図面 (/)

技術 ビール様飲料用風味改善剤

出願人 アサヒビール株式会社
発明者 野場重都女川裕司
出願日 2014年11月11日 (4年8ヶ月経過) 出願番号 2014-229047
公開日 2016年5月23日 (3年1ヶ月経過) 公開番号 2016-086792
状態 特許登録済
技術分野 酒類 非アルコール性飲料 発酵液の蒸留、酒類の加工、食酢及びビール 調味料
主要キーワード 新ジャンル アルコール感 デンプン原料 カロリーゼロ 発酵感 専門評価者 発酵ビール 低アルコール
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年5月23日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

ビール様飲料に、ビールらしい風味を付与することができる、又はそのビールらしい風味を増強することができる添加物を提供すること。

解決手段

概要

背景

近年の低価格志向背景に、麦芽使用比率が低い、または、麦芽を使用しないビール様飲料が数多く市販されている。このように麦芽使用量を低減させたビール様飲料では本格的なビール風味コク感が失われてしまうことが多い。

また、近年の健康ブームを背景に、低糖質低カロリー低アルコール、糖質ゼロ又はノンアルコール等、機能系のビール様飲料が数多く市販されている。例えば、糖質やプリン体含有量を低減させたビール様アルコール飲料は、その製造工程において活性炭処理等の方法により、糖質やプリン体の除去を行っている。その過程で、ビールらしい風味を維持するために本来必要な成分まで除去されてしまい、風味のバランス崩れてしまうことがある。

また、風味バランスが崩れない場合でも、不要成分を除去する課程でビール様飲料のコク感が低減し、ビールらしい風味が失われてしまうことは多い。

ビール様ノンアルコール飲料は一般的にアルコール発酵工程を経ずに製造されるため、ビールらしさを欠き、飲用意向に劣るという問題がある。

特許文献1には、ビール凍結乾燥物をビール様飲料の風味を改善するために使用することが記載されている。特許文献3では、ビールらしい風味が弱いビール様飲料にビール凍結乾燥物を添加することにより、ビールのコク感又はビールらしい風味を付与又は増強することに成功している。

しかしながら、ビール凍結乾燥物を製造するためには手間及びコストを要し、より簡便かつ低コスト風味改善効果が得られる技術が求められている。

特許文献2及び3では、麦芽又はホップ等のビール原料に含まれる風味物質を使用してビールの風味の一部を改善する試みが行われている。しかし、使用されている風味物質は本来ビールに含まれている風味物質と成分及び組成相違し、ビールのコク感又はビールらしい風味を付与又は増強することは行われていない。

特許文献4には、2−アセチル−2−チアゾリンを含有する茶飲料並びに2−アセチル−2−チアゾリンを添加することを特徴とする飲食物への火入れ香の付与方法が記載されている。特許文献4でいう火入れ香とは、茶類が本来持つ微妙な軽いローストノートである。

概要

ビール様飲料に、ビールらしい風味を付与することができる、又はそのビールらしい風味を増強することができる添加物を提供すること。2−アセチル−2−チアゾリンを含むビール様飲料用風味改善剤。なし

目的

本発明は上記従来の問題を解決するものであり、その目的とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

請求項2

風味を改善しようとするビール様飲料が、麦芽を0〜50重量%(w/w)の量で含有するデンプン原料を用いて製造されたものである、請求項1に記載のビール様飲料用風味改善剤。

請求項3

風味を改善しようとするビール様飲料が、低カロリービールアルコール飲料、低糖質ビール様アルコール飲料、糖質ゼロビール様アルコール飲料、低プリン体ビール様アルコール飲料、プリン体ゼロビール様アルコール飲料、又はビール様ノンアルコール飲料である、請求項1に記載のビール様飲料用風味改善剤。

請求項4

風味を改善しようとするビール様飲料が、デンプン原料を発酵させることなく製造されたものである、請求項1に記載のビール様飲料用風味改善剤。

請求項5

風味を改善しようとするビール様飲料に対して請求項1に記載のビール様飲料用風味改善剤を添加することによりビールらしい風味を付与又は増強する工程を包含する、ビール様飲料の製造方法。

請求項6

前記ビール様飲料用風味改善剤は、風味を改善しようとするビール様飲料に含まれる2−アセチル−2−チアゾリンの濃度が0.5〜5.0ppbになる量で添加される請求項5に記載のビール様飲料の製造方法。

請求項7

請求項1に記載のビール様飲料用風味改善剤を含有するビール様飲料。

請求項8

請求項1に記載のビール様飲料用風味改善剤を0.5〜5.0ppbの濃度で含有する、麦芽を0〜50重量%(w/w)の量で含有するデンプン原料を用いて製造されたビール様飲料。

請求項9

2−アセチル−2−チアゾリンのビール様飲料用風味改善剤としての使用。

技術分野

0001

本発明は、ビール様飲料風味を改善するために使用するビール様飲料用風味改善剤に関する。

背景技術

0002

近年の低価格志向背景に、麦芽使用比率が低い、または、麦芽を使用しないビール様飲料が数多く市販されている。このように麦芽使用量を低減させたビール様飲料では本格的なビールの風味やコク感が失われてしまうことが多い。

0003

また、近年の健康ブームを背景に、低糖質低カロリー低アルコール、糖質ゼロ又はノンアルコール等、機能系のビール様飲料が数多く市販されている。例えば、糖質やプリン体含有量を低減させたビール様アルコール飲料は、その製造工程において活性炭処理等の方法により、糖質やプリン体の除去を行っている。その過程で、ビールらしい風味を維持するために本来必要な成分まで除去されてしまい、風味のバランス崩れてしまうことがある。

0004

また、風味バランスが崩れない場合でも、不要成分を除去する課程でビール様飲料のコク感が低減し、ビールらしい風味が失われてしまうことは多い。

0005

ビール様ノンアルコール飲料は一般的にアルコール発酵工程を経ずに製造されるため、ビールらしさを欠き、飲用意向に劣るという問題がある。

0006

特許文献1には、ビール凍結乾燥物をビール様飲料の風味を改善するために使用することが記載されている。特許文献3では、ビールらしい風味が弱いビール様飲料にビール凍結乾燥物を添加することにより、ビールのコク感又はビールらしい風味を付与又は増強することに成功している。

0007

しかしながら、ビール凍結乾燥物を製造するためには手間及びコストを要し、より簡便かつ低コスト風味改善効果が得られる技術が求められている。

0008

特許文献2及び3では、麦芽又はホップ等のビール原料に含まれる風味物質を使用してビールの風味の一部を改善する試みが行われている。しかし、使用されている風味物質は本来ビールに含まれている風味物質と成分及び組成相違し、ビールのコク感又はビールらしい風味を付与又は増強することは行われていない。

0009

特許文献4には、2−アセチル−2−チアゾリンを含有する茶飲料並びに2−アセチル−2−チアゾリンを添加することを特徴とする飲食物への火入れ香の付与方法が記載されている。特許文献4でいう火入れ香とは、茶類が本来持つ微妙な軽いローストノートである。

先行技術

0010

特開2013−201976号公報
特開2005−13166号公報
国際公開WO2010/079778号公報
特開2003−274858号公報

発明が解決しようとする課題

0011

本発明は上記従来の問題を解決するものであり、その目的とするところは、ビール様飲料に、ビールらしい風味を付与することができる、又はそのビールらしい風味を増強することができる添加物を提供することにある。

課題を解決するための手段

0012

本発明は、2−アセチル−2−チアゾリンを含むビール様飲料用風味改善剤を提供する。

0013

ある一形態においては、風味を改善しようとするビール様飲料が、麦芽を0〜50重量%(w/w)の量で含有するデンプン原料を用いて製造されたものである。

0014

ある一形態においては、風味を改善しようとするビール様飲料が、低カロリービール様アルコール飲料、低糖質ビール様アルコール飲料、糖質ゼロビール様アルコール飲料、低プリン体ビール様アルコール飲料、プリン体ゼロビール様アルコール飲料、又はビール様ノンアルコール飲料である。

0015

ある一形態においては、風味を改善しようとするビール様飲料が、デンプン原料を発酵させることなく製造されたものである。

0016

また、本発明は、風味を改善しようとするビール様飲料に対して請求項1に記載のビール様飲料用風味改善剤を添加することによりビールらしい風味を付与又は増強する工程を包含する、ビール様飲料の製造方法を提供する。

0017

ある一形態においては、前記ビール様飲料用風味改善剤は、風味を改善しようとするビール様飲料に含まれる2−アセチル−2−チアゾリンの濃度が0.5〜5.0ppbになる量で添加される。

0018

また、本発明は、前記ビール様飲料用風味改善剤を含有するビール様飲料を提供する。

0019

また、本発明は、前記ビール様飲料用風味改善剤を0.5〜5.0ppbの濃度で含有する、麦芽を0〜50重量%(w/w)の量で含有するデンプン原料を用いて製造されたビール様飲料を提供する。

0020

また、本発明は、2−アセチル−2−チアゾリンのビール様飲料用風味改善剤としての使用を提供する。

発明の効果

0021

本発明のビール様飲料用風味改善剤を、風味を改善しようとするビール様飲料に添加すると、ビール様飲料のビールらしい風味が生成又は増強される。特に、本発明のビール様飲料用風味改善剤は、ビールらしい風味が弱いビール様飲料に、ビール特有の味の膨らみ、後味余韻及び穀物香を付与することができ、総合的なビールらしさに優れたビール様飲料を提供することができる。

0022

本発明の風味改善剤はビール様飲料の風味を改善するために使用される。風味とは香り味わいをいう。改善とは一般的な消費者嗜好に合うように改変することをいう。

0023

ビール様飲料とは、ビールらしい風味を有する飲料の全てを指していう。例えば、ビール様飲料には、デンプン原料を糖化して糖液を得、これにホップを添加し、酵母で発酵させたアルコール飲料が一例として挙げられる。デンプン原料としては、麦芽、及び大麦、米、とうもろこし等の穀物類、穀物類から分離したデンプンなどが使用される。ビール様飲料の具体例には、ビール、発泡酒雑酒リキュール類スピリッツ類、低アルコール飲料、ノンアルコール飲料などであって、ビールらしい風味を有するものが含まれる。

0024

中でも、風味を改善する対象として好ましいビール様飲料は低糖質ビール様アルコール飲料、糖質ゼロビール様アルコール飲料、低プリン体ビール様アルコール飲料、プリン体ゼロビール様アルコール飲料、低カロリービール様アルコール飲料及びカロリーゼロビール様アルコール飲料等のいわゆる機能系のビール様アルコール飲料である。これらは、低糖質化低カロリー化又は低プリン体化される過程で適切な風味を実現するのに必要な香味物質が除去されてしまい、コク感又はビールらしい風味が減少していることが多いからである。

0025

また、ビール様アルコール飲料には、飲用水に、麦汁麦芽エキス、糖類、香料及びエタノールなどを加えることによりビールらしい風味及び味質仕上げたものもある。発酵工程を行わないか、発酵工程を行う場合でも、実質的な量のアルコールを生成させない程度に制限したビール様アルコール飲料は、以下、「非発酵ビール様アルコール飲料」という。

0026

非発酵ビール様アルコール飲料はデンプン原料を発酵させることなく製造され、発酵感不足し、アルコールの刺激臭又はアルコール感が強いという問題がある。それゆえ、非発酵ビール様アルコール飲料は風味を改善する対象として好ましい。

0027

また、ビール風味炭酸飲料等のビール様ノンアルコール飲料はデンプン原料を発酵させることなく製造され、コク感及びビールらしい風味に乏しく、麦汁臭を呈することが多い。それゆえ、ビール様ノンアルコール飲料も風味を改善する対象として好ましい。

0028

本発明のビール様飲料用風味改善剤は2−アセチル−2−チアゾリンを含有する。本発明のビール様飲料用風味改善剤は、風味を改善しようとするビール様飲料に適量添加される。そのことにより、コク感又はビールらしい風味が付与又は増強されたビール様飲料が製造される。

0029

風味改善剤の添加量最適範囲は、風味改善の対象とするビール様飲料の種類又は目標とする呈味ベルによって異なる。一般には、ビール様飲料に含まれる風味改善剤の濃度が0.25〜10.0ppb、好ましくは0.5〜5.0ppb、より好ましくは1.0〜2.5ppbの範囲になるように、適宜調節される。風味改善剤の濃度が0.25ppb未満であると風味改善効果が不十分となり、10.0ppbを超えると香味バランスが崩れ、ビールらしい風味が損なわれる場合がある。

0030

風味を改善しようとするビール様飲料に本発明の風味改善剤を添加する場合、そのタイミングに制限はなく、ビール様飲料の製造工程における適当な工程で添加することができる。例えば、発泡酒に添加する場合には、麦汁煮沸後の冷却工程、発酵工程又は熟成工程等任意の工程でよいが、添加する工程が前工程であればあるほど、風味改善剤中の各成分の濃度の消長が考えられるため、後発酵工程の終了後が望ましい。また、リキュール類に添加する場合には、法上、主発酵終了前に添加する必要があるため、主発酵開始前及び主発酵終了直前に添加することが望ましい。

0031

以下の実施例によって本発明を更に具体的に説明するが、本発明はこれらに限定されない。

0032

実施例1
風味を改善する対象として新ジャンル発泡性リキュール(「アサオフ」(商品名)、アサヒビール社製)を準備した。「アサヒオフ」は糖質含有量が0.4〜0.9g/100ml、プリン体含有量が0〜0.66mg/100ml、カロリー量が26kcal/100mlである。「アサヒオフ」の糖質含有量、プリン体含有量、カロリー量は通常のビール様飲料より低く、「アサヒオフ」は低糖質低プリン体低カロリービール様アルコール飲料である。尚、通常のビール様飲料の例としては、ビールである「アサヒスーパードライ」(商品名)及び新ジャンル発泡性リキュールである「クリアアサヒ」(商品名)が挙げられるが、それらのカロリー量は、それぞれ42kcal/100ml及び45kcal/100mlである。

0033

風味改善剤として2−アセチル−2−チアゾリンを準備した。2−アセチル−2−チアゾリンを「アサヒオフ」に所定量添加し、ビール様アルコール飲料を製造した。そして、専門評価者によって、製造したビール様アルコール飲料の風味の官能評価を行った。その際、「アサヒオフ」を対照として使用し、評価値は、3名の専門評価者の平均値を採用した。評価項目及び評価基準は次の通りである。官能評価の結果を表1に示す。

0034

評価項目

0035

評価基準

0036

[表1]

0037

実施例2
風味を改善する対象としてビール風味炭酸飲料(「アサヒドライゼロ」(商品名)、アサヒビール社製)を準備した。「アサヒドライゼロ」はエネルギー量が0kcal/100ml、糖質含有量が0g/100mlと低く、カロリーゼロ糖質ゼロビール様炭酸飲料である。

0038

「アサヒオフ」の代わりに「アサヒドライゼロ」を使用すること以外は実施例1と同様にして、2−アセチル−2−チアゾリンの風味改善機能を試験した。結果を表2に示す。

0039

[表2]

0040

実施例3
風味を改善する対象としてビール(「アサヒスーパードライ」(商品名)、アサヒビール社製)を準備した。

0041

「アサヒオフ」の代わりに「アサヒスーパードライ」を使用すること以外は実施例1と同様にして、2−アセチル−2−チアゾリンの風味改善機能を試験した。結果を表3に示す。

0042

[表3]

0043

実施例4
風味を改善する対象としてビール(「アサヒザ・マスター」(商品名)、アサヒビール社製)を準備した。

0044

「アサヒオフ」の代わりに「アサヒザ・マスター」を使用すること以外は実施例1と同様にして、2−アセチル−2−チアゾリンの風味改善機能を試験した。結果を表4に示す。

0045

[表4]

実施例

0046

実施例1〜4の結果から、2−アセチル−2−チアゾリンを所定量含有させることにより、ビール様飲料の等の総合的なビールらしさが向上することが理解される。特に、機能系ビール様アルコール飲料及びビール様ノンアルコール飲料については、0.5〜5.0ppbの濃度で含有させることにより、総合的なビールらしさ(即ち、ビール特有の味の膨らみ、後味の余韻及び穀物香があること)の顕著な向上が示された。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ