「左」及び「右」の演出図柄表示エリア5L,5Rなど)では予め定められた大当り組合せを構成する演出図柄(例えば「7」の英数字を示す演出図柄)が停止表示されているときに未だ停止表示していない残りの演出図柄表示エリア(例えば「中」の演出図柄表示エリア5Cなど)では演出図柄が変動している表示状態、あるいは、「左」、「中」、「右」の演出図柄表示エリア5L,5C,5Rにおける全部または一部で演出図柄が大当り組合せの全部または一部を構成しながら同期して変動している表示状態である。

0054

また、リーチ状態となったことに対応して、演出図柄の変動速度を低下させたり、演出表示装置5の表示領域に演出図柄とは異なるキャラクタ画像(人物等を模した演出画像)を表示させたり、背景画像表示態様を変化させたり、演出図柄とは異なる動画像再生表示させたり、演出図柄の変動態様を変化させたりすることで、リーチ状態となる以前とは異なる演出動作が実行される場合がある。このようなキャラクタ画像の表示や背景画像の表示態様の変化、動画像の再生表示、演出図柄の変動態様の変化といった演出動作を、リーチ演出表示(あるいは単にリーチ演出)という。尚、リーチ演出には、演出表示装置5における表示動作のみならず、スピーカ8L,8Rによる音声出力動作や、演出用LED9などの発光体における点灯動作点滅動作)などを、リーチ状態となる以前の動作態様とは異なる動作態様とすることが含まれていてもよい。

0055

リーチ演出における演出動作としては、互いに動作態様(リーチ態様)が異なる複数種類の演出パターン(「リーチパターン」ともいう)が、予め用意されていればよい。そして、それぞれのリーチ態様では「大当り」となる可能性(「信頼度」あるいは「大当り信頼度」ともいう)が異なる。すなわち、複数種類のリーチ演出のいずれが実行されるかに応じて、変動表示結果が「大当り」となる可能性を異ならせることができる。

0056

特図ゲームにおける確定特別図柄として、ハズレ図柄となる特別図柄が停止表示(導出)される場合には、演出図柄の変動表示が開始されてから、演出図柄の変動表示状態がリーチ状態とならずに、所定の非リーチ組合せとなる確定演出図柄が停止表示されることがある。このような演出図柄の変動表示態様は、変動表示結果が「ハズレ」となる場合における「非リーチ」(「通常ハズレ」ともいう)の変動表示態様と称される。

0057

特図ゲームにおける確定特別図柄として、ハズレ図柄となる特別図柄が停止表示(導出)される場合には、演出図柄の変動表示が開始されてから、演出図柄の変動表示状態がリーチ状態となったことに対応して、リーチ演出が実行された後に、あるいは、リーチ演出が実行されずに、所定のリーチハズレ組合せとなる確定演出図柄が停止表示されることがある。このような演出図柄の変動表示結果は、変動表示結果が「ハズレ」となる場合における「リーチ」(「リーチハズレ」ともいう)の変動表示態様と称される。

0058

特図ゲームにおける確定特別図柄として、大当り図柄となる特別図柄のうち「3」の数字を示す大当り図柄が停止表示される場合には、演出図柄の変動表示状態がリーチ状態となったことに対応して、所定のリーチ演出が実行された後に、複数種類の大当り組合せのうち、所定の通常大当り組合せ(「非確変大当り組合せ」ともいう)となる確定演出図柄が停止表示される。尚、リーチ演出が実行されずに、確定演出図柄として非確変大当り組合せを停止表示してもよい。

0059

通常大当り組合せ(非確変大当り組合せ)となる確定演出図柄は、例えば演出表示装置5における「左」、「中」、「右」の各演出図柄表示エリア5L,5C,5Rにて変動表示される図柄番号が「1」〜「8」の演出図柄のうち、図柄番号が偶数「2」、「4」、「6」、「8」である演出図柄のいずれか1つが、「左」、「中」、「右」の各演出図柄表示エリア5L,5C,5Rにて所定の有効ライン上に揃って停止表示されるものであればよい。通常大当り組合せを構成する図柄番号が偶数「2」、「4」、「6」、「8」である演出図柄は、通常図柄(「非確変図柄」ともいう)と称される。

0060

特図ゲームにおける確定特別図柄が通常大当り図柄となることに対応して、所定のリーチ演出が実行された後に、通常大当り組合せ(非確変大当り組合せ)の確定演出図柄が停止表示される演出図柄の変動表示態様は、変動表示結果が「大当り」となる場合における「非確変」(「通常大当り」ともいう)の変動表示態様(「大当り種別」ともいう)と称される。尚、リーチ演出が実行されずに、確定演出図柄として通常大当り組合せ(非確変大当り組合せ)を停止表示してもよい。「非確変」の大当り種別で変動表示結果が「大当り」となったことに基づいて、通常開放大当り状態に制御され、その終了後には、時間短縮制御時短制御)が行われる。時短制御が行われることにより、特図ゲームにおける特別図柄の変動表示時間(特図変動時間)は、通常状態に比べて短縮される。尚、時短制御では、後述するように普通図柄の当選頻度が高められて、普通可変入賞球装置6Bへの入賞頻度が高められる、いわゆる電チューサポートが実施される。ここで、通常状態とは、大当り遊技状態等の特定遊技状態などとは異なる通常遊技状態であり、パチンコ遊技機1の初期設定状態(例えばシステムリセットが行われた場合のように、電源投入後に初期化処理を実行した状態)と同一の制御が行われる。時短制御は、大当り遊技状態の終了後に所定回数(例えば100回)の特図ゲームが実行されることと、変動表示結果が「大当り」となることのうち、いずれかの条件が先に成立したときに、終了すればよい。

0061

特図ゲームにおける確定特別図柄として、大当り図柄となる特別図柄のうち、「5」、「7」の数字を示す特別図柄といった確変大当り図柄が停止表示される場合には、演出図柄の変動表示状態がリーチ状態となったことに対応して、演出図柄の変動表示態様が「通常」である場合と同様のリーチ演出が実行された後に、複数種類の大当り組合せのうち、所定の確変大当り組合せとなる確定演出図柄が停止表示されることがある。尚、リーチ演出が実行されずに、確定演出図柄として確変大当り組合せを停止表示してもよい。確変大当り組合せとなる確定演出図柄は、例えば演出表示装置5における「左」、「中」、「右」の各演出図柄表示エリア5L,5C,5Rにて変動表示される図柄番号が「1」〜「8」の演出図柄のうち、図柄番号が「5」または「7」である演出図柄が、「左」、「中」、「右」の各演出図柄表示エリア5L,5C,5Rにて所定の有効ライン上に揃って停止表示されるものであればよい。確変大当り組合せを構成する図柄番号が「5」及び「7」である演出図柄は、確変図柄と称される。特図ゲームにおける確定特別図柄として確変大当り図柄が停止表示される場合に、演出図柄の変動表示結果として、通常大当り組合せとなる確定演出図柄が停止表示されることがあるようにしてもよい。

0062

確定演出図柄が通常大当り組合せであるか確変大当り組合せであるかにかかわらず、特図ゲームにおける確定特別図柄として確変大当り図柄が停止表示される変動表示態様は、変動表示結果が「大当り」となる場合における「確変」の変動表示態様(「大当り種別」ともいう)と称される。尚、本実施例では、「確変」の大当り種別のうち、確定特別図柄として「5」、「7」の変動表示結果にて「大当り」となったことに基づいて、通常開放大当り状態に制御され、その終了後には、時短制御とともに確率変動制御(確変制御)が行われる。

0063

これら確変制御が行われることにより、各回の特図ゲームにおいて変動表示結果(特図表示結果)が「大当り」となる確率は、通常状態に比べて高くなるように向上する。確変制御は、大当り遊技状態の終了後に変動表示結果が「大当り」となって再び大当り遊技状態に制御されるという条件が成立したときに、終了すればよい。尚、時短制御と同様に、大当り遊技状態の終了後に所定回数(例えば時短回数と同じ100回や、時短回数とは異なる90回)の特図ゲームが実行されたときに、確変制御を終了してもよい。また、大当り遊技状態の終了後に特図ゲームが開始されるごとに実行される確変転落抽選にて確変制御を終了させる「確変転落あり」の決定がなされたときに、確変制御を終了してもよい。

0064

時短制御が行われるときには、普通図柄表示器20による普図ゲームにおける普通図柄の変動時間(普図変動時間)を通常状態のときよりも短くする制御や、各回の普図ゲームで普通図柄の変動表示結果が「普図当り」となる確率を通常状態のときよりも向上させる制御、変動表示結果が「普図当り」となったことに基づく普通可変入賞球装置6Bにおける可動翼片の傾動制御を行う傾動制御時間を通常状態のときよりも長くする制御、その傾動回数を通常状態のときよりも増加させる制御といった、遊技球が第2始動入賞口を通過(進入)しやすくして第2始動条件が成立する可能性を高めることで遊技者にとって有利となる制御(電チューサポート制御)が行われる。このように、時短制御に伴い第2始動入賞口に遊技球が進入しやすくして遊技者にとって有利となる制御は、高開放制御ともいう。高開放制御としては、これらの制御のいずれか1つが行われるようにしてもよいし、複数の制御が組合せられて行われるようにしてもよい。

0065

高開放制御が行われることにより、第2始動入賞口は、高開放制御が行われていないときよりも拡大開放状態となる頻度が高められる。これにより、第2特別図柄表示器4Bにおける第2特図を用いた特図ゲームを実行するための第2始動条件が成立しやすくなり、特図ゲームが頻繁に実行可能となることで、次に変動表示結果が「大当り」となるまでの時間が短縮される。高開放制御が実行可能となる期間は、高開放制御期間ともいい、この期間は、時短制御が行われる期間と同一であればよい。

0066

時短制御と高開放制御がともに行われる遊技状態は、時短状態あるいは高ベース状態ともいう。また、確変制御が行われる遊技状態は、確変状態あるいは高確状態ともいう。確変制御とともに時短制御や高開放制御が行われる遊技状態は、高確高ベース状態とも称される。尚、本実施例では制御される遊技状態としては設定されていないが、確変制御のみが行われて時短制御や高開放制御が行われない確変状態は、高確低ベース状態とも称される。また、確変制御とともに時短制御や高開放制御が行われる遊技状態のみを、特に「確変状態」ということもあり、高確低ベース状態とは区別するために、時短付確変状態ということもある。一方、確変制御のみが行われて時短制御や高開放制御が行われない確変状態(高確低ベース状態)は、高確高ベース状態と区別するために、時短なし確変状態ということもある。確変制御が行われずに時短制御や高開放制御が行われる時短状態は、低確高ベース状態とも称される。確変制御や時短制御及び高開放制御がいずれも行われない通常状態は、低確低ベース状態とも称される。通常状態以外の遊技状態において時短制御や確変制御の少なくともいずれかが行われるときには、特図ゲームが頻繁に実行可能となることや、各回の特図ゲームにおける変動表示結果が「大当り」となる確率が高められることにより、遊技者にとって有利な状態となる。大当り遊技状態とは異なる遊技者にとって有利な遊技状態は、特別遊技状態とも称される。

0067

尚、小当り図柄を停止表示する場合にあっては、前述した小当り遊技状態に制御した後には、遊技状態の変更が行われず、変動表示結果が「小当り」となる以前の遊技状態に継続して制御すればよい。

0068

パチンコ遊技機1には、例えば図2に示すような主基板11、演出制御基板12、音声制御基板13、ランプ制御基板14といった、各種の制御基板が搭載されている。また、パチンコ遊技機1には、主基板11と演出制御基板12との間で伝送される各種の制御信号中継するための中継基板15なども搭載されている。その他にも、パチンコ遊技機1における遊技盤2などの背面には、例えば払出制御基板情報端子基板発射制御基板インタフェース基板などといった、各種の基板が配置されている。

0069

主基板11は、メイン側の制御基板であり、パチンコ遊技機1における遊技の進行を制御するための各種回路が搭載されている。主基板11は、主として、特図ゲームにおいて用いる乱数設定機能、所定位置に配設されたスイッチ等からの信号の入力を行う機能、演出制御基板12などからなるサブ側の制御基板に宛てて、指令情報の一例となる制御コマンドを制御信号として出力して送信する機能、ホール管理コンピュータに対して各種情報を出力する機能などを備えている。また、主基板11は、第1特別図柄表示器4Aと第2特別図柄表示器4Bを構成する各LED(例えばセグメントLED)などの点灯/消灯制御を行って第1特図や第2特図の変動表示を制御することや、普通図柄表示器20の点灯/消灯/発色制御などを行って普通図柄表示器20による普通図柄の変動表示を制御することといった、所定の表示図柄の変動表示を制御する機能も備えている。

0070

主基板11には、例えば遊技制御用マイクロコンピュータ100や、遊技球検出用の各種スイッチからの検出信号を取り込んで遊技制御用マイクロコンピュータ100に伝送するスイッチ回路110、遊技制御用マイクロコンピュータ100からのソレノイド駆動信号をソレノイド81,82に伝送するソレノイド回路111などが搭載されている。

0071

演出制御基板12は、主基板11とは独立したサブ側の制御基板であり、中継基板15を介して主基板11から伝送された制御信号を受信して、演出表示装置5、スピーカ8L,8R及び演出用LED9といった演出用の電気部品による演出動作を制御するための各種回路が搭載されている。すなわち、演出制御基板12は、演出表示装置5における表示動作や、スピーカ8L,8Rからの音声出力動作の全部または一部、演出用LED9などにおける点灯/消灯動作の全部または一部といった、演出用の電気部品に所定の演出動作を実行させるための制御内容を決定する機能を備えている。

0072

音声制御基板13は、演出制御基板12とは別個に設けられた音声出力制御用の制御基板であり、演出制御基板12からの指令や制御データなどに基づき、スピーカ8L,8Rから音声を出力させるための音声信号処理を実行する処理回路などが搭載されている。ランプ制御基板14は、演出制御基板12とは別個に設けられたランプ出力制御用の制御基板であり、演出制御基板12からの指令や制御データなどに基づき、演出用LED9などにおける点灯/消灯駆動を行うランプドライバ回路などが搭載されている。

0073

図2に示すように、主基板11には、ゲートスイッチ21、第1始動口スイッチ22A、第2始動口スイッチ22B、カウントスイッチ23からの検出信号を伝送する配線が接続されている。尚、ゲートスイッチ21、第1始動口スイッチ22A、第2始動口スイッチ22B、カウントスイッチ23は、例えばセンサと称されるものなどのように、遊技媒体としての遊技球を検出できる任意の構成を有するものであればよい。また、主基板11には、第1特別図柄表示器4A、第2特別図柄表示器4B、普通図柄表示器20、第1保留表示器25A、第2保留表示器25B、普図保留表示器25Cなどの表示制御を行うための指令信号を伝送する配線が接続されている。

0074

主基板11から演出制御基板12に向けて伝送される制御信号は、中継基板15によって中継される。中継基板15を介して主基板11から演出制御基板12に対して伝送される制御コマンドは、例えば電気信号として送受信される演出制御コマンドである。演出制御コマンドには、例えば、演出図柄の変動時間及びリーチ演出の種類や擬似連の有無等の変動態様を示す変動パターンを示す変動パターン指定コマンドや、演出表示装置5における画像表示動作を制御するために用いられる表示制御コマンドや、スピーカ8L,8Rからの音声出力を制御するために用いられる音声制御コマンド、演出用LED9や装飾用LEDの点灯動作などを制御するために用いられるランプ制御コマンドが含まれている。

0075

主基板11に搭載された遊技制御用マイクロコンピュータ100は、例えば1チップマイクロコンピュータであり、遊技制御用プログラムや固定データ等を記憶するROM(ReadOnlyMemory)101と、遊技制御用のワークエリアを提供するRAM(RandomAccessMemory)102と、遊技制御用のプログラムを実行して制御動作を行うCPU(CentralProcessingUnit)103と、CPU103とは独立して乱数値を示す数値データの更新を行う乱数回路104と、I/O(Input/Outputport)105と、を備えて構成される。

0076

一例として、遊技制御用マイクロコンピュータ100では、CPU103がROM101から読み出したプログラムを実行することにより、パチンコ遊技機1における遊技の進行を制御するための処理が実行される。このときには、CPU103がROM101から固定データを読み出す固定データ読出動作や、CPU103がRAM102に各種の変動データを書き込んで一時記憶させる変動データ書込動作、CPU103がRAM102に一時記憶されている各種の変動データを読み出す変動データ読出動作、CPU103がI/O105を介して遊技制御用マイクロコンピュータ100の外部から各種信号の入力を受け付け受信動作、CPU103がI/O105を介して遊技制御用マイクロコンピュータ100の外部へと各種信号を出力する送信動作なども行われる。

0077

図2に示すように、演出制御基板12には、プログラムに従って制御動作を行う演出制御用CPU120と、演出制御用のプログラムや固定データ等を記憶するROM121と、演出制御用CPU120のワークエリアを提供するRAM122と、演出表示装置5における表示動作の制御内容を決定するための処理などを実行する表示制御部123と、演出制御用CPU120とは独立して乱数値を示す数値データの更新を行う乱数回路124と、I/O125とが搭載されている。

0078

一例として、演出制御基板12では、演出制御用CPU120がROM121から読み出した演出制御用のプログラムを実行することにより、演出用の電気部品による演出動作を制御するための処理が実行される。このときには、演出制御用CPU120がROM121から固定データを読み出す固定データ読出動作や、演出制御用CPU120がRAM122に各種の変動データを書き込んで一時記憶させる変動データ書込動作、演出制御用CPU120がRAM122に一時記憶されている各種の変動データを読み出す変動データ読出動作、演出制御用CPU120がI/O125を介して演出制御基板12の外部から各種信号の入力を受け付ける受信動作、演出制御用CPU120がI/O125を介して演出制御基板12の外部へと各種信号を出力する送信動作なども行われる。

0079

また、本実施例では、演出表示装置5は遊技盤2よりも背面側に配設され、該遊技盤2に形成された開口2cを通して視認できるようになっている。尚、遊技盤2における開口2cには枠状のセンター飾り枠51が設けられている。また、遊技盤2の背面と演出表示装置5との間には演出ユニット300が設けられており、演出制御基板12には、この演出ユニット300に設けられる各種駆動部材(第2可動体下降用モータ311L,311Rや第1可動体上昇用モータ331L,331R、変形駆動用ギア機構322)、ソレノイド(ソレノイド315,334)、センサ(検出センサ317L,317R、検出センサ336L,336R)、発光ダイオード(LED)等の複数の電子部品が接続されている。

0080

尚、演出制御基板12の側においても、主基板11と同様に、例えば、予告演出等の各種の演出の種別を決定するための乱数値(演出用乱数ともいう)が設定されている。

0081

図2に示す演出制御基板12に搭載されたROM121には、演出制御用のプログラムの他にも、演出動作を制御するために用いられる各種のデータテーブルなどが格納されている。例えば、ROM121には、演出制御用CPU120が各種の判定や決定、設定を行うために用意された複数の判定テーブルを構成するテーブルデータ、各種の演出制御パターンを構成するパターンデータなどが記憶されている。

0082

一例として、ROM121には、演出制御用CPU120が各種の演出装置(例えば演出表示装置5やスピーカ8L,8R、演出用LED9及び装飾用LED、演出用模型など)による演出動作を制御するために使用する演出制御パターンを複数種類格納した演出制御パターンテーブルが記憶されている。演出制御パターンは、パチンコ遊技機1における遊技の進行状況に応じて実行される各種の演出動作に対応して、その制御内容を示すデータなどから構成されている。演出制御パターンテーブルには、例えば特図変動時演出制御パターンと、予告演出制御パターンと、各種演出制御パターン等が、格納されていればよい。

0083

特図変動時演出制御パターンは、複数種類の変動パターンに対応して、特図ゲームにおいて特別図柄の変動が開始されてから特図表示結果となる確定特別図柄が導出表示されるまでの期間における、演出図柄の変動表示動作やリーチ演出、再抽選演出などにおける演出表示動作、あるいは、演出図柄の変動表示を伴わない各種の演出表示動作といった、様々な演出動作の制御内容を示すデータなどから構成されている。予告演出制御パターンは、例えば、予め複数パターンが用意された予告パターンに対応して実行される予告演出となる演出動作の制御内容を示すデータなどから構成されている。各種演出制御パターンは、パチンコ遊技機1における遊技の進行状況に応じて実行される各種の演出動作に対応して、その制御内容を示すデータなどから構成されている。

0084

特図変動時演出制御パターンのうちには、例えばリーチ演出を実行する変動パターンごとに、それぞれのリーチ演出における演出態様を異ならせた複数種類のリーチ演出制御パターンが含まれてもよい。

0085

尚、演出図柄の変動表示中において実行される予告演出としては、例えば、後述するように第2可動体320及び第1可動体340が移動する可動予告や、遊技者がスティックコントローラ31Aまたはプッシュボタン31Bを操作したことを条件に実行される操作予告、所定の画像が段階的に切り替わるステップアップ予告キャラクタが登場してセリフを喋るセリフ予告、所定の画像が割込み表示されるカットイン予告といった大当りの可能性を示唆する大当り予告演出や、リーチになるか否かを示唆するリーチ予告、擬似連になるか否かを予告する擬似連予告、停止図柄を予告する停止図柄予告、遊技状態が確率変動状態であるか否か(潜伏しているか否か)を予告する潜伏予告といったように、可変表示開始時やリーチ成立時において実行される複数の予告を含む。

0086

次に、本実施例におけるパチンコ遊技機1の動作(作用)を説明する。主基板11では、所定の電源基板からの電力供給が開始されると、遊技制御用マイクロコンピュータ100が起動し、CPU103によって遊技制御メイン処理となる所定の処理が実行される。遊技制御メイン処理を開始すると、CPU103は、割込み禁止に設定した後、必要な初期設定を行う。この初期設定では、例えばRAM102がクリアされる。また、遊技制御用マイクロコンピュータ100に内蔵されたCTC(カウンタタイマ回路)のレジスタ設定を行う。これにより、以後、所定時間(例えば、2ミリ秒)ごとにCTCから割込み要求信号がCPU103へ送出され、CPU103は定期的にタイマ割込み処理を実行することができる。初期設定が終了すると、割込みを許可した後、ループ処理に入る。尚、遊技制御メイン処理では、パチンコ遊技機1の内部状態を前回の電力供給停止時における状態に復帰させるための処理を実行してから、ループ処理に入るようにしてもよい。

0087

こうした遊技制御メイン処理を実行したCPU103は、CTCからの割込み要求信号を受信して割込み要求を受け付けると、遊技制御用タイマ割込み処理を実行する。遊技制御用タイマ割込み処理を開始すると、CPU103は、まず、所定のスイッチ処理を実行することにより、スイッチ回路110を介してゲートスイッチ21、第1始動口スイッチ22A、第2始動口スイッチ22B、カウントスイッチ23といった各種スイッチから入力される検出信号の状態を判定する。続いて、所定のメイン側エラー処理を実行することにより、パチンコ遊技機1の異常診断を行い、その診断結果に応じて必要ならば警告を発生可能とする。この後、所定の情報出力処理を実行することにより、例えばパチンコ遊技機1の外部に設置されたホール管理用コンピュータに供給される大当り情報始動情報確率変動情報などのデータを出力する。

0088

情報出力処理に続いて、主基板11の側で用いられる乱数値MR1〜MR4といった遊技用乱数の少なくとも一部をソフトウェアにより更新するための遊技用乱数更新処理を実行する。この後、CPU103は、特別図柄プロセス処理を実行する。特別図柄プロセス処理では、遊技制御フラグ設定部(図示略)に設けられた特図プロセスフラグの値をパチンコ遊技機1における遊技の進行状況に応じて更新し、第1特別図柄表示器4Aや第2特別図柄表示器4Bにおける表示動作の制御や、特別可変入賞球装置7における大入賞口の開閉動作設定などを、所定の手順で行うために、各種の処理が選択されて実行される。

0089

特別図柄プロセス処理に続いて、普通図柄プロセス処理が実行される。CPU103は、普通図柄プロセス処理を実行することにより、普図表示結果判定用の乱数値MR4を用いて普通図柄の変動表示態様を決定し、普通図柄表示器20における表示動作(例えばセグメントLEDの点灯、消灯など)を制御して、普通図柄の変動表示や普通可変入賞球装置6Bにおける可動翼片の傾動動作設定などを可能にする。

0090

普通図柄プロセス処理を実行した後、CPU103は、コマンド制御処理を実行することにより、主基板11から演出制御基板12などのサブ側の制御基板に対して制御コマンドを伝送させる。これらの一例として、コマンド制御処理では、遊技制御バッファ設定部に設けられた送信コマンドバッファの値によって指定されたコマンド送信テーブルにおける設定に対応して、I/O105に含まれる出力ポートのうち、演出制御基板12に対して演出制御コマンドを送信するための出力ポートに制御データをセットした後、演出制御INT信号の出力ポートに所定の制御データをセットして演出制御INT信号を所定時間にわたりオン状態としてからオフ状態とすることなどにより、コマンド送信テーブルでの設定に基づく演出制御コマンドの伝送を可能とする。コマンド制御処理を実行した後には、割込み許可状態に設定してから、遊技制御用タイマ割込み処理を終了する。

0091

特別図柄プロセス処理において、CPU103は、まず、始動入賞判定処理を実行する。該始動入賞判定処理を実行した後、CPU103は、遊技制御フラグ設定部に設けられた特図プロセスフラグの値に応じた処理のいずれかを選択して実行する。

0092

始動入賞処理では、第1始動口スイッチ22Aや第2始動口スイッチ22Bによる第1始動入賞や第2始動入賞があったか否かを判定し、入賞があった場合には、特図表示結果判定用の乱数値MR1、大当り種別判定用の乱数値MR2、変動パターン判定用の乱数値MR3を抽出して、第1始動入賞である場合には、第1特図保留記憶部における空きエントリ最上位に格納し、第2始動入賞である場合には、第2特図保留記憶部における空きエントリの最上位に格納する。

0093

特別図柄通常処理では、第1特図保留記憶部や第2特図保留記憶部に記憶されている保留データの有無などに基づいて、第1特別図柄表示器4Aや第2特別図柄表示器4Bによる特図ゲームを開始するか否かの判定が行われる。また、特別図柄通常処理では、特図表示結果判定用の乱数値MR1を示す数値データに基づき、特別図柄や演出図柄の変動表示結果を「大当り」とするか否かを、その変動表示結果が導出表示される前に決定(事前決定)する。さらに、特別図柄通常処理では、特図ゲームにおける特別図柄の変動表示結果に対応して、第1特別図柄表示器4Aや第2特別図柄表示器4Bによる特図ゲームにおける確定特別図柄(大当り図柄やハズレ図柄のいずれか)が設定される。

0094

変動パターン設定処理には、変動表示結果を「大当り」とするか否かの事前決定結果などに基づき、変動パターン判定用の乱数値MR3を示す数値データを用いて変動パターンを複数種類のいずれかに決定する処理などが含まれている。

0095

特別図柄通常処理や変動パターン設定処理により、特別図柄の変動表示結果となる確定特別図柄や特別図柄及び演出図柄の変動表示時間を含む変動パターンが決定される。すなわち、特別図柄通常処理や変動パターン設定処理は、特図表示結果判定用の乱数値MR1、大当り種別判定用の乱数値MR2、変動パターン判定用の乱数値MR3を用いて、特別図柄や演出図柄の変動表示態様を決定する処理を含んでいる。

0096

特別図柄変動処理には、第1特別図柄表示器4Aや第2特別図柄表示器4Bにおいて特別図柄を変動させるための設定を行う処理や、その特別図柄が変動を開始してからの経過時間を計測する処理などが含まれている。また、特別図柄停止処理には、第1特別図柄表示器4Aや第2特別図柄表示器4Bにて特別図柄の変動を停止させ、特別図柄の変動表示結果となる確定特別図柄を停止表示(導出)させるための設定を行う処理が含まれている。そして、遊技制御フラグ設定部に設けられた大当りフラグがオンとなっているか否かの判定などが行われる。

0097

大当り開放前処理には、変動表示結果が「大当り」となったことなどに基づき、大当り遊技状態においてラウンドの実行を開始して大入賞口を開放状態とするための設定を行う処理などが含まれている。大当り開放中処理には、大入賞口を開放状態としてからの経過時間を計測する処理や、その計測した経過時間やカウントスイッチ23によって検出された遊技球の個数などに基づいて、大入賞口を開放状態から閉鎖状態に戻すタイミングとなったか否かを判定する処理などが含まれている。大当り開放後処理には、大入賞口を開放状態とするラウンドの実行回数が大入賞口開放回数最大値に達したか否かを判定する処理や、大入賞口開放回数最大値に達した場合に大当り終了指定コマンドを送信するための設定を行う処理などが含まれている。大当り終了処理には、演出表示装置5やスピーカ8L,8R、演出用LED9などといった演出装置により、大当り遊技状態の終了を報知する演出動作としてのエンディング演出が実行される期間に対応した待ち時間が経過するまで待機する処理や、大当り遊技状態の終了に対応して確変制御や時短制御を開始するための各種の設定(確変フラグや時短フラグのセット)を行う処理などが含まれている。

0098

尚、大当り終了処理においては、遊技制御バッファ設定部(図示略)に記憶されている大当り種別バッファ値を読み出して、大当り種別が「非確変大当り」、「確変大当り」のいずれであったかを特定する。そして、特定した大当り種別が「非確変大当り」ではないと判定された場合には、確変制御を開始するための設定(確変フラグのセット)を行う。また、特定した大当り種別が「非確変大当り」である場合には、時短制御を開始するための設定(時短フラグのセットと時短制御中に実行可能な特図ゲームの上限値に対応して予め定められたカウント初期値(本実施例では「100」)を時短回数カウンタにセット)を行う。

0099

次に、演出制御基板12の動作を説明する。先ず、演出制御用CPU120は、電源投入されると、メイン処理の実行を開始する。メイン処理では、まず、RAM領域のクリアや各種初期値の設定、また演出制御の起動間隔(例えば、2ms)を決めるためのタイマの初期設定等を行うための初期化処理を行う。その後、演出制御用CPU120は、タイマ割込フラグの監視を行うループ処理に移行する。タイマ割込が発生すると、演出制御用CPU120は、タイマ割込処理においてタイマ割込フラグをセットする。メイン処理において、タイマ割込フラグがセット(オン)されていたら、演出制御用CPU120は、そのフラグをクリアし、以下の処理を実行する。

0100

演出制御用CPU120は、まず、受信した演出制御コマンドを解析し、受信した演出制御コマンドに応じたフラグをセットする処理等を行う(コマンド解析処理)。このコマンド解析処理において演出制御用CPU120は、受信コマンドバッファに格納されている主基板11から送信されてきたコマンドの内容を確認する。尚、遊技制御用マイクロコンピュータ100から送信された演出制御コマンドは、演出制御INT信号にもとづく割込処理で受信され、RAMに形成されているバッファ領域に保存されている。コマンド解析処理では、バッファ領域に保存されている演出制御コマンドがどのコマンドであるのか解析する。

0101

次いで、演出制御用CPU120は、演出制御プロセス処理を行う。演出制御プロセス処理では、制御状態に応じた各プロセスのうち、現在の制御状態(演出制御プロセスフラグ)に対応した処理を選択して演出表示装置5の表示制御を実行する。

0102

次いで、大当り図柄判定用乱数などの演出用乱数を生成するためのカウンタのカウント値を更新する演出用乱数更新処理を実行し、その後、タイマ割込フラグの監視処理に移行する。

0103

次に、図3図14に基づいて、演出ユニット300について説明する。図3は、演出ユニットを示す正面図である。図4は、(A)は図3におけるA−A断面図であり、(B)は図4(A)におけるB−B断面図である。図5は、第1可動体が第2待機位置に配置されている状態を示す正面図である。図6は、第2可動体が第2移動位置に配置されている状態を示す正面図である。図7は、第2可動体が第2移動位置から第2待機位置に向けて移動する状態を示す正面図である。図8は、第2可動体の内部構造を示す図である。図9は、第1可動体が第1待機位置に配置されている状態を示す正面図である。図10は、第1可動体が第2移動位置に配置されている状態を示す正面図である。図11は、第1可動体が第1移動位置から第1待機位置に向けて移動する状態を示す正面図である。図12は、(A)は図11におけるC−C断面図であり、(B)は第1可動体が第1待機位置から第1移動位置に向けて移動する際のC−C断面図である。図13は、(A)は第1可動体が第1待機位置に配置されており、第2可動体が第2待機位置に配置されている状態を示す正面図であり、(B)は第1可動体が第1待機位置から第1移動位置に向けて移動するとともに第2可動体が第2待機位置から第2移動位置に向けて移動する状態を示す正面図であり、(C)は図13(A)の側面図であり、(D)は図13(B)の側面図である。図14は、(A)は第1可動体と第2可動体とが正面視で重複する状態を示す正面図であり、(B)は第1可動体が第1移動位置に配置され、第2可動体が第2移動位置に配置された状態を示す正面図であり、(C)は図14(A)の側面図であり、(D)は図14(B)の側面図である。

0104

図3及び図4(A)に示すように、演出ユニット300は、遊技盤2と該遊技盤2の後方に設けられる演出表示装置5との間に設けられた第2ベース部材310と、該第2ベース部材310に対して上下方向に移動可能に設けられた第2可動体320と、第2ベース部材310と演出表示装置5との間に設けられた第1ベース部材330と、該第1ベース部材330に対して上下方向に移動可能に設けられた第1可動体340と、を有している。

0105

第2ベース部材310は、非透光性部材により、正面視で演出表示装置5の左方に配置される第2ベース部材左部310Lと、演出表示装置5の右方に配置される第2ベース部材右部310Rと、これら第2ベース部材左部310Lの下端部と第2ベース部材右部310Rとの下端部とに亘って形成された第2ベース部材中央部310Cとから構成されており、正面視で上向きコ字形状に形成されている。また、第2可動体320は、第2ベース部材左部310Lと第2ベース部材右部310Rとに設けられた後述する補助移動体313L,313Rや上昇装置314L,314R等によって、第1ベース部材330と第2ベース部材310との間で上下方向に移動可能(昇降可能)となっている。本実施例では、第2ベース部材中央部310Cの後方を第2可動体320の第2待機位置(図5参照)とし、演出表示装置5の前方を第2可動体320の第2移動位置(図6参照)と定義する。尚、図1に示すように、第2可動体320が第2待機位置に配置されている状態では、第2可動体320は第2ベース部材中央部310Cによって正面視で遊技者から視認不能となるように隠蔽されている。

0106

第1ベース部材330は、正面視で演出表示装置5の左方に配置される第1ベース部材左部330Lと、演出表示装置5の右方に配置される第1ベース部材右部330Rと、これら第1ベース部材左部330Lの下端部と第1ベース部材右部330Rとの下端部とに亘って形成された第1ベース部材中央部330Cとから構成されており、正面視で下向きコ字形状に形成されている。また、第1可動体340は、第1ベース部材左部330Lと第1ベース部材右部330Rとに設けられた後述する補助移動体333L,333R等によって、第1ベース部材330と第2ベース部材310との間であって第2可動体320の後側において上下方向に移動可能(昇降可能)となっている。本実施例では、第1ベース部材中央部330Cの前方を第1可動体340の第1待機位置(図9参照)とし、演出表示装置5の前方を第1可動体340の第1移動位置(図10参照)と定義する。尚、図1に示すように、第1可動体340が第1待機位置に配置されている状態では、第1可動体340はセンター飾り枠51等により一部のみが正面視で遊技者から視認不能となるように隠蔽されており、大部分が正面視で遊技者から視認可能となっている。

0107

図5に示すように、第2ベース部材左部310Lの背面側下部には、第2可動体320を第2移動位置から第2待機位置に向けて移動させるための第2可動体下降用モータ311Lが設けられている。第2可動体下降用モータ311Lは上下方向を向く駆動軸を有しており、該駆動軸は第2可動体下降用モータ311Lが駆動することにより上下方向を向く軸心回りに回転可能となっている。

0108

第2ベース部材左部310Lの背面側には、上下方向を向く昇降用ボルト312Lが配置されている。この昇降用ボルト312Lの上下端部は、昇降用ボルト312Lが上下方向を向く軸心回りに回転可能なように第2ベース部材左部310Lに枢支されている。また、昇降用ボルト312Lの下端部には第2可動体下降用モータ311Lの駆動軸に取り付けられた駆動ギアと噛合する従動ギアが取り付けられており、昇降用ボルト312Lは駆動ギアと従動ギアによって伝達される第2可動体下降用モータ311Lの駆動力によって回転するようになっている。

0109

また、図4(A)及び図4(B)に示すように、昇降用ボルト312Lの外周面には螺旋状溝312aが形成されている。この昇降用ボルト312Lの外周には、補助移動体313Lが装着されている。補助移動体313Lには、内周面に螺旋状溝312aに係合可能な係合突起313aが形成された上下方向に貫通する貫通孔313bが形成されている。

0110

補助移動体313Lは略立方体形状に形成され、正面には上下方向に延びる2条の突起部313cが左右に形成されており、第2ベース部材左部310Lの背面に接している。このため、補助移動体313Lは、第2可動体下降用モータ311Lにより昇降用ボルト312Lが軸心回りに回転したときに該昇降用ボルト312Lとともに回転することが規制された状態で、螺旋状溝312aと係合突起313aとの係合作用により、昇降用ボルト312Lに沿って上下に移動するようになっている。尚、補助移動体313Lは、上下に移動する際、突起部313c,313cの前端部のみが第2ベース部材左部310Lの背面に摺接するため、第2ベース部材左部310Lと補助移動体313Lとの間で発生する摩擦を小さく抑えることができるようになっている。

0111

第2ベース部材左部310Lの背面側上部には、補助移動体313Lを検出するための検出センサ317Lが設けられている。演出制御用CPU120は、検出センサ317Lにて補助移動体313Lが検出されることにより、補助移動体313Lが待機位置に配置されたとして第2可動体下降用モータ311Lの駆動を停止するようになっている。

0112

第2ベース部材左部310Lの背面側上部には、第2可動体320を第2待機位置から第2移動位置に向けて上昇させるための上昇装置314Lが設けられている。この上昇装置314L内には、ワイヤ等のケーブル314aを巻き取る巻取機構(図示略)が設けられている。ケーブル314aの一端部は第2可動体320の左端部に接続され、他端部は巻取機構に接続されている。また、ケーブル314aには、上昇装置314L内から引き出されることにより巻取機構により巻取られる方向(上方向)に付勢力が働くようになっており、該付勢力によって第2可動体320を第2待機位置から第2移動位置に向けて上昇するようになっている。

0113

尚、図5に示すように、第2ベース部材右部310Rの背面側には、第2ベース部材左部310Lの背面側に設けられた第2可動体下降用モータ311L、昇降用ボルト312L、補助移動体313L、上昇装置314Lと同一構成の第2可動体下降用モータ311R、昇降用ボルト312R、補助移動体313R、上昇装置314Rが、第2ベース部材左部310Lと左右対称となるように設けられている。

0114

尚、第2ベース部材左部310Lの背面側左端部には、ソレノイド315が設けられている。このソレノイド315は、プランジャを右方に向けて突出可能に固定されている。尚、プランジャには付勢バネ環装されており、ソレノイド315が非励起状態(オフ状態)であるときは付勢バネの付勢力によりプランジャが右方に向けて突出され、ソレノイド315が励起状態(オン状態)であるとき付勢バネの付勢力に抗してプランジャがソレノイド315の本体内(左方)に向けて退避するようになっている。また、ソレノイド315のプランジャの右端部には係止片316が設けられている。この係止片316の下端部は、第2待機位置に配置されている第2可動体320の左端部に上方から当接する水平面に形成されている一方で、右部は下方から上方にかけて左方向に傾斜を成す傾斜面316aに形成されている。

0115

このため、本実施例では、係止片316の下端部が第2待機位置に配置されている第2可動体320に上方から当接するため、上昇装置314L,314Rによる上方向への付勢力に抗して、第2可動体320を第2待機位置に保持することが可能となっている。

0116

図5に示すように、第2可動体320の左右両端部には、上下方向を向く図示しない貫通孔が形成されており、第2可動体320の左端部に形成された貫通孔には昇降用ボルト312Lが、第2可動体320の右端部に形成された貫通孔には昇降用ボルト312Rがそれぞれ挿通されている。このため、本実施例における第2可動体320は、左右両端部を昇降用ボルト312L,312Rでガイドされた状態で第2待機位置と第2移動位置との間を上下方向に移動可能となっている。

0117

第2可動体320の正面視での略中央部には、第2可動体320を前後方向に貫通する貫通孔320aが形成されている。そして、第2可動体320の正面における貫通孔320aの左方と右方には、塗料等で第2可動体320の他の箇所とは異なる色にて装飾された装飾部320L,320Rが形成されている。尚、これら装飾部320L,320Rは、正面視で略逆ハの字状に形成されている。

0118

また、第2可動体320の背面側には、一対の可動片321L,321Rが前後方向を向く枢軸にて回動可能に枢支されている。図6に示すように、これら可動片321L,321Rは、第2可動体320の後方に配置される収納位置と該第2可動体320の上方に突出する突出位置との間で回動可能となっている。これら可動片321L,321Rは、装飾部320L,320Rと同一色に配色されている。そして、可動片321Lは突出位置へ回動することにより正面視で装飾部320Lと一直線状に配置されるようになっている。

0119

尚、図8に示すように、第2可動体320内には可動片321L,321Rを回動させるためのモータや、該モータの駆動力を可動片321L,321Rに伝達するための複数のギア等を内蔵した変形駆動用ギア機構322が内蔵されている。

0120

次に、以上のように構成された第2可動体320の第2待機位置と第2移動位置との間の移動について説明する。先ず、図5及び図6に示すように、第2可動体320が第2待機位置に配置されている状態では、補助移動体313Lは昇降用ボルト312Lの上端の待機位置に位置している。この状態でソレノイド315が励起状態(オン状態)となることで係止片316がソレノイド315側(左側)に退避して係止片316の第2可動体320への当接が解除される。

0121

係止片316の第2可動体320への当接が解除されると、上昇装置314L,314Rによる付勢力によりケーブル314aが巻き取られる。このとき、第2可動体320にはケーブル314aの一端部が接続されているため、第2可動体320はケーブル314aとともに昇降用ボルト312L,312Rに沿って第2待機位置から第2移動位置に向けて移動を開始する。

0122

そして、図6に示すように、第2可動体320が第2移動位置まで移動すると、第2可動体320の左端部が補助移動体313Lの下端部に当接するとともに、第2可動体320の右端部が補助移動体313Rの下端部に当接し、第2可動体320の移動(上昇)が停止する。また、第2可動体320が第2待機位置から第2移動位置へ移動するまでの間、変形駆動用ギア機構322に内蔵されたモータは、正転駆動することにより可動片321L,321Rを第2可動体320の後方から第2可動体320の上方まで回動させる。

0123

尚、本実施例では、第2可動体320は、第2待機位置から第2移動位置まで移動しつつ形状を変形させるようになっているが、本発明はこれに限定されるものではなく、第2可動体320は、上記のように第2待機位置から第2移動位置まで移動する間に変形させるものだけでなく、第2移動位置に移動を開始する前や、第2移動位置に移動した後など、第2可動体320の移動に関連して変形させるようにしてもよい。

0124

また、第2可動体320は、後述するように、第2移動位置に配置されることにより、上端部が第1移動位置に配置された状態の第1可動体340の上端部(より正確には第1可動体上部340Tの上端部)よりも上方に配置される(図14(B)参照)。

0125

次いで、第2可動体320を第2移動位置から第2待機位置に向けて移動させる場合は、第2可動体下降用モータ311L,311Rを正転駆動させ、補助移動体313L,313Rを昇降用ボルト312L,312Rに沿って下方に向けて移動させる。このとき、第2可動体320には第2移動位置において補助移動体313L,313Rが上方から当接しているため、第2可動体320は、上昇装置314L,314Rにはたらく付勢力に抗して補助移動体313L,313Rによって下方に向けて押圧されながら第2移動位置から第2待機位置に向けて移動する。

0126

尚、第2可動体320は、第2移動位置から第2待機位置に向けて移動することで、左端部が係止片316に形成された傾斜面316aに摺接する。このため、第2可動体320は、係止片316をソレノイド315側(左方側)に退避させながら移動する。そして、第2待機位置への移動が完了することによって、係止片316と第2可動体320の左端部との摺接が解除され、係止片316が再び下端部において第2可動体320の左端部に上方から接するようになる。

0127

第2可動体320が第2待機位置に配置された後は、第2可動体下降用モータ311L,311Rを逆転駆動させ、補助移動体313L,313Rを昇降用ボルト312L,312Rに沿って上方に向けて移動させる。尚、第2可動体下降用モータ311L,311Rの逆転駆動は、補助移動体313L,313Rが検出センサ317L,317Rにて検出されることにより停止すればよい。

0128

尚、本実施例では、第2可動体320は、上昇装置314L,314Rとケーブル314aとにより上方に付勢されることで第2待機位置から上方の第2移動位置へ上昇するようになっていたが、上昇装置314L,314Rとケーブル314a以外の移動手段により上昇するようにしてもよい。また、第2可動体下降用モータ311L,311R、昇降用ボルト312L,312R及び補助移動体313L,313Rにより第2移動位置から第2待機位置へ移動させるようになっていたが、これら以外の移動手段により下降させるようにしてもよい。

0129

図9に示すように、第1ベース部材左部330Lの正面側上部には、第1可動体340を第1移動位置から第1待機位置に向けて移動させるための第1可動体上昇用モータ331Lが設けられている。第1可動体上昇用モータ331Lは上下方向を向く駆動軸を有しており、該駆動軸は第1可動体上昇用モータ331Lが駆動することにより上下方向を向く軸心回りに回転可能となっている。

0130

第1ベース部材左部330Lの正面側には、上下方向を向く昇降用ボルト332Lが配置されている。この昇降用ボルト332Lの上下端部は、昇降用ボルト332Lが上下方向を向く軸心回りに回転可能なように第1ベース部材左部330Lに枢支されている。また、昇降用ボルト332Lの上端部には第1可動体上昇用モータ331Lの駆動軸に取り付けられた駆動ギアと噛合する従動ギアが取り付けられており、昇降用ボルト332Lは駆動ギアと従動ギアによって伝達される第1可動体上昇用モータ331Lの駆動力によって回転するようになっている。

0131

また、第2ベース部材310に設けられた昇降用ボルト312Lと同様に、昇降用ボルト332Lの外周面には螺旋状溝が形成されている。この昇降用ボルト332Lの外周には、昇降用ボルト312Lに装着されている補助移動体313Lと同様に、内周面に螺旋状溝に係合可能な係合突起が形成された上下方向に貫通する貫通孔が形成された補助移動体333Lが装着されている。

0132

補助移動体333Lは略立方体形状に形成され、背面側には上下方向に延びる2条の突起部(図示略)が左右に形成されており、第1ベース部材左部330Lの正面に接している。このため、本実施例における補助移動体333Lは、第1可動体上昇用モータ331Lにより昇降用ボルト332Lが軸心回りに回転したときに該昇降用ボルト332Lとともに回転することが規制された状態で、螺旋状溝と係合突起との係合作用により、昇降用ボルト332Lに沿って上下に移動するようになっている。尚、補助移動体333Lは、上下に移動する際、突起部の後端部のみが第1ベース部材左部330Lの正面に摺接するため、第1ベース部材左部330Lと補助移動体333Lとの間で発生する摩擦を小さく抑えることができるようになっている。

0133

第1ベース部材左部330Lの正面側下部には、補助移動体333Lを検出するための検出センサ336Lが設けられている。演出制御用CPU120は、検出センサ336Lにて補助移動体333Lが検出されることにより、補助移動体333Lが第1移動位置に配置されたとして第1可動体上昇用モータ331Lの駆動を停止するようになっている。

0134

尚、図9に示すように、第1ベース部材右部330Rの正面側には、第1ベース部材左部330Lの背面側に設けられた第1可動体上昇用モータ331L、昇降用ボルト332L、補助移動体333L、と同一構成の第1可動体上昇用モータ331R、昇降用ボルト332R、補助移動体333Rが、第1ベース部材左部330Lと左右対称となるように設けられている。

0135

第1ベース部材左部330Lの正面側左端部には、ソレノイド334が設けられている。このソレノイド334は、プランジャを右方に向けて突出可能に固定されている。尚、プランジャには付勢バネが環装されており、ソレノイド334が非励起状態(オフ状態)であるときは付勢バネの付勢力によりプランジャが右方に向けて突出され、ソレノイド334が励起状態(オン状態)であるとき付勢バネの付勢力に抗してプランジャがソレノイド334の本体内(左方)に向けて退避するようになっている。また、ソレノイド334のプランジャの右端部には係止片335が設けられている。この係止片335の上端部は、第1待機位置に配置されている第1可動体340の左端部に下方から当接する水平面に形成されている一方で、右部は上方から下方にかけて左方向に傾斜を成す傾斜面335aに形成されている。

0136

このため、本実施例では、係止片335の上端部が第1待機位置に配置されている第1可動体340に下方から当接するため、この係止片335によって第1可動体340を第1待機位置に保持することが可能となっている。

0137

第1ベース部材中央部330Cには、左右一対誘導板350L,350Rが設けられており、第1可動体340が第1待機位置に配置されている状態において、該誘導板350L,350R間に後述する第1可動体下部340Bの上部と第1可動体上部340Tとが配置されるようになっている。図12(A)に示すように、誘導板350Lの右側面には、第1ベース部材中央部330Cの前方から後方にかけて、上方に向けて後側に湾曲するガイド溝350aが形成されている。尚、特に図示しないが、誘導板350Rは誘導板350Lと左右対称の構成となっており、左側面には誘導板350Lの右側面に形成されているガイド溝350aと同一のガイド溝が形成されている。

0138

図9に示すように、第1可動体340は、第1可動体下部340Bと、該第1可動体下部340Bの上方に配置された第1可動体上部340Tとから主に構成されている。第1可動体下部340Bの左右両端部には、上下方向を向く図示しない貫通孔が形成されており、第1可動体下部340Bの左端部に形成された貫通孔には昇降用ボルト332Lが、第1可動体下部340Bの右端部に形成された貫通孔には昇降用ボルト332Rがそれぞれ挿通されている。このため、本実施例における第1可動体340は、左右両端部を昇降用ボルト332L,332Rでガイドされた状態で第1待機位置と第1待機位置との間を上下方向に移動可能となっている。第1可動体340の正面には、塗料等で第1可動体340の他の箇所とは異なる色にて装飾された装飾部340aが正面視で略V字形状に形成されている。

0139

図10に示すように、第1可動体上部340Tの左右両端部には、該第1可動体上部340Tの左右側方に向けて突部340c,340cが突出形成されており、これら突部340c,340cは、第1可動体340が第1待機位置に配置されている状態において、誘導板350L,350Rに形成されたガイド溝350a内に配置されている。また、第1可動体上部340Tの前面における貫通孔320aに対応する個所には、該パチンコ遊技機1のモチーフとなった作品等のキャラクタが塗料等で描かれた表示部340dが設けられている。

0140

第1可動体下部340Bの上端部と第1可動体上部340Tの下端部とは、左右方向を向く連結軸340e(図4(A)参照)により連結されており、第1可動体上部340Tは該連結軸340eを中心として第1可動体下部340Bの上方位置と第1可動体下部340Bの後方位置との間で回動可能となっている。尚、連結軸340eには、図示しないトーションバネが環装されており、第1可動体上部340Tは、該トーションバネによって第1可動体下部340Bの上方位置に向けて付勢されている。

0141

次に、以上のように構成された第1可動体340の第1待機位置と第1移動位置との間の移動について説明する。先ず、図9及び図10に示すように、第1可動体340が第1待機位置に配置されている状態では、係止片335が第1可動体340(第1可動体下部340B)の左端部に下方から当接することで、第1可動体340が第1待機位置に保持されている。このとき、第1可動体上部340Tは、突部340c,340cが誘導板350L,350Rに形成されたガイド溝350a内の上後端部に配置されているため、連結軸340eを介して第1可動体下部340Bに対し後方に折り曲げられた状態で配置されている。この状態でソレノイド334が励起状態(オン状態)となることで係止片335がソレノイド334側(左側)に退避して係止片335の第2可動体への当接が解除される。

0142

このように係止片335の第1可動体340への当接が解除されると、第1可動体340は第1待機位置から第1移動位置に向けて自重により落下する。

0143

このとき、図12(A)及び図12(B)に示すように、突部340c,340cがガイド溝350a,350aの内壁に沿って下方に向けて移動を開始する。このため、第1可動体上部340Tは、該突部340c,340cのガイド溝350a,350aに沿って移動と連結軸340eにはたらく付勢力により、第1可動体下部340Bの上方位置に移動しつつ落下する。

0144

そして、図11に示すように、第1可動体340が第1移動位置まで移動すると、第1可動体340の左端部が補助移動体333Lの上端部に当接するとともに、第1可動体340の右端部が補助移動体333Rの上端部に当接し、第1可動体340の移動(落下)が停止する。一方、第1可動体上部340Tは、第1可動体下部340Bの上方位置に配置されることで表示部340dが正面に向けて配置され、遊技者から表示部340dが視認可能となる。

0145

尚、第1可動体340は、第1移動位置に配置されることにより、下部(より正確には第1可動体下部340B)が第2移動位置に配置された状態の第2可動体320の下端部よりも下方に配置される(図14(B)参照)。

0146

次いで、第1可動体340を第1移動位置から第1待機位置に向けて移動させる場合、第1可動体上昇用モータ331L,331Rを正転駆動させ、補助移動体333L,333Rを昇降用ボルト332L,332Rに沿って上方に向けて移動させる。このとき、第1可動体340は、補助移動体333L,333Rが下方から当接しているため、補助移動体333L,333Rによって第1待機位置から第1移動位置に向けて押し上げられながら移動する。

0147

このとき、突部340c,340cは、ガイド溝350a,350a内に下方から進入する。そして、突部340c,340cは、第1可動体340が第1移動位置から第1待機位置に向けて移動していくに従って、ガイド溝350a,350a内を内壁に沿ってガイド溝350a,350a内の上後端部に向けて移動していく。このように突部340c,340cがガイド溝350a,350a内を移動していくことで、第1可動体上部340Tは、第1可動体340が第1移動位置から第1待機位置に向けて移動していくに従って、トーションバネ(図示略)の付勢力に抗して第1可動体下部340Bの後方に向けて回動していく。

0148

尚、第1可動体340は、第1移動位置から第1待機位置に向けて移動することで、左端部が係止片335に形成された傾斜面335aに摺接する。このため、第1可動体340(第1可動体下部340B)は、係止片335をソレノイド334側(左方側)に退避させながら移動する。そして、第1待機位置への移動が完了することによって、係止片335と第1可動体340の左端部との摺接が解除され、係止片335が再び上端部において第1可動体340(第1可動体下部340B)の左端部に上方から接するようになる。

0149

第1可動体340が第1待機位置に配置された後は、第1可動体上昇用モータ331L,331Rを逆転駆動させ、補助移動体333L,333Rを昇降用ボルト332L,332Rに沿って上方に向けて移動させる。尚、第1可動体上昇用モータ331L,331Rの逆転駆動は、補助移動体333L,333Rが検出センサ336L,336Rにて検出されることにより停止すればよい。

0150

尚、本実施例では、第1可動体340は、第1可動体上昇用モータ331L,331R、補助移動体333L,333R及び昇降用ボルト332L,332Rにより第1移動位置から上方の第1待機位置へ移動させるようになっていたが、上記のような第1可動体上昇用モータ331L,331R、補助移動体333L,333R及び昇降用ボルト332L,332R以外の移動手段により上昇させるようにしてもよい。また、第1可動体340は、自重により落下するようになっていたが、駆動源を有する移動手段により上下方向に移動可能に設けられていてもよい。

0151

次に、第2可動体320と第1可動体340とを移動させることによる一体的な演出としての可動予告の一例について説明する。図13(A)及び図13(C)に示すように、第2可動体320が第2待機位置に配置されており、第1可動体340が第1待機位置に配置されている状態では、演出表示装置5の表示を第2可動体320及び第1可動体340に遮られることなく視認可能となっている。

0152

この状態から前述したようにソレノイド315,334を励起状態(オン状態)とすると、図13(B)及び図13(D)に示すように、可動予告が開始されて第2可動体320が第2待機位置から第2移動位置に向けて移動(上昇)を開始するとともに、第1可動体340が第1待機位置から第1移動位置に向けて移動(落下)を開始する。また、このとき、第1可動体上部340Tは、第1可動体下部340Bの後方位置から第1可動体下部340Bの上方位置に向けて回動する。

0153

そして、図14(A)及び図14(C)に示すように、第2可動体320と第1可動体340とは、第2可動体320が第2移動位置に向けて移動するとともに第1可動体340が第1移動位置に向けて移動している途中で、正面視で前後に重複するように移動していく。このとき、変形駆動用ギア機構322に内蔵されたモータは、正転駆動することで可動片321L,321Rの第2可動体320の後方から第2可動体320の上方に向けての回動を開始する。

0154

最後に、図14(B)及び図14(D)に示すように、第2可動体320が第2移動位置に配置され、第1可動体340が第1移動位置に配置されると、第2可動体320の上端部TP2が第1可動体上部340Tの上端部TP1よりもやや上方に配置されるとともに、第1可動体340の一部である第1可動体下部340Bの下端部LP1が、第2可動体320の下端部LP2よりも下方に配置される。

0155

詳しくは、第2可動体320は、第2移動位置まで上方に向けて移動することで、少なくとも上端部TP2が下降してくる第1可動体340の前側を通過し、該第1可動体340の上端部TP1を越えて該上端部TP1の上方に配置される。一方、第1可動体340は、第1移動位置まで落下することで、少なくとも下端部LP1が上昇してくる第2可動体320の後側を通過し、該第2可動体320の下端部LP2を超えて該下端部LP2の下方に配置される。

0156

このように、第1可動体340は、第1待機位置から第1移動位置へ向けて下方に移動可能であり、第2可動体320は、第1待機位置の下方において対向する第2待機位置から第2移動位置へ向けて上方に移動可能である。つまり、第1可動体340は第2可動体320の第2待機位置へ向けて、第2可動体320は第1可動体340の第1待機位置へ向けて移動可能とされている。また、第1可動体340と第2可動体320とは、第1可動体340の第1移動範囲と第2可動体320の第2移動範囲とが一部で重複するように、互いに上下方向に移動(第1待機位置から第1移動位置に向けての移動と、第2待機位置から第2移動位置に向けての移動)したときに当接しないよう、第2可動体320が第1可動体340の前方に配置されている。

0157

そして、第1可動体340と第2可動体320とのうち一方は、第1移動位置及び第2移動位置それぞれに向けて移動する途中で他方とすれ違い、その少なくとも一部が他方の待機位置側、つまり、他方の移動範囲内に配置されるようになっている。このように、第1可動体340は他方の第2可動体320の移動範囲内まで、第2可動体320は他方の第1可動体340の移動範囲内まで移動できるようになっていることで、第1可動体340と第2可動体320それぞれの移動範囲が重複しないように設ける場合に比べて、各可動体の移動範囲を極力大きく設定することが可能となるとともに、途中ですれ違うように設けられていることで、第1可動体340と第2可動体320とによる一体的な演出(可動予告)が可能となる。

0158

また、第1可動体340が第1移動位置へ移動し、第2可動体320が第2移動位置へ移動したときに、第2可動体320の一部が、第1可動体340の一部の前面側に重複して配置され、第2可動体320において第1可動体340に重複する重複部の少なくとも一部に形成された貫通孔320aが、第1可動体上部340Tに形成された表示部340dの前面側に配置される。このため、第2可動体320よりも後方に配置されている第1可動体340の表示部340dを、遊技者側から貫通孔320aを介して視認することが可能となる。

0159

また、可動片321Lと装飾部320L、可動片321Rと装飾部320Rがそれぞれ一直線状に配置されるとともに、装飾部320Lと装飾部320Rとが装飾部340aを介して正面視で連続する。このため、第2可動体320が第2移動位置に配置されるとともに第1可動体340が第1移動位置に配置されることで、可動片321L,321R、装飾部320L,320R及び装飾部340aにより、正面視でV字をなす一の装飾部が形成されるので、第1可動体340と第2可動体320とによる一体的な演出における一体感を向上させることができる。また、これら装飾部320L,320R、321L,321R、340aを発光ダイオード(LED)などにより発光させてもよい。

0160

また、特に詳細な図示はしないが、演出制御用CPU120が上記のような可動予告を実行する際において、演出表示装置5に所定の表示(例えば、演出図柄の変動表示だけでなく、第1可動体340や第2可動体320を装飾するようなエフェクト画像の表示など)を実行することで、第1可動体340と第2可動体320とによる一体的な演出による効果を向上させてもよい。

0161

また、第1可動体340と第2可動体320とによる一体的な演出の一例として、大当りになるか否かを予告する可動予告を記載したが、本発明はこれに限定されるものではなく、大当り予告だけでなく、前述したような停止図柄予告、擬似連予告、潜伏予告等の他の予告において実行される演出であってもよいし、演出図柄の変動中における疑似連成立時、リーチ成立時、スーパーリーチ発展したとき、遊技者がスティックコントローラ31Aまたはプッシュボタン31Bを操作したときなど、種々のタイミングで実行される演出であってもよい。

0162

また、本実施例では、図14(B)に示すように、第1可動体340が第1移動位置へ移動したときに該第1可動体340の下端部LP1が演出表示装置5の下辺に配置されるようになっているが、第1可動体340の少なくとも一部が演出表示装置5の下辺よりも第2待機位置側に配置されるようにしてもよい。このようにすることで、可動予告の実行時における第1可動体340の移動距離落下距離)を延伸することができ、第1可動体340の移動による演出効果を向上させることができる。

0163

また、本実施例では、図14(B)に示すように、第2可動体320が第2移動位置へ移動したときに該第2可動体320の上端部TP2が演出表示装置5の上部に配置されるようになっているが、第2可動体320の少なくとも一部が演出表示装置5の上辺よりも第1待機位置側に配置されるようにしてもよい。このようにすることで、可動予告の実行時における第2可動体320の移動距離(上昇距離)を延伸することができ、第2可動体320の移動による演出効果を向上させることができる。

0164

以上、本実施例におけるパチンコ遊技機1にあっては、第1待機位置(第1位置)から第1移動位置へ移動可能な第1可動体340と、第1待機位置とは異なる第2待機位置(第2位置)から第2移動位置へ移動可能な第2可動体320と、を備え、第1可動体340が第1待機位置から第1移動位置へ移動し、第2可動体320が第2待機位置から第2移動位置へ移動することで、該第1可動体340と該第2可動体320とによる一体的な演出(例えば、可動予告)が可能であり、第1可動体340が第1移動位置に位置し、第2可動体320が第2移動位置に位置したときに、第1可動体の少なくとも一部(例えば、下端部LP1)が第2可動体320の下端部LP2よりも第2待機位置側に配置されることで、第1可動体340は、第2移動位置へ移動した第2可動体320を越えて第2可動体320の移動範囲内まで移動するため、一体的な演出としての可動予告を行うための移動に対する興趣を向上させることができる。

0165

また、本実施例では、第1可動体340が第1移動位置に位置し、第2可動体320が第2移動位置に位置したときに、第2可動体320の上端部TP2が第1可動体340の上端部TP1よりも第1待機位置側に配置されることで、第2可動体320は、第1移動位置へ移動した第1可動体340を越えて第1可動体340の移動範囲内まで移動する。つまり、第1可動体340と第2可動体320とは、移動途中ですれ違ってそれぞれの少なくとも一部が他方の可動体の移動範囲内に配置される位置まで移動するため、一体的な演出を行うための移動に対する興趣を向上させることができる。

0166

尚、一体的な演出とは、第1可動体340が第1待機位置から第1移動位置へ移動し、第2可動体320が第2待機位置から第2移動位置へ移動することにより行われる演出であれば、本実施例のように、第1可動体340が第1待機位置から第1移動位置へ移動し、第2可動体320が第2待機位置から第2移動位置へ移動したときに、必ずしも第1可動体340と第2可動体320との少なくとも一部が重複して配置されなくても、例えば、互いに近接または遠く離れた状態で離間して配置されてもよい。また、互いに重複または近接して配置されたときに、第1可動体340と第2可動体320とにより一の意匠(例えば、装飾部など)を構成したり、遠く離れた状態で離間して配置されても、演出表示装置5にて第1可動体340と第2可動体320とを関連させる画像を表示することで一体的に見せるものでもよい。また、第1可動体340及び第2可動体320は必ずしも同時に移動しなくても、第1可動体340と第2可動体320とのうち一方の移動に連動して他方が移動するようにしてもよい。

0167

また、第2可動体320は、第2待機位置において、第1待機位置にある第1可動体340よりも視認困難である。詳しくは、図1に示すように、第2可動体320は、第2待機位置において第2ベース部材中央部310Cの後方に配置されるため、遊技者から視認不能となることで、一体的な演出を行う際に、視認困難であった第2可動体320があたかも第1可動体340とともに第1位置から第2移動位置に移動したように見せかけることができるので、移動に対する興趣を向上させることができる。

0168

尚、本実施例では、第2可動体320は、第2待機位置において、第2ベース部材中央部310Cの背面側に配置されることで遊技者側から視認不能となっていたが、本発明はこれに限定されるものではなく、第2可動体320は、第2待機位置において第1待機位置にある第1可動体340よりも視認困難とされていれば、本実施例のように必ずしも視認不能とされなくてもよい。

0169

また、本実施例では、第2可動体320は、第2待機位置において、第1待機位置にある第1可動体340よりも視認困難とされていたが、第1可動体340は、第1待機位置において、第2待機位置にある第2可動体320よりも視認困難としてもよい。尚、第1待機位置にある第1可動体340及び第2待機位置にある第2可動体320双方を視認可能または視認不能としてもよい。

0170

また、第1可動体340と第2可動体320とのうち一方は、第1可動体340が第1移動位置に位置し、第2可動体320が第2移動位置に位置したときに他方の前側に重複する重複部(例えば、第2可動体320において第1可動体340の前側に重複する部分)を有し、該重複部の少なくとも一部に、他方を視認可能な視認部としての貫通孔320aが設けられていることで、貫通孔320aから後側の表示部340dを視認できることにより、遊技者に立体感を与えることができるため、演出効果を向上させることができる。

0171

また、第1可動体340と第2可動体320とのうち少なくとも一方(例えば、第2可動体320)を変形させることが可能な変形手段としての変形駆動用ギア機構322、可動片321L,321Rを備え、変形駆動用ギア機構322及び可動片321L,321Rは、第1可動体340と第2可動体320とのうち少なくとも一方の移動に関連して変形させる。このように、一体的な演出を行う際に第2可動体320が変形することにより、移動に対する興趣を向上させることができる。

0172

また、第1可動体340は、該第1可動体340が第1移動位置から第1待機位置へ移動するときに、該第1可動体340の移動方向とは異なる方向である後方に折れ曲がる折曲部としての第1可動体上部340Tを有することで、第1待機位置にある第1可動体340の移動方向(上下方向)の長さ寸法を、第1可動体上部340Tの上下方向の長さ寸法分短くすることができるので、コンパクトな状態で第1可動体340を第1待機位置に配置することができる。

0173

以上、本発明の実施例を図面により説明してきたが、具体的な構成はこれら実施例に限られるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲における変更や追加があっても本発明に含まれる。

0174

例えば、前記実施例では、本発明における一体的な演出として、第2可動体320が演出表示装置5の下方位置である第2待機位置から第2移動位置に向けて移動するとともに、第1可動体340が演出表示装置5の上方位置である第1待機位置から第1移動位置に向けて移動することで、第2可動体320の上端部TP2が第1可動体340の上端部TP1よりも第1待機位置側に配置されるとともに、第1可動体340の下端部LP1が第2可動体320の下端部LP2よりも第2待機位置側に配置される可動予告を例示したが、本発明はこれに限定されるものではなく、図15(A)に変形例1として示すように、一体的な演出として、第2可動体320が第2待機位置から第2移動位置に向けて移動するとともに、第1可動体340が第1待機位置から第1移動位置に向けて移動することで、第2可動体320と第1可動体340の上端部TP1,TP2が上下方向の略同位置に配置される一方で、第1可動体340の下端部LP1が第2可動体320の下端部LP1よりも第2待機位置側に配置されるようにしてもよい。

0175

また、特に図示しないが、第2可動体320が第2待機位置から第2移動位置に向けて移動するとともに、第1可動体340が第1待機位置から第1移動位置に向けて移動することで、第2可動体320と第1可動体340の下端部LP1,LP2が上下方向の略同位置に配置される一方で、第2可動体320の上端部TP2が第1可動体340の上端部TP1よりも第1待機位置側に配置されるようにしてもよい。

0176

また、前記実施例では、本発明における一体的な演出として、第2可動体320が演出表示装置5の下方位置である第2待機位置から第2移動位置に向けて移動するとともに、第1可動体340が演出表示装置5の上方位置である第1待機位置から第1移動位置に向けて移動することで、第2可動体320の上端部TP2が第1可動体340の上端部TP1よりも第1待機位置側に配置されるとともに、第1可動体340の下端部LP1が第2可動体320の下端部LP2よりも第2待機位置側に配置される可動予告を例示したが、本発明はこれに限定されるものではなく、可動予告としては、図15(B)に変形例2として示すように、第2可動体320が第2待機位置から第2移動位置に向けて移動するとともに、第1可動体340が第1待機位置から第1移動位置に向けて移動することで、第2可動体320の下端部LP2と第1可動体340の上端部TP1とが上下方向の略同位置に配置されるようにしてもよい。つまり、第1可動体340と第2可動体320とがすれ違った後、互いに近接した状態で上下に並設されてもよい。

0177

また、前記実施例では、本発明における一体的な演出として、第2可動体320が演出表示装置5の下方位置である第2待機位置から第2移動位置に向けて移動するとともに、第1可動体340が演出表示装置5の上方位置である第1待機位置から第1移動位置に向けて移動することで、第2可動体320の上端部TP2が第1可動体340の上端部TP1よりも第1待機位置側に配置されるとともに、第1可動体340の下端部LP1が第2可動体320の下端部LP2よりも第2待機位置側に配置される可動予告を例示したが、本発明はこれに限定されるものではなく、可動予告としては、図15(C)に変形例3として示すように、第2可動体320が第2待機位置から第2移動位置に向けて移動するとともに、第1可動体340が第1待機位置から第1移動位置に向けて移動することで、第2可動体320の下端部LP2が第1可動体340の上端部TP1よりも第1待機位置側に配置されるようにしてもよい。つまり、第1可動体340と第2可動体320とがすれ違った後、互いに上下に離れて配置されてもよい。

0178

また、前記実施例では、一体的な演出として、第2可動体320と第1可動体340とが、演出表示装置5を挟んで上下に対向して設けられた第1待機位置及び第2待機位置それぞれから、他方の待機位置へ向けて上下方向に直線的に移動する可動予告を例示したが、本発明はこれに限定されるものではなく、一体的な演出として、図15(D)に変形例4として示すように、例えば、第2可動体320を演出表示装置5の左下方である第2待機位置と、演出表示装置5の正面右部である第2移動位置との間で曲線状に移動させるとともに、第1可動体340を演出表示装置5の右下方である第1待機位置と、演出表示装置5の正面左部である第1移動位置との間で曲線状に移動させるようにしてもよい。

0179

つまり、第1待機位置と第2待機位置とは、前記実施例のように互いに対向して配置されていなくてもよく、上記のように左右に並設されていてもよいし、第1待機位置に対し第2待機位置が左斜め下方または右斜め下方に配置されていてもよい。例えば、第1待機位置に対し第2待機位置を左斜め下方または右斜め下方に配置した場合、第1可動体340と第2可動体320とを他方の待機位置へ向けて斜め上下方向に移動可能とすればよい。また、上記のように、第1可動体340と第2可動体320とは、必ずしも他方の可動体の待機位置へ向けて移動するものでなくてもよい。

0180

また、前記実施例では、第2可動体320が演出表示装置5の下方位置である第2待機位置から第2移動位置に向けて移動するとともに、第1可動体340が演出表示装置5の上方位置である第1待機位置から第1移動位置に向けて移動する際に、移動途中で第2可動体320が第1可動体340の前側を通過する(前後に重複)ように移動する形態を例示したが、本発明はこれに限定されるものではなく、例えば、第2可動体320と第1可動体340とが移動途中で前後に重複しないようにしてもよい。

0181

具体的には、特に図示はしないが、例えば、第1可動体340の第1待機位置を演出表示装置5の上方左側に配置し、第2可動体320の第2待機位置を演出表示装置5の下方右側に配置し、それぞれを上下方向に移動可能としても良く、この場合、第1可動体340を第1移動位置へ移動し、第2可動体320を第2移動位置へ移動したとき、第1可動体340と第2可動体320とが左右に並んで配置される。このようにした場合でも、第1可動体340の少なくとも下端部LP1が第2可動体320の下端部LP2よりも第2待機位置側に配置されている、もしくは、第2可動体320の少なくとも上端部TP2が第1可動体340の上端部TP1よりも第1待機位置側に配置されていればよい。

0182

また、前記実施例では、第2可動体320と第1可動体340とが上下方向に移動する形態を例示したが、本発明はこれに限定されるものではなく、第2可動体320と第1可動体340とを左右方向や斜め方向に移動するようにしてもよい。

0183

また、前記実施例では、第1可動体340は、演出表示装置5の上方の第1待機位置から演出表示装置5の前面側の第1移動位置へ移動可能とされ、第2可動体320は、演出表示装置5の下方の第2待機位置から演出表示装置5の前面側の第2移動位置へ移動可能とされていたが、本発明はこれに限定されるものではなく、第1待機位置や第2待機位置において演出表示装置5の上方や下方に退避するように配置されるものだけでなく、第1待機位置や第2待機位置において少なくとも一部が演出表示装置5の前面側に重複するように配置されるものであってもよい。また、第1移動位置や第2移動位置において演出表示装置5の前面側に重複しないようにしてもよい。つまり、演出表示装置5以外の個所に移動可能に設けられていてもよい。

0184

また、前記実施例では、可動片321L,321Rが第2可動体320の後方から第2可動体320の上方に移動することで第2可動体320が変形する形態を例示したが、本発明はこれに限定されるものではなく、第1可動体340が変形するようにしてもよいし、第2可動体320及び第1可動体340双方が変形するようにしてもよい。また、第2可動体320及び第1可動体340のいずれも変形しないようにしてもよい。

0185

また、前記実施例では、変形駆動用ギア機構322により可動片321L,321Rを作動させることにより、第2可動体320を変形する形態を例示したが、ギア機構以外の駆動機構で可動片321L,321Rを作動させることにより第2可動体320を変形させてもよい。また、例えば、第2可動体320の移動を利用して可動片321L,321Rを連動させる駆動源を有しないリンク機構等を利用して変形させてもよい。

0186

また、第2可動体320に作動可能に設けられた可動片321L,321Rのような可動部を作動させることにより、第2可動体320の少なくとも一部を変形させるものだけでなく、第2可動体320の一部を折り曲げたり突出させたり、分割させたりすることにより変形させてもよい。

0187

また、前記実施例では、第1可動体340が第1移動位置から第1待機位置に移動することで、第1可動体上部340Tが第1可動体下部340Bの上方位置から後方位置に向けて回動する形態を例示したが、本発明はこれに限定されるものではなく、第1可動体上部340Tは、第1可動体340が第1移動位置から第1待機位置に移動することで、第1可動体下部340Bに対し左右側方や下方に向けて回動するようにしてもよい。つまり、第1可動体340の移動方向とは異なる方向へ移動するようにすればよい。

0188

また、前記実施例では、本発明における折曲部として、第1可動体340を構成する第1可動体上部340Tと第1可動体下部340Bとのうち上方の第1可動体上部340Tとされていたが、本発明はこれに限定されるものではなく、本発明における折曲部は、第1可動体340を構成する第1可動体上部340Tと第1可動体下部340Bとのうち第1可動体下部340Bとしてもよい。また、第1可動体340を構成する一の部材の一部を弾性部材等により折り曲げ可能に形成することで折曲部を構成してもよいし、蛇腹状の複数の部材にて折曲部を構成してもよい。

0189

また、前記実施例では、第2可動体320に前後方向に貫通する貫通孔320aを形成し、可動予告の実行時に該貫通孔320aを介して第2可動体320の後方に配置された第1可動体340の表示部340dを視認可能とした形態を例示したが、本発明はこれに限定されるものではなく、第2可動体320における第1可動体340との重複部のうち少なくとも一部を透光性部材等で構成し、該透光性部材等で構成されている箇所を透して表示部340dを視認可能なようにしてもよい。

0190

また、前記実施例では、第1可動体340と第2可動体320とによる一体的な演出として、リーチ成立時に実行する可動予告を実行する形態を例示したが、本発明はこれに限定されるものではなく、第1可動体340と第2可動体320とによる一体的な演出としては、演出図柄が大当りの組合せで表示される際に実行される大当り確定演出、大当り中に実行される大当り中演出、大当り中において実行されるラウンド数を報知するラウンド数報知(ラウンド昇格)演出、確率変動図柄ではない通常大当り図柄にて大当りとなった大当り遊技中において、該大当り終了後に高確率状態に移行することを報知する昇格報知演出や、大当り終了後に高確率状態に移行することが報知されていない状態において高確率状態に制御されている可能性を示唆する潜伏報知演出、大当り中または終了時に記憶されている保留にて大当りが発生することを報知する保留内連荘報知演出等、リーチ成立時以外に実行する演出であってもよい。

0191

また、前記実施例では、遊技機の一例としてパチンコ遊技機1を例示しているが、本発明はこれに限定されるものではなく、例えば、予め定められた球数の遊技球が遊技機内部に循環可能に内封され、遊技者による貸出要求に応じて貸し出された貸出球や、入賞に応じて付与された賞球数加算される一方、遊技に使用された遊技球数が減算されて記憶される、所謂、封入式遊技機にも本発明を適用可能である。尚、これら封入式遊技機においては遊技球ではなく得点ポイントが遊技者に付与されるので、これら付与される得点やポイントが遊技価値に該当する。

0192

また、本実施例では、変動時間及びリーチ演出の種類等の変動態様を示す変動パターンを演出制御用CPU120に通知するために、変動を開始するときに1つの変動パターン指定コマンドを送信する例を示したが、2つ乃至それ以上のコマンドにより変動パターンを演出制御用CPU120に通知するようにしてもよい。具体的には、2つのコマンドにより通知する場合、CPU103は、1つ目のコマンドでは、例えば、リーチとなる以前(リーチとならない場合には所謂第2停止の前)の変動時間や変動態様を示すコマンドを送信し、2つ目のコマンドではリーチの種類や再抽選演出の有無等、リーチとなった以降(リーチとならない場合には所謂第2停止の後)の変動時間や変動態様を示すコマンドを送信するようにしてもよい。この場合、演出制御用CPU120は2つのコマンドの組合せから導かれる変動時間に基づいて変動表示における演出制御を行うようにすればよい。

0193

尚、CPU103の方では2つのコマンドのそれぞれにより変動時間を通知し、それぞれのタイミングで実行される具体的な変動態様については演出制御用CPU120の方で選択を行うようにしてもよい。2つのコマンドを送る場合、同一のタイマ割込内で2つのコマンドを送信するようにしてもよく、1つ目のコマンドを送信した後、所定期間が経過してから(例えば次のタイマ割込において)2つ目のコマンドを送信するようにしてもよい。尚、それぞれのコマンドで示される変動態様はこの例に限定されるわけではなく、送信する順序についても適宜変更可能である。このように2つ乃至それ以上のコマンドにより変動パターンを通知する様にすることで、変動パターン指定コマンドとして記憶しておかなければならないデータ量を削減することができる。

0194

また、前記実施例では、遊技球を打球発射装置により遊技領域10よりも下方から打ち出す形態を例示したが、本発明はこれに限定されるものではなく、例えば、前記打球発射装置をパチンコ遊技機1における遊技領域10の上方位置に設けることによって、遊技球を遊技領域10の上方位置から打ち出すようにしてもよい。

0195

また、前記実施例では、始動入賞口を、第1始動入賞口と第2始動入賞口の2つとした形態を例示しているが、本発明はこれに限定されるものではなく、始動入賞口を1つのみとしてもよいし、始動入賞口を3以上としてもよい。

0196

また、前記実施例では、特別図柄を、第1特図と第2特図の2つとした形態を例示しているが、本発明はこれに限定されるものではなく、特別図柄を1つのみとしてもよいし、特別図柄を3以上としてもよい。

0197

また、前記実施例では、遊技機の一例としてパチンコ遊技機が適用されていたが、例えば遊技用価値を用いて1ゲームに対して所定数賭数を設定することによりゲームが開始可能となるとともに、各々が識別可能な複数種類の図柄を変動表示可能な変動表示装置に変動表示結果が導出されることにより1ゲームが終了し、該変動表示装置に導出された変動表示結果に応じて入賞が発生可能とされたスロットマシンにも適用可能である。

0198

尚、スロットマシンに本発明を適用する場合は、ボーナスやAT、RT等の遊技者にとって有利な状態に移行することを示唆する演出やこれら遊技者にとって有利な状態に移行することを報知する確定演出チェリースイカ等のレア役が当選していることを示唆する演出として、第1可動体340を第1待機位置から第1移動位置に向けて移動させるとともに、第2可動体320を第2待機位置から第2移動位置に向けて移動させるようにすれば良い。

0199

また、前記実施例では、第1特別図柄表示器4Aと第2特別図柄表示器4Bはそれぞれ変動表示結果となる最終停止図柄を含む複数種類の特別図柄を変動表示した後に、最終停止図柄を停止表示するようになっているが、本発明はこれに限定されるものではなく、変動表示結果となる最終停止図柄を含めずに複数種類の特別図柄を変動表示した後に、最終停止図柄を停止表示するものであってもよい。つまり、変動表示結果となる最終停止図柄は、変動表示に用いられる特別図柄と異なる図柄であってもよい。

実施例

0200

また、前記実施例では、遊技媒体の一例として、球状の遊技球(パチンコ球)が適用されていたが、球状の遊技媒体に限定されるものではなく、例えば、メダル等の非球状の遊技媒体であってもよい。

0201

1パチンコ遊技機
300演出ユニット
320 第2可動体
321a貫通孔
312L,321R可動片
322 変形駆動用ギア機構
340 第1可動体
340T 第1可動体上部
340B 第1可動体下部
340d 表示部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社大一商会の「 遊技機」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】遊技者の興趣の低下を抑制する。【解決手段】遊技機は、遊技媒体が遊技領域にある所定の通過口を通過することに基づいて抽選情報を取得し、抽選情報に基づいて当りであるかを判定し、開始条件の成立に基づい... 詳細

  • 株式会社大一商会の「 遊技機」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】 従来に比べて不具合の発生を抑制することができる遊技機を提供する。【解決手段】 枠本体の後側に設けられると共に、遊技機外部から遊技球を受け入れて下流側に誘導する遊技球供給部を備える遊技機で... 詳細

  • 株式会社大一商会の「 遊技機」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】 従来に比べて不具合の発生を抑制することができる遊技機を提供する。【解決手段】 枠本体の後側に設けられると共に、遊技機外部から遊技球を受け入れて下流側に誘導する遊技球供給部を備える遊技機で... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ