図面 (/)

技術 トリプルマトリクス入力・トライアングル。

出願人 多良間光男
発明者 多良間光男
出願日 2015年5月22日 (4年4ヶ月経過) 出願番号 2015-104586
公開日 2016年5月19日 (3年4ヶ月経過) 公開番号 2016-085726
状態 特許登録済
技術分野 キーボード等からの入力
主要キーワード メガネタイプ 組み合わせ図 信号組み合わせ 入力アルファベット 信号組 キー配置図 大型機械 マトリクス化
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2016年5月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

スマートフォン携帯電話コンピューターの入力において、片手ですばやくブラインドタッチ入力の可能とする方法を提供する。

解決手段

五十音アルファベット記号等すべてを、ゼロを除く1から9迄の9個のキートリプルマトリクスで9×9×9の729通りの信号組み合せとする。シート1の左縦列1から9までをトリプルマトリクス一番。上横列1から9までをトリプルマトリクス二番。右の縦列は数字を指定し9つ並べてトリプルマトリクス三番、その三つの数字を組み合わせてトリプルマトリクスを組む。

概要

背景

IT分野での日本は五十音入力がネックである。キーボード両手を使っての入力だが慣れていても面倒で、年寄り初心者にとっては近寄り難く、それを片手でしかも従来より数倍早くキーを見なくて、いわゆるブラインドタッチ入力を実現するのが今回の特願である。

特許文献1にはローマ字割り振り方式があるが、0〜9、*及び「#」等が使われ、当方の1から9迄のキー使用とは基本が違う
特許文献2もアルファベットによるローマ字入力方式だが、「*」や「#」等のキーがフルに使われ。1〜9までの9×9×9方式とは基本が違う。

概要

スマートフォン携帯電話コンピューターの入力において、片手ですばやくブラインドタッチ入力の可能とする方法を提供する。五十音やアルファベット、記号等すべてを、ゼロを除く1から9迄の9個のキーのトリプルマトリクスで9×9×9の729通りの信号組み合せとする。シート1の左縦列1から9までをトリプルマトリクス一番。上横列1から9までをトリプルマトリクス二番。右の縦列は数字を指定し9つ並べてトリプルマトリクス三番、その三つの数字を組み合わせてトリプルマトリクスを組む。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ゼロを除く1 から9迄の9個のキートリプルマトリクスで9×9×9の729通りの信号組み合わせとし、その信号を元にスマートホン携帯電話コンピュータ日本語アルファベット記号割り当て入力する信号入力方法

請求項2

スマートホン、携帯電話、コンピュータでの日本語割り当ては次の通りとしたことを特徴とする、請求項1記載の信号入力方法。1・1・1⇒あ、1・2・1⇒い、1・3・1⇒う、1・4・1⇒え、1・5・1⇒お、2・1・1⇒か、2・2・1⇒き、2・3・1⇒く、2・4・1⇒け、2・5・1⇒こ、3・1・1⇒さ、3・2・1⇒し、3・3・1⇒す、3・4・1⇒せ、3・5・1⇒そ、4・1・1⇒た、4・2・1⇒ち、4・3・1⇒つ、4・4・1⇒て、4・5・1⇒と、5・1・1⇒な、5・2・1⇒に、5・3・1⇒ぬ、5・4・1⇒ね、5・5・1⇒の、6・1・1⇒は、6・2・1⇒ひ、6・3・1⇒ふ、6・4・1⇒へ、6・5・1⇒ほ、7・1・1⇒ま、7・2・1⇒み、7・3・1⇒む、7・4・1⇒め、7・5・1⇒も、8・1・1⇒や、8・3・1⇒ゆ、8・5・1⇒よ、9・1・1⇒ら、9・2・1⇒り、9・3・1⇒る、9・4・1⇒れ、9・5・1⇒ろ、1・6・1⇒わ,1・7・1⇒ん。

請求項3

AからZを以下の通り割り当てた事を特徴とする、請求項1記載の信号入力方法。1・1・2⇒A、1・2・2⇒B、1・3・2⇒C、1・4・2⇒D、1・5・2⇒E、2・1・2⇒F、2・2・2⇒G、2・3・2⇒H、2.4.2⇒I、2・5・2⇒J、3・1・2⇒K、3・2・2⇒L、3・3・2⇒M、3.4.2⇒N、3・5・2⇒O、4・1・2⇒P、4・2・2⇒Q、4・3・2⇒R、4・4・2⇒S、4・5・2⇒T、5・1・2⇒U、5・2・2⇒V、5・3・2⇒W、5・4・2⇒X、5・5・2⇒Y、6・1・2⇒Z。

技術分野

0001

スマートホン携帯電話コンピュータ入力方法で、IT分野である。

背景技術

0002

IT分野での日本は五十音入力がネックである。キーボード両手を使っての入力だが慣れていても面倒で、年寄り初心者にとっては近寄り難く、それを片手でしかも従来より数倍早くキーを見なくて、いわゆるブラインドタッチ入力を実現するのが今回の特願である。

0003

特許文献1にはローマ字割り振り方式があるが、0〜9、*及び「#」等が使われ、当方の1から9迄のキー使用とは基本が違う
特許文献2もアルファベットによるローマ字入力方式だが、「*」や「#」等のキーがフルに使われ。1〜9までの9×9×9方式とは基本が違う。

先行技術

0004

特開2002−25125
特開2000−341761

発明が解決しようとする課題

0005

コンピュータのキーボードは元々が英字タイプライター配列で五十音入力は考慮されていない。図1汎用携帯電話入力案内でも、との文字を入力時、たを押して4回順送りでとを確定、一回押し過ぎると、たへ戻り、又4回押す、慣れた人でも間違うという具合日本語入力は全く考慮されていない。
コンピュータからキーボードを無くし、携帯電話、スマートホンも同一方法で簡単に入力可能な方法にする。

課題を解決するための手段

0006

五十音やアルファベット、記号等すべてを三つの数字トリプルマトリクスで組み合わせた信号に割り当て入力する。ここで大事なのは携帯電話、スマートホン、パソコン、会社のデスクトップコンピュータもすべて同一トリプルマトリクス信号で動作させる。
例としてあ、の文字は1・1・1とすれば、携帯電話、スマートホン、会社のコンピュータも同一にする。

発明の効果

0007

基本的には1から9まで、図2の3×3の9個のキー操作でこの方法を使えば障害者や年寄りにとって大きな効果を発揮する。
大昔のタイプライターキー配列を何んの疑問もなく使わされてきた日本、日本人が考え出した今回の方法を使えば恐るべきスピードで確実に入力が可能。

0008

過去30年間あのキーボードを使わされた時代は何んだったのか、と考える事。ITの世界は多くの知恵が必要、今回のトリプルマトリクス・トライアングルで考えさせられる・・が効果です。

図面の簡単な説明

0009

汎用携帯電話入力案内の一例を示す図。
1から9までの3×3キー配置図
トリプルシート・1−4の説明図。
トリプルシート・5−9の説明図。
信号生成トリプルマトリクス組み合わせの一例を示す図。
トリプル信号ひらがな割り当て説明図。
トリプル信号ひらがな割り当て行表示説明図。
トリプルシート入力案内の一例を示す図。
入力選択窓画面例説明図
入力トリプル組み合わせ説明図。
入力選択小窓画面の例説明図。
入力トリプル組み合わせ説明図。
入力選択小窓画面、トリプル組み合わせ説明図。
入力選択小窓画面、トリプル組み合わせ説明図。
入力選択小窓画面、トリプル組み合わせ説明図。
アルファベット割り当て説明図。
アルファベット割り当て行表示説明図。
アルファベット入力選択小窓画面、組み合わせ図
アルファベット入力選択小窓画面、組み合わせ図。
汎用携帯電話実物大図。
デスクトップパソコン実用接続説明図。
トリプル変換装置取り付け説明図。
実用SANWA社製N−18UBKテンキー実物図。
テンキー用アルファベット割り当て説明図。
テンキー用キー左列指動作説明図。
テンキー用キー中列、指動作説明図。
テンキー用キー右列、指動作説明図。
テンキー入力アルファベット案内説明図。
パット装着時の例見本説明図。

実施例

0010

図3図4はトリプルシート1から9表で、729舛。
一見同じように見えるが其々違う右縦列指定数マトリクス化するのでダブリはない。
シート・1で説明するが左縦列1から9までをトリプルマトリクス一番。上横列1から9までをトリプルマトリクス二番
右の縦列は数字を指定し9つ並べてトリプルマトリクス三番、その三つの数字を組み合わせでトリプルマトリクスを組む。
シート・1から9の数字とマトリクスの数字は無関係で、シート1からシート9はシート名である。

0011

図5のトリプルマトリクス組み合わせ1番目にはシート左縦列の1から9まで。2番目には上横列の1から9が入る。3番目の右縦列指定数字はシートを呼び込んだ時点で自動的にプログラムで入力させる。

0012

図6は(請求項2)の日本語五十音割り当て図だが、行単位での入力選択小窓画面の説明上、右半分を下へ持っていき、行を振り図7変形表示し、1行から18行に分けて説明する。

0013

図8が今回のトリプルシート入力案内画面で1を押すとシート・1の図7の1行、あ行が図9の入力選択小窓画面として出る。
そこで入力したい文字を押せばマトリクスが出来上がり入力。
図9で、あの文字入力は、図10で3番目には指定数1が既にプログラムで入力されている。
一番と二番は図9の通り1・1を入力すれば、あが生成される。

0014

図9で右側の頁前後を送れば今度は、図7のか行で2行目が出、同じように三番目のマトリクスには1が自動的にプログラムで入力済み
けの文字を入力したい場合は図11の2・4になり、マトリクス図12になる。との文字を入力したければ頁送りをし、た行へ持っていき、との文字は図13の4・5なので4・5を入力すれば、とが生成される。
さらに頁を送っていき、図14のように、めを入力したい場合は
7・4が、めで、さらに頁送りをしていくと、わ行が出、わは図15の1・6なのでここでも1・6を入力すれば、わが生成される。

0015

実際の入力は図8のトリプルシート入力案内画面で1を押す。
その時点で図9が出、そこでいちいち入力しなくても文字をクリックタッチするだけで生成させる。勿論、他の文字もクリックかタッチするだけで入力。
図16は(請求項3)アルファベット割り当てシート・2でここで
も行単位での入力選択小窓画面の説明上図17に変形し1行から18
行に分けて説明する。

0016

図17のアルファベット表入力も五十音入力と同じ動作である。
図8の入力案内画面で2を押すとシート・2、図17の1行、図18が出、Aの文字を入力したければ当然指定数字はプログラムで自動的に2が入力済。1・1をタッチ又はクリックでAが生成される。
頁を送って5頁まで行くと今度は選択小窓画面、図19が出、そこも同じように指定数字は2がプログラムで自動的に入力済。5・4を入力すればXが生成される。
勿論、Xをタッチ又はクリックすればXが生成される。

0017

コンピュータ、でのトリプルマトリクス入力方法を説明する。
図21ではコンピュータ2とキーボード4とテンキー3が使われており、SANWA社製N-18UBKの汎用テンキー3で説明する。
キーボード内にある信号生成回路やシステム図22の通りトリプル変換装置5へそっくりそのまま収納する。
そして図23の様にテンキー3部分に四則演算数値入力と文字入力の切り替えキーを加える。

0018

文字入力する場合、トリプルマトリクス入力方法が使えるように1から9迄のキーを四則演算用数値入力から動作を切り離して使う。
当然ここでトリプル信号をトリプル変換装置5の中でキーボード4から入力したのと同じように記号やアルファベット、五十音がコンピュータ2へ送りだされるようにプログラムを作る。

0019

キーボード4の入力は200通り前後だが、このトリルプマトリクス入力方法を使えば729通りの入力環境が確保でき多くの言語や異業種、異業界の記号にも対応可能である。

0020

今回は1から9までのキー図2、いわゆる3×3でトリプルマトリクスを組む事でコンピュータを制御する、あるいはスマートホンや携帯電話をコントロールするという方法で、3×3という事は1つの指が上下に動けばいい。結果として全てがブラインドタッチで入力でき、メガネタイプ時計タイプの端末外部入力には最適で、想像できなかった新しいコンピュータシステムが可能。

0021

重宝されるのは、ロボットのコントロールで、大型機械から介護用のロボットなど3×3のキーで、目は回りを見ながらブラインドタッチで制御可能。実際に3×3の小型電卓ベルトに装着しコントロールシュミレーションをしたが、目が使える為微妙な動きでもOK。

0022

今回はシート・1、シート・2、の日本語およびアルファベット入力を説明しましたが、実際にはシート・3からシート・9まで、残り560以上の割り当て枠があり、どのような記号や方程式等を入れるのか、従来のキーボードに慣れた我々では、とても飛躍し過ぎて割り当てが考えられません。
今後はプログラマーやITに携わる方々の知恵を借り、どのように割り当てIT革命を起こすか、委ねるしかありません。

0023

1:汎用携帯電話、実物大図。
2:デスクトップパソコン。
3:テンキー。
4:キーボード。
5:トリプルマトリクス変換装置。
6:カーソルパット。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • カシオ計算機株式会社の「 電子機器」が 公開されました。( 2019/07/11)

    【課題】従来に比べ、発光部の視認性と操作部の操作性とを向上させる。【解決手段】スピーカ装置1は、ダイヤル式スイッチ6と、ダイヤル式スイッチ6を囲むように設けられ、光を外部に出射する主面の角度が互いに異... 詳細

  • カシオ計算機株式会社の「 電子機器」が 公開されました。( 2019/07/11)

    【課題】従来に比べ、ダイヤル式の操作部から回路基板に伝わる衝撃を軽減する。【解決手段】スピーカ装置1は、軸部641及び軸部分641と異なる位置にサポート部642を有するダイヤルノブ64と、ダイヤルノブ... 詳細

  • 馬場正浩の「 タッチパネルによる文字入力方式」が 公開されました。( 2019/07/11)

    【課題】スマートフォンや携帯型タブレットなど、タッチパネルをもつデバイスにおいて、入力対象画面の全体を覆い隠すことなくソフトキーボードを表示し、入力文字を選択すると同時に、自動的にソフトキーボードが非... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ